2024/02/14 更新

写真a

イナダ ノリコ
稲田 のりこ
Inada Noriko
担当
大学院農学研究科 応用生物科学専攻 教授
農学部 応用生物科学科
職名
教授
所属
農学研究院
連絡先
メールアドレス
所属キャンパス
中百舌鳥キャンパス

担当・職階

  • 大学院農学研究科 応用生物科学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 農学部 応用生物科学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(理学) ( 東京大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 形態、構造

  • ライフサイエンス / 植物分子、生理科学

  • ライフサイエンス / 細胞生物学

研究キーワード

  • 細胞骨格

  • 細胞生物学

  • 細胞内温度

  • 植物微生物相互作用

  • 植物免疫

研究概要

  • 細胞内温度イメージング

  • 植物のストレス応答

所属学協会

  • 日本植物生理学会

    1998年05月 - 継続中   国内

  • 日本植物形態学会

    1996年09月 - 継続中   国内

  • 日本植物学会

    1996年09月 - 継続中   国内

  • 日本植物病理学会

委員歴(学外)

  • 広報委員   日本植物学会  

    2021年03月 - 2023年03月 

  • 評議員   日本植物形態学会  

    2020年01月 - 継続中 

  • 代議員   日本植物生理学会  

    2020年01月 - 継続中 

  • 代議員   日本植物学会  

    2018年06月 - 2022年06月 

  • 評議員   日本植物形態学会  

    2016年09月 - 2018年08月 

  • 代議員   日本細胞生物学会  

    2015年06月 - 2017年05月 

  • 評議員   日本植物生理学会  

    2014年01月 - 2015年12月 

  • 連携会員   日本学術会議  

    2023年10月 - 2029年09月 

  • 代議員   日本植物バイオテクノロジー学会  

    2022年09月 - 継続中 

  • 編集長   日本植物形態学会  

    2022年09月 - 継続中 

  • 庶務幹事   日本植物生理学会  

    2022年04月 - 2024年03月 

  • 男女共同参画委員   日本植物学会  

    2012年02月 - 2015年12月 

▼全件表示

受賞歴

  • PCP論文賞

    2018年03月   日本植物生理学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Cytologia奨励賞

    2016   日本メンデル協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本植物学会 特別賞

    2014年09月   日本植物学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本植物形態学会 奨励賞

    2000年09月   日本植物形態学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

職務経歴(学外)

  • 大阪公立大学   農学部

    2022年04月 - 継続中

  • 大阪府立大学   生命環境科学域

    2021年04月 - 継続中

  • 大阪府立大学   生命環境科学域

    2018年04月 - 2021年03月

  • 奈良先端科学技術大学院大学   バイオサイエンス研究科   非常勤講師

    2015年04月 - 継続中

論文

  • Adaptive thermogenesis in brown adipose tissue involves activation of pannexin-1 channels. 査読

    Senthivinayagam, S., Serbulea, V., Upchurch, C.M., Polanowska-Grabowska, R., Mendu, S.K., Sahu, S., Jayaguru, P., Aylor, K.W., Chordia, M.D., Steinberg, L., Oberholtzer, N., Uchiyama, S., Inada, N., Lorenz, U.M., Hariis, T.E., Keller, S.R., Meher, A.K., Kadl, A., Desai, B.N., Kundu, B.K., Leitinger, N.

    Molecular Metabolism 雑誌   44   2020年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Arabidopsis thaliana Subclass I ACTIN DEPOLYMERIZING FACTORs Regulate Nuclear Organization and Gene Expression. 査読

    Matsumoto T, Higaki T, Takatsuka H, Kutsuna N, Ogata Y, Hasezawa S, Umeda M, Inada N

    Plant & cell physiology   64 ( 10 )   1231 - 1242   2023年08月( ISSN:0032-0781

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcad092

    PubMed

  • A Guide to Plant Intracellular Temperature Imaging using Fluorescent Thermometers

    Inada N.

    Plant & cell physiology   64 ( 1 )   7 - 18   2023年02月( ISSN:0032-0781

     詳細を見る

  • Arabidopsis thaliana subclass I ACTIN DEPOLYMERIZING FACTORs and vegetative ACTIN2/8 are novel regulators of endoreplication.

