2024/02/09 更新

写真a

オオタ ダイサク
太田 大策
OHTA Daisaku
担当
大学院農学研究科 応用生物科学専攻 教授
農学部 応用生物科学科
職名
教授
所属
農学研究院

担当・職階

  • 大学院農学研究科 応用生物科学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 農学部 応用生物科学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 農学博士 ( 京都大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 応用分子細胞生物学

  • ライフサイエンス / 応用生物化学

  • ライフサイエンス / 応用生物化学

  • ライフサイエンス / 応用分子細胞生物学

研究概要

  • 植物ステロール

  • スマートセルによる物質生産

  • 脂質プロファイリング

  • 遺伝子組換え食品成分の評価

研究歴

  • 食品の安全性研究

    国内共同研究

    2020年04月 - 2021年03月 

  • ケミカルバイオロジーによる炭素代謝フラックス制御

    国内共同研究

    2019年04月 - 2023年03月 

  • 合成生物学による有用物質生産

    国内共同研究

    2018年04月 - 2022年03月 

所属学協会

  • 日本土壌肥料学会

    2015年04月 - 継続中

  • 植物学会

    2015年04月 - 継続中

  • 米国植物生物学会

  • 日本遺伝学会

  • 日本農薬学会

  • 日本農芸化学会

  • 日本生化学会

  • 日本植物生理学会

  • 日本分子生物学会

▼全件表示

受賞歴

  • 論文賞

    2019年01月   日本化学会  

  • 論文賞

    2017年05月   日本食品化学学会  

職務経歴(学外)

  • 大阪府立大学   生命環境科学研究科

    2006年04月 - 継続中

論文

  • The structure–activity relationship of aryloxyacetylthioureas for the inhibition of Orobanche minor radicle elongation

    Okazawa A.

    日本農薬学会誌(Journal of Pesticide Science)   48 ( 4 )   149 - 155   2023年11月( ISSN:1348589X

     詳細を見る

  • Multi-omics Analyses of Non-GM Tomato Scion Engrafted on GM Rootstocks.

    Ogawa T, Kato K, Asuka H, Sugioka Y, Mochizuki T, Nishiuchi T, Miyahara T, Kodama H, Ohta D

    Food Safety   11 ( 3 )   41 - 53   2023年

  • Involvement of α-galactosidase OmAGAL2 in planteose hydrolysis during seed germination of Orobanche minor 査読

    太田 大策

    Jounral of Experimental Botany   73   1992 - 2004   2022年

  • Effect of Transgenic Rootstock Grafting on the Omics Profiles in Tomato. 査読

    Kodama H, Miyahara T, Oguchi T, Tsujimoto T, Ozeki Y, Ogawa T, Yamaguchi Y, Ohta D

    Food Saf (Tokyo) 雑誌   9 ( 2 )   32 - 47   2021年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 遺伝子組み換え台木との接ぎ木がトマトの分子発現プロファイルに及ぼす影響(Effect of Transgenic Rootstock Grafting on the Omics Profiles in Tomato)

    Kodama Hiroaki, Miyahara Taira, Oguchi Taichi, Tsujimoto Takashi, Ozeki Yoshihiro, Ogawa Takumi, Yamaguchi Yube, Ohta Daisaku

    Food Safety   9 ( 2 )   32 - 47   2021年06月

     詳細を見る

    遺伝子組み換え(GM)品種の台木に接ぎ木した非GM品種の穂木から収穫される果実について、導入遺伝子の影響を検討した。台木にはβグルクロニダーゼ(GUS)発現トマトMicro-Tomを、穂木にはステラミニトマトを用い、穂木果実のmRNAとタンパク質の発現量および代謝物の存在量を網羅的に解析し、非GM台木を用いた場合に比べ2倍以上の変動を示す分子を同定した。果実の生育速度、生重量、一般食品成分量に関して、台木の違いによる著明な差はなかった。トランスクリプトーム解析で平均約18500の発現遺伝子が検出され、うち6遺伝子に発現変動がみられた。プロテオーム解析で得られた2442個のペプチドピークについて主成分分析を行ったところ、著明な発現変動は認められなかった。LC-ESI-MS分析で93個、GC-EI-MS分析で114個のピーク群がそれぞれ検出され、このうち相対存在量が2倍以上異なるピーク群は2個であった。以上から、GUS遺伝子導入トマトの台木に接ぎ木をしても、穂木のトマト果実の遺伝子や代謝物に大きな変動はないことが示された。

