Updated on 2024/05/27

写真a

 
Higuchi Yumi
 
Organization
Graduate School of Rehabilitation Science Division of Rehabilitation Science Professor
School of Medicine Department of Rehabilitation Science
Title
Professor
Affiliation
Institute of Rehabilitation Science
Contact information
メールアドレス
Affiliation campus
Habikino Campus

Position

  • Graduate School of Rehabilitation Science Division of Rehabilitation Science 

    Professor  2022.04 - Now

  • School of Medicine Department of Rehabilitation Science 

    Professor  2022.04 - Now

Degree

  • 博士(医学) ( Others )

Research Areas

  • Life Science / Hygiene and public health  / 公衆衛生学・健康科学

  • Life Science / Rehabilitation science  / リハビリテーション科学

Research Interests

  • 介護予防

  • 歩行能力

  • physical activity

  • 老年期理学療法学

  • 身体活動

  • 地域リハビリテーション

Research subject summary

  • 2020年〜 集合住宅高齢者のCOVID-19による実態調査と改善プログラム
           

  • 虚弱(要介護)高齢者の歩行機能の維持、向上

  • 2018年〜 要介護高齢者の身体活動量計測と改善プログラム

  • 2014年〜 地域包括ケアにおけるリハビリ専門職の役割

  • 2016年〜 施設高齢者の姿勢アライメントと転倒予防

  • 2015年〜 施設高齢者の転倒予防とビタミンD

  • 2012年〜 高齢者の体幹機能と移動能力、IADL

  • 2009年〜 地域高齢者の生活機能と移動能力評価

  • 2007年〜 地域高齢者における健康指標と筋肉量

  • 2005年〜 介護労働における身体負担の評価と介入効果

  • 2003年〜 地域高齢者の転倒・閉じこもり要因

  • 2002年〜 施設高齢者の転倒要因、転倒恐怖感と身体機能

  • 2001年〜 虚弱高齢者の要介護移行と安静時エネルギー代謝

Professional Memberships

  • The Gerontological Society of America

    2018.10 - Now   Overseas

  • 日本地域理学療法学会

    2013.08 - Now   Domestic

  • 日本リハビリテーション医学会

    2007.06 - Now

  • 日本老年医学会

    2005.04 - Now

  • 日本公衆衛生学会

    2002.04 - Now

  • 日本理学療法科学学会

    2008.04 - Now

  • 日本理学療法士協会

    1994.05 - Now

▼display all

Committee Memberships (off-campus)

  • 副理事長   日本地域理学療法学会  

    2021 - Now 

  • 編集委員   地域理学療法学雑誌(日本地域理学療法学会機関誌)  

    2021 - Now 

  • 編集委員   理学療法学/Physical Therapy Research(日本理学療法学会連合機関誌)  

    2019.04 - 2022.03 

  • 介護予防事業評価専門部会委員   大阪府高齢者介護予防・地域リハビリテーション推進委員会  

    2007 - 2012 

  • 羽曳野市介護認定審査会委員   羽曳野市  

    2014.04 - Now 

  • 査読委員   総合理学療法学/大阪府理学療法士会学術誌  

    2023.11 - 2025 

  • 学術大会 相談役   第11回日本地域理学療法学会学術大会  

    2023.01 - 2025.03 

  • 講演講師   第9回日本地域理学療法学会学術大会  

    2022.12 

  • 学術総会検討委員会委員   一般社団法人 日本理学療法学会連合  

    2022.08 - 2023.06 

  • 常任運営幹事   日本地域理学療法学会  

    2017 - 2019 

  • プログラム委員   日本リハビリテーション医学会  

    2016 - 2022 

  • 副代表運営幹事   日本地域理学療法学会  

    2016 - 2019 

  • 学会見直し検討ワーキングメンバー   日本理学療法士協会  

    2016 - 2017 

  • 訪問介護員養成講習(2級課程)講師   高槻市   

    2010.04 - 2015.03 

  • 委員   大阪府高齢者介護予防・地域リハビリテーション推進委員会介護予防事業評価専門部会  

    2007.04 - 2008.03 

  • 頸肩腕障害・腰痛健診に関する説明会講師   吹田市   

    2005.04 - 2015.03 

▼display all

Awards

  • 第43回日本理学療法学術大会優秀賞受賞

    2009.05   日本理学療法学術大会  

  • 第41回日本理学療法学術大会優秀賞受賞

    2007.05   日本理学療法学術大会  

  • 第2回転倒予防医学研究集会奨励賞受賞

    2005.10   転倒予防医学研究集会  

  • 第45回日本社会医学会奨励賞受賞

    2005.06   日本社会医学会  

  • 第39回日本理学療法学術大会奨励賞受賞

    2005.05   日本理学療法学術大会  

Education

  • Osaka Medical College   Graduate School, Division of Medicine   The second semester of doctoral program   Graduated/Completed

    2005.04 - 2009.03

  • Shiga University of Medical Science   Graduate School, Division of Medical Sciences   The first semester of doctoral program   Graduated/Completed

    2003.04 - 2005.03

  • University of Tsukuba   Second Cluster of College   Bachelor's Course   Graduated/Completed

    1987.04 - 1991.03

Papers

  • Exploring the Profile of Community Day House Attendees: An Investigation of Older Adults in Ibaraki City, Japan Reviewed

    S Ando, M Iwamura, Y Yamato, K Shinbo, W Nanikawa, Y Higuchi

    Japanese Journal of Community-based Comprehensive Physical Therapy   3   86 - 95   2024.03

     More details

    Authorship:Last author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

    DOI: https://doi.org/10.57351/jjccpt.JJCCPT23007

  • Long-term body-weight-supported treadmill training for incomplete cervical spinal cord injury: a case report Reviewed

    Miyake Shinichi, Higuchi Yumi, Kataoka Masataka, Morino Saori, Ueda Tetsuya

    Journal of Physical Therapy Science   35 ( 1 )   88 - 92   2023.01( ISSN:09155287

     More details

    Authorship:Corresponding author   Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:International journal  

    <p> [Purpose] To investigate the effects of long-term body-weight-supported treadmill training on walking ability and physical function in an elderly individual with incomplete cervical spinal cord injury. [Participant and Methods] The patient was a 68 year-old male with an incomplete spinal cord injury at the C3/C4 level, incurred when he was 56 years old. He initiated home-based body-weight-supported treadmill training using a body-weight-supported treadmill installed at his home. His walking ability was measured as the percentage of body weight load reduction, and his physical function was evaluated using manual muscle testing and measuement of the range of motion of his lower limbs. [Results] The physical function of the lower limbs was improved, maintained, or showed delayed decline until 9.5 years post-injury. [Conclusion] Long-term body-weight-supported treadmill training may improve, maintain, or at least delay the decline of the physical function of participants for several years, without causing any remarkable complications.</p>

    DOI: 10.1589/jpts.35.88

    PubMed

  • Fall Prevention Program Using Home Floor Plans in an Acute-Care Hospital: A Preliminary Randomized Controlled Trial Reviewed

    Tetsuya Ueda, Yumi Higuchi, Tatsunori Murakami, Wataru Kozuki, Gentoku Hattori, Hiromi Nomura

    International Journal of Environmental Research and Public Health   19 ( 17 )   11062   2022.09( ISSN:1661-7827

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:International journal  

    We provided fall prevention programs using home floor plans for older adult patients discharged from an acute-care hospital and verified the fall prevention measures' effectiveness six months after discharge. The research design was a preliminary randomized controlled trial. Orthopedic patients with a falls' history were randomized to the control (n = 30) or the intervention groups (n = 30). Before discharge, the control group was treated with general physiotherapy for their disease characteristics. The intervention group received the same programs before discharge; additionally, a simple house evaluation was conducted using the subject's home floor plan. A six-month follow-up survey was conducted on falls and near-falls after discharge, completed by 51 of the 60 subjects (85%). Within two months, falls occurred in 7.7% of the control group but not in the intervention group, after which, falls occurred in the intervention group, and no significant difference was noted between the two groups (three-month (p = 0.322) and six-month (p = 0.931) follow-ups). The intervention group had significantly fewer near-falls than the control group within three months (p = 0.034), but no significant difference was observed after three months. The results suggested that our program effectively expanded the role of an acute care hospital for discharged patients who need to transition from hospital care to home health care.

    DOI: 10.3390/ijerph191711062

    PubMed

  • Low Back Pain, Lower Physical Activity, and Loneliness Associated with Decreased Frequency of Going Out during COVID-19 in Japanese Older Adults Reviewed

    Aki Gen, Yumi Higuchi *, Tetsuya Ueda, Tatsunori Murakami, Wataru Kozuki

    International Journal of Gerontology   17   119 - 123   2022.08

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:International journal  

    DOI: https://doi.org/10.6890/IJGE.202304_17(2).0008 International

  • Internet-based information sharing with stroke patient families in a rehabilitation hospital during the COVID-19 pandemic: A case-control study. Reviewed

    Murakami T, Higuchi Y, Ueda T, Kozuki W, Gen A

    JMIR rehabilitation and assistive technologies   9 ( 3 )   e38489   2022.08( ISSN:2369-2529

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:International journal  

    BACKGROUND: The spread of COVID-19 has affected stroke rehabilitation. Given that inpatient visits are restricted in most institutions, alternative ways of providing information to family members are imperative. Informing families about patients' rehabilitation progress via the web may help involve families in the rehabilitation process, enhance patients' motivation to continue rehabilitation, and contribute overall to patients' improvement in activities of daily living (ADL). OBJECTIVE: We aimed to investigate the feasibility of the Internet-Based Rehabilitation Information Sharing (IRIS) intervention for families of patients with stroke at a rehabilitation hospital and examine the effect of IRIS on patients' ADL improvement. METHODS: In this case-control study, participants were inpatients at a rehabilitation hospital between March 2020 and April 2021. The intervention group (information and communication technology [ICT] group) included patients and families who requested IRIS, which consisted of a progress report on patients' rehabilitation using text, photos, and videos. Those who did not receive internet-based information were included in the non-ICT group. The control group, matched with the ICT group based on a 1:1 propensity score, was selected from the non-ICT group. The covariates for calculating the propensity score were patients' age, sex, and motor and cognitive scores on the Functional Independence Measure at admission. The main outcome was the degree of ADL improvement during hospitalization. Multiple regression analysis (forced entry method) was performed to confirm the impact of ICT use on ADL improvement. The independent variables were the presence of intervention, length of hospital stay, and number of days from onset to hospitalization. RESULTS: In total, 16 groups of patients and families participated in the IRIS. The mean age of patients was 78.6 (SD 7.2) and 78.6 (SD 8.2) years in the ICT and control groups, respectively. The median total Functional Independence Measure difference was 28.5 (IQR 20.3-53.0) and 11.0 (IQR 2.8-30.0) in the ICT and control groups, respectively, and the ICT group showed significant improvement in ADL function (P=.02). In the multiple regression analysis of the ICT and control groups, the unstandardized regression coefficient was 11.97 (95% CI 0.09-23.84) for ICT use. These results indicate that ICT use was independently and significantly associated with improvement in ADL. CONCLUSIONS: This study examined the effect of IRIS on family members to improve ADL in patients with stroke who are hospitalized. The results showed that IRIS promotes the improvement of patients' ADL regardless of age, sex, motor and cognitive functions at admission, and the length of hospital stay.

    DOI: 10.2196/38489

    PubMed

  • Effectiveness of a Tailored Fall-Prevention Program for Discharged Older Patients: A Multicenter, Preliminary, Randomized Controlled Trial Reviewed

    Tetsuya Ueda, Yumi Higuchi, Gentoku Hattori, Hiromi Nomura, Gen Yamanaka, Akiko Hosaka, Mina Sakuma, Takato Fukuda, Takanori Fukumoto, Takashi Nemoto

    International journal of environmental research and public health   19 ( 3 )   1585   2022.01( ISSN:1661-7827

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:International journal  

    This multicenter, preliminary, randomized controlled trial investigated the effect of a tailored fall-prevention program using home floor plans for discharged orthopedic patients aged ≥65 years who experienced ≥1 fall(s) in the past year (n = 72) at five acute-care hospitals. The control group received standard care (exercise to prevent recurrent falls), whereas the intervention group received a tailored fall-prevention program in addition to usual care. A physical therapist conducted the tailored education program using each patient's home floor plans before discharge. A follow-up survey of falls and near-falls at home was performed using a monthly fall calendar for the 1-month period after discharge. Data on 81.5% of participants remained for the final analyses. No falls occurred in the intervention group; however, 4.3% of those in the control group experienced a fall. Near-falls were reported by 3.7% and 26.9% of the participants in the intervention and control groups, respectively. The proportion of participants who did not experience near-falls in the 1st month after discharge was lower in the intervention than in the control group (p = 0.018). In conclusion, the tailored fall-prevention program using home floor plans in multiple acute-care hospitals was effective in reducing falls and near-falls in discharged orthopedic patients.

    DOI: 10.3390/ijerph19031585

    PubMed

  • A follow-up survey of change in activities, including physical, cognitive, and mental functions, after the voluntary return of driver's license in Tokushima community-dwelling older adults Reviewed

    Kenichi Hirashima, Yumi Higuchi, Yukio Yanagisawa, Haruo Uguisu, Mitsutaka Shibuya

    Nihon Koshu Eisei Zasshi   69 ( 1 )   59 - 66   2021.10

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • A 3-month multicomponent home-based rehabilitation program for older people with restricted life-space mobility: a pilot study Reviewed

    Emiko Todo, Yumi Higuchi, Tetsuya Ueda, Tatsunori Murakami, Wataru Kozuki

    Journal of Physical Therapy Science   33 ( 2 )   158 - 163   2021

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:International journal  

    [Purpose] The purpose of this study was to verify the effects of a 3-month multicomponent home-based rehabilitation program developed on the basis of the reevaluation of older people with restricted life-space mobility. [Participants and Methods] The participants were residents in Japan aged ≥65 years who had Life-Space Assessment scores ≤52.3. Multicomponent home-based rehabilitation was conducted by physical and occupational therapists. Each visit included 40-60 min of combined exercise, practicing activities of daily living, improving the home environment, and caregiver support. The programs were developed in accordance with a flow diagram. The primary outcome was life-space mobility evaluated using the Life-Space Assessment score. [Results] Overall, 30 participants completed the intervention. The mean age of the participants was 82.4 ± 7.5 years. Three months after the intervention initiation, the Life-Space Assessment scores significantly improved from 12.0 to 30.5. The proportion of participants at maximal life-space level 5 (unlimited mobility) doubled from 16.7% at baseline to 33.3%. The functional independent measure score, fall efficacy scale score, and lower limb strength associated with standing up also significantly improved. We found no significant changes in the geriatric depression scale 5 and self-rated good health scores. [Conclusion] Multicomponent home-based rehabilitation can improve life-space mobility in older people with restricted life-space mobility.

    DOI: 10.1589/jpts.33.158

    PubMed

  • The Magnitude of ADL Improvement was Associated with Discharge Home among Older Stroke Patients in a Convalescent (Kaifukuki) Rehabilitation Ward Reviewed

    Tatsunori MURAKAMI; Yumi HIGUCHI; Emiko TODO; Tomomi KITAGAWA; Suguru ANDO; Sadaaki YATA.

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   2020

     More details

    Authorship:Corresponding author   International / domestic magazine:International journal  

  • Custom-Made Daily Routine Increases the Number of Steps Taken by Frail Older Adults. Reviewed

    Ando S, Higuchi Y, Kitagawa T, Murakami T, Todo E

    1 - 9   2019.11( ISSN:1063-8652

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:International journal  

    DOI: 10.1123/japa.2019-0099

    PubMed

  • Instrumental activities of daily living and number of daily steps in frail older females. Reviewed

    Ando S, Higuchi Y, Kitagawa T, Murakami T, Todo E, Ueda T

    Journal of physical therapy science   31 ( 10 )   780 - 784   2019.10( ISSN:0915-5287

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:International journal  

    DOI: 10.1589/jpts.31.780

    PubMed

  • Tailored feedback reduced prolonged sitting time and improved the health of housewives: a single-blind randomized controlled pilot study Reviewed

    Tomoni Kitagawa , Yumi Higuchi, Emiko Todo, Tetsuya Ueda, Suguru Ando, Tatsunori Murakami

    Women & Health   60 ( 2 )   212 - 223   2019.05

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:International journal  

  • Tailored education program using home floor plans for falls prevention in discharged older patients: A pilot randomized controlled trial Reviewed

    Tetsuya Ueda, Yumi Higuchi, Masakazu Imaoka, Emiko Todo, Tomomi Kitagawa, Suguru Ando

    Archives of Gerontology and Geriatrics   71   9 - 13   2017.07

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:International journal  

  • A modified seated side tapping test in which the arms are crossed also reflects gait function in community-dwelling elderly Reviewed

    Satoshi Fuchioka, Akira Iwata, Yumi Higuchi, Mari Miyake, Seiji Kanda, Toshimasa Nishiyama

    Journal of Physical Therapy Science   29 ( 9 )   1598 - 1602   2017

     More details

    International / domestic magazine:International journal  

  • Copresence of Osteophyte and Effusion as a Risk Factor for Knee Pain in the Community-Dwelling Elderly Reviewed

    Ogaya S, Iwata A, Nonaka K, Higuchi Y, Fuchioka S

    Topics in Geriatric Rehabilitation   33 ( 1 )   57 - 61   2017

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:International journal  

  • Low-frequency exercise and vitamin D supplementation reduce falls among institutionalized frail elderly Reviewed

    Masakazu Imaoka, Yumi Higuchi, Emiko Todo, Tomomi Kitagwa, Tetsuya Ueda

    International Journal of Gerontology   10 ( 4 )   202 - 206   2016.12

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:International journal  

  • The association between intersegmental coordination in the lower limb and gait speed in elderly females Reviewed

    Shinya Ogaya, Akira Iwata, Yumi Higuchi, Satoshi Fuchioka

    Gait & Posture   48   1 - 5   2016.07

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:International journal  

  • Toe-Out Gait Decreases the Second Peak of the Medial Knee Contact Force. Reviewed

    Ogaya S, Naito H, Iwata A, Higuchi Y, Fuchioka S, Tanaka M.