    Noriko Inada, Naoki Takahashi, Masaaki Umeda

    Journal of plant research   2021年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    Endoreplication is a type of cell cycle where genome replication occurs without mitosis. An increase of ploidy level by endoreplication is often associated with cell enlargement and an enhanced plant growth. Here we report Arabidopsis thaliana subclass I ACTIN DEPOLYMERIZING FACTORs (ADFs) and vegetative ACTIN2/8 as novel regulators of endoreplication. A. thaliana has 11 ADF members that are divided into 4 subclasses. Subclass I consists of four members, ADF1, -2, -3, and -4, all of which constitutively express in various tissues. We found that both adf4 knockout mutant and transgenic plants in which expressions of all of four subclass I ADFs are suppressed (ADF1-4Ri) showed an increased leaf area of mature first leaves, which was associated with a significant increase of epidermal pavement cell area. Ploidy analysis revealed that the ploidy level was significantly increased in mature leaves of ADF1-4Ri. The increased ploidy was also observed in roots of adf4 and ADF1-4Ri, as well as in dark-grown hypocotyls of adf4. Furthermore, double mutants of vegetative ACT2 and ACT8 (act2/8) exhibited an increase of leaf area and ploidy level in mature leaves. Therefore, actin-relating pathway could regulate endoreplication. The possible mechanisms that actin and ADFs regulate endoreplication are discussed.

    DOI: 10.1007/s10265-021-01333-0

    PubMed

  • The Arabidopsis thaliana nucleotide sugar transporter GONST2 is a functional homolog of GONST1.

    Beibei Jing, Toshiki Ishikawa, Nicole Soltis, Noriko Inada, Yan Liang, Gosia Murawska, Lin Fang, Fekadu Andeberhan, Ramana Pidatala, Xiaolan Yu, Edward Baidoo, Maki Kawai-Yamada, Dominique Loque, Daniel J Kliebenstein, Paul Dupree, Jenny C Mortimer

    Plant direct   5 ( 3 )   e00309   2021年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Glycosylinositolphosphorylceramides (GIPCs) are the predominant lipid in the outer leaflet of the plasma membrane. Characterized GIPC glycosylation mutants have severe or lethal plant phenotypes. However, the function of the glycosylation is unclear. Previously, we characterized Arabidopsis thaliana GONST1 and showed that it was a nucleotide sugar transporter which provides GDP-mannose for GIPC glycosylation. gonst1 has a severe growth phenotype, as well as a constitutive defense response. Here, we characterize a mutant in GONST1's closest homolog, GONST2. The gonst2-1 allele has a minor change to GIPC headgroup glycosylation. Like other reported GIPC glycosylation mutants, gonst1-1gonst2-1 has reduced cellulose, a cell wall polymer that is synthesized at the plasma membrane. The gonst2-1 allele has increased resistance to a biotrophic pathogen Golovinomyces orontii but not the necrotrophic pathogen Botrytis cinerea. Expression of GONST2 under the GONST1 promoter can rescue the gonst1 phenotype, indicating that GONST2 has a similar function to GONST1 in providing GDP-D-Man for GIPC mannosylation.

    DOI: 10.1002/pld3.309

    PubMed

  • 細胞内の温度を可視化する ─細胞内温度イメージングの実践─ 招待

    稲田 のりこ, 岡田 松美, 林 晃之, 内山 聖一

    植物の生長調節   56 ( 2 )   112 - 116   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18978/jscrp.56.2_112

  • Elevated CO2-induced changes in mesophyll conductance and anatomical traits in wild type and carbohydrate-metabolism mutants of Arabidopsis. 査読

    Yusuke Mizokami, Daisuke Sugiura, Chihiro K A Watanabe, Eriko Betsuyaku, Noriko Inada, Ichiro Terashima

