2024/04/17 更新

写真a

モリツグ ケイ
森次 圭
MORITSUGU KEI
担当
大学院理学研究科 生物化学専攻 教授
理学部 生物化学科
職名
教授
所属
理学研究院
連絡先
メールアドレス
所属キャンパス
中百舌鳥キャンパス

担当・職階

  • 大学院理学研究科 生物化学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 理学部 生物化学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 理学博士 ( 京都大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 生物物理学

研究キーワード

  • バイオインフォマティックス

  • 構造モデリング

  • 計算科学

  • 生物化学

  • 生体分子

  • 分子シミュレーション

所属学協会

  • アメリカ日本生物物理学会

    2009年10月 - 継続中   国外

  • バイオスーパーコンピューティング研究会

    2009年07月 - 継続中   国内

  • 日本蛋白質科学会

    2003年06月 - 継続中   国内

  • 日本生物物理学会

    1999年10月 - 継続中   国内

委員歴(学外)

  • 分野別専門委員   日本生物物理学会  

    2019年01月 - 2019年12月 

受賞歴

  • 理化学研究所情報基盤センター Cutting Edge Award

    2011年02月  

  • “Methods of Molecular Simulation 2009” ポスター賞

    2009年12月  

職務経歴(学外)

  • 横浜市立大学大学院    生命医科学研究科   客員教授

    2022年04月 - 継続中

  • 埼玉大学    工学部情報工学科   非常勤講師 

    2021年04月 - 継続中

  • 横浜市立大学大学院    生命医科学研究科   特任准教授

    2013年04月 - 2022年03月

  • 独立行政法人理化学研究所    情報基盤センター    客員研究員

    2013年04月 - 2020年03月

  • 独立行政法人理化学研究所     次世代計算科学研究開発プログラム   研究員

    2007年11月 - 2013年03月

  • オークリッジ国立研究所(アメリカ)     分子生物物理センター   博士研究員

    2007年03月 - 2007年10月

  • 日本学術振興会    特別研究員(博士)

    2004年04月 - 2005年09月

  • ハイデルベルク大学(ドイツ)   計算機科学センター (IWR)   博士研究員

    2003年10月 - 2007年03月

  • 横浜市立大学大学院    総合理学研究科   博士研究員

    2003年04月 - 2003年09月

  • 京都大学   理学部   ティーチングアシスタント

    1999年04月 - 2000年03月

▼全件表示

学歴

  • 京都大学   理学研究科   化学専攻   博士課程後期   卒業・修了

    2000年04月 - 2003年03月

  • 京都大学   理学研究科   化学専攻   修士課程   卒業・修了

    1998年04月 - 2000年03月

  • 京都大学   理学部   物理学科   学士課程   卒業・修了

    1994年04月 - 1998年03月

論文

  • A Cutoff-based Method with Charge-distribution-data Driven Pair Potentials for Efficiently Estimating Electrostatic Interactions in Molecular System 査読

    Ikuo Fukuda, Kei Moritsugu, Junichi Higo, Yoshifumi Fukunishi

    Journal of Chemical Physics   159   234116   2023年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1063/5.0172270

  • Binding and Unbinding Pathways of Peptide Substrates on the SARS-CoV-2 3CL Protease.

    Moritsugu K, Ekimoto T, Ikeguchi M, Kidera A

    Journal of chemical information and modeling   63 ( 1 )   240 - 250   2023年01月( ISSN:1549-9596

     詳細を見る

  • Functional dynamics of SARS-CoV-2 3C-like protease as a member of clan PA 査読

    Kidera, Akinori and Moritsugu, Kei and Ekimoto, Toru and Ikeguchi, Mitsunori

    Biophysical Reviews   2022年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Structures and mechanisms of actin ATP hydrolysis 査読

    Kanematsu, Yusuke and Narita, Akihiro and Oda, Toshiro and Koike, Ryotaro and Ota, Motonori and Takano, Yu and Moritsugu, Kei and Fujiwara, Ikuko and Tanaka, Kotaro and Komatsu, Hideyuki and others

    Proceedings of the National Academy of Sciences   119 ( 43 )   e21226 - 41119   2022年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Allosteric Regulation of 3CL Protease of SARS-CoV-2 and SARS-CoV Observed in the Crystal Structure Ensemble.