    J Appl Biomech.(4):275-80   2015.08

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:International journal  

  • The Forward Velocity of the Center of Pressure in the Midfoot is a Major Predictor of Gait Speed in Older Adults Reviewed

    Satoshi Fuchioka, Akira Iwata, Yumi Higuchi, Mari Miyake, Seiji Kanda, Toshimasa Nishiyama

    International Journal of Gerontology   9 ( 2 )   119 - 122   2015.06

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:International journal  

  • Plantarflexor training affects propulsive force generation during gait in children with spastic hemiplegic cerebral palsy: a pilot study. Reviewed

    Ishihara M, Higuchi Y, Yonetsu R, Kitajima H

    27 ( 5 )   1283 - 1286   2015.05

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:International journal  

  • Dual-tasking over an extended walking distance is associated with falls among community-dwelling older adults. Reviewed

    10   643 - 648   2015.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:International journal  

  • Contribution of muscle tension force to medial knee contact force at fast walking speed Reviewed

    Ogaya S, Naito H,Okita Y, Iwata A, Higuchi Y, Fuchioka S

    Journal of Mechanics in Medicine and Biology 雑誌   2015.02

     More details

    Kind of work:Single Work  

  • Medial knee contact force and dysfunction in the elderly Reviewed

    Shinya Ogaya, Hisashi Naito, Akira Iwata, Yumi Higuchi, Satoshi Fuchioka, Masao Tanaka

    6 ( 1 )   1 - 9   2015

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • Maximum movement velocity of the upper limbs reflects maximum gait speed in community-dwelling adults aged older than 60 years Reviewed

    2014.10

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work   International / domestic magazine:International journal  

  • Movement Velocity is a Sensitive Risk Factor of Falls in High-Functioning Older Adults Reviewed

    Akira Iwata, Yumi Higuchi, Yuki Sano, Junji Inoue, Shinya Ogaya, Hiroshi Iwata, Satoshi Fuchioka

    Journal of the American Geriatrics Society   62 ( 8 )   1595 - 1596   2014.08

     More details

    International / domestic magazine:International journal  

  • Quickness of trunk movements in a seated position, regardless of the direction, is more important to determine the mobility in the elderly than the range of the trunk movement Reviewed

    Iwata A, Higuchi Y, Sano Y, Ogaya S, Kataoka M, Okuda K, Iwata H, Fuchioka S

    Archives of Gerontology and Geriatrics   59 ( 1 )   107 - 112   2014.07

     More details

    Kind of work:Single Work   International / domestic magazine:International journal  

    DOI: 10.1016/j.archger.2014.02.001

  • Knee adduction moment and medial knee contact force during gait in older people Reviewed

    Shinya Ogaya, Hisashi Naito, Akira Iwata, Yumi Higuchi, Satoshi Fuchioka , Masao Tanaka

    Gait & Posture   40 ( 3 )   341 - 345   2014.07

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:International journal  

  • Kinetic relatinoships between the hip and ankle joints during gait in children with cerebral palsy: a pilot study Reviewed

    26 ( 5 )   737 - 740   2014.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:International journal  

  • Risk Factors for Falls among Wheelchair Users in a Long-term Care Health Facility Reviewed

    Masakazu IMAOKA, Yumi HIGUCHI, Emiko TODO, Tomomi KITAGAWA, Jun YAMAGUCHI

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   47 - 51   2014

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • Quick lateral movements of the trunk in a seated position reflect mobility andactivities of daily living (ADL) function in frail elderly individuals   Reviewed

    Iwata A, Higuchi Y, Kimura D,Okamoto K, Arai S, Iwata H, Fuchioka S

    Archives of Gerontology and Geriatrics   56   482 - 486   2013.05

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:International journal  

  • Plantar Flexor Training Improves Walking in People with Cerebral Palsy Reviewed

    Misako ISHIHARA, Yumi HIGUCHI, Chihiro DEHARA

    Journal of the Japanese Physical Therapy Association   16 ( 1 )   39   2013

     More details

    Authorship:Last author   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • Effect of Aging on Seated Stepping Variability Reviewed

    Shinya Ogaya, Yumi Higuchi, Masao Tanaka, Satoshi Fuchioka

    Journal of Physical Therapy Science   25 ( 8 )   901 - 903   2013

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:International journal  

  • Lateral trunk control in a sitting test is associated with mobility and Instrumental Activities of Daily Living among community-dwelling elderly people Reviewed

    Higuchi Y, Iwata A, Fuchioka S

    Japanese Journal of Geriatrics   49 ( 4 )   449 - 456   2012.01

     More details

    Authorship:Lead author   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • Mobility assessments as predictors for decline of higher-level functional capacity in community-dwelling elderly Reviewed

    Higuchi Y, Watanabe M, Kono R, Hirota C, Takasaki K, Kono K

    Bulletin of the Osaka Medical College, 55 (1): 31-38   2009.02

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • A cross-sectional study on the relationship between the Trail Making Test and mobility-related functions in community-dwelling elderly Reviewed

    Hirota C, Watanabe M , Tanimoto Y , Kono R, Higuchi Y, Kono K

    Japanese Journal of Geriatrics   45 ( 6 )   647 - 654   2008.11

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • Evaluation of the best indicator of muscle mass in community-dwelling elderly persons Reviewed

    Tanimoto Y, Watanabe M, Higuchi Y, Hirota C, Kono K

    Japanese Journal of Geriatrics   45 ( 2 )   213 - 219   2008.03

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • A validation study of devices designed to reduce loads in provision of care: whether these assistive devices are used, or not, and whether work posture is appropriate or not Reviewed

    Tomioka K , Higuchi Y, Shindo H

    Journal of Occupational Health   49 ( 4 )   113 - 121   2007.07

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • Predictors of houseboundedness among elderly persons living autonomously in a rural community Reviewed

    Watanabe M , Watanabe T, Matsuura T, Higuchi Y, Shibutani T, Usuda K, Kono K

    Japanese Journal of Geriatrics   44 ( 2 )   238 - 246   2007.03

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Low back load and satisfaction rating of caregivers & care receivers in bathing assistance given in a nursing home for the elderly practicing individual care Reviewed

    Tomioka K , Kumagai S, Higuchi Y, Tsujimura H, Arai Y, Yoshida J

    Journal of Occupational Health   49 ( 2 )   54 - 58   2007.03

     More details

    International / domestic magazine:International journal  

  • Muscle mass as an indicator of health status of community-dwelling elderly persons in Japan Reviewed

    Yoshimi TANIMOTO, Misuzu WATANABE, Masahisa SAITOU, Takahiro SIBUTANI, Yumi HIGUCHI, Wei SUN, Kan USUDA, Koichi KONO

    Bulletin of the Osaka Medical College   53 ( 2 )   115 - 121   2007

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • Individual background factors for "cannot go out alone to distant places" among medium elderly persons living alone in a metropolitan suburb Reviewed

    Watanabe M, Watanabe T, Kawamura K, Higuchi Y, Kono K

    Japanese Journal of Public Health   51 ( 10 )   854 - 861   2004.10

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • Does Fear of Falling relate to Low Physical Function in Frail Elderly Persons?: Associations of Fear of Falling, Balance, and Gait Reviewed

    Higuchi Y, Sudo H, Tanaka N, Fuchioka S, Hayashi Y

    Journal of The Japanese Physical Therapy Association   7 ( 1 )   41 - 47   2004.04

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:International journal  

  • Successful treatments of lung injury and skin burn due to hydrofluoric acid exposure Reviewed

    Kono K, Watanabe T, Dote T, Usuda K, Nishiura H, Tagawa T, Tominaga M, Higuchi Y, Onnda M

    International Archives of Occupational and Environmental Health   73   2000

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • An investigation of the disabled elderly in a geriatric health servies facility in an urban area of Japan and sttitudes of their family caregiver   Reviewed

    Watanabe M, Kono K, Miyata K, Nakaya H, Higuchi, Y, Kawamura K  

    1999.01

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:International journal  

  • Serum and urinary boron levels in rats after single administration of sodium retraborate Reviewed

    Usuda K, Kono K, Orita Y, Dote T,Iguchi K, Nishiura H, Tominaga M, Yagawa T, Goto E, Shirai Y

    Aechives of toxicology 72(1):468-474   1998.08

  • 入院中の患者家族に対する介助不安感評価の信頼性および妥当性の検証 Reviewed

    上月 渉, 上田 哲也, 村上 達典, 玄 安季, 樋口 由美

    地域理学療法学   in print   2024.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 回復期リハビリテーション病棟における 患者家族の介助効力感と自宅退院の関連性 Reviewed

    上月 渉,村上 達典,上田 哲也, 樋口 由美

    理学療法科学   38 ( 3 )   1 - 6   2023.06

     More details

    Authorship:Last author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:International journal  

  • 回復期リハビリテーション病棟における患者家族の介助効力感と自宅退院の関連性 予備的研究 Reviewed

    上月 渉, 村上 達典, 上田 哲也, 樋口 由美

    理学療法科学   38 ( 3 )   206 - 211   2023.06( ISSN:1341-1667

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • 発達性協調運動障害児の自己効力感とバランス機能向上について Reviewed

    畑中 良太, 今岡 真和, 上向井 千佳子, 笹倉 慎吾, 上田 哲也, 村上 達典, 上月 渉, 玄 安季, 横山 遥香, 井戸田 弦, 樋口 由美

    小児理学療法学   1 ( Suppl.1 )   49 - 49   2023.03

     More details

    Authorship:Last author, Corresponding author   Publishing type:Research paper (other academic)   Kind of work:Joint Work  

  • Long-term body-weight-supported treadmill training for incomplete cervical spinal cord injury: a case report(タイトル和訳中) Reviewed

    Miyake Shinichi, Higuchi Yumi, Kataoka Masataka, Morino Saori, Ueda Tetsuya

    Journal of Physical Therapy Science   35 ( 1 )   88 - 92   2023.01( ISSN:0915-5287

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • 徳島県在住高齢ドライバーにおける運転免許証自主返納後の活動性の変化と運動機能,認知・精神機能の追跡調査 Reviewed

    平島 賢一, 樋口 由美, 柳澤 幸夫, 鶯 春夫, 澁谷 光敬

    日本公衆衛生雑誌   69 ( 1 )   59 - 66   2022

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 運動教室に参加するプレフレイル該当者の改善関連要因について Reviewed

    今岡 真和, 中村 美砂, 田崎 史江, 肥田 光正, 中尾 英俊, 今井 亮太, 前渕 元宏, 武田 雅俊, 樋口 由美

    理学療法学Supplement   48S1 ( 0 )   B-164_2 - B-164_2   2021

     More details

    Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

    DOI: 10.14900/cjpt.48s1.b-164_2

    CiNii Article

  • 徳島県内在住高齢ドライバーにおける運転免許証自主返納後の運動機能、認知・精神機能、活動性 Reviewed

    平島 賢一, 樋口 由美, 柳澤 幸夫, 鶯 春夫, 澁谷 光敬, 水田 隼, 松本 裕美

    理学療法学Supplement   48S1 ( 0 )   B-151_2 - B-151_2   2021

     More details

    Publishing type:Research paper (other academic)   Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

    DOI: 10.14900/cjpt.48s1.b-151_2

    CiNii Article

  • 中・重度認知症高齢者のADLと介護職の実施による姿勢観察との関連性 Reviewed

    北村 綾子, 上田 哲也, 村上 達典, 藤堂 恵美子, 畑中 良太, 上月 渉, 玄 安季, 樋口 由美

    理学療法学Supplement   48S1 ( 0 )   B-157_2 - B-157_2   2021

     More details

    Publishing type:Research paper (other academic)   Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

    DOI: 10.14900/cjpt.48s1.b-157_2

    CiNii Article

  • 地域在住者のプレフレイル関連要因について Reviewed

    今岡 真和, 中村 美砂, 田崎 史江, 中尾 英俊, 生水 智子, 肥田 光正, 武田 雅俊, 樋口 由美

    理学療法科学   35 ( 4 )   551 - 556   2020.08( ISSN:1341-1667

     More details

    Authorship:Last author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

    [目的]本研究の目的は地域在住者を対象にプレフレイル該当者の生活習慣、就労、運動、認知機能などから関連要因を明らかにすることである。[対象と方法]対象はフレイル該当者を除く地域在住60歳以上の男女201名、平均年齢73.1±6.5歳であった。測定および質問紙を用いてプレフレイルを判定し、健常群と2群比較を行った。測定および質問紙にて生活状況、生活習慣、就労、運動機能、認知機能を調査した。[結果]プレフレイル群は就労している者が有意に多く、年齢、性を調整しても就労していることはプレフレイルの独立関連因子(オッズ比2.3)であった。[結語]就労していることは、プレフレイルと関連することが示唆された。(著者抄録)

  • 回復期リハビリテーション病棟における高齢脳卒中患者のADL改善度と在宅復帰の関連性 Reviewed

    村上 達典, 樋口 由美, 藤堂 恵美子, 北川 智美, 安藤 卓, 矢田 定明

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   57 ( 3 )   262 - 270   2020.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 回復期リハビリテーションにおける体幹筋トレーニングを付加した大腿骨近位部骨折術後プログラムの効果について Reviewed

    水野 稔基, 樋口 由美, 上田 哲也, 今岡 真和, 藤堂 恵美子, 北川 智美, 安藤 卓

    理学療法科学   37 ( 3 )   659 - 665   2020

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 退院患者の転倒予防に関するスタッフ教育の多施設実践報告 Reviewed

    上田 哲也, 樋口 由美, 根本 敬, 野村 日呂美

    理学療法学Supplement   47S1 ( 0 )   I-115_1 - I-115_1   2020

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (other academic)   Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

    DOI: 10.14900/cjpt.47s1.i-115_1

    CiNii Article

  • 訪問リハビリテーションを利用する要支援・要介護高齢者の健康関連QOLについて Reviewed

    永井 麻衣, 樋口 由美, 藤堂 恵美子, 北川 智美, 安藤 卓, 上田 哲也, 畑中 良太, 村上 達典, 上月 渉, 北村 綾子

    理学療法学Supplement   47S1 ( 0 )   I-103_1 - I-103_1   2020

     More details

    Kind of work:Joint Work  

    DOI: 10.14900/cjpt.47s1.i-103_1

    CiNii Article

  • 脳卒中者における二重課題歩行能力と退院後の転倒の関係性 Reviewed

    田村 哲也, 樋口 由美, 吉尾 雅春, 上田 哲也

    理学療法科学   34 ( 6 )   827 - 832   2019

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 卒前の理学療法学教育における「支援機器」の位置づけ Reviewed

    樋口 由美

    理学療法学Supplement   46S1 ( 0 )   B-16 - B-16   2019

     More details

    Kind of work:Joint Work  

    <p>1.カリキュラム上の位置づけ</p><p> 本学理学療法学専攻では,「福祉用具論」の中でベッドから離床,移乗,車椅子移動までの支援機器について習得する。しかしながら2 年前期開講科目であるため,専門基礎科目や解剖学・運動学を並行して学ぶ学生の多くにとっては,理学療法と支援機器の関係がピンとこない。そこで,ICF 生活機能モデルの「環境因子」として,理学療法の一つの武器! であると概念的な説明することで理解されやすい。学年が進むにつれて日常生活活動学,義肢装具学の中で歩行補助具や装具を学び,支援機器により親しむ機会として,3 年時には関西で最大級の福祉機器展にて学外実習を行っている。</p><p> </p><p>2.本学での取り組み「在宅リハビリテーション論」</p><p> 地域・在宅での理学療法の展開や(元)患者の生活を経験する機会として,本学では10 年ほど前から1 週間の訪問リハビリテーション見学実習を4 年後期に必須開講してきた。その中で,生活環境に応じた支援機器の使用方法やそれを伝える方法を会得する学内教育環境の必要性を感じてきた。そこで平成27 年度から,3 年後期に「在宅リハビリテーション論」を演習形式で新たに開講した。介護用ベッドとリフトを複数配置した実習室で,生活期の状態像を想定した対象者への環境整備等を習得させている。</p><p> </p><p>3.支援機器教育の今後の展望</p><p> 現状での課題を含めた支援機器の卒前教育における今後の展望について,私見ながら次の3 点を述べさせていただく。</p><p>①理学療法技術と支援機器を組み合わせた総合技術論</p><p> 福祉用具学や義肢装具学と,運動器や神経等の理学療法学を横断的視点から患者・利用者へのアプローチを考える総合技術論(仮)を配することで,装具から免荷装置まで多様な支援機器を理学療法の一選択肢とする思考を習得させることができる。</p><p>②医療現場における先端機器の導入</p><p> 歩行支援ロボットの医療保険適用が可能となり,リハビリテーション医学会ではプロトコルの検討が進められている。生活期への移動支援機器の導入も進められる中,卒前教育での導入により先端機器を使いこなす人材育成が必要である。</p><p>③「福祉用具」から「支援機器」へ</p><p> 福祉「用具」という語感と支援機器の実情に乖離があるように思われる。学生の興味と時代のニーズに応える教育を展開するために,支援機器学(仮)の科目名採用により,卒前教育の促進が期待できる。</p>

