2024/03/21 更新

写真a

トクドメ ヤスアキ
徳留 靖明
Tokudome Yasuaki
担当
大学院工学研究科 物質化学生命系専攻 准教授
工学部 マテリアル工学科
職名
准教授
所属
工学研究院
所属キャンパス
中百舌鳥キャンパス

担当・職階

  • 大学院工学研究科 物質化学生命系専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 工学部 マテリアル工学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(理学) ( 京都大学 )

  • 修士(工学) ( 京都大学 )

  • 学士(工学) ( 京都大学 )

研究分野

  • ナノテク・材料 / 無機・錯体化学  / 無機材料化学

  • ライフサイエンス / 生体材料学

  • 環境・農学 / 環境材料、リサイクル技術

  • ナノテク・材料 / 無機物質、無機材料化学

  • ナノテク・材料 / 無機材料、物性

  • ライフサイエンス / 医用システム

  • ナノテク・材料 / 分析化学

▼全件表示

研究キーワード

  • 環境浄化、センシング、医療、造影剤、CO2固定化/還元、生体材料、DDS、エネルギー変換、キャパシタ

  • 溶液反応、水熱プロセス、ゾルーゲル法、グリーンプロセス

  • 層状水酸化物、リン酸塩、セラミックス、炭素、有機ー無機ハイブリッド、MOF

  • 多孔体、ナノ粒子、コロイド、分散液、メソポーラス、クラスター、

  • 吸着、分離、界面、分散、画像解析、分析

研究概要

  • 水酸化物ナノクラスターの作製と応用

  • 機能性層状結晶材料の合成

  • セラミックス表面における二酸化炭素の吸着・固定化

  • カイラル分子を含有する濃厚系ナノ粒子分散液の合成

  • 結晶性エアロゲル体の作製と高効率ガス分離

  • イメージングに向けたナノプローブ材料の開発

  • バイオハイブリッド材料の合成

  • 多孔性モノリス材料の開発

  • 新規カーボン系多孔性材料の作製

  • 液相法を用いた機能性セラミックス・ハイブリッド材料の作製

所属学協会

  • 化学工学会

    2018年08月 - 継続中   国内

  • 粉体工学会

    2018年08月 - 継続中

  • 日本粘土学会

    2016年 - 継続中   国内

  • 日本化学会

    2015年 - 継続中   国内

  • Material Research Society

    2012年 - 継続中

  • 日本材料学会

    2012年 - 継続中

  • American Chemical Society

    2010年 - 継続中   国外

  • 日本バイオマテリアル学会

    2010年 - 継続中   国内

  • 日本化学会低次元系光機能材料研究会

    2010年 - 継続中   国内

  • 日本化学会コロイドおよび界面化学部会

    2010年 - 継続中   国内

  • 日本粘土学会

    2010年 - 継続中   国内

  • International Sol-Gel Society

    2007年09月 - 継続中

  • 日本セラミックス協会

  • 粉体粉末冶金協会

  • 日本ゾル-ゲル学会

  • 粉体工学会

  • 日本粘土学会

  • 日本材料学会生体・医療材料部門委員会

  • 日本材料学会

  • 日本化学会低次元系光機能材料研究会

  • 日本化学会コロイドおよび界面化学部会

  • 日本化学会

  • 日本バイオマテリアル学会

  • 日本ゾル-ゲル学会

  • 日本セラミックス協会

  • 化学工学会

  • Internatinal Sol-Gel Society

  • American Chemical Society

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 研究会A(ハイブリッド化による新材料開発を目指す会)   日本セラミックス協会  

    2022年04月 - 2023年03月 

      詳細を見る

    代表

  • Assistant Editor of Journal of Sol-Gel Science and Technology   国際ゾル-ゲル学会(International Sol-Gel Society)  

    2022年04月 - 2023年03月 

  • 関西支部企画委員   日本セラミックス協会  

    2022年04月 - 2023年03月 

  • 関西支部企画委員   日本セラミックス協会  

    2018年04月 - 2022年03月 

  • Assistant Editor of Journal of Sol-Gel Science and Technology   国際ゾル-ゲル学会(International Sol-Gel Society)  

    2016年 - 2022年03月 

受賞歴

  • (令和3年度)生体・医療材料部門 研究奨励賞

    徳留 靖明

    2022年03月   日本材料学会   「革新的な病理診断法の開発に向けた材料化学的アプローチ」

  • 倉田元治賞

    徳留 靖明

    2020年06月   日本セラミックス協会   「セラミックスナノ材料を用いたバイオイメージングの功績について」

  • 日本セラミックス協会 2017JCS-Japan優秀総説賞

    2018年06月   日本セラミックス協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第71回(平成28年度)日本セラミックス協会進歩賞

    2017年06月   日本セラミックス協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • J. D. Mackenzie Award

    2009年08月   International Sol-Gel Society  

  • JCerSJ 優秀論文賞

    2008年05月   日本セラミックス協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 大阪公立大学   大学院工学研究科

    2022年04月 - 継続中

  • 京都工芸繊維大学   大学院工芸科学研究科   非常勤講師

    2021年09月 - 継続中

  • 九州大学先導物質化学研究所 非常勤講師

    2018年04月 - 2019年03月

  • 九州大学   先導物質化学研究所   非常勤講師

    2018年04月 - 2019年03月

  • 大阪府立大学   大学院工学研究科

    2015年04月 - 2022年03月

  • 日本学術振興会 特別研究員(PD)

    2010年04月 - 2011年03月

  • 日本学術振興会 特別研究員(DC2)

    2009年04月 - 2010年03月

▼全件表示

学歴

  • 京都大学   工学部   学士課程   卒業・修了

    2001年04月 - 2005年03月

  • 京都大学   理学研究科   化学専攻   博士課程   卒業・修了

    - 2010年03月

  • 京都大学   工学研究科   材料化学専攻   修士課程   卒業・修了

    - 2007年03月

論文

  • Synthesis of hydrophilic poly(vinylpyrrolidone)/CuS free-standing thin films exhibiting photothermal conversion 査読 国際共著

    K. Onishi, Y. Tokudome, K. Kariya, T. Kurokawa, H. Murata, A. Nakahira

    2024年03月

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: https://doi.org/10.1021/acsami.4c02345

  • Synthesis of 20-nm-sized CoAl-LDH nanoparticles modified with folic acid for enhanced cancer cell targeting

    Tokudome Y.

    Materials Advances   2024年

     詳細を見る

  • Synthesis of concentrated colloidal dispersion of zinc-based spinel nanoparticles via liquid-phase crystallization from “double-hydroxide-like” metal hydroxides

    Takemoto M.

    Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects   682   132941 - 132941   2023年12月( ISSN:0927-7757

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.colsurfa.2023.132941

  • Synthesis and characterization of Ti<inf>1-2x</inf>(FeNb)<inf>x</inf>O<inf>2</inf> solid solutions for visible-light-active photocatalyst

    Nishio T.

    Journal of the Ceramic Society of Japan   131 ( 10 )   712 - 716   2023年10月( ISSN:18820743

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2109/jcersj2.23013

  • Processing porous architectures based on LDH: Synthesis and novel applications

    Tokudome Y.

    Applied Clay Science   243   2023年10月( ISSN:0169-1317

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.clay.2023.107051

  • High-Throughput Screening of (La,Sr)(Fe,Co)O₃ Perovskite for Oxygen Evolution Reaction Catalysis

    Okazaki Y.

    MATERIALS TRANSACTIONS   64 ( 9 )   2082 - 2087   2023年09月( ISSN:13459678

     詳細を見る

  • Co-oxide nanostructured catalysts tailored from layered double hydroxides for highly efficient hydrogenation of nitroarenes

    Raimundo B.

    Applied Clay Science   239   2023年07月( ISSN:0169-1317

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.clay.2023.106948

  • 酸処理によるケイ酸カルシウムからのナノコンポジット合成とCO<sub>2</sub>固定化特性の評価

    藤成 心太郎, 徳留 靖明, 村田 秀信, 中平 敦

    材料   72 ( 6 )   419 - 424   2023年06月( ISSN:05145163

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2472/jsms.72.419

  • Synthesis of stoichiometric hydroxyapatite nanoparticles via aqueous solution-precipitation at 37°C

    Murata H.

    大日本窯業協會雑誌   131 ( 2 )   17 - 21   2023年02月( ISSN:18820743

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2109/jcersj2.22112

  • Reaction of stoichiometric hydroxyapatite with different crystallinity in Mg<sup>2+</sup> aqueous solution

    Murata H.

    大日本窯業協會雑誌   131 ( 1 )   8 - 11   2023年01月( ISSN:18820743

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2109/jcersj2.22117

  • Supercritical hydrothermal synthesis of zirconia nanoparticles from zirconium basic carbonate

    Itagaki Y.

