2024/03/05 更新

写真a

ナカヤマ ユウイチ
中山 祐一
NAKAYAMA YUICHI
担当
大学院看護学研究科 看護学専攻 講師
看護学部 看護学科
職名
講師
所属
看護学研究院
所属キャンパス
羽曳野キャンパス

担当・職階

  • 大学院看護学研究科 看護学専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 看護学部 看護学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 看護学博士 ( 大阪大学 )

  • 看護学修士 ( 大阪大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 生涯発達看護学  / 小児看護学

  • 人文・社会 / 教育学  / 特別支援教育

所属学協会

  • 日本特殊教育学会

    2023年 - 継続中   国内

  • 日本家族看護学会

    2021年04月 - 継続中

  • 日本看護学教育学会

    2021年01月 - 継続中

  • 日本重症心身障害学会

  • 日本看護科学学会

  • 日本小児看護学会

  • 日本小児保健協会

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 専任査読者   日本小児看護学会   

    2023年 - 継続中 

  • 「小児保健研究」投稿論文査読委員   日本小児保健協会  

    2022年05月 - 2023年03月 

  • 第30回学術集会 企画運営委員   日本家族看護学会  

    2022年04月 - 2023年09月 

受賞歴

  • 第41回日本看護科学学会学術集会 最優秀若手口頭発表賞

    中山祐一, 菊池良太, 川原妙, 山崎あけみ

    2021年12月   公益社団法人 日本看護科学学会   重症心身障害児とその親の特別支援学校卒業後の生活に向けた準備項目の検討

  • 2021年度 看護学研究奨励賞

    中山祐一

    2021年07月   一般社団法人日本私立看護系大学協会   Conceptual Framework for Understanding the Transition of Children with Severe Motor and Intellectual Disabilities to Adult Life after Graduation

     詳細を見る

    受賞国:日本国

職務経歴(学外)

  • 大阪公立大学大学院   看護学研究科

    2022年04月 - 継続中

  • 摂南大学   看護学部

    2016年04月 - 2022年03月

学歴

  • 大阪大学   医学系研究科   保健学専攻   博士課程後期   卒業・修了

    2017年04月 - 2024年03月

  • 大阪大学   医学系研究科   保健学専攻   博士課程前期   卒業・修了

    2014年04月 - 2016年03月

論文

  • Establishing Readiness Evaluation Items for Children with Severe Motor and Intellectual Disabilities for Post-graduation Life: The Delphi Technique 査読

    Yuichi Nakayama, Tae Kawahara, Ryota Kikuchi, Akemi Yamazaki

    Journal of Special Education Research   12 ( 1 )   2024年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

  • The Development of a Feeding Coparenting Scale – for Japanese parents of fifth- and sixth-grade elementary school children 査読

    Maiko Yasuzato, Tae Kawahara, Yuichi Nakayama, Akemi Yamazaki

    Open Journal of Nursing   10 ( 2 )   171 - 183   2024年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: https://doi.org/10.4236/ ojn.2020.102011

  • Psychometric examination of the Japanese translation of the Satter eating competence Inventory-2.0™ for parents of fifth and sixth grade students. 査読

    Yasuzato M, Kikuchi R, Kawahara T, Nakayama Y, Yamazaki A

    Japan journal of nursing science : JJNS   18 ( 2 )   e12393   2021年04月( ISSN:1742-7932

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1111/jjns.12393

    PubMed

  • Conceptual Framework for Understanding the Transition of Children with Severe Motor and Intellectual Disabilities to Adult Life after Graduation 査読

    Yuichi Nakayama

    International Journal of Disability, Development and Education   2020年11月( ISSN:1465-346X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The Factors Associated with the Attitudes of Nurses Working in Medical Facilities towards Family Nursing 査読

    Motoko Hori, Akemi Yamazaki, Chisato Kimura, Yuichi Nakayama

    Open Journal of Nursing   2020年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 日本語版eating competence Satter inventory-2.0の開発及び信頼性と妥当性の検証

    安里 舞子, 菊池 良太, 新家 一輝, 川原 妙, 中山 祐一, 山崎 あけみ

    日本看護科学学会学術集会講演集   39回   [O46 - 02]   2019年11月

  • Translation and Validation of the Japanese Version of the Family Sense of Coherence Scale-Short Form in Nurses 査読

    Yuichi Nakayama, Motoko Hori, Tae Kawahara, Hikaru Sou, Akemi Yamazaki

    Open Journal of Nursing   09 ( 08 )   901 - 910   2019年08月( ISSN:2162-5344

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    人生のストレスの多い状況に対処する人の能力としてSence of Coherence(SOC)が知られている。このSOCの概念を、家族に適応させたものがFamily of Sence of Coherence(FSOC)であり、このFSOCは「家族がグループとして直面するストレスに対処する能力」を示す。本論文はその日本語版尺度の開発論文である。
    本研究者はデータ分析・論文執筆を担当した。データ分析では内的一貫性の検証(Chronbachαの算出)・安定性の検証(級内相関係数の算出)・外的基準妥当性の検証(SOC、Family APGERとの相関係数の算出)、構成概念妥当性の検証(因子分析の実施)を行い、尺度に信頼性・妥当性があることを明らかにした。