    DOI: 10.14900/cjpt.46s1.b-16

    CiNii Article

  • 訪問リハビリテーションによる生活空間拡大の効果とプログラムについて Reviewed

    藤堂 恵美子, 樋口 由美, 北川 智美, 安藤 卓, 村上 達典, 田村 哲也, 畑中 良太, 上月 渉, 永井 麻衣

    理学療法学Supplement   46S1 ( 0 )   G-93_2 - G-93_2   2019

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (other academic)   Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

    <p>【はじめに・目的】</p><p>訪問リハビリテーション(以下、訪問リハ)では、生活空間が狭小化した利用者に対し、心身機能のみならず活動・参加の改善を図り、生活空間拡大を目標とすることが多い。しかし、訪問リハによる生活空間拡大の効果について検証した研究は少ないのが現状である。そこで本研究は、生活空間が狭小化した高齢者を対象に、訪問リハによる生活空間拡大の効果および訪問リハのプログラムについて明らかにすることを目的とした。</p><p>【方法】</p><p>対象は、平成26年4月~平成28年3月にA訪問看護ステーションの介護保険による訪問リハを開始し、3か月間追跡可能であった30名(平均年齢82.4±7.5歳、女性24名)とした。全介助の者、研究の主旨を理解できない者は除外した。調査項目は基本属性および生活空間(LSA)と、生活機能として身体機能(立ち座り動作)、精神機能(GDS5、FES:転倒自己効力感)、ADL(FIM)を調査した。訪問リハプログラムは身体機能、活動、環境への介入の3項目に分類した表を作成し、担当理学・作業療法士が最も重点的に行った項目を毎回の訪問後に記入した。追跡後、1か月間で各項目が選択された回数を訪問回数で除し、割合を算出した。統計解析は、群間比較にはχ2検定またはMann–Whitney U検定、群内比較にはχ2検定またはWilcoxonの符号付順位検定、プログラムの群内比較にはFriedman検定を用いた。有意水準は5%未満とした。</p><p>【結果】</p><p>主疾患は運動器疾患19名、脳血管疾患6名、その他5名であった。入院歴がある者は15名であった。ベースラインのLSAから、人的・物的介助に関わらず最大生活空間がレベル1~2であった15名を屋内群、レベル3~4であった15名を屋外群とした。レベル5の者はいなかった。ベースラインの群間比較では、転倒歴がある者、立ち上がりに上肢の支持を要する者は屋内群で有意に多く、LSAおよびFESは屋外群が有意に高かった。基本属性、FIM、GDS5に有意差はなかった。ベースラインと3か月後の中央値比較では、屋内群はLSA(6→24)、FIM(102→104)、FES(20→24)が有意な改善を認めた。屋外群ではLSA(22.5→36)、FIM(110→118)が有意に改善し、FES(26→29)も改善傾向であった。訪問リハプログラムは、屋内群では3か月間大きな変化はなく、活動への介入約60%、環境への介入約40%であった。屋外群では1か月目が活動56%、環境44%、2か月目が活動78%、環境22%、3か月目が活動91%、環境8%と、活動への介入が有意に増加した。</p><p>【結論】</p><p>3か月間の訪問リハにより、生活空間、ADL、転倒自己効力感への効果が認められた。プログラムに関しては、生活空間が狭い者には3か月間環境への介入頻度が高かった。生活空間が広い者に対しては、環境への介入から活動への介入に移行していた。利用者の状態に応じたプログラムを実施することで、生活空間、ADL、転倒自己効力感の改善に繋がることが示唆された。</p><p>【倫理的配慮,説明と同意】</p><p>本研究は、大阪府立大学大学院総合リハビリテーション学研究科の研究倫理委員会の承認(2013-102)を得て実施した。全対象者には説明を行い、同意を得た。</p>

    DOI: 10.14900/cjpt.46s1.g-93_2

    CiNii Article

  • 専業主婦と就業女性における座業時間と健康状態との関連 Reviewed

    北川智美, 樋口由美, 藤堂恵美子, 安藤 卓

    Journal of Rehabilitation and Health Sciences   15   2018.12

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 軽度要介護者の通所介護サービス利用日と非利用日の日内歩数推移に関する予備的研究 Reviewed

    安藤 卓, 樋口由美, 今岡真和, 藤堂恵美子, 上田哲也, 北川智美

    総合リハビリテーション   46 ( 4 )   2018.04

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 要支援・軽度要介護者の移動能力向上を考える Invited

    樋口由美

    理学療法京都   47   61 - 65   2018.03

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 大腿骨近位部骨折術後患者における骨折前の外出状況と回復期リハビリテーション病院退院時の身体機能の回復との関連 Reviewed

    安岡実佳子、樋口由美、藤堂恵美子、大垣昌之

    理学療法科学   32 ( 2 )   285 - 289   2017

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 介護老人保健施設入所者の転倒予防介入効果検証 準ランダム化比較試験 Reviewed

    今岡 真和, 樋口 由美, 藤堂 恵美子, 北川 智美, 上田 哲也, 増栄 あゆみ, 寺島 由美子, 甲斐沼 成, 黒崎 恭兵, 池内 まり

    日本転倒予防学会誌   1 ( 3 )   29 - 36   2015.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

    DOI: 10.11335/tentouyobou.1.3_29

  • 地域在住男性高齢者の外出頻度と環境要因 Reviewed

    藤堂 恵美子,樋口 由美,今岡 真和,北川 智美,平島 賢一,上田 哲也

    理学療法科学 第30巻2号:285-289   30 ( 2 )   2015

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 専業主婦における主観的な身体活動量と実測値について Reviewed

    北川智美,樋口由美,藤堂恵美子,今岡真和,平島賢一,石原みさ子

    理学療法科学 第30巻5号:693-697   2015

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 居住空間のスマート化に向けた高齢者見守りシステム開発の取組 Reviewed

    前川泰子,中島智晴,樋口由美

    ヒューマンケア研究学会誌第5巻(2):51-54   2014.03

     More details

    Authorship:Last author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 高齢者における運動課題遂行時の姿勢選択能力と歩行速度の関係について Reviewed

    岩田 晃,樋口由美,小栢進也,佐野佑樹,淵岡 聡

    理学療法科学 第29号(1):13-17   2014.01

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 介護老人保健施設における車椅子使用者の転倒リスク因子 Reviewed

    今岡真和,樋口由美,藤堂恵美子,北川智美,山口 淳

    リハビリテーション医学 51巻(1):47-51   2014.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 地域高齢者の転倒と「またぎ歩行課題」におけるMisstepとの関連 Reviewed

    平島賢一,樋口由美,石原みさ子 今岡真和,藤堂恵美子,北川智美

    理学療法科学 第29号(1):19-24   2014.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 泉北ニュータウン地域再生における理学療法士の役割 Reviewed

    高井逸史, 樋口由美, 小栢進也, 上田哲也, 西野建造, 西上孔雄, 春木 敏, 生田英輔, 千須和直美,新宅賀洋,森 一彦

    総合リハビリテーション 第41巻5号:481-485   2013.06

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 高齢者見守り環境における居住者シミュレーション Reviewed

    中島智晴,黒田洋平,樋口由美,前川泰子

    2012年度ECOmp研究部会講演論文集   30 - 34   2013.03

     More details

    Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 脳性麻痺児・者における「けりだし」強化が足関節と股関節に与える即時効果 Reviewed

    石原みさ子,樋口由美,北嶋宏美,奥田邦晴

    理学療法科学 第28号(6):833-839   2013

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • ニュータウンに居住する専業主婦の外出頻度および主観的健康感との関係 Reviewed

    北川智美,樋口由美,藤堂恵美子,小栢進也,今岡真和,春木敏,上田由喜子,千須和直美,生田英輔,森一彦

    四條畷学園大学リハビリテーション学部紀要 第8号:23-29   2012.12

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 移動能力とIADLを反映する座位での体幹機能評価の有用性 Reviewed

    樋口由美, 岩田 晃, 淵岡 聡

    日本老年医学会雑誌 第49巻4号:449-456   2012.07

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 介護老人保健施設における車椅子使用者の転倒の特徴 Reviewed

    今岡 真和, 樋口由美, 呉本 冬馬, 藤堂恵美子

    理学療法科学 第27巻3号:257-261   2012.06

  • 足関節底屈筋トレーニングは脳性麻痺児・者の歩行を改善する -シングルケースデザインによる検討- Reviewed

    石原みさ子,樋口由美,出原千寛

    理学療法学 第39巻1号:20-29   2012.02

  • 高齢者の移動能力を予測する坐位での身体機能指標 Reviewed

    樋口由美, 岩田 晃, 淵岡 聡

    日本老年医学会雑誌 第48巻:61-62   2011.05

  • 虚弱高齢者における遂行機能、身体機能、傷害を伴う転倒歴 転倒予測因子としての有用性検討   Reviewed

    上月香苗,小西良子,樋口由美,竹内麻菜美,西村祐子,内藤康男  

    Journal of Rehabilitation and Health Sciences,8:29-34   2010.12

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

    Repository URL: http://doi.org/10.24729/00005728

  • 虚弱高齢者におけるレクリエーション課題の実施可能度と身体機能および遂行機能との関連 予備的研究 Reviewed

    西村祐子,竹内麻菜美,樋口由美,上月香苗,小西良子,内藤康男,辻村裕次  

    Journal of Rehabilitation and Health Sciences,8:23-28   2010.12

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

    Repository URL: http://doi.org/10.24729/00005729

  • 筋損傷に対する臨床研究の成果と今後の課題 Reviewed

    岩田 晃,野中綾士,樋口由美,米津 亮, 木村大輔,上 勝也

    理学療法 第27巻7号:838−845   2010.07

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 地域における高齢者の転倒予防へのこの10年の取り組みと今後の課題   Reviewed

    樋口由美, 岩田 晃  

    理学療法 第27巻5号:653−659   2010.05

  • ストレッチングにおける肢位の違いが伸張部位に与える影響について Reviewed

    岩田 晃,淵岡 聡,木村大輔,樋口由美,灰方淑恵,上 勝也,増原光彦  

    理学療法科学 第25巻2号:213−216   2010.03

  • 脳性麻痺児・者の歩行 客観的表現へのチャレンジ   Reviewed

    石原みさ子, 北嶋宏美, 出原千寛, 樋口由美  

    理学療法京都 39巻:132-133   2010.03

  • デイケアにおけるバランストレーニング教室の効果 Reviewed

    山田 良,山口良隆,樋口由美

    Osteoporpsis Japan, 17(3): 540-542   2009.10

  • 地域在住高齢者の運動に対する態度と身体機能に関する研究 Reviewed

    灰方淑恵,三上 洋,逢坂伸子,樋口由美,淵岡 聡,奥田邦晴

    Journal of Rehabilitation and Health Sciences,6:45-48   2008.12

  • 地域高齢者を対象としたTrail Making Testの意義-身体機能とTrail Making Testの成績についての横断分析から- Reviewed

    広田千賀,渡辺美鈴,谷本芳美,河野 令,樋口由美,河野公一  

    日本老年医学会雑誌 第45号6号:647-654   2008.11

  • 介護予防に向けた客観的な評価指標の開発 -生活機能と身体機能との関連- Reviewed

    渡辺美鈴,谷本芳美,孫 煒,河野 令,樋口由美,広田千賀,斉藤昌久,河野公一,橋口範弘,渚 紀子,島原武司,島原政司,木村章二  

    大阪医科大学雑誌 第67巻2号:77-83   2008.09

  • 地域高齢者における筋肉量の評価方法について   Reviewed

    谷本芳美,渡辺美鈴,樋口由美,広田千賀,河野公一  

    日本老年医学会雑誌 第45号2号:213-219   2008.03

  • 地域における高齢者の転倒による骨折予防への取り組み Reviewed

    樋口由美,林 義孝  

    Medical Rehabilitation: 89: 45-50   2008.02

  • 転倒骨折後に手術治療を受けた高齢者に対する認知行動療法的介入の試み -理学療法実施における転倒恐怖感軽減の有用性-   Reviewed

    灰方淑恵,樋口由美,奥田邦晴,元村直靖  

    Journal of Rehabilitation and Health Sciences,5:31-37   2007.12

  • 福祉用具の有効性に関する介護作業負担の比較研究 -福祉用具使用の有無および作業姿勢の適正- Reviewed

    冨岡公子,樋口由美,眞藤英恵  

    産業衛生学雑誌 第49巻4号:113‐121   2007.07

  • 生活機能の自立した高齢者における閉じこもり発生の予測因子 Reviewed

    渡辺美鈴,渡辺丈眞,松浦尊麿,樋口由美,渋谷孝裕,臼田 寛,河野公一  

    日本老年医学会雑誌 第44号2号:238-246   2007.03

  • 個別ケアに取り組む高齢者介護施設の個浴の入浴介助における腰部負担および介護職員と利用者の満足度 Reviewed

    冨岡公子,熊谷信二,樋口由美,辻村裕次,新井康友,吉田 仁  

    産業衛生学雑誌 第49巻2号:54‐58   2007.03

  • 重度障害者を対象にした障害者のスポーツについての意識調査 Reviewed

    奥田邦晴,樋口由美,増田基嘉,林 義孝,南野博紀,山西 新,灰方淑恵,喜多あゆみ  

    Journal of Rehabilitation and Health Sciences,4:11-21   2006.12

  • 地域在住男性高齢者における転倒恐怖感が社会的活動性に及ぼす影響 Reviewed

    樋口由美,渡辺丈眞,渡辺美鈴,松浦尊麿

    Osteoporosis Japan 14(1):28-30   2006.01

  • An Ergonomic Approach to Reduce Muscular Load in Home Care Workers Reviewed

    42   294 - 295   2006

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 転倒・閉じこもりハイリスク在宅高齢者に対する介入効果と二重課題法による評価 Reviewed

    樋口由美,渡辺丈眞,渡辺美鈴,松浦尊麿,河野公一  

    Journal of Rehabilitation and Health Sciences,3:7-11   2005.12

  • ひとりで遠出できないとする高齢者の背景要因   Reviewed

    渡辺美鈴,渡辺丈眞,河村圭子,樋口由美,河野公一  

    日本公衆衛生雑誌 第51巻10号:854-861   2004.10

  • 頚部の運動制限が座位重心移動に及ぼす影響   Reviewed

    田中則子,樋口由美,林 義孝,小柳磨毅  

    Journal of Rehabilitation and Health Sciences,1:33-38   2003.12

  • 基本的日常生活動作の自立している地域高齢者の閉じこもり状態像とその関連要因 Reviewed

    渡辺美鈴,渡辺丈眞,松浦尊麿,樋口由美,河村圭子,河野公一  

    大阪医科大学雑誌,62(2・3号合冊号):1-9   2003.12

  • 虚弱高齢者における転倒恐怖感と歩行・バランス能力との関連   Reviewed

    樋口由美,田中則子,淵岡聡,林 義孝  

    Journal of Rehabilitation and Health Sciences,1:18-22   2003.12

  • 地域に在住する生活自立高齢者の歩行の特徴とその関連要因   Reviewed

    樋口由美,渡辺丈眞,渡辺美鈴,松浦尊麿,河村圭子,恩田光子,中屋久長,河野公一  

    大阪医科大学雑誌 第62巻1号:79-87   2003.06

  • 生活自立高齢者における要介護状態移行に関わる短期的予後危険因子の年齢期による差異   Reviewed

    渡辺丈眞,松浦尊麿,渡辺美鈴,樋口由美,河野公一  

    大阪医科大学雑誌 第62巻1号:1-7   2003.06

  • 転倒しても重篤なケガをしなかった施設利用高齢者の特徴について   Reviewed

    樋口由美,須藤洋明,竹田祥子,田中則子,淵岡 聡,林 義孝  

    理学療法学 第30巻2号:41-47   2003.04

  • 虚弱高齢者の要介護状態および生命予後に対する評価 −安静時エネルギー消費量を指標として− Reviewed

    樋口由美,渡辺美鈴,渡辺丈眞,斉藤昌久,中屋久長,後藤英太,河野公一  

    大阪医科大学雑誌 第61巻3号:9-16   2002.12

  • 大都市近郊における在宅ケアに関わる薬局業務の機能的特徴 Reviewed

    恩田光子,河野公一,渡辺丈眞,渡辺美鈴,土手友太郎,臼田 寛,白井由美,三間千史

    日本公衆衛生雑誌 第48巻7号:534-542   2001.07

  • 踏み台昇降訓練における股関節周囲筋の筋電図学的分析 Reviewed

    浅川康吉,市橋則明,羽崎 完,池添冬芽,樋口由美  

    理学療法学 第27巻3号:75-79   2000.09

  • 精神科の訪問看護を受けている精神障害者の再入院に影響を与える要因について Reviewed

    渡邊美鈴,河野公一,西浦公朗,宮田香織,中屋久長,河村圭子,樋口由美  

    厚生の指標 第47巻2号:21−27   2000.02

  • 医科大学新入生の体格,体力の年次推移に関する研究 Reviewed

    斉藤昌久,河野公一,織田行雄,土手友太郎,長家秀博,白井由美,恩田光子

    大阪医科大学雑誌 第58号2号:66-75   1999.09

  • 各種ブリッジ動作中の股関節周囲筋の筋活動量−MMT3との比較− Reviewed

    市橋則明,池添冬芽,羽崎 完,白井由美,浅川康吉,森永敏博,濱 弘道

    理学療法科学 第13巻2号:79-83   1998.05

  • 片脚立位時における股関節周囲筋の筋活動について Reviewed

    池添冬芽,市橋則明,羽崎 完,浅川康吉,森永敏博,濱 弘道,白井由美

    運動療法と物理療法 第9巻1号:24−28   1998.01

▼display all

Books and Other Publications

  • リハビリテーションテキスト 公衆衛生学

    ( Role: Contributor ,  リハビリテーション専門職の養成教育における公衆衛生学の位置づけ)

