2024/04/08 更新

写真a

ヤギ シゲユキ
八木 繁幸
Yagi Shigeyuki
担当
大学院工学研究科 物質化学生命系専攻 教授
工学部 応用化学科
職名
教授
所属
工学研究院
連絡先
メールアドレス
所属キャンパス
中百舌鳥キャンパス

担当・職階

  • 大学院工学研究科 物質化学生命系専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 工学部 応用化学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(工学) ( 京都大学 )

研究分野

  • ナノテク・材料 / 有機機能材料  / 有機ELデバイス用りん光材料

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電子デバイス、電子機器  / 有機EL用材料

  • ナノテク・材料 / 機能物性化学  / 機能性色素

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学  / 機能性π電子系化合物

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学

  • ナノテク・材料 / 機能物性化学

  • ライフサイエンス / 生物有機化学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電子デバイス、電子機器

▼全件表示

研究キーワード

  • 有機電界発光素子

  • 機能性パイ電子系

  • 機能性色素

  • Synthetic Chemistry

  • Supramolecular Chemistry

  • りん光性有機金属錯体

研究概要

  • 有機EL用りん光材料の創出

  • 有機白金錯体の新奇発光挙動の解明と応用

  • 強発光性有機イリジウム錯体の創出

  • りん光性有機金属デンドリマーを用いた溶液塗布型有機EL素子の創出

  • 優れた円偏光発光を示す発光材料の創出と発光デバイスへの応用

  • ユニークな構造を基盤とする新奇発光性機能性色素の創出

  • 近赤外発光機能性色素の創出

研究歴

  • 有機EL用発光材料の創製

    有機EL、新規π電子系、蛍光、りん光、量子収率 

    2005年04月 - 継続中 

  • 有機薄膜太陽電池用有機半導体の創製

    有機薄膜太陽電池、π共役高分子、光電変換、p型半導体、電荷分離 

    2008年04月 - 継続中 

  • 機能性色素および機能性π電子系化合物の創出

    機能性色素、新奇π電子系、合成、分光スペクトル  個人研究

    2001年01月 - 継続中 

  • 円偏光電界発光デバイスに関する材料研究

    円偏光発光、電界発光、発光材料、有機薄膜、有機電界発光素子  国内共同研究

    2019年04月 - 継続中 

所属学協会

  • 日本化学会

    1991年04月 - 継続中   国内

  • アメリカ化学会

    1995年04月 - 継続中   国外

  • 有機合成化学協会

    1995年04月 - 継続中   国内

  • 近畿化学協会

    1998年01月 - 継続中   国内

  • 光化学協会

    2000年04月 - 継続中   国内

  • 色材協会

    2001年04月 - 継続中   国内

  • 基礎有機化学会

    2010年07月 - 継続中   国内

  • 高分子学会

    2016年04月 - 継続中   国内

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 会長   一般社団法人色材協会  

    2022年03月 - 継続中 

受賞歴

  • 若い世代の特別講演

    1999年09月   日本化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 色材協会創立75周年記念国際会議優秀論文賞

    2002年04月   色材協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 色材協会賞(論文)

    2011年11月   社団法人色材協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 色材協会賞(論文)

    2012年09月   一般社団法人色材協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 色材協会創立85周年記念国際会議色材協会会長賞

    2013年10月   一般社団法人色材協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 2013年度第15回「貴金属に関わる研究助成金」ゴールド賞

    2014年04月   TANAKAホールディングス株式会社  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 色材協会賞(論文)

    2016年10月   色材協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 色材協会賞(論文)

    2018年09月   色材協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 色材協会誌 Most Accessed Paper Award

    2021年03月   (一社)色材協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 大阪府立大学   工学部機能物質科学科   助手

    1995年04月 - 2000年12月

  • 大阪府立大学   大学院工学研究科物質系専攻機能物質科学分野   講師

    2001年01月 - 2003年03月

  • 大阪府立大学   大学院工学研究科物質系専攻機能物質科学分野   助教授

    2003年04月 - 2005年03月

  • 米国マサチューセッツ工科大学   化学科   客員研究員(大阪府在外研究員)

    2003年09月 - 2004年08月

  • 大阪府立大学   大学院工学研究科物質・化学系専攻応用化学分野   助教授

    2005年04月 - 2007年03月

  • 大阪府立大学   大学院工学研究科物質・化学系専攻応用化学分野   准教授

    2007年04月 - 2016年03月

  • 大阪府立大学   大学院工学研究科物質・化学系専攻応用化学分野   教授

    2016年04月 - 2022年03月

  • 大阪公立大学   大学院工学研究科物質化学生命系専攻応用化学分野   教授

    2022年04月 - 継続中

▼全件表示

論文

  • Enhancement of circularly polarized electroluminescence via reflection reversal under a magnetic field 査読

    Journal of Materials Chemistry C   12 ( 10 )   3430 - 3436   2024年03月( ISSN:20507526

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/d4tc00048j

  • Water detection in organic solvents using a copolymer membrane immobilised with a fluorescent intramolecular charge transfer-type dye: effects of intramolecular hydrogen bonds 査読

    Analyst   149 ( 6 )   1939 - 1946   2024年02月( ISSN:00032654

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/d3an02165c

    PubMed

  • Squaraine Appended with Benzodipyrrole for Fluorescent Sensing of Methanol: Exciton Coupling Controls Photophysical Properties 査読 国際共著

    Ryuhei Sawada, Chinju Govind, Takeshi Maeda, Naoya Suzuki, Shigeyuki Yagi, Venugopal Karunakaran, Ayyappanpillai Ajayaghosh

    Chemistry - An Asian Journal   18 ( 24 )   e202300868   2023年11月( ISSN:1861-4728

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/asia.202300868

    PubMed

  • Tuning of external magnetic field-driven circularly polarized electroluminescence in OLED devices with a single achiral Pt(II) complex 査読

    Organic Electronics   122   106893   2023年11月( ISSN:15661199

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.orgel.2023.106893

  • Development of novel deep-red/near-infrared fluorescent dyes based on a pyridinium–cyclic enolate betaine skeleton 査読

    Naoya Suzuki, Mao Saikusa, Yuichiro Hayashi, Takeshi Maeda, Shigeyuki Yagi

    Dyes and Pigments   216   111291   2023年08月( ISSN:01437208

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.dyepig.2023.111291

  • Red–green–blue–yellow (RGBY) magnetic circularly polarized electroluminescence from iridium(III)-magnetic circularly polarized organic light-emitting diodes 査読

    Kitahara M.

    Organic Electronics   119   106814   2023年08月( ISSN:15661199

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.orgel.2023.106814

  • Unveiling a new aspect of oxocarbons: open-shell character of 4- and 5-membered oxocarbon derivatives showing near-infrared absorption 査読

    Maeda T.

    Chemical Science   14 ( 8 )   1978 - 1985   2023年02月( ISSN:20416520

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/D2SC06612B

    PubMed

  • External magnetic field-induced circularly polarized luminescence and electroluminescence from optically inactive thermally activated delayed fluorescence material 4CzIPN 査読

    Kuroda T.

    Frontiers in Chemistry   11   1281168   2023年( ISSN:2296-2646

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fchem.2023.1281168

    PubMed

  • One-Photon and Two-Photon Absorption Properties of Multi-Branched Squaraine Dyes Comprised of Triphenylamine Cores and Ethynylene Linkers 査読

    Nguyen T.V.

    ChemPhotoChem   7 ( 11 )   e202300152   2023年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cptc.202300152

  • New Boomerang-Shaped Host Materials for Phosphorescent Organic Light-Emitting Diodes 査読 国際共著

    Ishita Neogi, Vibhu Darshan, Amrutham Linet, P.K. Anjalikrishna, Anjitha Sebastian, Gourab Mohanty, Ami Morimoto, C.H. Suresh, Shigeyuki Yagi, Yael Diskin Posner, Flavio Grynszpan, Narayanan Unni

    Synthetic Metals   291   117185   2022年12月( ISSN:0379-6779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Inspite of being a good triplet sensitizer, benzophenones are not useful as host materials for phosphorescent organic light-emitting diodes (PhOLEDs), primarily due to their low thermal stability. In this work, we have addressed this shortcoming by judicial tethering of benzoyl units onto different positions of a rigid Tröger's base (TB) scaffold to develop two new benzophenone tethered TBs, namely TB-Bz1, and TB-Bz2 as thermally stable host materials for applications in PhOLEDs. The TB-based host molecules were readily synthesized in good yields from the corresponding amines, and were fully characterized using various spectroscopic techniques. These TBs displayed high thermal decomposition temperatures above 320 °C, imparted by the rigid, non-planar, boomerang-shaped scaffold of the Tröger's base. It was further observed that the tethering position of the benzoyl units can significantly affect the photophysical properties of the TBs due to the twisting of the benzoyl unit with respect to the TB-core. This assumption was further confirmed by DFT simulations. Taking advantage of the high triplet energy of TBs (>2.8 eV), PhOLED devices were fabricated exploring TBs as the host material and Ir(ppy)3 as the dopant. The maximum external quantum efficiency of 6.1 %, and 6.9 % and maximum luminance of greater than 5000 cd/m2 were obtained using TBs as the host for the proof-of-concept PhOLED devices, where Ir(ppy)3 was employed as the dopant.

    DOI: 10.1016/j.synthmet.2022.117185

  • Synthesis of Blue Fluorescent Benzotriazoles Incorporating 2-(2-Hydroxyphenyl)-2<i>H</i>-Benzotriazole Derivatives and their Optical Properties and Photostability 査読

    Toshiyuki UESAKA, Fumihisa KOMEYA, Shoujirou YOSHIDA, Takahito SHIMENO, Shigeyuki YAGI, Takeshi MAEDA

    Journal of the Japan Society of Colour Material   95 ( 8 )   220 - 228   2022年08月( ISSN:0010-180X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.4011/shikizai.95.220

  • Synthesis, Photophysical and Electrochemical Properties of Bis-Squaraine Dyes Fused on Isomeric Benzodipyrrole Central Units. 査読 国際共著

    Sawada R, Maeda T, Oda Y, Yagi S, Karunakaran V, Fujiwara H, Ajayaghosh A

    Chemistry, an Asian journal   17 ( 13 )   e202200227   2022年07月( ISSN:1861-4728

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/asia.202200227

    PubMed

  • Synthesis and photophysical properties of photostable 1,8-naphthalimide dyes incorporating benzotriazole-based UV absorbers. 査読

    Uesaka T, Ishitani T, Shimeno T, Suzuki N, Yagi S, Maeda T

    RSC advances   12 ( 27 )   17350 - 17361   2022年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/d2ra02028a

    PubMed

  • External Magnetic Field Driven, Ambidextrous Circularly Polarized Electroluminescence from Organic Light Emitting Diodes Containing Racemic Cyclometalated Iridium(III) Complexes 査読

    Kengo Hara, Ami Morimoto, Kana Matsudaira, Satoko Suzuki, Shigeyuki Yagi, Michiya Fujiki, Yoshitane Imai

    CHEMPHOTOCHEM   6 ( 4 )   e202100253   2022年01月( ISSN:2367-0932

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This work reports the development of external magnetic field (EMF) driven, ambidextrous, circularly polarized electroluminescence (CPEL) devices, by embedding racemic mixtures of phosphorescent organoiridium(III) emitters in the active emitting layer. Homoleptic tris-cyclometalated Ir(III)(ppy)(3) and heteroleptic bis-cyclometalated Ir(III)(ppy)(2)(acac) (ppy = 2-phenylpyridinate, acac = acetylacetonate) were used as the representative organoiridium(III) compounds. Chiroptical inversion of CPEL was influenced by the ligand environment in the Ir(III) complexes (homoleptic or heteroleptic), as well as the Faraday geometry.

