2023/11/29 更新

写真a

コジマ アキコ
児島 亜紀子
Kojima Akiko
担当
大学院現代システム科学研究科 現代システム科学専攻 教授
現代システム科学域 教育福祉学類
職名
教授
所属
現代システム科学研究院

担当・職階

  • 大学院現代システム科学研究科 現代システム科学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 現代システム科学域 教育福祉学類 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(社会福祉学) ( 東洋大学 )

  • 社会学修士 ( 東洋大学 )

研究分野

  • 人文・社会 / 社会福祉学  / 社会福祉学

  • 人文・社会 / 社会福祉学

研究キーワード

  • ソーシャルワーク倫理

  • 女性支援

  • 社会福祉原論

  • 社会福祉哲学

  • 社会福祉理論

研究概要

  • 社会福祉実践における価値・倫理・規範についての研究

  • 社会福祉におけるジェンダー課題に関する研究

  • ソーシャルワーク理論についての研究

  • 社会福祉における哲学的諸課題に関する研究

所属学協会

  • 日本ソーシャルワーク学会

    2016年10月 - 継続中   国内

  • 福祉社会学会

    2002年04月 - 継続中   国内

  • 日本社会学会

    1998年06月 - 継続中   国内

  • 日本社会福祉学会

    1995年06月 - 継続中   国内

  • 日本ソーシャルワーク学会

  • 日本社会学会

  • 日本社会福祉学会

  • 福祉社会学会

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 委員   大阪府都市計画審議会  

    2011年04月 - 2012年03月 

  • 委員   大阪府都市計画審議会常務委員会  

    2011年04月 - 2012年03月 

  • 委員   大阪市・被保護者就業支援関連事業委託選考会選考委員会  

    2010年04月 - 2011年03月 

  • 委員   大阪府都市計画審議会  

    2010年04月 - 2011年03月 

  • 委員   堺市「堺の魅力づくり」市民自主事業補助金交付選考委員会  

    2010年04月 - 2011年03月 

  • 委員   堺市南区市民自主事業補助金交付選考委員会  

    2009年04月 - 2010年03月 

  • 委員   大阪市・被保護者就業支援関連事業委託選考会選考委員会  

    2009年04月 - 2010年03月 

  • 委員   堺市「堺の魅力づくり」市民自主事業補助金交付選考委員会  

    2008年04月 - 2009年03月 

  • 委員   堺市南区市民自主事業補助金交付選考委員会  

    2008年04月 - 2009年03月 

  • 委員   堺市「堺の魅力づくり」市民自主事業補助金交付選考委員会  

    2007年04月 - 2008年03月 

  • 委員   堺市南区市民自主事業補助金交付選考委員会  

    2007年04月 - 2008年03月 

  • 委員   堺市「堺の魅力づくり」市民自主事業補助金交付選考委員会  

    2006年04月 - 2007年03月 

  • 委員   文部科学省教科用検定調査審議会  

    2005年04月 - 2006年03月 

  • 委員   堺市南区市民自主事業補助金交付選考委員会  

    2005年04月 - 2006年03月 

  • 委員   長野県上田市保健所地域保健福祉推進委員会  

    1998年04月 - 1999年03月 

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 大阪府立大学   人間社会システム科学研究科(組織改編)

    2016年04月 - 継続中

論文

  • 婦人保護施設の職員による抑圧的実践の認識および批判的省察をめぐって:反抑圧的実践(AOP)展開の可能性に向けて

    児島亜紀子 武子愛

    女性学研究 雑誌 大阪府立大学女性学研究センター   29   2022年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 反抑圧アプローチの視点から見る婦人保護施設職員がとらえた知的障害女性−知的障害と性を中核とした課題との交差性を中心に− 査読

    武子愛 児島亜紀子

    社会問題研究 雑誌   60   2022年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 坂本いづみ,茨木尚子,竹端寛,二木泉,市川ヴィヴェカ 著『脱「いい子」のソーシャルワーク-反抑圧的な実践と理論』

    児島 亜紀子

    ソーシャルワーク学会誌   44 ( 0 )   5 - 8   2022年( ISSN:18843654

     詳細を見る

  • 反抑圧ソーシャルワーク実践(AOP)における交差概念の活用と批判的省察の意義をめぐって

    児島亜紀子

    女性学研究 雑誌 大阪府立大学女性学研究センター   26   19 - 38   2019年03月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/16386

  • ソーシャルワークにおけるフェミニスト・アプローチの展開:ポストモダン的転回を経て

    児島亜紀子

    女性学研究 雑誌 大阪府立大学女性学研究センター   ( 25 )   27 - 51   2018年03月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/15946

  • 市配置の婦人相談員のDV被害者支援における役割ー被害経験者に対するインタビュー調査をもとに

    岩本華子、増井香名子、山中京子、児島亜紀子

    社会問題研究 雑誌 大阪府立大学   66 ( 145 )   53 - 64   2017年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 倫理としてのヴァルネラビリティ 査読

