2024/04/08 更新

写真a

イヌイ タカシ
乾 隆
Inui Takashi
担当
大学院農学研究科 生命機能化学専攻 教授
農学部 生命機能化学科
職名
教授
所属
農学研究院
所属キャンパス
中百舌鳥キャンパス

担当・職階

  • 大学院農学研究科 生命機能化学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 農学部 生命機能化学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 理学博士 ( 関西学院大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 獣医学  / 基礎獣医学・基礎畜産学

  • ナノテク・材料 / ナノ材料科学  / ナノ材料・ナノバイオサイエンス

  • ライフサイエンス / 薬系分析、物理化学  / 物理系薬学

  • ライフサイエンス / 生体材料学  / 医用生体工学・生体材料学

  • ライフサイエンス / 生体医工学  / 医用生体工学・生体材料学

  • ライフサイエンス / 獣医学  / 感染症学

  • ライフサイエンス / 生体材料学

  • ライフサイエンス / 生体医工学

▼全件表示

研究キーワード

  • ドラッグデリバリーシステム

  • 人獣共通感染症

  • イヌ・ネコアレルギー

  • 生体高分子機能学

  • 蛋白質科学

  • 標的指向性

  • 寄生虫

  • 分子認識機能

  • 凝集

  • 乳癌

  • リポカリン蛋白質

  • リポカリンタンパク質

  • ドラッグデリバリーシステム

  • トリパノソーマ

  • ターゲッティング

  • イヌアレルギー

  • アミロイド様繊維

  • がん

  • SN-38

  • IgE エピトープ

  • DDS

  • 疎水性薬剤

  • 神経変性疾患

  • 薬物輸送

  • 質量分析

  • 輸送蛋白質

  • 酵素化学

  • 酸化ストレス

  • 難水溶性薬剤

  • 骨芽細胞

  • 高分子材料

研究概要

  • 生体内輸送蛋白質を用いた分子選択的認識機能を有するテーラメード・マイクロキャリア蛋白質の設計

  • Trypanosoma brucei由来核酸合成系酵素の構造解析と阻害剤の開発

  • イヌアレルゲンであるCanis familiaris allergen に対する低アレルゲン化ワクチンンの開発

  • 蛋白質とリガンドの結合親和性及び、構造安定性の研究

  • SPring-8を利用したX線溶液散乱法及び、X線結晶法による蛋白質の構造解析

  • 新規骨粗鬆症治療薬の開発

研究歴

  •  

    ドラッグ・デリバリー・システム、輸送蛋白質、リポカリン属蛋白質、リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素、構造・機能相関  国内共同研究

    2005年04月 - 継続中 

所属学協会

  • The American Society For Biochemistry and Molecular Biology

    2011年10月 - 継続中   国外

  • 日本農芸化学会

    2010年07月 - 継続中   国内

  • 日本熱測定学会

    2010年06月 - 継続中   国内

  • 日本DDS学会

    2009年11月 - 継続中   国内

  • Protien society (アメリカ)

    2009年01月 - 継続中   国外

  • 日本分子生物学会

    2002年04月 - 継続中   国内

  • 日本蛋白質科学会

    2000年06月 - 継続中   国内

  • 日本骨代謝学会

    1997年04月 - 継続中   国内

  • 日本生化学会

    1991年04月 - 継続中   国内

  • 日本生物物理学会

    1988年04月 - 継続中   国内

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 「ディープテック・スタートアップ国際展開プログラム」外部専門家   国立研究開発法人科学技術振興機構  

    2023年11月 - 2024年03月 

  • 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)トライアウト 専門委員   国立研究開発法人科学技術振興機構  

    2022年06月 - 2024年03月 

  • アドバイザー   創発的研究支援事業  

    2022年04月 - 継続中 

  • 支部幹事   日本生化学会近畿支部  

    2021年04月 - 継続中 

  • 外部専門家   研究成果展開事業「大学発新産業創出プログラム」  

    2021年04月 - 2022年03月 

  • 専門委員   JST研究成果展開事業(地域産学バリュープログラム)  

    2021年04月 - 2022年03月 

  • レフェリー   SPring-8利用研究課題審査委員会分科会  

    2021年04月 - 2022年03月 

  • アドバイザー   創発的研究支援事業  

    2021年04月 - 2022年03月 

  • 代議員   日本生化学会  

    2020年04月 - 2023年11月 

  • アドバイザー   創発的研究支援事業  

    2020年04月 - 2021年03月 

  • 機能検証フェーズ 専門委員   国立研究開発法人科学技術振興機構  

    2019年04月 - 2020年03月 

  • 評議員   日本生化学会  

    2012年04月 - 継続中 

  • 評議員   日本農芸化学会  

    2011年04月 - 継続中 

▼全件表示

受賞歴

  • 奨励賞

    2010年02月   第10回バイオビジネスコンペJapan  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

職務経歴(学外)

  • 大阪公立大学   大学院農学研究科

    2022年04月 - 継続中

  • 大阪府立大学   大学院生命環境科学研究科 応用生命科学専攻

    2011年04月 - 継続中

  • 津市立三重短期大学・生活科学科・食物栄養学専攻・助教授

    2002年04月 - 2005年03月

  • (財)大阪バイオサイエンス研究所・分子行動生物学部門,CREST「脳を知る」研究員

    1998年01月 - 2002年03月

  • (株)ノバルティス・ファーマ・宝塚研究所・研究員

    1997年04月 - 1997年12月

  • (株)日本チバ・ガイギー・国際科学研究所・研究員

    1989年04月 - 1997年03月

▼全件表示

学歴

  • 関西学院大学   理学研究科   関西学院大学大学院理学研究科修士課程   博士課程前期   卒業・修了

    1987年04月 - 1989年03月

  • 関西学院大学   理学部   関西学院大学理学部物理学科   学士課程   卒業・修了

    1983年04月 - 1987年03月

論文

  • Mogrol stimulates G-protein-coupled bile acid receptor 1 (GPBAR1/TGR5) and insulin secretion from pancreatic β-cells and alleviates hyperglycemia in mice.

    Tanaka C, Harada N, Teraoka Y, Urushizaki H, Shinmori Y, Onishi T, Yotsumoto Y, Ito Y, Kitakaze T, Inui T, Murata Y, Inui H, Yamaji R

    Scientific reports   14 ( 1 )   3244   2024年02月

     詳細を見る

  • Non-electrostatic interactions associated with aggregate formation between polyallylamine and Escherichia coli

    Nakatsuji M.

    Scientific Reports   13 ( 1 )   14793   2023年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-023-42120-2

    PubMed

    その他URL: https://www.nature.com/articles/s41598-023-42120-2

  • Thermodynamic stability of human lipocalin-type prostaglandin D synthase under various pH conditions(タイトル和訳中)

    Iida Tsukimi, Nakatsuji Masatoshi, Teraoka Yoshiaki, Goto Yuji, Yamamura Takaki, Inui Takashi

    The Journal of Biochemistry   174 ( 1 )   21 - 31   2023年07月( ISSN:0021-924X

  • Structural and interaction analysis of human lipocalin-type prostaglandin D synthase with the poorly water-soluble drug NBQX.

    Yuya Miyamoto, Masatoshi Nakatsuji, Takuya Yoshida, Tadayasu Ohkubo, Takashi Inui

    The FEBS journal   2023年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Lipocalin-type prostaglandin D synthase (L-PGDS) is a secretory lipid-transporter protein that was shown to bind a wide variety of hydrophobic ligands in vitro. Exploiting this function, we previously examined the feasibility of using L-PGDS as a novel delivery vehicle for poorly water-soluble drugs. However, the mechanism by which human L-PGDS binds to poorly water-soluble drugs is unclear. In this study, we determined the solution structure of human L-PGDS and investigated the mechanism of L-PGDS binding to 6-nitro-7-sulfamoyl-benzo[f]quinoxalin-2,3-dione (NBQX), an α-amino-3-hydroxy-5-methyl-4-isoxazole-propionic acid receptor antagonist. NMR experiments showed that human L-PGDS has an eight-stranded antiparallel β-barrel structure that forms a central cavity, a short 310 -helix and two α-helices. Titration with NBQX was monitored using 1 H-15 N HSQC spectroscopy. At higher NBQX concentrations, some cross-peaks of the protein exhibited fast-exchanging shifts with a curvature, indicating at least two binding sites. These residues were located in the upper portion of the cavity. Singular value decomposition analysis revealed that human L-PGDS has two NBQX binding sites. Large chemical shift changes were observed in the H2-helix and A-, B-, C-, D-, H- and I-strands and H2-helix upon NBQX binding. Calorimetric experiments revealed that human L-PGDS binds two NBQX molecules with dissociation constants of 46.7 μm for primary binding and 185.0 μm for secondary binding. Molecular docking simulations indicated that these NBQX binding sites are located within the β-barrel. These results provide new insights into the interaction between poorly water-soluble drugs and human L-PGDS as a drug carrier.

    DOI: 10.1111/febs.16791

    PubMed

  • Thermodynamic stability of human lipocalin-type prostaglandin D synthase under various pH conditions. 査読

    Iida T, Nakatsuji M, Teraoka Y, Goto Y, Yamamura T, Inui T

    Journal of Biochemistry   174 ( 1 )   21 - 31   2023年02月( ISSN:0021-924X

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

    DOI: 10.1093/jb/mvad016

    PubMed

  • Transport Form and Pathway from the Intestine to the Peripheral Tissues and the Intestinal Absorption and Metabolism Properties of Oleamide

    Kobayashi Y.

    Journal of Agricultural and Food Chemistry   70 ( 49 )   15499 - 15508   2022年12月( ISSN:0021-8561

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jafc.2c06791

    PubMed

  • Identification of G protein-coupled receptor 55 (GPR55) as a target of curcumin 査読

    Naoki Harada, Mai Okuyama, Yoshiaki Teraoka, Yumi Arahori, Yoh Shinmori, Hiroko Horiuchi, Paula B. Luis, Akil I. Joseph, Tomoya Kitakaze, Shigenobu Matsumura, Tohru Hira, Norio Yamamoto, Takashi Inui, Naoki Goshima, Claus Schneider, Hiroshi Inui, Ryoichi Yamaji

    npj Science of Food   6 ( 1 )   2022年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <title>Abstract</title>The identification of molecular targets of bioactive food components is important to understand the mechanistic aspect of their physiological functions. Here, we have developed a screening system that enables us to determine the activation of G protein-coupled receptors (GPCRs) by food components and have identified GPR55 as a target for curcumin. Curcumin activated GPR55 and induced serum-response element- and serum-response factor-mediated transcription, which were inhibited by Rho kinase and GPR55 antagonists. Both the methoxy group and the heptadienone moiety of curcumin were required for GPR55 activation. The F190<sup>5.47</sup> residue of GPR55 was important for the interaction with curcumin. The curcumin-induced secretion of glucagon-like peptide-1 in GLUTag cells was inhibited by a GPR55 antagonist. These results indicate that expression screening is a useful system to identify GPCRs as targets of food components and strongly suggest that curcumin activates GPR55 as an agonist, which is involved in the physiological function of curcumin.

    DOI: 10.1038/s41538-021-00119-x

    その他URL: https://www.nature.com/articles/s41538-021-00119-x

  • The Role of miR-217-5p in the Puromycin Aminonucleoside-Induced Morphological Change of Podocytes

    Ishibashi O.

    Non-coding RNA   8 ( 3 )   2022年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/ncrna8030043

    PubMed

  • Identification of G-protein coupled receptor 55 (GPR55) as a target of curcumin 査読

    Naoki Harada, Mai Okuyama, Yoshiaki Teraoka, Yumi Arahori, Yoh Shinmori, Hiroko Horiuchi, Paula B. Luis, Akil I. Joseph, Tomoya Kitakaze, Shigenobu Matsumura, Tohru Hira, Norio Yamamoto, Takashi Iuni, Naoki Goshima, Claus Schneider, Hiroshi Inui, and Ryoichi Yamaji

    npj Science of Food 雑誌   in press   2022年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Zinc mediates the interaction between ceruloplasmin and apo-transferrin for the efficient transfer of Fe(III) ions 査読

    Tetsuya Sakajiri, Masatoshi Nakatsuji, Yoshiaki Teraoka, Kosuke Furuta, Katsuya Ikuta, Kotoe Shibusa, Eriko Sugano, Hiroshi Tomita, Takashi Inui, Takaki Yamamura

    Metallomics   13 ( 12 )   2021年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <title>Abstract</title>
    Fe(II) exported from cells is oxidized to Fe(III), possibly by a multicopper ferroxidase (MCF) such as ceruloplasmin (CP), to efficiently bind with the plasma iron transport protein transferrin (TF). As unbound Fe(III) is highly insoluble and reactive, its release into the blood during the transfer from MCF to TF must be prevented. A likely mechanism for preventing the release of unbound Fe(III) is via direct interaction between MCF and TF; however, the occurrence of this phenomenon remains controversial. This study aimed to reveal the interaction between these proteins, possibly mediated by zinc. Using spectrophotometry, isothermal titration calorimetry, and surface plasmon resonance methods, we found that Zn(II)-bound CP bound to iron-free TF (apo-TF) with a Kd of 4.2 μM and a stoichiometry CP:TF of ∼2:1. Computational modeling of the complex between CP and apo-TF predicted that each of the three Zn(II) ions that bind to CP further binds to an acidic amino acid residue of apo-TF to play a role as a cross-linker connecting both proteins. Domain 4 of one CP molecule and domain 6 of the other CP molecule fit tightly into the clefts in the N- and C-lobes of apo-TF, respectively. Upon the binding of two Fe(III) ions to apo-TF, the resulting diferric TF [Fe(III)2TF] dissociated from CP by conformational changes in TF. In human blood plasma, zinc deficiency reduced the production of Fe(III)2TF and concomitantly increased the production of non-TF-bound iron. Our findings suggest that zinc may be involved in the transfer of iron between CP and TF.

