2024/04/18 更新

写真a

シライシ カズノリ
白石 一乗
Shiraishi Kazunori
担当
大学院理学研究科 生物化学専攻 助教
理学部 生物化学科
職名
助教
所属
理学研究院

担当・職階

  • 大学院理学研究科 生物化学専攻 

    助教  2022年04月 - 継続中

  • 理学部 生物化学科 

    助教  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(医学) ( 京都大学 )

研究分野

  • 環境・農学 / 化学物質影響  / 放射線影響関連

  • 環境・農学 / 放射線影響  / 放射線影響関連

研究キーワード

  • 放射線

研究概要

  • 神経発生過程におけるDNA修復酵素の役割

  • 神経幹細胞をモデルとした幹細胞の放射線影響の研究

所属学協会

  • 日本癌学会

    2004年04月 - 継続中   国内

  • 日本放射線影響学会

    1997年04月 - 継続中   国内

  • 日本放射線影響学会

論文

  • Enhanced induction of abnormal telomere FISH signals in response to oxidative DNA damage

    Sakamoto Y.

    Journal of Radiation Research   65 ( 2 )   187 - 193   2024年03月( ISSN:04493060

     詳細を見る

  • Repair kinetics of DNA double-strand breaks and incidence of apoptosis in mouse neural stem/progenitor cells and their differentiated neurons exposed to ionizing radiation 査読

    Kashiwagi H, Shiraishi K, Sakaguchi K, Nakahama T, Kodama S.

    J. Radiat. Res. 著書   59   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • High susceptibility of mouse newborns to delayed appearance of DNA double-strand breaks in neural stem/progenitor cells exposed to ionizing radiation. 査読

    Sakaguchi K, Shiraishi K, Kodama S.

    J. Radiat. Res. 雑誌   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A cyclized helix-loop-helix peptide as a molecular scaffold for the design of inhibitors of intracellular protein-protein interactions by epitope and arginine grafting 査読

    Fujiwara, D., Kitada, H., Oguri, M., Nishihara, T., Michigami, M., Shiriashi, K., Yuba, E., Nakase, I., Im, H., Cho, S., Joung, J. Y., Kodama, S., Kono, K., Ham, S., and Fujii, I.

    Angew Chem. Int. Ed. Engl. 雑誌   55 ( 36 )   2016年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Growth retardation of paramecium and mouse Cells by shielding them from background radiation. 査読

    Kawanishi M, Okuyama K, Shiraishi K, Matsuda Y, Taniguchi R, Shiomi N, Yonezawa M, Yagi T.

    Radiation Reseach 雑誌   2012年

  • Early response of neural stem/progenitor cells after X-ray irradiation in vitro 査読

    Kato, T., Kanemura, Y., Shiraishi, K., Miyake, J., Kodama, S., Hara, M.

    Neuroreport 雑誌   18   895 - 900   2007年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Telomere biology: Implications for radiation carcinogensis 査読

    Kodama, S., Ariyoshi, K., Watanabe, S., Shiraishi, K., Watanabe, M.

    Elsevier Science B.V.   2007年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 3. Increaesd chromosome instability and accumulation of DNA double-strand breaks in Werner syndrome cells

    Ariyoshi, K., Shiraishi, K., Suzuki, K., Goto, M., Watanabe, M. Kodama, S.

    13th International Congress of Radiation Reseach 著書   2007年

▼全件表示

書籍等出版物

  • Telomere biology: Implications for radiation carcinogenesis

    Kodama,S., Ariyoshi, K., Watanabe, S., Shiraishi, K., and Watanabe M.(著者),5人(著者数),2人(うち本学教員数),Y. Shibata, H. Namba, K. Suzuki, a( 担当: 共著)

       2007年01月 

     詳細を見る

    担当ページ:242-247  

講演・口頭発表等

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 硬X線照射装置を用いた材料、機器開発

     詳細を見る

    当研究室で管理するX線照射装置は80Kev程度の実効エネルギーを持つ。この装置を用いて、放射線耐性試験、画像判定試験とうをおこぬことができる。

  • マウス pun 遺伝子復帰突然変異を用いた変異原試験

     詳細を見る

    マウス pun 遺伝子を用いた、様々な変異原に対して高感度な検出系を我々は構築している。さらに、 p53、p21 などの遺伝子欠損マウスと組み合わせることで、変異原試験系の充実を計る。

科研費

  • 新規のDNAリガーゼⅣ遺伝子変異マウスにおける

    2021年

担当授業科目

  • 生物科学実験II

    2021年度   実習  

  • 環境ストレス生物学特論

    2021年度    

  • 生物学実験

    2021年度   実習  

  • 放射線生物学

    2021年度