Updated on 2024/04/18

写真a

 
Yoshioka Michifumi
 
Organization
Graduate School of Informatics Department of Core Informatics Professor
School of Engineering Department of Information Science
Title
Professor
Affiliation
Institute of Informatics

Position

  • Graduate School of Informatics Department of Core Informatics 

    Professor  2022.04 - Now

  • School of Engineering Department of Information Science 

    Professor  2022.04 - Now

Degree

  • 博士(工学) ( Others )

Research Career

  • Signal Processing

Professional Memberships

  • 電気学会

    2000.04 - Now

  • 情報処理学会

    1996.04 - Now

  • 計測自動制御学会

    1996.04 - Now

  • システム制御情報学会

    1996.04 - Now

Committee Memberships (off-campus)

  • 1号委員   電気学会  

    2021.04 - 2024.03 

  • 関西支部協議員   電気学会  

    2019.04 - 2021.03 

Awards

  • 優秀論文発表賞

    2005.03   電気学会  

  • 砂原賞・奨励賞

    1999.05   システム制御情報学会  

Papers

  • Stable DiffusionのCross Attentionに基づく領域分割へのベクトルノルムの導入の検討

    宮田優一,井上勝文,吉岡理文

    電子情報通信学会技術研究報告   122 - 127   2024.03

     More details

    Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

  • 作業対象物体の状態変化を考慮した事前学習による詳細行動認識

    岡本淳志,井上勝文,吉岡理文

    電子情報通信学会技術研究報告   13 - 18   2024.03

     More details

    Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 未知手話単語獲得に向けた手話動作特徴量空間の検討 International coauthorship

    山田大記,井上勝文,Partha Pratim Roy,岩村雅一,吉岡理文

    電子情報通信学会技術研究報告   7 - 12   2024.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • Vibration-based fault diagnosis of rotating machinery using Transformer Reviewed

    Takumi Negi, Michifumi Yoshioka, Katsufumi Inoue, Keishi Omori, and Masayoshi Todorokihara

    Proceedings of 29th International Symposium on Artificial Life and Robotics   82 - 87   2024.01

     More details

    Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

  • 振動の振幅と位相の画像を用いた2-streamネットワークによる回転機械の状態分類

    山本周,吉岡理文,井上勝文,轟原正義,大森啓史

    ビジョン技術の実利用ワークショップ講演論文集   294 - 300   2023.12

     More details

    Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

  • CPUのキャッシュメモリがCNNの推論速度に与える影響の調査

    保久良允彦,吉岡理文,井上勝文

    第26回画像の認識・理解シンポジウムExtended Abstract集   2023.07

  • Optimal Correction Costを用いた物体検出における誤検出削減の検討

    宮田優一,井上勝文,吉岡理文

    第26回画像の認識・理解シンポジウムExtended Abstract集   1 - 5   2023.07

  • Polarized Self-Attentionを用いたセマンティックセグメンテーションによる複数楽器の自動採譜

    陸井まなみ,井上勝文,吉岡理文

    情報処理学会技術研究報告   295 - 300   2023.06

  • 植物化石検出のためのスタイル変換を用いた疑似化石画像自動生成によるデータ拡張

    稲村佑哉,和座旭宏,井上勝文,吉岡理文,山田敏弘

    情報処理学会第85回全国大会講演論文集2   45 - 46   2023.03

  • 効率的な複数の投影方式融合を用い360度震度推定ネットワーク

    岩崎晃大,吉岡理文,井上勝文

    2023年電子情報通信学会総合大会情報・システム講演論文集2   95 - 95   2023.03

  • クロスモーダル学習による時間情報を考慮した楽器音からの演奏動画生成

    中川智愛,井上勝文,吉岡理文

    情報処理学会第85回全国大会講演論文集2   59 - 60   2023.03

  • Influence of Class Activations without Activated Neurons on Visual Explanation for Convolutional Neural Network

    Teruya Horai, Michifumi Yoshioka, and Katsufumi Inoue

    Proceedings of 28th International Symposium on Artificial Life and Robotics   644 - 649   2023.01

  • Vibration-based fault diagnosis of rotating machinery using orthogonalization of features

    Ryoya Onishi, Michifumi Yoshioka, Katsufumi Inoue, Keishi Omori, and Masayoshi Todorokihara

    Proceedings of 28th International Symposium on Artificial Life and Robotics   639 - 643   2023.01

  • Compression method for natural language processing models considering the attention head of pruning target

    Akito Tokumasa, Michifumi Yoshioka, and Katsufumi Inoue

    Proceedings of 28th International Symposium on Artificial Life and Robotics   50 - 54   2023.01

