2024/04/15 更新

写真a

タニガワ ヨウスケ
谷川 陽祐
TANIGAWA Yosuke
担当
大学院情報学研究科 基幹情報学専攻 准教授
工学部 情報工学科
職名
准教授
所属
情報学研究院
連絡先
メールアドレス
所属キャンパス
中百舌鳥キャンパス

担当・職階

  • 大学院情報学研究科 基幹情報学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 工学部 情報工学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(情報科学) ( 大阪大学 )

研究分野

  • 情報通信 / 情報ネットワーク

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 通信工学

研究キーワード

  • メディアアクセス制御

  • 通信品質

  • 省電力化

  • 伝送経路制御

  • 無線LAN

  • 無線センサネットワーク

  • 水中センサネットワーク

  • モバイルネットワーク

  • IoT

研究概要

  • 無線メディアアクセス制御

  • 無線ネットワーク経路制御

  • ネットワーク省電力化制御

  • 通信品質(QoS)制御

所属学協会

  • 電子情報通信学会

    2005年03月 - 継続中   国内

  • IEEE

    2009年09月 - 継続中   国外

受賞歴

  • 電子情報通信学会 2022年度 通信ソサイエティ活動功労賞

    2022年09月   電子情報通信学会 通信ソサイエティ  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 電子情報通信学会 2021年度 通信ソサイエティ活動功労賞

    2021年09月   電子情報通信学会 通信ソサイエティ  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • ネットワークシステム研究専門委員会 活動功労賞

    2021年03月   電子情報通信学会 ネットワークシステム研究専門委員会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • シニア会員 称号贈呈

    2020年12月   電子情報通信学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 電子情報通信学会 2020年度 通信ソサイエティ活動功労賞

    2020年09月   電子情報通信学会 通信ソサイエティ  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • IEICE Communications Society Best Paper Award, K. Kinoshita, S. Nishikori, Y. Tanigawa, H. Tode, T. Watanabe, ``A ZigBee/Wi-Fi Cooperative Channel Control Method and Its Prototyping''

    2020年05月   電子情報通信学会 通信ソサイエティ  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第19回ネットワークシステム研究賞(2019) 受賞研究:相互干渉する複数のIEEE 802.11ax無線LAN環境における競合局数と送信バッファリング量に着目した上りOFDMA伝送法」NS2019-98 高橋良一・谷川陽祐・戸出英樹

    2020年03月   電子情報通信学会 ネットワークシステム研究専門委員会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 電子情報通信学会 2019年度通信ソサイエティ活動功労賞

    2019年09月   電子情報通信学会 通信ソサイエティ  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 活動功労賞

    谷川 陽祐

    2019年09月   電子情報通信学会 通信ソサイエティ  

  • ネットワークシステム研究専門委員会 活動功労賞

    2019年03月   電子情報通信学会 ネットワークシステム研究専門委員会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • IEEE CloudNet 2018, Best Paper Award, H. Tode, K. Hashimoto and Y. Tanigawa, ``Adaptive In-network Guidance Dissemination from Hot-Spot Nodes of Queries in Breadcrumbs-Based Information-Centric Networks''

    2018年11月   IEEE Communications Society  

  • 第17回ネットワークシステム研究賞(2017) 受賞研究:「CDNとBreadcrumbs方式の連携制御におけるキャッシング特性分析に基づくコンテンツ取得法」NS2016-160 稲場裕太郎・谷川陽祐・戸出英樹

    2017年03月   電子情報通信学会 ネットワークシステム研究専門委員会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 電子情報通信学会 2016年度通信ソサイエティ活動功労賞

    2016年09月   電子情報通信学会 通信ソサイエティ  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 2016年フォトニックネットワーク研究会学生ワークショップ優秀賞 受賞研究:「光回線・パケット交換統合網における複数経路算出法の高速化」, 大砂古 雅喜, 谷川 陽祐, 廣田 悠介, 戸出 英樹

