2022/10/05 更新

写真a

タナカ ミユウ
田中 美有
Tanaka Miyu
担当
大学院獣医学研究科 獣医学専攻 助教
獣医学部 獣医学科
職名
助教
所属
獣医学研究院
所属キャンパス
りんくうキャンパス

担当・職階

  • 大学院獣医学研究科 獣医学専攻 

    助教  2022年04月 - 継続中

  • 獣医学部 獣医学科 

    助教  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(獣医学) ( 大阪府立大学 )

  • 学士(獣医学) ( 大阪府立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 獣医学

研究キーワード

  • 実験病理学

  • 疾患モデル

  • 診断病理学

  • 比較病理学

  • 獣医病理学

  • 神経変性疾患

研究概要

  • 疾患モデル動物を用いた神経変性疾患の病態メカニズムの解明

所属学協会

  • 日本獣医がん学会

    2018年12月 - 継続中

  • 日本獣医病理学専門家協会

    2015年04月 - 継続中

  • 日本実験動物学会

    2015年04月 - 継続中

  • 日本毒性病理学会

    2011年03月 - 継続中

  • 日本獣医学会

    2010年 - 継続中

  • 関西実験動物研究会

    2010年 - 継続中   国内

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 評議員   日本実験動物学会  

    2022年07月 - 2023年05月 

  • 評議員   関西実験動物研究会  

    2021年04月 - 2024年03月 

  • 実験動物感染症対策委員会   日本実験動物学会  

    2020年04月 - 継続中 

受賞歴

  • 2022-2023年度 The Journal of veterinary Medical Science Good Reviewer賞

    2022   日本獣医学会  

  • 令和3年度学長顕彰

    2021年08月   大阪府立大学  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第67回日本実験動物学会総会若手優秀発表賞 最優秀賞

    2020年05月   日本実験動物学会  

  • 日本獣医病理学専門家協会(JCVP) 奨励賞 

    2016年03月   日本獣医病理学専門家協会  

  • 日本獣医師会長賞(成績優秀者)

    2011年03月   日本獣医師会  

職務経歴(学外)

  • 京都大学大学院医学研究科附属動物実験施設 特定研究員

    2015年04月 - 2018年03月

  • 日本学術振興会特別 研究員 DC2

    2013年04月 - 2015年03月

論文

  • Expression of CCDC85C, a causative protein for hydrocephalus, and intermediate filament proteins during lateral ventricle development in rats. 査読

    Hasan MM, Konishi S, Tanaka M, Izawa T, Yamate J, Kuwamura M.

    Experimental Animals   2021年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Systemic anaplastic large T-cell lymphoma with initial presentation of dysuria in a dog. 査読

    Kaneguchi A, Izawa T, Tanaka M, Suzuki H, Tani H, Kuwamura M, Yamate J.

    The Journal of Veterinary Medical Science   189   26 - 30   2021年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Radiotherapy-induced tumor lysis syndrome in a dog with thymoma. 査読

    Wada Y, Yamazaki H, Tanaka M, Kaneguchi A, Tanaka T, Akiyoshi H, Noguchi S.

    The Journal of Veterinary Medical Science   83 ( 8 )   1290 - 1294   2021年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Canine Induced Pluripotent Stem Cell Maintenance Under Feeder-Free and Chemically-Defined Conditions. 査読

    Kimura K, Tsukamoto M, Yoshida T, Tanaka M, Kuwamura M, Ohtaka M, Nishimura K, Nakanishi M, Sugiura K, Hatoya S.

    Molecular Reproduction and Development   88 ( 6 )   395 - 404   2021年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Assessment of biomarkers influencing treatment success on small intestinal lymphoma in dogs. 査読

    Yamazaki H, Sasai H, Tanaka M, Tanaka T, Nishida H, Noguchi S, Kuwamura M, Akiyoshi H.

    Veterinary and Comparative Oncology   19 ( 1 )   123 - 131.   2021年03月

  • PHF24 is expressed in the inhibitory interneurons in rats. 査読

    Numakura Y, Uemura R, Tanaka M, Izawa T, Yamate J, Kuramoto T, Kaneko T, Mashimo T, Yamamoto T, Serikawa T, Kuwamura M.

    Experimental Animals   70 ( 1 )   137 - 143   2021年02月

  • Efficient Reprogramming of Canine Peripheral Blood Mononuclear Cells into Induced Pluripotent Stem Cells. 査読

    Kimura K, Tsukamoto M, Tanaka M, Kuwamura M, Ohtaka M, Nishimura K, Nakanishi M, Sugiura K, Hatoya S.

    Stem Cells and Development   30 ( 2 )   79 - 90   2021年01月

  • Generation of Footprint-Free Canine Induced Pluripotent Stem Cells from Peripheral Blood Mononuclear Cells Using Sendai Virus Vector. 査読

    Tsukamoto M, Kimura K, Tanaka M, Kuwamura M, Ohtaka M, Nakanishi M, Sugiura K, Hatoya S.

    Molecular Reproduction and Development   2020年06月

  • Hepatocellular necrosis with prominent regenerative reactions in a zonisamide administrated dog. 査読

    Takami Y, Izawa T, Tanaka M, Hatoya S, Nabetani T, Yamate J, Kuwamura M.

    The Journal of Veterinary Medical Science   82 ( 6 )   704 - 706   2020年06月

  • An aortic body carcinoma with sarcomatoid morphology and chondroid metaplasia in a French Bulldog. 査読

    Morita C, Tanaka M, Noguchi S, Shimamura S, Wada Y, Izawa T, Yamate J, Kuwamura M.