    DOI: 10.1002/cptc.202100253

  • Theoretical Design of Blue-Color Phosphorescent Complexes for Organic Light-Emitting Diodes: Emission Intensities and Nonradiative Transition Rate Constants in Ir(ppy)<sub>2</sub>(acac) Derivatives. 査読

    Koseki S, Yoshii M, Asada T, Fujimura Y, Matsushita T, Yagi S

    The journal of physical chemistry. A   125 ( 50 )   10604 - 10614   2021年12月( ISSN:1089-5639

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jpca.1c08261

    PubMed

  • Red-Green-Blue-Yellow (RGBY) Magnetic Circularly Polarised Luminescence (MCPL) from Optically Inactive Phosphorescent Ir(III) Complexes 査読

    Maho Kitahara, Seika Suzuki, Kana Matsudaira, Shigeyuki Yagi, Michiya Fujiki, Yoshitane Imai

    ChemistrySelect   6 ( 41 )   11182 - 11187   2021年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The development of phosphorescent organometallic molecules, capable of full-colour circularly polarised luminescence with a controlled polarised sign in the absence of any chiral chemical influences, presents a significant scientific and engineering challenge. The current study describes the first red-green-blue-yellow (RGBY) coloured, nearly mirror-image magnetic circularly polarised luminescence (MCPL) in dimethyl sulfoxide and dichloromethane, from four optically inactive Iridium(III) complexes viz. Ir(III)(piq)3, Ir(III)(ppy)3, Ir(III)(F2-ppy)2(pic), and Ir(III)(BT)2(acac), bearing achiral organic cyclometalated and ancillary ligands. The absolute value of the anisotropy factors, |gMCPL|, ranging from 0.9×10−3 to 2.5×10−3 in the presence of an external 1.6 T magnetic field was nearly identical to the enantiomerically pure Iridium (III) complexes at zero-magnetic fields. Unexpectedly, when the same north-up/south-up Faraday geometries were used, the MCPL signs were inverted due to the achiral ligands.

    DOI: 10.1002/slct.202103117

  • Novel group 14 element-bridged bithiophene dimers appended with terminal electron-withdrawing groups: Red-to-near infrared fluorescence and efficient photosensitized singlet oxygen generation 査読

    Yuichiro Hayashi, Ami Morimoto, Ayaka Ban, Yusuke Goto, Takeshi Maeda, Toshiaki Enoki, Yousuke Ooyama, Shigeyuki Yagi

    DYES AND PIGMENTS   193   109498   2021年09月( ISSN:0143-7208

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A series of group 14 element bridged bithiophene dimers bearing dicyanovinyl (DC) or thiobarbiturylmethylene (TB) electron-withdrawing groups at the molecular termini (series E-1a and series E-1b; E = C, Si, and Ge) were developed as red absorbing singlet oxygen (1O2) photosensitizing dyes. These dyes exhibited broad and strong absorption in the red-to-deep red regions and efficient red-to-NIR fluorescence (photoluminescence quantum yield phi PL; 0.32-0.45 in dichloromethane). The terminal TB groups led to more red-shifted electronic absorption and fluorescence emission than the DC groups, owing to more intense intramolecular charge transfer. The 1O2 generation photosensitization abilities of series E-1a and series E-1b were evaluated by the 1,3-diphenylisobenzofuran method, and large 1O2 generation quantum yields (phi Delta) were obtained upon irradiation of 630 nm light, ranging from 0.35 to 0.68 in dichloromethane. Therefore, these dyes show fluorescence properties as well as 1O2 generation photosensitization ability. Introduction of bromo groups at the 3,3 '-positions in Si-1a and Si-1b afforded the new potential photosensitizers Si-2a and Si-2b that accompanied blue-shifted electronic absorption as well as blue-shifted fluorescence emission with the low phi PL. Unfortunately, as Si-2a exhibited quite low absorptivity in the red region, 1O2 generation photosensitization with 630 nm light was not evaluated for Si-2a. On the other hand, Si-2b showed significantly efficient 1O2 generation photosensitization upon irradiation of 630 nm light (phi Delta; 0.88). Considering the result of theoretical calculations showing that the bromo groups effectively contribute to the frontier orbitals, these bromo substituents should facilitate the intersystem crossing from the excited singlet state to the triplet excited state through the strong spin-orbit coupling.

    DOI: 10.1016/j.dyepig.2021.109498

  • Luminescent Materials for Organic Light-Emitting Diodes 査読

    Shigeyuki Yagi

    Progress in the Science of Functional Dyes   561 - 601   2021年04月( ISBN:9789813343924

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    Nowadays, an organic light-emitting diode (OLED), consisting of nanoorder luminescent and semiconductive organic thin films, attracts considerable interest from the viewpoint of application to flat panel displays and illumination devices. Among the constituent materials of OLEDs, emitting materials play an important role in determination of the device performance such as luminous efficiencies and chromaticity coordinates of electroluminescence. Here, luminescent dyes and related compounds used as emitters in OLEDs are reviewed in accordance with the mechanism of the exciton generation. First, fluorescent emitters based on organic dyes and π-conjugated polymers are focused on, and then the topic moves to phosphorescent organometallic emitters affording high device efficiencies. In the last part, organic TADF emitters are reviewed, which can realize the 100% internal quantum efficiency of electroluminescence in theory without the employment of precious metal-containing organometallic structures.

    DOI: 10.1007/978-981-33-4392-4_16

  • Magnetic Circularly Polarized Luminescence from Pt<sup>II</sup> OEP and F<sub>2</sub> -ppyPt<sup>II</sup> (acac) under North-up and South-up Faraday Geometries. 査読

    Matsudaira K, Mimura Y, Hotei J, Yagi S, Yamashita KI, Fujiki M, Imai Y

    Chemistry, an Asian journal   16 ( 8 )   926 - 930   2021年04月( ISSN:1861-4728

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/asia.202100172

    PubMed

  • Sign inversion of magnetic circularly polarized luminescence in Iridium(iii) complexes bearing achiral ligands. 査読

    Matsudaira K, Izumoto A, Mimura Y, Kondo Y, Suzuki S, Yagi S, Fujiki M, Imai Y

    Physical chemistry chemical physics : PCCP   23 ( 9 )   5074 - 5078   2021年03月( ISSN:1463-9076

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/d0cp05775d

    PubMed

  • Synthesis of novel π-extended D–A–D-type dipyrido[3,2-a:2′,3′-c]phenazine derivatives and their photosensitized singlet oxygen generation 査読

    林 祐一朗, 森本 あみ, 前田 壮志, 榎 俊昭, 大山 陽介, 松井 康哲, 池田 浩, 八木 繁幸

    New Journal of Chemistry   45 ( 4 )   2264 - 2275   2021年01月( ISSN:1144-0546

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d0nj05526c

  • NIR fluorescence of A–D–A type functional dyes modulated by terminal Lewis basic groups 査読

    Ami Morimoto, Yuichiro Hayashi, Takeshi Maeda, Shigeyuki Yagi

    Dyes and Pigments   184   2021年01月( ISSN:0143-7208

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2020 Elsevier Ltd Near-infrared (NIR) emitting functional dyes have been attracting considerable attention because they are useful in the fields of cellular imaging, security application, energy conversion, and so on. In this study, to develop NIR fluorescent dyes with high photoluminescence (PL) quantum yields (ΦPL), novel acceptor–donor–acceptor (A–D–A) type π-conjugated molecules have been prepared, where dimeric dithienosilole (DTS) and freebase or quaternized 1-pyridylacryronitrile are involved as the D and A moieties, respectively. The freebase dye exhibited red fluorescent emission at 654 nm with ΦPL of 0.10 in dichloromethane at rt, whereas the methylation of the pyridine moieties at the molecular termini led to a significant red shift of the emission to the NIR region (PL maximum λPL; 822 nm), accompanied by improvement of a high ΦPL of 0.20 in dichloromethane at rt. The results of density functional theory (DFT) and time-dependent DFT calculations indicated that the considerable red shift of the emission band of the quaternized dye originates from effective intramolecular charge transfer from the DTS donor to the terminal pyridiniums and that the high value of ΦPL is brought about by minimal structural relaxation upon photoexcitation. NIR emission was also obtained when the freebase dye was placed under acidic conditions: protonation at the Lewis basic pyridine moieties brought about halochromic response of PL to yield red-shifted emission (λPL; 755 nm), when trifluoroacetic acid was added to the dichloromethane solution.

    DOI: 10.1016/j.dyepig.2020.108768

  • Photophysical properties of 4-(5-methylthiophen-2-yl)pyridinium–cyclic enolate betaine dyes tuned by control of twisted intramolecular transfer 査読

    Yuichiro Hayashi, Naoya Suzuki, Takeshi Maeda, Hideki Fujiwara, Shigeyuki Yagi

    New Journal of Chemistry   45 ( 22 )   9770 - 9779   2021年( ISSN:1144-0546

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    In this paper, thienylpyridinium-cyclic enolate betaine (TPB) dyes were reported as unique skeletons of fluorescent donor-acceptor type molecules. TPB derivatives with five-membered cyclic enolates are coplanar because of the intramolecular hydrogen bond formation between the carbonyl oxygens of the cyclic enolate and the α-hydrogens of the pyridinium ring. However, a six-membered cyclic enolate leads to a pre-twisted structure due to the steric hindrance. TPB derivatives with alkylene-bridged cyclic enolates exhibited obvious fluorescence quenching through the twisted intramolecular charge transfer (TICT) process in solution. In contrast, electron-deficient cyclic enolates suppressed the TICT process, and thus relatively intense emission was observed. This report also discusses deactivation processes in the excited state of each TPB derivative by theoretical calculations to support the experimental results. These observations present a rational design strategy to control the TICT of TPB derivatives.

