2024/04/08 更新

写真a

カタヤマ トオル
片山 徹
Katayama Toru
担当
大学院工学研究科 航空宇宙海洋系専攻 教授
工学部 海洋システム工学科
職名
教授
所属
工学研究院
連絡先
メールアドレス
所属キャンパス
中百舌鳥キャンパス

担当・職階

  • 大学院工学研究科 航空宇宙海洋系専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 工学部 海洋システム工学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(工学) ( 大阪府立大学 )

研究分野

  • フロンティア(航空・船舶) / 船舶海洋工学  / 船舶海洋工学

  • フロンティア(航空・船舶) / 船舶海洋工学

研究キーワード

  • 高速艇

  • 高速船

  • 船舶復原性

  • 船舶工学

  • 自律運行

  • 耐航性

  • 滑走艇

  • 浮体式プラットフォーム

  • 津波対応型救命艇

  • 洋上風況観測

  • 洋上風力発電

  • 水槽試験

  • 水中ビークル

  • 横揺れ減衰力

  • 数値流体力学

  • 損傷船舶の復原性

  • 多胴船

  • Stability

  • Safety

  • High-Speed Planing Craft

研究概要

  • 船舶の安全性関する研究

  • 海洋構造物に作用する波力とその応答に関する研究

  • 高速艇の性能評価法の開発

研究歴

  • 飛行艇の離水・着水時の性能評価に関する研究

    飛行艇、離水、着水、耐航性 

  • 損傷時および非損傷時船舶復原性・安全性に関する研究

    損傷、復原性、安全性、波浪、海洋風 

  • 海洋開発機器の波浪中運動性能に関する研究

    セミサブ、渦放出、非線形、運動、流体力 

  • 高速船および高速艇の性能評価法の開発

    高速船、滑走艇、抵抗推進性能、不安定現象、操縦性能 

所属学協会

  • 流体力学に関するアジア太平洋ワークショップ

    2016年09月 - 継続中   国外

  • 船舶と海洋構造物の復原性に関する国際会議

    2015年06月 - 継続中   国外

  • 米国造船造機学会

    2012年06月 - 継続中   国外

  • 米国造船造機学会

    2012年06月 - 継続中

  • 国際試験水槽会議

    2011年09月 - 継続中   国外

  • 日本船舶海洋工学会 日本試験水槽委員会

    2011年02月 - 継続中   国内

  • 日本クルーズ&フェリー学会

    2010年10月 - 継続中   国内

  • 日本クルーズ&フェリー学会

    2010年10月 - 継続中

  • 舟艇協会会友会

    2007年04月 - 継続中   国内

  • 舟艇協会会友会

    2007年04月 - 継続中

  • 水産システム協会

    2005年04月 - 継続中   国内

  • 日本船舶海洋工学会

    2005年04月 - 継続中   国内

  • 日本船舶海洋工学会

    2005年04月 - 継続中

  • 水産システム協会

    2005年04月 - 継続中

  • 西部造船会

    2001年04月 - 2005年03月   国内

  • 日本造船学会

    1997年04月 - 2005年03月   国内

  • 関西造船協会

    1992年04月 - 2005年03月   国内

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 第15回大阪公立大学-サノヤス技術交流会 講師   株式会社 新来島サノヤス造船 木島製造所  

    2022年11月 

  • 環境省受託事業:「令和4年~5年度潮流発電による地域の脱炭素化モデル構築事業評価審査委員会委員」   有限責任監査法人トーマツ(環境省より受託)  

    2022年 - 2024年03月 

  • 科学研究費委員会専門委員(基盤研究B)   独立行政法人日本学術振興会  

    2021年11月 - 2022年10月 

  • 監事   日本クルーズ&フェリー学会  

    2021年11月 - 継続中 

  • 理事   国際試験水槽会議(ITTC)  

    2021年06月 - 継続中 

  • 委員長   日本船舶海洋工学会JTTC  

    2021年06月 - 継続中 

  • 令和3年度潮流発電技術実用化推進事業審査委員会委員   有限責任監査法人トーマツ(環境省より受託)  

    2021年04月 - 2022年03月 

  • 潮流発電技術実用化推進事業審査委員会 委員   有限責任監査法人トーマツ  

    2020年04月 - 2021年03月 

  • 審査委員   有限責任監査法人トーマツ  

    2019年04月 - 2020年03月 

  • 運営委員   日本船舶海洋工学会関西支部  

    2017年05月 - 継続中 

  • 代議員   日本船舶海洋工学会  

    2016年12月 - 継続中 

  • 国際組織委員   流体力学に関するアジア太平洋ワークショップ  

    2016年09月 - 継続中 

  • 国際組織委員   船舶と海洋構造物の復原性に関する国際会議(STAB)  

    2015年06月 - 継続中 

  • 小型高速旅客船省エネ運航調査研究委員会   公益財団法人 九州運輸振興センター  

    2014年04月 - 2015年03月 

  • 小型高速旅客船省エネ運航調査研究委員会   公益財団法人 九州運輸振興センター  

    2014年04月 - 2015年03月 

  • 「波浪中を航走する小型高速旅客船における乗客の安全性に関する研究事業委員会委員   日本小型船舶検査機構  

    2014年04月 - 2015年03月 

  • 「波浪中を航走する小型高速旅客船における乗客の安全性に関する研究事業委員会委員   日本小型船舶検査機構  

    2014年04月 - 2015年03月 

  • 波浪中を航走する小型高速旅客船における乗客の安全性に関する研究事業   日本小型船舶検査機構  

    2014年04月 - 2015年03月 

  • 小型高速旅客船省エネ運航調査研究委員会   公益財団法人 九州運輸振興センター  

    2013年04月 - 2014年03月 

  • 「波浪中を航走する小型高速旅客船における乗客の安全性に関する研究事業委員会委員   日本小型船舶検査機構  

    2013年04月 - 2014年03月 

  • 小型高速旅客船省エネ運航調査研究委員会   公益財団法人 九州運輸振興センター  

    2013年04月 - 2014年03月 

  • 波浪中を航走する小型高速旅客船における乗客の安全性に関する研究事業   日本小型船舶検査機構  

    2013年04月 - 2014年03月 

  • 波浪中を航走する小型高速旅客船における乗客の安全性に関する研究事業   日本小型船舶検査機構  

    2012年04月 - 2013年03月 

  • 小型高速旅客船省エネ調査研究委員会   財団法人 九州運輸振興センター  

    2012年04月 - 2013年03月 

▼全件表示

受賞歴

  • 日本船舶海洋工学会賞(論文賞)

    谷口 友基, 藤原 敏文, 梅田 隼, 二村 正, 片山 徹

    2022年05月   日本船舶海洋工学会   論文名「並進動揺型波力発電装置を対象とした実時間最適制御法の水槽模型試験による検証」

  • 日本船舶海洋工学会賞(論文賞)

    2013年05月   日本船舶海洋工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本造船工業会賞

    2013年05月   日本造船工業会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本船舶海洋工学会関西支部支部長賞「流体力学関連学生研究組織「KFR Jr.」の設立」

    2011年05月   日本船舶海洋工学会関西支部支部  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Excellent Presentation Student Award(著者に学生を含む優秀論文賞)

    2010年07月   海洋流体力学に関するアジア太平洋地域ワークショップ組織委員会  

  • 日本船舶海洋工学会関西支部支部長賞 「高速曳航試験システムと滑走艇の性能評価法」

    2009年05月   日本船舶海洋工学会関西支部支部  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本船舶海洋工学会関西支部支部長賞 「長年にわたり、小・中学生を対象に、海や船への愛着を育み、理科教育に貢献するための「青少年サマーセミナー」を、大学院生を中心に企画・実施したこと」

    2008年05月   日本船舶海洋工学会関西支部支部  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • The First Grade Prize for the Excellent Student Paper(著者に学生を含む最優秀論文賞)

    2006年06月   海洋流体力学に関するアジア太平洋地域ワークショップ組織委員会  

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 大阪公立大学   大学院工学研究科 航空宇宙海洋系専攻 海洋システム工学分野

    2022年04月 - 継続中

  • 大阪府立大学   大学院工学研究科 航空宇宙海洋系専攻 海洋システム工学分野

    2016年04月 - 2022年03月

学歴

  • 大阪府立大学   工学研究科   機械系専攻海洋システム工学分野 博士後期課程   その他   卒業・修了

    1995年04月 - 1998年03月

  • 大阪府立大学   工学研究科   機械系専攻船舶工学分野 博士前期課程   その他   卒業・修了

    1993年04月 - 1995年03月

  • 大阪府立大学   工学部   船舶工学科   その他   卒業・修了

    1989年04月 - 1993年03月

論文

  • The effect of a ship's acceleration and deceleration on parametric roll motion in regular head waves at resonance conditions 査読

    Pesman E.

    Ocean Engineering   291   2024年01月( ISSN:00298018

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.oceaneng.2023.116367

  • ガウス過程回帰を用いた波力発電装置の運動モデルの構築 査読

    梅田 隼, 谷口 友基, 片山 徹

    日本船舶海洋工学会論文集   38   117 - 125   2023年12月( ISSN:1880-3717

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Accurate dynamic models of wave energy converters are essential for the design of these devices. To create an accurate model, it is necessary to consider not only the free surface effects of water but also the mechanical friction forces and cogging forces of the power takeoff system. Nevertheless, these are hard to calculate theoretically. Consequently, this study addresses the development of a nonparametric dynamic model that can consider complicated forces, such as mechanical friction forces and cogging forces of a power take-off system. A regression model using a Gaussian regression process was developed to estimate the heaving displacement and velocity of a wave energy converter based on the data measured in tank tests. This regression model predicted the generated output power more accurately than a numerical simulation model based on the system identification. Additionally, it was shown that the accuracy of the regression model does not decrease significantly as the observed noise in the training data increases. An accurate dynamic model of wave energy converters based on measured data can be used for a wide range of applications, including the development of new control methods, evaluation of power production, and estimation of the maximum displacement of wave energy converters.

    DOI: 10.2534/jjasnaoe.38.117

  • 運動拘束を持つ浮体式波力発電装置の状態方程式の導出と非線形モデル予測制御を適用した数値シミュレーション 査読

    谷口 友基, 藤原 敏文, 梅田 隼, 片山 徹

    日本船舶海洋工学会論文集   ( 38 )   51 - 63   2023年12月( ISSN:1880-3717

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2534/jjasnaoe.38.51

  • LSTM-BASED MODEL PREDICTIVE CONTROL for MOTION STABILIZED PLATFORM of DOPPELAR LIDAR for OFFSHORE WIND OBSERVATION 査読

    Kinugasa M.

    Proceedings of the International Conference on Offshore Mechanics and Arctic Engineering - OMAE   4   2023年06月( ISBN:9780791886861

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1115/omae2023-108083

  • PROPOSAL for MOTION STABILIZED PLATFORM of DOPPLER LIDAR for OFFSHORE WIND OBSERVATION and ITS VALIDATION 査読

    Yamamoto Y.

    Proceedings of the International Conference on Offshore Mechanics and Arctic Engineering - OMAE   4   2023年06月( ISBN:9780791886861

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1115/omae2023-104685

  • 浮体式洋上風況観測システム「Buoy Lidar」の摩耗予測と摩耗低減に関する研究 査読

    山本 裕介, 後藤 正洋, 小玉 亮, 谷口 友基, 片山 徹

    日本船舶海洋工学会論文集   37   27 - 36   2023年06月( ISSN:1880-3717

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2534/jjasnaoe.37.27

  • Study on Short-term Prediction of Roll in Beam Sea 招待 査読

    Toru Katayama, Mai Kankaku, Atsuo Maki, Kei Sugimoto, Yusuke Fukumoto

    Contemporary Ideas on Ship Stability : From Dynamics to Criteria edited by Kostas J. Spyrou, Vadim L. Belenky, Toru Katayama, Igor Bačkalov, Alberto Francescuttο,   2023年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   国際・国内誌:国際誌  

  • Study on Bilge Keel Component of Roll Damping for Non-Periodic Motion 招待 査読

    Jun Umeda, Toru Katayama, Hirotada Hashimoto, Burak Yıldız

    Contemporary Ideas on Ship Stability : From Dynamics to Criteria edited by Kostas J. Spyrou, Vadim L. Belenky, Toru Katayama, Igor Bačkalov, Alberto Francescuttο   2023年04月

  • Influences of Gap Flow on Air Resistance Acting on a Large Container Ship 査読 国際共著

    Nguyen V.T.