    The Journal of Veterinary Medical Science   82 ( 5 )   576 - 579   2020年05月

  • Participation of Somatic Stem Cells, Labeled by a Unique Antibody (A3) Recognizing both N-glycan and Peptide, to Hair Follicle Cycle and Cutaneous Wound Healing in Rats. 査読

    Katou-Ichikawa C, Nishina H, Tanaka M, Takenaka S, Izawa T, Kuwamura M, Yamate J.

    International Journal of Molecular Sciences   21 ( 11 )   2020年05月

  • Pathological characteristics of Ccdc85c knockout rats: a rat model of genetic hydrocephalus 査読

    Konishi S, Tanaka N, Mashimo T, Yamamoto T, Sakuma T, Kaneko T, Tanaka M, Izawa T, Yamate J, Kuwamura M.

    Experimental Animals   69 ( 1 )   26 - 33   2020年01月

  • Muscle weakness and impaired motor coordination in hyperpolarization-activated cyclic nucleotide-gated potassium channel 1-deficient rats. 査読

    Nishitani A, Yoshihara T, Tanaka M, Kuwamura M, Asano M, Tsubota Y, Kuramoto T.

    Experimental Animals   69 ( 1 )   11 - 17   2020年01月

  • Downregulation of aspartoacylase during the progression of myelin breakdown in the dmy mutant rat with mitochondrial magnesium channel MRS2 defect. 査読

    Kuwamura M, Tanimura S, Hasegawa Y, Hoshiai R, Moriyama Y, Tanaka M, Takenaka S, Nagayoshi H, Izawa T, Yamate J, Kuramoto T, Serikawa T.

    Brain Research   1718   169 - 175   2019年09月

  • Late onset of cerebellar cortical degeneration in a Magellanic penguin (Spheniscus magellanicus). 査読

    Ioannidis M*, Tanaka M*, Yasui S, Kezuka C, Oyamada M, Hasegawa T, Izawa T, Yamate J, Kuwamura M. (*These authors contributed equally to this work.)

    The Journal of Veterinary Medical Science   81 ( 5 )   750 - 752   2019年05月

  • Rat polyomavirus 2 infection in a colony of X-linked severe combined immunodeficiency rats in Japan. 査読

    Tanaka M, Kuramochi M, Nakanishi S, Kuwamura M, Kuramoto T.

    The Journal of Veterinary Medical Science   80 ( 9 )   1400 - 1406   2018年09月

  • Participation of Tumor-Associated Myeloid Cells in Progression of Amelanotic Melanoma (RMM Tumor Line) in F344 Rats, with Particular Reference to MHC Class II- and CD163-Expressing Cells. 査読

    Bondoc A, Golbar HM, Pervin M, Katou-Ichikawa C, Tanaka M, Izawa T, Kuwamura M, Yamate J.

    Cancer Microenvironment   10 ( 1-3 )   9 - 24   2017年12月

  • Tremor dominant Kyoto (Trdk) rats carry a missense mutation in the gene encoding the SK2 subunit of small-conductance Ca2+-activated K+ channel. 査読

    Kuramoto T, Yokoe M, Kunisawa N, Ohashi K, Miyake T, Higuchi Y, Yoshimi K, Mashimo T, Tanaka M, Kuwamura M, Kaneko S, Shimizu S, Serikawa T, Ohno Y.

    Brain Research   1676   38 - 45   2017年12月

  • Ultrastructural features of canine neuroaxonal dystrophy in a Papillon dog. 査読

    Tanaka M, Yamaguchi S, Akiyoshi H, Tsuboi M, Uchida K, Izawa T, Yamate J, Kuwamura M.

    The Journal of Veterinary Medical Science   79 ( 12 )   1927 - 1930   2017年12月

  • dentification of candidate genes for generalized tonic-clonic seizures in Noda epileptic rat. 査読

    Kuramoto T, Voigt B, Nakanishi S, Kitada K, Nakamura T, Wakamatsu K, Yoshihara M, Suyama M, Uemura R, Tanaka M, Kuwamura M, Shimizu S, Ohno Y, Sasa M, Serikawa T.

    Behavior Genetics   47 ( 6 )   609 - 619   2017年11月

  • Identification of the PLA2G6 c.1579G>A Missense Mutation in Papillon Dog Neuroaxonal Dystrophy Using Whole Exome Sequencing Analysis. 査読

    Tsuboi M, Watanabe M, Nibe K, Yoshimi N, Kato A, Sakaguchi M, Yamato O, Tanaka M, Kuwamura M, Kushida K, Ishikura T, Harada T, Chambers JK, Sugano S, Uchida K, Nakayama H.

    PLoS One   12 ( 1 )   2017年01月

  • nhanced Expression of Trib3 during the Development of Myelin Breakdown in dmy Myelin Mutant Rats. 査読

    Shimotsuma Y, Tanaka M, Izawa T, Yamate J, Kuwamura M.

    PLoS One   11 ( 12 )   2016年12月

  • Establishment and characterization of a transplantable tumor line (RMM) and cell line (RMM-C) from a malignant amelanotic melanoma in the F344 rat, with particular reference to galectin-3 expression in vivo and in vitro. 査読

    Bondoc A, Katou-Ichikawa C, Golbar HM, Tanaka M, Izawa T, Kuwamura M, Yamate J.

    Histology and Histopathology   31 ( 11 )   1195 - 1207   2016年11月

  • Detection of Multiple Budding Yeast Cells and a Partial Sequence of 43-kDa Glycoprotein Coding Gene of Paracoccidioides brasiliensis from a Case of Lacaziosis in a Female Pacific White-Sided Dolphin (Lagenorhynchus obliquidens). 査読

    Minakawa T, Ueda K, Tanaka M, Tanaka N, Kuwamura M, Izawa T, Konno T, Yamate J, Itano EN, Sano A, Wada S.

