2022/06/16 更新

写真a

モチヅキ トモフミ
望月 知史
MOCHIZUKI Tomofumi
所属
大学院農学研究科 応用生物科学専攻 准教授
職名
准教授
研究院
農学研究院

担当・職階

  • 大学院農学研究科 応用生物科学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(農学) ( 大阪府立大学 )

研究概要

  • ウイルス感染による植物の発病機構

  • 植物RNAウイルスゲノムのデザイン

  • 卵菌ウイルスの同定とウイルス感染が宿主菌へ及ぼす影響

  • 感染植物におけるウイルス/ウイロイドの組織内局在

  • 非モデル植物農作物で利用できるウイルスベクターの開発

研究分野

  • 環境・農学 / 植物保護科学  / 植物病理学、植物ウイルス学

職務経歴(学外)

  • 静岡大学農学部非常勤講師担当科目:「植物病理学」

    2019年04月 - 2019年09月

  • 京都府立大学生命環境科学研究科非常勤講師担当授業科目「植物病原論」

    2017年04月 - 2017年09月

  • ペンシルベニア州立大学農学部 客員研究員

    2014年04月 - 2015年03月

  • (独)農業・食品系産業技術総合研究機構中央農業総合研究センター昆虫等媒介病害研究チーム 契約研究員

    2006年04月 - 2008年03月

  • (独)農業・生物系特定産業技術研究機構中央農業総合研究センター病害防除部病害防除システム研究室 非常勤研究員

    2005年04月 - 2006年03月

所属学協会

  • 植物バイオテクノロジー学会

    2022年04月 - 継続中   国内

  • American Society for Virology

    2020年 - 継続中   国外

  • American Society for Microbiology

    2018年 - 継続中   国外

  • International Society for Molecular Plant-Microbe Interactions

    2012年08月 - 継続中   国外

  • 関西病虫害研究会

    2008年05月 - 継続中

  • 日本植物病理学会

    2005年04月 - 継続中

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 病名委員   日本植物病理学会  

    2017年05月 - 継続中 

  • 植物ウイルス分類委員会   日本植物病理学会  

    2017年05月 - 継続中 

受賞歴

  • 学術奨励賞

    2014年06月   日本植物病理学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

論文

  • Large-scale synonymous substitutions in the cucumber mosaic virus RNA 3 facilitate amino acid mutations in the coat protein. 査読

    Mochizuki T, Ohara R, Roossinck MJ.

    Journal of Virology 雑誌   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A novel non-segmented double-stranded RNA virus from an Arctic isolate of Pythium polare. 査読

    Sasai S, Tamura K, Tojo M, Herrero M-L, Hoshino T, Ohki ST, Mochizuki T.

    Virology   522   234 - 243   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Quantitative transcriptional changes associated with chlorosis severity in mosaic leaves of tobacco plants infected with the Cucumber mosaic virus. 査読

    Mochizuki T, Ogata Y, Hirata Y, and Ohki ST.

    Molecular Plant Pathology 雑誌   15   242 - 254   2014年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Novel fusari- and toti-like viruses, with probable different origins, in the plant pathogenic oomycete Globisporangium ultimum.

    Fukunishi M, Sasai S, Tojo M, Mochizuki T

    Viruses 雑誌   13   2021年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Induction of necrosis via mitochondrial targeting of Melon necrotic spot virus replication protein p29 by its second transmembrane domain 査読

    Mochizuki T, Hirai K, Kanda A, Ohnishi J, Ohki T, and Tsuda S.

    Virology 雑誌   390   239 - 249   2009年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effect of mutations in the 2b protein of tomato aspermy virus on RNA silencing suppressor activity, virulence, and virus-induced gene silencing 査読

    Murai H, Atsumaru K, Mochizuki T.

