2023/11/09 更新

写真a

コザキ マサトシ
小嵜 正敏
KOZAKI Masatoshi
担当
大学院理学研究科 化学専攻 教授
理学部 化学科
職名
教授
所属
理学研究院
連絡先
メールアドレス
所属キャンパス
杉本キャンパス

担当・職階

  • 大学院理学研究科 化学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 理学部 化学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(理学) ( 総合研究大学院大学 )

研究分野

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学  / 有機化学

  • ナノテク・材料 / 機能物性化学  / 機能・物性・材料

  • ナノテク・材料 / 高分子化学  / 精密構造高分子

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学  / 有機化学

研究キーワード

  • 有機伝導体

  • デンドリマー

  • 刺激応答性分子

研究概要

  • デンドリマーなどの精密巨大分子の開発や外部刺激に応答して機能を変化させる分子を開発している.有機分子の性質や物性は構造修飾によって精密に制御できる.分子の性質を精密制御することによって,特異な電子,光,磁気的性質を持った有機化合物を創出することを目標としている.また,ナノスケールの分子は超精密ナノ構造と考えることができる.このような観点から,ナノスケールの分子の効率的な構築法の開発とその構築法を応用して多様な機能を持つ分子ナノ材料(分子デバイス,分子マシン)を開発する研究を行っている.

研究歴

  • 共役鎖と非共役鎖を併せ持つデンドリマーに関する研究

    デンドリマー、ポリベンジルエーテル、オリゴフェニレンエチニレン  個人研究

    2002年04月 - 継続中 

  • 含窒素縮合多環芳香族化合物に関する研究

    含窒素芳香族化合物  個人研究

    2017年04月 - 継続中 

  • 刺激応答型分子の開発

    刺激応答性、アロステリック、ポルフィリン  個人研究

    2010年04月 - 2019年03月 

  • 新規ヘテロ環共役系の構造と物性

    共役系  個人研究

    1990年04月 - 1994年03月 

所属学協会

  • 日本化学会

      国内

  • 光化学協会

      国内

  • 有機合成化学協会

  • 有機π電子系学会

  • 基礎有機化学会

  • 光化学協会

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 日本化学会第99春季年会 プログラム委員   日本化学会  

    2018年12月 

  • 幹事   有機π電子系学会  

    2018年12月 - 継続中 

職務経歴(学外)

  • サウスカロライナ大学   博士研究員

    1995年 - 1997年

  • 分子科学研究所   -

    1994年04月 - 1994年05月

  • アラバマ大学   博士研究員

    1994年 - 1995年

学歴

  • 総合研究大学院大学   数物科学研究科   構造分子科学   博士課程  

    - 1994年

  • 名古屋工業大学   工学研究科   物質工学専攻   博士課程前期   卒業・修了

    1989年04月 - 1991年03月

  • 名古屋工業大学   工学部   応用化学    

    - 1989年

論文

  • Platinum octaethylporphyrin-diphenylanthracene dyad with an ethynylene linker 査読

    Wada, Takumi; Tachi, Yoshimitsu; Toyota, Kazuo; Kozaki, Masatoshi

    Tetrahedron Letters   108   154131   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2022.154131

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2022.154131

  • A fused polycyclic compound containing phenothiazine and diazapyrene skeletons with weak D-A interactions 査読

    Chemical Communications   58 ( 61 )   8572 - 8575   2022年07月( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/d2cc02635j

    PubMed

  • Synthesis of Triazabenzo[a]pyrenes and Their Photophysical, Acid-Responsive, and Electrochemical Properties 査読

    Masani, Yasufumi; Omura, Yuta; Tachi, Yoshimitsu; Kozaki, Masatoshi

    Asian Journal of Organic Chemistry   11 ( 5 )   e202200015   2022年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/0002000355

  • Heteroatom-incorporated Trimethylenemethane: Synthesis and Properties of Triphenylphenylnitroxide(Nitronyl Nitroxide) Dyad

    Chemistry Letters   51 ( 4 )   458 - 460   2022年04月( ISSN:03667022

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1246/cl.220021

  • A Molecule Having 13 Unpaired Electrons: Magnetic Property of a Gadolinium(III) Complex Coordinated with Six Nitronyl Nitroxide Radicals 査読

    Inorganic Chemistry   61 ( 7 )   3018 - 3023   2022年02月( ISSN:0020-1669

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.1c03764

  • 安定ラジカルカチオン種が示す奇抜な性質と機能 査読

    鈴木修一,小嵜正敏,直田健

    有機合成化学協会誌   80 ( 9 )   843 - 853   2022年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.80.843

  • Synthesis of Triazabenzo[<i>a</i>]pyrenes and Their Photophysical, Acid‐Responsive, and Electrochemical Properties 査読

    小嵜 正敏

    Asian Journal of Organic Chemistry   - ( 5 )   2022年( ISSN:2193-5807

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ajoc.202200015

    その他URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/ajoc.202200015

  • Smallest Organic Tetracation in the Gas Phase: Stability of Multiply Charged Diiodoacetylene Produced in Intense Femtosecond Laser Fields 査読

    Kawaguchi Takashi, Kitagawa Kosei, Toyota Kazuo, Kozaki Masatoshi, Okada Keiji, Nakashima Nobuaki, Yatsuhashi Tomoyuki

    American Chemical Society (ACS) JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A   125 ( 36 )   8014 - 8024   2021年09月( ISSN:1089-5639

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jpca.1c06390

    PubMed

  • Aurophilic Interactions in Multi-Radical Species: Electronic-Spin and Redox Properties of Bis- and Tris-[(Nitronyl Nitroxide)-Gold(I)] Complexes with Phosphine-Ligand Scaffolds 査読

    Kira Sayaka, Miyamae Takayuki, Yoshida Kohei, Kanzaki Yuki, Sugisaki Kenji, Shiomi Daisuke, Sato Kazunobu, Takui Takeji, Suzuki Shuichi, Kozaki Masatoshi, Okada Keiji

    Wiley CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   27 ( 44 )   11450 - 11457   2021年08月( ISSN:0947-6539

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.202101483

    PubMed

    その他URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/chem.202101483

  • Photovoltaic investigation of CPDT based small molecule for BHJ OSC devices 査読

    Rania Zaier, Masatoshi Kozaki, Sahbi Ayachi

    18th IEEE International Multi-Conference on Systems, Signals and Devices, SSD 2021   1345 - 1349   2021年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In recent years, Bulk heterojunction organic solar cells (BHJ OSCs) based small molecules take leading position of industrialization for their considerable opto-electronic properties and uncomplicated fabrication process. Materials based on cyclopentadithiophene (CPDT) have been widely used thanks to their interesting structural and electronic characteristics. Here we report a combined experimental and theoretical investigation of a CPDT-based material namely 6,6′-(2,5-bis (hexyloxy)-1,4-phenylene) bis(2-methyl -4H- cyclopenta [2,1-b:3,4-b'] dithiophen-4-one) (CPDT-alt-BHP) as donor small molecule in a BHJ OSC. The synthesized molecule shows a rigid and planar structure with small band gap energy. The electronic properties have been investigated by means of Density Functional Theory (DFT) at B3LYP/6-31g(d) level of theory. The studied molecule displayed an optical absorption in the visible region with nm. Transition density matrix (TDM) plot was carried out to get insight into the hole-electron coherences at the first excited state. The photovoltaic parameters of CPDTBHP:[70]PCBM system were simulated using wxAMPS software. The designed BHJ OSC exhibited respectable fill factor (FF) of 81.13%, short-circuit current density (Jsc) of 6.089 mA cm-2 and power conversion efficiency (PCE) of 4.922%. The studied compound offers significant structural and optoelectronic properties that could be enhanced via judicious molecular tuning.

    DOI: 10.1109/SSD52085.2021.9429491

  • Syntheses and Properties of (Nitronyl nitroxide)-substituted Tri-phenylamine ortho-Bridged by Two Oxygen and Sulfur Atoms 査読

    Yokoyama Naoki, Tanaka Nobuaki, Fujimoto Natsumi, Tanaka Rika, Suzuki Shuichi, Shiomi Daisuke, Sato Kazunobu, Takui Takeji, Kozaki Masatoshi, Okada Keiji

    Wiley CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   16 ( 1 )   72 - 79   2021年01月( ISSN:1861-4728

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/asia.202001227

    その他URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/asia.202001227

  • Magnetic Properties of Metal Clusters Coordinated with (Nitronyl Nitroxide)-Substituted Amidinate Ligands 査読

    Tanimoto Ryu, Suzuki Shuichi, Kozaki Masatoshi, Kanzaki Yuki, Shiomi Daisuke, Sato Kazunobu, Takui Takeji, Tanaka Rika, Okada Keiji

    Wiley CHEMISTRYSELECT   5 ( 36 )   11170 - 11176   2020年09月( ISSN:2365-6549

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/slct.202002927

    その他URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/slct.202002927

  • Condensed Phenoxazine Dimer and Its Radical Cation 査読

    Miyamae Takayuki, Haraguchi Makoto, Tachi Yoshimitsu, Suzuki Shuichi, Kozaki Masatoshi, Okada Keiji

    American Chemical Society (ACS) ORGANIC LETTERS   22 ( 17 )   6790 - 6793   2020年09月( ISSN:1523-7060

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.0c02305

  • Theoretical study on electro-optical properties of cyclopentadithiophene based material for OLED

    Zaier R.