    Mycopathologia   181 ( 7-8 )   523 - 529   2016年08月

  • M1-/M2-macrophage polarization in pseudolobules consisting of adipohilin-rich hepatocytes in thioacetamide (TAA)-induced rat hepatic cirrhosis. 査読

    Wijesundera KK, Izawa T, Tennakoon AH, Golbar HM, Tanaka M, Kuwamura M, Yamate J.

    Experimental and Molecular Pathology   101 ( 1 )   133 - 142   2016年08月

  • Involvement of aspartoacylase in expression of essential tremor in rats. 査読

    Nishitani A, Tanaka M, Shimizu S, Kunisawa N, Yokoe M, Yoshida Y, Suzuki T, Sakuma T, Yamamoto T, Kuwamura M, Takenaka S, Ohono Y, Kuramoto T.

    Experimental Animals   65 ( 3 )   293 - 301   2016年07月

  • Amino acid substitutions in the heptad repeat A and C regions of the F protein responsible for neurovirulence of measles virus Osaka-1 strain from a patient with subacute sclerosing panencephalitis. 査読

    Ayata M, Tanaka M, Kameoka K, Kuwamura M, Takeuchi K, Takeda M, Kanou K, Ogura H.

    Virology   487   141 - 149   2016年01月

  • Atopic dermatitis-like skin lesions with IgE hyperproduction and pruritus in KFRS4/Kyo rats. 査読

    Kuramoto T, Yokoe M, Tanaka M, Yuri A, Nishitani A, Higuchi Y, Yoshimi K, Tanaka M, Kuwamura M, Hiai H, Kabashima K, Serikawa T.

    Journal of Dermatological Science   80 ( 2 )   116 - 123   2015年11月

  • Rat malignant fibrous histiocytoma (MFH)-derived cloned cell lines (MT-8 and MT-9) show different differentiation in mesenchymal stem cell lineage. 査読

    Kotera T, Katou-Ichikawa C, Tennakoon AH, Tanaka M, Tanaka N, Izawa T, Kuwamura M, Yamate J

    Experimental and Toxicologic Pathology   67 ( 10 )   499 - 507.   2015年10月

  • M1-/M2-macrophages contribute to the development of GST-P-positive preneoplastic lesions in chemically-induced rat cirrhosis. 査読

    Wijesundera KK, Izawa T, Tennakoon AH, Golbar HM, Tanaka M, Kuwamura M, Yamate J. 

    Experimental and Toxicologic Pathology   67 ( 9 )   467 - 475   2015年09月

  • Analysis of glial fibrillary acidic protein (GFAP)-expressing ductular cells in a rat liver cirrhosis model induced by repeated injections of thioacetamide (TAA). 査読

    Tennakoon AH, Izawa T, Wijesundera KK, Katou-Ichikawa C, Tanaka M, Golbar HM, Kuwamura M, Yamate J.

    Experimental and Molecular Pathology   98 ( 3 )   476 - 485   2015年06月

  • Immunohistochemical characterization of glial fibrillary acidic protein (GFAP)-expressing cells in a rat liver cirrhosis model induced by repeated injections of thioacetamide (TAA). 査読

    Tennakoon AH, Izawa T, Wijesundera KK, Murakami H, Katou-Ichikawa C, Tanaka M, Golbar HM, Kuwamura M, Yamate J.

    Experimental and Toxicologic Pathology   67 ( 1 )   53 - 63   2015年01月

  • Abnormal myelinogenesis in the central nervous system of the VF mutant rat with recoverable tremor. 査読

    Tanaka M, Soma K, Izawa T, Yamate J, Franklin RJM, Kuramoto T, Serikawa T, Kuwamura M.

    Brain Research   1488   104 - 112   2014年12月

  • The VF rat with abnormal myelinogenesis has a mutation in Dopey1. 査読

    Tanaka M, Izawa T, Yamate J, Franklin RJM, Kuramoto T, Serikawa T, Kuwamura M.

    Glia   62 ( 9 )   1530 - 1542   2014年09月

  • Expression of Nestin in remodelling of α-Naphthylisothiocyanate-induced acute bile duct injury in rats. 査読

    Golbar HM, Izawa T, Wijesundera KK, Tennakoon AH, Kato-Ichikawa C, Tanaka M, Kuwamura M, Yamate J.

    Journal of Comparative Pathology   151 ( 2-3 )   255 - 263   2014年08月

  • M1- and M2-macrophage polarization in rat liver cirrhosis induced by thioacetamide (TAA), focusing on Iba1 and galectin-3. 査読

    Wijesundera KK, Izawa T, Tennakoon AH, Murakami H, Golbar HM, Kato-Ichikawa C, Tanaka M, Kuwamura M, Yamate J.

    Experimental and Molecular Pathology   96 ( 3 )   382 - 392   2014年06月

  • M1- and M2-macrophage polarization in thioacetamide (TAA)-induced rat liver lesions; a possible analysis for hepato-pathology. 査読

    Wijesundera KK, Izawa T, Murakami H, Tennakoon AH, Golbar HM, Kato-Ichikawa C, Tanaka M, Kuwamura M, Yamate J.

    Histology and Histopathology   29 ( 4 )   497 - 591   2014年04月

  • A Case of Meconium Aspiration Syndrome in a Bottlenose Dolphin (Tursiops truncatus) Calf. 査読

    Tanaka M, Izawa T, Kuwamura M, Ozaki M, Nakao T, Ito S, Yamate J.

