2024/03/01 更新

写真a

モロトミ タダアキ
諸富 公昭
MOROTOMI TADAAKI
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 准教授
医学部 医学科
職名
准教授
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    准教授  2023年01月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    准教授  2023年01月 - 継続中

取得学位

  • 医学博士 ( 近畿大学 )

  • 医学学士 ( 近畿大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 生体医工学  / 骨力学解析

  • ライフサイエンス / 形成外科学  / シミュレーション外科

  • ライフサイエンス / 外科学一般、小児外科学  / 再生医学

研究キーワード

  • 顔面骨骨折

  • 顎変形症

  • 頭蓋顎顔面外科

  • 美容外科

  • 有限要素法

  • 抗加齢 アンチエイジング

  • 形成外科

  • 先天異常

  • 人工骨

  • シミュレーション

所属学協会

  • 見た目のアンチエイジング研究会

    2022年07月 - 継続中

  • 日本顔学会

  • 日本顎変形症学会

  • 日本頭蓋顎顔面外科学会

  • 日本臨床皮膚外科学会

  • 日本美容外科学会 (JSAS)

  • 日本美容外科学会 (JSAPS)

  • 日本抗加齢医学会

  • 日本形成外科学会

  • 日本口蓋裂学会

  • 日本創傷外科学会

  • 日本先天異常学会

  • 日本レックリングハウゼン病学会

  • 日本シミュレーション外科学会

  • 日本コンピュータ外科学会

  • European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery

▼全件表示

受賞歴

  • 第33回日本シミュレーション外科学会 最優秀演題賞

    諸富公昭, 丹羽幸司, 鬼頭恵司, 鬼頭雄也, 元村尚嗣

    2023年12月   日本シミュレーション外科学会   下顎 short lingual osteotomy における異常骨折を防ぐための要点について The essentials to prevent mal fractures for short lingual osteotomy of mandible using finite element method.

職務経歴(学外)

  • 大阪公立大学大学院医学研究科   形成外科学

    2023年01月 - 継続中

  • 大阪公立大学医学部   形成外科   非常勤医師

    2020年09月 - 2021年03月

  • 香川大学 医学部   形成外科   非常勤講師

    2017年09月 - 継続中

  • 近畿大学医学部   形成外科

    2016年04月 - 2022年12月

論文

  • 増刊号 形成外科学界未来予想図 5.頭蓋顔面骨のバイオマテリアル-現状と今後-

    諸富 公昭

    形成外科   66 ( 13 )   S110 - S113   2023年06月( ISSN:00215228

     詳細を見る

  • 中顔面の骨折:頬骨・眼窩骨折

    諸富公昭, 藤川平四郎, 前田周作, 出口綾香, 元村尚嗣

    PEPARS   196   68 - 76   2023年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Epidermoid cyst of Orbit Requiring Cranialization of Frontal sinus 査読

    Tadaaki Morotomi, Hitoshi Nishiwaki, Tomomi Iuchi, Yasuhiro Sanada, Hitomi Nakao, Mitsugu Fujita, Koji Niwa

    ePlasty (ISSN 1937-5719)   23 ( QA3 )   QA3   2023年01月( ISSN:1937-5719

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    How often do intracranial epidermoid cysts occur?Is a coronary incision necessary?What are the steps of the procedure, difficulties encountered, and process for circumventing those difficulties?What is the follow-up protocol and outcome?

    PubMed

  • Usefulness of Customized Titanium Plates for Midface Contouring Surgery 査読

    Tadaaki Morotomi, Tomomi Iuchi, Narihiko Hirano, Mitsugu Fujita, Koji Niwa

    International Journal of Surgery Case Reports   96   107324 - 107324   2022年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    INTRODUCTION AND IMPORTANCE: In our department, we have been performing bone reconstructions on a case-by-case basis using vascularized free tissue transfers and custom-made artificial bones (HA). While these procedures have specific advantages, they are also limited in terms of the invasiveness as well as the stability and strength of implants. In the present study, we describe the use of a CTP to achieve minimally invasive midface plastic surgery with the superior moldability of a 3D structure and reliable stability compared to the use of autologous tissue. CASE PRESENTATION: A total of three patients were included in the study. The patients (all female, ages: 66, 18, and 35 years) had bone malformation or hemifacial microsomia following surgery for maxillary cancer or multiple facial fractures. Based on DICOM data from preoperative CT, 3D models were created on a computer using CAD/CAM techniques. The models were compared in simulations to determine the optimal structure. These 3D models were used in additive manufacturing systems to create custom-made titanium alloy plates for facial reconstruction. CLINICAL DISCUSSION: Although the amount of soft tissue was insufficient in some cases, all patients were able to maintain the desired morphology without developing any complications such as infections, significant soft tissue atrophy, or implant failure. CONCLUSION: Our CTP model created by CAD/CAM was effective in contouring surgery of the midface as it had the superior stability and biocompatibility of titanium. Changes to the soft tissue should also be considered in order to further improve the procedure.

    DOI: 10.1016/j.ijscr.2022.107324

    PubMed

  • A Case of the Iliac Crest Fracture After Iliac Bone Harvesting: A Review of the Etiology of Fracture Using Finite Element Method (FEM) Analysis 査読

    Tadaaki Morotomi, Hitoshi Nishiwaki, Koji Niwa

    Biomed J Sci & Tech Res   44 ( 2 )   35399 - 35404   2022年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    DOI: 10.26717/BJSTR.2022.44.007031

  • Assessment of Bone Strength in Atrophic Edentulous Mandible by using Finite Element Method 査読

    Tadaaki Morotomi, Narihiko Hirano, Hitoshi Nishiwaki, Tomomi Iuchi, Koji Niwa

    Biomed J Sci & Tech Res   43 ( 3 )   34676 - 34680   2022年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.26717/BJSTR.2022.43.006918

  • Location-Based Surgical Approaches for Orbital Tumor Resection 査読

    Tadaaki Morotomi, Narihiko Hirano, Yasuhiro Sanada, Mitsugu Fujita, Koji Niwa

    Mathews Journal of Ophthalmology   6 ( 1 )   1 - 8   2022年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.30654/MJOP.10027

  • 顎骨骨折整復術の要点

    諸富公昭

    PEPARS   180 ( 180 )   49 - 58   2022年01月( ISSN:1349-645X ( ISBN:9784865193800

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    顎骨骨折は、受傷原因が様々であり、骨折の状態は多岐にわたる。顎骨骨折の治療の本質は、形態と機能の回復である。顎骨の診断には、CTとパノラマX線撮影が有用であるが、気道閉塞や持続する出血、また、歯牙損傷、歯槽骨骨折、合併する他の骨折などを注意深く診断していく必要がある。整復固定は、顎骨におけるbuttress構造の再建を行い、適したプレートなどを用いて行う。この時に重要なのは、咬合の再現をまず行い、そのあと上下顎を一塊として周囲に保定することである。本稿では、顎骨骨折整復術における診断から治療、および特有の問題点について述べる。(著者抄録)

  • 外性器を含む広汎な会陰皮膚組織切除を伴う骨盤内臓全摘術で切除しえた局所進展痔瘻癌の1例

    家根 由典, 肥田 仁一, 幕谷 悠介, 牛嶋 北斗, 吉岡 康多, 岩本 哲好, 大東 弘治, 所 忠男, 上田 和毅, 筑後 孝章, 諸富 公昭, 川村 純一郎

    日本消化器外科学会雑誌   53 ( 11 )   916 - 924   2020年11月( ISSN:0386-9768

     詳細を見る

    症例は56歳の男性で,15年前より痔瘻と診断され近医で加療されていた.難治性痔瘻増悪の診断で当科を紹介受診された際には,臀部から陰嚢および陰茎にかけて多数の瘻孔と排膿が認められた.肛門管後壁の瘻孔からの生検にて痔瘻癌と診断した.また,腸管同士の瘻孔形成を認め,尿道・膀胱への瘻孔形成が疑われた.痔瘻は広汎かつ深部に及び,会陰部の炎症が強いため,まずS状結腸人工肛門造設術を行い,全身状態と会陰部の炎症所見を改善させたうえで,外性器を含む広汎な会陰皮膚組織切除を伴う骨盤内臓全摘を行い,会陰欠損部に対して腹直筋皮弁形成術を施行した.現在,術後19ヵ月無再発生存中である.本例のように,腸管や尿道・膀胱への浸潤に加え,広汎な会陰部の皮膚浸潤が疑われる局所進展痔瘻癌に対しては,根治のために外性器切除を含めた広範囲の一塊切除が必要であると考えられる.(著者抄録)

  • Evaluation of fat thickness in the intramammary groove of adult female patients with pectus excavatum 査読

    Nagasao T, Miyanagi T, Tamai M, Hatano A, Kogure T, Morotomi T

    Eur J Plast Surg   45   89 - 94   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00238-020-01777-y

  • 工夫! ハイブリッドMMFシステムにおけるスクリュー刺入部位の安全性と刺入順序

    西脇 仁, 諸富 公昭, 平野 成彦, 一ノ橋 紘平, 井内 友美, 丹羽 幸司, 磯貝 典孝

    形成外科   63 ( 1 )   114 - 120   2020年01月( ISSN:0021-5228

     詳細を見る

    歯牙や歯根損傷を回避して歯槽骨へのスクリュー刺入をより安全に行う方法について検討した。対象は、2013年1月〜2017年12月までの5年間に治療した顎骨骨折患者58例(男性41例、女性17例)とした。X線、CTを用いて計測し、得られた歯根尖間距離からSMART Lock Hybrid MMF(SLH)スクリュー刺入における安全領域と刺入順序について評価した。その結果、上顎の歯根尖間距離は、左右ともに側切歯-犬歯間が最大で、第1・2小臼歯間が最小であった。下顎は、左右ともに側切歯-犬歯間が最も広く、中切歯-側切歯間が最も狭かった。以上より、スクリュー刺入の安全領域は、上顎は第2小臼歯と第1大臼歯の間で、下顎は犬歯から第2大臼歯までの臼歯部であった。危険領域は上顎は、歯根尖間距離の最も小さい第1・2小臼歯間で、下顎は歯根尖間距離のもっとも小さい切歯・側切歯間であった。スクリュー刺入順序においては、上顎は、正中(切歯間)にスクリュー刺入し、SLHの固定に用いる基準点とする。次に側切歯・犬歯間にスクリュー刺入する。最後に第2小臼歯・第1大臼歯間にスクリュー刺入する。下顎も上顎と同様の順序だが、上下第1大臼歯の咬頭嵌合位とするため、上顎に刺入したスクリューに対応した位置とした。