    メジカルビュー社  2024.01  ( ISBN:978-4-7583-2097-9

     More details

    Total pages:290   Responsible for pages:P15~22、P265,P266   Book type:Scholarly book

  • 図解理学療法検査・測定ガイド

    編集:内山 靖、樋口 由美、他90名( Role: Contributor)

    株式会社 文光堂  2023.02 

  • 標準理学療法学専門分野 理学療法評価学 第4版第1刷

    編集:内山 靖・岩井 信彦、樋口 由美 他26名( Role: Contributor)

    株式会社 医学書院  2023.02 

  • シンプル理学療法学シリーズ 地域リハビリテーション学テキスト 改訂第3版

    編集:備酒伸彦、樋口由美、対馬栄輝 執筆者:樋口由美・他23名( Role: Joint editor)

    株式会社 南江堂  2022.02 

     More details

    Total pages:338  

  • 標準理学療法 専門分野 骨関節理学療法 第2版

    編集:福井勉、小柳磨毅、執筆者:樋口由美・他19名( Role: Joint author)

    医学書院  2021.10 

     More details

    Total pages:312  

  • 地域理学療法学の方向性とマインドを理解する ビルドアップ地域理学療法

    編集:隆島研吾・田中 康之、執筆者:樋口由美・他16名( Role: Joint author)

    医歯薬出版株式会社  2021.09 

     More details

    Total pages:148  

  • 予防と産業の理学療法

    編集:樋口由美、浅田史成、牧迫飛雄馬 執筆者:樋口由美・他26名( Role: Joint editor)

    株式会社 南江堂  2020.03 

     More details

    Total pages:322  

  • 理学療法学テキスト 高齢者理学療法学

    編集:池添冬芽 執筆:樋口由美・他23名( Role: Joint author)

    株式会社 メジカルビュー社  2020.02 

     More details

    Total pages:392  

  • 楽に動ける福祉用具の使い方(第2版) 多職種協働による環境整備

    編集:窪田静、栄健一郎、樋口由美 執筆者:樋口由美・他8名( Role: Joint author)

    株式会社 日本看護協会出版会  2019.04 

     More details

    Total pages:164  

  • 標準理学療法学 専門分野 理学療法評価学 第3版

    編集:内山靖、岩井信彦 執筆者:樋口由美・他31名( Role: Joint author)

    株式会社 医学書院  2019.03 

     More details

    Total pages:427  

  • 楽に動ける福祉用具の使い方 : 多職種協働による環境整備

    編集:窪田 静, 栄 健一郎, 樋口 由美 執筆者:樋口由美・他

    日本看護協会出版会  2019  ( ISBN:9784818021792

     More details

  • ほっとかない郊外 ーニュータウンを次世代につなぐー

    編集:森一彦、執筆者:樋口由美・他44名( Role: Joint author)

    大阪公立大学共同出版会  2017.10 

  • 運動器の運動療法

    編集:小柳磨毅、執筆者:樋口由美・他27名( Role: Joint author)

    羊土社  2017 

  • 図解運動療法ガイド

    編集:内山靖、奈良勲、執筆者:樋口由美他63名( Role: Joint author)

    文光堂  2017 

  • 地域リハビリテーション学テキスト 改訂

    編集:備酒伸彦、樋口由美、対馬栄輝 執筆者:樋口由美・他( Role: Joint author)

    南江堂  2017 

  • 標準理学療法学 骨関節理学療法学

    編集:小柳磨毅、吉尾雅春 執筆者:樋口由美・他( Role: Joint author)

    医学書院  2013 

  • 地域リハビリテーション学テキスト

    編集:備酒伸彦、樋口由美、対馬栄輝 執筆者:樋口由美・他( Role: Joint author)

    南江堂  2012 

  • 臨床評価指標入門

    編集:内山靖、小林武、潮見泰蔵 執筆者:樋口由美・他( Role: Joint author)

    協同医書出版社  2003 

     More details

    Responsible for pages:313-319  

  • 障害から見た高齢者在宅リハビリテーションマニュアル

    編集:河野公一、執筆者:樋口由美,加藤 洋,村尾 浩,田中一成,栄健一郎,森美香子( Role: Joint author)

    金芳堂  2002 

     More details

    Responsible for pages:111-143  

▼display all

MISC

  • 在宅ケアを支える理学療法士・作業療法士の育成事業 Reviewed International journal

    中田伊知子、樋口由美、藤堂恵美子、淵岡聡、日垣一男、吉田幸恵、奥田邦晴、高畑進一

    理学療法ジャーナル 51(8)720-723   2017

     More details

    Authorship:Corresponding author   Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 高齢者の立ち上がり動作における筋収縮のタイミングに関する研究

    岩田 晃,樋口由美,木村大輔,岡本健佑,米津 亮,淵岡 聡

    財団法人大阪ガスグループ福祉財団 調査・研究報告集25 :15-20   2012.06

  • Health promotionから見たリハビリテーションの未来とその可能性 Invited International journal

    樋口由美

    理学療法京都 41号:53-56   2012.04

     More details

  • 大阪府内における第3期介護保険事業の総括的評価及び今後の取り組みへの提言  

    渡辺美鈴,樋口由美,暮石 渉,大関知子,内藤泰男,野村卓生,若林緑,林 義孝  

    大阪府介護予防評価専門部会報告書(総127頁):執筆担当21−36、45−60、107−114   2009.03

     More details

    Publishing type:Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 介護保険における新予防給付対象者の、転倒、転倒に対する自己効力感、身体機能および生活機能の低下を予防するプログラム効果検証  

    樋口由美,長野 聖,淵岡 聡,林 義孝  

    財団法人大阪ガスグループ福祉財団 研究・調査報告集20 :7-15   2007.03

     More details

    Publishing type:Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 座る,こぐ,楽しむ -車いすの有効な活用法 International journal

    奥田邦晴,樋口由美

    地域ケアリング第8巻第3号:37-42   2006.03

     More details

  • ホームヘルパーを対象とした労働と健康に関する調査と身体負担軽減に関する研究  

    北原照代,西山勝夫,垰田和史,辻村裕次,樋口由美,冨岡公子,中村賢治   

    財団法人大阪ガスグループ福祉財団 研究・調査報告集17 :7-13   2004.06

     More details

    Publishing type:Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 重度の肢体障害者にかかるスポーツが果たす機能と役割について

    奥田邦晴,樋口由美,薮中良彦,梶本佳史,村江 昇,嶋内高之,吉村龍彦,高橋 明  

    社会福祉法人大阪市障害者福祉・スポーツ協会 H15年度障害者スポーツ研究調査事業報告書   2004.03

     More details

    Publishing type:Internal/External technical report, pre-print, etc.  

  • 高齢者の運動機能維持に向けて −リハビリテーション対策−   International journal

    林 義孝,奥田邦晴,淵岡 聡,樋口由美,伊藤健一  

    関節外科 第22巻12号:1579-1585   2003.12

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 理学療法における学術活動・演題発表 −研究活動について− Invited International journal

    樋口由美,小柳磨毅  

    大阪府理学療法士会誌 31号:6−11   2003.04

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

▼display all

Presentations

  • 狭小空間で実施可能な1mTUGの信頼性、妥当性 -地域在住高齢者における検討- Domestic conference

    上田哲也, 樋口由美, 岩田晃, 山本沙紀, 淵岡聡, 玄安季, 橋本朋子

    第10回日本地域理学療法学会学術大会  2023.12 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京都  

  • 地域理学療法学におけるレジストリ研究の現状と課題 Invited Domestic conference

    樋口由美

    第10回日本地域理学療法学会学術大会  2023.12 

     More details

    Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:東京都  

  • 入院患者家族へのICTを用いたリハビリテーションの情報提供が家族の心理面に及ぼす影響 Domestic conference

    上月渉, 上田哲也, 村上達典, 玄安季, 畑中良太,横山遥香,橋本朋子, 湯川翔太, 松浦道子, 石上美桜, 川端太郎, 森本智栄, 樋口由美

    第10回日本地域理学療法学会学術大会  2023.12 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:東京都  

  • 高齢心不全患者の糖尿病合併によるサルコペニアとADLへの影響 Domestic conference

    横山遥香, 上月渉, 上田哲也, 渡辺彩, 畑中良太, 玄安季, 橋本朋子, 石上美桜, 松浦道子, 樋口由美

    第10回日本地域理学療法学会学術大会  2023.12 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京都  

  • 超高齢運動器疾患患者におけるトイレ移乗動作自立に関連する因子 Domestic conference

    松浦道子, 他10名, 樋口由美

    第10回日本地域理学療法学会学術大会  2023.12 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京都  

  • スマートフォンを用いて社会的交流を行う地域高齢者の特徴 Domestic conference

    橋本朋子, 玄安季, 上田哲也, 畑中良太, 上月渉, 横山遥香, 湯川翔太, 松浦道子, 石上美桜, 樋口由美

    第10回日本地域理学療法学会学術大会  2023.12 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京都  

  • シニアカー試乗体験会がシニアカーに対するイメージに与える影響 -地域高齢者と専門職者での比較- Domestic conference

    平島賢一, 樋口由美, 鶯 春夫

    第10回日本地域理学療法学会学術大会  2023.12 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京都  

  • 都市部集合住宅に居住する社会的フレイルな高齢者の特徴 Domestic conference

    玄安季, 橋本朋子, 上月渉, 村上達典, 湯川翔太, 石上美桜, 横山遥香, 松浦道子, 畑中良太, 上田哲也, 樋口由美

    第10回日本地域理学療法学会学術大会  2023.12 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京都  

  • 回復期リハビリテーション病棟入院中の患者家族の介助不安感が自宅退院に及ぼす影響 Domestic conference

    上月 渉, 村上 達典, 上田 哲也, 玄 安季, 横山 遥香, 川端 太郎, 森川 智栄, 樋口 由美

    第60回日本リハビリテーション医学会学術集会  2023.07  日本リハビリテーション医学会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:福岡  

  • COVID-19 流行初期における社会的フレイルな高齢者の身体活動、腰痛および歩行との関連 Domestic conference

    玄 安季,中原 啓太,上月 渉,村上 達典,上田 哲也,樋口 由美

    第60回日本リハビリテーション医学会学術集会  2023.06  日本リハビリテーション医学会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:福岡  

  • 回復期病棟における大腿骨近位部骨折患者の受傷前フレイルとQOL、ADLとの関連性 Domestic conference

    井戸田 弦 1,2),村上 達典 1),上田 哲也 1),畑中 良太 1),上月 渉 1),玄 安季 1),横山 遥香 1), 吉田 啓志 2),近藤 駿 2),山中 大河 2),樋口 由美 1)

    第9回 日本地域理学療法学会学術大会  2022.12  ⽇本⽀援⼯学理学療法学会学術⼤会 運営局

     More details

    Venue:WEB開催  

  • シニアカーを新規導入した地域高齢者のシニアカー利用実態について~GPSデータを用いた外出行動調査~ Domestic conference

    平島 賢一 1),柳澤 幸夫 1),鶯 春夫 1), 樋口 由美 2),澁谷 光敬 3)

    第9回 日本地域理学療法学会学術大会  2022.12  日本地域理学療法学会学術大会

     More details

    Venue:WEB開催  

  • COVID-19流行下の外出自粛要請により外出頻度 が週1回以下に減少した地域高齢者の特徴 Domestic conference

    玄 安季,上月 渉,上田 哲也,村上 達典, 畑中 良太,横山 遥香,井戸田 弦,橋本 朋子, 湯川 翔太,樋口 由美

    第9回 日本地域理学療法学会学術大会  2022.12  日本地域理学療法学会学術大会

     More details

    Venue:WEB開催  

  • 健康マップと動画コンテンツによる地域高齢者の身体活動量改善の取り組み Domestic conference

    橋本 朋子,湯川 翔太,上田 哲也,玄 安季, 樋口 由美

    第9回 日本地域理学療法学会学術大会  2022.12  日本地域理学療法学会学術大会

     More details

    Venue:WEB開催  

  • Withコロナの病棟管理が脳卒中患者の入院リハ ビリテーションに与える影響 Domestic conference

    村上 達典 1,2),樋口 由美 1),上田 哲也 1),畑中 良太 1),上月 渉 1),玄 安季 1),井戸田 弦 1), 横山 遥香 1),橋本 朋子 1),湯川 翔太 1)

    第9回 日本地域理学療法学会学術大会  2022.12  日本地域理学療法学会学術大会

     More details

    Venue:WEB開催  

  • 入院患者家族の介助不安感が退院後の家族の心理面に及ぼす影響 Domestic conference

    上月 渉 1,2),樋口 由美 1),村上 達典 1),上田 哲也 1),玄 安季 1),横山 遥香 1),井戸田 弦 1), 橋本 朋子 1),湯川 翔太 1),川端 太郎 2), 森川 智栄 2)

    第9回 日本地域理学療法学会学術大会  2022.12  日本地域理学療法学会学術大会 

     More details

    Venue:WEB開催  

  • 高齢心不全患者における左室駆出率と骨格筋量の関係 Domestic conference

    横山 遥香 1,2),上月 渉 1),上田 哲也 1),渡辺 彩 2), 松山 博文 2),畑中 良太 1),村上 達典 1),玄 安季 1), 井戸田 弦 1),橋本 朋子 1),湯川 翔太 1), 樋口 由美 1)

    第9回 日本地域理学療法学会学術大会  2022.12  日本地域理学療法学会学術大会

     More details

    Venue:WEB開催  

  • 回復期病棟における大腿骨近位部骨折患者の受 傷前フレイルとQOL、ADLとの関連性 Domestic conference

    井戸田 弦,村上 達典,上田 哲也, 畑中 良太,上月 渉,玄 安季,横山 遥香, 吉田 啓志,近藤 駿,山中 大河,樋口 由美

    第9回 日本地域理学療法学会学術大会  2022.12 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Other Link: https://57thjspt-hkd.org/application/files/3016/7010/9474/v2_1.pdf

  • 自走式トレッドミル歩行と電動トレッドミル歩行の筋活動の比較 Domestic conference

    杉山 恭二, 片岡 正教, 岩田 晃, 樋口 由美, 淵岡 聡, 佐賀 亮介, 池淵 充彦, 高橋 真治, 中村 博亮

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine  2022.05  (公社)日本リハビリテーション医学会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 入院中の患者家族に対する介助不安感評価の信頼性および妥当性の検討

    上月 渉, 樋口 由美, 村上 達典, 上田 哲也, 畑中 良太, 玄 安季, 横山 遥香, 井戸田 弦

    日本老年医学会雑誌  2022.05  (一社)日本老年医学会

  • 高齢者の介護予防、mobilityを考える Invited Domestic conference

    樋口由美

    和歌山県理学療法士協会第1回紀南局研修会  2022.02 

     More details

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

  • 地域理学療法実践のための理念と意義 Invited Domestic conference

    樋口由美

    第8回日本地域理学療法学会学術大会 第56回日本理学療法学術大会  2021.12 

     More details

    Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

  • 虚弱な高齢者の歩行能力に対するアプローチを考える Invited Domestic conference

    樋口由美

    第8回日本地域理学療法学会学術大会  2021.12 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:online  

  • 訪問リハビリテーションにおける運動遵守率向上に向けた多職種連携プログラムの実践 Domestic conference

    永井 麻衣, 樋口 由美, 北川 智美, 安藤 卓, 上田 哲也, 藤堂 恵美子, 畑中 良太, 村上 達典, 上月 渉, 北村 綾子

    第7回日本地域理学療法学会学術大会  2021.12  日本理学療法士協会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 中・重度認知症高齢者のADLと介護職の実施による姿勢観察との関連性

    北村 綾子, 上田 哲也, 村上 達典, 藤堂 恵美子, 畑中 良太, 上月 渉, 玄 安季, 樋口 由美

    第7回日本地域理学療法学会学術大会 口述  2021.12  日本理学療法士協会

  • 運動教室に参加するプレフレイル該当者の改善関連要因について

    今岡 真和, 中村 美砂, 田崎 史江, 肥田 光正, 中尾 英俊, 今井 亮太, 前渕 元宏, 武田 雅俊, 樋口 由美

    第7回日本地域理学療法学会学術大会 口述  2021.12  日本理学療法士協会

  • 徳島県内在住高齢ドライバーにおける運転免許証自主返納後の運動機能、認知・精神機能、活動性 3ヵ月間の追跡調査

    平島 賢一, 樋口 由美, 柳澤 幸夫, 鶯 春夫, 澁谷 光敬, 水田 隼, 松本 裕美

    理学療法学  2021.12  (一社)日本理学療法学会連合

  • 訪問リハビリテーションにおける運動遵守率向上に向けた多職種連携プログラムの実践

    永井 麻衣, 樋口 由美, 北川 智美, 安藤 卓, 上田 哲也, 藤堂 恵美子, 畑中 良太, 村上 達典, 上月 渉, 北村 綾子

    理学療法学  2021.12  (一社)日本理学療法学会連合

  • 訪問リハビリテーションにおける運動遵守率向上に向けた多職種連携プログラムの実践 Domestic conference

    永井 麻衣, 樋口 由美, 北川 智美, 安藤 卓, 上田 哲也, 藤堂 恵美子, 畑中 良太, 村上 達典, 上月 渉, 北村 綾子

    理学療法学  2021.12  (一社)日本理学療法学会連合

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 徳島県内在住高齢ドライバーにおける運転免許証自主返納後の運動機能、認知・精神機能、活動性 3ヵ月間の追跡調査 Domestic conference

