2024/05/02 更新

写真a

イケノ ヒデカズ
池野 豪一
Ikeno Hidekazu
担当
大学院工学研究科 物質化学生命系専攻 准教授
工学部 マテリアル工学科
職名
准教授
所属
工学研究院
連絡先
メールアドレス
所属キャンパス
中百舌鳥キャンパス

担当・職階

  • 大学院工学研究科 物質化学生命系専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 工学部 マテリアル工学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(工学) ( 京都大学(日本) )

  • 修士(工学) ( 京都大学 )

研究分野

  • ナノテク・材料 / 金属材料物性  / 金属物性

  • ナノテク・材料 / 金属材料物性  / 第一原理計算・材料設計シミュレーション

  • ナノテク・材料 / 無機材料、物性

研究キーワード

  • 計算材料科学

  • 内殼X線分光

  • 無機蛍光体

  • 電気化学触媒

  • マテリアルズインフォマティクス

  • 電子分光

  • 遷移金属化合物

  • 計算材料科学

  • 第一原理計算

研究概要

  • 無機蛍光体の光学特性の理論計算

  • 計算科学に基づく電気化学触媒の反応素過程の解明

  • X線吸収スペクトルの機械学習

  • 内殼X線分光(XANES/ELNES, XPS, RIXS, XMCD)の新規理論計算手法の開発

  • 第一原理計算を用いたナノ構造・物性予測

研究歴

  • 第一原理多電子計算による蛍光体特性の予測

    国内共同研究

    2020年04月 - 継続中 

  • 機械学習と第一原理計算に基づく新規スペクトル解析技術の確立

    個人研究

    2016年10月 - 継続中 

  • 遷移金属複合酸化物における酸素発生反応・酸素還元反応プロセスの解明

    第一原理計算、電気化学触媒  機関内共同研究

    2014年10月 - 継続中 

  • 鉄系酸化物磁石における添加元素の局所環境解析

    国内共同研究

    2014年04月 - 2017年03月 

  • ポリアニオン型リチウムイオン電池正極材料におけるX線分光の高精度第一原理計算

    第一原理計算、X線吸収分光、電子線エネルギー損失分光、リチウムイオン2次電池  個人研究

    2012 - 2013 

  • 内殻X線分光の相対論多電子計算手法の開発

    個人研究

    2002年04月 - 継続中 

所属学協会

  • 日本物理学会

    2007年06月 - 継続中   国内

  • 日本金属学会

    2002年12月 - 継続中   国内

  • 日本金属学会

  • 日本物理学会

職務経歴(学外)

  • 内閣府   科学技術・イノベーション推進事務局   上席科学技術政策フェロー

    2024年04月 - 継続中

  • 内閣官房   グローバル・スタートアップ・キャンパス構想推進室 室員 (非常勤)

    2022年08月 - 継続中

  • 内閣府   科学技術・イノベーション推進事務局   科学技術政策フェロー

    2022年04月 - 継続中

  • 科学技術振興機構・さきがけ研究者(兼任)

    2016年10月 - 2020年03月

  • JST   さきがけ

    2016年10月 - 2020年03月

  • 京都大学 福井謙一記念研究センター (特定助教)

    2011年11月 - 2013年03月

  • 京都大学 福井謙一記念研究センター (福井センターフェロー)

    2010年04月 - 2011年10月

  • ユトレヒト大学 化学科 (博士研究員)

    2009年04月 - 2010年03月

  • 京都大学 工学研究科 (博士研究員(産官学連携))

    2008年04月 - 2009年03月

  • 京都大学 工学研究科 (博士研究員(産学官連携))

    2007年04月 - 2008年03月

  • 日本学術振興会特別研究員(DC2)

    2005年04月 - 2007年03月

▼全件表示

論文

  • Site-selective cobalt substitution in La–Co co-substituted magnetoplumbite-type ferrites: 59Co-NMR and DFT calculation study

    Hiroyuki Nakamura, Hiroto Ohta, Ryuya Kobayashi, Takeshi Waki, Yoshikazu Tabata, Hidekazu Ikeno, Christian Mény

    Journal of Physics: Materials   2024年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/2515-7639/ad3b6d

  • Extraction of Local Structure Information from X-ray Absorption Near-Edge Structure: A Machine Learning Approach 査読

    Higashi Megumi, Ikeno Hidekazu

    MATERIALS TRANSACTIONS   64 ( 9 )   2179 - 2184   2023年09月( ISSN:13459678

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    <p>In this work, we constructed machine learning models to predict structural descriptors that numerically represent the atomic structures in three dimensions from x-ray absorption near-edge structure (XANES) spectra. The neural network models that predict radial distribution functions (RDF) and orbital-field matrix (OFM), a descriptor that deals with the anisotropy of the local structure, the valence electron number of the ligand, and orbital information, were constructed. We used more than 120,000 O K-edge XAS spectra data from the Materials Project database as the training data set. We successfully constructed models that roughly predicted RDFs with 74% of the test data. Furthermore, the model that predicted OFM also captured an overview of OFM in 97% of the test data. These results demonstrate that the atomic structural information can be directly extracted from XANES spectra using neural network models.</p>

    DOI: 10.2320/matertrans.mt-mg2022028

  • A Novel Diamagnetic Insulating Quadruple Perovskite Oxide YCu₃Rh₄O₁₂ 査読

    MATERIALS TRANSACTIONS   64 ( 9 )   2077 - 2081   2023年09月( ISSN:13459678

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.2320/matertrans.mt-mg2022005

  • Synergistic Effect between Fe4+ and Co4+ on Oxygen Evolution Reaction Catalysis for CaFe1-xCoxO3 査読

    Yamada Ikuya, Tanaka Atsushi, Oda Seiji, Okazaki Yuichi, Toda Fumito, Kato Yuta, Kizawa Yuta, Oshita Masaya, Goto Manami, Morimura Amane, Ochi Asuka, Toda Kaoru, Wang Wencong, Yamamoto Hajime, Ikeno Hidekazu, Yagi Shunsuke

