2022/10/06 更新

写真a

オガワ タクミ
小川 拓水
OGAWA Takumi
担当
大学院農学研究科 応用生物科学専攻 講師
農学部 応用生物科学科
職名
講師
所属
農学研究院
連絡先
メールアドレス

担当・職階

  • 大学院農学研究科 応用生物科学専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 農学部 応用生物科学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(生命科学) ( 東北大学 )

研究分野

  • ナノテク・材料 / 分析化学  / 分析化学

  • ライフサイエンス / 植物分子、生理科学  / 植物生理・分子

研究概要

  • ユーグレナのワックスエステル生合成に関する研究

  • 遺伝子改変技術を用いて作られた食品・医薬品の安全性評価に関する研究

所属学協会

  • 日本食品化学学会

    2019年04月 - 継続中   国内

  • 日本農芸化学会

      国内

  • 日本植物細胞分子生物学会

      国内

  • 日本植物生理学会

      国内

受賞歴

  • 第14回日本化学会ケモインフォマティクス部会JCAC論文賞(共著)

    2018年12月   日本化学会ケモインフォマティクス部会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本食品化学学会第12回論文賞(共著)

    2017年06月   日本食品化学学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

論文

  • Exploration and characterization of chemical stimulators to maximize the wax ester production by Euglena gracilis 査読

    Takumi Ogawa, Masatoshi Nakamoto, Yuki Tanaka, Kazuhiro Sato, Atsushi Okazawa, Shigehiko Kanaya, Daisaku Ohta

    Journal of Bioscience and Bioengineering 雑誌   2021年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Seed metabolome analysis of a transgenic rice line expressing cholera toxin B-subunit 査読

    Takumi Ogawa, Koji Kashima, Yoshikazu Yuki, Mio Mejima, Shiho Kurokawa, Masaharu Kuroda, Atsushi Okazawa, Hiroshi Kiyono, Daisaku Ohta

    Scientific Reports 雑誌 Nature Publishing Group   7   2017年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Critical involvement of environmental carbon dioxide fixation to drive wax ester fermentation in Euglena 査読

    Adchara Padermshoke, Takumi Ogawa, Kazuki Nishio, Masami Nakazawa, Masatoshi Nakamoto, Atsushi Okazawa, Shigehiko Kanaya, Masanori Arita, Daisaku Ohta

    PLOS ONE 雑誌   11 ( 9 )   2016年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Omics Profiles of Non-transgenic Scion Grafted on Transgenic RdDM Rootstock. 査読

    Kodama H, Umeyama Y, Miyahara T, Oguchi T, Tsujimoto T, Ozeki Y, Ogawa T, Yamaguchi Y, Ohta D

    Food safety (Tokyo, Japan)   10 ( 1 )   13 - 31   2022年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14252/foodsafetyfscj.d-21-00012

    PubMed

  • Exploration and characterization of chemical stimulators to maximize the wax ester production by Euglena gracilis. 査読

    Ogawa T, Nakamoto M, Tanaka Y, Sato K, Okazawa A, Kanaya S, Ohta D

    Journal of bioscience and bioengineering   133 ( 3 )   243 - 249   2021年12月( ISSN:1389-1723

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2021.12.005

    PubMed

  • Involvement of α-galactosidase OmAGAL2 in planteose hydrolysis during seed germination of Orobanche minor.

    Okazawa A, Baba A, Okano H, Tokunaga T, Nakaue T, Ogawa T, Shimma S, Sugimoto Y, Ohta D

    Journal of experimental botany   73 ( 7 )   1992 - 2004   2021年12月( ISSN:0022-0957

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/jxb/erab527

    PubMed

  • Effect of Transgenic Rootstock Grafting on the Omics Profiles in Tomato. 査読

    Kodama H, Miyahara T, Oguchi T, Tsujimoto T, Ozeki Y, Ogawa T, Yamaguchi Y, Ohta D

    Food safety (Tokyo, Japan)   9 ( 2 )   32 - 47   2021年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.14252/foodsafetyfscj.d-20-00032