    Archives of Virology   2022年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Plant viruses and viroids in Japan 査読

    Fuji S, Mochizuki T, Okuda M, Tsuda S, Kagiwada S, Sekine KT, Ugaki M, Natsuaki KT, Isogai M, Maoka T, Takeshita M, Yoshikawa N, Mise K, Sasaya T, Kondo H, Kubota K, Yamaji Y, Iwanami T, Ohshima K, Kobayashi K, Hataya T, Sano T, Suzuki N

    Journal of General Plant Pathology   2022年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Virus-induced gene silencing in Chrysanthemum seticuspe using the tomato aspermy virus vector. 査読

    Murai H, Mochizuki T.

    Plants   11   430   2022年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

  • Unfolded protein-independent IRE1 activation contributes to multifaceted developmental processes in Arabidopsis. 査読

    Mishiba K-I, Iwata Y, Mochizuki T, Matsumura A, Nishioka N, Hirata R, Koizumi N.

    Life Science Alliance 雑誌   2   2019年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Distribution of chrysanthemum chlorotic mottle viroid in shoot meristem and flower buds of chrysanthemum. 査読

    Ebata M, Matsushita Y, Morimoto M, Mochizuki T

    European Journal of Plant Pathology   154   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A novel toti-like virus from a plant pathogenic oomycete Globisporangium splendens. 査読

    Shiba K, Hatta C, Sasai S, Tojo M, Ohki ST, Mochizuki T

    Virology   537   165 - 171   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Silencing of the chalcone synthase gene by a virus vector derived from the Cucumber mosaic virus in petunia. 査読

    Tanase K, Matsushita Y, Mochizuki T.

    The Horticulture Journal 雑誌   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Correlation between toll-like receptor 4 and nucleotide-binding oligomerization domain 2 (NOD2) and pathological severity in dogs with chronic gastrointestinal diseases. 査読

    Aono K, Azuma Y*, Nabetani T, Hatoya S, Furuya M, Miki M, Hirota K, Fujimoto Y, Nishiyama K, Ogata Y, Mochizuki T, Tani H.

    Veterinary Immunology and Immunopathology 雑誌   210   15 - 22   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Genome sequence of a novel partitivirus identified from the oomycete Pythium nunn. 査読

    Shiba K, Hatta C, Sasai S, Tojo M, Ohki ST, Mochizuki T.

    Archives of Virology 雑誌   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Inducible expression of magnesium protoporphyrin chelatase subunit I (CHLI)-amiRNA provides insights into cucumber mosaic virus Y satellite RNA-induced chlorosis symptoms. 査読

    Bhor SA, Tateda C, Mochizuki T, Sekine KT, Yaeno T, Yamaoka N, Nishiguchi M, Kobayashi K.

    VirusDisease 雑誌   2017年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Rapid and low-cost diagnosis of Japanese yam mosaic virus infection in Chinese yam (Dioscorea polystachya) leaves by a print-capture RT-PCR. 査読

    Mochizuki T, Iwamoto I, Atarashi A, Ohki ST, Kikukawa H.

    Journal of General Plant Pathology 雑誌   83   2017年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Inducible transgenic tobacco system to study the mechanisms underlying chlorosis mediated by the silencing of chloroplast heat shock protein 90

    Bhor SA, Tateda C, Mochizuki T, Sekine KT, Yaeno T, Yamaoka N, Nishiguchi M, Kobayashi K.

    VirusDisease 雑誌   2017年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The entry of cucumber mosaic virus into cucumber xylem is facilitated by co-infection with zucchini yellow mosaic virus. 査読

    Mochizuki T, Nobuhara S, Nishimura M, Ryang B-S, Naoe M, Matsumoto T, Kosaka Y, Ohki ST.

    Archives of Virology 雑誌   2016年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Detection of plant virus in meristem by immunohistochemistry and in situ hybridization

    Mochizuki T and Ohki ST.

    Methods in Molecular Biology 雑誌   1236   275 - 287   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Low pH soil inhibits transmission of Melon necrotic spot virus by its fungal vector Olpidium bornovanus.