    Kidera A, Moritsugu K, Ekimoto T, Ikeguchi M

    Journal of molecular biology   433 ( 24 )   167324   2021年12月( ISSN:0022-2836

     詳細を見る

  • Molecular basis of ubiquitin-specific protease 8 autoinhibition by the WW-like domain.

    Kakihara K, Asamizu K, Moritsugu K, Kubo M, Kitaguchi T, Endo A, Kidera A, Ikeguchi M, Kato A, Komada M, Fukushima T

    Communications biology   4 ( 1 )   1272   2021年11月

     詳細を見る

  • タンパク質の構造変化をどのように記述するか――生体分子におけるパスサンプリング手法の発展

    松永 康佑, 森次 圭, 藤崎 弘士

    日本物理学会誌   76 ( 11 )   714 - 722   2021年11月( ISSN:00290181

     詳細を見る

    <p>タンパク質は20種類のアミノ酸からなる高分子であり,その立体構造には生物学的に重要な意味が込められている.例えば,体内の生化学反応として重要な酵素反応を考えると,酵素タンパク質は結合する基質分子とぴったりと結合するように「設計」されている.これは「形」(分子の表面の様子)からも推察できるが,原子レベルで見ると,様々な原子間結合(水素結合など)が酵素基質間にうまく存在しているということでもある.よって,タンパク質の構造を原子レベルで調べることは最も重要であり,そのための実験手法(X線回折法,NMR,クライオ電子顕微鏡など)が開発されてきた.</p><p>一方,実験技術の進歩だけでなく,計算機の発展と相まって,分子シミュレーション法(分子動力学法ともよばれる)によるタンパク質の理解も進んできた.タンパク質の結晶構造を初期状態として(速度としてはマクスウェル分布を仮定して),古典的なニュートン方程式を原子に対して解くことにより,タンパク質の熱力学的な性質や動力学的な性質のかなりの部分はわかるのである.これはファインマンが教科書で述べたように,原子のjigglings and wigglingsから生体分子を理解しようとする試みである.</p><p>しかし,分子シミュレーションにも様々な困難が存在する.その一つは,タンパク質が機能を発現するときの構造変化の問題である.ある状態Aから別の状態Bに構造変化する際に,タンパク質は自由エネルギーのバリアを乗り越えて,ある状態から別の状態に遷移する.しかし,それは非常に時間のかかるプロセス(レアイベントともよばれる)であり,分子動力学法が不得意とする現象である.この問題に対処するために,ここ10数年で様々なアルゴリズム手法が発達してきているが,その中でもパスサンプリングの手法が有用である.</p><p>パスサンプリングにおいて,最も基本となるのは古典力学の最小作用の原理である.経路(パス)に対する作用を定義することで,ニュートン方程式を作用の「最小化」の問題に置き換えることができる.これは,始状態と終状態を決めた経路を計算するということであり,上で述べた状態AからBへの構造変化を考えるときは重要となる.しかし,タンパク質のような巨大な自由度をもつ系に対してはこれらの作用は使いづらいので,我々は経路を探すためにもっと簡便な手法を利用している.</p><p>その一つはストリング法とよばれる,経路を離散的に区分して最小自由エネルギー経路を求める方法だが,それを用いて酵素タンパク質や巨大な膜タンパク質の構造変化を捉えることができた.ただし,この手法は平衡統計力学に基づく手法であり,構造変化の動的な性質については直接的にはわからない.そこで我々は超並列計算を利用して,多数の粒子に重みをつけてパラレルに走らせる重み付きアンサンブル法とよばれる手法をいくつかのタンパク質に適用した.その結果,タンパク質の構造変化の時間スケールや構造変化が起こるときの軌道の動的な性質を突き止めることができた.</p>

    DOI: 10.11316/butsuri.76.11_714

    CiNii Article

  • Multiscale Enhanced Sampling Using Machine Learning.