    平島 賢一, 樋口 由美, 柳澤 幸夫, 鶯 春夫, 澁谷 光敬, 水田 隼, 松本 裕美

    理学療法学  2021.12  (一社)日本理学療法学会連合

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 徳島県内在住高齢ドライバーにおける運転免許証自主返納後の運動機能、認知・精神機能、活動性 3ヵ月間の追跡調査

    平島 賢一, 樋口 由美, 柳澤 幸夫, 鶯 春夫, 澁谷 光敬, 水田 隼, 松本 裕美

    理学療法学  2021.12  (一社)日本理学療法学会連合

  • 訪問リハビリテーションにおける運動遵守率向上に向けた多職種連携プログラムの実践

    永井 麻衣, 樋口 由美, 北川 智美, 安藤 卓, 上田 哲也, 藤堂 恵美子, 畑中 良太, 村上 達典, 上月 渉, 北村 綾子

    理学療法学  2021.12  (一社)日本理学療法学会連合

  • COVID-19による外出自粛生活が地域在住高齢者の身体活動量に及ぼす影響

    玄 安季, 樋口 由美, 上田 哲也, 上月 渉, 村上 達典, 山本 沙紀

    日本老年医学会雑誌  2021.05  (一社)日本老年医学会

  • COVID-19による外出自粛生活が地域在住高齢者の身体活動量に及ぼす影響 Domestic conference

    玄 安季, 樋口 由美, 上田 哲也, 上月 渉, 村上 達典, 山本 沙紀

    日本老年医学会雑誌  2021.05  (一社)日本老年医学会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • COVID-19による外出自粛生活が地域在住高齢者の身体活動量に及ぼす影響

    玄 安季, 樋口 由美, 上田 哲也, 上月 渉, 村上 達典, 山本 沙紀

    日本老年医学会雑誌  2021.05  (一社)日本老年医学会

  • 退院患者の転倒予防に関するスタッフ教育の多施設実践報告 急性期病院から在宅へシームレスな医療・介護連携

    上田 哲也, 樋口 由美, 根本 敬, 野村 日呂美

    理学療法学  2021.03  (一社)日本理学療法学会連合

  • 退院患者の転倒予防に関するスタッフ教育の多施設実践報告 急性期病院から在宅へシームレスな医療・介護連携 Domestic conference

    上田 哲也, 樋口 由美, 根本 敬, 野村 日呂美

    理学療法学  2021.03  (一社)日本理学療法学会連合

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 退院患者の転倒予防に関するスタッフ教育の多施設実践報告 急性期病院から在宅へシームレスな医療・介護連携

    上田 哲也, 樋口 由美, 根本 敬, 野村 日呂美

    理学療法学  2021.03  (一社)日本理学療法学会連合

  • COVID-19 pandemic decreased ADL improvements among inpatients with stroke in Japan International conference

    Murakami T,andHiguchi Y,Ueda T,Todo E,Hatanaka R,Kouzuki W,Kitamura A,Gen A

    World Pysiotherapy Congress  2021 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

    Venue:online  

  • 入院患者家族との情報共有にICTを用いた脳卒中患者3名の報告

    村上 達典, 上田 哲也, 藤堂 恵美子, 畑中 良太, 上月 渉, 北村 綾子, 玄 安季, 樋口 由美

    第7回日本地域理学療法学会学術大会 口述  2021  日本理学療法士協会

  • 地域における不器用さをもつ小学生を対象とした運動プログラムの効果

    畑中 良太, 今岡 真和, 上向井 千佳子, 笹倉 慎吾, 上田 哲也, 上月 渉, 村上 達典, 藤堂 恵美子, 北村 綾子, 玄 安季, 樋口 由美

    第7回日本地域理学療法学会学術大会 口述  2021  日本理学療法士協会

  • 発達性協調運動障害のリスクがある子どもへの理学療法士が監修した運動プログラムの効果検証

    畑中 良太, 今岡 真和, 上向井 千佳子, 笹倉 慎吾, 上田 哲也, 上月 渉, 村上 達典, 藤堂 恵美子, 北村 綾子, 玄 安季, 樋口 由美

    第55回日本理学療法学術大会抄録集  2021  日本理学療法士協会

  • COVID-19による外出自粛が認知症グループホーム入所者のADLに及ぼす影響

    北村 綾子, 村上 達典, 上田 哲也, 上月 渉, 藤堂 恵美子, 畑中 良太, 玄 安季, 樋口 由美

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine  2020.11  (公社)日本リハビリテーション医学会

  • COVID-19による外出自粛が認知症グループホーム入所者のADLに及ぼす影響 Domestic conference

    北村 綾子, 村上 達典, 上田 哲也, 上月 渉, 藤堂 恵美子, 畑中 良太, 玄 安季, 樋口 由美

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine  2020.11  (公社)日本リハビリテーション医学会

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • COVID-19による外出自粛が認知症グループホーム入所者のADLに及ぼす影響

    北村 綾子, 村上 達典, 上田 哲也, 上月 渉, 藤堂 恵美子, 畑中 良太, 玄 安季, 樋口 由美

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine  2020.11  (公社)日本リハビリテーション医学会

  • 回復期リハビリテーション病棟における患者家族の介助効力感を向上させる要因

    上月 渉, 村上 達典, 上田 哲也, 藤堂 恵美子, 畑中 良太, 北村 綾子, 玄 安季, 樋口 由美

    第7回日本地域理学療法学会学術大会 口述  2020.10  日本理学療法士協会

  • COVID19の影響で面会禁止となった患者家族との情報共有にICTを用いた取組み

    村上 達典, 樋口 由美, 上月 渉

    日本公衆衛生学会総会抄録集  2020.10  日本公衆衛生学会

  • COVID19の影響で面会禁止となった患者家族との情報共有にICTを用いた取組み Domestic conference

    村上 達典, 樋口 由美, 上月 渉

    日本公衆衛生学会総会抄録集  2020.10  日本公衆衛生学会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 回復期リハビリテーション病棟における患者家族の「介助効力感」に関連する要因 Domestic conference

    上月 渉, 村上 達典, 上田 哲也, 樋口 由美

    日本公衆衛生学会総会抄録集  2020.10  日本公衆衛生学会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 回復期リハビリテーション病棟における患者家族の「介助効力感」に関連する要因

    上月 渉, 村上 達典, 上田 哲也, 樋口 由美

    日本公衆衛生学会総会抄録集  2020.10  日本公衆衛生学会

  • COVID19の影響で面会禁止となった患者家族との情報共有にICTを用いた取組み

    村上 達典, 樋口 由美, 上月 渉

    日本公衆衛生学会総会抄録集  2020.10  日本公衆衛生学会

  • 要支援・軽度要介護高齢女性のIADLと歩数の関連

    安藤 卓, 樋口 由美, 北川 智美, 村上 達典, 藤堂 恵美子, 畑中 良太, 上月 渉, 永井 麻衣, 北村 綾子, 上田 哲也

    日本老年医学会雑誌  2020.07  (一社)日本老年医学会

  • 要支援・軽度要介護高齢女性のIADLと歩数の関連 Domestic conference

    安藤 卓, 樋口 由美, 北川 智美, 村上 達典, 藤堂 恵美子, 畑中 良太, 上月 渉, 永井 麻衣, 北村 綾子, 上田 哲也

    日本老年医学会雑誌  2020.07  (一社)日本老年医学会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 要支援・軽度要介護高齢女性のIADLと歩数の関連

    安藤 卓, 樋口 由美, 北川 智美, 村上 達典, 藤堂 恵美子, 畑中 良太, 上月 渉, 永井 麻衣, 北村 綾子, 上田 哲也

    日本老年医学会雑誌  2020.07  (一社)日本老年医学会

  • 家族が被介護者のADL能力を評価するSelf Assessment Burden Scale-Motorを生活期において評価した場合の妥当性の検討 Domestic conference

    蕨野 浩, 高畑 進一, 兼田 敏克, 東 泰弘, 中岡 和代, 塩屋 博史, 樋口 由美

    第54回日本理学療法学術大会   2019.12  一般社団法人日本地域理学療法学会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 訪問リハビリテーションを利用する要支援・要介護高齢者の健康関連QOLについて Domestic conference

    永井 麻衣, 樋口 由美, 藤堂 恵美子, 北川 智美, 安藤 卓, 上田 哲也, 畑中 良太, 村上 達典, 上月 渉, 北村 綾子

    第54回日本理学療法学術大会   2019.12  日本理学療法士協会 日本地域理学療法学会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 急性期病院における自宅見取り図を用いた転倒予防介入の有効性 病院から在宅へシームレスな医療・介護連携 Domestic conference

    上田 哲也, 樋口 由美, 藤堂 恵美子, 北川 智美, 安藤 卓, 村上 達典, 服部 玄徳, 野村 日呂美

    日本転倒予防学会誌  2019.09  日本転倒予防学会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 急性期病院における自宅見取り図を用いた転倒予防介入の有効性 病院から在宅へシームレスな医療・介護連携 Domestic conference

    上田 哲也, 樋口 由美, 藤堂 恵美子, 北川 智美, 安藤 卓, 村上 達典, 服部 玄徳, 野村 日呂美

    日本転倒予防学会誌  2019.09  日本転倒予防学会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 急性期病院における自宅見取り図を用いた転倒予防介入の有効性 病院から在宅へシームレスな医療・介護連携

    上田 哲也, 樋口 由美, 藤堂 恵美子, 北川 智美, 安藤 卓, 村上 達典, 服部 玄徳, 野村 日呂美

    日本転倒予防学会誌  2019.09  日本転倒予防学会

  • 地域在住高齢者における認知機能向上を目的とした運動教室における栄養補助介入試験 ランダム化比較試験(UMIN000030404)

    今岡 真和, 中村 美砂, 中尾 英俊, 田崎 史江, 前渕 元宏, 伊吹 昌久, 樋口 由美

    理学療法学  2019.08  (公社)日本理学療法士協会

  • 「活動・参加を促進する移動支援機器」~理学療法士の果たすべき役割~ 卒前の理学療法学教育における「支援機器」の位置づけ

    樋口 由美

    理学療法学  2019.08  (一社)日本理学療法学会連合

  • 「活動・参加を促進する移動支援機器」~理学療法士の果たすべき役割~ 卒前の理学療法学教育における「支援機器」の位置づけ Invited Domestic conference

    樋口 由美

    理学療法学  2019.08  (一社)日本理学療法学会連合

     More details

    Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

  • 「活動・参加を促進する移動支援機器」~理学療法士の果たすべき役割~ 卒前の理学療法学教育における「支援機器」の位置づけ

    樋口 由美

    理学療法学  2019.08  (一社)日本理学療法学会連合

  • 要支援・軽度要介護高齢者に対する12週間の日課への介入効果

    安藤 卓, 樋口 由美, 北川 智美, 村上 達典, 藤堂 恵美子, 畑中 良太, 田村 哲也, 永井 麻衣, 上月 渉

    日本老年医学会雑誌  2019.05  (一社)日本老年医学会

  • 要支援・軽度要介護高齢者に対する12週間の日課への介入効果 Domestic conference

    安藤 卓, 樋口 由美, 北川 智美, 村上 達典, 藤堂 恵美子, 畑中 良太, 田村 哲也, 永井 麻衣, 上月 渉

    日本老年医学会雑誌  2019.05  (一社)日本老年医学会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 要支援・軽度要介護高齢者に対する12週間の日課への介入効果

    安藤 卓, 樋口 由美, 北川 智美, 村上 達典, 藤堂 恵美子, 畑中 良太, 田村 哲也, 永井 麻衣, 上月 渉

    日本老年医学会雑誌  2019.05  (一社)日本老年医学会

  • Daily routine intervention to increase steps in frail older adult

    Ando S,andHiguchi Y,Kitagawa T,Murakami T,Todo E,Hatanaka R,Tamura T,Kouzuki W,Nagai M

    13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress in kobe 2019  2019 

     More details

    Venue: in Kobe  

  • The Magnitude of ADL Impairment was Associated with Discharge to home among Older StrokePatients in a Convalescent(Kaifukuki)

    Rehabilitation Ward 13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress in Kobe,2019  2019 

     More details

    Venue: in Kobe  

  • 回復期リハビリテーション病棟における実績指数の補正方法に関する検証

    村上 達典, 樋口 由美, 上田 哲也, 藤堂 恵美子, 北川 智美, 安藤 卓, 畑中 良太, 永井 麻衣, 上月 渉, 北村 綾子

    第54回日本理学療法学術大会 抄録集  2019  日本理学療法士協会

  • 主観的健康感が低下した若年・中高年層地域住民の健康関連QOLに対する身体活動量の関連

    北川 智美, 樋口 由美, 安藤 卓, 村上 達典, 上田 哲也, 藤堂 恵美子, 畑中 良太, 永井 麻衣, 上月 渉, 北村 綾子

    第54回日本理学療法学術大会 抄録集  2019  日本理学療法士協会

  • 家族の介助効力感と患者の生活機能との関連

    上月 渉, 樋口 由美, 上田 哲也, 安藤 卓, 北川 智美, 藤堂 恵美子, 畑中 良太, 村上 達典, 永井 麻衣, 北村 綾子

    第54回日本理学療法学術大会 抄録集  2019  日本理学療法士協会

  • 要支援・軽度要介護高齢者に対する歩数増加を目的とした日課への介入効果

    安藤 卓, 樋口 由美, 北川 智美, 村上 達典, 藤堂 恵美子, 畑中 良太, 上月 渉, 永井 麻衣, 北村 綾子, 上田 哲也

    第54回日本理学療法学術大会 抄録集  2019  日本理学療法士協会

  • 退院患者の転倒予防に関するスタッフ教育の多施設実践報告 -急性期病院から在宅へシームレスな医療・介護連携-

    上田 哲也, 樋口 由美, 根本 敬, 野村 日呂美

    第54回日本理学療法学術大会 抄録集  2019  日本理学療法士協会

  • 地域在住高齢者のプレフレイルと就労との関連について

    今岡 真和, 中村 美砂, 中尾 英俊, 田崎 史江, 生水 智子, 肥田 光正, 武田 雅俊, 樋口 由美

    第54回日本理学療法学術大会 抄録集  2019  日本理学療法士協会

  • 要支援・軽度要介護高齢者における歩数とその関連要因の検討 Domestic conference

    安藤 卓, 樋口 由美, 北川 智美, 村上 達典, 田村 哲也, 藤堂 恵美子, 畑中 良太, 福永 正太, 麻生 真理, 山田 夕姫菜

    第53回日本理学療法学術大会  2018  日本理学療法士協会 日本地域理学療法学会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 訪問リハビリテーションによる生活空間拡大の効果とプログラムについて

    藤堂 恵美子, 樋口 由美, 北川 智美, 安藤 卓, 村上 達典, 田村 哲也, 畑中 良太, 上月 渉, 永井 麻衣

    第53回日本理学療法学術大会 抄録集  2018  日本理学療法士協会

  • 早期からのケアマネジャーとの連携は回復期リハビリテーション病棟の在院日数を短縮する

    村上 達典, 樋口 由美, 藤堂 恵美子, 北川 智美, 安藤 卓, 畑中 良太, 田村 哲也, 永井 麻衣, 上月 渉

    第53回日本理学療法学術大会 抄録集  2018  日本理学療法士協会

  • 回復期リハビリテーション病棟入院中の病院とケアマネジャーとの連携は在宅復帰を促進する

    村上 達典, 樋口 由美, 藤堂 恵美子, 北川 智美, 安藤 卓, 畑中 良太, 田村 哲也, 永井 麻衣, 上月 渉

    第53回日本理学療法学術大会 抄録集  2018  日本理学療法士協会

  • 専業主婦における身体活動量と健康関連QOLの関連

    北川 智美, 樋口 由美, 安藤 卓, 村上 達典, 畑中 良太, 田村 哲也, 上月 渉, 永井 麻衣, 藤堂 恵美子, 高尾 耕平

    第53回日本理学療法学術大会 抄録集  2018  日本理学療法士協会

  • シンポジウム「活動・参加を促進する移動支援機器─理学療法士の果たすべき役割─」 卒前の理学療法学教育における「支援機器」の位置づけ

    樋口 由美

    第53回日本理学療法学術大会 抄録集  2018  日本理学療法士協会

  • 地域在住高齢者における認知機能向上を目的とした運動教室における栄養補助介入試験:ランダム化比較試験(UMIN000030404)

