2023/05/25 更新

写真a

タニ ヒロユキ
谷 浩行
Tani Hiroyuki
担当
大学院獣医学研究科 獣医学専攻 准教授
獣医学部 獣医学科
職名
准教授
所属
獣医学研究院
所属キャンパス
りんくうキャンパス

担当・職階

  • 大学院獣医学研究科 獣医学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 獣医学部 獣医学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(獣医学) ( 大阪府立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 獣医学  / 基礎獣医学・病態獣医学・応用獣医学・臨床獣医学

研究概要

  • 犬の炎症性腸疾患の病態解明

  • 細菌外膜小胞のワクチン応用に関する研究

  • 大腸菌表層ディスプレイ法を用いた特異的ニワトリ型抗体の作出

  • 小動物の循環器疾患の高感度診断法の開発

  • 小動物の内分泌疾患の高感度簡易診断法および治療法の開発

所属学協会

  • 日本産業動物獣医学会

    1998年04月 - 継続中

  • 日本小動物獣医学会

    1998年04月 - 継続中

  • 動物臨床医学会

    1998年04月 - 継続中

  • 日本獣医公衆衛生学会

    1998年04月 - 継続中

  • 日本獣医師会

    1998年04月 - 継続中

  • 日本獣医学会

    1995年04月 - 継続中

  • 日本野生動物医学会

    1995年04月 - 継続中

▼全件表示

受賞歴

  • 大阪府獣医師会会長賞

    2009年05月   大阪府獣医師会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 大阪府立大学学長顕彰

    1999年06月   大阪府立大学  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第126回日本獣医学会大会長賞

    1998年08月   日本獣医学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

職務経歴(学外)

  • 大阪公立大学   大学院獣医学研究科

    2022年04月 - 継続中

  • 大阪大学 工学研究科 招聘准教授(兼任)

    2015年04月 - 継続中

  • 大阪府立大学   大学院生命環境科学研究科

    2008年10月 - 継続中

論文

  • Duchenne muscular dystrophy遺伝子のエキソン45における1塩基挿入によるトイプードルのジストロフィン欠損型筋ジストロフィ(Dystrophin-deficient muscular dystrophy in a Toy Poodle with a single base pair insertion in exon 45 of the Duchenne muscular dystrophy gene) 査読

    Sakai Kosei, Motegi Tomoki, Chambers James Ken, Uchida Kazuyuki, Nishida Hidetaka, Shimamura Shunsuke, Tani Hiroyuki, Shimada Terumasa, Furuya Masaru

    The Journal of Veterinary Medical Science   84 ( 4 )   502 - 506   2022年04月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

  • Dystrophin-deficient muscular dystrophy in a Toy Poodle with a single base pair insertion in exon 45 of the Duchenne muscular dystrophy gene. 査読

    Kosei Sakai, Tomoki Motegi, James Ken Chambers, Kazuyuki Uchida, Hidetaka Nishida, Shunsuke Shimamura, Hiroyuki Tani, Terumasa Shimada, Masaru Furuya

    The Journal of veterinary medical science   84 ( 4 )   502 - 506   2022年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    A 10-month-old, intact male Toy Poodle was referred for a postural abnormality. Blood biochemical tests revealed a marked increase in plasma creatine phosphokinase (CPK) concentration. The isoenzyme test showed that 99% of serum CPK consisted of CPK-MM. Histopathological evaluation of muscle biopsy samples confirmed scattered degeneration and necrosis of myofibers. Immunohistochemistry for dystrophin showed an absence of staining in muscle cells. Based on these findings, the dog was diagnosed with dystrophin-deficient muscular dystrophy. Whole genome sequencing using genomic DNA extracted from blood revealed a single base pair insertion in exon 45 of the Duchenne muscular dystrophy (DMD) gene. This is the first report on muscular dystrophy in Toy Poodles and identified a novel mutation in the DMD gene.

    DOI: 10.1292/jvms.21-0504

    PubMed

  • Systemic Anaplastic Large T-Cell Lymphoma with Initial Presentation of Dysuria in a Dog. 査読

    Kaneguchi A, Izawa T, Tanaka M, Suzuki H, Tani H, Kuwamura M, Yamate J.

    J Comp Pathol 雑誌   2021年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Retrospective evaluation of nimustine use in the treatment of feline lymphoma. 査読

    Sakai K, Hatoya S, Furuya M, Nabetani T, Kanegi R, Shimamura S, Tani H, Shimada T.