    Journal of Marine Science and Engineering   11 ( 1 )   160 - 160   2023年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/jmse11010160

  • 洋上風況観測のためのドップラーライダー用動揺吸収台とその制御手法の提案

    山本 裕介, 絹笠 瑞基, 森田 万葉, 片山 徹

    日本船舶海洋工学会論文集   36 ( 0 )   31 - 39   2022年12月( ISSN:18803717

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   国際・国内誌:国内誌  

    <p>It is necessary to obtain actual wind state at the sea area where offshore wind farm will be constructed to realize its profitability and safety. Our research group has been investigating methods to reduce motion of floating platform caused by wave, wind, current for offshore wind observations by Doppler Lidar, and has proposed a spar-buoy with ring-fin motion stabilizer. However, the spar-buoy is not small, therefore it requires high installation cost. As another method, in this study, a controlled rigid body swing as a motion stabilized platform to place on floating structure is investigated numerically. First, a single pendulum type motion stabilized platform on a spar-buoy type floating plat form with a tension-moored is proposed, and its motion mechanism is clarified. Based on the results, a counter-weight type motion stabilized platform is proposed, which is an improvement of the single pendulum type, and the effectiveness in reducing motion is confirmed. Furthermore, the counter-weight type motion stabilized platform is adjusted so that it has no restoring moment, and further motion reduction is confirmed by using skyhook spring. Finally, it is confirmed that the motion reduction effects are also sufficient when the motion stabilized platform is mounted on a discus-type floating platform.</p>

    DOI: 10.2534/jjasnaoe.36.31

  • CFDによる柱状滑走体周りの流れの縮尺影響の調査 査読

    片山徹, 山口航平, 名波辰樹, 梅田隼, 大関昌平, 曽我匡統, 渡辺敏夫

    日本船舶海洋工学会論文集   ( 36 )   1 - 13   2022年12月( ISSN:1880-3717

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • MOTION PERFORMANCE of MINIATURIZED SPAR-BUOY with RING-FIN MOTION STABILIZER for WIND OBSERVATIONS by DOPPLER LIDAR and DEVELOPMENT of STABILIZED PLATFORM to MOUNT the DOPPLER LIDER 査読

    Yusuke Yamamoto, Mizuki Kinugasa, Mayo Morita, Toru Katayama

    Proceedings of the International Conference on Offshore Mechanics and Arctic Engineering - OMAE   4   2022年06月( ISBN:9780791885888

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1115/omae2022-78175

  • Kaneの方程式を用いた浮体式ポイントアブソーバー型波力発電装置の定式化と波浪中運動評価 査読

    谷口 友基, 藤原 敏文, 梅田 隼, 二村 正, 片山 徹

    日本船舶海洋工学会論文集   35 ( 0 )   65 - 76   2022年06月( ISSN:18803717

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    <p>In this paper, we derive the equations of longitudinal motion for a floating point absorber type wave energy converter (FPAWEC) by Kane's equation. Since FPAWECs have a nonholonomic constraint, we selected Kane's equation which is based on the principle of virtual power. The time-domain motion equations of the FPAWEC with several control strategies were developed and its motion evaluations were conducted in regular and irregular waves. The motion evaluation results were reasonably consistent with the measured ones, both in regular and irregular waves. The dominant pitch motion in irregular waves was observed around pitch natural frequency. Using the derived equations, we investigated the pitch moment components and found that the pitch moment on the float had the largest contributions to pitching motion with the pitch natural frequency.</p>

    DOI: 10.2534/jjasnaoe.35.65

  • CFDによる柱状滑走体の流体力計算ーステップ付柱状滑走体と実船サイズの柱状滑走体ー

    片山徹, 山口航平, 大関昌平, 曽我匡統, 渡辺敏夫

    日本船舶海洋工学会講演論文集 雑誌   ( 33 )   491 - 494   2021年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 船外機付き滑走艇の加速発進シミュレーション

    片山徹, 絹笠瑞基, 河添修平, 南葉正浩

    日本船舶海洋工学会講演論文集 雑誌   ( 33 )   181 - 185   2021年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 横横揺れ減衰力造渦成分の回転中心高さと浅喫水影響-池田の方法の造渦成分推定式の訂正と改良-

    片山徹, 吉田尚史, 山本裕介, 柏木正, 池田良穂

    日本船舶海洋工学会講演論文集 雑誌   ( 33 )   187 - 190   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 姿勢安定装置付きスパーブイの小型化による波浪中運動特性

    山本裕介, 片山徹, 橋本博公,後藤正洋

    日本船舶海洋工学会講演論文集 雑誌   ( 33 )   375 - 379   2021年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effects of Design Parameter on Occurrence of Snap Load and Wear of Mooring Line for Spar-Buoy With Ring-Fin Motion Stabilizer for Shallow Sea 査読

    Yusuke Yamamoto, Taishi Morimoto, Toru Katayama, Masahiro Goto, Ryo Kodama

    Volume 5: Ocean Space Utilization   2021年06月( ISBN:9780791885154

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Abstract

    The purpose of this study is to propose an optimal design method of the spar-buoy with ring-fin motion stabilizer for shallow sea and its mooring system, in order to avoid the occurrence of snap load. The mechanism of occurrence of snap load is investigated by model tests, and design parameters for avoiding the occurrence of snap load are investigated. From the observation of model’s motion, it has been realized that the snap load is caused by the tension of mooring line to stop the buoy’s horizontal motion, which relaxes the mooring line. Moreover, it has been confirmed that the horizontal motion is caused by the horizontal forces acting on the center pipe and float of the buoy, which relates to the acceleration component of wave excitation forces.

    In this paper, the effects of changing of design of the buoy (: diameter of center pipe and float, size of stabilizer, density of the buoy, length of mooring line) on avoiding or reducing snap load are investigated by using a numerical simulation (OrcaFlexver.11.0b), and the wear amounts are also estimated by using an empirical method (Takeuchi et al., 2019). From the results, it is confirmed that changing the buoy’s motion mode by shortening mooring line is effective to avoiding the occurrence of snap load, and to reduce the wear amount of the mooring line.

    DOI: 10.1115/omae2021-62337

  • 並進動揺型波力発電装置を対象とした実時間最適制御法の水槽模型試験による検証 査読

    谷口友基(学生), 藤原敏文, 梅田 隼(学生),二村 正, 片山 徹

    日本船舶海洋工学会論文集 雑誌   ( 33 )   247 - 256   2021年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characteristics of Roll Damping of Pure Car Carrier and Liquefied Natural Gas Carrier and Applicability of Ikeda’s Method with some Modifications 査読

    Toru Katayama, Mai Kankaku, Burak Yildiz, Kei Sugimoto, Yusuke Fukumoto

    Proceedings of the 1st International Conference on the Stability and Safety of Ships and Ocean Vehicles (STAB&S2021) 雑誌   1 - 12   2021年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • EFFECTS OF DESIGN PARAMETER ON OCCURRENCE OF SNAP LOAD AND WEAROF MOORING LINE FOR SPAR-BUOY WITH RING-FIN MOTION STABILIZER FOR SHALLOW SEA 査読

    Yusuke Yamamoto, Taishi Morimoto, Toru Katayama, Masahiro Goto, Ryo Kodama

    Proceedings of the ASME 2021 40th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering (OMAE2021) 雑誌 ASME   1 - 12   2021年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 浅海域用姿勢安定装置付きスパーブイの潮流および波中定傾斜発生のメカニズムとその改善方法 査読

    山本裕介(学生), 片山 徹, 森本大嗣, 谷口友基(学生), 橋本博公, 後藤正洋

    日本船舶海洋工学会論文集 雑誌   ( 33 )   231 - 246   2021年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characteristics of Roll Damping of Pure Car Carrier and Liquefied Natural Gas Carrier and Applicability of Ikeda’s Method with some Modifications 査読

    Toru Katayama, Mai Kankaku, Burak Yildiz, Kei Sugimoto, Yusuke Fukumoto

    Proceedings of the 1st International Conference on the Stability and Safety of Ships and Ocean Vehicles,   2021年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • Theoretical determination of asymmetric rolling amplitude in irregular beam seas 査読

    Atsuo Maki, Leo Dostal, Yuuki Maruyama, Masahiro Sakai, Toru Katayama, Kei Sugimoto, Yusuke Fukumoto, Naoya Umeda

    Journal of Marine Science and Technology 雑誌 Springer   1 - 12   2021年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 浅海域用姿勢安定装置付きスパーブイの潮流および波中定傾斜発生のメカニズムとその改善方法 査読

    山本 裕介, 片山 徹, 森本 大嗣, 谷口 友基, 橋本 博公, 後藤 正洋

    日本船舶海洋工学会論文集   33   231 - 246   2021年( ISSN:1880-3717

     詳細を見る

    <p>The main topics of this paper are the motion characteristics of a spar-buoy. Motion measurements for the spar-buoy with and without a ring-fin motion stabilizer in currents and waves were carried out at the circular water channel and the towing tank of Osaka Prefecture University, to investigate the characteristics of its motion. Motion amplitude of the spar-buoy with the stabilizer is much smaller than the spar-buoy without the stabilizer, however, the spar-buoy with the stabilizer causes the inclination that means a time average value of motion and the inclination becomes larger according to increase in wave height. On the other hand, from the results in currents, the inclination of the spar-buoy with the stabilizer is much smaller than the results of the spar-buoy without the stabilizer, however, it is found that there is clear possibility that it has multi-balanced-inclinations for higher current velocity than the designed current velocity. The mechanisms of these unexpected phenomena were investigated, and it is indicated that they can be avoided to optimize cross-section shape of the stabilizer to change its characteristics of hydrodynamics.</p>

    DOI: 10.2534/jjasnaoe.33.231

    CiNii Article

  • 並進動揺型波力発電装置を対象とした実時間最適制御法の水槽模型試験による検証 査読

    谷口 友基, 藤原 敏文, 梅田 隼, 二村 正, 片山 徹

    日本船舶海洋工学会論文集   33   247 - 256   2021年( ISSN:1880-3717

     詳細を見る

    <p>Real-time implementation of a nonlinear model predictive control (NMPC) for a point absorber type wave energy converter (PAWEC) with a tubular air cored permanent magnet generator is experimentally validated through tank model tests. The control inputs of the NMPC were updated by the differential equation to trace the solution of an associated two-point boundary-value problem. Two conventional control strategies, the resistive load control and the approximate complex-conjugate control with considering the copper loss (ACL), and the NMPC were implemented to the PAWEC model. The floater heave motion, control force of the generator, and power generation characteristics were compared in these control strategies. The power generation performance of the NNPC was the same level of that of the ACL in regular and irregular waves. The sensitivities to the linear viscous damping estimation error and to the wave excitation force estimation error in the NMPC were experimentally evaluated by the tank model tests.</p>

    DOI: 10.2534/jjasnaoe.33.247

    CiNii Article

  • Theoretical determination of asymmetric rolling amplitude in irregular beam seas 査読

    Maki, A., Dostal, L., Maruyama, Y., Sakai, M., Katayama, T., Sugimoto, K., Fukumoto, Y., Umeda, N.

    Journal of Marine Science and Technology (Japan)   27 ( 1 )   40 - 51   2021年( ISSN:0948-4280

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A methodology for predicting the probability density function of roll motion for irregular beam seas is developed in the author’s previous research. In this paper, two methods for the prediction of the probability density function (PDF) of the rolling amplitude are examined. One of these methods is an approach based on a non-Gaussian PDF with the use of the equivalent linearization and the moment method, which has been used by Maki in the field of naval architecture. In the framework of this method, the instantaneous joint PDF of the roll and roll rate can be calculated. Thereby, the transformation from the joint PDF to the PDF of the total energy H is necessary. In this paper, the transformation from the joint PDF of instantaneous roll and rate to the PDF of H was conducted. The other method is the energy-based stochastic averaging method, whereby the PDF of the total energy H is determined from which the roll amplitude is calculated. It is noteworthy that the proposed theory aims to predict the PDF of the amplitude of the vessel due to wind or flooding. For such conditions, the restoring curve (GZ curve) has asymmetricity. To take into account this asymmetricity, a new theory for the transform of the PDF of the total energy H to the PDFof amplitude is proposed. The obtained theoretical results show almost complete agreement, and both of the two theoretical methods i.e., the energy-based stochastic averaging method and the non-Gaussian PDF method with the use of the equivalent linearization and moment method, show equivalent prediction performance even in the asymmetric condition.

    DOI: 10.1007/s00773-021-00810-4

  • 波力発電装置の陸上試験装置の開発と実時間最適制御法の検証 査読

    谷口 友基, 藤原 敏文, 梅田 隼, 二村 正, 片山 徹

    日本船舶海洋工学会論文集   32 ( 32 )   99 - 108   2020年12月( ISSN:1880-3717

     詳細を見る

    <p>The onshore bench test system consisting of two linear shaft motors is produced to emulate the wave energy converter (WEC) motion in waves, control force, and power generation under different control strategies. Two conventional control strategies, the resistive load control (RL)and the approximate complex-conjugate control with considering the copper loss (ACL), and an optimal control strategy, that is, the nonlinear model predictive control (NMPC), were implemented to the onshore bench test system. The measured motion of the test system, control force, and power generation are good agreement with the calculated ones in the simulated regular waves conditions. In the simulated irregular waves conditions, the measured motion of the system and control force are reasonably consistent with the calculated ones. The NMPC is able to finish the optimal calculations less than 50 ms in the tested cases in this paper. It is confirmed from the onshore bench tests that the calculation iteration number of the NMPC increased as the control input was approaching to the input constraints.</p>

    DOI: 10.2534/jjasnaoe.32.99

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 波力発電装置の陸上試験装置の開発と実時間最適制御法の検証 査読

    谷口友基, 藤原敏文, 梅田隼, 二村正, 片山 徹

    日本船舶海洋工学会論文集 雑誌 日本船舶海洋工学会   ( 32 )   99 - 106   2020年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Motion Characteristics of a Spar-Buoy With Ring-Fin Motion Stabilizer in Deep Sea 査読

    Toru Katayama, Yusuke Yamamoto, Taishi Morimoto, Masahiro Goto

    Volume 5: Ocean Space Utilization   2020年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Abstract

    The main topics of this paper is the investigation of motion characteristics of the spar-buoy with ring fin motion stabilizer, which is developed to use as a platform for wind observation with a doppler lidar in shallow sea, some mooring conditions to apply it for deep sea. Four different mooring conditions are applied the spar-buoy and it motion in a designed sever wave condition are measured in the towing tank of Osaka Prefecture University.

    The results show that the amplitude of pitching in deep sea is smaller than the results in shallow sea, even if the wave condition in deep sea are severer than that in shallow sea. From further investigation about the effects of four different mooring conditions on motion characteristics, it has that the center of pitching at four mooring conditions are almost same but the amplitude of pitching is smaller by changing the mooring point and the intermediate sinker position.