    Journal of experimental botany   70 ( 18 )   4807 - 4818   2019年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Decreases in photosynthetic rate, stomatal conductance (gs), and mesophyll conductance (gm) are often observed under elevated CO2 conditions. However, which anatomical and/or physiological factors contribute to the decrease in gm is not fully understood. Arabidopsis thaliana wild-type and carbon-metabolism mutants (gwd1, pgm1, and cfbp1) with different accumulation patterns of non-structural carbohydrates were grown at ambient (400 ppm) and elevated (800 ppm) CO2. Anatomical and physiological traits of leaves were measured to investigate factors causing the changes in gm and in the mesophyll resistance (expressed as the reciprocal of mesophyll conductance per unit chloroplast surface area facing to intercellular space, Sc/gm). When grown at elevated CO2, all the lines showed increases in cell wall mass, cell wall thickness, and starch content, but not in leaf thickness. gm measured at 800 ppm CO2 was significantly lower than at 400 ppm CO2 in all the lines. Changes in Sc/gm were associated with thicker cell walls rather than with excess starch content. The results indicate that the changes in gm and Sc/gm that occur in response to elevated CO2 are independent of non-structural carbohydrates, and the cell wall represents a greater limitation factor for gm than starch.

    DOI: 10.1093/jxb/erz208

    PubMed

  • Cationic Fluorescent Nanogel Thermometers based on Thermoresponsive Poly(N-isopropylacrylamide) and Environment-Sensitive Benzofurazan. 査読

    Teruyuki Hayashi, Kyoko Kawamoto, Noriko Inada, Seiichi Uchiyama

    Polymers   11 ( 8 )   2019年08月

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    Cationic nanogels of N-isopropylacrylamide (NIPAM), including NIPAM-based cationic fluorescent nanogel thermometers, were synthesized with a cationic radical initiator previously developed in our laboratory. These cationic nanogels were characterized by transmission electron microscopy (TEM), dynamic light scattering (DLS), zeta potential measurements and fluorescence spectroscopy, as summarized in the temperature-dependent fluorescence response based on the structural change in polyNIPAM units in aqueous solutions. Cellular experiments using HeLa (human epithelial carcinoma) cells demonstrated that NIPAM-based cationic fluorescent nanogel thermometers can spontaneously enter the cells under mild conditions (at 25 °C for 20 min) and can show significant fluorescence enhancement without cytotoxicity with increasing culture medium temperature. The combination of the ability to enter cells and non-cytotoxicity is the most important advantage of cationic fluorescent nanogel thermometers compared with other types of fluorescent polymeric thermometers, i.e., anionic nanogel thermometers and cationic/anionic linear polymeric thermometers.

    DOI: 10.3390/polym11081305

    PubMed

  • Enrichment of Phosphatidylinositol 4,5-Bisphosphate in the Extra-Invasive Hyphal Membrane Promotes Colletotrichum Infection of Arabidopsis thaliana. 査読

    Takashi L Shimada, Shigeyuki Betsuyaku, Noriko Inada, Kazuo Ebine, Masaru Fujimoto, Tomohiro Uemura, Yoshitaka Takano, Hiroo Fukuda, Akihiko Nakano, Takashi Ueda

    Plant & cell physiology   60 ( 7 )   1514 - 1524   2019年07月

     詳細を見る

    国際・国内誌:国内誌  

    Pathogenic fungi from the genus Colletotrichum form invasive hyphae; the hyphae are surrounded by an extra-invasive hyphal membrane (EIHM), which is continuous with the plant plasma membrane. Although the EIHM plays a crucial role as the interface between plant and fungal cells, its precise function during Colletotrichum infection remains elusive. Here, we show that enrichment of phosphoinositides (PIs) has a crucial role in Colletotrichum infection. We observed the localization of PIs in Arabidopsis thaliana cells infected by A. thaliana-adapted Colletotrichum higginsianum (Ch), and found that phosphatidylinositol 4,5-bisphosphate [PI(4,5)P2] was extremely enriched in the EIHM during Ch infection. We also found that phosphatidylinositol 4-phosphate-5 kinase (PIP5K), which catalyzes production of PI(4,5)P2, also accumulated at the EIHM. The overexpression of PIP5K3 in A. thaliana increased hyphal invasion by Ch. An exocytic factor, EXO84b, was targeted to the EIHM during Ch infection, although endocytic factors such as CLATHRIN LIGHT CHAIN 2 and FLOTILLIN 1 did not. Intriguingly, the interfacial membranes between A. thaliana and powdery mildew- or downy mildew-causing pathogens did not accumulate PI(4,5)P2. These results suggest that Ch could modify the PI(4,5)P2 levels in the EIHM to increase the exocytic membrane/protein supply of the EIHM for successful infection. Our results also suggest that PI(4,5)P2 biosynthesis is a promising target for improved defense against Colletotrichum infection.

