2024/03/25 更新

写真a

フクダ ヒロカズ
福田 弘和
Fukuda Hirokazu
担当
大学院工学研究科 機械系専攻 教授
工学部 機械工学科
職名
教授
所属
工学研究院

担当・職階

  • 大学院工学研究科 機械系専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 工学部 機械工学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(工学) ( 九州大学 )

研究分野

  • 環境・農学 / 農業環境工学、農業情報工学

  • 自然科学一般 / 数理物理、物性基礎

  • 環境・農学 / 農業環境工学、農業情報工学

  • ライフサイエンス / 生物物理学

  • 自然科学一般 / 数理物理、物性基礎

研究キーワード

  • 結合振動子系

  • 概日時計

  • 植物工場

  • サーカディアンリズム

研究概要

  • 次世代植物工場システムの研究開発

  • 体内時計制御工学

研究歴

  • 体内時計制御工学

    体内時計、同期現象、植物工場、数理モデル、ルシフェラーゼ発光 

所属学協会

  • 日本バーチャルリアリティ学会

    2022年 - 継続中   国内

  • 日本学術会議

    2018年08月 - 2020年09月   国内

  • CIGR International Commission of Agricultural and Biosystems Engineering (国際農業工学会), Working group of Plant Factory and Intelligence Greenhouse

    2016年 - 継続中   国外

  • 日本生物環境工学会

    2005年 - 継続中   国内

  • 食料農業工学会

    2005年 - 継続中   国内

  • 日本時間生物学会

    2004年 - 継続中   国内

  • 日本物理学会

      国内

  • 日本機械学会

      国内

  • 日本時間生物学会

  • 日本学術会議

  • 国際農業工学会

  • ファイトテクノロジー研究会

  • 日本機械学会

  • 食料農業工学会

  • 日本生物環境工学会

  • 日本物理学会

▼全件表示

受賞歴

  • 伊都賞

    2022年09月   日本生物環境工学会   複雑環境下における概日時計の振舞いを支配する「位相応答場」の基礎研究

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 伊都賞

    2022年09月   日本生物環境工学会   複雑環境下における概日時計の振舞いを支配する「位相応答場」の基礎研究

  • パラダイム・シフト賞

    2020年12月   日本生物環境工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • パラダイム・シフト賞

    2020年12月   日本生物環境工学会   SPA基礎モデルの樹立と展開

  • 特別研究功績賞(生物環境調節学)

    2019年09月   日本生物環境工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 植物工場普及特別功績賞

    2019年09月   日本生物環境工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 特別研究功績賞(生物環境調節学)

    2019年09月   日本生物環境工学会   植物工場生産安定化技術への概日時計制御理論の組込みによるSPA基礎モデルの構築

  • 植物工場普及特別功績賞

    2019年09月   日本生物環境工学会   植物工場生産安定化技術への概日時計制御理論の組込みによるSPA基礎モデルの構築

  • 機構長教育奨励賞

    2019年03月   大阪府立大学  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 機構長教育奨励賞

    2019年03月   大阪府立大学   初年次ゼミナール「植物工場の科学技術」

  • 学術賞

    2018年09月   日本生物環境工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 学術奨励賞

    2013年09月   日本生物環境工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • SI2011優秀講演賞 「植物工場における体内時計の制御」

    2012年12月   計測自動制御学会SI部門  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 論文賞

    2012年09月   日本生物環境工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 50周年記念貢献賞

    2012年09月   日本生物環境工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第16回日本時間生物学会学術大会 優秀ポスター賞(基礎・科学部門)

    2009年10月   日本時間生物学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本生物環境工学会西日本支部功績賞

    2007年11月   日本生物環境工学会西日本支部  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本生物環境工学会創立記念大会 ベストプレゼンテーション賞

    2007年06月   日本生物環境工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • CIGR Armand Blanc Prize賞

    2006年09月      

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 大阪公立大学   大学院工学研究科 機械系専攻

    2022年04月 - 継続中

  • 大阪府立大学大学院   工学研究科

    2018年04月 - 2022年03月

  • 科学技術振興機構 さきがけ研究者 兼任

    2015年12月 - 2019年03月

論文

  • 時計細胞集団の同期状態に着目した位相応答曲線の効率的な測定方法 査読

    福田弘和, 増田亘作

    時間生物学(日本時間生物学会)   28 ( 2 )   94 - 101   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • Application of time lags between light and temperature cycles for growth control based on the circadian clock of Lactuca sativa L. seedlings 査読

    Masuda K.

    Frontiers in Plant Science   13   994555   2022年10月( ISSN:1664-462X

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpls.2022.994555

    PubMed

  • Unstable Phase Response Curves Shown by Spatiotemporal Patterns in the Plant Root Circadian Clock 査読