    DOI: 10.1093/mtomcs/mfab065

    その他URL: https://academic.oup.com/metallomics/article-pdf/13/12/mfab065/41836564/mfab065.pdf

  • Structure‐based prediction of the IgE epitopes of the major dog allergen Can f 1 査読

    Masatoshi Nakatsuji, Keisuke Sugiura, Keisuke Suda, Michiko Sakurai, Miki Ubatani, Haruka Muroya, Rina Okubo, Ryo Noguchi, Yoichi Kamata, Yuma Fukutomi, Osamu Ishibashi, Shigenori Nishimura, Takashi Inui

    The FEBS Journal   289 ( 6 )   1668 - 1679   2021年11月( ISSN:1742-464X

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Allergy to dogs has become increasingly prominent worldwide. Seven dog allergens have been identified, including Canis familiaris allergen 1-7 (Can f 1-7). Although Can f 1 is a major dog allergen sensitized to 50-75% of dog-allergic subjects, its IgE epitopes have not been identified. The structural analysis of an allergen is important to identify conformational epitopes. In this study, we generated a recombinant Can f 1 protein and determined its crystal structure using X-ray crystallography. Can f 1 had a typical lipocalin fold, which is composed of an eight-stranded β-barrel and α-helix, and has high similarity to Can f 2, Can f 4, and Can f 6 in overall structure. However, the localizations of surface charges on these proteins were quite different. Based on sequence alignment and tertiary structure, we predicted five critical residues (His86, Glu98, Arg111, Glu138, and Arg152) for the IgE epitopes. The relevance of these residues to IgE reactivity was assessed by generating Can f 1 mutants with these residues substituted for alanine. Although the effects of the mutation on IgE binding depended on the sera of dog-allergic patients, H86A and R152A mutants showed reduced IgE reactivity compared with wild-type Can f 1. These results suggest that Can f 1 residues His86 and Arg152 are candidates for the IgE conformational epitope.

    DOI: 10.1111/febs.16252

    PubMed

    その他URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1111/febs.16252

  • Zinc mediates the interaction between ceruloplasmin and apo-transferrin for the efficient transfer of Fe(III) ions 査読

    Sakajiri, T.; Nakatsuji, M.; Teraoka, Y.; Furuta, K.; Ikuta, K.; Shibusa, K.; Sugano, E.; Tomita, H.; Inui, T.; Yamamura, T.

    Metallomics 雑誌   in press   2021年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Structure-based prediction of the IgE epitopes of the major dog allergen Can f 1 査読

    Nakatsuji, M.; Sugiura, K.; Suda, K.; Sakurai, M.; Ubatani, M.; Muroya, H.; Okubo, R.; Noguchi, R.; Kamata, Y.; Fukutomi, Y.; Ishibashi, O.; Nishimura, S.; Inui, T.

    FEBS. J 雑誌   288   2021年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/00017667

  • Different hydration states and passive tumor targeting ability of polyethylene glycol-modified dendrimers with high and low PEG density 査読

    Tsujimoto,A.; Uehara,H.; Yoshida, H.; Nishio, M.; Furuta, K.; Inui, T.; Matsumoto, A; Morita, S.; Tanaka, M.; Kojima, C.

    Materials Science and Engineering: C 雑誌   126   2021年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Different hydration states and passive tumor targeting ability of polyethylene glycol-modified dendrimers with high and low PEG density.

    Ayako Tsujimoto, Hiroki Uehara, Haruna Yoshida, Misaki Nishio, Kousuke Furuta, Takashi Inui, Akikazu Matsumoto, Shigeaki Morita, Masaru Tanaka, Chie Kojima

    Materials science & engineering. C, Materials for biological applications   126   112159 - 112159   2021年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    It has been reported that the amount of intermediate water, defined as water molecules loosely bound to a material, is a useful index of the material's bio-inert properties. Polyethylene glycol (PEG) is a well-known biocompatible polymer with a large amount of intermediate water. Many researchers have showed that PEGylated nanoparticles are passively accumulated in tumor tissues owing to their enhanced permeability and retention (EPR) effects. Dendrimers are regularly branched polymers with highly controllable size and structure, which can be exploited as potent drug carriers. In this study, we investigated the tripartite relationship among the PEG density, the hydration state, and the passive tumor targeting property, using PEGylated dendrimers. The fully PEGylated dendrimer, PEG64-den, showed similar hydration behavior to PEG and a passive tumor targeting property. In contrast, the hydration state of the partly PEGylated dendrimer, PEG5-den, was different from that of PEG64-den, and the passive tumor targeting property was not observed. This is the first report to show the hydration state of a drug carrier as well as discuss a relationship between the hydration state and biodistribution.

    DOI: 10.1016/j.msec.2021.112159

    PubMed

  • Development of therapeutic agents for human African trypanosomiasis 査読

    Tetsuya OKADA, Takashi INUI

    Translational and Regulatory Sciences   3 ( 2 )   43 - 50   2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.33611/trs.2021-006

  • Allosteric regulation accompanied by oligomeric state changes of Trypanosoma brucei GMP reductase through cystathionine-β-synthase domain 査読 国際共著

    Akira Imamura, Tetsuya Okada, Hikaru Mase, Takuya Otani, Tomoka Kobayashi, Manatsu Tamura, Bruno Kilunga Kubata, Katsuaki Inoue, Robert P. Rambo, Susumu Uchiyama, Kentaro Ishii, Shigenori Nishimura, Takashi Inui

    Nature Communications   11 ( 1 )   1837 - 1837   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    © 2020, The Author(s). Guanosine 5′-monophosphate reductase (GMPR) is involved in the purine salvage pathway and is conserved throughout evolution. Nonetheless, the GMPR of Trypanosoma brucei (TbGMPR) includes a unique structure known as the cystathionine-β-synthase (CBS) domain, though the role of this domain is not fully understood. Here, we show that guanine and adenine nucleotides exert positive and negative effects, respectively, on TbGMPR activity by binding allosterically to the CBS domain. The present structural analyses revealed that TbGMPR forms an octamer that shows a transition between relaxed and twisted conformations in the absence and presence of guanine nucleotides, respectively, whereas the TbGMPR octamer dissociates into two tetramers when ATP is available instead of guanine nucleotides. These findings demonstrate that the CBS domain plays a key role in the allosteric regulation of TbGMPR by facilitating the transition of its oligomeric state depending on ligand nucleotide availability.

    DOI: 10.1038/s41467-020-15611-3

    PubMed

  • Allosteric regulation accompanied by oligomeric state changes of Trypanosoma brucei GMP reductase through cystathionine-β-synthase domain 査読

    Akira Imamura, Tetsuya Okada, Hikaru Mase, Takuya Otani, Tomoka Kobayashi, Manatsu Tamura, Bruno Kilunga Kubata, Katsuaki Inoue, Robert P. Rambo, Susumu Uchiyama, Kentaro Ishii, Shigenori Nishimura & Takashi Inui.

    Nat. Commun. 雑誌   11   2020年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/00017469

  • Crystal structure of the dog allergen Can f 6 and structure-based implications of its cross-reactivity with the cat allergen Fel d 4 査読

    Kenji Yamamoto, Osamu Ishibashi, Keisuke Sugiura, Miki Ubatani, Masaya Sakaguchi, Masatoshi Nakatsuji, Shigeru Shimamoto, Masanori Noda, Susumu Uchiyama, Yuma Fukutomi, Shigenori Nishimura, Takashi Inui

    Scientific Reports   9 ( 1 )   1503 - 1503   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    © 2019, The Author(s). Several dog allergens cause allergic reactions in humans worldwide. Seven distinct dog allergens, designated Canis familiaris allergen 1 to 7 (Can f 1–Can f 7), have been identified thus far. Can f 6 shows high sequence similarity and cross-reactivity with Fel d 4 and Equ c 1, major cat and horse allergens, respectively. This study was conducted on the allergenic epitopes of Can f 6 based on its structural characterization. We demonstrated that sera from 18 out of 38 (47%) dog-sensitized patients reacted to recombinant Can f 6 protein (rCan f 6). We then determined the crystal structure of rCan f 6 by X-ray crystallography, which exhibited a conserved tertiary structural architecture found in lipocalin family proteins. Based on the tertiary structure and sequence similarities with Fel d 4 and Equ c 1, we predicted three IgE-recognizing sites that are possibly involved in cross-reactivity. Substituting three successive amino acids in these sites to triple alanine decreased IgE reactivity to the allergen. However, the degree of reduction in IgE reactivity largely depended on the site mutated and the serum used, suggesting that Can f 6 is a polyvalent allergen containing multiple epitopes and Can f 6-reactive sera contain varied amounts of IgE recognising individual Can f 6 epitopes including those predicted in this study. We also demonstrated that the predicted epitopes are partly involved in IgE cross-reactivity to Fel d 4. Interestingly, the effect of the mutation depended on whether the protein was structured or denatured, indicating that the bona fide tertiary structure of Can f 6 is essential in determining its IgE epitopes.

    DOI: 10.1038/s41598-018-38134-w

    PubMed

  • Maltose-binding proteinを融合したヒラタチャタテアレルゲンLip b 1の精製、およびアレルゲン性の評価

    坂口 真哉, 櫻木 和磨, 福冨 友馬, 川上 裕司, 乾 隆, 石橋 宰

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   92回   [3P - 301]   2019年09月

  • アレルゲンPer a 3と相同性を有するヒラタチャタテアレルゲンの同定、およびそのアレルゲン性の評価

    坂口 真也, 櫻木 和磨, 増田 旭, 福冨 友馬, 川上 裕司, 乾 隆, 石橋 宰

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   92回   [3P - 300]   2019年09月

  • A novel splicing variant of small nucleolar RNA host gene is a podocyte-selective non-coding RNA upregulated in response to puromycin aminonucleoside-induced podocyte injury. 査読

    Horikawa, A., Yoneda, T., Yaoita, E., Yamaguchi, K., Shigenobu, S., Inui, T., and Ishibashi, O.

    J. Biochem. 雑誌   165 ( 5 )   2019年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/00017162

  • small nucleolar RNA host gene 4の新規スプライシング変異体は、ピューロマイシンアミノヌクレオシド誘導性糸球体ポドサイト障害への応答で上方制御されるポドサイト選択的なノンコーディングRNAである(A novel splicing variant of small nucleolar RNA host gene 4 is a podocyte-selective non-coding RNA upregulated in response to puromycin aminonucleoside-induced podocyte injury)

    Horikawa Aya, Yoneda Tomomi, Yaoita Eishin, Yamaguchi Katsushi, Shigenobu Shuji, Kuramochi Mizuki, Yamate Jyoji, Inui Takashi, Ishibashi Osamu

    The Journal of Biochemistry   165 ( 5 )   447 - 454   2019年05月( ISSN:0021-924X

     詳細を見る

    糸球体ポドサイト障害に関連する遺伝子を探索するため、雄性Wistarラットから採取した糸球体ポドサイトの初代培養を行い、RT-PCR法および免疫組織化学的検討を行った。ポドサイトに細胞死を誘導しない濃度(3 mg/ml)のピューロマイシンアミノヌクレオシド(PAN)投与/非投与の条件下で、初代培養されたポドサイトの包括的トランスクリプトーム分析を実施した。その結果、ポドサイトにおいて、small nucleolar RNA host gene 4(Snhg4)の第3イントロン配列を含む転写産物Snhg4-pod発現が検出され、PANにより濃度依存的に上方制御された。また、Snhg4-podはポドサイトで選択的に発現し、脾臓ではやや発現量が低く、他組織では発現量が低いか未検出であった。以上の所見から、Snhg4-podはpoly(A)鎖を持たない、Snhg4の新規スプライシング変異体であり、Snhg4-podの複数の3'末端が同定された。さらに、PANは用量依存的に、ポドサイトのミトコンドリア依存性アポトーシス細胞死を誘導し、RT-PCRにより、Snhg4-podがPAN誘発ネフローゼラットの尿沈渣から検出された。

  • Datasets of microarray analysis to identify Gpr137b-dependent interleukin-4-responsive genes in the mouse macrophage cell line RAW264 査読

    Zohirul Islam, Aya Horikawa, Takashi Inui, Osamu Ishibashi

    Data in Brief   23   103669 - 103669   2019年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    © 2019 The Authors Macrophages are classified mainly into two subtypes, M1 and M2, which exhibit distinct phenotypes, based on their microenvironment. We have recently demonstrated that Gpr137b is abundantly expressed in RAW264 macrophages, “Gpr137b is an orphan G-protein-coupled receptor associated with M2 macrophage polarization” (Islam et al., in press) [1]. Although recent studies have suggested that G-protein-coupled receptors (GPCRs) are associated with M1/M2 macrophage polarization (“G-protein-coupled bile acid receptor 1 (GPBAR1, TGR5) agonists reduce the production of proinflammatory cytokines and stabilize the alternative macrophage phenotype” (Hogenauer et al., 2014) [2], “Leukotriene B4 promotes neovascularization and macrophage recruitment in murine wet-type AMD models” (Sasaki et al., 2018) [3]), available information about GPCR-mediated macrophage polarization is still limited. This prompted us to generate Gpr137b-knockout (KO) RAW264 clones using the CRISPR/Cas9 genome editing system to elucidate the function of Gpr137b in interleukin (IL)-4-induced M2 macrophage polarization (Islam et al., in press) [1]. Here we present the datasets of a microarray analysis to identify Gpr137b-dependent IL-4-responsive genes in RAW264 cells. The raw microarray data are available in the Gene Expression Omnibus database (https://www.ncbi.nlm.nih.gov/geo/) under the accession number GSE117578, https://www.ncbi.nlm.nih.gov/geo/query/acc.cgi?acc=GSE117578.