    DOI: 10.1039/D1NJ00714A

  • Fluorescent 2-phenyl-2H-benzotriazole dyes with intramolecular N–H···N hydrogen bonding: Synthesis and modulation of fluorescence properties by proton-donating substituents 査読

    Toshiyuki Uesaka, Tomoyuki Ishitani, Ryuhei Sawada, Takeshi Maeda, Shigeyuki Yagi

    Dyes and Pigments   183   2020年12月( ISSN:0143-7208

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2020 Elsevier Ltd A series of 2-(2-phenyl)benzotriazole derivatives having amino, N-methyl amino, and acetamido groups on the ortho position of the phenyl group were synthesized to elucidate the effects of amino/amido substitutions on the molecular structures and photophysical properties. 1H NMR spectra and DFT calculations of the present dyes revealed the formation of N–H∙∙∙N intramolecular hydrogen bonds between benzotriazole and amino/amide groups in the ground state. Amino-functionalized dyes showed absorption bands that were assigned to HOMO-LUMO transition with a partial charge-transfer feature. The dye with an acetoamido group in which the acidity of NH proton was increased by the effect of electron-withdrawing acetyl groups exhibited absorption bands attributable to intramolecular hydrogen-bonded “closed” conformers in CHCl3 and non-hydrogen-bonded “open” conformers in DMSO. In comparison to 2-phenylbenzotriazole, which had no acidic proton involved in intramolecular hydrogen bonding, the present derivatives exhibited weak fluorescence emissions with quite low quantum yields, suggesting that non-radiative deactivation of ESIPT states also operated in the N–H∙∙∙N hydrogen bonded 2-phenylbenzotriazoles just as in O–H∙∙∙N intramolecular hydrogen-bonded 2-hydroxyphenylbenzotriazoles, which are known as UV absorbers. Taking a closer look at the fluorescence spectra, dyes with amino and N-methylamino groups showed faint but dual emissions from charge-transfer excited states in CHCl3 and blue-shifted single emission in DMSO. Fluorescence emissions of the acetamido-functionalized dye were unimodal in each solvent and stronger than those of amino-functionalized dyes. Thus, the fluorescence properties of these dyes depended on substitutions at amino groups. The luminescence of these derivatives was enhanced in the polymer matrix in which conformation changes and molecular motions were suppressed. Dye-doped polymer films have absorption bands in the UV range (360–400 nm) and emitted at the visible region (450–510 nm), and thus could be used as organic materials for light conversion films that convert UV light into visible light.

    DOI: 10.1016/j.dyepig.2020.108672

  • Hydrogen bond-rigidified planar squaraine dye and its electronic and organic semiconductor properties. 査読 国際共著

    Maeda T, Liess A, Kudzus A, Krause AM, Stolte M, Amitani H, Yagi S, Fujiwara H, Würthner F

    Chemical communications (Cambridge, England)   56 ( 68 )   9890 - 9893   2020年09月( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/d0cc04306k

    PubMed

  • 5-アミノ-2-(2-ヒドロキシフェニル)-2<i>H</i>-ベンゾトリアゾール誘導体の合成と蛍光特性 査読

    上坂敏之, 八木繁幸, 前田壮志

    色材協会誌   93 ( 6 )   194 - 201   2020年06月( ISSN:0010-180X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4011/shikizai.93.194

  • Room-Temperature Phosphorescence-active Boronate Particles: Characterization and Ratiometric Afterglow-sensing Behavior by Surface Grafting of Rhodamine B 査読

    Hoshi M.

    Chemistry - An Asian Journal   15 ( 6 )   787 - 795   2020年03月( ISSN:1861-4728

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/asia.201901740

    PubMed

  • Starburst-Type Triarylphosphine Oxide Trimers Forming a Stable Amorphous n-Type Layer in Solution-Processed Multilayer OLED 査読

    Ryousuke Hiraoka, Naoki Okamura, Takeshi Maeda, Shigeyuki Yagi

    Mol. Cryst. Liq. Cryst. Taylor & Francis   686 ( 1 )   78 - 83   2019年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 青色蛍光フィルムによるトマト果実の高リコピン化 査読

    上坂敏之, 遠藤智, 前田壮志, 古川一, 八木繁幸, 中澄博行

    色材協会誌   92 ( 9 )   253 - 259   2019年09月( ISSN:0010-180X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4011/shikizai.92.253

  • Exergonic Intramolecular Singlet Fission of an Adamantane-Linked Tetracene Dyad via Twin Quintet Multiexcitons 査読

    Yasunori Matsui, Shuhei Kawaoka, Hiroki Nagashima, Tatsuo Nakagawa, Naoki Okamura, Takuya Ogaki, Eisuke Ohta, Seiji Akimoto, Ayana Sato-Tomita, Shigeyuki Yagi, Yasuhiro Kobori, Hiroshi Ikeda

    Journal of Physical Chemistry C   123 ( 31 )   18813 - 18823   2019年08月( ISSN:1932-7447

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2019 American Chemical Society. An adamantane-linked tetracene dyad (Tc-Ad-Tc) undergoes exergonic intramolecular singlet fission (SF), producing long-lived (τ = 175 μs) and high-energy (2 × 1.03 eV) multiexciton. Time-resolved absorption, fluorescence decay, and electron paramagnetic resonance (EPR) spectroscopic analysis revealed that the long-lived triplet species is generated in this system via a correlated triplet pair having singlet and quintet characteristics. Time-resolved EPR analysis revealed formation of syn and anti conformers in the quintet, i.e., 5(3Tc-Ad-3Tc)*. The quintet generation requires small conformational motion to induce singlet-quintet spin relaxation. The presence of aliphatic linkages, like the rigid adamantane group, may enable effective conservation of intrinsic high S1 and T1 levels of the original monomers, moderate bridge-mediated σ-πinteraction leading to exergonic intramolecular SF involving 1Tc*-Ad-Tc → 1(3Tc-Ad-3Tc)*, and prevention of undesirable triplet-triplet annihilation, finally result in long-lived and high-energy multiexciton.

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.9b04503

  • Starburst-type triarylphosphine oxide trimers forming a stable amorphous n-type layer in solution-processed multilayer OLED 査読

    Ryousuke Hiraoka, Naoki Okamura, Takeshi Maeda, Shigeyuki Yagi

    Molecular Crystals and Liquid Crystals   686 ( 1 )   78 - 83   2019年06月( ISSN:1542-1406

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2019, © 2019 Taylor & Francis Group, LLC. Novel starburst-type triphenylphosphine oxide trimers PO-1 and PO-2 were synthesized aimed at application as an electron-transporting material for multilayer organic light-emitting diodes (OLEDs). They showed high glass transition temperatures (Tg; 175 and 205 °C, respectively) and high lowest triplet energies (T1; 2.81 and 2.78 eV, respectively). Their high solubility in 2-propanol allowed us to fabricate multilayer OLEDs by solution processing, and a double-emitting layer OLED consisting of poly(9-vinylcarbazole)-based p-type and PO-1-based n-type layers doped with a phosphorescent material (FIrpic) showed efficient sky-blue electroluminescence with a maximum external quantum efficiency of 9.33%.

    DOI: 10.1080/15421406.2019.1648040

  • Supramolecular Gel Phase Controlled [4 + 2] Diels-Alder Photocycloaddition for Electroplex Mediated White Electroluminescence. 査読 国際共著

    Das S, Okamura N, Yagi S, Ajayaghosh A

    Journal of the American Chemical Society   141 ( 14 )   5635 - 5639   2019年04月( ISSN:0002-7863

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/jacs.9b00955

    PubMed

  • 溶液塗布型有機EL素子に向けた有機金属錯体の機能化:りん光性デンドリマーの分子設計戦略

    八木繁幸、岡村奈生己、前田壮志

    有機合成化学協会誌 雑誌 有機合成化学協会   77 ( 1 )   26 - 39   2019年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Intramolecular Exciton-Coupled Squaraine Dyes for Dye-Sensitized Solar Cells 査読

    Takeshi Maeda, Tay Van Nguyen, Yuki Kuwano, Xixi Chen, Kyohei Miyanaga, Hiroyuki Nakazumi, Shigeyuki Yagi, Suraj Soman, and Ayyappanpillai Ajayaghosh

    J. Phys. Chem. C 雑誌 アメリカ化学会   122 ( 38 )   21745 - 21754   2018年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Janus-Type Dendritic Organoiridium(III) Complex Bearing Hole- and Electron-Transporting Moieties: Synthesis, Luminescence Properties, and OLED Applications 査読

    Naoki Okamura, Takeshi Maeda, and Shigeyuki Yagi

    Bull. Chem. Soc. Jpn. 雑誌 日本化学会   91 ( 9 )   1419 - 1428   2018年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Synthesis and Properties of Functional Dyes with Squaraine–Naphthalene Diimide Hybrid Structure

    Takeshi Maeda, Jin Zhou, Yuya Oda, Hiroyuki Nakazumi, Shigeyuki Yagi

    Res. Chem. Int. 雑誌 Springer   44 ( 8 )   4783 - 4795   2018年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Control of Excimer Phosphorescence by Steric Effects in Cyclometalated Platinum(II) Diketonate Complexes Bearing Peripheral Carbazole Moieties towards Application in Non-doped White OLED 査読

    Naoki Okamura, Kazuaki Egawa, Takeshi Maeda, and Shigeyuki Yagi

    New. J. Chem. 雑誌 英国王立化学会   42 ( 14 )   11583 - 11592   2018年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Photokinetic Study on Remarkable Excimer Phosphorescence from Cyclometalated Platinum(II) Complexes Bearing a Benzoylated 2-Phenylpyridinate Ligand 査読

    Naoki Okamura, Takeshi Maeda, Hideki Fujiwara, Anjaly Soman, K. N. Narayanan Unni, Ayyappanpillai Ajayaghosh, and Shigeyuki Yagi

    Phys. Chem. Chem. Phys. 雑誌 イギリス王立化学会   20 ( 1 )   2018年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Luminescent Properties of Novel Bis-Cyclometalated Iridium(III) Complexes Bearing Methoxy-Substituted Dibenzoylmethanate Ligands

    Naoki Okamura, Miho Miyazaki, Shigeru Ikawa, Takeshi Maeda, Hiroyuki Nakazumi, and Shigeyuki Yagi

    Mol. Cryst. Liq. Cryst. 雑誌 Taylor & Francis   653 ( 1 )   131 - 136   2017年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Sky-Blue Phosphorescence from Bis- and Tris-cyclometalated Iridium(III) Complexes Bearing Carbazole-based Dendrons: Fabrication of Non-doped Multilayer Organic Light-Emitting Diodes by Solution Processing 査読

    Naoki Okamura, Takeshi Maeda, and Shigeyuki Yagi

    New J. Chem. 雑誌 英国王立化学会   41 ( 18 )   10357 - 10366   2017年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Luminescent Properties of Novel Bis-cyclometalated Iridium(III) Complex Bearing a Phosphine Oxide-appended Diketonate Ligand for Solution-processed Multilayer OLEDs 査読

    Naoki Okamura, Kazuya Ishiguro, Takeshi Maeda, and Shigeyuki Yagi

    Chem. Lett. 雑誌 日本化学会   46 ( 8 )   1095 - 1098   2017年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Synthesis and Luminescence Properties of Dithieno[3,2-a:2',3'-c]phenazine Derivatives with Electron-donating pi-Conjugated Side-arms at the 2, 5- and 8, 11-Positions 査読

    Yanjun He, Natsuki Okamoto, Takeshi Maeda, Hiroyuki Nakazumi, and Shigeyuki Yagi

    J. Jpn. Soc. Colour Mater. 雑誌 一般社団法人色材協会   90 ( 2 )   51 - 60   2017年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Synthesis and Luminescence Properties of Dibenzo[a,c]phenazine Derivatives Bearing a Series of Electron-donating pi-Conjugated Side-arms at the 10,13-Positions. Novel ICT-type Red Fluorophores based on Donor-acceptor-donor Structures 査読

