2024/06/15 更新

写真a

マツモト ヨシナリ
松本 佳也
MATSUMOTO YOSHINARI
担当
大学院生活科学研究科 生活科学専攻 准教授
生活科学部 食栄養学科
職名
准教授
所属
生活科学研究院
所属キャンパス
羽曳野キャンパス

担当・職階

  • 大学院生活科学研究科 生活科学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 生活科学部 食栄養学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(生活科学) ( 大阪市立大学 )

  • 前期博士(生活科学) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • 人文・社会 / 家政学、生活科学

研究キーワード

  • 関節リウマチ

  • 臨床栄養

  • 生活科学

研究概要

  • 各種疾患の病態と栄養の関連性の研究

  • 入院患者の栄養状態に関する研究

  • 骨粗鬆症患者の治療効果に栄養がもたらす影響の研究

  • 関節リウマチ患者の病態と臨床栄養学的諸要因との関連性の研究

所属学協会

  • 日本栄養改善学会

    2023年04月 - 継続中

  • 日本リウマチ学会

    2023年04月 - 継続中

  • 日本病態栄養学会

    2023年04月 - 継続中

  • 日本臨床栄養学会

    2022年04月 - 継続中

  • 日本栄養士会

    2021年12月 - 継続中

  • 日本臨床栄養代謝学会

    2010年04月 - 継続中

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 評議員   一般社団法人日本栄養コンシェルジュ協会  

受賞歴

  • 第27回日本病態栄養学会年次学術集会 若手研究賞(若手研究独創賞)

    2024年01月  

  • 第45回日本臨床栄養学会総会 若手奨励賞(最優秀賞)

    2023年11月  

職務経歴(学外)

  • 大阪公立大学   生活科学部食栄養学科   准教授

    2022年04月 - 継続中

  • 公益財団法人白浜医療福祉財団骨リウマチ疾患探索研究所   管理栄養士

    2020年04月 - 2022年03月

  • 済生会吹田病院   栄養科   管理栄養士

    2017年04月 - 2020年03月

  • 大阪大学医学部附属病院   栄養マネジメント部   特任栄養士

    2015年04月 - 2017年03月

学歴

  • 大阪市立大学   生活科学部   生活科学研究科   博士課程後期   卒業・修了

    2012年04月 - 2015年03月

  • 大阪市立大学   生活科学部   生活科学研究科   修士課程   卒業・修了

    2010年04月 - 2012年03月

  • 羽衣国際大学   人間生活学部   食物栄養専攻   学士課程   卒業・修了

    2006年04月 - 2010年03月

論文

  • Association between a malnutrition screening tool and mealtime observation checklist items in older people receiving oral intake support: A cross-sectional study of four long-term care facilities. 査読

    Nishioka E, Iwata M, Kumai N, Matsumoto Y, Momoki C, Yasui Y, Habu D

    International journal of older people nursing   19 ( 3 )   e12610   2024年05月( ISSN:1748-3735

     詳細を見る

  • Association between being at-risk of malnutrition and discontinued home medical care among older patients: a 1-year follow-up study. 査読

    Tsuji T, Yamasaki K, Kondo K, Hongu N, Matsumoto Y, Fukuo K, Habu D

    Journal of human nutrition and dietetics : the official journal of the British Dietetic Association   37 ( 2 )   574 - 582   2024年01月( ISSN:0952-3871

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/jhn.13281

    PubMed

  • Relationship between preoperative nitrogen balance and energy and protein intake in patients with esophageal cancer 査読

    Genya Okada, Yoshinari Matsumoto, Daiki Habu, Yasunori Matsuda, Shigeru Lee, Harushi Osugi

    Nutrition and Health   2601060231176878   2023年05月( ISSN:0260-1060

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/02601060231176878

    PubMed

  • Validation of the applicability of the mealtime observation checklist in predicting the risk of aspiration pneumonia in older adults receiving oral intake support: A retrospective cohort study of four long-term care facilities. 査読

    Nishioka E, Iwata M, Kumai N, Matsumoto Y, Momoki C, Yasui Y, Habu D

    Geriatrics & gerontology international   23 ( 5 )   376 - 382   2023年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1111/ggi.14586

    PubMed

  • Relationship between the phase angle from bioelectrical impedance analysis and daily physical activity in patients with rheumatoid arthritis. 査読

    Matsumoto Y, Tada M, Yamada Y, Mandai K, Hidaka N

    Modern rheumatology   34 ( 2 )   340 - 345   2023年04月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/mr/road036

    PubMed

  • Lifestyle and body composition changes in patients with rheumatoid arthritis during the COVID-19 pandemic: A retrospective, observational study 査読