  • Learning Sequential Transformation Information of Ingredients for Fine-Grained Cooking Activity Recognition

    Atsushi Okamoto, Katsufumi Inoue, and Michifumi Yoshioka

    Proceedings of International Workshop on Multimedia for Cooking, Eating and related APPlication   29 - 36   2022.10

  • 一人称視点動画における食材の変化を利用した詳細調理行動認識の検討

    岡本淳志,井上勝文,吉岡理文

    第21回情報科学技術フォーラム講演論文集   171 - 172   2022.09

  • 化石画像セグメンテーションのためのスタイル変換によるデータ拡張

    和座旭宏,稲村佑哉,井上勝文,吉岡理文,山田敏弘

    電子情報通信学会技術研究報告   43 - 48   2022.09

  • 車載カメラ画像に対する適応スケーリングを用いたROI活用高効率符号化手法 Reviewed

    伊藤 浩朗,吉岡 理文

    電気学会論文誌C   142 ( 8 )   982 - 990   2022.08

     More details

    Authorship:Corresponding author   International / domestic magazine:Domestic journal  

    DOI: https://doi.org/10.1541/ieejeiss.142.982

  • 3次元シーンフロー推定における点群の特徴量抽出手法

    根宜匠,吉岡理文,井上勝文

    第25回画像の認識・理解シンポジウムExtended Abstract集   2022.07

  • 物体検出を用いた火災危険度予測スマートフォンアプリケーション

    宮田優一,辻村拓哉,井上勝文,吉岡理文

    第25回画像の認識・理解シンポジウムExtended Abstract集   2022.07

  • スタイル変換を用いた化石検出手法の検討

    稲村佑哉,井上勝文,吉岡理文,山田敏弘

    第25回画像の認識・理解シンポジウムExtended Abstract集   2022.07

  • TPEとロバストな評価規範を用いた構造探索型Channel Pruningの検討

    山本周,吉岡理文,井上勝文

    第25回画像の認識・理解シンポジウムExtended Abstract集   1 - 4   2022.07

  • 敵対的学習を導入した教師なし学習に基づくオプティカルフロー推定手法 Reviewed

    山﨑 海門, 吉岡 理文, 井上 勝文

    電気学会論文誌C   142 ( 6 )   650 - 659   2022.06

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

    DOI: https://doi.org/10.1541/ieejeiss.142.650

  • 自然言語処理モデルの圧縮におけるプルーニング対象ブロック決定手法の検討

    徳政光人,吉岡理文,井上勝文

    2022年度人工知能学会全国大会講演論文集   2022.06

  • UMAとMCDの組み合わせによる一人称視点動画におけるハンドセグメンテーション

    鈴木健一,井上勝文,吉岡理文

    電子情報通信学会技術研究報告   145 - 150   2022.03

  • 住環境火災における火災危険度推定手法の検討

    辻村拓哉,井上勝文,吉岡理文

    2022年電子情報通信学会総合大会情報・システム講演論文集2   59 - 59   2022.03

  • Investigation of Representation Learning to Disentangle Style and Content for Polyphinic Music

    Shota Furukawa, Katsufumi Inoue, and Michifumi Yoshioka

    Proceedings of 27th International Symposium on Artificial Life and Robotics   643 - 648   2022.01

  • Exploiting Global Features for Monocular Depth Estimation

    Koji Ariizumi, Michifumi Yoshioka, and Katsufumi Inoue

    Proceedings of 27th International Symposium on Artificial Life and Robotics   658 - 663   2022.01

  • Unsupervised Joint Learning of Depth, Camera Pose, and Optical Flow with Geometric Relationship

    Takuro Kojima, Michifumi Yoshioka, and Katsufumi Inoue

    Proceedings of 27th International Symposium on Artificial Life and Robotics   721 - 725   2022.01

  • Intra Flicker Reduction Method for H.264/AVC with Average Signal Level Correction at Each Region Reviewed

    141 ( 9 )   2021.09

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • Factorized Convolutional Filterを用いたCNN圧縮の検討