    Proceedings of the 17th International Multi-Conference on Systems, Signals and Devices, SSD 2020   609 - 611   2020年07月( ISBN:9781728110806

     詳細を見る

  • Inhibition of Ligand Binding Ability of Three Porphyrins by an Organic Effector 査読

    Nishimura Tomoaki, Sasaki Yoshito, Tachi Yoshimitsu, Suzuki Shuichi, Okada Keiji, Kozaki Masatoshi

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   2020年01月( ISSN:1861-4728

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.201901711

  • Spin-dependent electron transfer dynamics in a platinum-complex−donor−acceptor triad studied by transient-absorption detected magnetic field effect 査読

    Tomoaki Miura, Kio Miyaji, Takafumi Horikoshi, Shuichi Suzuki, Masatoshi Kozaki, Keiji Okada, and Tadaaki Ikoma

    J. Chem. Phys.   151   234306/1 - 234306/9   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1063/1.5127940

  • Redox‐Induced Modulation of Exchange Interaction in a High‐Spin Ground‐State Diradical/Triradical System 査読

    Atsuki Nagata, Shinsuke Hiraoka, Shuichi Suzuki, Masatoshi Kozaki, Daisuke Shiomi, Kazunobu Sato, Takeji Takui, Rika Tanaka, Keiji Okada

    Chemistry – A European Journal   26 ( 14 )   3166 - 3172   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1002/chem.201905465

  • Disorder-Enhanced Dimensionless Thermoelectric Figure of Merit zT of Non-stoichiometric Organic Conductor (TTT)(2)I3+delta (delta <= 0.1) 査読

    Yoshino Harukazu, Hasegawa Akifumi, Kuroda Natsuki, Ishikawa Manabu, Tanaka Rika, Kozaki Masatoshi, Nakano Yoshiaki, Otsuka Akihiro, Yamochi Hideki

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   88 ( 10 )   2019年10月( ISSN:0031-9015

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.88.104708

  • Synthesis and Magnetic Properties of (Pyrrolidin-1-oxyl)-(Nitronyl Nitroxide)/(Iminonitroxide)-Dyads 査読

    Tsujimoto Haruki, Suzuki Shuichi, Kozaki Masatoshi, Shiomi Daisuke, Sato Kazunobu, Takui Takeji, Okada Keiji

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   14 ( 10 )   1801 - 1806   2019年05月( ISSN:1861-4728

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.201801615

  • Triplet Diradical Cation Salts Consisting of Phenothiazine Radical Cation and Nitronyl Nitroxide 査読

    Takuma Tahara, Shuichi Suzuki, Masatoshi Kozaki, Daisuke Shiomi, Kenji Suigisaki, Kazunobu Sato, Takui Takeji, Yota Miyake, Yuko Hosokoshi, Hiroyuki Nojiri, Keiji Okada

    Eur. J. Chem.   25 ( 29 )   7201 - 7209   2019年03月( ISSN:0947-6539

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1002/chem.201900513

  • DFT and TD-DFT studies on the electronic and optical properties of linear π-conjugated cyclopentadithiophene (CPDT) dimer for efficient blue OLED 査読 国際共著

    Rania Zaier, Said Hajaji, Masatoshi Kozaki, Sahbi Ayachi

    Opt. Mater.   90   108 - 114   2019年03月( ISSN:0925-3467

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.optmat.2019.03.013

  • Synthesis and Properties of Nitrogen-Containing Pyrenes 査読

    Yuta Omura, Yoshimitsu Tachi, Keiji Okada, Masatoshi Kozaki

    The Journal of Organic Chemistry   84 ( 4 )   2032 - 2038   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1021/acs.joc.8b02962

  • Structures and Electronic Properties of Diisopropylaminoborane Substituted with Highly Electron-Rich π-Conjugated Systems and Their Oxidized States 査読

    小嵜 正敏

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1246/bcsj.20190199

  • Preparation and Properties of a Polycyclic p-Quinodimethane with Two Oxygen Bridges and its Radical Cation in Comparison with the Isomeric o-Quinodimethane 査読

    Chihiro Sato, Shuichi Suzuki, Keiji Okada, Masatoshi Kozaki

    Chem. Asian J.   13 ( 23 )   3729 - 3736   2018年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/asia.201801269

  • Ligand-Binding Ability of a Porphyrin Core in a Dendrimer with Rigid Branched Terminal Components 査読 国際共著

    Mami Akisada, Ryo Kimura, Yoshimitsu Tachi, Shuichi Suzuki, Keiji Okada, Masatoshi Kozaki

    The Journal of Organic Chemistry   83 ( 17 )   9631 - 9640   2018年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1021/acs.joc.8b00932

  • Chemical Stability of the 5-Mesityl-5 ''-(nitronyl nitroxide)-2,2 ':5 ',2 ''-ter(3,4-ethylenedioxythiophene) Radical Cation 査読

    Takuma Tahara, Shuichi Suzuki, Masatoshi Kozaki, Tohru Nishinaga, Keiji Okada

    公益社団法人 日本化学会 BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   91 ( 8 )   1193 - 1195   2018年08月( ISSN:0009-2673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Only a few radical-substituted <i>π</i>-donor radical cations have been reported to date. In this note, 5-mesityl-5′′-(nitronyl nitroxide)-2,2′:5′,2′′-ter(3,4-ethylenedioxythiophene) (<b>NN-TEDOT</b>) was prepared and its electrochemical and chemical oxidations were examined. The <b>NN-TEDOT</b> radical cation was moderately stable and slowly decomposed.</p>

    DOI: 10.1246/bcsj.20180078

    CiNii Article

  • Radical Metalloids with N-Heterocyclic Carbene and Phenanthroline Ligands: Synthesis, Properties, and Cross-Coupling Reaction of [(Nitronyl Nitroxide)-2-ido]metal Complexes with Aryl Halides 査読

    Kiyomi Yamada, Xun Zhang, Ryu Tanimoto, Shuichi Suzuki, Masatoshi Kozaki, Rika Tanaka, Keiji Okada

    公益社団法人 日本化学会 BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   91 ( 7 )   1150 - 1157   2018年07月( ISSN:0009-2673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>New radical metalloids, <b>NN-AuSIMes</b> and <b>NN-Cu(bdmpphen)</b>, were prepared and their properties were investigated. They were applied to Pd(0)-mediated cross-coupling reactions with aryl halides (ArX) to produce 2-aryl (nitronyl nitroxide)s in moderate to high yields.</p>

    DOI: 10.1246/bcsj.20180033

    CiNii Article

  • Group 11 Metal Complexes Coordinated by the (Nitronyl Nitroxide)-2-ide Radical Anion: Facile Oxidation of Stable Radicals Controlled by Metal-Carbon Bonds in Radical-Metalloids 査読

    Ryu Tanimoto, Kiyomi Yamada, Shuichi Suzuki, Masatoshi Kozaki, Keiji Okada

    EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY   ( 10 )   1198 - 1203   2018年03月( ISSN:1434-1948

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ejic.201800038

  • Chemical Stimulus-responsive Folding and Unfolding of a Dendrimeric Assembly 査読

    Ryo Kimura, Shuichi Suzuki, Keiji Okada, Masatoshi Kozaki

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   13 ( 1 )   35 - 40   2018年01月( ISSN:1861-4728

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.201701487

  • (Azulene-1,3-diyl)-bis(nitronyl nitroxide) and (Azulene-1,3-diyl)-bis(iminonitroxide) and Their Copper Complexes 査読

    Makoto Haraguchi, EvgenyTretyakov, Nina Gritsan, Galina Romanenko, Dmitry Gorbunov, Artem Bogomyakov, Kseniya Maryunina, Shuichi Suzuki, Masatoshi Kozaki, Daisuke Shiomi, Kazunobu Sato, Takeji Takui, Sadafumi Nishihara, Katsuya Inoue, Keiji Okada

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   12 ( 22 )   2929 - 2941   2017年11月( ISSN:1861-4728

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.201701085

  • Synthesis and Magnetic Properties of Trioxytriphenylamine Dimers in their Di(radical cationic) States 査読

    Shuichi Suzuki, Nobuaki Tanaka, Masatoshi Kozaki, Daisuke Shiomi, Kazunobu Sato, Takeji Takui, Keiji Okada

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   23 ( 63 )   16014 - 16025   2017年11月( ISSN:0947-6539

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.201703220

  • デンドリマー型元素ブロック高分子の構築 招待

    小嵜 正敏

    化学工業   68 ( 11 )   14(810) - 19(815)   2017年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Trimeric Assembly of Dendritic Light-Harvesting Antenna with Two Kinds of Porphyrin Cores 査読

    Ryo Kimura, Shuichi Suzuki , Keiji Okada , Masatoshi Kozaki

    THE JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   82 ( 17 )   8917 - 8926   2017年09月( ISSN:0022-3263

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.joc.7b01275

  • An efficient synthetic method for organometallic radicals: structures and properties of gold(I)-(nitronyl nitroxide)-2-ide complexes 査読

    Shuichi Suzuki, Sayaka Kira, Masatoshi Kozaki, Masaki Yamamura, Toru Hasegawa, Tatsuya Nabeshima, Keiji Okada

    DALTON TRANSACTIONS   46 ( 8 )   2653 - 2659   2017年02月( ISSN:1477-9226

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c6dt04685a

  • Magnetic Control of the:Charge-Separated State Lifetime Realized by Covalent Attachment of a Platinum Complex 査読

    Tomoaki Miura, Dai Fujiwara, Kimio Akiyama, Takafumi Horikoshi, Suzuki Shuichi, Masatoshi Kozaki, Keiji Okada, Tadaaki Ikoma

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY LETTERS   8 ( 3 )   661 - 665   2017年02月( ISSN:1948-7185

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jpclett.6b02887

  • Stereoelectronic control of oxidation potentials of 3,7-bis(diarylamino)phenothiazines 査読