    Moritsugu K

    Life (Basel, Switzerland)   11 ( 10 )   2021年10月

     詳細を見る

  • Flexibility and Cell Permeability of Cyclic Ras-Inhibitor Peptides Revealed by the Coupled Nosé-Hoover Equation.

    Moritsugu K, Takeuchi K, Kamiya N, Higo J, Yasumatsu I, Fukunishi Y, Fukuda I

    Journal of chemical information and modeling   61 ( 4 )   1921 - 1930   2021年04月( ISSN:1549-9596

     詳細を見る

  • Path Ensembles for Pin1-Catalyzed Cis-Trans Isomerization of a Substrate Calculated by Weighted Ensemble Simulations.

    Moritsugu K, Yamamoto N, Yonezawa Y, Tate SI, Fujisaki H

    Journal of chemical theory and computation   17 ( 4 )   2522 - 2529   2021年04月( ISSN:1549-9618

     詳細を見る

  • On Ergodicity for Multidimensional Harmonic Oscillator Systems with Nosé – Hoover-type Thermostat

    Fukuda I.

    Regular and Chaotic Dynamics   26 ( 2 )   183 - 204   2021年03月( ISSN:15603547

     詳細を見る

  • Analysis of multiple data sequences with different distributions: defining common principal component axes by ergodic sequence generation and multiple reweighting composition 査読

    Fukuda, Ikuo and Moritsugu, Kei

    IOP SciNotes   2 ( 3 )   035201 - 035201   2021年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Temperature-energy-space sampling molecular dynamics: Deterministic and single-replica method utilizing continuous temperature system

    Fukuda I.

    Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical   53 ( 37 )   2020年09月( ISSN:17518113

     詳細を見る

  • Inter-lobe Motions Allosterically Regulate the Structure and Function of EGFR Kinase.

    Moritsugu K, Nishino Y, Kidera A

    Journal of molecular biology   432 ( 16 )   4561 - 4575   2020年07月( ISSN:0022-2836

     詳細を見る

  • Allosteric response to ligand binding: Molecular dynamics study of the N-terminal domains in IP3 receptor.

    Moritsugu K, Ito T, Kidera A

    Biophysics and physicobiology   16   232 - 239   2019年

     詳細を見る

  • Dynamic recognition and linkage specificity in K63 di-ubiquitin and TAB2 NZF domain complex.

    Moritsugu K, Nishi H, Inariyama K, Kobayashi M, Kidera A

    Scientific reports   8 ( 1 )   16478   2018年11月

     詳細を見る

  • Exploring Configuration Space and Path Space of Biomolecules Using Enhanced Sampling Techniques-Searching for Mechanism and Kinetics of Biomolecular Functions.

    Fujisaki H, Moritsugu K, Matsunaga Y

    International journal of molecular sciences   19 ( 10 )   2018年10月

     詳細を見る

  • Conformational change of a biomolecule studied by the weighted ensemble method: Use of the diffusion map method to extract reaction coordinates.

    Fujisaki H, Moritsugu K, Mitsutake A, Suetani H

    The Journal of chemical physics   149 ( 13 )   134112   2018年10月( ISSN:0021-9606

     詳細を見る

  • Multiscale enhanced sampling of glucokinase: Regulation of the enzymatic reaction via a large scale domain motion.

    Moritsugu K, Terada T, Kokubo H, Endo S, Tanaka T, Kidera A

    The Journal of chemical physics   149 ( 7 )   072314   2018年08月( ISSN:0021-9606

     詳細を見る

  • Energetics and conformational pathways of functional rotation in the multidrug transporter AcrB.

    Matsunaga Y, Yamane T, Terada T, Moritsugu K, Fujisaki H, Murakami S, Ikeguchi M, Kidera A

    eLife   7   2018年03月

     詳細を見る

  • Structure of the Dnmt1 Reader Module Complexed with a Unique Two-Mono-Ubiquitin Mark on Histone H3 Reveals the Basis for DNA Methylation Maintenance.

