Updated on 2024/04/04

写真a

 
Tanaka Hiroaki
 
Organization
Graduate School of Rehabilitation Science Division of Rehabilitation Science Lecturer
School of Medicine Department of Rehabilitation Science
Title
Lecturer
Affiliation
Institute of Rehabilitation Science
Contact information
メールアドレス

Position

  • Graduate School of Rehabilitation Science Division of Rehabilitation Science 

    Lecturer  2022.04 - Now

  • School of Medicine Department of Rehabilitation Science 

    Lecturer  2022.04 - Now

Degree

  • Master of Health Sciences of Mind and Body ( Others ) (   university of Human Arts and Sciences )

Research Areas

  • Life Science / Rehabilitation science

Research subject summary

  • 内受容感覚に関する研究

  • 統合失調症患者に対する作業療法

Research Career

  • A study in the between interoception and empathy

    interoception, empathy, heartbeat perception task 

    2014.05 - 2020.03 

  • Occupational therapy in schizophrenia

    occupational therapy, schizophrenia, social cognition, cognition 

Professional Memberships

  • 日本心身健康科学会

    2015.02 - Now   Domestic

  • 日本感覚統合学会

    2009.10 - Now

  • 日本精神障害者リハビリテーション学会

    2009.06 - Now

  • 日本作業療法教育研究

    2006.10 - Now

  • 日本小児精神神経学会

    2006.03 - Now

  • 日本作業療法士協会

    1999.05 - Now

  • 大阪府作業療法士学会

    1999.05 - Now

▼display all

Committee Memberships (off-campus)

  • 審査委員   羽曳野市介護給付費等の支給に関する審査会  

    2021.04 - 2022.03 

  • 学術部 部員   日本作業療法士協会  

    2019.04 - 2021.03 

  • 審査委員   羽曳野市介護給付費等の支給に関する審査会  

    2019.04 - 2020.03 

  • 審査会委員   羽曳野市介護給付費等の支給に関する審査会  

    2016.04 - 2017.03 

  • 審査会委員   羽曳野市介護給付費等の支給に関する審査会  

    2015.04 - 2016.03 

  • 非常勤講師   授業(介護職員初任者研修) 講師  

    2015.04 - 2016.03 

  • 審査会委員   羽曳野市介護給付費等の支給に関する審査会  

    2014.04 - 2015.03 

  • 非常勤講師   授業(介護職員初任者研修) 講師  

    2014.04 - 2015.03 

  • 審査会委員   羽曳野市介護給付費等の支給に関する審査会  

    2013.04 - 2014.03 

  • 非常勤講師   授業(介護員養成研修[2級課程]) 講師  

    2013.04 - 2014.03 

  • 非常勤講師   授業(介護員養成研修[2級課程]) 講師  

    2012.04 - 2013.03 

  • 審査会委員   羽曳野市介護給付費等の支給に関する審査会  

    2012.04 - 2013.03 

  • 非常勤講師   授業(介護員養成研修[2級課程]) 講師  

    2011.04 - 2012.03 

  • 審査会委員   羽曳野市介護給付費等の支給に関する審査会  

    2011.04 - 2012.03 

  • 非常勤講師   授業(介護員養成研修[2級課程]) 講師  

    2010.04 - 2011.03 

▼display all

Awards

  • 第22回日本心身健康科学会学術集会奨励賞

    2016.02   日本心身健康科学会  

     More details

    Country:Japan

  • 第20回日本心身健康科学会学術集会奨励賞

    2015.02   日本心身健康科学会  

     More details

    Country:Japan

Papers

  • 統合失調症に対するメタ認知トレーニング日本語版の実施が認知的洞察に与える影響について

    林 良太, 永井 愛夏, 四海 真理子, 黒田 健治, 田中 宏明, 稲富 宏之

    Journal of Rehabilitation and Health Sciences   16   7 - 10   2020.12( ISSN:1348-6756

     More details

    精神科病院に入院中の統合失調症患者に対するメタ認知トレーニング日本語版(MCT-J)実施が認知的洞察に与える影響について検討した。統合失調症と診断された単科の精神科病院の入院患者40名(男性16名、女性24名、平均36.7±11.9歳)を対象とした。介入前後のベック認知的洞察尺度(BCIS)の自己内省性尺度は介入前13.08±4.66点、介入後15.25±4.74点であり、介入前後で有意差を認め、効果量は小から中程度であった。BCISの自己確信性尺度は介入前5.65±2.64点、介入後3.98±2.75点であり、介入前後で有意差を認め、効果量は中から大程度であった。MCT-Jを実施することで自己内省性の向上や自己確信性の減少を認め、MCT-Jに対する主観的満足度は全体的に高かった。MCT-Jの実施により内省する能力が向上し、自己に対する過度な確信が減少する可能性が示唆された。