    The Journal of Veterinary Medical Science   76 ( 1 )   81 - 84   2014年01月

  • Characterization of glial fibrillary acidic protein (GFAP)-expressing hepatic stellate cells and myofibroblasts in thioacetamide (TAA)-induced rat liver injury. 査読

    Tennakoon AH, Izawa T, Wijesundera KK, Golbar HM, Tanaka M, Ichikawa C, Kuwamura M, Yamate J.

    Experimental and Toxicologic Pathology   665 ( 7-8 )   1159 - 1171   2013年11月

  • Expressions of Iba1 and galectin-3 (Gal-3) in thioacetamide (TAA)-induced acute rat liver lesions. 査読

    Wijesundera KK, Juniantito V, Golbar HM, Fujisawa K, Tanaka M, Ichikawa C, Izawa T, Kuwamura M, Yamate J.

    Experimental and Toxicologic Pathology   65 ( 6 )   2013年09月

  • wo Cases of Lacaziosis in Bottlenose Dolphins (Tursiops truncatus) in Japan. 査読

    Ueda K, Sano A, Yamate J, Itano Nakagawa E, Kuwamura M, Izawa T, Tanaka M, Hasegawa Y, Chibana H, Izumisawa Y, Miyahara H, Uchida S.

    Case Reports in Veterinary Medicine   2013   2013年09月

  • Slowly progressive cholangiofibrosis induced in rats by α-naphthylisothiocyanate (ANIT), with particular references to characteristics of macrophages and myofibroblasts. 査読

    Golbar HM, Izawa T, Ichikawa C, Tanaka M, Juniantito V, Sawamoto O, Kuwamura M, Yamate J.

    Experimental and Toxicologic Pathology   65 ( 6 )   825 - 835   2013年09月

  • Immunophenotypical analysis of myofibroblasts and mesenchymal cells in the bleomycin-induced rat scleroderma, with particular reference to their origin. 査読

    Juniantito V, Izawa T, Yuasa T, Ichikawa C, Tanaka M, Kuwamura M and Yamate J.

    Experimental and Toxicologic Pathology   65 ( 5 )   567 - 577   2013年07月

  • Generation of functional platelets from canine induced pluripotent stem cells. 査読

    Nishimura T, Hatoya S, Kanegi R, Sugiura K, Wijewardana V, Kuwamura M, Tanaka M, Yamate J, Izawa T, Takahashi M, Kawate N, Tamada H, Imai H, Inaba T.

    Stem Cells and Development   22 ( 14 )   2026 - 2035   2013年07月

  • Immunohistochemical characterization of macrophages and myofibroblasts in fibrotic liver lesions due to Fasciola infection in cattle. 査読

    Golbar HM, Izawa T, Juniantito V, Ichikawa C, Tanaka M, Kuwamura M, Yamate J.

    The Journal of Veterinary Medical Science   75 ( 7 )   857 - 865   2013年07月

  • Distribution of Cells Labelled by a Novel Somatic Stem Cell-recognizing Antibody (A3) in Pulmonary Genesis and Bleomycin-induced Pulmonary Fibrosis in Rats. 査読

    Hori M, Juniantito V, Izawa T, Ichikawa C, Tanaka M, Tanaka K, Takenaka S, Kuwamura M and Yamate J.

    Journal of Comparative Pathology   148 ( 4 )   385 - 395   2013年05月

  • Rat hair follicle-constituting cells labeled by a newly-developed somatic stem cell-recognizing antibody: a possible marker of hair follicle development. 査読

    Ichikawa C, Izawa T, Juniantito V, Tanaka M, Hori M, Tanaka K, Takenaka S, Kuwamura M and Yamate J.

    Histology and Histopathology   28 ( 2 )   257 - 268.   2013年02月

  • Pulmonary dystrophic oxalosis and its possible relation to fibrosis in an aged Gentoo Penguin (Pygoscelis papua). 査読

    Wijesundera KK, Izawa T, Tanaka M, Kuwamura M, Yamate J.

    The Journal of Veterinary Medical Science   75 ( 3 )   365 - 368   2013年

  • Incidental synovial myxoma with extensive intermuscular infiltration in a dog 査読

    Izawa T, Tanaka M, Aoki M, Ohashi F, Yamate J, Kuwamura M.

    The Journal of Veterinary Medical Science   74 ( 12 )   1631 - 1633   2012年12月

  • Deep Granulomatous Dermatitis of the Fin Caused by Fusarium solani in a False Killer Whale (Pseudorca crassidens). 査読

    Tanaka M, Izawa T, Kuwamura M, Nakao T, Maezono Y, Ito S, Murata M, Murakami M, Sano A and Yamate J.

    The Journal of Veterinary Medical Science   74 ( 6 )   779 - 782   2012年06月

  • Oligodendroglial pathology in the development of myelin breakdown in the dmy murant rat. 査読

    Kuwamura M, Inumaki K, Tanaka M, Shirai M, Izawa T, Yamate J, Franklin RJM, Kuramoto T, Serikawa T.

    Brain Research   1389   161 - 168   2011年05月

  • The F gene of the Osaka-2 strain of measles virus derived from subacute sclerosing panencephalitis is a major determinant of neurovirulence. 査読

    Ayata M, Takeuchi K, Takeda M, Ohgimoto S, Kato S, Sharma LB, Tanaka M, Kuwamura M, Ishida H, Ogura H.

