2024/02/05 更新

写真a

ムカモト マサフミ
向本 雅郁
Mukamoto Masafumi
担当
大学院獣医学研究科 獣医学専攻 教授
獣医学部 獣医学科
職名
教授
所属
獣医学研究院
連絡先
メールアドレス

担当・職階

  • 大学院獣医学研究科 獣医学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 獣医学部 獣医学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(獣医学) ( 大阪府立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 獣医学  / 獣医感染症学

  • ライフサイエンス / 獣医学  / 獣医衛生学

  • ライフサイエンス / 獣医学

  • ライフサイエンス / 獣医学

研究キーワード

  • 家畜衛生

  • 家畜・家禽

  • 病原因子

  • 細菌

  • ウイルス

  • 獣医感染症学

  • Veterinary Infections Disease

研究概要

  • ガス壊疸菌の病原因子に関する研究

  • 壊死性腸炎の発病機序に関する研究

  • 家畜伝染病に関する研究

  • 抗微生物製剤の評価に関する研究

研究歴

  • 家畜・家禽の壊死性腸炎に関する研究

    壊死性腸炎、細菌、病原因子  個人研究

    2010年04月 - 継続中 

  • ガス壊疸菌の病原因子に関する研究

    ガス壊疽、ガス壊疽菌、毒素、病原因子  個人研究

    2001年04月 - 継続中 

  • 抗微生物製剤のウイルス・細菌に対する作用メカイズムの解明

    ウイルス、細菌、抗菌作用  国内共同研究

    2011年04月 - 継続中 

  • 家畜・家禽のウイルス病・細菌病における病原、疫学、診断、予防法に関する研究

    ウイルス病、細菌病、家畜、診断、病原  機関内共同研究

    1991年04月 - 継続中 

所属学協会

  • 獣医疫学会

    2015年01月 - 継続中   国内

  • 日本家畜衛生学会

    2013年01月 - 継続中   国内

  • 日本防菌防黴学会

    2012年09月 - 継続中   国内

  • 日本細菌学会

    2000年04月 - 継続中   国内

  • 日本獣医師会

    1995年04月 - 継続中   国内

  • 日本獣医学会

    1984年04月 - 継続中   国内

  • 食品微生物学会

  • 獣医疫学会

  • 毒素シンポジウム

  • 日本防菌防黴学会

  • 日本獣医師会

  • 家畜衛生学会

▼全件表示

委員歴(学外)

  • オープンイノベーション研究・実用化推進事業 評議委員および外部アドバイザー   国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センター  

    2015年04月 - 継続中 

  • 特別研究員等審査委員会委員   独立行政法人日本学術振興会  

    2023年04月 - 継続中 

  • 大阪府感染症対策審議会委員   大阪府    

    2023年04月 - 2025年03月 

  • 専門委員   大阪地方裁判所  

    2023年05月 - 2025年04月 

  • 委員   兵庫県感染症対策専門員会  

    2013年04月 - 2024年03月 

  • 食鳥処理加工業者技能評価試験委員   一般社団法人 日本食鳥協会  

    2018年04月 - 継続中 

  • 委員   関西広域防災計画策定委員会鳥インフルエンザ・口蹄疫等対策専門部会  

    2013年04月 - 2014年03月 

▼全件表示

受賞歴

  • 日本獣医師会会長感謝状

    2023年09月   日本獣医師会  

  • 中村賞

    2012年10月   大阪府獣医師会  

論文

  • 帯電微粒子水の照射による真菌の細胞および胞子の不活化とそのメカニズム

    小村 泰浩, 石上 陽平, 須田 洋, 向本 雅郁

    エアロゾル研究   38 ( 2 )   106 - 111   2023年06月( ISSN:09122834

     詳細を見る

  • Inactivation of fungal cells and spores by exposing nano-sized electrostatic atomized water particles and its mechanism. 査読

