2024/03/22 更新

写真a

イノウエ ヒロシ
井上 博史
Inoue Hiroshi
担当
大学院工学研究科 物質化学生命系専攻 教授
工学部 応用化学科
職名
教授
所属
工学研究院
連絡先
メールアドレス
所属キャンパス
中百舌鳥キャンパス

担当・職階

  • 大学院工学研究科 物質化学生命系専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 工学部 応用化学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(工学) ( 大阪大学 )

研究分野

  • ナノテク・材料 / 構造材料、機能材料  / 構造・機能材料

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 触媒プロセス、資源化学プロセス

  • ナノテク・材料 / 構造材料、機能材料

研究キーワード

  • 固体高分子形燃料電池

  • 直接型アルコール燃料電池

  • アルカリ二次電池

  • 全固体電池

  • ヒドロゲル電解質

  • 水系電気化学キャパシタ

  • 電解水素生成

  • 金属ナノ粒子触媒

研究概要

  • 水電解用高活性カソード触媒の開発

  • 有機ハイドライドの電気化学的再生反応触媒の開発

  • 直接型アルコール燃料電池用高性能アノード触媒の開発

  • 水系電気化学キャパシタの開発

  • 固体高分子形燃料電池用カソード触媒の開発

  • アルカリ二次電池の高性能化

  • 燃料電池用電極触媒の開発

研究歴

  • 水電解用高活性カソード触媒の開発

    水電解、カソード触媒、水素発生、非貴金属触媒  個人研究

    2017年04月 - 継続中 

  • 有機ハイドライドの電気化学的再生反応触媒の開発

    有機ハイドライド、水素キャリア、電極触媒、水素化反応、電解  国内共同研究

    2014年07月 - 継続中 

  • 直接形アルコール燃料電池用高性能アノード触媒の開発

    直接型アルコール燃料電池、アノード触媒、エタノール、グリセリン、完全酸化  個人研究

    2014 - 継続中 

  • 亜鉛負極二次電池の高性能化

    亜鉛負極、アルカリ二次電池、高エネルギー密度、高出力密度、デンドライト抑制  個人研究

    2005年04月 - 継続中 

  • 燃料電池用電極触媒の開発

    電極触媒、PEFC、酸素還元、エタノール酸化、ナノ粒子 

  • 固体高分子形燃料電池用低白金量電極触媒に関する研究

    電極触媒、低白金量、PEFC、酸素還元 

所属学協会

  • 国際電気化学会

    2004年11月 - 継続中   国外

  • 米国電気化学会

    2003年06月 - 継続中   国外

  • 米国化学会

    2002年02月 - 継続中   国外

  • 日本化学会

    1989年04月 - 継続中   国内

  • 電気化学会

    1989年04月 - 継続中   国内

  • 電気化学会

  • 米国電気化学会

  • 米国化学会

  • 日本化学会

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 監事   電気化学会電解科学技術委員会  

    2024年01月 - 2025年12月 

  • 顧問   電気化学会関西支部  

    2023年01月 - 継続中 

  • 運営幹事   電気化学会キャパシタ技術委員会  

    2022年01月 - 継続中 

  • 幹事   電気化学会関西支部  

    2022年01月 - 2022年12月 

  • 第89回大会実行委員会委員長   電気化学会  

    2021年11月 - 2022年03月 

  • 学校運営協議会委員   大阪府立三国丘高校  

    2020年04月 - 2024年03月 

  • 大阪高等めっき技術訓練校講師   大阪府鍍金工業組合  

    2020年04月 - 継続中 

  • 甲種危険物取扱者準備講習会講師   公益財団法人 大阪府危険物安全協会  

    2020年04月 - 2023年03月 

  • エネルギー管理研修講師   一般財団法人 省エネルギーセンター  

    2020年04月 - 2023年03月 

  • 常任委員   電気化学会電解科学技術委員会  

    2020年01月 - 2023年12月 

  • 支部長   電気化学会関西支部  

    2020年01月 - 2021年12月 

  • 支部長   電気化学会関西支部  

    2020年01月 - 2021年12月 

  • 甲種危険物取扱者準備講習会講師   公益財団法人 大阪府危険物安全協会  

    2019年04月 - 2020年03月 

  • エネルギー管理研修講師   一般財団法人 省エネルギーセンター  

    2019年04月 - 2020年03月 

  • 大阪高等めっき技術訓練校講師   大阪府鍍金工業組合  

    2019年04月 - 2020年03月 

  • 学校運営協議会 委員   大阪府立三国丘高等学校  

    2019年04月 - 2020年03月 

  • 甲種危険物取扱者準備講習会講師   公益財団法人 大阪府危険物安全協会  

    2018年04月 - 2019年03月 

  • 大阪高等めっき技術訓練校講師   大阪府鍍金工業組合  

    2018年04月 - 2019年03月 

  • 大阪府立学校 学校協議会委員   大阪府教育委員会  

    2018年04月 - 2019年03月 

  • エネルギー管理研修講師   一般財団法人 省エネルギーセンター  

    2018年04月 - 2019年03月 

  • 委員   大阪EVアクション協議会 企画部会  

    2009年04月 - 2010年03月 

▼全件表示

受賞歴

  • 電気化学会進歩賞佐野賞

    1999年04月   電気化学会  

  • 電池技術委員会賞

    1998年11月   電気化学会電池技術委員会  

  • 工業電解奨励賞

    1997年11月   電気化学会電解科学技術委員会  

  • 日本MRS奨励賞

    1995年12月   日本MRS(Materials Research Society)  