  • 多職種協働の中で実施したストレス対処行動獲得のための作業療法により自傷行為が減少したうつ病患者 Reviewed

    林良太、黒田健治、田中宏明、稲富宏之

    作業療法 雑誌 日本作業療法士協会   39 ( 2 )   231 - 238   2020.04

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • Distraction技能獲得により不安の軽減と自己効力感ならびに社会生活活動の改善がみられた一例 Reviewed

    福原啓太,田中宏明,西田斉二,小川泰弘,森泰祐,西川隆

    大阪作業療法ジャーナル 雑誌   32 ( 2 )   135 - 142   2019.01

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • Distraction技能獲得により不安の軽減と自己効力感ならびに社会生活活動の改善がみられた一例 事例報告

    福原 啓太, 田中 宏明, 西田 斉二, 小川 泰弘, 森 泰祐, 西川 隆

    大阪作業療法ジャーナル   32 ( 2 )   135 - 142   2019.01( ISSN:1880-4837

     More details

    不安を根底にもつ強迫症/強迫性障害には、一般的に薬物療法や認知行動療法(CBT)が適用される。一方で作業療法を用いた明確な治療的介入方法はあまり見当たらない。本稿では、作業活動をCBTの一技法であるdistractionとして応用させることで、不安や強迫観念により社会生活に制限のあった患者の不安、自己効力感そして社会生活の改善が認められたため、その報告をする。最後に、Distractionは不安や認知の歪みを根本的に解決する手段というよりも、即時的に不安や強迫観念から脱却し充実した社会生活を送れるようになることの一手段として有用であるということを提唱したい。(著者抄録)

  • 統合失調症患者における語用論的言語(比喩・皮肉)の理解能力について Reviewed

    福原啓太,田中寛之,小川泰弘,永田優馬,田中宏明,大西久男,ほか

    Journal of rehabilitation and Health Sciences 雑誌   14   15 - 25   2016.12

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • 知っていますか? タブレットPCを用いた脳機能評価システム(Livalif) Reviewed

    内藤泰男,押領司和代,田中宏明,中岡真弘,高畑進一

    大阪作業療法ジャーナル 雑誌   27 ( 2 )   131 - 135   2014.01

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • 統合失調症患者の観察式の認知遂行機能尺度の作成 Reviewed

    芳賀大輔,正村優子,吉田文,橋本弘子,田中宏明,内藤泰男

    大阪作業療法ジャーナル 雑誌   26 ( 1 )   57 - 59   2012.07

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • ギャンブリング課題における統合失調症の学習の障害 Reviewed

    田中 宏明†1,小川 泰弘2,高橋 謙2,芳賀 大輔2,内藤 泰男1

    Journal of rehabilitation and Health Sciences 雑誌 大阪府立大学   9   11 - 13   2011

  • 発達障害の当事者団体と連携した取り組みがボランティア学生へもたらしたもの Reviewed

    清水寿代、立山清美、田中宏明、西川智子、小島久典

    作業療法教育研究 雑誌 日本作業療法教育研究会   11 ( 1 )   11 - 17   2011

  • 統合失調症者における神経心理学検査および観察評価結果の検証 Reviewed

    芳賀大輔,正村優子,吉田文,橋本弘子,林部美紀,田中宏明,ほか

    大阪作業療法ジャーナル 雑誌   24 ( 1 )   44 - 47   2010.06

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • 「思い出塗り絵」が軽度認知症患者の認知機能、心理機能、及び日常生活面に与える効果 Reviewed

    田中宏明,芳賀大輔,高畑進一,井上英治,小林徹

    Journal of Rehabilitation and Health Sciences 雑誌   7   39 - 42   2009.12

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • ICFの概念に基づく「探索的評価」と「分析的評価」を取り入れた臨床実習の試み Reviewed

    立山清美,高畑進一,田中宏明,岸雪枝

    作業療法教育研究 雑誌   7 ( 1 )   46 - 47   2007.07

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • 学生の社会性を高めるきっかけづくり-公開講座への参加を通して- Reviewed