    1. Komura, Y., Ishigami, Y., Suda, H., Mukamoto, M.

    Earozoru Kenkyu   38 ( 2 )   106 - 111   2023年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 豚浮腫病の臨床検体のエンリッチメント培養における志賀毒素2eの免疫クロマトグラフィー試験の評価(Evaluation of immunochromatographic test of Shiga toxin 2e in enrichment cultures of swine edema disease clinical samples)

    Arimitsu Hideyuki, Kohda Tomoko, Mukamoto Masafumi, Kusumoto Masahiro

    The Journal of Veterinary Medical Science   83 ( 12 )   1913 - 1917   2022年02月( ISSN:0916-7250

  • Hypochulorus acid solution is a potent antiviral agent against SARS-CoV-2. 査読

    J. Appl. Microbiol.   132   1496 - 1502   2022年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

  • The cytotoxicity and molecular mechanisms of the Clostridium perfringens NetB toxin 査読

    Akm Azharul Islam, Mitsuki Nakatani, Takayuki Nakajima, Tomoko Kohda, Masafumi Mukamoto

    J Vet Med Sci   83 ( 2 )   187 - 194   2021年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Clostridium perfringens NetB毒素の細胞毒性と分子機構(The cytotoxicity and molecular mechanisms of the Clostridium perfringens NetB toxin)

    Islam Akm Azharul, Nakatani Mitsuki, Nakajima Takayuki, Kohda Tomoko, Mukamoto Masafumi

    The Journal of Veterinary Medical Science   83 ( 2 )   187 - 194   2021年02月( ISSN:0916-7250

  • Analysis of a plasmid encoding botulinum neurotoxin type G gene in Clostridium argentinense 査読

    Yoshihiko Sakaguchi, Jumpei Uchiyama, Akira Také, Kazuyoshi Gotoh, Masakiyo Sakaguchi, Tomonori Suzuki, Yumiko Yamamoto, Koji Hosomi, Tomoko Kohda, Masafumi Mukamoto, Shunji Kozaki, Shunji Hayashi, Keiji Oguma

    Anaerobe   66 ( 2020 )   102281   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • ボツリヌス神経毒素A亜型2の細胞内移行領域は神経細胞への侵入を強く誘導する(Translocation domain of botulinum neurotoxin A subtype 2 potently induces entry into neuronal cells)

    Kohda Tomoko, Tsukamoto Kentaro, Torii Yasushi, Kozaki Shunji, Mukamoto Masafumi

    Microbiology and Immunology   64 ( 7 )   502 - 511   2020年07月( ISSN:0385-5600

     詳細を見る

    神経細胞へのボツリヌス神経毒素(BoNT)侵入と関連のあるN末端(HN)領域について調べるため、BoNT血清型A(BoNT/A1)とBoNT/A2のHNをBoNT/A2とBoNT/A1のHNに置換したキメラBoNP/A121とBoNT/A212を作成した。野生型とキメラのBoNT/Aの毒性は類似していた。しかし、神経細胞のSNAP-25開裂活性は異なっていた。BoNP/A121とBoNT/A2は同じような高いSNAP-25開裂活性を示した。以上より、BoNT/A1よりもBoNT/A2の活性が高いのは、BoNT/A2HNによると考えられた。

  • Translocation domain of botulinum neurotoxin A subtype 2 potently induces entry into neuronal cells. 査読

    Kohda T, Tsukamoto K, Torii Y, Kozaki S, Mukamoto M.

