2022/10/13 更新

写真a

カノウチ ヒロアキ
叶内 宏明
KANOUCHI Hiroaki
担当
大学院生活科学研究科 生活科学専攻 教授
生活科学部 食栄養学科
職名
教授
所属
生活科学研究院
連絡先
メールアドレス
所属キャンパス
羽曳野キャンパス

担当・職階

  • 大学院生活科学研究科 生活科学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 生活科学部 食栄養学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(農学) ( 九州大学 )

  • 修士(栄養学) ( 徳島大学 )

  • 学士(栄養学) ( 徳島大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学  / ビタミンB6

  • ライフサイエンス / 食品科学  / 発酵食品

  • 人文・社会 / 家政学、生活科学  / 栄養疫学

研究概要

  • 高齢者を対象とした栄養疫学研究

  • ホモシステインによる神経細胞傷害作用

  • 発酵食品の健康増進作用

  • ビタミンB6の生理作用メカニズム

研究歴

  • 高齢者を対象とした栄養疫学研究

    フレイル、BDHQ  国内共同研究

    2017 - 継続中 

  • ビタミンB6の生理作用メカニズム

    炎症、がん、翻訳後就職、ピリドキサールリン酸  個人研究

    2012 - 継続中 

  • 発酵食品の健康増進作用

    2010 - 継続中 

所属学協会

  • 日本栄養・食糧学会

    2010年 - 継続中   国内

  • 日本栄養改善学会 

    2010年 - 継続中

  • 日本ビタミン学会

    2012年 - 継続中   国内

  • 日本農芸化学会

    2011年 - 継続中   国内

  • 日本分子生物学会

    2003年 - 継続中   国内

  • 日本農芸化学会

  • 日本栄養改善学会

  • 日本ビタミン学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本栄養・食糧学会

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 評議員   日本栄養改善学会  

    2016年11月 - 継続中 

  • 参与   日本栄養・食糧学会  

    2010年09月 - 継続中 

受賞歴

  • 蟹江松雄賞

    2016年09月   鹿児島大学  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 奨励賞

    2014   公益社団法人日本栄養・食糧学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

職務経歴(学外)

  • 鹿児島大学共同獣医学部

    2016年09月 - 2019年03月

  • 川崎医科大学

    2002年04月 - 2006年08月

学歴

  • 九州大学   生物資源研究科   博士課程   卒業・修了

    - 2002年03月

  • 徳島大学   栄養学研究科   博士課程後期   卒業・修了

    - 1999年03月

  • 徳島大学   医学部   栄養学科   学士課程   卒業・修了

    - 1997年03月

論文

  • Association of blood pressure and dietary intake of Sunomono, Japanese vinegared side dishes, in community-dwelling Japanese: A cross-sectional study. 査読

    Hiroaki Kanouchi, Mikako Yamashita, Kaori Kaimoto, Akiko Kuwabara, Yukiko Kawakami, Shigeo Takenaka, Chihaya Koriyama, So Kuwahata, Toshihiro Takenaka, Yuichi Akasaki, Takuro Kubozono, Masaaki Miyata, Mitsuru Ohishi

    Heliyon   8 ( 5 )   e09505   2022年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Objective: Vinegar has been reported to have a hypotensive effect. We aimed to investigate the relationship between the consumption of vinegar-based side dishes and blood pressure. Research methods & procedures: This cross-sectional study included 746 individuals (257 men and 489 women) aged ≥40 years from Tarumizu, Kagoshima, Japan. Nutrient intake was estimated based on the brief-type self-administered diet history questionnaire. The intake frequency of vinegar-based side dishes (Sunomono and pickles) was determined using a self-administered diet history questionnaire. Participants who did not consume vinegar-based side dishes for a month were defined as having no Sunomono or pickle eating habit. Blood pressure was categorized into four groups according to the Japanese Society of Hypertension Guidelines for the Management of Hypertension. The association between the intake of vinegar-based side dishes and blood pressure categories was analyzed using ordinal logistic regression analysis adjusted for age, body mass index, smoking history, excessive alcohol intake, living situation, energy intake, protein intake, sodium intake, potassium intake, and seaweed intake. Results: Approximately 13.6% men and 6.1% women had no Sunomono eating habits. In men, eating Sunomono, but not pickles, was significantly related to blood pressure categories (estimate, -0.702; 95% CI, -1.122 to -0.310), whereas more frequent consumption of Sunomono did not show an improvement in the blood pressure category. The relationship between eating Sunomono and blood pressure categories was not recognized in women. Conclusion: This was the first study assessing the association between consumption of vinegar-based side dishes and blood pressure categories. We highlighted the effect of Sunomono consumption on blood pressure categories in men. Consumption of Sunomono may improve blood pressure in men.

