2024/04/02 更新

写真a

ムトウ ヒロユキ
武藤 拓之
MUTO HIROYUKI
担当
大学院現代システム科学研究科 現代システム科学専攻 准教授
現代システム科学域 心理学類
職名
准教授
所属
現代システム科学研究院
所属キャンパス
中百舌鳥キャンパス

担当・職階

  • 大学院現代システム科学研究科 現代システム科学専攻 

    准教授  2023年04月 - 継続中

  • 現代システム科学域 心理学類 

    准教授  2023年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(人間科学) ( 大阪大学 )

  • 修士(人間科学) ( 大阪大学 )

  • 学士(心身科学) ( 愛知学院大学 )

研究分野

  • 人文・社会 / 認知科学

  • 人文・社会 / 実験心理学  / 知覚心理学・認知心理学

研究キーワード

  • 身体性

  • 身体化認知

  • 認知心理学

  • 認知加齢

  • 統計モデリング

  • 空間認知

  • 知覚心理学

  • 数理心理学

所属学協会

  • American Psychological Association

    2021年12月 - 2023年12月

  • Psychonomic Society

    2019年05月 - 継続中

  • 関西心理学会

    2017年10月 - 継続中

  • Cognitive Science Society

    2017年01月 - 2017年12月

  • 日本基礎心理学会

    2016年07月 - 継続中

  • 日本行動計量学会

    2016年04月 - 継続中

  • 日本認知心理学会

    2015年03月 - 継続中

  • 日本心理学会

    2014年04月 - 継続中

▼全件表示

受賞歴

  • 優秀発表賞

    武藤 拓之

    2023年12月   日本基礎心理学会  

  • 学術大会特別優秀発表賞

    神原 歩, 武藤 拓之

    2022年10月   日本心理学会  

  • 第18回優秀発表賞「国際性評価部門」

    Honami Kobayashi, Hiroyuki Muto, Hirokazu Ogawa

    2022年02月   日本認知心理学会  

  • 学術大会優秀発表賞

    武藤 拓之

    2021年12月   日本心理学会  

  • 学術大会特別優秀発表賞

    武藤 拓之

    2020年10月   日本心理学会  

  • 研究奨励賞

    武藤 拓之

    2018年10月   関西心理学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第15回優秀発表賞「総合性評価部門」

    武藤 拓之, 松下 戦具, 森川 和則

    2018年09月   日本認知心理学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 学術大会優秀発表賞

    武藤 拓之, 近藤 想, 松下 戦具, 森川 和則

    2017年12月   日本心理学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • The Young Psychonomic Scientist of the Year 2017

    武藤 拓之

    2017年12月   日本基礎心理学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 2016年度学生奨励賞

    武藤 拓之

    2017年02月   情報処理学会ヒューマンコンピュータインタラクション研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 学術大会特別優秀発表賞

    武藤 拓之, 松下 戦具, 森川 和則

    2016年11月   日本心理学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 放送大学   客員准教授

    2023年04月 - 継続中

  • 放送大学   非常勤講師

    2022年11月 - 2023年03月

  • 京都大学   人と社会の未来研究院   特定助教

    2022年04月 - 2023年03月

  • 立命館大学大学院   経営管理研究科   非常勤講師

    2021年04月 - 2022年03月

  • 立命館大学   OIC総合研究機構   客員研究員

    2020年04月 - 継続中

  • 京都大学   こころの未来研究センター   特定助教

    2020年04月 - 2022年03月

  • 京都産業大学   全学共通教育センター   非常勤講師

    2019年04月 - 2022年03月

  • 大阪大学大学院   人間科学研究科   特任研究員 (非常勤)

    2019年04月 - 2020年03月

  • 立命館大学   OIC総合研究機構   プロジェクト研究員

    2019年04月 - 2020年03月

  • 日本学術振興会   特別研究員 (PD)

    2019年04月 - 2020年03月

  • 大阪大学   全学教育推進機構   ティーチング・アシスタント (TA)

    2018年10月 - 2019年02月

  • 大阪保健医療大学   言語聴覚専攻科   非常勤講師

    2018年04月 - 2021年03月

  • 神戸親和女子大学   発達教育学部心理学科   非常勤講師

    2018年04月 - 2020年03月

  • 大阪大学   大学院人間科学研究科   留学生論文チューター

    2017年10月 - 2018年02月

  • 大阪大学   大学院人間科学研究科   ティーチング・フェロー (TF)

    2017年04月 - 2018年02月

  • 大阪大学   大学院人間科学研究科   リサーチ・アシスタント (RA)

    2016年07月 - 2017年02月

  • 日本学術振興会   特別研究員 (DC1)

    2016年04月 - 2019年03月

  • 大阪大学   大学院人間科学研究科   シニア・ティーチング・アシスタント (STA)

    2016年04月 - 2017年02月

  • 大阪大学   大学院人間科学研究科   留学生生活チューター

    2015年10月 - 2016年02月

  • 大阪大学   大学院人間科学研究科   ジュニア・ティーチング・アシスタント (JTA)