    Ishiyama S, Nishiyama A, Saeki Y, Moritsugu K, Morimoto D, Yamaguchi L, Arai N, Matsumura R, Kawakami T, Mishima Y, Hojo H, Shimamura S, Ishikawa F, Tajima S, Tanaka K, Ariyoshi M, Shirakawa M, Ikeguchi M, Kidera A, Suetake I, Arita K, Nakanishi M

    Molecular cell   68 ( 2 )   350 - 360.e7   2017年10月( ISSN:1097-2765

  • Free-Energy Landscape of Protein-Ligand Interactions Coupled with Protein Structural Changes.

    Moritsugu K, Terada T, Kidera A

    The journal of physical chemistry. B   121 ( 4 )   731 - 740   2017年02月( ISSN:1520-6106

     詳細を見る

  • Extended string-like binding of the phosphorylated HP1α N-terminal tail to the lysine 9-methylated histone H3 tail.

    Shimojo H, Kawaguchi A, Oda T, Hashiguchi N, Omori S, Moritsugu K, Kidera A, Hiragami-Hamada K, Nakayama J, Sato M, Nishimura Y

    Scientific reports   6   22527   2016年03月

     詳細を見る

  • Coupled Nosé-Hoover equations of motion to implement a fluctuating heat-bath temperature.

    Fukuda I, Moritsugu K

    Physical review. E   93 ( 3 )   033306   2016年03月( ISSN:2470-0045

     詳細を見る

  • Multiscale enhanced sampling for protein systems: An extension via adiabatic separation 査読

    Moritsugu, Kei and Terada, Tohru and Kidera, Akinori

    Chemical Physics Letters   661   279 - 279   2016年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Coupled Nosé-Hoover equations of motions without time scaling 査読

    Fukuda, Ikuo and Moritsugu, Kei

    Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical   50 ( 1 )   015002 - 015002   2016年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Extended Phase-Space Methods for Enhanced Sampling in Molecular Simulations: A Review.

    Fujisaki H, Moritsugu K, Matsunaga Y, Morishita T, Maragliano L

    Frontiers in bioengineering and biotechnology   3   125   2015年

     詳細を見る

  • Motion Tree Delineates Hierarchical Structure of Protein Dynamics Observed in Molecular Dynamics Simulation.

    Moritsugu K, Koike R, Yamada K, Kato H, Kidera A

    PloS one   10 ( 7 )   e0131583   2015年

  • Energy landscape of all-atom protein-protein interactions revealed by multiscale enhanced sampling.

    Moritsugu K, Terada T, Kidera A

    PLoS computational biology   10 ( 10 )   e1003901   2014年10月( ISSN:1553-734X

  • Solvent friction effects propagate over the entire protein molecule through low-frequency collective modes.

    Moritsugu K, Kidera A, Smith JC

    The journal of physical chemistry. B   118 ( 29 )   8559 - 65   2014年07月( ISSN:1520-6106

     詳細を見る

  • Multiscale enhanced sampling driven by multiple coarse-grained models 査読

    Moritsugu, Kei and Terada, Tohru and Kidera, Akinori

    Chemical Physics Letters   616   20 - 20   2014年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • マルチスケール手法によるタンパク質全原子構造サンプリング 査読

    森次圭

    アンサンブル   16 ( 4 )   227 - 227   2014年

  • Multiscale enhanced path sampling based on the Onsager-Machlup action: application to a model polymer.

    Fujisaki H, Shiga M, Moritsugu K, Kidera A

    The Journal of chemical physics   139 ( 5 )   054117   2013年08月( ISSN:0021-9606

     詳細を見る

  • REACH coarse-grained simulation of a cellulose fiber.

    Glass DC, Moritsugu K, Cheng X, Smith JC

    Biomacromolecules   13 ( 9 )   2634 - 44   2012年09月( ISSN:1525-7797

     詳細を見る

  • Disorder-to-order transition of an intrinsically disordered region of sortase revealed by multiscale enhanced sampling.