    Yanjun He, Yuichiro Hayashi, Takeshi Maeda, Hiroyuki Nakazumi, and Shigeyuki Yagi

    J. Jpn. Soc. Colour Mater. 雑誌 一般社団法人色材協会   89 ( 11 )   371 - 379   2016年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Spin-Orbit Coupling Analyses of the Phosphorescence: The Effects of Cyclometalated Ligand Replacement in fac-Ir(ppy)3 with Various bpy Ligands to Blue Phosphorescence 査読

    Harunobu Yoshinaga, Toshio Asada, Shiro Koseki, Shigeyuki Yagi, and Takeshi Matsushita

    RSC Adv. 雑誌 英国王立化学会   6 ( 69 )   65020 - 65030   2016年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Novel Bis- and Tris-cyclometalated Iridium(III) Complexes Bearing a Benzoyl Group on Each Fluorinated 2-Phenylpyridinate Ligand Aimed at Development of Blue Phosphorescent Materials for OLED 査読

    Naoki Okamura, Taiyo Nakamura, Shigeyuki Yagi, Takeshi Maeda, Hiroyuki Nakazumi, Hideki Fujiwara, and Shiro Koseki

    RSC Adv. 雑誌 英国王立化学会   6 ( 56 )   51435 - 51445   2016年06月

  • Linear and Tripodal Squaraine Sensitizers with Triphenylamine Donor Components for Dye-sensitized Solar Cells 査読

    Tay Van Nguyen, Takeshi Maeda, Hiroyuki Nakazumi, Shigeyuki Yagi

    Chem. Lett. 雑誌 日本化学会   45 ( 3 )   291 - 293   2016年03月

  • Substituent Effect on Photo- and Electroluminescence Properties of Heteroleptic Cyclometalated Platinum(II) Complexes Based on a 2(Dibenzo[b,d]furan-4-yl)pyridine Ligand

    Tatsuya Shigehiro, Qiang. Chen, Shigeyuki Yagi, Takeshi Maeda, Hiroyuki Nakazumi, and Yoshiaki Sakurai

    Dyes Pigm. 雑誌 Elsevier   124   165 - 173   2016年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Photo- and Electroluminescence from Organoplatinum(II) Complexes Bearing Oligofluorene-Based Cyclometalated Ligands 査読

    Shigeyuki Yagi, Tatsuya Shigehiro, Tomonari Takata, Takeshi Maeda, and Hiroyuki Nakazumi

    Mol. Cryst. Liq. Cryst. 雑誌 Taylor & Francis   621   53 - 58   2015年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Synthesis and Luminescent Properties of Novel Dibenzo[a,c]phenazine Derivatives with Electron-Donating Side-Arms 査読

    Yanjun He, Shigeyuki Yagi, Takeshi Maeda, and Hiroyuki Nakazumi

    Mol. Cryst. Liq. Cryst. 雑誌 Taylor & Francis   621   64 - 69   2015年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Starburst-Type Carbazole Trimers as Host Materials for Solution-Processed Phosphorescent OLEDs

    Naoki Okamura, Hiroshi Funagoshi, Shigeru Ikawa, Shigeyuki Yagi, Takeshi Maeda, and Hiroyuki Nakazumi

    Mol. Cryst. Liq. Cryst. 雑誌 Taylor & Francis   621   59 - 63   2015年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Near-infrared Squaraine Sensitizers Bearing Benzo[c,d]indolenine as an Acceptor Moiety 査読

    Takeshi Maeda, Shohei, Nitta, Yohei Sano, Shota Tanaka, Shigeyuki Yagi, and Hiroyuki Nakazumi

    Dyes Pigm. 雑誌 Elsevier   122   160 - 167   2015年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 色素増感太陽電池への応用を指向したBODIPY骨格をもつスクアリリウム色素 査読

    前田壮志、垣尾大輔、八木繁幸、中澄博行

    色材協会誌 雑誌 色材協会   88 ( 7 )   208 - 217   2015年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Novel Phosphorescent Platinum(II) Dipyrido[3,2-a:2’,3’-c]phenazine Bis(acetylide) Complexes Bearing Electron-donating Components at the 2,7-Positions 査読

    Tatsuya Shigehiro, Yasuhiro Kawai, Shigeyuki Yagi, Takeshi Maeda, Hiroyuki Nakazumi, Yoshiaki Sakurai

    Chem. Lett. 雑誌   44 ( 3 )   288 - 290   2015年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • White Polymer Light-emitting Diodes Co-doped with Three Phosphorescent Iridium(III) Complexes Aimed at Improvement of Color Rendering Properties 査読

    Shigeru Ikawa, Shigeyuki Yagi, Takeshi Maeda, Hiroyuki Nakazumi, Yoshiaki Sakurai

    J. Lumin. 雑誌 Elsevier   155   368 - 373   2014年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Novel 10,13-Disubstituted Dipyrido[3,2-a:2’,3’-c]phenazines and Their Platinum(II) Complexes. Highly Luminescent ICT-type Fluorophores Based on D-A-D Structures 査読

    Tatsuya Shigehiro, Shigeyuki Yagi, Takeshi Maeda, Hiroyuki Nakazumi, Hideki Fujiwara, Yoshiaki Sakurai

    Tetrahedron Lett. 雑誌   55 ( 37 )   5195 - 5198   2014年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Photo- and Electroluminescence from Deep-red- and Near-infrared-phosphorescent Tris-cyclometalated Iridium(III) Complexes Bearing Largely pi-Extended Ligands 査読

    Shigeru Ikawa, Shigeyuki Yagi, Takeshi Maeda, Hiroyuki Nakazumi, Hideki Fujiwara, Shiro Koseki, Yoshiaki Sakurai

    Inorg. Chem. Commun. 雑誌 Elsevier   38 ( 1 )   14 - 19   2013年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Photo- and Electroluminescence from 2-(dibenzo[b,d]furan-4-yl)pyridine-based Heteroleptic Cyclometalated Platinum(II) Complexes: Excimer Formation Drastically Facilitated by an Aromatic Diketonate Ancillary Ligand 査読

    Tatsuya Shigehiro, Shigeyuki Yagi, Takeshi Maeda, Hiroyuki Nakazumi, Hideki Fujiwara, and Yoshiaki Sakurai

    The Journal of Physical Chemistry C 雑誌 米国化学会   117 ( 1 )   532 - 542   2013年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Synthesis and Near-infrared Absorption Properties of Linearly pi-Extended Squarylium Oligomers 査読

    Shigeyuki Yagi, Yuuki Nakasaku, Takeshi Maeda, Hiroyuki Nakazumi, Yoshiaki Sakurai

    Dyes Pigm. 雑誌 Elsevier   90 ( 2 )   211 - 218   2011年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Pure Red Electrophosphorescence from Polymer Light-emitting Diodes Doped with Highly Emissive Bis-cyclometalated Iridium(III) Complexes 査読

    Hidetaka Tsujimoto, Shigeyuki Yagi, Hotaka Asuka, Yuji Inui, Shigeru Ikawa, Takeshi Maeda, Hiroyuki Nakazumi, and Yoshiaki Sakurai

    J. Organomet. Chem. Elsevier   695 ( 17 )   1972 - 1978   2010年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • White Electroluminescence Obtained from a Polymer Light-emitting Diode Containing Two Phosphorescent Iridium(III) Complexes in an Emitting Layer 査読

    Hidetaka Tsujimoto, Shigeyuki Yagi, Shigeru Ikawa, Hotaka Asuka, Takeshi Maeda, Hiroyuki Nakazumi, and Yoshiaki Sakurai

    J. Jpn. Soc. Colour Mater. 雑誌 The Japan Society of Colour Material   83 ( 5 )   207 - 214   2010年05月

▼全件表示

書籍等出版物

  • Chiral Luminescence: From Molecules to Materials and Devices

    Shigeyuki Yagi, Yoshitane Imai( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 19: Phosphorescent Organometallic Complexes Aimed at Fabrication of Electroluminescent Devices)

    Wiley-VCH  2024年03月  ( ISBN:3527351809

     詳細を見る

    総ページ数:992  

    ASIN

  • Progress in the Science of Functional Dyes (Chapter 16: Luminescent Materials for Organic Light-Emitting Diodes)

    Shigeyuki Yagi( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Luminescent Materials for Organic Light-Emitting Diodes)

    Springer  2021年04月  ( ISBN:9813343915

     詳細を見る

    総ページ数:609  

    ASIN

  • Progress in the Science of Functional Dyes (Co-editor)

    ( 担当: 共編者(共編著者))

    Springer  2021年04月  ( ISBN:9813343915

     詳細を見る

    総ページ数:609  

    ASIN

  • CSJカレントレビュー 40 未来を拓く多彩な色素材料

    今堀 博,内山 真伸,木村 睦,南後 守,八木 繁幸 他( 担当: 共著)

    化学同人  2021年03月  ( ISBN:978-4-7598-1400-2

     詳細を見る

    担当ページ:pp. 2-13  

  • 有機EL用発光材料の開発

    八木繁幸

    シーエムシー出版  2016年10月  ( ISBN:978-4-7813-1189-0

     詳細を見る

    担当ページ:119-140  

  • 有機エレクトロニクスを指向した有機金属元素ブロック材料の創出

    八木繁幸

    シーエムシー出版  2016年06月  ( ISBN:978-4-7813-1160-9

     詳細を見る

    担当ページ:33-42  

  • 有機デバイスのための塗布技術

    八木 繁幸、中澄 博行( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2012年03月 

     詳細を見る

    担当ページ:202-212  

  • 化学工業

    八木繁幸、中澄博行( 担当: 共著)

    化学工業社  2010年07月 

     詳細を見る

    担当ページ:553-559  

  • Topics in Heterocyclic Chemistry 14. Heterocyclic Polymethine Dyes, Squarylium Dyes and Related Compounds

    Shigeyuki Yagi, Hiroyuki Nakazumi( 担当: 共著)

    Springer-Verlag  2008年05月 

     詳細を見る

    担当ページ:133-181  

  • ファインケミカルシリーズ 機能性色素の合成と応用技術 第1編第8章 スクアリリウム系色素

    八木繁幸, 中澄博行( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2007年10月 

     詳細を見る

    担当ページ:107-128  

  • Functional Dyes, Chapter 6. Syntheses and application of squarylium dyes

    Shigeyuki Yagi, Hiroyuki Nakazumi( 担当: 共著)

    Elsevier  2006年04月 

     詳細を見る

    担当ページ:215-255  

  • エレクトロニクス材料・技術シリーズ 有機薄膜太陽電池の最新技術

    八木繁幸,中澄博行( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2005年11月 

     詳細を見る

    担当ページ:121-126  

  • Synthesis and Photochromic Properties of Benzothiopyranoid and Benzopyranoid Dyes