  • ハイブリッドMMFシステムにおけるスクリュー刺入部位の安全性と剌入順序 査読

    西脇 仁, 諸富 公昭, 平野 成彦, 一ノ橋 紘平, 井内 友美, 丹羽 幸司, 磯貝 典孝

    形成外科   63 ( 1 )   114 - 120   2020年01月( ISSN:0021-5228

     詳細を見る

    歯牙や歯根損傷を回避して歯槽骨へのスクリュー刺入をより安全に行う方法について検討した。対象は、2013年1月〜2017年12月までの5年間に治療した顎骨骨折患者58例(男性41例、女性17例)とした。X線、CTを用いて計測し、得られた歯根尖間距離からSMART Lock Hybrid MMF(SLH)スクリュー刺入における安全領域と刺入順序について評価した。その結果、上顎の歯根尖間距離は、左右ともに側切歯-犬歯間が最大で、第1・2小臼歯間が最小であった。下顎は、左右ともに側切歯-犬歯間が最も広く、中切歯-側切歯間が最も狭かった。以上より、スクリュー刺入の安全領域は、上顎は第2小臼歯と第1大臼歯の間で、下顎は犬歯から第2大臼歯までの臼歯部であった。危険領域は上顎は、歯根尖間距離の最も小さい第1・2小臼歯間で、下顎は歯根尖間距離のもっとも小さい切歯・側切歯間であった。スクリュー刺入順序においては、上顎は、正中(切歯間)にスクリュー刺入し、SLHの固定に用いる基準点とする。次に側切歯・犬歯間にスクリュー刺入する。最後に第2小臼歯・第1大臼歯間にスクリュー刺入する。下顎も上顎と同様の順序だが、上下第1大臼歯の咬頭嵌合位とするため、上顎に刺入したスクリューに対応した位置とした。

    CiNii Article

  • Influence of Periosteum Location on the Bone and Cartilage in Tissue-Engineered Phalanx 査読

    Tomomi Iuchi, Hirohisa Kusuhara, Yoshio Ueda, Tadaaki Morotomi, Noritaka Isogai

    Journal of Hand Surgery   45 ( 1 )   62.e1 - 62.e10   2020年01月( ISSN:0363-5023

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    © 2020 American Society for Surgery of the Hand Purpose: This study investigated the influence of periosteal tissue of different origins on the calcification at the diaphysis and chondrocyte maturation at the epiphysis in an engineered phalanx. We hypothesized that the periosteum from long bones would better provide donor cells for bone formation and signals for maturation of the joint cartilage. Methods: Periosteum was harvested from 4 locations (cranium, mandible, radius, and ilium) of calf bones. A human phalangeal bone-shaped, biodegradable, 3-dimensional scaffold hydroxyapatite-poly L-lactic-ɛ-caprolactone (HA-P[LA/CL]) was prepared using a human phalangeal bone-shaped template. A bioengineered human phalanx was fabricated by combining periosteal grafts with biodegradable copolymers. The joint cartilage region (chondrocyte/polyglycolic acid [PGA] composite) was subsequently sutured to the phalangeal bone region (periosteum/HA-P[LA/CL] composite) with absorbable sutures to make a human phalangeal bone model. These were then implanted in nude mice for maturation of the constructs. Macroscopic, radiographic, histological, and immune-histochemical evaluations were carried out to determine the relative influence of the periosteal graft source on bone and cartilage formation at 10 and 20 weeks after implantation. Results: Calcification localized under the periosteum was noted in the cranium, radius, and ilium groups after 10 weeks, which markedly expanded at the modelled diaphysis after 20 weeks. The width in the minor axis direction tended to increase with time after grafting in the cranium group, whereas the longitudinal length increased in the radius and ilium groups. The joint cartilage thickness changed with time depending on the type of periosteum, and periosteum collected from the radius and ilium was associated with the greatest cartilage thickness in the joint cartilage maturation process. Conclusions: These results suggest that periosteum collected from radius of calves demonstrated superior bone formation and chondrocyte maturation in the engineered phalanx compared with other sources of periosteum. Clinical relevance: The osteogenic capacity depends on the periosteal source regardless of intramembranous or endochondral ossification. The appropriate periosteal choice is essential in the phalangeal bone and cartilage tissue engineering. The results are important for broadening tissue engineering possibilities for clinical application.

    DOI: 10.1016/j.jhsa.2019.02.002

    PubMed

  • 外性器を含む広汎な会陰皮膚組織切除を伴う骨盤内臓全摘術で切除しえた局所進展痔瘻癌の1例 査読

    家根 由典, 筑後 孝章, 諸富 公昭, 川村 純一郎, 肥田 仁一, 幕谷 悠介, 牛嶋 北斗, 吉岡 康多, 岩本 哲好, 大東 弘治, 所 忠男, 上田 和毅

    日本消化器外科学会雑誌   53 ( 11 )   916 - 924   2020年( ISSN:0386-9768

     詳細を見る

    <p>症例は56歳の男性で,15年前より痔瘻と診断され近医で加療されていた.難治性痔瘻増悪の診断で当科を紹介受診された際には,殿部から陰囊および陰茎にかけて多数の瘻孔と排膿が認められた.肛門管後壁の瘻孔からの生検にて痔瘻癌と診断した.また,腸管同士の瘻孔形成を認め,尿道・膀胱への瘻孔形成が疑われた.痔瘻は広汎かつ深部に及び,会陰部の炎症が強いため,まずS状結腸人工肛門造設術を行い,全身状態と会陰部の炎症所見を改善させたうえで,外性器を含む広汎な会陰皮膚組織切除を伴う骨盤内臓全摘を行い,会陰欠損部に対して腹直筋皮弁形成術を施行した.現在,術後19か月無再発生存中である.本例のように,腸管や尿道・膀胱への浸潤に加え,広汎な会陰部の皮膚浸潤が疑われる局所進展痔瘻癌に対しては,根治のために外性器切除を含めた広範囲の一塊切除が必要であると考えられる.</p>

    DOI: 10.5833/jjgs.2020.0008

    CiNii Article

    その他URL: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J01117&link_issn=&doc_id=20201202420009&doc_link_id=10.5833%2Fjjgs.2020.0008&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5833%2Fjjgs.2020.0008&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 性同一性障害患者の受け入れについて―MTF(Male to Female)特性に基づく医療側の対応― 査読

    丹羽 幸司, 織田 裕行, 石井 慧, 康 純, 諸富 公昭, 磯貝 典孝

    近畿大学医学雑誌 = Medical Journal of Kindai University   44 ( 1 )   9 - 15   2019年06月( ISSN:0385-8367

     詳細を見る

    [抄録]性同一性障害(Gender Identity Disorder, GID)は,Female to Male(FTM)と Male to Female(MTF)に大別される.MTF患者に手術治療を行う場合,その精神医学的な特性から,医療側として特別な対応が必要と考えられる.ロールシャッハ・テストに基づく分析によれば,MTFは,FTMに比較して情緒的に不安定であり,悲観的な自己イメージ,逸脱した思考を持つ傾向にあることがうかがわれる.このMTFの精神医学的な特性を鑑み,手術適応の判断においては慎重な医療体制を整える必要があると考える.日本精神神経学会の「性同一性障害の診断と治療のガイドライン」に則した身体治療適応判定会議で手術治療の承認が得られている患者であっても,GIDに精通した精神科医の外来診察を設けて検討し,場合によっては身体的治療を行う前に精神療法を行うことが重要であると考えられる.そのうえで身体治療医から十分過ぎるインフォームドコンセントを行い,それでもなお手術治療を受けたいと希望する患者を受け入れるべきである.GID患者を受け入れるに際して,特にMTF患者の望ましくない特性を引き出すことのないように,きめの細かい病院対応が求められる.加えて,身体治療を行う医師,特に外科医としての心構えを考え続けたい.

    CiNii Article

  • Bone-cartilage proportion in deformed ribs of male pectus excavatum patients 査読

    Tomohisa Nagasao, Niyazi Aizezi, Masahiko Noguchi, Tadaaki Morotomi, Hiroo Kudo, Tetsukuni Kogure

    Journal of Plastic Surgery and Hand Surgery   53 ( 3 )   143 - 148   2019年05月( ISSN:2000-656X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    © 2019, © 2019 Acta Chirurgica Scandinavica Society. This study verifies the hypothesis that bone/cartilage proportion in deformed ribs of male pectus excavatum patients varies according to their ages. Anatomical evaluation of the thoraces was performed for 79 male pectus excavatum patients, referring to their three-dimensional computer-tomographic images. The patients were divided into Child Group (5–9 years old: n = 35); Adolescent Group (12–15 years old: n = 15) and Adult Group (18+ years old: n = 29). For each patient, the most concave point of the sternum was identified and the pair of ribs closest to the point were defined as Key Ribs. On each Key Rib, the most ventral point was defined as Prominent Point (PP); the junction between the bone and cartilage was defined as Costo-Chondral Junction (CCJ). The distances of these points from the spine were defined as Distance of Prominent Point (DPP) and Distance of Costo-Chondral Junction (DCCJ), respectively. The horizontal length of the Key Rib was defined as Rib Length (RL). Inter- and intra-group comparisons were performed for DPP/RL and DCCJ/RL. Inter-Group Comparison: DCCJ/RL is significantly smaller and DPP/RL is significantly greater in Adult Group than in Child Group, meaning CCJs shift medially and PPs shift laterally as patients get older. Intra-Group Comparison: In Child Group, DCCJ/RL is significantly greater than DPP/RL, meaning CCJs exist lateral to PPs. Contrarily, in Adult Group, DCCJ/RL is significantly smaller than DPP/RL, meaning CCJs exists medial to PPs. Bone/cartilage proportion in the concave part of the chest shifts according to patients’ ages. To perform the Nuss procedure effectively, this age-related anatomical change must be taken into consideration.