    2016年03月   電子情報通信学会 フォトニックネットワーク研究専門委員会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 2016年フォトニックネットワーク研究会学生ワークショップ優秀賞 受賞研究:「ビッグデータと周辺計算機資源を密結合する光仮想ネットワーク構成法の評価」, 中野 啓太, 谷川 陽祐, 戸出 英樹

    2016年03月   電子情報通信学会 フォトニックネットワーク研究専門委員会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • APSITT2015 Best Score Paper - IEICE paper recommendation, Kohei Omori, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode, ``A Study on Power Saving using RTS/CTS Handshake and Burst Transmission in Wireless LAN''

    2016年02月   APSITT2015運営委員会  

  • ICM English Session Encouragement Award 受賞研究:「A Study on Keyword-based Search Methods for Breadcrumbs-based Content-Oriented Network」, BS-6-20 Kevin Pognart, Hideki Tode, Yosuke Tanigawa (Osaka Prefecture Univ.)

    2015年03月   IEICE Technical Committee on Information Communication Management (ICM)  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 2013年フォトニックネットワーク研究会学生ワークショップ優秀賞 受賞研究:「QoS に応じたパスを迅速に提供可能な光ネットワーク情報管理システムのOpenFlowを用いたプロトタイプ実装と機能検証」, 福島昴,高田将司,谷川陽祐,戸出英樹

    2013年03月   電子情報通信学会 フォトニックネットワーク研究専門委員会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第10回ネットワークシステム研究賞(2010) 受賞研究:「映像の構成情報と配信状況を考慮した高品位P2Pストリーミングシステム」, NS2010-21 岡本庸平,谷川陽祐,戸出英樹

    2011年03月   電子情報通信学会 ネットワークシステム研究専門委員会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 大阪公立大学   大学院情報学研究科 基幹情報学専攻

    2022年04月 - 継続中

  • 大阪府立大学   大学院工学研究科

    2016年04月 - 2022年03月

論文

  • Time Gating Control Approaches for Time Critical Applications from Perspective of Wireless LANs and All Optical Networks 招待 査読

    Hideki Tode, Yosuke Tanigawa, Ratha Yeu, and Akio Hasegawa

    ICNC 2024   1059 - 1064   2024年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Bundling Method of Periodically Generated Packets for Collision-Free Transmission by Uplink OFDMA in Wireless Sensor Networks 査読

    Yuya Onogawa, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode

    IEEE ICCE 2024   2024年01月( ISSN:0747668X ( ISBN:9798350324136

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/ICCE59016.2024.10444330

  • Transmission Timing Scheduling Method for Station Groups with Different Packet Generation Periods in Smart Factory Environment 査読

    Ratha Yeu, Yosuke Tanigawa, Akio Hasegawa, Hiroyuki Yokoyama, and Hideki Tode

    IEEE ICCE 2024   2024年01月( ISSN:0747668X ( ISBN:9798350324136

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/ICCE59016.2024.10444459

  • Selective OFDMA Transmission Method Based on Downlink Communication Quality Requirements in IEEE 802.11ax Wireless LANs 査読

    Hayato Yamakata, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode

    IEEE CCNC 2024   851 - 856   2024年01月( ISSN:23319860 ( ISBN:9798350304572

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/CCNC51664.2024.10454644

  • Random-Access MAC Protocol applying Maximum Frame Aggregation for Delay-Constrained Packet Transfer in Wireless Sensor Networks 査読

    Risa Matsuda, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode

    IEEE ICCE 2024   2024年01月( ISSN:0747668X ( ISBN:9798350324136

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/ICCE59016.2024.10444427

  • Crosstalk-Aware Resource Allocation Based on Optical Path Adjacency and Crosstalk Budget for Space Division Multiplexing Elastic Optical Networks 査読

    Kosuke Kubota, Yosuke Tanigawa, Yusuke Hirota, and Hideki Tode

    IEICE Transactions on Communications   E107.B ( 1 )   27 - 38   2024年01月( ISSN:09168516