    H. Nakazumi, S. Yagi, K. Maeda( 担当: 共著)

    Mita Press  1993年12月 

  • Molecular Structures of Spirobenzothiopyranobenzopyrylium Dyes

    H. Nakazumi, S. Yagi, K. Maeda( 担当: 共著)

    Mita Press  1993年12月 

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 発光性ランタノイド錯体における近赤外光学特性

    田島功樹, 志倉瑠太, 中井英隆, 鈴木仁子, 八木繁幸, 今井喜胤

    日本化学会春季年会講演予稿集(Web)   103rd   2023年

     詳細を見る

  • 白金錯体による磁気円偏光有機発光ダイオード(MCP-OLED)の開発

    今井喜胤, 山本優太, 原健吾, 北原真穂, 八木繁幸

    日本化学会春季年会講演予稿集(Web)   103rd   2023年

     詳細を見る

  • 光学不活性白金錯体からの磁気円偏光発光(MCPL)

    鈴木聖香, 山本優太, 原健吾, 北原真穂, 八木繁幸, 今井喜胤

    基礎有機化学討論会要旨集   33rd (CD-ROM)   2023年

     詳細を見る

  • 光学活性イリジウム発光体からの円偏光発光(CPL)および磁気円偏光発光(MCPL)

    長谷川公紀, 原健吾, 長谷川真士, 八木繁幸, 今井喜胤

    日本化学会春季年会講演予稿集(Web)   103rd   2023年

     詳細を見る

  • 有機イリジウム錯体による磁気円偏光有機発光ダイオード(MCP-OLED)の開発

    岩崎寛, 原健吾, 北原真穂, 八木繁幸, 今井喜胤

    日本化学会春季年会講演予稿集(Web)   103rd   2023年

     詳細を見る

  • 発光性ランタノイド錯体における近赤外光学特性

    田島功樹, 志倉瑠太, 八木繁幸, 鈴木仁子, 中井英隆, 今井喜胤

    基礎有機化学討論会要旨集   32nd (CD-ROM)   2022年

     詳細を見る

  • 磁気円偏光有機発光ダイオード(MCP-OLED)の創製と高性能化

    原健吾, 八木繁幸, 今井喜胤

    有機典型元素化学討論会講演要旨集   49th (CD-ROM)   2022年

     詳細を見る

  • イリジウム錯体によるフルカラー磁気円偏光有機発光ダイオード(MCP-OLED)

    北原真穂, 志倉瑠太, 紙本麻央, 八木繁幸, 今井喜胤

    基礎有機化学討論会要旨集   32nd (CD-ROM)   2022年

     詳細を見る

  • エキシマー発光性白金錯体の創出と有機EL 素子への応用

    八木 繁幸

    日本化学会コロイドおよび界面化学部会 C & I Commun   46 ( 4 )   25 - 27   2021年12月

     詳細を見る

  • デンドリマー型りん光性有機金属錯体の開発と塗布型有機電界発光素子への応用

    八木 繁幸

    シーエムシー出版 ファインケミカル   50 ( 9 )   18 - 24   2021年09月

     詳細を見る

  • デンドリマー型りん光性有機金属錯体の開発と塗布型有機電界発光素子への応用 招待

    八木 繁幸

    月刊ファインケミカル   50 ( 9 )   18 - 24   2021年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Preface

    Yousuke Ooyama, Shigeyuki Yagi

    Progress in the Science of Functional Dyes   v - vi   2021年01月( ISBN:9789813343924

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • フタロシアニン・ポルフィリン発光体からの円偏光電界発光(CPEL)

    鈴木 聖香, 山本 優太, 志倉 瑠太, 鈴木 仁子, 八木 繁幸, 今井 喜胤

    日本化学会第104春季年会  2024年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 架橋ビチオフェンをπスペーサーとする新規D‒π‒A 型分子の合成と物性

    上田 未侑, 永山 諒, 鈴木 直弥, 小玉 晋太朗, 前田 壮志, 八木 繁幸

    日本化学会第104春季年会  2024年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ベンゼン縮環インドレニンからなるC2v 対称スクアレン色素の結晶性薄膜の作製と近赤外光検出器への展開

    濱 玲史, 前田 壮志, 鈴木 直弥, 八木 繁幸, 藤原 秀紀

    日本化学会第104春季年会  2024年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • チオフラビリウム骨格からなる中間開殻性クロコナイン色素の相転移が磁気特性に及ぼす効果

    小野 皓平, 岡 大志, 前田 壮志, 酒巻 大輔, 藤原 秀紀, 鈴木 直弥, 小玉 晋太朗, 八木 繁幸

    日本化学会第104春季年会  2024年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2-フェニルキノキサリンを配位子とするイリジウム(III)錯体の近赤外りん光に及ぼすメトキシ置換基の影響

    米田 啓馬, 志倉 瑠太, 鈴木 直弥, 小玉 晋太朗, 前田 壮志, 八木 繁幸, 藤原 秀紀, 秋山 誠治

    日本化学会第104春季年会  2024年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Generation of Circularly Polarized Electroluminescence from Organic Light-Emitting Diodes with Optically Inactive Phosphorescent Emitters under an External Magnetic Field 招待 国際会議

    Shigeyuki Yagi

    Pure and Applied Chemistry International Conference 2024 (PACCON 2024)  2024年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Development of Near-infrared Phosphorescent Organoiridium(III) Complexes Bearing 2-Arylquinoxaline-based Cyclometalated Ligands 国際会議

    Ryuta Shikura, Keima Yoneda, Naoya Suzuki, Shintaro Kodama, Takeshi Maeda, Shigeyuki Yagi, Seiji Akiyama

    Pure and Applied Chemistry International Conference 2024 (PACCON 2024)  2024年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Development of Phosphorescent Bis-cyclometalated iridium(III) Complexes towards Near-infrared Electroluminescent Devices 国際会議

    Ryuta Shikura, Keima Yoneda, Naoya Suzuki, Shintaro Kodama, Takeshi Maeda, Shigeyuki Yagi, Seiji Akiyama

    Satellite Symposium for Graduate Students on the Topic of Advanced Photochemistry at Pure and Applied Chemistry Conference 2024  2024年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Magnetic field driven circularly polarized luminescence from phosphorescent organometallic complexes and their electroluminescent devices 招待 国際会議

    Shigeyuki Yagi

    International Conference on Advances in Interdisciplinary Nanosicence 2024 (ICAINS-24)  2024年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Thiruvananthapuram, Kerala, India  

  • Magnetic Circularly Polarized Electroluminescence from Phosphorescent Organic Light-Emitting Diodes 招待 国際会議

    Shigeyuki Yagi

    International Symposium on Circularly Polarized Luminescence and the Related Phenomena 2023 (ISCPL 2023)  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Magnetically Driven Circularly Polarized Electroluminescence Devices Based on Phosphorescent Organometallic Complexes 招待 国際会議

    Shigeyuki Yagi

    Joint France−Japan Symposium on Circularly Polarized Luminescence and the Related Phenomena  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 種々の複素環からなる近赤外吸収クロコナイン色素の中間開殻性

    前田 壮志, 岡 大志, 大野 友彰, 酒巻 大輔, 藤原 秀紀, 鈴木 直弥, 八木 繁幸

    2023年度色材研究発表会  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • フェナジンおよびピラジノ[2,3-b]キノキサリンを電子アクセプターとするドナー–アクセプター型近赤外蛍光色素の創出

    長岡 昌希, 鈴木 直弥, 小玉 晋太朗, 前田 壮志, 酒巻 大輔, 藤原 秀紀, 大峰 拓也, 佐伯 昭紀, 八木 繁幸

    2023年度色材研究発表会  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • カルボニル架橋ビチオフェンをπスペーサーとする新規D‒π‒A型分子の合成と光学・発光特性

    上田 未侑, 永山 諒, 鈴木 直弥, 小玉 晋太郎, 前田 壮志, 八木 繁幸

    2023年度色材研究発表会  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 共役ダイトピック配位子を用いた強発光有機白金(II)二核錯体の創出

    志倉 瑠太, 工藤 虹輝, 鈴木 直弥, 小玉 晋太朗, 前田 壮志, 八木 繁幸

    2023年度色材研究発表会  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • カルバゾールを基盤とする溶液塗布型OLED用ホストポリマー材料の創出

    手島 僚也, 鈴木 直弥, 小玉 晋太朗, 前田 壮志, 八木 繁幸, 北山 雄己哉, 原田 敦史

    2023年度色材研究発表会  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Impacts of Methyl Substituents on Luminescence Properties of NIR Phosphorescent Iridium(III) Complexes With 2-Phenylquinoxaline-Based Cyclometalated Ligands

    Keima Yoneda, Ryuta Shikura, Naoya Suzuki, Shintaro Kodama, Takeshi Maeda, Shigeyuki Yagi, Hideki Fujiwara, Seiji Akiyama

    Faraday Discussions: Challenges and Prospects in Organic Photonics and Electronics  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Phosphorescent Organometallic Complexes for Visible and Near Infrared Electroluminescence Devices 招待

    Shigeyuki Yagi

    11th East Asia Symposium on Functional Dyes and Advanced Materials (EAS11)  2023年10月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • Synthesis and Properties of Intramolecular Hydrogen-Bonded Squaraine Dyes and Their Application to Near-Infrared Photodetectors 国際会議

    Reiji Hama, Takeshi Maeda, Naoya Suzuki, Shintaro Kodama, Shigeyuki Yagi

    11th East Asia Symposium on Functional Dyes and Advanced Materials (EAS11)  2023年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Optical and Electrochemical Properties of C2v-Symmetric Bissquaraine Dyes Fused on Benzodipyrrole Central Units 国際会議

    Ryuhei Sawada, Saki Kinoshita, Naoya Suzuki, Shintaro Kodama, Takeshi Maeda, Shigeyuki Yagi

    11th East Asia Symposium on Functional Dyes and Advanced Materials (EAS11)  2023年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Effects of Intermediate Diradical Character on cis-trans Isomerization of Near-Infrared Absorbing Squaraine Dyes 国際会議

    Taishi Oka, Takeshi Maeda, Naoya Suzuki, Shintaro Kodama, Daisuke Sakamaki, Hideki Fujiwara, Shigeyuki Yagi

    11th East Asia Symposium on Functional Dyes and Advanced Materials (EAS11)  2023年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Development of Intramolecular Charge Transfer-Type Near-Infrared Fluorescent Dyes Bearing Phenazine- and Pyrazino[2,3-b]quinoxaline-Based Electron Acceptors 国際会議

    Masaki Nagaoka, Naoya Suzuki, Shintaro Kodama, Takeshi Maeda, Daisuke Sakamaki, Hideki Fujiwara, Takuya Oomine, Akinori Saeki, and Shigeyuki Yagi

    11th East Asia Symposium on Functional Dyes and Advanced Materials (EAS11)  2023年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Impacts of Methyl Substituents on Luminescence Properties of Near Infrared Phosphorescent Iridium(III) Complexes Bearing 2-Phenylquinoxaline-Based Cyclometalated Ligands 国際会議

    Keima Yoneda, Ryuta Shikura, Naoya Suzuki, Shintaro Kodama, Takeshi Maeda, Shigeyuki Yagi, Hideki Fujiwara, Seiji Akiyama

    11th East Asia Symposium on Functional Dyes and Advanced Materials (EAS11)  2023年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Taipei, Taiwan  