    Ayumu Karimata, Shuichi Suzuki, Masatoshi Kozaki, Keiji Okada

    RSC ADVANCES   7 ( 88 )   56144 - 56152   2017年( ISSN:2046-2069

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c7ra12600j

  • ニトロニルニトロキシドラジカルを基盤とした開殻π造形 査読

    鈴木 修一, 小嵜 正敏, 岡田 惠次

    社団法人 有機合成化学協会 有機合成化学協会誌   75 ( 9 )   955 - 964   2017年( ISSN:0037-9980

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    <p>Organic-based open-shell π-electronic molecules are promising components for next-generation electronic devices because of the diversity in their design. In the past two decades, nitronyl nitroxides and its related radicals were widely utilized for organic spin sources mainly because of their stability. These derivatives were generally prepared by the condensation reactions of a corresponding bis-hydroxylamine compound with various aldehydes followed by oxidation. However, the procedure was unsuccessful sometimes particularly when highly electron-donating or electron-accepting aromatic aldehydes were used. One of the key approaches for solving this problem is to develop metal-introduced nitronyl nitroxide at the C2 position: This radical-metal complex can be used as a stable equivalent of the C2-H deprotonated anion of the parent nitronyl nitroxide and can be applied to the cross-coupling reagent to introduce the nitronyl nitroxide skeleton in the reaction with aryl halides. We have also found that the developed radical-metal complexes have metal-dependent low oxidation potentials and one of them can be converted to a new iminonitroxide-Au trimer complex with a quartet ground state. Here, we report recent progress of synthetic methods of new functional nitronyl nitroxides as "π-system figuration for open-shell molecules" and their unique electrochemical and magnetic properties.</p>

    DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.75.955

    CiNii Article

  • 擬一次元有機伝導体(TTT)<sub>2</sub>I<sub>3</sub>のESR測定

    中村 敏和, 浅田 瑞枝, 長谷川 祥史, 黒田 菜月, 小嵜 正敏, 吉野 治一

    日本物理学会講演概要集   72.2 ( 0 )   1467 - 1467   2017年

  • Very Long-Lived Photoinduced Charge-Separated States of Triphenylamine-Naphthalenediimide Dyads in Polymer Matrices 査読

    Kimoto Kenshi, Satoh Tsubasa, Iwamura Munetaka, Nozaki Koichi, Horikoshi Takafumi, Suzuki Shuichi, Kozaki Masatoshi, Okada Keiji

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A   120 ( 41 )   8093 - 8103   2016年10月( ISSN:1089-5639

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jpca.6b07705

  • Intact Four-atom Organic Tetracation Stabilized by Charge Localization in the Gas Phase 査読

    Yatsuhashi Tomoyuki, Toyota Kazuo, Mitsubayashi Naoya, Kozaki Masatoshi, Okada Keiji, Nakashima Nobuaki

    CHEMPHYSCHEM   17 ( 19 )   2977 - 2981   2016年10月( ISSN:1439-4235

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cphc.201600555

  • A tight 1:1 complex between an allosteric receptor and an organic effector with hydrogen and coordination bonds 査読

    Sasaki Yoshito, Suzuki Shuichi, Okada Keiji, Kozaki Masatoshi

    TETRAHEDRON LETTERS   57 ( 36 )   4082 - 4085   2016年09月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2016.07.088

  • Cyclic Triradicals Composed of Iminonitroxide-Gold(I) with Intramolecular Ferromagnetic Interactions 査読

    Suzuki Shuich, Wada Tomoyuki, Tanimoto Ryu, Kozaki Masatoshi, Shiomi Daisuke, Sugisaki Kenji, Sato Kazunobu, Takui Takeji, Miyake Yota, Hosokoshi Yuko, Okada Keiji

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   55 ( 36 )   10791 - 10794   2016年08月( ISSN:1433-7851

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201604320

  • Anisotropic Coulomb explosion of acetylene and diacetylene derivatives 査読

    Mitsubayashi Naoya, Yatsuhashi Tomoyuki, Tanaka Hiroki, Furukawa Satoshi, Kozaki Masatoshi, Okada Keiji, Nakashima Nobuaki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MASS SPECTROMETRY   403   43 - 52   2016年06月( ISSN:1387-3806

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijms.2016.03.011

  • 2,11-Dibromo-13,14-dimesityl-5,8-dioxapentaphene: A Stable and Twisted Polycyclic System Containing the o-Quinodimethane Skeleton 査読

    Sato Chihiro, Suzuki Shuichi, Kozaki Masatoshi, Okada Keiji

    ORGANIC LETTERS   18 ( 5 )   1052 - 1055   2016年03月( ISSN:1523-7060

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.6b00171

  • <i>N</i>,<i>N</i>'-Diphenylbenzothiazinophenothiazine Dication: Singlet Ground State Species 査読

    Yoshida Kohei, Suzuki Shuichi, Kozaki Masatoshi, Okada Keiji

    The Chemical Society of Japan Chemistry Letters   0 ( 0 )   2016年( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <i>N</i>,<i>N</i>'-Diphenylbenzothiazinophenothiazine exhibited two reversible oxidation waves at −0.06 V and +0.42 V vs Fc/Fc<sup>+</sup> in CH<sub>2</sub>Cl<sub>2</sub>. Chemical oxidation using two equivalents of tris(4-bromophenyl)aminium hexafluoroantimonate produced a stable dication species, which was characterized by NMR signals in the 8.53−5.80 ppm region, a quinoid structure in the X-ray analysis, and theoretical calculations, showing a singlet ground state.

    DOI: 10.1246/cl.151032

    CiNii Article

  • Synthesis and Higher-Order Structure of Linear Dendrimeric Assemblies 査読

    Nishioka Saori, Morita Shirou, Okada Keiji, Suzuki Shuichi, Kozaki Masatoshi

    ORGANIC LETTERS   17 ( 11 )   2720 - 2723   2015年06月( ISSN:1523-7060

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.5b01137

  • Substitution effects on optical properties of iminonitroxide- substituted iminonitroxide diradical 査読

    Nakamura Ryota, Shigeta Yasuteru, Okuno Katsuki, Hasegawa Miki, Fukushima Mayuko, Suzuki Shuichi, Kozaki Masatoshi, Okada Keiji, Nakano Masayoshi

    MOLECULAR PHYSICS   113 ( 3-4 )   267 - 273   2015年02月( ISSN:0026-8976

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00268976.2014.937777

  • Direct Observation of Hole Shift and Characterization of Spin States in Radical Ion Pairs Generated from Photoinduced Electron Transfer of (Phenothiazine)(n) Anthraquinone (n=1, 3) Dyads 査読

    Karimata Ayumu, Suzuki Shuichi, Kozaki Masatoshi, Kimoto Kenshi, Nozaki Koichi, Matsushita Hironori, Ikeda Noriaki, Akiyama Kimio, Kosumi Daisuke, Hashimoto Hideki, Okada Keiji

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A   118 ( 47 )   11262 - 11271   2014年11月( ISSN:1089-5639

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jp509643q

  • Allosteric Regulation of the Ligand-Binding Ability of Zinc Porphyrins with Sterically Bulky Shielding Units by Metal Complexation 査読

    Ninomiya Yoshikazu, Kozaki Masatoshi, Suzuki Shuichi, Okada Keiji

    The Chemical Society of Japan BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   87 ( 11 )   1195 - 1201   2014年11月( ISSN:0009-2673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An artificial allosteric system composed of a zinc porphyrin moiety as a ligand-binding site, diphenylanthracene moieties as sterically bulky shielding units, and bipyridine terminals as Fe(II) ion-binding sites, was designed, synthesized, and characterized. The allosteric system forms an [Fe(bpy)<sub>3</sub>]-type complex in the presence of Fe(II) ions and induces a large conformational change in the alkyl side chains and shielding units, in which the anthracene groups would cover both the top and bottom of the porphyrin Zn(II) center. Consequently, the ligand-binding ability of the zinc porphyrin unit was allosterically suppressed. We found that the formation of the Fe(II) complex resulted in a 9.5-fold reduction in the binding constant between the zinc porphyrin and 3,5-bis(3,5-di-<i>tert</i>-butylphenyl)pyridine at 20 °C. Comparisons of entropy and enthalpy changes in the absence and presence of Fe(II) ions led to the conclusion that the allosteric suppression was mainly due to the destabilization of the Zn(II)-coordinated complex owing to the steric repulsion between the ligand and the shielding unit.

    DOI: 10.1246/bcsj.20140197

    CiNii Article

  • Synthesis and Properties of a Bis[(nitronyl nitroxide)-2-ide radical anion]-Palladium Complex 査読

    Suzuki Shuichi, Yokoi Hiroyuki, Kozaki Masatoshi, Kanzaki Yuki, Shiomi Daisuke, Sato Kazunobu, Takui Takeji, Okada Keiji

    EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY   ( 28 )   4740 - 4744   2014年10月( ISSN:1434-1948

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ejic.201402564

  • Nitronyl Nitroxide as a Coupling Partner: Pd-Mediated Cross-coupling of (Nitronyl nitroxide-2-ido)(triphenylphosphine)gold(I) with Aryl Halides 査読

    Tanimoto Ryu, Suzuki Shuichi, Kozaki Masatoshi, Okada Keiji

    The Chemical Society of Japan CHEMISTRY LETTERS   43 ( 5 )   678 - 680   2014年05月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A cross-coupling reaction using nitronyl nitroxide (NN) as a coupling partner was developed: Refluxing a mixture of [Au<sup>I</sup>(NN-2-ido)(PPh<sub>3</sub>)] and aryl iodide (Ar–I) in THF in the presence of 10 mol % [Pd(PPh<sub>3</sub>)<sub>4</sub>] produced a cross-coupling product NN-Ar in a high yield. This method allowed the direct introduction of the NN radical onto various poly- and heterocyclic aromatic rings.

