2024/04/16 更新

写真a

ノツ アキラ
野津 亮
NOTSU akira
担当
大学院現代システム科学研究科 現代システム科学専攻 教授
現代システム科学域 心理学類
職名
教授
所属
現代システム科学研究院
連絡先
メールアドレス
所属キャンパス
中百舌鳥キャンパス

担当・職階

  • 大学院現代システム科学研究科 現代システム科学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 現代システム科学域 心理学類 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(情報学) ( 京都大学 )

  • 修士(情報学) ( 京都大学 )

研究分野

  • 情報通信 / ソフトコンピューティング

  • 人文・社会 / 認知科学

  • 情報通信 / 感性情報学  / 感性情報学・ソフトコンピューティング

  • 人文・社会 / 図書館情報学、人文社会情報学

研究キーワード

  • 強化学習

  • 適応アルゴリズム

  • 認知モデル

  • 認知的均衡

  • 社会シミュレータ

  • 感性情報処理

  • マルチエージェント

  • データ解析

  • コミュニケーション支援

  • コミュニケーション

  • ケア支援

  • クラスター分析

研究概要

  • 認知モデルに基づいた学習アルゴリズム

  • 進化計算・適応アルゴリズム

  • エージェントシミュレーション

  • 人に優しい人工知能

所属学協会

  • 日本知能情報ファジィ学会

    2012年01月 - 継続中

  • アートミーツケア学会

    2007年10月 - 継続中

  • ヒューマンインタフェース学会

    2003年08月 - 継続中

  • 計測自動制御学会

    2002年01月 - 継続中

受賞歴

  • Best Student Paper Award

    M. Iguchi, A. Notsu, K. Yasunaga, S. Ubukata, K. Honda

    2022年11月   iFuzzy 2022 Committee   Deep Reinforcement Learning Combined with Approximation of Number of State Experiences

     詳細を見る

    受賞国:台湾

    In action selection policy during deep reinforcement learning, it is possible to balance exploration and utilization efficiently by considering the selection frequency of state action pairs. However, when the similarity of states is also learned in parallel, it is difficult to accurately count how many times each state has been reached in the past. In this paper, we propose a new method to estimate the value of each state in consideration of the balance between exploration and exploitation by constructing a network which estimates only whether or not the state has been reached in the past but has no reward. The frequency of state reached should simply increase as learning progresses, so we set such a function. The policy takes into account the mean and variance of the beta distribution constructed from reward values and their experience values. The effectiveness of the proposed method is confirmed by numerical experiments.

  • Excellent Paper Award

    2020年09月   International Symposium on Community-centric Systems 2020  

  • 最優秀論文賞

    2017年10月   ISIS2017 国際会議委員会  

  • 優秀論文賞

    2016年10月   FANシンポジウム運営委員会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Best Paper Award

    2016年08月   Joint 8th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 17th International Symposium on Advanced Intelligent Systems  

  • 優秀論文賞

    2015年09月   FANシンポジウム運営委員会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Best Session Paper Award

    2013年11月   14th International Symposium on Advanced Intelligent Systems  

  • 日本知能情報ファジィ学会論文賞

    2012年09月   日本知能情報ファジィ学会  

  • FANプレゼンテーション賞

    2011年09月   FAN2011委員会  

  • 日本知能情報ファジィ学会論文賞

    2011年09月   日本知能情報ファジィ学会  

  • Best Paper Award

    2009年09月   the 19th Intelligent System Symposium & the 1st International Workshop on Aware Computing  

  • Best Paper Award

    2009年08月   10th International Symposium on Advanced Intelligent Systems  

  • Best Paper Award

    2008年06月   2008 IEEE International Conference on Fuzzy Systems  

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 大阪府立大学

    2015年 - 継続中

論文

  • JADEにおける集団外への探索の追加

    宮平 裕一, 井口 牧志, 野津 亮, 本多 克宏

    知能と情報   35 ( 1 )   532 - 537   2023年02月( ISSN:13477986

     詳細を見る

    <p>JADEは確率分布を用いて適応的にパラメータを選択する最適化アルゴリズムである.しかし,解の母集団外の領域の探索を考慮していないため,Nelder-Mead法などの効率的な母集団外探索を追加することで改善することが可能である.本研究では,探索速度をできるだけ高く保ちつつ,少ないパラメータ数で母集団外探索を追加する簡便な方法を検討し,数値実験によりその有効性を確認した.</p>

    DOI: 10.3156/jsoft.35.1_532

  • 部分的距離戦略を用いた不完全データのためのスイッチング非負値行列分解

    岡部 旭良, 本多 克宏, 生方 誠希, 野津 亮

    日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集   39 ( 0 )   79 - 82   2023年