    Tada M, Yamada Y, Mandai K, Matsumoto Y, Hidaka N

    Osteoporosis and sarcopenia   2023年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <h4>Objectives</h4> Behavioral restrictions and staying at home during the COVID-19 pandemic have affected lifestyles. It was hypothesized that patients with rheumatoid arthritis (RA) decreased their activities of daily living (ADL) and exercise during the pandemic. The aim of this study is to investigate the changes in lifestyle and body composition. <h4>Methods</h4> Data were obtained from an observational study (CHIKARA study). Of 100 RA patients, 70 (57 women, 13 men) were followed-up with measurements of grip strength, as well as muscle mass, fat mass, and basal metabolic rate by a body composition analyzer. Changes in ADL and exercise were evaluated using a visual analog scale. The relationships between changes in ADL or exercise and body composition were investigated. <h4>Results</h4> Muscle mass and grip strength were significantly lower after behavioral restrictions compared to the periods before restrictions (34.0 vs 34.7 kg, P < 0.001; 16.2 vs 17.2 kg, P = 0.013, respectively). Fat mass was significantly greater after behavioral restrictions compared to the periods before restrictions (16.2 vs 15.5 kg, P = 0.014). The mean decrease in ADL was 44%, whereas that of exercise was 20%. The change in muscle mass (β = −0.335, P = 0.007) was the only independent factor for the change in exercise on multivariate analysis. <h4>Conclusions</h4> Muscle mass and grip strength decreased and fat mass increased in RA patients with the behavioral restrictions of the COVID-19 pandemic. Muscle mass decreased in patients without exercise. Maintenance of muscle mass may be important during the COVID-19 pandemic.

  • Hospital Food Experience Questionnaire(HFEQ)日本語版の開発 査読

    松本 佳也, 庄司 久美子, 松本 菜々, 若野 知恵, 山中 美緒

    日本臨床栄養学会雑誌   44 ( 2 )   74 - 84   2023年03月

  • Severity of Liver Fibrosis Is Associated with the Japanese Diet Pattern and Skeletal Muscle Mass in Patients with Nonalcoholic Fatty Liver Disease. 査読

    Matsumoto Y, Fujii H, Harima M, Okamura H, Yukawa-Muto Y, Odagiri N, Motoyama H, Kotani K, Kozuka R, Kawamura E, Hagihara A, Uchida-Kobayashi S, Enomoto M, Yasui Y, Habu D, Kawada N

    Nutrients   15 ( 5 )   1175 - 1175   2023年02月( ISSN:2072-6643

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/nu15051175

    PubMed

  • Effects of body composition on early postoperative discharge and postoperative complications in patients with esophageal cancer. 査読

    Okada G, Matsumoto Y, Habu D, Matsuda Y, Lee S, Osugi H

    Nutrition in clinical practice : official publication of the American Society for Parenteral and Enteral Nutrition   2023年02月( ISSN:0884-5336

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ncp.10968

    PubMed

    その他URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/ncp.10968

  • Impact of disease burden or inflammation on nutritional assessment by the GLIM criteria in female patients with rheumatoid arthritis. 査読

    Matsumoto Y, Sugioka Y, Tada M, Okano T, Mamoto K, Inui K, Habu D, Koike T

    Clinical nutrition ESPEN   52   353 - 359   2022年09月( ISSN:2405-4577

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.clnesp.2022.09.016

    PubMed

  • The Bioimpedance Phase Angle may be Associated With Frailty in Rheumatoid Arthritis Patients: Results From a Prospective, Cohort Study. 査読

    Matsumoto Y, Tada M, Yamada Y, Mandai K, Hidaka N, Koike T

    Modern rheumatology   2022年07月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/mr/roac078

    PubMed

  • The bioimpedance phase angle is more useful than sarcopenia as a predictor of falls in patients with rheumatoid arthritis: Results from a two-year prospective cohort study 査読

    Yoshinari Matsumoto, Masahiro Tada, Yutaro Yamada, Koji Mandai, Noriaki Hidaka, Tatsuya Koike

    Nutrition   111729 - 111729   2022年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nut.2022.111729

  • Effect of Mobility Restrictions During the Coronavirus Disease Epidemic on Body Composition and Exercise Tolerance in Patients With Obesity: Single Institutional Retrospective Cohort Study. 査読

    Matsumoto Y, Kurose S, Miyauchi T, Yoshiuchi S, Habu D, Kimura Y

    Journal of physical activity & health   1 - 7   2022年04月( ISSN:1543-3080

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1123/jpah.2021-0649

    PubMed

  • Daily physical activity measured by a wearable activity monitoring device in patients with rheumatoid arthritis. 査読

    Tada M, Yamada Y, Mandai K, Matsumoto Y, Hidaka N

    Clinical rheumatology   2022年03月( ISSN:0770-3198

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s10067-022-06147-6

    PubMed

  • Osteosarcopenia synergistically increases the risk of falls in patients with rheumatoid arthritis. 査読

    Tada M, Yamada Y, Mandai K, Matsumoto Y, Hidaka N

    Osteoporosis and sarcopenia   7 ( 4 )   140 - 145   2021年12月( ISSN:2405-5255

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.afos.2021.11.002

    PubMed

  • Relationship between GLIM criteria and disease-specific symptoms and its impact on 5-year survival of esophageal cancer patients. 査読

