2022/10/31 更新

写真a

タニダ タカシ
谷田 任司
TANIDA Takashi
担当
大学院獣医学研究科 獣医学専攻 講師
獣医学部 獣医学科
職名
講師
所属
獣医学研究院

担当・職階

  • 大学院獣医学研究科 獣医学専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 獣医学部 獣医学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 農学博士 ( 神戸大学 )

  • 農学修士 ( 神戸大学 )

  • 農学学士 ( 神戸大学 )

研究キーワード

  • 解剖学

  • 組織細胞生物学

  • 蛍光イメージング

  • 内分泌・代謝学

  • 神経内分泌学

所属学協会

  • 日本解剖学会

    2012年01月 - 継続中   国内

  • 日本獣医学会

    2020年 - 継続中   国内

  • 日本組織細胞化学会

    2015年07月 - 継続中   国内

  • 日本分子生物学会

    2015年 - 継続中   国内

  • 日本神経内分泌学会

    2013年 - 継続中   国内

  • 日本神経科学学会

    2012年 - 継続中   国内

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 評議員   日本神経内分泌学会  

    2022年10月 - 継続中 

  • 評議員   日本組織細胞化学会  

    2022年01月 - 継続中 

受賞歴

  • 日本組織細胞化学会 若手研究者学術奨励賞

    2021年09月   日本組織細胞化学会  

  • 日本解剖学会 奨励賞

    2021年03月   日本解剖学会  

  • 第60回日本組織細胞化学会 総会・学術集会 優秀発表賞

    2019年09月   日本組織細胞化学会  

職務経歴(学外)

  • 京都府立医科大学 大学院医学研究科 解剖学教室 生体構造科学部門 助教

    2010年04月 - 2021年03月

  • ライオン株式会社 研究開発本部 生物科学研究所 研究員

    2007年04月 - 2010年03月

論文

  • Molecular dynamics of estrogen-related receptors and their regulatory proteins: Roles in transcriptional control for endocrine and metabolic signaling 招待 査読

    Tanida T

    Anatomical Science International   97 ( 1 )   15 - 29   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s12565-021-00634-7

  • Subcellular dynamics of estrogen-related receptors involved in transrepression through interactions with scaffold attachment factor B1 査読

    Tanida T, Matsuda KI, Uemura T, Yamaguchi T, Hashimoto T, Kawata M, Tanaka M

    Histochemistry and Cell Biology   156 ( 3 )   239 - 251   2021年09月

  • 蛍光分子イメージングにおけるFRAPとFRETの実際 招待

    谷田 任司

    組織細胞化学(日本組織細胞化学会編)   2022   177 - 190   2022年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   国際・国内誌:国内誌  

  • Healing effect of subcutaneous administration of G-CSF on acute rotator cuff injury in a rat model 査読

    Kobayashi Y, Kida Y, Kabuto Y, Morihara T, Sukenari T, Nakagawa H, Onishi O, Oda R, Kida N, Tanida T, Matsuda KI, Tanaka M, Takahashi K

    Tissue Engineering, Part A   27 ( 17-18 )   1205 - 1212   2021年09月

  • シミュレーション波形を用いたiPS細胞由来心筋細胞の自発磁場検出 査読

    山口武志, 足立善昭, 谷田任司, 岡 佳伸, 吉田隆司, 高橋謙治, 田中雅樹

    日本生体磁気学会誌 雑誌   34 ( 1 )   173 - 175   2021年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Novel metabolic system for lactic acid via LRPGC1/ERRγ signaling pathway 査読

    Tanida T, Matsuda KI, Tanaka M

    The FASEB Journal   34 ( 10 )   13239 - 13256   2020年10月

  • エピジェネティックス解析と組織細胞化学への応用

    松田 賢一, 谷田 任司, 橋本 隆, 井上 敏昭

    組織細胞化学2020 分子,形態,機能を捉える組織細胞化学−生命科学研究法の基本と応用を学ぶ 学際企画(株)   207 - 220   2020年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Hepatocyte growth factor regulates HIF-1α-induced nucleus pulposus cell proliferation through MAPK-, PI3K/Akt-, and STAT3-mediated signaling 査読

    Itsuji T, Tonomura H, Ishibashi H, Mikami Y, Nagae M, Takatori R, Tanida T, Matsuda KI, Tanaka M, Kubo T

    Journal of Orthopaedic Research   2020年04月

  • Status of growth plates can be monitored by MRI 査読

    Wada H, Ikoma K, Oka Y, Nishida A, Onishi O, Kim WC, Tanida T, Yamada S, Matsuda KI, Tanaka M, Kubo T

    Journal of Magnetic Resonance Imaging   51 ( 1 )   133 - 143   2020年01月

  • Immunohistochemical profiling of estrogen-related receptor gamma in rat brain and colocalization with estrogen receptor alpha in the preoptic area 査読

    Tanida T, Matsuda KI, Yamada S, Kawata M, Tanaka M

    Brain Research   1659   71 - 80   2017年03月

  • Hepatocyte growth factor/c-met promotes proliferation, suppresses apoptosis, and improves matrix metabolism in rabbit nucleus pulposus cells in vitro 査読