    2015年04月 - 2016年02月

▼全件表示

学歴

  • 大阪大学   人間科学研究科   博士課程後期   卒業・修了

    2016年04月 - 2019年03月

  • 大阪大学   人間科学研究科   博士課程前期   卒業・修了

    2014年04月 - 2016年03月

  • 愛知学院大学   心身科学部   心理学科   学士課程   卒業・修了

    2010年04月 - 2014年03月

論文

  • An attempt to measure the familiarity of specialized Japanese in the nursing care field 査読

    Haihong Huang, Hiroyuki Muto, Toshiyuki Kanamaru

    Asia Pacific Journal of Corpus Research   4 ( 2 )   57 - 74   2023年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22925/apjcr.2023.4.2.57

  • Human-body analogy improves mental rotation performance in people aged 86 to 97 years 査読

    Hiroyuki Muto, Yasuyuki Gondo, Hiroki Inagaki, Yukie Masui, Takeshi Nakagawa, Madoka Ogawa, Wataru Onoguchi, Yoshiko Ishioka, Keitaro Numata, Saori Yasumoto

    Collabra: Psychology   9 ( 1 )   74785   2023年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1525/collabra.74785

  • Advanced aging effects on implicit motor imagery and its links to motor performance: An investigation via mental rotation of letters, hands, and feet 査読

    Hiroyuki Muto, Maki Suzuki, Kaoru Sekiyama

    Frontiers in Aging Neuroscience   14   1025667   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3389/fnagi.2022.1025667

  • Older adults’ resilience against impact of lifestyle changes during the COVID-19 pandemic 査読

    Ayaka Kasuga, Saori Yasumoto, Takeshi Nakagawa, Yoshiko Ishioka, Akari Kikuchi, Hiroki Inagaki, Madoka Ogawa, Noriko Hori, Yukie Masui, Hwang Choe, Hiroyuki Muto, Mai Kabayama, Kayo Godai, Kazunori Ikebe, Kei Kamide, Tatsuro Ishizaki, Yasuyuki Gondo

    Gerontology and Geriatric Medicine   8   2022年08月( ISSN:2333-7214

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Background:

    Older adults were expected to experience a decline in physical activities and an increase in social isolation during the COVID-19 pandemic.

    Methods:

    We investigated the changes in living conditions of 508 older adults (79.70 years ± 0.88) before (from July to December 2019) and during (in August 2020) the pandemic. We compared the mean score for the same individual instrumental activities of daily living (IADL), frequency of going out, exercise, and social interaction at two-time points. We also examined the influence of living arrangement (living alone or not) on the frequency of exercise and social interaction.

    Results:

    The frequency of going out decreased during the pandemic (in 2020); however, there was no significant change in IADL. The frequency of exercise and social interaction increased irrespective of the living arrangement. The frequency of exercise increased more in those living alone.

    Conclusions:

    Although older adults refrained from going out, they compensated for the risks of inactivity in daily life by increasing or maintaining their frequency of exercise and social interactions. The view that “older adults have a poor ability to accommodate the lifestyle changes during the COVID-19 pandemic” may be a stereotypical assumption.

    DOI: 10.1177/23337214221116226

    PubMed

  • Evidence for mixed processes in normal/mirror discrimination of rotated letters: A Bayesian model comparison between single- and mixed-distribution models 査読

    Hiroyuki Muto

    Japanese Psychological Research   63 ( 3 )   2021年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/jpr.12306

  • Sex differences in mental rotation performance through holding weights by the hands 査読

    Hiroyuki Muto, Soyogu Matsushita, Kazunori Morikawa

    Imagination, Cognition and Personality   40 ( 4 )   2021年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/0276236620952334

  • Correlational evidence for the role of spatial perspective-taking ability in the mental rotation of human-like objects 査読

    Hiroyuki Muto

    Experimental Psychology   68 ( 1 )   41 - 48   2021年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1027/1618-3169/a000505

  • Behavioral responses of Japanese macaques to playback-simulated intergroup encounters 査読

    Yosuke Kurihara, Hiroyuki Muto

    Behavioural Processes   182   104279   2021年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.beproc.2020.104279

  • Mental rotation of cubes with a snake face: The role of the human-body analogy revisited 査読

    Hiroyuki Muto, Masayoshi Nagai

    Visual Cognition   28 ( 2 )   106 - 111   2020年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1080/13506285.2020.1727598

    DOI: 10.31234/osf.io/34ytg

  • Object’s symmetry alters spatial perspective-taking processes 査読

    Hiroyuki Muto, Soyogu Matsushita, Kazunori Morikawa

    Cognition   191   103987   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.cognition.2019.05.024