    DOI: 10.1093/pcp/pcz058

    PubMed

  • Cationic fluorescent nanogel thermometers based on thermoresponsive poly(N-isopropylacrylamide) and environment-sensitive benzofurazan. 査読

    Hayashi, T., Kawamoto, K., Inada, N., and Uchiyama, S.

    Polymers 雑誌   11   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Enrichment of phosphatidylinositol 4,5-bisphosphate in the extra-invasive hyphal membrane promotes Colletotrichum infection of Arabidopsis thaliana. 査読

    Shimada, T.L., Betsuyaku, S, Inada, N., Ebine, K., Fujimoto, M., Uemura, T., Takano, Y., Fukuda, H., Nakano, A. and Ueda, T.

    Plant Cell&Physiology 雑誌   60   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Temperature Imaging using Cationic Linear Fluorescent Polymeric Thermometer and Fluorescence Lifetime Imaging Microscopy. 査読

    Inada, N., Fukuda, N., Hayashi, T., and Uchiyama, S.

    Nature Protocols 雑誌   14   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Elevated CO2-induced changes in mesophyll conductance and anatomical traits in wild type and carbohydrate metabolism mutants of Arabidopsis thaliana. 査読

    2. Mizokami, Y., Sugiura, D., Watanabe, C.K.A., Betsuyaku, E., Inada, N., and Terashima, I.

    Journal of Experimental Botany 雑誌   70   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Temperature imaging using a cationic linear fluorescent polymeric thermometer and fluorescence lifetime imaging microscopy 査読

    Noriko Inada, Nanaho Fukuda, Teruyuki Hayashi, Seiichi Uchiyama

    Nature protocols   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41596-019-0145-7

  • A Cell-Targeted Non-Cytotoxic Fluorescent Nanogel Thermometer Created with an Imidazolium-Containing Cationic Radical Initiator. 査読

    Uchiyama, S., Tsuji, T., Kawamoto, K., Okano, K., Fukatsu, E., Noro, T., Ikado, K., Yamada, S., Shibata, Y., Hayashi, T., Inada, N., Kato, M., Koizumi, H., and Tokuyama, H.

    Angewandte Chemie 雑誌   57   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • In vivo monitoring of plant small GTPase activation using a Förster resonance energy transfer biosensor. 査読

    Wong, H.L., Akamatsu, A., Wang, Q., Higuchi, M., Matsuda, T., Kosami, K., Okuda, J., Inada, N., Kawasaki, T., Kaneko-Kawano, T., Nagawa, S., Tan, L., Shimamoto, K., and Kawano, Y.

    Plant Methods 雑誌   14   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 蛍光温度プローブと蛍光寿命測定による細胞内温度イメージング

    稲田のりこ、内山聖一

    光アライアンス 雑誌   28   2017年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Plant Actin Depolymerizing Factor – Actin microfilament disassembly and more. 査読

    Inada, N.

    Journal of Plant Research 雑誌   130   2017年

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • Constitutive activation of plant-specific RAB5 GTPase confers increased resistance against adapted powdery mildew fungus. 査読

    Inada, N., Ebine, K., Ito, E., Nakano, A., and Ueda, T.

    Plant Biotechnology 雑誌   34   2017年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Intracellular temperature measurements with fluorescent polymeric thermometers. 査読

    Uchiyama, S., Gota, C., Tsuji, T., and Inada, N.

    Chemical Communications 雑誌   53   2017年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The plant cytoskeletons in interactions between plants and obligate biotrophs. 査読

    Inada, N.

    Cytologia 雑誌   82   2017年

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • 蛍光寿命測定による細胞内温度イメージング

    稲田のりこ、内山聖一

    OplusE 雑誌   38   2016年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Quantitative analyses on dynamic changes in the organization of host Arabidopsis thaliana actin microfilaments surrounding the infection organ of the powdery mildew fungus Golovinomyces orontii. 査読

    Inada, N., Higaki, T., and Hasezawa, S.

    Journal of Plant Research 雑誌   129   2016年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Nuclear function of subclass I Actin Depolymerizing Factor contributes to susceptibility in Arabidopsis to an adapted powdery mildew fungus. 査読

    Inada, N., Higaki, T., and Hasezawa, S.

