2024/04/08 更新

写真a

アオキ コウ
青木 考
AOKI Koh
担当
大学院農学研究科 応用生物科学専攻 教授
農学部 応用生物科学科
職名
教授
所属
農学研究院
連絡先
メールアドレス
ホームページ
所属キャンパス
中百舌鳥キャンパス

担当・職階

  • 大学院農学研究科 応用生物科学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 農学部 応用生物科学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(理学) ( 金沢大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 植物分子、生理科学  / 植物生理・分子

  • ライフサイエンス / ゲノム生物学  / 応用ゲノム科学

  • ライフサイエンス / 植物分子、生理科学

研究キーワード

  • 応用ゲノム科学

  • 植物生理・分子

  • 細胞間コミュニケーション

  • 植物

  • 師管

  • 寄生植物

  • 原形質連絡

  • トマト

  • ゲノミクス

研究概要

  • 植物全身性情報伝達における細胞内空間を介したコミュニケーション

  • 寄生植物を用いた生物細胞間相互作用の研究

  • 植物‐植物相互作用における細胞外空間の可塑的動態

  • トマトバイオリソース拠点整備

  • 実用植物ゲノム情報解析

研究歴

  • 比較ゲノム解析とインビトロ吸器培養系を活用した寄生植物組織接続機構の解明

    国内共同研究

    2019年04月 - 2023年04月 

  • ケミカルスクリーニングによる接ぎ木調節化合物の探索と接ぎ木メカニズムの解明

    国内共同研究

    2018年04月 - 2021年03月 

  • 大規模変異体集団を活用した根寄生植物抵抗性トマト系統の同定

    国内共同研究

    2016年04月 - 2019年03月 

  • 植物‐植物相互作用における細胞外空間の可塑的動態

    トマト、師管、導管、プラスモデスマタ、寄生植物  国内共同研究

    2015年04月 - 2017年03月 

  • トマトバイオリソース拠点整備

    国内共同研究

    2017年04月 - 2022年03月 

  • マイクロトムゲノム解析

    トマト、マイクロトム、ゲノム、SNPs、高速シークエンシング 

  • トマト転写開始点プロフィールとエピゲノミクス

    トマト、転写開始点、DNAメチル化 

所属学協会

  • American Society of Plant Biologists

    2005年04月 - 継続中   国外

  • 日本植物学会

    2022年07月 - 継続中   国内

  • 園芸学会

    2022年01月 - 継続中   国内

  • 日本分子生物学会

    2011年07月 - 継続中   国内

  • 日本植物バイオテクノロジー学会

    2006年05月 - 継続中   国内

  • 日本植物生理学会

    1998年01月 - 継続中   国内

  • American Society of Plant Biologists

  • 園芸学会

  • 日本植物細胞分子生物学会

  • 日本植物生理学会

  • 日本分子生物学会

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 編集委員長   日本植物細胞分子生物学会  

    2018年07月 - 2022年07月 

  • 編集委員   日本植物生理学会  

  • 評議員   日本植物バイオテクノロジー学会  

    2023年07月 - 2025年06月 

  • NBRPトマト運営委員会委員   国立大学法人筑波大学  

    2023年04月 - 2024年03月 

  • オープンイノベーション研究・実用化推進事業評議委員   国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センター  

    2023年03月 - 2024年03月 

  • 科学研究費委員会専門委員(基盤研究B・C・若手研究・奨励研究)   日本学術振興会  

    2022年11月 - 2023年10月 

  • NBRPトマト運営委員会委員   国立大学法人 筑波大学  

    2022年08月 - 2023年03月 

  • 科学研究費委員会専門委員(若手研究)   独立行政法人日本学術振興会  

    2021年11月 - 2022年10月 

  • イノベーション創出強化研究推進事業評議委員   国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センター  

    2019年07月 - 2021年07月 

  • 国立大学教育研究評価委員会 専門委員   独立行政法人 大学改革支援・学位授与機構  

    2019年04月 - 2020年03月 

  • 国立大学教育研究評価委員会 専門委員   大学改革支援・学位授与機構 評価事業部評価企画課  

    2019年04月 - 2020年03月 

  • 科学研究費委員会 専門委員   独立行政法人日本学術振興会  

    2019年04月 - 2020年03月 

  • 科学研究費委員会専門委員   独立行政法人 日本学術振興会  

    2017年04月 - 2018年03月 

  • 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員   独立行政法人 日本学術振興会  

    2014年04月 - 2015年03月 

  • 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員   独立行政法人日本学術振興会  

    2014年04月 - 2015年03月 

  • 特別客員研究員   財団法人かずさディー・エヌ・エー研究所  

    2014年04月 - 2015年03月 

  • 平成23年度競争的資金に係る事業の終了時評価に係る専門委員   独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター  

    2014年04月 - 2015年03月 

  • 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員   独立行政法人 日本学術振興会  

    2013年04月 - 2014年03月 

  • 特別客員研究員   財団法人かずさディー・エヌ・エー研究所  

    2013年04月 - 2014年03月 

  • 平成23年度競争的資金に係る事業の終了時評価に係る専門委員   独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター  

    2013年04月 - 2014年03月 

  • 平成23年度競争的資金に係る事業の終了時評価に係る専門委員   独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター  

    2012年04月 - 2013年03月 

  • 特別客員研究員   財団法人かずさディー・エヌ・エー研究所  

    2012年04月 - 2013年03月 

  • 平成23年度競争的資金に係る事業の終了時評価に係る専門委員   独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター  

    2011年04月 - 2012年03月 

  • 特別客員研究員   財団法人かずさディー・エヌ・エー研究所  

    2011年04月 - 2012年03月 

  • 評議員   日本植物細胞生物学会  

  • オープンイノベーション研究・実用化推進事業 評議委員   国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センター  

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 大阪府立大学   生命環境科学研究科

    2011年04月 - 継続中

  • 財団法人かずさDNA研究所生体機能応用研究室 研究員、室長代理、室長

    2005年04月 - 2011年03月

  • 独立行政法人理化学研究所植物科学研究センター 研究員

    2001年04月 - 2005年03月

  • カリフォルニア大学デービス校 ポスドク

    1998年04月 - 2001年03月

学歴

  • 金沢大学   自然科学研究科   生命科学専攻   その他   卒業・修了

    1992年04月 - 1998年03月

  • 京都大学   理学部   その他   卒業・修了

    1984年04月 - 1989年03月

論文

  • Organization of vascular cells in the haustorium of the parasitic flowering plant Cuscuta japonica. 査読

    Kohki Shimizu, Akitaka Hozumi, Koh Aoki

    Plant Cell Physiol. 雑誌   59   715 - 723   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Low Infection of Phelipanche aegyptiaca in Micro-Tom Mutants Deficient in CAROTENOIDCLEAVAGE DIOXYGENASE 8. 査読

    Hasegawa S, Tsutsumi T, Fukushima S, Okabe Y, Saito J, Katayama M, Shindo M, Yamada Y, Shimomura K, Yoneyama K, Akiyama K, Aoki K, Ariizumi T, Ezura H, Yamaguchi S, Umehara M.

    Int J Mol Sci. 雑誌   19 ( 9 )   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Genome-wide analysis of ATP binding cassette (ABC) transporters in tomato. 査読

    ② Ofori PA, Mizuno A, Suzuki M, Martinoia E, Reuscher S, Aoki K, Shibata D, Otagaki S, Matsumoto S, Shiratake K.

    PLoS One 雑誌   13 ( 7 )   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Molecular components of Arabidopsis intact vacuoles clarified with metabolomic and proteomic analyses. 査読

    Miwa Ohnishi Aya Anegawa Yuko Sugiyama Kazuo Harada Akira Oikawa Yasumune Nakayama Fumio Matsuda Yukiko Nakamura Ryosuke Sasaki Chizuko Shichijo Patrick G. Hatcher Hidehiro Fukaki Shigehiko Kanaya Koh Aoki Mami Yamazaki, Eiichiro Fukusaki, Kazuki Saito, Tetsuro Mimura

    Plant Cell Physiol.   59   1353 - 1362   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Differentiation of vascular elements in haustoria of Cuscuta japonica. 査読

    Kohki Shimizu, Koh Aoki

    Plant Signal Behav. 雑誌   13   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Arabinogalactan proteins accumulate in the cell walls of searching hyphae of the stem parasitic plants, Cuscuta campestris and Cuscuta japonica. 査読

    Akitaka Hozumi, Subhankar Bera, Daiki Fujiwara, Takeshi Obayashi, Ryusuke Yokoyama, Kazuhiko Nishitani, Koh Aoki

    Plant Cell Physiol. 雑誌   58   1868 - 1877   2017年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Phloem-conducting cells in haustoria of the root-parasitic plant Phelipanche aegyptiaca retain nuclei and are not mature sieve elements. 査読

    Minako Ekawa, Koh Aoki

    Plants (Basel) 雑誌   6   2017年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Rapid identification of causal mutations in tomato EMS populations via next-generation sequencing. 査読

    Virginie Garcia, Cécile Bres*, Daniel Just, Lucie Fernandez, Jean-Philippe Mauxion, Fabienne Wong, Marie-Christine Le Paslier, Dominique Brunel, Koh Aoki, Saleh Alseekh, Alisdair R. Fernie, Paul Fraser, Christophe Rothan

    Nat. Prot. 雑誌   11   2401 - 2418   2016年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • TOMATOMICS: A Web Database for Integrated Omics Information in Tomato. 査読

    Toru Kudo, Masaaki Kobayashi, Shin Terashima, Minami Katayama, Soichi Ozaki, Maasa Kanno, Misa Saito, Koji Yokoyama, Hajime Ohyanagi, Koh Aoki, Yasutaka Kubo and Kentaro Yano

    Plant Cell Physiol. 雑誌   58   2016年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Circadian oscillation of the lettuce transcriptome under constant light and light–dark conditions. 査読

    Takanobu Higashi, Koh Aoki, Atsushi J Nagano, Mie N. Honjo, Hirokazu Fukuda 

    Front Plant Sci. 雑誌   7   2016年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A bioinformatics approach to distinguish plant parasite and host transcriptomes in interface tissue by classifying RNA-Seq reads. 査読

    Ikeue D, Schudoma C, Zhang W, Ogata Y, Sakamoto T, Kurata T, Furuhashi T, Kragler F, Aoki K.

    Plant Methods 雑誌   11   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Tomato as a model of fleshy fruit plants. 査読

    Aoki K

    Regulation of Plant Growth & Development 雑誌   50   125 - 132   2015年

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • Plant Omics Data Center: an integrated web repository for interspecies gene expression networks with NLP-based curation. 査読

    Ohyanagi H, Takano T, Terashima S, Kobayashi M, Kanno M, Morimoto K, Kanegae H, Sasaki Y, Saito M, Asano S, Ozaki S, Kudo T, Yokoyama K, Aya K, Suwabe K, Suzuki G, Aoki K, Kubo Y, Watanabe M, Matsuoka M, Yano K.

    Plant Cell Physiol. 雑誌 Oxford University Press   56 ( 1 )   2014年12月

  • Intake and transformation to a glycoside of (Z)-3-hexenol from infested neighbors reveals a mode of plant odor reception and defense. 査読

    ③ Sugimoto K, Matsui K, Iijima Y, Akakabe Y, Muramoto S, Ozawa R, Uefune M, Sasaki R, Alamgir KM, Akitake S, Nobuke T, Galis I, Aoki K, Shibata D, Takabayashi J

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA 雑誌   111   7144 - 7149   2014年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The sugar transporter inventory of tomato: Genome-wide identification and expression analysis. 査読

    ④ Stephan Reuscher, Masahito Akiyama, Haruko Makino, Koh Aoki, Daisuke Shibata, Katsuhiro Shiratake

    Plant Cell Physiol. 雑誌 Oxford University Press   55   2014年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Regulatory Modules Involved in the Degradation and Modification of Host Cell Walls During Cuscuta campestris Invasion 査読

    Ryusuke Yokoyama, Toshiya Yokoyama, Takeshi Kuroha, Jihwan Park, Koh Aoki, Kazuhiko Nishitani

    Frontiers in Plant Science   13   904313   2022年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Haustoria of parasitic plants have evolved sophisticated traits to successfully infect host plants. The degradation and modification of host cell walls enable the haustorium to effectively invade host tissues. This study focused on two APETALA2/ETHYLENE RESPONSE FACTOR (ERF) genes and a set of the cell wall enzyme genes principally expressed during the haustorial invasion of Cuscuta campestris Yuncker. The orthogroups of the TF and cell wall enzyme genes have been implicated in the cell wall degradation and modification activities in the abscission of tomatoes, which are currently the phylogenetically closest non-parasitic model species of Cuscuta species. Although haustoria are generally thought to originate from root tissues, our results suggest that haustoria have further optimized invasion potential by recruiting regulatory modules from other biological processes.