    Okada G, Matsumoto Y, Habu D, Matsuda Y, Lee S, Osugi H

    Clinical nutrition (Edinburgh, Scotland)   40 ( 9 )   5072 - 5078   2021年08月( ISSN:0261-5614

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.clnu.2021.08.008

    PubMed

  • Double-blinded randomized controlled trial to reveal the effects of Brazilian propolis intake on rheumatoid arthritis disease activity index; BeeDAI. 査読

    Matsumoto Y, Takahashi K, Sugioka Y, Inui K, Okano T, Mandai K, Yamada Y, Shintani A, Koike T

    PloS one   16 ( 5 )   e0252357   2021年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0252357

    PubMed

  • Change in dietary inflammatory index score is associated with control of long-term rheumatoid arthritis disease activity in a Japanese cohort: the TOMORROW study. 査読

    Matsumoto Y, Shivappa N, Sugioka Y, Tada M, Okano T, Mamoto K, Inui K, Habu D, Hebert JR, Koike T

    Arthritis research & therapy   23 ( 1 )   105 - 105   2021年04月( ISSN:1478-6354

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s13075-021-02478-y

    PubMed

  • Change in skeletal muscle mass is associated with lipid profiles in female rheumatoid arthritis patients -TOMORROW study. 査読

    Matsumoto Y, Sugioka Y, Tada M, Okano T, Mamoto K, Inui K, Habu D, Koike T

    Clinical nutrition (Edinburgh, Scotland)   40 ( 6 )   4500 - 4506   2020年12月( ISSN:0261-5614

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.clnu.2020.12.028

    PubMed

  • The relationship between existing nutritional indicators and Global Leadership Initiative on Malnutrition (GLIM) criteria: A one-institution cross-sectional analysis. 査読

    Matsumoto Y, Iwai K, Namikawa N, Matsuda S, Wakano C, Heya H, Yamanaka M

    Clinical nutrition (Edinburgh, Scotland)   39 ( 10 )   3099 - 3104   2020年10月( ISSN:0261-5614

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.clnu.2020.01.016

    PubMed

  • 神経性食思不振症患者の安静時エネルギー消費量の経時的変化

    白波瀬 景子, 長井 直子, 松本 佳也, 石橋 怜奈, 田中 寿江, 渡邊 梓, 森本 啓太, 糸賀 仁美, 高 正浩, 坂本 陽子, 辻本 貴江, 和佐 勝史

    栄養   35 ( 1 )   47 - 49   2020年03月( ISSN:2435-4503

     詳細を見る

    NST管理開始後投与熱量および体重を評価し、経時的に安静時エネルギー消費量(REE)を測定した。2015年10月〜2019年3月に入院した神経性食思不振症患者12名(男性1名、女性11名、平均年齢35歳)を対象とした。REEは昼食摂取4時間後にエアロモニタAE300Sを用いて測定した。NST管理開始直後→2週→4週→6週の推移は、体重(kg)は29.5→28.6→31.6→32.9、REE(kcal/day)は808→896→988→1164、REE/体重は27.5→30.9→31.2→35.7といずれも増加傾向を認め、REEとREE/体重は4週および6週目に有意に上昇した。REEの経時的な測定は本病態での栄養管理方針の決定に有用である。

  • Preoperative Depressive Mood of Patients With Esophageal Cancer Might Delay Recovery From Operation-Related Malnutrition. 査読

    Nakamura Y, Momoki C, Okada G, Matsumoto Y, Yasui Y, Habu D, Matsuda Y, Lee S, Osugi H

    Journal of clinical medicine research   11 ( 3 )   188 - 195   2019年03月( ISSN:1918-3003

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.14740/jocmr3704

    PubMed

  • Monounsaturated fatty acids might be key factors in the Mediterranean diet that suppress rheumatoid arthritis disease activity: The TOMORROW study. 査読

    Matsumoto Y, Sugioka Y, Tada M, Okano T, Mamoto K, Inui K, Habu D, Koike T

    Clinical nutrition (Edinburgh, Scotland)   37 ( 2 )   675 - 680   2018年04月( ISSN:1532-1983

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.clnu.2017.02.011

    PubMed

  • Nutritional changes and factors contributing to postoperative weight recovery after esophagectomy 査読

    Genya Okada, Yoshinari Matsumoto, Yoshihiro Nakamura, Fumikazu Hayashi, Kumiko Kato, Chika Momoki, Yoko Yasui, Daiki Habu, Eijiro Edagawa, Yasunori Matsuda, Satoru Kishida, Shigeru Lee, Harushi Osugi