    DOI: 10.1246/cl.131162

    CiNii Article

  • Synthesis and Magnetic Properties of Nitronyl Nitroxides with an Adjacent Chiral Group 査読

    Tanimoto Ryu, Suzuki Shuichi, Kozaki Masatoshi, Shiomi Daisuke, Sato Kazunobu, Takui Takeji, Okada Keiji

    The Chemical Society of Japan BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   87 ( 2 )   314 - 322   2014年02月( ISSN:0009-2673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have designed and synthesized chiral molecules with nitronyl nitroxide (NN) radicals directly bound to the chiral centers, (<i>S</i>)-1,3-dioxolane-4-NN (<b>1</b>) and (<i>R</i>)-oxazolidine-4-NN (<b>2</b>). These radicals were synthesized from <small>D</small>-mannitol in four steps for <b>1</b> and from <small>L</small>-serine in six steps for <b>2</b> in moderate yields. They were characterized by means of mass spectrometry, electron spin resonance, elemental analyses, and X-ray crystal structure analyses. Their magnetic properties were also investigated using a SQUID magnetometer. The temperature dependence of paramagnetic susceptibility (χ<sub>p</sub>) indicates the presence of a weak antiferromagnetic intermolecular interaction with <i>J</i>/<i>k</i><sub>B</sub> = −3.1 K and <i>θ</i> = −5.5 K for <b>1</b>, and a weak ferromagnetic intermolecular interaction with <i>J</i>/<i>k</i><sub>B</sub> = +0.5 K for <b>2</b>. We also succeeded in preparing the metal complex [Mn(hfac)<sub>2</sub>(<b>2</b>)]<sub>2</sub>–[Cu(hfac)<sub>2</sub>], which was characterized by a strong antiferromagnetic interaction (<i>J</i>/<i>k</i><sub>B</sub> = −140 K) between [Mn(hfac)<sub>2</sub>] and <b>2</b> along with a much weaker antiferromagnetic interaction (<i>J</i>/<i>k</i><sub>B</sub> = −0.11 K) between the [Mn(hfac)<sub>2</sub>(<b>2</b>)] unit and [Cu(hfac)<sub>2</sub>].

    DOI: 10.1246/bcsj.20130264

    CiNii Article

  • Preparation and Magnetic Properties of Metal-Complexes from N-t-Butyl-N-oxidanyl-2-amino-(nitronyl nitroxide) 査読

    Furui Takanori, Suzuki Shuichi, Kozaki Masatoshi, Shiomi Daisuke, Sato Kazunobu, Takui Takeji, Okada Keiji, Tretyakov Evgeny V., Tolstikov Svyatoslav E., Romanenko Galina V., Ovcharenko Victor I.

    INORGANIC CHEMISTRY   53 ( 2 )   802 - 809   2014年01月( ISSN:0020-1669

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ic4020898

  • Dendritic Light-harvesting Antennas with Excitation Energy Gradients 査読

    Kozaki Masatoshi, Suzuki Shuichi, Okada Keiji

    The Chemical Society of Japan CHEMISTRY LETTERS   42 ( 10 )   1112 - 1118   2013年10月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Dendritic architectures provide attractive scaffolds for the precise arrangement of considerable numbers of antenna chromophores. Multichromophoric antennas are advantageous for obtaining intense absorption over the entire visible light spectrum. The strategic arrangement of various antenna chromophores produces the lowest excitation energy gradient for efficient energy transfer. Large light-harvesting systems can be constructed by the proper arrangement of the antennas.

    DOI: 10.1246/cl.130654

    CiNii Article

  • Photoinduced Charge Separation of 10-Phenyl-10H-phenothiazine-2-Phenylanthraquinone Dyad Bridged by Bicyclo[2.2.2]octane 査読

    Karimata Ayumu, Kawauchi Hidetoshi, Suzuki Shuichi, Kozaki Masatoshi, Ikeda Noriaki, Keyaki Kazutoshi, Nozaki Koichi, Akiyama Kimio, Okada Keiji

    The Chemical Society of Japan CHEMISTRY LETTERS   42 ( 8 )   794 - 796   2013年08月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Photoinduced charge separation of a phenothiazine–anthraquinone dyad <b>1</b> with a rigid bicyclo[2.2.2]octane spacer was investigated by means of picosecond and nanosecond transient absorption and time-resolved ESR spectroscopies. Irradiation of the anthraquinone chromophore in <b>1</b> produced the charge-separated (CS) state in THF. Time constants of the formation and the decay of the CS state were determined to be 1.3 ns and 1.0 µs, respectively. Time-resolved ESR showed spin-polarized all-emission signals due to the formation of the CS state via the triplet mechanism.

    DOI: 10.1246/cl.130062

    CiNii Article

  • Allosteric regulation of the ligand-binding ability of Zn-porphyrin by metal complexation 査読

    Kozaki Masatoshi, Ninomiya Yoshikazu, Suzuki Shuichi, Okada Keiji

    TETRAHEDRON LETTERS   54 ( 28 )   3658 - 3661   2013年07月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2013.04.130

  • イミノニトロキシドジラジカルからランタニドへのエネルギー移動 査読

    福嶋 真由子, 竹内 利明, 鈴木 修一, 小嵜 正敏, 岡田 惠次, 重田 育照, 長谷川 美貴

    希土類 = Rare earths   ( 62 )   188 - 189   2013年05月( ISSN:09102205

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Reassociation of All-trans-3,4-Dihydroanhydrorhodovibrin with LH1 Subunits Isolated from Rhodospirillum rubrum : Selective Binding of All-trans Isomer from Mixture of cis- and trans-Isomers 査読

    Yamamoto Mai, Horibe Tomoko, Nishisaka Yoshiaki, SUZUKI Shuichi, KOZAKI Masatoshi, FUJII Ritsuko, DOE Matsumi, NANGO Mamoru, OKADA Keiji, HASHIMOTO Hideki

    Chemical Society of Japan Bulletin of the Chemical Society of Japan   86 ( 1 )   121 - 128   2013年01月( ISSN:00092673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Photoinduced charge separation of phenothiazine-platinum-naphthalene diimide triads linked by twisted phenylene bridges 査読

    Sugimura Ryoji, Suzuki Shuichi, Kozaki Masatoshi, Keyaki Kazutoshi, Nozaki Koichi, Matsushita Hironori, Ikeda Noriaki, Okada Keiji

    RESEARCH ON CHEMICAL INTERMEDIATES   39 ( 1 )   185 - 204   2013年01月( ISSN:0922-6168

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11164-012-0642-6

  • Syntheses and Structural Studies of Tris(N-phenothiazinyl)borane and Its Radical Cation 査読

    Suzuki Shuichi, Yoshida Kohei, Kozaki Masatoshi, Okada Keiji

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   52 ( 9 )   2499 - 2502   2013年( ISSN:1433-7851

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201208392

  • Photoinduced electron transfer of platinum(II) bipyridine diacetylides linked by triphenylamine- and naphthaleneimide-derivatives and their application to photoelectric conversion systems 査読

    Suzuki Shuichi, Matsumoto Yuma, Tsubamoto Mai, Sugimura Ryoji, Kozaki Masatoshi, Kimoto Kenshi, Iwamura Munetaka, Nozaki Koichi, Senju Naoki, Uragami Chiasa, Hashimoto Hideki, Muramatsu Yohei, Konno Akinori, Okada Keiji

    PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS   15 ( 21 )   8088 - 8094   2013年( ISSN:1463-9076

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c3cp50182e

  • Energy Transfer from iminonitroxide diradicals to a series of lanthanide ion 査読 国際共著

    Mayuko Fukushima, Toshiaki Takeuchi, Shuichi Suzuki, Masatoshi Kozaki, Keiji Okada, Yasuteru Shigeta, Miki Hasegawa

    Kidorui   62   188 - 189   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Construction of Snowflake-Shaped Dendritic Covalent Assemblies with Rigid Conjugated Networks 査読

    Kozaki Masatoshi, Morita Shirou, Suzuki Shuichi, Okada Keiji

    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   77 ( 21 )   9447 - 9457   2012年11月( ISSN:0022-3263

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jo3014512

  • NCN Pincer-Pt Complexes Coordinated by (Nitronyl Nitroxide)-2-ide Radical Anion 査読

    Zhang Xun, Suzuki Shuichi, Kozaki Masatoshi, Okada Keiji

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   134 ( 43 )   17866 - 17868   2012年10月( ISSN:0002-7863

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja308103g

  • (Nitronyl Nitroxide)-Substituted Trioxytriphenylamine Radical Cation Tetrachlorogallate Salt: A 2p-Electron-Based Weak Ferromagnet Composed of a Triplet Diradical Cation 査読

    Kuratsu Masato, Suzuki Shuichi, Kozaki Masatoshi, Shiomi Daisuke, Sato Kazunobu, Takui Takeji, Kanzawa Tsuneki, Hosokoshi Yuko, Lan Xiao-Zheng, Miyazaki Yuji, Inaba Akira, Okada Keiji

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   7 ( 7 )   1604 - 1609   2012年06月( ISSN:1861-4728

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.201200084

  • Synthesis and properties of Zn-porphyrin with bipyridine-terminated side chains: large conformational change induced by metal complexation 査読

    Kato Mutsumi, Hashimoto Erika, Kozaki Masatoshi, Suzuki Shuichi, Okada Keiji

    TETRAHEDRON LETTERS   53 ( 3 )   309 - 312   2012年01月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2011.11.041

  • Trinitroxide-Trioxytriphenylamine: Spin-State Conversion from Triradical Doublet to Diradical Cation Triplet by Oxidative Modulation of a p-Conjugated System 査読

    Suzuki Shuichi, Nagata Atsuki, Kuratsu Masato, Kozaki Masatoshi, Tanaka Rika, Shiomi Daisuke, Sugisaki Kenji, Toyota Kazuo, Sato Kazunobu, Takui Takeji, Okada Keiji

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   51 ( 13 )   3193 - 3197   2012年( ISSN:1433-7851

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201107265

  • Recent progress in controlling photophysical processes of donor-acceptor arrays involving perylene diimides and boron-dipyrromethenes 査読

    Suzuki Shuichi, Kozaki Masatoshi, Nozaki Koichi, Okada Keiji

    JOURNAL OF PHOTOCHEMISTRY AND PHOTOBIOLOGY C-PHOTOCHEMISTRY REVIEWS   12 ( 4 )   269 - 292   2011年12月( ISSN:1389-5567

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jphotochemrev.2011.10.001

  • 共役鎖内包型デンドリマーの合成と機能探索 査読

    小嵜 正敏, 岡田 惠次

    社団法人 有機合成化学協会 有機合成化学協会誌   69 ( 10 )   1145 - 1157   2011年10月( ISSN:00379980

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Dendrimers containing rigid conjugated backbones were prepared by a convergent method where the attachment of dendritic branches and the extension of phenylene-ethynylene units were alternatively manipulated on the structure of AB<sub>2</sub> substituted phenylacetylene in a combination with Suzuki-Miyaura and Sonogashira cross-coupling reactions. These dendrimer structures were applied for the construction of several light-harvesting antennas and charge-separating systems. The conjugated network inside the dendritic structure was shown to play an important role as a mediator in both the photoinduced energy- and electron-transfer processes. In addition, we describe a novel methodology for the stepwise construction of shape-persistent assemblies using the dendrimers with conjugated backbones as the key modular building blocks. These examples demonstrate advantage of the dendrimer with conjugated backbones for the construction of nanoscale molecular devices such as artificial photosynthetic systems.

    DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.69.1145

    CiNii Article

  • Efficient Light-Harvesting Antenna with a Multi-Porphyrin Cascade 査読

    Uetomo Atsuhiro, Kozaki Masatoshi, Suzuki Shuichi, Yamanaka Ken-ichi, Ito Osamu, Okada Keiji

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   133 ( 34 )   13276 - 13279   2011年08月( ISSN:0002-7863

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja2050343

  • Persistence of Iodines and Deformation of Molecular Structure in Highly Charged Diiodoacetylene: Anisotropic Carbon Ion Emission 査読

    Yatsuhashi Tomoyuki, Mitsubayashi Naoya, Itsukashi Masako, Kozaki Masatoshi, Okada Keiji, Nakashima Nobuaki

    CHEMPHYSCHEM   12 ( 1 )   122 - 126   2011年01月( ISSN:1439-4235

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cphc.201000756

  • Synthesis and Magnetic Properties of Dimethylmethylenebis(iminonitroxide) Diradical 査読

    SUZUKI Shuichi, ITOH Noriyuki, FURUICHI Kimiaki, KOZAKI Masatoshi, SHIOMI Daisuke, SATO Kazunobu, TAKUI Takeji, OHI Hiromi, ITOH Shinobu, OKADA Keiji

    Chemistry letters   40 ( 1 )   22 - 24   2011年01月( ISSN:03667022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • (ジアリールアミノ)ボラン中性種および酸化体の合成と性質 査読

    吉田 考平, 鈴木 修一, 小嵜 正敏, 塩見 大輔, 佐藤 和信, 工位 武治, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2011 ( 0 )   326 - 326   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年、pi 電子系に典型元素を組み込むことによって特異な物性が発現する化合物が報告されている。我々は芳香族アミン-ホウ素の B-N 結合に注目し、ホウ素の空軌道とドナー性の窒素の非共有電子対の相互作用が物性に与える影響に興味をもった。今回、フェノチアジンやジヒドロフェナジン等の電子豊富なジアリールアミンが置換したボラン誘導体とそれらの酸化体の合成に成功した。本発表では、それらの構造、性質に関して報告する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2011.0.326.0

    CiNii Article

  • 電子ドナー・アクセプター連結型白金ポルフィリンの光電荷分離 査読

    杉村 亮治, 鈴木 修一, 内藤 隆博, 小嵜 正敏, 木本 健嗣, 野崎 浩一, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2011 ( 0 )   194 - 194   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年、多段階電子移動を含む様々な系を用いて、光エネルギーを化学・電気エネルギーへと変換する重要な過程の一つである電荷分離状態の長寿命化が目指されている。今回我々は可視光部に強い吸収を持つ白金ポルフィリンを三重項増感部として着目し、各種ドナー・アクセプター連結体を合成した。これらのナノ秒過渡吸収スペクトルを測定することで、比較的長寿命の電荷分離状態が生成することを明らかにした。本発表では、その詳細について報告する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2011.0.194.0

    CiNii Article

  • 電子ドナー・アクセプター連結ジアセチリド白金錯体を用いる長寿命光電荷分離状態の高効率生成 査読

    杉村 亮治, 鈴木 修一, 小嵜 正敏, 槻 和俊, 野崎 浩一, 池田 憲昭, 秋山 公男, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2010 ( 0 )   C25 - C25   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年、光電子移動の分野において、電子ドナー・アクセプター連結型化合物を用いた光電子移動反応によって生成する電荷分離状態の寿命の長短が注目されている。今回我々は、常温燐光発光化合物であるビピリジン・ジアセチリド白金錯体を三重項光増感部として着目し、これに様々な電子ドナー・アクセプターを連結した分子を各種合成した。これらのピコ・ナノ秒過渡吸収スペクトルを測定することで、スピン制御された比較的長寿命の電荷分離状態が生成することを明らかにした。本発表では、その詳細について報告する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2010.0.C25.0

    CiNii Article

  • 白金錯体に直接連結したニトロニルニトロキシド誘導体の合成および性質 査読

    張 ●, 鈴木 修一, 小嵜 正敏, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2011 ( 0 )   355 - 355   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    我々は新たな機能性白金錯体の構築を目指し、ピンサー型白金錯体 (II) に直接ニトロニルニトロキシドを導入した化合物の合成に成功した。得られたラジカル導入白金錯体は空気中で安定に取り扱うことができる。これらの白金錯体に種々の酸化剤を作用させたところ、酸化条件によって、白金部が酸化されたPt(IV)ラジカル種とラジカル部が酸化されたニトロソニウムニトロキシド-Pt(II)種を作り分けることができることが分かった。当日はそれらの錯体の合成、構造、および性質について報告する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2011.0.355.0

    CiNii Article

  • 異種ニトロキシド直接連結型高スピン安定ジラジカルの構造と磁気的性質 査読

    古井 孝宜, 倉津 将人, 鈴木 修一, 小嵜 正敏, 塩見 大輔, 佐藤 和信, 工位 武治, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2010 ( 0 )   2P50 - 2P50   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    我々は分子配列制御が可能な有機高スピン分子構築のため、イミノおよびニトロニルニトロキシドとニトロキシドを直接連結したジラジカルを設計・合成した。これら異種ニトロキシド連結ジラジカルの単離・精製をMS、ESR、X線結晶構造解析によって同定した。どちらのジラジカルも空気飽和下でも安定で、磁化率測定からともに基底三重項種であった。当日はこれらの詳細について発表する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2010.0.2P50.0

    CiNii Article

  • 架橋部として捻れたオリゴフェニレンを有するトリフェニルアミン-ナフタルジイミド連結体の光電子移動 査読

    中塚 ●一, 鈴木 修一, 堀越 敬史, 杉村 亮治, 小嵜 正敏, 木本 健嗣, 野崎 浩一, 松下 浩典, 池田 憲昭, 秋山 公男, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2011 ( 0 )   297 - 297   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    最近我々はトリフェニルアミンとナフタルジイミドを捻れたジ(フェニルエチニル)ベンゼンで架橋した単純な分子においてマイクロ秒程度の電荷分離状態の発生を見出している。今回、長寿命の原因を解明するため、架橋部に捻れたオリゴフェニレン系を用いて、これまでより単純で短い連結体を合成した。各種分光法により、架橋部の捻れによる電荷分離状態の長寿命化を明らかにした。また捻れた連結体では、項間交差により三重項の電荷分離状態が発生することを見出した。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2011.0.297.0

    CiNii Article

  • 捻れたメタ-およびパラ-ジ(フェニルエチニル)ベンゼンを架橋部とするトリフェニルアミン-ナフタルジイミド連結体の長寿命光電荷分離状態の発生 査読

    堀越 敬史, 鈴木 修一, 杉村 亮治, 小嵜 正敏, 木本 健嗣, 野崎 浩一, 松下 浩典, 池田 憲昭, 秋山 公男, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2011 ( 0 )   296 - 296   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    単純なドナー・アクセプター連結系の光電荷分離において、長寿命(マイクロ秒程度)電荷分離状態を得ることは一般的に困難である。今回、捻れたジ(フェニルエチニル)ベンゼンを架橋部としたメタ-およびパラ-トリフェニルアミン-ナフタルジイミド連結体の光電荷分離を検討したところ、マイクロ秒を超える長寿命電荷分離状態が高効率で発生することを見出した。また、この電荷分離状態は一重項電荷分離状態の項間交差で発生することを明らかにした。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2011.0.296.0

    CiNii Article

  • 多段階エネルギー勾配を持つ精密ポルフィリン集合体の合成と性質 査読

    上友 淳弘, 小嵜 正敏, 鈴木 修一, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2010 ( 0 )   3P38 - 3P38   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    先に我々は、二種類のポルフィリンと剛直な骨格から構成されるポルフィリン集合体を報告した。今回、メソ位エチニル基の数が異なる三種類のポルフィリン色素を分子内に精密配列し、励起エネルギー勾配を持つポルフィリン集合体を合成した。得られた集合体は可視部全領域に吸収を持っていた。また、蛍光スペクトル測定の結果から周辺ポルフィリン部から中心ポルフィリン部へ効率的励起エネルギー移動が起きていることがわかった。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2010.0.3P38.0