    DOI: 10.31234/osf.io/y6vfm

  • Viewpoint invariance of eye size illusion caused by eyeshadow 査読

    Hiroyuki Muto, Mayu Ide, Akitoshi Tomita, Kazunori Morikawa

    Frontiers in Psychology   10   1510   2019年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3389/fpsyg.2019.01510

  • 自由選択課題におけるポストディクションの再検討 査読

    水原 啓太, 武藤 拓之, 入戸野 宏

    認知心理学研究   16 ( 2 )   25 - 31   2019年02月( ISSN:1348-7264

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    人は自分が意思決定したタイミングを正確に知覚できない.Bear & Bloom(2016)は,画面上に五つの白い円を提示し,実験参加者に任意の円を選ばせた.しばらくして一つの円(標的刺激)を赤色に変化させ,参加者にその円を選んでいたかどうかを尋ねた.その結果,色の変化までの時間(遅延時間)が短いと,標的刺激を選択していたと回答する割合が高かった.これは,実際には色の変化が選択に影響を与えたにもかかわらず,変化前に選択していたと錯覚したことを意味する.本研究では,遅延時間が25~50 msのときに同様の効果が認められたが,さらに短い17 msでは認められなかった.この知見は,意思決定のタイミングについてのポストディクションを支持する新たな証拠である.また,色の変化までに円の選択が間に合ったという報告は,遅延時間が167 ms以下のときに実際よりも多くなることが示された.この結果は,遅延時間が短いときに,意思決定についての意識が後付け的に生じることを示唆している.

    DOI: 10.5265/jcogpsy.16.25

    CiNii Article

    その他URL: http://id.ndl.go.jp/bib/029600030

  • Spatial perspective taking mediated by whole-body motor simulation 査読

    Hiroyuki Muto, Soyogu Matsushita, Kazunori Morikawa

    Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance   44 ( 3 )   337 - 355   2018年03月( ISSN:0096-1523

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1037/xhp0000464

    PubMed

  • The effects of linearity on sentence comprehension in oral and silent reading 査読

    Hiroyuki Muto

    Japanese Psychological Research   57 ( 3 )   194 - 205   2015年07月( ISSN:0021-5368

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/jpr.12079

▼全件表示

書籍等出版物

  • 心を測る──現代の心理測定における諸問題──

    仲嶺 真, 下司 忠大, 三枝 高大, 須藤 竜之介, 武藤 拓之( 担当: 共訳 ,  範囲: 4章・5章)

    金子書房  2022年12月  ( ISBN:4760824448

     詳細を見る

    総ページ数:226  

    デニー・ボースブーム

    ASIN

  • たのしいベイズモデリング2──事例で拓く研究のフロンティア──

    豊田 秀樹, 武藤 拓之, 久保 沙織, 岡 律子, 秋山 隆, 伊東 宏樹, 伊藤 瑛志, 松木 祐馬, 坂本 次郎, 山森 光陽, 宋 財泫, 矢内 勇生, 土田 尚弘, 馬 景昊, 永野 駿太, 五島 光, 松浦 拓也, 小野 滋, 登藤 直弥, 梅垣 佑介, 山根 嵩史, 山田 剛史( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第1章 チョコボールでエンゼルが当たる確率のベイズ推定──多項分布と幾何分布を用いたカウントデータのモデリング──)

    北大路書房  2019年11月  ( ISBN:4762830836

     詳細を見る

    総ページ数:240   担当ページ:1-13   著書種別:学術書  

    CiNii Books

    ASIN

  • たのしいベイズモデリング──事例で拓く研究のフロンティア──

    豊田 秀樹, 下司 忠大, 清水 裕士, 平川 真, 鈴木 朋子, 坂本 次郎, 小杉 考司, 武藤 拓之, 紀ノ定 保礼, 岡田 謙介, 徳岡 大, 難波 修史, 後藤 崇志, 国里 愛彦, 井上 和哉, 鬼田 崇作, 草薙 邦広, 竹林 由武, 杣取 恵太, 北條 大樹( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第8章 傾いた文字は正しい文字か?鏡文字か?──心的回転課題の反応時間を説明する混合プロセスモデル──)

    北大路書房  2018年10月  ( ISBN:4762830402

     詳細を見る

    総ページ数:232   担当ページ:79-92   著書種別:学術書  

    CiNii Books

    ASIN

MISC(その他記事)

  • ベイズ統計学を利用した仮説の評価 招待

    武藤 拓之

    「こころ」のための専門メディア 金子書房 特集「心理統計を探検する」   2024年03月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 認知科学における計算論的アプローチの発展と展望 招待

    齋木 潤, 武藤 拓之

    認知科学   30 ( 1 )   46 - 55   2023年03月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.11225/cs.2022.074

  • 基礎心理学と数理モデル 招待

    武藤 拓之

    基礎心理学研究   41 ( 1 )   49 - 49   2022年12月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.14947/psychono.41.9

  • データ・マテリアル・分析スクリプトのオープン化が拓く心理学の未来 招待

    武藤 拓之

    科学   92 ( 9 )   800 - 805   2022年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    その他URL: https://doi.org/10.31219/osf.io/qw43h