    大日本窯業協會雑誌   130 ( 11 )   861 - 866   2022年11月( ISSN:18820743

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2109/jcersj2.22083

  • Size Tuning of Colloidal Co-Al LDH Nanoparticles by Dialysis Treatment 査読

    D. Kino, Y. Tokudome, K. Okada, M. Takahashi

    J. Jpn. Soc.Powder Powder Metall.   69   1 - 5   2022年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

  • Curable Layered Double Hydroxide Nanoparticles‐Based Perfusion Contrast Agents for X‐Ray Computed Tomography Imaging of Vascular Structures 査読

    Yasuaki Tokudome, Gowsihan Poologasundarampillai, Koki Tachibana, Hidenobu Murata, Amy J. Naylor, Akio Yoneyama, Atsushi Nakahira

    Advanced NanoBiomed Research   2 ( 2 )   2100123 - 2100123   2022年02月( ISSN:2699-9307

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anbr.202100123

    その他URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/anbr.202100123

  • Colloidal dispersion of chiral layered hydroxide salt (LHS) nanocrystals exhibiting chiroptical response

    Yasuaki Tokudome, Akihiro Koyama, Hidenobu Murata, Kenji Okada, Atsushi Nakahira, Shigenori Nishimura, Masahide Takahashi

    Journal of Sol-Gel Science and Technology   2022年( ISSN:0928-0707

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Chiral inorganic materials have attracted increasing attention in the fields such as catalysis, electronics, photonics, and sensing. A new class of functional materials with chirality is extensively explored. Herein, we demonstrate the synthesis of nanometric nickel layered hydroxide salt (Ni-LHS) modified with chiral amino acids, (D- or L-) phenylalanine (PHE). An alkalization reaction in a starting mixture of nickel-phenylalanine aqua complexes was induced by using propylene oxide, leading to intercalate and adsorb phenylalanine on the surface and into the interlayers of Ni-LHS in an in-situ manner. The chiral molecules also act as surface modifier to inhibit the extensive crystal growth and aggregation, to form Ni-LHS with a diameter of 2–3 nm in a state of stablly-suspended in a solvent. It was also found that Ni-LHS exhibit induced circular dichroism (ICD) in the spectral range of d-d transitions of Ni(II) metal centres. The layered nanomaterials with chiroptical response demonstrated here is a promising option as an advanced adsorbent for detection of molecules. [Figure not available: see fulltext.]

    DOI: 10.1007/s10971-022-05766-4

  • M. Takemoto, Y. Tokudome,* H. Murata, A. Nakahira, ”Synthesis of Colloidal Suspension of NiGa2O4 Nanoparticles through Gel-Sol Method using Organic Base

    M. Takemoto, Y. Tokudome,* H. Murata, A. Nakahira

    J. Soc. Mater. Sci., Jpn 雑誌   2021年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A massively multi-scale approach to characterizing tissue architecture by synchrotron micro-CT applied to the human placenta 査読

    W. M. Tun, G. Poologasundarampillai, H. Bischof, G. Nye, O. N.F. King, M. Basham, Y. Tokudome, R. M. Lewis, E. D. Johnstone, P. Brownbill, M. Darrow, I. L. Chernyavsky

    Journal of the Royal Society Interface   18 ( 179 )   2021年06月( ISSN:1742-5689

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Multi-scale structural assessment of biological soft tissue is challenging but essential to gain insight into structure-function relationships of tissue/organ. Using the human placenta as an example, this study brings together sophisticated sample preparation protocols, advanced imaging and robust, validated machine-learning segmentation techniques to provide the first massively multi-scale and multi-domain information that enables detailed morphological and functional analyses of both maternal and fetal placental domains. Finally, we quantify the scale-dependent error in morphological metrics of heterogeneous placental tissue, estimating the minimal tissue scale needed in extracting meaningful biological data. The developed protocol is beneficial for high-throughput investigation of structure-function relationships in both normal and diseased placentas, allowing us to optimize therapeutic approaches for pathological pregnancies. In addition, the methodology presented is applicable in the characterization of tissue architecture and physiological behaviours of other complex organs with similarity to the placenta, where an exchange barrier possesses circulating vascular and avascular fluid spaces.

    DOI: 10.1098/rsif.2021.0140

    PubMed

  • Synthesis of high-specific-surface-area Li-Al mixed metal oxide: Through nanoseed-assisted growth of layered double hydroxide 査読

    Masanori Takemoto, Yasuaki Tokudome, Hidenobu Murata, Kenji Okada, Masahide Takahashi, Atsushi Nakahira

    Applied Clay Science   203   2021年03月( ISSN:0169-1317

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Li-Al layered double hydroxide (LDH) and LDH-derived mixed metal oxide (MMO) are promising solid base catalysts due to their instinct and strong surface basicity. Herein, nano Li-Al LDH was synthesized via the crystal growth from metal hydroxide nanoseeds with low crystallinities. The present Li-Al LDH possesses high specific surface area (326 m2 g−1), highly crystalline, and high purity. The present nano LDH undergoes a transformation to Li-Al MMO with a high specific surface area (349 m2 g−1) of abundant strong basic sites. Indeed, the present Li-Al MMO exhibits an enhanced catalytic activity for a transesterification reaction between methanol and soybean oil compared to one prepared through a co-precipitation method, thanks to the larger amount of active sites.

    DOI: 10.1016/j.clay.2021.106006

  • Reactivity of silanol group on siloxane oligomers for designing molecular structure and surface wettability 査読

    Daisuke Kino, Kenji Okada, Yasuaki Tokudome, Masahide Takahashi, Luca Malfatti, Plinio Innocenzi

    Journal of Sol-Gel Science and Technology   97 ( 3 )   734 - 742   2021年03月( ISSN:0928-0707

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Molecular structures of siloxane materials should be highly controlled for achieving advanced functionalities. However, it is still difficult to precisely control the structure of siloxane materials by the sol–gel processing. In the present study, we focused on the silanol groups in the intermediate oligomers and resultant siloxane materials as a key structural unit for controlling the molecular structure. Thermal stability and chemical reactivity of silanol groups were found to be highly dependent on the steric effects of the surrounding side chains and siloxane skeletons. The present work suggests that controlling the steric effects around silanol groups in the intermediate oligomers allows modulating the crosslink density of siloxane skeletons. The selective molecular modification tunes the structure and chemical properties of the resultant siloxane materials. [Figure not available: see fulltext.]

    DOI: 10.1007/s10971-020-05448-z

  • Reactivity of Silanol Group on Siloxane Oligomers for Designing Molecular Structure and Surface Wettability

    D. Kino, K. Okada, Y. Tokudome, M. Takahashi

    J. Sol-Gel Sci. Technol. 雑誌   2021年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Synthesis of High-Specific-Surface-Area Li-Al Mixed Metal Oxide: through Nanoseed-Assisted Growth of Layered Double Hydroxide

    M. Takemoto, Y. Tokudome,* H. Murata, K. Okada, M. Takahashi, A. Nakahira

    Appl. Clay Sci. 雑誌   2021年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A massively multi-scale approach to characterising tissue architecture by synchrotron micro-CT applied to the human placenta

    o the human placenta W. M. Tun, G. Poologasundarampillai, H. Bischof, G. Nye, O. N. F. King, M. Basham, Y. Tokudome, R. M. Lewis, E. D. Johnstone, P. Brownbill, M. Darrow, I. L. Chernyavsky

    Journal of The Royal Society Interface 雑誌   18 ( 20210140 )   2021年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Curable Layered Double Hydroxide Nanoparticles-Based Perfusion Contrast Agents for X-Ray Computed Tomography Imaging of Vascular Structures

    Y. Tokudome, G. Poologasundarampillai, K. Tachibana, H. Murata, A. J. Naylor, A. Yoneyama, A. Nakahira

    Advanced NanoBiomed Research 雑誌   2100123   2021年

  • Synthesis of colloidal suspension of NiGa<inf>2</inf>O<inf>4</inf>nanoparticles through Gel-Sol method using organic base 査読

    Masanori Takemoto, Yasuaki Tokudome, Hidenobu Murata, Atsushi Nakahira

    Zairyo/Journal of the Society of Materials Science, Japan   70 ( 6 )   429 - 434   2021年( ISSN:0514-5163

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Colloidal suspension of NiGa2O4 nanoparticles was synthesized by gel-sol method. Starting from an aqueous solution of Ni(NO3)2·6H2O, Ga(NO3)3·nH2O and a β-diketone ligand (acetylacetone), a precursory hydrogel was obtained through an epoxide-mediated alkalization. Then, a mild thermal treatment at 80 °C induces the deflocculation of the hydrogel, resulting in the formation of NiGa2O4 nanoparticles which is stably suspended in a solvent. The formation mechanism of the colloidal suspension was closely studied, revealing that chelation of acetylacetone to Ni cation with the formation of NiGa2O4 nanoparticles plays a key role to impart dispersion stability.

