2023/06/07 更新

写真a

アキヨシ ヒデオ
秋吉 秀保
AKIYOSHI HIDEO
担当
大学院獣医学研究科 獣医学専攻 教授
獣医学部 獣医学科
職名
教授
所属
獣医学研究院

担当・職階

  • 大学院獣医学研究科 獣医学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 獣医学部 獣医学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(獣医学) ( 大阪府立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 獣医学  / 臨床獣医学

研究概要

  • 小動物臨床における腎泌尿器疾患に対する新規診断治療法の開発

  • 小動物臨床における腫瘍疾患の新規治療法開発

  • 小動物臨床における手術法の開発

  • 小動物臨床におけるインターベンショナルラジオロジーの応用

  • 小動物臨床における画像診断法の開発

  • 小動物臨床における新規腫瘍マーカーの開発

研究歴

  • 小動物臨床における新規腫瘍マーカーの開発

    腫瘍、腫瘍マーカー、褐色細胞腫、リンパ腫  機関内共同研究

    2005 - 2015 

  • 小動物臨床における腎泌尿器疾患に対する新規診断治療法の開発

    犬、猫、膀胱腫瘍、結石、腎腫瘍  個人研究

    2005 - 2015 

  • 小動物臨床における腫瘍疾患の新規治療法開発

    犬、猫、腫瘍  個人研究

    2005 - 2015 

  • 小動物臨床における神経疾患の病態解析

    犬、猫、椎間板ヘルニア、脳腫瘍、脳炎  個人研究

    2005 - 2015 

  • 小動物臨床におけるインターベンショナルラジオロジーの応用

    犬、猫、肝細胞癌に対する化学塞栓術、頭頸部癌に対する動注化学療法、ステント留置術  個人研究

    2005 - 2015 

  • 小動物臨床における手術法の開発

    犬、猫、軟部組織外科、腫瘍外科  個人研究

    2005 - 2015 

  • 小動物臨床における画像診断法の開発

    犬、猫、CT検査、MRI検査、超音波検査  個人研究

    2005 - 2015 

所属学協会

  • 日本人工臓器学会

    2017年09月 - 継続中   国内

  • 日本再生医療学会

    2016年04月 - 継続中   国内

  • 日本獣医がん学会

    2014年06月 - 継続中   国内

  • 日本獣医画像診断学会

    2013年04月 - 継続中   国内

  • 日本獣医腎泌尿器学会

    2009年04月 - 継続中   国内

  • 日本獣医臨床病理学会

    2007年04月 - 継続中   国内

  • 日本獣医神経病学会

    2006年12月 - 継続中   国内

  • 動物臨床医学会

    2005年11月 - 継続中   国内

  • 獣医麻酔外科学会

    2005年10月 - 継続中   国内

  • 日本獣医師会

    2005年09月 - 継続中   国内

  • 日本動物看護学会

    2003年02月 - 継続中   国内

  • 日本獣医学会

    2002年03月 - 継続中   国内

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 会長   日本獣医麻酔外科学会  

    2021年06月 - 継続中 

  • 評議委員   日本獣医学会  

    2020年06月 - 継続中 

  • 副会長   日本獣医腎泌尿器学会  

    2019年08月 - 継続中 

  • 理事   日本獣医麻酔外科学会  

    2019年06月 - 継続中 

  • 学術顧問   日本臨床獣医学フォーラム  

    2017年04月 - 継続中 

  • 学会長   獣医学術金地区学会  

    2017年04月 - 継続中 

  • 近畿地区委員会 委員長   日本獣医麻酔外科学会  

    2016年04月 - 2019年03月 

▼全件表示

論文

  • Genetic and phenotypic analyses of mcr-harboring extended-spectrum β-lactamase-producing Escherichia coli isolates from companion dogs and cats in Japan

    Yasugi M.

    Veterinary Microbiology   280   109695   2023年05月( ISSN:03781135

  • The volume of extruded materials is correlated with neurologic severity in small-breed dogs with type I thoracolumbar intervertebral disk herniation 査読

    Yusuke Sakaguchi, Hidetaka Nishida, Hiroshi Tanaka, Masahiko Kitamura, Hideo Akiyoshi, Masanari Nakayama

    Journal of the American Veterinary Medical Association   261 ( 3 )   348 - 352   2023年03月( ISSN:00031488

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.2460/javma.22.07.0326

    PubMed

  • Controlled release of canine MSC-derived extracellular vesicles by cationized gelatin hydrogels(タイトル和訳中)

    Yoshizaki Karin, Nishida Hidetaka, Tabata Yasuhiko, Jo Jun-ichiro, Nakase Ikuhiko, Akiyoshi Hideo

    Regenerative Therapy   22   1 - 6   2023年03月

  • 肩甲骨及び硬膜外脂肪に認められた特発性無菌性化膿性肉芽腫のトイプードルの1例

    安積 一平, 西田 英高, 田中 美有, 桑村 充, 嶋崎 等, 田中 利幸, 山本 卓矢, 秋吉 秀保

    日本獣医師会雑誌   76 ( 5 )   e75 - e80   2023年( ISSN:04466454

     詳細を見る

    <p>7歳齢の避妊雌のトイプードルが,右前肢の跛行を主訴に受診した.初診時のX線検査では右肩甲骨の骨増生及び皮質骨の不整が認められた.病変部位の組織の一部を採取したところ,非感染性の骨の炎症が疑われた.プレドニゾロン内服によって臨床徴候の改善が認められ,休薬によって血中C反応性蛋白(CRP)の高値及び両後肢不全麻痺が認められるようになった.核磁気共鳴画像(MRI)検査によって,第1-2胸椎,第4-5胸椎の硬膜外脂肪の炎症が認められ,特発性無菌性化膿性肉芽腫と診断した.免疫抑制量のプレドニゾロン及びシクロスポリンの内服によって,両後肢の神経徴候は改善し,血中CRPは正常範囲内まで低下し,MRI検査では病変は消失していた.本症例では,無菌性化膿性肉芽腫が肩甲骨及び硬膜外脂肪に発症したと考えられた.</p>

    DOI: 10.12935/jvma.76.e75

  • Diameter of the shunt vessel in dogs with incidental extrahepatic portosystemic shunts

    Tanaka T.

