2023/04/11 更新

写真a

オオガミ ユウイチロウ
大神 雄一郎
Ogami Yuichiro
担当
国際基幹教育機構 准教授
職名
准教授
所属
国際基幹教育研究院

担当・職階

  • 国際基幹教育機構 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(言語文化学) ( 大阪大学 )

  • 修士(言語文化学) ( 大阪大学 )

研究分野

  • 人文・社会 / 言語学

所属学協会

  • 日本認知言語学会

  • 日本言語学会

  • 日本英語学会

  • 日本語文法学会

  • 関西言語学会

  • 日本語用論学会

▼全件表示

受賞歴

  • 機構長教育奨励賞

    大神雄一郎

    2021年03月   大阪府立大学高等教育推進機構  

職務経歴(学外)

  • 大阪公立大学   国際基幹教育機構

    2022年04月 - 継続中

  • 大阪府立大学   高等教育推進機構

    2021年04月 - 2022年03月

  • 大阪大学大学院   言語文化研究科言語文化専攻

    2018年04月 - 2021年03月

  • 大阪大学   外国語学部   非常勤講師

    2023年04月 - 継続中

  • 大阪薬科大学   非常勤講師

    2015年04月 - 2023年03月

学歴

  • 大阪大学   大学院言語文化研究科   言語文化専攻   博士課程後期   卒業・修了

    2013年04月 - 2017年03月

  • 大阪大学   大学院言語文化研究科   言語文化専攻   博士課程前期   卒業・修了

    2011年04月 - 2013年03月

論文

  • いわゆる「属性付与」の「ガスル」構文と「ヲシテイル」構文の意味区分について

    大神雄一郎

    日本言語学会第165回大会予稿集   282 - 288   2022年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • The Japanese ‘X wa Y o shiteiru’ pattern as simple stative expressions 査読

    Investigationes Linguisticae   44   1 - 14   2021年12月

  • 状態・性質の「する」構文における修飾要素と身体部位名詞を用いた表現の意味と成り立ち 査読

    大神雄一郎

    認知言語学研究 雑誌 開拓社   6   2021年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 状態・性質の「する」構文の適格性に関する調査報告 招待

    大神雄一郎

    大阪大学言語文化共同プロジェクト2019   11 - 20   2020年07月

  • 状態・性質を表す「する」構文の意味的基盤 招待

    大神雄一郎

    ことばから心へ―認知の深淵(吉村公宏教授退職記念論文集)   176 - 186   2020年03月

  • 日本語の時間移動型メタファーの言語的発現と成立基盤 招待 査読

    大神雄一郎

    メタファー研究   2   101 - 124   2019年12月

  • 事物の状態・性質を表す「する」の意味拡張―英語動詞“have”の主体化との接点― 招待

    大神雄一郎

    大阪大学言語文化共同プロジェクト2018   1 - 10   2019年05月

  • 「青い目をしている」構文再考―「男好きのする顔をしたあの娘」はどこからやってくるのか?

    大神雄一郎

    日本認知言語学会論文集   19   24 - 36   2019年05月

▼全件表示

書籍等出版物

  • 認知言語学研究

    日本認知言語学会, 本多 啓 , 有薗 智美, 篠原 俊吾 , 菊田 千春, 大神 雄一郎, 高橋 英光

    開拓社  2021年  ( ISBN:9784758916561

     詳細を見る

  • 認知・機能言語学研究

    大阪大学大学院言語文化研究科, 大井 良友, 大神 雄一郎, 小薬 哲哉, 坂場 大道, 中尾 朋子, 早瀬 尚子 , 板垣 浩正, Mino Takashi, 瀬戸 義隆

    大阪大学大学院言語文化研究科  2020年 

     詳細を見る

  • 「なる」構文の多義性とそのメカニズム―なぜスカートは短くなるのか?―

    大神雄一郎

    大阪大学出版会  2019年09月 

  • 時間のメタファー : 特集

    鍋島 弘治朗 , 楠見 孝 , 内海 彰, 石井 康毅, 一川 誠 , 岩崎 真哉, 大神 雄一郎, 大田垣 仁, 岡 隆之介, 笠貫 葉子, 篠原 和子 , Indurkhya Bipin, 本多 啓 , 宮原 勇 , 籾山 洋介

    ひつじ書房  2019年  ( ISBN:9784894769823

     詳細を見る

  • 「なる」構文の多義性とそのメカニズム : なぜスカートは短くなるのか?

    大神 雄一郎

    大阪大学出版会  2019年  ( ISBN:9784872596885

     詳細を見る

講演・口頭発表等

  • Expressions of the stative/attributive X wa Y o shiteiru pattern based on tactile information 国際会議

    Yuichiro Ogami

    Linguistics and Asian Languages 2023  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • いわゆる属性付与の「ガスル」構文と「ヲシテイル」構文の意味区分について

    大神雄一郎

    日本言語学会第165回大会  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • On the Japanese idiomatic expressions representing interpersonal behavior in terms of activities associated with the buttocks

    Yuichiro Ogami

    Researching and Applying Metaphor 15  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The stative/attributive X wa Y o shiteiru pattern with compound nouns

    Yuichiro Ogami

    Linguistics and Asian Languages 2022  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 無生物の構成部分について述べる状態・性質の「する」構文の表現 国内会議

    大神雄一郎

    マルチモダリティーと言語  2021年12月  日本語用論学会メタファー研究会・「人間と言語」研究会(共催)

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 状態・性質の「する」構文に関する研究の現状と展望 国内会議

    大神雄一郎

    現代日本語学研究会  2021年09月  現代日本語学研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The conceptualization of TIME AS A VISITOR in Japanese 国際会議

    Yuichiro Ogami

    The Third Cultural Linguistics International Conference  2021年06月  Cultural Linguistics International Conference

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • On the Experiential Bases of the Two Meanings of Temporal “Saki” in Japanese

    Ogami, Yuichiro

    International Cognitive Linguistics Conference 15  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Is Time Moving in Japanese?

    Ogami, Yuichiro

    Researching Metaphor: Cognitive and Others  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The Japanese ‘X wa Y o siteiru’ Pattern as Simple Stative Expressions

    Ogami, Yuichiro

    Linguistics and Asian Languages 2019  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

科研費

  • 状態・性質の「する」構文に関する認知言語学的研究

    若手研究  2022年

  • 状態・性質の「する」構文に関する認知言語学的研究

    2021年

担当授業科目

  • 初年次ゼミナール【認知レトリック論入門】

    2021年度    

  • Academic English IIB

    2021年度    

  • Academic English IB

    2021年度    

  • Academic English IIA

    2021年度    

  • Academic English IA

    2021年度    

  • Academic English IIA

    2021年度    

  • Academic English IA

    2021年度    

  • Academic English IIA

    2021年度    

  • Academic English IA

    2021年度    

  • English Seminar H

    2021年度    

  • Academic English IIB

    2021年度    

  • Academic English IB

    2021年度    

▼全件表示

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 大阪府立茨木高等学校学問発見講座 言語の分析を通じ比喩的認知について考える

    分野:文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー)

     詳細を見る

    対象:高校生

学術貢献活動

  • 日本認知言語学会第23回全国大会

    役割:企画立案・運営等

    日本認知言語学会  2022年09月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 日本認知言語学会第22回全国大会

    役割:企画立案・運営等

    日本認知言語学会  2021年09月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等