    DOI: 10.2472/jsms.70.429

  • Synthesis of a Crystalline and Transparent Aerogel Composed of Ni-Al Layered Double Hydroxide Nanoparticles through Crystallization from Amorphous Hydrogel 査読

    Masanori Takemoto, Yasuaki Tokudome, Daisuke Noguchi, Ryota Ueoka, Kazuyoshi Kanamori, Kenji Okada, Hidenobu Murata, Atsushi Nakahira, Masahide Takahashi

    Langmuir   36 ( 32 )   9436 - 9442   2020年08月( ISSN:0743-7463

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2020 American Chemical Society. Enormous efforts have been devoted to the development of crystalline aerogels toward heterogeneous catalysis, energy storage, ion/molecular absorption, and luminescence. However, properties of aerogels are not fully exploited due to their low content of functional moieties embedded in their solid networks, low crystallinity, and limited chemical compositions. Herein, we develop a one-pot approach based on crystallization from amorphous metal hydroxides modified with a β-diketone ligand, toward crystalline transition-metal hydroxide aerogels. Synthesis of monolithic and crystalline aerogels of layered double hydroxide (LDH) was performed in a Ni-Al system starting from aqueous ethanol solutions of NiCl2·6H2O and AlCl3·6H2O with acetylacetone (acac) as an organic ligand. Propylene oxide (PO) as an alkalization reagent was added into precursory solutions to yield monolithic wet gels. The successive pH increase induces the formation of a three-dimensional (3-D) solid framework composed of amorphous Al(OH)3. Then, amphoteric Al(OH)3 undergoes crystallization into Ni-Al LDH via an acetylacetone-driven dissolution-crystallization of metal hydroxides without destroying the preformed 3-D solid framework. The process allows us to obtain crystalline aerogel monoliths with high porosity and high transparency after supercritical CO2 drying of wet gels. The present scheme can be expected to synthesize functionalized aerogel composed of crystalline transition-metal oxide/hydroxide nanobuilding blocks (NBBs).

    DOI: 10.1021/acs.langmuir.0c01292

    PubMed

  • Controlling the alignment of 1D nanochannel arrays in oriented metal-organic framework films for host-guest materials design 査読

    Kenji Okada, Miharu Nakanishi, Ken Ikigaki, Yasuaki Tokudome, Paolo Falcaro, Christian J. Doonan, Masahide Takahashi

    Chemical Science   11 ( 30 )   8005 - 8012   2020年08月( ISSN:2041-6520

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2020 The Royal Society of Chemistry. Controlling the direction of molecular-scale pores enables the accommodation of guest molecular-scale species with alignment in the desired direction, allowing for the development of high-performance mechanical, thermal, electronic, photonic and biomedical organic devices (host-guest approach). Regularly ordered 1D nanochannels of metal-organic frameworks (MOFs) have been demonstrated as superior hosts for aligning functional molecules and polymers. However, controlling the orientation of MOF films with 1D nanochannels at commercially relevant scales remains a significant challenge. Here, we report the fabrication of macroscopically oriented films of Cu-based pillar-layered MOFs having regularly ordered 1D nanochannels. The direction of 1D nanochannels is controllable by optimizing the crystal growth process; 1D nanochannels align either perpendicular or parallel to substrates, offering molecular-scale pore arrays for a macroscopic alignment of functional guest molecules in the desired direction. Due to the fundamental interest and widespread technological importance of controlling the alignment of functional molecules and polymers in a particular direction, orientation-controllable MOF films will open up the possibility of realising the potential of MOFs in advanced technologies.

    DOI: 10.1039/d0sc02958k

  • Electrochromic Thin Films Based on NiAl Layered Double Hydroxide Nanoclusters for Smart Windows and Low-Power Displays 査読

    Paulmanickam Koilraj, Masanori Takemoto, Yasuaki Tokudome, Angelique Bousquet, Vanessa Prevot, Christine Mousty

    ACS Applied Nano Materials   3 ( 7 )   6552 - 6562   2020年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Copyright © 2020 American Chemical Society. To develop electrochromic thin films for smart windows and low-power displays, homogeneous thin films were produced by spin coating colloidal NiAl layered double hydroxide (LDH) nanocluster solutions on a fluorine-doped tin oxide (FTO) glass substrate. The nano-LDH dispersion was synthesized via a facile one-step epoxide mediated process at room temperature. In situ relative transmittance measurements at 400 nm, recorded during potential scans in cyclic voltammetry or differential pulse chronoamperometry, showed the electrochromic behavior of the homogeneous thin films. The impact of various parameters on the electrochromic properties of the films was detailed, such as the thickness of the film, the nature of the electrolyte, and the presence of electroactive anions. The electrochromic properties, namely, the change in transmittance (T) and the bleaching reversibility, were greatly improved using alkaline metal hydroxide as the electrolyte and in the presence of Fe(CN)64-. The performances that we reached from the deposition of nanoclusters can be advantageously compared to the literature with T = 70% and fast and good reversibility. Upon calcination, the NiAl-LDH film converted into mixed oxides (NiO and NiAl2O4). The higher the calcination temperature, the lower was the T value. The presence of porosity within the thin films, through the introduction of sacrificial polymeric beads and then decomposition at 400 °C, was investigated, highlighting an enhancement of the T value attributed to better accessibility to the nickel redox sites.

    DOI: 10.1021/acsanm.0c01026

  • Thermo-responsive wettability: Via surface roughness change on polymer-coated titanate nanorod brushes toward fast and multi-directional droplet transport 査読

    Kenji Okada, Yoko Miura, Tomoya Chiya, Yasuaki Tokudome, Masahide Takahashi

    RSC Advances   10 ( 47 )   28032 - 28036   2020年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © The Royal Society of Chemistry. A novel approach for thermo-responsive wettability has been accomplished by surface roughness change induced by thermal expansion of paraffin coated on titanate nanostructures. The surface exhibits thermo-responsive and reversible wettability change in a hydrophobic regime; the surface shows superhydrophobicity with contact angles of ∼157° below 50 °C and ∼118° above 50 °C due to a decrease of surface roughness caused by thermally-expanded paraffin at higher temperatures. Reversible wettability change of ∼40° of a contact angle allows for fast and multi-directional droplet transport. The present approach affords a versatile selection of materials and wide variety of contact angles, promoting both scientific advancement and technology innovation in the field of smart surfaces. This journal is

    DOI: 10.1039/d0ra05471b

  • Layered Double Hydroxide Nanosheets on Plasmonic Arrays of Al Nanocylinders for Optical Sensing 査読

    Shunsuke Murai, Yasuaki Tokudome, Reo Katsura, Hiroyuki Sakamoto, Kazuki Noguchi, Masahide Takahashi, Katsuhisa Tanaka

    ACS Applied Nano Materials   3 ( 6 )   5838 - 5845   2020年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2020 American Chemical Society. Layered double hydroxides (LDHs) are a class of materials that act as adsorbents of anionic molecules because of their positively charged layered structure. One appealing application is optical sensors where the LDH acts as a host material to adsorb and concentrate the probes for low-threshold detection. Herein, we demonstrate a prototype of an optical sensing system combining the nanosized LDHs (nano-LDHs) and the plasmonic substrate. The nano-LDHs are obtained as a colloidal dispersion in an aqueous solution with a high concentration via epoxide-driven alkalization. The nano-LDHs adsorb fluorescein molecules, a model analyte, faster than the micrometer-sized coarse LDHs prepared by a standard method, thanks to their nanosized geometry and highly homogeneous dispersion in water. After concentrating fluorescein molecules by adsorbing them onto the surface, the nano-LDHs are deposited on the plasmonic substrate consisting of a periodic array of aluminum nanocylinders for the fluorescence detection of fluorescein. The substrate enhances the fluorescence from the nano-LDH film with fluorescein up to 18 times by resonating both the excitation and emission light with plasmonic modes. Given the fast adsorption of the analyte by nano-LDHs and the benefit of fluorescence enhancement by the plasmonic substrate to reduce the detection threshold, we believe that this strategy of concentrating analytes by nano-LDHs and detecting them by fluorescence enhancement on the plasmonic substrate is inspiring in building sensing systems.

    DOI: 10.1021/acsanm.0c01001

  • Imparting CO2 reduction selectivity to ZnGa2O4 photocatalysts by crystallization from hetero nano assembly of amorphous-like metal hydroxides 査読

    Masanori Takemoto, Yasuaki Tokudome, Soichi Kikkawa, Kentaro Teramura, Tsunehiro Tanaka, Kenji Okada, Hidenobu Murata, Atsushi Nakahira, Masahide Takahashi

    RSC ADVANCES   10 ( 14 )   8066 - 8073   2020年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Imparting an enhanced CO2 reduction selectivity to ZnGa2O4 photocatalysts has been demonstrated by controlled crystallization from interdispersed nanoparticles of zinc and gallium hydroxides. The hydroxide precursor in which Zn(ii) and Ga(iii) are homogeneously interdispersed was prepared through an epoxide-driven sol-gel reaction. ZnGa2O4 obtained by a heat-treatment exhibits a higher surface basicity and an enhanced affinity for CO2 molecules than previously-reported standard ZnGa2O4. The enhanced affinity for CO2 molecules of the resultant ZnGa2O4 leads to highly-selective CO evolution in CO2 photo-reduction with H2O reductants. The present scheme is promising to achieve desirable surface chemistry on metal oxide photocatalysts.