    CiNii Article

  • 励起エネルギー勾配を持つラダー型ポルフィリン集積体の合成と性質 査読

    津々美 章子, 上友 淳弘, 小嵜 正敏, 鈴木 修一, 岡田 恵次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2011 ( 0 )   198 - 198   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    我々は、向かい合う二つのメソ位にエチニル基を導入した亜鉛ポルフィリン (DEP) とテトラフェニル亜鉛ポルフィリン (TPP) から構成される直鎖状ポルフィリン三量体 (TPP-DEP-TPP) を合成した。さらに、ビピリジンなどのニ座配位子を用いてラダー型錯体の構築を検討した。UV-vis吸収スペクトルを用いてポルフィリン三量体とピリジン誘導体との軸配位挙動を詳細に調べた。当日は、三量体の合成と錯体形成挙動に関して報告する予定である。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2011.0.198.0

    CiNii Article

  • 光合成 LH1 アンテナ色素蛋白複合体の機能解明を目的としたアンヒドロロドビブリンアナログ体の再会合 査読

    山元 麻衣, 鈴木 修一, 小嵜 正敏, 岡田 惠次, 堀部 智子, 西坂 好晃, 藤井 律子, 南後 守, 橋本 秀樹

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2010 ( 0 )   1P67 - 1P67   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    LH1光合成アンテナ系色素蛋白複合体におけるカロテノイドの構造機能相関を解明することを目的として、我々は、様々なカロテノイドを用いて紅色光合成細菌 <I>Rs. rubrum</I> の LH1 複合体の再会合実験に成功している。同様な手法で、合成化学的に調製したアンヒドロロドビブリンアナログ体を用いた再会合を検討した。複合体のスペクトル的性質やカロテノイドから BChl <I>a</I> へのエネルギー移動効率等をこれまでのカロテノイドと比較し発表する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2010.0.1P67.0

    CiNii Article

  • 亜鉛ポルフィリン-軸配位子結合定数のアロステリック制御 査読

    橋本 恵理香, 加藤 睦美, 小嵜 正敏, 鈴木 修一, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2011 ( 0 )   383 - 383   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    我々は先に、分子末端に導入したビピリジン部で金属錯体を形成することによって大きく構造が変化する亜鉛ポルフィリン誘導体を合成することに成功した。さらに、この構造変化によって亜鉛ポルフィリン部とイミダゾール誘導体の結合定数がわずかに増加することを見出している。今回、立体的なかさ高さの異なる置換基をポルフィリンメソ位に導入した一連の誘導体を合成した。これらの化合物を用いてメソ位置換基の構造が結合定数変化に与える影響を評価したので報告する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2011.0.383.0

    CiNii Article

  • 三種のポルフィリンによるカスケード型エネルギー移動を利用した高効率光捕集 査読

    上友 淳弘, 小嵜 正敏, 鈴木 修一, 山中 健一, 伊藤 攻, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2011 ( 0 )   57 - 57   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    今回、我々はポルフィリンメソ位に異なる数のエチニル基を導入した三種類のポルフィリンと共役鎖骨格から構成される光捕集アンテナを構築した。三種のポルフィリンを精密配列することで可視部全域に強い吸収を持たせることに成功した。蛍光スペクトル測定の結果、周辺部ポルフィリンから中心部ポルフィリンへ高効率のエネルギー移動(>90%)が起こることがわかった。また、時間分解蛍光スペクトルを用いてエネルギー移動過程を調べた。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2011.0.57.0

    CiNii Article

  • ビス(ニトロニルニトロキシド)置換ジヒドロフェナジンラジカルカチオンの合成と磁気的性質 査読

    永田 充輝, 鈴木 修一, 小嵜 正敏, 塩見 大輔, 佐藤 和信, 工位 武治, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2011 ( 0 )   162 - 162   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ラジカル置換ラジカルカチオン種の研究の一環として、今回、ジラジカル種である2,7-ビス(ニトロニルニトロキシド)置換ジヒドロフェナジン中性種とその酸化カチオン種の合成、構造、性質について検討した。磁化率測定の結果、中性種は二つのラジカル間に小さな強磁性的相互作用をもつ基底三重項種であり、酸化カチオン種は二つのラジカルとジヒドロフェナジンラジカルカチオンの間に大きな強磁性的相互作用をもつ基底四重項種であることを明らかにした。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2011.0.162.0

    CiNii Article

  • ビシクロ[2.2.2]オクタンで架橋したフェノチアジントリマーとアントラキノンの合成と光電子移動反応 査読

    狩俣 歩, 川内 秀仁, 鈴木 修一, 小嵜 正敏, 槻 和俊, 木本 健嗣, 野崎 浩一, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2010 ( 0 )   1P68 - 1P68   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    光電子移動反応は光照射により発生したラジカルカチオン種が準安定構造を持つ場合,構造変化を追跡する良い手段である.今回,フェノチアジントリマーラジカルカチオン種の動的構造変化を解明するため,アントラキノンを剛直なビシクロ[2.2.2]オクタンで連結した化合物を合成した.合成,性質,ラジカルカチオン種の構造変化について発表する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2010.0.1P68.0

    CiNii Article

  • トリフェニルアミン・ナフタルジイミド連結フェニルアセチレンを配位子とするペンダント型白金錯体の光電子移動 査読

    堀越 敬史, 鈴木 修一, 杉村 亮治, 小嵜 正敏, 木本 健嗣, 野崎 浩一, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2010 ( 0 )   1P51 - 1P51   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    我々は、先にトリフェニルアミン (D) およびナフタルジイミド (A) 誘導体をベンゼン環にペンダント型に置換したDA連結ユニットを合成し、これを2つ導入したビピリジン白金錯体が比較的長寿命の電荷分離状態を生成することを観測した。白金部の吸収波長やDA部との距離の効果を明らかにするために、今回、ジピリジルベンゼン白金錯体にDA連結ユニットを1つ導入した分子を合成し、この分子の光電子移動過程を検討した。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2010.0.1P51.0

    CiNii Article

  • トリ-<I>t</I>-ブチルニトロキシド置換トリオキシトリフェニルアミンラジカルカチオンの合成と磁気的性質 査読

    永田 充輝, 鈴木 修一, 倉津 将人, 小嵜 正敏, 佐藤 和信, 工位 武治, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2010 ( 0 )   2P51 - 2P51   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    我々はトリオキシトリフェニルアミン (<B>TOT</B>) を基盤としたラジカルカチオン塩が興味深い磁気的性質を持つことを以前に報告した。今回新規ラジカル種としてトリ<I>t</I>-ブチルニトロキシド置換 <B>TOT</B> を設計・合成した。このトリラジカルの一電子酸化により発生するジラジカルカチオンは基底三重項種と予測される。化学酸化による一電子酸化体の合成・単離を検討し、凍結溶媒中での ESR スペクトルにおいて三重項に由来する信号の観測に成功した。当日は中性種と一電子酸化体の合成と性質について述べる。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2010.0.2P51.0

    CiNii Article

  • クリックケミストリーを応用した共役鎖内包型デンドリマー集積 査読

    森田 至郎, 小嵜 正敏, 鈴木 修一, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2010 ( 0 )   2P77 - 2P77   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    我々は先に、薗頭反応を用いて共役鎖内包型デンドリマーを集積することに成功している。今後さらに高次の分子群を確実に構築するためには、集積時の収率の向上が望まれる。そこで今回、クリックケミストリーの代表的な反応であるHuisgen反応を利用したデンドリマー集積を検討した。まず、共役鎖末端にアジド基を導入したデンドリマーと共役鎖末端にエチニル基を有するデンドリマーを用いるHuisgen反応の条件を数種類検討し室温下THF中触媒量のヨウ化銅を用いる条件において収率71%でデンドリマー二量体 (MW:4354.66) を得た。講演ではこの反応を応用し、さらに高次の集積体の構築及びその物性について発表する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2010.0.2P77.0

    CiNii Article

  • カロテノイドと光合成系光捕集アンテナ LH1 色素タンパク複合体との構造機能相関 査読

    山元 麻衣, 鈴木 修一, 小嵜 正敏, 岡田 惠次, 堀部 智子, 藤井 律子, 南後 守, 橋本 秀樹

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2011 ( 0 )   460 - 460   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    光合成系光捕集アンテナ LH1 色素タンパク複合体におけるカロテノイドの構造機能相関の解明を目的に、カロテノイド欠損 LH1 複合体と化学合成したカロテノイドの再会合実験を検討した。得られた再会合体のスペクトル的性質や、カロテノイドから BChl <I>a</I> への励起エネルギー伝達効率等をこれまでのものと比較・検討した。さらに、複合体タンパクのカロテノイド類の取り込み選択性について発表する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2011.0.460.0

    CiNii Article

  • Nitroxide-Substituted Nitronyl Nitroxide and Iminonitroxide 査読

    Suzuki Shuichi, Furui Takanori, Kuratsu Masato, Kozaki Masatoshi, Shiomi Daisuke, Sato Kazunobu, Takui Takeji, Okada Keiji

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   132 ( 45 )   15908 - 15910   2010年11月( ISSN:0002-7863

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja107769z

  • Radical-Substituted Dihydrophenazine Radical Cation Salts: Molecular Packing Structure and Bulk Magnetic Property 査読

    Masuda,Y.; Takeda,H.; Kuratsu,M.; Suzuki,S.; Kozaki,M.; Shiomi,D.; Sato,K.; Takui,T.; Okada,K.