    Moritsugu K, Terada T, Kidera A

    Journal of the American Chemical Society   134 ( 16 )   7094 - 101   2012年04月( ISSN:0002-7863

     詳細を見る

  • Minimum free energy path of ligand-induced transition in adenylate kinase.

    Matsunaga Y, Fujisaki H, Terada T, Furuta T, Moritsugu K, Kidera A

    PLoS computational biology   8 ( 6 )   e1002555   2012年( ISSN:1553-734X

  • 粗視化モデルを用いたマルチスケールシミュレーションシステムの構築 査読

    森次圭

    生物物理   52 ( 1 )   026 - 026   2012年

  • Scalable free energy calculation of proteins via multiscale essential sampling.

    Moritsugu K, Terada T, Kidera A

    The Journal of chemical physics   133 ( 22 )   224105   2010年12月( ISSN:0021-9606

     詳細を見る

  • Theory and normal-mode analysis of change in protein vibrational dynamics on ligand binding.

    Moritsugu K, Njunda BM, Smith JC

    The journal of physical chemistry. B   114 ( 3 )   1479 - 85   2010年01月( ISSN:1520-6106

     詳細を見る

  • REACH coarse-grained normal mode analysis of protein dimer interaction dynamics.

    Moritsugu K, Kurkal-Siebert V, Smith JC

    Biophysical journal   97 ( 4 )   1158 - 67   2009年08月( ISSN:0006-3495

     詳細を見る

  • REACH: A program for coarse-grained biomolecular simulation 査読

    Moritsugu, Kei and Smith, Jeremy C

    Computer Physics Communications   180 ( 7 )   1188 - 1188   2009年

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • REACH coarse-grained biomolecular simulation: transferability between different protein structural classes.

    Moritsugu K, Smith JC

    Biophysical journal   95 ( 4 )   1639 - 48   2008年08月( ISSN:0006-3495

     詳細を見る

  • Coarse-grained biomolecular simulation with REACH: realistic extension algorithm via covariance Hessian.

    Moritsugu K, Smith JC

    Biophysical journal   93 ( 10 )   3460 - 9   2007年11月( ISSN:0006-3495

     詳細を見る

  • Temperature-dependent protein dynamics: a simulation-based probabilistic diffusion-vibration Langevin description.

    Moritsugu K, Smith JC

    The journal of physical chemistry. B   110 ( 11 )   5807 - 16   2006年03月( ISSN:1520-6106

     詳細を見る

  • Langevin model of the temperature and hydration dependence of protein vibrational dynamics.

    Moritsugu K, Smith JC

    The journal of physical chemistry. B   109 ( 24 )   12182 - 94   2005年06月( ISSN:1520-6106

     詳細を見る

  • Protein motions represented in moving normal mode coordinates 査読

    Moritsugu, Kei and Kidera, Akinori

    The Journal of Physical Chemistry B   108 ( 12 )   3890 - 3890   2004年

  • Temperature dependence of vibrational energy transfer in a protein molecule 査読

    Moritsugu, Kei and Miyashita, Osamu and Kidera, Akinori

    The Journal of Physical Chemistry B   107 ( 14 )   3309 - 3309   2003年

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • Vibrational energy transfer in a protein molecule.

    Moritsugu K, Miyashita O, Kidera A

    Physical review letters   85 ( 18 )   3970 - 3   2000年10月( ISSN:0031-9007

     詳細を見る

▼全件表示

書籍等出版物

  • Molecular Dynamics Simulation of Proteins: Two Models of Anharmonic Dynamics 査読

    Akinori Kidera, Kei Moristugu, Yasuhiro Matsunaga and Hiroshi Fujisaki( 範囲: Chapter 5, p107-127)

    CRC Press, Proteins: Energy, Heat and Signal Flow  2009年 

     詳細を見る

    著書種別:教科書・概説・概論   参加形態:セカンドオーサー

講演・口頭発表等

  • 生体分子に向けたシミュレーション法の開発とその応用研究 招待 国内会議

    森次 圭

    スーパーコンピュータワークショップ2023  2024年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡崎  