  • 含窒素ヘテロアセンを基盤とするドナー–アクセプター型近赤外蛍光色素の合成と発光特性 国内会議

    長岡昌希,鈴木直弥,児玉晋太郎,前田壮志,酒巻大輔,藤原秀紀,大峰拓也,佐伯昭紀,八木繁幸

    第33回基礎有機化学討論会  2023年09月  基礎有機化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山県岡山市  

  • 分子内水素結合を有するC2v対称スクアレン色素の合成と光学特性 国内会議

    濵 玲史,前田壮志,鈴木直弥,小玉晋太朗,八木繁幸

    第33回基礎有機化学討論会  2023年09月  基礎有機化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山県岡山市  

  • 近赤外吸収スクアレン色素の中間ジラジカル性がシス-トランス異性化に及ぼす影響 国内会議

    岡 大志,前田壮志,鈴木直弥,小玉晋太朗,酒巻大輔,藤原秀紀,八木繁幸

    第33回基礎有機化学討論会  2023年09月  基礎有機化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山県岡山市  

  • 光学不活性白金錯体からの磁気円偏光発光(MCPL) 国内会議

    鈴木聖香,山本優太,原 健吾,北原真穂,八木繁幸,今井喜胤

    第33回基礎有機化学討論会  2023年09月  基礎有機化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山県岡山市  

  • 2-フェニルキノキサリン系配位子を有する近赤外りん光イリジウム(III)錯体の発光特性に及ぼすメチル置換基の影響

    米田啓馬, 志倉瑠太, 鈴木直弥, 小玉晋太朗, 前田壮志, 八木繁幸, 藤原秀紀, 秋山誠治

    第33回基礎有機化学討論会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 機能性色素の高機能化に向けた新規分子骨格の探索 招待 国内会議

    八木 繁幸

    高分子学会 高分子同友会 勉強会  2023年09月  高分子学会

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン  

  • Intermediate Open-Shell Character of Near-Infrared Absorbing Oxocarbon Derivatives

    Takeshi Maeda, Taishi Oka, Tomoaki Ohno, Daisuke Sakamaki, Hideki Fujiwara, Naoya Suzuki, Shigeyuki Yagi, Tatsuki Konishi, Kenji Kamada

    15th International Symposium on Functional π-Electron Systems (Fπ-15)  2023年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • π拡張したピリジニウム–環状エノラートベタイン色素の近赤外光吸収特性 国内会議

    藤本 極,鈴木 直弥,前田 壮志,八木 繁幸

    日本化学会第103春季年会  2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)  

  • フェニル置換カルコゲノピリリウム骨格からなるクロコナイン色素の中間開殻性評価 国内会議

    岡 大志,前田 壮志,酒巻 大輔,鈴木 直弥,八木 繁幸,藤原 秀紀

    日本化学会第103春季年会  2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)  

  • 近赤外吸収クロコナイン色素の複素環成分が中間開殻性に及ぼす効果 国内会議

    大野 友彰,岡 大志,前田 壮志,酒巻 大輔,鈴木 直弥,八木 繁幸,藤原 秀紀

    日本化学会第103春季年会  2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)  

  • 長鎖アルキル基を付与したシクロメタル化白金(II)錯体の合成と発光特性 国内会議

    豊田 崇太,紙本 麻央,鈴木 直弥,前田 壮志,八木 繁幸

    日本化学会第103春季年会  2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)  

  • 結晶化誘起二重発光特性を示す新規インドリノン誘導体 国内会議

    八木 啓太,鈴木 直弥,酒巻 大輔,前田 壮志,藤原 秀紀,八木 繁幸

    日本化学会第103春季年会  2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)  

  • 光学活性イリジウム発光体からの円偏光発光(CPL)および磁気円偏光発光(MCPL) 国内会議

    長谷川 公紀,原 健吾,長谷川 真士,八木 繁幸,今井 喜胤

    日本化学会第103春季年会  2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)  

  • 含窒素ヘテロアセン骨格を電子アクセプターとする新規分子内電荷移動型 π 共役化合物の創出と短波赤外発光特性 国内会議

    長岡 昌希,鈴木 直弥,前田 壮志,酒巻 大輔,藤原 秀紀,大峰 拓也,佐伯 昭紀,八木 繁幸

    日本化学会第103春季年会  2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)  

  • 赤色りん光性ビスシクロメタル化イリジウム(III)錯体の発光特性に及ぼす補助配位子の効果 国内会議

    紙本 麻央,岩野 紘大,辻元 英孝,鈴木 直弥,前田 壮志,八木 繁幸

    日本化学会第103春季年会  2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)  

  • ジベンゾ[b,d]フラン骨格を基盤とする新規白金二核錯体の合成と発光特性 国内会議

    工藤 虹輝,桜井 彩乃,辻元 英孝,鈴木 直弥,前田 壮志,八木 繫幸

    日本化学会第103春季年会  2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)  

  • 白金錯体による磁気円偏光有機発光ダイオード(MCP-OLED)の開発 国内会議

    今井 喜胤,山本 優太,原 健吾,北原 真穂,八木 繁幸

    日本化学会第103春季年会  2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)  

  • 発光性ランタノイド錯体における近赤外光学特性 国内会議

    田島 功樹,志倉 瑠太,中井 英隆,鈴木 仁子,八木 繁幸,今井 喜胤

    日本化学会第103春季年会  2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)  

  • 有機イリジウム錯体による磁気円偏光有機発光ダイオード(MCP-OLED)の開発 国内会議

    岩﨑 寛,原 健吾,北原 真穂,八木 繁幸,今井 喜胤

    日本化学会第103春季年会  2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京理科大学野田キャンパス(千葉県野田市)  

  • 2-フェニルキノキサリン系ビスシクロメタル化イリジウム(III)錯体の発光特性に及ぼす置換基の影響

    米田 啓馬, 志倉 瑠太, 鈴木 直弥, 前田 壮志, 八木 繁幸, 秋山 誠治

    日本化学会第103春季年会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Photoluminescence Properties of Near-infrared Phosphorescent Bis-cyclometalated Iridium(III) Complexes Bearing Novel π-Deficient Heteroaromatic-based Ligands 国際会議

    Keima Yoneda, Ryuta Shikura, Naoya Suzuki, Takeshi Maeda, Shigeyuki Yagi

    International CPL and CPEL Conference 2023  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Osaka  

  • Effects of Ancillary Ligands on Luminescence Properties of Red Phosphorescent Bis-Cyclometalated Iridium(III) Complexes

    Mao Kamimoto, Hiroto Iwano, Hidetaka Tsujimoto, Naoya Suzuki, Takeshi Maeda, Shigeyuki Yagi

    International CPL and CPEL Conference 2023  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Development of Magnetic Circularly Polarized Organic Light Emitting Diode (MCP-OLED) Composed of Single Achiral Platinum Complex

    Yuta Yamamoto, Kengo Hara, Maho Kitahara, Shigeyuki Yagi, Yoshitane Imai

    International CPL and CPEL Conference 2023  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Development of a Dibenzo[b,d]furan-Based Dinuclear Platinum(II) Complex Showing Intense Room-Temperature Phosphorescence

    Koki Kudo, Ayano Sakurai, Hidetaka Tsujimoto, Naoya Suzuki, Takeshi Maeda, Shigeyuki Yagi

    International CPL and CPEL Conference 2023  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Fabrication of Solution-Processed Organic Light-Emitting Diodes Using Phosphorescent Emitters 国際会議

    Shigeyuki Yagi

    International CPL and CPEL Conference 2023  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Osaka  

  • Development of Novel Near-Infrared Phosphorescent Iridium(III) Complexes Bearing 2-Arylquinoxaline Cyclometalated Ligands

    Ryuta Shikura, Takeshi Maeda, Naoya Suzuki, Shigeyuki Yagi, Fujiwara Hideki

    International CPL and CPEL Conference 2023  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Development of A–D–A Deep Red/Near infrared Emitting Dyes Based on Dithienosilole Dimers

    Ryoya Teshima, Takeshi Maeda, Naoya Suzuki, Shigeyuki Yagi

    International CPL and CPEL Conference 2023  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Development of a Short Wavelength Infrared Emissive Dye with an Electron-Accepting N-Heteroacene Unit

    Masaki Nagaoka, Naoya Suzuki, Takeshi Maeda, Shigeyuki Yagi

    International CPL and CPEL Conference 2023  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Photoluminescence Properties of Symmetrical Dithienosilole Dimers Bearing Pyridyl Functional Groups 国際会議

    Ryoya Teshima, Naoya Suzuki, Takeshi Maeda, Shigeyuki Yagi

    The 95th Japan Society of Colour Material Anniversary Conference  2022年10月  Japan Society of Colour Material

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tokyo  

  • アルコキシ置換フラビリウム骨格を有する近赤外吸収クロコナイン色素の開殻性評価 国内会議

    大野友彰,前田壮志,酒巻大輔,藤原秀紀,八木繁幸

    色材協会創立95周年記念会議  2022年10月  色材協会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

  • Creation of Full-Color Magnetic Circularly Polarized Organic Light-Emitting Diodes (MCP-OLED) Composed of Iridium Complexes 国際会議

    Maho Kitahara, Ryuta Shikura, Mao Kamimoto, Shigeyuki Yagi, Yoshitane Imai

    The 95th Japan Society of Colour Material Anniversary Conference  2022年10月  Japan Society of Colour Material

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tokyo  

  • Development of Near-Infrared Phosphorescent Organoiridium(III) Complexes Bearing 2-Arylquinoxaline Cyclometalated Ligands 国際会議

    Ryuta Shikura, Naoya Suzuki, Takeshi Maeda, Shigeyuki Yagi, Seiji Akiyama

    The 95th Japan Society of Colour Material Anniversary Conference  2022年10月  Japan Society of Colour Material

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tokyo  

  • Experimental Evaluation of Intermediate Open Shell Character in Near-Infrared Absorbing Croconaine Dyes

    Takeshi Maeda, Taishi Oka, Daisuke Sakamaki, Hideki Fujiwara, Naoya Suzuki, Shigeyuki Yagi, Tatsuki Konishi, Kenji Kamada

    The 95th Japan Society of Colour Material Anniversary Conference  2022年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • イリジウム錯体によるフルカラー磁気円偏光有機発光ダイオード(MCP-OLED)

    北原真穂, 志倉瑠太, 紙本麻央, 八木繁幸, 今井喜胤

    第32回基礎有機化学討論会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 発光性ランタノイド錯体における近赤外光学特性

    田島功樹, 志倉瑠太, 八木繁幸, 鈴木仁子, 中井英隆, 今井喜胤

    第32回基礎有機化学討論会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • インダンジオン骨格を有するスクアレン色素の合成と有機近赤外フォトディテクターへの応用

    前田壮志, 田中大気, 八木繁幸, 藤原秀紀

    第32回基礎有機化学討論会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • キラリティーと磁場との相乗効果によるイリジウム発光体からの円偏光発光(CPL)

    長谷川公紀, 原 健吾, 松平華奈, 長谷川真士, 八木繁幸, 今井喜胤

    2022年光化学討論会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • イリジウム錯体によるRGB+Y 磁気円偏光有機発光ダイオード(MCP-OLED)