    DOI: 10.1016/j.heliyon.2022.e09505

    PubMed

  • Relationship between Oral Hypofunction, and Protein Intake: A Cross-Sectional Study in Local Community-Dwelling Adults. 査読

    Nishi K, Kanouchi H, Tanaka A, Nakamura M, Hamada T, Mishima Y, Goto Y, Kume K, Beppu M, Hijioka H, Tabata H, Mori K, Uchino Y, Yamashiro K, Matsumura Y, Higashi Y, Makizako H, Kubozono T, Takenaka T, Ohishi M, Sugiura T

    Nutrients   13 ( 12 )   2021年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/nu13124377

    PubMed

  • Association of Protein and Magnesium Intake with Prevalence of Prefrailty and Frailty in Community-Dwelling Older Japanese Women 査読

    Kaimoto Kaori, Yamashita Mikako, Suzuki Taro, Makizako Hyuma, Koriyama Chihaya, Kubozono Takuro, Takenaka Toshihiro, Ohishi Mitsuru, Kanouchi Hiroaki, the Tarumizu Study Diet Group

    Journal of Nutritional Science and Vitaminology   67 ( 1 )   39 - 47   2021年02月( ISSN:0301-4800

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: doi.org/10.3390/nu14132767

  • The Association between Dietary Variety and Physical Frailty in Community-Dwelling Older Adults 査読

    Yuto Kiuchi, Hyuma Makizako, Yuki Nakai, Kazutoshi Tomioka, Taniguchi Yoshiaki, Mika Kimura, Hiroaki Kanouchi, Toshihiro Takenaka, Takuro Kubozono, Mitsuru Ohishi

    Healthcare   9 ( 1 )   2021年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • The Induction of Heat Shock Protein 70 after Oral Administration of Concentrated Brewed Rice Vinegar Kurozu in Mice 査読

    Araki Yuri, Ida Yuta, Nonaka Miwa, Yoshizaki Yumiko, Fujii Akira, Nagano Masanobu, Kanouchi Hiroaki

    Journal of Nutritional Science and Vitaminology   66 ( 5 )   478 - 480   2020年10月( ISSN:0301-4800

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: https://doi.org/10.3177/jnsv.66.478

  • A review of Kurozu, amber rice vinegar made in pottery jars 査読

    Yoshihiko Shibayama, Hiroaki Kanouchi, Akira Fujii, Masanobu Nagano

    FUNCTIONAL FOODS IN HEALTH AND DISEASE   10 ( 6 )   2020年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Lactobacillus pentosus S-PT84 and Rubus suavissimus leaf extract suppress lipopolysaccharide-induced gut permeability and egg allergen uptake 査読 国際共著

    Hiroaki Kanouchi, Kaustav Majumder, Hiroshi Shibata, Yoshinori Mine

    Food Production, Processing and Nutrition   2   2020年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Effects of Fermented Rice Vinegar Kurozu and Its Sediment on Inflammation-Induced Plasminogen Activator Inhibitor 1 (PAI-1) Increase. 査読

    Ohkura N, Negishi KF, Fujii A, Kanouchi H, Oishi K, Atsumi G, Nagano M.

    Food and Nutrition Sciences   9 ( 3 )   235 - 246   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Relationship Between Dietary Habits and Plasma Homocysteine Concentrations in Elderly Japanese Women and Men. 査読

    Kanouchi H, Toyoda K, Miyazaki H, Mantjoro EM, Niimura H, Kuwabara K, Nakahata NT, Ibusuki R, Maenohara S, Takezaki T.

    Food and Nutrition Sciences   9 ( 5 )   595 - 608   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Effect of dietary fermented mushroom bed on egg production in laying hens. 査読

    Yoshida S, Mitani H, Kamata M, Ohtsuka A, Otomaru K, Obi T, Kanouchi H.

    Biosci Biotechnol Biochem   81 ( 11 )   2204 - 2208   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Positive Association of Plasma Homocysteine Levels with Cardio-Ankle Vascular Index in a Prospective Study of Japanese Men from the General Population. 査読

    Mantjoro Eva Mariane, Toyota Kousuke, Kanouchi Hiroaki, Kheradmand Motahare, Niimura Hideshi, Kuwabara Kazuyo, Nakahata Noriko, Ogawa Shin, Shimatani Keiichi, Kairupan Tara Sefanya, Nindita Yora, Ibusuki Rie, Nerome Yasuhito, Owaki Tetsuhiro, Maenohara Shigeho, Takezaki Toshiro

    Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   23 ( 6 )   681 - 691   2016年06月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

  • The Brewed Rice Vinegar Kurozu Increases HSPA1A Expression and Ameliorates Cognitive Dysfunction in Aged P8 Mice. 査読

    Kanouchi H, Kakimoto T, Nakano H, Suzuki M, Nakai Y, Shiozaki K, Akikoka K, Otomaru K, Nagano M, Matsumoto M.