  • Bayesian hierarchical diffusion modeling of the inter-stimulus spacing effect in the Eriksen flanker task

    Honami Kobayashi, Hiroyuki Muto, Hiroshi Shimizu, Hirokazu Ogawa

    PsyArXiv   2022年02月

     詳細を見る

    掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

    DOI: 10.31234/osf.io/fhq9c

  • 実験心理学者のための階層ベイズモデリング入門──RとStanによるチュートリアル── 招待

    武藤 拓之

    基礎心理学研究   39 ( 2 )   196 - 212   2021年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.14947/psychono.39.27

  • ベイズ統計モデリングの有用性を示す認知心理学研究の紹介──個人間・試行間のばらつきを理解する── 招待

    武藤 拓之

    認知科学   28 ( 1 )   182 - 187   2021年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.11225/cs.2020.077

  • Associations among anxiety, risk perception, preventive behaviors, and personality in Japanese older adults aged 78 to 99 years during the COVID-19 pandemic

    Hiroyuki Muto, Yasuyuki Gondo, Ayaka Kasuga, Takeshi Nakagawa, Yoshiko Ishioka, Wataru Onoguchi, Akari Kikuchi, Hiroki Inagaki, Madoka Ogawa, Noriko Hori, Yukie Masui, Hwang Choe, Yutian Cheng, Kiyoaki Matsumoto, Saori Yasumoto, Mai Kabayama, Kayo Godai, Kazunori Ikebe, Kei Kamide, Tatsuro Ishizaki

    PsyArXiv   2021年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

    DOI: 10.31234/osf.io/vzgcp

  • この人をたずねて(関西学院大学社会学部教授 清水裕士氏) 招待

    武藤 拓之

    心理学ワールド   ( 86 )   36 - 37   2019年07月

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 統一的なベイジアンフレームワークによる仮説検証と認知モデリング 招待

    武藤 拓之

    大阪大学数理・データ科学教育研究センター 第4回機械学習・データ科学スプリングキャンプ「認知心理学とベイズ統計学」  2024年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 広い意味でのオープンサイエンスを心理学の研究と教育に役立てるためのtips 招待

    武藤 拓之

    パーソナリティ心理学会2023年度大会外企画「あなたの研究Tipsちょっと教えてください」  2024年03月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 心的回転における身体優位性効果は身体軸の投影では説明できない──事前登録したオンライン実験による空間的身体化説への反証──

    武藤 拓之

    日本基礎心理学会第42回大会  2023年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 人に似た物体の心的回転における身体倒立効果の検証──事前登録したオンライン実験── 国内会議

    武藤 拓之

    日本心理学会第87回大会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 認知心理学者から見た尺度構成──素朴心理測定と対象実在論に向き合う──

    武藤 拓之

    日本心理学会第87回大会 大会企画シンポジウム「尺度構成はこうせい!──尺度に基づく心的構成概念の測定を改めて考える──」  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • Older adults’ social interaction changes during the COVID-19 pandemic

    Ayaka Kasuga, Saori Yasumoto, Takeshi Nakagawa, Yoshiko Ishioka, Akari Kikuchi, Hiroki Inagaki, Madoka Ogawa, Noriko Hori, Yukie Masui, Hwang Choe, Hiroyuki Muto, Mai Kabayama, Kayo Godai, Kazunori Ikebe, Kei Kamide, Tatsuro Ishizaki, Yasuyuki Gondo

    The 12th International Association of Gerontology and Geriatrics Asia/Oceania Regional Congress  2023年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Associations between 2D:4D digit ratio and cognitive function among elderly Japanese people: A cross-sectional analysis of the SONIC study

    Kumi Hirokawa, Kiyoaki Matsumoto, Hiroyuki Muto, Takeshi Nakagawa, Madoka Ogawa, Kazunori Ikebe, Kei Kamide, Yasuyuki Gondo

    The 12th International Association of Gerontology and Geriatrics Asia/Oceania Regional Congress  2023年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Associations between 2D:4D digit ratio and frailty among 80-years old Japanese elderly: A cross-sectional analysis of the SONIC study

    Kiyoaki Matsumoto, Kumi Hirokawa, Hiroyuki Muto, Takeshi Nakagawa, Madoka Ogawa, Kazunori Ikebe, Kei Kamide, Yasuyuki Gondo

    The 12th International Association of Gerontology and Geriatrics Asia/Oceania Regional Congress  2023年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 大阪大学若手FD研究会のこれまでとこれから──教育実践コミュニティの運営と役割の変化──

    大串 晃弘, 武藤 拓之, 中屋 佑紀, 久藤 麻子, 上月 翔太, 佐々木 葉月, 垣沼 絢子, 中村 瑞樹, 太田 雪乃

    第29回大学教育研究フォーラム  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 心的回転における身体優位性効果の神経基盤──事象関連fMRI研究──