    ESOPHAGUS   14 ( 4 )   343 - 350   2017年10月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In patients treated surgically for esophageal cancer, time-dependent data on nutritional status from the perioperative to postoperative period are questionable. We investigated time-dependent data on weight, body composition, and nutritional indices of patients with esophageal cancer from the preoperative period through the 12-month postoperative period.
    Eighty patients with esophageal cancer were enrolled and subsequently underwent esophagectomy. Forty out of eighty patients were completed the 12-month follow-up survey period and analyzed. We assessed clinical, anthropometric measurement, laboratory data, and nutritional status data preoperatively and at 1, 3, 6, and 12 months postoperatively.
    Patients with esophageal cancer had 7.2% weight loss in the preoperative period compared with the usual body weight (UBW) before morbidity and 9.3% weight loss from preoperative to 12-month postoperative period. Weight gain in the postoperative survey period was not significant. Conversely, there was a time lag in the time-dependent changes in the postoperative nutritional status; this was considered to coincide with internal organ protein, body protein, and body fat levels, in that order. Multivariate analysis identified a ae&lt;yen&gt; 10% preoperative weight loss compared with UBW as the only independent factor negatively contributing to ae&lt;yen&gt; 85% weight recovery at 12 months postoperatively (OR 6.54, 95% CI 1.14-37.60, p = 0.036).
    For sufficient nutritional status recovery in patients treated with esophagectomy, minimizing weight loss preoperatively is important. Regardless of neoadjuvant therapy or age, preoperative nutritional treatment should be promptly administered for all patients.

  • Development of non-invasive method for assessment of hepatic steatosis 査読

    H. Morikawa, K. Mano, H. Horinaka, T. Matsunaka, Y. Matsumoto, T. Ida, Y. Kawaguchi, K. Wada, N. Kawada

    ULTRASONICS   72   195 - 200   2016年12月( ISSN:0041-624X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Steatosis is a critical feature of liver disease and is considered to play a pivotal role in the progression of nonalcoholic fatty liver disease, as well as being a surrogate marker of metabolic syndrome. The purpose of this study was to develop a non-invasive diagnostic method for assessment of liver steatosis. It is well known that ultrasonic velocity depends on materials and temperature. For example, the ultrasonic velocity in water is 1530 m/s at 37 degrees C and 1534 m/s at 39 degrees C, while that in fat is 1412 m/s at 37 degrees C and 1402 m/s at 39 degrees C. On this basis, we thought that the percentage of fat in hepatic steatosis could be assessed by detecting changes of ultrasonic in the liver, caused by warming. In order to confirm the effectiveness of this method, we obtained the ultrasonic velocity changes of tissue phantom including lard oil and the liver of living rabbit by ultrasonic warming, and then succeeded in 2-D imaging of ultrasonic velocity changes of the phantom and the liver of living rabbit We named this the ultrasonic velocity-change method. The experimental results show the possibility that hepatic steatosis could be characterized using our novel, non-invasive method. (C) 2016 Elsevier B.V. All rights reserved.

  • MiR-29a Assists in Preventing the Activation of Human Stellate Cells and Promotes Recovery From Liver Fibrosis in Mice. 査読

    Matsumoto Y, Itami S, Kuroda M, Yoshizato K, Kawada N, Murakami Y

    Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy   24 ( 10 )   1848 - 1859   2016年10月( ISSN:1525-0016

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/mt.2016.127

    PubMed

  • Absence of cytoglobin promotes multiple organ abnormalities in aged mice. 査読

    Thuy le TT, Van Thuy TT, Matsumoto Y, Hai H, Ikura Y, Yoshizato K, Kawada N

    Scientific reports   6   24990 - 24990   2016年05月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/srep24990

    PubMed

  • 関節リウマチ患者におけるサルコペニア該当者の生活習慣の特徴

    松本 佳也, 杉岡 優子, 多田 昌弘, 岡野 匡志, 真本 建司, 乾 健太郎, 羽生 大記, 小池 達也

    日本静脈経腸栄養学会雑誌   30 ( 3 )   793 - 797   2015年05月( ISSN:2189-0161

     詳細を見る

    【目的】関節リウマチ(以下、RA)患者における、サルコペニア該当者の生活習慣の特徴を抽出する。【対象及び方法】外来通院中の RA患者208名を対象とした。骨格筋量は二重エネルギー X線吸収測定法(DXA法)により測定した。四肢の骨格筋量の合計を身長で除した骨格筋指数が男性6.87 kg/m&lt;sup&gt;2&lt;/sup&gt;、女性5.46 kg/m&lt;sup&gt;2&lt;/sup&gt;以下である者をサルコペニアと判定した。栄養素・食事摂取量は簡易型食事歴質問票(BDHQ)を用いて調査した。【結果】RA患者においてサルコペニア該当群は非該当群と比較し疾患活動性が高く、運動制限を指導されている者が多く、日常生活動作 (ADL)が低かった。栄養面では、カルシウム摂取量が少なく、乳製品の摂取量が有意に少なかった。【結論】RA患者におけるサルコペニア該当者では、運動制限、ADLの低下、乳製品摂取量が少ないことが特徴であった。