    DOI: 10.1080/2000656X.2018.1554532

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物

  • 顔の変形(先天性、後天性)の治療に関する最新の知見

    諸富公昭( 範囲: 質疑応答:プロからプロへ)

    日本医事新報 No.5208 p61  2024年02月 

  • PEPASRS 顔の外傷 治療マニュアル

    諸富 公昭( 担当: 編集)

    全日本病院出版会  2023年04月 

  • 形成外科診療ガイドライン3(2021年版)感染創診療ガイドライン

    ( 担当: 分担執筆)

    金原出版株式会社  2021年09月 

  • 形成外科専攻医への推奨論文

    ( 担当: 分担執筆)

    克誠堂  2021年06月 

  • 形成外科次世代の本音

    ( 担当: 単著)

    克誠堂  2019年12月 

MISC(その他記事)

  • 【形成外科学界未来予想図】頭頸部・顔面外科 頭蓋顔面骨のバイオマテリアル 現状と今後

    諸富 公昭

    形成外科   66 ( 増刊 )   S110 - S113   2023年06月( ISSN:0021-5228

  • 【顔の外傷 治療マニュアル】中顔面の骨折 頬骨・眼窩骨折

    諸富 公昭, 藤川 平四郎, 前田 周作, 出口 綾香, 元村 尚嗣

    PEPARS   ( 196 )   68 - 76   2023年04月( ISSN:1349-645X

     詳細を見る

    顔面外傷の治療は,機能性はもちろん審美性にも配慮した治療を行う必要がある.顔面骨骨折では軟部組織や隣接する骨折を伴っていることもあるため,形成外科医だけではなく,他科医師と連携をとることも大切である.本稿では,顔面骨骨折の中でも比較的取り扱うことが多い頬骨骨折と眼窩骨折(主に眼窩底骨折)の治療方法について,基本的な治療方針と臨床上注意すべき点を解説する.(著者抄録)

  • 片側性下顎過形成による顔面非対称に対して,上下顎移動術と下顎下縁形成を行った1例

    家村真実, 諸富公昭, 平野成彦, 西脇仁, 末吉遊, 磯貝典孝, 丹羽幸司

    日本形成外科学会会誌   42 ( 4 )   2022年( ISSN:0389-4703

     詳細を見る

  • 【顔面骨骨折を知り尽くす】顎骨骨折整復術の要点

    諸富 公昭

    PEPARS   ( 180 )   49 - 58   2021年12月( ISSN:1349-645X

     詳細を見る

    顎骨骨折は、受傷原因が様々であり、骨折の状態は多岐にわたる。顎骨骨折の治療の本質は、形態と機能の回復である。顎骨の診断には、CTとパノラマX線撮影が有用であるが、気道閉塞や持続する出血、また、歯牙損傷、歯槽骨骨折、合併する他の骨折などを注意深く診断していく必要がある。整復固定は、顎骨におけるbuttress構造の再建を行い、適したプレートなどを用いて行う。この時に重要なのは、咬合の再現をまず行い、そのあと上下顎を一塊として周囲に保定することである。本稿では、顎骨骨折整復術における診断から治療、および特有の問題点について述べる。(著者抄録)

  • 性同一性障害患者の受け入れについて MTF(Male to Female)特性に基づく医療側の対応

    丹羽 幸司, 織田 裕行, 石井 慧, 康 純, 諸富 公昭, 磯貝 典孝

    近畿大学医学雑誌   44 ( 1-2 )   9 - 15   2019年06月( ISSN:0385-8367

     詳細を見る

    性同一性障害(Gender Identity Disorder、GID)は、Female to Male(FTM)とMale to Female(MTF)に大別される。MTF患者に手術治療を行う場合、その精神医学的な特性から、医療側として特別な対応が必要と考えられる。ロールシャッハ・テストに基づく分析によれば、MTFは、FTMに比較して情緒的に不安定であり、悲観的な自己イメージ、逸脱した思考を持つ傾向にあることがうかがわれる。このMTFの精神医学的な特性を鑑み、手術適応の判断においては慎重な医療体制を整える必要があると考える。日本精神神経学会の「性同一性障害の診断と治療のガイドライン」に則した身体治療適応判定会議で手術治療の承認が得られている患者であっても、GIDに精通した精神科医の外来診察を設けて検討し、場合によっては身体的治療を行う前に精神療法を行うことが重要であると考えられる。そのうえで身体治療医から十分過ぎるインフォームドコンセントを行い、それでもなお手術治療を受けたいと希望する患者を受け入れるべきである。GID患者を受け入れるに際して、特にMTF患者の望ましくない特性を引き出すことのないように、きめの細かい病院対応が求められる。加えて、身体治療を行う医師、特に外科医としての心構えを考え続けたい。(著者抄録)

  • ラット頭蓋冠欠損モデルを用いたリン酸三カルシウムファイバースキャフォルドの骨形成能の評価

    大野李瑛, 永田幸平, 横田倫啓, 湯座丞太郎, 諸富公昭, 磯貝典孝, 梶原理一, 相澤守

    日本セラミックス協会年会講演予稿集(CD-ROM)   2019   2019年

     詳細を見る

  • 当科における最近の顎間固定法について

    西脇仁, 諸富公昭, 井内友美, 丹羽幸司, 磯貝典孝

    日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会プログラム・抄録集   37th   2019年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 下顎枝矢状分割時のshort lingual osteotomyにおける異常骨折を防ぐための要点について

    諸富公昭, 丹羽幸司, 鬼頭恵司, 鬼頭雄也, 元村尚嗣

    第33回日本シミュレーション外科学会  2023年12月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 眼窩ブローアウト骨折治療で心掛けていること 招待

    諸富公昭, 藤川平四朗, 小島空翔, 姜成樹, 藤井奈穂, 前田周作, 元村尚嗣

    第41回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会 シンポジウム 3 : 眼窩ブローアウト骨折治療の哲学  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 医工学 下顎short lingual osteotomyにおける異常骨折を防ぐための要点について

    諸富 公昭, 丹羽 幸司, 鬼頭 恵司, 鬼頭 雄也, 元村 尚嗣

    日本シミュレーション外科学会会誌  2023年11月  日本シミュレーション外科学会

  • 眼窩ブローアウト骨折治療の哲学 眼窩ブローアウト骨折治療で心掛けていること

    諸富 公昭, 藤川 平四朗, 小島 空翔, 姜 成樹, 藤井 奈穂, 前田 周作, 元村 尚嗣

    日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会プログラム・抄録集  2023年11月  (一社)日本頭蓋顎顔面外科学会

  • 体になじむ、優しい材料を作りたい! 招待

    諸富公昭

    ものづくり医療コンソーシアム 学術発表会  2023年10月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 体になじむ、優しい材料を作りたいのです! 招待

    諸富公昭

    大阪公立大学 第13回 医工連携 WEBIAR  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 顔面骨骨折治療 の エッセンス 招待

    諸富公昭

    Webinar 日本メディカルネクスト株式会社  2023年06月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 無歯顎下顎骨における骨折要因の検討:構造力学の視点から

    諸富公昭, 藤川平四朗, 前田周作, 丹羽幸司, 元村尚嗣

    第23回日本抗加齢医学会  2023年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 無歯顎下顎骨における骨折要因の検討 構造力学の視点から

    諸富 公昭, 藤川 平四郎, 前田 周作, 丹羽 幸司, 元村 尚嗣

    日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集  2023年06月  (一社)日本抗加齢医学会

  • 見えない術野の操作を安全に行うために 招待

    諸富公昭, 藤川平四郎, 前田周作, 出口綾香, 元村尚嗣

    第66回日本形成外科学会総会・学術集会  2023年04月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 無歯顎下顎骨骨折における構造力学の検討

    諸富 公昭, 末吉 遊, 中尾 仁美, 末吉 俊貴, 丹羽 幸司

    日本シミュレーション外科学会会誌  2022年12月  日本シミュレーション外科学会

  • 眼窩骨折治療の今

    諸富 公昭

    日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会プログラム・抄録集  2022年11月  (一社)日本頭蓋顎顔面外科学会

  • 眼窩骨折に対するRAPIDSORBの使用経験

    諸富公昭, 西脇仁, 中尾仁美, 平野成彦

    第14回日本創傷外科学会  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 片側性下顎過形成による顔面非対称に対して、上下顎移動術と下顎下縁形成を行った1例

    家村 真実, 諸富 公昭, 平野 成彦, 西脇 仁, 末吉 遊, 磯貝 典孝, 丹羽 幸司

    日本形成外科学会会誌  2022年04月  (一社)日本形成外科学会

  • 片側性下顎過形成による顔面非対称に対して、上下顎移動術と下顎下縁形成を行った1例

    家村 真実, 諸富 公昭, 平野 成彦, 西脇 仁, 末吉 遊, 磯貝 典孝, 丹羽 幸司

    日本形成外科学会会誌  2022年04月  (一社)日本形成外科学会

  • 当科における眼窩内腫瘍の手術方法について

    諸富公昭, 西脇仁, 平野成彦

    第33回日本眼瞼義眼床手術学会  2022年 

  • 眼窩骨折の受傷時CT画像からみた予後の検討

    西脇仁, 諸富公昭, 平野成彦, 井内友美, 丹羽幸司, 磯貝典孝

    第65日本形成外科学会総会  2022年 

  • 当科における眼窩骨折術後の切開創部に対する整容的検討

    西脇仁, 諸富公昭, 平野成彦

    第33回日本眼瞼義眼床手術学会  2022年 

  • 良性と診断されたが、再発後、耳介表在型平滑筋肉腫と診断された一例

    井内 友美, 諸富 公昭, 丹羽 幸司, 西脇 仁, 平野 成彦, 磯貝 典孝

    日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会プログラム・抄録集  2021年11月  (一社)日本頭蓋顎顔面外科学会

  • 当院における顔面多発骨折を伴う下顎骨骨折の臨床的検討

    西脇 仁, 諸富 公昭, 井内 友美, 丹羽 幸司

    日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会プログラム・抄録集  2021年11月  (一社)日本頭蓋顎顔面外科学会

  • 審美的要素を重視した顔の形の治療

    諸富 公昭

    日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会プログラム・抄録集  2021年11月  (一社)日本頭蓋顎顔面外科学会