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>To cope with the drastic increase in traffic, space division multiplexing elastic optical networks (SDM-EONs) have been investigated. In multicore fiber environments that realize SDM-EONs, crosstalk (XT) occurs between optical paths transmitted in the same frequency slots of adjacent cores, and the quality of the optical paths is degraded by the mutual influence of XT. To solve this problem, we propose a core and spectrum assignment method that introduces the concept of prohibited frequency slots to protect the degraded optical paths. First-fit-based spectrum resource allocation algorithms, including our previous study, have the problem that only some frequency slots are used at low loads, and XT occurs even though sufficient frequency slots are available. In this study, we propose a core and spectrum assignment method that introduces the concepts of “adjacency criterion” and “XT budget” to suppress XT at low and middle loads without worsening the path blocking rate at high loads. We demonstrate the effectiveness of the proposed method in terms of the path blocking rate using computer simulations.</p>

    DOI: 10.1587/transcom.2023pnp0002

  • Which Multi-Core Fiber Layout is Best for Highest Capacity Network Design? 査読

    Yuya Seki, Yosuke Tanigawa, Yusuke Hirota, and Hideki Tode1

    2023年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • A Novel Transport Protocol Suitable for Bufferless Optical Packet Switching Networks 査読

    Hideki Tode, Yuusuke Hashimoto, Yosuke Tanigawa, and Yusuke Hirota

    2023年09月 ( ISBN:9798350323702

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/PSC57974.2023.10297151

  • Is Indirect Crosstalk Negligible in Resource Allocation on Space-Division Multiplexing Elastic Optical Networks with Multi-Core Fibers? 査読

    Yuya Seki, Yosuke Tanigawa, Yusuke Hirota, and Hideki Tode

    2023年09月 ( ISBN:9798350323702

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/PSC57974.2023.10297149

  • Transmission Timing Control among Both Aperiodic and Periodic Flows for Reliable Transfer by Restricted Packet Loss and within Permissible Delay in Wireless Sensor Networks 査読

    Aya Koyama, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode

    IEICE Transactions on Communications   E106-B ( 9 )   817 - 826   2023年09月( ISSN:09168516

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    <p>Nowadays, in various wireless sensor networks, both aperiodically generated packets like event detections and periodically generated ones for environmental, machinery, vital monitoring, etc. are transferred. Thus, packet loss caused by collision should be suppressed among aperiodic and periodic packets. In addition, some packets for wireless applications such as factory IoT must be transferred within permissible end-to-end delays, in addition to improving packet loss. In this paper, we propose transmission timing control of both aperiodic and periodic packets at an upper layer of medium access control (MAC). First, to suppress packet loss caused by collision, transmission timings of aperiodic and periodic packets are distributed on the time axis. Then, transmission timings of delay-bounded packets with permissible delays are assigned within the bounded periods so that transfer within their permissible delays is possible to maximally satisfy their permissible delays. Such control at an upper layer has advantages of no modification to the MAC layer standardized by IEEE 802.11, 802.15.4, etc. and low sensor node cost, whereas existing approaches at the MAC layer rely on MAC modifications and time synchronization among all sensor nodes. Performance evaluation verifies that the proposed transmission timing control improves packet loss rate regardless of the presence or absence of packet's periodicity and permissible delay, and restricts average transfer delay of delay-bounded packets within their permissible delays comparably to a greedy approach that transmits delay-bounded packets to the MAC layer immediately when they are generated at an upper layer.</p>

    DOI: 10.1587/transcom.2022EBP3184

  • CSMA/CA-based Random Access Control Suitable for Delay-Constrained Packet Transfer in Smart Factory Environments 査読

    Hideki Tode, Kaita Takemoto, Yosuke Tanigawa

    IFIP CIoT 2023   2023年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Strictly Prioritized Multihop Transmission of High-Priority Data Composed of Multiple Frames in Wireless Sensor Networks 査読