    Plant Physiology 雑誌   170   2016年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Visualization of host actin microfilament dynamicity upon obligate biotrophic pathogen infection. 査読

    Inada, N.

    Cytologia 雑誌   8   2016年

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • Modulation of plant RAB GTPase-mediated membrane trafficking pathway at the interface between plants and obligate biotrophic pathogens. 査読

    Inada, N., Betsuyaku, S., Shimada, L.T., Ebine, K., Ito, E., Kutsuna, N., Hasezawa, S., Yoshitaka, T., Fukuda, H., Nakano, A., and Ueda, T.

    Plant&Cell Physiology 雑誌   57   2016年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • DRP1-dependent endocytosis is essential for polar localization and boron-induced degradation of the borate transporter BOR1 in Arabidopsis thaliana. 査読

    Yoshinari, A., Fujimoto, M., Ueda, T., Inada, N., Naito, S., and Takano, J.

    Plant&Cell Physiology 雑誌   57   2016年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Calcium ions function as a booster of chromosome condensation. 査読

    Phengchat, R., Tanaka, H., Morii, K., Inada, N., Murakoshi, H., Uchiyama, S., and Fukui, K.

    Scientific Reports 雑誌   6   2016年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A cell-permeable fluorescent polymeric thermometer for intracellular temperature mapping in mammalian cell lines. 査読

    Hayashi, T., Fukuda, N., Uchiyama, S., and Inada, N.

    PLOS ONE 雑誌   10   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A cationic fluorescent polymeric thermometer for the ratiometric sensing of intracellular temperature. 査読

    Uchiyama, S., Tsuji, T., Ikado, K., Yoshida, A., Kawamoto, K., Hayashi, T., and Inada, N.

    Analyst 雑誌   140   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Membrane trafficking pathways and their roles in plant-microbe interactions. 査読

    Inada, N., and Ueda, T.

    Plant&Cell Physiology 雑誌   55   2014年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Dysregulation of the proteasome increases the toxicity of ALS-linked mutant SOD1. 査読

    Kitamura, A., Inada, N., Kubota, H., Matsumoto, G., Kinjo, M., Morimoto, R.I., and Nagata, N.

    Genes to Cells 雑誌   19   2014年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The carbon/nitrogen regulator ARABIDOPSIS TOXICOS EN LEVADURA31 controls papilla formation in response to powdery mildew fungi penetration by interacting with SYNTAXIN OF PLANTS121 in Arabidopsis. 査読

    Maekawa, S., Inada, N., Yasuda, S., Fukao, Y., Fujiwara, M., Sato T., and Yamaguchi, J.

    Plant Physiology 雑誌   164   2014年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 細胞の温度を測る 査読

    稲田のりこ、林晃之、福田七穂、内山聖一

    バイオイメージング 雑誌   23   2014年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Appresorium-localized NADPH oxidase B is essential for aggressiveness and pathogenicity in the host-specific, toxin-producing fungus Alternaria alternate Japanese pear pathotype. 査読

    Morita, Y., Hyon, G-S., Hosogi, N., Miyata, N., Nakayashiki, H., Muranaka, Y., Inada, N., Park, P., and Ikeda, K.

    Molecular Plant Pathology 雑誌   14   2013年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 新規蛍光プローブと蛍光寿命イメージング顕微鏡を用いた細胞内温度計測イメージング

    稲田のりこ、岡部弘基、林晃之、内山聖一

    Plant Morphology 雑誌   25   2013年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • イメージングで探るうどんこ病菌感染応答の分子機構

    稲田のりこ

    植物感染生理談話会論文集 雑誌   48   2013年

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • Methods and benefits of imaging the temperature distribution inside living cells.

    Inada, N., and Uchiyama, S.

    Imaging in Medicine 雑誌   5   2013年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Environment-sensitive fluorophores with benzothiadiazole and benzoselenadiazole structures as candidate components of a fluorescent polymeric thermometer. 査読

    Uchiyama, S., Kimura, K., Gota, C., Okabe, K., Kawamoto, K., Inada, N., Yoshihara, T., and Tobita, S.

    Chemistry - European Journal 雑誌   18   2012年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Intracellular temperature mapping with a fluorescent polymeric thermometer and fluorescence lifetime imaging microscopy. 査読

    Okabe, K., Inada, N., Gota, C., Harada, Y., Funatsu, T., and Uchiyama, S.