    DOI: 10.4236/ojn.2019.98067

  • 特別支援学校卒業後の重症心身障害児とその養育者の生活の安定に寄与する要因

    中山 祐一、新家 一輝、高島 遊子、山崎 あけみ

    小児保健研究   77 ( 3 )   243 - 252   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 重症心身障害児(者)とその養育者の特別支援学校卒業前後の体験 査読

    中山 祐一、新家 一輝、高島 遊子 久保田 牧子、中島 るり子、山崎 あけみ

    日本重症心身障害学会誌   41 ( 3 )   393 - 401   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • ClinicalKey Student Nursing Japanの模擬患者カルテ(RSウイルス感染症)

    中山祐一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 事例の作成)

    エルゼビアジャパン  2023年11月 

  • 小児看護学Ⅱ 子どもへのケア技術と看護過程

    ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 発熱、川崎病事例)

    2023年01月  ( ISBN:9784263237700

  • Nursing Canvas

    中山祐一, 瀬戸奈津子( 担当: 共著 ,  範囲: 小児気管支喘息での入院加療)

    Gakken  2020年07月 

     詳細を見る

    総ページ数:49-76   担当ページ:49-76  

    学童期(小学生)の小児喘息の架空事例を用いて、小児看護看護における情報収集・アセスメント・ケアのポイントについて記載した。

  • 保育・幼児教育・子ども家庭福祉辞典

    中山祐一, 鎌田佳奈美( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 発達障害、先天性心疾患、医療的ケア、喀痰吸引、経管栄養)

    株式会社ミネルヴァ書房  2020年 

     詳細を見る

    著書種別:事典・辞書  

MISC(その他記事)

講演・口頭発表等

  • 重症心身障害のある成人の一人暮らしに向けた家族のもうひとつのいえづくり ~新しい家族看護のあり方を探る~ 国内会議

    中山祐一

    第30回日本家族看護学会学術集会  2023年09月  日本家族看護学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大阪  

  • 重症心身障がい児とその保護者が 成人期に向けて準備することとは 招待 国内会議

    中山祐一

    大阪小児保健研究会  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 日本小児保健協会の魅力を再発見し 未来へつなげる ―若手会員とともに学会活動を考えようー 国内会議

    中山祐一

    第70回日本小児保健協会学術集会  2023年06月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 重症心身障害児とその親の特別支援学校卒業後の生活に向けた準備項目の検討

    中山祐一, 菊池良太, 川原妙, 山崎あけみ

    第41回 日本看護科学学会学術集会  2021年12月 

  • 医療的ケア児の現状と課題ー10年後を見据えてー 国内会議

    中山祐一, 小島令嗣, 三浦清邦, 橋本鈴世, 前林英貴

    第67回日本小児保健協会学術集会  2020年11月  日本小児保健協会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    若手による小児保健検討委員会の委員長を拝命し、長年、成人移行期の重症心身障害児の方々と深く関わってきたことから、若手委員企画として、このシンポジウムを企画した。当日は座長としてシンポジウムの運営を行い、シンポジストと医療的ケア児の10年後を見据えて、今どう行動すべきかディスカッションを行った。

  • Creating a framework for children with severe motor and intellectual disabilities (CSMID) in transitional period from pediatric to adult life using the ICF-CY coding system 国際会議

    Yuichi Nakayama, Akemi Yamazaki

    第6回世界看護科学学会学術集会  2020年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 日本語版eating competence Satter Inventory-2.0の開発及び信頼性妥当性の検証 国内会議

    安里舞子, 菊池良太, 新家一輝, 川原妙, 中山祐一, 山崎あけみ

    第39回日本看護科学学会学術集会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 施設職員との連携による障がい者福祉センターでの小児看護教育実践報告 国内会議

    亀田直子, 池田友美, 中山祐一, 鎌田佳奈美, 鎌倉義雄

    第45回日本重症心身障害学会学術集会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山  

  • NURSES’ ATTITUDES TOWARDS THE IMPORTANCE OF FAMILIES AND RELATED FACTORS IN JAPAN’S HOSPITALS 国際会議

    Motoko Hori, Yuichi Nakayama, Akemi Yamazaki

    22nd East Asian Forum Nursing Scholars 2019  2019年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The effect of a training program on pediatric nurses’ support for families experiencing maltreatment 国際会議

    Kanami Kamata, Naoko Kameda, Yuichi Nakayama, Tomomi Ikeda, Saeko Tsuji

    22nd East Asian Forum Nursing Scholars 2019  2019年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • The effect of a training program on pediatric nurses’ support for families experiencing maltreatment

    2019年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Translation and Validation of a Japanese Version of the Family Sense of Coherence Scale

    Yuichi Nakayama, Motoko Hori, Tae Kawahara, Akemi Yamazaki.