    Keita Yoshitomi, Daishi Kondo, Yosuke Tanigawa, Hideki Tode

    IEEE CCNC 2023   2023年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Computing Node Selection Method Based on Proactive Grasping of Computational Performance in End Cloud Environments 査読

    Tatsuya Ueda, Daishi Kondo, Yosuke Tanigawa, Hideki Tode

    IEEE CCNC 2023   2023年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • A Data Transfer Method Combining Erasure-coding with Cumulative Acknowledgment for Lossy Optical Packet Switching Networks 査読

    Maho Ono, Yuya Seki, Yuusuke Hashimoto, Yosuke Tanigawa, Yusuke Hirota, Hideki Tode

    IEEE CCNC 2023   2023年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Core and spectrum allocation to achieve graceful degradation of inter-core crosstalk with generalized hierarchical core prioritization on space-division multiplexing elastic optical networks 査読

    Yuya Seki, Yosuke Tanigawa, Yusuke Hirota, and Hideki Tode

    Journal of Optical Communications and Networking   15 ( 1 )   43 - 56   2023年01月( ISSN:19430620

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1364/JOCN.472418

  • A Study on Efficient Coding Methods to Suppress Redundancy and ACK Trafficin LT Codes with Feedback 査読

    Maho Ono, Yosuke Tanigawa, Yusuke Hirota, Hideki Tode

    IEICE ICETC 2022   2022年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Experimental Demonstration of Dynamic Service Function Chaining Based on Server Load Information in Optical Packet Switching Networks 査読

    Yuusuke Hashimoto, Yuya Seki, Kosuke Kubota, Akihiro Fujimoto, Yosuke Tanigawa, Yusuke Hirota, Hideki Tode

    APNOMS 2023   2022年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Route and mode selection considering mode dependence of inter-core crosstalk using predefined core prioritization on SDM-EONs 査読

    Seki Yuya, Tanigawa Yosuke, Hirota Yusuke, Tode Hideki

    IEICE Communications Express   11 ( 9 )   583 - 588   2022年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>We propose a resource allocation method that considers the mode dependence of inter-core crosstalk (IC-XT) in space-division multiplexing elastic optical networks with few-mode multi-core fiber (FM-MCF). In FM-MCF environments, IC-XT tends to increase when higher-order modes or detour routes are used. It is not clear whether the IC-XT can be reduced more effectively by preferentially using detour routes or higher-order modes. To make IC-XT as small as possible, this paper proposes a route and mode selection scheme combined with the conventional core prioritization. Simulation results show that the proposed method reduces the lightpath blocking rate to a 50 times smaller value than that of a naïve benchmark.</p>

    DOI: 10.1587/comex.2022xbl0089

  • Uplink Frame Transmission with Functions of Adaptive Triggering and Resource Allocation of OFDMA in Interfering IEEE 802.11ax Wireless LANs 査読

    Ryoichi Takahashi, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode

    IEICE Transactions on Communications   E104-B ( 6 )   664 - 674   2021年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Joint Channel Allocation and Routing for ZigBee/Wi-Fi Coexistent Networks 査読

    Yosuke Tanigawa, Shu Nishikori, Kazuhiko Kinoshita, Hideki Tode, and Takashi Watanabe

    IEICE Transactions on Information and Systems 雑誌 IEICE   E104-D ( 5 )   575 - 584   2021年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Joint Channel Allocation and Routing for ZigBee/Wi-Fi Coexistent Networks 査読

    Tanigawa Yosuke, Nishikori Shu, 木下 和彦, Tode Hideki, Watanabe Takashi

    IEICE Transactions on Information and Systems   Vol.E104-D ( No.5 )   575 - 584   2021年05月( ISSN:1745-1361

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transinf.2020NTP0006

    その他URL: https://web.db.tokushima-u.ac.jp/cgi-bin/edb_browse?EID=375396

  • Resource Discovery for Edge Computing over Named Data Networking.