    児島亜紀子

    関西社会福祉研究 雑誌 関西社会福祉学会   ( 1 )   19 - 29   2015年03月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • 2013年度学界回顧と展望 理論・思想部門 査読

    児島亜紀子

    社会福祉学 雑誌 日本社会福祉学会   55 ( 3 )   118 - 129   2014年11月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • 対人援助と倫理:3つの視点から

    児島亜紀子

    要約筆記問題研究 雑誌 全国要約筆記問題研究会   25   31 - 38   2014年03月

  • 「顔」への応答を起点とする正義 : ソーシャルワーク論とレヴィナス思想の交錯

    児島亜紀子

    社会問題研究 雑誌 大阪府立大学人間社会学部社会福祉学科   63   39 - 52   2014年02月

  • 2012年度学会回顧と展望 理論・思想部門 招待

    児島亜紀子

    社会福祉学   54 ( 3 )   97 - 109   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   国際・国内誌:国内誌  

  • ポストモダン社会におけるソーシャルワークの「主体」論

    児島亜紀子

    社会福祉の理論と運営──社会福祉とは何か 著書 筒井書房   80 - 98   2012年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 教育福祉における哲学と思想──社会福祉の視点から

    児島亜紀子

    教育福祉学への招待 著書 せせらぎ出版   17 - 31   2012年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 大正期における大阪府方面委員の実践活動 査読

    岩本華子、児島亜紀子

    アジア・太平洋ソーシャルワーク会議 著書 アジア・太平洋ソーシャルワーク会議プロシーディング   2012年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 架橋する実践―ソーシャルワークの価値と倫理における「正義」および「ケア」をめぐって

    児島亜紀子

    社会問題研究 雑誌 大阪府立大学人間社会学部社会福祉学科   61巻   15 - 28   2012年01月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • ソーシャルワーク実践の基礎的視点──支援を阻むものと促進させる要素

    黒田研二、山中京子、児島亜紀子

    社会との垣根を越える大学の挑戦 大阪府立大学21世紀科学研究機構の活動と実績 著書 エヌ・ティー・エス   61 - 81   2011年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • ソーシャルワークとケアの倫理:その受容と理論的課題

    児島亜紀子

    社会問題研究 雑誌 大阪府立大学人間社会学部社会福祉学科   60巻   1 - 13   2011年01月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • ソーシャルワーク倫理におけるオルタナティヴ:2大規範から文脈、関係、他者に基礎づけられた倫理へ

    児島亜紀子

    社会問題研究 雑誌 大阪府立大学人間社会学部社会福祉学科   59   7 - 19   2010年01月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • 英国ポストモダンソーシャルワークにおける認識論的および倫理的課題をめぐって:ハウ論文の批判を中心に

    児島亜紀子

    社会問題研究 雑誌 大阪府立大学人間社会学部社会福祉学科   58 ( 137 )   29 - 43   2009年03月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • 主体性と他者性-他者に向けて開かれた援助のありようを探って

    児島亜紀子

    社会問題研究 雑誌 大阪府立大学人間社会学部社会福祉学科   57巻 ( 1号 )   35 - 60   2007年12月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • 社会福祉学における主体をめぐる言説とその批判-レヴィナスの他者概念から

    児島亜紀子

    社会問題研究 雑誌 大阪府立大学人間社会学部社会福祉学科   第55巻 ( 第1号 )   37 - 51   2005年12月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • 認識に先立つ召喚-レヴィナスから援助原理へ

    児島亜紀子

    社会問題研究 雑誌 社会問題研究会   53 ( 2 )   1 - 25   2004年03月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • 「他者の-ために-死ぬこと」あるいは苛烈なる原理-レヴィナスから援助原理へ、ふたたび

    児島亜紀子

    社会問題研究 雑誌 社会問題研究会   53 ( 2 )   95 - 116   2004年03月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • SDGs for Well-being – Challenges by educational welfare studies in Japan –

    Akiko Kojima( 担当: 分担執筆 ,  範囲: The Use of the Concept of Intersectionality in Anti-Oppressive Social Work Practice (AOP))

    2023年05月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書   参加形態:ファーストオーサー

    Welfare and Education have been viewed as two separate fields of study. However, even though they are separated as different areas of study, the actual growth/development of people and the issues surrounding them in life and society are closely and inseparably related. For example, poverty is linked to academic achievement, truancy at school is linked to sexual minorities, child abuse is linked to parents' upbringing environment, and all other issues are linked not to individual problems but to the social structure and circumstances surrounding the individual. Moreover, the factors are intertwined and do not exist independently. To confront these complex issues, it is necessary to mobilize knowledge from various disciplines in an interdisciplinary manner to solve these problems. This book has been edited to provide solutions to these problems by bringing together the best knowledge from a variety of academic disciplines while relating the challenges of achieving the SDGs to everyday society so that no one will be left behind. In particular, it is written from the diverse perspectives of social welfare, childcare, education, sociology, health science, human rights, and gender studies, which constitute the new academic field of Social Welfare and Education studies, and pursue the dignity of each person's life and development on a continuum through the period from birth to old age.