    DOI: 10.3389/fpls.2022.904313

  • Parasitism-evoked horizontal gene transfer between plants as a novel trigger for specialized metabolism evolution

    Eiichiro Ono, Kohki Shimizu, Jun Murata, Akira Shiraishi, Ryusuke Yokoyama, Hiromi Toyonaga, Yuka Kutsumi, Shota Yamamoto, Yusuke Takagaki, Rika Takada, Manabu Horikawa, Atsushi Hoshino, Koh Aoki

    2021年09月

     詳細を見る

    Abstract

    Recent genomic studies of parasitic plants have revealed that there are numerous footprints indicative of horizontal gene transfer (HGT) to the parasites from their host plants. However, the molecular mechanisms and biological impacts of this phenomenon have remained largely unknown. Here, we made the striking observation that two parasitic dodders, Cuscuta campestris and C. australis, have functional homologues of Si_CYP81Q1, which encodes piperitol/sesamin synthase (PSS) in the phylogenetically remote plant Sesamum indicum (sesame). The apparent lack of sequence similarity between the regions flanking PSS in Sesamum and Cuscuta spp. suggests the occurrence of HGT tightly associated with the PSS gene. Upon parasitism, C. campestris induced expression of the host Si_CYP81Q1 at the parasitic interface and mature and intron-retained Si_CYP81Q1 mRNA was transferred to C. campestris, suggesting that CYP81Q1 was translocated via RNA-mediated HGT. Thus, parasitism-evoked HGT might have had an unexpected role in the metabolic evolution of plants.

    DOI: 10.21203/rs.3.rs-885568/v1

    その他URL: https://www.researchsquare.com/article/rs-885568/v1.html

  • MassBase: A large-scaled depository of mass spectrometry datasets for metabolome analysis

    Takeshi Ara, Nozomu Sakurai, Hideyuki Suzuki, Koh Aoki, Kazuki Saito, Daisuke Shibata

    Plant Biotechnology   38 ( 1 )   167 - 171   2021年03月( ISSN:1342-4580

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5511/plantbiotechnology.20.0911a

  • Identification of flavonoid 8-hydroxylase with gossypetin synthase activity from flower specific EST data of Lotus Japonicus.

    Yasuhide Hiraga, Norimoto Shimada, Yoshiki Nagashima, Kunihiro Suda, Tina Kanamori, Kanako Ishiguro, Yuka Sato, Hideki Hirakawa, Shusei Sato, Tomoyoshi Akashi, Yoshikazu Tanaka, Daisaku Ohta, Koh Aoki, Daisuke Shibata, Hideyuki Suzuki, Kota Kera

    Plant & cell physiology   62 ( 3 )   411 - 423   2021年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    Lotus japonicus is a model legume, that accumulates 8-hydroxyflavonol derivatives such as gossypetin (8-hydroxyquercetin) 3-O-glycoside, which confer the yellow color to its petals. An enzyme, flavonoid 8-hydroxylase (LjF8H), is assumed to be involved in the biosynthesis, but the specific gene is yet to be identified. The LjF8H cDNA was isolated as an FAD-binding monooxygenase-like protein using flower buds and flower specific EST data of L. japonicus. LjF8H is a single copy gene on chromosome III consisting of six exons. The conserved FAD- and NAD(P)H-dependent oxidase motifs were found in LjF8H. Phylogenetic analysis suggested that LjF8H is a member of the flavin monooxygenase group, but distinctly different from other known flavonoid oxygenases. Analysis of recombinant yeast microsome expressing LjF8H revealed that the enzyme catalyzed the 8-hydroxylation of quercetin. Other flavonoids, such as naringenin, eriodictyol, apigenin, luteolin, taxifolin, and kaempferol also acted as substrates of LjF8H. This broad substrate acceptance was unlike known F8Hs in other plants. Interestingly, flavanone and flavanonol, which have saturated C-C bond at positions 2 and 3 of the flavonoid C-ring, produced 6-hyroxylflavonoids as a by-product of the enzymatic reaction. Furthermore, LjF8H only accepted the 2S-isomer of naringenin, suggesting the conformational state of the substrates might affect product specificity. The overexpression of LjF8H in Arabidopsis thaliana and Petunia hybrida synthesized gossypetin and 8-hydroxykaempferol, respectively, indicating that LjF8H was functional in plant cells. In conclusion, this study represents the first instance of cloning and identification of F8Hs responsible for gossypetin biosynthesis.

    DOI: 10.1093/pcp/pcaa171

    PubMed

  • Epidermal cell-patterning genes of the stem parasitic plant Cuscuta campestris are involved in the development of holdfasts. 査読

    Sultana S, Fujiwara D, Aoki K

    Plant Biotechnol. (Tokyo)   38   47 - 56   2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

  • Mobile host mRNAs are translated to protein in the associated parasitic plant Cuscuta campestris 招待 国際共著

    Soyon Park, Kohki Shimizu, Jocelyn Brown, Koh Aoki, James Westwood

    Plants (Basel)   11   93   2021年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/plants11010093

  • Combined signal sequence trap and macroarray analysis identifies genes associated with differential fruit softening characteristics during ripening in European and Chinese pears. 査読 国際共著

    Mercy W. Mwaniki, Oscar W. Mitalo, Eric G. Mworia, Willis O. Owino, Kyoko Hiwasa-Tanase, Jocelyn, K.C. Rose, Koh Aoki, Tomoya Esumi, Takashi Kawai, Ryohei Nakano, Koichiro Ushijima, Yasutaka Kubo

    Postharvest Biology and Technology   174   1111436   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

  • Trans-species small RNAs move long distances in a parasitic plant complex. 査読

    Bera S, Yamaguchi K, Shigenobu S, Aoki K

    Plant Biotechnol. (Tokyo)   38   187 - 196   2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

  • Tissue adhesion between distant plant species in parasitism and grafting. 招待 査読

    Okayasu K, Aoki K, Kurotani K, Notaguchi M

    Communicative & Integrative Biology   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

  • Tissue adhesion between distant plant species in parasitism and grafting 査読

    青木 考

    Communications Integrative Biology   14   21 - 23   2021年

  • Development of Parasitic Organs of a Stem Holoparasitic Plant in Genus Cuscuta. 査読

    Shimizu K, Aoki K

    Front. Plant Sci.   10   1435   2019年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

  • つながる「つる」-茎寄生植物ネナシカズラがつくる植物-植物コネクション- 招待 査読

    青木 考、藤原大輝、清水皇稀

    日本生態学会誌   69   99 - 107   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: doi.org/10.18960/seitai.69.2_99

  • Connecting vine: An interspecific plant connection established by a stem parasitic plant cuscuta 招待 査読

    Koh Aoki, Daiki Fujiwara, Kohki Shimizu

    Japanese Journal of Ecology   69 ( 2 )   99 - 107   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.18960/seitai.69.2_99

  • Molecular components of Arabidopsis intact vacuoles clarified with metabolomic and proteomic analyses 査読 国際共著

    ⑪ Miwa Ohnishi Aya Anegawa Yuko Sugiyama Kazuo Harada Akira Oikawa Yasumune Nakayama Fumio Matsuda Yukiko Nakamura Ryosuke Sasaki Chizuko Shichijo Patrick G. Hatcher Hidehiro Fukaki Shigehiko Kanaya Koh Aoki Mami Yamazaki Eiichiro Fukusaki Kazuki Saito Tetsuro Mimura

    Plant Cell Physiol.   59   1353 - 1362   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: doi.org/10.1093/pcp/pcy069

  • Genome-wide analysis of intraspecific DNA polymorphism in ‘Micro-Tom’, a model cultivar of tomato (Solanum lycopersicum). 査読

    20

    Plant Cell Physiol. Japan Society of Plant Physiologists   55   445 - 454   2014年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Leaf Oil Body Functions as a Subcellular Factory for the Production of a Phytoalexin in Arabidopsis thaliana. 査読

    ④ Shimada TL, Takano Y, Shimada T, Fujiwara M, Fukao Y, Mori M, Okazaki Y, Saito K, Sasaki R, Aoki K, Hara-Nishimura I.

    Plant Physiol. American Society of Plant Biologists   164 ( 1 )   105 - 118   2014年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Genome-wide identification and expression analysis of aquaporins in tomato. 査読

    Stefan Reuscher, Masahito Akiyama, Chiharu Mori, Koh Aoki, Daisuke Shibata and Katsuhiro Shiratake

    PLoS One PLoS.org   8   2013年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Steroidal glycoalkaloid profiling and structures of glycoalkaloids in wild tomato fruit. 査読

    YOKO IIJIMA, Bunta Watanabe; Ryosuke Sasaki; Makiko Takenaka; Hiroshi Ono; Nozomu Sakurai; Naoyuki Umemoto; Hideyuki Suzuki; Daisuke Shibata; Koh Aoki.

    Phytochemistry   2013年

  • Structures and reactions of compounds involved in pink discolouration of onion. 査読

    Masahiro Kato, Takahiro Kamoi, Ryosuke Sasaki, Nozomu Sakuraib, Koh Aoki, Daisuke Shibata, Shinsuke Imai

    Food Chemistry   135   885 - 892   2013年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Genome-wide SNP genotyping to infer the effects on gene functions in tomato. 査読

    Hirakawa H, Shirasawa K, Ohyama A, Fukuoka H, Aoki K, Rothan C, Sato S, Isobe S, Tabata S

    DNA Research   20   221 - 233   2013年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Functional genomics of tomato in a post-genome-sequencing phase. 査読

    Koh Aoki, Yoshiyuki Ogata, Kaori Igarashi, Kentaro Yano, Hideki Nagasaki, Eli Kaminuma, Atsushi Toyoda

    Breeding Science   63   14 - 20   2013年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • An application of a relational database system for high-throughput prediction of elemental compositions from accurate mass values 査読

    Nozomu Sakurai, Takeshi Ara, Shigehiko Kanaya, Yukiko Nakamura, Yoko Iijima, Enomoto M, Takeshi Motegi, Koh Aoki, Hideyuki Suzuki, Daisuke Shibata

    Bioinformatics   29   290 - 291   2013年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Down-regulation of a single auxin efflux transport protein in tomato induces precocious fruit development. 査読

    ① Mounet F, Moing A, Kowalczyk M, Rohrmann J, Petit J, Garcia V, Maucourt M, Yano K, Deborde C, Aoki K, Bergès H, Granell A, Fernie AR, Bellini C, Rothan C, Lemaire-Chamley M

    J. Exp. Bot.   2012年

  • In silico polymorphism analysis for the development of simple sequence repeat and transposon markers and construction of linkage map in cultivated peanut. 査読

    Kenta Shirasawa, Padmalatha Koilkonda, Koh Aoki, Hideki Hirakawa, Satoshi Tabata, Manabu Watanabe, Makoto Hasegawa, Hiroyuki Kiyoshima, Shigeru Suzuki, Chikara Kuwata, Yoshiki Naito, Tsutomu Kuboyama, Akihiro Nakaya, Shigemi Sasamoto, Akiko Watanabe, Mido

    BMC Plant Biol.   12   2012年

  • High-throughput Cryopreservation of Plant Cell Cultures for Functional Genomics. 査読

    ③ Yoichi Ogawa, Nozomu Sakurai, Akira Oikawa, Kosuke Kai,Yoshihiko Morishita, Kumiko Mori, Kanami Moriya, Fumiko Fujii, KohAoki, HideyukiSuzuki, Daisaku Ohta, Kazuki Saito, Daisuke Shibata

    Plant Cell Physiol.   53   943 - 952   2012年

  • Novel promoters that induce specific transgene expression during the green to ripening stages of tomato fruit development. 査読

    Kyoko Tanase, Tadayoshi Hirai, Koh Aoki, Ken’ichi Takane, Hiroshi Ezura

    Plant Cell Rep.   2012年

  • The tomato genome sequence provides insights into fleshy fruit evolution. 査読

    The Tomato Genome Consortium

    Nature   485   635 - 341   2012年

  • Potent PPARα Activator Derived from Tomato Juice, 13-oxo-9,11-Octadecadienoic Acid, Decreases Plasma and Hepatic Triglyceride in Obese Diabetic Mice. 査読

    ⑥ Young-il Kim, Shizuka Hirai, Tsuyoshi Goto, Chie Ohyane, Haruya Takahashi, Taneaki Tsugane, Chiaki Konishi, Takashi Fujii, Shuji Inai, Yoko Iijima, Koh Aoki, Daisuke Shibata, Nobuyuki Takahashi, Teruo Kawada