    Journal of Veterinary Medicine Series C: Anatomia Histologia Embryologia   2023年( ISSN:03402096

     詳細を見る

  • Contrast-enhanced CT features of pyloric lesions in 17 dogs: Case series 査読

    Toshiyuki Tanaka, Yusuke Wada, Shunsuke Noguchi, Hidetaka Nishida, Hideo Akiyoshi

    Veterinary Radiology and Ultrasound   64 ( 2 )   262 - 270   2022年12月( ISSN:1058-8183

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/vru.13193

    PubMed

    その他URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1111/vru.13193

  • Assessment of hypoxia-targeting therapy for gastrointestinal lymphoma in dogs: Preclinical test using murine models 査読

    Hiroki Yamazaki, Toshiyuki Tanaka, Hidetaka Nishida, Shingo Hatoya, Hideo Akiyoshi

    Research in Veterinary Science   154   22 - 28   2022年11月( ISSN:00345288

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.rvsc.2022.11.003

    PubMed

  • ネコにおける腐骨を併発した脊髄硬膜外蓄膿 1症例報告(Spinal epidural empyema concurrent with sequestrum in a cat: a case report) 査読

    Kinoshita Kosuke, Nishida Hidetaka, Kanegi Ryoji, Nakamoto Yuya, Tanaka Toshiyuki, Fumimoto Tamiko, Kuwamura Mitsuru, Ogawa Yasuo, Akiyoshi Hideo

    The Journal of Veterinary Medical Science   84 ( 10 )   1368 - 1372   2022年10月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

  • Computed tomography and magnetic resonance imaging findings in dogs with vaginal leiomyoma and leiomyosarcoma 査読

    Toshiyuki Tanaka, Shunsuke Noguchi, Yusuke Wada, Hiroki Yamazaki, Hidetaka Nishida, Hideo Akiyoshi

    Veterinary Medicine and Science   8 ( 6 )   2337 - 2344   2022年09月( ISSN:2053-1095

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/vms3.930

    PubMed

    その他URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/vms3.930

  • Hypoxia-targeting therapy for intestinal T-cell lymphoma in dogs: Preclinical study using 3D in vitro models 査読

    Hiroki Yamazaki, Toshiyuki Tanaka, Hidetaka Nishida, Shingo Hatoya, Hideo Akiyoshi

    Veterinary and Comparative Oncology   21 ( 1 )   12 - 19   2022年08月( ISSN:1476-5810

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/vco.12855

    PubMed

  • CT findings of bleeding from a canine gall bladder carcinoid tumour 査読

    Toshiyuki Tanaka, Hideo Akiyoshi, Shogo Hirata, Dai Shimada, Hidetaka Nishida

    Veterinary Record Case Reports   10 ( 3 )   2022年06月( ISSN:2052-6121

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/vrc2.420

    その他URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/vrc2.420

  • Computed tomography findings in canine cholangiocellular carcinoma 査読

    Toshiyuki Tanaka, Shunsuke Noguchi, Yusuke Wada, Hidetaka Nishida, Hideo Akiyoshi

    10 ( 2 )   2022年06月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/vrc2.303

  • Case Report: Detection of Transferrin in a Dog Suspected of Having Cerebrospinal Fluid Rhinorrhea

    Kosuke Kinoshita, Hidetaka Nishida, Ryoji Kanegi, Yuya Nakamoto, Toshiyuki Tanaka, Shunsuke Shimamura, Kazuhito Kusumoto, Hideo Akiyoshi

    Frontiers in Veterinary Science   9   2022年03月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 12-year-old Yorkshire terrier was referred for epileptic seizures and nasal discharge. The fluid was clear and serous. Cerebrospinal fluid (CSF) rhinorrhea was suspected, based on clinical signs and MRI findings. In humans, analysis of nasal secretions to determine the concentration of glucose and brain-type transferrin has been widely used clinically in order to confirm the presence of CSF rhinorrhea. The glucose concentration in the nasal discharge was 74 mg/dL. Serum-type and brain-type isoforms of transferrin were detectable in the nasal sample. The concentration of glucose and brain-type transferrin could be useful for diagnosing CSF rhinorrhea.

    DOI: 10.3389/fvets.2022.845809

  • 第104回 日本獣医麻酔外科学会オンライン学術集会 軟部組織外科パネルディスカッション「尿管閉塞:私の術式選択」座長総括

    秋吉 秀保

    日本獣医麻酔外科学雑誌   53 ( 3+4 )   59 - 62   2022年( ISSN:21896623

     詳細を見る

  • Comparing the CT and MRI findings for canine primary hepatocellular lesions.

    Shohei Kurokawa, Toshiyuki Tanaka, Hiroki Yamazaki, Shunsuke Noguchi, Yusuke Wada, Hidetaka Nishida, Hideo Akiyoshi

    The Veterinary record   190 ( 11 )   e1083   2021年11月( ISSN:0042-4900

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    BACKGROUND: Triple-phase CT and gadolinium ethoxybenzyl diethylenetriamine pentaacetic acid (Gd-EOB-DTPA) MRI have been used to differentiate hepatocellular carcinomas (HCCs) in dogs. METHODS: This retrospective case series aimed to compare the CT findings with MRI findings of 20 canine hepatocellular lesions, including eight poorly/moderately-differentiated HCCs, eight well-differentiated HCCs and four hyperplasias. CT data were analysed, and the following parameters were noted: vessel enhancement, enhancement pattern in the equilibrium phase, maximal transverse diameter, the lowest enhancement, and the attenuation values of each hepatocellular lesion in the precontrast and triple-phase series, including the arterial phase, portal phase and equilibrium phase. MRI data were analysed, and the following parameters were noted: signal intensities of each hepatocellular lesion on T2-weighted images and T1-weighted images, and signal intensity ratio of the hepatocellular lesions in the hepatobiliary phase. RESULTS: In 62.5% of poorly/moderately-differentiated HCC and 75% of well-differentiated HCC, presumptive necrosis was detected on CT and MRI. In the hepatobiliary phase on MRI, the median signal intensity ratio of poorly/moderately-differentiated HCC (0.54 [range: 0.3-0.71]) was significantly lower than that of well-differentiated HCC (0.75 [range: 0.6-0.96]) and hyperplasia (0.79 [range: 071-0.98]; p = 0.02 and p = 0.02, respectively). CONCLUSION: Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI may be a superior modality for differentiating hepatocellular origin lesions.

    DOI: 10.1002/vetr.1083

    PubMed

  • A preliminary study of the computed tomographic features of intermediate and high-grade alimentary lymphoma and adenocarcinoma in cats. 査読

    Tanaka T, Noguchi S, Wada Y, Nishida H, Akiyoshi H.