  • 当科における下顎骨骨折の手術アプローチの選択

    西脇 仁, 平野 成彦, 諸富 公昭

    口腔顎顔面外傷  2021年10月  日本口腔顎顔面外傷学会

  • 当科における下顎骨骨折の手術アプローチの選択

    西脇 仁, 平野 成彦, 諸富 公昭

    口腔顎顔面外傷  2021年10月  日本口腔顎顔面外傷学会

  • 当科における下顎骨骨折の手術アプローチの選択

    西脇 仁, 平野 成彦, 諸富 公昭

    口腔顎顔面外傷  2021年10月  日本口腔顎顔面外傷学会

  • 顔面骨折に対するアプローチ 私のコツ 形成外科手術における冠状切開のコツ

    諸富 公昭, 西脇 仁, 平野 成彦, 南雲 吉祥, 磯貝 典孝, 丹羽 幸司

    日本形成外科学会会誌  2021年07月  (一社)日本形成外科学会

  • 顔面骨折に対するアプローチ 私のコツ 形成外科手術における冠状切開のコツ

    諸富 公昭, 西脇 仁, 平野 成彦, 南雲 吉祥, 磯貝 典孝, 丹羽 幸司

    日本形成外科学会会誌  2021年07月  (一社)日本形成外科学会

  • Ravitch法に拡大大胸筋外腹斜筋筋膜弁を併用した漏斗胸手術

    上田 吉生, 草田 朗子, 中川 由美子, 新田 匡章, 諸富 公昭

    日本形成外科学会会誌  2021年04月  (一社)日本形成外科学会

  • 涙嚢悪性腫瘍が疑われた涙嚢結石の2例

    家村 真実, 諸富 公昭, 西脇 仁, 中尾 仁美, 平野 成彦, 磯貝 典孝

    日本形成外科学会会誌  2021年04月  (一社)日本形成外科学会

  • 涙嚢悪性腫瘍が疑われた涙嚢結石の2例

    家村 真実, 諸富 公昭, 西脇 仁, 中尾 仁美, 平野 成彦, 磯貝 典孝

    日本形成外科学会会誌  2021年04月  (一社)日本形成外科学会

  • Ravitch法に拡大大胸筋外腹斜筋筋膜弁を併用した漏斗胸手術

    上田 吉生, 草田 朗子, 中川 由美子, 新田 匡章, 諸富 公昭

    日本形成外科学会会誌  2021年04月  (一社)日本形成外科学会

  • Mikulicz病疑いで長期加療後に木村氏病の診断に至った1例

    中尾仁美, 末吉遊, 伊谷善仁, 楠原廣久, 諸富公昭, 磯貝典孝

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2021年 

  • 鼻部の基底細胞癌の切除後に複数の局所皮弁を用いて再建した症例

    伊谷善仁, 山内誠, 楠原廣久, 諸富公昭, 磯貝典孝

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2021年 

  • 眼窩底骨折に対するSonicWeldの使用経験

    諸富公昭, 井内友美, 西脇仁, 平野成彦, 磯貝典孝, 南雲吉祥, 南雲吉祥, 丹羽幸司, 丹羽幸司

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2021年 

  • 片側性下顎過形成による顔面非対称に対して、上下顎移動術と下顎下縁形成を行った1例

    家村真実, 諸富公昭, 平野成彦, 西脇仁, 末吉遊, 磯貝典孝, 丹羽幸司

    第127回関西形成外科学会  2021年 

  • 涙嚢悪性腫瘍が疑われた涙嚢結石の2例

    家村真実, 諸富公昭, 西脇仁, 中尾仁美, 平野成彦, 磯貝典孝

    日本形成外科学会会誌  2021年  (一社)日本形成外科学会

  • 東洋人における内眼角贅皮にこだわった内眼角部の再建

    井内友美, 諸富公昭, 丹羽幸司, 丹羽幸司, 西脇仁, 平野成彦, 磯貝典孝

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2021年 

  • 形成外科手術における冠状切開のコツ

    諸富公昭, 西脇仁, 平野成彦, 南雲吉祥, 磯貝典孝, 丹羽幸司, 丹羽幸司

    日本形成外科手術手技学会  2021年  (一社)日本形成外科学会

  • 当院における顔面多発骨折を伴う下顎骨骨折の臨床的検討

    西脇仁, 諸富公昭, 井内友美, 丹羽幸司

    第39回日本頭蓋顎顔面外科学会  2021年 

  • 当院におけるメルケル細胞癌17例の検討

    伊谷善仁, 中尾仁美, 西脇仁, 山内 誠, 楠原廣久, 諸富公昭, 磯貝典孝

    第63回日本形成外科学会総会  2021年 

  • 当科における開胸術後の胸骨骨髄炎の治療について

    西脇仁, 諸富公昭, 井内友美, 平野成彦, 磯貝典孝, 丹羽幸司

    日本創傷外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2021年 

  • 下顎骨関節突起骨折における関節頭の経時変化と治療方針について

    西脇仁, 諸富公昭, 平野成彦, 井内友美, 丹羽幸司, 磯貝典孝

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2021年 

  • Skin bridging(皮膚架橋)を伴う瘢痕を形成したざ瘡の治療経験

    平野成彦, 諸富公昭, 西脇仁, 磯貝典孝, 井内友美

    日本創傷外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2021年 

  • Ravitch法に拡大大胸筋外腹斜筋筋膜弁を併用した漏斗胸手術

    上田吉生, 草田朗子, 中川由美子, 新田匡章, 諸富公昭

    日本形成外科学会会誌  2021年  (一社)日本形成外科学会

  • CT所見が乏しい眼窩骨折への手術治療についての考察 自験例2例の経験から

    西脇 仁, 諸富 公昭, 井内 友美, 丹羽 幸司

    日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会プログラム・抄録集  2020年11月  (一社)日本頭蓋顎顔面外科学会

  • 咬耗症を有する下顎骨骨折に対してSMARTLock Hybrid MMFを用いた治療経験

    家村 真実, 諸富 公昭, 西脇 仁, 丹羽 幸司, 平野 成彦, 磯貝 典孝, 井内 友美

    日本形成外科学会会誌  2020年04月  (一社)日本形成外科学会

  • 咬耗症を有する下顎骨骨折に対してSMARTLock Hybrid MMFを用いた治療経験

    家村 真実, 諸富 公昭, 西脇 仁, 丹羽 幸司, 平野 成彦, 磯貝 典孝, 井内 友美

    日本形成外科学会会誌  2020年04月  (一社)日本形成外科学会

  • 咬耗症を有する下顎骨骨折に対してSMARTLock Hybrid MMFを用いた治療経験

    家村 真実, 諸富 公昭, 西脇 仁, 丹羽 幸司, 平野 成彦, 磯貝 典孝, 井内 友美

    日本形成外科学会会誌  2020年04月  (一社)日本形成外科学会

  • CT所見が乏しい眼窩骨折への手術治療についての考察-自験例2例の経験から-

    西脇仁, 諸富公昭, 井内友美, 丹羽幸司

    日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会プログラム・抄録集  2020年 

  • 顔面骨・頭蓋骨形成術における3Dモデルを用いた手術シミュレーションについて

    諸富公昭, 丹羽幸司, 丹羽幸司, 西脇仁, 平野成彦, 山内誠, 井内友美, 磯貝典孝

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2020年 

  • 性同一性障害の乳腺全摘出術における術前3D-CTの有用性

    丹羽幸司, 丹羽幸司, 丹羽幸司, 丹羽幸司, 諸富公昭, 宮本信一, 坪田優, 南雲吉祥, 南雲吉祥, 磯貝典孝, 南雲吉則, 南雲吉則

    日本形成外科学会基礎学術集会プログラム・抄録集  2020年 

  • 当院におけるメルケル細胞癌17例の検討

    伊谷善仁, 中尾仁美, 西脇仁, 山内誠, 楠原廣久, 諸富公昭, 磯貝典孝

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2020年 

  • 当科における下顎骨骨折の手術アプローチについて

    西脇仁, 諸富公昭, 丹羽幸司, 平野成彦, 西川侑輝, 家村真実, 磯貝典孝

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2020年 

  • 尖頭合指趾症(Apert症候群)における手足の長期経過

    楠原廣久, 磯貝典孝, 諸富公昭, 上石弘

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2020年 

  • 吸収性プレートを用いて治療した眼窩底骨折の術後経過でプレート変形が生じた1例

    井内友美, 諸富公昭, 丹羽幸司, 丹羽幸司, 西脇仁, 平野成彦, 磯貝典孝

    日本創傷外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2020年 

  • 保存的加療で骨再生した鼻骨骨折と前頭洞前壁骨折の検討

    井内友美, 諸富公昭, 丹羽幸司, 丹羽幸司, 西脇仁, 平野成彦, 磯貝典孝

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2020年 

  • 下顎角部骨切り後の下顎骨に対する力学解析

    諸富公昭, 西脇仁, 平野成彦, 南雲吉祥, 家村真実, 磯貝典孝, 丹羽幸司, 丹羽幸司

    日本形成外科学会基礎学術集会プログラム・抄録集  2020年 

  • ラット頭蓋冠欠損モデルによる高強度化したアパタイトファイバースキャフォルドの生体内反応

    大野 李瑛, 永田 幸平, 横田 倫啓, 湯座 丞太郎, 諸富 公昭, 磯貝 典孝, 梶原 理一, 相澤 守

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 顔面多発骨折後の長期経過において急性増悪が生じた前頭洞炎の治療経験

    笠井 諒, 諸富 公昭, 西脇 仁, 平野 成彦, 磯貝 典孝, 丹羽 幸司, 井内 友美

    日本形成外科学会会誌  2019年11月  (一社)日本形成外科学会

  • 顔面多発骨折後の長期経過において急性増悪が生じた前頭洞炎の治療経験

    笠井 諒, 諸富 公昭, 西脇 仁, 平野 成彦, 磯貝 典孝, 丹羽 幸司, 井内 友美

    日本形成外科学会会誌  2019年11月  (一社)日本形成外科学会

  • 顔面多発骨折後の長期経過において急性増悪が生じた前頭洞炎の治療経験

    笠井 諒, 諸富 公昭, 西脇 仁, 平野 成彦, 磯貝 典孝, 丹羽 幸司, 井内 友美

    日本形成外科学会会誌  2019年11月  (一社)日本形成外科学会

  • ラット頭蓋冠欠損モデルによる高強度化したアパタイトファイバースキャフォルドの生体内反応

    大野 李瑛, 永田 幸平, 横田 倫啓, 湯座 丞太郎, 諸富 公昭, 磯貝 典孝, 梶原 理一, 相澤 守

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • ラット頭蓋冠欠損モデルによる高強度化したアパタイトファイバースキャフォルドの生体内反応

    大野 李瑛, 永田 幸平, 横田 倫啓, 湯座 丞太郎, 諸富 公昭, 磯貝 典孝, 梶原 理一, 相澤 守

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 顎骨骨折に対するSMART Lock Hybrid MMFの有用性について

    平野 成彦, 西脇 仁, 笠井 諒, 西川 侑輝, 諸富 公昭

    口腔顎顔面外傷  2019年10月  日本口腔顎顔面外傷学会

  • 穿孔性腹膜炎の術後創に対する持続洗浄を併用した陰圧閉鎖療法の経験

    一ノ橋 紘平, 諸富 公昭, 西脇 仁, 平野 成彦, 福田 智一, 磯貝 典孝, 横山 恵一, 重岡 宏典

    日本形成外科学会会誌  2019年10月  (一社)日本形成外科学会

  • 有限要素解析によるCoccygodyniaの治療経験

    家村 真実, 西脇 仁, 諸富 公昭, 丹羽 幸司

    日本シミュレーション外科学会会誌  2019年10月  日本シミュレーション外科学会

  • 人工骨(カスタムメイドチタンプレート)で再建した顔面骨の力学的負荷について

    諸富 公昭, 丹羽 幸司, 平野 成彦, 西脇 仁, 磯貝 典孝

    日本シミュレーション外科学会会誌  2019年10月  日本シミュレーション外科学会

  • ハルトマン術後の腹壁瘢痕ヘルニアおよびストマヘルニアを伴う患者に対し、一期的に腹腔鏡下ハルトマンリバーサルおよび瘢痕ヘルニア修復術を施行した一例

    山口 拓也, 今井 稔, 吉川 健治, 諸富 公昭

    日本臨床外科学会雑誌  2019年10月  日本臨床外科学会

  • 顎骨骨折に対するSMART Lock Hybrid MMFの有用性について

    平野 成彦, 西脇 仁, 笠井 諒, 西川 侑輝, 諸富 公昭

    口腔顎顔面外傷  2019年10月  日本口腔顎顔面外傷学会

  • 顎骨骨折に対するSMART Lock Hybrid MMFの有用性について

    平野 成彦, 西脇 仁, 笠井 諒, 西川 侑輝, 諸富 公昭

    口腔顎顔面外傷  2019年10月  日本口腔顎顔面外傷学会

  • 穿孔性腹膜炎の術後創に対する持続洗浄を併用した陰圧閉鎖療法の経験

    一ノ橋 紘平, 諸富 公昭, 西脇 仁, 平野 成彦, 福田 智一, 磯貝 典孝, 横山 恵一, 重岡 宏典

    日本形成外科学会会誌  2019年10月  (一社)日本形成外科学会

  • 穿孔性腹膜炎の術後創に対する持続洗浄を併用した陰圧閉鎖療法の経験

    一ノ橋 紘平, 諸富 公昭, 西脇 仁, 平野 成彦, 福田 智一, 磯貝 典孝, 横山 恵一, 重岡 宏典

    日本形成外科学会会誌  2019年10月  (一社)日本形成外科学会

  • 有限要素解析による無歯顎患者の下顎骨強度についての検討

    諸富 公昭, 西脇 仁, 井内 友美, 平野 成彦, 丹羽 幸司, 磯貝 典孝

    日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会プログラム・抄録集  2019年10月  (一社)日本頭蓋顎顔面外科学会