    DOI: 10.1016/j.dib.2019.01.017

    PubMed

  • Gpr137b is an orphan G-protein-coupled receptor associated with M2 macrophage polarization 査読

    Zohirul Islam, Takashi Inui, Osamu Ishibashi

    Biochemical and Biophysical Research Communications   509 ( 3 )   657 - 663   2019年02月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    © 2018 Elsevier Inc. Macrophages are classified mainly into two subtypes, M1 and M2, which exhibit distinct phenotypes, based on their microenvironment. Although recent studies have suggested that G-protein-coupled receptors (GPCRs) are associated with M1/M2 macrophage polarization, available information on GPCR-mediated macrophage polarization is still limited. In the present study, we identified Gpr137b as an orphan GPCR abundantly expressed in RAW264, a mouse macrophage cell line, and illuminated its role in M2 macrophage polarization. We generated Gpr137b-knockout (Gpr137b-KO) clones of RAW264 cells using the CRISPR/Cas9 genome editing system. Two independent Gpr137b-KO clones were isolated, which were demonstrated to have frameshifting 188-nucleotide deletions at a region containing the ATG start codon of Gpr137b. Consistently, qRT-PCR analysis revealed that the deleted region is not transcribed. We then treated the Gpr137b-KO and wildtype RAW264 cells with interleukin-4 (IL-4) to induce M2 macrophage polarization. Microarray analysis revealed that the IL-4-induced gene expression of representative M2 macrophage markers was significantly reduced in the Gpr137b-KO cells, and this was validated by qRT-PCR analysis. By contrast, M1 macrophage marker gene expression induced by lipopolysaccharide was unaffected by Gpr137b-KO. Collectively, the current study shows that Gpr137b is a possible regulator of M2 macrophage polarization.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2018.12.140

    PubMed

  • Gpr137b is an orphan G-protein-coupled receptor associated with M2 macrophage polarization. 査読

    Islam, Z., Inui, T., and Ishibashi, O.

    Biochem. Biophys. Res. Commun. 雑誌   509 ( 3 )   2019年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/00017161

  • Crystal structure of the dog allergen Can f 6 and structure-based implications of its cross-reactivity with the cat allergen Fel d 4. 査読

    Yamamoto, K., Ishibashi, O., Sugiura, K., Ubatani M., Sakaguchi, M., Nakatsuji, M., Shimamoto, S., Noda, M., Uchiyama, S., Fukutomi, Y., Nishimura, S., and Inui, T.

    Sci. Rep. 雑誌   9 ( 1 )   2019年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Datasets of microarray analysis to identify Gpr137b-dependent interleukin-4-responsive genes in the mouse macrophage cell line RAW264. 査読

    Islam, Z., Horikawa, A., Inui, T., and Ishibashi, O.

    Data in Brief 雑誌   23   2019年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A novel splicing variant of small nucleolar RNA host gene 4 is a podocyte-selective non-coding RNA upregulated in response to puromycin aminonucleoside-induced podocyte injury 査読

    Aya Horikawa, Tomomi Yoneda, Eishin Yaoita, Katsushi Yamaguchi, Shuji Shigenobu, Mizuki Kuramochi, Jyoji Yamate, Takashi Inui, Osamu Ishibashi

    Journal of Biochemistry   165 ( 5 )   447 - 454   2019年( ISSN:0021-924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    © The Author(s) 2018. Published by Oxford University Press on behalf of the Japanese Biochemical Society. All rights reserved. Podocytes are terminally differentiated cells that function as the glomerular filtration barrier in the kidney, and podocyte injury leads to serious proteinuria and podocyte leakage into urine. Recent studies have demonstrated that the number of urinary podocytes is correlated with the progression of glomerular diseases. Therefore, urinary podocytes may serve as an indicator of podocyte injury. In this study, to explore podocyte injury-related genes, we performed comprehensive transcriptome analysis of primary rat podocytes cultured in the presence or absence of puromycin aminonucleoside (PAN), an agent commonly used to induce podocyte injury. RNA-seq revealed that a transcript containing the intronic sequence of small nucleolar RNA host gene 4 (Snhg4) was expressed in podocytes and upregulated by PAN. RT-qPCR analysis demonstrated that this transcript, but not Snhg4, was selectively expressed in podocytes. Therefore, we designated the novel transcript Snhg4-pod. 50- and 30-RACE experiments revealed that Snhg4-pod is a novel splice variant of Snhg4 lacking a poly(A) tail. PAN induced Snhg4-pod expression in podocytes in a dose-dependent manner along with their mitochondria-mediated apoptotic cell death. Further, Snhg4-pod was detected in urinary sediments from PAN-induced nephrotic rats. Our findings suggest that Snhg4-pod may serve as a novel marker for the diagnosis of glomerular injury.

    DOI: 10.1093/jb/mvy118

    PubMed

  • Improved cell recovery and RNA extraction from specimens fixed with liquid-based cytology solution. 査読

    Jikuzono, T., Horikawa, A., Ishikawa, T., Sugitani, I., Inui, T., and Ishibashi, O.

    BMC Res., Notes   11 ( 1 )   2018年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • MiR-141-3p is upregulated in esophageal squamous cell carcinoma and targets pleckstrin homology domain leucine-rich repeat protein phosphatase-2, a negative regulator of the PI3K/AKT pathway. 査読

    Isibashi, O.; Akagi, I.; Ogawa, Y.; Inui, T.

    Biochem. Biophys. Res. Commun 雑誌   501 ( 2 )   507 - 513   2018年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Comprehensive Evaluation of the Binding of Lipocalin-Type Prostaglandin D Synthase to Poorly Water-Soluble Drugs. 査読

    Teraoka, Y.; Kume, S.; Lin, Y.; Atsuji, S.; Inui, T.

    Mol. Pharm. 雑誌   14 ( 10 )   3558 - 3567   2017年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Solubility-Improved 10-O-Substituted SN-38 Derivatives with Antitumor Activity. 査読

    Doi, H.; Kida, T.; Nishino, K.; Nakatsuji, M.; Sakamoto, S.; Shimizu, S.; Teraoka, Y.; Tamura, Y.; Kataoka, Y.; Inui, T.

    ChemMedChem. 雑誌   12 ( 20 )   1715 - 1722   2017年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • MEK and PI3K catalytic activity as predictor of the response to molecularly targeted agents in triple-negative breast cancer. 査読

    Sato, N., Wakabayashi, M., Nakatsuji, M., Kashiwagura, H., Shimoji, N., Sakamoto, S., Ishida, A., Lee, J., Lim, B., Ueno, N. T., Ishihara, H., and Inui, T.

    Biochem. Biophys. Res. Commun. 雑誌   480 ( 4 )   2017年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Lip b 1 is a novel allergenic protein isolated from the booklouse, Liposcelis bostrychophila. 査読

    Ishibashi, O., Sakuragi, K., Fukutomi, Y., Kawakami, Y., Kamata, Y., Sakurai, M., Nakayama, S., Uchiyama, H., Kobayashi, H., Kojima, H., and Inui, T.

    Allergy 雑誌   72 ( 6 )   2017年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Kinetics and polymorphs of yeast prion Sup35NM amyloidogenesis. 査読

    Kinoshita, M., Lin, Y., Nakatsuji, M., Inui, T., and Lee, Y. H.

    Int. J. Biol. Macromol. 雑誌   102   2017年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Development of pH-Independent Drug Release Formulation Using Lipocalin-Type Prostaglandin D Synthase 査読

    Mizoguchi, M., Nakatsuji, M., Takano, J., Ishibashi, O., Wada, K., Inui, T.

    J. Pharma. Sci. 雑誌   105 ( 9 )   2735 - 42   2016年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Active site cysteine-null glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase (GAPDH) rescues nitric oxide-induced cell death. 査読

    Takeya Kubo, Hidemitsu Nakajima, Masatoshi Nakatsuji, Masanori Itakura, Akihiro Kaneshige, Yasu-Taka Azuma, Takashi Inui, Tadayoshi Takeuchi

    Nitric Oxide 雑誌   53   13 - 21   2016年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Novel Characteristics of Trypanosoma brucei Guanosine 5'-monophosphate Reductase Distinct from Host Animals. 査読

    Bessho, T., Okada, T., Kimura, C., Shinohara, T., Tomiyama, A., Imamura, A., Kuwamura, M., Nishimura, K., Fujimori, K., Shuto, S., Ishibashi, O., Kubata, K., Inui, T.

    PLoS Negl. Trop. Dis. 雑誌   10 ( 1 )   2016年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Human Lipocalin-Type Prostaglandin D Synthase-Based Drug Delivery System for Poorly Water-Soluble Anti-Cancer Drug SN-38. 査読

    Nakatsuji, M., Inoue, H., Kohno, M., Saito, M., Tsuge, S., Shimizu, S., Ishida, A., Ishibashi, O., Inui, T.

    PLoS One 雑誌   10 ( 11 )   2015年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Glyceraldehyde-3-phosphate Dehydrogenase Aggregates Accelerate Amyloid-β Amyloidogenesis in Alzheimer Disease. 査読

    Itakura, M., Nakajima, H., Kubo, T., Semi, Y., Kume, S., Higashida, S., Kaneshige, A., Kuwamura, M., Harada, N., Kita, A., Azuma, Y. T., Yamaji, R., Inui, T., Takeuchi, T.

    J. Biol. Chem.   290 ( 43 )   26072 - 26087   2015年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Novel oral formulation approach for poorly water-soluble drug using lipocalin-type prostaglandin D synthase 査読

    Mizoguchi, M., Nakatsuji, M., Inoue, H., Yamaguchi, K., Sakamoto, A., Wada, K., and Inui, T.

    European Journal of Pharmaceutical Sciences 雑誌   74   77 - 85   2015年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Nuclear-translocated Glyceraldehyde-3-phosphate Dehydrogenase Promotes Poly(ADP-ribose) Polymerase-1 Activation during Oxidative/Nitrosative Stress in Stroke. 査読

    Nakajima, H., Kubo, T., Ihara, H., Hikida, T., Danjo, T., Nakatsuji, M., Shahani, N., Itakura, M., Ono, Y., Azuma, Y., Inui, T., Kamiya, A., Sawa, A. and Takeuchi, T.

    J. Biol. Chem. 雑誌   290 ( 23 )   14493 - 14503   2015年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Lipocalin-type prostaglandin D synthase scavenges biliverdin in the cerebrospinal fluid of patients with aneurysmal subarachnoid hemorrhage 査読

    Inui, T., Mase, M., Shirota, R., Nagashima, M., Okada, T., and Urade, Y.

    J. Cerebral Blood Flow & Metabolism 雑誌   34 ( 9 )   1558 - 1567   2014年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Identification of endoglin-dependent BMP-2-induced genes in the murine periodontal ligament cell line PDL-L2 査読

    Ishibasi, O., and Inui, T.

    J. Mol. Signal. 雑誌   9 ( 5 )   2014年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A toxin isolated from Sarcocystis fayeri in raw horsemeat may be responsible for food poisoning. 査読

    Kamata, A., Saito, M., Irikura, D., Yahata, Y., Ohnishi, T., Bessho, T., Inui, T., Watanabe, M., Sugita-Konishi, Y.