職務経歴(学外)

  • 米国ブルックヘブン国立研究所   客員研究員(大阪府在外研究員)

    2001年07月 - 2001年12月

  • 大阪大学工学部   助手

    1989年04月 - 1994年03月

学歴

  • 大阪大学   工学研究科   応用化学専攻博士後期課程   その他   中退

    1988年04月 - 1989年03月

  • 大阪大学   工学研究科   応用化学専攻博士前期課程   その他   卒業・修了

    1986年04月 - 1988年03月

  • 大阪大学   工学部   応用化学科   その他   卒業・修了

    1982年04月 - 1986年03月

論文

  • Effect of Silver Modification on the Kinetics and Mechanisms of an Electrochemical Glycerol Oxidation Reaction at a Platinum Electrode in an Alkaline Medium 査読 国際共著

    Takuya Hamada, Akihisa Ochi, Masanobu Chiku, Eiji Higuchi, Clive A. Randall, Hiroshi Inoue

    ACS Applied Energy Materials   7 ( 5 )   1970 - 1982   2024年02月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/acsaem.3c03111

  • Manganese oxides as positive electrode materials for rechargeable aluminum batteries 査読

    Masanobu Chiku, Yihan Tian, Eiji Higuchi, Hiroshi Inoue

    Journal of Alloys and Compounds   969   172430   2023年12月( ISSN:09258388

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jallcom.2023.172430

  • Effect of SnO2 and Rh modifications on CO-stripping kinetics and ethanol oxidation mechanism of Pt electrode 査読

    Nguyen Trung Kien, Ai Ozaki, Masanobu Chiku, Eiji Higuchi, Hiroshi Inoue

    Research on Chemical Intermediates   50 ( 1 )   339 - 351   2023年11月( ISSN:09226168

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s11164-023-05180-7

  • Effect of Surface Composition on Electrochemical Oxidation Reaction of Carbon Monoxide and Ethanol of PtxRh1-x Solid Solution Electrodes 招待

    Nguyen Trung Kien, Haruki Yara, Masanobu Chiku, Eiji Higuchi, Hiroshi Inoue

    Interational Journal of Electrochemistry   2023   2386013 - (10 pages)   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: https://doi.org/10.1155/2023/2386013

  • Electrocatalytic performances of oxygen-deficient titanium dioxide nanosheet coupled palladium nanoparticles for oxygen reduction and hydrogen evolution reactions 査読

    Keerti M. Naik, Eiji Higuchi, Hiroshi Inoue

    International Journal of Hydrogen Energy   48 ( 79 )   30741 - 30750   2023年05月( ISSN:03603199

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ijhydene.2023.04.263

  • Analysis of the Irreversible Capacity in an All-Solid-State Lithium Battery with a Porous Current Collector Using Soft X-ray Emission Spectroscopy 査読

    Shota Shinzo, Eiji Higuchi, Masanobu Chiku, Akitoshi Hayashi, Hiroshi Inoue

    Journal of Physical Chemistry C   127 ( 16 )   7602 - 7608   2023年04月( ISSN:19327447

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.2c09084

  • Bifunctional intermetallic PdZn nanoparticle-loaded deficient TiO2 nanosheet electrocatalyst for electrochemical water splitting 査読

    Keerti M. Naik, Kanaru Hashisake, Eiji Higuchi, Hiroshi Inoue

    4 ( 2 )   561 - 569   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/d2ma00904h

  • Activity and durability of intermetallic PdZn electrocatalyst for ethanol oxidation reaction 査読

    Research on Chemical Intermediates   48 ( 9 )   3795 - 3810   2022年09月( ISSN:0922-6168

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s11164-022-04780-z

  • Intermetallic PdZn nanoparticles loaded on deficient TiO2 nanosheets as a support: a bifunctional electrocatalyst for oxygen reduction in PEMFCs and the glycerol oxidation reactions 査読

    Keerti M. Naik, Kanaru Hashisake, Takuya Hamada, Eiji Higuchi, Hiroshi Inoue

    Journal of Materials Chemistry A   10 ( 26 )   13987 - 13997   2022年07月( ISSN:2050-7488

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Exploring simple and flexible methods to synthesize an oxygen reduction reaction (ORR) catalyst with high catalytic activity is of great significance for the large-scale application of fuel cells. Here we developed an intermetallic PdZn on a TiO2-x NS support catalyst by a simple strategy for large-scale production through an impregnation process involving low temperature annealing. This electrocatalyst prepared by a simple and single step exhibited better ORR activities in both acidic and alkaline solutions at room temperature with a higher value of electrochemical active surface area (ECSA). The repeated square-wave potential cycling test at 80 degrees C over 10 000 cycles confirmed the durability of the catalyst. The fuel cell using the PdZn/TiO2-x NS catalyst showed a high power density of 855 mW cm(-2), which exceeds that of the PdZn supported carbon catalyst. Also, the proposed catalyst showed excellent stability over more than 100 h in proton-exchange membrane fuel cell (PEMFC) performance. Thus, the proposed TiO2-x NSs will be an alternative to a carbon support in future PEMFC technology. Furthermore, PdZn/TiO2-x NSs also showed higher activity and stability for the glycerol oxidation reaction (GOR) and higher selectivity for glycerate production than PdZn/C. Hence, the PdZn/TiO2-x NS electrocatalyst opens up new avenues towards energy conversion devices such as DAFCs and metal-air batteries. This new study provides an opportunity for further research to rationally design more carbon free supported nanostructured intermetallics by using different transition metals for efficient electrochemical energy storage devices.