  • 重み付きアンサンブル法によるプロテアーゼへの基質結合・解離シミュレーション 招待 国内会議

    森次 圭

    第3 回 構造基盤創薬化学研究会  2024年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪  

  • 重み付きアンサンブル法と生体分子への応用 国内会議

    森次 圭

    第3回生体分子シミュレーション・モデリング研究会  2022年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:函館  

  • VAE-driven multiscale enhanced sampling 国内会議

    Kei Moritsugu

    日本生物物理学会第59回年会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

  • Enhanced sampling methods targeting at large proteins 招待 国内会議

    Kei Moritsugu

    Enhanced sampling methods targeting at large proteins  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:仙台  

  • Enhanced conformational sampling of cyclic peptide Cyclorasin by coupled Nosé-Hoover equation 国内会議

    森次 圭

    CBI学会2020年大会  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • Motion Treeを用いた結晶構造・分子シミュレーション構造の解析 招待 国内会議

    森次 圭

    東京大学2020年度BINDSユニット連携講習会  2020年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京  

  • 重み付きアンサンブル法によるPin1異性化のパスサンプリング 国内会議

    森次 圭, 山本 典史, 米澤 康滋, 楯 真一, 藤崎 弘士

    日本物理学会第75回年次大会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  • Inter-lobe motion of EGFR kinase: Determinants of structural variation in the crystal structures 国内会議

    木寺 詔紀, 森次 圭, 西野 圭彦

    CBI学会2019年大会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • MSES 法によるタンパク質の網羅的構造探索 招待 国内会議

    森次 圭

    レア・イベントの計算科学 第2回ワークショップ  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:つくば  

  • Multicopy/multiscale simulations and their applications using massive computing 招待 国内会議

    Kei Moritsugu

    第55回生物物理学会年会  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡山  

  • Multiscale enhanced sampling of glucokinase: Regulation of the enzymatic reaction via a large scale domain motion 招待 国際会議

    Kei Moritsugu

    From Computational Biophysics to Systems Biology (CBSB 2018)  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:中国  

  • 大規模計算によるマルチコピーマルチスケールシミュレーションとその応用研究 招待 国内会議

    森次 圭

    第1回近畿大学生物理工学部HPCシンポジウム  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:和歌山  

  • 大規模シミュレーションによるグルコキナーゼ活性化機構の解析 国内会議

    森次 圭、寺田 透、木寺 詔紀

    日本物理学会第73回年次大会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:野田  

  • 様々なリンケージを持つポリユビキチン鎖の全原子構造探索 国内会議

    森次 圭、清水 誠教、木寺 詔紀

    日本物理学会第71回年次大会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

  • Energy landscape of protein-ligand interaction revealed by multiscale enhanced sampling 招待 国際会議

    Kei Moritsugu

    Rare Event Sampling and Related Topics III  2015年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:立川  

  • MSES シミュレーションとその応用 招待 国内会議

    森次 圭

    計算統計物理学研究会第6回研究会  2015年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋  

  • Energy Landscape of Protein-protein and Protein-ligand Interactions Revealed by Multiscale Enhanced Sampling 招待 国際会議

    Kei Moritsugu

    The 4th IGER International Symposium on Science of Molecular Assembly and Biomolecular Systems  2015年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋  

  • 新規全原子構造探索法(MSES)とその天然変性蛋白質への適用 招待 国内会議

    森次 圭、寺田 透、木寺 詔紀

    第13回蛋白質科学会年会  2013年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鳥取  

  • Molecular mechanism of allosteric regulation of an intrinsically disordered protein, sortase, revealed by comprehensive all-atom conformational sampling simulations 招待 国際会議

    Kei Moritsugu, Tohru Terada and Akinori Kidera

    Conference on Computational Physics (CCP) 2011  2011年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:アメリカ  