  • 人生が輝くSDGs

    伊井直比呂、隅田好美、西田芳正、田垣正晋、児島亜紀子ほか( 担当: 共著)

    せせらぎ出版  2022年03月 

  • 現代社会と福祉 = Contemporary society and welfare

    児島 亜紀子 , 伊藤 文人 (社会福祉学), 坂本 毅啓 , 圷 洋一

    東山書房  2020年  ( ISBN:9784827815375

     詳細を見る

  • 教育福祉学の挑戦

    児島亜紀子、関川芳孝、山中京子、中谷奈津子 他( 担当: 共著)

    せせらぎ出版  2017年03月 

  • ソーシャルワークの倫理と価値

    石倉康次、児島亜紀子、伊藤文人( 担当: 共著)

    法律文化社  2016年07月 

  • 社会福祉実践における主体性を尊重した対等な関わりは可能か: 利用者–援助者関係を考える

    児島亜紀子、本多勇、山中京子、松田博幸( 担当: 共著)

    ミネルヴァ書房  2015年04月 

     詳細を見る

    担当ページ:2-26,27-45  

  • 現代社会と福祉

    児島亜紀子、伊藤文人、坂本毅啓他( 担当: 共著)

    東山書房  2015年03月 

  • Q&Aでわかるソーシャルワーク実践

    澁谷昌史、星野晴彦他

    明石書店  2012年10月 

  • 教育福祉学への招待

    吉田敦彦、山野則子、関川芳孝、山中京子、児島亜紀子 他( 担当: 共著)

    せせらぎ出版  2012年03月 

  • 援助するということ

    古川孝順、岩崎晋也、稲沢公一、児島亜紀子( 担当: 共著)

    有斐閣  2002年06月 

  • 社会福祉21世紀のパラダイムⅠ

    古川孝順、児島亜紀子、野口定久、定藤丈弘、小松理佐子ほか( 担当: 共著)

    誠信書房  1998年10月 

  • 転換期の福祉政策──在宅福祉政策をめぐる検証

    山下袈裟男、園田恭一、古川孝順、児島亜紀子、小松理佐子ほか( 担当: 共著)

    ミネルヴァ書房  1994年03月 

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • ソーシャルワークにおける交差性分析の意義:ソーシャルワーカーの批判的省察の観点から 招待 国内会議

    児島亜紀子

    日本社会福祉学会第71回秋季大会   2023年10月  日本社会福祉学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京  

研究員受入実績

  • 2023年度  研究員数:3名

  • 2022年度  研究員数:3名

担当授業科目

  • 社会福祉特別実習II

    2021年度   実習  

  • 社会福祉実習指導Ⅱ

    2021年度   実習  

  • 社会福祉実習Ⅱ

    2021年度   実習  

  • 教育福祉ゼミナールF

    2021年度    

  • 教育福祉ゼミナールE

    2021年度    

  • 教育福祉ゼミナールD

    2021年度    

  • 教育福祉ゼミナールC

    2021年度    

  • 教育福祉学卒業研究

    2021年度    

  • 教育福祉学演習II

    2021年度    

  • 教育福祉学演習I

    2021年度    

  • 社会福祉実習

    2021年度   実習  

  • 社会福祉学特別演習B

    2021年度    

  • 社会福祉学特別演習A

    2021年度    

  • 社会福祉理論特論B

    2021年度    

  • 社会福祉理論特論A

    2021年度    

  • 社会福祉原論

    2021年度    

  • 社会福祉共同研究特論

    2021年度    

  • ケアリング論

    2021年度    

  • 教育福祉ゼミナールB

    2021年度    

  • 教育福祉ゼミナールA

    2021年度    

  • 学際人間科学特論

    2021年度    

  • 教育福祉学概論II

    2021年度    

  • 教育福祉学概論I

    2021年度    

  • ジェンダー研究特論D

    2021年度    

  • 社会福祉実習指導

    2021年度   実習  

  • 人間社会学特論

    2021年度    

  • ジェンダー研究特別演習II

    2021年度    

  • ジェンダー研究特別演習I

    2021年度    

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 社会福祉原論

    機関名:長野大学,大阪府立大学

所属院生等の論文発表集計

  • 2022年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:5件

  • 2021年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:3件

社会貢献活動

  • 出前講義(清教学園) 「社会福祉って何?どんなことをするの?」

    2010年04月 - 2011年03月

  • 授業公開講座 社会福祉原論B

    2010年04月 - 2011年03月

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 社会福祉とは何か

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学)

     詳細を見る

    対象:小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 企業, 市民団体

    キーワード:社会福祉制度、ソーシャルワーク 

    社会福祉の理念や思想、歴史、制度や援助活動の総体について