    Daishi Kondo, Thomas Ansquer, Yosuke Tanigawa, Hideki Tode

    IEEE 45th Annual Computers, Software, and Applications Conference(COMPSAC)   552 - 559   2021年( ISBN:9781665424639

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/COMPSAC51774.2021.00082

    その他URL: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/compsac/compsac2021.html#KondoATT21

  • A ZigBee/Wi-Fi Cooperative Channel Control Method and Its Prototyping

    Kazuhiko Kinoshita, Shu Nishikori, Yosuke Tanigawa, Hideki Tode, and Takashi Watanabe

    IEICE Transactions on Communications 雑誌 IEICE   E103-B ( 3 )   181 - 189   2020年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A ZigBee/Wi-Fi Cooperative Channel Control Method and Its Prototyping 査読

    木下 和彦, Shu Nishikori, Yosuke Tanigawa, Hideki Tode, Takashi Watanabe

    IEICE Transactions on Communications   Vol.E103-B ( No.3 )   181 - 189   2020年03月( ISSN:1745-1345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transcom.2019EBP3080

    その他URL: https://web.db.tokushima-u.ac.jp/cgi-bin/edb_browse?EID=361568

  • Collision Aware Flow-Based Adaptive Resource Allocation for SDN-enabled SDM Optical Packet Switching Networks.

    Yuusuke Hashimoto, Kosuke Kubota, Akihiro Fujimoto, Yosuke Tanigawa, Yusuke Hirota, Hideki Tode

    European Conference on Optical Communications(ECOC)   1 - 4   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/ECOC48923.2020.9333159

    その他URL: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/ecoc/ecoc2020.html#HashimotoKFTHT20

  • [Invited] NDN Based Participatory Crowdsensing Framework with Area-focused Interest Forwarding.

    Hideki Tode, Ashish Man Singh Pradhan, Daishi Kondo, Yosuke Tanigawa

    16th International Conference on Mobility, Sensing and Networking(MSN)   569 - 575   2020年( ISBN:9781728199160

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/MSN50589.2020.00094

    その他URL: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/msn/msn2020.html#TodePKT20

  • Adaptive Channel Access Control Solving Compound Problem of Hidden Nodes and Continuous Collisions among Periodic Data Flows 査読

    Ahn Huy Nguyen, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode

    IEICE Transactions on Communications 雑誌 IEICE   E102-B ( 11 )   2113 - 2125   2019年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A Study on Hop Count Reduction of Frame Transfer in ZigBee Network by Wireless LAN Cooperation Date of Evaluation 査読

    Yosuke Tanigawa, Seiya Dejima, and Hideki Tode

    IEICE Transactions on Communications 雑誌 IEICE   E102-B ( 7 )   1279 - 1291   2019年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Distributed Search for Exchangeable Service Chain Based on In-network Guidance 査読

    Yutaro Oda, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode

    IEICE Transactions on Information and Systems 雑誌 IEICE   E102-D ( 5 )   963 - 973   2019年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A Study on Hop Count Reduction of Frame Transfer in ZigBee Network by Wireless LAN Cooperation. 査読

    Yosuke Tanigawa, Seiya Dejima, Hideki Tode

    IEICE Transactions   102-B ( 7 )   1279 - 1291   2019年

  • Spectrum Allocation Considering Crosstalk Impacts at both Fibers and Nodes in Space-Division Multiplexing Elastic Optical Networks. 査読

    Kosuke Kubota, Yosuke Tanigawa, Hideki Tode, Yusuke Hirota

    2019 24th OptoElectronics and Communications Conference (OECC) and 2019 International Conference on Photonics in Switching and Computing (PSC), Fukuoka, Japan, July 7-11, 2019   1 - 3   2019年

     詳細を見る

  • Selective Traffic Offloading Method Based on Learning of Downstream Congestion Status in Optical Packet Switching Node. 査読

    Hideki Tode, Ryo Kojima, Yosuke Tanigawa, Yusuke Hirota

    2019 24th OptoElectronics and Communications Conference (OECC) and 2019 International Conference on Photonics in Switching and Computing (PSC), Fukuoka, Japan, July 7-11, 2019   1 - 3   2019年