    CiNii Article

  • Cytoglobin deficiency promotes liver cancer development from hepatosteatosis through activation of the oxidative stress pathway. 査読

    Thuy le TT, Matsumoto Y, Thuy TT, Hai H, Suoh M, Urahara Y, Motoyama H, Fujii H, Tamori A, Kubo S, Takemura S, Morita T, Yoshizato K, Kawada N

    The American journal of pathology   185 ( 4 )   1045 - 60   2015年04月( ISSN:0002-9440

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ajpath.2014.12.017

    PubMed

  • Relationships between serum 25-hydroxycalciferol, vitamin D intake and disease activity in patients with rheumatoid arthritis--TOMORROW study. 査読

    Matsumoto Y, Sugioka Y, Tada M, Okano T, Mamoto K, Inui K, Habu D, Koike T

    Modern rheumatology   25 ( 2 )   246 - 50   2015年03月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3109/14397595.2014.952487

    PubMed

  • Utility of a web-based weight loss program with auto-extraction of behavioural objectives and recording of daily weight and steps in pre-obese outpatients. 査読

    Matsumoto Y, Yoshiuchi S, Miyauchi T, Hayashi H, Habu D, Kimura Y

    Asia Pacific journal of clinical nutrition   23 ( 3 )   473 - 80   2014年( ISSN:0964-7058

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.6133/apjcn.2014.23.3.17

    PubMed

  • Factors Related to Body Mass Index in Women with Rheumatoid Arthritis – TOMORROW study 査読

    Matsumoto Y, Sugioka Y, Tada M, Okano T, Mamoto K, Inui K, Habu D, Koike T

    Journal of Nutritional Therapeutics   3   168 - 174   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Physical inactivity and insufficient dietary intake are associated with the frequency of sarcopenia in patients with compensated viral liver cirrhosis. 査読

    Hayashi F, Matsumoto Y, Momoki C, Yuikawa M, Okada G, Hamakawa E, Kawamura E, Hagihara A, Toyama M, Fujii H, Kobayashi S, Iwai S, Morikawa H, Enomoto M, Tamori A, Kawada N, Habu D

    Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   43 ( 12 )   1264 - 75   2013年12月( ISSN:1386-6346

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/hepr.12085

    PubMed

  • 通院中のNAFLD/NASH患者における食事・生活習慣に関する課題

    結川 美帆, 林 史和, 松本 佳也, 百木 和, 藤井 英樹, 遠山 まどか, 黒岡 浩子, 川村 悦史, 萩原 淳司, 小林 佐和子, 岩井 秀司, 森川 浩安, 榎本 大, 田守 昭博, 河田 則文, 塚田 定信, 羽生 大記

    日本病態栄養学会誌   16 ( 3 )   283 - 292   2013年09月( ISSN:1345-8167

     詳細を見る

    通院中のNAFLD 42名、NASH 58名、対照群として健常者57名において、生活習慣病の保健指導支援ソフトウェア&quot;ヘルッチェ&quot;(スズケン)や、生活習慣記録機ライフコーダ(スズケン)などを用いて、日常の生活習慣を分析した。結果、NAFLD/NASHでは健常者に比べ、体組成的に脂肪量が多く握力が低下している傾向が見られた。この傾向はNASH群においてより顕著であった。食習慣については、健常群と比して総摂取カロリーの過剰や、PFC比の偏りは見られず、食習慣改善に対するステージモデルにおいても、実行期・維持期の割合が有意に高く、意識して改善している傾向が見られた。しかし男性では健常者に比して魚介類の摂取量が少ないことなどから、摂取食品、食材にまで気を配った食事指導が望まれた。運動習慣について、身体活動量や歩数が低値を示し、生活活動強度が低い傾向が見られた。男女ともに、NAFLD/NASH群は自らの病識も明確で、食習慣は改善意識が高く改善傾向が見られたが、生活活動強度/運動習慣においては改善の余地があった。NAFLD/NASH患者には、食事指導のみならず、生活活動強度の向上、無理のないエクササイズ実施、継続など、包括的な生活改善支援が望まれる。(著者抄録)

    CiNii Article

  • 回復期リハビリテーション病院入院患者の栄養状態とサルコペニアの評価

    濱野 正和, 百木 和, 林 史和, 松本 佳也, 林 佑紀, 喜多 美耶子, 合田 恵美, 安井 薫, 宍戸 理佐, 原 暢孝, 羽生 大記

    栄養-評価と治療   30 ( 1 )   47 - 51   2013年02月( ISSN:0915-759X

     詳細を見る

    近年、リハビリテーション(リハビリ)を必要とする高齢患者に栄養障害を認めることが報告されているが、栄養状態とリハビリとの関連性を示す報告は少ない。そこで、入院患者の栄養状態をMNA-SFにより分類し、リハビリの効果を検討したところ、より低栄養状態の患者ではリハビリの効果が十分でなかった。以上のことから、適切な栄養管理とリハビリの併用が必要であると考えられた。(著者抄録)