  • マルチスケール・マルチコピーシミュレーション(MSES法)による天然変性タンパク質sortaseの構造サンプリング 招待 国内会議

    森次 圭、木寺 詔紀

    日本物理学会2011年秋季大会  2011年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:富山  

  • Multiscale enhanced sampling simulation for protein-protein interaction 国内会議

    Kei Moritsugu, Tohru Terada and Akinori Kidera

    日本生物物理学会第49回年会  2011年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:姫路  

  • MSESシミュレーションによるSortase A 不規則領域の構造空間探索 国内会議

    森次 圭

    次世代生命体統合PJ 分子スケール研究会 2010前期  2010年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  • MM-CGシミュレーション 招待 国内会議

    森次 圭、木寺 詔紀

    生研セミナー:「ペタフロップスコンピューティングに向けた生体高分子シミュレーションの最前線」  2009年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京  

  • Coarse graining methodology for the multiscale simulation of complex biological systems 招待 国際会議

    Kei Moritsugu

    Young Investigators Symposium on High Performance Computing  2008年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:アメリカ  

  • Langevin Model of Protein Dynamics 招待 国際会議

    Kei Moritsugu and Jeremy C. Smith

    Workshop on Computer Simulations of Soft Matter and Biosystems  2007年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:ドイツ  

  • Temperature Dependent Protein Dynamics: A Simulation-Based Probabilistic Diffusion-Vibration Langevin Description 国際会議

    Kei Moritsugu and Jeremy C. Smith

    EMBIO meeting Vienna  2006年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オーストリア  

  • Langevin Model of Protein Dynamics 国際会議

    Kei Moritsugu and Jeremy C. Smith

    Methods of Molecular Simulations 2005  2005年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ドイツ  

  • Langevin Model of Protein Dynamics 国際会議

    Kei Moritsugu and Jeremy C. Smith

    Computer Simulation and Theory of Macromolecules 2005  2005年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ドイツ  

  • 動的な座標系として表現される蛋白質のダイナミクス 招待 国内会議

    森次 圭、木寺 詔紀

    生理学研究所研究会「生体分子のダイナミクス及びプリオン機構」  2003年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡崎  

  • 動的な座標系として表現される蛋白質のダイナミクス 国内会議

    森次 圭、木寺 詔紀

    日本生物物理学会第40回年会  2002年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  • 蛋白質分子内の振動エネルギー移動―低振動モードへの拡張 国内会議

    森次 圭、宮下 治、木寺 詔紀

    日本生物物理学会第38回年会  2000年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

  • ミオグロビンの振動エネルギー緩和の分子動力学シミュレーション 国内会議

    森次 圭、宮下 治、木寺 詔紀

    第13回分子シミュレーション討論会  1999年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

▼全件表示

科研費

  • 環境パラメタを分割変数型にした動力学と環境情報入力を最適化した分子相互作用計 算

    基盤研究(C)  2023年04月

  • 計算手法を駆使しアクチン構造変化が関わるフィラメント形成の不可逆性を明らかにする

    基盤研究(C)  2023年04月

  • 高次元生命ダイナミクス時系列の機械学習による低次元系への縮約と制御への応用

    基盤研究(C)  2022年04月

  • タンパク質ダイナミクスの非マルコフ性: 状態遷移の履歴に関わる構造起源を探る

    基盤研究(C)  2020年04月

  • 深層パラメタ変動ダイナミクスと電荷分布依存ポテンシャル関数を用いた分子動力学法

    基盤研究(C)  2020年04月

  • 酵素反応のボトルネックを探る:反応経路サンプリングによる 計算と実験による検証

    基盤研究(C)  2017年04月

  • 一般化カットオフ法と合成系密度力学による多様な分子動力学 シミュレーションの実現

    基盤研究(C)  2017年04月

  • 全原子構造探索によるリガンド結合過程の解析

    若手研究(B)  2015年04月

  • 全原子構造探索によるタンパク質相互作用過程の解析

    若手研究(B)  2013年04月

▼全件表示

奨励寄附金・助成金

  • 生体分子のレアイベントサンプリング手法の開発と計算創薬への応用

    住友財団  基礎科学研究助成  2019年11月