    Kosaku Masuda, Hirokazu Fukuda

    Journal of Biological Rhythms   36 ( 5 )   432 - 441   2021年10月( ISSN:0748-7304

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Phase response curves (PRCs) play important roles in the entrainment of periodic environmental cycles. Measuring the PRC is necessary to elucidate the relationship between environmental cues and the circadian clock. Conversely, the PRCs of plant circadian clocks are unstable due to multiple factors such as biotic/abiotic noise, individual differences, changes in amplitude, growth stage, and organ/tissue specificity. However, evaluating the effect of each factor is important because PRCs are commonly obtained by determining the response of many individuals, which include different amplitude states and organs. The plant root circadian clock spontaneously generates a spatiotemporal pattern called a stripe pattern, whereby all phases of the circadian rhythm exist within an individual root. Therefore, stimulating a plant root expressing this pattern enables phase responses at all phases to be measured using an individual root. In this study, we measured PRCs for thermal stimuli using this spatiotemporal pattern method and found that the PRC changed asymmetrically with positive and negative temperature stimuli. Individual differences were observed for weak but not for strong temperature stimuli. The root PRC changed depending on the amplitude of the circadian rhythm. The PRC in the young root near the hypocotyl was more sensitive than those in older roots or near the tip. Simulation with a phase oscillator model revealed the effect of measurement and internal noises on the PRC. These results indicate that instability in the entrainment of the plant circadian clock involves multiple factors, each having different characteristics. These results may help us understand how plant circadian clocks adapt to unstable environments and how plant circadian clocks with different characteristics, such as organ, age, and amplitude, are integrated within individuals.

    DOI: 10.1177/07487304211028440

    その他URL: http://journals.sagepub.com/doi/full-xml/10.1177/07487304211028440

  • Unstable Phase Response Curves Shown by Spatiotemporal Patterns in the Plant Root Circadian Clock 査読

    Kosaku. Masuda ,Hirokazu Fukuda

    J. Biological Rhythms 雑誌   Vol 36 2021年第5巻   432 - 441   2021年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The singularity response reveals entrainmentproperties of the plant circadian clock 査読

    Kosaku Masuda, Isao T. Tokuda, Norihito Nakamichi, Hirokazu Fukuda

    Nature Communications   2021年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-021-2116

  • Time Lag Between Light and Heat DiurnalCycles Modulates CIRCADIANCLOCK ASSOCIATION 1 Rhythmand Growth in Arabidopsis thaliana 査読

    Kosaku Masuda, Tatsuya Yamada, Yuya Kagawa, Hirokazu Fukuda

    Frontiers in Plant Science   11   2021年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpls.2020.614360

  • Nondestructive estimation of circadian time in harvested green perilla leaves using hyperspectral data 査読

    Shogo Nagano, Yusuke Tanigaki, Hirokazu Fukuda

    Environmental Control in Biology   58 ( 4 )   91 - 97   2020年10月( ISSN:1880-554X

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2020 Biotron Institute. All rights reserved. The circadian clock, an internal oscillator with a period of approximately 24 hours, plays an important role in the regulation of biological processes, and an understanding of circadian rhythms can be employed to improve the quality of plant production. Many studies have measured the circadian rhythms of plants and estimate their circadian times. However, the circadian time estimation methods used in previous studies are difficult to apply to commercial crops because they require extraction of plant contents such as RNA, which involves destroying plant tissues. In this study, we sought to develop a nondestructive method for estimating circadian time in harvested leaves of green perilla (Perilla frutescens var. crispa f. viridis). The results of RNA sequencing (RNA-Seq) show that the gene expression of perillyl alcohol depend on the circadian time. A hyperspectral camera captured the light reflectance of 141 wavebands from 350 to 1,050 nm on leaves, and machine learning using the reflectance data successfully estimated the circadian time corresponding to the harvest time. The study results demonstrate the potential for the nondestructive use of hyperspectral reflectance data in circadian time estimation and its applicability to improving the quality of plant production.

    DOI: 10.2525/ECB.58.91

  • The singularity response reveals entrainmentproperties of the plant circadian clock 査読

    Kosaku Masuda, Isao T. Tokuda, Norihito Nakamichi, Hirokazu Fukuda

    Nature Communications 雑誌   12   2020年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Nondestructive Estimation of Circadian Time in Harvested Green Perilla Leaves Using Hyperspectral Data 査読

    Shogo NAGANO, Yusuke TANIGAKI, Hirokazu FUKUDA

    Environmental Control in Biology 雑誌   Volume 58 Issue 4   91 - 97   2020年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Simplification of circadian rhythm measurement using species-independent time-indicated genes. Current Plant Biology, 査読

    Yusuke Tanigaki, Takanobu Higashi, Kotaro Takayama, Atsushi J. Nagano, Mie N. Honjo, Ayumi Tezuka, Mari Kamitani, Hirokazu Fukuda.

    Elsevier 雑誌   vol.19   100118(1 - 8).   2019年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Simplification of circadian rhythm measurement using species-independent time-indicated genes 査読

    Yusuke Tanigaki, Takanobu Higashi, Kotaro Takayama, Atsushi J. Nagano, Mie N. Honjo, Ayumi Tezuka, Mari Kamitani, Hirokazu Fukuda

    CURRENT PLANT BIOLOGY   19   2019年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The circadian rhythm varies among species, and the distribution of common circadian rhythm-related genes in plants is not yet clearly understood. In this study, we analyzed the transcriptome data from plants of three different species (Solanum lycopersicum, Arabidopsis thaliana, and Lactuca sativa) and their circadian rhythms. Homology of the gene sequences was analyzed. Thirty genes containing time information were found to be common among the three species studied and were used to measure the circadian rhythm. Because 22 of these 30 genes were associated with photosynthesis, we suggest that light control could be used to regulate the circadian rhythm. Currently, a high-cost transcriptome analysis is required for the measurement of circadian rhythm; however, our results showed that it was possible to reduce the number of target genes to 30 and, hence, to reduce the cost of the analysis. Our findings will enable easier estimation of circadian time, which, in turn, will facilitate environmental control for plant growth through better control of circadian time, thus facilitating better crop management practice.