    PLoS One   11 ( 3 )   2016年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Ethanol extract of Brazilian propolis ameliorates cognitive dysfunction and suppressed protein aggregations caused by hyperhomocysteinemia 査読

    Miyazaki Yuta, Sugimoto Yasushi, Fujita Akikazu, Kanouchi Hiroaki

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   79 ( 11 )   1884 - 1889   2015年11月( ISSN:0916-8451

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

  • Growth suppression and cell death by pyridoxal is dependent on p53 in the human breast cancer cell line MCF-7 査読

    Minamino Masaki, Oka Tatsuzo, Kanouchi Hiroaki

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   79 ( 1 )   124 - 129   2015年01月( ISSN:0916-8451

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

  • Inverse association between dietary habits with high total antioxidant capacity and prevalence of frailty among elderly Japanese women: a multicenter cross-sectional study. 査読

    Kobayashi S, Asakura K, Suga H, Sasaki S; Three-generation Study of Women on Diets and Health Study Groups.

    18 ( 9 )   827 - 839   2014年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Plasma homocysteine concentrations in novel microminipigs. 査読

    Kakimoto T, Otsuka A, Kawaguchi H, Ogata K, Tanimoto A, Kanouchi H.

    28 ( 4 )   579 - 582   2014年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Plasma homocysteine concentrations in dogs.

    Kakimoto T, Iwanaga T, Kanouchi H.

    IJVMR   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • High protein intake is associated with low prevalence of frailty among old Japanese women: a multicenter cross-sectional study. 査読

    Kobayashi S, Asakura K, Suga H, Sasaki S; Three-generation Study of Women on Diets and Health Study Group.

    Nutr J   12 ( 164 )   2013年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Low pyridoxine concentrations enhance lipopolysaccharide-stimulated gene expression of cyclooxygenase-2 and inducible nitric oxide synthase in RAW264.7 cells. 査読

    Kanouchi H.

    J Nutr Sci Vitaminol   59 ( 6 )   548 - 551   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国際誌  

  • Supplementation with branched-chain amino acids attenuates hepatic apoptosis in rats with chronic liver disease. 査読

    Kuwahata M, Kubota H, Kanouchi H, Ito S, Ogawa A, Kobayashi Y, Kido Y.

    Nutr Res   32 ( 7 )   522 - 529   2012年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Decomposition of insoluble and hard-to-degrade animal proteins by enzyme E77 and its potential applications. 査読

    Zhao H, Mitsuiki S, Takasugi M, Sakai M, Goto M, Kanouchi H, Oka T.

    Appl Biochem Biotechnol   166 ( 7 )   1758 - 1768   2012年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Live-cell visualization of the trans-cellular mode of monocyte transmigration across the vascular endothelium, and its relationship with endothelial PECAM-1. 査読

    Hashimoto K, Kataoka N, Nakamura E, Hagihara K, Okamoto T, Kanouchi H, Mohri S, Tsujioka K, Kajiya F.

    J Physiol Sci   62 ( 1 )   63 - 69   2012年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Homocysteine induced SH-SY5Y apoptosis through activation of NADPH oxidase in U251MG cells. 査読

    Fujiki Y, Hirashima Y, Seshimo S, Okamoto T, Sugimoto Y, Matsumoto M, Oka T, Kanouchi H.

    Neurosci Res   72 ( 1 )   9 - 15   2012年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Monocyte trans-endothelial migration augments subsequent transmigratory activity with increased PECAM-1 and decreased VE-cadherin at endothelial junctions. 査読

    Hashimoto K, Kataoka N, Nakamura E, Hagihara K, Hatano M, Okamoto T, Kanouchi H, Minatogawa Y, Mohri S, Tsujioka K, Kajiya F.

    Int J Cardiol   149 ( 2 )   232 - 239   2011年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • High dose of pyridoxine induces IGFBP-3 mRNA expression in MCF-7 cells and its induction is inhibited by the p53-specific inhibitor pifithrin-α. 査読

    Nakari M, Kanouchi H, Oka T.

    J Nutr Sci Vitaminol   57 ( 4 )   280 - 284   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • High dose of pyridoxine induces IGFBP-3 mRNA expression in MCF-7 cells and its induction is inhibited by the p53-specific inhibitor pifithrin-α. 査読

    Nakari M, Kanouchi H, Oka T

    Journal of nutritional science and vitaminology   57 ( 4 )   280 - 4   2011年( ISSN:0301-4800

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3177/jnsv.57.280

    PubMed

  • Change in VEGF expression in mouse mammary gland during reproductive cycle. 査読

    Islam MS, Matsumoto M, Ishida R, Oka T, Kanouchi H.

    J Vet Med Sci   72 ( 9 )   1159 - 1163   2010年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Comparisons of uptake and cell surface binding among pyridoxal, pyridoxine, and pyridoxamine in RAW264.7 cells. 査読

    Kanouchi H, Shibuya M, Tsukamoto S, Fujimura Y, Tachibana H, Yamada K, Oka T.

    Nutrition   26 ( 6 )   648 - 652   2010年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Promoting effects of Chinese pangolin and wild pink medicines on the mammary gland development in immature mice. 査読

    Bayin J, Matsumoto M, Islam MS, Yabuki A, Kanouchi H, Oka T, Nishinakagawa H.