  • 有限要素解析によるCoccygodyniaの治療経験

    家村 真実, 西脇 仁, 諸富 公昭, 丹羽 幸司

    日本シミュレーション外科学会会誌  2019年10月  日本シミュレーション外科学会

  • 有限要素解析によるCoccygodyniaの治療経験

    家村 真実, 西脇 仁, 諸富 公昭, 丹羽 幸司

    日本シミュレーション外科学会会誌  2019年10月  日本シミュレーション外科学会

  • 当科における最近の顎間固定法について

    西脇 仁, 諸富 公昭, 井内 友美, 丹羽 幸司, 磯貝 典孝

    日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会プログラム・抄録集  2019年10月  (一社)日本頭蓋顎顔面外科学会

  • 保存的加療で骨再生した前頭洞前壁骨折の1例

    井内 友美, 諸富 公昭, 丹羽 幸司, 西脇 仁, 平野 成彦, 磯貝 典孝

    日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会プログラム・抄録集  2019年10月  (一社)日本頭蓋顎顔面外科学会

  • 人工骨(カスタムメイドチタンプレート)で再建した顔面骨の力学的負荷について

    諸富 公昭, 丹羽 幸司, 平野 成彦, 西脇 仁, 磯貝 典孝

    日本シミュレーション外科学会会誌  2019年10月  日本シミュレーション外科学会

  • 人工骨(カスタムメイドチタンプレート)で再建した顔面骨の力学的負荷について

    諸富 公昭, 丹羽 幸司, 平野 成彦, 西脇 仁, 磯貝 典孝

    日本シミュレーション外科学会会誌  2019年10月  日本シミュレーション外科学会

  • ハルトマン術後の腹壁瘢痕ヘルニアおよびストマヘルニアを伴う患者に対し、一期的に腹腔鏡下ハルトマンリバーサルおよび瘢痕ヘルニア修復術を施行した一例

    山口 拓也, 今井 稔, 吉川 健治, 諸富 公昭

    日本臨床外科学会雑誌  2019年10月  日本臨床外科学会

  • ハルトマン術後の腹壁瘢痕ヘルニアおよびストマヘルニアを伴う患者に対し、一期的に腹腔鏡下ハルトマンリバーサルおよび瘢痕ヘルニア修復術を施行した一例

    山口 拓也, 今井 稔, 吉川 健治, 諸富 公昭

    日本臨床外科学会雑誌  2019年10月  日本臨床外科学会

  • 膠原病患者(SLE)の蜂窩織炎治療に難渋した1例

    平野 成彦, 諸富 公昭, 西脇 仁, 磯貝 典孝, 橋本 隆宏

    日本形成外科学会会誌  2019年07月  (一社)日本形成外科学会

  • 膠原病患者(SLE)の蜂窩織炎治療に難渋した1例

    平野 成彦, 諸富 公昭, 西脇 仁, 磯貝 典孝, 橋本 隆宏

    日本形成外科学会会誌  2019年07月  (一社)日本形成外科学会

  • 膠原病患者(SLE)の蜂窩織炎治療に難渋した1例

    平野 成彦, 諸富 公昭, 西脇 仁, 磯貝 典孝, 橋本 隆宏

    日本形成外科学会会誌  2019年07月  (一社)日本形成外科学会

  • 心臓カテーテル治療にて右下腿コンパートメント症候群を呈した一例

    中尾 仁美, 諸富 公昭, 一ノ橋 紘平, 木村 貴明, 磯貝 典孝

    日本下肢救済・足病学会誌  2019年04月  日本下肢救済・足病学会

  • 心臓カテーテル治療にて右下腿コンパートメント症候群を呈した一例

    中尾 仁美, 諸富 公昭, 一ノ橋 紘平, 木村 貴明, 磯貝 典孝

    日本下肢救済・足病学会誌  2019年04月  日本下肢救済・足病学会

  • 心臓カテーテル治療にて右下腿コンパートメント症候群を呈した一例

    中尾 仁美, 諸富 公昭, 一ノ橋 紘平, 木村 貴明, 磯貝 典孝

    日本下肢救済・足病学会誌  2019年04月  日本下肢救済・足病学会

  • 全身性アミロイドーシス患者の眼瞼下垂に対する挙筋短縮の有効性について

    笠井諒, 諸富公昭, 中尾仁美, 磯貝典孝

    日本形成外科学会会誌  2019年03月  (一社)日本形成外科学会

  • 全身性アミロイドーシス患者の眼瞼下垂に対する挙筋短縮の有効性について

    笠井 諒, 諸富 公昭, 中尾 仁美, 磯貝 典孝

    日本形成外科学会会誌  2019年03月  (一社)日本形成外科学会

  • レックリングハウゼン病(NF1)におけるsphenoid wing dysplasiaの1例

    平野 成彦, 諸富 公昭, 山内 誠, 磯貝 典孝, 真田 寧皓, 濱田 有深

    日本形成外科学会会誌  2019年03月  (一社)日本形成外科学会

  • ADL制限が著しかったCoccygodyniaの1例

    西川 侑輝, 諸富 公昭, 丹羽 幸司, 山内 誠, 西脇 仁, 磯貝 典孝

    日本形成外科学会会誌  2019年03月  (一社)日本形成外科学会

  • 全身性アミロイドーシス患者の眼瞼下垂に対する挙筋短縮の有効性について

    笠井 諒, 諸富 公昭, 中尾 仁美, 磯貝 典孝

    日本形成外科学会会誌  2019年03月  (一社)日本形成外科学会

  • レックリングハウゼン病(NF1)におけるsphenoid wing dysplasiaの1例

    平野 成彦, 諸富 公昭, 山内 誠, 磯貝 典孝, 真田 寧皓, 濱田 有深

    日本形成外科学会会誌  2019年03月  (一社)日本形成外科学会

  • レックリングハウゼン病(NF1)におけるsphenoid wing dysplasiaの1例

    平野 成彦, 諸富 公昭, 山内 誠, 磯貝 典孝, 真田 寧皓, 濱田 有深

    日本形成外科学会会誌  2019年03月  (一社)日本形成外科学会

  • ADL制限が著しかったCoccygodyniaの1例

    西川 侑輝, 諸富 公昭, 丹羽 幸司, 山内 誠, 西脇 仁, 磯貝 典孝

    日本形成外科学会会誌  2019年03月  (一社)日本形成外科学会

  • ADL制限が著しかったCoccygodyniaの1例

    西川 侑輝, 諸富 公昭, 丹羽 幸司, 山内 誠, 西脇 仁, 磯貝 典孝

    日本形成外科学会会誌  2019年03月  (一社)日本形成外科学会

  • NF1に合併したsphenoid wing dysplasiaによる視力障害が生じた1例

    諸富 公昭, 平野 成彦, 西脇 仁, 濱田 有深, 真田 寧皓

    日本レックリングハウゼン病学会学術大会プログラム・抄録集  2019年02月  日本レックリングハウゼン病学会

  • NF1に合併したsphenoid wing dysplasiaによる視力障害が生じた1例

    諸富 公昭, 平野 成彦, 西脇 仁, 濱田 有深, 真田 寧皓

    日本レックリングハウゼン病学会学術大会プログラム・抄録集  2019年02月  日本レックリングハウゼン病学会

  • NF1に合併したsphenoid wing dysplasiaによる視力障害が生じた1例

    諸富 公昭, 平野 成彦, 西脇 仁, 濱田 有深, 真田 寧皓

    日本レックリングハウゼン病学会学術大会プログラム・抄録集  2019年02月  日本レックリングハウゼン病学会

  • 合意形成のプロセスの視点から考える医療者と患者のニーズの調整

    津田 美沙緒, 紺屋 洋子, 河畑 美香, 諸富 公昭, 菊池 尭, 肥田 仁一

    日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌  2019年01月  日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会

  • 合意形成のプロセスの視点から考える医療者と患者のニーズの調整

    津田 美沙緒, 紺屋 洋子, 河畑 美香, 諸富 公昭, 菊池 尭, 肥田 仁一

    日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌  2019年01月  日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会

  • 合意形成のプロセスの視点から考える医療者と患者のニーズの調整

    津田 美沙緒, 紺屋 洋子, 河畑 美香, 諸富 公昭, 菊池 尭, 肥田 仁一

    日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌  2019年01月  日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会