    Vet Med Sci 雑誌   2021年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • イヌのリンパ球形質細胞性腸炎における低マグネシウム血症が重症度や予後に及ぼす影響(Influence of hypomagnesemia on disease severity and prognosis in dogs with lymphocytic-plasmacytic enteritis)

    酒居 幸生, 鳩谷 晋吾, 古家 優, 島村 俊介, 鍋谷 知代, 谷 浩行, 嶋田 照雅

    ペット栄養学会誌   24 ( 1 )   1 - 13   2021年04月( ISSN:1344-3763

     詳細を見る

    ヒトの炎症性腸疾患において、血中マグネシウム濃度は一部の患者で低下し、腸炎の重症度と負の相関を示す。ヒトと同様に、イヌのリンパ球形質細胞性腸炎(LPE)においても低マグネシウム血症が認められるが、病態との関連は不明である。そこで本研究では、イヌLPE症例における血中マグネシウム濃度を測定し、腸炎の重症度や予後との関連を検討することを目的とした。病理組織学的にLPEと診断されたイヌ35頭を組み入れた。診断時における腸炎の組織学的重症度(軽度、中等度または重度)、イヌ炎症性腸疾患活動性指標(CIBDAI)、イヌ慢性腸症活動性指標(CCECAI)を評価し、血清中マグネシウム濃度との関連を検討した。また、低マグネシウム血症の有無で症例を2群に分け、診断後の生存期間を比較した。低マグネシウム血症は22頭(63%)で検出された。血中マグネシウム濃度は腸炎の組織学的重症度、CIBDAIおよびCCECAIと負の相関を示した。低マグネシウム血症の有無で症例の生存期間に有意差は認められなかった。以上のことから、イヌLPE症例における血中マグネシウム濃度は腸炎の重症度を反映しており、バイオマーカーとして有用であると考えられた。(著者抄録)

  • HSP110 expression in canine mammary gland tumor and its correlation with histopathological classification and grade. 査読

    Satoru Okada, Masaru Furuya, Ayano Fukui-Kaneshige, Hitoshi Nakanishi, Hiroyuki Tani, Kazumi Sasai

    Vet Immunol Immunopathol 雑誌   232   2021年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Whole-genome analyses of extended-spectrum or AmpC β-lactamase-producing Escherichia coli isolates from companion dogs in Japan. 査読

    Mayo Yasugi, Shingo Hatoya, Daisuke Motooka, Yuki Matsumoto, Shunsuke Shimamura, Hiroyuki Tani, Masaru Furuya, Keiichiro Mie, Masami Miyake, Shota Nakamura, Terumasa Shimada

    PLoS One 雑誌   2021年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 金属3D プリンターの伴侶動物医療への応用

    三重 慧一郎, 西田 英高, 秋吉 秀保, 古家 優, 谷 浩行, 笹井 和美

    スマートプロセス学会誌   10 ( 4 )   179 - 183   2021年( ISSN:2186-702X

     詳細を見る

  • イヌのリンパ球形質細胞性腸炎における低マグネシウム血症が重症度や予後に及ぼす影響

    酒居幸生, 鳩谷晋吾, 古家優, 島村俊介, 鍋谷知代, 谷浩行, 嶋田照雅

    ペット栄養学会誌   24 ( 1 )   2021年( ISSN:1344-3763

     詳細を見る

  • Decreased serum zinc concentration in dogs with lymphocytic-plasmacytic enteritis, and its associations with disease severity and prognosis. 査読

    Kosei Sakai, Shingo Hatoya, Masaru Furuya, Shunsuke Shimamura, Tomoyo Nabetani, Hiroyuki Tani, Terumasa Shimada

    J Vet Med Sci 雑誌   2020年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • リンパ球形質細胞性腸炎のイヌにおける血清亜鉛濃度低下、およびその疾患重症度および予後との関連性(Decreased serum zinc concentration in dogs with lymphocytic-plasmacytic enteritis, and its associations with disease severity and prognosis)

    Sakai Kosei, Hatoya Shingo, Furuya Masaru, Shimamura Shunsuke, Nabetani Tomoyo, Tani Hiroyuki, Shimada Terumasa

    The Journal of Veterinary Medical Science   82 ( 6 )   759 - 763   2020年06月( ISSN:0916-7250

  • Correlation between toll-like receptor 4 and nucleotide-binding oligomerization domain 2 (NOD2) and pathological severity in dogs with chronic gastrointestinal diseases. 査読

    Aono K, Azuma YT, Nabetani T, Hatoya S, Furuya M, Miki M, Hirota K, Fujimoto Y, Nishiyama K, Ogata Y, Mochizuki T, Tani H.