    武藤 拓之, 中井 隆介, 上田 祥行, 阿部 修士

    日本基礎心理学会第41回大会  2022年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 未来の認知心理学者はみなベイジアンか?──ベイズ統計学・ベイズ脳仮説・ベイズ認識論の視点から描く事後予測分布──

    武藤 拓之

    日本認知心理学会第20回大会 20周年記念シンポジウム「若手研究者が考える認知心理学の20年後」  2022年10月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 「向かい合う」より「肩を並べる」方が,相手の気持ちがわかるのか?──自己と他者の身体角度の差が心的視点取得の正確性に与える影響── 国内会議

    神原 歩, 武藤 拓之

    日本心理学会第86回大会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • バカラ賭博における非合理なトレンド追従の定量的分析──カジノ顧客の賭け行動に見られる認知の歪み── 国内会議

    武藤 拓之, 中井 隆介, 村井 俊哉, 𠮷川 左紀子, 阿部 修士

    日本心理学会第86回大会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 三次元物体の心的回転課題おける反応時間の試行間変動のモデリング

    武藤 拓之

    日本行動計量学会第50回大会 特別セッション「心理学におけるモデリングアプローチの展開IV」  2022年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 後期高齢者・超高齢者における老年的超越がその後精神的健康に及ぼす影響の年齢差の検討:SONIC研究データを用いた縦断的検討

    増井 幸恵, 権藤 恭之, 中川 威, 春日 彩花, 小川 まどか, 稲垣 宏樹, 吉田 祐子, 堀 紀子, 小野口 航, 蔡 羽淳, 松本 清明, 菊地 亜華里, 程 雨田, 武藤 拓之, 石岡 良子

    日本心理学会第85回大会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 心的回転におけるボディ・アナロジー効果の2つの経路──事前登録したオンライン実験による検証──

    武藤 拓之

    日本心理学会第85回大会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • カジノにおけるギャンブルの利得と損失が次の来店までの時間間隔に及ぼす影響──顧客データの階層ベイズ生存時間解析──

    武藤 拓之, 中井 隆介, 村井 俊哉, 吉川 左紀子, 阿部 修士

    日本行動計量学会第49回大会 特別セッション「心理学におけるモデリングアプローチの展開III」  2021年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effects of interstimulus spacing on flanker interference investigated by hierarchical diffusion modeling 国内会議

    Honami Kobayashi, Hiroyuki Muto, Hiroshi Shimizu, Hirokazu Ogawa

    The 18th Conference of the Japanese Society for Cognitive Psychology  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 心的回転課題の認知モデリング:傾いた文字の正像・鏡像判断における混合プロセス仮説の検証

    武藤 拓之

    日本認知心理学会第18回大会 ワークショップ「古典的な実験課題を用いた認知モデリング」  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 他者の聴空間知覚の理解を支える身体化プロセス──視空間的視点取得との共通性── 国内会議

    武藤 拓之, 永井 聖剛

    日本認知心理学会第18回大会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 空間的視点取得と他者の心的経験の推測との関連──透明性錯覚パラダイムを用いて── 国内会議

    神原 歩, 武藤 拓之

    日本認知心理学会第18回大会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Correlational evidence for the adoption of egocentric mental rotation in same/different comparisons of human-like objects 国際会議

    Hiroyuki Muto

    The Psychonomic Society's 61st Annual Meeting  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 企画趣旨&ベイズ統計モデリングの基礎

    武藤 拓之

    日本心理学会第84回大会 公募シンポジウム「心理学の諸領域におけるベイズ統計モデリングの実践」  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • まずはオープンデータから!──高めよう信用性,広めよう二次分析──

    武藤 拓之

    日本心理学会第84回大会 大会企画シンポジウム「若手が聞きたい再現可能性問題の現状とこれから」  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    その他リンク: https://www.slideshare.net/HiroyukiMuto/at-84

  • Spatial Orientation Testの得点化方法の改善──フォン・ミーゼス分布による角度データのモデリング──

    武藤 拓之

    日本心理学会第84回大会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 心的回転に対するdiffusion modelingの有効性の検証

    武藤 拓之

    日本行動計量学会第48回大会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 心理学実験実習のレポート課題におけるルーブリックの役割 国内会議

    武藤 拓之

    第26回大学教育研究フォーラム  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 心的回転におけるボディ・アナロジー効果は姿勢の内的模倣に媒介されるのか?──蛇型物体と人型物体の比較── 国内会議

    武藤 拓之, 永井 聖剛

    日本基礎心理学会第38回大会  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 社会的排斥の観察が被排斥者への潜在的接近-回避傾向に与える影響 国内会議

    午道 青歩, 武藤 拓之, 仲 真紀子

    日本基礎心理学会第38回大会  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 認知心理学と統計モデリング:行動データの背後にある情報処理過程を表現する 招待 国内会議