    DOI: 10.1016/j.cpb.2019.100118

  • Leaf Movement Based Growth Prediction Model Using Optical Flow Analysis and Machine Learning in Plant Factory 査読

    Shogo Nagano, Shogo Moriyuki, Kazumasa Wakamori, Hiroshi Mineno, Hirokazu Fukuda

    Frontiers in Plant Science 雑誌   2019年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Leaf-Movement-Based Growth Prediction Model Using Optical Flow Analysis and Machine Learning in Plant Factory 査読

    Shogo Naganou, Shogo Moriyuki, Kazumasa Wakamori, Hiroshi Mineno, Hirokazu Fukuda

    FRONTIERS IN PLANT SCIENCE   10   227 - 227   2019年03月( ISSN:1664-462X

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Productivity stabilization is a critical issue facing plant factories. As such, researchers have been investigating growth prediction with the overall goal of improving productivity. The projected area of a plant (PA) is usually used for growth prediction, by which the growth of a plant is estimated by observing the overall approximate movement of the plant. To overcome this problem, this study focused on the time-series movement of plant leaves, using optical flow (OF) analysis to acquire this information for a lettuce. OF analysis is an image processing method that extracts the difference between two consecutive frames caused by the movement of the subject. Experiments were carried out at a commercial large-scale plant factory. By using a microcomputer with a camera module placed above the lettuce seedlings, images of 338 seedlings were taken every 20 min over 9 days (from the 6th to the 15th day after sowing). Then, the features of the leaf movement were extracted from the image by calculating the normal-vector in the OF analysis, and these features were applied to machine learning to predict the fresh weight of the lettuce at harvest time (38 days after sowing). The growth prediction model using the features extracted from the OF analysis was found to perform well with a correlation ratio of 0.743. Furthermore, this study also considered a phenotyping system that was capable of automatically analyzing a plant image, which would allow this growth prediction model to be widely used in commercial plant factories.

    DOI: 10.3389/fpls.2019.00227

    PubMed

  • 可視光による植物概日リズムの精密制御 (特集 赤外線と食品管理) 査読

    福田 弘和, 増田 亘作

    日本赤外線学会誌   28 ( 2 )   39 - 45   2019年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • 「植物環境工学の研究展望」(第七回)概日時計利用技術 査読

    福田 弘和

    植物環境工学   31 ( 4 )   189 - 197   2019年( ISSN:1880-2028

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    DOI: 10.2525/shita.31.189

    CiNii Article

  • Profit Models Based on the Growth Dynamics of Lettuce Populations in a Plant Factory 査読

    Shogo Moriyuki, Hiroaki Kaneda, Yusaku Miyagi,Nobuhiro Sugimura, Hirokazu Fukuda

    Environmental Control in Biology 雑誌   56 ( 4 )   143 - 148   2018年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Growth and Environmental Change-Independent Genes Associated with Clock Gene TOC1 in Green Perilla 査読

    Yusuke Tanigaki, Takanobu Higashi, Atsushi J. Nagano, Mie N. Honjo, Hirokazu Fukuda

    Environmental Control in Biology 雑誌   56 ( 4 )   137 - 142   2018年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Spatiotemporal analysis of localized circadian arrhythmias in plant roots 査読

    Naoki Seki, Yusuke Tanigaki, Atsumasa Yoshida, Hirokazu Fukuda

    Environmental Control in Biology 雑誌   56 ( 3 )   93 - 97   2018年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Estimation of the circadian phase by oscillatory analysis of the transcriptome in plants 査読

    Mari Takeoka, Takanobu Higashi, Mie N. Honjo, Ayumi Tezuka, Atsushi J. Nagano,Yusuke Tanigaki, Hirokazu Fukuda

    Environmental Control in Biology 雑誌   56 ( 2 )   67 - 72   2018年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Multicellularity enriches the entrainment of Arabidopsis circadian clock 査読

    K.Mtsuda,R.Kitaoka,K.Ukai,I.T.Tokuda,H.Fukuda

    Science Advances 雑誌   3 ( 10 )   e1700808(1 - 9)   2017年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Transcriptome analysis of a cultivar of green perilla(Perilla Frutescens)using genetic similarity with other plants via public databases 査読

    Yusuke Tanigaki, Takanobu Higashi, Atsushi J Nagano, Mie N. Honjo, Hirokazu Fukuda

    Environment Control in Biology 雑誌   55 ( 2 )   77 - 83   2017年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Oscillatory analysis of the lettuce transcriptome under constant light and light–dark conditions 査読

    Takanobu Higashi, Koh Aoki, Atsushi J. Nagano, Mie N. Honjo and Hirokazu Fukuda

    Frontiers in Plant Science 雑誌   7 ( 1114 )   1 - 10   2016年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effects of plant density and light intensity on the production of a vaccine material for swine edema disease in transgenic lettuce 査読

    K.Okamura,Y.Matsuda,K.Igari,K.Kto,H.Asano,T.Matsui,E.Takita,K.Sawada,H.Fukuda,H.Murase

    Environmental Control in Biology 雑誌   51 ( 4 )   207 - 213   2014年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 温度変動が誘起する発芽期における概日リズムの集団同期 査読

    有働龍太、守行正悟、鵜飼和也、福田弘和

    日本冷凍空調学会論文集 雑誌   31 ( 3 )   359 - 365   2014年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Quantitative Analysis of Phase Wave of Gene Expression in the Mammalian Central Circadian Clock Network 査読