    Ishibashi H, Tonomura H, Ikeda T, Nagae M, Sakata M, Fujiwara H, Tanida T, Mastuda K, Kawata M, Kubo T

    Journal of Orthopaedic Research   34 ( 4 )   709 - 716   2016年04月

  • Estrogen-related receptor β reduces the subnuclear mobility of estrogen receptor α and suppresses estrogen-dependent cellular function 査読

    Tanida T, Matsuda KI, Yamada S, Hashimoto T, Kawata M

    The Journal of Biological Chemistry   290 ( 19 )   12332 - 12345   2015年05月

  • Distribution of gastrin-releasing peptide in the rat trigeminal and spinal somatosensory systems 査読

    Takanami K, Sakamoto H, Matsuda KI, Satoh K, Tanida T, Yamada S, Inoue K, Oti T, Sakamoto T, Kawata M

    Journal of Comparative Neurology   522 ( 8 )   1858 - 1873   2014年06月

  • Fetal exposure to 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin transactivates aryl hydrocarbon receptor-responsive element III in the tyrosine hydroxylase immunoreactive neurons of the mouse midbrain 査読

    Tanida T, Tasaka K, Akahoshi E, Ishihara-Sugano M, Saito M, Kawata S, Danjo M, Tokumoto J, Mantani Y, Nagahara D, Tabuchi Y, Yokoyama T, Kitagawa H, Kawata M, Hoshi N

    Journal of Applied Toxicology   34 ( 2 )   117 - 126   2014年02月

  • Insight into the mechanism of reproductive dysfunction caused by neonicotinoid pesticides 査読

    Hoshi N, Hirano T, Omotehara T, Tokumoto J, Umemura Y, Mantani Y, Tanida T, Warita K, Tabuchi Y, Yokoyama T, Kitagawa H

    Biological and Pharmaceutical Bulletin   37 ( 9 )   1439 - 1443   2014年

  • Ultrastructural demonstration of the absorption and transportation of minute chylomicrons by subepithelial blood capillaries in rat jejunal villi 査読

    Takahara E, Mantani Y, Udayanga KG, Qi WM, Tanida T, Takeuchi T, Yokoyama T, Hoshi N, Kitagawa H

    Journal of Veterinary Medical Science   75 ( 12 )   1563 - 1569   2013年12月

  • Direct effects of diethylstilbestrol on the gene expression of the cholesterol side-chain cleavage enzyme (P450scc) in testicular Leydig cells 査読

    Warita K, Mitsuhashi T, Sugawara T, Tabuchi Y, Tanida T, Wang ZY, Matsumoto Y, Yokoyama T, Kitagawa H, Miki T, Takeuchi Y, Hoshi N

    Life Sciences   87   281 - 285   2010年08月

  • When does the sex ratio of offspring of the paternal 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin (TCDD) exposure decrease: in the spermatozoa stage or at fertilization? 査読

    Ishihara K, Ohsako S, Tasaka K, Harayama H, Miyake M, Warita K, Tanida T, Mitsuhashi T, Nanmori T, Tabuchi Y, Yokoyama T, Kitagawa H, Hoshi N

    Reproductive Toxicology   29 ( 1 )   68 - 73   2010年01月

  • Fetal and neonatal exposure to three typical environmental chemicals with different mechanisms of action: mixed exposure to phenol, phthalate, and dioxin cancels the effects of sole exposure on mouse midbrain dopaminergic nuclei 査読

    Tanida T, Warita K, Ishihara K, Fukui S, Mitsuhashi T, Sugawara T, Tabuchi Y, Nanmori T, Qi WM, Inamoto T, Yokoyama T, Kitagawa H, Hoshi N

    Toxicology Letters   189 ( 1 )   40 - 47   2009年08月

  • Morphological analyses of sex differences and age-related changes in C3H mouse midbrain 査読

    Tanida T, Warita K, Mitsuhashi T, Ishihara K, Yokoyama T, Kitagawa H, Hoshi N

    Journal of Veterinary Medical Science   71 ( 7 )   855 - 863   2009年07月

  • Does paternal exposure to 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin (TCDD) affect the sex ratio of offspring? 査読

    Ishihara K, Warita K, Tanida T, Sugawara T, Kitagawa H, Hoshi N

    Journal of Veterinary Medical Science   69 ( 4 )   347 - 352   2007年04月

▼全件表示

書籍等出版物

  • 内分泌・代謝シグナル制御因子の可視化とその機能解析

    谷田 任司

    解剖学雑誌 第96巻/日本解剖学会  2021年09月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp. 16-17  

  • 8th APICA派遣レポート/若手支援事業助成対象者報告

    谷田 任司

    解剖学雑誌 第94巻/日本解剖学会   2019年09月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp. 49-50  

講演・口頭発表等

  • エストロゲン関連受容体ERRの核内動態変化を介した転写抑制機構にはSAFB1との相互作用が関与する 国内会議

    谷田 任司,松田 賢一,植村 泰佑,山口 武志,橋本 隆,河田 光博,田中 雅樹

    第127回日本解剖学会総会・全国学術集会  2022年03月  日本解剖学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 深層学習を用いたiPS細胞由来心筋細胞の自発磁場検出 国内会議