    DOI: 10.1039/d2ta03736j

  • Communication-Porous Current Collector with Randomly Distributed Pores for Li Metal Negative Electrode in All-Solid-State Batteries 査読

    Shota Shinzo, Miho Shoji, Eiji Higuchi, Masanobu Chiku, Hiroshi Inoue

    JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY   169 ( 4 )   040521   2022年04月( ISSN:0013-4651

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    The increase in mechanical stress at the interface of the Li metal and solid electrolyte induces dendritic Li growth in all-solid-state Li batteries. We demonstrated the increasing stress in Li metal was significantly reduced by porous current collectors (PCCs). Here, we demonstrate the PCC with 3- dimensional pores prepared by sintering a mixture of micrometer-sized Ni spherical particles and polymethyl methacrylate spheres as a template of pores. The low-cost sintering method realized not only reduction of the preparation cost of PCCs, but high internal short circuit resistance comparable to the expensive PCCs with regularly arranged through-holes using electroforming methods.

    DOI: 10.1149/1945-7111/ac62c0

  • Defect-Rich Black Titanium Dioxide Nanosheet-Supported Palladium Nanoparticle Electrocatalyst for Oxygen Reduction and Glycerol Oxidation Reactions in Alkaline Medium 査読

    K. M. Naik, T. Hamada, E. Higuchi, H. Inoue

    ACS Applied Energy Materials   4 ( 11 )   12391 - 12402   2021年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • High Rate Lithium Metal Plating and Stripping on Solid Electrolyte Using Porous Current Collector with High Aperture Ratio 査読

    S. Shinzo, E. Higuchi, M. Chiku, A. Hayashi, H. Inoue

    ACS Applied Energy Materials   4 ( 11 )   12613 - 12622   2021年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Effect of Rh Coverage on CO-Adsorption and -Stripping Behaviors of Rhodium-Adlayer-Modified Platinum Electrodes 査読

    Toyoki Imada, Masanobu Chiku, Eiji Higuchi, Hiroshi Inoue

    Journal of Physical Chemistry C   125 ( 27 )   14616 - 14626   2021年07月( ISSN:1932-7447

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Pt/Rh bimetal catalysts are often used in various reactions such as alcohol oxidation and hydrogenation. For comparison, their catalytic activity is often standardized by the real surface area or electrochemical surface area. However, the conventional method of using the electric charge for hydrogen desorption is difficult to apply to Pt/Rh bimetal catalysts because the potential regions of hydrogen desorption for Pt and Rh overlap. In this study, Rh-adlayer-modified Pt (Rh-x/Pt) electrodes with different Rh coverages were prepared by underpotential depositions of Cu adatoms at different potentials followed by galvanic replacement of Cu with rhodium, and CO stripping was applied to determine the Rh coverages of these electrodes. No CO that had been adsorbed on a Pt electrode was removed by potentiostatic CO oxidation at 0.75 V vs reversible hydrogen electrode for 15 s in an Ar-saturated 0.5 M sulfuric acid solution at 5 degrees C, but 85% of CO on an Rh electrode was removed. The Rh coverages for the Rh-x/Pt electrodes corrected on the basis of this result were in good agreement with the corresponding Rh coverages estimated from the electric charge for the stripping of the Cu adlayer. Moreover, the Rh-x/Pt electrodes exhibited noteworthy CO-stripping and CO-adsorption behaviors. A single CO-stripping cyclic voltammetry peak was observed regardless of Rh coverage, and shifted toward lower potential as the Rh coverage was increased. This result resembled the trend of initiation potentials of chemisorbed oxygen formation, suggesting a bifunctional mechanism. In infrared reflectance-absorption spectra of the CO-adsorbed Rh-x/Pt electrodes, a single asymmetric band assigned to "atop" CO was observed irrespective of the Rh coverage, and shifted to lower wavenumbers as the Rh coverage was increased. The d-band center estimated from the valence level spectra of the Rh-x/Pt electrodes, which reflected the Pt 5d electronic structure, shifted downward as the Rh coverage was increased.

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.1c02039

  • Electrochemical Toluene Hydrogenation Using Binary Platinum-Based Alloy Nanoparticle-Loaded Carbon Catalysts 査読

    Toyoki Imada, Yusuke Iida, Yousuke Ueda, Masanobu Chiku, Eiji Higuchi, Hiroshi Inoue