    Hirokazu Fukuda, Isao Tokuda, Seiichi Hashimoto, Naoto Hayasaka

    PLoS one 雑誌   6 ( 8 )   2011年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Early Diagnosis of Productivity Through a Clock Gene Promoter Activity Using a Luciferase Bioluminescence Assay in Arabidopsis thaliana 査読

    Hirokazu Fukuda, Takatoshi Ichino, Takao Kondo, Haruhiko Murase

    Environment Control in Biology (in press) 雑誌   49 ( 2 )   51 - 60   2011年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Production of biologically active human thioredoxin 1 protein in lettuce chloroplasts 査読

    Soon Lim, Hiroki Ashida, Rie Watanabe, Koji Inai, Yun-Soo Kim, Keiko Mukougawa, Hirokazu Fukuda, Ken-ichi Tomizawa, Kei-ichi Ushiyama, Hiroshi Asao, Masahiro Tamoi, Hiroshi Masutani, Shigeru Shigeoka, Junji Yodoi, Akiho Yokota

    Plant Mol Biol 雑誌   2011年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effect of a Dark Pulse Under Continuous Red Light on the Aravidopsis thaliana Circadian Rhythm 査読

    Hirokazu Fukuda, Yu Uchida, Norihito Nakamichi

    Environment Control in Biology 雑誌   2008年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Synchronization of Plant Circadian Oscillators with a Phase Delay Effect of Vein Network 査読

    H. Fukuda, N. Nakamichi, M. Hisatsune, H. Murase, T. Mizuno

    Physical Review Letters 雑誌   99   2007年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Non-destructive sensing and its inverse model for diagnosing quality degradation using texture analysis and artificial neural network 査読

    M. Ushada, H. Murase, H. Fukuda

    Computers and Electronics in Agriculture 雑誌   ( 57 )   149 - 165   2007年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 植物のサーカディアン振動子集団における維管束ネットワークの影響

    福田弘和、中道範人、水野猛、村瀬治比古

    物性研究(研究会報告「生命リズムと振動子ネットワーク」) 雑誌   87   2007年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 安全安心レタスから医薬用レタスまで-遺伝子発現制御植物工場の開発-

    福田弘和

    SHITA REPORT(日本生物環境工学会シンポジウム講演要旨集) 雑誌   ( 24 )   82 - 92   2007年04月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • Entrainment in a chemical oscillator chain with a pacemaker 査読

    Hirokazu Fukuda, Naoki Tamari, Hiroki Morimura, Shoichi Kai

    The Journal of Physical Chemistry A 雑誌   109   11250 - 11254   2005年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Global synchronization in two-dimensional lattices of discrete Belousov-Zhabotinsky oscillators 査読

    Hirokazu Fukuda, Hiroki Morimura, Shoichi Kai

    Physica D 雑誌   205   80 - 86   2005年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Circadian rhythm formation in plant seedling: Global synchronization and bifurcation as a coupled nonlinear oscillator system 査読

    Hirokazu Fukuda, Jun-ichi Kodama, Shoichi Kai

    BioSystems 雑誌   77   41 - 46   2004年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Noise-induced Entrainment of Human Brain Waves: Stochastic Synchronization 査読

    Osamu Inomoto, Toshio Mori, Hirokazu Fukuda, Shoichi Kai

    Neuroscience Research 雑誌   50   2004年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Stochastic Synchronization in Two-Dimensional Coupled Lattice Oscillators in the Belousov-Zhabotinsky Reaction 査読

    Hirokazu FUKUDA, Hikaru NAGANO, Shoichi KAI

    Journal of the Physical Society of Japan 雑誌   72   487 - 490   2003年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Formation mechanism of circadian rhythm in Plant Germination as a Coupled Nonlinear Cooperative Phenomenon 査読

    Hirokazu Fukuda, Shoichi Kai

    Technology Report of Kyushu University 雑誌   ( 75 )   107 - 113   2002年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 研究開発の俯瞰報告書 ライフサイエンス・臨床医学分野(2021年)

    福田弘和(一部執筆)( 担当: 共著)

    国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 研究開発戦略センター(CRDS)  2021年10月  ( ISBN:978-4-86579-293-5

  • 新スマート農業~進化する農業情報利用~

    農業情報学会 ( 担当: 共著)

    農林統計出版  2019年05月 

  • 新スマート農業~進化する農業情報利用~

    福田弘和( 担当: 単著 ,  範囲: :「6-7-3植物工場での生育モニタリング」(342-343頁))

    農林統計出版  2019年05月 

  • Plant factory using artificial light : adapting to environmental disruption and clues to agricultural innovation

    安保, 正一, 福田, 弘和, 和田, 光生

    Elsevier  2019年  ( ISBN:9780128139738

     詳細を見る

    総ページ数:xxviii, 406 p.  