    山口 武志,足立 善昭,谷田 任司,岡 佳伸,吉田 隆司,高橋 謙治,田中 雅樹

    日本解剖学会 第97回近畿支部学術集会  2021年11月  日本解剖学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • エストロゲン関連受容体ERRの核内動態変化を介した転写抑制機構には核マトリクス結合因子SAFB1との相互作用が関与する 国内会議

    谷田 任司,松田 賢一,植村 泰佑,山口 武志, 橋本 隆,河田 光博,田中 雅樹

    日本解剖学会 第97回近畿支部学術集会  2021年11月  日本解剖学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • エストロゲン関連受容体ERRの核内動態変化を介した転写抑制機構におけるSAFB1の関与 国内会議

    谷田 任司,松田 賢一,植村 泰佑,山口 武志, 橋本 隆,河田 光博,田中 雅樹

    第47回日本神経内分泌学会学術集会  2021年10月  日本神経内分泌学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 生細胞イメージングにより明らかとなったエストロゲン関連受容体ERRの新たな転写制御機構 招待 国内会議

    谷田 任司

    第62回日本組織細胞化学会総会・学術集会(受賞講演)  2021年09月  日本組織細胞化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Estrogen-Related Receptor (ERR) の細胞内動態変化におけるScaffold Attachment Factor B1 (SAFB1) を介した転写抑制の関与 国内会議

    谷田 任司, 松田 賢一, 植村 泰佑, 山口 武志, 橋本 隆, 河田 光博, 田中 雅樹

    第164回日本獣医学会学術集会  2021年09月  日本獣医学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 内分泌・代謝シグナル制御因子の可視化とその機能解析 招待 国内会議

    谷田 任司

    第126回日本解剖学会総会・全国学術集会 第98回日本生理学会大会 合同大会  2021年03月  日本解剖学会・日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Transcriptional coactivator LRPGC1 translocates to the nucleus in response to lactate and promotes lactate metabolism 国内会議

    Tanida T, Matsuda KI, Tanaka M

    The Joint Meeting of the 126th Annual Meeting of the Japanese Association of Anatomists and the 98th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan  2021年03月  The Japanese Association of Anatomists / The Physiological Society of Japan

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

産業財産権等

  • 育毛養毛剤,毛周期変換剤および育毛養毛組成物

    谷田 任司, 内山 千代子, 牧 利一, 芹澤 哲志

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:特許第5588167号 

  • 骨形成タンパク質受容体遺伝子,エフリン受容体遺伝子,及びWnt遺伝子中のメチル化領域のメチル化度を検出する方法

    内山 千代子, 中村 啓亮, 牧 利一, 谷田 任司, 芹澤 哲志

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:特願2010-285138 

  • Hair growing and nourishing agent, hair growing and nourishing composition, and NT-4 expression inhibitor

    Chiyoko Uchiyama, Riichi Maki, Takashi Tanida, Tetsushi Serizawa

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:WO2010106904A1 

  • 育毛養毛剤および育毛養毛用組成物

    谷田 任司, 内山 千代子, 牧 利一, 芹澤 哲志

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:特開2011-136944 

  • ストレス性肌荒れ改善・予防経口剤

    野村 充, 芹澤 哲志, 小池 泰志, 谷田 任司

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:特開2010-241749 

  • 育毛養毛剤,育毛養毛組成物及びNT−4発現阻害剤,並びに育毛養毛剤の製造方法

    谷田 任司, 内山 千代子, 牧 利一, 芹澤 哲志

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:特開2010-215595 

▼全件表示

担当授業科目

  • 獣医組織学実習

    2021年度   実習  

  • 獣医解剖学実習

    2021年度   実習  

  • 獣医解剖学B

    2021年度    

  • 獣医解剖学A

    2021年度    

  • 獣医組織学

    2021年度    

  • 臨床基礎実習

    2021年度   実習  

▼全件表示

FD活動

  • 第9回肉眼動物解剖技術研修会 修了(日本獣医解剖学会)  2021年度

メディア報道

  • 京都府立医科大学 広報センター プレスリリース

    2020年08月

      詳細を見る

    プレスリリース: 乳酸の代謝を促進する分子を発見 ~高濃度の乳酸を代謝するメカニズムが明らかに~
    https://www.kpu-m.ac.jp/doc/news/2020/files/24788.pdf

    参考文献:
    Tanida T, Matsuda KI, Tanaka M.
    Novel metabolic system for lactic acid via LRPGC1/ERRγ signaling pathway.
    The FASEB Journal. 2020: 34(10) 13239-13256
    PMID: 32851675 DOI: 10.1096/fj.202000492R

  • Incu・be (Leave a Nest Co., Ltd.) 会誌・広報誌

    2017年09月

その他

  • 研究職歴

    2021年04月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪府立大学 大学院生命環境科学研究科 獣医学専攻 獣医解剖学教室 講師