    DOI: 10.1039/d0ra00710b

  • Preparation of Silicophosphate Alternating Hybrid Copolymers via Nonaqueous Acid-Base Reactions of Phosphoric Acid and Organo-Bridged Bis(chlorosilane) 査読

    K. Okada,* M. Takano, Y. Tokudome, Y. Tokuda, M. Takahashi

    Molecules 雑誌   25 ( 127 )   2020年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Synthesis of Crystalline and Transparent Aerogel composed of Ni-Al Layered Double Hydroxide Nanoparticles through Crystallization from Amorphous Hydrogel 査読

    M. Takemoto, Y. Tokudome,* D. Noguchi, R. Ueoka, K. Kanamori,* K. Okada, H. Murata, A. Nakahira, M. Takahashi

    Langmuir 著書   36   2020年

  • Controlling the Alignment of 1D Nanochannel Arrays in Oriented Metal-Organic Framework Films for Host-Guest Materials Design

    K. Okada,* M. Nakanishi, K. Ikigaki, Y. Tokudome, P. Falcaro, C. J. Doonan M. Takahashi*

    Chem. Sci.   11   2020年

  • Electrochromic Thin Films Based on NiAl Layered Double Hydroxide Nanoclusters for Smart Windows and Low-Power Displays 査読

    P. Koilraj, M. Takemoto, Y. Tokudome, A. Bousquet, V. Prevot,* Christine Mousty

    ACS Appl. Nano Mater. 雑誌   3   2020年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Layered Double Hydroxide Nanosheets on Plasmonic Arrays of Al Nanocylinders for Optical Sensing 査読

    S. Murai,* Y. Tokudome,* R. Katsura, H. Sakamoto, K. Noguchi, M. Takahashi, K. Tanaka

    ACS Appliied Nano Materials 雑誌   3   2020年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Imparting CO2 reduction selectivity to ZnGa2O4 photocatalysts by crystallization from hetero nano assembly of amorphous-like metal hydroxides

    M. Takemoto, Y. Tokudome,* S. Kikkawa, K. Teramura,* T. Tanaka, K. Okada, H. Murata, A. Nakahira, and M. Takahashi

    RSC Advances   2020年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 水酸化物ナノ粒子濃厚分散液の合成と利用 査読

    徳留 靖明

    Colloid & Interface Communication   45   17 - 19   2020年

  • Preparation of silicophosphate alternating hybrid copolymers via nonaqueous acid-base reactions of phosphoric acid and organo-bridged Bis(chlorosilane) 招待 査読

    Kenji Okada, Masanari Takano, Yasuaki Tokudome, Yomei Tokuda, Masahide Takahashi

    Molecules   25 ( 1 )   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2019 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. A design of atomic and oligomer level structure in organic-inorganic hybrid materials is highly important for various applications. Nonaqueous acid-base reaction allows us to prepare silicophosphates with controlled inorganic networks (-(O-P-O-Si)n) at atomic level because phosphorous and silicon-based precursors can react directly, resulting in an alternating copolymer network. Organic functionalization in those materials has been realized so far by using organic-modified phosphorous acid and/or organo-chlorosilane as precursors. In the present study, silicophosphate oligomers exhibiting inorganic-organic hybrid chains of (-(O-P-O-Si-R-Si)n) (R: bridging organic functional groups), are prepared from phosphoric acid and organo-bridged bis(chlorosilane). The 1, 2-bis(chlorodimethylsilyl)ethane ((C2H4)(Me2SiCl)2) and 1, 4-bis(chlorodimethylsilyl)benzene ((C6H4)(Me2SiCl)2) were used as organo-bridged bis(chlorosilane). Different types of silicophosphate oligomers with different network structures and terminal groups (P-OH and/or Si-Cl) were prepared by changing the reaction temperature and molar ratio of precursors. The formation of low molecular weight oligomers of ring and cage morphologies (ring tetramer, cage pentamer, and ring hexamer) is suggested in the product prepared from phosphoric acid and (C6H4)(Me2SiCl)2 molecule at 150 °C. Those silicophosphate hybrid oligomers are expected to be used as building blocks of hybrid materials with well-defined network structures for desired functionalities.

    DOI: 10.3390/molecules25010127

    PubMed

  • Control of Reaction Kinetics in Liquid Phase for Synthesis of Hydroxide Nanoclusters with Designed Structures 招待 査読

    406   122 - 127   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • Innentitelbild: MOF‐on‐MOF: Oriented Growth of Multiple Layered Thin Films of Metal–Organic Frameworks (Angew. Chem. 21/2019) 査読

    Ken Ikigaki, Kenji Okada, Yasuaki Tokudome, Takashi Toyao, Paolo Falcaro, Christian J. Doonan, Masahide Takahashi

    Angewandte Chemie   131 ( 21 )   6856 - 6856   2019年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ange.201904691

  • Inside Cover: MOF-on-MOF: Oriented Growth of Multiple Layered Thin Films of Metal-Organic Frameworks (Angew. Chem. Int. Ed. 21/2019) 査読

    Ken Ikigaki, Kenji Okada, Yasuaki Tokudome, Takashi Toyao, Paolo Falcaro, Christian J. Doonan, Masahide Takahashi

    Angewandte Chemie International Edition   58 ( 21 )   6784   2019年05月

     詳細を見る

  • MOF‐on‐MOF: Oriented Growth of Multiple Layered Thin Films of Metal–Organic Frameworks 査読

    Ken Ikigaki, Kenji Okada, Yasuaki Tokudome, Takashi Toyao, Paolo Falcaro, Christian J. Doonan, Masahide Takahashi

    Angewandte Chemie   131 ( 21 )   6960   2019年05月

     詳細を見る

  • MOF-on-MOF: Oriented Growth of Multiple Layered Thin Films of Metal–Organic Frameworks 査読

    Ken Ikigaki, Kenji Okada, Yasuaki Tokudome, Takashi Toyao, Paolo Falcaro, Christian J. Doonan, Masahide Takahashi

    Angewandte Chemie - International Edition   58 ( 21 )   6886 - 6890   2019年05月( ISSN:1433-7851

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201901707

    PubMed

  • Control of Reaction Kinetics in Liquid Phase for Synthesis of Hydroxide Nanoclusters with Designed Structures 招待 査読

    Yasuaki Tokudome

    J. Soc. Inorg. Mater., Jpn.   55 ( 1 )   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • Microparticles with hetero-nanointerfaces: controlled assembly of cobalt hydroxide and nickel hydroxide nanoclusters towards improved electrochemical functions 査読

    N. Tarutani, Y. Tokudome,* M. Jobbágy, G. J. A. A. Soler-Illia,* M. Takahashi

    J. Mater Chem A   7   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Microparticles with hetero-nanointerfaces: controlled assembly of cobalt hydroxide and nickel hydroxide nanoclusters towards improved electrochemical functions 査読

    N. Tarutani, Y. Tokudome,* M. Jobbágy, G. J. A. A. Soler-Illia,* M. Takahashi,

    J. Mater Chem A   7   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Oriented growth of multiple layered thin films of metal-organic frameworks (MOF-on-MOF) 査読

    K. Ikigaki, K. Okada, Y. Tokudome, T. Toyao, P. Falcaro, J. C. Doonan, M. Takahashi,

    Angew. Chem. Int. Ed. 著書   58   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Anisotropic and reversible deformation of mesopores and mesostructures in silica-based films under mechanical stimuli toward adaptive optical components 査読

    K. Okada, G. Asakura, T. Yamamoto, Y. Tokudome, M. Takahashi

    ACS App. Nano Mater. 雑誌   2   2019年

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • Highly Ordered Mesoporous Hydroxide Thin Films through Self-Assembly of Size-Tailored Nano-Building Blocks: A Theoretical-Experimental Approach 査読

    N. Tarutani, Y. Tokudome, Ma. Jobbágy, G. J. A. A. Soler-Illia, Q. Tang, M. Müller, M. Takahashi

    Chem. Mater. 雑誌   31   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/00016710

  • Mesoporous Microspheres of Nickel-based Layered Hydroxides by Aerosol-Assisted Self-Assembly using Crystalline Nano-Building Blocks 査読

    N. Tarutani, Y. Tokudome,* M. Jobbágy, G. J. A. A. Soler-Illia, M. Takahashi

    J. Sol-Gel Sci. Technol. 雑誌   89   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/00016709

  • Metal-organic framework thin films from copper hydroxide nano-assemblies 査読

    K. Ikigaki, K. Okada, Y. Tokudome, M. Takahashi

    J. Sol-Gel Sci. Technol. 雑誌   89   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Microparticles with hetero-nanointerfaces: controlled assembly of cobalt hydroxide and nickel hydroxide nanoclusters towards improved electrochemical functions 査読

    N. Tarutani, Y. Tokudome, M. Jobbágy, G. J, A. A. Soler-Illia, M. Takahashi

    Journal of Materials Chemistry A   7 ( 44 )   25290 - 25296   2019年( ISSN:2050-7488

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C9TA07141E

  • Highly Ordered Mesoporous Hydroxide Thin Films through Self-Assembly of Size-Tailored Nano-Building Blocks: A Theoretical-Experimental Approach 査読

    N. Tarutani, Y. Tokudome, Ma. Jobbágy, G. J, A. A. Soler-Illia, Q. Tang, M. Müller, M. Takahashi

    Chemistry of Materials   31 ( 2 )   322 - 330   2019年( ISSN:0897-4756

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.chemmater.8b03082

  • Anisotropic and reversible deformation of mesopores and mesostructures in silica-based films under mechanical stimuli toward adaptive optical components 査読

    K. Okada, G. Asakura, T. Yamamoto, Y. Tokudome, M. Takahashi

    ACS Applied Nano Materials   2 ( 4 )   2377 - 2382   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsanm.9b00269

  • Nano LDH catalyst with high CO2 adsorption capability for photo-catalytic reduction