    PLoS One   7   2012年

  • Accumulation mechanism of γ-aminobutyric acid in tomatoes (Solanum lycopersicum L.) under low O2 with and without CO2. 査読

    ⑦ Nobukazu Mae, Yoshio Makino, Seiichi Oshita, Yoshinori Kawagoe, Atsushi Tanaka, Koh Aoki, Atsushi Kurabayashi, Takashi Akihiro, Kazuhito Akama, Satoshi Koike, Mariko Takayama, Chiaki Matsukura, Hiroshi Ezura

    J. Agric. Food Chem.   60   1013 - 1019   2012年

  • KaPPA-View4: A metabolic pathway database for representation and analysis of correlation networks of gene co-expression and metabolite co-accumulation and omics data. 査読

    Nozomu Sakurai, Takeshi Ara, Yoshiyuki Ogata, Ryosuke Sano, Takashi Ohno, Kenjiro Sugiyama, Atsushi Hiruta, Kiyoshi Yamazaki, Kentaro Yano, Koh Aoki, Asaph Aharoni, Kazuki Hamada, Koji Yokoyama, Shingo Kawamura, Hirofumi Otsuka, Toshiaki Tokimatsu, Minoru

    Nucleic Acids Res.   39   D677 - 684   2011年

  • GLYCOALKALOID METABOLISM 1 is Required for Steroidal Alkaloid Glycosylation and Prevention of Phytotoxicity in Tomato. 査読

    ⑧ Max Itkin, Ilana Rogachev, Noam Alkan, Tally Rosenberg, Sergey Malitsky, Laura Masini, Sagit Meir, Yoko Iijima, Koh Aoki, Ric de Vos, Dov Prusky, Saul Burdman, Jules Beekwider, Asaph Aharoni

    Plant Cell   23   4507 - 4525   2011年

  • TOMATOMA: A Novel Tomato Mutant Database Distributing Micro-Tom Mutant Collections. 査読

    ⑨ Takeshi Saito, Tohru Ariizumi, Yoshihiro Okabe, Erika Asamizu, Kyoko Hiwasa-Tanase1, Naoya Fukuda, Tsuyoshi Mizoguchi, Yukiko Yamazaki, Koh Aoki, Hiroshi Ezura

    Plant Cell Physiol.   52   289 - 296   2011年

  • Systematic development of tomato bioresource in Japan. 査読

    Tohru Ariizumi, Koh Aoki, Hiroshi Ezura

    Interdisciplinary Bio Central   3   1 - 6   2011年

  • Monogalactosyl diacylglycerol is a substrate for lipoxygenase: its implications for oxylipin formation directly from lipids. 査読

    Anna Nakashima, Yoko Iijima, Koh Aoki, Daisuke Shibata, Koichi Sugimoto, Junji Takabayashi, Kenji Matsui

    Journal of Plant Interactions   6   93 - 97   2011年

  • Coexpression analysis of tomato genes and experimental verification of coordinated expression of genes found in a functionally enriched coexpression module. 査読

    ⑰ Soichi Ozaki, Yoshiyuki Ogata, Kunihiro Suda, Atsushi Kurabayashi, Tatsuya Suzuki, Naoki Yamamoto, Yoko Iijima, Taneaki Tsugane, Takashi Fujii, Chiaki Konishi, Shuji Inai, Somnuk Bunsupa, Mami Yamazaki, Daisuke Shibata, Koh Aoki*

    DNA Res.   17   105 - 116   2010年

  • 9-oxo-10(E),12(E)-octadecadienoic acid derived from tomato is a potent peroxisome proliferator-activated receptor α agonist to decrease triglyceride accumulation in mouse primary hepatocytes. 査読

    ⑬ Young-Il Kim, Shizuka Hirai, Haruya Takahashi, Tsuyoshi Goto, Chie Ohyane, Taneaki Tsugane, Chiaki Konishi, Takashi Fujii, Shuji Inai, Yoko Iijima, Koh Aoki, Daisuke Shibata, Nobuyuki Takahashi, Teruo Kawada

    Mol. Nutr. Food Res.   55   585 - 593   2010年

  • Metabolic alterations in organic acid and gamma-amino butyric acid in developing tomato (Solanum lycopersicum L.) fruits. 査読

    Y.-G. Yin, T. Tomonaga, Y. Iijima, K. Aoki, D. Shibata, H. Ashihara, S. Nishimura, H. Ezura, C. Matsukura

    Plant Cell Physiol.   51   1300 - 1314   2010年

  • Large-scale analysis of full-length cDNAs from the tomato (Solanum lycopersicum) cultivar Micro-Tom, a reference system for the Solanaceae genomics. 査読

    Koh Aoki*, Kentaro Yano, Ayako Suzuki, Shingo Kawamura, Nozomu Sakurai, Kunihiro Suda, Atsushi Kurabayashi, Tatsuya Suzuki, Taneaki Tsugane, Manabu Watanabe, Kazuhide Ooga, Maiko Torii, Takanori Narita, Tadasu Shin-i, Yuji Kohara, Naoki Yamamoto, Hideki T

    BMC Genomics   11   2010年

  • Transient increase in salicylic acid and its glucose conjugates after wounding in Arabidopsis leaves. 査読

    Takumi Ogawa, Takeshi Ara, Koh Aoki, Hideyuki Suzuki, Daisuke Shibata

    Plant Biotechnol.   27   205 - 209   2010年

  • KAGIANA: An Excel-based tool for retrieving summary information on Arabidopsis genes. 査読

    Yoshiyuki Ogata, Nozomu Sakurai, Koh Aoki, Hideyuki Suzuki, Koei Okazaki, Kazuki Saito, Daisuke Shibata

    Plant Cell Physiol.   50   173 - 177   2009年

  • Improvement of the quantitative differential metabolome pipeline for gas chromatography-mass spectrometry data by automated reliable peak selection. 査読

    ⑱ Takeshi Ara, Nozomu Sakurai, Yoshie Tange, Yoshihiko Morishita, Hideyuki Suzuki, Koh Aoki, Kazuki Saito, Daisuke Shibata

    Plant Biotechnol.   26   445 - 449   2009年

  • The prediction of local modular structures in a co-expression network based on gene expression datasets. 査読

    Yoshiyuki Ogata, Nozomu Sakurai, Hideyuki Suzuki, Koh Aoki, Kazuki Saito, Daisuke Shibata

    Genome Informatics   23   117 - 127   2009年

  • Involvement of ethylene in the accumulation of esculeoside A during fruit ripening of tomato (Solanum lycopersicum). 査読

    Yoko Iijima, Yukio Fujiwara, Takeaki Tokita, Tsuyoshi Ikeda, Toshihiro Nohara, Koh Aoki*, Daisuke Shibata

    J. Agric. Food Chem.   57   3247 - 3252   2009年

  • DAGViz: a directed acyclic graph browser that supports analysis of Gene Ontology annotation. 査読

    Kentaro Yano, Koh Aoki, Hideyuki Suzuki, Daisuke Shibata

    Plant Biotechnology   26   9 - 13   2009年

  • Application of metabolomics to improve tomato fruit productivity and quality. 査読

    Yoko Iijima, Koh Aoki*

    J. Japan. Soc. Hort. Sci.   78   14 - 22   2009年

  • The AtGenExpress hormone- and chemical-treatment data set: Experimental design, data evaluation, model data analysis, and data access. 査読

    Hideki Goda, Eriko Sasaki, Kenji Akiyama, Akiko Maruyama-Nakashita, Kazumi Nakabayashi, Weigiang Li, Mikihiro Ogawa, Yukika Yamauchi, Jeremy Preston, Koh Aoki, Takatoshi Kiba, Suguru Takatsuto, Shozo Fujioka, Tadao Asami, Takeshi Nakano, Hisashi Kato, Tak

    Plant J.   55   526 - 542   2008年

  • Metabolite annotations based on the integration of mass spectral information. 査読

    31 Yoko Iijima, Yukiko Nakamura, Yoshiyuki Ogata, Ken’ichi Tanaka, Nozomu Sakurai, Kunihiro Suda, Tatsuya Suzuki, Hideyuki Suzuki, Koei Okazaki, Shigehiko Kanaya, Koh Aoki*, Daisuke Shibata

    Plant J.   54   949 - 962   2008年

  • Efficient and high-throughput vector construction and Agrobacterium-mediated transformation of Arabidopsis thaliana suspension-cultured cells for functional genomics. 査読

    32 Yoichi Ogawa, Tomoko Dansako, Kentaro Yano, Nozomu Sakurai, Hideyuki Suzuki, Koh Aoki, Masaaki Noji, Kazuki Saito, Daisuke Shibata

    Plant Cell Physiol.   49   242 - 250   2008年

  • Metabolite profiling of chalcones and flavanones in tomato fruit. 査読

    Yoko Iijima, Kunihiro Suda, Tatsuya Suzuki, Koh Aoki*, Daisuke Shibata

    J. Japan. Soc. Hortic. Sci.   77   94 - 102   2008年

  • Metabolic profiling of flavonoids in Lotus japonicus using liquid chromatography Fourier transform ion cyclotron resonance mass spectrometry. 査読

    Hideyuki Suzuki, Ryosuke Sasaki, Yoshiyuki Ogata, Yukiko Nakamura, Nozomu Sakurai, Mariko Kitajima, Hiromitsu Takayama, Shigehiko Kanaya, Koh Aoki*, Daisuke Shibata, Kazuki Saito*

    Phytochemistry   69   99 - 111   2008年

  • Cryopreservation and metabolic profiling analysis of Arabidopsis T87 suspension-cultured cells. 査読

    Yoichi Ogawa, Hideyuki Suzuki, Nozomu Sakurai, Koh Aoki, Kazuki Saito, Daisuke Shibata

    Cryo Letters   29   427 - 436   2008年

  • Over-expression of transcription associated factor genes co-expressed with genes of the mevalonate pathway, upstream of isoprenoid biosynthesis, in Arabidopsis cultured cells. 査読

    24 Ryosuke Sano, Yoshiyuki Ogata, Hideyuki Suzuki, Yoichi Ogawa, Tomoko Dansako, Nozomu Sakurai, Koei Okazaki, Koh Aoki, Kazuki Saito, Daisuke Shibata

    Plant Biotechnology   25   583 - 587   2008年

  • Suppression of carotenoid synthesis in transgenic Arabidopsis plants over-expressing the AHL29/SOB3 gene. 査読

    25 Ryosuke Sano, Hideyuki Suzuki, Yoichi Ogawa, Tomoko Dansako, Nozomu Sakurai, Koei Okazaki, Koh Aoki, Kazuki Saito, Daisuke Shibata

    Plant Biotechnology   25   573 - 577   2008年

  • Biochemical mechanism on GABA accumulation during fruit development in tomato. 査読

    26 Takashi Akihiro, Satoshi Koike, Ryoji Tani, Takehiro Tominaga, Shin Watanabe, Yoko Iijima, Koh Aoki, Daisuke Shibata, Hiroshi Ashihara, Chiaki Matsukura, Kazuhito Akama, Tatsuhito Fujimura, Hiroshi Ezura

    Plant Cell Physiol.   49   1378 - 1389   2008年

  • A tool for high-throughput prediction of molecular formulas and identification of isotopic peaks from large-scale mass spectrometry data. 査読

    27 Yukiko Nakamura, Shigehiko Kanaya, Nozomu Sakurai, Yoko Iijima, Koh Aoki, Koei Okazaki, Hideyuki Suzuki, Masahiko Kitayama, Daisuke Shibata

    Plant Biotechnology   25   377 - 380   2008年

  • Comprehensive resources for tomato functional genomics based on the miniature model tomato Micro-Tom. 査読

    Chiaki Matsukura, Koh Aoki, Naoya Fukuda, Tsuyoshi Mizoguchi, Erika Asamizu, Takeshi Saito, Daisuke Shibata, Hiroshi Ezura

    Current Genomics   9   436 - 443   2008年

  • Esculeogenin A, a New Tomato Sapogenol, Ameliorates Hyperlipidemia and Atherosclerosis in ApoE-Deficient Mice by Inhibiting ACAT. 査読

    Yukio Fujiwara, Naoko Kiyota, Masaharu Hori, Sayaka Matsushita, Yoko Iijima, Koh Aoki, Daisuke Shibata, Motohiro Takeya, Tsuyoshi Ikeda, Toshihiro Nohara, Ryoji Nagai

    Arterioscler Thromb. Vasc. Biol.   27   2400 - 2406   2007年

  • Omics-based identification of Arabidopsis Myb transcription factors regulating aliphatic glucosinolate biosysnthesis.