  • FEM解析に基づいた仙骨痛の治療経験

    西脇仁, 諸富公昭, 井内友美, 丹羽幸司, 磯貝典孝

    骨強度評価解析ソフトウェアMECHANICAL FINDER 第10回ユ-ザ-研究会  2019年 

  • リン酸オクタカルシウム/コラ-ゲン複合体にbFGF徐放システム

    家村真実, 末吉遊, 笠井諒, 平野成彦, 西脇仁, 山内誠, 諸富公昭, 鎌倉慎, 田畑泰彦, 磯貝典孝

    第28回日本形成外科学会基礎学術集会  2019年 

  • カスタムメイド人工骨にて再建した中顔面骨格の力学特性について

    諸富公昭, 丹羽幸司, 西脇 仁, 平野成彦, 井内友美, 磯貝典孝

    第28回日本形成外科学会基礎学術集会  2019年 

  • 顔面形成に対するカスタムメイドチタンプレ-トの使用経験

    諸富公昭, 丹羽幸司, 西脇仁, 平野成彦, 福田智一, 磯貝典孝, 井内友美

    第62回日本形成外科学会  2019年 

  • 腸骨採取後に生じた腸骨骨折についての力学解析

    西脇仁, 諸富公昭, 丹羽幸司, 井内友美, 磯貝典孝

    第28回日本形成外科学会基礎学術集会  2019年 

  • 無菌顎下顎骨の強度に関する有限要素解析

    諸富公昭, 丹羽幸司, 西脇仁, 井内友美, 平野成彦, 磯貝典孝

    骨強度評価解析ソフトウェアMECHANICAL FINDER 第10回ユ-ザ-研究会  2019年 

  • 有限要素解析による無歯顎患者の下顎骨強度についての検討

    諸富公昭, 西脇仁, 井内友美, 平野成彦, 丹羽幸司, 磯貝典孝

    日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会プログラム・抄録集  2019年 

  • 当院での高齢者における下顎骨骨折の特徴

    西脇仁, 諸富公昭, 井内友美, 平野成彦, 丹羽幸司, 磯貝典孝

    第62回日本形成外科学会  2019年 

  • 保存的加療で骨再生した前頭洞前壁骨折の1例

    井内友美, 諸富公昭, 丹羽幸司, 丹羽幸司, 西脇仁, 平野成彦, 磯貝典孝

    日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会プログラム・抄録集  2019年 

  • 予防的陰圧閉鎖療法を行った腹膜炎術後創の治療経験

    一ノ橋紘平, 諸富公昭, 西脇仁, 横山恵一, 重岡宏典, 磯貝典孝

    第62回日本形成外科学会  2019年 

  • リン酸オクタカルシウム/コラーゲン複合体にbFGF徐放システムを付与する事による骨再生の変化

    家村真実, 末吉遊, 笠井諒, 平野成彦, 西脇仁, 山内誠, 諸富公昭, 鎌倉慎治, 田畑泰彦, 磯貝典孝

    日本形成外科学会基礎学術集会プログラム・抄録集  2019年 

  • 顎顔面外科領域における3Dプリンターの有用性について

    諸富公昭, 丹羽幸司, 丹羽幸司, 西脇仁, 平野成彦, 福田智一, 山内誠, 西川侑輝, 笠井諒, 井内友美, 磯貝典孝

    日本シミュレーション外科学会会誌  2018年12月  日本シミュレーション外科学会

     詳細を見る

    顎顔面外科領域で普及型の3Dプリンターを用いた手術シミュレーションの有用性について検討した。対象は当科で行った顎顔面外科手術とし、35例(男性20例、女性15例、平均年齢32.4歳)にCT撮影を行った。対象疾患の内訳は眼窩骨折(新鮮例、陳旧例)、陳旧性鼻骨骨折、顎変形症、慢性涙嚢炎であった。手術シミュレーションとして作成した3Dモデルは、眼窩骨、鼻骨、頬骨、上顎骨、下顎骨であった。PC上で、DICOMデータの取り込みから3DプリントのためのSTL(Streolithography)ファイル作成までに要した時間は平均23分、3Dプリンターが印刷を行いモデル作成に要した時間は平均5時間38分であった。実体モデルによるシミュレーションは、具体的な手術計画や正確な術中操作に有用と考えられた。

  • 鼠径部に発生したNodular hidradenomaの1例

    伊谷 善仁, 末吉 遊, 平野 成彦, 西脇 仁, 中尾 仁美, 山内 誠, 楠原 廣久, 諸富 公昭, 磯貝 典孝

    日本形成外科学会会誌  2018年11月  (一社)日本形成外科学会

  • SMART Lock Hybrid MMF使用におけるスクリュー刺入部位の安全性と刺入順序の検討

    西脇仁, 諸富公昭, 西川侑輝, 笠井諒, 平野成彦

    口腔顎顔面外傷  2018年10月  日本口腔顎顔面外傷学会

  • Coccygodyniaに対する有限要素解析の応用

    西脇仁, 諸富公昭, 丹羽幸司, 丹羽幸司, 西川侑輝, 井内友美, 磯貝典孝

    日本形成外科学会基礎学術集会プログラム・抄録集  2018年09月 

  • 軟骨再生誘導における微細加工軟骨に対するコラゲナーゼ処理の有効性

    末吉遊, 福田智一, 平野成彦, 西脇仁, 中尾仁美, 伊谷善仁, 諸富公昭, 磯貝典孝

    日本形成外科学会基礎学術集会プログラム・抄録集  2018年09月 

  • ゼラチン含有リン酸カルシウムセメントの強度に関する検討

    諸富公昭, 末吉遊, 丹羽幸司, 丹羽幸司, 福田智一, 西脇仁, 井内友美, 磯貝典孝

    日本形成外科学会基礎学術集会プログラム・抄録集  2018年09月 

  • 顔面・気道熱傷患者に対するチューブホルダーの工夫

    一ノ橋紘平, 諸富公昭, 磯貝典孝, 松島知秀, 村尾佳則, 北澤康秀, 下出孟史

    日本形成外科学会会誌  2018年08月  (一社)日本形成外科学会

  • 細径ポリグリコール酸不織布を用いた新たな試み

    伊谷 善仁, 中尾 仁美, 福田 智一, 山内 誠, 楠原 廣久, 諸富 公昭, 磯貝 典孝

    日本形成外科学会会誌  2018年06月  (一社)日本形成外科学会

  • 頭部外傷・顔面外傷の最新の診療 顔面の骨折におけるピットフォールと治療の実際

    諸富 公昭

    日本外傷学会雑誌  2018年06月  (一社)日本外傷学会

  • 細径ポリグリコール酸不織布を用いた新たな試み

    伊谷善仁, 中尾仁美, 福田智一, 山内誠, 楠原廣久, 諸富公昭, 磯貝典孝

    日本形成外科手術手技学会  2018年06月  (一社)日本形成外科学会

  • 当科における顎間固定法の比較検討

    西脇 仁, 諸富 公昭, 平野 成彦, 磯貝 典孝, 一ノ橋 紘平, 楠本 健司, 羽多野 隆治

    日本形成外科学会会誌  2018年04月  (一社)日本形成外科学会

  • ラット頭蓋冠欠損モデルを用いたアパタイトファイバースキャフォルドのin vivo評価

    大野李瑛, 永田幸平, 横田倫啓, 湯座丞太郎, 諸富公昭, 磯貝典孝, 梶原理一, 相澤守

    日本セラミックス協会年会講演予稿集(CD-ROM)  2018年03月 

  • バイトプレートを利用したチューブ類の固定が有効であった顔面外傷患者の2例

    一ノ橋 紘平, 諸富 公昭, 下出 孟史, 高慶 承史, 濱口 満英, 松島 知秀, 濱田 傑, 磯貝 典孝, 村尾 佳則, 北澤 康秀

    日本集中治療医学会雑誌  2018年02月  (一社)日本集中治療医学会

  • 当科での3Dプリンター応用例について

    平野 成彦, 諸富 公昭, 橋本 隆宏, 西脇 仁, 磯貝 典孝

    日本形成外科学会会誌  2018年01月  (一社)日本形成外科学会

  • 3Dプリンターを利用した眼窩骨折治療

    諸富公昭, 平野成彦, 西脇仁, 一ノ橋紘平, 山内誠, 磯貝典孝

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2018年 

  • 顔面外傷,顔面熱傷における新しいチューブ固定法

    一ノ橋紘平, 諸富公昭, 西脇仁, 下出孟史, 松島知秀, 磯貝典孝, 村尾佳則, 北澤康秀

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2018年 

  • 顎間固定におけるスクリュー刺入部の安全領域についての検討

    西脇仁, 諸富公昭, 平野成彦, 一ノ橋紘平, 下出孟史, 磯貝典孝

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2018年 

  • 広背筋皮弁採取部位において新しい細径ポリグリコール酸不織布を用いた試み

    伊谷善仁, 中尾仁美, 福田智一, 山内誠, 楠原廣久, 諸富公昭, 磯貝典孝

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2018年 

  • Tissue Engineering Technology of bFGF Release for Various Plastic Surgical Reconstructions

    N. Isogai, T. Fukuda, N. Hirano, T. Morotomi, H. Kusuhara

    TISSUE ENGINEERING PART A  2017年12月  MARY ANN LIEBERT, INC

  • 全身性アミロイドーシスにともなう眼瞼下垂症の治療経験

    中尾 仁美, 諸富 公昭, 山内 誠, 磯貝 典孝

    日本形成外科学会会誌  2017年11月  (一社)日本形成外科学会

  • 複合型吸収性スカフォールド(nanoPGA/PCL)を用いた耳介形状軟骨の再生誘導

    平野 成彦, 福田 智一, 西脇 仁, 中尾 仁美, 伊谷 善仁, 楠原 廣久, 諸富 公昭, 磯貝 典孝

    日本創傷治癒学会プログラム・抄録集  2017年11月  (一社)日本創傷治癒学会

  • 胸部の遊離植皮術の固定に関する検討

    伊谷 善仁, 中尾 仁美, 西脇 仁, 山内 誠, 楠原 廣久, 諸富 公昭, 磯貝 典孝

    日本創傷治癒学会プログラム・抄録集  2017年11月  (一社)日本創傷治癒学会

  • 3Dプリンターを利用した眼窩骨折の治療経験

    平野 成彦, 諸富 公昭, 西脇 仁, 磯貝 典孝

    口腔顎顔面外傷  2017年10月  日本口腔顎顔面外傷学会

  • 当科におけるSMART Lock Hybrid MMFの使用経験

    西脇 仁, 諸富 公昭, 平野 成彦

    口腔顎顔面外傷  2017年10月  日本口腔顎顔面外傷学会

  • 中顔面への手術アプローチについて

    諸富 公昭, 西脇 仁, 平野 成彦

    口腔顎顔面外傷  2017年10月  日本口腔顎顔面外傷学会

  • 顔面・気道熱傷における新しいチューブホルダーの考案

    一ノ橋紘平, 諸富公昭, 下出孟史, 濱口満英, 松島知秀, 磯貝典孝, 村尾佳則, 北澤康秀

    日本救急医学会雑誌  2017年09月  (一社)日本救急医学会

  • 骨の折れ方からその原因を推理する研究

    永竿智久, 諸富公昭, 高野直樹, 江華

    日本形成外科学会基礎学術集会プログラム・抄録集  2017年09月 

  • 3Dプリンターの臨床応用の実際

    諸富公昭, 西脇仁, 平野成彦, 磯貝典孝

    日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会プログラム・抄録集  2017年 

  • 気管切開後瘢痕に対するPerifascial areolar tissue(PAT)の有用性について

    平野成彦, 諸富公昭, 中尾仁美, 西脇仁, 磯貝典孝

    日本創傷外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2017年 

  • 当科における眼窩内腫瘍の手術アプローチに関する検討

    諸富公昭, 橋本隆宏, 西脇仁, 中尾仁美, 磯貝典孝

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2017年 

  • 当科での開頭術後感染に対する治療方針について

    諸富公昭, 平野成彦, 西脇仁, 中尾仁美, 末吉遊, 磯貝典孝

    日本創傷外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2017年 

  • 外眼角部皮膚欠損における皮弁の工夫

    橋本隆宏, 諸富公昭, 中尾仁美, 西脇仁, 平野成彦, 末吉遊, 磯貝典孝

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2017年 

  • あたらしい熱可塑性成形型副木(指用)の開発

    諸富公昭, 井内友美, 末吉遊, 一ノ橋紘平, 松井哲也, 劉洋, 草井寛之, 磯貝典孝

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2017年 

  • 眼窩漏斗先端部腫瘍に対するアプローチの検討

    諸富 公昭, 橋本 隆宏, 西脇 仁, 中尾 仁美, 井内 友美, 山内 誠, 磯貝 典孝

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌  2016年10月  (一社)日本頭蓋顎顔面外科学会