    J Vet Med Sci   71 ( 10 )   1325 - 1330   2009年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Promoting effects of Chinese pangolin and wild pink medicines on the mammary gland development in immature mice. 査読

    Bayin J, Matsumoto M, Islam MS, Yabuki A, Kanouchi H, Oka T, Nishinakagawa H

    The Journal of veterinary medical science   71 ( 10 )   1325 - 30   2009年10月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1292/jvms.001325

    PubMed

  • Immunohistochemical localization of nitric oxide synthase (NOS) in mouse mammary gland during reproductive cycle. 査読

    Islam MS, Matsumoto M, Tsuchida K, Oka T, Kanouchi H, Suzuki S.

    J Vet Med Sci   71 ( 7 )   945 - 949   2009年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Immunohistochemical localization of nitric oxide synthase (NOS) in mouse mammary gland during reproductive cycle. 査読

    Islam MS, Matsumoto M, Tsuchida K, Oka T, Kanouchi H, Suzuki S

    The Journal of veterinary medical science   71 ( 7 )   945 - 9   2009年07月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1292/jvms.71.945

    PubMed

  • Characterization of peroxisomal targeting signals on alanine: glyoxylate aminotransferase. 査読

    Ikeda M, Kanouchi H, Minatogawa Y.

    Biol Pharm Bull   31 ( 1 )   131 - 134   2008年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Characterization of peroxisomal targeting signals on alanine: glyoxylate aminotransferase. 査読

    Ikeda M, Kanouchi H, Minatogawa Y

    Biological & pharmaceutical bulletin   31 ( 1 )   131 - 4   2008年01月( ISSN:0918-6158

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1248/bpb.31.131

    PubMed

  • Three distinct stages of apoptotic nuclear condensation revealed by time-lapse imaging, biochemical and electron microscopy analysis of cell-free apoptosis. 査読

    Toné S, Sugimoto K, Tanda K, Suda T, Uehira K, Kanouchi H, Samejima K, Minatogawa Y, Earnshaw WC.

    Exp Cell Res   313 ( 16 )   3635 - 3644   2007年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Transcriptional regulation of indoleamine 2,3-dioxygenase (IDO) by tryptophan and its analogue : Down-regulation of the indoleamine 2,3-dioxygenase (IDO) transcription by tryptophan and its analogue. 査読

    Okamoto T, Toné S, Kanouchi H, Miyawaki C, Ono S, Minatogawa Y.

    Cytotechnology   54 ( 2 )   107 - 113   2007年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Vitamin B6 suppresses apoptosis of NM-1 bovine endothelial cells induced by homocysteine and copper. 査読

    Endo N, Nishiyama K, Okabe M, Matsumoto M, Kanouchi H, Oka T.

    Biochim Biophys Acta   1770 ( 4 )   571 - 577   2007年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Perchloric acid-soluble protein is expressed in enterocytes and goblet cells in the intestine and upregulated by dietary lipid. 査読

    Kanouchi H, Miyamoto M, Oka T, Matsumoto M, Okamoto T, Tone S, Minatogawa Y.

    Biochim Biophys Acta   1760 ( 9 )   1380 - 1385   2006年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Antioxidant activity of vitamin B6 delays homocysteine-induced atherosclerosis in rats. 査読

    Endo N, Nishiyama K, Otsuka A, Kanouchi H, Taga M, Oka T.

    Br J Nutr   95 ( 6 )   1088 - 1093   2006年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Degradation of PrP(Sc) by keratinolytic protease from Nocardiopsis sp. TOA-1. 査読

    Mitsuiki S, Hui Z, Matsumoto D, Sakai M, Moriyama Y, Furukawa K, Kanouchi H, Oka T.

    Biosci Biotechnol Biochem   70 ( 5 )   1246 - 1248   2006年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Increases in pig major acute-phase protein in wasting pigs brought to the abattoir. 査読

    Yamane H, Kanouchi H, Arimizu G, Obi T, Oka T.

    J Vet Med Sci   68 ( 5 )   511 - 513   2006年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Degradation of PrP(Sc) by keratinolytic protease from Nocardiopsis sp. TOA-1. 査読

    Mitsuiki S, Hui Z, Matsumoto D, Sakai M, Moriyama Y, Furukawa K, Kanouchi H, Oka T

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   70 ( 5 )   1246 - 8   2006年05月( ISSN:0916-8451

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1271/bbb.70.1246

    PubMed

  • Increases in pig major acute-phase protein in wasting pigs brought to the abattoir. 査読

    Yamane H, Kanouchi H, Arimizu G, Obi T, Oka T

    The Journal of veterinary medical science   68 ( 5 )   511 - 3   2006年05月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1292/jvms.68.511

    PubMed

  • Vitamin B6 suppresses growth of the feline mammary tumor cell line FRM. 査読

    Shimada D, Fukuda A, Kanouchi H, Matsumoto M, Oka T.

    Biosci Biotechnol Biochem   70 ( 4 )   1038 - 1040   2006年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Vitamin B6 suppresses growth of the feline mammary tumor cell line FRM. 査読

    Shimada D, Fukuda A, Kanouchi H, Matsumoto M, Oka T

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   70 ( 4 )   1038 - 40   2006年04月( ISSN:0916-8451

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1271/bbb.70.1038

    PubMed

  • Reduced expression of perchloric acid-soluble protein after partial hepatectomy in rats. 査読

    Kanouchi H, Taga M, Okamoto T, Yamasaki M, Oka T, Yamada K, Tone S, Minatogawa Y.