  • Germination stimulatory activity of bacterial butenolide hormones from Streptomyces albus J1074 on seeds of the root parasitic weed Orobanche minor

    Okazawa A, Samejima H, Kitani S, Sugimoto Y, Ohta D

    J Pestic Sci   46 ( 2 )   242 - 247   2021年05月

  • Identification of flavonoid 8-hydroxylase with gossypetin synthase activity from flower specific EST data of Lotus Japonicus. Hiraga Y, Shimada N, Nagashima Y, Suda K, Kanamori T, Ishiguro K, Sato Y, Hirakawa H, Sato S, Akashi T, Tanaka Y, Ohta D, Aoki K, Shibata D, Suzuki H, Kera K.

    Hiraga Y, Shimada N, Nagashima Y, Suda K, Kanamori T, Ishiguro K, Sato Y, Hirakawa H, Sato S, Akashi T, Tanaka Y, Ohta D, Aoki K, Shibata D, Suzuki H, Kera K.

    Plant Cell Physiol. 2021 Jan 8:pcaa171. doi: 10.1093/pcp/pcaa171. 雑誌   2021年04月

  • Fertile Arabidopsis cyp704b1 mutant, defective in sporopollenin biosynthesis, has a normal pollen coat and lipidic organelles in the tapetum.

    Kobayashi K, Akita K, Suzuki M, Ohta D, Nagata N.

    Plant Biotechnology   38 ( 1 )   109 - 116   2021年03月

  • The effect of nojirimycin on the transcriptome of germinating Orobanche minor seeds 査読

    Okazawa A, Wakabayashi T, Muranaka T, Sugimoto Y, Ohta D.

    Pestic Sci . 2020 Nov 20;45(4):230-237. doi: 10.1584/jpestics.D20-057.   45 ( 4 )   230 - 237   2020年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Rhizotaxis Modulation in Arabidopsis Is Induced by Diffusible Compounds Produced during the Cocultivation of Arabidopsis and the Endophytic Fungus Serendipita indica 査読

    Aoi Inaji, Atsushi Okazawa, Taiki Taguchi, Masatoshi Nakamoto, Nao Katsuyama, Ryoka Yoshikawa, Toshiyuki Ohnishi, Frank Waller, Daisaku Ohta

    Plant Cell Physiology 雑誌   61   838 - 850   2020年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Identification of novel cytochrome P450 monooxygenases from actinomycetes capable of intermolecular oxidative C-C coupling reactions 査読

    Okazawa A, Yamanishi K, Katsuyama N, Kitazawa S, Ogawa T, Ohta D.

    J Biosci Bioeng . 2020 Jan;129(1):23-30. doi: 10.1016/j.jbiosc.2019.07.010   2020年01月

  • 分子間の酸化的C-Cカップリング反応機構を有する放線菌由来新規シトクロムP450モノオキシゲナーゼの同定(Identification of novel cytochrome P450 monooxygenases from actinomycetes capable of intermolecular oxidative C-C coupling reactions)

    Okazawa Atsushi, Yamanishi Kenta, Katsuyama Nao, Kitazawa Shohei, Ogawa Takumi, Ohta Daisaku

    Journal of Bioscience and Bioengineering   129 ( 1 )   23 - 30   2020年01月( ISSN:1389-1723

     詳細を見る

    原核生物のシトクロムP450モノオキシゲナーゼ(P450s)に観察される、酸化的C-Cカップリング反応機構について解明するため、放線菌P450を詳細に調査した。本報では、Streptomyces coelicolor A3のフラビオリン二量体化でみられる酸化的C-Cカップリング反応に深く関わり、CYP158A2と高い相同性を有する放線菌P450に着目し、P450とその基質を包括的に調査した。また、新たに、酸化的C-Cカップリング反応機構のスクリーニングも施行した。その結果、426種類の芳香族化合物で構成される化学ライブラリーのスクリーニングにより、P450と基質のいくつかの組み合わせが特定され、基質結合型への変化を差スペクトルとした場合、タイプIのスペクトル変化により同定された基質が、放線菌由来P450活性部位に結合することが確認された。さらに、反応生成物の吸収極大における赤方偏移とLC-MS分析では、2種の芳香環間において、直接的C-Cカップリング反応を介した生成物により、過剰な共役系が存在することも示された。以上の結果から、放線菌由来P450は、酸化的C-Cカップリング反応の生体触媒として利用され、多様なカップリング生成物の合成を促すことが示された。