    J. Food Prot. 雑誌   77 ( 5 )   814 - 819   2014年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Dataset of microarray analysis to identify endoglin-dependent bone morphogenetic protein-2-responsive genes in the murine periodontal ligament cell line PDL-L2. 査読

    Ishibashi, O., and Inui, T.

    Genomics Data 雑誌   2   24 - 26   2014年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Fine-tuned broad binding capability of human lipocalin-type prostaglandin D synthase for various small lipophilic ligands. 査読

    Kume, S., Lee, Y. H., Nakatsuji, M., Teraoka, Y., Yamaguchi, K., Goto, Y., Inui, T.

    FEBS lett. 雑誌   588 ( 6 )   962 - 969   2014年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characterization of the novel Trypanosoma brucei inosine 5’-monophosphate dehydrogenase. 査読

    Bessho, T., Morii, S., Kusumoto, T., Shinohara, T., Noda, M., Uchiyama, S., Shuto, S., Nishimura, S., Djikeng, A., Duszenko, M., Martin, SK. Inui, T. and Kubata, BK.

    Parasitology 雑誌   140 ( 6 )   735 - 745   2013年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Doxorubicin-conjugated dendrimer/collagen hybrid gels for metastasis-associated drug delivery system. 査読

    Kojima, C., Suehiro, T., Watanabe, K., Ogawa, M., Fukuhara, A., Nishisaka, E., Harada, A., Kono, K., Inui, T., and Magata, Y.

    Acta Biomater. 雑誌   9 ( 3 )   5673 - 5680   2013年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Systematic Interaction Analysis of Human Lipocalin-type Prostaglandin D Synthase with Small Lipophilic Ligands 査読

    Satoshi KUME, Young-Ho LEE, Yuya MIYAMOTO, Harumi FUKADA, Yuji GOTO and Takashi INUI

    Biochem J. 雑誌   446   279 - 289   2012年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Synthesis and binding properties of peptidomimetics based on a dendritic polymer. 査読

    Kojima, C., Fukada, H., and Inui, T

    Polymer J. 雑誌   45   339 - 345   2012年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Novel drug delivery system for poorly water-soluble drugs using lipocalin-type prostaglandin D synthase. 査読

    Fukuhara, A., Nakajima, H., Miyamoto, Y., Inoue, K., Kume, S., Lee, YH., Noda, M., Uchiyama, S., Shimamoto, S., Nishimura, S., Ohkubo, T., Goto, Y., Takeuchi, T., and Inui T.

    J Control. Release. 雑誌   159 ( 1 )   143 - 150   2012年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Lipocalin-type prostaglandin D synthase protects against oxidative stress-induced neuronal cell death. 査読

    Fukuhara, A., Yamada, M., Fujimori, K., Kusumoto, T., Nakajima, H., and Inui, T.

    Biochem J. 雑誌   443 ( 1 )   75 - 84   2012年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • NMR and CD analysis of an intermediate state in the thermal unfolding process of mouse lipocalin-type prostaglandin D synthase. 査読

    Miyamoto, Y., Noda, Y., Iida, T., Yamaguchi, K., Nishimura, S., Tanaka, A., Segawa, S., Inui, T.

    J. Biochem. 雑誌   151 ( 3 )   335 - 342   2012年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Prevention of paraquat-induced apoptosis in human neuronal SH-SY5Y cells by lipocalin-type prostaglandin D synthase. 査読

    Fujimori, K., Fukuhara, A., Inui, T., and Allhorn, M.

    J. Neurochem. 雑誌   120   279 - 291   2012年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Kinetic and crystallographic analyses of the catalytic domain of chitinase from Pyrococcus furiosus - the role of conserved residues in the active site. 査読

    Tsuji, H., Nishimura, S., Inui, T., Kado, Y., Ishikawa, K., Nakamura, T., Uegaki, K.

    FEBS J 雑誌   277   2683 - 2695   2010年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • An aggregate-prone mutant of human glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase augments oxidative stress-induced cell death in SH-SY5Y cells. 査読

    Nakajima, H., Amano, W., Fukuhara, A., Kubo, T., Misaki, S., Azuma, Y., Inui, T., and Takeuchi, T.

    Biochem. Biophys. Res. Commun. 雑誌   390   1066 - 1071   2009年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • GAPDH aggregate formation participates in oxidative stress-induced cell death. 査読

    Nakajima, H., Amano, W., Kubo, T., Fukuhara, A., Ihara, H., Azuma, Y., Tajima, H., Inui, T., Sawa, A., and Takeuchi, T.

    J Biol Chem 雑誌   284   34331 - 34341   2009年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Structural analysis of lipocalin-type prostaglandin D synthase complexed with biliverdin by small-angle X-ray scattering and multi-dimensional NMR. 査読

    Miyamoto, Y., Nishimura, S., Inoue, K., Shimamoto, S., Yoshida, T., Fukuhara, A., Yamada, M., Urade, Y., Yagi, N., Ohkubo, T., and Inui, T.

    J. Struct. Biol. 雑誌   169   209 - 218   2009年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Compact packing of lipocalin-type prostaglandin D synthase induced by binding of lipophilic ligands. 査読

    Inoue, K., Yagi, N., Urade, Y., and Inui, T.

    J. Biochem. 雑誌   145 ( 2 )   169 - 175   2009年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Surface plasmon resonance characterization of specific binding of polyglutamine aggregation inhibitors to the expanded polyglutamine stretch. 査読

    Okamoto, Y., Nagai, Y., Fujitake, N., Popiel, H. A., Toshioka, T., Toda, T., and Inui, T.

    Biochem. Biophys. Res. Commun. 雑誌   378   634 - 639   2009年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Pharmacokinetics of Recombinant Human Lipocalin-type Prostaglandin D Synthase/beta-trace in Canine 査読

    Li, W., Mase, M., Inui, T., Shimoda, M., Isomura, K., Oda, H., Yamada, K., Urade, Y.

    Neurosci. Res. 雑誌   61 ( 3 )   289 - 293   2008年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Human breast adenocarcinoma (MDA-231) and human lung squamous cell carcinoma (Hara) do not have the ability to cause bone resorption by themselves during the establishment of bone metastasis. 査読

    Tomita, A., Kasaoka, T., Inui, T., Toyoshima, M., Nishiyama, N., Saiki, H., Iguchi, H., and Nakajima, M.

    Cin. Exp. Matastas. 雑誌   25 ( 4 )   437 - 444   2008年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Up-regulated neuronal COX-2 expression after cortical spreading depression is involved in non-REM sleep induction in rats. 査読

    Cui, Y., Kataoka, Y., Inui, T., Mochizuki, T., Onoe, H., Matsumura K., Urade, Y., Yamada, H., and Watanabe, Y.

    J. Neurosci. Res. 雑誌   86   929 - 936   2008年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Thermal unfolding mechanism of lipocalin-type prostaglandin D synthase 査読

    Iida, T., Nishimura, S., Mochizuki, M., Uchiyama, S., Ohkubo, T., Urade, Y., Tanaka, A., and Inui, T.

    FEBS J 雑誌   275   233 - 241   2008年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • NMR solution structure of lipocalin-type prostaglandin D synthase: Evidence for partial overlapping of catalytic pocket and retinoic acid-binding pocket within the central cavity. 査読

    Shimamoto, S., Yoshida, T., Inui, T., Gohda, K., Kobayashi, Y., Fujimori, K., Aritake, K., Urade, Y., and Ohkubo, T.

    J. Biol. Chem. 雑誌   282 ( 43 )   31373 - 31379   2007年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The active site cysteine of the proapoptotic protein glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase is essential in oxidative stress-induced aggregation and cell death. 査読

    Nakajima, H., Amano, W., Fujita, A., Fukuhara, A., Azuma, Y., Hata, F., Inui, T., and Takeuchi, T.

    J. Biol. Chem. 雑誌   282 ( 36 )   26562 - 26574   2007年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A toxic monomeric conformer of the polyglutamine protein. 査読

    Nagai, Y., Inui, T., Popiel, H. A., Fujikake, N., Hasegawa, K., Urade, Y., Goto, Y., Naiki, H., Toda, T.

    Nature Structural & Molecular Biology 雑誌   14 ( 4 )   332 - 340   2007年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characterization of a major secretory protein in the cane toad (Bufo marinus) choroid plexus as an amphibian lipocalin-type prostaglandin D synthase 査読

    Irikura, D., Inui, T., Beuckmann, CT., Aritake, K., Schreiber, G., Miyano, M., Inoue, T., and Urade, Y.

    J. Biochem. 雑誌   141   173 - 180   2007年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • MMP-9 antisense oligodeoxynucleotide exerts an inhibitory effect on osteoclastic bone resorption by suppressing cell migration. 査読

    Ishibashi O, Niwa S, Kadoyama K, Inui T.

    Life Sci. 雑誌   79 ( 17 )   1657 - 1660   2006年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Zebrafish and chicken lipocalin-type prostaglandin D synthase homologues: Conservation of mammalian gene structure and binding ability for lipophilic molecules, and difference in expression profile and enzyme activity. 査読

    Fujimori, K., Inui, T., Uodome, N., Kadoyama, K., Aritake, K., Urade, Y.

    Gene 雑誌   375   14 - 25   2006年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Prostaglandin D2-mediated microglia/astrocyte interaction enhances astrogliosis and demyelination in twitcher. 査読

    Mohri, I., Taniike, M., Taniguch, H., Kanekiyo, T., Aritake K., Inui T., Fukumoto N., Eguchi, N., Kushi, A., Sasai, H., Kanaoka, K., Ozono, K., Narumiya, S., Suzuki, K., and Urade, Y.

    J. Neurosci. 雑誌   26 ( 16 )   4383 - 4393   2006年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Further application of a two-step heparin affinity chromatography method using divalent cations as eluents: Purification and identification of membrane-bound heparin binding proteins from the mitochondrial fraction of HL-60 cells. 査読

    Iida, T., Kamo, M., Uozumi, N., Inui, T., and Imai K.

    J. Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci. 雑誌   823 ( 2 )   209 - 212   2005年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Structural and mutational analysis of Trypanosoma brucei prostaglandin H2 reductase provides insight into the catalytic mechanism of aldo-ketoreductases. 査読

    Kubata, BK, Inoue, T., Okano, Y., Kabututu, Z., Martin, SK., Lazarus, M., Duszenko, M., Sumii, Y., Kusakari, Y., Matsumura, H., Kai, Y., Sugiyama, S., Inaka, K., Inui, T., and Urade Y.

    J. Biol. Chem. 雑誌   280 ( 28 )   26371 - 26382   2005年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Disruption of the toxic conformation of the expanded polyglutamine stretch leads to suppression of aggregate formation and cytotoxicity. 査読

    Popiel, H. A., Nagai, Y., Onodera, O., Inui, T., Fujikake, N., Urade, Y., Strittmatter, W. J., Burke, J. R., Ichikawa, A., and Toda, T.

    Biochem. Biophys. Res. Commun. 雑誌   317 ( 4 )   1200 - 1206   2004年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Lipocalin-type prostaglandin D synthase (&#61538;-trace) in cerebrospinal fluid: a useful marker for the diagnosis of normal pressure hydrocephalus. 査読

    Mase, M., Yamada, K., Shimazu, N., Seiki, K., Oda, H., Nakau, H., Inui, T., Li,W., Eguchi, N., and Urade, Y.

    Neurosci. Res. 雑誌   47 ( 4 )   455 - 459   2003年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characterization of unfolding process of lipocalin-type prostaglandin D synthase. 査読

    Inui, T., Ohkubo, T., Emi, M, Irikura, D., Hayaishi, O., and Urade, Y.

    J. Biol. Chem. 雑誌   278 ( 5 )   2845 - 2852   2003年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Lipocalin-type prostaglandin D synthase in cerebrospinal fluid of patients with aneurysmal subarachnoid hemorrhage scavenges bile pigments. 査読

    Inui, T., Mase, M., Emi, M., Nakau, H., Seiki, K., Oda, H., Yamada, K., Urade, Y.

    Oxygen and Life - Oxygenases, Oxidases and Lipid Mediators 雑誌   1233C   447 - 451   2002年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Enzymatic formation of prostaglandin D2, E2, and F2&#61537; in the parasitic protozoan Trypanosoma brucei. 査読

    Kubata, B. K., Duszenko, M., Kabututu, Z., Rawer, M., Szallies, A., Inui, T., Urade, Y., Hayaishi, O.

    Oxygen and Life - Oxygenases, Oxidases and Lipid Mediators - 雑誌 Elsevier   1233C   461 - 466   2002年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Sleep in transgenic and gene-knockout mice for lipocalin-type prostaglandin D synthase. 査読

    Eguchi, N., Pinzar, E., Kuwahata, Y., Inui, T., Mochizuki, T., Urade, Y., Hayaishi, O.