    10. Y. Tokudome,* M. Fukui, S. Iguchi, Y. Hasegawa, K. Teramura,* T. Tanaka, M. Takemoto, R. Katsura, M. Takahashi

    J. Mater Chem A   6   2018年

     詳細を見る

  • Electrochemical sensor and catalyst on Cu3(BTC)2 coating electrode from Cu(OH)2 films 査読

    K. Okada, S. Sawai, K. Ikigaki, Y. Tokudome, P. Falcaro, M. Takahashi

    CrystEngComm   19   2017年

  • Synthesis of Co-Al Layered Double Hydroxide Nanoclusters as Reduction Nanocatalyst in Aqueous Media

    D. Kino, Y. Tokudome,* P. D. Vaz, C. Nunes, M. Takahashi

    J. Asian Ceramic Soc.   5   2017年

  • Design of Carbon Dots Photoluminescence through Organo-Functional Silane Grafting for Solid-State Emitting Devices

    K. Suzuki, L. Malfatti, M. Takahashi, D. Carboni, F. Messina, Y. Tokudome, M. Takemoto, P. Innocenzi

    Sci. Rep.   7   2017年

  • Centimetre scale micropore alignment in 'single-crystal-like' Metal-Organic Framework films via hetero-epitaxial growth 査読

    P. Falcaro, K. Okada, T. Hara, K. Ikigaki, Y. Tokudome, A. Thornton, A. Hill, T. Williams, C. Doonan, and M. Takahashi

    Nature Materials 雑誌   16   2016年12月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • High-Density Protein Loading on Hierarchically Porous Layered Double Hydroxide Composites with a Rational Mesostructure 査読

    Y. Tokudome, M. Fukui, N. Tarutani, S. Nishimura, V. Prevot, C. Forano, G. Poologasundarampillai, P. Lee, M. Takahashi

    Langmuir 雑誌   32 ( 35 )   2016年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Single-nanometer Sized Low-Valence Metal Hydroxide Crystals: Synthesis via Epoxide-Mediated Alkalinization and Assembly Towards Functional Mesoporous Materials 査読

    N. Tarutani, Y. Tokudome, M. Jobbágy, F. A. Viva, G. J. A. A. Soler-Illia, M. Takahashi

    Chemistry of Materials 雑誌   28 ( 16 )   2016年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Layered Double Hydroxide Nanocluster: Aqueous, Concentrated, Stable, and Catalytically-Active Colloids Towards Green Chemistry

    Y. Tokudome, T. Morimoto, N. Tarutani, P. D. Vaz, C. D. Nunes, V. Prevot, G. B. G. Stenning, M. Takahashi

    ACS Nano   10   2016年

  • Thermoresponsive Wrinkles on Hydrogels for Soft Actuators

    Y. Tokudome, H. Kuniwaki, K. Suzuki, D. Carboni, G. Poologasundarampillai, M. Takahashi

    Adv. Mater. Interfaces   3   2016年

  • Fabrication of hierarchically porous monolithic layered double hydroxide composites with tunable microcages for effective oxyanion adsorption 査読

    N. Tarutani, Y. Tokudome, M. Fukui, K. Nakanishi, M. Takahashi

    RSC Advances 雑誌   5 ( 70 )   2015年

  • Macroporous Titanate Nanotube/TiO2 Monolith for Fast and Large-Capacity Cation Exchange 査読

    K. Okada, G. Asakura, Y. Tokudome, A. Nakahira, M. Takahashi

    Chem. Mater. 雑誌   27 ( 5 )   2015年

  • Positioning of the HKUST-1 metal–organic framework (Cu3(BTC)2) through conversion from insoluble Cu-based precursors

    T. Toyao, K. Liang, K. Okada, R. Ricco, M. J. Styles, Y. Tokudome, Y. Horiuchi, A. J. Hill, M. Takahashi, M. Matsuoka, P. Falcaro

    Inorg. Chem. Front. 雑誌   2   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Transparent and robust siloxane-based hybrid lamella film as a water vapor barrier coating 査読

    Y. Tokudome, T. Hara, R. Abe, M. Takahashi

    ACS Applied Materials and Interfaces 雑誌   6 ( 21 )   2014年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Switchable and Reversible Water Adhesion on Superhydrophobic Titanate Nanostructures Fabricated on Soft Substrates: Photopatternable Wettability and Thermomodulatable Adhesivity 査読

    Y. Tokudome, K. Okada, A. Nakahira, M. Takahashi

    Journal of Materials Chemistry A   2   2014年

  • Mesostructured carbon film with morphology-induced hydrophilic surface through a dewetting-free coating process 査読

    Y. Tokudome, K. Nakane, M. Takahashi

    Carbon   2014年

  • Layered double hydroxide (LDH)-based monolith with interconnected hierarchical channels: enhanced sorption affinity for anionic species 査読

    Yasuaki Tokudome, Naoki Tarutani, Kazuki Nakanishi, Masahide Takahashi

    Journal of Materials Chemistry A   1   2013年

  • Hierarchical Nested Wrinkles on Silica-Polymer Hybrid Films: Stimuli-Responsive Micro Periodic Surface Architectures 査読

    Yasuaki Tokudome, Kazumasa Suzuki, Takuya Kitanaga, Masahide Takahashi

    Scientific Reports   2012年

▼全件表示

書籍等出版物

  • 第11章 ナノ結晶粒子濃厚ゾルからのゲル体の形成~各種構造制御と機能~

    徳留靖明( 範囲: pp.117-127)

    ゾル-ゲル法技術の最新動向(中西和樹監修)、CMC出版  2023年07月 

  • 層状水酸化物コロイドナノ粒子の合成と異種材料との複合化

    徳留靖明, 樽谷直紀( 範囲: 58(No.6),373-376)

    セラミックス誌特集号,セラミックス  2023年 

  • 水酸化物ナノ結晶の合成と高次構造制御

    徳留靖明( 範囲: 2023, 38, 2-5)

    日本化学会研究会「低次元系光機能材料研究会」ニュースレターLPM Lett.  2023年 

  • ハイブリッド材料の新潮流

    白幡直人, 金森主祥, 徳留靖明

    セラミックス, 57(2), 2022  2022年02月 

  • ‐最先端医療の今-ナノ造影剤を利用した微小血管観察

    徳留靖明( 範囲: Vol 48(14), pp46- pp47)

    Medical Science Digestm,ニューサイエンス社  2022年 

  • 結晶性ナノ粒子分散液からの均一薄膜コーティングとエレクトロクロミズム

    徳留靖明, 竹本晶紀

    NEW GLASS  2021年 

  • 水酸化物ナノ粒子濃厚分散液の合成と利用

    徳留靖明

    Colloid & Interface Communication  2020年 

  • 解説シリーズ20:有機無機ハイブリッド:(11) 有機分子と層状水酸化物が織り成す構造と機能

    徳留 靖明( 担当: 単著)

    日本接着学会誌  2019年 

  • エポキシド開環誘起アルカリ化反応~機能性セラミックス合成のための新しい選択肢~

    徳留靖明( 担当: 単著)

    日本セラミックス協会  2018年 

  • ゾル-ゲルテクノロジーの最新動向

    幸塚広光 ほか

    CMC出版  2017年07月 

  • Chapter "Sol-gel processing of porous materials" Handbook of Solid State Chemistry: 4. Nano and Hybrid Materials

    Kazuki Nakanishi, Kazuyoshi Kanamori, Yasuaki Tokudome, George Hasegawa, Yang Zhu( 担当: 共著)

    Wiley  2016年 

  • ゾル-ゲル法の最新応用と展望

    高橋雅英、徳留靖明( 担当: 共著)

    CMC出版  2014年02月 

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 最先端医療の今 ナノ造影剤を利用した微小血管観察

    徳留 靖明

    Medical Science Digest   48 ( 14 )   714 - 715   2022年12月( ISSN:1347-4340

     詳細を見る

    X-ray micro computed tomography(X線μ-CT)は非破壊で物体の3次元画像を得るための技術の一つである。解像度が高い上,薄切標本を観察する蛍光イメージングと異なり,組織全体を3次元でイメージングできる。一方で,X線μ-CTの大きな欠点は,生体組織のイメージングにおいてコントラストが低いことである。本稿では,筆者らの近年の研究成果を中心に,「新規造影剤開発」という材料化学的アプローチにより,上記問題点に挑戦した例を紹介する。(著者抄録)

  • 生体関連セラミックス・環境材料の合成と応用開発

    徳留靖明

    読売新聞鹿児島県全域版   2022年

  • 結晶性ナノ粒子分散液からの均一薄膜コーティングとエレクトロクロミズム 査読

    徳留靖明、竹本晶紀

    NEW GLASS   133 ( 36(2) )   2021年

     詳細を見る

  • Control of Reaction Kinetics in Liquid Phase for Synthesis of Hydroxide Nanoclusters with Designed Structures

    Yasuaki Tokudome

    J. Soc. Inorg. Mater., Jpn   406   2020年

     詳細を見る

  • 3D Hierarchical and Porous Layered Double Hydroxide Structures: an Overview of Synthesis Methods and Applications

    Vanessa Prevot, Yasuaki Tokudome

    J. Mater. Sci.   52   2017年

     詳細を見る

  • Aqueous Synthesis of Metal Hydroxides with Controllable Nano/Macro Architectures