    PubMed

  • Identification of novel cytochrome P450 monooxygenases from actinomycetes capable of intermolecular oxidative C-C coupling reactions. 査読

    Okazawa A, Yamanishi K, Katsuyama N, Kitazawa S, Ogawa T, Ohta D

    Journal of bioscience and bioengineering   129 ( 1 )   23 - 30   2020年01月( ISSN:1389-1723

     詳細を見る

    国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2019.07.010

    PubMed

  • 分子間の酸化的C-Cカップリング反応機構を有する放線菌由来新規シトクロムP450モノオキシゲナーゼの同定(Identification of novel cytochrome P450 monooxygenases from actinomycetes capable of intermolecular oxidative C-C coupling reactions)

    Okazawa Atsushi, Yamanishi Kenta, Katsuyama Nao, Kitazawa Shohei, Ogawa Takumi, Ohta Daisaku

    Journal of Bioscience and Bioengineering   129 ( 1 )   23 - 30   2020年01月( ISSN:1389-1723

     詳細を見る

    原核生物のシトクロムP450モノオキシゲナーゼ(P450s)に観察される、酸化的C-Cカップリング反応機構について解明するため、放線菌P450を詳細に調査した。本報では、Streptomyces coelicolor A3のフラビオリン二量体化でみられる酸化的C-Cカップリング反応に深く関わり、CYP158A2と高い相同性を有する放線菌P450に着目し、P450とその基質を包括的に調査した。また、新たに、酸化的C-Cカップリング反応機構のスクリーニングも施行した。その結果、426種類の芳香族化合物で構成される化学ライブラリーのスクリーニングにより、P450と基質のいくつかの組み合わせが特定され、基質結合型への変化を差スペクトルとした場合、タイプIのスペクトル変化により同定された基質が、放線菌由来P450活性部位に結合することが確認された。さらに、反応生成物の吸収極大における赤方偏移とLC-MS分析では、2種の芳香環間において、直接的C-Cカップリング反応を介した生成物により、過剰な共役系が存在することも示された。以上の結果から、放線菌由来P450は、酸化的C-Cカップリング反応の生体触媒として利用され、多様なカップリング生成物の合成を促すことが示された。

  • CRISPR/Cas9-mediated genome editing of the fatty acid desaturase 2 gene in Brassica napus 査読

    Ayako Okuzaki, Takumi Ogawa, Chie koizuka, Kanako Kaneko, Mizue Inaba, Jun Imamura, Nobuya Koizuka

    Plant Physiology and Biochemistry 雑誌   131   63 - 69   2018年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Constitutive BiP protein accumulation in Arabidopsis mutants defective in a gene encoding chloroplast-resident stearoyl-acyl carrier protein desaturase

    Yuji Iwata, Tsukasa Iida, Toshihiro Matsunami, Yu Yamada, Kei-ichiro Mishiba, Takumi Ogawa, Tetsuya Kurata, and Nozomu Koizumi

    Genes to Cells 雑誌   2018年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A protocol for GC–MS-based metabolomic analysis in mature seed of rice (Oryza sativa L.)

    Takumi Ogawa, Atsushi Okazawa, Daisaku Ohta(査読無し)

    Protocol Exchange   2017年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Wax ester synthase/diacylglycerol acyltransferase isoenzymes play a pivotal role in wax ester biosynthesis in Euglena gracilis 査読

    Takuya Tomiyama, Kaeko Kurihara, Takahisa Ogawa, Takanori Maruta, Takumi Ogawa, Daisaku Ohta, Yoshihiro Sawa, Takahiro Ishikawa

    Scientific Reports 雑誌   7   2017年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • インシリコ MS/MS ライブラリを利用した脂質同定ツールのリピドミクスへの貢献

    小川拓水,岡澤敦司,太田大策

    Journal of Computer Aided Chemistry 雑誌 日本化学会   18   51 - 57   2017年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Metabolite profiling and proteome analysis of genetically modified lettuce plants (Lactuca sativa L.) that produce astaxanthin and its esterified derivatives 査読