    Mochizuki T, Ohki ST.

    Annual Report of The Kansai Plant Protection Society 雑誌   57   77 - 79   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Coat protein mutations in an attenuated Cucumber mosaic virus encoding mutant 2b protein that lacks RNA silencing suppressor activity induces chlorosis with photosynthesis gene repression and chloroplast abnormalities in infected tobacco plants 査読

    Mochizuki T, Yamazak R, Wada T, and Ohki ST.

    Virology 雑誌   456   292 - 299   2014年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • プリントキャプチャーRT-PCRによるキク茎えそウイルス(CSNV)の検出 査読

    深見正信,國友映理子,望月知史

    関東東山病害虫研究会報 雑誌   61   78 - 81   2014年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Artificial induction of a plant virus protein in transgenic tobacco provides a synchronous system for analyzing the process of leaf chlorosis. 査読

    Waliullah S, Mochizuki T, Sekine K-T, Atsumi G, Ali E, Yaeno T, Yamaoka N, Nishiguchi M, and Kobayashi, K.

    Physiological and Molecular plant Pathology 雑誌   in press   2014年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Pollen Transmission of Asparagus virus 2 (AV-2) May Facilitate Mixed Infection by Two AV-2 Isolates in Asparagus Plants 査読

    Kawamura R, Shimura H, Mochizuki T, Ohki ST, and Masuta C.

    Phytopathology 雑誌   104   1001 - 1006   2014年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Large-scale codon de-optimisation of p29 replicase gene by synonymous substitutions causes loss of infectivity of melon necrotic spot virus. 査読

    Usami A, Mochizuki T, Tsuda S, and Ohki ST.

    Archives of Virology 雑誌   158   1979 - 1985   2013年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Cucumber mosaic virus: viral genes as virulence determinants. 査読

    Mochizuki T and Ohki ST.

    Molecular Plant Pathology 雑誌   13   217 - 225   2012年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Comparisons of ribosomal DNA-internal transcribed spacer sequences and biological features among Olpidium bornovanus isolates from Cucurbitaceae-cultivating soil in Japan 査読

    Mochizuki T, Hojo-Kanda A, Ohki T, Kawabe M, and Tsuda S.

    Journal of General Plant Pathology 雑誌   78   49 - 53   2012年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Detection of carrot red leaf virus-RNA in carrot seeds by multiplex RT-nested PCR. 査読

    Oka K, Mochizuki T, and Ohki ST.

    Journal of General Plant Pathology 雑誌   78   2 - 7   2012年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Relationship between viral distribution in the leaf primordia/young developing leaves and symptom severity in the fully expanded leaves of tobacco plants infected with Cucumber mosaic virus 査読

    Sunpapao A, Mochizuki T, and Ohki ST.

    Australasian Plant Pathology 雑誌   40   215 - 221   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Single amino acid substitutions at residue 129 in the coat protein of Cucumber mosaic virus affect symptom expression and thylakoid structure. 査読

    Mochizuki T and Ohki ST.

    Archives of virology 雑誌   156   881 - 886   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Tobacco ringspot virus persists in the shoot apical meristem but not in the root apical meristem of infected tobacco. 査読

    Dong F, Mochizuki T, and Ohki ST.

    European Journal of Plant Pathology 雑誌   126   117 - 122   2010年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The protruding domain of the coat protein of Melon necrotic spot virus is involved in compatibility with and transmission by the fungal vector Olpidium bornovanus. 査読

    Ohki T, Akita F, Mochizuki T, Kanda A, Sasaya T, and Tsuda S.

    Virology 雑誌   402   129 - 134   2010年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The 2b protein of Cucumber mosaic virus is essential for viral infection into shoot apical meristem and for efficient invasion of leaf primordia in infected tobacco plants 査読

    Sunpapao A, Nakai T, Dong F, Mochizuki T, and Ohki ST.