    CiNii Books

  • Plant factory using artificial light : adapting to environmental disruption and clues to agricultural innovation

    安保 正一, 福田 弘和, 和田 光生

    Elsevier  2019年  ( ISBN:9780128139738

     詳細を見る

  • アグリフォトニクスⅢ ―植物工場の最新動向と将来展望―, 第11章大阪府立大学における植物工場の基盤研究 ―生体計測・制御技術―

    福田弘和,守行正悟,谷垣悠介( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2018年11月 

  • Plant Factory Using Artificial Light - Adapting to environmental disruption and clues to agricultural innovation. (Part Ⅲ.10) Plant factory and new renewable energy technology

    Masaya Matsuoka, Yu Horiuchi, Hirokazu Fukuda, Masakazu Anpo( 担当: 共著)

    Elsevier  2018年10月 

  • Smart Plant Factory: The next generation indoor vertical farms (Chapter 22) Detection and Utilization of Biological Rhythms in Plant Factories

    Hirokazu Fukuda, Yusuke Tanigaki, Shogo Moriyuki( 担当: 共著)

    Springer  2018年10月 

  • Plant Factory Using Artificial Light - Adapting to environmental disruption and clues to agricultural innovation. (Introduction) Artificial Light-Type Plant Factories -Outline and a Vision for the future

    Masakazu Anpo, Hirokazu Fukuda, Teruo Wada( 担当: 共著)

    Elsevier  2018年10月 

  • Plant Factory Using Artificial Light - Adapting to environmental disruption and clues to agricultural innovation. (Part I.1.3) Characteristics of vegetable growing in plant factories and technical issues

    Hirokazu Fukuda, Teruo Wada( 担当: 共著)

    Elsevier  2018年10月 

  • Plant Factory Using Artificial Light - Adapting to environmental disruption and clues to agricultural innovation. (Part I.2.4) Control theory in the metabolic rhythms of plants

    Yusuke Tanigaki, Hirokazu Fukuda( 担当: 共著)

    Elsevier  2018年10月 

  • Plant Factory Using Artificial Light - Adapting to environmental disruption and clues to agricultural innovation. (Part Ⅲ.6.1) Fundamental Components and Points on Consider in the Design of a Plant Factory: An Example of OPU New-Generation Plant Factory

    Teruo Wada, Hirokauz Fukuda( 担当: 共著)

    Elsevier  2018年10月 

  • Plant Factory Using Artificial Light - Adapting to environmental disruption and clues to agricultural innovation. (Part Ⅲ.6.2) Development of a Seedling Selection Robot Using Green Clock Technology

    Shogo Moriyuki, Hirokazu Fukuda( 担当: 共著)

    Elsevier  2018年10月 

  • 植物学の百科事典,執筆担当「植物工場」

    福田弘和( 担当: 単著)

    日本植物学会  2016年06月 

  • 体内時計の科学と産業応用:第16章 体内時計制御の植物工場への応用

    福田弘和( 担当: 単著)

    シーエムシー  2011年04月 

  • プラントミメティックス-植物に学ぶ-第1編第2章「情報と輸送」第6節「植物のサーカディアンリズム形成」

    福田弘和,村瀬治比古( 担当: 共著)

    エヌ・ティー・エス  2006年05月 

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 「本学会のパラダイムと学術用語」(第四回)

    福田弘和

    植物環境工学   33 ( 4 )   144 - 146   2021年12月

  • 植物と情報処理:<カテゴリ2 植物学を加速する情報処理技術>2.3 植物の生産力を最大化する情報処理技術(植物工場) 査読

    福田弘和

    情報処理   62 ( 12 )   e19 - e21   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • ライフサイエンス・臨床医学分野 2.2 バイオエコノミー「植物工場」

    資料提供(福田弘和など)

    JST CRDS 研究開発の俯瞰報告書 (CRDS-FY2020-FR-04)   334 - 342   2021年03月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

  • 令和の年頭に当たり,学会躍進のパラダイムを俯瞰する

    橋本 康, 野口 伸, 仁科 弘重, 吉田 敏, 後藤 英司, 清水 浩, 高山 弘太郎, 安永 円理子, 伊藤 博通, 福田 弘和

    植物環境工学 = Journal of Society of High Technology in Agriculture   32 ( 1 )   13 - 17   2020年03月( ISSN:1880-2028

     詳細を見る

  • 植物の美しさと賢さに敬意を表して : 植物工場のアルゴリズムとユニバーサリティ (特集 前へ!これからの100年へ第一歩)

    福田 弘和

    Toyota Boshoku technical review = トヨタ紡織技報   13   4 - 7   2019年

     詳細を見る

講演・口頭発表等

  • 植物概日時計における位相応答曲線の精密同定

    福田弘和

    日本睡眠学会第45回定期学術集会・第30回日本時間生物学会学術大会 合同大会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Unityを用いた植物概日時計の複雑環境応答シミュレーション

    八木亮太, 青山尚暉, 福田弘和

    日本睡眠学会第45回定期学術集会・第30回日本時間生物学会学術大会 合同大会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 人工生成した気圧変動パルスに対するシロイヌナズナの概日リズム応答

    池田和輝, 土田勘介, 福田弘和

    日本睡眠学会第45回定期学術集会・第30回日本時間生物学会学術大会 合同大会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • SPA基礎研究の機械情報工学的パラダイム・シフ ト

    福田弘和

    日本生物環境工学会2023年豊橋大会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 生物環境の凝縮空間CUBE:Unityによる複雑環境応答シミュレーション開発

    八木亮太, 福田弘和

    日本生物環境工学会2023年豊橋大会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 連結DCファンを用いた大気潮汐シグナルの人工生成技術開発

    池田和輝, 土田勘介, 福田弘和

    日本生物環境工学会2023年豊橋大会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 物理学に基づく植物工場の実現を目指して

    福田弘和

    新学術領域研究「植物の周期と変調」三流派合同 解析道場プログラム  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 概日時計サイレンシング法を用いた滞在性微弱シグナル環境におけるリズム変調の解明

    福田弘和

    新学術領域研究領域会議2023夏  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 微弱な大気圧変化に対する概日リズムの応答