     詳細を見る

  • Distributed Search for Exchangeable Service Chain Based on In-Network Guidance. 査読

    Yutaro Oda, Yosuke Tanigawa, Hideki Tode

    IEICE Transactions   102-D ( 5 )   963 - 973   2019年

  • Channel Access Control for Collisions Caused by Hidden Nodes and Phase Synchronization among Periodic Data Flows. 査読

    Anh Huy Nguyen, Yosuke Tanigawa, Hideki Tode

    16th IEEE Annual Consumer Communications & Networking Conference, CCNC 2019, Las Vegas, NV, USA, January 11-14, 2019   1 - 6   2019年

     詳細を見る

  • An Information-Centric Content Delivery Network Excluding Redundant Surrogate Duplications. 査読

    Hideki Tode, Yutaro Inaba, Yosuke Tanigawa

    16th IEEE Annual Consumer Communications & Networking Conference, CCNC 2019, Las Vegas, NV, USA, January 11-14, 2019   1 - 2   2019年

     詳細を見る

  • Scheduling Method for Solving Successive Contentions of Heterogeneous Periodic Flows Based on Mathematical Formulation in Multi-Hop WSNs 査読

    Ahn Huy Nguyen, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode

    IEEE Sensors Journal   18 ( 21 )   9021 - 9033   2018年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Power-Saving Method of Wireless Stations based on Adaptive Control of Bidirectional Burst Transmission in Wireless LANs 査読

    Kohei Omori, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode

    IEICE Transactions on Communications   E100-B ( 6 )   986 - 996   2017年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Multi-Criteria Breadcrumbs Scoping: Multiple Constraint-Based Distribution Methods of In-Network Guidance Information in Content-Oriented Network 査読

    M. Kakida, Y. Tanigawa, and H. Tode

    IEEE Transactions on Network and Service Management   2016年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Fair Routing for Overlapped Cooperative Heterogeneous Wireless Sensor Networks 査読

    K. Kinoshita, N. Inoue, Y. Tanigawa, H. Tode, and T. Watanabe

    IEEE Sensors Journal   2016年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Underwater Sensor Networkにおける位置推定とルーチングの一体化に基づく効率的なデータ転送法 査読

    谷川陽祐, 平井聡士, 戸出英樹

    電子情報通信学会論文誌 雑誌   J99-D ( 5 )   2016年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Content Retrieval Method in Cooperation with CDN and Breadcrumbs-based In-network Guidance Method 査読

    Y. Inaba, Y. Tanigawa, and H. Tode

    IEICE Transactions on Communications 雑誌   E99-B ( 5 )   2016年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Smart Packet Transmission Scheduling combined with Rate Adaptation for Enhancing Total Throughput against Channel Fading in Wireless LAN 査読

    S. Yoshioka, Y. Tanigawa, and H. Tode

    IEICE Transactions on Communications 雑誌   E98-B ( 12 )   2015年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A Participating Fine-Grained Cloud Computing Platform with In-Network Guidance 査読

    K. Nishii, Y. Tanigawa, and H. Tode

    IEICE Transactions on Communications 雑誌   E98-B ( 6 )   1008 - 1017   2015年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A Comparative Study of Keyword-Based Search Features in Content-Oriented Networks 査読

    K. Pognart Y. Tanigawa, and H. Tode

    IARIA International Journal on Advances in Internet Technology 雑誌   8 ( 1&2 )   41 - 49   2015年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Optical Network Management System for Instant Provisioning of QoS-aware Path and its Software Prototyping with OpenFlow 査読

    M. Takada, A. Fukushima, Y. Tanigawa, and H. Tode

    IEICE Transactions on Communications 雑誌   E97-B ( 7 )   1313 - 1324   2014年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • コンテンツベース交換網:電気的中継処理を抑制する柔軟なトランスルーセント光ネットワークの構成法 査読