    MATERIALS TRANSACTIONS   64 ( 9 )   2097 - 2104   2023年09月( ISSN:13459678

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    <p>Chemical substitution is an effective way to improve electrocatalytic properties in transition metal oxides. We investigate the synergistic effect between Fe<sup>4+</sup> and Co<sup>4+</sup> ions on the catalytic activity for oxygen evolution reaction (OER) in the Fe-Co-mixed perovskite oxide CaFe<sub>1–</sub><i><sub>x</sub></i>Co<i><sub>x</sub></i>O<sub>3</sub>. The OER activity of CaFe<sub>1–</sub><i><sub>x</sub></i>Co<i><sub>x</sub></i>O<sub>3</sub> is substantially increased by small amounts of Co (Fe) doping into CaFeO<sub>3</sub> (CaCoO<sub>3</sub>), leading to the superiority compared to the pure Fe and Co perovskite oxides. The <i>x</i> dependences of the OER overpotential and specific activity for CaFe<sub>1–</sub><i><sub>x</sub></i>Co<i><sub>x</sub></i>O<sub>3</sub> (0.05 ≦ <i>x</i> ≦ 0.95) are expressed by constant offset from the weighted average between CaFeO<sub>3</sub> and CaCoO<sub>3</sub>, which can be interpreted to be the synergistic effect between Fe<sup>4+</sup> and Co<sup>4+</sup> ions on OER activity. The absence of the optimum <i>x</i> for the highest activity for CaFe<sub>1–</sub><i><sub>x</sub></i>Co<i><sub>x</sub></i>O<sub>3</sub> contrasts with the volcano-like plots reported in various mixed-metal oxides. First-principle calculations using the special quasirandom structure models on CaFe<sub>1–</sub><i><sub>x</sub></i>Co<i><sub>x</sub></i>O<sub>3</sub> (<i>x</i> = 0.03–0.5) demonstrate that about half the amount of Fe<sup>4+</sup> is electronically activated to possess smaller charge-transfer energies, corroborating the enhancement of catalytic activity in CaFe<sub>1–</sub><i><sub>x</sub></i>Co<i><sub>x</sub></i>O<sub>3</sub>. These findings provide new insight into the synergistic effects in complex transition metal oxide catalysts.</p>

    DOI: 10.2320/matertrans.mt-mg2022021

  • Unusual Selective Monitoring of N,N-Dimethylformamide in a Two-Dimensional Material Field-Effect Transistor

    Fukui A.

    ACS Nano   17 ( 15 )   14981 - 14989   2023年07月( ISSN:1936-0851

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsnano.3c03915

    PubMed

  • 四重ペロブスカイト酸化物の超高圧合成と多機能性

    山田 幾也, 岡崎 湧一, 内村 祐, 高松 晃彦, 池野 豪一, 八木 俊介

    高圧力の科学と技術   33 ( 1 )   3 - 9   2023年03月( ISSN:0917639X

     詳細を見る

  • Rapid discovery of new Eu2+-activated phosphors with a designed luminescence color using a data-driven approach 査読

    Koyama Y.

    Materials Advances   4 ( 1 )   231 - 239   2023年01月( ISSN:2633-5409

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/d2ma00881e

  • Narrow-Band Emitting Phosphor Na2Cs2Sr(B9O15)2:Eu2+ Discovered from Local Structure Similarity with Sulfate Phosphor. 査読

    Takemura S, Koyama Y, Nakanishi T, Funahashi S, Hirosaki N, Ikeno H, Takeda T

    The journal of physical chemistry letters   13 ( 51 )   11878 - 11882   2022年12月( ISSN:1948-7185

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/acs.jpclett.2c02889

    PubMed

  • Composition-Designed Multielement Perovskite Oxides for Oxygen Evolution Catalysis 査読

    Yuichi Okazaki, Yushi Fujita, Hidenobu Murata, Naoki Masuyama, Yusuke Nojima, Hidekazu Ikeno, Shunsuke Yagi, Ikuya Yamada

    Chemistry of Materials   34 ( 24 )   10973 - 10981   2022年12月( ISSN:0897-4756

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Oxygen evolution reaction (OER) catalysts play an essential role in energy-conversion electrochemical reactions. High-entropy oxides (HEOs) were recently investigated as promising candidates to realize highly active and cost-effective OER catalysts. Since the vast composition space for the HEOs needs considerable efforts to find promising catalysts, the further development beyond simple chemical compositions like equimolar ones has not been achieved yet. In this study, we conducted the fast and efficient design of the perovskite of La(Cr, Mn, Fe, Co, Ni)O3 with high OER catalytic activity using Bayesian optimization and found the relationship between chemical compositions and OER catalytic activities. The multielement perovskites with the optimized compositions exhibited much higher activities than the equimolar LaCr1/5Mn1/5Fe1/5Co1/5Ni1/5O3, which was previously reported as an active catalyst. Bayesian optimization adjusted the concentrations of OER active elements of Fe, Co, and Ni in high contents to enhance the catalytic activities. The optimization also indicates that the OER inactive elements (Cr and Mn) in perovskites even promote the OER activities. These findings suggest the solution of data-based predictions to improve catalytic performances in multielement transition-metal oxides.

    DOI: 10.1021/acs.chemmater.2c02986

  • Structural phase transition in cobalt oxyfluoride Co3Sb4O6F6 observed by high-resolution synchrotron and neutron diffraction 査読

    Seiya Shimono, Hiroki Ishibashi, Yusuke Nagayoshi, Hidekazu Ikeno, Shogo Kawaguchi, Masato Hagihala, Shuki Torii, Takashi Kamiyama, Katsuya Ichihashi, Sadafumi Nishihara, Katsuya Inoue, Yui Ishii, Yoshiki Kubota

    Journal of Physics and Chemistry of Solids   163   110568 - 110568   2022年04月( ISSN:0022-3697

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jpcs.2021.110568

  • Narrow-band phosphor K2ZnP2O7:Eu2+ discovered using local structure similarity 査読

    Shota Takemura, Yukinori Koyama, Takayuki Nakanishi, Shiro Funahashi, Naoto Hirosaki, Hidekazu Ikeno, Takashi Takeda

    Scripta Materialia   215   114686 - pp.1-5   2022年03月( ISSN:1359-6462

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    A new narrow-band emitting phosphor K2ZnP2O7:Eu2+ was discovered by extracting promising crystal structures from a database. Regarding the local structures consisting of the central cation and surrounded ligands extracted from the crystal structure, we obtained the quantitative dissimilarity between the local structures and visualized the data as a 2D scatter plot using the t-SNE method. As a result, one of the K-sites of K2ZnP2O7 was located near the reference local structure Ba-site of the known narrow-band phosphor BaSi2O2N2:Eu2+ in the scatter plot. We synthesized K2ZnP2O7:Eu2+ and measured the luminescence properties. K2ZnP2O7:Eu2+ showed a narrow-band emission at 440 nm with a full width at half maximum of 30 nm.