    Biosci Biotechnol Biochem   70 ( 1 )   290 - 292   2006年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Reduced expression of perchloric acid-soluble protein after partial hepatectomy in rats. 査読

    Kanouchi H, Taga M, Okamoto T, Yamasaki M, Oka T, Yamada K, Tone S, Minatogawa Y

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   70 ( 1 )   290 - 2   2006年01月( ISSN:0916-8451

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1271/bbb.70.290

    PubMed

  • Nuclear transfer of perchloric acid-soluble protein by endoplasmic reticulum stressors. 査読

    Kanouchi H, Matsumoto M, Taga M, Yamada K, Oka T, Toné S, Minatogawa Y.

    Protein Sci   14 ( 9 )   2344 - 2349   2005年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Nuclear transfer of perchloric acid-soluble protein by endoplasmic reticulum stressors. 査読

    Kanouchi H, Matsumoto M, Taga M, Yamada K, Oka T, Toné S, Minatogawa Y

    Protein science : a publication of the Protein Society   14 ( 9 )   2344 - 9   2005年09月( ISSN:0961-8368

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1110/ps.051481105

    PubMed

  • Large complex formation of the inhibitor of caspase-activated DNase.] 査読

    Kanouchi H, Nishizaki H, Minatogawa Y, Toné S.

    Apoptosis   10 ( 3 )   651 - 656   2005年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Perchloric acid-soluble protein regulates cell proliferation and differentiation in the spinal cord of chick embryos. 査読

    Himeno E, Yamazaki K, Kanouchi H, Matsumoto M, Sugimoto Y, Oka T.

    FEBS Lett   579 ( 11 )   2416 - 2420   2005年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Effect of high dose of pyridoxine on mammary tumorigenesis. 査読

    Shimada D, Fukuda A, Kawaguchi H, Kato N, Yoshida H, Kanouchi H, Oka T.

    Nutr Cancer   53 ( 2 )   202 - 207   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Recombinant alkaline serine protease II degrades scrapie isoform of prion protein. 査読

    Hui Z, Minamiguchi K, Doi H, Kinoshita N, Kanouchi H, Oka T

    In vitro cellular & developmental biology. Animal   40 ( 8-9 )   293 - 6   2004年09月( ISSN:1071-2690

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1290/0406041.1

    PubMed

  • Alkaline serine protease produced by Streptomyces sp. degrades PrP(Sc). 査読

    Hui Z, Doi H, Kanouchi H, Matsuura Y, Mohri S, Nonomura Y, Oka T.

    Biochem Biophys Res Commun   321 ( 1 )   45 - 50   2004年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Effect of dietary conjugated linoleic acid on liver regeneration after a partial hepatectomy in rats. 査読

    Hirao A, Yamasaki M, Chujo H, Koyanagi N, Kanouchi H, Yasuda S, Matsuo A, Nishida E, Rikimaru T, Tsujita E, Shimada M, Maehara Y, Tachibana H, Yamada K

    Journal of nutritional science and vitaminology   50 ( 1 )   9 - 12   2004年02月( ISSN:0301-4800

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3177/jnsv.50.9

    PubMed

  • Recombinant perchloric acid-soluble protein suppresses the immunoglobulin production of human-human hybridoma HB4C5 cells. 査読

    Kanouchi H, Matsuo A, Oka T, Tachibana H, Yamada K.

    In Vitro Cell Dev Biol Anim   39 ( 7 )   263 - 265   2003年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Down regulation of a novel protein, PSP, in rat hepatoma cdRLh 84-beared tumor. 査読

    Kaneki K, Kanouchi H, Matsumoto M, Kawasaki Y, Akuzawa M, Oka T

    The Journal of veterinary medical science   65 ( 7 )   781 - 5   2003年07月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1292/jvms.65.781

    PubMed

  • Purification and characterization of perchloric acid soluble protein from rat lung. 査読

    Matsumoto M, Kanouchi H, Suzuki K, Kaneki K, Kawasaki Y, Oka T.

    Comp Biochem Physiol B Biochem Mol Biol   135 ( 2 )   255 - 262   2003年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Recombinant alkaline serine protease II degrades scrapie isoform of prion protein. 査読

    Hui Z, Minamiguchi K, Doi H, Kinoshita N, Kanouchi H, Oka T.

    In Vitro Cell Dev Biol Anim   40 ( 8-9 )   293 - 296   2001年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Recombinant expression of perchloric acid-soluble protein reduces cell proliferation. 査読

    Kanouchi H, Tachibana H, Oka T, Yamada K.

    Cell Mol Life Sci   58 ( 9 )   1340 - 1343   2001年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Purification, characterization and developmental expression of rat brain PSP protein. 査読

    Suzuki K, Nishida T, Matsumoto M, Kanouchi H, Kaneki K, Oka T.