    Journal of Virology   84 ( 21 )   11189 - 11199   2010年11月

▼全件表示

書籍等出版物

  • SA Medicine BOOKS 犬と猫の検査・手技ガイド2019 私はこう読む

    田中美有 他( 担当: 共著)

    エデュワードプレス  2019年04月 

MISC(その他記事)

  • 実験動物感染症の現状:ラットポリオーマウイルス2 感染症 査読

    田中 美有

    実験動物ニュース   70 ( 1 )   17 - 25   2021年02月

     詳細を見る

講演・口頭発表等

  • Role of CCDC85C, a causative protein for hydrocephalus, and intermediate filament proteins (IFs) during lateral ventricle development in rat brain. 国際会議

    Hasan Md. Mehedi, Konishi Shizuka, Tanaka Miyuu, Izawa Takeshi, Yamate Jyoji, Kuwamura Mitsuru

    第38回日本毒性病理学会総会及び学術集会,第1回アジア毒性病理学連盟(Asian Union of Toxicologic Pathology)学術集会  2022年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 遺伝性ミエリン変性モデル VF ラットの振戦症状への Hcn1 遺伝子変異の関与 国際会議

    田中美有,磯谷星佳,小島瑳希子,井澤武史,庫本高志,桑村 充

    第38回日本毒性病理学会総会及び学術集会,第1回アジア毒性病理学連盟(Asian Union of Toxicologic Pathology)学術集会  2022年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 食餌性鉄過剰モデルラットの出血傾向に関わるビタミン K の影響 国際会議

    稲井洋平,井澤武史,藤原 奨,田中美有,桑村 充.

    第38回日本毒性病理学会総会及び学術集会,第1回アジア毒性病理学連盟(Asian Union of Toxicologic Pathology)学術集会  2022年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ヒト化マウスを用いた薬物性肝障害モデル作出の試み 国際会議

    藤原 奨,井澤武史,田中美有,桑村 充.

    第38回日本毒性病理学会総会及び学術集会,第1回アジア毒性病理学連盟(Asian Union of Toxicologic Pathology)学術集会  2022年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 末梢血単核球を用いた効率的なイヌiPS細胞の樹立および大量培養 国内会議

    木村和人、塚本 雅也、吉田拓海、田中美有、桑村 充、大高真奈美、西村 健、中西真人、杉浦喜久弥、鳩谷 晋吾.

    第164回日本獣医学会学術集会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • CHEMICALLY-DEFINED AND FEEDER-FREE MAINTENANCE OF CANINE INDUCED PLURIPOTENT STEM CELLS. 国際会議

    Kimura K, Tsukamoto M, Yoshida T, Tanaka M, Kuwamura M, Ohtaka M, Nishimura K, Nakanishi M, Sugiura K, and Hatoya S.

    ISSCR 2021  2021年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 排尿障害を初発症状とする全身性未分化大細胞リンパ腫の犬の1例. 国内会議

    井澤武史、金口あゆみ、田中美有、鈴木紘史、谷浩行、桑村 充、山手丈至.

    第8回日本獣医病理学専門家協会学術集会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ミエリン変性モデルVFラットの細胞内輸送関連タンパクの発現解析. 国内会議

    金口あゆみ、森田千晶、田中美有、井澤武史、山手丈至、桑村 充.

    第8回日本獣医病理学専門家協会学術集会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 国内の実験用ラットコロニーにおけるRat polyomavirus 2の汚染状況調査. 国内会議

    田中美有、中西 聡、桑村 充、庫本高志

    第67回日本実験動物学会総会  2020年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 水頭症原因遺伝子Ccdc85cノックアウトラットにおける網膜異形成. 国内会議

    小西 静香,田中 夏樹,田中 美有,井澤 武史,山手 丈至,桑村 充

    第67回日本実験動物学会総会  2020年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • カナバン病モデルaspartoacylase(Aspa)ノックアウトラットの病態解析. 国内会議

    武田 周二,星合 里香,田中 美有,井澤 武史,山手 丈至,庫本 高志,桑村 充

    第67回日本実験動物学会総会  2020年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 先天性後躯麻痺ミュータントラットの神経軸索ジストロフィーモデルとしての樹立. 国内会議

    田中美有、田中大資、熊藤健太、桑村 充、芹川忠夫、庫本高志.

    第7回日本獣医病理学専門家協会学術集会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ミエリン変性を特徴とするVFラットの原因遺伝子Dopey 1の役割解析. 国内会議

    森田千晶、田中美有、井澤武史、山手丈至、桑村 充.

    第7回日本獣医病理学専門家協会学術集会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 高ガンマグロブリン血症を伴った消化管好酸球性硬化性線維増殖症の猫の1例 国内会議

    桃木啓輔, 鳩谷晋吾, 田中利幸, 平田翔吾, 金城綾二, 鍋谷知代, 田中美有, 楠本一仁, 杉浦喜久弥.

    第40回動物臨床医学会年次大会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 遺伝性ミエリン変性モデルVFラットの原因遺伝子Dopey1の機能解析. 国内会議

    森田千晶、田中美有、井澤武史、山手丈至、桑村 充.

    第144回関西実験動物研究会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 国内の実験用ラットコロニーにおけるラットポリオーマウイルス2の汚染状況調査. 国内会議

    田中美有、桑村 充、庫本高志.