    Vet Immunol Immunopathol 雑誌   2019年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Prevalence of microorganisms associated with feline gingivostomatitis. 査読

    Nakanishi H, Furuya M, Soma T, Hayashiuchi Y, Yoshiuchi R, Matsubayashi M, Tani H, Sasai K.

    J Feline Med Surg 雑誌   2019年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Outcome of limb fracture repair in rabbits: 139 cases (2007-2015). 査読

    Sasai H, Fujita D, Seto E, Denda Y, Imai Y, Okamoto K, Okamura K, Furuya M, Tani H, Sasai K.

    J Am Vet Med Assoc 雑誌   2018年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 薬用量マニュアル 第5版

    谷 浩行( 担当: 共著)

    日本小動物獣医師会  2021年03月 

  • 犬と猫の耳鼻咽喉疾患

    谷 浩行、他8名( 担当: 共著)

    株式会社緑書房  2020年05月 

  • 細胞表層工学の進展 = Development of cell surface engineering

    谷 浩行( 担当: 共著 ,  範囲: 第2章 医療応用 4. 鶏に対する新規粘膜ワクチンの開発)

    シーエムシー出版  2020年04月  ( ISBN:9784781314969

     詳細を見る

    総ページ数:v, 246p  

    CiNii Books

  • 小動物の臨床栄養学 第5版

    谷 浩行、他35名( 担当: 共著)

    株式会社インターズー  2014年03月 

  • 獣医内科学全書 犬と猫の疾患 第6版

    谷 浩行、他14名( 担当: 共著)

    NEW LLL PUBLISHER  2010年06月 

講演・口頭発表等

  • 冠静脈洞左房交通症の犬の1例 国内会議

    小寺千晶, 島村俊介, 平田翔吾, 前田千尋, 進学之, 駒井仁史, 谷浩行

    第116回獣医循環器学会定例大会  2022年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • DMD遺伝子におけるフレームシフト変異が同定されたトイ・プードルの筋ジストロフィーの1例 国内会議

    酒居幸生、茂木朋貴、チェンバーズ・ジェームズ、内田和幸、 西田英高、島村俊介、谷浩行、嶋田照雅、古家優

    令和3年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会  2022年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 犬の慢性腸症における血中マグネシウム濃度と病態との関連 国内会議

    酒居幸生・鳩谷晋吾・古家 優・島村俊介 鍋谷知代・谷 浩行・嶋田照雅

    日本ペット栄養学会 第22回大会  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 犬の慢性腸症と消化器型リンパ腫を判別する血中アミノ酸濃度を用いたスコアリングシステムの構築 国内会議

    酒居幸生・古家 優・鳩谷晋吾・島村俊介 鍋谷知代・金城綾二・谷 浩行・嶋田照雅

    日本ペット栄養学会 第22回大会  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • DMD遺伝子におけるフレームシフト変異が同定されたトイ・プードルの筋ジストロフィーの1例 国内会議

    酒居幸生、茂木朋貴、チェンバーズ・ジェームズ、内田和幸、 西田英高、島村俊介、谷浩行、嶋田照雅、古家優

    令和 3 年度 日本小動物獣医学会(近畿)  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ACNUをレスキュー療法に用いた大細胞性リンパ腫の猫の6例 国内会議

    酒居幸生、鳩谷晋吾、古家優、鍋谷知代、金城綾二、島村俊介、谷浩行、嶋田照雅

    日本獣医臨床病理学会 2O21 年次大会  2021年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 排尿障害を初発症状とする全身性未分化大細胞リンパ腫の犬の1例 国内会議

    井澤 武史,金口 あゆみ,田中 美有,鈴木 紘史,谷 浩行,桑村 充,山手 丈至

    第8回日本獣医病理学専門家協会学術集会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • MOLECULR ROLE OF HEAT SHOCK PROTEIN 110 IN CANINE MAMMARY GRAND TUMOR 国際会議