    Yasuaki Tokudome

    J. Ceram. Soc. Jpn   125   2017年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 遊星ボールミルによるゼオライトナノ粒子の作製と粉砕挙動 国内会議

    向井 千雅, 村田 秀信, 徳留 靖明, 中平 敦

    第62回セラミックス基礎科学討論会  2024年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水熱ホットプレス法によるマラカイト緻密体の作製と評価 国内会議

    坂本 光平, 村田 秀信, 稲田 亜紀子, 徳留 靖明, 中平 敦

    第62回セラミックス基礎科学討論会  2024年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 生分解性不織布への応用を見据えた層状水酸化マグネシウムナノ結晶分散液の合成 国内会議

    網本彩花, 徳留靖明, 井林秀太, 小幡亜希子, 樽谷直紀, 村田秀信, 中平敦

    日本セラミックス協会関東支部第11回若手研究発表交流会  2023年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Deintercalation and Intercalation Behaviors of Ni-Al Layered Double Hydroxide Dense Bulks Prepared by Hydrothermal Hot-Pressing Method 国際会議

    K. Yone, H. Murata, Y, Tokudome, A. Nakahira

    MRM2023/IUMRS-ICA2023  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Synthesis of Nanometric Metal Hydroxides and Their Applications as Solid Base Catalysts 招待 国際会議

    Yasuaki Tokudome, Masanori Takemoto

    2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Shimane University  

  • 層状水酸化物ナノ粒子濃厚分散液の合成とその応用分野の開拓 招待 国内会議

    徳留 靖明

    未来を担う材料:粒子の濃厚分散・安定化を化学の視点で斬る、第13回CSJ化学フェスタ2023  2023年10月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:タワーホール船堀  

  • 体系的に理解する!ゾル-ゲル法による材料合成と物性評価の基礎から応用まで 招待 国内会議

    徳留靖明

    サイエンス&テクノロジー技術セミナー  2023年10月  サイエンス&テクノロジー

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン  

  • コロイド状セラミックスナノ粒子の開発と応用 招待 国内会議

    徳留 靖明

    第169回ニューガラス研究会  2023年10月  ニューガラス研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪キャッスルホテル  

  • A Concentrated Colloidal Dispersion of Nanometric Hydroxide Crystals as Curable Contrast Agents for Biomedical Imaging 招待 国際会議

    Yasuaki Tokudome

    2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Osaka International Convention Center  

  • 超臨界水熱法でのYSZナノ粒子の合成おけるアルカリの影響 国内会議

    板垣陽地, 神澤恒毅, 村田秀信, 松井光二, 徳留靖明, 中平敦

    日本金属学会2023年秋季(第173回)講演大会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • NiAl系LDHナノ粒子濃厚再分散液の合成に向けた粒子乾燥法の検討 国内会議

    安東洋祐, 徳留靖明, 米田克輝, 樽谷直紀, 村田秀信, 中平敦

    第74回コロイドおよび界面化学討論会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 層状水酸化マグネシウムナノ結晶分散液の合成と紡糸性評価 国内会議

    網本彩花, 徳留靖明, 井林秀太, 小幡亜希子, 樽谷直紀, 村田秀信, 中平敦

    日本セラミックス協会第36回秋季シンポジウム  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 親水性高分子含有CuS自立膜の作製と光熱変換水蒸発特性の評価 国内会議

    大西一輝, 徳留靖明, 村田秀信, 中平敦

    日本セラミックス協会第36回秋季シンポジウム  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水酸化物ナノ粒子濃厚分散液の合成とバイオ関連材料への応用 招待 国内会議

    徳留靖明

    日本セラミックス協会 第36回秋季シンポジウム  2023年09月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都工芸繊維大学  

  • 常圧乾燥LDHナノ粒子粉末を利用したX線µ-CT用血管造影剤の開発 国内会議

    安東洋祐, 徳留靖明, 米田克輝, 樽谷直紀, 村田秀信, 中平敦

    日本バイオマテリアル学会第18回関西ブロック若手研究発表会  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • X線µ-CT用造影剤の開発に向けた層状複水酸化物ナノ粒子のアニオン交換特性の調査 国内会議

    赤松直輝, 村田秀信, 徳留靖明, 中平敦

    日本セラミックス協会第17回関西支部学術講演会  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 水熱ホットプレス法によるNi-Al LDH緻密体の作製と評価 国内会議

    米恭佑, 村田秀信, 徳留靖明, 中平敦

    日本セラミックス協会第17回関西支部学術講演会  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • M, Nb共添加TiO2(M=Mn, Fe, Co, Ni)の合成と色度評価 国内会議

    長友遥, 村田秀信, 徳留靖明, 中平敦

    日本セラミックス協会第17回関西支部学術講演会  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 塩濃度勾配法による塩基性銅塩結晶の合成と評価 国内会議

    田中佑以子, 村田秀信, 稲田亜紀子, 徳留靖明, 中平敦

    日本セラミックス協会第17回関西支部学術講演会  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ナノスケール細孔を有する水酸化アルミニウムマイクロビーズの合成 国内会議

    伊東芽衣, 徳留靖明, 石塚紀生, 村田秀信, 中平敦

    日本セラミックス協会第17回関西支部学術講演会  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 層状水酸化マグネシウムナノ結晶分散液の合成と評価 国内会議

    網本彩花, 徳留靖明, 井林秀太, 小幡亜希子, 樽谷直紀, 村田秀信, 中平敦

    日本セラミックス協会第17回関西支部学術講演会  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • X線µ-CT造影剤用NiAl系層状複水酸化物ナノ粒子粉末の効率的な合成に向けた乾燥法の探索 国内会議

    安東洋祐, 徳留靖明, 米田克輝, 樽谷直紀, 村田秀信, 中平敦

    日本セラミックス協会第17回関西支部学術講演会  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 水熱ホットプレス法によるマラカイト緻密体の作製と評価 国内会議

    坂本光平, 村田秀信, 稲田亜紀子, 徳留靖明, 中平敦

    日本セラミックス協会第17回関西支部学術講演会  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 遊星ボールミルによるゼオライトの微粒子化と再結晶条件 国内会議

    向井千雅, 村田秀信, 徳留靖明, 中平敦

    日本セラミックス協会第17回関西支部学術講演会  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • がん細胞への標的性を付与したCo-Al系層状複水酸化物ナノ粒子の合成 国内会議

    北川虹花, 徳留靖明, 永墓克海, 小幡亜希子, 村田秀信, 中平敦

    日本ゾルーゲル学会第21回討論会  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Colloid-Based Sol-Gel System for a Biomedical Application 招待 国際会議

    2023年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 水酸化物系ナノ粒子濃厚分散系の構築と利用 招待 国内会議

    徳留 靖明

    第 1 回 微小粒子に関する研究会;合成から応用まで  2023年03月 

     詳細を見る

    開催地:名古屋工業大学  

  • 葉酸修飾 Co-Al 系層状複水酸化物ナノ粒子の合成とイオン溶出量評価 国内会議

    北川 虹花, 徳留 靖明, 村田 秀信, 中平 敦, 永墓 克海, 小幡 亜希子

    第61回セラミックス基礎科学討論会  2023年01月 

  • ベイズ最適化による水熱環境用アルミナセメントの開発 国内会議

    大倉 主成, 村田 秀信, 徳留 靖明, 中平 敦

    第61回セラミックス基礎科学討論会  2023年01月 

  • 葉酸修飾層状複水酸化物の作製と細胞への影響調査 国内会議

    永墓克海,北川虹花,徳留 靖明, 小幡亜希子,春日敏宏

    2022 年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会  2022年12月 

  • Ca-based nanocomposites prepared via a sol-gel method for CO2 capture with high cyclic stability 国際会議

    S. Fujinari, Y. Tokudome, H. Murata, A. Nakahira

    The 5th International Conference on Nanospace Materials (ICNM2022)  2022年12月 

  • Synthesis of Porous Calcium Phosphate Monoliths in the Presence of Chiral Amino Acids 国際会議

    R. Motoyoshi, Y. Tokudome, H. Murata, A. Nakahira

    20th Asian BioCeramics Symposium  2022年12月 

  • Studies on sol-gel derived monolithic porous alumina and aluminate 招待 国際会議

    Yasuaki Tokudome

    International seminar on the design and the characterization of nano materials 2022  2022年12月 

     詳細を見る

    開催地:Vidyasirimedhi Institute of Science and Technology (VISTEC), Thailand  

  • Concentrated Colloidal Dispersion of Nanometric Hydroxide Crystals for Nano/Macro Structuration 招待 国際会議