    Takumi Ogawa, Takako Sasaki, Atsushi Okazawa, Reiko Teshima, Norihiko Misawa, Daisaku Ohta

    Japanese Journal of Food Chemistry and Safety 雑誌 日本食品化学学会   23 ( 1 )   9 - 19   2016年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The effect of rapamycin on biodiesel-producing protist Euglena gracilis 査読

    Shiho Mukaida, Takumi Ogawa, Kazuko Ohishi, Yasuhiro Tanizawa, Daisaku Ohta, Masanori Arita

    Bioscience Biotechnology and Biochemistry 雑誌   2016年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Wax ester and lipophilic compound profiling of Euglena gracilis by gas chromatography-mass spectrometry: toward understanding of wax ester fermentation under hypoxia 査読

    Takeshi Furuhashi, Takumi Ogawa, Rai Nakai, Masami Nakazawa, Atsushi Okazawa, Adchara Padermshoke, Kazuki Nishio, Masami Yokota Hirai, Masanori Arita, Daisaku Ohta

    Metabolomics 雑誌   11   175 - 183   2015年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Exploration of polar lipid accumulation profiles in Euglena gracilis using LipidBlast, a MS/MS spectral library constructed in silico 査読

    Takumi Ogawa, Takeshi Furuhashi, Atsushi Okazawa, Rai Nakai, Masami Nakazawa, Tobias Kind, Oliver Fiehn, Shigehiko Kanaya, Masanori Arita, Daisaku Ohta

    Bioscience Biotechnology and Biochemistry 雑誌   78 ( 1 )   2014年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Metabolic profiling of transgenic potato tubers expressing Arabidopsis Dehydration Response Element-Binding Protein 1A (DREB1A) 査読

    Toshio Iwaki, Lining Guo, John A Ryals, Syuhei Yasuda, Takayoshi Shimazaki, Akira Kikuchi, Kazuo N. Watanabe, Mie Kasuga, Kazuko Yamaguchi-Shinozaki, Takumi Ogawa, and Daisaku Ohta

    Journal of Agricultural and Food Chemistry 雑誌 (ACS Publications)   2013年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Novel plant immune-priming compounds identified via high-throughput chemical screening target salicylic acid glucosyltransferases in Arabidopsis 査読

    Yoshiteru Noutoshi Masateru Okazaki, Tatsuya Kida, Yuta Nishina Yoshihiko Morishita Takumi Ogawa, Hideyuki Suzuki, Daisuke Shibata, Yusuke Jikumaru, Atsushi Hanada, Yuji Kamiya, and Ken Shirasu

    The Plant Cell 雑誌 (American Society of Plant Biologists)   2012年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Identification and characterization of ANAC042, a transcription factor family gene involved in the regulation of camalexin biosynthesis in Arabidopsis 査読

    H. Saga, T. Ogawa, K. Kai, H. Suzuki, Y. Ogata, N. Sakurai, D. Shibata, D. Ohta

    Molecular Plant-Microbe Interactions 雑誌 (APS PRESS, American Phytopathological Society)   25 ( 5 )   2012年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Metabolomic characterization of the possible involvement of a Cytochrome P450, CYP81F4, in the biosynthesis of indolic glucosinolate in Arabidopsis 査読

    K. Kai, H. Takahashi, H. Saga, T. Ogawa, S. Kanaya, D. Ohta

    Plant Biotechnology 雑誌 (Japanese Society for Plant Cell and Molecular Biology)   28 ( 4 )   379 - 385   2011年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Transient increase in salicylic acid and its glucose conjugates after wounding in Arabidopsis leaves 査読

    T. Ogawa, T. Ara, K. Aoki, H. Suzuki, D. Shibata

    Plant Biotechnology 雑誌 (Japanese Society for Plant Cell and Molecular Biology)   27 ( 2 )   205 - 209   2010年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The begomoviruses Honeysuckle yellow vein mosaic virus and Tobacco leaf curl Japan virus with DNAβ satellites cause yellow dwarf disease of tomato 査読