    Microbiol. Immunol.   64   502 - 511   2019年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Characterization of the functional activity of botulinum neurotoxin subtype B6. 査読

    T. Kohda, K. Nakamura, K. Hosomi, Y. Torii, S. Kozaki, M. Mukamoto

    Microbiol. Immunol.   61   2017年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Development of a preliminary diagnostic measure for bovine leukosis in dairy cows using peripheral white blood cell and lymphocyte counts. 査読

    M. Nishiike,M. Haoka, T. Doi, T. Kohda, M. Mukamoto

    J. Vet. Med. Sci.   78 ( 7 )   2016年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Genotyping and characterisation of the secretory lipolytic enzymes of Malassezia pachydermatis isolates collected from dogs

    Hideshi Teramoto, Yuko Kumeda, Kumio Yokoigawa, Koji Hosomi, Shunji Kozaki, Masafumi Mukamoto, Tomoko Kohda

    Vet Rec Open   2015年08月

  • Morphological and genetic characterization of group I Clostridium botulinum type B strain 111 and the transcriptional regulator spoIIID gene knockout mutant in sporulation. 査読

    Hosomi K, Kuwana R, Takamatsu H, Kohda T, Kozaki S, Mukamoto M.

    Anaerobe   33   55 - 63   2015年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Complete nucleotide sequence of a plasmid containing the botulinum neurotoxin gene in Clostridium botulinum type B strain 111 isolated from an infant patient in Japan. 査読

    Hosomi K, Sakaguchi Y, Kohda T, Gotoh K, Motooka D, Nakamura S, Umeda K, Iida T, Kozaki S, Mukamoto M.

    Mol Genet Genomics 雑誌   289   1267 - 1274   2014年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Draft genome sequence of Clostridium botulinum type B strain Osaka05, isolated from an infant patien. 査読

    Sakaguchi, Y., Hosomi, K., Uchiyama, J., Ogura, Y., Umeda, K., Sakaguchi, M., Kohda, T., Mukamoto, M

    Genome Announ. 雑誌   2 ( 1 )   e01010 - 13   2014年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Analysis of tryptophan-rich region in Clostridium septicum alpha-toxin involved with binding to GPI-anchored proteins. 査読

    Mukamoto, M, Kimura, R, Hang'ombe, BM, Kohda, T, Kozaki, S

    Micribiol. Immunol. 雑誌   57   163 - 169   2013年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Production of a neutralizing mouse-human chimeric antibody against botulinum neurotoxin serotype E. 査読

    Mukmaoto, M, Maeda,H, Kohda, T, Nozaki, C, Takahashi, M, Kozaki, S

    Jpn. J. Infect. Dis. 雑誌   66   46 - 50   2013年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Improved detection methods by genetic and immunological techniquesfor botulinum C/D and D/C mosaic neurotoxins. 査読

    Nakamura, K., Kohda, T., Seto, Y., Mukamoto, M., Kozaki, S

    Vet. Microbiol. 雑誌   162   881 - 890   2013年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characterization of neutralizing mouse-human chimeric and shuffling antibodies against botulinum neurotoxin A. 査読

    Mukamoto, M., Maeda, H., Kohda, T., Nozaki, C., Takahashi, M., Kozaki, S.

    Microbiol. Immunol. 雑誌   56   748 - 755   2012年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 技能技術レベルアップ シリーズ6 食鳥処理加工

    鈴木稔、西村敏英、丹羽耕士、向本雅郁( 担当: 共著 ,  範囲: 第4章食鳥処理加工場の衛生管理、第5章 職長処理加工場の安全対策)

    公益財団法人国際人材協力機構  2022年06月 

     詳細を見る

    総ページ数:188   担当ページ:p97-139, p140-151   著書種別:教科書・概説・概論   参加形態:コレスポンディングオーサー

  • 動物衛生学

    高井伸二、末吉益雄、永幡肇( 担当: 共著)

    文永堂出版  2018年04月 

     詳細を見る

    担当ページ:P355-P357, P360-P363  

  • コアカリ 動物衛生学

    末吉益雄、高井伸二、永幡肇ら( 担当: 共著)

    文永堂出版  2015年02月 

     詳細を見る

    担当ページ:86-91  

  • 微生物胞子

    向本 雅郁( 担当: 共著)

    サイエンスフォーラム  2011年05月 

     詳細を見る

    担当ページ:125-131  

  • 医学細菌学

     ( 担当: 共著)