    DOI: 10.1016/j.scriptamat.2022.114686

  • Highly active postspinel-structured catalysts for oxygen evolution reaction 査読

    Yuichi Okazaki, Seiji Oda, Akihiko Takamatsu, Shogo Kawaguchi, Hirofumi Tsukasaki, Shigeo Mori, Shunsuke Yagi, Hidekazu Ikeno, Ikuya Yamada

    RSC Advances   12 ( 9 )   5094 - 5104   2022年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Postspinel-structured oxides, CaB<sub>2</sub>O<sub>4</sub> (B = Cr<sup>3+</sup>, Mn<sup>3+</sup>, and Fe<sup>3+</sup>), have exhibited systematically higher catalytic activities in the oxygen evolution reaction (OER) than nominally conventional counterparts of perovskite LaBO<sub>3</sub> and spinel ZnB<sub>2</sub>O<sub>4</sub>.

    DOI: 10.1039/d2ra00448h

  • Dissimilarity measure of local structure in inorganic crystals using Wasserstein distance to search for novel phosphors 査読

    Shota Takemura, Takashi Takeda, Takayuki Nakanishi, Yukinori Koyama, Hidekazu Ikeno, Naoto Hirosaki

    Science and Technology of Advanced Materials   22 ( 1 )   185 - 193   2021年12月( ISSN:1468-6996

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/14686996.2021.1899555

  • Ultralarge Photoluminescence Enhancement of Monolayer Molybdenum Disulfide by Spontaneous Superacid Nanolayer Formation 査読 国際共著

    Yuki Yamada, Yan Zhang, Hidekazu Ikeno, Keisuke Shinokita, Takeshi Yoshimura, Atsushi Ashida, Norifumi Fujimura, Kazunari Matsuda, Daisuke Kiriya

    ACS Applied Materials & Interfaces   13 ( 21 )   25280 - 25289   2021年06月( ISSN:1944-8244

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Due to the direct band gap nature, extensive studies have been conducted to improve the optical behavior in monolayer transition metal dichalcogenides (TMDCs) with a formula of MX2 (M = Mo, W; X = S, Se, Te). One of the strongest modulating agents of optical behavior is a molecular superacid treatment; however, the chemical event has not been unveiled. Also, the engineering protocol for keeping the treatment is immature. In this work, we systematically study the superacid treatment procedures on monolayer molybdenum disulfide (MoS2) and propose that the interaction, a hydrophilic interaction, between the superacid molecule and MoS2 surface would be critical. As a result of the interaction, the superacid molecules spontaneously form an acidic layer with the thickness of several nanometers on the surface. The power-dependent photoluminescence (PL) measurement indicates the edge of MoS2 flake is more effective and electronically modulated by the treatment. By understanding the superacid nanolayer formation by the treatment, we succeeded in maintaining the ultrastrong PL in the superacid-treated MoS2 for more than 30 days in the ambient air by encapsulation with transparent organic polymers. This study advances the understanding and designing applications of strong luminescent properties in the superacid-treated TMDCs and paves the way toward engineering exciton dynamics and an experimental platform for treating multibody states.

    DOI: 10.1021/acsami.1c04980

  • Metamagnetic Behavior in a Quadruple Perovskite Oxide 査読

    Yuichi Okazaki, Yuta Kato, Yuta Kizawa, Seiji Oda, Kai Uemura, Takuya Nishio, Fuminari Fujii, Shintaro Fujinari, Masaya Kinoshita, Takao Odake, Hayato Togano, Takashi Kamegawa, Shogo Kawaguchi, Hajime Yamamoto, Hidekazu Ikeno, Shunsuke Yagi, Kouhei Wada, Kyo-Hoon Ahn, Atsushi Hariki, Ikuya Yamada

    Inorganic Chemistry   60 ( 10 )   7023 - 7030   2021年05月( ISSN:0020-1669

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A cubic quadruple perovskite oxide CeMn3Cr4O12 has been synthesized under high-pressure and high-temperature conditions of 8 GPa and 1273 K. The X-ray absorption spectroscopy reveals that the Ce ions are in a trivalent state, as represented by the ionic model of Ce3+Mn3+3Cr3+4O12. The magnetic study demonstrates three independent antiferromagnetic transitions attributed to Ce (∼10 K), Mn (46 K), and Cr (133 K) ions. Furthermore, a magnetic field-induced antiferromagnetic-to-ferromagnetic (metamagnetic) transition of Ce3+ 4f moments is observed at low temperatures below 20 K, exhibiting a rare example of metamagnetism in the Ce3+-oxides. This finding represents that the 3d-electron magnetic sublattices play a role in the metamagnetism of 4f-electron magnetic moments, demonstrating a new aspect of the 3d-4f complex electron systems.

    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.0c03432

    PubMed

  • Metamagnetic Behavior in a Quadruple Perovskite Oxide 査読

    Yuichi Okazaki, Yuta Kato, Yuta Kizawa, Seiji Oda, Kai Uemura, Takuya Nishio, Fuminari Fujii, Shintaro Fujinari, Masaya Kinoshita, Takao Odake, Hayato Togano, Takashi Kamegawa, Shogo Kawaguchi, Hajime Yamamoto, Hidekazu Ikeno, Shunsuke Yagi, Kouhei Wada, Kyo-Hoon Ahn, Atsushi Hariki, and Ikuya Yamada

    Inorganic Chemistry 雑誌 American Chemical Society   60 ( 10 )   2021年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 2p x-ray absorption spectroscopy of 3d transition metal systems 査読