  • 肝硬変におけるサルコペニアの頻度と各種栄養評価法との関連性

    林 史和, 羽生 大記, 結川 美帆, 岡田 玄也, 濱川 恵梨香, 松本 佳也, 百木 和, 川村 悦史, 萩原 淳司, 遠山 まどか, 藤井 英樹, 小林 佐和子, 岩井 秀司, 森川 浩安, 榎本 大, 田守 昭博, 河田 則文, 塚田 定信

    日本病態栄養学会誌   15 ( 3 )   259 - 270   2012年09月( ISSN:1345-8167

     詳細を見る

  • 腎機能障害を伴う高脂血症例に対するβ-コングリシニン錠果の血中脂質改善効果と腎機能に対する影響とその意義 (第12回[不二たん白質研究振興財団]研究報告会記録)

    植田 福裕, 松本 佳也, 山本 友香

    大豆たん白質研究   12 ( 30 )   162 - 165   2009年10月( ISSN:1344-4050

     詳細を見る

▼全件表示

書籍等出版物

  • 肝疾患Review 2014-2015

    松本 佳也( 担当: 共著 ,  範囲: ウイルス感染と分泌型microRNA)

    日本メディカルセンター  2014年 

MISC(その他記事)

  • Hospital Food Experience Questionnaire(HFEQ)日本語版開発と今後の展望について

    松本 佳也

    臨床栄養   143 ( 6 )   762 - 763   2023年11月( ISSN:0485-1412

  • 生体電気インピーダンス法で得られるphase angleは,女性関節リウマチ患者の骨折の予測指標となりうる

    多田 昌弘, 松本 佳也, 山田 祐太郎, 万代 幸司, 日高 典昭

    日本整形外科学会雑誌   97 ( 3 )   S890 - S890   2023年03月( ISSN:0021-5325

  • 食事パターンを基にしたNAFLD患者に対する食事・栄養療法の可能性

    松本佳也, 藤井英樹, 播磨美佳, 岡村春菜, 元山宏行, 榎本大

    New Diet Therapy   39 ( 2 )   2023年( ISSN:2434-7159

     詳細を見る

  • 訪問栄養食事指導による栄養介入の効果を検証 再入院、死亡との関連性

    小塚 拓也, 若野 知恵, 山中 美緒, 松本 佳也

    済生会吹田病院医学雑誌   28 ( 1 )   30 - 30   2022年11月( ISSN:1341-1764 ( eISSN:2424-0419

  • GLIM criteriaの意義を考える GLIM criteriaは急性期病院における栄養管理のヒントとなるか?

    若野 知恵, 松本 佳也, 部谷 仁美, 山中 美緒

    学会誌JSPEN   3 ( Suppl.1 )   281 - 281   2021年10月( eISSN:2434-4966

  • 非常に骨塩量が低い骨粗鬆症患者に対して平均4.5年のデノスマブ治療では骨粗鬆症レベル骨塩量からの脱出は困難である

    吉村 仁志, 村上 将一, 上松 正人, 小島 孝仁, 廣嶋 貴大, 松本 佳也, 小池 達也

    日本骨粗鬆症学会雑誌   7 ( Suppl.1 )   278 - 278   2021年09月( ISSN:2189-8383

  • 当院緩和ケアチーム活動報告 管理栄養士の病棟配置体制を活かして

    筒井 佳美, 山中 美緒, 部谷 仁美, 石橋 真由美, 若野 知恵, 松田 史織, 市川 真波, 並川 夏子, 松本 佳也, 岩井 香奈枝, 平松 正和, 是澤 広美, 光本 保英, 吉川 卓郎

    Palliative Care Research   15 ( Suppl. )   S825 - S825   2020年08月( eISSN:1880-5302