    ミシャル クリストフ,谷川陽祐,戸出英樹

    電子情報通信学会論文誌・通信 雑誌   J97-B ( 2 )   86 - 98   2014年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Deployment of the Content-based Switching Network 査読

    C. Michard, Y. Tanigawa, and H. Tode

    Communications and Network 雑誌   6 ( 1 )   29 - 42   2014年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 情報収集型サーバにおける受信バッファサイズ共有とTCPコネクション数の調整に基づくQoS制御 査読

    坂尻康隆,谷川陽祐,戸出英樹

    電子情報通信学会論文誌・通信 雑誌   J96-B ( 7 )   690 - 700   2013年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Active Breadcrumbs: Adaptive Distribution of In-network Guidance Information for Content-Oriented Networks 査読

    M. Kakida, Y. Tanigawa, and H. Tode

    IEICE Transactions on Communications 雑誌   E96-B ( 7 )   1670 - 1679   2013年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • QoS Control Method based on Adaptive Cooperation between Network Coding and IEEE 802.11e EDCA 査読

    Y. Tanigawa, J.-O. Kim, H. Tode

    IEICE Transactions on Communications 雑誌   E96-B ( 2 )   430 - 440   2013年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Multi-Channel MAC Protocols Aiming at Aggressive Use of Vacant Resources with Two Transceivers 査読

    Y. Tanigawa, H. Tode, K. Murakami

    IEICE Transactions on Communications 雑誌   E95-B ( 2 )   519 - 530   2012年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • High-Quality P2P Video Streaming System Considering the Cooperation of Constitution Information and Delivery Status 査読

    Y. Okamoto, Y. Tanigawa, H. Tode

    IEICE Transactions on Communications 雑誌   E94-B ( 10 )   2732 - 2740   2011年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Breadcrumbs+ : コンテンツ流通網におけるインネットワーク誘導のための改良型Breadcrumbs方式 査読

    柿田将幸,谷川陽祐,戸出英樹

    電子情報通信学会論文誌・通信 雑誌   J94-B ( 10 )   1283 - 1292   2011年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Delay-Sensitive Retransmission Method based on Network Coding in WIreless LANs 査読

    Y. Tanigawa, J.-O. Kim, H. Tode

    IEICE Transactions on Communications 雑誌   E93-B ( 12 )   3345 - 3353   2010年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 空き資源の積極利用を指向したマルチチャネルMACプロトコル 査読

    谷川陽祐,戸出英樹,村上孝三

    電子情報通信学会論文誌・通信 雑誌   J92-B ( 1 )   196 - 206   2009年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Proportional and Deterministic Differentiation Methods of Multi-Class QoS in IEEE 802.11e Wireless LAN 査読

    Y. Tanigawa, J.-O. Kim, H. Tode, K. Murakami

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences 雑誌   E91-A ( 7 )   1570 - 1579   2008年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 無線センサ網における遅延制約と送信フレーム数の公平性を考慮したランダムアクセス型MACプロトコルの検討 国内会議

    松田理沙, 谷川陽祐, 戸出英樹

    2023年電子情報通信学会総合大会  2023年03月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • IEEE 802.11ax 無線LANにおける端末局の通信品質要求を考慮した下りOFDMA伝送法の検討 国内会議

    山方颯人, 谷川陽祐, 戸出英樹

    2023年電子情報通信学会総合大会  2023年03月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 空間分割多重型エラスティック光網上のTCP伝送における機械学習を用いたパケットロス数予測の検討 国内会議

    柴田海翔, 谷川陽祐, 廣田悠介, 戸出英樹

    2023年電子情報通信学会総合大会  2023年03月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Bufferless な光パケット交換網に適した輻輳制御法の検討 国内会議

    西尾彗志, 谷川陽祐, 廣田悠介, 戸出英樹

    2023年電子情報通信学会総合大会  2023年03月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 複数無線LANが相互干渉する環境における長距離無線ネットワークとの連携に基づく端末局の接続切替制御法 国内会議