    徳政光人,吉岡理文,井上勝文

    第24回画像の認識・理解シンポジウムExtended Abstract集   2021.07

  • 音源位置推定に向けたDeep Metric Learningによる複数モダリティ間の対応関係学習

    中川智愛,井上勝文,吉岡理文

    第24回画像の認識・理解シンポジウムExtended Abstract集   2021.07

  • 畳込みを含む活性化関数を用いたドメイン適応手法

    大西凌矢,吉岡理文,井上勝文

    2021年度人工知能学会全国大会講演論文集   2021.06

  • アテンションモジュールを用いたManifold Mixup

    片山俊亮,井上勝文,吉岡理文

    令和3年電気学会全国大会講演論文集   124 - 125   2021.03

  • 局所領域に着目したMulti-stream Neural Networksによる手話単語認識 International coauthorship

    丸山瑞己,Shuvozit Ghose,井上勝文,Partha Pratim Roy,岩村雅一,吉岡理文

    電子情報通信学会技術研究報告   53 - 58   2021.03

  • マルチタスク深層学習による車載単眼カメラ映像のMotion Segmentation

    鷲本昂樹,吉岡理文,井上勝文

    情報処理学会技術研究報告   239 - 246   2021.03

  • 印象を考慮した画像に基づく音楽生成手法の検討

    渡邉祥太朗,井上勝文,吉岡理文

    2021年電子情報通信学会総合大会基礎・境界/NOLTA講演論文集   172 - 172   2021.03

  • エラー解析が容易な単眼3次元物体検出ネットワークの検討

    岸田悠右,吉岡理文,井上勝文

    2021年電子情報通信学会総合大会情報・システム講演論文集2   95 - 95   2021.03

  • DenseNetに対するSEモジュールの適用可能性に関する実験的検討 Reviewed

    中山貴仁,吉岡理文,井上勝文

    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) 雑誌   Vol.140 ( No.11 )   1213 - 1219   2020.11

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • 話者の印象を考慮した階層的識別器を持つGANによる音声合成 Reviewed

    森優斗,井上勝文,吉岡理文

    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) 雑誌   Vol.140 ( No.11 )   1207 - 1212   2020.11

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • スタイル変換に基づくデータ拡張を用いた三次元物体復元手法 Reviewed

    猿渡太貴,井上勝文,吉岡理文

    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) 雑誌   Vol.140 ( No.11 )   1198 - 1206   2020.11

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • 360度カメラを用いたLSD-SLAMシステムにおけるカメラトラッキング精度の向上 Reviewed

    酒井徹,吉岡理文,井上勝文

    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) 雑誌   Vol.140 ( No.7 )   800 - 809   2020.07

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • 転移学習と知識蒸留による少数学習データのためのNDD学習法 Reviewed

    二垣良知,井上勝文,吉岡理文

    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) 雑誌   Vol.140 ( No.6 )   664 - 672   2020.06

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • Using Machine Learning and a Combination of Respiratory Flow, Laryngeal Motion, and Swallowing Sounds to Classify Safe and Unsafe Swallowin Reviewed

    Katsufumi Inoue, Michifumi Yoshioka, Naomi Yagi, Shinsuke Nagami, and Yoshitaka Oku

    IEEE Transactions on BioMedical Engineering 雑誌   65 ( 11 )   2529 - 2541   2018.11

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • RGB-Dカメラに基づく連続表現された日本語の指文字のスポッティング解析 Reviewed

    井上勝文,白石孝弥,松岡遼,吉岡理文

    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) 雑誌   138 ( 10 )   1230 - 1241   2018.10

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • 深いResidual blockを持ったニューラルネットワークの実験的検討 Reviewed

    森下博貴,井上勝文,吉岡理文

    電子情報雨通信学会論文誌D 雑誌   J101-D ( 8 )   1140 - 1149   2018.08

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • 拡大されたインタレース映像の通常インタレース状態への復元方法 Reviewed

    北耕次,吉岡理文,井上勝文

    電気学会論文誌電子・情報・システム部門誌 雑誌   Vol.138 ( No.2 )   181 - 192   2018.02

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • 図形パッチ学習型超解像 Reviewed

    北耕次,吉岡理文,井上勝文,稲毛成,常川翔平

    電気学会論文誌電子・情報・システム部門誌 雑誌   Vol.135 ( No.7 )   2016.07

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • トピックモデルを用いたアクセスログからのユーザの状態推定 Reviewed

    上辻慶典,柳本豪一,吉岡理文

    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) 雑誌   136 ( 3 )   357 - 362   2016.03

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • 距離画像センサを用いた日本語の指文字認識のための手領域抽出と指方向認識 Reviewed

    白石孝弥,井上勝文,吉岡理文,柳本豪一

    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) 雑誌   135 ( 11 )   1328 - 1336   2015.11

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • 境界補正Support Vector Machine による特定匂い検出アルゴリズム Reviewed