    CATALYSTS   11 ( 3 )   318 - (14 pages)   2021年03月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    A couple of toluene (TL) and its hydrogenation product, methylcyclohexane (MCH), are promising high-density hydrogen carriers to store and transport large amounts of hydrogen. Electrochemical hydrogenation of TL to MCH can achieve energy savings compared with hydrogenation using molecular hydrogen generated separately, and development of highly active catalysts for electrochemical TL hydrogenation is indispensable. In this study, binary Pt3M (M = Rh, Au, Pd, Ir, Cu and Ni) alloy nanoparticle-loaded carbon catalysts were prepared by a colloidal method, and their activity for electrochemical TL hydrogenation was evaluated by linear sweep voltammetry. Each Pt3M electrode was initially activated by 100 cycles of potential sweep over a potential range of 0-1.2 or 0.8 V vs. reversible hydrogen electrode (RHE). For all activated Pt3M electrodes, the cathodic current density for electrochemical TL hydrogenation was observed above 0 V, that is the standard potential of hydrogen evolution reaction. Both specific activity, cathodic current density per electrochemical surface area, and mass activity, cathodic current density per mass of Pt3M, at 0 V for the Pt3Rh/C electrode were the highest, and about 8- and 1.2-times as high as those of the commercial Pt/C electrode, respectively, which could mainly be attributed to electronic modification of Pt by alloying with Rh. The Tafel slope for each activated Pt3M/C electrode exhibited the alloying of Pt with the second metals did not change the electrochemical TL hydrogenation mechanism.

    DOI: 10.3390/catal11030318

  • Effect of Rhodium Modification on Activity of Platinum Nanoparticle-Loaded Carbon Catalysts for Electrochemical Toluene Hydrogenation 査読

    Toyoki Imada, Masanobu Chiku, Eiji Higuchi, Hiroshi Inoue

    ACS Catalysis   10 ( 22 )   13718 - 13728   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Microband-Array Electrode Technique for the Detection of Reaction Distributions in the Depth Direction of Composite Electrodes for the All-Solid-State Lithium-ion Batteries 査読

    M. Chiku, K. Ota, E. Higuchi, H. Inoue

    ACS Omega   5 ( 27 )   16739 - 16743   2020年06月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Pt nanoparticle-decorated two-dimensional oxygen-deficient TiO2 nanosheets as an efficient and stable electrocatalyst for the hydrogen evolution reaction 査読

    Keerti M. Naik, Eiji Higuchi, Hiroshi Inoue

    Nanoscale   12 ( 20 )   11055 - 11062   2020年05月( ISSN:2040-3364

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Developing novel hydrogen evolution reaction (HER) catalysts with high activity, high stability and low cost is of great importance for the ever-broader applications of hydrogen energy. Among the conventionally used platinum-based heterogeneous catalysts, the high consumption and low utilization efficiency of precious platinum are the most crucial issues. Herein we present a facile approach to prepare an effective HER catalyst with platinum nanoparticles dispersed on oxygen-deficient TiO(2-x)nanosheets (NSs). The fabricated Pt-TiO2-xNS electrocatalyst shows an overpotential of 35 mV at 10 mA cm(-2)for the HER in 0.5 M H2SO4, which is highly comparable to that of commercial Pt/C (34 mV). More attractively, the Pt-TiO2-xNS electrocatalyst largely enhanced the mass activity (MA) of Pt and electrochemical stability compared to commercial Pt/C. The excellent HER performance of Pt-TiO(2-x)NSs is attributed to the synergetic effect between highly dispersed Pt species and TiO(2-x)NSs with oxygen vacancies, which enhances both electrocatalytic activity and durability over a wide pH range. This strategy can provide insights into constructing highly efficient catalysts and their support for different energy-related applications.

    DOI: 10.1039/d0nr02092c

  • Control of Dendritic Growth of Lithium Metal in All-Solid-State Lithium Metal Batteries: Effect of Current Collector with Micro-Sized Pores 査読

    S. Shinzo, E. Higuchi, M. Chiku, A. Hayashi, H. Inoue

    ACS Applied Materials & Interfaces   124 ( 10 )   22798 - 22803   2020年04月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Two-dimensional oxygen-deficient TiO2 nanosheets-supported Pt nanoparticles as durable catalyst for oxygen reduction reaction in proton exchange membrane fuel cells 査読

    Keerti M. Naik, Eiji Higuchi, Hiroshi Inoue

    Journal of Power Surces   455   227972   2020年04月( ISSN:0378-7753

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    The activity and stability for oxygen reduction reaction (ORR) of the cathode catalyst of proton exchange membrane fuel cells (PEMFCs) are important issues that should even be considered for practical application. Modifying the catalyst electronic structure and finding durable supports are good approaches for improving these properties. Carbon-free multifunctional oxygen-deficient titanium oxide nanosheets (TiO2-x NSs) are established as a catalyst support for fuel cell application. The TiO2-x NSs support shows improved electronic conduction compared to TiO2 NSs. Pt nanoparticle-loaded TiO2-x NSs (Pt-TiO2-x, NSs) catalyst prepared in this study shows excellent activity towards the ORR. This is ascribed to a strong metal-support interaction (SMSI) between the Pt nanoparticles (NPs) and the TiO2-x NSs support. In addition, the TiO2-x NSs catalyst shows outstanding durability in repeating square-wave potential cycling tests at 80 degrees C over 10000 cycles. The fuel cell using the Pt-TiO2-x NSs catalyst shows high power density (958 mWcm(-2)), which exceeds that of the commercial Ptloaded carbon catalyst. Also, the projected catalyst showed an excellent stability (more than 100 h) in fuel cell performance. Thus, the proposed TiO2-x NSs will be a promising carbon-free support to be loaded in the future PEMFCs technology.