    今岡 真和, 中村 美砂, 中尾 英俊, 田崎 史江, 前渕 元宏, 伊吹 昌久, 樋口 由美

    第53回日本理学療法学術大会 抄録集  2018  日本理学療法士協会

  • 脳卒中者の二重課題歩行能力と運動・認知・生活機能の関連

    田村 哲也, 樋口 由美, 北川 智美, 安藤 卓, 藤堂 恵美子, 村上 達典, 畑中 良太, 並河 慎二, 大方 実, 吉尾 雅春

    第53回日本理学療法学術大会 抄録集  2018  日本理学療法士協会

  • 慢性期脳卒中患者における歩行の非対称性と活動との関連について

    田村哲也、樋口由美、他

    日本理学療法学術大会  2017 

  • 回復期リハビリテーション病棟における脳卒中患者の在宅復帰関連要因

    村上達典、樋口由美、他

    日本理学療法学術大会  2017 

  • 訪問リハビリテーションプログラムが生活機能に与える影響

    藤堂恵美子、樋口由美、他

    日本理学療法学術大会  2017 

  • 自宅見取り図を用いた転倒予防指導の有効性に関するランダム化比較試験

    上田哲也、樋口由美、他

    日本理学療法学術大会  2017 

  • 専業主婦における座業時間と健康関連 QOL 改善方法に関するランダム化比較試験による検証

    北川智美, 樋口由美, 他

    日本理学療法学術大会  2017 

  • 4年生後期における訪問リハビリテーション見学実習の取り組み

    藤堂恵美子、樋口由美、他

    日本訪問リハビリテーション協会学術大会  2017 

  • "在宅ケアを支えるリハビリテーション専門職の育成事業 地域リハビリテーション学コース受講生の受講前後の知識について

    中田伊知子、樋口由美、他

    日本在宅ケア学会学術集会  2017 

  • 在宅ケアを支えるリハビリテーション専門職教育プログラム『コアプロジェクト」の紹介

    中西遥、樋口由美、他

    近畿作業療法学会  2017 

  • 在宅ケアを支えるリハビリテーション専門職育成に向けた展望と課題 Invited Domestic conference

    樋口由美

    長崎大学×大阪府立大学合同フォーラム  2017 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

  • 在宅ケアを支えるリハビリテーション専門職の育成事業 講義実習後の学生の自己評価の変化

    中田伊知子、樋口由美、他

    日本公衆衛生学会総会  2017 

  • 在宅ケアを支えるリハビリテーション専門職の育成事業 地域リハビリテーション学コースの成果

    中西遥、樋口由美、他

    日本公衆衛生学会総会  2017 

  • 要支援・軽度要介護者の移動能力向上を考える Invited Domestic conference

    樋口由美

    京都府理学療法士学会  2017 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

  • Prevalence of sarcopenia among Geriatric healthcare institution in Japan

    Imaoka M, Higuchi Y, et al

    Conference for Frailty and Sarcopenia  2016 

  • 介護老人保健施設におけるリハビリテーションの意義 入所者の意欲と身体機能との関連

    樋口由美、他

    日本リハビリテーション医学会  2016 

  • 理学療法士による学校職員に対する腰痛予防講座巡回講師派遣事業に活動報告

    村上達典、樋口由美、他

    日本公衆衛生学会  2016 

  • 就労者の健康関連QOLに関連する因子

    北川智美, 樋口由美, 他

    日本公衆衛生学会  2016 

  • 在宅ケアを支えるリハビリ専門職の育成プロジェクト

    中田伊知子、樋口由美、他

    日本公衆衛生学会  2016 

  • 在宅ケアを支えるリハビリ専門職の育成プロジェクト 現職者教育プログラムの報告

    中西遥、樋口由美、他

    日本公衆衛生学会  2016 

  • 多職種が在籍する訪問看護ステーションでの多機能情報端末導入の取り組み

    藤堂恵美子、樋口由美、他

    日本公衆衛生学会  2016 

  • 専業主婦の座業時間短縮および健康改善のための効果的な介入方法

    北川智美, 樋口由美, 他

    日本理学療法学術大会  2016 

  • 訪問リハビリテーション利用者の生活空間拡大に関連する要因

    藤堂恵美子、樋口由美、他

    日本理学療法学術大会  2016 

  • 転倒を起因とした骨折により急性期病院へ入院した高齢患者の特徴

    上田哲也、樋口由美、他

    日本理学療法学術大会  2016 

  • 介護老人保健施設入所者のOsteosarcopenia有病率についての調査研究

    今岡真和,樋口由美、他

    日本理学療法学術大会  2016 

  • 大腿骨近位部骨折患者の骨折前の外出状況と機能回復の関連

    安岡実佳子、樋口由美、他

    日本理学療法学術大会  2016 

  • 要支援・軽度要介護高齢者の非利用日の歩数とその関連要因

    安藤卓、樋口由美、他

    日本理学療法学術大会  2016 

  • 大腿骨近位部骨折術後患者に対する体幹筋群のトレーニング効果の検証

    水野稔基、樋口由美、他

    日本理学療法学術大会  2016 

  • 在宅ケアを支えるリハビリ専門職の育成プロジェクトの取組みについて-初年度報告- Domestic conference

    樋口由美,西川智子,高畑進一,淵岡聡,吉田幸恵

    第74回日本公衆衛生学会総会(長崎)  2015.11 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 高度な専門職業人を育成するための大学・大学院での取り組み Invited Domestic conference

    樋口由美

    第50 回日本理学療法学術大会(東京)(招待講演)  2015.06 

  • 高齢者の歩行パラメータと筋力発生率の関連について Domestic conference

    淵岡聡,岩田晃,樋口由美,小栢進也

    第50 回日本理学療法学術大会(東京)  2015.06 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 回復期リハビリテーション病院における大腿骨近位部骨折術後患者の歩行・バランス能力と体幹機能との関連性 Domestic conference

    水野稔基,樋口由美,今岡真和,藤堂恵美子,上田哲也,北川智美,石原みさ子,平島賢一,安藤卓,安岡実佳子

    第50 回日本理学療法学術大会(東京)  2015.06 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 間接的な家屋評価における転倒予防の有効性に関する前向き介入研究:急性期病院における予備的研究 Domestic conference

    上田哲也,樋口由美,平島賢一,今岡真和,藤堂恵美子,石原みさ子, 北川智美,安藤卓,水野稔基,安岡実佳子

    第50 回日本理学療法学術大会(東京)  2015.06 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 地域在住高齢女性の脊柱アライメントと身体的機能低下の関連 Domestic conference

    樋口由美,岩田晃,小栢進也,今岡真和,藤堂恵美子, 北川智美,上田哲也,安藤卓,水野稔基,淵岡聡

    第50 回日本理学療法学術大会(東京)  2015.06 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 若年から中年層の専業主婦と就業女性の健康関連QOL に関連する因子 Domestic conference

    北川智美,樋口由美,藤堂恵美子,今岡真和,石原みさ子,平島賢一,上田哲也,安藤卓,水野稔基,安岡実佳子

    第50 回日本理学療法学術大会(東京)  2015.06 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 通所介護利用者の利用日・非利用日別にみた身体活動量の性差について Domestic conference

    安藤卓,樋口由美,今岡真和,石原みさ子,平島賢一,藤堂恵美子,上田哲也,北川智美,水野稔基,安岡実佳子

    第50 回日本理学療法学術大会(東京)  2015.06 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 訪問リハビリテーションの長期効果および実施内容に関する予備的研究 Domestic conference

    藤堂恵美子,樋口由美,今岡真和,北川智美,上田哲也,石原みさ子,他6名

    第50 回日本理学療法学術大会(東京)  2015.06 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 膝伸展筋力トレーニングが高齢者の膝関節滑液量に及ぼす影響 無作為化比較対照試験 Domestic conference

    小栢進也,樋口由美,青木紫方吏,松島礼佳,岩田晃,淵岡聡

    第50 回日本理学療法学術大会(東京)  2015.06 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 介護老人保健施設入所者の運動回数調整とビタミンD 摂取は転倒抑制効果がある:準ランダム比較化試験 Domestic conference

    今岡真和,樋口由美,藤堂恵美子,平島賢一,北川智美,上田哲也、他9名

    第50 回日本理学療法学術大会(東京)  2015.06 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 観察距離を延長した「またぎ歩行」課題のMisstep は地域高齢者の転倒を予測する―1 年間のコホート研究から― Domestic conference

    平島賢一,樋口由美,石原みさ子,今岡真和,藤堂恵美子,上田哲也,他4名

    第50 回日本理学療法学術大会(東京)  2015.06 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 筋骨格シミュレーションによる姿勢制御の解析 前脛骨筋による股関節屈曲作用 Domestic conference

    小栢進也,永井宏達,沖田祐介,岩田晃,樋口由美,淵岡聡

    第50 回日本理学療法学術大会(東京)  2015.06 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 大腿骨近位部骨折術後患者における歩行・バランス能力と体幹機能との関連性 Domestic conference

    水野 稔基,,樋口 由美, 他8名

    第54回近畿理学療法学術大会  2014.11 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 家屋評価を行う際の理学療法士の視点 Domestic conference

    上田哲也, 樋口由美

    日本転倒予防学会第1回学術集会  2014.10 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 介護老人保健施設入所者の転倒予防介入効果検証 Domestic conference

    今岡真和, 樋口由美

    日本転倒予防学会第1回学術集会  2014.10 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 外乱刺激時の立位姿勢制御反応における同時収縮の役(副題)高齢者シミュレーションモデル解析による検討 Domestic conference

    小栢 進也1),永井 宏達2),沖田 祐介3),岩田 晃1),樋口 由美1),淵岡 聡1

    第 49 回日本理学療法学術大会(横浜)  2014.05 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 介護老人保健施設入所者のサルコペニアと血中ビタミン D 濃度について Domestic conference

    今岡 真和1,2),樋口 由美1),藤堂恵美子1),上田 哲也1),北川 智美1),石原みさ子1),平島 賢一1), 水野 稔基1),安藤 卓1),他

    第 49 回日本理学療法学術大会(横浜)  2014.05 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 急性期病院に勤務する理学療法士の自宅退院患者に対する転倒予防指導 Domestic conference

    上田 哲也1,2),樋口 由美1),今岡 真和1),藤堂恵美子1),石原みさ子1),平島 賢一1), 北川 智美1),安藤 卓1),水野 稔基1

    第 49 回日本理学療法学術大会(横浜)  2014.05 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 男性高齢者の歩行時間と外出目的地との関連 Domestic conference

    藤堂恵美子1,2),樋口 由美1),今岡 真和1),北川 智美1),平島 賢一1),石原みさ子1), 上田 哲也1),安藤 卓1),水野 稔基

    第 49 回日本理学療法学術大会(横浜)  2014.05 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 高齢者の膝関節痛と骨棘および膝蓋上嚢肥厚の関係性 Domestic conference

    小栢 進也,岩田 晃,樋口 由美,淵岡 聡

    第 49 回日本理学療法学術大会(横浜)  2014.05 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 専業主婦と就業女性における身体活動量・座業時間と健康状態との関連 Domestic conference

    北川 智美1,2),樋口 由美1),今岡 真和1),藤堂恵美子1),石原みさ子1),平島 賢一1), 上田 哲也1),安藤 卓1),水野 稔基

    第 49 回日本理学療法学術大会(横浜)  2014.05 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 通所介護利用者における 1 週間の身体活動量と運動機能 Domestic conference

    安藤 卓1,2),樋口 由美1),石原みさ子1),平島 賢一1),今岡 真和1),藤堂恵美子1), 上田 哲也1),北川 智美1),水野 稔基1)

    第 49 回日本理学療法学術大会(横浜)  2014.05 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 地域高齢者の歩行能力と体幹機能との関連 Domestic conference

    松島 礼佳,青木紫方吏,宇都宮千紗,奥原 千裕,小阪 友美,前田 理紗,樋口 由美

    第 49 回日本理学療法学術大会(横浜)  2014.05 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 足関節底屈筋強化による脳性麻痺児の歩行の推進力生成の変化 Domestic conference

    石原みさ子1,2),樋口 由美1),北嶋 宏美2),平島 賢一1),今岡 真和1),藤堂恵美子1), 上田 哲也1),北川 智美1),安藤 卓1),水野 稔基

    第 49 回日本理学療法学術大会(横浜)  2014.05 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • TKA 術後患者に対する体幹機能トレーニングは歩行能力の改善に有効である Domestic conference

    佐野 佑樹1,2),岩田 晃1),松井未衣菜2),藤原明香理2),堀毛 和中 秀行2),樋口 由美1),淵岡 聡1),渡邉 学2

    第 49 回日本理学療法学術大会(横浜)  2014.05 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 高齢者の運動速度の特性および歩行能力との関係 Domestic conference

    岩田 晃,樋口 由美,小栢 進也,佐野 佑樹,井上 純爾,淵岡 聡

    第 49 回日本理学療法学術大会(横浜)  2014.05 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • またぎ歩行」課題における Misstep と転倒関連因子との関係 Domestic conference

    平島 賢一1,2),樋口 由美1),石原みさ子1),今岡 真和1),藤堂恵美子1),北川 智美1), 上田 哲也1),水野 稔基1),安藤 卓

    第 49 回日本理学療法学術大会(横浜)  2014.05 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 介護老人保健施設入所者のサルコペニアについて Domestic conference

    今岡真和,樋口由美,呉本冬馬,他6名

    第5回生活環境支援理学療法研究部会学術集会セミナー(広島)  2013.12 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • Investigation of the correlation between standing alignment of knee adduction angle and contact force at the medial compartment of the tibio-femoral joint during gait International conference

    Ogaya S,Higuchi Y,Iwata A, Fuchioka S

    2nd World Congress on Controversies, Debates & Consensus in Bone, Muscle & Joint Diseases (Belgium)  2013.11 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 地域高齢者における座業時間と身体機能との関連 Domestic conference

    樋口由美, 北川智美, 岩田 晃, 藤堂恵美子,今岡真和,平島賢一, 上田哲也,安藤 卓,水野稔基,淵岡 聡

    第72回日本公衆衛生学会総会(三重)  2013.10 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 健康づくりサポーター育成プログラムの学習プロセス評価 Domestic conference

    小橋麻衣,千須和直美,新宅賀洋,田中郁子,樋口由美,小栢進也,春木 敏

    第72回日本公衆衛生学会総会(三重)  2013.10 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 高齢者の移動能力,筋力,筋量と動作速度の関係 Domestic conference

    岩田 晃,樋口由美, 淵岡 聡

    第72回日本公衆衛生学会総会(三重)  2013.10 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • ニュータウンの賃貸集合住宅に居住する男性高齢者の外出頻度と近隣環境 Domestic conference

    藤堂恵美子,樋口由美, 今岡真和,北川智美, 平島賢一, 上田哲也,安藤 卓,水野稔基

    第72回日本公衆衛生学会総会(三重)  2013.10 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • Sitting time and physical performance in community-dwelling older adults International conference

    Higuchi Y, Iwata A, Ogaya S, Imaoka M, Todo E, Kitagawa T, Okuda K, Fuchioka S

    WCPT-AWP & ACPT Congress 2013 (Taiwan)  2013.09 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 実測データに基づいた高齢者居住シミュレータの開発 Domestic conference

    中島智晴,黒田洋平,土橋彩香,前川泰子,樋口由美

    ファジィシステムシンポジウム(大阪)  2013.09 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • Movement velocity of upper limb is associated with gait speed in elderly adults International conference

    Iwata A, Higuchi Y, Sano Y, Ogaya S, Yonetsu R, Kataoka M, Nonaka K, Okuda K, Fuchioka S

    WCPT-AWP & ACPT Congress 2013 (Taiwan)  2013.09 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • RFD as a measure of a slight decline in the physical function of elderly women International conference

    Fuchioka S, Higuchi Y, Iwata A, Ogaya S, Inoue J, Okuda K

    WCPT-AWP & ACPT Congress 2013 (Taiwan)  2013.09 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 車椅子使用者向け転倒リスクアセスメント票の開発 Domestic conference

    今岡真和, 樋口由美, 藤堂恵美子, 北川智美,呉本冬馬

    第24回全国介護老人保健施設大会(石川)   2013.07 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • Contact force on the medial knee joint and knee function in the elderly: An inverse simulation analysis of gait International conference

    Ogaya S,Naito S,Iwata A,Higuchi Y,Fuchioka S,Tanaka T

    2nd Joint World Congress of ISPGR and Gait and Mental Function (Akita, Japan)   2013.06 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 膝関節内反モーメントと内側関節圧迫力との関係   Domestic conference

    小栢進也, 内藤 尚, 沖田祐介, 井上純爾, 岩田 晃, 樋口由美, 淵岡 聡, 田中正夫

    第48回日本理学療法学術大会(愛知)  2013.05 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 介護老人保健施設入所者の移動様式別にみた転倒リスク因子の検討 Domestic conference

    今岡真和, 樋口由美, 藤堂恵美子, 呉本冬馬, 北川智美, 平島賢一, 石原みさ子, 七川大樹, 黒﨑恭平

    第48回日本理学療法学術大会(愛知)   2013.05 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 「またぎ歩行」課題におけるMisstepと転倒との関係性  平島賢一, 樋口由美, 石原みさ子, 今岡真和,  藤堂恵美子, 北川智美 Domestic conference

    平島賢一, 樋口由美, 石原みさ子, 今岡真和, 藤堂恵美子, 北川智美

    第48回日本理学療法学術大会(愛知)   2013.05 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 高齢者における下肢筋力および筋力発生率と身体運動能力との関連 Domestic conference

    淵岡 聡, 樋口由美, 岩田 晃, 小栢進也, 井上純爾

    第48回日本理学療法学術大会(愛知)   2013.05 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 上肢の最大動作速度は歩行機能を反映する Domestic conference

    岩田 晃, 樋口由美, 佐野佑樹, 小栢進也,淵岡 聡

    第48回日本理学療法学術大会(愛知)   2013.05 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 身体活動量の高い地域在住高齢者における座業時間と歩行速度との関連 Domestic conference

    樋口由美, 北川智美, 岩田 晃, 小栢進也, 今岡真和, 藤堂恵美子, 平島賢一, 石原みさ子, 淵岡 聡

    第48回日本理学療法学術大会(愛知)   2013.05 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 専業主婦における主観的な身体活動量の信頼性 Domestic conference

    北川智美, 樋口由美, 今岡真和, 藤堂恵美子, 平島賢一, 石原みさ子

    第48回日本理学療法学術大会(愛知)   2013.05 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 二関節筋機能を考慮した筋骨格シミュレーションモデルによる歩行解析 Domestic conference

    小栢進也, 内藤 尚, 沖田祐介, 井上純爾, 岩田 晃, 樋口由美, 淵岡 聡, 田中正夫

    第48回日本理学療法学術大会(愛知)   2013.05 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 脳性麻痺児・者の歩行における股関節と足関節の運動力学的関係 Domestic conference