     詳細を見る

    <p> </p>

    DOI: 10.14864/fss.39.0_79

  • 船殻曲面作成自動化に向けたAI線状加熱システムの構築

    加藤 拓也, 廣瀬 天空, 前田 新太郎, 生島 一樹, 野津 亮, 柴原 正和

    溶接学会全国大会講演概要   2023s ( 0 )   142 - 143   2023年

     詳細を見る

    船舶運航時の推進抵抗を低減するために大型の船舶の船首の形状は複雑な曲面を持つ鋼板で構成される。造船所では線状加熱(ぎょう鉄)と呼ばれるガスバーナーによる熱変形を利用した曲げ加工技術で船殻曲面を製造しているが、技術伝承が問題となっている。本研究では、FEM解析と画像計測技術、AI技術を組み合わせて、解析空間上で製造空間を再現し、加熱方案をAIで自動生成することで技術伝承問題を解決するためのシステムを構築した。

    DOI: 10.14920/jwstaikai.2023s.0_142

  • ノイズファジィクラスタリングに基づくANFIS識別器のロバスト化に関する一考察

    北森 頌規, 本多 克宏, 生方 誠希, 野津 亮

    自動制御連合講演会講演論文集   66 ( 0 )   633 - 637   2023年

     詳細を見る

  • Predicting Stock Price Fluctuations Considering the Sunny Effect

    Nakaniwa K.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   14376 LNAI   47 - 54   2023年( ISSN:03029743 ( ISBN:9783031467806

     詳細を見る

  • Handling of Component-Wise Noise in ANFIS Induced by Ellipsoidal Fuzzy Clustering

    Honda K.

    IEEE International Conference on Fuzzy Systems   2023年( ISSN:10987584 ( ISBN:9798350332285

     詳細を見る

  • Fuzzy c-Lines法のための水平分散型の連合学習モデル

    本多 克宏, 雨嶋 亮介, 生方 誠希, 野津 亮

    日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集   39 ( 0 )   385 - 387   2023年

     詳細を見る

    <p> </p>

    DOI: 10.14864/fss.39.0_385

  • FCM-Induced Switching Fuzzy Factorization Machine for Collaborative Filtering

    Daido R.

    IEEE International Conference on Fuzzy Systems   2023年( ISSN:10987584 ( ISBN:9798350332285

     詳細を見る

  • Deep Reinforcement Learning Combined with Approximation of Number of State Experiences 査読

    M. Iguchi, A. Notsu, K. Yasunaga, S. Ubukata, K. Honda

    Proc. of 2022 International Conference on Fuzzy Theory and Its Applications   #0012   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   国際・国内誌:国際誌  

  • Addition of Out-of-population Search Based on the Rate of Solution Updates in JADE 査読

    Y. Miyahira, A. Notsu, K. Honda

    Proc. of 2022 International Conference on Fuzzy Theory and Its Applications   #0077   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   国際・国内誌:国際誌  

  • JADEにおける解の更新割合に基づいた集団外探索の追加

    宮平 裕一, 野津 亮, 本多 克宏

    日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集   38 ( 0 )   276 - 280   2022年

     詳細を見る

    <p> </p>

    DOI: 10.14864/fss.38.0_276

  • Handling of Missing Values in FCM Clustering-based ANFIS with Partial Distance Strategy

    Honda K.

    2022 Joint 12th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 23rd International Symposium on Advanced Intelligent Systems, SCIS and ISIS 2022   2022年( ISBN:9781665499248

     詳細を見る

  • Fuzzy c-Lines for Vertically Distributed Database with Missing Values

    Kunisawa K.

    2022 Joint 12th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 23rd International Symposium on Advanced Intelligent Systems, SCIS and ISIS 2022   2022年( ISBN:9781665499248

     詳細を見る

  • A Noise Clustering-induced Robust Adaptive Network-based Fuzzy Inference System for Classification

    Honda K.