    第144回関西実験動物研究会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 犬の消化管型リンパ腫における免疫組織学的解析と治療効果の検討 国内会議

    山崎裕毅、山田昭彦、伊藤敏生、田中美有、三重慧一郎、西田英高、桑村 充、佐々井浩志、秋吉秀保

    令和元年度日本小動物獣医学会(近畿)  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 悪性毛包性腫瘍の脊椎転移によって後肢の不全麻痺を呈した犬の2例 国内会議

    金城綾二、西田英高、野口俊助、和田悠佑、田中利幸、田中美有、桑村 充、鳩谷晋吾、秋吉秀保

    令和元年度日本小動物獣医学会(近畿)  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Peritoneal-Pericardial Diaphragmatic Hernia With Ectopic Liver Tissue in a Sac in a Cat: A Case Report. 国際会議

    Ashida K, Mie K, Shimamura S, Tanaka M, Kuwamura M, Nishida H, Yamate J, Hasegawa T, Akiyoshi H.

    Asian Meeting of Animal Medicine Specialties (AMAMS)  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 尿管に発生した尿路上皮乳頭腫の犬の1例 国内会議

    上侑花、平田翔吾、田中美有、桑村 充、金城綾二、古家 優、北原 崇、山崎裕毅、飯盛安真、三重慧一郎、西田英高、秋吉秀保.

    第98回日本獣医麻酔外科学会  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 犬およびチンチラの非定型抗酸菌症 国内会議

    藤原咲春,相川諒,田中美有,井澤武史,山手丈至,稲垣果歩,岡村健作,桑村 充.

    第6回日本獣医病理学専門家協会学術集会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 腹膜心膜横隔膜ヘルニアのヘルニア嚢に異所性肝組織を認めたネコの1例 国内会議

    芦田千奈、三重慧一郎、島村俊介、藤沢康裕、田中美有、桑村 充、西田英高、山手丈至、長谷川貴史、秋吉秀保.

    平成30年度日本小動物獣医学会(近畿)  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 世界最高水準のラットリソース拠点としてのナショナルバイオリソースプロジェクト「ラット」 国内会議

    田中美有、本多 新、Birger Voigt、根小田 祐基、萩原和美、崔 宗虎、橘 亮麿、長尾朋美、中西 聡、山崎賢一、庫本高志、浅野雅秀.

    第34回日本毒性病理学会学術集会  2018年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 免疫不全ラットで同定されたラットポリオーマウイルス2 招待 国内会議

    田中美有

    第11回ラットリソースリサーチ研究会  2018年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • SK2チャネル遺伝子にミスセンス変異を持つ振戦ラット  国内会議

    庫本高志、横江繭子、国澤直史、大橋佳奈、三宅崇仁、樋口裕城、吉見一人、真下知二、田中美有、桑村 充、金子周二、清水佐紀、芹川忠夫、大野行弘.

    第136回関西実験動物研究会  2017年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • カナバン病モデルAspaノックアウトラットの病態解析 国内会議

    星合里香、井澤武史、山手丈至,田中美有、庫本高志、桑村 充.

    第136回関西実験動物研究会  2017年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 遺伝性ミエリン変性モデルVFラットの病態および原因遺伝子Dopey1の機能解析 国内会議

    安井 彩、田中美有、竹中重雄、井澤武史、山手丈至、桑村 充.

    第136回関西実験動物研究会  2017年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ULTRASTRUCTURAL FEATURES OF CANINE NEUROAXONAL DYSTROPHY IN A PAPILLON. 国際会議

    Tanaka M, Yamaguchi S, Akiyoshi H, Izawa T, Yamate J, Kuwamura M.

    ACVP & ASVCP Concurrent Annual Meeting.  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • X-SCIDラットにおけるラットポリオーマウイルス2感染症 国内会議

    田中美有、倉持瑞樹、桑村 充、根小田祐基、萩原和美、崔 宗虎、中西 聡、山崎賢一、浅野雅秀、庫本高志.

    第160回日本獣医学会学術集会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 発癌研究に役立つ多様なラットリソース 国内会議

    田中美有、Birger Voigt、根小田祐基、萩原和美、崔 宗虎、中川優貴、長尾朋美、中西 聡、山崎賢一、庫本高志、浅野雅秀.

    第32回発癌病理研究会  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 世界最高水準のラットリソース拠点:ナショナルバイオリソースプロジェクト「ラット」 国内会議

    田中美有、金子武人、Birger Voigt、根小田祐基、萩原和美、崔 宗虎、中川優貴、長尾朋美、中西 聡、山崎賢一、浅野雅秀、庫本高志.

    第64回日本実験動物学会  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Ginip遺伝子および転写産物の発現解析. 国内会議

    沼倉佑樹、上村里彩、田中美有、井澤武史、山手丈至、庫本高志、金子武人、真下知士、山本 卓、芹川忠夫、桑村 充.

    第132回関西実験動物研究会  2016年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 神経軸索ジストロフィーモデルラットの病理組織学的検討 国内会議

    田中美有、桑村 充、庫本高志.

    第132回関西実験動物研究会  2016年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • The 3rd Term of the National BioResource Project-Rat in Japan. 国際会議

    Kaneko T, Tanaka M, Taketsuru H, Voigt B, Neoda Y, Hagiwara K, Cui Z, Nakagawa Y, Nagao T, Nakanishi S, Yamasaki K, Kuramoto T.

    The 8th ANRRC Internatinal Meeting  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 神経軸索ジストロフィーモデルラットにおける中枢神経系病変の解析. 国内会議

    田中美有、桑村 充、庫本高志.

    第159回日本獣医学会学術集会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • TRM/Kyoラットにおける本態性振戦の原因遺伝子の解明. 国内会議

    西谷あい、田中美有、清水佐紀、國澤直史、横江繭子、吉田裕作、鈴木登志郎、佐久間哲史、山本 卓、桑村 充、竹中重雄、大野行弘、庫本高志.