    石原みさ子, 樋口由美, 平島賢一, 今岡真和, 藤堂恵美子, 北川智美

    第48回日本理学療法学術大会(愛知)   2013.05 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • ニュータウンに居住する専業主婦の年代別外出頻度と主観的健康感との関係

    北川智美, 樋口由美, 藤堂恵美子, 小栢進也,  今岡真和, 春木 敏, 上田由喜子, 千須和直美,  生田英輔, 森 一彦

    第71回日本公衆衛生学会総会(山口)   2012.10 

  • 施設入所者の移動様式による転倒リスク要因の相違について

    今岡真和, 樋口由美, 呉本冬馬, 藤堂恵美子,  北川智美

    第9回転倒予防医学会研究集会(東京)   2012.10 

  • 補助ブレーキ付き車椅子は利用者と職員を守れるか

    生島直樹,前田憲明,野口さゆり,篠原悦子,  森川多喜子,樋口由美

    第23回全国介護老人保健施設大会(沖縄)   2012.10 

  • 地域高齢者の生活実態 日常生活安心感に関連する要因

    小橋麻衣, 千須和直美, 新宅賀洋, 田中都子,  春木 敏, 樋口由美, 森 一彦, 生田英輔

    第71回日本公衆衛生学会総会(山口)   2012.10 

  • 歩行速度に対する座位体幹機能評価の有用性について

    岩田 晃, 樋口由美, 淵岡 聡

    第71回日本公衆衛生学会総会(山口)   2012.10 

  • 通所型、訪問型の地域活動へ参加希望しない高齢者の特徴

    樋口由美, 藤堂恵美子, 小栢進也, 今岡真和,  北川智美, 平島 賢一, 春木 敏, 上田由喜子,  千須和直美, 生田英輔, 森 一彦

    第71回日本公衆衛生学会総会(山口)   2012.10 

  • 地域高齢者における1年後のIADL低下と歩行能力、体幹機能との関連

    樋口由美, 岩田 晃, 小栢進也, 米津 亮, 今岡真和, 藤堂恵美子, 淵岡 聡

    第47回日本理学療法学術大会(兵庫)   2012.05 

  • 虚弱高齢者の移動能力を改善する座位運動プログラム 側方運動要素に着目して

    樋口由美, 岩田 晃, 藤堂恵美子, 阿部敏文, 崎 泰子, 今岡真和, 尾中雅貴, 吉本陽二,  淵岡 聡

    第47回日本理学療法学術大会(兵庫)   2012.05 

  • 介護老人保健施設における車椅子使用者の転倒の特徴

    今岡真和, 樋口由美, 呉本冬馬, 藤堂恵美子

    第47回日本理学療法学術大会(兵庫)   2012.05 

  • ニュータウンの賃貸集合住宅に居住する男性高齢者の特徴について

    藤堂恵美子,樋口由美,小栢進也,今岡真和,春木 敏, 上田由喜子, 生田英輔, 千須和直美,森 一彦

    第47回日本理学療法学術大会(兵庫)   2012.05 

  • 高齢者における座位での体幹の素早い側方反復運動と移動能力との関連 Seated side tapping testの力学的分析から

    淵岡 聡, 樋口由美, 岩田 晃,小栢進也, 米津 亮, 岡本健佑

    第47回日本理学療法学術大会(兵庫)  2012.05 

  • 「泉北ほっとけないネットワーク・新近隣住区」地域再生における理学療法士の取り組み

    高井逸史, 樋口由美, 上田哲也, 春木 敏, 森 一彦

    第47回日本理学療法学術大会(兵庫)   2012.05 

  • リズムに合わせた足踏み運動の正確さと身体機能の関係 動作リズム120beatの検証

    小栢進也, 樋口由美, 岡本健佑, 淵岡 聡

    第47回日本理学療法学術大会(兵庫)   2012.05 

  • Seated Side Tapping Testは虚弱高齢者の移動能力、ADL能力、歩行補助具を反映する

    岩田 晃, 樋口由美, 新井 慎, 場谷 玲, 吉田 歩, 生島直樹, 杉浦理恵, 小栢進也, 米津 亮, 淵岡 聡

    第47回日本理学療法学術大会(兵庫)  2012.05 

  • 移乗介助におけるリフト使用の有無と習熟度による身体的負担の比較

    阿部敏文, 樋口由美

    第47回日本理学療法学術大会(兵庫)   2012.05 

  • 教育講演:座位から考える高齢者の移動能力と生活機能評価 Invited

    樋口由美

    第13回大阪府理学療法士会研修会(大阪)(招待講演)  2012.02 

  • 教育講演:Health promotionから見たリハビリテーションの未来と可能性 Invited

    樋口由美

    第22回京都府理学療法士学会(京都)(招待講演)  2012.01 

  • 車椅子使用虚弱高齢者の転倒リスク評価は入所時に可能か

    今岡真和,樋口由美

    第8回転倒予防医学研究集会(東京)  2011.10 

  • 高齢者の移動能力を予測する座位での身体機能指標

    樋口由美,岩田 晃,淵岡 聡

    第53回日本老年医学会学術集会(東京)  2011.06 

  • 転倒低リスク性の移動能力評価指標Sitting Side Punch testの有用性

    樋口由美,岩田 晃,淵岡 聡

    第46回日本理学療法学術大会(宮崎)  2011.05 

  • 筋力トレーニングは脳性麻痺児・者の歩行を改善する−シングルケースデザインによる検討−

    石原みさ子,樋口由美,出原千寛

    第46回日本理学療法学術大会(宮崎)  2011.05 

  • 高齢者の椅子からの立ち上がり動作における重心移動と静的立位バランスの関係

    岡本健佑,落合 都,岩田 晃,樋口由美,淵岡 聡

    第46回日本理学療法学術大会(宮崎)  2011.05 

  • 地域在住高齢者におけるSitting Side Punch testと転倒恐怖感の関連について

    淵岡 聡,樋口由美,岩田 晃

    第46回日本理学療法学術大会(宮崎)  2011.05 

  • 健常高齢者における歩行速度の規定因子 COP移動速度の重要性

    岩田 晃,樋口由美,淵岡 聡

    第46回日本理学療法学術大会(宮崎)  2011.05 

  • 自立高齢者の生活機能低下に対するSitting Side Punch testの有用性

    樋口由美,岩田 晃,淵岡 聡

    第46回日本理学療法学術大会(宮崎)  2011.05 

  • 地域在住高齢者におけるSitting Side Punch testと下肢筋力の関係について

    淵岡 聡,岩田 晃,樋口由美

    第46回日本理学療法学術大会(宮崎)  2011.05 

  • 高次生活機能高齢者のIADL低下兆候と歩行パラメータの関連

    樋口由美,岩田 晃,淵岡 聡,渡辺美鈴

    第69回日本公衆衛生学会総会(東京)  2010.10 

  • A Role of Physical Therapist for Disabled Athletes in 2009 Asian Youth Para Games

    Kataoka M, Yasuda T, Kataoka T, Kawasaki J,  Kimura D, Shima M, Akai T, Ueda E,  Kusaka Y, Iwata A, Higuchi Y, Okuda K

    ACPT Congress 2010 (Bali)  2010.10 

  • The Characteristic of Physical Function of Japanese Representative Deaf Athletes at Standing Position

    Yasuda T, Kataoka M, Kataoka T, Kawasaki J, Kimura D, Shima M, Akai T, Ueda E, Higuchi Y, Okuda K

    ACPT Congress 2010 (Bali)  2010.10 

  • Developemental of new adjustment type throwing chair (NATC) for severely disabled athletes

    Okuda K, Matsuda Y, Kataoka M, Higuchi Y

    ACPT Congress 2010 (Bali)  2010.10 

  • Kinetic analysis of poling movement of cross-country sit ski athlete with spinal cord injury

    Ueda E, Kataoka M, Kataoka T, Higuchi Y, Okuda K

    ACPT Congress 2010 (Bali)  2010.10 

  • 脳性麻痺児の歩容と足圧中心の関連について

    石原みさ子,樋口由美,北嶋宏美,出原千寛

    第45回日本理学療法学術大会(岐阜)  2010.05 

  • ストレッチング時の肢位変化が伸張部位と自覚的伸張感へ及ぼす影響

    岩田 晃,淵岡 聡,木村大輔,灰方淑恵,樋口由美

    第45回日本理学療法学術大会(岐阜)  2010.05 

  • 在宅高齢障害者の日中の身体活動量と運動機能に関する調査

    越智久雄,井上和紀,永田武豊,白井孝明,樋口由美,林 義孝

    第45回日本理学療法学術大会(岐阜)  2010.05 

  • 教育講演:高齢者の転倒予防知見を臨床応用へ Invited

    樋口由美

    第49回近畿理学療法学術大会(兵庫)(招待講演)  2009.11 

  • 訪問型介護予防事業の実施状況およびその効果について

    樋口由美,渡辺美鈴,大関知子,内藤泰男,暮石 渉,野村卓生,若林 緑,林 義孝

    第68回日本公衆衛生学会総会(奈良)  2009.10 

  • 介護予防事業における介入方法の違いが転倒発生率に及ぼす影響

    淵岡 聡,樋口由美,奥田邦晴,林 義孝

    第44回日本理学療法学術大会(東京)  2009.05 

  • 脳性麻痺児の歩行 客観的表現へのチャレンジ

    石原みさ子,北嶋宏美,出原千寛,樋口由美

    第20回京都府理学療法士学会(京都)  2009.03 

  • デイケアにおける晩ラストレーニング教室の効果

    山田 良,樋口由美,山口義隆

    第5回転倒予防医学研究会研究集会(東京)  2008.10 

  • 前頭前野の活性化をめざす学習活動は、虚弱高齢者の身体機能、生活機能およびケガを伴う転倒に効果をもたらすか?

    岩本愛弓,樋口由美,村上亜由美

    第5回転倒予防医学研究会研究集会(東京)  2008.10 

  • 軽度要介護高齢者に対する低負荷トレーニングの効果について

    村上亜由美,樋口由美,岩本愛弓

    第5回転倒予防医学研究会研究集会(東京)  2008.10 

  • Mobility predicts decline in IADL, intellectual activity and social role among community-dwelling elderly

    Higuchi Y, Watanabe M, Matsuura T, Kono K

    International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy (Japan)  2008.09 

  • Physical activity, physical function and stage of behavior change in community-dwelling elderly

    Haikata Y, Higuchi Y

    International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy (Japan)  2008.09 

  • マシントレーニングを継続する軽度要介護者における、転倒予測因子としてのDual-task機能評価の有用性

    樋口由美,淵岡 聡,奥田邦晴,林 義孝

    第43回日本理学療法学術大会(福岡)  2008.05 

  • 大都市近郊T市における独居高齢者の生活機能低下の予測因子について

    渡辺美鈴,谷本芳美,樋口由美,河野 令,河野公一

    第66回日本公衆衛生学会(愛媛)  2007.10 

  • 地域高齢者における生活機能低下予測因子としての移動能力

    樋口由美,渡辺美鈴,渡辺丈眞,松浦尊麿,  河野公一

    第49回日本老年医学会学術集会(札幌)  2007.06 

  • Characteristics of forward lunge exercise in elderly persons

    Koyanagi M, Takeoka K, Mukai K, Higuchi Y, Tanaka N

    World Physical Therapy 2007 (Canada)  2007.06 

  • 身体機能、生活機能、転倒リスクに対する身体的および認知機能のトレーニング効果

    樋口由美,長野 聖,淵岡 聡,奥田邦晴,  林 義孝

    第42回日本理学療法学術大会(新潟)  2007.05 

  • 病院・介護老人保健施設における早期体験学習のアンケート結果(3年間)の傾向について

    福田明雄,場谷 玲,駿河 歩,樋口由美,  岩田 晃,奥田邦晴,林 義孝

    第42回日本理学療法学術大会(新潟)  2007.05 

  • 1年後の理学療法臨床実習成績にみる早期体験実習の意義

    樋口由美,岩田 晃,奥田邦晴,林 義孝,  場谷 玲,福田明雄,駿河 歩

    第42回日本理学療法学術大会(新潟)  2007.05 

  • 移乗介助におけるリフト使用の効果 -介護者の習熟度を考慮したリフト移乗の有効性検証−

    冨岡公子,栄健一郎,樋口由美

    第80回日本産業衛生学会(大阪)  2007.04 

  • 適切な福祉用具使用と作業姿勢の要因における作業負担の比較研究

    冨岡公子,眞藤英恵,樋口由美

    第46回近畿産業衛生学会(和歌山)  2006.11 

  • 地域高齢者の健康づくりのための一日総歩数の意義

    渋谷孝裕,渡辺美鈴,河野 令,Sun Wei,  樋口由美,齋藤昌久,臼田 寛,河野公一

    第65回日本公衆衛生学会総会(富山)  2006.10 

  • 大都市近郊T市における独居高齢者の実態

    渡辺美鈴,谷本芳美,渋谷孝裕,Sun Wei,  樋口由美,河野 令,臼田 寛,河野公一

    第65回日本公衆衛生学会総会(富山)  2006.10 

  • ホームへヘルパーの介護労働における人間工学的評価と介入

    樋口由美,北原照代,垰田和史,辻村裕次,  西山勝夫

    日本人間工学会第47回大会(大阪)  2006.06 

  • 特別養護老人ホームにおける入浴介助の腰部負担の評価

    冨岡公子,熊谷信二,樋口由美,辻村裕次,  新井康友,吉田 仁

    第79回日本産業衛生学会(仙台)  2006.05 

  • ホームへヘルパーの介護労働における身体的負担の評価と介入効果

    樋口由美,北原照代,垰田和史,辻村裕次,  西山勝夫

    第41回日本理学療法学術大会(群馬)  2006.05 

  • 生活自立高齢者における抑うつ症状と起立時大脳循環代謝機能との関連

    渡辺丈眞,松浦尊麿,渡辺美鈴,樋口由美  

    第76回日本衛生学会総会(宇部)  2006.03  第48回日本理学療法学術大会(愛知)

  • 介護現場の腰部負担の評価

    冨岡公子,樋口由美,熊谷信二

    産業疲労研究会第65回定例研究会(大阪)  2005.12  第48回日本理学療法学術大会(愛知)

  • 域在住男性高齢者における転倒恐怖感が社会的活動性に及ぼす影響

    樋口由美,渡辺丈眞,渡辺美鈴,松浦尊麿  

    第2回転倒予防医学研究会(京都)  2005.10  第48回日本理学療法学術大会(愛知)

  • 基本健康診査高齢受診者における歩行機能と筋肉量について

    渡辺丈眞,松浦尊麿,下野由香,北岡公美,  樋口由美,渡辺美鈴,河野公一,唐誌陽,  中川武夫,田中豊穂  

    第64回日本公衆衛生学会総会(札幌)  2005.08 

  • 生活自立高齢者の運動行動の変容段階と運動自己効力感

    斉藤昌久,渡辺美鈴,谷本芳美,渋谷孝裕,  樋口由美,臼田 寛,河野公一

    第64回日本公衆衛生学会総会(札幌)  2005.08  第48回日本理学療法学術大会(愛知)

  • 地域高齢者の筋肉量に関連する要因について

    谷本芳美,渡辺美鈴,渋谷孝裕,斉藤昌久,  樋口由美,臼田 寛,河野公一  

    第64回日本公衆衛生学会総会(札幌)  2005.08 

  • 要介護移行リスクを持つ在宅生活自立高齢者を対象とした介護予防教室における効果

    樋口由美,渡辺丈眞,渡辺美鈴,松浦尊麿  

    第40回日本理学療法学術大会(大阪)  2005.05 

  • 重度障害者の生活支援にスポーツが果たす機能について

    奥田邦晴,樋口由美,増田基嘉,林 義孝,  南野博紀,山西 新

    第40回日本理学療法学術大会(大阪)  2005.05 

  • ホームヘルパーの身体的負担軽減を目的とした介入的事例調査

    北原照代,樋口由美,垰田和史,辻村裕次,  西山勝夫  

    第78回日本産業衛生学会(東京)  2005.04 

  • 低温,低濃度での人工炭酸泉浴が運動後の生体機能に及ぼす影響

    大原裕華,都築宏正,樋口由美

    第44回近畿理学療法学術集会(和歌山)  2004.11  WCPT-AWP & ACPT Congress 2013 (Taiwan)

  • 地域在住高齢女性において高次生活機能軽度低下が「移動機能バッテリー」へ及ぼす影響

    樋口由美,渡辺丈眞,渡辺美鈴,松浦尊麿,  河村圭子,河野公一  

    第63回日本公衆衛生学会総会(松江)  2004.10  Mental Function (Akita, Japan)

  • 生活自立独居高齢者の閉じこもりと食との関連

    渡辺美鈴,渡辺丈眞,河村圭子,樋口由美,  河野公一  

    第63回日本公衆衛生学会総会(松江)  2004.10  WCPT-AWP & ACPT Congress 2013 (Taiwan)

  • 大都市近郊に在住する生活自立高齢者の運動に対する自己効力感

    斉藤昌久,渡辺美鈴,谷本芳美,渋谷孝裕,  樋口由美,渡辺丈眞,河野公一  

    第63回日本公衆衛生学会総会(松江)  2004.10  WCPT-AWP & ACPT Congress 2013 (Taiwan)

  • 地域に在住する生活自立高齢者の活動的余命に関わる個人リスク要因

    渡辺丈眞,松浦尊麿,渡辺美鈴,樋口由美,  河野公一  

    第63回日本公衆衛生学会総会(松江)  2004.10  第24回全国介護老人保健施設大会(石川)