    DOI: 10.1016/j.jpowsour.2020.227972

  • Copper chloride as a conversion-type positive electrode for rechargeable aluminum batteries 査読

    Masanobu Chiku, Takeshi Kunisawa, Eiji Higuchi, Hiroshi Inoue

    RSC ADVANCES   9 ( 71 )   41475 - 41480   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Copper chloride (CuCl2) was investigated for the first time as conversion-type positive electrode material in a rechargeable Al battery. The electrode was reversibly charged and discharged in an electrolyte solution of AlCl3, dipropylsulfone, and toluene (1 : 10 : 5 molar ratio). The initial discharge capacity was about 370 mA h (g-CuCl2)(-1) at 0.028C-rate (11 mA (g-CuCl2)(-1)), which was almost the same as the theoretical value (399 mA h (g-CuCl2)(-1)) and higher than that of insertion-type positive electrode materials as used in the rechargeable Al battery. Moreover, a two-stage discharge plateau voltage was observed at 1.5 V and 0.8 V, which was higher than other conversion type positive electrodes for the aluminum rechargeable battery. The high discharge voltage realized a high energy density of 426 mW h (g-CuCl2)(-1), which is the highest energy density compared with other conversion type positive electrodes. Two different strategies were implemented to increase the lifetime of the cell, namely, increasing the upper cut-off voltage and decreasing the particle size of CuCl2. The discharge capacity for the electrode at the second cycle was threefold that for a pristine CuCl2 electrode.

    DOI: 10.1039/c9ra09158k

  • Mechanism of Glycerol Oxidation Reaction on the Silver-modified Palladium Electrodes in Alkaline Medium 査読

    H. Inoue, S. Kimura, Y. Teraoka, M. Chiku, E. Higuchi, B. T. X. Lam

    Int. J. Hydrogen Energy 雑誌 Elsevier   Vol. 43 ( No. 40 )   18664 - 18671   2018年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Electrochemical Hydrogenation Reaction of Toluene with PtxRu Alloy Catalysts-Loaded Gas Diffusion Electrodes 査読

    E. Higuchi, Y. Ueda, M. Chiku, H. Inoue

    Electrocatalysis 雑誌 Springer-Verlag   Vol.9 ( No.2 )   226 - 235   2018年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Appropriate Arrangement of Rh for Selective CO2 Formation in Ethanol Oxidation Reaction with Pt/Rh/SnO2 Catalyst 査読

    P. T. Mai, M. Chiku, E. Higuchi, H. Inoue

    J. Electrochem. Soc. 雑誌 Electrochemical Society   Vol.164 ( No.9 )   F1011 - F1013   2017年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Ti-V-Cr-Ni Alloys as High Capacity Negative Electrode Active Materials for Use in Nickel-Metal Hydride Batteries 査読

    H. Inoue, N. Kotani, M. Chiku, E. Higuchi

    Int. J. Hydrogen Energy 雑誌   41 ( 23 )   9939 - 9947   2016年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Preparation of PdAg and PdAu Nanoparticle-loaded Carbon Black Catalysts and Their Electrocatalytic Activity for the Glycerol Oxidation Reaction in Alkaline Medium 査読

    B. T. X. Lam, M. Chiku, E. Higuchi, H. Inoue

    J. Power Sources 雑誌   297   149 - 157   2015年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Electrocatalytic Activity for Oxygen Reduction Reaction of Pt/Au/CB Catalyst with Different Core Sizes 査読

    E. Higuchi, K. Okada, M. Chiku, H. Inoue

    Electrochim. Acta 雑誌   179   100 - 107   2015年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Simple Preparation of Pd Core Nanoparticles for Pd Core/Pt Shell Catalyst and Evaluation of Activity and Durability for Oxygen Reduction Reaction 査読

    H. Inoue, R. Sakai, T. Kuwahara, M. Chiku, E. Higuchi

    Catalysts 雑誌   5   1375 - 1387   2015年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effect of Pretreatment on the Surface Structure of a Co(OH)2 electrode 査読

    E. Higuchi, H. Otsuka, M. Chiku, H. Inoue

    J. Power Sources 雑誌 Elsevier   248   762 - 768   2014年02月

  • Simple Preparation of Au Nanoparticles and Their Application to Au Core/Pt Shell Catalysts for Oxygen Reduction Reaction 査読

    E. Higuchi, K. Hayashi, M. Chiku, H. Inoue

    Electrocatalysis 雑誌 Springer-Verlag   3   274 - 283   2012年12月

  • Electrochemical Hydrogen Production System from Ammonia Borane in Methanol Solution 査読

    H. Inoue, T. Yamazaki, T. Kitamura, M. Shimada, M. Chiku, E. Higuchi

    Electrochim.Acta 雑誌 Elsevier   82   392 - 396   2012年11月

  • Charge-Discharge Performance of Cr-substituted V-based Hydrogen Storage Alloy Negative Electrodes for Use in Nickel-Metal Hydride Batteries 査読

    H. Inoue, S. Koyama and E. Higuchi

    Electrochim. Acta Elsevier   59   23 - 31   2012年01月

  • Electrocatalytic Activity for Oxygen Reduction Reaction of Pt Nanoparticle Catalysts with Narrow Size Distribution Prepared from [Pt3(CO)3(μ-CO)3]n2− (n = 3-8) Complexes 査読