    第63回日本実験動物学会  2016年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 世界最高水準のラットリソース拠点:ナショナルバイオリソースプロジェクト「ラット」. 国内会議

    金子武人、竹鶴裕亮、Birger Voigt、田中美有、根小田祐基、萩原和美、崔 宗虎、服部晃佑、山崎真世、中西 聡、山崎賢一、庫本高志.

    第63回日本実験動物学会  2016年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Atopic dermatitis-like skin lesions with IgE hyperproduction and pruritus in KFRS4/Kyo rats. 国際会議

    Kuramoto T, Yokoe M, Tanaka D, Yuri A, Nishitani A, Higuchi Y, Yoshimi K, Tanaka M, Kuwamura M, Hiai H, Kabashima K, Serikawa T.

    Rat Genomics & Models  2015年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • The National BioResource Project-Rat in Japan. 国際会議

    Voigt B, Kaneno T, Taketsuru H, Tanaka M, Neoda Y, Cui Z, Hattori K, Hamaji S, Yamasaki K, Nakanishi S, Kuramoto T.

    Rat Genomics & Models  2015年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ミエリン異常ミュータントラットの病態比較. 国内会議

    谷村 聡美、田中美有、竹中 重雄、井澤 武史、庫本 高志、山手 丈至、桑村 充.

    第128回関西実験動物研究会  2015年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • TRM/Kyoラットにおける本態性振戦の原因遺伝子の解明 国内会議

    西谷あい、田中美有、桑村 充、佐久間哲史、山本 卓、鈴木登志郎、庫本高志.

    第128回関西実験動物研究会  2015年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Histological and ultrastructural studies on the Canavan disease model rat. 国際会議

    Kuwamura M, Tanimura S, Tanaka M, Izawa T, Jyoji Yamate J.

    2015 ACVP/ASVCP/STP Combined Annual Meeting,  2015年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 先天性後躯麻痺ラットの病理組織学的検討. 国内会議

    由利 梓,田中美有,桑村 充,庫本高志.

    第62回日本実験動物学会  2015年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 中枢性ミエリン再生におけるDopey1の発現動態 国内会議

    田中美有, 井澤武史, 山手丈至, Dan Ma, Chao Zhao, Robin J.M. Franklin, 桑村充.

    第31回日本毒性病理学会学術集会  2015年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 悪性黒色腫RMMラットモデルにおける腫瘍関連マクロファージ (TAMs) の特徴 国内会議

    Alexandra Bondoc,加藤(市川)智彩,ホサインエムー ゴルバル,田中 美有,井澤 武史,桑村 充,山手 丈至.

    第31回日本毒性病理学会学術集会  2015年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ENUミュータジェネシスにより得られた歩行異常ラットの遺伝学的ならびに病理学的解析 国内会議

    由利 梓,田中大資,芹川忠夫,田中美有,桑村 充,庫本高志.

    第124回関西実験動物研究会  2014年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • VFラットにおけるオリゴデンドロサイトの分化・成熟異常. 国内会議

    田中美有,井澤武史,山手丈至,Robin J.M. Franklin,庫本高志,芹川忠夫,桑村充.

    第124回関西実験動物研究会  2014年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 非アルコール性脂肪性肝炎モデルラットの病理学的解析. 国内会議

    宮城伶奈,井澤武史,橋本 愛,堀内貴至,田中美有,桑村 充,山手丈至.

    第157回日本獣医学会学術集会  2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ミエリン異常ミュータントVFラットのDopey1変異 国内会議

    田中美有,井澤武史,山手丈至,Robin J.M. Franklin,庫本高志,芹川忠夫,桑村 充.

    第157回日本獣医学会学術集会  2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 鉄欠乏食によるミエリン異常dmyミュータントラットの病変軽減効果. 国内会議

    桑村 充、長谷川優子、田中美有、井澤武史、山手丈至、庫本高志.

    第61回日本実験動物学会総会  2014年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • F344 ラットにおける無色素性悪性メラノーマ由来の移植腫瘍株(RMM)と細胞株(RMM-C とRMM-A1)の確立と特徴. 国内会議

    Alexandra Bondoc、 加藤(市川) 智彩、 Hossain M Golbar、 田中 美有、 井澤 武史、桑村 充、 山手 丈至.

    第30回日本毒性病理学会学術集会  2014年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ミニブタに認められた全身転移を伴った形質細胞腫の2例. 国内会議

    田中美有,井澤武史,楠田佳代,北村憲彦,嶋田照雅,山手丈至,桑村充.

    第30回日本毒性病理学会学術集会  2014年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ミエリン異常ミュータントラットの病変進展における遺伝子発現動態. 国内会議

    下間由佳子,田中美有,井澤武史,山手丈至,桑村充.

    第30回日本毒性病理学会学術集会  2014年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • マクロファージの枯渇はチオアセトアミド(TAA)誘発ラット肝線維化の形成を遅らせる. 国内会議

    Hossain M Golbar、 Alexandra Bondoc、 Kavindra Wijesundera、 Anusha Tennakoon、加藤(市川)智彩、 田中美有、 井澤武史、 桑村充、 山手丈至.

    第30回日本毒性病理学会学術集会  2014年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 正常肝と肝硬変ラットにおける上皮- 間葉転換の観点からの肝星細胞の特徴解析. 国内会議

    Anusha Tennakoon、 井澤 武史、 Kavindra Wijesundera、 Hossain M. Golbar、 田中 美有、桑村 充、 山手 丈至

    第30回日本毒性病理学会学術集会  2014年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Ultrastructural studies on the VF mutant rat with recoverable tremor. 国際会議

    Kuwamura M, Tanaka M, Izawa T, Yamate J, Franklin RJM, Kuramoto T, Serikawa T.