    Oxygen and Life - Oxygenases, Oxidases and Lipid Mediators - 雑誌 Elsevier   1233C   429 - 433   2002年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Brefeldin A inhibits osteoclastic bone resorption through induction of apoptosis. 査読

    Niwa, S., Ishibashi, O. and Inui, T.

    Life Sci. 雑誌   70 ( 3 )   315 - 324   2001年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Quantification of the expression levels of lysosomal cysteine proteinases in purified human osteoclastic cells by competitive RT-PCR. 査読

    Ishibashi, O., Inui, T., Mori, Y., Kurokawa, T., Kokubo, T. and Kumegawa, M.

    Calcif. Tissue Int. 雑誌   68 ( 2 )   109 - 116   2001年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Enzymatic synthesis of prostaglandins in parasitic protozoa: identification of a novel prostaglandin F2&#61537; synthase in Trypanosoma brucei. 査読

    Kubata, B. K., Duszenko, M., Kabututu, Z., Rawer, M., Szallies, A., Fujimori, K., Inui, T., Nozaki, T., Yamashita, K., Horii, T., Urade, Y. and Hayaishi, O.

    J. Exp. Med. 雑誌   192 ( 9 )   1327 - 1338   2000年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effect of a novel bifunctional endothelin receptor antagonist, IRL 3630A, on guinea pig respiratory mechanics. 査読

    Makatani, M, Fujitani, Y, Takimoto, M, Oda, K, Sasaki, Y, Hori, S, Inui, T, Sakaki, J, Okada, T, Hoshiko, K. and Yamamura, T.

    Eur. J. Pharmacol. 雑誌   406 ( 1 )   139 - 147   2000年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Prostaglandin D synthase gene is involved in the regulation of non-REM sleep in mice. 査読

    Pinzar, E., Kanaoka, Y., Inui, T., Eguchi, N., Urade, Y. and Hayaishi, O.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 雑誌   97   4903 - 4907   2000年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effect of Ca2+-independent mechanisms on the hypoxic relaxation of guinea-pig tracheal rings. 査読

    Shiozaki, K., Saito, Y., Sasaki, F., Ishizaki, T., Inui, T., Yamamura, T., Matsukawa, S. and Miyamori, I.

    Pulm. Pharmacol. Ther. 雑誌   13 ( 2 )   79 - 86   2000年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Possible involvement of enhanced prostaglandin E2 production in the photosensitivity in xeroderma pigmentosum group A model mice. 査読

    Kuwamoto, K., Miyauchi-Hashimoto, H., Tanaka, K., Eguchi, N., Inui, T., Urade, Y. and Horio, T.

    J. Invest. Dermatol. 雑誌   144 ( 2 )   241 - 246   2000年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Enhancement of lipocalin-type-prostaglandin D synthase enzyme activity by guanidine hydrochloride. 査読

    Inui, T., Ohkubo, T., Urade, Y. and Hayaishi, O.

    Biochem. Biophys. Res. Commun. 雑誌   266 ( 3 )   641 - 646   1999年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Matrix metalloproteinases and lysosomal cysteine proteases in osteoclasts contribute to bone resorption through distinct modes of action. 査読

    Inui, T., Ishibashi, O., Origane, Y., Fujimori, K., Kokubo, T. and Nakajima M.

    Biochem. Biophys. Res. Commun. 雑誌   258 ( 1 )   173 - 178   1999年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Selective activation of excitation-contraction coupling pathways by ETA and ETB in tracheal smooth muscle. 査読

    Inui, T., Ninomiya, H., Sasaki, Y., Makatani, M., Urade, Y., Masaki, T. and Yamamura, T.

    Br. J. Pharmacol. 雑誌   126 ( 4 )   893 - 902   1999年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Paracrine endothelin signaling in the control of basal cell proliferation in guinea pig tracheal epithelium. 査読

    Ninomiya, H., Inui, T. and Masaki, T.

    J. Pharmacol. Exp. Ther. 雑誌   286 ( 1 )   469 - 480   1998年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Cathepsin K antisense oligodeoxynucleotide inhibits osteoclastic bone resorption. 査読

    Inui, T., Ishibashi, O., Inaoka, T., Origane, Y., Kumegawa, M., Kokubo, T. and Yamamura, T.

    J. Biol. Chem. (Communication) 雑誌   272 ( 13 )   8109 - 8112   1997年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Pharmacological heterogeneity of constrictions mediated by endothelin receptors in rat pulmonary arteries. 査読

    Higashi, T., Ishizaki, T., Shigemori, K., Nakai T., Miyabo S., Inui, T. and Yamamura, T.

    Am. J. Physiol. 雑誌   272 ( 2 )   287 - 293   1997年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • IRL 2500: a potent and ETB selective endothelin antagonist. 査読

    Fruh, T., Saika, H., Svensson, L., Pitterna, Th., Sakaki, J., Okada, T., Urade, Y., Oda, K., Fujitani, Y., Takimoto, M., Yamamura, T., Inui, T., Makatani, M., Takai, M., Umemura, I., Teno, N., Toh, H., Hayakawa, K. and Murata, T.

    Bioorganic & Medicinal Chemistry letters. 雑誌   6 ( 19 )   2323 - 2328   1996年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Contraction of smooth muscle by activation of endothelin receptors on autonomic neurons. 査読

    Takimoto, M., Inui, T., Okada, T. and Urade, Y.

    FEBS lett. 雑誌   324 ( 3 )   277 - 282   1993年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A potent and specific agonist, Suc-[Glu9, Ala11, 15]-endothelin-1 (8-21), IRL 1620, for the ETB receptor. 査読

    Takai, M., Umemura, I., Yamasaki, K., Watakabe, T., Fujitani, Y., Oda, K., Urade, Y., Inui, T., Yamamura, T. and Okada, T.

    Biochem. Biophys. Res. Commun. 雑誌   184 ( 2 )   953 - 959   1992年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Responses of A10 cells to Arg8-vasopressin and endothelin-1: The role of divalent cations. 査読

    James, A., Fujitani, Y., Inui, T., Katsume, Y., Oda, K., Urade, Y. and Okada, T.

    Jpn. J. Pharmacol. 雑誌   58 ( 2 )   1992年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Distribution of two subtypes of receptors for endothelins in single smooth muscle cells isolated from guinea pig trachea. 査読

    Inui, T., Urade, Y., Fujitani, Y., Oda, K., Takimoto, M., Watakabe, T., Ochi, A., Okada, T. and Yamamura, T.

    Jpn. J. Pharmacol. 雑誌   58 ( 2 )   1992年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Endothelin stimulates both cAMP formation and phosphatidylinositol hydrolysis in cultured embryonic bovine tracheal cells. 査読

    Oda, K., Fujitani, Y., Watakabe, T., Inui, T., Okada, T., Urade, Y., Okuda-Ashitaka, E. and Ito, S.

    FEBS lett. 雑誌   299 ( 2 )   187 - 191   1992年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Autocrine receptors for endothelins in the primary culture of endothelial cells of human umbilical vein. 査読

    Fujitani, Y., Oda, K., Takimoto, M., Inui, T., Okada, T. and Urade, Y.

    FEBS lett. 雑誌   298 ( 1 )   79 - 83   1992年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Studies on synthetic endothelin-related peptides -A potent ETB-receptor specific agonist. 査読

    Umemura, I., Yamasaki, K., Watakabe, T., Fujitani, Y., Oda, K., Urade, Y., Okada, T., Inui, T., Makatani, M., Yamamura, T. and Takai, M.

    Peptide Chemistry 雑誌   1991   389 - 394   1991年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • On the possibility of water coodination to the manganese cluster of PS II studies by ENDOR. 査読

    Kawamori, A.and Inui, T.

    Curr. Res. Photosynth. 雑誌   1   765 - 768   1990年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • ENDOR study on the position of hydrogens close to the manganese cluster in S2 state of Photosystem II. 査読

    Kawamori, A., Inui, T., Ono, T. and Inoue, Y.

    FEBS lett. 雑誌   254 ( 1月2日 )   219 - 224   1989年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • EPR study of charge recombination via D+ in the S2 state of oxygen evolving Photosystem II. 査読

    Inui, T., Kawamori, A., Kuroda, G., Ono, T. and Inoue, Y.

    Biochim. Biophys. Acta. 雑誌   973 ( 2 )   147 - 152   1989年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • EPR study of charge equilibrium at low temperatures in the S2 state of oxygen-evolving photosystem II particles. 査読

    Kawamori, A., Satoh, J., Inui, T., and Satoh, K.

    FEBS lett. 雑誌   217 ( 1 )   134 - 138   1987年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • ETA and ETB receptors on single smooth muscle cells cooperate in mediating guinea pig tracheal contraction. 査読

    Inui, T., James, A., Fujitani, Y., Takimoto, M., Okada, T., Yamamura, T. and Urade, Y.

    Am. J. Physiol. 雑誌   266 ( 2 )   113 - 124  

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 医薬品のDDSにおけるL-PGDS技術概要および開発事例

    中辻 匡俊,乾 隆( 担当: 共著)

    情報機構  2021年12月 

  • 生体内輸送タンパク質による難水溶性薬剤の可溶化と経口投与

    中辻 匡俊,乾 隆( 担当: 共著)

    Bio Industry,シーエムシー出版  2021年09月 

     詳細を見る

    担当ページ:10-17  

  • アフリカトリパノソーマ症(アフリカ睡眠病)に対する新たな創薬標的の発見 ~GMP還元酵素のトリパノソーマ特異的アロステリック制御機構~

    乾 隆( 担当: 単著)

    東京大学 AMED iD3 キャタリストユニット  2020年08月 

  • Protein-Protein interactions (PPIs), Types, Methods for Detection and Analysis

    Kim, J-U., Kinoshita, M., Inui, T., Ishimori, K., Lee, Y-H( 担当: 共著)

    Nova Science Publishers Inc  2016年12月  ( ISSN:1634859707

  • 生体内輸送タンパク質を利用したドラッグデリバリーシステムの開発

    乾 隆( 担当: 単著)

    日本農芸化学会  2013年04月 

  • Prostaglandin D2 Synthase - A Multitude of Biological Functions

    T. Inui( 担当: 共著)

    Research Signpost  2007年12月 

     詳細を見る

    担当ページ:15-28  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • Development of therapeutic agents for human African trypanosomiasis. 査読

    Okada,T; Inui,T

    Translat. Regulat. Sci.   3 ( 1 )   2021年05月

     詳細を見る

講演・口頭発表等

  • アカデミア創薬への取り組みと高度人材育成のための創薬科学研究科の設立 招待 国内会議

    乾 隆

    第8回大阪公立大学アカデミア創薬シンポジウム  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:日本橋ライフサイエンスハブ(東京)  

  • GMP reductase欠損に伴う血流型Trypanosoma bruceiの細胞内プリン核酸代謝異常と分化能の亢進 国内会議

    田中 睦海, 峯村 香澄, 岡田 哲也, 乾 隆

    第96回日本生化学会大会  2023年10月 

     詳細を見る

    開催地:マリンメッセ福岡  

  • 甲状腺濾胞性腫瘍組織から穿刺吸引した細胞を用いた分子診断による良悪性鑑別の可能性の検討 国内会議

    宮本 凌太朗, 軸薗 智雄, 廣川 満良, 杉谷 巌, 乾 隆, 石橋 宰

    第96回日本生化学会大会  2023年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:マリンメッセ福岡  

  • リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素の多量体化による腫瘍標的ナノキャリアの開発 国内会議

    若林 光哉, 吉田 はるな, 下地 真広, 大久保 理奈, 中辻 匡俊, 乾 隆

    第39回DDS学会学術集会  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ国際会議場  

  • リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素の多量体化による腫瘍標的ドラッグデリバリーシステムの開発 国内会議

    若林 光哉, 吉田 はるな, 下地 真広, 坂本 詩穂, 大久保 理奈, 中辻 匡俊, 乾 隆

    第23回日本蛋白質科学会年会  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋国際会議場  

  • In silicoスクリーニングによるTrypanosoma brucei由来GMP reductaseに対する新規アロステリック阻害剤の開発 国内会議

    松本 彩佳,竹内 悠真,西村 重徳,岡田 哲也,乾 隆

    第23回日本蛋白質科学会年会  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋国際会議場  

  • 還元環境下におけるタンパク質カプセルの立体構造変化の評価 国内会議

    天 駿輔, 島本 茂, 吉田 卓也, 大久保 忠恭,乾 隆

    第23回日本蛋白質科学会年会  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋国際会議場  

  • 肺癌標的ペプチド付加輸送タンパク質を用いた難水溶性抗癌剤paclitaxelに対するドラッグデリバリーシステム 国内会議

    高田 彩加, 富 堯, 古田 航祐, 島本 茂, 乾 隆

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2023年07月  日本DDS学会

  • 創薬科学研究科の設置に向けて 招待 国内会議

    乾 隆

    第7回大阪公立大学アカデミア創薬シンポジウム  2023年06月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:ライフサイエンスハブウエスト(大阪)  