    Journal of Feline Medicine and Surgery. 雑誌   2021年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 低酸素環境を標的とした犬の消化管型リンパ腫に対する新たな治療法の開発;マウスモデルによる前臨床試験

    山崎 裕毅, 西田 英高, 鳩谷 晋吾, 秋吉 秀保

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   164回   [HSO - 14]   2021年09月( ISSN:1347-8621

  • Contrast-enhanced computed tomography characterization of canine rectal neoplasms. 査読

    Tanaka T, Iimori Y, Yamazaki H, Nishida H, Akiyoshi H.

    Journal of Veterinary Research. 雑誌   2021年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 造影コンピュータ断層撮影によるイヌの直腸がんの特性分析法(Contrast-enhanced computed tomography characterization of canine rectal neoplasms)

    Tanaka Toshiyuki, Iimori Yasumasa, Yamazaki Hiroki, Nishida Hidetaka, Akiyoshi Hideo

    Japanese Journal of Veterinary Research   69 ( 3 )   163 - 173   2021年08月( ISSN:0047-1917

  • 放射線療法により腫瘍崩壊症候群を発症した胸腺腫の犬1例(Radiotherapy-induced tumor lysis syndrome in a dog with thymoma)

    Wada Yusuke, Yamazaki Hiroki, Tanaka Miyuu, Kaneguchi Ayumi, Tanaka Toshiyuki, Akiyoshi Hideo, Noguchi Shunsuke

    The Journal of Veterinary Medical Science   83 ( 8 )   1290 - 1294   2021年08月( ISSN:0916-7250

  • SLUG is upregulated and induces epithelial mesenchymal transition in canine oral squamous cell carcinoma. 査読

    Noguchi S, Hirano K, Tanimoto N, Shimada T, Akiyoshi H.

    Veterinary and Comparative Oncology. 雑誌   2021年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Radiotherapy-induced tumor lysis syndrome in a dog with thymoma. 査読

    Yusuke Wada, Hiroki Yamazaki, Miyuu Tanaka, Ayumi Kaneguchi, Toshiyuki Tanaka, Hideo Akiyoshi, Shunsuke Noguchi

    The Journal of veterinary medical science   83 ( 8 )   1290 - 1294   2021年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    A 13-year-old, female, mixed-breed dog with a huge cranial mediastinal mass underwent radiotherapy (RT). On the following day, the dog presented with lethargy and anorexia. Hematological examination revealed elevated levels of blood urea nitrogen, creatinine, inorganic phosphorus, potassium, lactate dehydrogenase, creatine phosphokinase and aspartate aminotransferase, decreased calcium level, and metabolic acidosis. Urine output markedly decreased. The patient recovered with fluid therapy and diuretic therapy; however, died suddenly from an unknown cause 11 days after RT completion. Histopathological examination after necropsy showed thymoma in the cranial mediastinum and extensive tubular necrosis of both kidneys which may be due to RT-induced TLS. This report suggests that the risk of TLS should be evaluated in dogs with thymoma who undergo RT.

    DOI: 10.1292/jvms.20-0656

    PubMed

  • Altered clinicopathology and renal pathology in dogs treated with a clinical dose of cisplatin. 査読

    Mari Okamoto, Osamu Ichii, Keiichiro Mie, Hidetaka Nishida, Hideo Akiyoshi.

    Japanese Journal of Veterinary Research. 雑誌   2021年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The NRG3/ERBB4 signaling cascade as a novel therapeutic target for canine glioma.

    Noguchi S, Inoue M, Ichikawa T, Kurozumi K, Matsumoto Y, Nakamoto Y, Akiyoshi H, Kamishina H.

    Exp Cell Res. 雑誌   400 ( 2 )   2021年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • シスプラチン投与したイヌの臨床病理および腎病理の変化(Altered clinicopathology and renal pathology in dogs treated with a clinical dose of cisplatin)

    Okamoto Mari, Ichii Osamu, Mie Keiichiro, Nishida Hidetaka, Akiyoshi Hideo

    Japanese Journal of Veterinary Research   69 ( 2 )   109 - 124   2021年05月( ISSN:0047-1917

  • MRI findings, including diffusion-weighted imaging, in seven cats with nasal lymphoma and two cats with nasal adenocarcinoma. 査読

    Toshiyuki Tanaka, Kazuna Ashida, Yasumasa Iimori, Hiroki Yamazaki, Keiichiro Mie, Hidetaka Nishida, Hideo Akiyoshi.

    J Feline Med Surg. 雑誌   23 ( 4 )   2021年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Extracellular Vesicles Derived from Canine Mesenchymal Stromal Cells in Serum Free Culture Medium Have Anti-inflammatory Effect on Microglial Cells. 査読

    Yukina Kuwahara, Karin Yoshizaki, Hidetaka Nishida, Hiroaki Kamishina, Sadatoshi Maeda, Katsura Takano, Naoki Fujita, Ryohei Nishimura, Jun-Ichiro Jo, Yasuhiko Tabata, Hideo Akiyosh.

    Frotiers Veterinary Sciences. 雑誌   2021年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 脱出した椎間板物質によって内椎骨静脈叢が背外側に変位した頸部椎間板ヘルニアの犬の1例. 査読

    坂口裕亮, 西田英高, 田中利幸, 田中美有, 金田昌啓, 淡路俊喜, 秋吉秀保.

    日本獣医師会雑誌 雑誌   52 ( 1 )   2021年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 金属3Dプリンターの伴侶動物医療への応用 招待

    三重慧一郎, 三重慧一郎, 西田英高, 秋吉秀保, 古家優, 谷浩行, 笹井和美

    スマートプロセス学会誌   10 ( 4 )   179 - 183   2021年( ISSN:2186-702X

     詳細を見る

  • Urinary bladder reconstruction using autologous collagenous connective tissue membrane “Biosheet®” induced by in-body tissue architecture: a pilot study. 査読

    Yasumasa Iimori, Ryosuke Iwai, Kengo Nagatani, Yuka Inoue, Marina Funayama-Iwai, Mari Okamoto, Mio Nakata, Keiichiro Mie, Hidetaka Nishida, Yasuhide Nakayama, Hideo Akiyoshi.