    南江堂  2008年07月 

     詳細を見る

    担当ページ:325-330  

  • 職種別研修テキスト 食鳥処理加工

     ( 担当: 共著)

    財団法人国際研修協力機構  2008年03月 

     詳細を見る

    担当ページ:12-16,26-29,107-111  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • CSF(豚熱)の発生と感染症制御の難しさ 招待

    向本 雅郁

    食品機械装置   57 ( 7 )   10 - 17   2020年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 認定小規模食鳥処理場のためのHACCPの考え方を取り入れた衛生管理の手引書

    向本雅郁(委員長)、朝倉宏、西村敏英、中馬允男、酒徳泰行、田中新次、石井康文、宮本一彦

    一般社団法人 日本食鳥協会 食鳥HACCP B基準策定委員会   2019年03月

     詳細を見る

  • 「オゾンウォーター」デバイスの開発とオゾン水の効果 査読

    稲垣 賢一郎, 森 俊輔, 平野 基文, 向本 雅郁

    医療・環境オゾン研究   26 ( 1 )   5 - 6   2019年02月( ISSN:2432-6836

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    水廻りの衛生面に対して効果が期待でき、環境にやさしいオゾン水を水と電気のみで簡単に生成できる「オゾンウォーター」デバイスを開発した。独自の電解槽構造により、15V前後の低電圧で定電流駆動する小型で効率の高いデバイスで、家電の配管などに組み込みやすい構成である。生成したオゾン水は、0.7mg/L(流量1L/min、常温)程度であり、水廻りに存在する微生物の不活性化に対して十分な濃度である。短時間の定期的な処理により、微生物による汚れや悪臭の防止が可能である。(著者抄録)

  • ボツリヌス毒素に対するカビ吸着剤の吸着作用

    幸田知子、中村佳司、向本雅郁

    緑書房 臨床獣医   34 ( 1 )   22 - 26   2016年01月

     詳細を見る

  • ヒノキチオールの抗菌活性と獣医学領域への応用

    向本 雅郁

    緑書房 Companion Animal Practice   273   79 - 84   2012年03月

     詳細を見る

  • 注目されるウイルス感染症と制御対策 ③口蹄疫

    向本 雅郁

    日本防菌防黴学会 防菌防黴   39 ( 7 )   19 - 30   2011年07月

     詳細を見る

  • 口蹄疫の発生と防疫対策

    向本 雅郁

    環境管理技術研究会 Journal of environmental control technique   29 ( 3 )   19 - 28   2011年06月