    Frank M.F. de Groot, Hebatalla Elnaggar, Federica Frati, Ru-pan Wang, Mario U. Delgado-Jaime, Michel van Veenendaal, Javier Fernandez-Rodriguez, Maurits W. Haverkort, Robert J. Green, Gerrit van der Laan, Yaroslav Kvashnin, Atsushi Hariki, Hidekazu Ikeno, Harry Ramanantoanina, Claude Daul, Bernard Delley, Michael Odelius, Marcus Lundberg, Oliver Kuhn, Sergey I. Bokarev, Eric Shirley, John Vinson, Keith Gilmore, Mauro Stener, Giovanna Fronzoni, Piero Decleva, Peter Kruger, Marius Retegan, Yves Joly, Christian Vorwerk, Claudia Draxl, John Rehr, Arata Tanaka

    Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena   249   147061 - 147061   2021年05月( ISSN:0368-2048

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.elspec.2021.147061

  • 四重ペロブスカイト酸化物の酸素発生触媒特性 査読

    山田幾也、池野豪一、八木俊介

    触媒 雑誌 触媒学会   63 ( 2 )   2021年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Dissimilarity measure of local structure in inorganic crystals using Wasserstein distance to search for novel phosphors 査読

    Shota Takemura, Takashi Takeda, Takayuki Nakanishi, Yukinori Koyama, Hidekazu Ikeno, Naoto Hirosaki

    Science and Technology of Advanced Materials 雑誌 Taylor & Francis   22 ( 1 )   2021年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 2p x-ray absorption spectroscopy of 3d transition metal systems 査読

    Frank M.F. de Groot, Hebatalla Elnaggar, Federica Frati, Ru-pan Wang, Mario U. Delgado-Jaime, Michel van Veenendaal, Javier Fernandez-Rodriguez, Maurits W. Haverkort, Robert J. Green, h, Gerrit van der Laan, Yaroslav Kvashnin, Atsushi Hariki, Hidekazu Ikeno, Harry Ramanantoanina, Claude Daul, Bernard Delley, Michael Odelius, Marcus Lundberg, Oliver Kuhn, Sergey I. Bokarev, Eric Shirley, John Vinson, Keith Gilmore, Mauro Stener, Giovanna Fronzoni, Piero Decleva, Peter Kruger, Marius Retegan, Yves Joly, Christian Vorwerk, Claudia Draxl, John Rehr, Arata Tanaka

    Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena 雑誌 Elsevier   249   2021年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Reduced-Shifted Conjugate-Gradient Method with Seed Switching for Calculating X-ray Absorption Spectra

    Hidekazu Ikeno, Masato Urasaki

    MATERIALS TRANSACTIONS   61 ( 8 )   1462 - 1467   2020年08月( ISSN:1345-9678

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2320/matertrans.mt-mn2019044

  • Reduced-Shifted Conjugate-Gradient Method with Seed Switching for Calculating X-ray Absorption Spectra 査読

    Hidekazu Ikeno and Masato Urasaki

    Materials Transactions 雑誌 The Japan Institute of Metals and Materials   61 ( 8 )   2020年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Enhanced Catalytic Activity and Stability of the Oxygen Evolution Reaction on Tetravalent Mixed Metal Oxide 査読

    Ikuya Yamada, Masaya Kinoshita, Seiji Oda, Hirofumi Tsukasaki, Shogo Kawaguchi, Kengo Oka, Shigeo Mori, Hidekazu Ikeno, Shunsuke Yagi

    Chemistry of Materials   32 ( 9 )   3893 - 3903   2020年05月( ISSN:0897-4756

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The oxygen evolution reaction (OER) is a crucial energy conversion reaction for achieving a sustainable society. Highly active OER catalysts were reported in Fe-Co mixed oxides such as perovskite-type Ba0.5Sr0.5Co0.8Fe0.2O3-δ (BSCF) and brownmillerite-type Ca2FeCoO5. The synergistic effects of Fe-Co mixing on the OER activity are expected in these oxides. However, the details have not been discussed yet because of their structure randomness. In this study, we examine Fe-Co mixing effects on OER catalytic activity for several perovskite and brownmillerite oxides with trivalent and tetravalent Fe and Co ions. Regardless of crystal structures and valence states, the Fe-Co mixing enhances the OER activities compared to the parent compounds. In particular, CaFe0.5Co0.5O3, a perovskite oxide consisting of Fe4+ and Co4+ ions, displays a significant increase in OER activity, which is comparable to BSCF, together with the enhancement of stability. The electronic state of CaFe0.5Co0.5O3 obtained by density-functional theory calculation with the special quasirandom structure model exhibits the existence of active sites with smaller charge-transfer energies than the parent compounds, CaFeO3 and CaCoO3. This finding proposes that the various structural and electronic environments around transition metal ions induced by random distributions of constituent metals contributes to dispersed electronic band structures, leading to highly active sites.

    DOI: 10.1021/acs.chemmater.0c00061

  • Enhanced Catalytic Activity and Stability of the Oxygen Evolution Reaction on Tetravalent Mixed Metal Oxide 査読

    Ikuya Yamada, Masaya Kinoshita, Seiji Oda, Hirofumi Tsukasaki, Shogo Kawaguchi, Kengo Oka, Shigeo Mori, Hidekazu Ikeno, and Shunsuke Yagi

    Chemistry of Materials 雑誌 American Chemical Society   32   2020年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Highly active hydrogen evolution catalysis on oxygen-deficient double-perovskite oxide PrBaCo2O2−δ

    Hayato Togano, Kaisei Asai, Seiji Oda, Hidekazu Ikeno, Shogo Kawaguchi, Kengo Oka, Kouhei Wada, Shunsuke Yagi and Ikuya Yamada

    Materials Chemistry 雑誌 The Royal Society of Chemistry   4 ( 5 )   2020年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Highly active hydrogen evolution catalysis on oxygen-deficient double-perovskite oxide PrBaCo2O6−δ 査読

    Hayato Togano, Kaisei Asai, Seiji Oda, Hidekazu Ikeno, Shogo Kawaguchi, Kengo Oka, Kouhei Wada, Shunsuke Yagi, Ikuya Yamada