    2018年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 地域で看護がつながることの、子ども、家族にとっての意味

    新家一輝,竹本由子,中山祐一,他

    日本小児看護学会第28回学術集会 ワークショップ  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 大阪の医療的ケアを必要とするこどもと家族を支える看護研究会:実践報告

    新家 一輝 , 竹本 由子, 藤木 陽子 , 久保田 牧子 , 宮下 由美 , 清水 史恵 , 大田 麻衣子 , 中井 真由美 , 中山 祐一

    第8回小児在宅医療支援研究会  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医療機関における積極的な子育て支援を目指した学習プログラムの実践報告

    池田友美、鎌田佳奈美、亀田直子、中山祐一、辻佐恵子

    第64回日本小児保健協会学術集会   2017年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 不適切な養育状況にある家族を支援する小児看護師の学習プログラムに関する研究 ―看護師の支援の現状とニーズー

    鎌田佳奈美、池田友美、亀田直子、中山祐一、辻佐恵子

    日本子ども虐待防止学会 第23回学術集会  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 介護スタッフから見た障害者のケア環境支援に つながるコミュニティ・カフェの在り方

    鯵坂誠之 , 池田友美 , 中山祐一 , 吉田広美 , 金 京蘭 , 郷間英世

    第42回日本重症心身障害学会学術集会  2016年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • The key factors that contribute to fulfilling lives for japanese adolescents with severe motor and intellectual disabilities and their parents: transition issues after graduation from special needs school

    Yuichi Nakayama、Kazuteru Niinomi、Yuko Takashima、Makiko Kubota、Ruriko Nakajima、Akemi Ymazaki

    2016年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • The experiences of Japanese adolescents with severe motor and intellectual disabilities and their parents before and after graduation from special needs school

    Yuichi Nakayama、Kazuteru Niinomi、Yuko Takashima、Makiko Kubota、Ruriko Nakajima、Akemi Ymazaki

    2016年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

Works(作品等)

  • 大阪の医療的ケアを必要とするこどもと家族を支える看護研究会

    2015年04月
    -
    継続中

     詳細を見る

    大阪在住の重症心身障害児のために、今何ができるかを多職種(特別支援学校教員、養護教諭、児童デイサービス職員、看護師、保護者)と検討している。

科研費

  • 血後の小児ががんばったと実感できるLMSを利用した看護師向けの学習プログラム開発

    基盤研究(C)  2023年04月

  • 重症心身障害児の進路指導に活用できる移行アセスメントツールの実用化に向けた研究

    基盤研究(C)  2021年04月

  • 重症心身障害児と養育者の特別支援学校卒業後に向けた移行アセスメント ツールの開発

    若手研究  2018年04月

  • 不適切な養育の家族に対応する小児看護師のための学習プログラムの作成とその効果測定

    基盤研究(C)  2014年04月

独自項目・特記事項(研究活動)

  • 2023年度

     詳細を見る

    独自項目:日本小児保健協会会員ニーズ調査実施

    特記事項:会員ニーズ調査の質問紙作成、報告書作成を担当

担当授業科目

  • 家族支援看護学実習:小児

    2023年度   集中講義   大学

  • 初年次ゼミナール

    2023年度   週間授業   大学院

  • 小児看護学実習3

    2023年度   集中講義   大学院

  • 小児看護学実習2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 総合実習

    2023年度   集中講義   大学

  • 総合研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 家族支援論:小児II

    2023年度   週間授業   大学

  • 小児看護学演習2B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 小児看護学演習2A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 小児看護学支援論

    2023年度   集中講義   大学

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 地域母子保健論

    2024年04月
    -
    継続中
    機関名:大阪医科大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 社会資源と多職種連携-地域における医療的ケア児の支援体制の実際-

    2023年04月
    -
    継続中
    機関名:獨協医科大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

論文・研究指導集計

  • 2023年度

    卒業論文指導数:2名  卒業論文審査数:2件

    博士前期課程学生指導数:1名  博士後期課程学生指導数:1名

    修士論文審査数(主査):0件  修士論文審査数(副査):0件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

  • 2022年度

    卒業論文指導数:2名  卒業論文審査数:2件

    博士前期課程学生指導数:0名  博士後期課程学生指導数:0名

    修士論文審査数(主査):0件  修士論文審査数(副査):0件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

社会貢献活動

  • 日本家族看護学会 企画運営委員

    役割:企画, 運営参加・支援

    2022年04月 - 2023年09月

  • おやのかい・おおさか〈重度障害者・児在宅ネットワーク〉のアドバイザー

    役割:助言・指導

    2014年04月 - 継続中

     詳細を見る

    対象: 未就学児, 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 大学院生, 保護者

    大阪で暮らす重症心身障害児・者・保護者が親の会を立ち上げた。立ち上げの準備段階からアドバイザーとして加わっている。本研究者が得た知見を会員に配信するなど、微力ながら運営に関わらせていただいている。

学術貢献活動

  • 日本家族看護学会 運営委員

    役割:企画立案・運営等

    日本家族看護学会  2022年04月 - 2023年09月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  • 若手による小児保健検討委員会

    日本小児保健協会  2019年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等