    Masami Yokota Hirai, Kenjiro Sugiyama, Yuji Sawada, Takayuki Tohge, Takeshi Obayashi, Akane Suzuki, Ryoichi Araki, Nozomu Sakurai, Hideyuki Suzuki, Koh Aoki, Hideki Goda, Osamu Ishizaki Nishizawa, Daisuke Shibata, Kazuki Saito

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   104   6478 - 6483   2007年

  • Approaches for extracting practical information from gene coexpression networks in plant biology. 査読

    Koh Aoki, Yoshiyuki Ogata, Daisuke Shibata

    Plant Cell Physiol.   48   381 - 390   2007年

  • Expression-based approach toward functional characterization of tomato genes that have no or weak similarity to Arabidopsis genes. 査読

    Koh Aoki, Kentaro Yano, Nozomu Sakurai, Daisuke Shibata, Taneaki Tsugane, Manabu Watanabe, Yong-Gen Yin, Chiaki Matsukura

    Acta Hortic.   745   457 - 464   2007年

  • Ethylmethanesulfonate (EMS) mutagenesis of Solanum lycopersicum cv. Micro-Tom for large-scale mutant screens. 査読

    Shin Watanabe, Tsuyoshi Mizoguchi, Koh Aoki, Yasutaka Kubo, Hitoshi Mori, Shunsuke Imanishi, Yukiko Yamazaki, Daisuke Shibata, Hiroshi Ezura

    Plant Biotechnology   24   33 - 38   2007年

  • Molecular and genetic characterization of transgenic tomato expressing 3-hydroxy-3-methylglutaryl coenzyme A reductase. 査読

    Toshikazu Omura, Shin Watanabe, Yoko Iijima, Koh Aoki, Daisuke Shibata, Hiroshi Ezura

    Plant Biotechnology   24   107 - 116   2007年

  • Genomic database for tomato. 査読

    Kentaro Yano, Koh Aoki, Daisuke Shibata

    Plant Biotechnology   24   17 - 26   2007年

  • MiBASE:A database of a miniature tomato cultivar Micro-Tom. 査読

    KentaroYano, Manabu Watanabe, Naoki Yamamoto, Taneaki Tsugane, Koh Aoki, Nozomu Sakurai, Daisuke Shibata

    Plant Biotechnology   23   195 - 198   2006年

  • Non-biased distribution of the tomato genes that have no counterpart in Arabidopsis thaliana in expression patterns during fruit ripening. 査読

    Kentaro Yano, Taneaki Tsugane, Manabu Watanabe, Fumi Maeda, Koh Aoki, Daisuke Shibata

    Plant Biotechnology   23   199 - 202   2006年

  • Destination-selective long-distance movement of phloem proteins. 査読

    Koh Aoki, Nobuo Suzui, Shu Fujimaki, Keiko Yonekura-Sakakibara, Naoshi Dohmae, Koji Takio, Toru Fujiwara, Hiroaki Hayashi, Tomoyuki Yamaya, Hitoshi Sakakibara

    Plant Cell   17   1801 - 1814   2005年

  • AtIPT3 is a key determinant of nitrate-dependent cytokinin biosynthesis in Arabidopsis. 査読

    Kentaro Takei, Nanae Ueda, Koh Aoki, Takashi Kuromori, Takashi Hirayama, Kazuo Shinozaki, Tomoyuki Yamaya, Hitoshi Sakakibara

    Plant Cell Physiol.   45   1053 - 1062   2004年

  • A novel class of Arabidopsis response regulator genes, the ectopic expression of which results in phenocopy of the wol cytokinin-receptor deficient mutant. 査読

    Takatoshi Kiba, Koh Aoki, Hitoshi Sakakibara, Takeshi Mizuno

    Plant Cell Physiol.   45   1053 - 1062   2004年

  • Molecular characterization of His-Asp phosphorelay signaling factors in maize leaves: Implications of the signal divergence by cytokinin-inducible response regulators in the cytosol and the nuclei. 査読

    Yasuharu Asakura, Takeshi Hagino, Yukinori Ohta, Koh Aoki, Keiko Yonekura-Sakakibara, Atsushi Deji, Tomoyuki Yamaya, Tatsuo Sugiyama, Hitoshi Sakakibara

    Plant Mol. Biol.   52   331 - 341   2003年

  • A MICROFLUIDIC DEVICE FOR LONG-TERM STUDY OF INDIVIDUAL CELLS. 査読

    Matthieu Denoual, Koh Aoki, Agnes Mita-Tixier and Hiroyuki Fujita

    Total Analysis System 2003   1   531 - 534   2003年

  • Identification and characterization of a gene encoding drought-inducible protein localizing in the bundle sheath cell of sugarcane. 査読

    Bambang Sugiharto, Netty Ermawati, Hitoshi Mori, Koh Aoki, Keiko Yonekura-Sakakibara, Tomoyuki Yamaya, Tatsuo Sugiyama, Hitoshi Sakakibara

    Plant Cell Physiol.   43   350 - 354   2002年

  • A subclass of plant heat shock cognate 70 chaperones carries a motif that facilitates trafficking through plasmodesmata. 査読

    Koh Aoki, Friedrich Kragler, Beatriz Xoconostle-Cazares, William J. Lucas

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   99   16342 - 16347   2002年

  • Characterization of Cucurbita maxima phloem serpin-1 (CmPS-1): a developmentally regulated elastase inhibitor. 査読

    Byung-Chun Yoo, Koh Aoki, Yu Xiang, Leslie R. Campbell, Richard J. Hull, Beatriz Xoconostle-Cazares, Jan Monzer, Jung-Youn Lee, Diane E. Ullman, William J. Lucas

    J. Biol. Chem.   275   35122 - 35128   2000年

  • Photosynthetic and heterotrophic ferredoxin isoproteins are colocalized in fruit plastids of tomato. 査読

    Koh Aoki, Miyuki Yamamoto, Keishiro Wada

    Plant Physiol.   118   439 - 449   1998年

  • Temporal and spatial distribution of ferredoxin isoproteins in tomato fruit. 査読

    Koh Aoki, Keishiro Wada

    Plant Physiol.   112   651 - 657   1996年

  • Amino acid sequences of ferredoxin isoproteins from different organs of tomato plant (Lycopersicon esculentum Mill.). 査読

    Kaeko Kamide, Harumi Sakai, Koh Aoki, Yukika Sanada, Keishiro Wada, Laura S. Green, Biohon C. Yee, Bob B. Buchanan

    Photosynthesis Research   46   301 - 308   1995年

  • Effect of benzyladenine on diurnal changes in DNA content per chloroplast and chloroplast replication in intact bean leaves. 査読

    Eiki Momotani, Kou Aoki, Hideo Tsuji

    J. Exp. Bot.   42   1287 - 1293   1991年

  • Suppression of camptothecin biosynthetic genes results in metabolic modification of secondary products in hairy roots of Ophiorrhiza pumila. 査読

    ② Takashi Asano, Kanae Kobayashi, Emi Kashihara, Hiroshi Sudo, Ryosuke Sasaki, Yoko Iijima, Koh Aoki, Daisuke Shibata, Kazuki Saito, Mami Yamazaki

    Phytochemistry  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Tomato. In the series on Genomics of Fruits and Vegetable Crops

    Mireille Faurobert, Yoko Iijima, Koh Aoki( 担当: 共著)

    Science Publishers  2009年 

     詳細を見る

    担当ページ:403-427  

  • 植物ゲノム科学辞典

    青木 考( 担当: 共著)

    朝倉書店  2009年 

  • Tomato (Genome Mapping and Molecular Breeding in Plants)

    Koh Aoki, Yoko Iijima( 担当: 共著)

    Springer  2007年10月 

MISC(その他記事)

  • 植物工場とフィールドを繋ぐ多元的植物科学のためのフェノミクスセンター

    青木 考

    機能材料   35 ( 2 )   54 - 56   2015年02月

     詳細を見る

  • 質量分析情報を総合的に活用した代謝物アノテーション法の開発

    青木 考、飯島陽子、柴田大輔

    生物系特定産業技術研究支援センター ブレインテクノニュース   129   12 - 15   2008年09月

     詳細を見る

  • 植物の全身を長距離移行するタンパク質とRNA

    青木 考

    共立出版 蛋白質核酸酵素   237 - 248   2006年03月

     詳細を見る

  • cDNAを活用した植物機能ゲノミクス

    青木 考、柴田大輔

    羊土社 バイオテクノロジージャーナル   634 - 636   2005年09月

     詳細を見る

講演・口頭発表等

  • Molecular trafficking pathways associated with the interaction between parasitic plant and host plant 国内会議

    Koh Aoki, Kohki Shimizu, Rika Takada, Yusuke Takagaki

    第60回日本植物生理学会年会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • トマトIntrogression linesを用いた根寄生植物Phelipanche aegyptiacaの発芽後抵抗性を示す遺伝子の同定 国内会議

    斉藤純奈、青木考

    第60回日本植物生理学会年会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 寄生植物と宿主植物の相互作用における細胞内膜輸送の関与 国内会議

    宮脇礼佳、青木考

    第60回日本植物生理学会年会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Exploration of new resistance of tomato to a root parasitic plant, Phelipanche aegyptiaca 国際会議

    Junna Saito, Koh Aoki

    The 15th Japan Solanaceae Consortium  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Connecting interface of tomato with a root parasitic plant Phelipanche aegyptiaca can be a potential target for post-haustorial resistance 国際会議

    Minako Ekawa, Junna Saito, Koh Aoki

    The 15th Solanaceae Conference  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Exploration of new resistance of tomato to a root parasitic plant, Phelipanche aegyptiaca 国際会議

    Junna Saito, Koh Aoki

    The 15th Solanaceae Conference  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 寄生植物の寄生過程で見られる細胞分化の解析 国内会議

    青木考、清水皇稀、藤原大輝

    第36回日本植物細胞分子生物学会  2018年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Mobile small RNA: Implication for common function during interaction between different hostparasitic plant complexes 招待 国際会議

    Subhankar Bera, Koh Aoki

    Plant Genomics 2018  2018年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Long-distance movement of naturally occurring small RNAs in a host-parasite plant complex 国際会議

    Subhankar Bera, Koh Aoki

    PAG Asia 2018  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 寄生植物吸器における通導細胞分化 国内会議

    青木考,江川美菜子,清水皇稀,藤原大輝,ベラ スブハンカール

    第59回日本植物生理学会年会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アメリカネナシカズラが持つ付着器の形成に関与する遺伝子の探索 国内会議

    藤原大輝,横山隆亮,西谷和彦,青木考

    第59回日本植物生理学会年会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 茎寄生植物Cuscuta japonicaの吸器における維管束分化関連遺伝子の発現 国内会議

    清水皇稀、穂積亮敬、青木考

    第59回日本植物生理学会年会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • つながるツル~ネナシカズラコネクション~ 招待 国内会議

    青木 考

    日本生態学会関東地区2017年度シンポジウム  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Symplasmic connection between Orobanche aegyptiaca and tomato 国際会議

    Koh Aoki

    14th Solanaceae and 3rd Cucurbbitaceae joint conference 2017  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 根寄生植物Orobanche aegyptiacaと宿主植物間のシンプラスミックな接続形成 国内会議

    江川美菜子,青木考

    第35回日本植物細胞分子生物学会大会  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • トマトモデル品種マイクロトムリソース整備の成果 国内会議

    ⑧ 星川健,有泉亨,福田直也,久保康隆,金山喜則,矢野健太郎,青木考,江面浩

    第35回日本植物細胞分子生物学会大会  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Expression of genes involved in vascular differentiation in haustorium of Cuscuta japonica

    Kohki Shimizu, Akitaka Hozumi, Koh Aoki

    World Congress on Parasitic Plants 14  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Apoplastic and symplastic interactions between parasitic plants and host plants 国際会議

    Koh Aoki, Akitaka Hozumi, Minako Ekawa, Kohki Shimizu, Ryusuke Yokoyama, Kazuhiko Nishitani

    World Congress on Parasitic Plants 14  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Introduction to Augmented Symplasm 招待 国内会議

    Koh Aoki, Akitaka Hozumi, Kohki Shimizu, Minako Ekawa

    第58回日本植物生理学会年会  2017年03月  Japan Society of Plant Physiologists

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アメリカネナシカズラが持つ付着器の形成に関与する遺伝子の探索 国内会議

    藤原大輝,横山隆亮,西谷和彦,青木考

    第35回日本植物細胞分子生物学会大会  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • TOMATOMICS: A Web Database for Integrated Omics Information in Tomato 国内会議

    工藤徹、小林正明、寺島伸、片山南、尾崎崇一、斎藤美沙、菅野真麻、横山紘一、大柳一、青木考、矢野健太郎

    第58回日本植物生理学会年会  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Genome analysis to identify genes responsible for low light tolerance for fruiting in tomato 国内会議