    Proceedings of the International Joint Conference on Neural Networks   2022-July   2022年( ISBN:9781728186719

     詳細を見る

  • k-Means型スイッチングFactorization Machineの一検討

    本多 克宏, 大同 陸渡, 生方 誠希, 野津 亮

    自動制御連合講演会講演論文集   65 ( 0 )   1494 - 1496   2022年

     詳細を見る

  • 組織横断型Fuzzy c-Lines法における欠測値の処理

    國澤 昂平, 本多 克宏, 生方 誠希, 野津 亮

    日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集   38 ( 0 )   571 - 575   2022年

     詳細を見る

    <p> </p>

    DOI: 10.14864/fss.38.0_571

  • 残留応力の高速予測サロゲートモデルの開発とその応用

    加藤 拓也, 廣瀬 天空, 丹後 義彦, 駒田 周治, 山内 悠暉, 野津 亮, 生島 一樹, 柴原 正和

    溶接学会全国大会講演概要   2022f ( 0 )   226 - 227   2022年

     詳細を見る

    線状加熱は熱変形によって曲面を作成する技術である。線状加熱は加熱線の交差・近接によって変形、残留応力の傾向が大きく変化するため、交差・近接を考慮した簡易力学モデルを構築し、正確かつ高速に計算することは困難であった。本研究では交差・近接を考慮した高速予測サロゲートモデルを構築し、熟練技能者の暗黙知を機械によって代替するAI線状加熱システムにこれを適用した。

    DOI: 10.14920/jwstaikai.2022f.0_226

  • ノイズクラスタリングに基づくロバストなスイッチング非負値行列分解

    古川 友晃, 本多 克宏, 生方 誠希, 野津 亮

    日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集   38 ( 0 )   685 - 688   2022年

     詳細を見る

    <p> </p>

    DOI: 10.14864/fss.38.0_685

  • Robust Fuzzy Factorization Machine with Noise Clustering-based Membership Function Estimation 査読

    K. Honda, K. Hoshii, S. Ubukata, A. Notsu

    Soft Computing Letters 雑誌   3 ( 100024 )   2021年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Three-mode Fuzzy Co-clustering Based on Probabilistic Concept and Comparison with FCM-type algorithms 査読

    K. Honda, I. Hayashi, S. Ubukata, A. Notsu

    Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics 雑誌   25 ( 4 )   478 - 488   2021年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • プライバシー保護を考慮した分散データベースの線形ファジィクラスタリング 査読

    本多 克宏,國澤 昂平,生方 誠希,野津 亮

    日本知能情報ファジィ学会誌 雑誌   33 ( 2 )   600 - 607   2021年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • ノイズファジィクラスタリング機構に基づくロバスト非負値行列分解と環境観測値分析への応用 査読

    本多 克宏,上野 雅哲,生方 誠希,野津 亮

    日本知能情報ファジィ学会誌 雑誌   33 ( 2 )   593 - 599   2021年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Objective function-based rough membership C-means clustering 査読

    S. Ubukata, A. Notsu, K. Honda

    Information Sciences 雑誌 Elsevier   548   479 - 496   2021年02月

  • Online state space generation by a growing self-organizing map and differential learning for reinforcement learning 査読

    A. Notsu, K. Yasuda, S. Ubukata, K. Honda

    Applied Soft Computing 雑誌 Elsevier   97 ( 106723 )   1 - 9   2020年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Noise Rejection Approaches for Various Rough Set-Based C-Means Clustering 査読

    S. Ubukata, S. Sekiya, A. Notsu, K. Honda

    Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics 雑誌 Fuji Technology Press   24 ( 6 )   738 - 749   2020年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Designation of Candidate Solutions in Differential Evolution Based on Bandit Algorithm and its Evaluation 査読

    M. Sakakibara, A. Notsu, S. Ubukata, K. Honda

    Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics 雑誌   23 ( 4 )   758 - 766   2019年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Visual Co-cluster Assessment with Intuitive Cluster Validation through Cooccurrence-Sensitive Ordering 査読

    K. Honda, T. Sako, S. Ubukata, A. Notsu

    Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics 雑誌   22 ( 5 )   585 - 592   2018年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Rough Set-Based Clustering Utilizing Probabilistic Memberships 査読

    S. Ubukata, H. Kato, A. Notsu, K. Honda

    Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics 雑誌   22 ( 6 )   956 - 964   2018年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • MMMs-Induced Possibilistic Fuzzy Co-Clustering and its Characteristics 査読

    S. Ubukata, K. Koike, A. Notsu, K. Honda

    Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics 雑誌   22 ( 5 )   747 - 758   2018年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characteristics of Rough Set C-Means Clustering 査読

    S. Ubukata, K. Umado, A. Notsu, K. Honda

    Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics 雑誌   22 ( 4 )   551 - 564   2018年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Spectral Ordering に基づく共クラスタ構造の視覚化とその特徴 査読

    佐古拓也, 本多克宏, 生方誠希, 野津 亮

    システム制御情報学会論文誌 雑誌   31 ( 5 )   177 - 183   2018年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Deterministic Annealing Process for pLSA-induced Fuzzy Co-clustering and Cluster Splitting Characteristics 査読