    澤田樹生, 谷川陽祐, 戸出英樹

    ネットワークシステム研究会  2023年03月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • バッファレス光パケット交換網に適した輻輳制御法の提案 国内会議

    西尾彗志, 谷川陽祐, 廣田悠介, 戸出英樹

    フォトニックネットワーク研究会  2023年03月  電子情報通信学会フォトニックネットワーク研究会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 空間分割多重型エラスティック光網における雑音耐性を強化する変調方式の選択手法 国内会議

    川口瑚大郎, 関勇弥, 谷川 陽祐, 戸出英樹

    フォトニックネットワーク研究会  2023年03月  電子情報通信学会フォトニックネットワーク研究会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 空間分割多重型エラスティック光網上のTCP伝送における機械学習を用いたパケットロス数の予測法 国内会議

    柴田海翔, 谷川陽祐, 廣田悠介, 戸出英樹

    フォトニックネットワーク研究会  2023年03月  電子情報通信学会フォトニックネットワーク研究会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • [奨励講演]Erasure-codingと確認応答を組み合わせたデータ転送方式の実装と光パケット交換網テストベッドにおける実証実験 国内会議

    小野真穂, 関勇弥, 橋本侑亮, 谷川陽祐, 廣田悠介, 戸出英樹

    ネットワークシステム研究会  2023年01月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 無線センサ網におけるフレーム伝送遅延を許容値以内に抑制することを目的としたOFDMA伝送法 国内会議

    小野川裕也, 谷川陽祐, 戸出英樹

    ネットワークシステム研究会  2022年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 無線センサ網における遅延制約付フレームの優先転送を考慮したランダムチャネルアクセス制御法 国内会議

    竹本開太, 谷川陽祐, 戸出英樹

    ネットワークシステム研究会  2022年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光パケット交換ネットワークにおけるErasure-codingと確認応答を組み合わせたデータ転送方式の提案 国内会議

    小野真穂, 関 勇弥, 橋本侑亮, 谷川陽祐, 廣田悠介, 戸出英樹

    ネットワークシステム研究会  2022年09月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • エンドクラウド環境におけるプロアクティブな計算性能把握に基づくコンピューティングノード選択法 国内会議

    植田達也, 近藤大嗣, 谷川陽祐, 戸出英樹

    ネットワークシステム研究会  2022年09月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 無線センサ網における複数フレームから構成される高優先度データのチャネル予約に基づくマルチホップ伝送法 国内会議

    吉富慶太, 谷川陽祐, 近藤大嗣, 戸出英樹

    ネットワークシステム研究会  2022年07月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 無線メディアアクセス制御

  • 無線ネットワーク経路制御

  • ネットワーク省電力化制御

  • 通信品質(QoS)制御

担当授業科目

  • 情報工学演習I

    2021年度    

  • 情報工学演習III

    2021年度    

  • 情報理論A

    2021年度    

  • プログラミング言語概論

    2021年度    

  • 情報工学演習II

    2021年度    

  • 知能情報特論I

    2021年度    

  • 情報セキュリティ特論

    2021年度    

▼全件表示

所属院生等の論文発表集計

  • 2022年度

    学部・学域生発表数:7件  所属大学院生発表数:14件

社会貢献活動

  • 教員免許状更新講習 F17 社会における情報工学

    2018年04月 - 2019年03月

  • 教員免許状更新講習 F13 情報化社会を支える情報技術

    2014年04月 - 2015年03月

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 無線LANに関する研究動向

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル)

     詳細を見る

    キーワード:チャネルアクセス制御,通信品質制御,通信の広帯域化 

    無線LAN通信に関するプロトコル,研究動向,今後の発展について解説する

その他

  • 研究職歴

    2009年04月 - 2016年03月

      詳細を見る

    大阪府立大学 大学院工学研究科 電気・情報系専攻 知能情報工学分野 助教

  • 研究職歴

    2016年04月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪府立大学 大学院工学研究科 電気・情報系専攻 知能情報工学分野 准教授