    Regen Ther. 雑誌   15   2020年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Urinary bladder reconstruction using autologous collagenous connective tissue membrane "Biosheet®" induced by in-body tissue architecture: A pilot study. 査読

    Yasumasa Iimori, Ryosuke Iwai, Kengo Nagatani, Yuka Inoue, Marina Funayama-Iwai, Mari Okamoto, Mio Nakata, Keiichiro Mie, Hidetaka Nishida, Yasuhide Nakayama, Hideo Akiyoshi

    Regenerative therapy   15   274 - 280   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Introduction: In-body tissue architecture (iBTA) technology, based on cell-free tissue engineering, can produces collagenous tissues for implantation by subcutaneous embedding a designed mold. The aim of this study was to evaluate the biocompatibility of iBTA-induced "Biosheet®" collagenous sheets, as scaffold materials for bladder reconstruction. Methods: Canine Biosheet® implants were prepared by embedding molds into subcutaneous pouches in beagles for 8 weeks. A part of canine bladder wall was excised (2 × 2 cm) and repaired by patching the same sized autologous Biosheet®. The Biosheet® implants were harvested 4 weeks (n = 1) and 12 weeks (n = 3) after the implantation and evaluated histologically. Results: No disruption of the patched Biosheet® implants or urinary leakage into the peritoneal cavity was observed during the entire observation periods. There were no signs of chronic inflammation or Biosheet® rejection. The urine-contacting surface of luminal surface of the Biosheet® was covered with a multicellular layer of urothelium cells 4 weeks after implantation. α-SMA-positive muscle cells were observed at the margin of the Biosheet® implants at 12 weeks after the implantation. In addition, in the center of the Biosheet® implants, the formation of microvessels stained as α-SMA-positive was observed. Conclusion: Biosheet® implants have biocompatibility as a scaffold for bladder reconstruction, indicating that they may be applicable for full-thickness bladder wall substitution. Further studies are required for definitive evaluation as a scaffold for bladder reconstruction.

    DOI: 10.1016/j.reth.2020.10.006

    PubMed

  • Assessment of molecular determinants influencing treatment success on small intestinal lymphoma in dogs. 査読

    Hiroki Yamazaki, Hiroshi Sasai, Miyuu Tanaka, Toshiyuki Tanaka, Hidetaka Nishida, Shunsuke Noguchi, Mitsuru Kuwamura , Hideo Akiyoshi.

    Veterinary and Comparative Oncology. 雑誌   2020年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Impaired bone quality characterized by apatite orientation under stress shielding following fixing of a fracture of the radius with a 3D printed Ti-6Al-4V custom-made bone plate in dogs. 査読

    Mie K, Ishimoto T, Okamoto M, Iimori Y, Ashida k, Yoshizaki K, Nishida H, Akiyoshi H.

    PLOS ONE. 雑誌   2020年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Assessment of hepatitis and fibrosis using Gd-EOB-DTPA MRI in dogs. 査読

    Toshiyuki Tanaka, Hidetaka Nishida, Keiichiro Mie, Hiroki Yamazaki, Lee-Shuan Lin, Hideo Akiyoshi.

    Veterinary Record Open. 雑誌   2020年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 猫におけるメデトミジンおよびトラネキサム酸による催吐法の回顧的研究

    三木 無量, 三重 慧一郎, 杉本 京子, 松本 卓也, 西田 英高, 秋吉 秀保

    日本獣医師会雑誌   73 ( 8 )   470 - 471   2020年08月( ISSN:0446-6454

  • Establishing cell lines for canine tonsillar and non-tonsillar oral squamous cell carcinoma and identifying characteristics associated with malignancy. 査読

    Shunsuke Noguchi, Asuka Hattori, Nanami Tanimoto, Ruisa Nishida, Kazuya Hirano, Yusuke Wada, Satoshi Matsuyama, Terumasa Shimada, Hideo Akiyoshi.

    Tissue and Cell. 雑誌   2020年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • MRI findings, including diffusion-weighted imaging, in seven cats with nasal lymphoma and two cats with nasal adenocarcinoma. 査読

    Toshiyuki Tanaka, Kazuna Ashida, Yasumasa Iimori, Hiroki Yamazaki, Keiichiro Mie, Hidetaka Nishida, Hideo Akiyoshi.

    J Feline Med Surg. 雑誌   2020年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Less enhancement and low apparent diffusion coefficient value on Magnetic Resonance Imaging may be helpful to detect canine prostate adenocarcinoma in case series. 査読

    Tanaka T, Ashida K, Iimori Y, Yamazaki H, Mie K, Nishida H, Akiyoshi H.

    Vet Comp Oncol. 雑誌   2020年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Canine mesenchymal stromal cell-conditioned medium promotes survival and neurite outgrowth of neural stem cells. 査読

    Nakamura M, Nishida H, Yoshizaki K, Akiyoshi H, Hatoya S, Sugiura K, Inaba T.

    J Vet Med Sci. 雑誌   2020年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Clinical and molecular biological assessment of postoperative adjuvant therapy using toceranib phosphate against adenocarcinoma in dogs. 査読

    Yamazaki H, Tanaka T, Mie K, Nishida H, Miura N, Akiyoshi H.

    J Vet Intern Med. 雑誌   2020年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 犬間葉系間質細胞調製培地は神経幹細胞の生存及び神経突起伸長を促進する(Canine mesenchymal stromal cell-conditioned medium promotes survival and neurite outgrowth of neural stem cells)

    Nakamura Michi, Nishida Hidetaka, Yoshizaki Karin, Akiyoshi Hideo, Hatoya Shingo, Sugiura Kikuya, Inaba Toshio

    The Journal of Veterinary Medical Science   82 ( 5 )   668 - 672   2020年05月( ISSN:0916-7250

  • Assessment of postoperative adjuvant treatment using toceranib phosphate against adenocarcinoma in dogs 査読

    Hiroki Yamazaki, Toshiyuki Tanaka, Keiichiro Mie, Hidetaka Nishida, Naoki Miura, Hideo Akiyoshi

    JOURNAL OF VETERINARY INTERNAL MEDICINE   34 ( 3 )   1272 - 1281   2020年05月( ISSN:0891-6640

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Background Toceranib phosphate (TOC) could be made widely available for treating tumors in dogs if evidence shows that TOC inhibits recurrence after surgery. Objectives To investigate how postoperative adjuvant treatment with TOC modulates the tumor microenvironment (TME), by assessing effects on angiogenic activity, tumor-infiltrating regulatory T cells (Tregs), and intratumoral hypoxia. Animals Ninety-two client-owned dogs were included: 28 with apocrine gland anal sac adenocarcinoma, 24 with small intestinal adenocarcinoma, 22 with lung adenocarcinoma, and 18 with renal cell carcinoma. Methods Retrospective, multicenter study comparing time to progression (TTP) between 42 dogs treated by surgery and TOC and 50 dogs treated by surgery alone. Differences were analyzed in the expression of vascular endothelial growth factor receptor-2 (VEGFR2) and the number of Foxp3(+)Tregs and hypoxia-inducible factor (HIF)-1 alpha(+)cells in tumor tissues sampled at the first and second (recurrence) surgeries. Results Median TTP for dogs treated by surgery and TOC (360 days) was higher than that for dogs treated by surgery alone (298 days; hazard ratio, 0.82; 95% confidence interval [CI], 0.65-0.96;P= .02). In dogs treated by surgery and TOC, VEGFR2 expression and the number of Tregs and HIF-1 alpha(+)cells were significantly lower in tissues sampled at the second surgery than in those sampled after the first surgery. In dogs treated by surgery alone, significant differences were found between samples from the 2 surgeries. Conclusions and Clinical Importance Toceranib phosphate could prove to be a useful postoperative adjuvant treatment because of its modulation of the TME.