    FURUYA M, FUKUI-KANESHIGE A, OKADA S, TANI H, SASAI K

    Asian Meeting of Animal Medical Specialties (AMAMS) 2019  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ウェアラブルデバイスと心拍変動解析を用いた犬の呼吸数判定アルゴリズムの検討 国内会議

    木村太一、島村俊介、林 哲也、谷 浩行、秋吉秀保、鳩谷晋吾、竹中重雄、佐藤れえ子、長谷川哲也、嶋田照雅

    日本小動物獣医学会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Balloon angioplastyを実施した肺動脈弁上狭窄症の猫の1例 国内会議

    平田翔吾, 島村俊介, 駒井仁史、谷 浩行

    日本小動物獣医学会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • イヌの乳腺腫瘍におけるHSP110の発現動態の解析 国内会議

    岡田 悟、古家 優、谷 浩行、笹井 和美

    日本獣医学会学術集会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 野生動物へのオートプシーイメージングの応用-大阪湾沿岸で漂着・混獲されたスナメリ(Neophocaena asiaeorientalis)への試行的評価 国内会議

    伊東隆臣、石川 恵、古家 優、谷 浩行、鍋谷知代、Brian C.W. Kot、 笹井和美

    日本野生動物医学会大会  2018年09月 

  • 一般家庭における健康犬バイタルデータの考察 国内会議

    島村俊介, 濱本将樹, 木村太一, 梅本あずさ, 昌谷洋, 林哲也, 武田啓司, 谷浩行, 秋吉秀保, 鳩谷晋吾, 竹中重雄, 長谷川哲也, 嶋田照雅

    電子情報通信学会大会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 野生動物へのオートプシーイメージングの応用-大阪湾沿岸で漂着・混獲されたスナメリ(Neophocaena asiaeorientalis)への試行的評価

    伊東隆臣, 石川恵, 古家優, 谷浩行, 鍋谷知代, KOT Brian C.W., 笹井和美

    日本野生動物医学会大会・講演要旨集  2018年 

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 大腸菌表層ディスプレイ法を用いた特異的ニワトリ型抗体の作出

  • 小動物の循環器疾患の高感度診断法の開発

  • 小動物の内分泌疾患の高感度簡易診断法および治療法の開発

  • 細菌外膜小胞のワクチン応用に関する研究

  • 犬の炎症性腸疾患の病態解明

担当授業科目

  • 小動物基礎臨床実習

    2022年度   集中講義   大学

  • 獣医臨床栄養学

    2022年度   週間授業   大学

  • 獣医循環呼吸器病学

    2022年度   週間授業   大学

  • 獣医科学特別演習1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 獣医皮膚病学

    2022年度   週間授業   大学

  • 獣医消化器病学

    2022年度   週間授業   大学

  • 獣医内科学総論

    2022年度   週間授業   大学

  • 獣医内科学実習

    2022年度   週間授業   大学

  • 総合臨床

    2022年度   集中講義   大学

  • 臨床基礎実習

    2022年度   週間授業   大学

  • 獣医体験演習

    2022年度   週間授業   大学

  • 獣医科学特別演習1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 伴侶動物診療学特論

    2022年度   集中講義   大学院

  • 国際・国内インターンシップ

    2022年度   集中講義   大学院

  • 獣医科学特別研究1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 獣医内科学B

    2021年度    

  • 獣医伝染病学各論A

    2021年度    

  • 高度医療学特別講義A

    2021年度    

  • 総合臨床

    2021年度    

  • 獣医消化器病学

    2021年度    

  • 獣医臨床栄養学

    2021年度    

  • 獣医内科学総論

    2021年度    

  • 獣医内科臨床

    2021年度   実習  

  • 獣医内科学実習

    2021年度   実習  

  • 獣医皮膚病学

    2021年度    

  • 獣医循環呼吸器病学

    2021年度    

  • 臨床基礎実習

    2021年度   実習  

▼全件表示

独自項目・特記事項(管理運営)

  • 2020年度

      詳細を見る

    独自項目:大阪府立大学附属獣医臨床センター副センター長

  • 2019年度

      詳細を見る

    独自項目:大阪府立大学附属獣医臨床センター副センター長

  • 2018年度

      詳細を見る

    独自項目:大阪府立大学附属獣医臨床センター副センター長