    Biochim Biophys Acta   1527 ( 1-2 )   47 - 53   2001年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Expression and cellular distribution of perchloric acid-soluble protein is dependent on the cell-proliferating states of NRK-52E cells. 査読

    Kanouchi H, Oka T, Asagi K, Tachibana H, Yamada K.

    Cell Mol Life Sci   57 ( 7 )   1103 - 1108   2000年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Production of functional rat liver PSP protein in Escherichia coli. 査読

    Oka T, Nishimoto Y, Sasagawa T, Kanouchi H, Kawasaki Y, Natori Y.

    Cell Mol Life Sci   55 ( 1 )   131 - 134   1999年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 栄養学の基本 : 人体の理解と栄養学の基礎

    南 久則, 下田 誠也, 叶内 宏明( 担当: 共編者(共編著者))

    医歯薬出版  2022年  ( ISBN:9784263720295

     詳細を見る

    著書種別:教科書・概説・概論  

    CiNii Books

  • 基礎栄養学

    木戸康博, 桑波田雅士,原田永勝他( 担当: 共著)

    講談社  2020年03月  ( ISBN:978-4-06-518043-3

     詳細を見る

    担当ページ:86-106  

  • 栄養科学シリーズ 基礎栄養学 第4版

    木戸, 康博, 桑波田, 雅士, 原田, 永勝( 担当: 分担執筆 ,  範囲: タンパク質の栄養)

    講談社  2020年03月  ( ISBN:9784065180433

     詳細を見る

    総ページ数:x, 197p  

    CiNii Books

  • 代謝とは何か

    奥恒行、山田和彦、中村禎子、叶内宏明、神田晃、田村(堀)奈緒子、福嶋亜紀子、谷誠八、池田涼子、菊田安至、開元多恵、横井克彦、馬場修、仙波和代( 担当: 共著)

    南江堂  2019年08月  ( ISBN:978-4-524-24651-9

     詳細を見る

    担当ページ:37-39  

  • 基礎から学ぶ生化学(改訂第3版)

    奥恒行, 山田和彦( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 代謝の全体像)

    南江堂  2019年08月 

  • 鹿児島の食環境と健康食材 鹿児島大学食と健康プロジェクト

    叶内宏明( 担当: 単著)

    南方新社  2016年 

  • 鹿児島の食環境と健康食材 : 鹿児島大学食と健康プロジェクト

    鮫島 奈々美, 叶内 宏明, 塩崎 一弘, 吉崎 由美子

    南方新社  2016年  ( ISBN:9784861243332

     詳細を見る

  • ホモシステインと健康・分析方法

    叶内宏明( 担当: 単著)

    一般社団法人生物機能研究所  2012年 

  • ビタミン

    叶内宏明、岡達三( 担当: 共著)

    獣医生理学・生理化学教育懇談会編 緑書房  2009年 

     詳細を見る

    担当ページ:56-63  

  • Chapter II - Perchloric Acid-Soluble Protein

    Hiroaki Kanouchi( 担当: 単著)

    Nova Science Publishers, Inc  2008年 

     詳細を見る

    担当ページ:29-36  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • フレイル予防と栄養

    改元 香, 山下 三香子, 鈴木 太朗, 牧迫 飛雄馬, 郡山 千早, 窪薗 琢郎, 竹中 俊宏, 大石 充, 叶内 宏明

    New Diet Therapy   36 ( 3 )   59 - 66   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • フレイルと食習慣の関連について 垂水コホート研究より

    湯淺 敏典, 大石 雄貴, 窪薗 琢郎, 徳重 明央, 川添 晋, 清水 大地, 阿部 礼真, 加美 翔平, 竹中 俊宏, 叶内 宏明, 牧迫 飛雄馬, 大石 充

    医学教育   51 ( Suppl. )   156 - 156   2020年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ラット脳内ビタミンB12の日内変動

    岡田 直人, 岡本 彩希, 叶内 宏明, 竹中 重雄, 渡邉 文雄, 乾 博

    ビタミン   94 ( 4 )   267 - 267   2020年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • DI-EI-MSメタボロミクスを活用した米黒酢の抗酸化活性予測

    佐藤 希, 甲斐 久博, 吉満 遥, 中 良弘, 植沢 芳広, 叶内 宏明, 藤井 暁, 長野 正信, 木村 博昭, 松野 康二

    日本薬学会年会要旨集   140年会   26P - am160S   2020年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 奄美島豚の肉質評価に関する研究.

    叶内宏明, 山崎正夫, 鞍掛文, 木村郁夫, 大塚彰

    70   1 - 6   2020年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  • ビタミンB6の抗腫瘍作用およびホモシステインの神経傷害の作用機序、食品摂取頻度と血漿ホモシステイン濃度に関する研究

    叶内 宏明

    日本栄養・食糧学会誌   68 ( 1 )   13 - 17   2015年02月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 過塩素酸可溶性蛋白質の転写調節機構の解析.