  • 訪問看護・介護職員の健康問題 −安全衛生管理の在り方を考える−

    北原照代,樋口由美,金岡智博,垰田和史,  中村賢治,辻村裕次,西山勝夫  

    第45回日本社会医学会総(島根)  2004.07  第48回日本理学療法学術大会(愛知)

  • ホームヘルパーの介護労働における身体的負担の評価と介入効果  

    樋口由美,大矢紀昭  

    第45回日本社会医学会総(島根)  2004.07  2nd Joint World Congress of ISPGR and Gait and

  • 高次生活機能評価における課題付加Up & Go testの意義

    樋口由美,渡辺丈眞,渡辺美鈴  

    第39回日本理学療法学術大会(仙台)  2004.05  第48回日本理学療法学術大会(愛知)

  • 病院・介護老人保健施設における早期体験学習の有効性について

    福田明雄,樋口由美,貝塚 朗,場谷 玲,  駿河 歩,小垣みはる,田中大輔,生島直樹,  野谷 優,林 義孝  

    第39回日本理学療法学術大会(仙台)  2004.05  第48回日本理学療法学術大会(愛知)

  • 大阪福祉事業財団職員の労働と健康に関する調査 ―筋骨格系自覚症状について―  

    金岡智博,北原照代,垰田和史,中村賢治,  辻村裕次,樋口由美,富岡公子,西山勝夫,  重田博正  

    第77回日本産業衛生学会(名古屋)  2004.04  第48回日本理学療法学術大会(愛知)

  • 大阪福祉事業財団職員の労働と健康に関する調査 ―CFSI(蓄積的疲労徴候インデックス)について―

    北原照代,金岡智博,垰田和史,中村賢治,  辻村裕次,樋口由美,富岡公子,西山勝夫,  重田博正  

    第77回日本産業衛生学会(名古屋)  2004.04  第48回日本理学療法学術大会(愛知)

  • 地域に在住する生活自立高齢者の歩行の特徴とその関連要因

    樋口由美,渡辺丈眞,渡辺美鈴,松浦尊麿,  河村圭子,河野公一  

    第62回日本公衆衛生学会総会(京都)  2003.10 

  • 在宅自立高齢者の閉じこもりによる要介護の発生について

    渡辺美鈴,渡辺丈眞,河村圭子,樋口由美,  河野公一,松浦尊麿  

    第62回日本公衆衛生学会総会(京都)  2003.10 

  • 大都市近郊にて独居している生活自立高齢者特性の居住地域分布について

    河村圭子,渡辺丈眞,渡辺美鈴,樋口由美,  河野公一  

    第62回日本公衆衛生学会総会(京都)  2003.10 

  • 自立高齢女性の日常生活活動能力低下に関連した起立時大脳循環代謝機能の特徴

    渡辺丈眞,松浦尊麿,渡辺美鈴,樋口由美,  河村圭子,河野公一  

    第62回日本公衆衛生学会総会(京都)  2003.10 

  • 虚弱高齢者における転倒恐怖感と歩行・バランス能力との関連

    樋口由美,須藤洋明,竹田祥子,田中則子,  淵岡 聡,林 義孝  

    第38回日本理学療法学術大会(長野)  2003.05  ファジィシステムシンポジウム(大阪)

  • 頚部可動域制限が座位側方重心移動動作に及ぼす影響

    田中則子,樋口由美,林 義孝,小柳磨毅

    第57回日本体力医学会大会(高知)  2002.09 

  • 転倒してもケガを伴わなかった高齢者の特徴について

    樋口由美,須藤洋明,花崎祥子,田中則子,  淵岡 聡,林 義孝  

    第37回日本理学療法学術大会(静岡)  2002.07 

  • 当老人保健施設における機能訓練とADLランクの変化の調査・検討

    須藤洋明,花崎祥子,樋口由美

    第37回日本理学療法学術大会(静岡)  2002.07 

  • 在宅高齢者の閉じこもりの率とその関連要因

    渡辺美鈴, 渡辺丈眞, 土手友太郎, 清水宏泰,  樋口由美, 河野公一, 松浦尊麿  

    第72回日本衛生学会総会(三重)  2002.04 

  • 膝蓋骨外側亜脱臼患者に対する選択的内側広筋斜頭強化訓練の筋電図学的検討

    白井由美,市橋則明,熊田 仁,高山竜二,  林 義孝  

    第11回日本理学診療医学会(東京)  1999.07 

  • 高齢者における安静時エネルギー消費量と日常身体活動性との関連

    白井由美,渡辺美鈴,渡辺丈眞,林 義孝  

    第34回日本理学療法学術大会(神奈川)  1999.05  第5回生活環境支援理学療法研究部会学術集会セミナー(広島)

  • 老人施設利用者の安静時代謝量について  

    白井由美,河野公一,渡辺丈眞,渡辺美鈴,  西浦公朗,富永美果,斎藤昌久  

    第69回日本衛生学会総会(千葉)  1999.03 

  • 股,膝関節内外旋動作が膝関節周囲筋に与える影響

    市橋則明,池添冬芽,羽崎 完,浅川康吉,  森永敏博,濱 弘道,白井由美  

    第33回日本理学療法士学会(京都)  1998.06 

  • 脚長差に対する骨延長術の紹介 −理学療法を中心に−   

    江渕 聡,高山竜二,白井由美,田邊康二,  熊田 仁,楞田眞弘,大野博司,八幡元清,  飴谷昭治,小田省三,村尾 浩,池原成和,  山口 淳,島田恭光  

    第9回大阪府理学療法士学会(大阪)  1998.02 

  • 本学における小児肥満に対する運動療法

    大野博司,高山竜二,白井由美,江渕 聡,  田邊康二,熊田 仁,楞田眞弘,八幡元清,  飴谷昭治,小田省三,村尾 浩,池原成和,  山口 淳,島田恭光,村尾 仁,徳田正邦  

    第15回日本私立医科大学理学療法学会(大阪)  1997.10 

  • 肝肺症候群患者の運動療法 −体位と低酸素血症−

    楞田眞弘,白井由美,田邊康二,大野博司,  小田省三,山口 淳,島田恭光,村尾 仁  

    第7会日本呼吸管理学会学術集会(京都)  1997.07 

  • 大殿筋,中殿筋の作用に関する筋電図学的分析 −筋線維別にみた機能の違いについて−

    池添冬芽,市橋則明,浅川康吉,羽崎 完,  森永敏博,濱 弘道,白井由美

    第36回近畿理学療法士学会(大阪)  1996.11 

  • NIPPVによる積極的な呼吸筋の休息を併用した呼吸理学療法

    白井由美,楞田眞弘,大野博司,小田省三,  山口 淳,島田恭光,富永通裕,村尾 仁,  栗山隆信

    第31回日本理学療法士学会(愛知)  1996.05 

  • 歩行動作中の上肢への負荷が下肢筋に与える影響

    白井由美,市橋則明,浅川康吉,羽崎 完,  池添冬芽,小田省三,島田恭光,山口 淳,  富永通裕

    第36回近畿理学療法士学会(大阪)  1996.05 

  • ウオーミングアップが運動中の血中乳酸値に及ぼす影響

    楞田眞弘,大野博司,小田省三,田辺康二,  白井由美,富永通裕,村尾 仁,栗山隆信

    第3回臨床運動療法研究会(大阪)  1995.07 

  • 呼吸筋の疲労と休息を考慮した呼吸理学療法 −補助換気療法を併用して運動を行ったCOPDの1症例 −

    白井由美,大野博司,楞田眞弘,河野通信,  小田省三,山口 淳,島田恭光,富永通裕,  栗山隆信,村尾 仁  

    第6回大阪府理学療法士学会(大阪)  1995.02 

▼display all

Collaborative research (seeds) keywords

  • 要介護高齢者の身体・生活機能評価

Outline of collaborative research (seeds)

  • 高齢者の身体機能からみた介護予防

  • 要介護高齢者の運動機能・生活機能評価に関すること

  • 高齢者の転倒予防に資する機器開発

Joint research

  • 高齢患者の歩行能力改善を目的としたMRリハビリテーションプログラムの開発

    大阪市立大学  大阪市立大学・知と健康のグローカル拠点事業推進研究2022  2022

  • 高齢患者の歩行能力改善を目的としたMRリハビリテーションプログラムの開発

    大阪市立大学  大阪市立大学・知と健康のグローカル拠点事業推進研究  2021

  • 地域在住高齢者の手段的自立に関連する趣味活動および社会参加の検討

    大阪ガスグループ福祉財団  2017

  • 高齢者見守りのための住居空間のスマート化とセンサ情報処理の高度知能化

    大阪府立大学異分野研究シーズ発掘・連携促進・融合領域創成支援事業費  2013

  • 座位条件下における虚弱高齢者の歩行改善指向性プログラムの開発

    大阪府立大学若手研究者シーズ育成事業費  2012

  • 介護保険における「新予防給付」対象者の、転倒予防・転倒に対する自己効力感および生活機能の低下を予防するプログラムの効果検証と開発

    2006

▼display all

Other subsidies, etc.

  • 在宅ケアを支えるリハビリ専門職の育成プロジェクト(最終年度)

    文部科学省  2018.04

  • 在宅ケアを支えるリハビリ専門職の育成プロジェクト(4年目/5カ年)

    文部科学省  2017.04

  • 在宅ケアを支えるリハビリ専門職の育成プロジェクト(3年目/5カ年)

    文部科学省  2016.04

  • 在宅ケアを支えるリハビリ専門職の育成プロジェクト(2年目/5カ年)

    文部科学省  2015.04

  • 在宅ケアを支えるリハビリ専門職の育成プロジェクト(1年目/5カ年)

    文部科学省  課題解決型高度医療人材養成プログラム事業  2014.04

Acceptance of Researcher

  • 2024  Number of researchers:6

  • 2023  Number of researchers:6

  • 2022  Number of researchers:6

Charge of on-campus class subject

  • 特別研究3

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 特別研究1

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • リハビリテーション学特別演習3

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • リハビリテーション学特別演習1

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 高齢期生活機能学特論

    2023   Weekly class   Graduate school

  • 医学序論

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習1

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習III

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 地域理学療法学I

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 理学療法学研究法III

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 理学療法学研究法I

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • リスクマネージメント論

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 特別研究7

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 特別研究5

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • リハビリテーション学特別演習4

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 高齢期生活機能学特別講義

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 特別研究6

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • リハビリテーション学特別演習5

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 特別研究8

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 総合リハビリテーション学特別研究VB

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 総合リハビリテーション学特別研究VA

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • リハビリテーション学特別演習2

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 福祉用具論

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 理学療法学研究法II

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 地域理学療法学II

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 総合リハビリテーション学特別研究IIB

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 理学療法学卒業研究

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 老年期理学療法学

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 特別研究4

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 特別研究2

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 特別研究3

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 特別研究1

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • リハビリテーション学特別演習3

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • リハビリテーション学特別演習1

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 高齢期生活機能学特論

    2022   Weekly class   Graduate school

  • 医学序論

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 地域理学療法学I

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 人間支援科学論

    2022   Intensive lecture   Undergraduate

  • 理学療法学研究法I

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習III

    2022   Intensive lecture   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習I

    2022   Intensive lecture   Undergraduate

  • 健康増進理学療法学

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 地域理学療法学I

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • リスクマネージメント論

    2022   Intensive lecture   Undergraduate

  • 整形外科学I

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 特別研究5

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • リハビリテーション学特別演習4

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 高齢期生活機能学特別講義

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 特別研究6

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • リハビリテーション学特別演習5

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 特別研究4

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 特別研究2

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • リハビリテーション学特別演習2

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 福祉用具論

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 老年期・難病理学療法学

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 地域理学療法学II

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 地域理学療法学実習

    2022   Intensive lecture   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習IV

    2022   Intensive lecture   Undergraduate

  • 理学療法学研究法II

    2022   Intensive lecture   Undergraduate

  • 理学療法学卒業研究

    2022   Intensive lecture   Undergraduate

  • 在宅リハビリテーション論

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 老年期理学療法学

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 地域理学療法臨床実習

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習II2020年度以降入学生

    2022   Intensive lecture   Undergraduate

  • 総合リハビリテーション学特別研究IIB

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 生活機能学特別講義

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 総合リハビリテーション学特別演習I

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 総合リハビリテーション学特別演習II

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 総合リハビリテーション学特別演習II

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 総合リハビリテーション学特別研究IIIA

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 総合リハビリテーション学特別研究IIIB

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 総合リハビリテーション学特別研究IVA

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 総合リハビリテーション学特別研究IVA

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 総合リハビリテーション学特別研究IVB

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 総合リハビリテーション学特別研究IVB

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 総合リハビリテーション学特別研究VA

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 総合リハビリテーション学特別研究VB

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • Special Topics in Community-based Approach for Elderly and Disabled Children

    2021    

  • Community based Rehabilitation

    2021    

  • Thesis

    2021    

  • Research MethodologyII

    2021    

  • Clinical PracticeIV

    2021   Practical Training  

  • Clinical PracticeIII

    2021   Practical Training  

  • Clinical PracticeII

    2021   Practical Training  

  • Clinical PracticeI

    2021   Practical Training  

  • Physical Therapy in the Community (Practice)

    2021   Practical Training  

  • Assistive Technology (Techinical Aids)

    2021    

  • Risk Management

    2021    

  • Physical Therapy for Geriatrics and Intractable Disease

    2021    

  • Physical Therapy for Health Promotion

    2021    

  • Research MethodologyI

    2021    

  • Physical Therapy in the CommunityII

    2021    

  • Physical Therapy Evaluation (Integrated Practice)

    2021   Practical Training  

  • Physical Therapy in the CommunityI

    2021    

  • Topics in Community-based Approach for Elderly

    2021    

▼display all

Charge of off-campus class subject

  • 地域理学療法学

    2022.04
    -
    Now
    Institution:Kyoto University

     More details

    Level:Undergraduate (specialized) 

  • 発展臨床実習

    2020.04
    -
    2022.03
    Institution:Kyoto University

     More details

    Level:Undergraduate (specialized) 

Faculty development activities

  • ChatGPTと大学教育 - 対話型AIが教育現場にもたらすインパクトと対応策  2023

     More details

    2023年5月12日(金)10:45 ~ 12:15に開催したFD研修会の録画による研修

  • 全国リハビリテーション学校協会 2022年度 教員研修会(WEB開催)  2022

     More details

    テーマ:合理的配慮が必要な学生への支援
    講師 :鳥居深雪氏 (関西国際大学 教育学部 教授) 

    ①教育機関における合理的配慮に関する総論
    ②組織の作り方
    ③学習レベルの高くない学生への対応等

Number of instructed thesis, researches

  • 2023

    Number of instructed the graduation thesis:

    [Number of instructed the Master's Program] (previous term):[Number of instructed the Master's Program] (letter term):5

    [Number of master's thesis reviews] (chief):[Number of master's thesis reviews] (vice-chief):6

    [Number of doctoral thesis reviews] (vice-chief):4

  • 2022

    Number of instructed the graduation thesis:

    [Number of instructed the Master's Program] (previous term):[Number of instructed the Master's Program] (letter term):4

    [Number of master's thesis reviews] (chief):[Number of master's thesis reviews] (vice-chief):2

    [Number of doctoral thesis reviews] (chief):[Number of doctoral thesis reviews] (vice-chief):1

  • 2020

    Number of instructed the graduation thesis:

    [Number of instructed the Master's Program] (previous term):[Number of instructed the Master's Program] (letter term):5

    [Number of master's thesis reviews] (chief):[Number of master's thesis reviews] (vice-chief):2

    [Number of doctoral thesis reviews] (chief):

  • 2019

    Number of instructed the graduation thesis:

    [Number of instructed the Master's Program] (previous term):[Number of instructed the Master's Program] (letter term):5

    [Number of master's thesis reviews] (chief):[Number of master's thesis reviews] (vice-chief):5

    [Number of doctoral thesis reviews] (chief):[Number of doctoral thesis reviews] (vice-chief):1

Social Activities

  • 歩きから始める会議予防ー高齢期における歩行の意義と運動プログラムー

    Role(s): Lecturer

    CareTEX22  2022.12

     More details

    SDGs:

    Type:Lecture

    Number of participants:60(人)

  • 健康講座「高齢者の歩行能力と介護予防」

    Role(s): Lecturer

    大阪市立鶴見区  大阪市鶴見区健康講座  2022.11

     More details

    SDGs:

    Audience: General public

    Type:Lecture

    Number of participants:100(人)

Visiting Lectures ⇒ Link to the list of Visiting Lectures

  • 高齢者の歩行能力と介護予防

    Category:Medicine (medical care, rehabilitation, health exercise science, physical fitness / training, sports practice science), Nursing (nursing, sex education)

     More details

    Audience:High school students, College students, General, Civic organization

    Keyword:高齢者、歩行、介護予防 

    加齢とともに歩行の速度や歩き方が変化してきます。 毎日何気なく繰り返している歩行には、からだの病気や心の状態まで反映されることが分かっています。さらには、介護が必要になるかや、生命予後にも関連します。 歩行から何が分かるのか、またどんなことに気をつけたら「今」を維持出来るのか、お話出来ればと思います。

Job title

  • Job title within the department

    Organization for Research Promotion Well-being Collaborative Creation Research Center 

    センター長  2024.04

  • Job title within the department

    Graduate School of Rehabilitation Science 

    研究科長  2022.04

  • Job title within the department

    Graduate School of Rehabilitation Science 

    研究院長  2022.04

  • Job title within the department

    School of Medicine Department of Rehabilitation Science 

    学科長  2022.04

  • Manager within the university

    学長補佐  2020.10 - 2022.03