  • 顔面骨骨折におけるドリルタップの有用性と適応について

    一ノ橋 紘平, 諸富 公昭, 中尾 仁美, 西脇 仁, 平野 成彦, 磯貝 典孝

    日本形成外科学会会誌  2016年10月  (一社)日本形成外科学会

  • 遊離植皮後における術後QOLの改善に対して、局所陰圧療法が有効であった一例

    伊谷 善仁, 諸富 公昭, 中尾 仁美, 橋本 隆宏, 磯貝 典孝

    日本形成外科学会会誌  2016年10月  (一社)日本形成外科学会

  • 小耳症軟骨細胞を用いた軟骨の再生誘導における長期移植成績

    福田智一, 中尾仁美, 楠原廣久, 諸富公昭, 磯貝典孝

    日本形成外科学会基礎学術集会プログラム・抄録集  2016年09月 

  • 骨・軟骨組織の再生誘導における基礎研究の現状と臨床応用に向けた課題

    磯貝典孝, 伊谷善仁, 中尾仁美, 楠原廣久, 諸富公昭

    日本形成外科学会基礎学術集会プログラム・抄録集  2016年09月 

  • 複合型吸収性スカフォールド(nanoPGA/PCL)を導入した耳介形状軟骨の再生誘導の試み

    平野成彦, 伊谷善仁, 楠原廣久, 諸富公昭, 磯貝典孝

    日本形成外科学会基礎学術集会プログラム・抄録集  2016年09月 

  • 上腕内側部に生じたアポクリン腺癌の1例

    一ノ橋 紘平, 西脇 仁, 橋本 隆弘, 井内 知美, 和田 仁孝, 諸富 公昭, 磯貝 典孝

    日本形成外科学会会誌  2016年05月  (一社)日本形成外科学会

  • Flap-in-flap法を用いて外眥部基底細胞癌切除後欠損を再建した1例

    井内 友美, 諸富 公昭, 和田 仁孝, 福田 智一, 磯貝 典孝

    日本形成外科学会会誌  2016年03月  (一社)日本形成外科学会

  • 上口唇に生じたspindle cell sarcomaの1例

    中尾 仁美, 諸富 公昭, 橋本 隆弘, 井内 友美, 一ノ橋 紘平, 磯貝 典孝

    日本形成外科学会会誌  2016年03月  (一社)日本形成外科学会

  • cine mode MRIを用いた眼窩底骨折の予後に関する検討

    諸富公昭, 井内友美, 橋本隆宏, 磯貝典孝

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2016年 

  • 鼻骨骨折整復後に新素材サーマルギプスを外固定として用いた比較検討

    井内友美, 諸富公昭, 福田智一, 磯貝典孝

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2016年 

  • 遊離植皮後の固定に関する検討~タイオーバー固定,NPWT固定~

    伊谷善仁, 諸富公昭, 中尾仁美, 橋本隆宏, 磯貝典孝

    日本創傷外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2016年 

  • 当科におけるリンパ節生検の検討

    中尾仁美, 諸富公昭, 橋本隆宏, 伊谷善仁, 西脇仁, 一ノ橋紘平, 磯貝典孝

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2016年 

  • HA-P(LA/CL)co-polymerによる眼窩底再建

    諸富 公昭, 伊谷 善仁, 松永 和秀, 磯貝 典孝

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2015年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 当科における眼窩内腫瘍の治療

    諸富 公昭, 橋本 隆弘, 中尾 仁美, 一ノ橋 紘平, 眞田 寧皓, 井内 友美, 磯貝 典孝

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌  2015年10月  (一社)日本頭蓋顎顔面外科学会

  • 病理診断に苦慮した頬部悪性腫瘍の1例

    井内 友美, 諸冨 公昭, 末吉 遊, 福田 智一, 磯貝 典孝, 山脇 聖子, 元村 尚嗣

    日本形成外科学会会誌  2015年10月  (一社)日本形成外科学会

  • 顔面神経麻痺による口角下垂に対する静的再建の工夫 筋膜によるつり上げの方向と固定方法の考察

    井内 友美, 諸富 公昭, 末吉 遊, 福田 智一, 磯貝 典孝

    日本形成外科学会会誌  2015年05月  (一社)日本形成外科学会

  • カスタムメイド人工骨の設計時における工夫

    諸富 公昭, 井内 友美, 橋本 隆宏, 福田 智一, 進藤 恵美, 吉末 遊, 磯貝 典孝

    日本形成外科学会会誌  2015年01月  (一社)日本形成外科学会

  • 電動釘打ち機(nail gun)による上肢外傷3例の治療経験

    徳井 琢, 諸富 公昭, 磯貝 典孝

    日本形成外科学会会誌  2015年01月  (一社)日本形成外科学会

  • カスタムメイド人工骨の有効性と課題

    諸富公昭, 井内友美, 橋本隆弘, 西脇仁, 福田智一, 磯貝典孝

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2015年 

  • ナビゲーションシステムを用いて、Sinus liftを行った1例

    井内 友美, 諸富 公昭, 橋本 隆宏, 伊谷 善仁, 平野 成彦, 磯貝 典孝

    日本形成外科学会会誌  2014年11月  (一社)日本形成外科学会

  • 頭蓋顎顔面領域でのカスタムメイド人工骨の有用性について

    諸富 公昭, 井内 友美, 橋本 隆宏, 福田 智一, 磯貝 典孝

    日本シミュレーション外科学会会誌  2014年11月  日本シミュレーション外科学会

  • 頭頂正中部を越える側頭頭頂筋膜弁を用いた頭蓋底再建の1例

    松島 星夏, 諸富 公昭, 磯貝 典孝, 眞田 寧皓

    日本形成外科学会会誌  2014年03月  (一社)日本形成外科学会

  • 骨形成手術におけるナビゲーションシステムの有用性

    平野 成彦, 諸富 公昭, 福田 智一, 松島 星夏, 磯貝 典孝

    日本形成外科学会会誌  2014年02月  (一社)日本形成外科学会

  • ブローアウトフラクチャーのマネージメント―こんなときどうしますか?

    諸富公昭

    日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会プログラム・抄録集  2014年 

  • 眼窩底骨折におけるcine MRIを用いた下直筋の動態解析

    諸富公昭, 井内友美, 福田智一, 平野成彦, 進藤恵美, 磯貝典孝

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2014年 

  • 瘢痕・ケロイドの外科的治療方法に対する考察

    井内友美, 諸富公昭, 橋本隆宏, 磯貝典孝

    瘢痕・ケロイド治療研究会プログラム・抄録集  2014年 

  • リストカット後の瘢痕に対し,どこまで治療を行うべきか

    橋本隆宏, 諸富公昭, 井内友美, 磯貝典孝

    瘢痕・ケロイド治療研究会プログラム・抄録集  2014年 

  • 【皮弁移植に必要な血管の術前評価】皮弁挙上のためのMRAによる術前評価

    上田 吉生, 大橋 正和, 中川 由美子, 草田 朗子, 新田 匡章, 諸富 公昭

    形成外科  2013年12月  克誠堂出版(株)

  • 当科における頭蓋顎顔面外科ナビゲーション手術の現状について

    諸富 公昭, 橋本 隆弘, 福田 智一, 平野 成彦, 丹羽 幸司, 磯貝 典孝

    日本シミュレーション外科学会会誌  2013年11月  日本シミュレーション外科学会

  • ナビゲーションシステムを用いた線維性骨異形成症の手術

    諸富 公昭, 松島 星夏, 平野 成彦, 福田 智一, 磯貝 典孝

    日本シミュレーション外科学会会誌  2012年11月  日本シミュレーション外科学会

  • ペースメーカー・植込み型除細動器の本体交換時における当科の工夫

    橋本 隆宏, 諸富 公昭, 中尾 仁美, 上原 真紀, 磯貝 典孝

    日本形成外科学会会誌  2012年02月  (一社)日本形成外科学会

  • 異所性子宮内膜症の2例

    父川 興一, 諸富 公昭, 和田 充弘, 伊谷 善仁, 磯貝 典孝, 石丸 英三郎

    日本形成外科学会会誌  2012年02月  (一社)日本形成外科学会

  • ペースメーカー・植込み型除細動器の交換時における手技的工夫

    橋本隆宏, 朝村真一, 諸富公昭, 松島星夏, 徳井琢, 磯貝典孝

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2012年 

  • 眼窩内側壁骨折におけるcine MRIをもちいた眼球運動の解析

    諸富公昭, 松島星夏, 磯貝典孝

    日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会プログラム・抄録集  2012年 

  • 上顎骨前頭突起骨折に対するMidfacialdegloving approachの有用性について

    諸富公昭, 橋本隆宏, 和田仁孝, 松島星夏, 磯貝典孝

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2012年 

  • 眼窩下壁骨折に対する再建材料としてHA-P(LA/CL)copolymerを用いた治療経験

    諸富 公昭, 松永 和秀, 朝村 真一, 磯貝 典孝

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌  2011年06月  (一社)日本頭蓋顎顔面外科学会

  • 再生医療の現状と将来展望 眼窩底骨折治療における生分解性ポリマーの骨再生に関する臨床研究

    松永 和秀, 朝村 真一, 諸富 公昭, 筏 義人, 中村 典史, 磯貝 典孝

    日本外科系連合学会誌  2011年05月  日本外科系連合学会

  • 当科における過去10年の大胸筋皮弁による頭頸部再建の検討

    朝村 真一, 和田 仁孝, 遠所 瑞拡, 諸富 公昭, 森 一功, 磯貝 典孝

    頭頸部癌  2011年05月  (一社)日本頭頸部癌学会

  • ナビゲーションシステムを用いた線維性骨異形成症に対する整容的治療

    和田 充弘, 諸富 公昭, 磯貝 典孝, 菅原 奈津子

    日本形成外科学会会誌  2011年03月  (一社)日本形成外科学会

  • 骨膜幹細胞より再生誘導された新生骨組織における骨膜採取部位の影響

    磯貝典孝, 朝村真一, 楠原廣久, 諸富公昭, 遠所瑞拡, 和田仁孝

    日本形成外科学会基礎学術集会プログラム・抄録集  2011年 

  • オトガイ形成における術前シミュレーション及び術中ナビゲーションの有用性について

    諸富 公昭, 丹羽 幸司, 父川 興一, 磯貝 典孝

    日本シミュレーション外科学会会誌  2010年10月  日本シミュレーション外科学会

  • 前頭骨・眼窩に瘻孔を形成した慢性前頭洞炎の治療経験

    諸富 公昭, 和田 充弘, 丹羽 幸司, 真田 寧皓, 菅原 奈津子, 磯貝 典孝

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌  2010年06月  (一社)日本頭蓋顎顔面外科学会

  • 手部におけるMedial pedis flapの有用性

    楠原 廣久, 和田 仁孝, 遠所 瑞拡, 諸富 公昭, 朝村 真一, 磯貝 典孝

    日本マイクロサージャリー学会会誌  2010年06月  (一社)日本マイクロサージャリー学会

  • 巨大側頭筋筋肉内脂肪腫の1症例

    和田 仁孝, 諸富 公昭, 中尾 仁美, 磯貝 典孝

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌  2010年06月  (一社)日本頭蓋顎顔面外科学会