    Materials Chemistry Frontiers   4 ( 5 )   1519 - 1529   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Efficient hydrogen evolution on water splitting is a crucial issue to achieve a sustainable society based on renewable energy. Highly active and cost-effective catalysts for oxygen/hydrogen evolution reactions (OERs/HERs) are desired to suppress the intrinsically significant overpotential of these reactions. Perovskite-related transition-metal oxides have been widely investigated as promising candidates for electrochemical catalysts, whereas their complex composition and structure inhibit the elucidation of essential factors for activating HER. Herein, we report a systematic study on predominant factors affecting HER catalysis for Co-containing perovskite-related oxides. The A-site-ordered double perovskite oxide PrBaCo O exhibits HER activity with a volcano-type plot associated with oxygen deficiency content, and shows the highest activity at a moderate value of δ = 0.2, in addition to the significant superiority to the simple ABO -type perovskite, ACoO (A = La, La Ca , Ca). Based on the Tafel slope, electric conductivity, and charge-transfer resistance analyses, we have found that complementary factors dominate the HER catalysis; Co-O covalency and water dissociation site, which are respectively induced by high Co valence and oxygen deficiency. This finding provides new insight into the rational design of transition-metal oxide catalysts for HER. 2 6-δ 3 3 0.5 0.5

    DOI: 10.1039/D0QM00056F

  • Systematic Study of Descriptors for Oxygen Evolution Reaction Catalysis in Perovskite Oxides 査読

    Ikuya Yamada, Akihiko Takamatsu, Kaisei Asai, Takuto Shirakawa, Hideo Ohzuku, Akihiro Seno, Tasuku Uchimura, Hiroshi Fujii, Shogo Kawaguchi, Kouhei Wada, Hidekazu Ikeno, and Shunsuke Yagi

    The Journal of Physical Chemistry C 雑誌 ACS Publications   122 ( 49 )   2018年12月

  • mxpfit: A library for finding optimal multi-exponential approximations 査読

    Hidekazu Ikeno

    Computer Physics Communications 雑誌 Elsevier   230   2018年09月

  • Synergistically Enhanced Oxygen Evolution Reaction Catalysis for Multielement Transition-Metal Oxides 査読

    I. Yamada, A. Takamatsu, K. Asai, H. Ohzuku, T. Shirakawa, T. Uchimura, S. Kawaguchi, H. Tsukasaki, S. Mori, K. Wada, H. Ikeno, and S. Yagi

    ACS Applied Energy Materials 雑誌 ACS Publications   1 ( 8 )   2018年08月

  • Ab-initio Multiplet Calculations Using Iterative Algorithms for X-ray Absorption Spectra at Transition Metal L2,3-Edges 査読

    Masato Urasaki, and Hidekazu Ikeno

    Materials Transactions 雑誌 Japan Institute of Metals   59 ( 7 )   2018年07月

  • 共鳴非弾性軟X線散乱の磁気円二色性による磁性研究 査読

    宮脇淳、菅滋正、藤原秀紀、池野豪一、原田慈久

    放射光 日本放射光学会   31 ( 6 )   2018年06月

  • Density functional calculations of the Mössbauer parameters in hexagonal ferrite SrFe12O19

    Hidekazu Ikeno

    Physica B 雑誌 Elsevier   532   2018年03月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • Spherical Bessel transform via exponential sum approximation of spherical Bessel function 査読

    Hidekazu Ikeno

    Journal of Computational Physics 雑誌 Elsevier   355   2018年02月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • Complementary evaluation of structure stability of perovskite oxides using bond-valence and density-functional-theory calculations 査読

    Ikuya Yamada, Akihiko Takamatsu, Hidekazu Ikeno

    Science and Technology of Advanced Materials 雑誌 Taylor and Francis   19 ( 1 )   2018年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Oxygen Evolution via the Bridging Inequivalent Dual-Site Reaction: First-Principles Study of a Quadruple-Perovskite Oxide Catalyst 査読

    Takamatsu Akihiko, Ikuya Yamada, Shunsuke Yagi, Hidekazu Ikeno

    The Journal of Physical Chemistry C 雑誌 ACS Publications   121 ( 51 )   2017年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Dzyaloshinskii-Moriya interaction in α-Fe2O3 measured by magnetic circular dichroism in resonant inelastic soft x-ray scattering 査読

    Jun Miyawaki, Shigemasa Suga, Hidenori Fujiwara, Masato Urasaki, Hidekazu Ikeno, Hideharu Niwa, Hisao Kiuchi, and Yoshihisa Harada

    American Physical Society 雑誌   96   2017年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Basics and applications of ELNES calculations 査読

    Hidekazu Ikeno, Teruyasu Mizoguchi

    Oxford University Press on behalf of Japanese Society of Microscopy 雑誌   66 ( 5 )   2017年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Covalency Competition in the Quadruple Perovskite CdCu3Fe4O12 査読

    Ikuya Yamada, Akihiko Takamatsu, Naoyuki Hayashi, Hidekazu Ikeno

    Inorganic Chemistry 雑誌 ACS Publications   56 ( 15 )   2017年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Bifunctional Oxygen Reaction Catalysis of Quadruple Manganese Perovskites

    Ikuya Yamada, Hiroshi Fujii, Akihiko Takamatsu, Hidekazu Ikeno, Kouhei Wada, Hirofumi Tsukasaki, Shogo Kawaguchi, Shigeo Mori, and Shunsuke Yagi

    Advanced Materials 雑誌 Wiley   29 ( 4 )   2017年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Evidence of Charge Transfer and Orbital Magnetic Moment in Multiferroic CuFeO2 査読

    Yasuo Narumi, Tetsuya Nakamura, Hidekazu Ikeno, Noriki Terada, Takayuki Morioka, Kota Saito, Hideaki Kitazawa, Koichi Kindo, Hiroyuki Nojiri

    The Physical Society of Japan 雑誌   85   2016年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • First-principles analysis of X-ray magnetic circular dichroism for transition metal complex oxides 査読

    Hidekazu Ikeno

    Journal of Applied Physics 雑誌 American Institute of Physics   120   2016年10月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • First-principles calculations of the OH adsorption energy on perovskite oxide

    Hideo Ohzuku, Hidekazu Ikeno, Ikuya Yamada, Shunsuke Yagi

    AIP Conference Proceedings 雑誌 American Institute of Physics   1763   2016年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Ab-Initio Multiplet Calculations of Fe-L2,3 X-ray Absorption Spectra in LiFePO4 and FePO4 査読