    岸雪枝,高畑進一,上田任克,内藤泰男,加藤雅子,田中宏明

    Journal of Rehabilitation and Health Sciences 雑誌   3   43 - 45   2005.12

     More details

    Kind of work:Joint Work  

▼display all

Books and Other Publications

  • PT・OT・STのための診療ガイドライン活用法

    中山建夫,日髙正巳,藤本修平,稲富宏之,田中宏明,芳賀大輔 他( Role: Joint author)

    医歯薬出版株式会社  2017.05 

  • 不器用な子どもたちへの認知作業トレーニング

    宮口幸治、宮口英樹、吉田文、石附智奈美、田中宏明( Role: Joint author)

    三輪書店  2014.06 

  • Neurodance-Exercise for People with Parkinson's Disease

    Shinichi Takabatake, Hideki Miyaguchi, Hiroko Hashimoto, Hiroaki Tanaka,Seiko Mesaki( Role: Joint author)

    Miwa-Shoten  2014.06 

  • パーキンソン病はこうすれば変わる

     ( Role: Joint author)

    三輪書店  2012 

     More details

    Responsible for pages:70-78  

Presentations

  • 社会的接触によるスティグマの変化を予測する因子の探索

    浦川瑞生,小川泰弘,真庭大典,坂井大吾,田中宏明

    第27回日本精神障害者リハビリテーション学会(大阪)  2019.11  日本精神障害者リハビリテーション学会

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

Charge of on-campus class subject

  • 作業科学実習2

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • リハビリテーション学研究法特論

    2023   Weekly class   Graduate school

  • 作業療法臨床実習IV

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 作業療法学卒業研究I

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 精神障害作業療法学I

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 作業療法臨床実習III

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 作業療法総合演習

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 作業療法ゼミナールIV

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 作業療法ゼミナールIII

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 作業療法学卒業研究II

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 精神障害作業療法学実習

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 精神・行動障害学特論B

    2023   Weekly class   Graduate school

  • 作業療法臨床実習2

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 作業療法臨床実習1

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 作業療法ゼミナール1

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 作業療法評価学各論1

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 作業療法学卒業研究III

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 地域作業療法臨床実習II

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 地域作業療法臨床実習I

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • Special Topics in Mental and Behavioral Disorders

    2021    

  • Clinical Practice II

    2021   Practical Training  

  • Clinical PracticeIV

    2021   Practical Training  

  • Clinical PracticeIII

    2021   Practical Training  

  • Clinical PracticeII

    2021   Practical Training  

  • Clinical PracticeI

    2021   Practical Training  

  • ThesisII

    2021    

  • ThesisI

    2021    

  • Introduction to Research Methods

    2021    

  • Occupational Science(Practice)II

    2021   Practical Training  

  • SeminarIV

    2021    

  • General Laboratory

    2021    

  • Fundamental Concepts in Occupational Therapy

    2021    

  • Occupational Therapy for Psychosocial Dysfunction (Practice)

    2021   Practical Training  

  • Evaluation Methods for Occupational Therapy I

    2021    

  • Evaluation Methods for Occupational TherapyI

    2021    

  • SeminarII

    2021    

  • Fundamentals of Occupational Therapy for Psychosocial DysfunctionI

    2021    

  • SeminarIII

    2021    

  • Topics in Mental and Behavioral Disorders A

    2021    

  • SeminarI

    2021    

▼display all

Faculty development activities

  • 大阪公立大学における障がい学生支援を考える  2023

     More details

    障がい学生への合理的配慮に関する講演など

Social Activities

  • 城陽地域包括センター 障がい者フォーラム 統合失調症

    2020.04 - 2021.03

  • NPO法人日本学び協会ワンモア八尾公開講演 思いやりのこころはどこからきた 脳の働きからみた共感と道徳

    2017.04 - 2018.03

  • 快適な人生(QOL)を目指して~今から始めよう・活き活きライフ~ 試してみよう 脳の働き

    2012.04 - 2013.03

  • 脳と心の健康科学 試してみよう 脳の情報処理

    2008.04 - 2009.03

Visiting Lectures ⇒ Link to the list of Visiting Lectures

  • 脳の働き 人の認知機能について

    Category:Medicine (medical care, rehabilitation, health exercise science, physical fitness / training, sports practice science)

     More details

    Audience:High school students, College students, General