    DOI: 10.1115/omae2020-18595

  • 自動車運搬船と液化天然ガス運搬船の横揺れ減衰力特性と池田の方法の適用性について 査読

    片山徹,高崎義憲,足立俊哉,勘角真依,杉本圭,福元佑輔

    日本船舶海洋工学会論文集 雑誌 日本船舶海洋工学会   ( 31 )   83 - 92   2020年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 自動車運搬船と液化天然ガス運搬船の横揺れ減衰力特性と池田の方法の適用性について 査読

    片山 徹, 高崎 義憲, 足立 俊哉, 勘角 真依, 杉本 圭, 福元 佑輔

    日本船舶海洋工学会論文集   31   83 - 92   2020年( ISSN:1880-3717

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    <p>It is important for the safety of ship in waves to understand its roll characteristics at the design stage. However, it is not easy to estimate roll accurately, because the viscous effects on roll damping affect significantly roll near its resonance frequency. For that purpose, it is significant to estimate roll damping accurately. As one of prediction methods of the viscous effects, Ikeda's method is well-known. However, it is pointed out by Tanaka et al. (1981) that the method overestimates the roll damping when the method is applied to a ship with shallow draught. On the other hand, with the recent enlargement and specialization of merchant ship, its breadth has increased compared to the hull form at the time when Ikeda's method was developed, and its height of the center of gravity has increased relative to draft. Therefore, when Ikeda's method is applied to such hull form, there is a concern that the estimation accuracy will deteriorate.</p><p>In this study, the characteristics of roll damping for two hull types (PCC: Pure Car Carrier and LNGC: Liquefied Natural Gas Carrier) with shallower draft and higher center of gravity compared to the ships which existed when Ikeda's method was developed, are investigated experimentally. The measured results are compared with the results of Ikeda's method to confirm the estimation accuracy and its characteristics, and the results of investigating the difference of them are reported.</p>

    DOI: 10.2534/jjasnaoe.31.83

    CiNii Article

  • NUMERICAL AND EXPERIMENTAL CALCULATION OF ROLL AMPLITUDE EFFECT ON ROLL DAMPING 査読

    Burak Yıldız, Bekir Şener, Ahmet Yurtseven, Toru Katayama

    Shipbuilding 雑誌   ( 70 )   2019年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effects of half Breadth to Draught ratio of Hull under Water Surface on Bilge-keel Roll Damping Component 査読

    Toru Katayama, Masaki Matsuoka, Toshiya Adachi, Kazuki Ikushima

    Ocean Engineering 雑誌   ( 188 )   2019年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characteristics of Rolling with Drift in Regular Beam Sea for Small Hard-chine Craft at Rest 査読

    Toru Katayama, Mai Kankaku; Atsuo Maki; Mina Adachi, Nobuo Nishiyama

    Ocean Engineering 雑誌   ( 188 )   2019年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • An Experimental Study on Characteristics of Rolling in Head Waves for a Vessel with Nonlinear GZ-curve 招待 査読

    Toru Katayama, Shugo Miyamoto, Hirotada Hashimoto, Yoshifumi Tai

    Contemporary Ideas on Ship Stability -Risk of Capsizing-, Fluid Mechanics and Its Applications   119   491 - 505   2019年01月( ISSN:0926-5112 ( ISBN:9783030005146

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-3-030-00516-0_29

  • Some topics for estimation of bilge keel component of roll damping 招待 査読

    Katayama, T., Yoshioka, Y., Kakinoki, T., Miyamoto, S., Ikeda, Y.

    Fluid Mechanics and its Applications   119   131 - 150   2019年( ISSN:0926-5112

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this paper, two topics of roll damping estimation are introduced. In these topics, bilge-keel component of roll damping is focused, because this component is generally most part of viscous roll damping. First topic is the bilge-keel component of roll damping under shallow draft and large amplitude roll motion, and an estimation method of the draft effects based on Ikeda’s method is proposed. Second topic is the bilge-keel component of roll damping under transitional and non-periodic rolling, an estimation method for time-domain simulation based on Ikeda’s method is introduced and its estimated results are compared with measured results of roll damping in irregular forced rolling.

    DOI: 10.1007/978-3-030-00516-0_8

  • Numerical and experimental calculation of roll amplitude effect on roll damping 査読

    Yıldız, B., Şener, B., Yurtseven, A., Katayama, T.

    Brodogradnja   70 ( 2 )   1 - 15   2019年( ISSN:0007-215X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Roll motion is still a challenging problem in naval architecture and an adequate prediction of this physical phenomenon is important because of its undesirable effects such as capsizing. There are several methods using linear potential theory to predict roll motion, such as strip method, however, the accuracy of the calculated results lag behind the accuracy of other degrees of freedom due to viscosity. Viscosity have an important effect on roll damping, especially near resonance, and as it is known, it is not included in potential flow methods. Vortex shedding is the main physical phenomena in viscous damping of the roll motion and it affects the flow velocity around the bilge. This may lead to pressure increase or decrease on the hull. In the present study, roll damping of a forced rolling hull with bilge keels at different roll amplitudes was calculated numerically by using an Unsteady Reynolds-averaged Navier-Stokes (URANS) solver. For the purpose of validation, forced roll experiments were carried out and the results were plotted next to numerical results. The generated vortices around the hull and bilge keel were observed in the URANS calculations. In the case of large roll amplitude motion, the vortex shedding from the bilge keel interacts with the free surface and leads to decrease on roll damping.

    DOI: 10.21278/BROD70201

  • Effects of half breadth to draught ratio of hull under water surface on bilge-keel roll damping component 招待 査読

    Katayama, T., Matsuoka, M., Adachi, T., Ikushima, K.

    Ocean Engineering   188   2019年( ISSN:0029-8018

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Roll amplitudes of parametric roll in regular head waves are sometimes underestimated by motion calculations including Ikeda's roll damping prediction method, especially for the case of the large roll amplitude caused by high wave height. In this case, generally the ship has significant relative draught changing because of its heave and pitch. It may be said that the effects of the change in relative draught on roll damping is significant. However, in Ikeda's prediction method, the bilge-keel component which is the largest component of total roll damping does not take the effects of draught. As the effects of draught, there are at least two related significant effects on the bilge-keel roll damping component not fully considers for developing Ikeda's prediction method. They are the effects of underwater hull aspects (: half breadth to draught ratio) and the free surface effects. In this study, as a first attempt, the effects of draught on the bilge-keel component are investigated experimentally and numerically by using a 2-dimensional model. And a prediction model of the effects of draught on bilge-keel component to collect Ikeda's prediction method is proposed. Moreover, the calculated results by the proposed method are compared with some measured data including the effects of draught and its validity is confirmed.

    DOI: 10.1016/j.oceaneng.2019.106283

  • Characteristics of rolling with drift in regular beam sea for small hard-chine craft at rest 招待 査読

    Katayama, T., Kankaku, M., Maki, A., Adachi, M., Nishiyama, N.

    Ocean Engineering   188   2019年( ISSN:0029-8018

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The characteristics of rolling with drift in regular beam sea for a small hard-chine craft at rest is investigated experimentally, and modification of a strip method with Ikeda's roll damping prediction method for hard-chine boat (Ikeda et al., 1990) is proposed. From the comparison between calculated and measured RAO of rolling, it is confirmed that the calculation overestimates roll amplitude at the condition where wave encounter period is shorter than its roll natural period, especially. The reasons of overestimation are investigated and it is confirmed that the coupling viscous roll moment from swaying cannot be ignored for small hard-chine craft for shorter wave period than its roll natural period. Because the roll natural period is shorter than that of a conventional displacement type vessel and its resonant wavelength is short comparing with its breadth, therefore its swaying can't follow orbital motion of wave, then coupling viscous roll moment from swaying becomes significant. Moreover, as another reason of the overestimation, the estimation accuracy of wave exciting roll moment is investigated and it is recommended that the diffraction potential should be solved under strict satisfying the body boundary condition for short wave length (λ/B < 7.0).

    DOI: 10.1016/j.oceaneng.2019.106276

  • 小型高速旅客船の不規則向波中上下加速度に関する研究 査読

    片山徹,天野遼介

    日本船舶海洋工学会論文集 雑誌 日本船舶海洋工学会   ( 23 )   2016年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 非定常横揺れ時の減衰力に関する研究―ビルジキール成分の履歴影響― 査読

    梅田隼,片山徹

    日本船舶海洋工学会論文集 雑誌 日本船舶海洋工学会   ( 23 )   2016年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effect of vortex shedding and free surface interaction on roll damping due to large amplitude roll motion

    Burak Yıldız, Ahmet Yurtseven, Toru Katayama

    Proceedings of 15th International Ship Stability Workshop 雑誌   173 - 182   2016年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 航走する滑走艇の横揺れ減衰力鉛直方向揚力成分推定法に関する研究

    片山徹、澤江 智央

    日本船舶海洋工学会講演論文集 雑誌 日本船舶海洋工学会   ( 22 )   221 - 224   2016年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 小型ボートを用いた波浪計測法の検討

    片山徹,足達 美奈

    日本船舶海洋工学会講演論文集 雑誌 日本船舶海洋工学会   ( 22 )   69 - 72   2016年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • URANS prediction of roll damping for a ship hull section at shallow draft 査読

    Burak Yıldız, Ferdi C¸ akıcı, Toru Katayama, Hu¨seyin Yılmaz

    Journal of Marine Science and Technology 雑誌 JASNAOE   ( 21 )   48 - 56   2016年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Development of a motion stabilizer for a Shallow Sea Area Spar Buoy in Wind, Tidal Current and Waves 査読

    Toru Katayama, Kazuki Hashimoto, Hiroshi Asou, Shigenori Komori

    Journal of Ocean and Wind Energy 雑誌 The International Society of Offshore and Polar Engineers   ( 2 )   182 - 192   2015年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A Study on the Characteristics of Self-propulsion Factors of Planing Craft with Outboard Engine 査読

    Toru Katayama, Yoshitaka Nishihara, Takuya Sato

    Transactions 2012 雑誌 THE SOCIETY OF NAVAL ARCHITECTS AND MARINE ENGINEERS   133 - 145   2012年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 小型模型を用いた高速滑走艇の自由航走試験システムの開発

    片山徹、橋本翼

    日本船舶海洋工学会講演論文集 雑誌 日本船舶海洋工学会   ( 15 )   187 - 190   2012年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Tank Tests to estimate onset of Dynamic Instabilities of High-Speed Planing Craft 査読

    Toru Katayama, Tomoki Taniguchi and Kazuya Habara

    Transactions 2011 雑誌 THE SOCIETY OF NAVAL ARCHITECTS AND MARINE ENGINEERS   106 - 121   2011年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A Study on Transverse Stability Loss of Planing craft at Super High Forward Speed 査読

    oru Katayama, Masashi Fujimoto and Yoshiho Ikeda

    International Shipbuilding Progress 雑誌   ( 54 )   365 - 377   2007年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Contemporary Ideas on Ship Stability 査読

    池田良穂,片山 徹

      著書 ELSEVIER SCIENCE Ltd, UK   2000年12月

  • Contemporary Ideas on Ship Stability 査読

    池田良穂,奥村英晃,片山 徹

      著書 ELSEVIER SCIENCE Ltd, UK   2000年12月

  • Mathematical, Physical & Engineering Sciences, Philosophical Transactions of The Royal Society, series A, vol.358, no.1771 査読

    池田良穂,片山 徹

      著書 The Royal Institution of Naval Architects, UK   2000年12月

▼全件表示

書籍等出版物

  • Ship geometry and fundamentals of hydrostatics, Naval architecture and ocean engineering series ; 1

    Yoshiho Ikeda, Yoshitaka Furukawa, Toru Katayama, Tokihiro Katsui, Motohiko Murai, Satoru Yamaguchi( 担当: 共著)

    成山堂書店  2018年08月  ( ISBN:978-4-425-71436-0

     詳細を見る

    担当ページ:91-134  

  • 船舶海洋工学シリーズ①船舶算法と復原性

    池田良穂,古川芳孝,片山徹,勝井辰博,村井基彦,山口悟( 担当: 共著)

    成山堂書店  2012年04月  ( ISBN:978-4-425-71431-5

     詳細を見る

    担当ページ:91-133  

  • 船舶用CADシステム

    池田良穂,片山徹( 担当: 共著)

    船と港編集室  2001年 

     詳細を見る

    担当ページ:1-118  

  • PC9800で使う小型船舶用CADシステム

    池田良穂,大石剛央,高田 浩,横溝幸治,片山 徹( 担当: 共著)

    船と港編集室  1991年07月  ( ISBN:978-4-8072-7053-2

     詳細を見る

    担当ページ:1-200  

MISC(その他記事)

  • 世界のハイテク船舶 : 風と太陽光を駆使してゼロエミッションをめざす

    片山 徹

    Newton = ニュートン : graphic science magazine   44 ( 3 )   54 - 65   2024年03月( ISSN:0286-0651

     詳細を見る

  • CFD を用いた船外機付き滑走艇の推進器作動による船体および船外機ロワーハルに作用する流体力への影響調査

    片山徹, 名波辰樹, 谷口友基, 大関昌平, 渡辺敏夫

    日本船舶海洋工学会講演論文集   ( 37 )   607 - 613   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 船外機付き小型ボートの自由航走模型試験システムの開発

    片山徹, 小倉魁一, 絹笠瑞基, 谷口友基

    日本船舶海洋工学会講演論文集   ( 37 )   379 - 381   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 船外機付き小型ボートの低速走行時推力舵力特性に関する研究

    片山徹, 山内星徳, 畠中浩行, 小倉魁一, 絹笠瑞基, 谷口友基

    日本船舶海洋工学会講演会論文集   ( 37 )   373 - 378   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 干渉影響を考慮した船体付2 翼帆の最適迎角に関する研究

    安田茜, 谷口友基, 片山徹

    日本船舶海洋工学会講演論文集   ( 37 )   261 - 268   2023年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • ガウス過程回帰モデルを用いた波力発電装置の周波数応答解析

    梅田隼, 谷口友基, 片山徹

    日本船舶海洋工学会講演論文集   ( 37 )   733 - 737   2023年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Numerical Simulation Strategy of Full-scale Ship Roll Decay Motion

    Nguyen Thi Ha Phuong, Tomoki Taniguchi, Toru Katayama

    日本船舶海洋工学会講演論文集   ( 37 )   365 - 371   2023年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Effects of the Bilge Keel Shape on Roll Damping

    Hasan Islam Copuroglu, Emre Peşman, Toru Katayama

    Proceedings of the 4th International Naval Architecture and Maritime Symposium (INT-NAM2023)   1 ( 1 )   857 - 867   2023年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Effects of half breadth to draught ratio on pressure distribution on hull caused by bilge-keels 招待

    Toru Katayama, Naofumi Yoshida

    Proceedings of the 19th International Ship Stability Workshop   15 - 21   2023年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Experimental investigation of wave excitation roll moment in irregular beam waves 招待

    Toru Katayama, Yusuke Yamamoto, Atsuo Maki, Kei Sugimoto

    Proceedings of the 19th International Ship Stability Workshop   23 - 26   2023年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Experimental and numerical investigation of viscous effects on parametric roll motion 招待

    Hasan Islam Copuroglu, Emre Peşman, Hiroki Morota, Naofumi Yoshida, Yusuke Yamamoto, Toru Katayama

    Proceedings of the 19th International Ship Stability Workshop   27 - 33   2023年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 設計波決定法の見直しと提案

    山本 裕介, 後藤 正洋, 小玉 亮, 谷口 友基, 片山 徹

    日本船舶海洋工学会講演会論文集   ( 36 )   373 - 374   2023年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14856/conf.36.0_373

  • 洋上風況観測のためのドップラーライダー用動揺吸収台の小型模型実験と軸受け摩擦トルクの影響

    片山 徹, 諸田 大輝, 山本 裕介, 絹笠 瑞基

    日本船舶海洋工学会講演会論文集   ( 36 )   411 - 412   2023年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14856/conf.36.0_411