    T. Ogawa, P. Sharma,M. Ikegami

    Virus Research 雑誌 (ELSEVIER)   137 ( 2 )   235 - 244   2008年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Yellow leaf curl disease of pumpkin in Thailand is associated with Squash leaf curl China virus 査読

    T. Ito, T. Ogawa, K. Samretwanich, P. Sharma, M. Ikegami

    Plant Pathology 雑誌 (WILEY-BLACKWELL, British Society for Plant Pathology)   57 ( 4 )   2008年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • First report of a strain of Tobacco leaf curl Japan virus associated with a satellite DNA in honeysuckle in Japan 査読

    T. Ogawa, P. Sharma, M. Ikegami

    Plant Pathology 雑誌 (WILEY-BLACKWELL, British Society for Plant Pathology)   57 ( 2 )   2008年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • First report of Honeysuckle yellow vein mosaic virus on tomato affected by yellow dwarf disease in Japan 査読

    K. Kitamura, T. Ogawa, P. Sharma, M. Ikegami

    Plant Pathology 雑誌 (WILEY-BLACKWELL, British Society for Plant Pathology)   57 ( 2 )   2008年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Recent Trends in Biotechnology and Microbiology

    P. Sharma, T. Ogawa & M. Ikegami( 担当: 共著)

    International Book Distribution Press, Lucknow, India.  2010年 

     詳細を見る

    担当ページ:25-42  

講演・口頭発表等

  • ユーグレナのワックスエステル蓄積増強活性を持つ化合物の作用点の解明 国内会議

    佐藤 一裕、小川 拓水、岡澤 敦司、太田 大策

    第39回日本植物バイオテクノロジー学会(堺)大会  2022年09月  日本植物バイオテクノロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪、堺  

  • トランスグラフティングにおける台木から穂木へのルシフェラーゼタンパク質の移動 国内会議

    大久保 一実、梅山 幸子、小川 拓水、望月 知史、太田 大策、宮原 平、児玉 浩明

    第39回日本植物バイオテクノロジー学会(堺)大会  2022年09月  日本植物バイオテクノロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪、堺  

  • 遺伝子改変台木と非遺伝子改変穂木間の生体成分輸送に起因する食品安全性評価点の解明 国内会議

    加藤 奏、杉岡 優美、明日香 晴絵、小川 拓水、望月 知史、宮原 平、児玉 浩明、太田 大策

    第39回日本植物バイオテクノロジー学会(堺)大会  2022年09月  日本植物バイオテクノロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪、堺  

  • ワックスエステル蓄積増強活性を持つ化合物の作用機序の解析 国内会議

    佐藤一裕、小川拓水、岡澤敦司、太田大策

    ユーグレナ研究会第36回研究集会  2021年10月  ユーグレナ研究会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 根寄生雑草ヤセウツボの発芽におけるプランテオースの代謝部位 国内会議

    岡澤敦司、岡野ひかる、新間秀一、小川拓水、杉本幸裕、太田大策

    日本農薬学会第 46 回大会  2021年03月  日本農薬学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ヤセウツボ種子内においてプランテオースを加水分解する α-ガラクトシダーゼの局在の解明 国内会議

    岡野ひかる、小川拓水、杉本幸裕、太田大策、岡澤敦司

    日本農芸化学会2021年度仙台大会  2021年03月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

担当授業科目

  • 植物バイオサイエンスへの招待

    2021年度    

  • 植物バイオサイエンス卒業研究

    2021年度    

  • 植物バイオサイエンス演習

    2021年度    

  • 分析化学

    2021年度    

  • 植物バイオテクノロジー概論

    2021年度    

  • 植物科学基礎実験

    2021年度   実習  

  • 機能ゲノム科学特論

    2021年度    

  • 生化学基礎実験

    2021年度   実習  

  • 植物生理学

    2021年度    

▼全件表示