    武藤 拓之

    人工知能学会合同研究会2019 人工知能基本問題研究会企画シンポジウム「ベイズモデリングと心理学」  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • Effectiveness of body analogy for mental rotation in the oldest-old people 国際会議

    Hiroyuki Muto, Yasuyuki Gondo, Hiroki Inagaki, Yukie Masui, Takeshi Nakagawa, Madoka Ogawa, Wataru Onoguchi, Yoshiko Ishioka, Keitaro Numata, Saori Yasumoto

    The Psychonomic Society's 60th Annual Meeting  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • A Bayesian hierarchical diffusion model of flanker interference 国際会議

    Honami Kobayashi, Hiroyuki Muto, Hiroshi Shimizu, Hirokazu Ogawa

    The 27th Annual Workshop on Object Perception, Attention, and Memory  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 地域在住超高齢者における同居家族と空間的視点取得能力の関連──SONIC研究── 国内会議

    武藤 拓之, 権藤 恭之, 稲垣 宏樹, 増井 幸恵, 小川 まどか, 沼田 恵太郎, 小野口 航, 石岡 良子, 安元 佐織, 蔡 羽淳, 松本 清明

    日本心理学会第83回大会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 傾いた文字の正像・鏡像判断は本当に混合プロセスなのか?──WAICとベイズファクターによるモデル比較── 国内会議

    武藤 拓之

    日本行動計量学会第47回大会 特別セッション「心理学におけるモデリングアプローチの展開」  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 認知心理学における統計モデリングアプローチ 招待 国内会議

    武藤 拓之

    京都大学こころの未来研究センター 認知科学セミナー  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • How does body analogy help mental rotation? Disentangling bottom-up and top-down processes 国際会議

    Hiroyuki Muto

    The 15th Asia Pacific Conference on Vision  2019年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 自由選択課題におけるポストディクション現象の認知モデル──ベイズ統計モデリングによる検証── 国内会議

    武藤 拓之, 水原 啓太, 入戸野 宏

    日本認知心理学会第17回大会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • プレFD修了者による大阪大学若手FD研究会(阪大FD研)の活動実績と今後の展望 国内会議

    大串 晃弘, 武藤 拓之, 大工 泰裕, 山下 英里華, 久藤 麻子, 川崎 絵里香, 佐々木 葉月

    第25回大学教育研究フォーラム  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Behavioral responses of Japanese macaques to simulated intergroup encounters: evidence from field playback experiments 国内会議

    Yosuke Kurihara, Hiroyuki Muto

    The 66th Annual Meeting of the Ecological Society of Japan  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 視空間イメージ操作研究への挑戦:多面的視点のススメ 招待 国内会議

    武藤 拓之

    第6回KG-RCSP合同ゼミ  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 視空間イメージの心的操作 招待 国内会議

    武藤 拓之

    第18回感性学研究会「視点と身体による空間認知・感性認知」  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 系列位置曲線の加齢変化に対するモデルベースアプローチ──SONIC研究の縦断データへのSIMPLEモデルの適用── 国内会議

    武藤 拓之, 権藤 恭之, 増井 幸恵, 稲垣 宏樹, 中川 威, 石岡 良子, 沼田 恵太郎, 小野口 航

    日本基礎心理学会第37回大会  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:専修大学  

  • Whole-body motor simulation subserves spatial perspective taking 招待 国際会議

    Hiroyuki Muto

    Bilateral Joint Seminar FY2018 "Take the perspective of others: social cognition from healthy neurons to neurodegenerative brains"  2018年10月  Japanese Leader: Shigeru Kitazawa, French Leader: Yves Rossetti

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 傾いた文字は正しい文字か?鏡文字か?──心的回転データを用いたベイズモデリング── 国内会議

    武藤 拓之

    日本心理学会第82回大会 公募シンポジウム「たのしいベイズモデリング──事例で拓く研究のフロンティア──」  2018年09月  企画:豊田 秀樹

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:仙台国際センター  

  • 超高齢者の空間的視点取得能力を測る──SONIC研究におけるラインマップテストの実施── 国内会議

    武藤 拓之, 権藤 恭之, 稲垣 宏樹, 増井 幸恵, 小川 まどか, 沼田 恵太郎, 小野口 航, 石岡 良子, 内芝 綾女, 田渕 恵

    日本心理学会第82回大会  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Mental rotation of ears: Which type of transformation is elicited by left/right judgements of unmovable body parts? 国際会議

    Hiroyuki Muto, Kazunori Morikawa

    The 7th International Conference on Spatial Cognition  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ベイズ統計モデリングは実験心理学に何をもたらすか 国内会議

    武藤 拓之

    日本行動計量学会第46回大会 ラウンドテーブルディスカッション「心理学におけるベイズ統計モデリング」  2018年09月  オーガナイザー:岡田 謙介,清水 裕士