    池田和輝, 福田弘和

    新学術領域研究領域会議2023夏  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 植物型3Dモデルを用いた位相応答場シミュレーション

    八木亮太, 福田弘和

    新学術領域研究領域会議2023夏  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 植物の側根形成時における概日リズムの乱れについての研究

    小田彬人, 福田弘和

    食料農業工学会関西支部  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 薬剤投与による主観的昼と夜の比率変化に関する数理モデル解析

    田島優介, 藤本風太, 福田弘和

    食料農業工学会関西支部  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 画像処理による植物細胞間接触面積の算出方法

    豊嶋悠斗, 奥山瑞生, 福田弘和

    食料農業工学会関西支部  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 植物細胞格子における位相応答場を構築する位相応答シミュレーターの開発

    青山尚暉, 八木亮太, 福田弘和

    食料農業工学会関西支部  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 概日時計サイレンシング法を用いた滞在性微弱シグナル環境におけるリズム変調の解明

    福田弘和

    新学術領域「植物の周期と変調」 令和4年度 第2回領域会議  2023年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 植物工場における生産安定化技術

    福田弘和

    植物工場にかかわる最新研究  2022年12月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • A platform technology for analysis and control of the plant circadian clock under complex environments

    第20回国際農業工学会世界大会2022  2022年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 位相応答の逆問題を用いた化学物質作用タイムラグ推定方法の精度評価

    藤本風太, 福田弘和

    第29回日本時間生物学会学術大会  2022年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 植物工場レタスの葉面積から概日リズムを算出する手法における U-net 法の検証とmask r-CNN の実装

    奥山瑞生, 福田弘和

    第29回日本時間生物学会学術大会  2022年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 植物栽培用の培地中における周期的な大気圧変動シグナルの貫通性の評価

    池田和輝, 福田弘和

    第29回日本時間生物学会学術大会  2022年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 植物工場の実際 「植物工場における生産安定化技術」

    福田弘和

    2022年度 スマートグリーンハウス指導者育成研修(PFCセミナーII)  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • VR を用いた仮想空間における位相応答場の構築

    八木亮太, 福田弘和

    新学術領域研究「植物の周期と変調」第3回若手 WS  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 局部刺激で誘起する概日時計の位相特異点に関する数理モデル解析

    小田彬人, 福田弘和

    第39日本植物バイオテクノロジー学会(堺)大会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 植物概日時計の位相応答場技術

    福田弘和

    第39日本植物バイオテクノロジー学会(堺)大会 シンポジウム  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 概日時計細胞集団に対する光照射を用いた位相特異点生成についての数値解析

    小田彬人, 福田弘和

    日本生物環境工学会 2022年福岡大会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 複雑環境下における概日時計の振舞いを支配する「位相応答場」の基礎研究

    福田弘和

    日本生物環境工学会 2022年福岡大会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • タイムラグのある局所外部入力に対する多細胞システムの動的応答特性の解析

    藤本風太, 福田弘和

    生命情報物理:新学術領域研究「情報物理学でひもとく生命の秩序と設計原理」 第5回領域会議  2022年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 位相応答曲線の同定法の比較

    福田弘和

    生命情報物理:新学術領域研究「情報物理学でひもとく生命の秩序と設計原理」 第5回領域会議  2022年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 局所外部入力に対する概日時計細胞集団の同期応答特性の解析

    小田彬人, 福田弘和

    生命情報物理:新学術領域研究「情報物理学でひもとく生命の秩序と設計原理」 第5回領域会議  2022年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 概日時計サイレンシング法を用いた滞在性微弱シグナル環境におけるリズム変調の解明

    福田弘和

    【植物の周期と変調】公募班グループミーティング  2022年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 概日時計の位相応答曲線を用いた化学物質の作用タイムラグの推定モデル

    藤本風太, 福田弘和

    日本物理学会 第77回年次大会(2022年)  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 時計細胞集団における位相波の生成モデルと光による制御

    温 雨佳, 福田弘和

    食料農業工学会関西支部 第147回例会プログラム  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 起潮力リズムに対するヒルベルト変換の検証

    池田和輝, 福田弘和

    食料農業工学会関西支部 第147回例会プログラム  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 時計遺伝子の発現リズムに対するモデル式の確立

    八木亮太, 福田弘和

    食料農業工学会関西支部 第147回例会プログラム  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 位相応答曲線の高速同定法による植物の環境応答と発生の時空間統合モデルの構築

    福田弘和

    新学術領域研究「植物の周期と変調」令和3年度 第2回領域会議  2022年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • A comparison of fast identification methods for the phase response curve in plant circadian clock

    福田弘和

    第28回日本時間生物学会学術大会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Circadian rhythm analysis of lettuce leaf expansion by a three-dimensional measurement using depth camera

    林大輝, 福田弘和

    第28回日本時間生物学会学術大会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Analysis of the time lag of compound effects by an inverse problem from phase response curves

    藤本風太, 福田弘和

    第28回日本時間生物学会学術大会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 化合物の作用タイムラグを概日時計の位相応答曲線から逆問題で解析

    藤本風太, 福田弘和

    日本生物環境工学会 オンライン次世代研究発表会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 深度カメラによる葉の上下振動計測を基にしたレタスの概日リズム解析

    林大輝, 福田弘和

    日本生物環境工学会 オンライン次世代研究発表会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 概日時計の位相応答曲線におけるノイズの数理モデル化