    T. Goshima, K. Honda, S. Ubukata, A. Notsu

    International Journal of Approximate Reasoning 雑誌   95   185 - 193   2018年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • FCM-type Fuzzy Coclustering for Three-mode Cooccurrence Data: 3FCCM and 3Fuzzy CoDoK 査読

    K. Honda, Y. Suzuki, S. Ubukata, A. Notsu

    Advances in Fuzzy Systems 雑誌   9842127   1 - 8   2017年12月

  • Noise Rejection in MMMs-induced Fuzzy Co-clustering 査読

    K. Honda, N. Yamamoto, S. Ubukata, A. Notsu

    Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics 雑誌   21 ( 7 )   1144 - 1151   2017年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • General Formulation of Rough C-Means Clustering 査読

    S. Ubukata, A. Notsu, K. Honda

    International Journal of Computer Science and Network Security 雑誌   17 ( 9 )   29 - 38   2017年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • プロスペクト理論を応用したベータ分布伝搬型強化学習による効率的探索と活用 査読

    野津 亮, 生方誠希, 本多克宏

    日本知能情報ファジィ学会誌 雑誌   29 ( 1 )   507 - 516   2017年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Two Phase Implementation of MMMs-induced Fuzzy Co-clustering with Partially Exclusive Item Assignment 査読

    T. Nakano, K. Honda, S. Ubukata, A. Notsu

    International Journal of Computer Science and Network Security 雑誌   17 ( 1 )   67 - 72   2017年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Visualization of Learning Process in "State and Action" Space Using Self-Organizing Maps 査読

    A. Notsu, Y. Hattori, S. Ubukata, K. Honda

    Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics 雑誌   20 ( 6 )   983 - 991   2016年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Fuzzy Clustering-based k-anonymization of Eigen-face Features for Crowd Movement Analysis with Privacy Consideration 査読

    K. Honda, M. Omori, S. Ubukata, A. Notsu

    International Journal of Innovative Computing, Information and Control 雑誌   12 ( 4 )   1375 - 1384   2016年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A Semi-supervised Framework for MMMs-induced Fuzzy Co-clustering with Virtual Samples 査読

    D. Tanaka, K. Honda, S. Ubukata, A. Notsu

    Advances in Fuzzy Systems 雑誌   2016 ( 5206048 )   1 - 8   2016年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • ファジィk-memberクラスタリングによる顔画像匿名化を伴うプライバシー保護群集行動分析 査読

    本多克宏, 大森正博, 生方誠希, 野津亮

    システム制御情報学会論文誌 雑誌   29 ( 3 )   130 - 135   2016年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • バンディットアルゴリズムに基づいた汎用最適化手法の開発 査読

    野津亮, 河上寛和, 本多克宏, 生方誠希

    日本知能情報ファジィ学会誌 雑誌   28 ( 1 )   522 - 534   2016年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Consideration of Site-wise Confidence in Fuzzy Co-clustering of Vertically Distributed Cooccurrence Data 査読

    T. Oda, K. Honda, S. Ubukata, A. Notsu

    International Journal of Computer Science and Network Security 雑誌   16 ( 2 )   15 - 21   2016年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Deterministic Annealing Framework in MMMs-Induced Fuzzy Co-Clustering and Its Applicability 査読

    S. Oshio, K. Honda, S. Ubukata, A. Notsu

    International Journal of Computer Science and Network Security 雑誌   16 ( 1 )   43 - 60   2016年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Fuzzy Co-clustering Induced by Multinomial Mixture Models 査読

    K. Honda, S. Oshio, A. Notsu

    Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics 雑誌   19 ( 6 )   717 - 726   2015年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Partially Exclusive Item Partition in MMMs-induced Fuzzy Co-clustering and Its Effects in Collaborative Filtering 査読

    K. Honda, T. Nakano, C.-H. Oh, S. Ubukata, A. Notsu

    Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics 雑誌   19 ( 6 )   810 - 817   2015年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Lecture Notes in Computer Science

    Akira Notsu, Osamu Katai, Hiroshi Kawakami( 担当: 共著)

       2001年04月 

     詳細を見る

    担当ページ:279-290  

講演・口頭発表等

  • Fuzzy Bag-of-Words Based Evaluation Data Imputation for Collaborative Filtering 国際会議

    K. Honda, T. Youkawa, S. Ubukata, A. Notsu

    The 5th International Conference on Ambient Intelligence and Ergonomics in Asia  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ファジィ共クラスタリングにおけるファジィ・可能性分割の導入 国内会議

