2022/07/13 更新

写真a

オガワ カズシゲ
小川 和重
Ogawa Kazushige
担当
大学院獣医学研究科 獣医学専攻 教授
獣医学部 獣医学科
職名
教授
所属
獣医学研究院

担当・職階

  • 大学院獣医学研究科 獣医学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 獣医学部 獣医学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 医学博士 ( 京都大学 )

  • 農学修士 ( 山口大学 )

研究概要

  • 生殖器官におけるEph/ephrinの発現と働き

  • 各器官における組織在住マクロファージの増殖培養法の開発と器官定着機構の解明

  • 生殖器官におけるEph/ephrinの発現と働き

  • 各器官における組織在住マクロファージの増殖培養法の開発と器官定着機構の解明

  • 組織在住マクロファージの増殖培養と機能解析

  • 血液細胞-血管内皮細胞接触とEph/eprhin

  • 固形腫瘍に発現するEphレセプターとそのリガンドEphrinの機能解明

  • 成体の正常組織に発現するEphレセプターとそのリガンドephrinの機能の解明

論文

  • Expression and localisation of ephrin-B1 and EphB4 in steroidogenic cells in the naturally cycling mouse ovary 査読

    Jahangir Alam, Kazushige Ogawa

    Reproductive Biology 雑誌   21 ( 3 )   2021年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Cell Properties of Lung Tissue-Resident Macrophages Propagated by Co-Culture with Lung Fibroblastic Cells from C57BL/6 and BALB/c Mice 査読

    Mayu Tsurutani, Haruka Horie, Kazushige Ogawa

    Biomedicines   9 ( 9 )   2021年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Expression and localisation of ephrin-B1, EphB2, and EphB4 in the mouse testis during postnatal development. 査読

    Md. Royhan Gofur, Jahangir Alam, Kazushige Ogawa

    Reproductive Biology 雑誌   20 ( 3 )   321 - 332   2020年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Simple propagation method for resident macrophages by co-culture and subculture, and their isolation from various organs 査読

    Kazushige Ogawa, Mayu Tsurutani, Aya Hashimoto and Miharu Soeda

    BMC Immunology 雑誌   20 ( 1 )   doi: 10.1186/s12865 - 019   2019年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Compartments with predominant ephrin-B1 and EphB2/B4 expression are present alternately along the excurrent duct system in the adult mouse testis and epididymis 査読

    M. R. Gofur and K. Ogawa

    Andrology 雑誌   7 ( 6 )   2018年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • EphA receptors and ephrin-A ligands are upregulated by monocytic differentiation/maturation and promote cell adhesion and protrusion formation in HL60 monocytes. 査読

    Midori Mukai, Norihiko Suruga, Noritaka Saeki and Kazushige Ogawa

    BMC Cell Biology 雑誌   18 ( 1 )   doi: 10.1186/s12860 - 017   2017年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Truncated EphA2 likely potentiates cell adhesion via integrins as well as infiltration and/or lodgment of a monocyte/macrophage cell line in the red pulp and marginal zone of the mouse spleen, where ephrin‑A1 is prominently expressed in the vasculature 査読

    Naoko Konda, Noritaka Saeki, Shingo Nishino, Kazushige Ogawa

    Histochem Cell Biol 雑誌   147 ( 3 )   317 - 339   2017年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • EphA2 receptor and ephrin-A1 ligand expression in the spleen.

    Kazushige Ogawa, Naoko Konda, Noritaka Saeki

    J. Physiol. Sci. 雑誌   65 ( S1 )   2015年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • EphB signaling inhibits gap junctional intercellular communication and synchronized contraction in cultured cardiomyocytes 査読

    Ishii M, Mueller I, Nakajima T, Pasquale E B, Ogawa K

    Basic Res Cardiol 著書   106   1 - 12   2011年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • EphB2 and ephrin-B1 expressed in the adult kidney regulate the cytoarchitecture of medullary tubule cellsthrough Rho family GTPases 査読

    Ogawa, K., Wada, H., Okada, N., Harada, I., Nakajima, T., Pasquale, E.B., Tsuyama, S.

    J. Cell Sci. 雑誌   119   559 - 570   2006年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The ephrin-A1 ligand and its receptor, EphA2, are expressed during tumor neovascularization. 査読

    Ogawa K, Pasqualini R, Lindberg RA, Kain R, Pasquale EB

    Oncogene 雑誌   19   6043 - 6052   2000年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Veterinary Education Model Core Curriculum 2019:Lecture 1-5. Veterinary Histology

    Kazushige Ogawa, Motoharu Sakaue

    Japanse Association of Establishments for Veterinary Educaiton  2019年06月 

  • 29 Veterinary Education Model Core Curriculum 2019:Practice 1- 2. Veterinary Histology Practice

    Kazushige Ogawa, Motoharu Sakaue

    Japanse Association of Establishments for Veterinary Educaiton  2019年06月 

  • 組織学:8章 唾液腺,肝臓,膵臓,獣医解剖・組織・発生学

    小川和重( 担当: 共著)

    学窓社  2019年03月 

     詳細を見る

    担当ページ:361-369  

  • 組織学:5章 心臓,血管,リンパ管,獣医解剖・組織・発生学

    小川和重( 担当: 共著)

    学窓社  2019年03月 

     詳細を見る

    担当ページ:329-338  

  • 第16章「神経系(脳各部位の分化,脳室系と脳脊髄液循環)」獣医発生学第2版

    小川和重( 担当: 共著)