    DOI: 10.1111/jvim.15768

    PubMed

  • Expression of microRNAs in plasma and in extracellular vesicles derived from plasma for dogs with glioma and dogs with other brain diseases.

    Narita M, Nishida H, Asahina R, Nakata K, Yano H, Dickinson PJ, Tanaka T, Akiyoshi H, Maeda S, Kamishina H.

    Am J Vet Res 雑誌   2020年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Force Plate Gait Analysis and Clinical Results after Tibial Plateau Levelling Osteotomy for Cranial Cruciate Ligament Rupture in Small Breed Dogs. 査読

    Amimoto H, Koreeda T, Ochi Y, Kimura R, Akiyoshi H, Nishida H, Miyabayashi T, Beale BS, Hayashi K, Wada N.

    Vet Comp Orthop Traumatol. 雑誌   2020年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Evaluation of the accuracy of urine analyzers in dogs and cats. 査読

    Mie K, Hayashi A, Nishida H, Okamoto M, Yasuda K, Nakata M, Fukatsu K, Matsunami N, Yamashita S, Ohashi F, Akiyoshi H.

    J Vet Med Sci 雑誌   81 ( 11 )   2019年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Hepatic Myoepithelial Carcinoma in a Dog: Immunohistochemical Comparison With Other Canine Hepatic Carcinomas. 査読

    Tsuji Y, Kuramochi M, Izawa T, Akiyoshi H, Yamate J, Kuwamura M.

    Vet Pathol 雑誌   56 ( 6 )   2019年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Contrast-enhanced computed tomography findings of canine primary renal tumors including renal cell carcinoma, lymphoma, and hemangiosarcoma. 査読

    Tanaka T, Akiyoshi H, Nishida H, Mie K, Lin LS, Iimori Y, Okamoto M.

    PLoS One. 雑誌   2019年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Identification of reference genes for microRNAs of extracellular vesicles isolated from plasma samples of healthy dogs by ultracentrifugation, precipitation, and membrane affinity chromatography methods.

    Narita M, Nishida H, Asahina R, Nakata K, Yano H, Ueda T, Inden M, Akiyoshi H, Maeda S, Kamishina H.

    Am J Vet Res 雑誌   80 ( 5 )   2019年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 変性性脊髄症と診断したシェットランド・シープドッグの1例

    合田麻衣, 宮 豊, 三重慧一郎, チェンバーズ ジェームズ, 内田和幸, 秋吉秀保.

    日本獣医師会学会学術誌 雑誌 日本獣医師会   72 ( 1 )   2019年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Contrast-enhanced computed tomography may be helpful for characterizing and staging canine gastric tumors. 査読

    Tanaka T, Akiyoshi H, Mie K, Okamoto M, Yoshida Y, Kurokawa S.

    Vet Radiol Ultrasound. 雑誌   60 ( 1 )   7 - 18   2019年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Anatomical variations in the circle of Willis in canines. 査読

    Tanaka T, Akiyoshi H, Mie K.

    Anat Histol Embryol 雑誌   2018年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • MRI findings, including diffusion-weighted imaging and apparent diffusion coefficient value, in two cats with nasopharyngeal polyps and one cat with lymphoma. 査読

    Tanaka T, Akiyoshi H, Mie K, Nishida H.

    JFMS Open Rep 雑誌   2018年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The effect of adipose-derived mesenchymal stem cells and chondrocytes with platelet-rich fibrin releasates augmentation by intra-articular injection on acute osteochondral defects in a rabbit model. 査読

    Hsu YK, Sheu SY, Wang CY, Chuang MH, Chung PC, Luo YS, Huang JJ, Ohashi F, Akiyoshi H, Kuo TF.

    Knee 雑誌   10.1016/j.knee.2018.10.005.   2018年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Magnetic resonance imaging findings including diffusion-weighted imaging and apparent diffusion coefficient value in two cats with nasopharyngeal polyps and one cat with lymphoma.

    Tanaka T, Akiyoshi H, Mie K, Nishida H.

    JFMS Open Rep.   4 ( 2 )   2018年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Intra-arterially infused carbon dioxide-saturated solution for sensitizing the anticancer effect of cisplatin in a rabbit VX2 liver tumor model.

    Katayama N, Sugimoto K, Okada T, Ueha T, Sakai Y, Akiyoshi H, Mie K, Ueshima E, Sofue K, Koide Y, Tani R, Gentsu T, Yamaguchi M

    International Journal of Oncology 雑誌   51 ( 2 )   2017年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Expression of Ccdc85C, a causative protein for murine hydrocephalus, in the mammary gland tumors of dogs. 査読

    Tanaka N, Izawa T, Takenaka S, Akiyoshi H, Yamate J, Kuwamura M*.

    Histology and Histopathology 雑誌   32 ( 4 )   2017年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 膵炎に関連したと推測される脾膿瘍の犬の1例 査読

    三重慧一郎, 秋吉秀保*, 平田翔吾, 島田 大, 井澤武史, 田中利幸, 林 聡恵, 大橋文人.

    日本獣医師会雑誌 雑誌 日本獣医師会   70 ( 2 )   2017年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Apparent diffusion coefficient value for a B-cell central nervous system lymphoma in a cat 査読

    Tanaka T, Akiyoshi H, Shimazaki H, Kawakami R, Mie K, Ohashi F.

    Journal of Feline Medicine and Surgery 雑誌   2017年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Drip infusion cholangiography with CT in cats 査読

    Tanaka T, Akiyoshi H, Mie K, Shimazaki H, Ohashi F.

    Journal of Feline Medicine and Surgery 雑誌   2017年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Change in peripheral blood lymphocyte count in dogs following adoptive immunotherapy using lymphokine-activated T killer cells combined with palliative tumor resection. 査読

    Mie K, Shimada T, Akiyoshi H, Hayashi A, Ohashi F.