     詳細を見る

  • ヒノキチオールの生物活性

    向本 雅郁

    バイエル薬品株式会社 動薬研究   ( 67 )   20 - 26   2011年06月

     詳細を見る

  • 口蹄疫の発生原因と防疫対策

    向本 雅郁

    大阪府獣医師会 大阪府獣医師会報   61   62 - 63   2010年12月

     詳細を見る

  • 家畜伝染病対策におけるリスクマネジメント

    向本 雅郁

    東京市政調査会 都市問題   101   55 - 63   2010年10月

     詳細を見る

  • 温暖化と感染症

    向本 雅郁

    (財)関西消費者協会 消費者情報   ( 382 )   2007年06月

     詳細を見る

  • 鳥インフルエンザ

    向本 雅郁

    関西消費者協会 消費者情報   ( 374 )   2006年09月

     詳細を見る

  • 2005年何が起きたか「鳥インフルエンザ」

    向本 雅郁

    関西消費者協会 消費者情報   ( 増刊号 )   2006年02月

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)キーワード

  • 感染症全般

  • 抗菌物質および抗菌作用に関すること

  • 生物学的製剤の開発に関すること

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 抗微生物薬の評価

     詳細を見る

    微生物に対して効果のある薬物についてその使用範囲および使用方法などを検討する。

  • 病原微生物の検出系の開発

     詳細を見る

    動物個体、環境、食品から病原微生物を検出する診断薬の開発

  • 生物学的製剤の開発

     詳細を見る

    ワクチンおよび抗体関連特にモノクローナル抗体を利用した生物学的製剤を開発する。

科研費

  • ウェルシュ菌産生壊死毒素(NetB)の鶏壊死性腸炎発症に関与する宿主側因子の特定

    基盤研究(C)  2023年

  • ウェルシュ菌産生壊死毒素(NetB)の鶏壊死性腸炎発症に関与する宿主側因子の特定

    基盤研究(C)  2022年

  • 鶏壊死性腸炎発症に関わるウエルシュ菌が産生する病原因子の病原性発現機構の解明

    2021年

  • 鶏壊死性腸炎発症に関わるウエルシュ菌が産生する病原因子の病原性発現機構の解明

    2020年

  • 鶏壊死性腸炎発症に関わるウエルシュ菌が産生する病原因子の病原性発現機構の解明

    基盤研究(C)  2019年

  • ウエルシュ菌産生壊死毒素(NetB)による鶏壊死性腸炎発症メカニズムの解明

    基盤研究(C)  2018年

  • ウエルシュ菌産生壊死毒素(NetB)による鶏壊死性腸炎発症メカニズムの解明

    2017年

  • ウエルシュ菌産生壊死毒素(NetB)による鶏壊死性腸炎発症メカニズムの解明

    2016年

  • 鶏壊死性腸炎の主要な病原因子であるNetBの宿主特異性を規定する分子の解明

    2015年

  • ウエルシュ菌に起因する鶏壊死性腸炎の新規病原因子NetBの病原性発現機構の解明

    2014年

  • ウエルシュ菌に起因する鶏壊死性腸炎の新規病原因子NetBの病原性発現機構の解明

    2013年

  • ウエルシュ菌に起因する鶏壊死性腸炎の新規病原因子NetB の病原性発現機構の解明

    2012年

  • ガス壊疽菌産生壊死毒素による急性心原性ショックの病態生理機構の解明

    2011年

  • ガス壊疽菌産生壊死毒素による急性心原性ショックの病態生理機構の解明

    2010年

  • ガス壊疽菌産生壊死毒素による急性心原性ショックの病態生理機構の解明

    2009年

  • 抗毒素製剤の効率的製造方法の開発に関する研究

    2008年

  • 悪性水腫および気腫疽の発症に関わるガス壊疽菌群産生毒素の病原性発現機構の解明

    2008年

  • 悪性水腫および気腫疽の発症に関わるガス壊疽菌群産生毒素の病原性発現機構の解明

    2007年

  • 抗毒素製剤の効率的製造方法の開発に関する研究

    2007年

  • 抗毒素製剤の効率的製造方法の開発に関する研究

    2006年

  • ガス壊疽菌が産生する壊死毒の作用発現機構の解明

    2005年

  • 抗毒素製剤の効率的製造方法の開発に関する研究

    2005年

  • ガス壊疽菌が産生する壊死毒の作用発現機構の解明

    2004年

  • 抗毒素製剤の効率的製造方法の開発に関する研究

    2004年

  • 微生物のゲノム配列解析における病原性と有用遺伝子システムの解明

    2004年

  • 微生物のゲノム配列解析における病原性と有用遺伝子システムの解明

    2003年

  • 抗毒素製剤の効率的製造方法の開発に関する研究

    2003年

▼全件表示

研究員受入実績

  • 2023年度  研究員数:5名

  • 2022年度  研究員数:5名

  • 2021年度  研究員数:5名

  • 2020年度  研究員数:5名

  • 2019年度  研究員数:5名

  • 2018年度  研究員数:5名

  • 2017年度  研究員数:5名

  • 2016年度  研究員数:5名

  • 2015年度  研究員数:2名

  • 2014年度  研究員数:6名

  • 2013年度  研究員数:4名

▼全件表示

担当授業科目

  • 獣医学演習