    Hidekazu Ikeno

    Materials Transactions 雑誌 The Japan Institute of Metals and Materials   56 ( 9 )   2015年05月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • Impact of local strain on Ti-L2,3 electron energy-loss near-edge structures of BaTiO3: a first-principles multiplet study 査読

    Shirou Ootsuki, Hidekazu Ikeno, Yuji Umeda, Yu Yonezawa, Hiroki Moriwake, Akihide Kuwabara, Osamu Kido, Satoko Ueda, Isao Tanaka, Yoshinori Fujikawa, Teruyasu Mizoguchi

    Microscopy 雑誌 Oxford University Press on behalf of Japanese Society of Microscopy   63 ( 3 )   2014年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Magnetic structures of FeTiO3-Fe2O3 solid solution thin films studied by soft X-ray magnetic circular dichroism and ab initio multiplet calculations 査読

    H. Hojo, K. Fujita, H. Ikeno, T. Matoba, T. Mizoguchi, I. Tanaka, T. Nakamura, Y. Takeda, T. Okane, and K. Tanaka

    Applied Physics Letters 雑誌 American Institute of Physics   104   2014年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Mn L2,3-edge X-ray absorption spectroscopic studies on charge-discharge mechanism of Li2MnO3 査読

    Kei Kubobuchi, Masato Mogi, Hidekazu Ikeno, Isao Tanaka, Hideto Imai, and Teruyasu Mizoguchi

    Applied Physics Letters 雑誌 American Institute of Physics   104   2014年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Zr coordination change during crystallization of MgO–Al2O3–SiO2–ZrO2 glass ceramics 査読

    Christian Patzig, Thomas Höche, Yongfeng Hu, Hidekazu Ikeno, Michael Krause, Marc Dittmer, Antje Gawronski, Christian Rüssel, Isao Tanaka, Grant S. Henderson

    Journal of Non-Crystalline Solids 雑誌 Elsevier   384   2014年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 四重ペロブスカイト酸化物の酸素発生触媒特性

    山田幾也, 池野豪一, 八木俊介

    触媒   63 ( 2 )   83 - 88   2021年

講演・口頭発表等

  • 電子線エネルギー損失スペクトルに対する画像生成・画像認識アルゴリズムの適用 国内会議

    池野豪一

    新学術領域研究「機能コアの材料科学」 2023年度公開シンポジウム  2024年03月 

     詳細を見る

    開催地:名古屋大学  

  • La2NiRuO6 の高温・高圧処理によるBサイトカチオンの無秩序化 国内会議

    森村天音、朝倉壮吾、山田幾也、池野 豪一

    第62回セラミックス基礎科学討論会  2024年01月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:上智大学  

  • Machine Learning and Single Particle Diagnosis to Discover Novel Eu2+-Activated Phosphors with Desired Luminescence Color 国際会議

    Y. Koyama, H. Ikeno, M. Harada, S. Funahashi, T. Takeda, N. Hirosaki

    MRM2023/IUMRS-ICA2023  2023年12月  日本MRS

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  • Narrow-Band Emitting Phosphor from Local Structure Similarity and Single Particle Diagnosis 国際会議

    T. Takeda, S. Takemura, Y. Koyama, T. Nakanishi, S. Funahashi, H. Ikeno, N. Hirosaki

    MRM2023/IUMRS-ICA2023  2023年12月  日本MRS

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  • La2NiRuO6における圧力誘起秩序−無秩序相転移 国内会議

    森村天音、朝倉壮吾、山田幾也、池野豪一

    第9回材料WEEK 若手学生研究発表会  2023年10月  日本材料学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  • DFT 計算から見た La-Co 共置換 M 型フェライトの Co 置換サイト選択性 国内会議

    和氣剛、太田寛人、池野豪一、田畑吉計、中村裕之

    第47回日本磁気学会学術講演会  2023年09月  日本磁気学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学  

  • 第一原理計算によるXAFS解析:理論とその応用 招待 国内会議

    池野豪一

    XAFS夏の学校2023  2023年09月  日本XAFS研究会

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:高エネルギー加速器研究機構  

  • 局所構造の類似性を利用した狭帯蛍光体 Na2Cs2Sr(B9O15)2:Eu2+ の開発 国内会議

    武田隆史、竹村翔太、小山幸典、 中西貴之、舟橋司朗、広崎尚登、池野豪一

    第70回応用物理学会春季学術講演会  2023年03月  応用物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 機械学習を用いた新規緑色Eu2+賦活蛍光体の探索 国内会議

    小山幸典、池野 豪一、舟橋司朗、原田昌道、武田隆史、広崎尚登

    第70回応用物理学会春季学術講演会  2023年03月  応用物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • Catalytic activity for oxygen evolution reaction in RNiO3 (R = La, Pr, Nd, Sm, Gd, Y, Lu) possessing metal-insulator transition 国際会議

    S. Asakura, T. Uchimura, I. Yamada, S. Yagi, H. Ikeno

    The 32nd Annual Meeting of MRS-J  2022年12月  MRS-J

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Yokohama, Japan  

  • Synergy effect of B-site mixing of LaBO3 for bifunctional oxygen electrocatalytic activities 国際会議

    S. Hiraoka, H. Ikeno, I. Yamada, S. Yagi

    The 32nd Annual Meeting of MRS-J  2022年12月  MRS-J

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Yokohama, Japan  

  • High-pressure synthesis and oxygen evolution reaction activity of Fe4+-Mn4+-mixed perovskite oxide CaFe1-xMnxO3 国際会議

    Asuka Ochi, Ikuya Yamada, Sogo Asakura, Hidekazu Ikeno, Shunsuke Yagi

    6th International Symposium on Frontiers in Materials Science  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Phu Quoc, Vietnam  

  • Bayesian Design of High Entropy Oxide for Active Oxygen Evolution Catalysis 国際会議

    Yuichi Okazaki, Yushi Fujita, Hidenobu Murata, Naoki Masuyama, Yusuke Nojima, Hidekazu Ikeno, Ikuya Yamada, Shunsuke Yagi

    6th International Symposium on Frontiers in Materials Science  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Phu Quoc, Vietnam  