    Veterinary Immunology and Immunopathology 雑誌   177   2016年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 副腎内に皮質腺癌及び神経芽細胞腫が合併した犬の1例

    北村憲彦, 秋吉秀保, 西村 紳, 島村俊介, 尾崎正和, 駒井仁史, 大橋文人, 嶋田照雅.

    日本獣医師会学会学術誌 雑誌 日本獣医師会   ( 1 )   2016年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Elevation of serum surfactant protein-A with exacerbation in canine eosinophilic pneumonia. 査読

    Sone K, Akiyoshi H, Hayashi A, Ohashi F.

    The Journal of Veterinary Medical Science 雑誌 The Japanese Society of Veterinary Science   78 ( 1 )   2016年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The influences of hyperbaric oxygen therapy with a lower pressure and oxygen concentration than previous methods on physiological mechanisms in dogs. 査読

    Ishibashi M, Hayashi A, Akiyoshi H, Ohashi F.

    The Journal of Veterinary Medical Science 雑誌 日本獣医学会   77 ( 3 )   2015年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Treatment of a unicameral bone cyst in a dog using a customized titanium device 査読

    Nojiri A, Akiyoshi H, Ohashi F, Ijiri A, Sawase O, Sumida T, Matsushita T, Takemoto M, Fujibayashi S, Yamaguchi T.*

    The Journal of Veterinary Medical Science 雑誌 日本獣医学会   77 ( 1 )   2015年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Initial Clinical Application and Results of the Advanced Locking Plate System (ALPS) in Small Animal Orthopedics: 282 Cases 査読

    Nojiri A, Nishido T, Horinaka O, Akiyoshi H, Ohashi F, Yamaguchi T.*

    Intern J Appl Res Vet Med. 雑誌 Intern J Appl Res Vet Med.   13 ( 1 )   2015年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Profiling of serum metabolites in canine lymphoma using gas chromatography 査読

    Tamai R, Furuya M, Hatoya S, Akiyoshi H, Yamamoto R, Komori Y, Yokoi S, Tani K, Hirano Y, Komori M, Takenaka S.

    The Journal of Veterinary Medical Science 雑誌 日本獣医学会   76 ( 11 )   2014年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Surgical resection of twenty-three cases of brain meningioma in dogs and cat 査読

    Ijiri A, Yoshiki K, Tsuboi S, Shimazaki H, Akiyoshi H, Nakade T

    The Journal of Veterinary Medical Science 雑誌 日本獣医学会   76 ( 3 )   2014年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The DC-HIL/Syndecan-4 Pathway Regulates Autoimmune Responses Through Myeloid-derived Suppressor Cells. 査読

    Chung JS, Tamura K, Akiyoshi H, Cruz Jr PD, Ariizumi K.*

    The Journal of Immunology 雑誌 American Association of Immunologist   192 ( 6 )   2014年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Relationship between major histocompatibility complex class I expression and prognosis in canine mammary gland tumors. 査読

    Tanaka T, Shimada T, Akiyoshi H, Shimizu J, Cao Z, Li Y, Mie K, Hayashi A, Kuwamura M, Ohashi F.

    The Journal of Veterinary Medical Science 雑誌 日本獣医学会   75 ( 10 )   2013年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Detection of Chromogranin A in the Adrenal Gland Extracts of Different Animal Species by an Enzyme-Linked Immunosorbent Assay Using Thomsen-Friedenreich Antigen-specific Amaranthus caudatus Lectin 査読

    Akiyoshi H*, Sugii S, Nahid AM, Sone K, Tanaka T, Zheng C, Yijyun L, Aoki M, Takenaka S, Shimada T, Shimizu J, Kiyomiya K, Ohashi F.

    Veterinary Immunology and Immunopathology 雑誌 ELSEVIRE   144   2011年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • DC-HIL/Gpnmb promotes growth of melanoma in mice by inhibiting the activation of tumor-reactive T cells 査読

    Tomihari, M., Chung, JS., Akiyoshi, H., Cruz, Jr PD., Ariizumi, K*

    Cancer Research 雑誌 American Association for Cancer Research   70   2010年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Depleting syndecan-4+ T lymphocytes using toxin-bearing DC-HIL: A new opportunity for treating activated T cell-driven disease. 査読

    Akiyoshi, H., Chung, JS., Tomihari, M., Cruz, Jr PD., Ariizumi, K*

    The Journal of Immunology 雑誌 American Association of Immunologist   184   2010年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Binding of DC-HIL to dermatophytic fungi induces tyrosine phosphorylation and potentiates antigen presenting cell function. 査読

    Chung, JS., Yudate, T., Tomihari, M., Akiyoshi, H., Cruz, Jr PD., Ariizumi, K

    The Journal of Immunology 雑誌 American Association of Immunologist   183   2009年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Measurement of plasma chromogranin A for assessment of stress response with insulin induced hypoglycemia in dogs. 査読

    Akiyoshi, H.*, Aoki, M., Shimada, T., Noda, K., Kumagai, D., Saleh, N., Sugii, S., Ohashi, F

    American Journal of Veterinary Reserch 雑誌 American Veterinary Medical Association   66   2005年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Enzyme-linked immunosorbent assay for detection of canine chromogranin A by use of immunological cross-reactivity of rabbit anti- bovine chromogranin A antibody. 査読

    Akiyoshi, H.*, Aoki, M., Shimada, T., Noda, K., Kumagai, D., Saleh, N., Sugii, S., Ohashi, F

    The Journal of Veterinary Medical Science 雑誌 日本獣医学会   67   2005年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 犬の胃腸切除術による腸内環境の変化の解明 胃腸切除後の晩期合併症を予測する