  • ナビゲーションシステムを用いた線維性骨異形成症に対する内視鏡補助下手術の経験

    諸富公昭, 和田充弘, 西脇仁, 磯貝典孝

    日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会プログラム・抄録集  2010年 

  • 頭蓋底悪性腫瘍切除後に対する両側側頭筋骨膜弁を用いた前頭蓋底再建の経験

    諸富公昭, 松永和秀, 和田充弘, 磯貝典孝, 乾登史孝, 奥野修三, 関口正太郎, 石川雅洋

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2010年 

  • 全摘出した眼窩腫瘍10例の腫瘍位置について

    朝村真一, 松永和秀, 諸富公昭, 遠所瑞拡, 磯貝典孝

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2010年 

  • Lateral approachによる深在性眼窩内腫瘍の3例

    新田 匡章, 上田 吉生, 諸富 公昭, 石椛 寛芳, 三島 弘

    日本形成外科学会会誌  2009年03月  (一社)日本形成外科学会

  • 骨延長におけるb-FGF投与の有用性を示した1例

    石椛 寛芳, 諸富 公昭, 新田 匡章, 上田 吉生, 鈴木 茂彦

    日本形成外科学会会誌  2007年04月  (一社)日本形成外科学会

  • 腹壁穿通枝皮弁を用いた造腟術の経験

    新田 匡章, 諸富 公昭, 石椛 寛芳, 上田 吉生

    日本形成外科学会会誌  2007年02月  (一社)日本形成外科学会

  • Adenosquamous carcinomaの1例

    小田 香織, 澤本 学, 熊本 貴之, 柳下 晃一, 山田 秀和, 諸富 公昭, 上田 吉生, 太田 善夫

    皮膚の科学  2006年10月  日本皮膚科学会-大阪地方会・京滋地方会

  • Grade II褥瘡に対する被覆材の選択基準の再考:「早い治癒」か,「経済性」か

    小坂 正明, 諸富 公昭, 中澤 学, 上石 弘

    日本褥瘡学会誌  2005年08月  (一社)日本褥瘡学会

  • 褥瘡の外科手術手技 穿通動脈皮弁を用いた仙骨部褥瘡手術の基本原則と術後管理

    小坂 正明, 諸富 公昭, 中澤 学, 上石 弘

    日本褥瘡学会誌  2005年08月  (一社)日本褥瘡学会

  • 四肢末端壊死感染巣が原因で全身性炎症反応症候群と急性呼吸窮迫症候群を発症したが好中球エラスターゼ阻害薬の早期併用により一度は救命し得た1例

    溝部 道生, 中島 宏和, 岩崎 剛和, 澤口 博千代, 中島 重徳, 林 淳一朗, 諸富 公昭, 新田 匡章, 上田 吉生, 東田 有智

    近畿大学医学雑誌  2005年06月  近畿大学医学会

     詳細を見る

    交通外傷による脊髄損傷のため下半身麻痺があり,慢性腎不全による人工透析施行中の65歳男性患者が閉塞性動脈硬化症による四肢末端壊死のため当院形成外科で手術を繰り返したが,四肢末端壊死部の再発性感染から全身性炎症反応症候群および急性呼吸窮迫症候群を発症し重篤化したため,当科と共観となった.抗生物質と機械的強制換気に加え,好中球エラスターゼ阻害薬であるシベレスタットナトリウムを早期に併用したところ,PaO2/FIO2比,A-aDO2ともに投与3日目で改善し,8日目に著効,23日目(投与終了10日目)にほぼ正常化した.その後食事摂取を開始し小康状態を保ったが,1回目の急性呼吸窮迫症候群発症から68日目に再発し,急速に汎血管内凝固症候群を生じ消化管出血,脳出血を合併し死亡した.急性呼吸窮迫症候群は予後不良な病態で,今までのところ有効な治療に乏しく治療に難渋するが,1回目の発症時に診断が付き次第早期に好中球エラスターゼ阻害薬を併用したことにより救命できた貴重な症例と考えられ報告する(著者抄録)

  • 坐骨部褥瘡の手術治療と問題点

    小坂 正明, 中澤 学, 諸富 公昭, 上石 弘

    日本褥瘡学会誌  2004年08月  (一社)日本褥瘡学会

  • 褥瘡75例に対するカデックス軟膏の使用経験

    小坂 正明, 中澤 学, 諸富 公昭, 上石 弘

    日本褥瘡学会誌  2004年08月  (一社)日本褥瘡学会

  • 周産期異常の修復・再建医療 新生児医療現場における形成外科的疾患への対応

    諸富 公昭, 磯貝 典孝, 小坂 正明, 上石 弘

    日本新生児学会雑誌  2003年12月  (一社)日本周産期・新生児医学会

  • 【ここまで来た再生医療】指の再生

    磯貝 典孝, 諸富 公昭

    Journal of Nippon Medical School  2003年10月  日本医科大学医学会

  • 血管柄付骨髄による再生耳介軟骨のTissue Engineering

    宮里 裕, 諸富 公昭, 楠原 廣久, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 上石 弘

    日本マイクロサージャリー学会会誌  2003年06月  (一社)日本マイクロサージャリー学会

  • 褥瘡ポケットを計測する簡便なメジャー付き鑷子の考案

    小坂 正明, 諸富 公昭, 上石 弘

    日本褥瘡学会誌  2003年04月  (一社)日本褥瘡学会

     詳細を見る

    褥瘡ポケットを計測するに際し,ポケットの大きさを正確に計測できること,手間がかからず簡便に計測できること,安価な製品であること,計測結果を正確に記録できること,計測が清潔に操作できること,の5項目を解決する「褥瘡ポケット用メジャー付き鑷子」を考案したので,使用方法とともに報告した.本鑷子は操作性がよく,誰にでも簡単,正確にポケット範囲が計測できた.また,滅菌でき,ポケットの範囲を描画できるので写真撮影も可能で,病状説明や治療効果の判定に適していた.さらに,鑷子1本で計測と処置ができるので包交車に定規など余分な物品を整備する必要がなかった.試作品を用いて30例のポケットを有する褥瘡患者に計測操作を実施したが,組織を損傷することもなく,測定困難例もなかった

  • 傍仙骨部における穿通枝の安全な挙上法について

    小坂 正明, 諸富 公昭, 垣谷 隆一郎, 上石 弘

    日本褥瘡学会誌  2002年08月  (一社)日本褥瘡学会

  • 全身多発性線維性骨異形成症の1例

    本田康生, 小坂正明, 諸富公昭, 上石弘

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  1999年04月 

  • 頬骨骨折(眼か床骨折を含む)におけるアプローチの検討

    鈴木昌秀, 本田康生, 諸富公昭, 上石弘

    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集  1999年04月 

  • 極めてまれな頸部嚢胞性リンパ管腫の成人例

    諸富 公昭, 上出 泰夫, 本田 康生, 清水 隆司, 磯貝 典孝, 上石 弘

    日本形成外科学会会誌  1999年04月  (一社)日本形成外科学会

▼全件表示

産業財産権等

  • 血流センサー、患部診断方法および患部診断システム

    草井 寛之, 松井 哲也, 諸富 公昭

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2018-200142 

    公開番号:特開2020-065697 

    特許番号/登録番号:特許7154499 

    J-GLOBAL

  • 整形外科用固定材

    松井 哲也, 劉 洋, 諸富 公昭

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2016-250704 

    公開番号:特開2018-102492 

    特許番号/登録番号:特許7064202 

    J-GLOBAL

  • 医療用固定材 および医療用固定具

    佐藤圭, 松井哲也, 諸富公昭, 井内友美

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:CN201680054524.6 

    公開番号:CN108025101A 

  • 医療用固定材および医療用固定器具

    佐藤圭, 松井哲也, 諸富公昭, 井内友美

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2020-158407 

    特許番号/登録番号:特許7045025 

  • 医療用固定材および医療用固定器具

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2020-158407 

学外での担当授業科目

  • 臨床解剖、形成外科手術

    2019年03月
    機関名:平成30年度厚生労働省「実践的な手術手技向上研修事業」(大阪公立大学医学部)

  • 臨床解剖学 (1年生、人体構造;顔面解剖)

    2018年10月
    -
    2022年12月
    機関名:近畿大学医学部解剖学

  • 形成外科・美容外科

    2017年09月
    -
    継続中
    機関名:香川大学医学部 形成外科 (非常勤講師)

  • 形成・再建外科学(外表先天異常学)

    2016年04月
    -
    2022年12月
    機関名:近畿大学大学院

  • 形成・再建外科学(頭蓋顎顔面外科)

    2016年04月
    -
    2022年12月
    機関名:近畿大学大学院

  • 形成外科 クリニカルクラークシップ 実習講義(5年生)

    2009年04月
    -
    2022年12月
    機関名:近畿大学医学部

  • 形成外科学 (4年生頭蓋顎顔面外科/縫合手技)

    2009年04月
    -
    2022年12月
    機関名:近畿大学医学部

  • 形成外科学 (3年生頭蓋顎顔面外科/縫合手技)

    2009年04月
    -
    2022年12月
    機関名:近畿大学医学部

  • 形成外科 クリニカルクラークシップ 実習講義(6年生)

    2009年04月
    -
    2022年12月
    機関名:近畿大学医学部

▼全件表示

社会貢献活動

  • NPO法人クラニオフェイシャルセンター 幹事理事

    役割:運営参加・支援

    NPO法人クラニオフェイシャルセンター  2020年01月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

メディア報道

  • 「整形外科」と「形成外科」のちがいって? インターネットメディア

    voicy  近大メディカルラジオ  2022年08月

  • クラニオフェイシャルとは?頭蓋、顔の手術について インターネットメディア

    voicy  近大メディカルラジオ  2022年08月

  • たるみの改善!?眼瞼下垂の治療方法について インターネットメディア

    voicy  近大メディカルラジオ  2022年05月

  • まぶた重たくないですか?それって眼瞼下垂? インターネットメディア

    voicy  近大メディカルラジオ  2022年04月

  • 形成外科医療とその役割について テレビ・ラジオ番組

    ラヂオきしわだ  あなたのそばにいつも助産師がいます  2021年12月

  • バドミントン桃田選手の眼窩底骨折について テレビ・ラジオ番組

    朝日放送  キャスト  2020年02月

▼全件表示

学術貢献活動

  • 顔面骨骨折ウェビナー 下顎骨骨折の治療

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    Johnson & Johnson(株))  2022年03月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 平成30年度厚生労働省「実践的な手術手技向上研修事業」

    大阪市立大学医学部  2018年

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  • 関西形成外科顔面外傷セミナー 中顔面・顔面骨骨折の治療

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    Depuy Synthes(株)  2017年12月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 日本医師会教育講座 講義

    日本医師会  2008年 - 継続中