    Yasuaki Tokudome

    The International Conference on Nanospace Materials 2022  2022年12月 

     詳細を見る

    開催地:NONGNOOCH GARDEN, PATTAYA, Thailand  

  • 金属イオン交換LTL型ゼオライトのCO2吸着特性 国内会議

    蔡 嗣閣, 村田 秀信, 徳留 靖明, 中平 敦

    日本金属学会2022年秋季講演(第171回)大会  2022年09月 

  • Fe, Nb共添加二酸化チタンの合成と可視光応答光触媒特性

    西尾 拓哉, 村田 秀信, 徳留 靖明, 中平 敦

    日本金属学会2022年秋季講演(第171回)大会  2022年09月 

  • 親水性ポリマー/硫化銅ナノ粒子ハイブリッド膜の作製と光熱変換材料としての応用 国内会議

    大西 一輝, 黒川 拓真, 村田 秀信, 徳留 靖明, 中平 敦

    日本セラミックス協会第35回秋季シンポジウム  2022年09月 

  • LDHナノ粒子濃厚分散系の溶媒特性評価 国内会議

    米田 克輝,徳留 靖明,村田 秀信,武田 真一,中平 敦

    第65回粘土科学討論会  2022年09月 

  • 毛細血管の可視化に向けたハイブリッド系X線マイクロCT用造影剤の開発 招待 国内会議

    徳留 靖明

    日本材料学会 第 66 回生体・医療材料部門委員会  2022年09月 

  • 水性ポリマー/硫化銅ナノ粒子ハイブリッド膜の作製と光熱変換材料としての応用 国内会議

    大西 一輝, 黒川 拓真, 村田 秀信, 徳留 靖明, 中平 敦

    第16回日本セラミックス協会関西支部学術講演会  2022年07月 

  • Layered Double Hydroxide Gels: Contrast Agents for X-Ray Computed Tomography Imaging of Vascular Structures 国際共著 国際会議

    Y. Tokudome, G. Poologasundarampillai, K. Tachibana, H. Murata1, A Nakahira

    XIVII International Clay Conference (ICC2022)  2022年07月 

  • Fabrication of inorganic-organic hybrid fibermats for tissue engineering and improvement of their mechanical properties 国際会議

    S. Muramatsu, K. Tachibana, Y. Tokudome, A. Obata, T. Kasuga

    The43rd Annual Meeting of the Japanese Society for Biomaterials & 8th Asian Biomaterials Congress  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 組織工学用無機-有機ハイブリッドファイバーマットの作製とその機械的特性の改善(Fabrication of inorganic-organic hybrid fibermats for tissue engineering and improvement of their mechanical properties)

    Muramatsu Shoma, Tachibana Koki, Tokudome Yasuaki, Obata Akiko, Kasuga Toshihiro

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2021年11月  日本バイオマテリアル学会

  • エポキシド開環誘起アルキル化反応による硫化銅ナノ粒子の合成と光熱変換材料としての応用 国内会議

    黒川 拓真, 徳留 靖明, 村田 秀信, 中平 敦

    日本材料学会第7回材料WEEK  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 水酸化物ナノ材料のコロイド分散系:高濃度粒子のゲル化と分散を利用した材料開発 招待 国内会議

    徳留 靖明

    粘土学会若手の会 第12回若手研究者研究発表会  2021年09月 

  • エポキシド開環誘起アルカリ化反応を用いたLi-Al系層状複水酸化物ナノ粒子の合成 国内会議

    竹本 晶紀, 徳留 靖明, 村田 秀信, 岡田 健司, 高橋 雅英, 中平 敦

    化学工学会第52回秋季大会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 均一ゲル化可能な濃厚ナノ粒子分散系の構築と医用画像処理診断への展開 国内会議

    徳留 靖明, 立花 昂毅, 村田 秀信, 中平 敦

    日本ゾル-ゲル学会第19討論会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • ケイ酸カルシウムのナノコンポジット化による CO2固定化特性の向上 国内会議

    藤成 心太郎, 徳留 靖明, 村田 秀信, 中平 敦

    日本セラミックス協会第34回秋季シンポジウム  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • LDH ナノ粒子分散液を用いた有機無機ハイブリッドゲルの合成とその応用 国内会議

    立花 昂毅, 徳留 靖明, 村田 秀信, 中平 敦

    日本セラミックス協会第34回秋季シンポジウム  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Li-Al 系層状複水酸化物ナノ結晶を前駆体とした複酸化物触媒の合成 国内会議

    竹本 晶紀, 徳留 靖明, 村田 秀信, 岡田 健司, 高橋 雅英, 中平 敦

    日本セラミックス協会第34回秋季シンポジウム  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 溶液法により合成したハイドロキシアパタイトの組成への Mg イオン添加の影響 国内会議

    川鍋 僚, 村田 秀信, 徳留 靖明, 中平 敦

    日本セラミックス協会第34回秋季シンポジウム  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 超臨界流体を用いた表面修飾金属酸化物微粒子の乾燥 国内会議

    板垣 陽地, 神澤 恒毅, 宮本 典彦, 村田 秀信, 徳留 靖明, 中平 敦

    第15回日本セラミックス協会関西支部学術講演会  2021年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 強制薄膜式リアクターを用いた合金ナノ粒子の合成 国内会議

    吉住 真衣, 荒木 加永子, 榎村 眞一, 徳留 靖明,村田 秀信, 中平 敦

    第15回日本セラミックス協会関西支部学術講演会  2021年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 酸処理によるケイ酸カルシウム系材料の表面改質とCO2固定化特性の評価 国内会議

    藤成 心太郎, 徳留 靖明, 村田 秀信, 中平 敦

    第15回日本セラミックス協会関西支部学術講演会  2021年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • LDHナノ粒子を用いたX線µ-CT用のゲル化性造影剤の開発 国内会議

    立花 昂毅, 徳留 靖明, 村田 秀信, 中平 敦

    第15回日本セラミックス協会関西支部学術講演会  2021年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ハイドロキシアパタイトナノ結晶の合成と焼結 国内会議

    川鍋 僚, 村田 秀信, 徳留 靖明, 中平 敦

    第15回日本セラミックス協会関西支部学術講演会  2021年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 非晶質水酸化物ナノ粒子を前駆体としたZnGa2O4 コロイド溶液の合成 国内会議

    竹本 晶紀, 徳留 靖明, 村田 秀信, 中平 敦

    第15回日本セラミックス協会関西支部学術講演会  2021年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • エポキシド開環誘起アルカリ化反応を用いたゲル-ゾル法による NiGa2O4ナノ結晶分散溶液の合成 国内会議

    竹本 晶紀, 徳留 靖明, 村田 秀信, 中平 敦

    日本セラミックス協会2021年年会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • LDH ナノ結晶濃厚分散液をベースとするゲル化性 X 線 μ-CT 用造影剤の開発 国内会議

    立花 昂毅, 徳留 靖明, 村田 秀信, 中平 敦

    日本セラミックス協会2021年年会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 非晶質水酸化物ナノ粒子を前駆体としたZnGa2O4コロイド溶液の合成 国内会議

    竹本 晶紀, 徳留 靖明, 村田 秀信, 岡田 健司, 高橋 雅英, 中平 敦

    日本材料学会第156回セラミック材料部門委員会第156回公開委員会  2021年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 中村 天斗,村田 秀信, 徳留 靖明, 中平 敦 国内会議

    ハイドロキシアパタイト表面におけるMg2+の状態分析

    日本材料学会第6回材料WEEK  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 結晶性水酸化物ナノビルディングブロックから成る構造均一性の高いエアロゲル体の合成 国内会議

    野口 大輔, 竹本 晶紀, 徳留 靖明, 金森 主祥,上岡 良太, 岡田 健司, 高橋 雅英, 村田 秀信, 中平 敦

    日本材料学会第6回材料WEEK  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 様々な骨格構造を持つAg添加ゼオライト蛍光体の合成 国内会議

    南 雄也, 村田 秀信, 徳留 靖明,吉田 要,中平 敦

    日本材料学会第6回材料WEEK  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 厄介だけど役に立つ。ディスパージョン・濃厚分散系を使いこなす:濃厚ナノ粒子分散系の構築と 医用画像処理診断への展開 招待 国内会議

    徳留 靖明

    日本化学会 第10回CSJフェスタ2020  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • ZnGa2O4系CO2光還元触媒の表面塩基性向上に向けたヘテロナノ界面を有する非晶質水酸化物前駆体の利用

    竹本 晶紀, 徳留 靖明, 寺村 謙太郎, 吉川 聡一, 田中 庸裕, 岡田 健司, 村田 秀信, 中平 敦, 高橋 雅英

    日本セラミックス協会第33回秋季シンポジウム  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • キラル分子修飾LHSナノ結晶分散液の合成と評価 国内会議

    徳留 靖明, 小山 晃広, 村田 秀信, 中平 敦, 岡田 健司, 高橋 雅英

    日本セラミックス協会第33回秋季シンポジウム  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ナノ複合カチオン水酸物の濃厚分散系を利用した機能の開拓 招待

    徳留 靖明

    日本セラミックス協会第33回秋季シンポジウム  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Reduction of Nitroarenes with Cobalt Oxide-based Nanomaterials

    C. D. Nunes, Y. Tokudome, B. Raimundo

    11th International Conference on Environmental Catalysis (ICEC 2020) (Virtual conference, Manchester, UK, September, 2020)  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Synthesis of Suspension of Layered Hydroxide Salt Nanocrystals Accommodating Chiral Molecules 国際会議

    Y. Tokudome, A. Koyama, H. Murata, K. Okada, A. Nakahira, M. Takahashi

    4th Asian Clay Conference (ACC-2020) (Fully-online Conference, Thailand, June, 2020)  2020年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 層状複水酸化物ナノ結晶から成るエアロゲル体の合成とCO2吸着特性の評価 国内会議

    野口 大輔, 竹本 晶紀, 徳留 靖明, 金森 主祥, 上岡 良太, 岡田 健司, 村田 秀信, 中平 敦, 高橋 雅英

    JACI/GSCシンポジウム(2020年6月~9月,オンライン開催)  2020年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ゲル-ゾル反応を用いたZnGa2O4ナノ結晶分散溶液の合成