    Nature Communications 雑誌   3   2012年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 蛍光寿命測定による細胞内温度分布イメージング 

    内山聖一、岡部弘基、稲田のりこ

    光化学 雑誌   43   2012年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The inhibition of prepenetration processes of the powdery mildew Golovinomyces orontii on host inflorescence stems is reduced in the Arabidopsis cuticular mutant cer3 but not in cer1. 査読

    Inada, N., and Savory, E.A.

    Journal of General Plant Patholog 雑誌   77   2011年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Live-cell imaging of photosystem II antenna dissociation during state transition. 査読

    Iwai, M., Yokono, M., Inada, N., and Minagawa, J.

    Proceedings of National Academy of Sciences U.S.A. 雑誌   107   2010年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Laser microdissection of Arabidopsis cells at the powdery mildew infection site reveals site-specific processes and regulators. 査読

    Chandran, D., Inada, N., Hather, G., Kleindt, C.K., and Wildermuth, M.C.

    Proceedings of National Academy of Sciences U.S.A. 雑誌   107   2010年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Functional association of cell death suppressor, Arabidopsis Bax inhibitor-1, with fatty acid 2-hydroxylation through cytochrome b5. 査読

    Nagano, M., Ihara-Ohori, Y., Imai, H., Inada, N., Fujimoto, M., Tsutsumi, N., Uchimiya, H., and Kawai-Yamada, M.

    Plant Journal 雑誌   58   2009年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Arabidopsis isochorismate synthase functional in pathogen-induced salicylate biosynthesis exhibits properties consistent with a role in diverse stress responses. 査読

    Strawn, M.A., Marr, S.K., Inoue, K., Inada, N., Zubieta, C., and Wildermuth, M.C.

    Journal of Biological Chemistry 雑誌   282   2007年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • tie-dyed1 regulates carbohydrate accumulation in maize leaves. 査読

    Braun, D.M., Ma, Y., Inada, N., Muszynski, M.G., and Baker, F.

    Plant Physiology 雑誌   142   2006年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Novel tissue preparation method and cell-specific marker for laser microdissection of Arabidopsis mature leaf. 査読

    Inada, N., and Wildermuth, M.

    Planta 雑誌   221   2005年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Functional conservation and molecular dissection of ROUGH SHEATH2 and ASYMMETRIC LEAF1 function in leaf development. 査読

    Theodoris, G., Inada, N., and Freeling, M.

    Proceedings of National Academy of Sciences U.S.A. 雑誌   100   2003年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Dedifferentiation of starch-storing cultured tobacco cells: effects of 2,4-dichlorophenoxy acetic acid on multiplication, starch content, organellar DNA content, and starch synthesis gene expression. 査読

    Miyazawa, Y., Kutsuna, N., Inada, N., Kuroiwa, H., Kuroiwa, T. and Yoshida, S.

    Plant Cell Reports 雑誌   21   2002年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • An mt+ gamete-specific nuclease that targets mt- chloroplasts during sexual reproduction in C. reinhardtii. 査読

    Nishimura, Y., Misumi, O., Kato, K., Inada, N., Higashiyama, T., Momoyama, Y., and Kuroiwa, T.

    Genes&Development 雑誌   16   2002年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Three-dimensional progression of programmed death in rice coleoptile. 査読

    Inada, N., Sakai, A., Kuroiwa, H., and Kuroiwa, T.

    International Review of Cytology 雑誌   218   2002年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Phosphorylation of a bifunctional enzyme, 6-phosphofructo-2-kinase/fructose-2, 6-bisphosphate 2-phosphatase, is regulated physiologically and developmentally in rosette leaves of Arabidopsis thaliana. 査読

    Furumoto, T., Teramoto, M., Inada, N., Ito, M., Nishida, I., and Watanabe, A.

    Plant Cell&Physiology 雑誌   42   2001年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Dark-inducible genes from Arabidopsis thaliana are associated with leaf senescence and repressed by sugars. 査読

    Fujiki, Y., Yoshikawa, Y., Sato, T., Inada, N., Ito, M., Nishida, I., and Watanabe, A.