  • Extraction of structural descriptors from X-ray absorption spectra: machine learning approaches 国際会議

    Megumi Higashi, Hidekazu Ikeno

    6th International Symposium on Frontiers in Materials Science  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Phu Quoc, Vietnam  

  • 局所構造の非類似度を用いた新規狭帯域蛍光体の発見 国内会議

    竹村翔太、小山幸典、中西貴之、舟橋司朗、広崎尚登、池野豪一、武田隆史

    第83回応用物理学会秋季学術講演会  2022年09月  応用物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京  

  • 第一原理計算に基づくペロブスカイト型関連酸化物の酸素発生反応・酸素還元反応触媒特性 国内会議

    池野豪一

    ファインセラミックスセンター講演会  2022年03月  日本ファインセラミックスセンター

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン  

  • 局所構造の類似度から発見された K2ZnP2O7:Eu2+ 狭帯域蛍光体 国内会議

    竹村翔太、小山幸典 、中西貴之、舟橋司郎、広崎尚登、池野豪一、武田隆史

    第69回応用物理学会春季学術講演会  2022年03月  応用物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川  

  • Vibrational mode analysis and quantitative evaluation of Stokes shift of Eu2+-doped phosphors 国際会議

    Kousei Hiura, Hidekazu Ikeno

    Materials Research Meeting 2021 (MRM2021)  2021年12月  The Materials Research Society of Japan

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ベイズ最適化を用いた酸素発生触媒用高エントロピー酸化物の高性能化 国内会議

    藤田侑志、岡崎湧一、森村天音、村田秀信、増山直輝、能島裕介、池野豪一、八木俊介、山田幾也

    2021年度第3回関西電気化学研究会  2021年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Evaluation of similarity of local structures in inorganic crystals for novel phosphors search 国際会議

    Shota Takemura, Takashi Takeda, Takayuki Nakanishi, Yukinori Koyama, Hidekazu Ikeno, Naoto Hirosaki

    Materials Research Meeting 2021 (MRM2021)  2021年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Spectroinformatics: a new analysis scheme for X-ray absorption spectroscopy 招待 国際会議

    Hidekazu Ikeno

    International Workshop on Materials Science  2021年10月  大阪府立大学

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 密度汎関数法によるEu2+賦活蛍光体のストークスシフトの定量評価 国内会議

    日浦 恒星、武田隆史、小山幸典、池野豪一

    第82回応用物理学会秋季学術講演会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 第一原理計算による LaMn0.5Co0.5O3 の酸素還元反応触媒活性の評価 国内会議

    平岡俊亮、大崎慎也、山田幾也、八木俊介、池野豪一

    日本金属学会2021年秋期(第169回)講演大会記録  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 酸素発生触媒 ABO3 における B サイト混合の影響 国内会議

    大崎慎也、山田幾也、八木俊介、池野豪一

    日本金属学会2021年秋期(第169回)講演大会記録  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 局所構造の非類似度を用いたデータベースからの結晶構造の抽出 国内会議

    竹村翔太、武田隆史、中西貴之、小山幸典、池野豪一、広崎尚登

    第82回応用物理学会秋季学術講演会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 第一原理計算による La-Co 共置換 M 型フェライトの Co サイト選択性の検証 国内会議

    小林龍哉、和氣剛、太田寛人、池野豪一、田畑吉計、中村裕之

    第45回日本磁気学会学術講演会  2021年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 夾雑溶液下における2次元半導体 MoS2とアミド系分子間の特異的相互作用 国内会議

    福井暁人、尾上弘晃、板井駿、石倉恵子、池野豪一、長田貴弘、土方優、Jenny Pirillo、吉村武、芦田淳、藤村紀文、桐谷乃輔

    日本化学会 第101春季年会  2021年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 機械学習によるスペクトル解析の高度化 招待 国内会議

    池野豪一

    日本化学会 第101春季年会  2021年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 四重ペロブスカイト型酸化物CaCu3Fe4O12の酸素発生触媒活性 国内会議

    八木俊介,和田光平,結城潤一,劉偉,池野豪一,山田幾也

    日本セラミックス協会第33回秋季シンポジウム  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)キーワード