    E. Higuchi, A. Taguchi, K. Hayashi, and H. Inoue

    J. Electroanal. Chem. Elsevier   663 ( 2 )   83 - 89   2011年12月

  • Preparation and Characterization of Ni-based Positive Electrodes for Use in Aqueous Electrochemical Capacitors 査読

    H. Inoue, Y. Namba and E. Higuchi

    J. Power Sources 雑誌 Elsevier   195   6239 - 6244   2010年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • モビリティ用電池の化学

    井上博史( 担当: 共著 ,  範囲: ニッケル水素電池:もう一つの日本産高性能二次電池の話)

    化学同人  2022年03月  ( ISBN:9784759814040

     詳細を見る

    総ページ数:176   担当ページ:97-101   著書種別:学術書  

  • Core-Shell and Yolk-Shell Nanocatalysts

    Hiroshi Inoue, Eiji Higuchi( 担当: 共著)

    Springer Nature Singapore Pte Ltd  2021年05月  ( ISBN:9789811604621

     詳細を見る

    担当ページ:275-288  

  • コンパクト電気化学

    岩倉千秋、森田昌行、井上博史( 担当: 共著)

    丸善  2019年05月  ( ISBN:978-4-621-30380-1

  • Advanced Materials for Clean Energy

    Hiroshi Inoue, Eiji Higuchi( 担当: 共著)

    CRC Press  2015年04月  ( ISBN:9781482205787

     詳細を見る

    担当ページ:201-228  

  • New In-Situ Characterization Technique of Active Materials in Batteries: Electrochemical Acoustic Emission Method (Chap. 6)

    H, Inoue( 担当: 共著)

    In Tech  2012年03月 

  • Eco-friendly Electrochemical Devices Using “Water” and “Hydrogen” as Key Substances in the 21st Century

    H. Inoue( 担当: 共著)

    NOVA publishers  2010年 

  • ニッケル亜鉛電池の開発動向 (第3編第2章)

    井上博史( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2009年11月 

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 新規高分子ヒドロゲル電解質膜の作製ならびに亜鉛負極二次電池への応用 国内会議

    吉田侃生, 知久昌信, 樋口栄次, 井上博史

    電気化学会第91回大会  2024年03月  電気化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  • 亜鉛負極二次電池用アルギン酸ナトリウムヒドロゲル電解質膜の開発 国内会議

    王 寧致, 知久昌信, 樋口栄次, 井上博史

    電気化学会第91回大会  2024年03月  電気化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  • デンプン水溶液およびデンプンヒドロゲル電解質膜中での亜鉛の析出溶解挙動 国内会議

    甄 誠、知久昌信、樋口栄次、伊藤 隆、井上博史

    電気化学会第91回大会  2024年03月  電気化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  • 液相混合による剥離型MoS2を用いた硫化物系全固体二次電池用正極の開発 国内会議

    藤原一登,樋口栄次,知久昌信,井上博史

    電気化学会第91回大会  2024年03月  電気化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  • Effect of Ag Modification on the Mechanism of Electrochemical Glycerol Oxidation Reaction at Pt Electrode in Alkaline Medium 国際会議

    Takuya Hamada, Masanobu Chiku, Eiji Higuchi, Hiroshi Inoue

    11th Kyoto International Forum for Environment and Energy (KIFEE-11)  2024年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tendo  

  • Electrochemical Properties of Graphite Positive Electrode for Rechargeable Aluminum Batteries 国際会議

    Xue Yang, Masanobu Chiku, Eiji Higuchi, Hiroshi Inoue

    11th Kyoto International Forum for Environment and Energy (KIFEE-11)  2024年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tendo  

  • 全固体MnO2/Zn二次電池用キサンタンガムヒドロゲル電解質の開発 国内会議

    Patrick Dedetemo Kimilita, 田畑宥樹,知久昌信,樋口栄次,井上博史

    第64回電池討論会  2023年11月  電気化学会電池技術委員会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • RuO2担持カソードでの起動停止サイクルに伴うRuO2触表面の構造解析 国内会議

    樋口栄次,東田知紘,外山夏海,知久昌信,井上博史

    第47回電解技術討論会  2023年11月  電気化学会電解科学技術委員会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • アルカリ水溶液中でのAg修飾Pt電極上における電気化学的グリセリン酸化反応機構の解析 国内会議

    濱田拓哉,知久昌信,樋口栄次,井上博史

    第47回電解技術討論会  2023年11月  電気化学会電解科学技術委員会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • All-Solid-State Capacitors Using Alginate-Based Polymer Hydrogel Electrolyte 国際会議

    Patrick Dedetemo Kimilita, Takuya Imawaka, Masanobu Chiku, Eiji Higuchi and Hiroshi Inoue

    The 7th International Conference on Advanced Capacitors (ICAC2023)  2023年09月  電気化学会キャパシタ技術委員会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:鎌倉  

  • Analysis of Electrochemical Glycerol Oxidation Reaction Mechanism on Ag-modified Pt Electrodes in Alkaline Medium 国際会議

    Takuya Hamada, Masanobu Chiku, Eiji Higuchi, Hiroshi Inoue

    International Symposium of the Graduate School of Engineering, Osaka Metropolitan University  2023年09月  大阪公立大学大学院工学研究科

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • Zinc Deposition Behavior in Starch and Highly Concentrated Potassium Hydroxide Aqueous Solutions 国際会議