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:慶応義塾大学  

  • 自由選択課題における意思決定タイミングの誤認 国内会議

    水原 啓太, 武藤 拓之, 入戸野 宏

    日本認知心理学会第16回大会  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 空間的視点取得能力を測定するコンピュータ化テスト──ラインマップテストの開発とその信頼性・妥当性の検証── 国内会議

    武藤 拓之, 森川 和則

    日本認知心理学会第16回大会  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Eye size illusion caused by eye shadow is independent of face orientation 国際会議

    Hiroyuki Muto, Mayu Ide, Akitoshi Tomita, Kazunori Morikawa

    The 14th Asia Pacific Conference on Vision  2018年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 認知心理学への実践:データ生成メカニズムのベイズモデリング 国内会議

    武藤 拓之

    広島ベイズ塾第三回ワークショップ「心理学者のためのベイズ統計学:モデリングの実際と,モデル選択・評価」  2018年06月  企画代表:小杉 考司

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:専修大学  

  • 物体のヒトらしさが引き起こす対面バイアス──前後対称な人型物体に対する空間的視点取得── 国内会議

    武藤 拓之, 松下 戦具, 森川 和則

    日本基礎心理学会第36回大会  2017年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 身体化された空間的視点取得──運動シミュレーション説の証拠── 国内会議

    武藤 拓之, 松下 戦具, 森川 和則

    日本基礎心理学会第36回大会 若手オーラルセッション  2017年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 超高齢者における空間認知能力と運動機能の結びつき――SONIC研究の85―87歳調査から得られたretrogenesis説の証拠―― 国内会議

    武藤 拓之, 松本 清明, 沼田 恵太郎, 権藤 恭之

    関西心理学会第129回大会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 心的回転課題が明らかにした身体表象の階層性――手・腕・全身の線画に対する左右判断―― 国内会議

    武藤 拓之, 近藤 想, 松下 戦具, 森川 和則

    日本心理学会第81回大会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Holding heavy bags in hands improves mental rotation performance in females but not in males 国際会議

    Hiroyuki Muto, Soyogu Matsushita, Kazunori Morikawa

    The 11th International Conference on Cognitive Science  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Agent's symmetry elicits egocentric transformations for spatial perspective-taking 国際会議

    Hiroyuki Muto, Soyogu Matsushita, Kazunori Morikawa

    The 39th Annual Meeting of the Cognitive Science Society  2017年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 空間的視点取得は全身移動のシミュレーションに媒介される――視点・反応一致性効果のメカニズムの検討―― 国内会議

    武藤 拓之, 松下 戦具, 森川 和則

    日本認知心理学会第15回大会  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Imagining a face viewed from novel angles in advance facilitates face identification 国際会議

    Hiroyuki Muto, Shiori Kano, Soyogu Matsushita, Kazunori Morikawa

    The 24th Annual Workshop on Object Perception, Attention, and Memory  2016年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 見たことのない視点の顔を想像してもその表象は脆弱である 国内会議

    武藤 拓之, 松下 戦具, 森川 和則

    日本基礎心理学会第35回大会  2016年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 空間的視点取得に必要なスキルは認知的スキルと知覚的スキルに分離できる――反応時間データに対する探索的因子分析の適用―― 国内会議

    武藤 拓之, 松下 戦具, 森川 和則

    日本行動計量学会第44回大会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Comparison between foot and hand responses for a spatial perspective-taking task 国際会議

    Hiroyuki Muto, Soyogu Matsushita, Kazunori Morikawa

    The 31st International Congress of Psychology  2016年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 人は別の視点から見た顔を想像できるか?――視点手掛かりの事前提示が顔の再認成績に及ぼす影響―― 国内会議

    武藤 拓之, 加納 史織, 松下 戦具, 森川 和則

    日本認知心理学会第14回大会  2016年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 人間は考える「足」である?――移動に関連した動作が空間的視点取得に果たす役割―― 国内会議

    武藤 拓之, 松下 戦具, 森川 和則

    日本心理学会第79回大会  2015年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 人間は考える「足」である?――足と手を前に出す動作による空間的視点取得の促進・抑制効果―― 国内会議

    武藤 拓之, 松下 戦具, 森川 和則

    日本認知心理学会第13回大会  2015年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

担当授業科目

  • 認知行動科学特別研究1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 現代システム科学特別演習1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 認知科学1(知覚・認知心理学)

    2023年度   週間授業   大学

  • 環境システム学卒業研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 環境システム学演習III

    2023年度   週間授業   大学

  • 心理学特別演習1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 心理学特別研究1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 人間環境科学演習II(心理演習)

    2023年度   週間授業   大学

  • 認知科学演習I

    2023年度   集中講義   大学

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • データサイエンス特別講義

    2021年09月
    機関名:立命館大学総合心理学部

  • ILASセミナー :こころの未来セミナー“行動と脳とこころをつなぐ実験心理学”