    竹本 晶紀, 徳留 靖明, 村田 秀信, 中平 敦, 岡田 健司, 高橋 雅英

    JACI/GSCシンポジウム(2020年6月~9月,オンライン開催)  2020年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

産業財産権等

  • X線造影剤及びX線撮影法

    徳留靖明 高橋雅英、ガウシアン プーロガサンダランピライ

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

  • 複合シリカ膜、複合シリカ膜形成用塗布液およびそれを用いた複合シリカ膜の形成方法

    高橋雅英, 徳留靖明

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:2014-150889 

産学官連携可能研究(シーズ)キーワード

  • 溶液法を用いたセラミックス合成

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 液相プロセスによる材料合成

科研費

  • X線マイクロCTによる革新的生体イメージングに向けた無機系造影剤の開発

    2022年

  • X線マイクロCTによる革新的生体イメージングに向けた無機系造影剤の開発

    2022年

  • 光マネジメント科学の学理構築:包括的理解に基づく材料とナノ構造の最適化

    2021年

  • X線マイクロCTによる革新的生体イメージングに向けた無機系造影剤の開発

    2021年

  • 光マネジメント科学の学理構築:包括的理解に基づく材料とナノ構造の最適化

    2020年

  • X線マイクロCTによる革新的生体イメージングに向けた無機系造影剤の開発

    2020年

  • X線マイクロCTによる革新的生体イメージングに向けた無機系造影剤の開発

    2020年

  • 光マネジメント科学の学理構築:包括的理解に基づく材料とナノ構造の最適化

    2020年

  • カイラルナノ構造を有する層状水酸化物結晶の合成

    2019年

  • 光マネジメント科学の学理構築:包括的理解に基づく材料とナノ構造の最適化

    2019年

▼全件表示

受託研究

  • 水酸化物ナノ粒子を構成ユニットに用いた結晶性薄膜の合成と電気化学デバイスへの応用

    独立行政法人日本学術振興会  2019年

  • バイオイメージングに向けたグリーンナノプローブ粒子の開発

    独立行政法人日本学術振興会  2018年

  • 水酸化物ナノ粒子を構成ユニットに用いた結晶性薄膜の合成と電気化学デバイスへの応用

    独立行政法人日本学術振興会  2018年

  • バイオイメージングに向けたグリーンナノプローブ粒子の開発

    独立行政法人日本学術振興会  2017年

  • 階層的な構造を有する層状結晶材料を用いた材料表面機能性設計

    独立行政法人日本学術振興会  2016年

  • 階層的な構造を有する層状結晶材料を用いた材料表面機能性設計

    独立行政法人日本学術振興会  2015年

▼全件表示

奨励寄附金・助成金

  • 第17回国際粘土学会への参加と発表に対する国際交流助成

    公益財団法人徳山科学技術振興財団  2022年

  • 平成29年度 国際会議・研究発表会等の参加およびシンポジウム等の開催への助成(II)

    八洲環境技術振興財団  2018年

  • 層状水酸化物結晶へのカイロモルフォロジーの付与

    公益財団法人住友財団  2018年

  • 結晶性ナノビルディングブロックの集積による階層的多孔構造を有する水酸化物の合成

    公益財団法人八洲環境技術振興財団  2018年

  • 水酸化物ナノクラスターの水系合成と応用に関する研究

    公益財団法人矢崎科学技術振興記念財団  2017年

  • 層状複水酸化物ナノ結晶から成る水系コロイドの合成:ゲル化と解膠をともなうアルカリ化反応

    公益財団法人徳山科学技術振興財団  2017年

  • 表面化学特性が制御された生体親和性セラミックスインク合成に向けた基礎的検討

    公益財団法人日立金属・材料科学財団  2017年

  • JSPS ナノカーボン複合材料を基盤として機能応用の開拓 招へい研究者 MALFATTI

    独立行政法人日本学術振興会  2017年

  • 層状水酸化物結晶へのカイロモルフォロジーの付与

    公益財団法人住友財団  2017年

  • 表面微細構造を有するカーボンを用いた親水性インク材料の開発

    公益財団法人泉科学技術振興財団  2016年

▼全件表示

担当授業科目

  • 材料プロセス学特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 物質化学生命系特別研究第1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 物質化学生命系特別演習第1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 無機化学序論

    2023年度   週間授業   大学

  • マテリアル工学概論

    2023年度   週間授業   大学

  • 工学研究の最先端

    2023年度   集中講義   大学院

  • 物質化学生命系特別演習

    2023年度   集中講義   大学院

  • マテリアル工学実験III

    2023年度   週間授業   大学

  • 物質化学生命系特別研究

    2023年度   集中講義   大学院

  • マテリアル工学特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 物質化学生命系特別研究第2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 物質化学生命系特別演習第2

    2023年度   集中講義   大学院

  • マテリアル工学実験1

    2023年度   週間授業   大学

  • 材料プロセス学特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • 物質化学生命系特別演習第1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 無機化学序論

    2022年度   週間授業   大学

  • マテリアル工学概論

    2022年度   週間授業   大学

  • 工学研究の最先端

    2022年度   集中講義   大学

  • 物質化学生命系特別演習

    2022年度   集中講義   大学院

  • 物質化学生命系特別研究 (マテリアル工学分野)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 物質化学生命系特別演習第2 (マテリアル工学分野)

    2022年度   集中講義   大学院

  • マテリアル工学特論 (マテリアル工学分野)

    2022年度   週間授業   大学院

  • マテリアル工学実験III

    2022年度   週間授業   大学

  • マテリアル工学実験II

    2022年度   週間授業   大学

  • 機械工作実習

    2022年度   週間授業   大学

  • マテリアル工学実験III

    2021年度   実習  

  • 無機化学序論

    2021年度    

  • 材料プロセス学特論

    2021年度    

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 材料創製化学セミナーIII

    2021年09月
    -
    継続中
    機関名:京都工芸繊維大学

  • 工学研究の最先端、無機化学序論,物質化学系概論,材料化学I,初年次ゼミナール,化学実験,機械工作実習,ナノ材料化学特論,材料プロセス学特論,マテリアル工学特論,マテリアル工学基礎実験,マテリアル工学実験I,マテリアル工学実験II,マテリアル工学実験III,マテリアル工学卒業研究,物質・化学系特別演習,物質・化学系特別研究(大阪府立大学、大阪公立大学)

FD活動

  • 複指導教員として学生面談を実施  2023年度

  • 複指導教員として学生面談を実施  2022年度

  • ピア授業参観の実施  2022年度

所属院生等の論文発表集計

  • 2023年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:9件

  • 2022年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:6件

論文・研究指導集計

  • 2023年度

    卒業論文指導数:6名 

    修士論文審査数(副査):7件

  • 2022年度

    卒業論文指導数:6名  卒業論文審査数:6件

    博士前期課程学生指導数:4名  博士後期課程学生指導数:0名

    修士論文審査数(主査):0件  修士論文審査数(副査):1件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):1件

社会貢献活動

  • 材料創成化学セミナーIII

    2021年04月 - 2022年03月

  • 高校生のためのマテリアルサイエンス入門

    2020年04月 - 2021年03月

  • 情報機構セミナー

    2020年04月 - 2021年03月

  • CSJフェスタ

    2020年04月 - 2021年03月

  • イノベーションジャパン

    2019年04月 - 2020年03月

  • 第120回テクノラボツアー

    2019年04月 - 2020年03月

  • 情報機構セミナー

    2019年04月 - 2020年03月

  • S&Tセミナー ゾル-ゲル法による材料合成とその最新応用 ~多孔性材料、ナノ材料、有機無機ハイブリッド材料~

    2016年04月 - 2017年03月

  • サイエンス&テクノロジーセミナー ゾル-ゲル法の基礎と機能性材料創生へ向けた応用技術

    2015年04月 - 2016年03月

▼全件表示

メディア報道

  • 生体関連セラミックス・環境材料の合成と応用開発 新聞・雑誌

    読売新聞鹿児島県全域版  2022年

      詳細を見る

    SDGs:

学術貢献活動

  • Guest Editor: Applied Clay Science

    役割:企画立案・運営等

    2022年04月 - 2023年03月

  • Materials Today Communications

    役割:査読

    2022年04月 - 2023年03月

  • Agencia Naciaonal De Investigacion y Dessarrollo (Gobierno de Chile)

    役割:審査・評価

    2022年04月 - 2023年03月

  • 材料

    役割:査読

    2022年04月 - 2023年03月

  • Langmuir

    役割:査読

    2022年04月 - 2023年03月

  • Associate Editor: Journal of Sol-Gel Science and Technology

    役割:企画立案・運営等

    2022年04月 - 2023年03月

  • Applied Clay Science

    役割:企画立案・運営等, 査読

    2022年04月 - 2023年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:2件

  • ACS Applied Materials & Interface

    役割:査読

    2022年04月 - 2023年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:1件

  • Journal of Sol-Gel-Science and technology

    役割:査読

    2022年04月 - 2023年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:5件

  • Physica Status Solidi

    2021年 - 2022年03月

  • Scientific Reports

    2021年 - 2022年03月

▼全件表示

外国人受入実績

  • 2023年度

    研究者受入数 :5名