    千葉信明、白澤健太、青木考

    第58回日本植物生理学会年会  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Symplasmic continuity between Orobanche aegyptiaca and the host 国内会議

    江川美菜子、青木考

    第58回日本植物生理学会年会  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Function of CLE41/44 in the establishment of inter-specific plant connection 国内会議

    清水皇稀、穂積亮敬、青木考

    第58回日本植物生理学会年会  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Functional analysis of arabinogalactan protein expressing in the host-parasitic interface 国内会議

    穂積亮敬、横山隆亮、西谷和彦、青木考

    第58回日本植物生理学会年会  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Bioengineering of the Inter-Specific Cellular Highway 招待 国際会議

    Koh Aoki, Akitaka Hozumi, Kohki Shimizu, Minako Ekawa

    The 4th TKU-OPU Joint Symposium on Advanced Materials and Chemistry  2016年11月  TKU-OPU

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Involvement of ncRNA in the establishment and maintenance of parasitic relationship between parasitic and host plants 国内会議

    青木 考、清水皇稀、田中啓介、矢嶋俊介

    第39回日本分子生物学会年会  2016年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • NBRP Tomato DNA Resources: update and application of Micro-Tom genome information 招待 国際会議

    Koh Aoki, Nobuaki Chiba, Hideki Hirakawa, Kenta Shirasawa, Hideki Nagasaki, Sachiko Isobe, Kentaro Yano, Yasutaka Kubo, Yoshinori Kanayama, Ken Hoshikawa, Tohru Ariizumi, Hiroshi Ezura

    The 13th Japan Solanaceae Consortium JSOL2016  2016年11月  Japan Solanaceae Consortium

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 茎寄生植物ネナシカズラと宿主の接続形成過程における細胞壁成分の変化 国内会議

    穂積亮敬、青木考

    平成28年度新学術領域若手ワークショップ/第10回細胞壁ネットワーク定例研究会  2016年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • De novo assembly of genome sequence of Micro-Tom standard line 国際会議

    Hideki Hirakawa, Kenta Shirasawa, Ken Hoshikawa, Koh Aoki

    The 8th ANRRC Intenational Meeting  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Changes in cell wall composition and formation of vascular connection during establishment of parasitism by parasitic plants 国内会議

    青木考、穂積亮敬、江川美菜子、清水皇稀、横山隆亮、西谷和彦

    第34回日本植物細胞生物学会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Identification of transcripts derived from TDIF gene in a stem parasitic plant Cuscuta japonica 国内会議

    清水皇稀、穂積亮敬、青木考

    第34回日本植物細胞生物学会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Improvement of the transformation method of root parasitic plant Orobanche aegyptiaca 国内会議

    江川美菜子、青木考

    第34回日本植物細胞生物学会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Development of Micro-Tom resource as model variety of tomato 国内会議

    21 星川健、四方雅仁、有泉亨、福田直也、久保康隆、金山喜則、青木考、江面浩

    第34回日本植物細胞生物学会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • An integrative tomato database TOMATOMICS: Current updates and perspective 国内会議

    工藤徹、片山南、寺島伸、斎藤美沙、菅野真麻、小林正明、浅野あさみ、青木考、矢野健太郎

    第34回日本植物細胞生物学会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Detection of diurnal variation of transcriptome and its functional estimation in lettuce 国内会議

    東孝信、青木考、福田弘和

    第34回日本植物細胞生物学会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • DEVELOPMENT OF TOMATO BIORESOURCES BASED ON MICRO-TOM AS A MODEL PLANT FOR FRUITS BIOLOGY 国際会議

    Hoshikawa K., Shikata M., Ariizumi T., Fukuda N., Kanayama Y., Kubo Y., Aoki K., Ezura H

    The 13th Solanaceae Conference  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • GENOMIC LOCI RESPONSIBLE FOR LOW-LIGHT FRUITING TRAIT OF MICRO-TOM 国際会議

    Nobuaki Chiba, Kenta Shirasawa, Koh Aoki

    The 13th Solanaceae Conference  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Vascular Connection between Parasitic Plant and Host Plant 招待 国際会議

    Koh Aoki, Akitaka Hozumi, Minako Ekawa, Kohki Shimizu, Ryusuke Yokoyama, Kazuhiko Nishitani

    The Fourth International Conference on Plant Vascular Biology  2016年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Changes in plant cell wall components during the establishment of parasitic connection between Cuscuta and host plants 国際会議

    Akitaka Hozumi, Ryusuke Yokoyama, Kazuhiko Nishitani, Koh Aoki

    The Fourth International Conference on Plant Vascular Biology  2016年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Systematic Genomics Resources based on tomato cultivar Micro-Tom 招待 国際会議

    Koh Aoki, Ken Hoshikawa, Masahito Shikata, Kentaro Yano, Tohru Ariizumi, Horishi Ezura

    VISCEA II - Plant Model Species: Fundamentals and Applications  2016年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アブラムシ口針に存在する構造タンパク質の探索 国内会議

    大中 悠斗、深尾 陽一朗、青木 考

    日本農芸化学会2015年度大会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Micro-Tom mutant resource for facilitation of tomato research. 国内会議

    ⑥ Masahito Shikata, Ken Hoshikawa, Tohru Ariizumi, Naoya Fukuda, Yasutaka Kubo, Yoshinori Kanayama, Koh Aoki, Hiroshi Ezura

    第56回日本植物生理学会年会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Analysis of Gene Expression in the Parasitic Region of Cuscuta japonica and Glycine max 国内会議

    ⑤ Daisuke Ikeue, Schudoma Christian, Zhang Wenna, Yoshiyuki Ogata, Kragler Friedrich, Tomoaki Sakamoto, Tetsuya Kurata, Koh Aoki.

    第56回日本植物生理学会年会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • TOMATOMICS: An integrated database for comprehensive omics information in tomato. 国内会議

    ④ Soichi Ozaki, Mai Takazawa, Maasa Kanno, Kyoko Morimoto, Satomi Asano, Masaaki Kobayashi, Hajime Ohyanagi, Koh Aoki, Kentaro Yano

    第56回日本植物生理学会年会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Development and parasitization of Orobanche aegyptiaca callus tissue. 国内会議

    Yuko Odani, Koh Aoki

    第56回日本植物生理学会年会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Analysis of saliva protein in gel saliva. 国内会議

    Akitaka Hozumi, Yuto Ohnaka, Koh Aoki

    第56回日本植物生理学会年会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 茎寄生植物ネナシカズラの寄生部位における遺伝子発現解析 国内会議

    池上大輔、青木考

    植物科学グローバルトップ教育推進プログラム平成26年度成果報告会  2015年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 茎寄生植物ネナシカズラの寄生部位における遺伝子発現解析 国内会議

    池上大輔 

    第 6 回生命情報科学若手の会・研究会、神戸  2014年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 近縁種を用いたネナシカズラ寄生部位における寄生・宿主植物リードの区別とその評価 国内会議

    ⑨ 池上大輔、尾形 善之、Wenna Zang、Christian Schudoma、Dirk Walther、Friedrich Kragler、青木 考

    第32回日本植物細胞分子生物学会、盛岡  2014年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • トマト研究推進のための変異体およびDNAリソース整備 国内会議

    ⑩ 四方雅仁、星川健、有泉亨、福田直也、久保康隆、金山喜則、青木考、江面浩

    第32回日本植物細胞分子生物学会、盛岡  2014年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • トマトにおいて低光量条件下での着花に関与する遺伝子の探索 国内会議

    ⑪ 千葉信明、青木考

    第32回日本植物細胞分子生物学会、盛岡  2014年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Involvement of mechanosensitive channels of a stem parasitic plant, Cuscuta campestris, in the initiation of pre-haustorium 国内会議

    第46回日本分子生物学会年会  2023年11月  日本分子生物学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸国際会議場  

  • 寄生植物Cuscuta campestrisと宿主植物間のmRNA 輸送システム制御機構の解析 国内会議

    藪さこ アーニャ妙子,青木考

    第64回日本植物生理学会年会  2023年03月  日本植物生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学  

  • Cuscuta campestrisとArabidopsis thaliana の寄生境界面に形成される原形質連絡の形成制御因子の探索 国内会議

    小倉瑞季、青木考

    第64回日本植物生理学会年会  2023年03月  日本植物生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学  

  • 寄生植物と宿主植物の出会いは対話への道を開くのか 招待 国内会議

    青木 考

    日本植物学会第86回大会  2022年09月  日本植物学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都府立大学  

  • Up-regulation of cell division and vascular development-related genes of host plants is not caused by the mechanisms similar to tissue reunion in the parasitic interface 国内会議

    Jihwan Park, Koh Aoki

    2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Trans-species symplastic communication in the complex of parasitic and host plants 招待 国際会議

    Koh Aoki, Eiichiro Ono, Kohki Shimizu, Jun Murata, Akira Shiraishi, Ryusuke Yokoyama, Manabu Horikawa, Atsushi Hoshino, Subhankar Bera

    6th International Conference on Plant Vascular Biology  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Interaction between parasitic and host plants via interspecifically mobile RNAs 国内会議

    Koh Aoki

    2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 寄生植物-宿主植物間における二次原形質連絡形成の転写レベル制御 国内会議

    高田理香、青木考

    第84回日本植物学会名古屋大会  2020年09月  日本植物学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  • Interspecific long-distance movement of Cuscuta small RNAs control biological processes in host-parasitic plant complex 招待 国際会議

    Subhankar Bera, Kohki Shimizu, Keisuke Tanaka, Shunsuke Yajima, Katsushi Yamaguchi, Shuji Shigenobu, Koh Aoki

    15th World Congress on Parasitic Plants  2020年07月 

     詳細を見る

    開催地:Amsterdam  

  • 茎寄生植物アメリカネナシカズラ探索糸のsemi-in vitro生育方法の確立 国内会議

    高垣友祐,青木考

    第61回日本植物生理学会年会  2020年03月  日本植物生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 茎寄生植物アメリカネナシカズラ探索糸のsemi-in vitro生育方法の確立 国内会議

    高垣友祐,青木考

    第61回日本植物生理学会年会  2020年03月  日本植物生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 茎寄生植物アメリカネナシカズラ探索糸のsemi-in vitro生育方法の確立 国内会議

    高垣友祐,青木考

    第61回日本植物生理学会年会  2020年03月  日本植物生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • トマト野生近縁種Solanum pennelliiを用いた根寄生植物Phelipanche aegyptiacaへの発芽後抵抗性を示す遺伝子の候補化 国内会議

    斉藤純奈、青木考

    第61回日本植物生理学会年会  2020年03月  日本植物生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 寄生時に起こる寄生部位での宿主植物の細胞分裂関連と維管束関連遺伝子の発現増加は宿主の組織癒合に起因しない 国内会議

    山本翔太、青木考

    第61回日本植物生理学会年会  2020年03月  日本植物生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • Post-germination resistance of tomato against a root parasitic plant, Phelipanche aegyptiaca 国際会議

    Koh Aoki

    XVI Solanaceae Conference  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Jerusalem, Israel  

  • 寄生植物の接続形成機構と 宿主との双方向性相互作用 招待 国内会議

    青木 考

    第37回植物細胞分子生物学会  2019年09月  日本植物細胞分子生物学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都府立大学  

  • 寄生植物の接続形成機構と宿主との双方向性相互作用 招待 国内会議

    青木 考

    第37回日本植物細胞分子生物学会京都大会シンポジウム  2019年09月  日本植物細胞分子生物学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都  

  • Interspecific long-distance movement of Cuscuta small RNAs control biological processes in host-parasitic plat complexes 国際会議

    Subhankar Bera, Kohki Shimizu, Keisuke Tanaka, Shunsuke Yajima, Katsushi Yamaguchi, Shuji Shigenobu, Koh Aoki

    The 15th World conference of Parasitic Plants  2019年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Amsterdam, The Netherlands  

  • Differentiation of vascular conducting cells in haustoria of parasitic plants. 国際会議

    Kohki Shimizu, Minako Ekawa, Koh Aoki

    Plant Vascular Biology 2019  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Asilomar, CA, USA  

  • ネナシカズラ (Cuscuta japonica) のトランスクリプトームde novo アセンブリ 招待 国内会議

    池上大輔、青木考

    第55回日本植物生理学会ワークショップ「茎寄生植物ネナシカズラ研究事始め」  2014年03月  Japanese Society of Plant Physiologists

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 近縁種を用いたネナシカズラ寄生部位における寄生・宿主植物リードの区別. 国内会議

    池上大輔、尾形善之、青木 考

    生命情報科学若手の会 第5回研究会  2014年  生命情報科学若手の会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Development of F2 population between ‘Micro-Tom’ and ‘Ailsa Craig’ to elucidate genes responsible for fruit bearing in low light intensity condition. 国内会議