    北原真穂, 志倉瑠太, 紙本麻央, 八木繁幸, 今井喜胤

    2022年光化学討論会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 磁気円偏光有機発光ダイオード(MCP-OLED)における高性能化

    原 健吾, 射場日有人, 大久保貴志, 八木繁幸, 今井喜胤

    2022年光化学討論会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Development of Phosphorescent Organometallic Complexes as Emitting Materials in OLED 招待 国際会議

    Shigeyuki Yagi

    International Symposium on Advanced Functional Materials (ISAFM 2022)  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Phosphorescent Organometallic Emitters for Application in Electroluminescent Devices 招待 国際会議

    Shigeyuki Yagi

    International Conference on Chemistry and Applications of Soft Materials (CASM 2022)  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Circularly Polarized Electroluminescence from Phosphorescent Organic Light-Emitting Diodes Driven by External Magnetic Field 招待 国際会議

    Shigeyuki Yagi

    International CREST-CPL Conference 2022  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Development of Red-to-Near Infrared Fluorescent Dyes Based on a Group 14 Element-Bridged Bithiophene Dimer Scaffold 招待

    Shigeyuki Yagi

    The 10th East Asia Symposium on Functional Dyes and Advanced Materials (EAS 10)  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Development of Red-to-Near Infrared Fluorescent Dyes Based on a Group 14 Element-Bridged Bithiophene Dimer Scaffold 招待 国際会議

    Shigeyuki Yagi

    The 10th East Asia Symposium on Functional Dyes and Advanced Materials (EAS 10)  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • オキソカーボン酸を中心骨格に持つ近赤外吸収ポリメチン色素の中間的な開殻性 国内会議

    岡 大志,前田壮志,酒巻大輔,藤原秀紀,八木繁幸

    第31回基礎有機化学討論会  2021年09月  基礎有機化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • フラビリウム骨格とオキソカーボン酸残基からなるポリメチン色素の開殻性評価 国内会議

    大野友彰,岡大志,前田壮志,酒巻大輔,藤原秀紀,八木繁幸

    第31回基礎有機化学討論会  2021年09月  基礎有機化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 1,3-ジチオール環を置換した新規スクアライン色素の合成と物性 国内会議

    村田司,酒巻大輔,岡大志,前田壮志,八木繁幸,藤原秀紀

    第31回基礎有機化学討論会  2021年09月  基礎有機化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 外部磁場印加による白金錯体からの磁気円偏光発光(MCPL) 国内会議

    松平華奈,原 健吾,布袋純一,八木繁幸,藤木道也,今井喜胤

    第31回基礎有機化学討論会  2021年09月  基礎有機化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • りん光性白金(II)二核錯体の分子内エキシマー形成を利用した白色発光デバイスの作製 国内会議

    坂中 陽,前田壮志,八木繁幸

    2021年度色材研究発表会  2021年09月  色材協会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • スクアレンおよびクロコナイン色素の中間的な開殻性 国内会議

    岡 大志,前田壮志,酒巻大輔,八木繁幸,藤原秀紀

    2021年度色材研究発表会  2021年09月  色材協会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • スクアレン発色団が融合した構造を持つ色素の光学特性と電気化学特性評価 国内会議

    澤田隆平,前田壮志,八木繁幸

    2021年度色材研究発表会  2021年09月  色材協会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • フラビリウム骨格とオキソカーボン酸残基からなる近赤外吸収色素の開殻性評価 国内会議

    大野友彰,岡 大志,前田壮志,酒巻大輔,藤原秀紀,八木繁幸

    2021年度色材研究発表会  2021年09月  色材協会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 外部磁場印加によるイリジウム錯体からのRGB+Y磁気円偏光発光(MCPL) 国内会議

    北原真穂,鈴木聖香,松平華奈,八木繁幸,藤木道也,今井喜胤

    2021年度色材研究発表会  2021年09月  色材協会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 外部磁場印加による白金錯体からの磁気円偏光発光(MCPL) 国内会議

    松平華奈,原 健吾,布袋純一,八木繁幸,藤木道也,今井喜胤

    2021年度色材研究発表会  2021年09月  色材協会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • π共役を拡張したチエニルピリジニウム-環状エノラートベタイン色素の発光特性 国内会議

    三枝真央,鈴木直弥,前田壮志,八木繁幸

    2021年度色材研究発表会  2021年09月  色材協会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2-(2-ヒドロキシフェニル)-2H-ベンゾトリアゾール誘導体と4-アセチルアミノ-18-ナフタルイミドのハイブリッド化合物の合成と光学特性 国内会議

    上坂敏之,前田壮志,八木繁幸

    2021年度色材研究発表会  2021年09月  色材協会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 外部磁場印加による光学不活性なイリジウム錯体からのRGB+Y磁気円偏光発光(MCPL)特性 国内会議

    北原真穂,鈴木聖香,松平華奈,八木繁幸,藤木道也,今井 喜胤

    2021年光化学討論会  2021年09月  光化学協会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 溶液塗布型OLEDの作製に資するりん光性有機金属錯体の機能化 招待 国内会議

    八木 繁幸

    第244回フォトポリマー懇話会例会「励起三重項状態を利用した機能材料」  2021年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 溶液塗布型OLEDの作製に資するりん光性有機金属錯体の機能化 招待 国内会議

    八木 繁幸

    第244回フォトポリマー懇話会例会  2021年06月  フォトポリマー懇話会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 液晶性スクアレン色素の光熱変換特性 国内会議

    前田壮志,高野将史,八木繁幸,大越研人

    第70回高分子学会年次大会  2021年05月  高分子学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 有機金属錯体を用いたりん光OLEDの開発と円偏光発光デバイスへの展開 招待 国内会議

    日本化学会第101春季年会(2021),特別企画「らせん状キラル分子空間に基づく光機能科学:円偏光発光材料のデバイス化を目指して」  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 外部磁場印加によるイリジウムおよび白金錯体からの磁気円偏光発光(MCPL) 国内会議

    松平華奈,布袋純一,山下健一,近藤喜郎,鈴木仁子,八木繁幸,藤木道也,今井喜胤

    日本化学会第101春季年会  2021年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 1,3-ジチオール環を置換した新規スクアライン色素の合成と物性 国内会議

    村田 司,酒巻 大輔,岡 大志,前田 壮志,八木 繁幸,藤原 秀紀

    日本化学会第101春季年会  2021年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • フラビリウム骨格とオキソカーボン酸残基からなる近赤外吸収色素の合成と物性 国内会議

    大野 友彰,前田 壮志,酒巻 大輔,岡 大志,八木 繁幸,藤原 秀紀

    日本化学会第101春季年会  2021年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 励起子相互作用を示す縮環型スクアレン色素の光学および電気化学特性 国内会議

    澤田隆平,前田壮志,鈴木直弥,八木繁幸

    日本化学会第101春季年会  2021年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Development of Phosphorescent OLEDs Based on Organometallic Complexes towards Circularly Polarized Light-Emitting Devices 招待

    Shigeyuki Yagi

    日本化学会第101春季年会  2021年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 近赤外吸収スクアレン色素の水中における自己組織化が光学特性に及ぼす効果 国内会議

    小寺秀門,前田壮志,澤田隆平,八木繁幸

    2020年度色材研究発表会  2020年10月  色材協会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • オキソカーボン酸を中心骨格に持つ近赤外吸収色素の開殻性評価 国内会議

    岡大志,前田壮志,酒巻大輔,八木繁幸,藤原秀紀

    2020年度色材研究発表会  2020年10月  色材協会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • インダンジオン骨格を中心成分にもつスクアレン色素の電子吸収および電気化学特性 国内会議

    田中大気,前田壮志,八木 繁幸

    2020年度色材研究発表会  2020年10月  色材協会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 新規チエニルピリジニウム-環状エノラート型ベタイン色素の発光特性 国内会議

    三枝 真央,林 祐一朗,前田 壮志,八木 繁幸

    2020年度色材研究発表会  2020年10月  色材協会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 外部磁場印加によるイリジウムおよび白金錯体からの磁気円偏光発光(MCPL) 国内会議

    松平華奈,近藤吉郎,鈴木仁子,八木繁幸,藤木道也,今井喜胤

    2020年度色材研究発表会  2020年10月  色材協会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • シクロメタル化白金(II)錯体二量体の分子内エキシマー形成の制御と発光デバイスへの応用 国内会議

    坂中陽,布袋純一,前田壮志,八木 繁幸

    2020年度色材研究発表会  2020年10月  色材協会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • シクロメタル化白金(II)錯体の二量体におけるsyn型およびanti型分子内エキシマーの形成 国内会議

    布袋純一,掛水海里,辻元英孝,前田壮志,八木繁幸

    2020年度色材研究発表会  2020年10月  色材協会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ピリジン環を機能性部位として有する架橋ビチオフェン誘導体の近赤外発光特性 国内会議

    森本あみ,林祐一朗,前田壮志,八木繁幸

    2020年度色材研究発表会  2020年10月  色材協会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 液晶スクアレン色素の開発と光学特性評価 国内会議

    高野将史,前田壮志,島悠士朗,八木繁幸,大越研人

    日本化学会第100春季年会  2020年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Development of Cellular Imaging Probes Based on A–D–A-Type Fluorescent Dyes 国内会議

    Ami Morimoto, Yuichiro Hayashi, Takeshi Maeda, Atsushi Harada, Shigeyuki Yagi

    日本化学会第100春季年会  2020年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Emission Mechanism of Pyridinium–Cyclic Enolate Betaine Dyes 国内会議

    Yuichiro Hayashi, Takeshi Maeda, Shigeyuki Yagi

    日本化学会第100春季年会  2020年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Emission Color Tuning in 4-(2-Thienyl)pyridinium–Cyclic Enolate Betaine Dyes 国内会議

    Mao Saikusa, Yuichiro Hayashi, Takeshi Maeda, Shigeyuki Yagi

    日本化学会第100春季年会  2020年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Fluorescence Properties of Cyclic Enolate-Modified 4-(4-N,N-Diphenylamino)stylyl)pyridinium Betaine Dyes 国内会議

    Kei Shimizu, Yuichiro Hayashi, Takeshi Maeda, Shigeyuki Yagi

    日本化学会第100春季年会  2020年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Development of Dinuclear Organoplatinum(II) Complexes Towards Control of Excimer Photoluminescence 国内会議

    Junichi Hotei, Kairi Kakemizu, Takeshi Maeda, Hidetaka Tsujimoto, Shigeyuki Yagi

    日本化学会第100春季年会  2020年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ピリジニウム-環状エノラート型ベタイン色素の発光特性(1):発光メカニズム 国内会議

    林祐一朗,前田壮志,八木繁幸

    日本化学会第100春季年会  2020年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ピリジニウム-環状エノラート型ベタイン色素の発光特性(2):発光色の制御 国内会議

    三枝真央,林祐一朗,前田壮志,八木繁幸

    日本化学会第100春季年会  2020年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 環状エノラート部位を有する4-(4-N,N-ジフェニルアミノ)スチリル)ピリジニウムベタイン色素の発光特性 国内会議