  • DNNを⽤いた⼩型ボートの低速操縦運動推定

    絹笠瑞基, 山内星徳, 畠中浩行, 寺田大介, 片山徹

    日本船舶海洋工学会講演論文集   ( 36 )   337 - 338   2023年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14856/conf.36.0_337

  • LSTMを用いた小型高速旅客船の不規則向波中上下加速度の時系列予測

    絹笠瑞基, 寺田大介, 片山徹

    日本船舶海洋工学会講演論文集   ( 35 )   405 - 407   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   国際・国内誌:国際誌  

  • ビルジキールによる船体表面圧力分布の回転中心高さ影響

    片山徹, 吉田尚史

    日本船舶海洋工学会講演論文集   ( 35 )   429 - 432   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • 洋上風況観測のためのドップラーライダー用動揺吸収台とその制御方法の提案

    山本裕介, 絹笠瑞基, 森田万葉, 片山徹

    日本船舶海洋工学会講演論文集   ( 35 )   597 - 600   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

  • 小型ボート低速走行時の操縦流体力特性について

    林克典, 畠中浩行, 片山徹

    日本船舶海洋工学会講演論文集   ( 35 )   409 - 414   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   国際・国内誌:国内誌  

  • 不規則波中で小型高速船に生じるスパイク状加速度の予測

    寺田大介, 絹笠瑞基, 片山徹, 平川嘉昭

    日本船舶海洋工学会講演論文集   ( 35 )   405 - 407   2022年11月

  • Calculation of Hydrodynamics Forces acting on Prismatic Planing Surface by CFD 査読

    Toru Katayama, Kohei Yamaguchi, Tatsuki Nanami, Jun Umeda, Shohei Ozeki, Masatsugu Soga, Toshio Watanabe

    15th International Symposium on Practical Design of Ships and Other Floating Structures PRADS 2022   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • Development of Acceleration Simulation from Rest of Planing Craft with Outboard Engine by using Time History Input Data of Engine Torque 査読

    Toru Katayama, Mizuki Kinugasa, Masahiro Nannba

    15th International Symposium on Practical Design of Ships and Other Floating Structures PRADS 2022   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • LSTMを用いた姿勢安定装置付きスパーブイの不規則波中動揺予測に関する検討—Study on Motion Prediction of Spar-Buoy with Ring Fin Motion Stabilizer in Irregular Wave using LSTM

    絹笠 瑞基, 山本 裕介, 森田 万葉, 寺田 大介, 片山 徹

    日本船舶海洋工学会講演会論文集 Conference proceedings, the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers   ( 34 )   411 - 414   2022年05月( ISSN:2185-1840

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   国際・国内誌:国内誌  

  • CFDによる船外機付き滑走艇の流体力特性に関する研究—Study on Characteristics of Hydrodynamic Forces of Planing Craft with Outboard Engine by using CFD

    片山 徹, 名波 辰樹, 大関 昌平, 曽我 匡統, 渡辺 敏夫

    日本船舶海洋工学会講演会論文集 Conference proceedings, the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers   ( 34 )   315 - 319   2022年05月( ISSN:2185-1840

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • 横揺れ減衰力ビルジキール成分の自由表面影響 : 池田による直圧力成分推定法の改良—Free Surface Effects on Bilge-keel Component of Roll Damping : Modification of Normal Force Component of Ikeda's method

    片山 徹, 吉田 尚史, 山本 裕介

    日本船舶海洋工学会講演会論文集 Conference proceedings, the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers   ( 34 )   369 - 372   2022年05月( ISSN:2185-1840

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • 世界の最新船舶 : さらに進化をつづける,環境性能と輸送能力

    片山 徹

    Newton = ニュートン : graphic science magazine   42 ( 4 )   122 - 133   2022年04月( ISSN:0286-0651

  • CFDによる柱状滑走体の流体力計算—Calculation of Hydrodynamics Forces Acting on Prismatic Planing Surface by CFD

    片山 徹, 山口 航平, 曽我 匡統, 渡辺 敏夫

    Suzuki technical review   48   91 - 100   2022年03月

  • CFDによる柱状滑走体の流体力計算 : ステップ付柱状滑走体と実船サイズの柱状滑走体—Calculation of Hydrodynamics Forces Acting on Prismatic Planing Surface by CFD : Apply for Step Hull and Large Size Hull

    片山 徹, 山口 航平, 大関 昌平, 曽我 匡統, 渡辺 敏夫

    日本船舶海洋工学会講演会論文集 Conference proceedings, the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers   ( 33 )   491 - 494   2021年11月( ISSN:2185-1840

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    CiNii Article

  • 姿勢安定装置付きスパーブイの小型化による波浪中運動特性—Motion Characteristics of Spar-Buoy with Ring-Fin Motion Stabilizer in Waves by Miniaturization

    山本 裕介, 片山 徹, 橋本 博公, 後藤 正洋

    日本船舶海洋工学会講演会論文集 Conference proceedings, the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers   ( 33 )   375 - 379   2021年11月( ISSN:2185-1840

     詳細を見る

    担当区分:最終著者  

    CiNii Article

  • 船外機付き滑走艇の加速発進シミュレーション—Study on Acceleration Simulation of High-Speed Planing Craft with Outboard Engine from Rest

    片山 徹, 絹笠 瑞基, 河添 修平, 南葉 正浩

    日本船舶海洋工学会講演会論文集 Conference proceedings, the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers   ( 33 )   181 - 185   2021年11月( ISSN:2185-1840

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    CiNii Article

  • 横揺れ減衰力造渦成分の回転中心高さと浅喫水影響 : 池田の方法の造渦成分推定式の訂正と改良—Effects of Height of Center of Rolling and Shallow Draught on Eddy Making Component of Roll Damping : Correction and Modification of Eddy Making Component in Ikeda's Method

    片山 徹, 吉田 尚史, 山本 裕介, 柏木 正, 池田 良穂

    日本船舶海洋工学会講演会論文集 Conference proceedings, the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers   ( 33 )   187 - 190   2021年11月( ISSN:2185-1840

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    CiNii Article

  • CFDによる柱状滑走体の流体力計算

    片山徹, 山口航平, 曽我匡統, 渡辺敏夫

    日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)   ( 32 )   255 - 262   2021年( ISSN:2185-1840

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 信長の鉄甲船の復原性と波浪中横揺れ特性

    片山徹, 絹笠瑞基, 山本裕介, 立川英弘, 藤井尚夫

    日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)   ( 32 )   513 - 519   2021年( ISSN:2185-1840

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 船外機付小型滑走艇の高速操縦運動シミュレーション法に関する研究

    片山徹, 畠中浩行, 山上航太, 前野仁

    日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)   ( 32 )   501 - 506   2021年( ISSN:2185-1840

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 横波中横揺れの短期予測に関する研究

    片山徹, 勘角真依, 牧敦生, 杉本圭, 福元佑輔

    日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)   ( 32 )   507 - 511   2021年( ISSN:2185-1840

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 浅海域用緊張係留式姿勢安定装置付きスパーブイの係留系に関する研究 : 運動シミュレーションを用いたスナップ荷重発生回避法の検討—Study on Mooring line for a Spar-Buoy with Ring-Fin Motion Stabilizer for Shallow Sea : Consideration on Snap Load Avoidance by using Motion Simulation

    片山 徹, 森本 大嗣, 山本 裕介, 後藤 正洋

    日本船舶海洋工学会講演会論文集 Conference proceedings, the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers   ( 31 )   93 - 99   2020年11月( ISSN:2185-1840

     詳細を見る

  • 幅広浅喫水船対応横揺れ減衰力ビルジキール成分推定法 : 喫水,回転中心高さおよび自由表面のビルジキール直圧力への影響

    片山 徹, 足立 俊哉, 杉本 圭, 福元 佑輔

    日本船舶海洋工学会講演会論文集   ( 30 )   417 - 423   2020年05月( ISSN:2185-1840

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    CiNii Article

  • 深海域における姿勢安定装置付きスパーブイの運動特性

    片山 徹, 山本 裕介, 森本 大嗣, 後藤 正洋

    日本船舶海洋工学会講演会論文集   5 ( 29 )   153 - 156   2020年( ISSN:2185-1840 ( ISBN:9780791884362

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    CiNii Article

  • PCCおよびLNGCの横揺れ減衰力特性について

    片山 徹, 高崎 義憲, 足立 俊哉, 杉本 圭, 福元 佑輔

    日本船舶海洋工学会講演会論文集   ( 29 )   219 - 223   2019年11月( ISSN:2185-1840

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    CiNii Article

  • 浅海域用緊張係留式姿勢安定装置付きスパーブイの係留系に関する研究 : スナップ荷重の発生とその原因

    片山 徹, 森本 大嗣, 山本 裕介, 橋本 博公, 後藤 正洋

    日本船舶海洋工学会講演会論文集   ( 29 )   157 - 162   2019年11月( ISSN:2185-1840

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    CiNii Article

  • A perspective on theoretical estimation of stochastic nonlinear rolling

    A. Maki, Y. Maruyama, N. Umeda, Y. Miino, T. Katayama, M. Sakai, T. Ueta

    Proceedings of the 17th International Ship Stability Workshop   39 - 46   2019年06月

     詳細を見る

  • Study on short-term prediction of roll in beam sea

    T. Katayama, M. Kankaku, A. Maki, K. Sugimoto, Y. Fukumoto

    Proceedings of the 17th International Ship Stability Workshop   303 - 308   2019年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • 姿勢安定装置付きスパーブイの波浪中運動特性

    片山 徹, 山本 裕介, 森本 大嗣, 生島 一樹, 橋本 博公, 麻生 裕司

    日本船舶海洋工学会講演会論文集   ( 28 )   561 - 565   2019年06月( ISSN:2185-1840

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    CiNii Article

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 洋上風況観測のためのドップラーライダー用動揺吸収台とその制御方法の提案 国内会議

    山本裕介, 絹笠瑞基, 森田万葉, 片山徹

    日本船舶海洋工学会秋季講演会  2022年11月  日本船舶海洋工学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ビルジキールによる船体表面圧力分布の回転中心高さ影響 国内会議

    片山徹, 吉田尚史

    日本船舶海洋工学会秋季講演会  2022年11月  日本船舶海洋工学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小型ボート低速走行時の操縦流体力特性について 国内会議

    林克典, 畠中浩行, 片山徹

    日本船舶海洋工学会秋季講演会  2022年11月  日本船舶海洋工学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • LSTMを用いた小型高速旅客船の不規則向波中上下加速度の時系列予測 国内会議

    絹笠瑞基, 寺田大介, 片山徹

    日本船舶海洋工学会秋季講演会  2022年11月  日本船舶海洋工学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 不規則波中で小型高速船に生じるスパイク状加速度の予測 国内会議

    寺田大介,絹笠瑞基,片山徹,平川嘉昭

    日本船舶海洋工学会秋季講演会  2022年11月  日本船舶海洋工学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Development of Acceleration Simulation from Rest of Planing Craft with Outboard Engine by using Time History Input Data of Engine Torque 国際会議

    Toru Katayama, Mizuki Kinugasa, Masahiro Nannba

    15th International Symposium on Practical Design of Ships and Other Floating Structures PRADS 2022  2022年10月 

  • Calculation of Hydrodynamics Forces acting on Prismatic Planing Surface by CFD 国際会議

    Toru Katayama, Kohei Yamaguchi, Tatsuki Nanami, Jun Umeda, Shohei Ozeki, Masatsugu Soga, Toshio Watanabe

    15th International Symposium on Practical Design of Ships and Other Floating Structures PRADS 2022  2022年10月 

  • MOTION PERFORMANCE OF MINIATURIZED SPAR-BUOY WITH RING-FIN MOTION STABILIZER AND DEVELOPMENT OF STABILIZED PLATFORM TO EQUIP THE SPAR-BUOY WITH DOPPLER LIDAR 国際会議

    Yusuke Yamamoto, Mizuki Kinugasa, Mayo Morita, Toru Katayama

    the ASME 2022 41th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering (OMAE2022)  2022年10月 

  • 横揺れ減衰力ビルジキール成分の自由表面影響 国内会議

    片山徹,吉田尚史,山本裕介

    日本船舶海洋工学会春季講演会  2022年06月  日本船舶海洋工学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 横揺れ減衰力ビルジキール成分の自由表面影響 国内会議

    片山徹,吉田尚史,山本裕介

    日本船舶海洋工学会春季講演会  2022年06月  日本船舶海洋工学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • LSTMを用いた姿勢安定装置付きスパーブイの不規則波中動揺予測に関する検討 国内会議

    絹笠瑞基,山本裕介,森田万葉,寺田大介,片山徹

    日本船舶海洋工学会春季講演会  2022年06月  日本船舶海洋工学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • CFDによる船外機付き滑走艇の流体力特性に関する研究 国内会議

    片山徹,名波辰樹,大関昌平,曽我匡統,渡辺敏夫

    日本船舶海洋工学会春季講演会  2022年06月  日本船舶海洋工学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Correction of Eddy Making Component of Ikeda’s method and its Modification for Shallow Draught Effects 国際会議

    Toru Katayama, Naofumi Yoshida, Yusuke Yamamoto, Masashi Kashiwagi, Yoshiho Ikeda

    the 18th International Ship Stability Workshop  2022年06月 

  • Effects of Free Surface on Normal Force Component of Bilge-keel Roll Damping and Improvement of Ikeda’s method 国際会議

    Toru Katayama, Naofumi Yoshida, Yusuke Yamamoto

    the 18th International Ship Stability Workshop  2022年06月 

  • CFDによる柱状滑走体の流体力計算ーステップ付柱状滑走体と実船サイズの柱状滑走体ー 国内会議

    片山徹, 山口航平, 大関昌平, 曽我匡統, 渡辺敏夫

    日本船舶海洋工学会秋季講演会  2021年11月  日本船舶海洋工学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 船外機付き滑走艇の加速発進シミュレーション 国内会議

    片山徹, 絹笠瑞基, 河添修平, 南葉正浩

    日本船舶海洋工学会秋季講演会  2021年11月  日本船舶海洋工学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 横横揺れ減衰力造渦成分の回転中心高さと浅喫水影響-池田の方法の造渦成分推定式の訂正と改良- 国内会議

    片山徹, 吉田尚史, 山本裕介, 柏木正, 池田良穂

    日本船舶海洋工学会秋季講演会  2021年11月  日本船舶海洋工学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 姿勢安定装置付きスパーブイの小型化による波浪中運動特性 国内会議