  • GMP reductase 欠損による Trypanosoma brucei 内プリン核酸代謝異常の検出 国内会議

    田中 睦海,峯村 香澄,岡田 哲也, 乾 隆

    第69回日本生化学会近畿支部例会  2023年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学  

  • ヒラタチャタテ由来アレルゲンLip b 1のIgG介在性アレルギー誘発に関する検討 国内会議

    第45回日本分子生物学会年会  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ  

  • ピューロマイシンアミノヌクレオシドが誘発する腎ポドサイトの形態学的変化におけるmiR-217-5pの役割 国内会議

    石橋宰, 林実花, 堀川彩, 大和田一志, 乾隆

    第45回日本分子生物学会年会  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ  

  • 甲状腺濾胞癌の術前分子診断を可能とする新規バイオマーカー候補の有用性評価 国内会議

    宮本 凌太朗, 奥村 晃大, 軸薗 智雄, 杉谷 巌, 乾 隆, 石橋 宰

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2022年11月  (公社)日本生化学会

  • リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素の多量体化による腫瘍標的ドラッグデリバリーシステムの開発 国内会議

    若林 光哉, 吉田 はるな, 下地 真広, 大久保 理奈, 中辻 匡俊, 西村 重徳, 乾 隆

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2022年11月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒラタチャタテ由来アレルゲンLip b 1の天然型タンパク質の精製 国内会議

    相良 育海, 坂口 真哉, 福冨 友馬, 川上 裕司, 乾 隆, 石橋 宰

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2022年11月  (公社)日本生化学会

  • 難水溶性抗癌剤SN-38と高親和性に結合する癌標的ペプチド付加タンパク質カプセルの機能評価 国内会議

    小山 玲奈, 大久保 理奈, 田代 朝弓, 室屋 陽香, 山田 美保路, 寺岡 佳晃, 中辻 匡俊, 乾 隆

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2022年11月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 難水溶性抗癌剤SN-38と高親和性に結合する癌標的ペプチド付加タンパク質カプセルの機能評価

    小山 玲奈, 大久保 理奈, 田代 朝弓, 室屋 陽香, 山田 美保路, 寺岡 佳晃, 中辻 匡俊, 乾 隆

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2022年11月  (公社)日本生化学会

  • 甲状腺濾胞癌の術前分子診断を可能とする新規バイオマーカー候補の有用性評価

    宮本 凌太朗, 奥村 晃大, 軸薗 智雄, 杉谷 巌, 乾 隆, 石橋 宰

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2022年11月  (公社)日本生化学会

  • リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素の多量体化による腫瘍標的ドラッグデリバリーシステムの開発

    若林 光哉, 吉田 はるな, 下地 真広, 大久保 理奈, 中辻 匡俊, 西村 重徳, 乾 隆

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2022年11月  (公社)日本生化学会

  • ヒラタチャタテ由来アレルゲンLip b 1の天然型タンパク質の精製

    相良 育海, 坂口 真哉, 福冨 友馬, 川上 裕司, 乾 隆, 石橋 宰

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2022年11月  (公社)日本生化学会

  • オーツ麦に混入したヒラタチャタテによるアナフィラキシーの 1 例 国内会議

    松本 千夏,高橋 美咲,新山 史朗,相良 育海,橋本 一浩,石橋 宰,乾 隆,川上 裕司,福田 英嗣

    第121回日本皮膚科学会総会  2022年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立京都国際会館  

  • オーツ麦に混入したヒラタチャタテによるアナフィラキシーの1例

    松本 千夏, 高橋 美咲, 新山 史朗, 相良 育海, 橋本 一浩, 石橋 宰, 乾 隆, 川上 裕司, 福田 英嗣

    日本皮膚科学会雑誌  2022年05月  (公社)日本皮膚科学会

  • 膵臓がん標的ペプチド付加タンパク質カプセルを用いた難水溶性抗癌剤paclitaxelに対するドラッグデリバリーシステムの開発 国内会議

    阿部 国吉, 古田 航祐, 乾 隆

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2021年11月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Trypanosoma brucei由来GMP reductaseとAMPとの複合体のX線結晶構造解析 国内会議

    竹内 悠真, 今村 章, 岡田 哲也, 馬瀬 ひかる, 西村 重徳, 乾 隆

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2021年11月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 膵臓がん標的ペプチド付加タンパク質カプセルを用いた難水溶性抗癌剤paclitaxelに対するドラッグデリバリーシステムの開発

    阿部 国吉, 古田 航祐, 乾 隆

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2021年11月  (公社)日本生化学会

  • Trypanosoma brucei由来GMP reductaseとAMPとの複合体のX線結晶構造解析

    竹内 悠真, 今村 章, 岡田 哲也, 馬瀬 ひかる, 西村 重徳, 乾 隆

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2021年11月  (公社)日本生化学会

  • アロステリック創薬を基盤としたアフリカ睡眠病治療薬の開発 招待

    乾 隆

    第3回 大阪府立大学 アカデミア創薬シンポジウム「本格始動!府大創薬」  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Structural dynamics of cationic polymer are associated with the forming of aggregate of bacteria 国際会議

    Masatoshi Nakatsuji, Natsuki Sato, Shiho Sakamoto, Koji Watanabe, Yoko Teruuchi, Minoru Takeuchi, Takashi Inui, Hideki Ishihara

    The 45th FEBS Congress  2021年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 羅漢果由来mogrolのGPCR型胆汁酸受容体選択的アゴニストとしての同定とアルコール性臓器障害モデルマウスへの作用 国内会議

    田中千智、漆崎広喜、寺岡佳晃、原田直樹、北風智也、伊藤雄太、村田雄司、石黒正路、乾隆、乾博、山地亮一

    日本栄養・食糧学会大会  2021年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 羅漢果由来mogrolのGPCR型胆汁酸受容体選択的アゴニストとしての同定とアルコール性臓器障害モデルマウスへの作用

    田中 千智, 漆崎 広喜, 寺岡 佳晃, 井澤 武史, 原田 直樹, 北風 智也, 伊藤 雄太, 村田 雄司, 石黒 正路, 乾 隆, 乾 博, 山地 亮一

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2021年07月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • 羅漢果由来mogrolのGPCR型胆汁酸受容体選択的アゴニストとしての同定とアルコール性臓器障害モデルマウスへの作用

    田中 千智, 漆崎 広喜, 寺岡 佳晃, 井澤 武史, 原田 直樹, 北風 智也, 伊藤 雄太, 村田 雄司, 石黒 正路, 乾 隆, 乾 博, 山地 亮一

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2021年07月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • 腫瘍標的ペプチド付加リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素を用いた抗癌剤paclitaxelに対するドラッグデリバリーシステム 国内会議

    古田 航祐、中辻 匡俊、吉田 はるな、大久保 理奈、乾 隆

    第21回日本蛋白質科学会年会  2021年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • SN-38に対して高親和性に結合する癌標的性タンパク質カプセルの機能評価 国内会議

    大久保理奈、吉田はるな、寺岡佳晃、中辻匡俊、乾隆

    第 37 回日本DDS学会学術集会  2021年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 難水溶性抗癌剤SN-38に対して高親和性に結合する癌標的性タンパク質カプセルの機能評価 国内会議

    大久保理奈、吉田はるな、古田航祐、寺岡佳晃、中辻匡俊、乾隆

    第21回日本蛋白質科学会年会  2021年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • SN-38に対して高親和性に結合する癌標的性タンパク質カプセルの機能評価

    大久保 理奈, 吉田 はるな, 寺岡 佳晃, 中辻 匡俊, 乾 隆

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2021年06月  日本DDS学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • SN-38に対して高親和性に結合する癌標的性タンパク質カプセルの機能評価

    大久保 理奈, 吉田 はるな, 寺岡 佳晃, 中辻 匡俊, 乾 隆

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2021年06月  日本DDS学会

  • Trypanosoma brucei GMP還元酵素の多量体構造変化とアロステリック調節 招待

    乾 隆

    第59回SPring-8 先端利用技術ワークショップ / 大阪大学蛋白質研究所セミナー  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • タンパク質による革新的ドラッグデリバリーシステムの開発 招待

    乾 隆

    21世紀科学セミナー  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Destabilization of lysosomal membrane during differentiation process of Trypanosoma brucei in mammalian blood 血流型Trypsnosoma bruceiの分化過程におけるリソソーム膜の不安定化 国内会議

    川原 知己, 岡田 哲也, 乾 隆

    第43回日本分子生物学会年会  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Trypanosoma bruceiにおけるGMP還元酵素は血流型からプロサイクリック型への分化制御に寄与する 国内会議

    峯村香澄,今村章,岡田哲也,乾隆

    第43回日本分子生物学会年会  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • タンパク質カプセルを用いた難水溶性抗癌剤に対する新規DDSの開発 招待

    乾 隆

    大阪市立大学・大阪府立大学 新技術説明会  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 組換えアレルゲン成分を用いた、室内害虫としてよく知られているliposcelis bostrychopholiaに対するIgEの血清学的解析(Serological analysis for IgE against the booklice liposcelis bostrychophila, a common indoor insect pest, using recombinant allergen components)

    Ishibashi Osamu, Sakaguchi Masaya, Fukutomi Yuma, Kawakami Yuji, Inui Takashi

    アレルギー  2020年10月  (一社)日本アレルギー学会

  • 組換えアレルゲン成分を用いた、室内害虫としてよく知られているliposcelis bostrychopholiaに対するIgEの血清学的解析(Serological analysis for IgE against the booklice liposcelis bostrychophila, a common indoor insect pest, using recombinant allergen components)

    Ishibashi Osamu, Sakaguchi Masaya, Fukutomi Yuma, Kawakami Yuji, Inui Takashi

    アレルギー  2020年10月  (一社)日本アレルギー学会

  • Serological analysis for IgE against the booklice liposcelis bostrychophila, a common indoor insect pest, using recombinant allergen components. 国際会議

    Osamu Ishibashi, Masaya Sakaguchi, Yuma Fukutomi, Yuji Kawakami, Takashi Inui.

    JSA/WAO Joint Congress 2020/第69回日本アレルギー学会学術大会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素の多量体化による腫瘍標的ナノキャリアの開発 Development of a tumor targeting nano-carrier by multimerization of lipocalin-type prostaglandin D synthase 国内会議

    吉田 はるな,下地 真広,古田 航祐 , 大久保 理奈,西村 重徳,乾 隆

    第93回日本生化学会大会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 難水溶性抗癌剤SN-38に対して高親和性に結合するタンパク質カプセルの機能評価 国内会議

    大久保 理奈,吉田 はるな,古田 航祐,寺岡 佳晃,中辻 匡俊,乾 隆

    第93回日本生化学会大会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素の多量体化による腫瘍標的ナノキャリアの開発

    吉田 はるな, 下地 真広, 古田 航祐, 大久保 理奈, 西村 重徳, 乾 隆

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2020年09月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 難水溶性抗癌剤SN-38に対して高親和性に結合するタンパク質カプセルの機能評価

    大久保 理奈, 吉田 はるな, 古田 航祐, 寺岡 佳晃, 中辻 匡俊, 乾 隆

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2020年09月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 難水溶性抗癌剤SN-38に対して高親和性に結合するタンパク質カプセルの機能評価

    大久保 理奈, 吉田 はるな, 古田 航祐, 寺岡 佳晃, 中辻 匡俊, 乾 隆

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2020年09月  (公社)日本生化学会

  • リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素の多量体化による腫瘍標的ナノキャリアの開発

    吉田 はるな, 下地 真広, 古田 航祐, 大久保 理奈, 西村 重徳, 乾 隆

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2020年09月  (公社)日本生化学会

  • リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素の多量体化による腫瘍組織特異的ナノキャリアの開発 国内会議

    吉田 はるな,下地 真広,古田 航祐 , 大久保 理奈, 田代 朝弓,中辻 匡俊, 西村 重徳,乾 隆

    第36回日本DDS学会学術集会  2020年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 腫瘍標的ペプチド付加タンパク質カプセルを用いた難水溶性抗癌剤paclitaxelに対するドラッグデリバリーシステムの開発 国内会議

    古田 航祐,中辻 匡俊,吉田 はるな,大久保 理奈,田代 朝弓,乾 隆

    第36回日本DDS学会学術集会  2020年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 腫瘍標的ペプチド付加タンパク質カプセルを用いた難水溶性抗癌剤paclitaxelに対するドラッグデリバリーシステムの開発

    古田 航祐, 中辻 匡俊, 吉田 はるな, 大久保 理奈, 田代 朝弓, 乾 隆

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2020年08月  日本DDS学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素の多量体化による腫瘍組織特異的ナノキャリアの開発