    Nobuaki Chiba, Koh Aoki

    第55回日本植物生理学会年会  2014年  Japanese Society of Plant Physiologists

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Genome-wide analysis of intraspecific DNA polymorphism in Micro-Tom, a model cultivar of tomato (Solanum lycopersicum). 国内会議

    Koh Aoki, Masaaki Kobayashi, Hideki Nagasaki, Virginie Garcia, Daniel Just, Cécile Bres, Jean-Philippe Mauxion, Marie-Christine Le Paslier, Dominique Brunel, Kunihiro Suda, Yohei Minakuchi, Atsushi Toyoda, Asao Fujiyama, Hiromi Toyoshima, Takayuki Suzuki,

    第55回日本植物生理学会年会  2014年  Japanese Society of Plant Physiologists

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Transcriptome analysis of Cuscuta japonica in the parasitic site to its host. 国内会議

    Daisuke Ikeue, Yoshiyuki Ogata, Zhang Wenna, Schudoma Christian, Walther Dirk, Kragler Friedrich, Koh Aoki

    第55回日本植物生理学会年会  2014年  Japanese Society of Plant Physiologists

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ナショナルバイオリソースプロジェクト「トマト」におけるMicro-Tom トマト変異体リソースの整備 国内会議

    四方雅仁、星川健、有泉享、福田直也、久保康隆、金山喜則、青木考、江面浩

    第55回日本植物生理学会年会  2014年  Japanese Society of Plant Physiologists

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • TOMATOMICS: An integrated database for omics information in tomato. 国内会議

    Kentaro Yano, Takayuki Suzuki, Masaaki Kobayashi, Maasa Kanno, Kyoko Morimoto, Koh Aoki

    第55回日本植物生理学会年会  2014年  Japanese Society of Plant Physiologists

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • トマト果実成熟に依存する配糖化酵素の機能解析 国内会議

    飯島陽子、鈴木秀幸、柴田大輔、青木考

    第31回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム  2013年  日本植物細胞分子生物学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • トマトのゲノムデータベースおよびESTデータベースにおけるABCトランスポーターの探索と発現解析 国内会議

    水野彩夏、鈴木真美、曽根一友、日置淳平、太田垣駿吾、松本省吾、青木考、柴田大輔、白武勝裕

    第31回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム  2013年  日本植物細胞分子生物学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ネナシカズラ(Convolvulaceae)の寄生部位におけるトランスクリプトーム解析 国内会議

    池上大輔、千葉信明、大中悠斗、尾形善之、青木考

    第31回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム  2013年  日本植物細胞分子生物学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 根寄生植物Orobanche aegyptiacaの寄生段階別遺伝子発現解析 国内会議

    中野綾香、千葉信明、池上大輔、尾形善之、青木考

    第31回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム  2013年  日本植物細胞分子生物学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Plant-Plant Interaction between Root Parasite Orobanche aegyptiaca and Its Host Solanum lycopersicum cv Micro-Tom. 国際会議

    Ayaka Nakano, Daisuke Ikeue, Yoshiyuki Ogata, Koh Aoki

    The 3rd International Conference on Plant Vascular Biology. 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Next-Generation Bioinformatics (NGB) tools and databases: CA_Plot_Viewer, TOMATOMICS and PODC. 国際会議

    Takayuki Suzuki, Tomoyuki Takano, Yohei Sasaki, Shin Terashima, Hayato Matsumura, Hiromi Toyoshima, Kyoko Morimoto, Maasa Kanno, Koji Yokoyama, Yuuki Yoshida, Koh Aoki, Masaaki Kobayashi, Hajime Ohyanagi, Kentaro Yano

    10th JSOL International Symposium on Solanaceae Genomics  Japan Solanaceae Genomics Initiative (JSOL)

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Genome-wide identification and expression analysis of ABC transporters in Solanum lycopersicum. 国際会議

    Ayaka Mizuno, Kazutomo Sone, Mami Suzuki, Junpei Hioki, Shogo Matsumoto, Shungo Otagaki, Koh Aoki, Daisuke Shibata and Katsuhiro Shiratake

    10th JSOL International Symposium on Solanaceae Genomics  Japan Solanaceae Genomics Initiative (JSOL)

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Genome-wide identification and expression analysis of aquaporin and sugar transporter genes in Solanum lycopersicum. 国際会議

    Stefan Reuscher, Akiyama Masahito, Chiharu Mori, Tomohide Yasuda, Shungo Otagaki, Shogo Matsumoto, Koh Aoki, Daisuke Shibata and Katsuhiro Shiratake

    10th JSOL International Symposium on Solanaceae Genomics  Japan Solanaceae Genomics Initiative (JSOL)

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Genome-wide SNP genotyping of tomatoes using array and NGS data. 招待 国際会議

    Hideki Hirakawa, Kenta Shirasawa, Hiroyuki Fukuoka, Koh Aoki, Erika Asamizu, Shusei Sato, Sachiko Isobe, Satoshi Tabata

    10th JSOL International Symposium on Solanaceae Genomics  Japan Solanaceae Genomics Initiative (JSOL)

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • High-throughput genotyping and large-scale expression network analysis of crops. 招待 国際会議

    Masaaki Kobayashi, Hajime Ohyanagi, Tomoyuki Takano, Yohei Sasaki, Takayuki Suzuki, Shin Terashima, Hayato Matsumura, Hiromi Toyoshima, Kyoko Morimoto, Maasa Kanno, Koji Yokoyama, Yuuki Yoshida, Hideki Takanashi, Hitoshi Tainaka, Tsuyoshi Tokunaga, Takash

    10th JSOL International Symposium on Solanaceae Genomics  Japan Solanaceae Genomics Initiative (JSOL)

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Micro-Tom DNA polymorphism against tomato reference geneome sequence. 招待 国際会議

    Masaaki Kobayashi, Hideki Nagasaki, Virginie Garcia, Daniel Just, Cécile Bres, Jean-Philippe Mauxion, Marie-Christine Le Paslier, Dominique Brunel, Kunihiro Suda, Yohei Minakuchi, Atsushi Toyoda, Asao Fujiyama, Hiromi Toyoshima, Takayuki Suzuki, Kaori Iga

    10th JSOL International Symposium on Solanaceae Genomics  Japan Solanaceae Genomics Initiative (JSOL)

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Tomato bioresources: Comprehensive collection of Micro-Tom mutants and full-length cDNA. 国際会議

    Masahito Shikata, Ken Hoshikawa, Tohru Ariizumi, Yukiko Yamazaki, Naoya Fukuda, Yoshinori Kanayama, Yasutaka Kubo, Koh Aoki, Hiroshi Ezura

    The 10th Solanaceae Conference  Solanaceae Genomics Network (SOL)

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Transcriptome analysis of Solanum lycopersicum cv Micro-Tom in response to parasitization by root parasitic plant Orobanche aegyptiaca. 国際会議

    Koh Aoki, Ayaka Nakano, Daisuke Ikeue, Yoshiyuki Ogata

    The 10th Solanaceae Conference  Solanaceae Genomics Network (SOL)

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Genome Sequence Analysis and Resources of Model Tomato Cultivar Micro-Tom. 招待 国際会議

    Koh Aoki

    5th AG-BIO/PERDO Graduate Conference on Agricultural Biotechnology and UT-KU joint Seminar. 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Transcriptome analysis of plant-plant connecting site of stem parasite Cuscuta japonica and its host Impatiens balsamina. 国際会議

    Daisuke Ikeue, Ayaka Nakano, Yoshiyuki Ogata, Koh Aoki

    The 3rd International Conference on Plant Vascular Biology 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

産業財産権等

  • 果実特異的プロモーター

    伊藤修代、黒田浩文、高根健一、青木考、柴田大輔、江面浩、棚瀬京子

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:2013-506945 

  • トマト

    佐野敦志、関峰花、青木考、飯島陽子、柴田大輔、稲井秀二、藤井崇、小西千秋

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

  • トマト抽出物を含有する生活習慣病改善剤

    河田照雄、高橋信之、平井静、金英一、高橋春弥、柴田大輔、青木考、飯島陽子、津金胤昭、稲井秀二、藤井崇、小西千秋

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

産学官連携可能研究(シーズ)キーワード

  • 寄生植物

    カテゴリ:環境・エネルギー 

  • 植物個体間での維管束接続

    カテゴリ:ライフサイエンス 

  • 植物器官間の高分子輸送

    カテゴリ:環境・エネルギー 

  • トマトのcDNAリソース

    カテゴリ:ライフサイエンス 

  • 植物トランスクリプトーム解析

    カテゴリ:ライフサイエンス 

  • 植物ゲノム解析

    カテゴリ:ライフサイエンス 

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 根寄生植物抵抗性トマト

  • トマトと寄生植物の通導組織接続機構

  • 植物間でのRNA長距離輸送

     詳細を見る

    共同研究の希望:大学等研究機関

    交流の種別:技術相談, 共同研究  

  • トマト突然変異系統や野生種のゲノムシーケエンシング

科研費

  • 比較ゲノム解析とインビトロ吸器培養系を活用した寄生植物組織接続機構の解明

    基盤研究(A)  2022年

  • 比較ゲノム解析とインビトロ吸器培養系を活用した寄生植物組織接続機構の解明

    基盤研究(A)  2021年

  • ケミカルスクリーニングによる接ぎ木調節化合物の探索と接ぎ木メカニズムの解明

    基盤研究(A)  2020年

  • 比較ゲノム解析とインビトロ吸器培養系を活用した寄生植物組織接続機構の解明

    基盤研究(A)  2020年

  • ケミカルスクリーニングによる接ぎ木調節化合物の探索と接ぎ木メカニズムの解明

    基盤研究(A)  2019年

  • 比較ゲノム解析とインビトロ吸器培養系を活用した寄生植物組織接続機構の解明

    基盤研究(A)  2019年

  • 比較ゲノム解析とインビトロ吸器培養系を活用した寄生植物組織接続機構の解明

    基盤研究(A)  2019年

  • ケミカルスクリーニングによる接ぎ木調節化合物の探索と接ぎ木メカニズムの解明

    基盤研究(A)  2019年

  • 大規模変異体集団を活用した根寄生植物抵抗性トマト系統の同定

    基盤研究(B)  2018年

  • ケミカルスクリーニングによる接ぎ木調節化合物の探索と接ぎ木メカニズムの解明

    基盤研究(A)  2018年

  • ケミカルスクリーニングによる接ぎ木調節化合物の探索と接ぎ木メカニズムの解明

    基盤研究(A)  2018年

  • 大規模変異体集団を活用した根寄生植物抵抗性トマト系統の同定

    基盤研究(B)  2017年

  • 大規模変異体集団を活用した根寄生植物抵抗性トマト系統の同定

    基盤研究(B)  2016年

  • 植物-植物相互作用における細胞外空間の可塑的動態

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2016年

  • 植物‐植物相互作用における細胞外空間の可塑的動態

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2015年

  • トマト研究基盤を活用した植物寄生に伴う組織接続機構の研究

    基盤研究(A)  2014年

  • トマト研究基盤を活用した植物寄生に伴う組織接続機構の研究

    基盤研究(A)  2013年

  • トマト研究基盤を活用した植物寄生に伴う組織接続機構の研究

    基盤研究(A)  2012年

  • トマト研究基盤を活用した植物寄生に伴う組織接続機構の研究

    基盤研究(A)  2011年

  • トマト研究基盤を活用した植物寄生に伴う組織接続機構の研究

    基盤研究(A)  2011年

  • 落花生のQTL解析によるオレイン酸含有量の遺伝様式の解明とDNAマーカーの開発

    基盤研究(B)  2008年

  • 代謝物多様性解明に向けたマスフラグメンテーション解析法の開発

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2008年

  • 液胞膜エンジニアリングによる植物代謝システム制御

    2006年

  • 篩管タンパク質長距離輸送の極性

    2003年

▼全件表示

奨励寄附金・助成金

  • 茎寄生植物アメリカネナシカズラの吸器形成開始における接触刺激受容機構

    公益財団法人大隅基礎科学創成財団  第7期研究助成 基礎科学(一般)  2023年11月

その他補助金等

  • トマトバイオリソース中核拠点整備(DNAレベルリソース)

    文部科学省研究振興局  ナショナルバイオリソースプロジェクト中核的拠点整備プログラム  2022月

  • トマトバイオリソース中核拠点整備(DNAレベルリソース)

    文部科学省研究振興局  2021月

  • トマトバイオリソース中核拠点整備(DNAレベルリソース)

    国立研究開発法人 日本医療研究開発機構  2020月

  • トマトバイオリソース中核拠点整備(DNAレベルリソース)