    山本裕介, 片山徹, 橋本博公,後藤正洋

    日本船舶海洋工学会秋季講演会  2021年11月  日本船舶海洋工学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • EFFECTS OF DESIGN PARAMETER ON OCCURRENCE OF SNAP LOAD AND WEAROF MOORING LINE FOR SPAR-BUOY WITH RING-FIN MOTION STABILIZER FOR SHALLOW SEA 国際会議

    Yusuke Yamamoto, Taishi Morimoto, Toru Katayama, Masahiro Goto, Ryo Kodama

    the ASME 2021 40th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering (OMAE2021)  2021年06月  ASME

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Characteristics of Roll Damping of Pure Car Carrier and Liquefied Natural Gas Carrier and Applicability of Ikeda’s Method with some Modifications 国際会議

    Toru Katayama, Mai Kankaku, Burak Yildiz, Kei Sugimoto, Yusuke Fukumoto

    the 1st International Conference on the Stability and Safety of Ships and Ocean Vehicles  2021年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • CFD による柱状滑走体の流体力計算 国内会議

    片山 徹, 山口航平, 曽我匡統, 渡辺敏夫

    日本船舶海洋工学会春季講演会  2021年05月  日本船舶海洋工学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 信長の鉄甲船の復原性と波浪中横揺れ特性 国内会議

    片山 徹, 絹笠瑞基, 山本裕介, 立川英弘, 藤井尚夫

    日本船舶海洋工学会春季講演会  2021年05月  日本船舶海洋工学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 横波中横揺れの短期予測に関する研究 国内会議

    片山 徹, 勘角真依, 牧 敦生, 杉本 圭, 福元佑輔

    日本船舶海洋工学会春季講演会  2021年05月  日本船舶海洋工学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 船外機付小型滑走艇の高速操縦運動シミュレーション法に関する研究 国内会議

    片山 徹, 畠中浩行, 山上航太, 前野 仁

    日本船舶海洋工学会春季講演会  2021年05月  日本船舶海洋工学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • CFDによる柱状滑走体の流体力計算

    片山徹, 山口航平, 曽我匡統, 渡辺敏夫

    日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)  2021年 

  • 船外機付小型滑走艇の高速操縦運動シミュレーション法に関する研究

    片山徹, 畠中浩行, 山上航太, 前野仁

    日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)  2021年 

  • 横波中横揺れの短期予測に関する研究

    片山徹, 勘角真依, 牧敦生, 杉本圭, 福元佑輔

    日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)  2021年 

  • 信長の鉄甲船の復原性と波浪中横揺れ特性

    片山徹, 絹笠瑞基, 山本裕介, 立川英弘, 藤井尚夫

    日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)  2021年 

  • 幅広浅喫水船対応横揺れ減衰力ビルジキール成分推定法 : 喫水,回転中心高さおよび自由表面のビルジキール直圧力への影響

    片山 徹, 足立 俊哉, 杉本 圭, 福元 佑輔

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2020年05月  日本船舶海洋工学会

  • 深海域における姿勢安定装置付きスパーブイの運動特性

    片山 徹, 山本 裕介, 森本 大嗣, 後藤 正洋

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2020年  日本船舶海洋工学会

  • PCCおよびLNGCの横揺れ減衰力特性について

    片山 徹, 高崎 義憲, 足立 俊哉, 杉本 圭, 福元 佑輔

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2019年11月  日本船舶海洋工学会

  • 浅海域用緊張係留式姿勢安定装置付きスパーブイの係留系に関する研究 : スナップ荷重の発生とその原因

    片山 徹, 森本 大嗣, 山本 裕介, 橋本 博公, 後藤 正洋

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2019年11月  日本船舶海洋工学会

  • A perspective on theoretical estimation of stochastic nonlinear rolling

    A. Maki, Y. Maruyama, N. Umeda, Y. Miino, T. Katayama, M. Sakai, T. Ueta

    Proceedings of the 17th International Ship Stability Workshop  2019年06月 

  • 姿勢安定装置付きスパーブイの波浪中運動特性

    片山 徹, 山本 裕介, 森本 大嗣, 生島 一樹, 橋本 博公, 麻生 裕司

    日本船舶海洋工学会講演会論文集 Conference proceedings, the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers  2019年06月  日本船舶海洋工学会

  • Study on short-term prediction of roll in beam sea

    T. Katayama, M. Kankaku, A. Maki, K. Sugimoto, Y. Fukumoto

    Proceedings of the 17th International Ship Stability Workshop  2019年06月 

  • 小型ハードチャイン艇の規則横波中横揺れに関する研究

    片山 徹, 勘角 真依, 牧 敦生

    日本船舶海洋工学会講演会論文集 Conference proceedings, the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers  2018年11月  日本船舶海洋工学会

  • 小型ハードチャイン艇の横波中横揺れに関する研究

    片山 徹, 足達 美奈

    日本船舶海洋工学会講演会論文集 Conference proceedings, the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers  2018年05月  日本船舶海洋工学会

  • 幅広浅喫水船の横揺れ減衰力に関する研究 : ビルジキールへの流入速度の修正

    片山 徹, 松岡 雅紀

    日本船舶海洋工学会講演会論文集 Conference proceedings, the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers  2018年05月  日本船舶海洋工学会

  • 幅広浅喫水船の横揺れ減衰力ビルジキール成分に関する研究

    片山 徹, 松岡 雅紀

    日本船舶海洋工学会講演会論文集 Conference proceedings, the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers  2017年11月  日本船舶海洋工学会

  • 滑走艇の規則向波中の運動に関する実験的研究

    片山 徹, 勝部 誠

    日本船舶海洋工学会講演会論文集 Conference proceedings, the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers  2017年11月  日本船舶海洋工学会

  • NUMERICAL AND EXPERIMENTAL PREDICTION OF ROLL DAMPING FOR A HIGH-SPEED PLANING HULL

    B. Yildiz, E. Kahramanoglu, F. Cakici, T. Katayama

    Proceedings of 11th Symposium on High Speed Marine Vehicles (HSMV2017)  2017年10月 

  • A Motion Estimation Method of High Speed Craft in Irregular Sea by using Onboard Monitoring Motion Time Series Data for Motion Control

    Daisuke Terada, Ryosuke Amano, Toru Katayama

    Proceedings of the 16th International Ship Stability Workshop  2017年06月 

  • 波浪中を走行する滑走艇の乗船者の疲労低減を目指した船型に関する基礎的研究

    片山 徹, 勝部 誠

    日本船舶海洋工学会講演会論文集 Conference proceedings, the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers  2017年05月  日本船舶海洋工学会

  • 滑走艇の横揺れ減衰力に関する研究

    片山 徹, 澤江 智央

    日本船舶海洋工学会講演会論文集 Conference proceedings, the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers  2017年05月  日本船舶海洋工学会

  • リングフィン型姿勢安定装置の流体力特性について

    片山 徹, 山本 裕介, 藤村 遼平, 麻生 裕司, 小森 茂典

    日本船舶海洋工学会講演会論文集 Conference proceedings, the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers  2016年11月  日本船舶海洋工学会

  • Development of a Motion Simulation for a Spar Buoy with a Ring-Fin Motion Stabilizer

    Ryohei Fujimura, Yusuke Yamamoto, Toru Katayama, Hiroshi Asou, Shigenori Komori

    Proceedings of the 8th Asia-Pacific Workshop on Marine Hydrodynamics in Naval Architecture, Ocean Technology and Constructions, APHydro 2016  2016年09月 

  • Effect of vortex shedding and free surface interaction on roll damping due to large amplitude roll motion

    Burak Yıldız, Ahmet Yurtseven, Toru Katayama

    Proceedings of 15th International Ship Stability Workshop  2016年06月 

  • 2016S-GS1-1 小型ボートを用いた波浪計測法の検討

    片山 徹, 足達 美奈

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2016年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2016S-GS2-26 航走する滑走艇の横揺れ減衰力鉛直方向揚力成分推定法に関する研究

    片山 徹, 澤江 智央

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2016年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2015S-GS1-4 非定常横揺れ時の横揺れ減衰力ビルジキール成分についての基礎的研究

    片山 徹, 梅田 隼

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2015年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2015S-GS3-1 浅海域用斜めスパーブイの運動性能評価

    片山 徹, 藤村 遼平, 麻生 裕司, 小森 茂典

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2015年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 浅喫水断面での横揺れ減衰力ビルジキール成分についての基礎的研究

    片山 徹, 梅田 隼, Yildiz Burak

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2014年11月  日本船舶海洋工学会

  • 浅海域用スパーブイの風・潮流・波浪中姿勢安定装置の開発

    片山 徹, 橋本 和樹, 麻生 裕司

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2014年11月  日本船舶海洋工学会

  • Numerical Study on Drag Force acting on Flat Plate under Transitional and Irregular Oscillations

    Toru KATAYAMA, Jun UMEDA

    Proceedings of Second International Symposium on Naval Architecture and Maritime (INT-MAN2014)  2014年10月 

  • A Study on Motion Reduction of a Spar Buoy for Shallow Sea Area in Waves and Current

    Toru Katayama, Kazuki Hashimoto, Hiroshi Asou, Shigenori Komori

    Proceedings of the 7th Asia-Pacific Workshop on Marine Hydrodynamics in Naval Architecture, Ocean Technology and Subsea Technology (APHydro2015)  2014年09月 

  • The Inertia Contributions due to Floodwater Mass

    Gyeong Joong Lee, Arthur M. Reed, Frans Van Walree, Andrew Peters, Paola Gualeni, Toru Katayama, Wenyang Duan

    Proceedings of 14th International Ship Stability Workshop (ISSW2014)  2014年09月 

  • Numerical Estimation and Validation of Shallow Draft Effect on Roll Damping

    Toru Katayama, Jun Umeda (J, Burak Yildiz (Turkey

    Proceedings of 14th International Ship Stability Workshop (ISSW2014)  2014年09月 

  • Air Pressure Scale Effects during Damage Model Tests

    Gyeong Joong Lee, Frans van Walree, Arthur M. Reed, Andrew Peters, Paola Gualeni, Toru Katayama, WenYang Duan

    Proceedings of 14th International Ship Stability Workshop (ISSW2014)  2014年09月 

  • A Study on Spinout Phenomena of Planing Craft in High Speed Turning with Radio Control Small Model

    Toru Katayama, Shun Ohashi

    Proceedings of 14th International Ship Stability Workshop (ISSW2014)  2014年09月 

  • ラジオコントロール模型を用いた小型ボートの高速旋回時スピン現象に関する研究

    片山 徹, 大橋 隼

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2014年05月  日本船舶海洋工学会

  • 船外機2基掛け艇の性能に関する実験的研究

    片山 徹, 片山 寛之

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2014年05月  日本船舶海洋工学会

  • 浅海域用スパーブイの動揺低減に関する基礎的研究

    片山 徹, 橋本 和樹, 麻生 裕司

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2014年05月  日本船舶海洋工学会

  • 津波・水害対応型救命艇の性能試験法に関する基礎的研究

    片山 徹, 宮本 修吾, 梅田 隼

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2014年05月  日本船舶海洋工学会

  • 高速滑走艇の波浪中運動特性に関する基礎的研究 : 自由航走模型試験

    片山 徹, 井上 智裕

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2013年11月  日本船舶海洋工学会

  • A Study on Roll Damping Estimation for Non Periodic Motion

    Toru Katayama, Jun Umeda, Hirotada Hashimoto, Burak Yildiz

    Proceedings of 13rd International Ship Stability Workshop (ISSW2013)  2013年09月 

  • POD推進器船の舵力および推力解析モデルの検討

    片山 徹, 梅田 隼

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2012年11月  日本船舶海洋工学会

  • 高速滑走艇の性能把握のための水槽試験システムの開発

    片山 徹, 池田 良穂

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2012年11月  日本船舶海洋工学会

  • 小型模型を用いた高速滑走艇の自由航走試験システムの開発

    片山 徹, 橋本 翼

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2012年11月  日本船舶海洋工学会

  • A Study on Simplified BHP Estimation Method for Planing Craft with Outboard Engine

    Hiroyuki Katayama, Toru Katayama

    Proceedings of the 6th Asia-Pacific Workshop on Marine Hydrodynamics (APHydro2012)  2012年09月 

  • An Experimental Study on Characteristics of Rolling in Head Wave for a Vessel with Non-linear GZ-curve

    Toru Katayama, Shugo Miyamoto, Hirotada Hashimoto, Yoshifumi Tai

    Proceedings of 11th International Conference on Stability of Ships and Ocean Vehicles (STAB2012)  2012年09月 

  • A Study on the Characteristics of Self-propulsion Factors of Planing Craft with Outboard Engine

    Toru Katayama, Yoshitaka Nishihara, Takuya Sato

    Proceedings of THE THIRD CHESAPEAKE POWER BOAT SYMPOSIUM (CD)  2012年06月 

  • Development of Propulsive Performance Estimation Method for high-Speed Planing Craft with Outboard Engine

    Toru Katayama, Yoshitaka Nishihara, Takuya Sato

    PROCEEDINGS of 11th INTERNATIONAL MARINE DESIGN CONFERENCE (IMDC2012)  2012年06月 

  • 既存の実艇および模型試験データを援用した任意の船外機付き滑走艇の馬力推定法の検討

    片山 徹, 片山 寛之, 西原 祥貴

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2012年05月  日本船舶海洋工学会

  • 国際試験水槽委員会(ITTC)第26期活動報告(紹介)

    試験水槽委員会, 安東 潤, 安川 宏紀, 松本 光一郎, 永田 修一, 西尾 茂, 日野 孝則, 川北 千春, 池田 良穂, 片山 徹, 川村 隆文, 伊東 章雄

    日本船舶海洋工学会誌 KANRIN(咸臨)  2012年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 船外機付き滑走艇の自航影響に関する実験的研究

    片山 徹, 西原 祥貴, 佐藤 卓弥

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2011年11月  日本船舶海洋工学会

  • 非線形な復原力曲線を持つ船舶向波中横揺れ運動特性に関する実験的研究

    片山 徹, 宮本 修吾, 大橋 岳尋

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2011年11月  日本船舶海洋工学会

  • 非定常横揺れ減衰力に関する実験的研究 : ビルジキール成分の逐次計算法

    片山 徹, 柿木 隆宏

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2011年11月  日本船舶海洋工学会

  • An experimental study on instability of a super high-speed planing craft with outboard engine at straight running

    Toru Katayama, Kazuya Habara

    11th International Conference on Fast Sea Transportation, FAST 2011 - Proceedings  2011年 

     詳細を見る

    Recently, there are super high-speed planing craft, which can run at more than 100 km/h, owing to engine improvements and reductions in hull weight. At high-speed range, where most of hull is above the water surface, even if it runs in calm water, there are some kinds of peculiar unstable phenomena. For example, porpoising, corkscrew, transverse pure stability loss, directional instability, dutchroll, and so on. In this study, the stability of a craft with lower-hull of an outboard engine, whose real craft causes unstable phenomena at super-high forward speed regions, is investigated experimentally. Especially, the effects of lower-hull on the stability are focused. First, in order to investigate the roll stability, the measurement of roll restoring moment is carried out. The results show that there is rarely the possibility of occurrence of the instability except for the special running attitude caused by special loading condition, etc. Second, in order to investigate maneuverability, the measurements of maneuvering hydrodynamic forces are carried out and the indexes of maneuverability are obtained. The results show that straight line stability increases but yaw checking ability decreases by attaching lower-hull of outboard engine and there is the possibility of occurrence of directional instability. Finally, in order to investigate stability of straight running based on sway-roll-yaw coupling motion, the hydrodynamic forces of the motion equation are measured. As the results of investigation by Routh-Hurwitz stability criterion, for a hull with lower-hull, it is indicated that there is the possibility of roll-yaw coupling self-excitation motion if roll and yaw damping moments are small enough.