    吉田 はるな, 下地 真広, 古田 航祐, 大久保 理奈, 田代 朝弓, 中辻 匡俊, 西村 重徳, 乾 隆

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2020年08月  日本DDS学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腫瘍標的ペプチド付加タンパク質カプセルを用いた難水溶性抗癌剤paclitaxelに対するドラッグデリバリーシステムの開発

    古田 航祐, 中辻 匡俊, 吉田 はるな, 大久保 理奈, 田代 朝弓, 乾 隆

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2020年08月  日本DDS学会

  • リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素の多量体化による腫瘍組織特異的ナノキャリアの開発

    吉田 はるな, 下地 真広, 古田 航祐, 大久保 理奈, 田代 朝弓, 中辻 匡俊, 西村 重徳, 乾 隆

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2020年08月  日本DDS学会

  • Crystal structure of dog allergen Can f 1 国際会議

    須田圭亮、室屋陽香、福冨友馬、西村重徳、石橋宰、乾隆

    2020 World Conference on ProteinScience(第20回日本蛋白質科学会年会)  2020年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Development of tumor specific drug delivery system by multimerization of lipocalin-type prostaglandin D synthase 国際会議

    λ Haruna Yoshida, Naohiro Shimoji, Kosuke Furuta, Rina Okubo, Sayumi Tashiro,  Masatoshi Nakatsuji, Shigenori Nishimura, Takashi Inui

    2020 World Conference on ProteinScience(第20回日本蛋白質科学会年会)  2020年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 薬剤放出制御機能を有する癌指向性DDSの開発 招待

    乾 隆

    BioJapan 2019  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 癌標的ペプチド付加生体内輸送タンパク質を用いた難水溶性抗癌剤 paclitaxelに対するドラッグデリバリーシステムの開発 国内会議

    古田 航祐,中辻 匡俊,吉田 はるな,田代 朝弓,乾 隆

    第92回日本生化学会大会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アレルゲン Per a 3と相同性を有するヒラタチャタテアレルゲンの同定,およびそのアレルゲン性の評価 国内会議

     坂口 真哉,櫻木 和磨,増田 旭,福冨 友馬,川上 裕司,乾 隆,石橋 宰

    第92回日本生化学会大会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Maltose-binding proteinを融合したヒラタチャタテアレルゲンLip b 1の精製,およびアレルゲン性の評価 国内会議

    坂口 真哉,櫻木 和磨,福冨 友馬,川上 裕司,乾 隆,石橋 宰

    第92回日本生化学会大会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ネコアレルゲン Fel d 4に対する低アレルゲン化ワクチンの開発 国内会議

    姥谷 美樹,山本 賢史,福冨 友馬,石橋 宰,乾 隆

    第92回日本生化学会大会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 様々な pH条件におけるヒトリポカリン型プロスタグランジン D合成酵素の熱力学的安定性に関する研究 国内会議

    飯田 津喜美,寺岡 佳晃,中辻 匡俊,後藤 祐児,山村 堯樹,乾 隆

    第92回日本生化学会大会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 癌標的ペプチド付加生体内輸送タンパク質を用いた難水溶性抗癌剤paclitaxelに対するドラッグデリバリーシステムの開発

    古田 航祐, 中辻 匡俊, 吉田 はるな, 田代 朝弓, 乾 隆

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2019年09月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 様々なpH条件におけるヒトリポカリン型プロスタグランジンD合成酵素の熱力学的安定性に関する研究

    飯田 津喜美, 寺岡 佳晃, 中辻 匡俊, 後藤 祐児, 山村 堯樹, 乾 隆

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2019年09月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ネコアレルゲンFel d 4に対する低アレルゲン化ワクチンの開発

    姥谷 美樹, 山本 賢史, 福冨 友馬, 石橋 宰, 乾 隆

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2019年09月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アレルゲンPer a 3と相同性を有するヒラタチャタテアレルゲンの同定、およびそのアレルゲン性の評価

    坂口 真也, 櫻木 和磨, 増田 旭, 福冨 友馬, 川上 裕司, 乾 隆, 石橋 宰

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2019年09月  (公社)日本生化学会

  • Maltose-binding proteinを融合したヒラタチャタテアレルゲンLip b 1の精製、およびアレルゲン性の評価

    坂口 真哉, 櫻木 和磨, 福冨 友馬, 川上 裕司, 乾 隆, 石橋 宰

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2019年09月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 癌標的ペプチド付加生体内輸送タンパク質を用いた難水溶性抗癌剤paclitaxelに対するドラッグデリバリーシステムの開発

    古田 航祐, 中辻 匡俊, 吉田 はるな, 田代 朝弓, 乾 隆

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2019年09月  (公社)日本生化学会

  • 様々なpH条件におけるヒトリポカリン型プロスタグランジンD合成酵素の熱力学的安定性に関する研究

    飯田 津喜美, 寺岡 佳晃, 中辻 匡俊, 後藤 祐児, 山村 堯樹, 乾 隆

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2019年09月  (公社)日本生化学会

  • ネコアレルゲンFel d 4に対する低アレルゲン化ワクチンの開発

    姥谷 美樹, 山本 賢史, 福冨 友馬, 石橋 宰, 乾 隆

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2019年09月  (公社)日本生化学会

  • アレルゲンPer a 3と相同性を有するヒラタチャタテアレルゲンの同定、およびそのアレルゲン性の評価

    坂口 真也, 櫻木 和磨, 増田 旭, 福冨 友馬, 川上 裕司, 乾 隆, 石橋 宰

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2019年09月  (公社)日本生化学会

  • Maltose-binding proteinを融合したヒラタチャタテアレルゲンLip b 1の精製、およびアレルゲン性の評価

    坂口 真哉, 櫻木 和磨, 福冨 友馬, 川上 裕司, 乾 隆, 石橋 宰

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2019年09月  (公社)日本生化学会

  • 難水溶性抗癌剤の可溶化と放出制御機能を有する癌指向性DDSの構築 招待

    乾 隆

    理化学研究所 生体イメージングサイエンスセミナー  2019年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 酸化還元応答型SN-38内包蛋白質カプセルの機能評価 国内会議

    古田 航祐,山田 美保路,清水 翔太,大久保 理奈,乾 隆

    酸化還元応答型SN-38内包蛋白質カプセルの機能評価  2019年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 生体内輸送蛋白質を用いたナノキャリアの多量体化による新規腫瘍特異的ドラッグデリバリーシステムの開発 国内会議

    吉田 はるな,下地 真広, 古田 航祐, 秋山 佳範, 中辻 匡俊, 西村 重徳,乾 隆

    日本農芸化学会関西支部例会第509回講演会  2019年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 血流型Trypanosoma bruceiにおける解糖系の抑制は非増殖性のshort-stumpy細胞への分化を誘引する 国内会議

    岡田 哲也,川原 知己,乾 隆

    第19回日本蛋白質科学会年会 第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 低アレルゲン化ワクチンの開発を目指した変異型Can f 1の作製と機能解析 国内会議

    須田 圭亮,姥谷 美樹,坂口 真哉,福冨 有馬,石橋 宰,乾 隆

    第19回日本蛋白質科学会年会 第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 生体内輸送蛋白質を用いたナノキャリアの多量体化による腫瘍特異的ドラッグデリバリーシステムの開発 国内会議

    吉田 はるな,下地 真広, 古田 航祐, 秋山 佳範, 中辻 匡俊, 西村 重徳,乾 隆

    第19回日本蛋白質科学会年会 第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • In silico ドッキングによる難水溶性抗癌剤と高親和性に結合する蛋白質キャリアの設計 国内会議

    古田 航祐,寺岡 佳晃,室屋 陽香,新名 世実,乾 隆

    第19回日本蛋白質科学会年会 第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 酸化還元応答型SN-38内包蛋白質カプセルの機能評価

    古田 航祐, 山田 美保路, 清水 翔太, 大久保 理奈, 乾 隆

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2019年06月  日本DDS学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 酸化還元応答型SN-38内包蛋白質カプセルの機能評価

    古田 航祐, 山田 美保路, 清水 翔太, 大久保 理奈, 乾 隆

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2019年06月  日本DDS学会

▼全件表示

産業財産権等

  • ドラッグデリバリーシステムに用いる薬剤運搬体とそれを用いた医薬品および化合物の溶解補助剤とそれを含む組成物

    乾 隆,竹内正吉, 中嶋秀満,西村重徳

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

産学官連携可能研究(シーズ)キーワード

  • 蛋白質を用いたドラッグデリバリーシステムの開発

  • 新規アフリカ睡眠病薬の開発

  • 低アレルゲン化ワクチンの開発

  • タンパク質と低分子の相互作用の測定(熱測定)

  • 様々な蛋白質の精製

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 生体内輸送蛋白質を用いた難水溶性薬剤に対するドラッグデリバリーシステムの開発

     詳細を見る

    生体内輸送蛋白質群であるリポカリン属蛋白質の構造と機能の相関関係を様々な物理化学的手法を用いて測定する。本蛋白質群を用いて,新規ドラッグ・デリバリー・システム(DDS)を構築し,薬剤活性の高い疎水性薬剤を疾患部に輸送する「テーラメード・マイクロキャリア蛋白質」を設計・作製し,臨床応用化することを目標とする。

  • Trypanosoma brucei由来核酸合成系酵素の構造解析と阻害剤の開発

  • イヌ・ネコアレルギーに対する低アレルゲン化ワクチンの開発

     詳細を見る

    アレルゲンの抗体結合部位(エピトープ部位)に変異を入れた低アレルゲン化ワクチンを作製する

科研費

  • アフリカ睡眠病の病原原虫におけるクオラムセンシングと分化開始メカニズムの解明

    基盤研究(C)  2023年

  • リバビリンによる抗原虫作用の機序解明に基づくアフリカトリパノソーマ症の新薬開発

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2023年

  • セラノスティクスを指向した抗腫瘍活性SN-38誘導体の開発

    基盤研究(B)  2022年

  • 重症喘息の気道に腐生する真菌へのアレルギー診断法の開発とその実態解明

    基盤研究(C)  2022年

  • リバビリンによる抗原虫作用の機序解明に基づくアフリカトリパノソーマ症の新薬開発

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2022年

  • 重症喘息の気道に腐生する真菌へのアレルギー診断法の開発とその実態解明

    基盤研究(C)  2021年

  • セラノスティクスを指向した抗腫瘍活性SN-38誘導体の開発

    基盤研究(B)  2021年

  • リバビリンによる抗原虫作用の機序解明に基づくアフリカトリパノソーマ症の新薬開発

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2021年

  • 重症喘息の気道に腐生する真菌へのアレルギー診断法の開発とその実態解明

    基盤研究(C)  2020年

  • セラノスティクスを指向した抗腫瘍活性SN-38誘導体の開発

    基盤研究(B)  2020年

  • 低アレルゲン化ワクチンを用いたアレルゲン免疫療法によるイヌアレルギー治療への挑戦

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2019年

  • 低アレルゲン化ワクチンを用いたアレルゲン免疫療法によるイヌアレルギー治療への挑戦

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2018年

  • 低アレルゲン化ワクチンを用いたアレルゲン免疫療法によるイヌアレルギー治療への挑戦

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2017年

  • GMP reductaseを標的とした新規アフリカ睡眠病治療薬の開発

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2015年

  • 癌指向性を有する難水溶性薬剤内包タンパク質ナノカプセルの開発とDDSへの応用

    基盤研究(A)  2015年

  • 癌指向性を有する難水溶性薬剤内包タンパク質ナノカプセルの開発とDDSへの応用

    基盤研究(A)  2014年

  • GMP reductaseを標的とした新規アフリカ睡眠病治療薬の開発

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2014年

  • 癌指向性を有する難水溶性薬剤内包タンパク質ナノカプセルの開発とDDSへの応用

    基盤研究(A)  2014年

  • 癌指向性を有する難水溶性薬剤内包タンパク質ナノカプセルの開発とDDSへの応用

    基盤研究(A)  2013年

  • 癌指向性を有する難水溶性薬剤内包タンパク質ナノカプセルの開発とDDSへの応用

    基盤研究(A)  2013年

  • GMP reductaseを標的とした新規アフリカ睡眠病治療薬の開発

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2013年

▼全件表示

受託研究

  • 薬剤放出制御機能を有するタンパク質DDSにより難治性がん治療薬の創出を目指す研究

    国立大学法人大阪大学医学部付属病院  異分野融合型研究シーズ支援  2023年

  • アフリカトリパノソーマ症治療薬の創出を目指した研究

    慶應義塾大学病院  異分野融合型研究シーズ支援  2023年

奨励寄附金・助成金

  • 難水溶性抗癌剤包接タンパク質カプセルの創製とDDSへの応用

    公益財団法人テルモ生命科学芸術財団  2017年

  • 難水溶性抗癌剤包接タンパク質カプセルの創製とDDSへの応用

    公益財団法人テルモ生命科学芸術財団  2016年

研究員受入実績

  • 2023年度  研究員数:3名

  • 2022年度  研究員数:3名

  • 2021年度  研究員数:4名

担当教育概要

  • 生命現象を理解する上で必要な生化学や酵素化学、及び構造生物学などの講義を行う. さらに、創薬科学副専攻では、実習I及びIIを行い、最先端の研究内容を紹介し、加えて薬物送達学の講義を行う.