    Journal of General Virology 雑誌   90   2009年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A new strain of Melon necrotic spot virus that is unable to systemically infect Cucumis melo 査読

    Ohki T, Sako S, Kanda A, Mochizuki T, Honda Y, and Tsuda S.

    Phytopathology 雑誌   98   1165 - 1170   2008年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Functional degeneration of the resistance gene nsv against Melon necrotic spot virus at low temperature. 査読

    Kido K, Mochizuki T, Matsuo K, Tanaka C, Kubota K, Ohki T, and Tsuda S.

    European Journal of Plant Pathology 雑誌   121   189 - 194   2008年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Antiviral RNA silencing is restricted to the marginal region of the dark green tissue in the mosaic leaves of Tomato mosaic virus-infected tobacco. 査読

    Hirai K, Kubota K, Mochizuki T, Tsuda S, and Meshi T.

    Journal of Virology 雑誌   82   3250 - 3260   2008年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Amino acid substitution in the coat protein of Melon necrotic spot virus causes loss of binding to the surface of Olpidium bornovanus zoospores. 査読

    Mochizuki T, Ohnishi J, Ohki T, Kanda A and Tsuda S.

    Journal of General Plant Pathology 雑誌   74   176 - 181   2008年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • High temperatures activate local viral multiplication and cell-to-cell movement of Melon necrotic spot virus, but restrict expression of systemic symptoms. 査読

    Kido K, Tanaka C, Mochizuki T, Kubota K., Ohki T, Ohnishi J, Knight LM, and Tsuda S.

    Phytopathology 雑誌   98   181 - 186   2008年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Olpidium菌のチューリップ条斑ウイルス (TuSV) およびチューリップ微斑モザイクウイルス (TMMMV) 媒介能と植物寄生性. 査読

    守川俊幸・堀井香織・望月知史・大木健広・津田新哉・向井環

    北陸病虫研報 雑誌   56   37 - 40   2007年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The amino acid 129 in the coat protein of Cucumber mosaic virus primary determines invasion of the shoot apical meristem of tobacco plants. 査読

    Mochizuki T, and Ohki ST.

    Journal of General Plant Pathology 雑誌   71   326 - 332   2005年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Shoot meristem tissue of tobacco inoculated with Cucumber mosaic virus is infected with the virus and subsequently recovers from infection by RNA silencing. 査読

    Mochizuki T, and Ohki ST.

    Journal of General Plant Pathology 雑誌   70   363 - 366   2004年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 卵菌ウイルスを用いたピシウム菌の生態調査の可能性 査読

    望月知史

    土と微生物   74   45 - 49   2020年

     詳細を見る

  • 植物ウイルス感染による退緑症状の発病機構 -ウイルスによる葉緑体代謝の制御- 査読

    望月知史

    日本農薬学会誌   45   7 - 8   2020年

     詳細を見る

担当授業科目

  • 植物バイオサイエンスへの招待

    2021年度    

  • 植物バイオサイエンス卒業研究

    2021年度    

  • 植物バイオサイエンス演習

    2021年度    

  • 植物バイオテクノロジー概論

    2021年度    

  • 初年次ゼミナール【ウイルスについて知る・考える・話す】

    2021年度    

  • 植物生体防御学特論

    2021年度    

  • 植物病理学

    2021年度    

  • 基礎微生物学

    2021年度    

  • 育種・病理学基礎実験

    2021年度   実習  

  • 植物科学基礎実験

    2021年度   実習  

  • 植物バイオサイエンスフィールド実習A

    2021年度   実習  

  • 生化学基礎実験

    2021年度   実習  

  • バイオテクノロジー基礎実験

    2021年度   実習  

  • 植物バイオサイエンスフィールド実習B

    2021年度   実習  

  • 植物保護学

    2021年度    

  • 国際食料流通演習

    2021年度   実習  

▼全件表示