  • X線吸収分光、電子線エネルギー損失分光の理論解析手法

  • 第一原理計算電子状態計算プログラムの利用法

  • 電気化学触媒反応素過程の第一原理計算

    カテゴリ:化学・ナノテク・素材 

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 内殻X線分光の理論解析

  • 無機機能性材料の電子状態と原子構造の解明

科研費

  • 電子線エネルギー損失スペクトルに対する画像生成・画像認識アルゴリズムの適用

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2023年

  • 遷移金属イオンの混合による相乗的電荷移動促進作用を利用した酸素発生触媒の創成

    基盤研究(B)  2023年

  • 多席化合物六方晶フェライトにおける能動的サイト選択置換による革新的磁性材料開発

    基盤研究(A)  2023年

  • 電子線エネルギー損失スペクトルに対する画像生成・画像認識アルゴリズムの適用

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2022年

  • 原子分解能“振動”計測法の開発と革新的材料創製

    基盤研究(A)  2022年

  • 多席化合物六方晶フェライトにおける能動的サイト選択置換による革新的磁性材料開発

    基盤研究(A)  2022年

  • 電子線エネルギー損失分光の機械学習モデルを用いた機能コア解析

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2021年

  • 第一原理計算に基づく金属・空気二次電池用の二機能性触媒の探索

    基盤研究(B)  2021年

  • 原子分解能“振動”計測法の開発と革新的材料創製

    基盤研究(A)  2021年

  • 原子分解能“振動”計測法の開発と革新的材料創製

    基盤研究(A)  2020年

  • 電解精錬の高効率化・省電力化を目指した酵素発生電極材料の研究

    基盤研究(A)  2020年

  • 電子線エネルギー損失分光の機械学習モデルを用いた機能コア解析

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2020年

  • 第一原理計算に基づく金属・空気二次電池用の二機能性触媒の探索

    基盤研究(B)  2020年

  • 第一原理計算に基づく金属・空気二次電池用の二機能性触媒の探索

    基盤研究(B)  2019年

  • 電解精錬の高効率化・省電力化を目指した酵素発生電極材料の研究

    基盤研究(A)  2019年

  • 原子分解能“振動”計測法の開発と革新的材料創製

    基盤研究(A)  2019年

  • 電解精錬の高効率化・省電力化を目指した酵素発生電極材料の研究

    基盤研究(A)  2018年

  • 新規蛍光体材料のデータ駆動型開発に向けた予測モデルの構築

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2017年

  • 新規蛍光体材料のデータ駆動型開発に向けた予測モデルの構築

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2016年

  • 全構造・全元素・全吸収端内殻励起スペクトル計算法の確立による物質計測の新展開

    基盤研究(A)  2016年

  • 全構造・全元素・全吸収端内殻励起スペクトル計算法の確立による物質計測の新展開

    基盤研究(A)  2015年

  • インフォマティクスに基づく固体光学結晶材料の設計

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2015年

  • 全構造・全元素・全吸収端内殻励起スペクトル計算法の確立による物質計測の新展開

    基盤研究(A)  2014年

  • インフォマティクスに基づく固体光学結晶材料の設計

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2014年

  • ポリアニオン型リチウムイオン電池正極材料におけるX線分光の高精度第一原理計算

    若手研究(B)  2013年

▼全件表示

受託研究

  • 第一原理多電子計算による蛍光体特性の予測

    国立研究開発法人科学技術振興機構  2021年

  • 第一原理多電子計算による蛍光体特性の予測

    国立研究開発法人科学技術振興機構  2020年

  • 第一原理多電子計算による蛍光体特性の予測

    国立研究開発法人科学技術振興機構  2019年

  • 機械学習と第一原理計算による新規スペクトル解析技術の確立

    国立研究開発法人科学技術振興機構  2019年

  • 機械学習と第一原理計算による新規スペクトル解析技術の確立

    国立研究開発法人科学技術振興機構  2018年

  • 機械学習と第一原理計算による新規スペクトル解析技術の確立

    国立研究開発法人科学技術振興機構  2017年

  • 機械学習と第一原理計算による新規スペクトル解析技術の確立

    国立研究開発法人科学技術振興機構  2016年

▼全件表示

担当授業科目

  • マテリアル工学概論

    2023年度   週間授業   大学

  • 計算材料科学特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 物質化学生命系特別研究第1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 物質化学生命系特別演習第1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 物質化学生命系特別演習

    2023年度   集中講義   大学院

  • 物質化学生命系特別研究

    2023年度   集中講義   大学院

  • 材料物性II

    2023年度   週間授業   大学

  • マテリアル工学特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 物質化学生命系特別研究第2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 物質化学生命系特別演習第2

    2023年度   集中講義   大学院

  • マテリアル工学概論

    2022年度   週間授業   大学

  • 物質化学生命系特別演習

    2022年度   集中講義   大学院

  • 計算材料科学特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • 物質化学生命系特別演習第1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 物質化学生命系特別研究 (マテリアル工学分野)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 物質化学生命系特別演習第2 (マテリアル工学分野)

    2022年度   集中講義   大学院

  • マテリアル工学特論 (マテリアル工学分野)

    2022年度   週間授業   大学院

  • 材料物性II

    2022年度   週間授業   大学

  • マテリアルとものづくり

    2021年度    

  • マテリアル工学実験III

    2021年度   実習  

  • 計算材料科学特論

    2021年度    

  • 材料物性II

    2021年度    

▼全件表示

所属院生等の論文発表集計

  • 2023年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:1件

  • 2022年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:0件

論文・研究指導集計

  • 2023年度

    卒業論文指導数:2名  卒業論文審査数:2件

    博士前期課程学生指導数:4名  博士後期課程学生指導数:0名

    修士論文審査数(主査):0件  修士論文審査数(副査):3件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

  • 2022年度

    卒業論文指導数:0名  卒業論文審査数:0件

    博士前期課程学生指導数:6名  博士後期課程学生指導数:0名

    修士論文審査数(主査):0件  修士論文審査数(副査):4件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

社会貢献活動

  • その他公開講座 高校生のためのマテリアルサイエンス入門

    2021年04月 - 2022年03月

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • コンピューターで探るマテリアル

    分野:理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル)

     詳細を見る

    対象:高校生, 大学生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 企業, 市民団体

    キーワード:材料科学、量子力学、シミュレーション 

    私達の身の回りにある数多くの物質はさまざまな性質を示します。色の違い、電気を通すか通さないか、磁石に付くか付かないか。この様ありふれたな物質のもつ性質は、実は物質を構成する電子と原子核が物質の中どのように運動しているか、といったミクロな観点から初めて理解できます。
    本講義では、物質中の電子の運動を表わすことができる量子力学の発展と、コンピューターを利用して電子の運動をシミュレーションする方法について説明し、最先端の材料開発においてどの様に応用されているかを紹介します。

独自項目・特記事項(社会活動)

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:内閣官房 グローバル・スタートアップ・キャンパス構想推進室 室員

    特記事項:グローバル・スタートアップ・キャンパス構想の立ち上げに関わる業務を通じて、国内のスタートアップの促進とイノベーション強化に関わる政策に貢献。

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:内閣府 科学技術・イノベーション推進事務局 科学技術政策フェロー

    特記事項:大学に関する国内外の動向を俯瞰して新たな価値を分析・創造する職務を通じ、科学技術政策の発展に寄与に貢献。

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:内閣官房 グローバル・スタートアップ・キャンパス構想推進室 室員

    特記事項:グローバル・スタートアップ・キャンパス構想の立ち上げに関わる業務を通じて、国内のスタートアップの促進とイノベーション強化に関わる政策に貢献。

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:内閣府 科学技術・イノベーション推進事務局 科学技術政策フェロー

    特記事項:大学に関する国内外の動向を俯瞰して新たな価値を分析・創造する職務を通じ、科学技術政策の発展に寄与に貢献。

役職

  • 全学管理職

    大阪公立大学

    学長特別補佐  2024年04月 - 継続中

その他

  • 研究職歴

    2018年04月 - 2021年03月

      詳細を見る

    大阪府立大学大学院工学研究科物質・化学系専攻マテリアル工学分野 (准教授)

  • 研究職歴

    2013年04月 - 2018年03月

      詳細を見る

    大阪府立大学 21世紀科学研究機構 ナノ科学・材料研究センター