    Cheng Zhen, Naoki Hiratsuka, Masanobu Chiku, Eiji Higuchi, Takashi Itoh, Hiroshi Inoue

    International Symposium of the Graduate School of Engineering, Osaka Metropolitan University  2023年09月  大阪公立大学大学院工学研究科

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • アルカリ水溶液中でのAg修飾Pt電極上における電気化学的グリセリン酸化反応のメカニズム解析 国内会議

    濱田拓哉,知久昌信,樋口栄次,井上博史

    電気化学会2023電気化学秋季大会  2023年09月  電気化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • Preparation and Characterization of Platinum-Loaded Conductive Titanium Oxide Catalysts for Oxygen Reduction Reaction 国際会議

    Yujang Li, Masanobu Chiku, Eiji Higuchi, Hiroshi Inoue

    The 9th Joint Symposium on Advanced Materials and Applications (JSAMA-9)  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:姫路  

  • 酸化ルテニウムカソードのアルカリ水溶液中での耐久性 国内会議

    樋口栄次、外山夏海、知久昌信、井上博史

    電気化学会電解科学技術委員会第32回電極材料研究会  2023年07月  電気化学会電解科学技術委員会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

  • フッ化物を用いたコンバージョン反応によるアルミニウム二次電池用正極材料の開発 国内会議

    知久昌信・吉谷真希・國澤剛志・樋口栄次・井上博史

    電気化学会第90回大会  2023年03月  電気化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

  • Zinc Deposition Behavior in Highly Concentrated Potassium Hydroxide Aqueous Solutions 国際会議

    Cheng Zhen, Naoki Hiratsuka, Masanobu Chiku, Eiji Higuchi, Hiroshi Inoue

    ACEPS (Asian Conference on Electrochemical Power Sources 11)  2022年12月  ACEPS (Asian Conference on Electrochemical Power Sources 11)

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Singapore  

  • メカノケミカル法を用いた高導電性チタン酸化物の常温常圧合成 国内会議

    清水祐太,知久昌信,樋口栄次,井上博史

    2022年度電気化学会関西支部第3回関西電気化学研究会  2022年12月  電気化学会関西支部

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  • 高導電性チタン酸化物の常温常圧合成と物性評価 国内会議

    清水祐太,知久昌信,樋口栄次,井上博史

    2022年度大阪公立大学全固体電池実用化研究会 第 2 回セミナー  2022年12月  大阪公立大学全固体電池実用化研究会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • アルカリ水電解の起動停止サイクルに伴う金属酸化物カソードの耐久性 国内会議

    樋口栄次,外山夏海,知久昌信,井上博史

    第46回電解技術討論会  2022年11月  電気化学会電解科学技術委員会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分  

  • 全固体亜鉛負極電池用新規高分子ヒドロゲル電解質の開発 国内会議

    田畑宥樹,知久昌信,樋口栄次,井上博史

    第63回電池討論会  2022年11月  電気化学会電池技術委員会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 高導電性チタン酸化物の常温常圧合成 国内会議

    清水祐太,知久昌信,樋口栄次,井上博史

    第12回CSJ化学フェスタ2022  2022年10月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:船橋  

  • アルカリ水電解用金属酸化物カソードの耐久性に及ぼす中間層の影響 招待 国内会議

    樋口栄次,外山夏海,知久昌信,井上博史

    電気化学会電解科学技術委員会第33回電解プロセス研究会及び第117回委員会  2022年09月  電気化学会電解科学技術委員会

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:立命館大学東京キャンパス  

  • アルカリ水電解用金属酸化物カソードの耐久性に及ぼす中間層の影響 国内会議

    樋口栄次,外山夏海,知久昌信,井上博史

    2022年電気化学秋季大会  2022年09月  電気化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川大学  

  • アルカリ水電解における金属酸化物カソードの活性および耐久性の評価 国内会議

    樋口栄次,外山夏海,知久昌信,井上博史

    電気化学会電解科学技術委員会第31回電極材料研究会  2022年08月  電気化学会電解科学技術委員会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

▼全件表示

産業財産権等

  • コアシェル粒子の製造方法

    井上博史, 樋口栄次

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:5436059 

  • 白金粒子担持カーボンブラック触媒の製造方法

    井上博史, 樋口栄次

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:5436059 

  • 全固体アルカリ二次電池用無機ヒドロゲル電解質とその製法及び全固体アルカリ二次電池

    井上博史, 野原愼士

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:5021940 

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 直接型アルコール燃料電池用高活性アノード触媒の開発

     詳細を見る

    バイオアルコール(エタノール、グリセリンなど)を燃料とするカーボンニュートラルの直接型アルコール燃料電池開発を目指して、アルコールのCO2への完全酸化反応に高活性なアノード電極触媒の開発ならびにそのアルコール酸化活性および耐久性の評価