    本多 克宏,林 昂佑,生方 誠希,野津 亮

    第63回自動制御連合講演会  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ノイズクラスタリングの概念に基づくファジィ推論のロバスト化 国内会議

    本多 克宏,百武 慧,生方 誠希,野津 亮

    第63回自動制御連合講演会  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Randomness Selection in Differential Evolution Using Thompson Sampling 国際会議

    A. Notsu, J. Tsubamoto, Y. Miyahira, S. Ubukata, K. Honda

    Joint 11th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 21st International Symposium on Advanced Intelligent Systems  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Basic Consideration of Collaborative Filtering Based on Rough C-Means Clustering 国際会議

    S. Ubukata, S. Takahashi, A. Notsu, K. Honda

    Joint 11th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 21st International Symposium on Advanced Intelligent Systems  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Basic Consideration of Rough C-Medoids Clustering with Minkowski Distance 国際会議

    S. Ubukata, A. Sugimoto, A. Notsu, K. Honda

    Joint 11th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 21st International Symposium on Advanced Intelligent Systems  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Basic Consideration of Co-Clustering Based on Rough Set Theory 国際会議

    S. Ubukata, N. Nodake, A. Notsu, K. Honda

    8th International Symposium on Integrated Uncertainty in Knowledge Modelling and Decision Making  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

担当授業科目

  • 人間情報システム特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 未来デザイン計画演習

    2023年度   集中講義   大学

  • 人間環境科学演習II(心理演習)

    2023年度   週間授業   大学

  • 認知情報処理

    2023年度   週間授業   大学

  • 環境システム学卒業研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 環境システム学演習III

    2023年度   週間授業   大学

  • 初年次ゼミナール

    2023年度   週間授業   大学

  • 環境システム学演習IV

    2023年度   週間授業   大学

  • 未来デザインインターンシップ

    2023年度   集中講義   大学

  • 心理学実験

    2023年度   週間授業   大学

  • 認知科学2(学習・言語心理学)

    2023年度   週間授業   大学

  • 認知行動科学特別研究1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 人間情報システム特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • 現代システム科学特別演習1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 環境システム学演習I

    2022年度   週間授業   大学

  • 認知科学演習I

    2022年度   集中講義   大学

  • 環境システム学演習III

    2022年度   週間授業   大学

  • 初年次ゼミナール

    2022年度   週間授業   大学

  • 心理学特別研究1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 心理学特別演習1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 人間環境科学演習II(心理演習)

    2022年度   週間授業   大学

  • 認知科学II(学習・言語心理学)

    2022年度   週間授業   大学

  • 環境システム学特別研究VII

    2022年度   集中講義   大学院

  • 環境システム学特別研究VI

    2022年度   集中講義   大学院

  • 環境システム学特別研究VIII

    2022年度   集中講義   大学院

  • 心理学特別演習2

    2022年度   集中講義   大学院

  • 心理学特別研究2

    2022年度   集中講義   大学院

  • 現代システム科学特別演習2

    2022年度   集中講義   大学院

  • 認知行動科学特別研究2

    2022年度   集中講義   大学院

  • 未来デザインインターンシップ

    2022年度   集中講義   大学

  • 環境システム学卒業研究

    2022年度   集中講義   大学

  • 環境システム学演習IV

    2022年度   週間授業   大学

  • 認知情報処理

    2022年度   週間授業   大学

  • 心理・社会環境特別演習B

    2021年度    

  • 心理・社会環境特別演習A

    2021年度    

  • 環境システム学特別研究II

    2021年度    

  • 環境システム学特別研究I

    2021年度    

  • 認知科学演習I

    2021年度    

  • 知的システム設計

    2021年度    

  • 認知情報処理II

    2021年度    

  • 環境システム学卒業研究

    2021年度    

  • 人間情報システム特論

    2021年度    

  • プログラミング入門

    2021年度    

  • 人間環境科学演習Ⅱ(心理演習)

    2021年度    

  • 環境システム学演習I

    2021年度    

  • 認知科学Ⅱ(学習・言語心理学)

    2021年度    

  • 環境システム学演習IV

    2021年度    

  • 環境システム学演習III

    2021年度    

  • 認知情報処理

    2021年度    

▼全件表示

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 人間のように考えるロボットって?

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル)

     詳細を見る

    対象:未就学児, 小学生, 中学生, 教育関係者, 研究者, 企業, 市民団体

    キーワード:強化学習,マルチエージェント,社会心理学,認知工学 

    認知的情報圧縮や忘却などを利用し探索空間を小さくする知的エージェントや人工システムデザインを紹介します