  • 幅広浅喫水船型の非損傷時復原性の特性について

    田井 祥文, 片山 徹, 大橋 岳尋

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2010年11月  日本船舶海洋工学会

  • 次世代型商船の開発に関する研究(1)強風下における最新型PCCの抵抗増加に関する研究

    桃木 勉, 藤原 英雄, 片山 徹

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2009年05月  日本船舶海洋工学会

  • 2008K-G4-2 PCCに働く風圧力特性に関する研究(一般講演(G4))

    桃木 勉, 大西 星輝, 池田 良穂, 片山 徹

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2008年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • OS-1 : マルチハル(オーガナイズドセッション報告,関西支部秋季講演会)

    池田 良穂, 片山 徹

    日本船舶海洋工学会誌 KANRIN(咸臨)  2008年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2008S-G2-7 荒天中操業する漁船の安全性評価に関する基礎的研究(一般講演(G2))

    片山 徹, 甲滝 昌功, 多羅尾 保允, 松田 秋彦

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2008年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2008S-G2-4 高速多胴船の横揺れ減衰力に関する基礎的研究(一般講演(G2))

    片山 徹, 谷口 友基

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2008年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2008S-G1-15 超高速域における滑走艇に作用する流体力に関する基礎的研究(一般講演(G1))

    片山 徹, 重松 康平

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2008年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2008S-G1-14 チャインドライ航走時の滑走艇の浸水面形状と船底圧力分布の数値解析(一般講演(G1))

    勝井 辰博, 片山 徹, 望月 健司

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2008年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2008K-SS-5 理科教育・ものづくり教育に対する大阪府立大学の取り組み : 青少年サマーセミナー17年のあゆみ(特別セッション(SS)-関西の特色ある海事教育-)

    大塚 耕司, 片山 徹

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2008年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • A Study on the Characteristics of Roll Damping of Multi-hull Vessels

    Toru Katayama, Masanori Kotaki, Yoshiho Ikeda

    Proc. of 9th Int'l Ship Stability Workshop  2007年08月 

  • 2006年度家族会漁業体験第4弾「和歌浦で地引網&バーベキュー」報告(関西支部だより)

    片山 徹

    日本船舶海洋工学会誌 KANRIN(咸臨)  2007年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • OS-1 : マルチハル船(オーガナイズドセッション報告,春季講演会)

    池田 良穂, 片山 徹

    日本船舶海洋工学会誌 KANRIN(咸臨)  2007年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2007S-OS1-10 多胴船の性能に関する一考察 : 横揺れ減衰力および操縦流体力の実験的調査(オーガナイズドセッション(OS1):マルチハル船)

    片山 徹, 藤本 将史, 甲滝 昌功

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2007年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2007S-G3-5 船体・船外機統合型推進性能評価手法の構築(一般講演(G3))

    片山 徹, 金子 武史, 掘 由司, 池田 良穂

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2007年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2007K-OS1-3 多胴船の横揺れ減衰力に関する実験的研究(オーガナイズドセッション(OS1):マルチハル)

    片山 徹, 甲滝 昌功, 谷口 友基

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2007年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2007K-G8-2 漂流ブイに働く粘性流体力に関する実験的研究(一般講演(G8))

    片山 徹, 樋口 誉英, 麻生 裕司

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2007年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2007K-G7-2 実用型滑走艇の航走シミュレーション(一般講演(G7))

    勝井 辰博, 片山 徹

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2007年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2007E-OS2-8 横波中大振幅パラメトリック横揺れに及ぼす上下揺れの影響(オーガナイズドセッション(OS2):IMO基凖の機能要件化に向けての非損傷時復原性評価(その5))

    池田 良穂, 片山 徹, 藤原 智

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2007年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2006A-G3-4 浮遊物に衝突着水する全没翼式高速艇に働く上下加速度に関する実験的検討(一般講演(G3))

    小浦 拓也, 片山 徹, 池田 良穂

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2006年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2006W-G-23 滑走艇の操縦運動時の航走姿勢が旋回運動に与える影響について

    木本 亮, 片山 徹, 飯田 隆, 池田 良穂

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2006年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2006K-OS1-3 大型旅客船の航行不能時における安全性に関する実験的研究(オーガナイズドセッション(OS1):IMO基準の機能要件化に向けての非損傷時復原性評価(その2))

    池田 良穂, 片山 徹, 藤原 智

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2006年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2006K-G2-1 滑走艇の超高速航走時に見られる横不安定現象に関する研究 : 不安定現象の発生メカニズムと推定法(一般講演(G2))

    片山 徹, 藤本 将史, 池田 良穂, 小森 茂典

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2006年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2006A-OS11-4 横波中パラメトリック横揺れに及ぼす横揺れ減衰力の影響(オーガナイズドセッション(OS11):IMO基準の機能要件化に向けての非損傷時復原性評価(その3))

    藤原 智, 片山 徹, 池田 良穂

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2006年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 損傷船舶の浸水時安全評価模型実験法に関する一考察

    片山 徹, 武内 祐二, 池田 良穂

    関西造船協会講演概要集 = Proceedings of the Kansai Society of Naval Architects  2005年05月  公益社団法人日本船舶海洋工学会

  • 2005A-OS3-7 巨大客船の横波中パラメトリック横揺れに関する実験的研究(オーガナイズドセッション(OS3):IMO基準の機能用件化に向けての非損傷時復原性評価)

    池田 良穂, 片山 徹, Munif Abdul, 藤原 智

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2005年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 高速三胴船の抵抗性能評価

    片山徹, 金子武史

    関西造船協会春季講演概要集  2005年 

  • 損傷船舶の浸水時安全評価模型実験法に関する一考察

    片山 徹, 武内 祐二, 池田 良穂

    関西造船協会講演概要集  2005年  社団法人 日本船舶海洋工学会

     詳細を見る

    著者らは先の論文で,船体内部に多層甲板を持つ巨大客船(11万総トン数相当)を対象とした,縮尺50分の1の2次元模型を用いた損傷時浸水中間段階の運動計測実験を行い,浸水中間段階に大横傾斜が発生する可能性があることを示した.本研究では,縮尺の異なる3次元模型(125分の1)を用いて同様の実験を行い,2次元模型の実験結果の妥当性を検討した.その結果,先の実験と同様に大横傾斜が発生することを確認することができた.一方,これまでの結果をもとに実験方法について詳細な検討を行った.その結果,損傷破口,区画内空気交換口の大きさが浸水流入速度に影響を与え,また甲板間の階段室の大きさ,内部区画の作成精度,上部構造物の状態等さまざまなパラメターが実験結果に影響を及ぼす可能性があることがわかった.

  • 損傷した大型客船の浸水中間段階における横揺れ運動の実験的・数値的研究(所外発表論文等概要)

    池田 良穂, 石田 茂資, 片山 徹, 武内 祐二

    海上技術安全研究所報告  2005年  海上技術安全研究所

  • 2005年度家族会 : 漁業体験第3弾 田尻漁港で漁業体験(関西支部だより)

    片山 徹

    日本船舶海洋工学会誌 KANRIN(咸臨)  2005年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2005A-OS3-8 Numerical Prediction of Parametric Rolling of a Large Passenger Ship in Beam Seas

    Munif Abdul, 片山 徹, 池田 良穂

    日本船舶海洋工学会講演会論文集  2005年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 巨大客船の損傷時中間段階における挙動に関する実験的研究

    片山 徹, 武内 祐二, 池田 良穂

    関西造船協会講演概要集 = Proceedings of the Kansai Society of Naval Architects  2004年11月  公益社団法人日本船舶海洋工学会

  • 滑走艇の斜航流体力に及ぼす航走姿勢影響について

    片山 徹, 木本 亮, 飯田 隆, 池田 良穂

    関西造船協会講演概要集 = Proceedings of the Kansai Society of Naval Architects  2004年11月  公益社団法人日本船舶海洋工学会

  • Experimental and Numerical Studies on Roll Motion of a Damaged Large Passenger Ship in Intermediate Stages of Flooding

    Yoshiho Ikeda, Shigesuke Ishida, Toru Katayama, Yuji Takeuchi

    Proc. of 7th International Ship Stability Workshop  2004年11月 

  • Experimental Studies on Transient Motion of a Damaged Large Passenger Ship

    Y.Ikeda, S.Ishida, T.Katayama, Y.Takeuchi

    Proc. of the 1st MARIN-NMRI Workshop  2004年10月 

  • Effects of Running Attitude on Hydrodynamic Forces for Oblique Towed Planing Craft

    Ryou Kimoto, Toru Katayama, Yoshiho Ikeda

    Proc. of the 2nd Asia-Pacific Workshop on Marine Hydrodynamics (APHydro2004)  2004年06月 

  • A Study on Performance of a Hydrofoil Assisted High-Speed Planing Mono-hull

    Koji Suzuki, Toru Katayama, Yoshiho Ikeda

    Proc. of the 2nd Asia-Pacific Workshop on Marine Hydrodynamics (APHydro2004)  2004年 

  • 滑走艇の斜航流体力に及ぼす航走姿勢影響について

    片山 徹, 木本 亮, 飯田 隆, 池田 良穂

    関西造船協会講演概要集  2004年  社団法人 日本船舶海洋工学会

     詳細を見る

    船長船幅比(L/B)のみ異なる3種類の1m模型を用いて,速度域0.3&lt;Fn&lt;1.8で,斜航流体力に及ぼす航走姿勢の影響を調査した.まず,上下揺れ,縦揺れ,横揺れを自由にした斜航試験を行い,航走姿勢と抵抗,横力,回頭モーメントの計測を行った結果,特に横傾斜角が,斜航角,前進速度,L/Bに影響を受けて大きく変化すること,航走姿勢の変化は特に回頭モーメントに影響を与えることが明らかとなった.同実験で横揺れを直立状態に固定した斜航試験を行い,横傾斜角の回頭モーメントに及ぼす影響を調べたところ,斜航角が小さな場合は斜航流体力に及ぼす影響は小さく,斜航角の増加に伴い同影響が大きくなることが明らかとなった.

  • SIMULATION OF TIME-TO-FLOOD OF A DAMAGED LARGE PASSENGER SHIP

    Shigesuke ISHIDA, Yoshiho IKEDA, Toru KATAYAMA, Yuji TAKEUCHI

    Proceedings of the 1st MARIN-NMRI Workshop  2004年 

  • Mechanism of porpoising instabilities for high-speed planing craft

    T Katayama

    PROCEEDINGS OF THE SIXTH (2004 ) ISOPE PACIFIC/ASIA OFFSHORE MECHANICS SYMPOSIUM  2004年  INTERNATIONAL SOCIETY OFFSHORE& POLAR ENGINEERS

     詳細を見る

    For these ten years, the author has investigated about unstable phenomena for high-speed planing craft experimentally and theoretically. In this paper, some of the unstable phenomena are introduced. The measured results of the motion of dynamic instabilities are shown and the characteristics of them are explained. The estimation method developed by the author to assess the possibility of their occurrence and some results are shown. And the mechanism of the instabilities is also explained in detail from the point of view based on motion equations.

  • インターセプター型制御装置を用いた高速船の向波中運動制御

    片山 徹, 森岡 康典, 池田 良穂

    関西造船協会講演概要集  2003年05月  公益社団法人日本船舶海洋工学会

  • 船舶に働く横漂流抵抗に関する実験的研究

    中塚 智也, 片山 徹, 池田 良穂

    関西造船協会講演概要集 = Proceedings of the Kansai Society of Naval Architects  2003年05月 

  • インターセプター型制御装置を用いた高速船の向波中運動制御

    片山 徹, 森岡 泰典, 池田 良穂

    関西造船協会講演概要集 = Proceedings of the Kansai Society of Naval Architects  2003年05月 

  • A New Ship Motion Control System for High-Speed Craft

    Toru KATAYAMA, Koji SUZUKI and Yoshiho IKEDA

    Proc. of 7th INTERNATIONAL CONFERENCE ON FAST SEA TRANSPORTATION (FAST2003), Naples, ITALY  2003年 

  • アメリカでの高速艇の性能に関する研究の情報交換と研究施設の見学(若手研究者海外派遣報告)

    片山 徹

    日本造船学会講演会論文集  2003年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • Criteria of Bow-Diving Phenomena for Planing Craft

    Toru KATAYAMA, Kentarou TAMURA, Yoshiho IKEDA

    Proc. of 8th INTERNATIONAL CONFERENCE ON STABILITY OF SHIPS AND MARINE VEHICLES (STAB2003), Madrid, SPAIN  2003年 

     詳細を見る

    The purpose of this paper is to clarify the cause of Bow-Diving occurrence of planing craft. First, model experiments are carried out in order to reproduce Bow-Diving and it is confirmed that Bow-Diving occurs in calm water and in wave. From the experimental results, the relative position of the hull to the water surface at Bow-Diving occurrence is shown. Next, the hydrodynamic forces acting on the model are measured by fully captive model tests with wide range of attitudes including the running attitude at Bow-Diving occurrence to obtain the restoring forces acting on the model, and the characteristic of them are investigated. Consequently, it is shown that the restoring forces play an important role to Bow-Diving occurrence and a method of obtaining the criteria of Bow-Diving occurrence based on the restoring forces is proposed. Furthermore, the estimation methods of Bow-Diving occurrence are proposed.