    中村拓也、松尾哲孝、藤村由紀、藤田秋一、叶内宏明

    生物機能研究会誌 雑誌   19   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 食と健康~メチオニン代謝に良い食事~

    叶内宏明

    でん粉と食品   40   14 - 17   2015年

  • ビタミンB6の抗腫瘍作用およびホモシステインの神経傷害の作用機序、食品摂取頻度と血漿ホモシステイン濃度に関する研究 査読

    叶内宏明

    日本栄養・食糧学会誌 雑誌   68   13 - 17   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 機能性表示食品にいたるまで

    叶内宏明

    生物機能研究会誌 雑誌   19   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳がん細胞株におけるビタミンB6の遺伝子発現調節作用

    叶内 宏明, 岡 達三

    ビタミン   86 ( 8 )   425 - 431   2012年08月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳がん細胞株におけるビタミンB6の遺伝子発現調節作用. 査読

    叶内宏明、岡達三

    ビタミン 雑誌   85   425 - 431   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ブラジル産プロポリスエタノール抽出物摂食によるマウス認知機能の改善効果.

    宮崎悠太、鈴木雅大、中野秀哉、松元光春、叶内宏明

    生物機能研究会誌 雑誌   15   57 - 63   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ビタミンB6による転写調節機構の解明と過塩素酸可溶性タンパク質の発見.

    叶内宏明、岡達三

    生物機能研究会誌 雑誌   14   32 - 37   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ビタミンB6およびホモシステインに関する研究.

    叶内宏明

    生物機能研究会誌 雑誌   18   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Keratinolytic properties of PrPSc-degrading enzyme E77. 査読

    Mitsuiki S, Takasugi M, Goto M, Kanouchi H, Oka T.

    59   37 - 42   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • ビタミンB6によるヒト乳がんMCF-7細胞の細胞増殖抑制機構.

    桝田美和、叶内宏明、松元光春、岡達三

    生物機能研究会誌 雑誌   12   9 - 10   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ホモシステインによる神経細胞障害作用.

    平島宜昌、岡部正明、叶内宏明、岡達三

    生物機能研究会誌 雑誌   12   7 - 8   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ビタミンB6による遺伝子発現を介した脂肪細胞の分化調節

    叶内 宏明, 岡 達三

    ビタミン   81 ( 9 )   438 - 440   2007年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ビタミンB6摂取はパーキンソン病のリスクを減少させる

    叶内 宏明, 岡 達三

    ビタミン   81 ( 2 )   61 - 62   2007年02月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ビタミンB6摂取はパーキンソン病のリスクを減少させる 査読

    叶内宏明、岡達三:ビタミン

    ビタミン 雑誌   81   61 - 62   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Identification of an alkaliphilic actinomycetes producing PrpSc-degrading enzyme. 査読

    Mem Fac Agr Kagoshima Univ 雑誌   42   11 - 16   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • ホモシステインによる神経細胞死誘導機序.

    瀬下奏、叶内宏明、岡達三

    生物機能研究会誌 雑誌   11   30 - 33   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 潜在的肝障害マーカータンパク質の生成機序に関する研究

    吉村貴世、是枝輝紀、岡部正明、叶内宏明、岡達三

    生物機能研究会誌 雑誌   11   28 - 30   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ニンニク由来異常プリオンタンパク質分解酵素(プリオナーゼ)阻害物質に関する研究.

    岡部正明、満生慎二、叶内宏明、岡達三

    生物機能研究会誌 雑誌   11   26 - 27   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 筋肉の分化とPSP.

    芝野秀和、叶内宏明、岡達三

    生物機能研究会誌 雑誌   10   33 - 36   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • PSPのin silico研究.

    山崎邦隆、叶内宏明、岡達三

    生物機能研究会誌 雑誌   10   37 - 40   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ホモシステインと血管内皮細胞障害.

    遠藤直子、西山和夫、叶内宏明、岡達三

    生物機能研究会誌 雑誌   10   9 - 12   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • B6は高等植物の根の成長に必須である. 査読

    叶内宏明、岡達三

    ビタミン 雑誌   80   87 - 88   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 炎症性蛋白質としてのInter-a-Tripsin Inhibitor Heavy Chain4 (ITIH4).

    小尾岳士、叶内宏明、岡達三

    生物機能研究会誌 雑誌   10   27 - 30   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 異常プリオンタンパク質分解酵素プリオナーゼ阻害物質のスクリーニング.

    岡部正明、満生慎二、叶内宏明、岡達三

    生物機能研究会誌 雑誌   10   31 - 32   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Effect of Simulated Microgravity on Murine Melanoma Cells: Altered Tumor Cell and Tumorigenicity 査読

    Taga M, Kanouchi H, Oka T.

    Mem Fac Agr Kagoshima Univ 雑誌   40   25 - 33   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 過塩素酸可溶性たんぱく質の細胞増殖抑制作用.

    叶内宏明、岡達三

    生物機能研究会誌 雑誌   9   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Nocardiopsis sp. TOA-1由来プロテアーゼによる異常プリオンタンパク質の分解.

    満生慎二、松本大志、叶内宏明、岡達三

    生物機能研究会誌 雑誌   9   31 - 33   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳がん細胞の増殖に及ぼすビタミンB6の効果.