    Physiologia Plantarum 雑誌   111   2001年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Senescence in the nongreening region of the rice (Oryza sativa) coleoptile. 査読

    Inada, N., Sakai, A., Kuroiwa, H., and Kuroiwa, T.

    Protoplasma 雑誌   214   2000年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • イネ葉の老化プログラムに関する三次元的解析

    稲田のりこ

    Plant Morphology 雑誌   12   2000年04月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • Senescence program in rice (Oryza sativa L.) leaves: Analysis of the blade of the second leaf at the tissue and cellular levels. 査読

    Inada, N., Sakai, A., Kuroiwa, H., and Kuroiwa, T.

    Protoplasma 雑誌   207   1999年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Comparative analysis of DNA synthesis activity in plastid-nuclei and mitochondrial-nuclei simultaneously isolated from cultured tobacco cells. 査読

    Sakai, A., Suzuki, T., Nagata, N., Sasaki, N., Miyazawa, Y., Saito, C., Inada, N., Nishimura, Y., and Kuroiwa, T.

    Plant Science 雑誌   140   1999年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Three-dimensional analysis of the senescence program in rice (Oryza sativa L.) coleoptiles. 査読

    Inada, N., Sakai, A., Kuroiwa, H., and Kuroiwa, T.

    Planta 雑誌   206   1998年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Transcriptional activities of the chloroplast-nuclei and proplastid-nuclei isolated from tobacco exhibit different sensitivities to tagetitoxin: Implication of the presence of distinct RNA polymerases. 査読

    Sakai, A., Saito, C., Inada, N., and Kuroiwa, T.

    Plant Cell&Physiology 雑誌   39   1998年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Three-dimensional analysis of the senescence program in rice (Oryza sativa L.) coleoptiles: Investigations of tissues and cells by fluorescence microscopy. 査読

    Inada, N., Sakai, A., Kuroiwa, H., and Kuroiwa, T.

    Planta 雑誌   205   1998年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Clear visualization of the products of nonradioactive in situ hybridization in plant tissue by simple dark-field microscopy. 査読

    Matsunaga, S., Kawano, S., Higashiyama, T., Inada, N., and Kuroiwa, T.

    Micron 雑誌   28   1997年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

MISC(その他記事)

  • 細胞内温度計測におけるコントロールの重要性再考

    稲田のりこ

    細胞   52   2020年12月

     詳細を見る

  • 【細胞の温度を測る】細胞内温度計測におけるコントロールの重要性再考

    稲田 のりこ

    細胞   52 ( 14 )   814 - 815   2020年12月( ISSN:1346-7557

     詳細を見る

    筆者らが開発した細胞内温度イメージング法によって、細胞内に1℃以上の温度差があること、薬剤処理により細胞内温度が1℃以上上昇することが明らかになった。一方、一つの細胞がその内部で10^-5K以上の温度変化を示すことは理論的に不可能であるとされており、理論と実験科学とのギャップに関する議論は未だ続いている。本稿では、筆者らが確立した細胞内温度イメージング系、細胞内温度についての理論と実験科学とのギャップに関する議論について紹介し、将来的に実験科学の立場からこのギャップを埋めていくための試みの一つとして、細胞内温度計測におけるコントロールプローブを用いた対照実験の重要性を再考する。(著者抄録)

講演・口頭発表等

  • レシオ解析用ポリマー型蛍光温度プローブを用いた植物細胞内温度イメージング法の確立 国内会議

    芝谷開、丸山裕生、林晃之、内山聖一、辻俊一、稲田のりこ

    第65回日本植物生理学会年会  2024年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

  • The Loss of Arabidopsis thaliana Actin Depolymerizing Factors alters the expression of NLR type R genes upon Pathogen infection 国内会議

    2024年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 細胞内温度イメージングとその応用 招待 国内会議