    Pure Appl. Chem.   82 ( 4 )   1025 - 1032   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Photoinduced Charge Separation after Excited Energy Transfer in Snowflake-Shaped Zn-Porphyrin Dendrimer with Anthraquinone Terminals: Enhancement of the Electron-Transfer Rates by “Dendrimer Effect"

    秋田校玄、岡田惠次、伊藤攻 他

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   83 ( 10 )   1223 - 1237   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Diaminotriazine-substituted nitronyl nitroxide: a novel building block for organic magnets having multiple hydrogen bonding substituents as structure-determining supramolecular synthons 査読

    Tanaka Hiroyuki, Shiomi Daisuke, Suzuki Shuichi, Kozaki Masatoshi, Okada Keiji, Sato Kazunobu, Takui Takeji

    CRYSTENGCOMM   12 ( 2 )   526 - 531   2010年( ISSN:1466-8033

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/b909757k

  • Pyrene-Dihydrophenazine Bis(Radical Cation) in a Singlet Ground State 査読

    Suzuki Shuichi, Takeda Takuma, Kuratsu Masato, Kozaki Masatoshi, Sato Kazunobu, Shiomi Daisuke, Takui Takeji, Okada Keiji

    ORGANIC LETTERS   11 ( 13 )   2816 - 2818   2009年07月( ISSN:1523-7060

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ol9009927

  • Ambipolar Organic Field-Effect Transistors from Cross-Conjugated Aromatic Quaterthiophenes; Comparisons with Quinoidal Parent Materials 査読

    Ortiz Rocio Ponce, Facchetti Antonio, Marks Tobin J., Casado Juan, Zgierski Marek Z., Kozaki Masatoshi, Hernandez Victor, Lopez Navarrete Juan T.

    ADVANCED FUNCTIONAL MATERIALS   19 ( 3 )   386 - 394   2009年02月( ISSN:1616-301X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/adfm.200801066

  • 2,4,6-トリフェニルフェニルニトロキシド置換ニトロニルニトロキシドの電子構造 査読

    熊谷 祐, 倉津 将人, 鈴木 修一, 小嵜 正敏, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2009 ( 0 )   232 - 232   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    新しい基底三重項種を得るために、ニトロニルニトロキシドラジカルとトリフェニルフェニル基を持つニトロキシドラジカルを直接結合した中性ジラジカルを設計・合成した。この分子はトリフェニルフェニル部位の適当な立体障害により二つのラジカル部位が同一平面上に位置することが期待される。ESR スペクトルにおいて三重項種に由来する許容遷移、禁制遷移が観測された。当日はこの分子の詳細について報告する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2009.0.232.0

    CiNii Article

  • Preparation and magnetic properties of verdazylsubstituted dihydrophenazine radical cation tetrachloroferrate salts

    Y. Masuda, M. Kuratsu, S. Suzuki, M. Kozaki, D. Shiomi, K. Sato, T. Takui, K. Okada

    Polyhedron   28 ( 9-10 )   1950 - 1954   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A New Ferrimagnet Based on a Radical-substituted Radical Cation Salt

    Y. Masuda, M. Kuratsu, S. Suzuki, M. Kozaki, D. Shiomi, K. Sato, T. Takui, Y. Hosokoshi et al.

    J. Am. Chem. Soc.   131 ( 13 )   4670 - 4673   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Highly Efficient Photoproduction of Charge-Separated States in Donor-Acceptor-Linked Bis(acetylide) Platinum Complexes

    Suzuki S, Sugimura R, Kozaki M, et al.

    J. Am. Chem. Soc.   131 ( 30 )   10374 - 10375   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 共役鎖内包型デンドリマー十字型集積体の合成と性質 査読

    森田 至郎, 小嵜 正敏, 鈴木 修一, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2009 ( 0 )   246 - 246   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    我々は先に、共役鎖内包型デンドリマーの共役鎖末端どうしを結合し、デンドリマー集積体を高収率(52%)で得ることに成功している。今回我々は第二世代デンドリマーを用いてさらに大きな十字型集積体の合成を検討した。最初にエチニル基末端をもつA4型のポルフィリンデンドリマーと、一つの共役鎖末端にヨードフェニル基末端を持つAB2型デンドリマーを合成した。薗頭反応によりこれらのデンドリマーから十字型集積体を得ることを検討したので報告する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2009.0.246.0

    CiNii Article

  • 錯体形成により構造制御可能な共役鎖内包型ポルフィリンデンドリマーの合成と性質 査読

    加藤 睦美, 小嵜 正敏, 鈴木 修一, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2009 ( 0 )   160 - 160   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    先に我々は3つのビピリジン末端を有する共役鎖内包型デンドロンが、トリスビピリジル鉄(II)錯体を形成することにより大きな形状変化を起こすことを報告した。今回我々は錯体形成により、大きな構造変化をおこすデンドリマーの合成と性質について研究を行った。デンドリマーの合成はデンドロンとポルフィリン核を鈴木-宮浦反応により結合させて行った。講演では、デンドリマー分子の合成とその性質について詳しく述べる予定である。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2009.0.160.0

    CiNii Article

  • 親水性末端基を有する共役鎖内包型ポルフィリンデンドリマーの会合挙動 査読

    八木 貞幸, 小嵜 正敏, 鈴木 修一, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2009 ( 0 )   247 - 247   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    共役鎖内包型ポルフィリンデンドリマーの末端にトリエチレングリコール鎖を導入し両親媒性とした。得られたデンドリマーの会合挙動をTHF/水(1/9)中で検討した。UVスペクトルを測定した結果、THF中で得られたスペクトルと比較して長波長シフト、ブロードニングした吸収が得られた。このことより、デンドリマーが会合体を形成していることがわかった。また、TEM測定によりワイヤー状会合体を観測した。講演ではデンドリマーの会合挙動について詳細に述べる。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2009.0.247.0

    CiNii Article

  • ラジカル置換ラジカルイオン種を基盤とする分子磁性体の開発 査読

    倉津 将人, 鈴木 修一, 小嵜 正敏, 塩見 大輔, 佐藤 和信, 工位 武治, Lan Xiao-Zheng, 宮崎 裕司, 稲葉 章, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2009 ( 0 )   60 - 60   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ラジカル置換ラジカルイオン種は分子磁性体の構成成分である。今回、ニトロニルニトロキシド置換トリフェニルアミンラジカルカチオン塩化鉄塩(NNTOTFeCl4)、塩化ガリウム塩(NNTOTGaCl4)の構造と磁性について検討を行った。NNTOTFeCl4はでは2.9 Kと0.8 Kで共に弱強磁性体への逐次相転移を示した。非磁性のガリウム塩も2.6 Kで弱強磁性体への相転移を示した。NNTOTFeCl4の逐次相転移は2.6 Kで有機弱強磁性体に相転移し、0.8 Kで有機+鉄イオン系の弱強磁性体に相転移することにより起こるものであると考えられる。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2009.0.60.0

    CiNii Article

  • ニトロニルニトロキシド-ニトロキシド連結型安定ジラジカルの構造と電子物性 査読

    古井 孝宜, 倉津 将人, 鈴木 修一, 小嵜 正敏, 塩見 大輔, 佐藤 和信, 工位 武治, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2009 ( 0 )   231 - 231   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    我々は分子配列制御が可能な有機高スピン分子構築のため、ニトロニルニトロキシドとニトロキシドを直接連結したジラジカルを設計・合成した。MS、ESR、X線結晶構造解析よりジラジカルの生成を確認し、空気飽和下でも安定であることを明らかにした。ESRスペクトルでは三重項種に由来する信号が明瞭に観測された。磁化率測定では150 K付近でxpT値が1をとることから、このジラジカルは基底三重項種である。詳細について当日発表する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2009.0.231.0

    CiNii Article

  • ジアセチリド白金を三重項光増感部とする電子ドナー・アクセプター連結錯体のスピン制御光電子移動 査読

    杉村 亮治, 鈴木 修一, 小嵜 正敏, 槻 和俊, 野崎 浩一, 池田 憲昭, 秋山 公男, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2009 ( 0 )   189 - 189   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年、光電子移動の分野において、電子ドナー・アクセプター連結化合物の電荷分離状態の寿命の長短が注目されている。そこで我々は、常温燐光発光化合物であるビピリジン・ジアセチリド白金錯体を三重項光増感剤として注目した。今回、この白金錯体に電子ドナー及びアクセプターを連結した分子を各種合成した。これらの過渡吸収スペクトルを測定することで、比較的長寿命の電荷分離状態が高効率で発生することを明らかにした。本発表では、時間分解EPRの測定を含めその詳細について報告する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2009.0.189.0

    CiNii Article

  • カルコゲン原子導入型酸素架橋トリフェニルアミンラジカルカチオン臭化鉄塩の構造と磁気的性質 査読

    江崎 俊朗, 倉津 将人, 鈴木 修一, 小嵜 正敏, 塩見 大輔, 佐藤 和信, 工位 武治, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2008 ( 0 )   180 - 180   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    最近、我々は酸素架橋トリフェニルアミン(TOT)のラジカルカチオン臭化鉄塩が反強磁性体に相転移することを明らかにしている。本研究では、磁気的相互作用の次元性の増大を目指し、TOTの三つのフェニル基のパラ位にメチルチオ基を導入したTMTTOTラジカルカチオン臭化鉄塩を合成・単離し、磁気的挙動について検討を行った。化学的酸化により得られるTMTTOT・FeBr4塩は5 K でメタ磁性体へと磁気相転移することを明らかとした。構造と磁性の関係、およびその他のラジカルカチオン塩についても報告する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2008.0.180.0

    CiNii Article

  • Photoinduced Electron Transfer Reactions of Highly Twisted 1-Donor-substituted 2,4,6-Triphenylpyridinium Cations

    T. Namikawa, M. Kuratsu, M. Kozaki, T. Matsushita, A. Ichimura, K. Okada, et al.

    J. Photochem. and Photobio. A: Chem.   194   254 - 260   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Photoinduced Electron-Transfer and Electron-Mediating Processes of Fullerenes and Phenothiazine Oligomers in Polar Solvent

    D.-M. Shafiqul Islam, Y. Sasaki, H. Kawauchi, M. Kozaki, Y. Araki, O. Ito, and K. Okada

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   81 ( 1 )   103 - 109   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Photoinduced Electron Transfer of N-[(3- and 4-Diarylamino)phenyl]-1,8- Naphthalimide Dyads: Orbital-orthogonal Approach in a Short-linked D-A System

    S. Takahashi, K. Nozaki, M. Kozaki, S. Suzuki, K. Keyaki, A. Ichimura, T. Matsushita, and K. Okada*

    J. Phys. Chem. A   112   2533 - 2542   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Stepwise construction of a cross-shaped covalent assembly of dendrimers

    Kozaki, M.; Tujimura, H.; Suzuki, S.; Okada, K.