  • 結腸がん切除術患者の術前栄養状態は在院日数と関連する

    松本 佳也, 若野 知恵, 部谷 仁美, 山中 美緒, 大浦 康宏, 宮本 好晴

    済生会吹田病院医学雑誌   25 ( 1 )   56 - 56   2020年03月( ISSN:1341-1764 ( eISSN:2424-0419

  • 大腿骨近位部骨折患者の入院期間に及ぼす影響に関する検討

    若野 知恵, 松本 佳也, 部谷 仁美, 山中 美緒, 藤井 敏之, 黒川 正夫

    日本骨粗鬆症学会雑誌   4 ( Suppl.1 )   342 - 342   2018年09月( ISSN:2189-8383

  • 炭水化物エネルギー比率の違いによる血糖値への影響について

    志賀 佳織, 松本 佳也, 廣田 友香, 白波瀬 景子, 山道 祐子, 徳澤 千恵, 長井 直子, 下村 伊一郎

    糖尿病   60 ( 9 )   653 - 653   2017年09月( ISSN:0021-437X

  • 炭水化物エネルギー比率の異なる糖尿病食における簡易カーボカウント法の妥当性の検討

    長井 直子, 廣田 友香, 西野 修平, 坂本 真子, 松本 佳也, 志賀 佳織, 白波瀬 景子, 山道 祐子, 高原 充佳, 下村 伊一郎

    糖尿病   60 ( Suppl.1 )   S - 165   2017年04月( ISSN:0021-437X

  • 摂食障害患者の安静時代謝量の変化

    松本 佳也, 百瀬 洸太, 渡邊 梓, 森本 啓太, 辻本 貴江, 長井 直子, 和佐 勝史

    日本静脈経腸栄養学会雑誌   32 ( Suppl. )   448 - 448   2017年01月( ISSN:2189-0161

  • 第7版食品交換表に基づく炭水化物エネルギー比の異なる糖尿病食における簡易カーボカウント法の妥当性の検討

    長井 直子, 関口 七美, 松本 佳也, 金森 有香, 廣田 友香, 志賀 佳織, 白波瀬 景子, 高原 充佳, 下村 伊一郎

    糖尿病   59 ( Suppl.1 )   S - 473   2016年04月( ISSN:0021-437X

  • 肥満外来におけるチーム医療および肥満度別システムとその効果 (肥満症治療へのアプローチ)

    吉内 佐和子, 松本 佳也, 木村 穣

    肥満研究 = Journal of Japan Society for the Study of Obesity : 日本肥満学会誌   22 ( 2 )   98 - 105   2016年( ISSN:1343-229X

     詳細を見る

    肥満治療は、行動療法、食事療法、運動療法、薬物療法、外科的治療等が用いられ、それぞれに効果が報告されている。肥満治療は生活習慣との関連が深いことから患者による行動変容は必要であり、患者の行動変容を支援するためにチーム医療が行われていることが多い。一方で高度肥満患者においては性格、精神的特性があり行動変容が困難であると報告されており、肥満度に応じたプログラムが必要と考えられる。当院では、これまで認知行動療法を基本とし、チーム医療による減量プログラムを作成、実施し、その結果を評価し、プログラム内容を改良し肥満治療を行ってきた。現在、肥満度別に必要なプログラム内容が異なること、肥満治療を希望する患者の増加とマンパワーの観点から、当院ではBMI<30kg/m2を軽度肥満システム、BMI≧30kg/m2を高度肥満とし異なるプログラムを実施している。ここでは、両プログラムにおけるシステムとチーム医療に関わる各職種の役割および治療効果について述べる。(著者抄録)

    CiNii Article

  • 関節リウマチ患者の骨質・骨代謝の特徴と栄養素摂取状況との関連性

    松本 佳也, 杉岡 優子, 多田 昌弘, 岡野 匡志, 真本 建司, 乾 健太郎, 羽生 大記, 小池 達也

    日本病態栄養学会誌   19 ( Suppl. )   S - 74   2015年12月( ISSN:1345-8167

  • Loss of Cytoglobin Exacerbates Liver Fibrosis and Cancer Development in Steatohepatitis by Activating the Oxidative Stress Pathway

    Thuy T. Le, Yoshinari Matsumoto, Tuong Thi Van Thuy, Hoang Hai, Katsutoshi Yoshizato, Norifumi Kawada

    HEPATOLOGY   62   305A - 305A   2015年10月( ISSN:0270-9139 ( eISSN:1527-3350

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 骨格筋量の変化が女性関節リウマチ患者と非関節リウマチボランティアの血圧、糖・脂質代謝に与える影響 TOMORROW研究による横断・縦断解析

    松本 佳也, 羽生 大記

    日本静脈経腸栄養学会雑誌   30 ( 1 )   291 - 291   2015年01月( ISSN:2189-0161

  • 関節リウマチ患者におけるサルコペニア該当者の生活・栄養摂取状況の特徴

    松本 佳也, 羽生 大記

    静脈経腸栄養   29 ( 1 )   294 - 294   2014年01月( ISSN:1344-4980

  • 食事・生活習慣は慢性ウイルス性肝疾患患者の病態に影響する

    林 史和, 松本 佳也, 百木 和, 岡田 玄也, 森川 浩安, 羽生 大記

    静脈経腸栄養   29 ( 1 )   333 - 333   2014年01月( ISSN:1344-4980 ( eISSN:1881-3623

  • 関節リウマチ患者におけるサルコペニア該当者の臨床・身体組成の特徴

    松本 佳也, 羽生 大記

    静脈経腸栄養   29 ( 1 )   295 - 295   2014年01月( ISSN:1344-4980

  • 関節リウマチ患者の食事・栄養素摂取状況の特徴

    松本 佳也, 杉岡 優子, 多田 昌弘, 岡野 匡志, 真本 建司, 乾 健太郎, 羽生 大記, 小池 達也

    日本病態栄養学会誌   17 ( Suppl. )   S - 204   2013年12月( ISSN:1345-8167

  • 減量介入終了後の自己管理場面におけるストレスの影響

    磯田 知美, 木村 穣, 吉内 佐和子, 宮内 拓史, 中川 明仁, 松本 佳也, 馬場 天信, 佐藤 豪

    肥満研究   19 ( Suppl. )   202 - 202   2013年09月( ISSN:1343-229X

  • 食道癌患者における周術期栄養状態の推移、および予後について

    岡田 玄也, 井谷 史嗣, 松本 佳也, 中村 吉博, 羽生 大記, 枝川 永二郎, 松田 恭典, 岸田 哲, 李 栄柱, 大杉 治司

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   67回   224 - 224   2013年06月