  • Characteristics of Roll Damping with Drifting Motion for an Indonesian Fishing Vessel

    Baharuddin Ali, Toru KATAYAMA, Yoshiho IKEDA

    Proc. of 8th INTERNATIONAL CONFERENCE ON STABILITY OF SHIPS AND MARINE VEHICLES (STAB2003), Madrid, SPAIN  2003年 

  • A New Ship Motion Control System for High-Speed Craft(jointly worked)

    Proc. of 7th INTERNATIONAL CONFERENCE ON FAST SEA TRANSPORTATION (FAST2003), Naples, ITALY  2003年 

  • 3-13 滑走艇のバウダイビングに関する基礎的研究

    片山 徹, 田村 健太郎, 池田 良穂

    関西造船協会講演概要集  2002年11月  公益社団法人日本船舶海洋工学会

  • Development of Resistance Test for High-Speed Planing Craft Using Small Models -Scale Effects on Drag Force-

    Toru KATAYAMA, Shigeru HAYASHITA, Yoshiho IKEDA, Kouji SUZUKI

    Proc. of Asia Pacific Workshop on Marine Hydrodynamics(AP Hydro2002)  2002年05月 

  • (1) 超小型模型を用いた高速滑走艇の抵抗試験法

    林田 滋, 池田 良穂, 片山 徹, 鈴木 宏始

    Techno marine 日本造船学会誌  2002年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

     詳細を見る

    本研究は,従来の概念に挑戦して,全長0.5m以下の超小型模型を用いた高速艇の抵抗試験法を開発することを最終目標として,その第一歩として実現可能性の調査を行った。超小型模型を含む相似模型に対し,姿勢拘束模型の流体力計測を行い,揚力,トリムモーメントおよび抵抗係数に及ぼす尺度影響を実験的に明らかにし,流体力データに尺度影響補正を施した航走姿勢シミュレーションを行った。その結果,スケールの違う船体の航走姿勢および抵抗を比較的精度良く推定でき,超小型模型を用いた抵抗試験法の可能生が検証された。[graph]

  • 滑走艇のバウダイビングに関する基礎的研究

    片山 徹, 田村 健太郎, 池田 良穂

    関西造船協会講演概要集  2002年  社団法人 日本船舶海洋工学会

     詳細を見る

    本研究の目的は, 滑走艇特有の不安定現象の1つである, 船首が没水しそのまま沈没に至るバウダイビングと呼ばれる現象について, その発生機構を解明し設計段階での評価手法を提案することである. まず模型船を用いたバウダイビングの計測を行い, バウダイビング発生時の船体と自由表面の相対位置関係について調査し, 何らかの外乱によって船首下げの姿勢となった船体が, そのまま沈没してバウダイビングが発生することがわかった. つぎに, バウダイビング発生時の船体と自由表面との相対位置に基づく定常流体力の計測を行い, その特性について調査した. その結果, 前進速度が高い領域では, 外乱により航走姿勢が大きく変化させられた時には, 元の航走姿勢に戻す流体力が働かず, 特に船首を下げた姿勢となった場合にはそのまま船首を下げながら沈下にいたる流体力が働くことが明らかとなった. さらに, この定常流体力を基にバウダイビングが発生する可能性のある航走状態を判断できる簡易評価方法を提案する.

  • Experimental Techniques to Assess Dynamic Instability of High-Speed Planing Craft -Non-zero Heel, Bow-Diving, Porpoising and Transverse Porpoising-

    Proc. of SIXTH INTERNATIONAL SHIP STABILITY WORKSHOP  2002年 

  • Development of Resistance Test Using Small Model of High Speed Planing Craft:&mdash;Scale Effects on Drag Force&mdash;

    片山 徹, 林田 滋, 鈴木 宏始, 池田 良穂

    関西造船協会講演概要集  2002年  社団法人 日本船舶海洋工学会

     詳細を見る

    既存の水槽において, 高速滑走艇の抵抗試験をこの方法で行うためには, フルード相似則を満足させるために, 比較的小型の模型を使う必要がある. しかしながら, 全長1.5m以下の小型模型を用いた場合には, 航走姿勢に顕著な尺度影響が現れ, 抵抗値に影響を及ぼすことが指摘されている. 著者らは先の論文において, 超小型模型を用いて完全拘束状態の船体に働く流体力を計測し, その流体力データに尺度影響補正を施して航走姿勢および抵抗を算出するシミュレーション法を提案し, その可能性を検証した. 本研究では, これら超小型模型を用いた抵抗試験方法において必要となる, 流体力(抵抗, 揚力, トリムモーメント)の尺度影響のうち, 特に抵抗の尺度影響について3つの相似な小型の柱状模型を用いて姿勢固定の流体力計測実験をフルード数Fn=1.0&amp;sim;4.0およびレイノルズ数Rn=UL&lt;SUB&gt;K&lt;/SUB&gt;/&amp;nu;=5&amp;times;10&lt;SUP&gt;5&lt;/SUP&gt;&amp;sim;3&amp;times;10&lt;SUP&gt;6&lt;/SUP&gt;の範囲で行い, その特性について調査&amp;middot;検討を行った結果について報告する.

  • Development of Resistance Test for High-Speed Planing Craft Using Small Models -Scale Effects on Drag Force- (jointly worked)

    Proc. of Asia Pacific Workshop on Marine Hydrodynamics(AP Hydro2002)  2002年 

  • An Experimental Study on Seakeeping Performance of Philippine Outrigger Craft (jointly worked)

    Proc. of Asia Pacific Workshop on Marine Hydrodynamics(AP Hydro2002)  2002年 

  • An Experimental Study on Seakeeping Performance of Philippine Outrigger Craft

    重廣 律男, 黒田 貴子, Aguilar Glenn, 片山 徹

    関西造船協会講演概要集  2002年  社団法人 日本船舶海洋工学会

     詳細を見る

    1998年からフィリピンと日本との拠点大学交流計画が始まった。フィリピンのアウトリガー型漁船の性能改善を目的に漁船関係のプロジェクトが計画された。フィリピンのほとんどの漁船は、船体の両舷に浮体を有するアウトリガー型である。一般的には、この浮体とこれを支える部材は竹で作られている。本論文は、アウトリガー漁船にとって危険な波の条件を明らかにするためにこの漁船の船体運動特性を実験的に調べたものである。さらに、この漁船の船体運動を推定するための計算方法を開発した。この計算方法の精度は波の中での模型船の船体運動と比較検証されている。さらに、実験結果と本計算法での結果は良く一致した。これらの結果から、アウトリガー漁船はアウトリガーを取り外した単胴船に比べて向い波中の短波長域で上下揺れと縦揺れが大きくなるが、横波中では、上下揺れと横揺れを大きく減少していることが明らかになった。

  • 2-14 滑走艇の斜航時横ポーポイジングに関する基礎的研究 (第1報) : 横ポーポイジングの発生と復原力特性

    片山 徹, 手嶋 晃, 池田 良穂

    関西造船協会講演概要集  2001年  社団法人 日本船舶海洋工学会

  • Japanese Research Activities on Damage Stability of a Ship to Support International and Domestic Regulatory Works (jointly worked)

    Proc. of Euro-conference on Passenger Ship Design, Operation & Safety  2001年 

  • Japanese Research Activities on Damage Stability of a Ship to Support International and Domestic Regulatory Works

    Yoshiho Ikeda, Toru Katayama

    Proc. of Euro-conference on Passenger Ship Design, Operation & Safety  2001年 

  • 4-18 滑走艇の斜航時横ポーポイジングに関する基礎的研究 (第2報) : 横ポーポイジングのシミュレーション

    片山 徹, 手嶋 晃, 池田 良穂

    関西造船協会講演概要集  2001年  社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 4-17 高速滑走艇の波浪中運動特性に関する基礎的研究 : 前後揺れが上下揺れおよび縦揺れに及ぼす影響について

    片山 徹, 池田 良穂

    関西造船協会講演概要集  2001年  社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 1-3 トリムタブを用いた高速カーフェリーの縦揺れ制御に関する研究

    岡田 昌之, 池田 良穂, 片山 徹, 片山徹

    関西造船協会講演論文集  2000年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • Roll Damping Prediction Method for a High-Speed Planing Craft

    Y. Ikeda and T. Katayama

    Proceedings of the 7th International Conference on Stability of Ship and Ocean Vehicles  2000年 

  • Longitudinal Motion of a Super High-Speed Planing Craft in Regular Head Waves(jointly worked)

    Proc. of the 4th Osaka Colloquium on Seakeeping Performance of Ships  2000年 

  • Longitudinal Motion of a Super High-Speed Planing Craft in Regular Head Waves

    T. Katayama, T. Hinami, Y. Ikeda

    Proc. of the 4th Osaka Colloquium on Seakeeping Performance of Ships  2000年 

  • Characteristics of Hydrodynamic Forces acting on Rapidly Accelerated planing Craft from Rest

    T. Katayama, Y. Ikeda

    Proc. of the Fourth International Conf. on Hydrodynamics  2000年 

  • 2-14 横波中を航走する船舶の横揺れに及ぼす左右揺れの連成影響と横揺れ減衰力特性

    黒田 貴子, 片山 徹, 重廣 律男, 池田 良穂, 池田良穂, 池田良穂

    関西造船協会講演論文集  2000年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 1-6 滑走艇の摩擦抵抗に関する一考察

    林田 滋, 手嶋 晃, 片山 徹, 池田 良穂

    関西造船協会講演論文集  2000年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 1-4 A Study on Stability of Damage Ships in Intermediate Stage of Flooding

    馬 勇康, 片山 徹, 池田 良穂, Kambisseri Karunakaran Roby

    関西造船協会講演論文集  2000年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 1-11 PMM試験による滑走艇の操縦流体力の計測

    田嶋 慎一郎, 池田 良穂, 片山 徹, 奥村 英晃

    関西造船協会講演論文集  1999年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2-4 超高速で航走する滑走艇の正面規則波中運動特性

    片山 徹, 日並 貴成, 池田 良穂

    関西造船協会講演論文集  1999年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 1-18 斜航する滑走艇の艇体に働く流体力の計測

    池田 良穂, 奥村 英晃, 新名 二郎, 片山 徹

    関西造船協会講演論文集  1998年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 高速滑走艇の縦不安定現象について

    片山徹,池田良穂,大塚耕司

    Proceedings of TECHNO-OCEAN’98  1998年 

  • STABILITY OF A PLANING CRAFT IN TURNNING MOTION(jointly worked)

    Proceedings of the Fourth International Workshop on Theoretical Advances in Ship and Practical Impact  1998年 

  • STABILITY OF A PLANING CRAFT IN TURNNING MOTION

    Y.IKEDA, H.OKUMURA and T.KATAYAMA

    Proceedings of the Fourth International Workshop on Theoretical Advances in Ship and Practical Impact  1998年 

  • Hydrodynamic Forces Acting on Porpoising Craft at High-Speed(jointly worked)

    Proceedings of the Third International Conference on Hydrodynamics  1998年 

  • Hydrodynamic Forces Acting on Porpoising Craft at High-Speed

    T.KATAYAMA, Y.IKEDA

    Proceedings of the Third International Conference on Hydrodynamics  1998年 

  • 2-2 高速滑走艇の縦不安定現象に関する基礎的研究 (第3報)

    片山 徹, 池田 良穂

    関西造船協会講演論文集  1997年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • STABILITY OF HIGH SPEED CRAFT(jointly worked)

    Proceedings of the Third International Workshop on Theoretical Advances in Ship and Practical Impact  1997年 

  • STABILITY OF HIGH SPEED CRAFT

    Y.IKEDA, T.KATAYAMA

    Proceedings of the Third International Workshop on Theoretical Advances in Ship and Practical Impact  1997年 

  • 6-24 高速滑走艇の横揺れおよび上下揺れ減衰力の揚力成分の一推定法

    池田 良穂, 片山 徹, 田嶋 慎一郎

    関西造船協会講演論文集  1997年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2-3 高速滑走艇の縦不安定現象に関する基礎的研究 (第2報)

    片山 徹, 池田 良穂, 大塚 耕司

    関西造船協会講演論文集  1996年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • A Study on Transverse Instability of Planing Craft at High Speed in Calm Water

    Proceedings of the Third Korea-Japan Joint Workshop on Ship and Marine Hydrodynamics  1996年 

  • 2-8 高速滑走艇の縦不安定現象に関する基礎的研究 (第1報)

    片山 徹, 池田 良穂

    関西造船協会講演論文集  1996年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2-7 高速艇の性能試験に関する研究 (第2報) : 超高速滑走艇シリーズ模型に働く流体力の計測

    池田 良穂, 西田 玄, 片山 徹, 山口 義則, 新名 二郎, 大島 健

    関西造船協会講演論文集  1996年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 2-5 高速滑走艇の縦揺れに起因する不安定横揺れに関する研究

    片山 徹, 池田 良穂

    関西造船協会講演論文集  1995年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • 1-16 高速艇の性能試験に関する研究(第一報) : 高速曳航試験システムの開発

    池田 良穂, 片山 徹, 山下 保己, 大塚 耕司, 前田 孝雄

    関西造船協会講演論文集  1994年  公益社団法人 日本船舶海洋工学会

  • Roll Motion Characteristics of High Speed Slender Vessels

    Y.IKEDA and T.KATAYAMA

    Proceedings of the Fifth International Conference on Stability Ship and Ocean Vehicles  1994年 

  • Simulation of Running Attitude and Resistance of a High-Speed Craft Using Database of Hydradynamic Forces Obtanied by Fully Captive Model Experiment

    Y.IKEDA, K.YOKOMIZO, J.HAMASAKI, N.UMEDA and T.KATAYAMA

    Proceedings of the Second International Conference on Fast Sea Transportation  1993年 

  • Simulation of Running Attitude and Resistance of a High-Speed Craft Using Database of Hydradynamic Forces Obtanied by Fully Captive Model Experiment(jointly worked)

    Proceedings of the Second International Conference on Fast Sea Transportation  1993年 

▼全件表示

Works(作品等)

  • 損傷時復原性計算プログラム

    2009年

     詳細を見る

    作品分類:ソフトウェア  

  • 小型船舶用浸水時復原性計算プログラム

    2000年

     詳細を見る

    作品分類:ソフトウェア  

  • 小型船舶用CADシステム

    1991年07月

     詳細を見る

    作品分類:ソフトウェア  

  • 横揺れ減衰力計算プログラム(池田らの方法)