    田中綸, 福田弘和

    日本生物環境工学会 オンライン次世代研究発表会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 概日時計における脱同期領域の人工生成による側根誘起の可能性

    香河悠也, 福田弘和

    日本生物環境工学会 オンライン次世代研究発表会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • SPA基礎モデルの樹立と展開

    福田 弘和

    日本生物環境工学会シンポジウム 「生物環境工学のパラダイム・シフト」  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 位相応答曲線の高速同定法による植物の環境応答と発生の時空間統合モデルの構築

    福田弘和

    新学術領域研究「植物の周期と変調」令和3年度 第1回領域会議  2021年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 概日時計制御技術の高度化研究

    福田 弘和

    PFC2020 年度研究等の成果発表会  2021年06月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 植物工場のレタス成長解析のためのセグメンテーション手法の構築

    柳澤真由, 福田弘和

    2020年度 日本生物環境工学会 オンライン合同支部大会  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 深度カメラを用いたレタス苗の3次元Optical Flow解析

    林大輝, 福田弘和

    2020年度 日本生物環境工学会 オンライン合同支部大会  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 植物工場レタスのRNA‐seq解析におけるLightGBMを用いた高精度時刻推定モデルの構築

    植田瑛晶, 谷垣悠介, 福田弘和

    2020年度 日本生物環境工学会 オンライン合同支部大会  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 植物工場の育苗室における投影葉面積の高精度解析技術

    上野峻穂, 福田弘和

    2020年度 日本生物環境工学会 オンライン合同支部大会  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • シロイヌナズナにおける概日時計の振幅を増大させる最適な明暗サイクル波形の検討

    香河悠也, 増田亘作, 山田竜也, 福田弘和

    第 27 回 日本時間生物学会学術大会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 光と温度の日周サイクルにおける位相差が植物の生育へ与える影響

    山田竜也, 増田亘作, 香河悠也, 福田弘和

    第 27 回 日本時間生物学会学術大会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • シロイヌナズナの葉における概日リズムの不均一な位相応答の計測

    田中綸, 増田亘作, 福田弘和

    第 27 回 日本時間生物学会学術大会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 概日時計シンギュラリティから見た栽培環境の新たな設計

    福田弘和

    日本植物学会 第84回大会・シンポジウム  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 植物工場の自動化技術~生体リズムと生育不安定性

    福田弘和

    第122 回テクノラボツアー 「最先端農業を支える工学技術」  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 植物工場生産安定化技術への概日時計制御理論の組込み

    福田弘和

    「PFC令和元年度(2019年度)共同等研究成果発表会」  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • シロイヌナズナの葉面における概日時計の器官特異性

    田中綸, 太田雅人, 増田亘作, 福田弘和

    食料農業工学会関西支部  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 植物工場のレタス苗における1日分の時系列投影葉面積が示す生育予測

    国分寺諒, 植田瑛晶, 上野峻穂, 福田弘和

    食料農業工学会関西支部  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 植物工場におけるレタスの画像領域分割のためのRandom WakersとWateshedアルゴリズムの比較

    彭楚微, 柳澤真由, 福田弘和

    食料農業工学会関西支部  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 植物における概日リズムの振幅を増大させる最適な明暗サイクル波形の検討

    香河悠也, 山田竜也, 増田亘作, 福田弘和

    食料農業工学会関西支部  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 低密度な時系列データを用いた分子時刻表手法の確立

    林大輝, 植田瑛晶, 谷垣悠介, 福田弘和

    食料農業工学会関西支部  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Prediction of lettuce fresh weight using optical flow and machine learning in a closed-type plant factory

    Shogo Nagano, Shogo Moriyuki, Kazumasa Wakamori, Hiroshi Mineno, Hirokazu Fukuda

    IPPS 2019  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Technology for high-accuracy analysis of the projected leaf area in a nursery room in a closed-type plant factory

    Takaho Ueno, Shogo Nagano, Shogo Moriyuki, Hirokazu Fukuda

    IPPS 2019  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Plant circadian time estimation using single sample in greenhouse Tomato

    谷垣悠介, 福田弘和

    第26回学術大会 日本時間生物学会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 葉面における時空間パターンを利用した位相応答曲線の計測

    太田雅人, 増田亘作, 福田弘和

    第26回学術大会 日本時間生物学会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 植物工場生産安定化技術への概日時計制御理論の組込み

    福田弘和

    第26回学術大会 日本時間生物学会(シンポジウム:時間生物学研究の産業応用 )  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 植物の根における時空間パターンを用いた位相応答曲線の計測

    増田亘作, 福田弘和

    第26回学術大会 日本時間生物学会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 位相差のある2種類の周期的環境刺激の同時入力が植物概日リズムの振幅へ与える影響

    山田竜也, 増田亘作, 福田弘和

    第26回学術大会 日本時間生物学会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 植物工場の育苗室における投影葉面積の高精度解析技術

    上野峻穂, 長野将吾, 守行正悟, 福田弘和

    2019年日本生物環境工学会千葉大会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 植物工場生産安定化技術への概日時計制御理論の組込み

    福田弘和

    2019年度(第29回)日本数理生物学会大会シンポジウム「農学における数理生物学」  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Leaf Movement Based Growth Prediction Model Using Optical Flow Analysis and Machine Learning in Plant Factory.

    Shogo Nagano, Shogo Moriyuki, Kazumasa Wakamori, Hiroshi Mineno, Hirokazu Fukuda

    Greensys2019  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Detection and utilization of circadian rhythms in plant factories.