  • Identification of novel cytochrome P450 monooxygenases from actinomycetes capable of intermolecular oxidative C-C coupling reactions. 査読

    Okazawa A, Yamanishi K, Katsuyama N, Kitazawa S, Ogawa T, Ohta D.

    J Biosci Bioeng 雑誌   2019年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Wax Ester Synthase/Diacylglycerol Acyltransferase Isoenzymes Play a Pivotal Role in Wax Ester Biosynthesis in Euglena gracilis.

    Tomiyama T, Kurihara K, Ogawa T, Maruta T, Ogawa T, Ohta D, Sawa Y, Ishikawa T.

    Sci Reports   2017年11月

  • Seed Metabolome Analysis of a Transgenic Rice Line Expressing Cholera Toxin B-subunit.

    Ogawa T, Kashima K, Yuki Y, Mejima M, Kurokawa S, Kuroda M, Okazawa A, Kiyono H, Ohta D.

    Sci Rep   2017年07月

  • Selective regulation of pyrethrin biosynthesis by the specific blend of wound induced volatiles in Tanacetum cinerariifolium.

    Sakamori K, Ono N, Ihara M, Suzuki H, Matsuura H, Tanaka K, Ohta D, Kanaya S, Matsuda K.

    Plant Signal Behav   2016年10月

  • Critical Involvement of Environmental Carbon Dioxide Fixation to Drive Wax Ester Fermentation in Euglena.

    Padermshoke A, Ogawa T, Nishio K, Nakazawa M, Nakamoto M, Okazawa A, Kanaya S, Arita M, Ohta D

    Plos One   2016年09月

  • The effect of rapamycin on biodiesel-producing protist Euglena gracilis.

    Mukaida S, Ogawa T, Ohishi K, Tanizawa Y, Ohta D, Arita M.

    Biosci Biotechnol Biochem.   2016年06月

  • iversification of sterol methyltransferase enzymes in plants and a role for β-sitosterol in oriented cell plate formation and polarized growth.

    Nakamoto M, Schmit AC, Heintz D, Schaller H, Ohta D.

    Plant J   2015年12月

  • Targeted Integration of RNA-Seq and Metabolite Data to Elucidate Curcuminoid Biosynthesis in Four Curcuma Species.

    Li D, Ono N, Sato T, Sugiura T, Altaf-Ul-Amin M, Ohta D, Suzuki H, Arita M, Tanaka K, Ma Z, Kanaya S.

    Plant Cell Physiol   2015年05月

  • Integrated analysis of transcriptome and metabolome of Arabidopsis albino or pale green mutants with disrupted nuclear-encoded chloroplast proteins.

    Satou M, Enoki H, Oikawa A, Ohta D, Saito K, Hachiya T, Sakakibara H, Kusano M, Fukushima A, Saito K, Kobayashi M, Nagata N, Myouga F, Shinozaki K, Motohashi R.

    Plant Mol Biol   2014年07月

  • Exploration of polar lipid accumulation profiles in Euglena gracilis using LipidBlast, an MS/MS spectral library constructed in silico.

    Ogawa T, Furuhashi T, Okazawa A, Nakai R, Nakazawa M, Kind T, Fiehn O, Kanaya S, Arita M, Ohta D.

    Biosci Biotechnol Biochem   2014年05月

▼全件表示

担当授業科目

  • 植物バイオサイエンス卒業研究

    2021年度    

  • 植物バイオサイエンス演習

    2021年度    

  • 基礎生命科学

    2021年度    

  • 細胞分子生物学II

    2021年度    

  • 生命環境科学概論【生命環境科学概論【応用生命科学類】】

    2021年度    

  • 機能ゲノム科学特論

    2021年度    

  • 応用生命科学概論

    2021年度    

▼全件表示