    小川恵志郎,井上勝文,吉岡理文,柳本豪一

    電気学会論文誌C部門誌 雑誌   135 ( 7 )   2015.07

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • 水晶振動子質量センサを用いた匂い検出に対するセンサ選択手法の検討 Reviewed

    小川恵志郎,井上勝文,吉岡理文,柳本豪一

    電気学会論文誌C部門誌 雑誌   135 ( 6 )   706 - 712   2015.06

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • 符号化画像に対する解像度変換法 Reviewed

    中井啓輔,吉岡理文,大松繁,北耕次,村井猛

    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) 雑誌 電気学会   127 ( 7 )   1030 - 11035   2007.07

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • 位相情報による拡大縮小・回転不変なパターン検出 Reviewed

    吉岡 理文, 藤中 透, 大松 繁

    電気学会論文誌C分冊 雑誌   Vol.124-C ( No.1 )   138 - 144   2004.01

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • An Electronic Nose System Using Artificial Neural Networks with an Effective Initial Training Data Set Reviewed

    B.Charumporn, M. Yoshioka, S. Omatu

    電気学会論文誌C分冊 雑誌   Vol.123-C ( No.9 )   1638 - 1644   2003.09

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • テクスチャ解析とSOMを用いたSARデータの土地利用解析 Reviewed

    荒川 泰行, 吉岡 理文, 大松 繁

    電気学会論文誌C分冊 雑誌   Vol.121-C ( No.1 )   234 - 239   2001.01

     More details

    Kind of work:Joint Work  

▼display all

Presentations

  • Influence of Class Activations without Activated Neurons on Visual Explanation for Convolutional Neural Network International conference

    Teruya Horai, Michifumi Yoshioka, Katsufumi Inoue

    The Twenty-Eighth International Symposium on Artificial Life and Robotics  2023.01  International Society of Artificial Life and Robotics

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:B-Con Plaza, Beppu, Oita, Japan  

  • Compression method for natural language processing models considering the attention head of pruning target International conference

    Akito Tokumasa, Michifumi Yoshioka, Katsufumi Inoue

    The Twenty-Eighth International Symposium on Artificial Life and Robotics  2023.01 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:B-Con Plaza, Beppu, Oita, Japan  

  • Vibration-based fault diagnosis of rotating machinery using orthogonalization of features International conference

    Ryoya Onishi, Michifumi Yoshioka, Katsufumi Inoue, Keishi Omori, Masayoshi Todorokihara

    The Twenty-Eighth International Symposium on Artificial Life and Robotics  2023.01  International Society of Artificial Life and Robotics

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:B-Con Plaza, Beppu, Oita, Japan  

Industrial Property Rights

  • 嚥下診断装置およびプログラム

     More details

    property_type:Patent 

    Application no:2018-545075 

    Patent/Registration no:6742620 

  • パターン検出装置、パターン検出方法、パターン検出プログラムおよびコンピュータで読み取り可能な記録媒体

    大松繁,吉岡理文

     More details

    property_type:Patent 

  • 画像鮮鋭化処理方法、画像鮮鋭化処理プログラム、画像鮮鋭化処理プログラムを記録した記録媒体、ならびに画像出力装置

    大松 繁,吉岡 理文,北 耕次,久後 耕一,新田 庫治

     More details

    property_type:Patent 

  • 写真処理装置におけるカラーマネジメントシステム及び方法

    大松 繁,吉岡 理文,北 耕次,久後 耕一,新田 庫治

     More details

    property_type:Patent 

Outline of collaborative research (seeds)

  • 画像パターン検出

     More details

    予め登録された参照画像と同一の形状を対象画像内より検出する手法の検討

Charge of on-campus class subject

  • プログラミング言語概論

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 信号処理論

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 情報工学基礎演習1

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • データベースと情報検索(なかもず)

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • データベースと情報検索(杉本)

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 基幹情報学特別演習I-2

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 基幹情報学特別研究8

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 基幹情報学特別研究6

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 基幹情報学特別研究4

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 深層学習

    2023   Weekly class   Graduate school

  • 基幹情報学セミナー

    2023   Weekly class   Graduate school

  • 基幹情報学特別研究2

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 知能システム特別講義

    2023   Weekly class   Graduate school

  • Recent Advances in Engineering

    2021    

  • Advanced Neuro-Science

    2021    

  • First Year Seminar

    2021    

  • Advanced Intelligent Information Systems I

    2021    

  • Database and Information Retrieval

    2021    

  • Selected Topics in Intelligent Systems

    2021    

  • Signal Processing

    2021    

▼display all