  • アルカリ水電解用高活性非貴金属カソード触媒の開発

     詳細を見る

    アルカリ水電解での水素発生反応に高活性かつ高耐久性を示す非貴金属カソード触媒の開発

  • 固体高分子形燃料電池用カソード触媒に関する研究

     詳細を見る

    固体高分子形燃料電池用コア/シェル触媒などの超低白金量ナノ粒子電極触媒の開発、貴金属ナノ粒子の面制御ならびにそれらの酸素還元活性や耐久性の評価

  • 全固体化に向けたヒドロゲル電解質の開発ならびに電気化学特性評価

     詳細を見る

    全固体化に向けた無機化合物や高分子化合物をマトリックスとするヒドロゲル電解質の開発ならびに電気化学特性評価

  • ニッケル-水素電池用負極用水素吸蔵合金の作製と電気化学特性

     詳細を見る

    ニッケル-水素電池の高エネルギー密度化、温度特性の改善、コバルトフリーを目指した負極用合金の新規開発

研究員受入実績

  • 2023年度  研究員数:1名

  • 2022年度  研究員数:1名

担当授業科目

  • 物理化学1A

    2023年度   週間授業   大学

  • 応用化学概論

    2023年度   週間授業   大学

  • 基礎無機・物理化学

    2023年度   週間授業   大学院

  • 物質化学生命系特別演習

    2023年度   集中講義   大学院

  • 物質化学生命系特別研究第1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 物質化学生命系特別演習第1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 応用化学実験III

    2023年度   週間授業   大学

  • 応用化学実験1

    2023年度   週間授業   大学

  • 応用化学実験IV

    2023年度   週間授業   大学

  • 応用化学実験II

    2023年度   集中講義   大学

  • 電気化学

    2023年度   週間授業   大学

  • 物質化学生命系特別研究

    2023年度   集中講義   大学院

  • 応用化学実験V

    2023年度   週間授業   大学

  • 応用化学特論3

    2023年度   週間授業   大学院

  • 電気化学特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 物質化学生命系特別研究第2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 物質化学生命系特別演習第2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 物理化学IIA

    2022年度   週間授業   大学

  • 応用化学実験I

    2022年度   週間授業   大学

  • 基礎無機・物理化学

    2022年度   週間授業   大学

  • 物質化学生命系特別演習

    2022年度   集中講義   大学院

  • 物質化学生命系特別演習第1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 物質化学生命系特別研究 (応用化学分野)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 物質化学生命系特別演習第2 (応用化学分野)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 応用化学特論3 (応用化学分野)

    2022年度   週間授業   大学院

  • 電気化学特論 (応用化学分野)

    2022年度   週間授業   大学院

  • 電気化学

    2022年度   週間授業   大学

  • 物質化学生命系特別研究第2(応用化学分野)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 物質化学生命系特別研究第1(応用化学分野)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 応用化学特論III

    2021年度    

  • 電気化学特別講義

    2021年度    

  • 電気化学特論

    2021年度    

  • 物理化学IIA

    2021年度    

  • 化学A

    2021年度    

  • 電気化学

    2021年度    

▼全件表示

所属院生等の論文発表集計

  • 2023年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:4件

  • 2022年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:2件

論文・研究指導集計

  • 2023年度

    卒業論文指導数:7名  卒業論文審査数:7件

    博士前期課程学生指導数:13名  博士後期課程学生指導数:2名

    修士論文審査数(主査):5件  修士論文審査数(副査):11件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

  • 2022年度

    卒業論文指導数:7名  卒業論文審査数:7件

    博士前期課程学生指導数:11名  博士後期課程学生指導数:2名

    修士論文審査数(主査):5件  修士論文審査数(副査):8件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

社会貢献活動

  • 藤井寺市公民館短期講座 新エネルギー「水素」について~作る、貯める、運ぶ、使う~

    2020年04月 - 2021年03月

  • シニア自然大学校 水素~作る、貯める、運ぶ、使う~

    2020年04月 - 2021年03月

  • 教員免許状更新講習 現代社会と物質・化学

    2019年04月 - 2020年03月

  • 府大講座 水素エネルギー-つくる、たくわえる、つかう-

    2005年04月 - 2006年03月

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 水素(作る・貯める・運ぶ・使う)

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル)

     詳細を見る

    対象:高校生, 大学生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 市民団体

    キーワード:水素、クリーンエネルギー、CO2削減 

    二酸化炭素を排出しないクリーンなエネルギー源である「水素」について、「作る・貯める・運ぶ・使う」という観点からわかりやすく解説する。

  • 電気で浮かび上がる絵

    分野:理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル)

     詳細を見る

    対象:未就学児, 小学生, 中学生, 高校生, 教育関係者, 研究者, 市民団体

    キーワード:着色、電気分解、ヨウ素デンプン反応 

    ヨウ化物イオンとデンプンを含むヒドロゲル電解質に電極を突き刺し、両極間に電圧を印加すると、一瞬で電極は青紫色に着色し、電極の形が青く浮かび上がる。

  • 燃料電池と触媒

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル)

     詳細を見る

    対象:高校生, 大学生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 企業, 市民団体

    キーワード:燃料電池、固体高分子形燃料電池、直接形エタノール燃料電池、電極触媒 

    家庭用や自動車用に検討されている固体高分子形燃料電池の正極(酸素極)用電極触媒の低白金化やポータブル機器用に検討されている直接形アルコール燃料電池のうちエタノールを燃料とする燃料電池用触媒の開発について

外国人受入実績

  • 2023年度

    研究者受入数 :1名

    留学生受入数 :5名

  • 2022年度

    研究者受入数 :1名

    留学生受入数 :3名

役職

  • 部局内役職

    工学部 応用化学科 

    学科長  2022年04月 - 継続中