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構  2019月

  • トマトバイオリソース中核拠点整備(DNAレベルリソース)

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構  ナショナルバイオリソースプロジェクト中核的拠点整備プログラム  2018月

  • トマトバイオリソース中核拠点整備(DNAレベルリソース)

    国立研究開発法人 日本医療研究開発機構  ナショナルバイオリソースプロジェクト中核的拠点整備プログラム  2017月

  • トマトバイオリソース中核拠点整備(DNAレベルリソース)

    国立研究開発法人 日本医療研究開発機構  2016月

  • トマトバイオリソース中核拠点整備(DNAレベルリソース)

    文部科学省研究振興局  ナショナルバイオリソースプロジェクト中核的拠点整備プログラム  2015月

  • トマトバイオリソース中核拠点整備(DNAレベルリソース)

    文部科学省研究振興局  ナショナルバイオリソースプロジェクト中核的拠点整備プログラム  2014月

  • トマトバイオリソース拠点整備(DNAレベルリソース)

    文部科学省研究振興局  ナショナルバイオリソースプロジェクト中核的拠点整備プログラム  2013月

  • トマトバイオリソース中核拠点整備(DNAレベルリソース)

    文部科学省研究振興局  ナショナルバイオリソースプロジェクト中核的拠点整備プログラム  2012月

  • マイクロトムゲノム配列解読

    文部科学省研究振興局  ナショナルバイオリソースプロジェクトゲノム情報等整備プログラム  2010月

  • 液胞膜エンジニアリングによる植物代謝システム制御

    (独)科学技術振興機構  戦略的創造研究推進事業(CREST)  2010月

  • 液胞膜エンジニアリングによる植物代謝システム制御

    (独)科学技術振興機構  戦略的創造研究推進事業(CREST)  2009月

  • マイクロトム完全長cDNA配列解読によるトマトリソース高付加価値化

    文部科学省研究振興局  ナショナルバイオリソースプロジェクトゲノム情報等整備プログラム  2008月

  • 液胞膜エンジニアリングによる植物代謝システム制御

    (独)科学技術振興機構  戦略的創造研究推進事業(CREST)  2008月

  • 液胞膜エンジニアリングによる植物代謝システム制御

    (独)科学技術振興機構  戦略的創造研究推進事業(CREST)  2007月

  • 液胞膜エンジニアリングによる植物代謝システム制御

    (独)科学技術振興機構  戦略的創造研究推進事業(CREST)  2006年10月

▼全件表示

担当授業科目

  • バイオインフォマティクス特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 機能ゲノム科学特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 応用生物科学グローバルプレゼンテーション

    2023年度   集中講義   大学院

  • 応用生物科学キャリアデザイン

    2023年度   集中講義   大学院

  • 応用生物科学特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 応用生物科学研究実験2A

    2023年度   実習   大学院

  • 応用生物科学研究実験1A

    2023年度   実習   大学院

  • バイオエコノミー論

    2023年度   週間授業   大学

  • 植物バイオサイエンス卒業研究

    2023年度   実習   大学

  • 機能ゲノム科学

    2023年度   週間授業   大学

  • 応用生物科学特別研究実験2A

    2023年度   実習   大学院

  • 応用生物科学特別研究実験1A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 植物バイオサイエンス演習

    2023年度   集中講義   大学

  • 植物科学英語

    2023年度   実習   大学

  • 応用生物科学特別研究実験3B

    2023年度   実習   大学院

  • Topics of Plant Biotechnology

    2023年度   集中講義   大学院

  • 応用生物科学研究プレゼンテーション

    2023年度   集中講義   大学院

  • ゲノム生物学

    2023年度   週間授業   大学

  • 基礎生命科学

    2023年度   週間授業   大学

  • 機能ゲノム科学特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • 応用生物科学特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • バイオインフォマティクス特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • 機能ゲノム科学

    2022年度   週間授業   大学

  • 初年次ゼミナール

    2022年度   週間授業   大学

  • 応用生物科学研究プレゼンテーション

    2022年度   集中講義   大学院

  • 応用生物科学キャリアデザイン

    2022年度   集中講義   大学院

  • 植物バイオサイエンス演習

    2022年度   実習   大学

  • 植物バイオサイエンス卒業研究

    2022年度   実習   大学

  • ゲノム生物学

    2022年度   週間授業   大学

  • 基礎生命科学

    2022年度   週間授業   大学

  • Topics of Plant Biotechnology

    2022年度   集中講義   大学院

  • 応用生命科学概論

    2021年度    

  • 食糧衛生科学

    2021年度    

  • 植物バイオサイエンス卒業研究

    2021年度    

  • 植物バイオサイエンスインターンシップ

    2021年度    

  • 食糧衛生科学

    2021年度    

  • 植物バイオサイエンス演習

    2021年度    

  • 植物科学英語

    2021年度    

  • 基礎生命科学

    2021年度    

  • 機能ゲノム科学

    2021年度    

  • ゲノム生物学

    2021年度    

  • Topics of Plant Biotechnology

    2021年度    

  • 生命環境科学入門

    2021年度    

  • バイオインフォマティクス特論

    2021年度    

  • 生命環境科学概論【生命環境科学概論【応用生命科学類】】

    2021年度    

  • 資源植物学特論

    2021年度    

  • 基礎生命科学

    2020年度   週間授業   大学

  • 機能ゲノム科学

    2020年度   週間授業   大学

  • ゲノム生物学

    2020年度   週間授業   大学

  • 植物バイオテクノロジー概論

    2020年度   週間授業   大学

  • Topics of Plant Biotechnology

    2020年度   週間授業   大学院

  • バイオインフォマティクス特論

    2020年度   週間授業   大学院

  • 生命環境科学概論【生命環境科学概論【応用生命科学類】】

    2020年度   週間授業   大学

  • 資源植物学特論

    2020年度   週間授業   大学院

  • バイオテクノロジー基礎実験

    2020年度   実習   大学

  • 応用生命科学概論

    2020年度   週間授業   大学院

  • 植物科学英語

    2020年度   実習   大学

  • 食糧衛生科学

    2020年度   集中講義   大学

  • 土壌学

    2019年度   週間授業   大学

  • 植物科学英語

    2019年度   実習   大学

  • 基礎生命科学

    2019年度   週間授業   大学

  • 機能ゲノム科学

    2019年度   週間授業   大学

  • ゲノム生物学

    2019年度   週間授業   大学

  • Topics of Plant Biotechnology

    2019年度   週間授業   大学院

  • バイオインフォマティクス特論

    2019年度   週間授業   大学院

  • 生命環境科学概論【生命環境科学概論【応用生命科学類】】

    2019年度   週間授業   大学

  • 資源植物学特論

    2019年度   週間授業   大学院

  • 応用生命科学概論

    2019年度   週間授業   大学院

  • 土壌学

    2018年度   週間授業   大学

  • 食糧衛生科学

    2018年度   集中講義   大学

  • 基礎生命科学

    2018年度   週間授業   大学

  • 機能ゲノム科学

    2018年度   週間授業   大学

  • ゲノム生物学

    2018年度   週間授業   大学

  • 生命環境科学入門

    2018年度   週間授業   大学

  • バイオインフォマティクス特論

    2018年度   週間授業   大学院

  • 資源植物学

    2018年度   週間授業   大学

  • 生命環境科学概論【生命環境科学概論【応用生命科学類】】

    2018年度   週間授業   大学

  • 資源植物学特論

    2018年度   週間授業   大学院

  • Topics of Plant Biotechnology

    2018年度   週間授業   大学院

  • 応用生命科学概論

    2018年度   週間授業   大学院

  • ゲノム生物学

    2018年度   週間授業   大学

  • 応用生命科学ゼミナールB

    2018年度   実習   大学院

  • 応用生命科学ゼミナールD

    2018年度   実習   大学院

  • 応用生命科学プレゼンテーション

    2018年度   集中講義   大学院

  • 応用生命科学研究実験B

    2018年度   実習   大学院

  • 応用生命科学研究実験D

    2018年度   実習   大学院

  • 応用生命科学特別研究実験AII

    2018年度   実習   大学院

  • 応用生命科学特別研究実験BII

    2018年度   実習   大学院

  • 応用生命科学特別研究実験CII

    2018年度   実習   大学院

  • 基礎生命科学

    2018年度   週間授業   大学

  • 資源植物学特論

    2018年度   週間授業   大学院

  • 植物バイオサイエンス演習

    2018年度   実習   大学

  • 植物バイオサイエンス卒業研究

    2018年度   実習   大学

  • 生命環境科学入門

    2018年度   週間授業   大学

  • バイオインフォマティクス特論

    2018年度   週間授業   大学院

  • 応用生命科学ゼミナールA

    2018年度   週間授業   大学院

  • 応用生命科学ゼミナールC

    2018年度   週間授業   大学院

  • 応用生命科学概論

    2018年度   週間授業   大学院

  • 応用生命科学研究実験A

    2018年度   週間授業   大学院

  • 応用生命科学研究実験C

    2018年度   週間授業   大学院

  • 応用生命科学特別研究実験AⅠ

    2018年度   週間授業   大学院

  • 応用生命科学特別研究実験BⅠ

    2018年度   週間授業   大学院

  • 機能ゲノム科学

    2018年度   週間授業   大学

  • 資源植物学

    2018年度   週間授業   大学

  • 生命環境科学概論

    2018年度     大学

  • Topics of Plant Biotechnology

    2017年度   週間授業   大学院

  • 資源植物学特論

    2017年度   週間授業   大学院

  • 生命環境科学概論【生命環境科学概論【応用生命科学類】】

    2017年度   週間授業   大学

  • 資源植物学

    2017年度   週間授業   大学

  • バイオインフォマティクス特論

    2017年度   週間授業   大学院

  • 生命環境科学入門

    2017年度   週間授業   大学

  • ゲノム生物学

    2017年度   週間授業   大学

  • 機能ゲノム科学

    2017年度   週間授業   大学

  • 基礎生命科学

    2017年度   週間授業   大学

  • 応用生命科学特別講義D

    2017年度   集中講義   大学

  • 土壌学

    2017年度   週間授業   大学

  • 土壌学

    2016年度   週間授業   大学

  • 応用生命科学特別講義D

    2016年度   集中講義   大学

  • 食糧衛生科学

    2016年度   集中講義   大学

  • 基礎生命科学

    2016年度   週間授業   大学

  • 資源植物学

    2016年度   週間授業   大学

  • 機能ゲノム科学

    2016年度   週間授業   大学

  • ゲノム生物学

    2016年度   週間授業   大学

  • バイオインフォマティクス特論

    2016年度   週間授業   大学院

  • 生命環境科学概論【生命環境科学概論【応用生命科学類】】

    2016年度   週間授業   大学

  • 資源植物学特論

    2016年度   週間授業   大学院

  • Topics of Plant Biotechnology

    2016年度   週間授業   大学院

  • 土壌学

    2015年度   週間授業   大学

  • 卒業研究

    2015年度   実習   大学

  • 植物バイオサイエンス卒業研究

    2015年度   実習   大学

  • 資源植物学

    2015年度   週間授業   大学

  • 機能ゲノム科学

    2015年度   週間授業   大学

  • ゲノム生物学

    2015年度   週間授業   大学

  • 資源植物学特論

    2015年度   週間授業   大学院

  • バイオインフォマティクス特論

    2015年度   週間授業   大学院

  • Topics of Plant Biotechnology

    2015年度   週間授業   大学院

  • 土壌学

    2014年度   週間授業   大学

  • バイオインフォマティクス特論

    2014年度   週間授業   大学院

  • Topics of Plant Biotechnology

    2014年度   週間授業   大学院

  • 資源植物学特論

    2014年度   週間授業   大学院

  • 植物バイオサイエンスインターンシップ

    2014年度   集中講義   大学

  • 植物バイオサイエンス演習

    2014年度   実習   大学

  • 機能ゲノム科学

    2014年度   週間授業   大学

  • 生化学基礎実験

    2014年度   実習   大学

  • ゲノム生物学

    2014年度   週間授業   大学

  • 資源植物学

    2014年度   週間授業   大学

  • 初年次ゼミナール【科学をもう少し好きになる方法~人や歴史も調べてみよう~】

    2014年度   週間授業   大学

  • 植物バイオサイエンスインターンシップ

    2014年度   集中講義   大学

  • 植物バイオサイエンス演習

    2014年度   実習   大学

  • ゲノム生物学

    2014年度   週間授業   大学

  • 機能ゲノム科学

    2014年度   週間授業   大学

  • 初年次ゼミナール

    2014年度   週間授業   大学

  • 植物バイオテクノロジー概論

    2014年度   週間授業   大学

  • 生化学基礎実験

    2014年度   実習   大学

  • 資源植物学特論

    2014年度   週間授業   大学院

  • Topics of Plant Biology

    2014年度   週間授業   大学院

  • 土壌学

    2013年度   週間授業   大学

  • 植物バイオテクノロジー概論

    2013年度   週間授業   大学

  • Topics of Plant Biotechnology

    2013年度   週間授業   大学院

  • 植物バイオテクノロジー概論

    2013年度   週間授業   大学

  • ゲノム生物学

    2013年度   週間授業   大学

  • 初年次ゼミナール 遺伝子を調べる道具をつくってみよう

    2013年度   週間授業   大学

  • 生命環境科学概論

    2013年度   週間授業   大学

  • 土壌学

    2012年度   週間授業   大学

  • 資源植物学特論

    2012年度   週間授業   大学院

  • 基礎生物学実験I

    2012年度   実習   大学

  • 生命環境科学概論

    2012年度   週間授業   大学

  • 応用生命科学特論A

    2012年度   集中講義   大学院

  • 植物バイオサイエンスセミナー

    2011年度   集中講義   大学

  • 応用生命特論A

    2011年度   集中講義   大学院

  • 土壌学

    2011年度   週間授業   大学

▼全件表示

所属院生等の論文発表集計

  • 2022年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:1件

  • 2021年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:3件

  • 2019年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:2件

  • 2018年度

    所属大学院生発表数:3件

  • 2017年度

    所属大学院生発表数:2件

  • 2016年度

    所属大学院生発表数:1件

  • 2014年度

    所属大学院生発表数:1件

▼全件表示

論文・研究指導集計

  • 2023年度

    卒業論文指導数:2名  卒業論文審査数:2件

    博士前期課程学生指導数:2名  博士後期課程学生指導数:1名

    修士論文審査数(主査):2件  修士論文審査数(副査):4件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