    2021年度    

  • 獣医衛生学A

    2021年度    

  • 獣医伝染病学各論A

    2021年度    

  • 感染症制御学特別講義B

    2021年度    

  • 先端機器特別演習

    2021年度    

  • 獣医環境科学特別研究H

    2021年度   実習  

  • 獣医環境科学特別研究H

    2021年度   実習  

  • 獣医環境科学特別研究G

    2021年度   実習  

  • 獣医環境科学特別研究F

    2021年度   実習  

  • 獣医環境科学特別研究F

    2021年度   実習  

  • 獣医環境科学特別研究E

    2021年度   実習  

  • 獣医環境科学特別研究D

    2021年度   実習  

  • 獣医環境科学特別研究C

    2021年度   実習  

  • 獣医環境科学特別研究B

    2021年度   実習  

  • 獣医環境科学特別研究A

    2021年度   実習  

  • 獣医環境科学特別演習C

    2021年度    

  • 獣医環境科学特別演習B

    2021年度    

  • 獣医環境科学特別演習B

    2021年度    

  • 獣医環境科学特別演習A

    2021年度    

  • 食品衛生学実習

    2021年度   実習  

  • 産業動物病性鑑定実習

    2021年度   実習  

  • 獣医感染制御学実習

    2021年度   実習  

  • 産業動物病性鑑定特論

    2021年度    

  • 獣医環境制御管理学

    2021年度    

  • 獣医環境感染学

    2021年度    

  • 獣医衛生学実習

    2021年度   実習  

  • 獣医衛生学実習

    2021年度   実習  

  • 獣医学関連法規

    2021年度    

  • 獣医学関連法規

    2021年度    

  • 獣医衛生学B

    2021年度    

  • 獣医衛生学

    2021年度    

  • 獣医伝染病学B

    2021年度    

  • 獣医環境科学

    2021年度    

  • 臨床基礎実習

    2021年度   実習  

  • 食品循環科学

    2021年度    

▼全件表示

社会貢献活動

  • 2022~2023年シーズンにおける高病原性鳥インフルエンザ発生と原因および今後の防疫対策について

    役割:講師

    日本食鳥協会九州支部  令和5年度第2回全体会議  2023年09月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:50(人)

  • 2022~2023年シーズンにおける高病原性鳥インフルエンザ発生と原因および今後の防疫対策について

    役割:講師

    日本食鳥協会  緊急時鶏肉処理体制整備等対策地域検討会(中部)  2023年09月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:30(人)

  • クロストリジウム属菌の性状と産生毒素の病原性について

    役割:講師

    国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門  家畜衛生研修会  2022年10月

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:150(人)

  • 畜産現場における防疫対策-殺菌・消毒を中心に‐

    役割:講師

    日本防菌防黴学会  第49回年次大会教育講演  2022年09月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:200(人)

  • CSF(豚熱)の発生と社会への影響

    役割:講師

    日本食品工業倶楽部  日本食品工業倶楽部セミナー(大阪)  2020年09月

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • CSF(豚熱)の発生と社会への影響

    役割:講師

    日本食品工業倶楽部  日本食品工業倶楽部セミナー(福岡)  2020年08月

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • 家きん疾病学

    役割:講師

    大阪食品衛生協会  令和元年度食鳥処理衛生管理者登録講習会  2020年01月

  • 食鳥処理場の災害発生時等における協力体制

    役割:講師

    日本食鳥協会  緊急時鶏肉処理体制整備等対策地域検討会(北海道・東北)  2019年10月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:50(人)

  • CSF(豚コレラ)の発生原因と懸念されるリスク

    役割:講師

    日本食品微生物学会  学術セミナー  2019年09月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:100(人)

  • 食鳥処理場の災害発生時等における協力体制

    役割:講師

    日本食鳥協会  緊急時鶏肉処理体制整備等対策地域検討会(関西・中四国)  2019年09月

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:50(人)