    2021年04月
    -
    2023年03月
    機関名:京都大学

  • 統計学

    2021年04月
    -
    2022年03月
    機関名:立命館大学大学院経営管理研究科

  • 知覚・認知モデル論

    2020年11月
    機関名:慶応義塾大学

  • 心理学Ⅰ

    2020年04月
    -
    2022年03月
    機関名:京都大学

  • 心理学の世界

    2019年04月
    -
    2022年03月
    機関名:京都産業大学全学共通教育センター

  • 学習・認知心理学Ⅰ・Ⅱ

    2018年04月
    -
    2021年03月
    機関名:大阪保健医療大学

  • 心理学実験・実習A・B

    2018年04月
    -
    2020年03月
    機関名:神戸親和女子大学発達教育学部心理学科

▼全件表示

社会貢献活動

  • 他者が見ている世界を想像する認知情報処理のしくみ

    役割:講師

    大阪公立大学  オープンキャンパス2023 現代システム科学域心理学類シンポジウム  2023年08月

     詳細を見る

    種別:出前授業

  • 推定と予測と仮説検定に活かすためのベイズ統計の基礎と活用のポイント

    役割:講師

    日本テクノセンター  オンラインセミナー  2023年02月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 実験心理学と数理モデル

    役割:講師

    京大生協X-academy  2021年09月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 大学院生による新入生のための学び情報誌「阪大×学問」

    役割:編集, 企画, 寄稿

    大阪大学全学教育推進機構ガイダンス室学生支援プロジェクトチーム(上月翔太・大友章裕・武藤拓之・田尾俊輔・根岸千悠)  2019年02月

     詳細を見る

    種別:会誌・広報誌

  • 心理学教育におけるSoTLのこころみ

    役割:講師

    大阪大学全学教育推進機構  大学授業開発論Ⅲ  2019年02月

     詳細を見る

    種別:出前授業

  • 心を科学する──心理学の世界への冒険──

    役割:講師

    大阪大学  ミニオープンキャンパス in 広島  駿台予備学校広島校  2018年08月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 保護者

    種別:出前授業

  • 心を科学する──心理学の世界への冒険──

    役割:講師

    大阪大学  ミニオープンキャンパス in 札幌  河合塾札幌校  2018年08月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 保護者

    種別:出前授業

  • Chapter 7 (7.1–7.5) 回帰分析の悩みどころ (前半)

    役割:講師

    主催者:清水裕士,共催:関西学院大学社会心理学研究センター  『StanとRでベイズ統計モデリング』読書会 (Osaka.Stan #4)  2017年04月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 「世界一受けたい授業」を作ろう!~大学教員と大学院生のための授業方法とデザイン~

    役割:企画, 運営参加・支援

    講師:佐藤浩章,主催:大工泰裕・武藤拓之・井奥智大・寺口司,共催:大阪大学大学院人間科学研究科,協力:大阪大学全学教育推進機構教育学習支援部  2016年08月

     詳細を見る

    種別:講演会

▼全件表示

メディア報道

  • 「活躍する若手!」第1回 会誌・広報誌

    日本心理学会若手の会  若手の会ニューズレター, 第1巻 第2号, p.6.  2016年12月

学術貢献活動

  • (運営)日本行動計量学会 第26回春の合宿セミナー「徹底理解!!『因果推論』」

    役割:企画立案・運営等

    日本行動計量学会  2024年03月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  • (運営)日本行動計量学会 2023秋の行動計量セミナー「Rで学ぶネットワーク分析~基礎から最新モデルまで」

    役割:企画立案・運営等

    日本行動計量学会  2023年11月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  • (運営)日本行動計量学会 第25回春の合宿セミナー「その問題、数理モデルが解決します!~人間行動と社会構造を数理モデルで理解する」

    役割:企画立案・運営等

    日本行動計量学会  2023年03月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  • (運営)日本行動計量学会 秋の行動計量セミナー「確率モデルが拓く社会のデジタル変革(DX)」

    役割:企画立案・運営等

    日本行動計量学会  2022年11月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • (運営)日本行動計量学会 第24回春の合宿セミナー「統計的因果推論」

    役割:企画立案・運営等

    日本行動計量学会  2022年03月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • (企画・座長)日本基礎心理学会第40回大会 シンポジウム2「基礎心理学と数理モデル」

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    武藤 拓之  2021年12月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  • (運営)日本行動計量学会 2021秋の行動計量セミナー「はじめての機械学習」

    役割:企画立案・運営等

    日本行動計量学会  2021年11月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • (企画)日本行動計量学会第49回大会 特別セッション「心理学におけるモデリングアプローチの展開III」

    役割:企画立案・運営等

    武藤 拓之  2021年08月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  • (企画)日本認知心理学会第18回大会 ワークショップ「古典的な実験課題を用いた認知モデリング」

    役割:企画立案・運営等

    武藤 拓之  2021年03月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  • (企画・司会)日本心理学会第84回大会 公募シンポジウム「心理学の諸領域におけるベイズ統計モデリングの実践」

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    武藤 拓之, 難波 修史  2020年09月 - 2020年11月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

▼全件表示