    Hirokazu Fukuda, Shogo Moriyuki

    Greensys2019  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 体内時計を利用した植物工場

    谷垣悠介, 福田弘和

    日本農芸化学会2019年度大会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • レタス成長予測技術のための生育状態に対応した葉面積自動取得システムの開発

    上野峻穂, 守行正悟, 福田弘和

    農業食料工学会関西支部第141回例会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 薬用ハーブCentella asiaticaのフェノタイピングに関する研究

    植田瑛晶, 福田弘和

    農業食料工学会関西支部第141回例会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 苗診断システムの導入可否決定のための費用モデルの構築

    包凌峰, 守行正悟, 福田弘和

    農業食料工学会関西支部第141回例会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 植物工場における概日時計の科学と技術

    福田弘和

    明治大学現象数理学研究拠点共同研究集会「生物学・化学・数理科学から見抜くリズム現象の本質」  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 明暗環境下において異なる時刻に加わる温度刺激が植物の成長と概日時計に与える影響

    山田竜也, 増田亘作, 福田弘和

    農業食料工学会関西支部第141回例会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

産業財産権等

  • 植物の生産方法

    福田 弘和、守行 正悟、山川 浩延、糸賀 和義

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2017-164480 

    特許番号/登録番号:特許第6928372号 

  • 植物の生産方法

    福田 弘和, 守行 正悟, 山川 浩延, 糸賀 和義

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2017-164480号 

    特許番号/登録番号:特許第6928372号 

  • ストレス耐性植物の製造方法

    福田弘和、関直基、谷垣悠介、山川浩延

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2017-068474 

    特許番号/登録番号:特許第6934165号 

  • ストレス耐性植物の製造方法

    福田弘和, 関直基, 谷垣悠介, 山川浩延

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2017-068474号 

    特許番号/登録番号:特許第6934165号 

  • 栽培システム

    伊藤豪、堤一弘、平井達也、岡崎由、大原均、福田弘和、守行正悟

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:特許第6151663号 

  • 植物栽培装置

    福田弘和

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

  • 植物栽培方法及び体内時計最適化植物栽培装置

    福田弘和、山川浩延

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号: 特願2011-044317 

    特許番号/登録番号:特許第6012928号 

  • 分子診断型植物工場及び分子診断法

    福田弘和、山川浩延

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 概日時計

  • 生体リズム制術

  • 植物工場

担当授業科目

  • 機械系特別研究第四

    2021年度    

  • 機械系特別研究第三

    2021年度    

  • 機械系特別演習第四

    2021年度    

  • 機械系特別演習第三

    2021年度    

  • 機械系特別研究第二

    2021年度    

  • 機械系特別研究第一

    2021年度    

  • 機械系特別演習第二

    2021年度    

  • 機械系特別演習第一

    2021年度    

  • 機械工学技術英語

    2021年度    

  • 機械工学卒業研究

    2021年度    

  • 工学域インターンシップ

    2021年度   実習  

  • 工学研究の最先端

    2021年度    

  • 機械及び航空宇宙海洋工学概論I

    2021年度    

  • 生産システム工学

    2021年度    

  • 機械工学総合演習II

    2021年度    

  • 機械工学総合演習I

    2021年度    

  • バイオプロダクション工学

    2021年度    

  • 機械及びバイオ生産工学特別講義

    2021年度    

  • 加工原理

    2021年度    

  • 機械生産工学

    2021年度    

  • 加工学特論

    2021年度    

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • バイオプロダクション工学

    2018年04月

  • 生産システム工学

    2018年04月

  • 機械生産工学

    2018年04月

  • 機械及びバイオ生産工学特別講義

    2018年04月

  • 加工学特論

    2018年04月

  • 加工原理

    2018年04月

  • 初年次ゼミナール【植物工場における科学技術】

    2018年04月

  • 機械工学総合演習I

    2013年04月

  • 機械設計製図演習II

    2013年04月

  • 機械工学総合演習II

    2013年04月

  • 機械工学実験I

    2011年04月

  • 機械工学実験II

    2011年04月

  • バイオコンピューティング

    2007年04月

  • 科学英語読解

    2007年04月

  • 科学英語表現

    2007年04月

  • 知能情報処理

    2007年04月

  • 生物情報科学演習B

    2007年04月

  • 材料力学

    2007年04月

  • 光放射工学

    2007年04月

  • バイオメカトロニクス基礎実験

    2007年04月

  • バイオテクノロジー概論

    2007年04月

  • 地域環境科学実験・実習

    2005年04月

  • 生物情報科学演習A

    2005年04月

  • 生物情報科学ラボ演習

    2005年04月

  • 生物情報工学基礎実験

    2005年04月

▼全件表示

メディア報道

  • シンギュラリティ応答を用いた位相応答曲線の推定法 ⼤阪府⽴⼤などが新⼿法を考案 新聞・雑誌

    電波新聞  朝刊8面  2021年02月

  • 植物の体内時計変化、刺激1回で全時刻計算 ⼤阪府⼤など 新聞・雑誌

    日刊工業新聞  朝刊、19面  2021年02月

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 機械系学類の紹介

     詳細を見る

    対象:高校生

  • 機械系学類の紹介

     詳細を見る

    対象:高校生

  • 朝日カルチャースクール: 植物の生命活動のカギは?=植物の体内時計のメカニズムを語ります=

     詳細を見る

    対象:大学生, 社会人・一般