    学窓社  2019年03月 

     詳細を見る

    担当ページ:194-205  

  • 「内皮と中皮」 獣医組織学(第七版)

    小川和重( 担当: 共著)

    学窓社  2017年03月 

     詳細を見る

    担当ページ:25-27  

  • 「平衡聴覚器」(カラーアトラス獣医解剖学 下巻 増補改定第2版)

    小川和重( 担当: 共著)

    チクサン出版  2016年03月 

     詳細を見る

    担当ページ:689-702  

  • 「雄性生殖器」(カラーアトラス獣医解剖学 上巻 増補改定第2版)

    小川和重( 担当: 共著)

    チクサン出版  2016年03月 

     詳細を見る

    担当ページ:449-465  

  • 「腎臓・尿管・膀胱・尿道の主な構造」,「腎臓」,「雌性生殖器系(1)」,「雌性生殖器系(2)」(動物解剖学ノート)

    小川和重( 担当: 共著)

    講談社  2016年03月 

     詳細を見る

    担当ページ:114-121  

  • 獣医学教育モデル・コア・カリキュラム 2019年度版:組織学モデル・コア・カリキュラム

    小川和重,坂上元栄

    全国大学獣医学関係代表者協議会  2019年06月 

  • 獣医学教育モデル・コア・カリキュラム 2019年度版:組織学実習モデル・コア・カリキュラム

    小川和重,坂上元栄

    全国大学獣医学関係代表者協議会  2019年06月 

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 肺間質マクロファージの培養・増殖法と性状解析 国内会議

    鶴谷 真悠,堀江 遼,小川 和重

    第127回日本解剖学会総会・全国学術集会  2022年03月  日本解剖学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 精巣組織在住マクロファージのプロゲステロン産生とその制御機構 国内会議

    小川 和重, 山内 佐和子

    第127回日本解剖学会総会・全国学術集会  2022年03月  日本解剖学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 肺から培養・増殖させた肺間質マクロファージの性状解析 国内会議

    堀江 遼,鶴谷 真悠,小川 和重

    第164回日本獣医学会学術集会  2021年09月  日本獣医学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 卵巣常在マクロファージの初代培養と性ステロイド産生能 国内会議

    井上 美聖,Alam Jahagir,小川 和重

    第164回日本獣医学会学術集会  2021年09月  日本獣医学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 精巣常在マクロファージのプロゲステロン産生能 国内会議

    山内 佐和子,小川 和重

    第164回日本獣医学会学術集会  2021年09月  日本獣医学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

産業財産権等

  • P19CL6のクローン細胞と心筋細胞への分化誘導方法

    小川和重,ミュラー樹,室伏きみ子

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • In vitroにおける薬剤が表皮の角質化に及ぼす影響の評価

     詳細を見る

    ヒト・ラットなどの培養ケラチノサイトを3次元培養して人工的な表皮を形成させ,薬剤が表皮の角質化に及ぼす影響を検討する。

  • In vitroにおける薬剤の血管新生効果・阻害効果

     詳細を見る

    培養血管内皮細胞を使用して,薬剤の血管新生効果,抗血管新生効果を評価する。

  • In vitroにおける新規薬剤の心毒性の評価

     詳細を見る

    心筋細胞の拍動リズムをビデオに記録し解析するソフトを作成した.このソフトの活用して薬剤の心毒性の有無を評価する。また,強心効果も評価する。

  • 腫瘍の血管新生制御による腫瘍退縮

     詳細を見る

    固形腫瘍の血管新生抑制による腫瘍退縮や腫瘍転移阻止を目指した薬剤の開発において,固形腫瘍の血管密度や血管分布を免疫組織化学的に解析し,その薬剤の血管新生に及ぼす効果を評価する.また,血管内皮細胞を用いて培養系で血管新生モデルを作製し,同様に薬剤の効果を評価する.

担当授業科目

  • 生物学A

    2021年度    

  • 獣医組織学

    2021年度    

  • 統合生体学特別講義A

    2021年度    

  • 先端獣医学研究法特別演習

    2021年度    

  • 動物構造機能学特別研究H

    2021年度   実習  

  • 動物構造機能学特別研究H

    2021年度   実習  

  • 動物構造機能学特別研究G

    2021年度   実習  

  • 動物構造機能学特別研究F

    2021年度   実習  

  • 動物構造機能学特別研究E

    2021年度   実習  

  • 動物構造機能学特別研究D

    2021年度   実習  

  • 動物構造機能学特別研究C

    2021年度   実習  

  • 動物構造機能学特別研究B

    2021年度   実習  

  • 動物構造機能学特別研究A

    2021年度   実習  

  • 動物構造機能学特別演習C

    2021年度    

  • 動物構造機能学特別演習B

    2021年度    

  • 動物構造機能学特別演習B

    2021年度    

  • 動物構造機能学特別演習A

    2021年度    

  • 創薬学概論演習

    2021年度    

  • 獣医科学英語演習

    2021年度    

  • 獣医組織学実習

    2021年度   実習  

  • 獣医解剖学実習

    2021年度   実習  

  • 獣医解剖学B

    2021年度    

  • 獣医解剖学A

    2021年度    

  • 初年次ゼミナール【感情や認識に左右される視覚----『見る・見える』を考える】

    2021年度    

  • 獣医組織学

    2021年度    

  • 生物学B

    2021年度    

  • 臨床基礎実習

    2021年度   実習  

  • 初年次ゼミナール

    2021年度    

▼全件表示