  • 2022年度

    卒業論文指導数:2名  卒業論文審査数:2件

    博士前期課程学生指導数:1名  博士後期課程学生指導数:1名

    修士論文審査数(主査):1件  修士論文審査数(副査):5件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

  • 2021年度

    卒業論文指導数:2名  卒業論文審査数:2件

    博士前期課程学生指導数:2名  博士後期課程学生指導数:1名

    修士論文審査数(主査):2件  修士論文審査数(副査):4件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):2件

  • 2020年度

    卒業論文指導数:2名  卒業論文審査数:2件

    博士前期課程学生指導数:2名  博士後期課程学生指導数:3名

    修士論文審査数(主査):2件  修士論文審査数(副査):5件

    博士論文審査数(主査):3件  博士論文審査数(副査):0件

  • 2019年度

    卒業論文指導数:2名  卒業論文審査数:2件

    博士前期課程学生指導数:3名  博士後期課程学生指導数:3名

    修士論文審査数(主査):3件  修士論文審査数(副査):7件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):1件

  • 2018年度

    卒業論文指導数:3名 

  • 2017年度

    卒業論文指導数:2名 

  • 2016年度

    卒業論文指導数:2名 

  • 2015年度

    卒業論文指導数:3名 

  • 2014年度

    卒業論文指導数:2名 

  • 2013年度

    卒業論文指導数:2名 

  • 2012年度

    卒業論文指導数:2名 

▼全件表示

社会貢献活動

  • 福島県立福島高等学校スーパーサイエンスハイスクールセミナー「ゲノム情報はボーダーを越えて行く」

    役割:講師

    福島県立福島高等学校  スーパーサイエンスハイスクールセミナー  2024年01月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

    参加者数:60(人)

  • ちゃっかりしっかり寄生植物~その驚きの生存戦略とは~

    役割:講師

    大阪公立大学  大阪公立大学公開講座  2023年11月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

    参加者数:72(人)

  • 出前講義 ゲノム情報を活用した食料原料の生産

    役割:講師

    学校法人 静岡理工科大学 星陵高等学校  2023年11月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:出前授業

    参加者数:60(人)

  • 出前講義 ゲノム情報を活用した食料原料の生産

    2019年04月 - 2020年03月

  • 出前講義 寄生植物のふしぎ

    2018年04月 - 2019年03月

  • 授業体験WEEK 生命環境科学概論

    2018年04月 - 2019年03月

  • 授業体験WEEK 生命環境科学概論

    2017年04月 - 2018年03月

  • 授業体験WEEK 生命環境科学概論『ゲノム科学の可能性』

    2016年04月 - 2017年03月

  • 教員免許状更新講習 F3 授業で活かす遺伝子情報の生物学

    2014年04月 - 2015年03月

  • 大阪府立池田高等学校「高校内ガイダンス」

    2012年04月 - 2013年03月

▼全件表示

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • ゲノム情報を活用した食料原料の生産

    分野:農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学)

     詳細を見る

    対象:中学生, 高校生, 大学生, 社会人・一般, 企業, 市民団体

    キーワード:DNA、ゲノム、 

    ゲノムってなんでしょう?それがどのように食料や原料に結びつくのでしょうか?近年爆発的に発展してきたゲノムを読む方法の解説も交えて、いかにDNA情報を生活に結び付けられるかに関してお話しします。

  • 寄生植物のふしぎ

    分野:農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学)

     詳細を見る

    対象:中学生, 高校生, 大学生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 企業, 市民団体

学術貢献活動

  • Current Opinion in Plant Biology

    役割:査読

    2024年02月 - 2024年08月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Plasmodesmata 2024

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    2023年09月 - 2024年09月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  • Plant Physiology

    役割:査読

    2023年08月 - 2024年02月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • 17th World Congress on Parasitic Plants

    役割:企画立案・運営等

    2023年04月 - 2024年06月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  • Plant Physiology

    役割:査読

    2023年03月 - 2023年09月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Plant Cell Reports

    役割:査読

    2023年02月 - 2023年08月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Journal of Experimental Botany

    役割:査読

    2023年01月 - 2023年07月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Japan Solanaceae Consortium Meeting 2023

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    2022年12月 - 2023年11月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  • Frontiers in Plant Science

    役割:査読

    2022年10月 - 2023年02月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • 7th International Conference on Plant Vascular Biology

    役割:企画立案・運営等

    2022年08月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  • Plant and Cell Physiology

    役割:査読

    2022年06月 - 2022年12月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • iScience

    役割:査読

    2022年05月 - 2022年11月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Plant Cell Reports

    役割:査読

    2022年01月 - 2022年07月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • New Phytologists

    役割:査読

    2021年12月 - 2022年06月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Plant and Cell Physiology

    役割:査読

    2021年12月 - 2022年06月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Frontiers in Plant Science

    役割:査読

    2021年08月 - 2023年01月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Plant and Cell Physiology

    役割:査読

    2021年08月 - 2021年12月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Frontiers in Plant Science

    役割:査読

    2021年05月 - 2021年12月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Journal of Experimental Botany

    役割:査読

    2021年04月 - 2021年12月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • The 6th International Conference on Plant Vascular Biology

    役割:企画立案・運営等

    2021年03月 - 2022年08月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  • Frontiers in Plant Science

    役割:査読

    2021年02月 - 2021年12月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Frontiers in Plant Science

    役割:査読

    2021年02月 - 2021年10月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Plant Physiology

    役割:査読

    2021年01月 - 2021年10月

  • Genes

    役割:査読

    2020年12月 - 2021年06月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Plants

    役割:査読

    2020年07月 - 2021年01月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Plant Physiology

    役割:査読

    2020年06月 - 2021年05月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Plant and Cell Physiology

    役割:査読

    2020年01月 - 2020年12月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Plants

    役割:査読

    2020年01月 - 2020年12月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Plant Physiology

    役割:査読

    2020年01月 - 2020年12月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Front. Plant Sci.

    役割:査読

    2019年04月 - 2020年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:2件

  • Plant and Cell Physiology

    役割:査読

    2019年01月 - 2019年10月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Plant Biotechnology

    2018年07月 - 2022年07月

  • Cellular and Molecular Life Sciences

    役割:査読

    2018年06月 - 2018年12月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Plant Cell Physiol.

    役割:査読

    2018年04月 - 2019年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:2件

  • Cellular and Molecular Life Sciences

    役割:査読

    2018年04月 - 2019年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:2件

  • Plant Biotechnology

    役割:査読

    2018年04月 - 2019年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:2件

  • Plants (Basel)

    役割:査読

    2018年04月 - 2019年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:1件

  • Protoplasma

    役割:査読

    2018年04月 - 2019年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:2件

  • Plant Physiology and Biochemistry

    役割:査読

    2018年04月 - 2019年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:1件

  • DNA Res.

    役割:査読

    2018年04月 - 2019年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:1件

  • Plant Biotechnology

    役割:査読

    2018年04月 - 2018年10月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Plant Biotechnology

    役割:査読

    2017年04月 - 2018年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:4件

  • Plant Cell Physiol.

    役割:査読

    2017年04月 - 2018年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:7件

  • Plant J.

    役割:査読

    2017年04月 - 2018年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:1件

  • Front. Plant Sci.

    役割:査読

    2017年04月 - 2018年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:3件

  • DNA Res.

    役割:査読

    2017年04月 - 2018年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:1件

  • Nat. Commun.

    役割:査読

    2017年04月 - 2018年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:1件

  • Plant Physiology and Biochemistry

    役割:査読

    2017年04月 - 2018年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:3件

  • Plant Physiology and Biochemistry

    役割:査読

    2016年04月 - 2017年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:1件

  • Plant Mol. Biol.

    役割:査読

    2016年04月 - 2017年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:1件

  • Plant Cell Physiol.

    役割:査読

    2016年04月 - 2017年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:6件

  • Plant J.

    役割:査読

    2016年04月 - 2017年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:1件

  • DNA Res.

    役割:査読

    2016年04月 - 2017年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:2件

  • Plant Biotechnology

    役割:査読

    2016年04月 - 2017年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:8件

  • Genes

    役割:査読

    2016年04月 - 2017年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:2件

  • Nucleic Acids Res.

    役割:査読

    2016年04月 - 2017年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:2件

  • PLoS one

    役割:査読

    2016年04月 - 2017年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:1件

  • PLoS one

    役割:査読

    2015年04月 - 2016年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:1件

  • DNA Res.

    役割:査読

    2015年04月 - 2016年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:1件

  • Plant Physiology and Biochemistry

    役割:査読

    2015年04月 - 2016年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:2件

  • Plant Biotechnology

    役割:査読

    2015年04月 - 2016年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:3件

  • Front. Plant Sci.

    役割:査読

    2015年04月 - 2016年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:3件

  • Plant J.

    役割:査読

    2015年04月 - 2016年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:1件

  • Biosci. Biotechnol. Biochem.

    役割:査読

    2015年04月 - 2016年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:1件

  • Plant Cell Physiol.

    役割:査読

    2015年04月 - 2016年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:5件

  • Plant Cell Physiol.

    役割:査読

    2014年04月 - 2015年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:6件

  • Front. Plant Sci.

    役割:査読

    2014年04月 - 2015年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:2件

  • J. Plant Res.

    役割:査読

    2014年04月 - 2015年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:2件

  • J. Intgr. Plant Biol.

    役割:査読

    2014年04月 - 2015年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:2件

  • DNA Res.

    役割:査読

    2014年04月 - 2015年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:3件

  • Plant Biotechnology

    役割:査読

    2014年04月 - 2015年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:8件

  • J. Exp. Bot.

    役割:査読

    2014年04月 - 2015年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:4件

  • Plant J.

    役割:査読

    2014年04月 - 2015年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:3件

  • Plant and Cell Physiology

    2014年01月 - 継続中

  • Plant Biotechnology

    役割:査読

    2013年04月 - 2014年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:15件

  • BMC Plant Biol.

    役割:査読

    2013年04月 - 2014年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:1件

  • J. Exp. Bot.

    役割:査読

    2013年04月 - 2014年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:2件

  • Plant Cell Physiol.

    役割:査読

    2013年04月 - 2014年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:2件

  • Plant Biotechnology

    2013年01月 - 2013年12月

  • Plant Biotechnology

    役割:査読

    2012年04月 - 2013年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:7件

  • DNA Res.

    役割:査読

    2012年04月 - 2013年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:1件

  • Plant Cell Physiol.

    役割:査読

    2012年04月 - 2013年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:2件

  • Gene

    役割:査読

    2011年04月 - 2012年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:1件

▼全件表示

外国人受入実績

  • 2017年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :2名

  • 2016年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :1名

国際交流活動

  • さくらサイエンス

    活動区分 :教育

    活動国 :ベトナム、タイ   2023年03月

役職

  • 部局内役職

    農学部 応用生物科学科 

    学科長  2022年04月 - 継続中

  • 部局内役職

    大学院農学研究科 応用生物科学専攻 

    専攻長  2022年04月 - 2024年03月