  • 食鳥処理場の災害発生時等における協力体制

    役割:講師

    日本食鳥協会  緊急時鶏肉処理体制整備等対策地域検討会(関西・中四国)  2019年09月

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:40(人)

  • 食鳥処理場の災害発生時等における協力体制

    役割:講師

    日本食鳥協会  緊急時鶏肉処理体制整備等対策地域検討会(中部)  2019年09月

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:40(人)

  • 食鳥処理場の災害発生時等における協力体制

    役割:講師

    日本食鳥協会  緊急時鶏肉処理体制整備等対策地域検討会(九州)  2019年09月

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:100(人)

  • 鳥インフルエンザを巡る情勢

    役割:講師

    日本種鶏・孵卵協会  平成26年度種鶏・孵卵経営セミナー  2014年

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:100(人)

  • 低病原性鳥インフルエンザの最新情報とその防疫対策

    役割:講師

    岡山県養鶏協会  平成25年度 岡山県養鶏講演会  2013年

     詳細を見る

    種別:講演会

  • インフルエンザの流行と対策

    役割:講師

    全国大学保健管理協会近畿地方部会  第21回阪奈和地区保健師・看護師班研修会  2013年

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 鳥インフルエンザを主としたインフルエンザの発生状況と対策

    役割:講師

    滋賀県  滋賀県高病原性鳥インフルエンザ防疫対策研修会  2012年

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 家禽疾病

    役割:講師

    大阪食品衛生協会  食鳥処理衛生管理者資格取得登録講習会  2012年

     詳細を見る

    種別:出前授業

  • 養鶏場での鳥インフルエンザの防疫対策

    役割:講師

    岡山県養鶏協会  平成23年度 岡山県養鶏講演会   2011年

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 鶏壊死性腸炎について

    役割:講師

    大阪府  第53回大阪府家畜保健衛生業績発表会 教育講演  2011年

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • 特定家畜伝染病防疫指針の改定について

    役割:講師

    中四国・近畿ブロイラー生産協議会  第二回定例会  2011年

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

▼全件表示

メディア報道

  • 豚熱ワクチンについて 新聞・雑誌

    読売新聞東京本社  読売新聞  2020年

  • 新型コロナウイルスに関連するエコバックの使用について 新聞・雑誌

    読売新聞東京本社  読売新聞  2020年

  • 新型コロナウイルスについて 新聞・雑誌

    読売新聞高松支局  読売新聞  2020年

  • 豚熱について テレビ・ラジオ番組

    読売テレビ  ニュース  2019年

  • 豚熱ワクチンについて 新聞・雑誌

    朝日新聞岐阜支局  朝日新聞  2019年

  • 豚熱について テレビ・ラジオ番組

    毎日放送  ニュース  2019年

  • 日本種鶏・孵卵協会での講演記事 新聞・雑誌

    鶏鳴新聞  鶏鳴新聞  2014年

  • 狂犬病について テレビ・ラジオ番組

    朝日放送  おはようパーソナリティ道上洋三です  2012年

▼全件表示

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 進路説明会 2023年 池田高校

    分野:獣医学

     詳細を見る

    対象:高校生

    獣医学とは

  • 帝塚山高校出張講義2016

    分野:農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 獣医学

     詳細を見る

    対象:高校生

    共生と寄生 -微生物の生き残り戦術-

  • 西宮東高校 2014出張講義

    分野:農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 獣医学

     詳細を見る

    対象:高校生

    共生と寄生 -微生物の生き残り戦術-

外国人受入実績

  • 2020年度

    研究者受入数 :1名

    留学生受入数 :1名

  • 2019年度

    留学生受入数 :1名

  • 2018年度

    留学生受入数 :1名

  • 2017年度

    留学生受入数 :1名

  • 2016年度

    留学生受入数 :1名

役職

  • 全学管理職

    大阪府立大学生命環境科学域獣医学類

    学類長  2020年04月 - 2022年03月