    稲田のりこ

    CVMW2023  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:神戸  

  • アブラナ科炭疽病応答機構における植物アクチン脱重合因子の機能解析 国内会議

    青木さくら、梅田正明、稲田のりこ

    日本植物学会第87回大会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学  

  • 植物サイズと核内DNA倍加制御におけるアクチン脱重合因子の機能解析 国内会議

    酒井彩紀子、稲田のりこ

    日本植物学会第87回大会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学  

  • 病害応答時の遺伝子発現制御におけるシロイヌナズナアクチン脱重合因子の機能解析 国内会議

    松本朋子、稲田のりこ

    日本植物学会第87回大会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学  

  • 植物サイズと核内DNA倍加制御におけるアクチン脱重合因子の機能解析 国内会議

    酒井彩紀子、稲田のりこ

    日本植物形態学会第35回大会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道大学  

  • アクチン脱重合因子は病原体感染時にNLR遺伝子の発現を変化させる 国内会議

    松本朋子、稲田のりこ

    日本植物形態学会第35回大会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道大学  

  • シロイヌナズナのサブクラスⅠアクチン脱重合因子は細胞核内構造と遺伝子発現を制御する 国内会議

    松本朋子、檜垣匠、高塚大知、朽名夏麿、尾形義之、馳澤盛一郎、梅田正明、稲田のりこ

    第64回日本植物生理学会年会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学  

  • アクチン脱重合因子は細胞核内構造及び遺伝子発現の制御に関与する

    松本朋子, 稲田のりこ

    日本植物形態学会第34回大会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 細胞内温度イメージングの植物細胞への適用を目指して 招待

    稲田のりこ, 林晃之, 内山聖一

    第30回日本バイオイメージング学会学術集会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • アブラナ科炭疽病応答におけるアクチン脱重合因子の機能解析

    青木さくら, 稲田のりこ

    近畿植物学会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 細胞核内におけるアクチン脱重合因子の機能解析

    松本朋子, 稲田のりこ

    近畿植物学会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • シロイヌナズナのアクチン脱重合因子とACT2/8は核内DNA倍加の新規制御因子である

    稲田のりこ, 高橋直紀, 梅田正明

    日本植物学会第85回大会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 植物アクチン脱重合因子の新規機能の解析

    稲田のりこ

    近畿植物学会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 細胞核内高次構造と遺伝子発現制御におけるアクチン脱重合因子の機能解析

    松本朋子, 稲田のりこ

    日本植物学会第86回大会 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

担当授業科目

  • 生化学

    2023年度   週間授業   大学

  • 応用生物科学特別研究実験2A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 応用生物科学特別研究実験1A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 細胞分子生物学特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 応用生物科学キャリアデザイン

    2023年度   集中講義   大学院

  • 応用生物科学特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 応用生物科学研究実験2A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 応用生物科学研究実験1A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 植物バイオサイエンス卒業研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 植物バイオサイエンスインターンシップ

    2023年度   集中講義   大学

  • ゲノム生物学

    2023年度   週間授業   大学

  • 植物バイオサイエンス演習

    2023年度   集中講義   大学

  • 植物科学英語

    2023年度   集中講義   大学

  • 応用生物科学特別研究実験3B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 応用生物科学研究プレゼンテーション

    2023年度   集中講義   大学院

  • 細胞生化学

    2022年度   週間授業   大学

  • 植物バイオテクノロジー概論

    2022年度   週間授業   大学

  • 初年次ゼミナール

    2022年度   週間授業   大学

  • 細胞分子生物学特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • 応用生物科学特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • 応用生物科学研究プレゼンテーション

    2022年度   集中講義   大学院

  • 植物バイオサイエンス演習

    2022年度   集中講義   大学

  • ゲノム生物学

    2022年度   週間授業   大学

  • 植物バイオサイエンス卒業研究

    2022年度   集中講義   大学

  • 植物バイオサイエンスへの招待

    2021年度    

  • 植物バイオサイエンス卒業研究

    2021年度    

  • 植物バイオサイエンス演習

    2021年度    

  • 生物学実験

    2021年度   実習  

  • 生物学実験

    2021年度   実習  

  • ゲノム生物学

    2021年度    

  • 細胞生化学

    2021年度    

  • 細胞分子生物学特論

    2021年度    

  • 生命環境科学概論【生命環境科学概論【応用生命科学類】】

    2021年度    

  • 応用生命科学概論

    2021年度    

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • ゲノム先端科学

    機関名:奈良先端科学技術大学院大学

所属院生等の論文発表集計

  • 2023年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:1件

論文・研究指導集計

  • 2023年度

    卒業論文指導数:2名  卒業論文審査数:2件

    博士前期課程学生指導数:2名  博士後期課程学生指導数:0名

    修士論文審査数(主査):2件  修士論文審査数(副査):4件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件