    山崎 裕毅, 出口 辰弥, 田村 昌大, 酒井 俊和, 大田 寛, 鳥巣 至道, 秋吉 秀保

    北海道獣医師会雑誌   66 ( 8 )   288 - 288   2022年08月( ISSN:0018-3385

  • 【みんながききたい問診】腎臓・泌尿器科の場合

    秋吉 秀保

    MVM   30 ( 6 )   11 - 16   2021年09月

  • 鼻性髄液漏を疑った犬の一例

    木下晃輔, 西田英高, 西田英高, 金城綾二, 中本裕也, 中本裕也, 楠本一仁, 田中利幸, 島村俊介, 秋吉秀保, 秋吉秀保

    日本産業動物獣医学会(近畿)・日本小動物獣医学会(近畿)・日本獣医公衆衛生学会(近畿)   2021   2021年

     詳細を見る

  • 大動脈血栓塞栓症による両後肢不全麻痺を疑った犬の1例

    原恭平, 西田英高, 金城綾二, 田中利幸, 中本裕也, 中本裕也, 山野雅代, 尾崎英二, 秋吉秀保, 秋吉秀保

    日本産業動物獣医学会(近畿)・日本小動物獣医学会(近畿)・日本獣医公衆衛生学会(近畿)   2021   2021年

     詳細を見る

  • 日本獣医腎泌尿器学会認定医制度について

    秋吉秀保

    日本獣医腎泌尿器学会誌   12 ( 1 )   2020年12月

     詳細を見る

  • 日本獣医腎泌尿器学会認定医認定制度はじまる

    秋吉秀保

    ファームプレス 小動物臨床総合誌 MVM   2020年11月

     詳細を見る

  • ボーダーラインを見極める!内科的治療の限界と外科的介入」 第1回「胆嚢疾患」外科

    秋吉秀保

    EDUWARD Press SA Medicine   2020年08月

     詳細を見る

  • ボーダーラインを見極める!内科的治療の限界と外科的介入(Vol.1) 胆嚢疾患

    金本 英之, 秋吉 秀保

    SA Medicine   22 ( 4 )   50 - 62   2020年08月( ISSN:1345-1294

  • 外科医が考える胆嚢疾患—ボーダーラインを見極める! 内科的治療の限界と外科的介入(Vol.1)胆嚢疾患

    秋吉 秀保

    SA medicine : 小動物内科専門誌   26 ( 4 )   59 - 62   2020年( ISSN:1345-1294

     詳細を見る

  • 腫瘍治療の最前線—3. 犬の肝細胞癌に対する経カテーテル肝動脈塞栓術

    秋吉 秀保

    動物臨床医学   28 ( 4 )   130 - 131   2019年12月( ISSN:1344-6991 ( eISSN:1881-1574

  • 消化器の外科 内科医・外科医・麻酔集中治療医が考える消化管手術〜胃の外科〜

    秋吉秀保

    株式会社学窓社 GO-VET   ( 9 )   2019年12月

     詳細を見る

  • 【人工臓器開発に貢献するバイオマテリアル】動物iBTA組織のoff-the-shelfバイオマテリアルとしての可能性

    佐藤 康史, 岩井 良輔, 西邑 隆徳, 市居 修, 宮本 伸二, 秋吉 秀保, 中山 泰秀

    人工臓器   48 ( 3 )   219 - 222   2019年12月( ISSN:0300-0818

  • 皮膚形成術~成功へのテクニック~総論

    秋吉秀保

    株式会社インターズー SURGEON   23 ( 4 )   2019年07月

     詳細を見る

  • 【皮膚形成術〜成功へのテクニック〜】総論

    秋吉 秀保

    SURGEON   23 ( 4 )   4 - 11   2019年07月( ISSN:1342-8373

     詳細を見る

  • 犬の急性膵炎におけるCT画像所見と治療期間との関連性

    田中 利幸, 西田 英高, 三重 慧一郎, 山本 竜平, 中村 晃三, 秋吉 秀保

    日本獣医麻酔外科学雑誌   50 ( Suppl.1 )   337 - 337   2019年06月( ISSN:2189-6623

  • 犬と猫の介護 後編・食欲不振と排泄行動

    平田翔吾、秋吉秀保

    ファームプレス 小動物臨床総合誌 MVM   181 ( 5 )   2019年05月

     詳細を見る

  • 【犬と猫の介護後編:食欲不振と排泄異常】外科手術後の食欲不振に対するケア

    平田 翔吾, 秋吉 秀保

    MVM   28 ( 2 )   38 - 45   2019年03月

  • 生体内組織形成術(iBTA)を用いた伴侶動物外科手術

    秋吉 秀保

    MPアグロジャーナル   ( 36 )   14 - 16   2019年01月( ISSN:2185-2499

     詳細を見る

  • ウェアラブルデバイスと心拍変動解析を用いた犬の呼吸数判定アルゴリズムの検討

    木村太一, 木村太一, 島村俊介, 林哲也, 谷浩行, 秋吉秀保, 鳩谷晋吾, 竹中重雄, 佐藤れえ子, 長谷川哲也, 嶋田照雅

    日本産業動物獣医学会(近畿)・日本小動物獣医学会(近畿)・日本獣医公衆衛生学会(近畿)   2019   2019年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 脊椎に線維腫が疑われた犬の1例

    松浦 晴妃, 西田 英高, 熊谷 大二郎, 金城 綾二, 島村 俊介, 田中 利幸, 文本 多美子, 井澤 武史, 秋吉 秀保

    動物臨床医学会年次大会プロシーディング  2022年11月  動物臨床医学会

  • 類皮嚢胞によって後肢の運動失調が認められた猫の1例

    柿本 陸, 西田 英高, 野口 俊助, 金城 綾二, 島村 俊介, 田中 利幸, 文本 多美子, 西端 健人, 藤原 秀将, 秋吉 秀保

    動物臨床医学会年次大会プロシーディング  2022年11月  動物臨床医学会

  • ベーシックセミナー (日本獣医腎泌尿器学会認定プログラム)「膀胱と尿道の外科手術1」 招待 国内会議

    秋吉秀保

    第42回動物臨床医学会年次大会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 膀胱と尿道の外科手術 尿道の外科手術

    秋吉 秀保

    動物臨床医学会年次大会プロシーディング  2021年11月  動物臨床医学会

  • 椎間板再生は今どこまで来たか 細胞低接着性コラーゲン(low adhesive scaffold collagen:LASCol)を用いた脊椎椎間板組織修復の試み