  • 関節リウマチの病因・病態 関節リウマチ患者はエネルギー・栄養素摂取量が少ないが、心血管系イベントのリスクは高い TOMMOROW研究

    松本 佳也, 杉岡 優子, 多田 昌弘, 岡野 匡志, 真本 建司, 羽生 大記, 小池 達也

    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   57回・22回   329 - 329   2013年03月

  • Ultrasonic velocity-change imaging based on temperature as a novel non-invasive tool for assessment of hepatic steatosis

    Hiroyasu Morikawa, Yoshinari Matsumoto, Norifumi Kawada, Hiromichi Horinaka

    HEPATOLOGY   56   843A - 843A   2012年10月( ISSN:0270-9139

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 減量介入終了後の体重再増加の助長要因としての心理的特性

    中川 明仁, 木村 穣, 吉内 佐和子, 宮内 拓史, 松島 典子, 松本 佳也, 馬場 天信, 佐藤 豪

    肥満研究   18 ( Suppl. )   195 - 195   2012年09月( ISSN:1343-229X

  • 減量介入後のリバウンドに対する体力因子の影響

    宮内 拓史, 松本 佳也, 柳田 優子, 那須 加奈子, 川口 紗苗, 吉内 佐和子, 松島 典子, 中川 明仁, 岩坂 潤二, 木村 穣

    肥満研究   18 ( Suppl. )   212 - 212   2012年09月( ISSN:1343-229X

  • 介入法の異なる減量プログラムに対する患者の満足度調査

    東 芳子, 松本 佳也, 吉内 佐和子, 中村 夏子, 宮内 拓史, 羽生 大記, 木村 穣

    肥満研究   18 ( Suppl. )   188 - 188   2012年09月( ISSN:1343-229X

  • リバウンド予防のための食品群別摂取量の検討

    中村 夏子, 松本 佳也, 吉内 佐和子, 立川 芳子, 宮内 拓史, 羽生 大記, 木村 穣

    肥満研究   18 ( Suppl. )   188 - 188   2012年09月( ISSN:1343-229X

  • リバウンドに対するセルフケア意識および栄養摂取量の検討

    吉内 佐和子, 松本 佳也, 中村 夏子, 立川 芳子, 宮内 拓史, 羽生 大記, 木村 穣

    肥満研究   18 ( Suppl. )   188 - 188   2012年09月( ISSN:1343-229X

  • アンケートによる肥満外来修了者の現状把握

    松本 佳也, 吉内 佐和子, 宮内 拓史, 羽生 大記, 木村 穣

    肥満研究   18 ( Suppl. )   188 - 188   2012年09月( ISSN:1343-229X

▼全件表示

講演・口頭発表等

▼全件表示

担当授業科目

  • 臨床栄養学Ⅰ

    2022年度    

  • 総合栄養療法学演習

    2022年度    

  • 栄養療法学臨地実習A

    2022年度    

  • 栄養療法学卒業研究

    2022年度    

  • 臨床栄養学特論

    2022年度    

  • 臨床栄養学特論演習A

    2022年度    

  • 臨床栄養学特論演習B

    2022年度    

  • 臨床栄養学実習

    2022年度   隔週奇数   大学

  • 臨床栄養学特論演習B

    2023年度    

  • 臨床栄養学1

    2023年度    

  • 栄養療法学臨地実習A

    2023年度    

  • 食栄養学概論

    2023年度   週間授業   大学

  • 臨床栄養学特論演習A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 臨床栄養学特論

    2023年度   集中講義   大学院

  • 前期特別研究

    2023年度   集中講義   大学院

  • 栄養療法学卒業研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 解剖生理学実習

    2023年度    

  • 総合栄養療法学演習

    2023年度   集中講義   大学

  • 臨床栄養学I

    2023年度   週間授業   大学

  • 臨床栄養学実習

    2023年度   隔週奇数   大学

▼全件表示

メディア報道

  • マイクロRNAを使った新しい肝線維化治療方法を開発 新聞・雑誌

    共同通信47NEWS、朝日新聞デジタル、J-CASTヘルスケア、日本経済新聞、大阪日日新聞  2016年08月

  • 関節リウマチの疾患活動性と食事の関連性 インターネットメディア

    EurekAlert!, ScienceDaily, MedicalXpress,   2014年06月