    清水啓,林祐一朗,前田壮志,八木繁幸

    日本化学会第100春季年会  2020年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 非対称スクアレン発色団を剛直部とした液晶分子の合成と光学特性 国内会議

    高野将史,島悠士朗,前田壮志,八木繁幸,大越研人

    日本化学会第100春季年会  2020年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • インダンジオン成分を有する対称型スクアレン色素の合成と光吸収・電気化学特性 国内会議

    田中大気,前田壮志,八木繁幸

    日本化学会第100春季年会  2020年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • オキソカーボン酸残基を中心骨格に有する近赤外吸収色素の開殻性評価 国内会議

    岡大志,前田壮志,酒巻大輔,八木繁幸,藤原秀紀

    日本化学会第100春季年会  2020年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ジチエノシロールを基本骨格とする蛍光色素の細胞イメージングへの応用 国内会議

    森本あみ,林祐一朗,前田壮志,原田敦史,八木繁幸

    日本化学会第100春季年会  2020年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • syn型分子内エキシマーの形成を指向した有機白金(II)錯体二量体の合成とその発光特性 国内会議

    布袋純一,掛水海里,前田壮志,辻元英孝,八木繁幸

    日本化学会第100春季年会  2020年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • マルチカラーペリレン発光体の円偏光発光(CPL)および磁気円偏光発光(MCPL) 国内会議

    木元隆裕,中島岳,吉村泰輝,靜間基博,八木繁幸,今井喜胤

    日本化学会第100春季年会  2020年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 発光体の溶液および固体状態における円偏光発光(CPL)および磁気円偏光発光(MCPL) 国内会議

    松平華奈,田口周平,高桑栄,味村優輝,近藤吉朗,鈴木仁子,八木繁幸,今井喜胤

    日本化学会第100春季年会  2020年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 有機-ランタノイドハイブリッド発光体の磁気円偏光発光(MCPL) 国内会議

    吉川弘基,木元隆裕,近藤吉朗,鈴木仁子,生駒愛華,八木繁幸,藤木道也,今井喜胤

    日本化学会第100春季年会  2020年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Development of Organoplatinum(II) Complexes Exhibiting Efficient Excimer-Based Phosphorescence towards OLED Application 招待

    Shigeyuki Yagi

    3rd International Conference on Advanced Functional Materials (ICAFM-2019)  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(基調)  

  • Unique Photoluminescence Behavior of Phosphorescent Organoplatinum(II) Complexes 招待 国際会議

    Shigeyuki Yagi

    Special Lecture at CSIR-National Institute for Interdisciplinary Science and Technology  2019年12月  CSIR-National Institute for Interdisciplinary Science and Technology

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Development of Organoplatinum(II) Complexes Exhibiting Efficient Excimer-Based Phosphorescence towards OLED Application 招待 国際会議

    Shigeyuki Yagi

    3rd International Conference on Advanced Functional Materials (ICAFM-2019)  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Phosphorescent Organometallic Complexes Aimed at Fabrication of Electroluminescent Devices 招待

    Shigeyuki Yagi

    International Symposium on Circularly Polarized Luminescence and the Related Phenomena  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 二つのスクアレン色素で構成された近赤外吸収色素の合成と光学特性 国内会議

    木下早紀,前田壮志,八木繁幸

    大阪府立大学21世紀科学研究センター分子エレクトロニックデバイス研究所第21回研究会  2019年11月  大阪府立大学21世紀科学研究センター分子エレクトロニックデバイス研究所

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 長鎖アルキル基を有するスクアレン色素の合成と液晶性評価

    髙野将史,前田壮志,八木繁幸,大越研人

    大阪府立大学21世紀科学研究センター分子エレクトロニックデバイス研究所第21回研究会  2019年11月  大阪府立大学21世紀科学研究センター分子エレクトロニックデバイス研究所

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 白金(II)錯体の二量化による分子内エキシマー発光の発現 国内会議

    布袋 純一,山下晃平,前田壮志,八木繁幸

    大阪府立大学21世紀科学研究センター分子エレクトロニックデバイス研究所第21回研究会  2019年11月  大阪府立大学21世紀科学研究センター分子エレクトロニックデバイス研究所

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 高効率な発光を示す近赤外蛍光色素の創出 国内会議

    森本 あみ,林祐一朗,前田壮志,八木繁幸

    大阪府立大学21世紀科学研究センター分子エレクトロニックデバイス研究所第21回研究会  2019年11月  大阪府立大学21世紀科学研究センター分子エレクトロニックデバイス研究所

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • シクロメタル化白金錯体のエキシマー形成における置換基効果 国内会議

    上田悟司,岡村奈生己,前田壮志,八木繁幸

    大阪府立大学21世紀科学研究センター分子エレクトロニックデバイス研究所第21回研究会  2019年11月  大阪府立大学21世紀科学研究センター分子エレクトロニックデバイス研究所

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • C^N^C型シクロメタル化配位子を有する白金錯体のりん光メカノクロミズム 国内会議

    有薗春香,岡村奈生己,前田壮志,八木繁幸

    大阪府立大学21世紀科学研究センター分子エレクトロニックデバイス研究所第21回研究会  2019年11月  大阪府立大学21世紀科学研究センター分子エレクトロニックデバイス研究所

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Phosphorescent Organometallic Complexes Aimed at Fabrication of Electroluminescent Devices 招待 国際会議

    Shigeyuki Yagi

    International Symposium on Circularly Polarized Luminescence and the Related Phenomena  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Control of Excimer-Based Phosphorescence of Heteroleptic Cyclometalated Platinum(II) Complexes 招待 国際会議

    Shigeyuki Yagi

    The 9th East Asia Synposium on Functional Dyes and Advanced Materials  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

▼全件表示

Works(作品等)

  • Synthesis of novel blue-phosphorescent dyes

    2005年

  • 新規な青色発光(燐光)色素の合成

    2005年

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 機能性色素の開発

     詳細を見る

    機能性色素全般について技術相談が可能である。

  • 有機EL用りん光材料の設計と合成

     詳細を見る

    有機白金錯体や有機イリジウム錯体などのリン光性金属錯体の分子設計と合成に対して知識の供与ができる。

  • 有機EL用新規π電子化合物の設計と合成

     詳細を見る

    有機EL素子やその他電子デバイスに必要な有機半導体材料の開発についてご術相談が可能である。

  • 有機電子デバイス用π共役高分子の創製

     詳細を見る

    有機薄膜太陽電池や有機ELなどの有機電子デバイスに用いられる高分子半導体材料の分子設計と合成に対して知識の供与ができる。

  • 光電変換素子を指向した有機材料の創製

     詳細を見る

    有機太陽電池に応用可能な、機能性色素をはじめとする有機材料の設計と合成に関して知識の供与が可能である。また、これら有機材料を用いた光電変換素子(薄膜型素子やグレッツェルセル)の作製についても共同研究が可能である。

担当教育概要

  • 有機化学、有機機能化学に係る研究・教育

担当授業科目

  • 応用化学特論III

    2021年度    

  • 有機化学IA

    2021年度    

  • 物理化学序論

    2021年度    

  • 物理化学序論

    2021年度    

  • 物理化学序論

    2021年度    

  • 有機機能化学特論

    2021年度    

  • 有機機能化学

    2021年度    

  • 有機機能化学特別講義

    2021年度    

▼全件表示

社会貢献活動

  • 第115回テクノラボツアー 有機EL・最近の動向 りん光デンドリマーを用いた積層型有機発光ダイオードの作製

    2018年04月 - 2019年03月

  • 平成30年度大阪府立大学公開講座21世紀科学セミナー 分子レベルで見る有機発光デバイスの世界

    2018年04月 - 2019年03月

  • 近畿化学協会ヘテロ原子部会平成27年度第3回懇話会 有機発光デバイスを指向した高機能りん光性有機金属錯体の創製

    2015年04月 - 2016年03月

  • 高分子学会印刷・情報記録・表示研究会および光反応・電子用材料研究会 講師 塗布型OLEDを指向したりん光性有機金属錯体の配位子デザイン

    2014年04月 - 2015年03月

  • (社)大阪工研協会第43回有機合成セミナー「新領域・新分野を開拓する革新技術」 配位子のp共役デザインによるりん光性有機金属錯体の高機能化

    2011年04月 - 2012年03月

  • 近畿化学協会機能性色素部会見学研修セミナー「大阪府立大学LED植物工場」 溶液塗布によって作製可能なりん光型有機EL素子の開発と白色光源への応用

    2011年04月 - 2012年03月

  • 戦略的基盤技術高度化支援事業成果発表会 りん光性有機金属錯体を用いた塗布型高分子電界発光素子(PLED)の開発

    2010年04月 - 2011年03月

  • 大阪府立大学/りそなグループ技術懇親会 有機EL用りん光性有機金属錯体の開発

    2010年04月 - 2011年03月

  • 色材セミナー「環境・省エネに配慮した色材開発の最新動向」 溶液塗布型りん光性有機EL素子の開発と白色光源への応用

    2010年04月 - 2011年03月

▼全件表示

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 有機EL照明を指向したりん光性有機金属錯体の開発

    分野:理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル)

     詳細を見る

    対象:大学生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 企業

    キーワード:有機EL照明、りん光、有機金属錯体 

    近年、有機ELによる照明機器の実用化に向けた素子開発が活発化している。高性能な照明用有機EL素子の開発には有機金属錯体を基盤とするりん光材料の利用が不可欠であるが、素子パフォーマンスのさらなる向上を実現するためには分子レベルに基づいた材料設計が必要である。本講演では白金およびイリジウム錯体を中心に、りん光材料の基礎的特性から有機EL開発に向けた材料設計について、最新の研究動向を交えながら解説する。

  • 有機EL用りん光性有機金属錯体の開発

    分野:理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル)

     詳細を見る

    対象:大学生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 企業

    キーワード:有機EL素子、りん光、有機金属錯体 

    近年、有機EL素子を利用した次世代FPDや照明機器が実用化レベルに達しつつある。しかしながら、デバイス作製における生産コストの低減化や素子パフォーマンスのさらなる向上など、有機EL製品の普及に向けた改善点が多く残されている。本講演では、高効率発光材料として有機ELに用いられているりん光性金属錯体について、これまでの研究を踏まえながら最新の研究動向について詳解する。

  • 光る有機化合物 ~身近な化学から先端技術まで~

    分野:理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル)

     詳細を見る

    対象:高校生, 大学生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般

    キーワード:蛍光、りん光、機能性色素、化学発光、生物発光、有機EL素子 

    有機化合物は炭素原子を含む物質であり、医薬品から繊維・プラスチックまで、多くの有機化合物が私たちの生活を支え、豊かにしてくれています。中でも有機色素は、その構造が光や色と大きな関わりがあることから、光科学技術分野でたいへん注目されています。本講演では、夏の風物詩である“ホタルの光”から携帯電話や薄型テレビで今話題の“有機EL”まで、光る有機色素のもつ特徴を紹介しながら先端科学の世界をわかりやすく解説し、化学の楽しさ、研究のすばらしさについて語りたいと思います。

役職

  • 部局内役職

    大学院工学研究科 物質化学生命系専攻 

    専攻長  2022年04月 - 2024年03月