    由留部 崇, 武岡 由樹, 森本 康一, 國井 沙織, 尾前 薫, 山本 衛, 西田 英高, 秋吉 秀保, 黒田 良祐

    日本整形外科学会雑誌  2021年08月  (公社)日本整形外科学会

  • Ope劇場」術野をのぞきにいこう! -尿管結石のTips and Secrets- 招待 国内会議

    秋吉秀保

    JBVP春のオンライン祭り〜合同地区大会〜  2021年04月 

  • 胸部外科の基礎とアドバンス〜乳び胸の外科的治療〜 招待 国内会議

    秋吉秀保

    日本獣医麻酔外科学会 2020年度第2回近畿地区講習会  2021年03月 

  • いざという時に知っておきたい!呼吸器疾患の外科治療〜系統的なアプローチ〜 招待 国内会議

    秋吉秀保

    2020年度 西宮市開業獣医師会 学術研修会  2021年03月 

  • 猫の会陰尿道造瘻術 招待 国内会議

    秋吉秀保

    静岡県獣医師会臨床部会 第3回講習会  2021年02月 

  • 今さら聞けない基本手技「尿カテーテル設置法」 招待 国内会議

    秋吉秀保

    第17回日本獣医内科学アカデミー  2021年02月 

  • 胃腸外科の基礎から応用まで 開腹?経過を待つ?成功させるためのSecret「この嘔吐・下痢症例に外科介入が必要か否か?」〜胃の外科〜 招待 国内会議

    秋吉秀保

    日本獣医麻酔外科学会 中部地区講習会  2020年12月 

  • イヌ間葉系幹細胞由来Extracellular Vesicle徐放化技術を用いた治療法の開発

    吉崎香琳, 吉崎香琳, 西田英高, 三重慧一郎, 城潤一郎, 田畑泰彦, 秋吉秀保

    多血小板血漿(PRP)療法研究会プログラム・抄録集  2020年 

  • 通過障害を引き起こした幽門部良性腫瘤の犬3症例におけるCT所見

    田中 利幸, 三重 慧一郎, 西田 英高, 秋吉 秀保

    日本獣医麻酔外科学雑誌  2019年12月  (一社)日本獣医麻酔外科学会

  • 胆嚢の外科

    秋吉 秀保

    日本獣医麻酔外科学雑誌  2019年12月  (一社)日本獣医麻酔外科学会

  • 胸腔外科―術前評価と手術テクニック―

    秋吉秀保, 秋吉秀保

    日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング  2019年09月 

  • 術前準備,完全マスター―器具の準備,麻酔,保温の準備,術野の消毒,手洗い,獣医師との打ち合わせ―

    秋吉秀保, 秋吉秀保

    日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング  2019年09月 

  • イヌの肝腫瘍における筋上皮表現型に関する免疫組織化学的研究(Immunohistochemical study on myoepithelial phenotype in canine hepatic tumors)

    Kuwamura Mitsuru, Tsuji Yuka, Kuramochi Mizuki, Izawa Takeshi, Akiyoshi Hideo, Yamate Jyoji

    日本毒性病理学会講演要旨集  2019年01月  (一社)日本毒性病理学会

  • 犬の肝腫瘍における筋上皮細胞分化の免疫組織化学的解析

    桑村 充, 辻 佑佳, 倉持 瑞樹, 井澤 武史, 秋吉 秀保, 山手 丈至

    日本毒性病理学会講演要旨集  2019年01月  (一社)日本毒性病理学会

  • CT・MRI所見に基づいた前立腺癌の画像診断

    田中利幸, 田中利幸, 三重慧一郎, 西田英高, 秋吉秀保

    日本産業動物獣医学会(近畿)・日本小動物獣医学会(近畿)・日本獣医公衆衛生学会(近畿)  2019年 

  • 舌の腫脹を伴った咀嚼筋炎の一例

    坂口裕亮, 西田英高, 嶋崎等, 嶋崎等, 田中利幸, 佐藤正勝, 三重慧一郎, 秋吉秀保

    日本産業動物獣医学会(近畿)・日本小動物獣医学会(近畿)・日本獣医公衆衛生学会(近畿)  2019年 

▼全件表示

産業財産権等

  • 癌細胞捕集用多孔質体

    永田 鎮也, 鈴木 あかね, 塩山 高広, 杉本 忠則, 篠▲崎▼ 由妃乃, 佐津 暢一, 大槻 主税, 中村 仁, 秋吉 秀保, 西田 英高, 三重 慧一郎

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2020-198470 

    公開番号:特開2022-086456 

    J-GLOBAL

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 動物の腫瘍マーカーの開発

     詳細を見る

    動物の固形癌やリンパ腫に対する画像診断や免疫学的手法を用いた新規検査法の開発

  • 小動物の画像診断に関する研究

  • 小動物の腎泌尿器疾患に関する病態解析

  • 小動物の腎泌尿器疾患に関する診断・治療法の開発

  • IVRを用いた腫瘍治療法の開発

     詳細を見る

    カテーテルなどを用いた腫瘍に対する低侵襲治療法の開発

  • 小動物軟部組織外科領域における新規手術法の開発

     詳細を見る

    動物の外科疾患に対する低侵襲手術法の開発

  • 動物の腫瘍に対する新規治療薬の開発

     詳細を見る

    動物の固形癌やリンパ腫に対する新規分子標的治療薬の開発

▼全件表示

担当授業科目

  • 獣医外科学A

    2021年度    

  • 高度医療学特別講義B

    2021年度    

  • 獣医臨床科学特別研究H

    2021年度   実習  

  • 獣医臨床科学特別研究H

    2021年度   実習  

  • 獣医臨床科学特別研究G

    2021年度   実習  

  • 獣医臨床科学特別研究F

    2021年度   実習  

  • 獣医臨床科学特別研究F

    2021年度   実習  

  • 獣医臨床科学特別研究E

    2021年度   実習  

  • 獣医臨床科学特別研究D

    2021年度   実習  

  • 獣医臨床科学特別研究C

    2021年度   実習  

  • 獣医臨床科学特別研究B

    2021年度   実習  

  • 獣医臨床科学特別研究A

    2021年度   実習  

  • 獣医臨床科学特別演習C

    2021年度    

  • 獣医臨床科学特別演習B

    2021年度    

  • 獣医臨床科学特別演習B

    2021年度    

  • 獣医臨床科学特別演習A

    2021年度    

  • 獣医臨床科学特別講義

    2021年度    

  • 獣医軟部組織外科学

    2021年度    

  • 総合臨床

    2021年度    

  • 獣医消化器病学

    2021年度    

  • 獣医手術学

    2021年度    

  • 獣医手術学

    2021年度    

  • 獣医外科学総論

    2021年度    

  • 獣医外科臨床

    2021年度   実習  

  • 診断治療学実習

    2021年度   実習  

  • 獣医麻酔・手術学実習

    2021年度   実習  

  • 獣医腫瘍学

    2021年度    

  • 獣医外科学B

    2021年度    

  • 臨床基礎実習

    2021年度   実習  

  • 獣医腫瘍学

    2021年度    

  • 獣医泌尿器病学

    2021年度    

  • 獣医泌尿器病学

    2021年度    

▼全件表示

役職

  • 部局内役職

    獣医学部 附属獣医臨床研究センター 

    センター長  2022年04月 - 継続中