担当授業科目

  • 生命機能化学特別講義A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生体高分子機能学特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 生命機能化学グローバルプレゼンテーション

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生命機能化学特論A

    2023年度   週間授業   大学院

  • バイオインフォマティクス特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 創薬科学実習II

    2023年度   集中講義   大学

  • 創薬科学実習I

    2023年度   集中講義   大学

  • 生命機能化学卒業研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 科学英語A

    2023年度   集中講義   大学

  • 生命機能化学概論

    2023年度   週間授業   大学

  • 構造生物学

    2023年度   週間授業   大学

  • 創薬科学実習1

    2023年度   集中講義   大学

  • 創薬科学のすすめ

    2023年度   週間授業   大学院

  • 創薬科学のすすめ

    2023年度   週間授業   大学院

  • 科学英語B

    2023年度   集中講義   大学

  • 薬物送達学

    2023年度   集中講義   大学

  • 生命機能化学研究プレゼンテーション

    2023年度   集中講義   大学院

  • 酵素化学

    2023年度   週間授業   大学

  • 生化学1

    2023年度   週間授業   大学

  • 生体高分子機能学特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • 生命機能化学特論A

    2022年度   週間授業   大学院

  • バイオインフォマティクス特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • 創薬科学実習II

    2022年度   集中講義   大学

  • 創薬科学実習I

    2022年度   集中講義   大学

  • 創薬科学のすすめ

    2022年度   週間授業   大学

  • 生命機能化学グローバルプレゼンテーション

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生命機能化学研究プレゼンテーション

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生命機能化学特別講義A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 酵素化学

    2022年度   週間授業   大学

  • 生化学1

    2022年度   週間授業   大学

  • 薬物送達学

    2022年度   集中講義   大学

  • 生命機能化学研究実験

    2022年度   集中講義   大学院

  • 科学英語A

    2022年度   集中講義   大学

  • 科学英語B

    2022年度   集中講義  

  • 生命機能化学概論

    2022年度   週間授業   大学

  • 構造生物学

    2022年度   週間授業   大学

  • 応用生命科学特別講義A

    2021年度    

  • 応用生命科学グローバルプレゼンテーション

    2021年度    

  • 薬物送達学

    2021年度    

  • 創薬科学実習II

    2021年度   実習  

  • 創薬科学実習I

    2021年度   実習  

  • 生体高分子機能学特論

    2021年度    

  • 基礎生化学

    2021年度    

  • 創薬科学のすすめ

    2021年度    

  • 構造生物学

    2021年度    

  • バイオインフォマティクス特論

    2021年度    

  • 生命環境科学概論【生命環境科学概論【応用生命科学類】】

    2021年度    

  • 酵素化学

    2021年度    

  • 生命機能化学概論

    2021年度    

  • 応用生命科学概論

    2021年度    

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 病態薬理学特論II

    2023年07月
    機関名:大阪薬科大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  • 病態薬理学特論II

    2022年07月
    機関名:大阪薬科大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

FD活動

  • 内部質保証のFDセミナー  2022年度

  • SciVal説明会  2022年度

  • 管理職ハラスメント研修  2022年度

  • feedback studio と webクリッカー 教育をよりインタラクティブにする2つのツールの活用法  2022年度

  • SDGs達成に向けた取組み推進と大学の未来を考える  2021年度

所属院生等の論文発表集計

  • 2023年度

    所属大学院生発表数:3件

  • 2022年度

    所属大学院生発表数:1件

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:OMU "英語" レクチャーシリーズの撮影

社会貢献活動

  • 第8回アカデミア創薬シンポジウム

    役割:出演, パネリスト, 講師, 企画, 運営参加・支援

    大阪公立大学 創薬科学研究所  2023年11月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:180(人)

  • 眠りの科学 よりよい睡眠とは

    役割:出演, 講師

    さだ生涯学習市民センター  2023年09月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:出前授業

    参加者数:37(人)

  • 眠りの科学 よりよい睡眠とは

    役割:出演, 講師

    市岡高校  2023年07月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:出前授業

    参加者数:50(人)

  • 夢のがん治療実現へ 〜究極の薬剤送達システムの開発〜

    役割:出演, 講師

    大阪教育大学附属高等学校平野校舎  2023年07月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:出前授業

    参加者数:30(人)

  • 第7回アカデミア創薬シンポジウム

    役割:出演, 企画, 運営参加・支援

    大阪公立大学 創薬科学研究所  2023年06月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:185(人)

  • 眠りの科学 よりよい睡眠とは

    役割:出演, 講師

    株式会社 佐藤渡辺 近畿支店  2023年06月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:出前授業

    参加者数:30(人)

  • Trypanosoma brucei GMP還元酵素の多量体構造変化とアロステリック調節 アフリカ睡眠病の治療を目指して

    役割:出演, 講師

    日本熱帯医学会学生部会(J-Trops)  2023年05月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

    参加者数:15(人)

  • 第6回アカデミア創薬シンポジウム

    役割:出演, 企画, 運営参加・支援

    大阪公立大学 創薬科学研究所  2023年03月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:243(人)

  • 眠りの科学 よりよい睡眠とは

    役割:講師

    株式会社ニッシン  2022年11月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:出前授業

    参加者数:80(人)

  • 眠りの科学 よりよい睡眠とは

    役割:講師

    NPO シニア自然大学校講座部マイスター  2022年10月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:出前授業

    参加者数:50(人)

  • 第5回アカデミア創薬シンポジウム

    役割:出演, パネリスト, 企画, 運営参加・支援

    大阪公立大学 創薬科学研究所  2022年09月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:200(人)

  • 眠りの科学 よりよい睡眠とは

    役割:講師

    大阪女子大学同窓会斐文会  2022年07月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:出前授業

    参加者数:60(人)

  • 第4回アカデミア創薬シンポジウム

    役割:司会, 企画

    大阪公立大学 創薬科学研究所  2022年06月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:35(人)

  • 出前講義 眠りの科学 よりよい睡眠とは

    2021年04月 - 2022年03月

  • 第59回SPring-8 先端利用技術ワークショップ・大阪大学蛋白質研究所セミナー講演

    2021年03月

     詳細を見る

    Trypanosoma brucei GMP還元酵素の多量体構造変化とアロステリック調節

  • 創薬・基盤技術ビジネスフォーラム 講演

    2021年02月

     詳細を見る

    薬剤放出制御機構を有するがん指向性タンパク質カプセルの開発

  • 第7回D-Bio Digital&F2F’21 講演

    2021年01月

     詳細を見る

    タンパク質カプセルを用いた難水溶性抗癌剤に対する新規DDSの開発

  • JST・大阪府立大学・大阪市立大学 新技術説明会 講演

    2020年11月

     詳細を見る

    タンパク質カプセルを用いた難水溶性抗癌剤に対する新規DDSの開発

  • 奈良県立奈良高等学校SSH事業SSP講演講師

    2020年10月

     詳細を見る

    医療の未来を担うドラッグデリバリーシステム

  • 出前講義 医療の未来を担うドラッグデリバリーシステム

    2020年04月 - 2021年03月

  • 2020年度大阪府立大学公開講座21世紀科学セミナー タンパク質による革新的ドラッグデリバリーシステムの開発

    2020年04月 - 2021年03月

  • 創薬科学研究所

    2019年04月 - 継続中

  • In vivo イメージングフォーラム2019 〜第14回 IVISユーザー会〜 薬剤放出制御機能を有する癌指向性DDSの開発

    2019年04月 - 2020年03月

  • 日本農芸化学会 サイエンスカフェ 骨粗鬆症とは?~健康な骨を維持するために~

    2012年04月 - 2013年03月

  • 三重短期大学公開講座 骨粗鬆症新薬開発への糸口~破骨細胞をターゲットに~

    2003年04月 - 2004年03月

  • 関西学院大学秋季オープンセミナー 眠りの科学

    1999年04月 - 2000年03月

▼全件表示

メディア報道

  • 創薬ホットスポットめざす大阪公立大 インターネットメディア

    医薬経済オンライン  2023年11月

      詳細を見る

    SDGs:

  • 大阪公立大、創薬研究の大学院設置を構想 26年4月設立を目指す インターネットメディア

    日刊薬業  じほう  2023年11月

      詳細を見る

    SDGs:

  • 英語論文や国際共同研究で劣勢、日本の大学「世界ランク」苦戦続く…知名度向上へ動画配信も 新聞・雑誌

    読売新聞 オンライン  2023年06月

      詳細を見る

    SDGs:

  • 朝日新聞出版「国公立大学 by AERA 2022」 会誌・広報誌

    2021年11月

      詳細を見る

    研究室取材

  • 来年度誕生の大阪公立大、創薬が柱の1つに インターネットメディア

    日刊薬業  2021年09月

      詳細を見る

    SDGs:

  • Translational and Regulatory Sciences 会誌・広報誌

    2020年08月

      詳細を見る

    第13回コラム
    「アフリカトリパノソーマ症(アフリカ睡眠病)に対する新たな創薬標的の発見 
    ~GMP還元酵素のトリパノソーマ特異的アロステリック制御機構~」

  • 「アフリカ睡眠病」薬へ手がかり 新聞・雑誌

    朝日新聞  ぶらっとラボ  2020年06月

  • 朝日新聞 夕刊 新聞・雑誌

    2020年06月

      詳細を見る

    朝日新聞 夕刊「ぶらっとラボ」
    「アフリカ睡眠病」薬へ手がかり


  •   新聞・雑誌

    2014年06月

      詳細を見る

    日経産業新聞「化合物水に溶けやすく」大阪府立大学、酵素で包み込む

  •   新聞・雑誌

    2008年09月

      詳細を見る

    化学工業日報掲載,「難容性薬剤のDDS開発 生体内輸送たん白を利用 大阪府立大院」

  •   新聞・雑誌

    2008年08月

      詳細を見る

    日経バイオテク掲載,技術シーズ・レター,ライフサイエンス分野,「難水溶性薬剤に対するDDSの開発」

  •   新聞・雑誌

    2008年06月

      詳細を見る

    日刊工業新聞掲載,「薬剤の溶解度向上,大阪府大,DDSなど応用へ」

  •   新聞・雑誌

    2006年07月

      詳細を見る

    毎日新聞「ひと」欄で、中東アフリカバイオサイエンス研究所所長のブルーノキルンガクバタ氏とのアフリカ睡眠病に対する新薬開発に向けた共同研究の記事が掲載された。

▼全件表示

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 夢のがん治療実現へ ~究極の薬剤送達システムの開発~

    分野:農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育)

     詳細を見る

    SDGs:

    対象:高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, 市民団体, メディア

    キーワード:ドラッグデリバリーシステム 

    ドラッグデリバリーシステム(DDS)とは、最新医療技術の一つであり、必要量の薬を目的とする臓器、組織、あるいは細胞へ、ピンポイントに届ける技術です。つまり、投与した薬の効果を最大限に発揮させると同時に、副作用を最小限にすることを目的とした究極の創薬システムです。本セミナーでは、現在私達が行っている癌を標的としたDDS研究を紹介いたします。

  • 眠りの科学 よりよい睡眠とは

    分野:農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学)

     詳細を見る

    対象:中学生, 高校生, 大学生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般

    キーワード:睡眠障害、睡眠物質、睡眠のメカニズム 

    睡眠に関する我が国の現状を紹介するとともに、睡眠のメカニズムや最新の研究成果を紹介する。また、様々な睡眠障害について紹介し、現在の治療法についても紹介する。

  • 骨粗鬆症の予防法と治療法ー新薬開発秘話

    分野:農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学)

     詳細を見る

    対象:中学生, 高校生, 大学生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 企業

    キーワード:骨粗鬆症, 創薬 

    骨粗鬆症のメカニズムをわかりやすく説明し、その予防法や治療法について詳細に説明する。予防法については、日々の食事、運動、日光浴が大切であることを紹介する。治療法に関しては、私が行ってきた新規骨粗鬆症治療薬開発に向けた研究についてわかりやすく紹介する。

学術貢献活動

  • Scientific Reports

    役割:査読

    2019年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:査読等 

役職

  • 全学管理職

    大阪公立大学

    学長補佐  2022年04月 - 2024年03月

その他

  • 研究職歴

    2022年04月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪公立大学大学院農学研究科・教授

  • 研究職歴

    2011年04月 - 2022年03月

      詳細を見る

    大阪府立大学大学院生命環境科学研究科・教授

  • 研究職歴

    2005年04月 - 2011年03月

      詳細を見る

    大阪府立大学大学院生命環境科学研究科・准教授