    2013 Concurrent Annual Meeting of American College of Veterinary Pathologists   2013年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Disrupted maturation of oligodendrocytes in the VF mutant rat. 国際会議

    Tanaka M, Izawa T, Yamate J, Franklin RJM, Kuramoto T, Serikawa T, Kuwamura M.

    2013 Concurrent Annual Meeting of American College of Veterinary Pathologists   2013年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Depletion of macrophages attenuate biliary fibrosis induced by α-naphthylisothiocyanate (ANIT). 国内会議

    Hossain M. Golbar、Bondoc Alexandra、Kavindra Wijesundera、加藤-市川 智彩、田中 美有、井澤 武史、桑村 充、山手 丈至.

    第156回日本獣医学会学術集会  2013年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ミエリン異常ミュータントVFラットにおけるオリゴデンドロサイトの機能評価 国内会議

    田中 美有、井澤 武史、山手 丈至、Robin J.M. Franklin、庫本 高志、芹川 忠夫、桑村 充.

    第156回日本獣医学会学術集会  2013年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Generation of Functional Platelets from Canine Induced Pluripotent Stem Cells. 国際会議

    Nishimura T, Hatoya S, Kanegi R, Sugiura K, Wijewardana K, Kuwamura M, Tanaka M, Takahashi M, Kawate N, Tamada H, Imai H, Inaba T.

    The International Society for Stem Cell Research (ISSCR) 11th Annual Meeting  2013年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 猫のガングリオシドーシスを疑う症例. 国内会議

    村田裕史、堀麻由香、萩本 篤毅、赤木洋祐、渡邊高司、春日部美穂、村田亜希、田中美有、井澤武史、山手丈至、 桑村充.

    平成24年度獣医三学会(近畿)  2012年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ホワイトタイガー(Panthera tigris tigris var.にみられた悪性黒色腫の 1 例. 国内会議

    緒形倫子、伊藤修、田中美有、井澤武史、桑村充、山手丈至

    平成24年度獣医三学会(近畿)  2012年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 震戦を示す新たなKcnn2遺伝子変異ラット 国内会議

    庫本高志、桑村充、田中美有、真下知士、芹川忠夫.

    第35回日本神経科学大会  2012年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • M1/M2 macrophage polarization in thioacetamide (TAA)-induced acute rat liver lesions. 国内会議

    Wejesundera K, Golbar HM,市川智彩,田中美有,井澤武史,桑村 充,山手丈至.

    第28回日本毒性病理学会学術集会  2012年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • A case of lobomycosis (lacaziosis) in a bottlenose dolphin (Tursiops truncatus) in Japan. 国際会議

    Sano A,Ueda K,Murata M,Yamate J,Kuwamura M,Izawa T,Tanaka M,Hasegawa Y,Uchida S.

    International Union of Microbiological Societies (IUMS) 2011 Congress  2011年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Expression of Iba1 and galectin-3 (Gal-3) in thioacetamide (TAA)-induced acute rat liver lesions. 国内会議

    Wejesundera K,Juniantito V,Golbar HM,藤澤可恵,田中美有,市川智彩,井澤武史,桑村 充,山手丈至.

    第152回日本獣医学会学術集会  2011年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Nestin expression in α-naphthylisocyanate (ANIT)-induced acute bile duct injury lesions in rats. 国内会議

    Golbar HM,井澤武史,市川智彩,田中美有,桑村 充,山手丈至.

    第152回日本獣医学会学術集会  2011年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • オキゴンドウのFusarium solaniによる深在性肉芽腫性皮膚炎の1症例 国内会議

    田中美有,井澤武史,桑村 充,中尾健子,伊藤 修,前園優子,佐野文子,村田倫子,村上賢,山手丈至.

    第151回日本獣医学会学術集会  2011年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • パピヨン犬の神経軸索ジストロフィー 国内会議

    田中美有,山口忍,秋吉秀保,井澤武史,桑村充,山手丈至.

    平成22年度獣医三学会(近畿)  2010年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 出生直後に死亡したバンドウイルカ新生子の胎便吸引症候群の1症例. 国内会議

    田中美有,井澤武史,桑村充,伊藤修,山手丈至.

    第149回日本獣医学会学術集会  2010年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)キーワード

  • 免疫組織化学

  • 病理組織学的評価

  • 病理標本作製

科研費

  • 比較病態モデルによる難治性ミエリン疾患のメカニズム解明

    2021年

  • 疾患モデルラットを用いた神経軸索ジストロフィーの新たな病態メカニズムの解明

    2020年

  • 国内の実験用ラットコロニーにおけるラットポリオーマウイルス2の汚染状況調査

    2018年

担当授業科目

  • 生物学実験

    2021年度   実習  

  • 毒性病理学実習

    2021年度   実習  

  • 毒性病理学

    2021年度    

  • 獣医病理診断学実習

    2021年度   実習  

  • 臨床基礎実習

    2021年度   実習  

  • 獣医病理組織学実習

    2021年度   実習  

  • 臨床基礎実習

    2021年度   実習  

  • 毒性病理学実習

    2021年度   実習  

  • 毒性病理学

    2021年度   実習  

  • 獣医病理診断学実習

    2021年度   実習  

  • 獣医病理組織学実習

    2021年度   実習  

▼全件表示

その他

  • 研究職歴

    2018年05月 - 2021年03月

      詳細を見る

    大阪府立大学生命環境科学研究科 客員研究員