    福田あゆみ、叶内宏明、岡達三

    生物機能研究会誌 雑誌   9   26 - 30   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 過塩素酸可溶性タンパク質(PSP)のニワトリ胚発生における機能.

    姫野絵美、山崎邦隆、青山みさ子、叶内宏明、岡達三

    生物機能研究会誌 雑誌   8   11 - 15   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Sparague-Dawleyラットの抗体産生に及ぼす酢酸の影響 査読

    叶内宏明、中條 瞳、岡部正明、松尾 綾、立花宏文、山田耕路

    九大農学芸誌 雑誌   58   13 - 18   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 過塩素酸可溶性タンパク質.

    叶内宏明、岡達三、山田耕路

    生物機能研究会誌 雑誌   4   57 - 60   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

▼全件表示

産業財産権等

  • 異常プリオン分解酵素阻害物質及びその用途

    岡達三、叶内宏明、岡部正明

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:2007-136749 

  • 機能性黒味噌の製造

    叶内宏明、吉崎由美子

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:2017-229261 

  • 鳥類飼料

    鎌田政人、三谷紘明、叶内宏明、小尾岳士

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:2015-0162860 

  • 抗酸化活性が増強した液化麹の製造方法

    鮫島吉広、奥津果優、叶内宏明、高峯和則、吉﨑由美子、桑元康平

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 食品成分による認知症予防効果の検証

     詳細を見る

    認知能力低下モデル動物への摂食実験および培養細胞を用いて評価する。認知機能低下の予防に資する機能性食品の探索を行う。

  • 食品成分による筋萎縮予防効果の検証

     詳細を見る

    筋肉萎縮モデル動物への摂食実験および培養細胞を用いて評価する。サルコペニア、フレイルの予防に資する機能性食品の探索を行う。

担当授業科目

  • 栄養療法学臨地実習A

    2021年度   実習  

  • 総合栄養療法学演習

    2021年度    

  • 初年次ゼミナール【食の多様性について】

    2021年度    

  • 栄養生理学

    2021年度    

  • 食品科学II

    2021年度    

  • 食品加工学実験

    2021年度   実習  

  • 食品科学実験

    2021年度   実習  

  • 基礎栄養学

    2021年度    

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 食品科学II

    2020年04月
    -
    2022年03月
    機関名:大阪府立大学

  • 栄養生理学

    2020年04月
    -
    2022年03月
    機関名:大阪府立大学

  • 食品加工学実験

    2020年04月
    -
    2022年03月
    機関名:大阪府立大学

  • 食品学総論

    機関名:今村ライセンスアカデミー

  • 分子生物学

    機関名:鹿児島大学共同獣医学部

  • 栄養学総論

    機関名:鹿児島県立短期大学、今村ライセンスアカデミー

▼全件表示

社会貢献活動

  • 2020年度NR・サプリメントアドバイザーレベルアップセミナー 高齢者の食事と健康

    2020年04月 - 2021年03月

  • 日本栄養士会生涯教育2019 とことん基本を学ぶ 栄養素の消化と吸収

    2019年04月 - 2020年03月

  • 2019年度たるみず元気プロジェクト報告会 栄養調査

    2019年04月 - 2020年03月

  • 垂水研究2017で実施された栄養調査について

    2018年04月 - 2019年03月

  • 「データから、今の自分を知ろう(栄養)」平成29年度たるみず元気プロジェク事後報告について

    2018年04月 - 2019年03月

  • 栄養チェックBDHQの見方/結果を踏まえた垂水市の課題

    2018年04月 - 2019年03月

  • 今を生き抜くための食

    2017年04月 - 2018年03月

  • 黒酢による健康増進効果検証のための二重盲検ランダム化比較平行試験

    2017年04月 - 2018年03月

  • 黒酢について知ろう!〜米造り米黒酢の機能性と健康〜

    2016年04月 - 2017年03月

  • 壺作り米黒酢摂取の健康増進効果

    2015年04月 - 2016年03月

  • 食塩とは? ~ナトリウムが関わる病気と予防について~

    2014年04月 - 2015年03月

  • 悪玉アミノ酸 ホモシステイン(悪玉アミノ酸を低下させる食生活)

    2014年04月 - 2015年03月

  • ビタミン発見小史とビタミンB6の新機能

    2013年04月 - 2014年03月

  • プロポリスの認知機能低下抑制作用

    2012年04月 - 2013年03月

  • あまみ地域における食事習慣と血漿脂質過酸化の関係

    2011年04月 - 2012年03月

  • ホモシステインが関わる疾病

    2011年04月 - 2012年03月

  • 食べ物の効能とは?研究の立場から

    2011年04月 - 2012年03月

▼全件表示

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 健康な食生活

    分野:医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学)

     詳細を見る

    対象:小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 企業, 市民団体

  • 食酢と健康

    分野:医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学)

     詳細を見る

    対象:高校生, 大学生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 企業, 市民団体

    食酢が体に良いとされる理由をこれまでの研究成果から紹介する。
    日々の健康増進につながる食酢の摂取について。