     詳細を見る

    作品分類:ソフトウェア  

  • 水槽試験データを用いた滑走艇の航走姿勢および抵抗シミュレーション

     詳細を見る

    作品分類:ソフトウェア  

  • 水槽試験データを用いた滑走艇の操縦運動シミュレーション

     詳細を見る

    作品分類:ソフトウェア  

  • 水槽試験データを用いた滑走艇の加速発進シミュレーション

     詳細を見る

    作品分類:ソフトウェア  

▼全件表示

産業財産権等

  • 多胴船の船体構造

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2022 018529 

  • 推進力発生用タービン

    柴田政明, 尾崎雅洋, 片山徹

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2019-174220号 

    公開番号:特開2021-49874 

産学官連携可能研究(シーズ)キーワード

  • 水中および水上利用機器の性能(流体力学的性能、運動性能、操作性能)評価法の開発

  • 船舶の損傷時および非損傷時の安全性・復原性に関する研究

  • 船舶・海洋構造物等に働く流体力の実験的評価

  • 様々な浮体・係留浮体の波浪中運動性能(耐航性)に関する研究

  • 高速艇の性能評価(抵抗・推進、耐航性、操縦性、安全性・復原性および高速航走時安定性)に関する研究

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 曳航水槽および海流水槽を用いた各種水槽試験法の開発

     詳細を見る

    水槽を利用した,水にかかわる機器の性能評価試験および解析法の開発

  • 船舶の復原性・安全性に関する研究

     詳細を見る

    損傷時および非損傷の船舶の復原性・安全性に関する研究

  • 海洋開発機器(浮体および係留浮体)の風浪中運動性能(耐航性能)に関する研究

     詳細を見る

    海洋構造物の応答(運動)の実験的な評価

  • 高速艇(小型レジャーボート、小型漁船、高速旅客船など)の性能に関する研究

     詳細を見る

    各種高速船の性能試験および性能評価

科研費

  • 横揺れ減衰力推定法(池田の方法)の改良と横揺れの長期予測法の構築

    2023年

  • データ同化と学習理論による小型高速船の実時間運動予測

    2023年

  • データ同化と学習理論による小型高速船の実時間運動予測

    基盤研究(B)  2022年

  • 横揺れ減衰力推定法(池田の方法)の改良と横揺れの長期予測法の構築

    基盤研究(C)  2022年

  • 横揺れ減衰力推定法(池田の方法)の改良と横揺れの長期予測法の構築

    2021年

  • データ同化と学習理論による小型高速船の実時間運動予測

    2021年

  • 姿勢安定化プラットフォームを備えた、自律型小型無人艇の研究開発

    2020年

  • データ同化と学習理論による小型高速船の実時間運動予測

    2020年

  • ラジオコントロール模型を用いた小型ボートの安全性評価法の開発

    2014年

  • ラジオコントロール模型を用いた小型ボートの安全性評価法の開発

    2013年

  • 着床式洋上風力発電事業のための高所風況観測用低動揺ブイ式プラットフォームの開発

    2013年

▼全件表示

共同研究(外部資金獲得実績のあるもの)

  • 計測誤差を1/5以下にできる洋上風況観測浮体ブイ向け低動揺プラットフォーム開発

    株式会社リーデッジテクノロジー  新エネルギー等のシーズ発掘・事業化に向けた技術研究開発事業  2023年

その他補助金等

  • 水で飽和している堆積土層の計測技術開発

    公益財団法人中部科学技術センター  成長型中小企業等研究開発支援事業(Go-Tech事業)  2023月

  • 水で飽和している堆積土層の計測技術開発

    公益財団法人中部科学技術センター  Go-Tech事業  2023月

  • 水で飽和している堆積土層の計測技術開発

    公益財団法人中部科学技術センター  Go-Tech事業  2022月

  • 耐火型フリーフォール救命艇に関する強度分析・評価

    株式会社信貴造船所  2015月

  • 耐火型フリーフォール救命艇に関する強度分析・評価

    株式会社信貴造船所  2014月

研究員受入実績

  • 2023年度  研究員数:1名

担当授業科目

  • 海洋システム工学概論

    2023年度   週間授業   大学

  • 航空宇宙海洋系特別演習

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海洋システム工学特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 船舶流体力学特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 航空宇宙海洋系特別研究第1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 航空宇宙海洋系特別演習第1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 浮体静力学

    2023年度   週間授業   大学

  • 海洋輸送工学特別講義

    2023年度   週間授業   大学院

  • 海洋システム工学科学技術英語

    2023年度   週間授業   大学

  • 浮体運動学

    2023年度   週間授業   大学

  • 船舶海洋工学プロジェクト1

    2023年度   週間授業   大学

  • 船舶流体力学

    2023年度   週間授業   大学

  • 海洋システム工学総合演習

    2023年度   週間授業   大学

  • 航空宇宙海洋系特別研究

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海洋輸送工学特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 航空宇宙海洋系特別研究第2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 航空宇宙海洋系特別演習第2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 航空宇宙海洋系特別演習第1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海洋システム工学特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • 船舶流体力学特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • 工学倫理

    2022年度   週間授業   大学

  • 海洋システム工学概論

    2022年度   週間授業   大学

  • 海洋システム工学科学技術英語

    2022年度   週間授業   大学

  • 海洋システム工学基礎

    2022年度   週間授業   大学

  • 浮体運動学

    2022年度   週間授業   大学

  • 海洋輸送工学特別講義

    2022年度   週間授業   大学院

  • 初年次ゼミナール

    2022年度   週間授業   大学

  • 航空宇宙海洋系特別演習

    2022年度   集中講義   大学院

  • 航空宇宙海洋系特別研究 (海洋システム工学分野)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海洋輸送工学特論 (海洋システム工学分野)

    2022年度   週間授業   大学院

  • 航空宇宙海洋系特別演習第2 (海洋システム工学分野)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 船舶流体力学

    2022年度   週間授業   大学

  • 海洋システム工学総合演習

    2022年度   週間授業   大学

  • 海の環境と利用の工学

    2022年度   集中講義   大学

  • 機械及び航空宇宙海洋工学概論II

    2021年度    

  • 海洋システム工学総合演習

    2021年度    

  • 航空宇宙海洋系特別研究第四

    2021年度    

  • 航空宇宙海洋系特別研究第三

    2021年度    

  • 航空宇宙海洋系特別演習第四

    2021年度    

  • 航空宇宙海洋系特別演習第三

    2021年度    

  • 航空宇宙海洋系特別研究第二

    2021年度    

  • 航空宇宙海洋系特別研究第一

    2021年度    

  • 航空宇宙海洋系特別演習第二

    2021年度    

  • 航空宇宙海洋系特別演習第一

    2021年度    

  • 海洋システム工学卒業研究

    2021年度    

  • 海の環境と利用の工学

    2021年度    

  • 工学倫理

    2021年度    

  • 工学倫理

    2021年度    

  • 機械及び航空宇宙海洋工学概論I

    2021年度    

  • 機械工作実習

    2021年度   実習  

  • 海洋輸送工学特論

    2021年度    

  • 海洋システム工学基礎

    2021年度    

  • 海洋システム工学特論

    2021年度    

  • 海洋システム工学科学技術英語

    2021年度    

  • 船舶流体力学

    2021年度    

  • 浮体運動学

    2021年度    

  • 船舶流体力学特論

    2021年度    

  • 海洋輸送工学特別講義

    2021年度    

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 振動学

    機関名:大阪府立大学

  • 船舶流体力学特論

    機関名:大阪府立大学大学院工学研究科

  • 船舶流体力学

    機関名:大阪府立大学

  • 船舶工学

    機関名:大阪産業大学

  • 海洋輸送工学特論

    機関名:大阪府立大学大学院工学研究科

  • 浮体静力学

    機関名:大阪府立大学

  • 浮体運動学特論

    機関名:大阪府立大学大学院工学研究科

  • 浮体運動学

    機関名:大阪府立大学

▼全件表示

所属院生等の論文発表集計

  • 2023年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:15件

  • 2022年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:11件

  • 2021年度

    所属大学院生発表数:12件

論文・研究指導集計

  • 2023年度

    卒業論文指導数:3名  卒業論文審査数:5件

    博士前期課程学生指導数:7名  博士後期課程学生指導数:5名

    修士論文審査数(主査):4件  修士論文審査数(副査):10件

    博士論文審査数(主査):1件  博士論文審査数(副査):2件

  • 2022年度

    卒業論文指導数:3名  卒業論文審査数:9件

    博士前期課程学生指導数:6名  博士後期課程学生指導数:5名

    修士論文審査数(主査):2件  修士論文審査数(副査):7件

    博士論文審査数(主査):3件  博士論文審査数(副査):0件

社会貢献活動

  • まちライブラリー@大阪府立大学 波の中で浮体は揺れる それでも揺れを減らしたい!

    2020年04月 - 2021年03月

  • 模擬講義 春日丘高等学校「最後のフロンティア「海」を学ぶ ー海洋システム工学の役割ー」

    2015年04月 - 2016年03月

  • 高大連携事業 より安全で地球にやさしい小型船舶の開発を目指して

    2012年04月 - 2013年03月

  • 高大連携事業 水槽での模型実験による性能試験

    2012年04月 - 2013年03月

  • 第20回青少年サマーセミナー

    2011年04月 - 2012年03月

  • 第19回青少年サマーセミナー

    2010年04月 - 2011年03月

  • テクノラボツアー「海洋システム工学分野の研究」 ポスターセッション

    2010年04月 - 2011年03月

  • 高大連携事業 近年の船舶と次世代省エネ船

    2010年04月 - 2011年03月

  • 第18回青少年サマーセミナー 海をもっと知ろう海をもっと知ろう~海が地球を救う~

    2009年04月 - 2010年03月

  • テクノラボツアー「海洋システム工学分野の研究」 ポスターセッション

    2009年04月 - 2010年03月

  • 高大連携事業 近年の船舶と次世代省エネ船

    2009年04月 - 2010年03月

  • 高大連携事業 海洋輸送工学・船舶について

    2009年04月 - 2010年03月

  • 高大連携事業 浮体運動学、船舶の耐航性能 -高速艇の安全・運動性能

    2009年04月 - 2010年03月

  • 第45回 テクノラボツアー「海洋システム工学分野の研究」 ポスターセッション

    2008年04月 - 2009年03月

  • 第17回青少年サマーセミナー 船はつよいな 大きいな~船の丈夫さの秘密~

    2008年04月 - 2009年03月

  • 第16回青少年サマーセミナー 海水を飲み水に変える魔法  逆浸透法

    2007年04月 - 2008年03月

  • 第15回 青少年サマーセミナー 知ろう!遊ぼう!サイフォンの原理

    2006年04月 - 2007年03月

  • 第37回 テクノラボツアー「物の動き、振動、音の問題を解決する」 「船舶の動揺低減装置の紹介」

    2006年04月 - 2007年03月

  • 第33回 テクノラボツアー「海洋システム工学分野の研究」 「船舶試験水槽: 超高速船の波浪中実験」

    2006年04月 - 2007年03月

  • 第14回 青少年サマーセミナー 浮き上がれ!!地上も走る夢の船

    2005年04月 - 2006年03月

  • 第25回 テクノラボツアー「流体力学の応用」 「流体を計る-流体力から流れの可視化まで-」

    2005年04月 - 2006年03月

  • 第13回 青少年サマーセミナー お風呂のヒミツ教えます! ~密度成層のナゾ~

    2004年04月 - 2005年03月

  • 第16回 テクノラボツアー「海洋システム工学分野」 「模型実験をベースにした高速艇の性能評価手法 」

    2004年04月 - 2005年03月

  • 第11回 青少年サマーセミナー トレジャーハンター ~海は宝の山だ~

    2002年04月 - 2003年03月

  • 第10回 青少年サマーセミナー 浮かべ!進め!ヨットの科学

    2001年04月 - 2002年03月

  • 第9回 青少年サマーセミナー もっと海を知ろう

    2000年04月 - 2001年03月

  • 第8回 青少年サマーセミナー 波のエネルギーのナゾを解明しよう

    1999年04月 - 2000年03月

  • 第7回 青少年サマーセミナー 潜水船の浮き沈みのナゾを体験しよう

    1998年04月 - 1999年03月

▼全件表示

メディア報道

  • 新シリーズ 大学と海事産業 新センターや海事業界への考え示す(下) 新聞・雑誌

    海事プレス  2022年12月

  • 新シリーズ 大学と海事産業 新センターや海事業界への考え示す(上) 新聞・雑誌

    海事プレス  2022年12月

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 浮体式海洋構造物の流力および運動性能に関する講義(テーマは要相談)

    分野:工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル)

     詳細を見る

    対象:未就学児, 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 企業, 市民団体

  • 船舶性能に関する講義(内容は要相談)

    分野:工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル)

     詳細を見る

    対象:未就学児, 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 社会人・一般

  • 船舶の復原性に関する講義(内容は要相談)

    分野:工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル)

     詳細を見る

    対象:未就学児, 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 社会人・一般

  • 高速艇の性能に関する講義(テーマは要相談)

    分野:工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル)

     詳細を見る

    対象:未就学児, 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 企業, 市民団体

学術貢献活動

  • Brodogradnja

    役割:査読

    2022年04月 - 2023年03月

外国人受入実績

  • 2023年度

    研究者受入数 :1名

    留学生受入数 :1名

  • 2022年度

    研究者受入数 :4名

    留学生受入数 :1名

国際交流活動

  • 国立アテネ工科大学と大阪公立大学との学術交流に関する協定

    活動区分 :研究

    活動国 :ギリシャ(国立アテネ工科大学)   2023年04月 - 継続中

  • ダナン工科大学と大阪公立大学との学術交流に関する協定

    活動区分 :研究

    活動国 :ベトナム(ダナン工科大学)   2023年04月 - 継続中

  • ユルドゥズ工科大学と大阪公立大学との学術交流に関する協定

    活動区分 :研究

    活動国 :トルコ(ユルドゥズ工科大学)   2022年12月 - 継続中

  • カラデニーズ工科大学と大阪公立大学との学術交流に関する協定

    活動区分 :研究

    活動国 :トルコ(カラデニーズ工科大学)   2022年12月 - 継続中

役職

  • 部局内役職

    大学院工学研究科 航空宇宙海洋系専攻 

    専攻長  2024年04月 - 継続中