    Tetrahedron Lett.   49   2931 - 2934   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Photoinduced Charge-Separation and Charge-Recombination Processes of Fullerene[60] Dyads Covalently Connected with Phenothiazine and its Trimer

    H. Kawauchi, S. Suzuki, M. Kozaki, K. Okada, D.-M. Shafiqul Islam, Y. Araki, O. Ito, and K. Yamanaka

    J. Phys. Chem. A   112   5878 - 5884   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A Light Harvesting Array Composed of Porphyrins and Rigid Backbones

    Kozaki, M.; Uetomo, A.; Suzuki, S.; Okada, K.

    Org. Lett.   10   4477 - 4480   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 錯体形成による雪の結晶型デンドリマーの構造制御 査読

    加藤 睦美, 小嵜 正敏, 鈴木 修一, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2008 ( 0 )   168 - 168   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    我々は雪の結晶型デンドリマーの共役鎖、分岐鎖末端にビピリジン部位を導入して、金属錯体形成により構造制御が可能な分子を得ることを検討した。最初に、デンドロンの共役鎖と2本の側鎖にビピリジン末端を導入し、その錯形成挙動を評価した。その結果、炭素数11のアルキル側鎖を含むデンドロンと塩化鉄をトルエン-メタノール混合溶媒中で混ぜると500nm付近にトリスビピリジン鉄錯体に特徴的なMLCT吸収が観測された。反応を吸収スペクトルにより追跡した結果、デンドロンが鉄と安定な1:1錯体を形成することがわかった。講演では、錯体形成による構造変化について、各種スペクトル測定の結果を用いて詳しく述べる予定である。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2008.0.168.0

    CiNii Article

  • 白金ジアセチリド錯体をスペーサーとした電子ドナー・アクセプター連結体の光電荷分離 査読

    杉村 亮治, 鈴木 修一, 小嵜 正敏, 槻 和俊, 野崎 浩一, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2008 ( 0 )   166 - 166   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年、光電子移動の分野において、電子ドナー (D)・アクセプター (A) 連結化合物の電荷分離状態の寿命の長短が注目されている。そこで我々は、常温燐光発光化合物であるビピリジン・ジアセチリド白金錯体を三重項光増感剤として注目した。今回、その白金錯体にDおよびAを連結した分子を合成し、その光物性について検討を行った。トリフェニルアミンおよびナフタルジイミド連結白金錯体では、電荷分離状態が観測され、その寿命は約 200 ns であった。また、D部およびA部と白金アセチリド部を連結するスペーサーにメチル基を導入した分子も合成し、光物性におけるねじれの効果も検討した。当日は、これらの詳細について報告する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2008.0.166.0

    CiNii Article

  • 安定ラジカル置換ラジカルカチオン種を基盤とする磁性体の開発 査読

    増田 有希, 倉津 将人, 鈴木 修一, 小嵜 正敏, 江崎 俊朗, 塩見 大輔, 佐藤 和信, 工位 武治, 細越 裕子, 宮崎 裕司, 藍 考征, 稲葉 章, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2008 ( 0 )   381 - 381   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ラジカル置換ラジカルイオン種は有機磁性体の構成成分として有用な化合物と考えられるが、これまでそのような化学種を用いた磁性体は合成されていない。ここでは、安定ラジカル置換ジヒドロフェナジン、トリオキシトリフェニルアミン類の合成と性質、それらのラジカルカチオン塩とスピンを持ったアニオン種との塩の合成と磁性について検討を行った。特に臭化鉄塩(FeBr4-) との塩についてはフェリ磁性体、弱強磁性体、メタ磁性体の種々の磁性体を開発することができた。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2008.0.381.0

    CiNii Article

  • ポルフィリン-アントラキノン連結分子の電子移動に対する分極型架橋部の効果 査読

    太白 啓介, 小嵜 正敏, 鈴木 修一, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2008 ( 0 )   167 - 167   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    今回、我々はポルフィリン-アントラキノン連結分子の架橋共役鎖に導入した分極型側鎖が光誘起電子移動に与える効果に関して研究を行った。最初に、フェニレン-エチニレン鎖に、分極構造としてアミノ安息香酸エステル部を鈴木-宮浦カップリング反応によりに導入し分極型側鎖を合成した。さらに、側鎖にポルフィリン部、アントラキノン部を順次結合し目的分子を合成した。得られた化合物および数種の参照化合物のUVスペクトル、蛍光スペクトルを測定、比較し分極型側鎖が電子移動速度に与える効果を評価した。発表では、分子の合成と分極型置換基の効果について詳細に発表する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2008.0.167.0

    CiNii Article

  • ニトロニルニトロキシド-ベンゾビスジオキソール連結誘導体の合成と性質 査読

    熊谷 祐, 倉津 将人, 鈴木 修一, 小嵜 正敏, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2008 ( 0 )   170 - 170   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    有機磁性体の前駆体として、安定ラジカル置換ドナーラジカルカチオン種は魅力ある化合物である。これまでにジヒドロフェナジンやトリオキシトリフェニルアミン等のドナーを用いたラジカルカチオン種から幾つかの磁性体が得られることを見出している。今回、π系として単純なベンゾビスジオキソールに注目し、ラジカル置換ドナーの開発、ラジカル置換ラジカルカチオン種の安定性について検討を行った。ラジカル置換ドナーの合成、電気化学的性質、ラジカルカチオン種の発生について述べる。また、ラジカル部とベンゾビスジオキソール部を硫黄架橋した化合物についても述べる。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2008.0.170.0

    CiNii Article

  • トリオキシトリフェニルアミン (TOT) を基盤とするヘテロスピン系分子磁性体の構築 査読

    倉津 将人, 鈴木 修一, 小嵜 正敏, 塩見 大輔, 佐藤 和信, 工位 武治, 藍 孝征, 宮崎 裕司, 稲葉 章, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2008 ( 0 )   278 - 278   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    我々は、分子磁性体の構築を目的として新規パイ電子共役系の開発を行っている。今回、ニトロニルニトロキシド置換酸素三架橋トリフェニルアミン (<B>NN-TOT</B>) のFeX<SUB>4</SUB> (X = Cl, Br) 塩を合成し、その磁気的性質について検討を行った。<B>NN-TOT</B> をチアンスレンのラジカルカチオン塩で酸化することで、対応するラジカルカチオン塩を安定な固体として得た。塩化鉄塩は3 K付近でフェリ磁性体に、臭化鉄塩は4 K付近でメタ磁性体に磁気相転移することがわかった。また、塩化ガリウム塩が3 K付近で弱強磁性体に磁気相転移することも明らかとした。これらの詳細について発表する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2008.0.278.0

    CiNii Article

  • ジヒドロフェナジン導入型ピレンジラジカルジカチオンの合成とその電子構造 査読

    竹田 拓馬, 倉津 将人, 鈴木 修一, 小嵜 正敏, 塩見 大輔, 佐藤 和信, 工位 武治, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2008 ( 0 )   181 - 181   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    我々はピレン骨格がそのHOMOとLUMOがC2とC7を含む平面に節をもったユニークな電子構造であることに着目し、新規安定高スピン化学種の開発研究を行なっている。今回、新たにジラジカルジカチオン型の安定高スピン化学種の開発を目指し、1,3-ビス(ジアルキルアミノ)置換ピレンを基本骨格とする7-位にジヒドロフェナジンを導入した化合物を設計・合成した。この化合物の2電子酸化体であるジラジカルジカチオン種のESR測定において、三重項種由来の信号を観測することに成功した。当日は、それらの詳細について報告する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2008.0.181.0

    CiNii Article

  • Magnetic interaction of tri- and di-oxytriphenylamine radical cation FeCI4 salts 査読

    Kuratsu Masato, Suzuki Shuichi, Kozaki Masatoshi, Shiomi Daisuke, Sato Kazunobu, Takui Takeji, Okada Keiji

    INORGANIC CHEMISTRY   46 ( 24 )   10153 - 10157   2007年11月( ISSN:0020-1669

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ic7012649

  • Preparation and magnetic properties of 4,6-bis(iminonitroxide)-substituted resorcinol and its Cu-complex 査読 国際共著

    Koichiro Tanaka, Kimiaki Furuichi, Masatoshi Kozaki, Shuichi Suzuki, Daisuke Shiomi, Kazunobu Sato, Takeji Takui, Keiji Okada

    Polyhedron   26 ( 9-11 )   2021 - 2026   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Construction of a Rigid Zn Porphyrin-C60 Dyad within Dendritic Structure: Dendrimer Effect on Singlet Energy-Transfer

    Kozaki, M.; Akita, K.; Suzuki, S.; Okada, K

    Org. Lett.   9   3315 - 3318   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enhanced Electron Transfer by Dendritic Architecture: Energy Transfer and Electron Transfer in Snowflake-Shaped Zn Porphyrin Dendrimers

    Kozaki, M.; Akita, K.; Okada, K.

    Org. Lett.   9 ( 8 )   1509 - 1512   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 雪の結晶型デンドリマー集積体の構築と性質 査読

    辻村 一志, 小嵜 正敏, 鈴木 修一, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   37 ( 0 )   90 - 90   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    先に、我々は共役鎖末端及び核部分にさまざまな機能性部位を導入した雪の結晶型デンドリマーを合成しその性質を解明した。今回、我々はフリーベースポルフィリン核を持つ雪の結晶型デンドリマーと亜鉛ポルフィリン核を持つデンドリマーを合成し、それらの共役鎖表面末端どうしを薗頭カップリング反応により結合させ十字型の五量体を構築することに成功した。合成した5量体の吸収、蛍光スペクトルを測定し、周辺デンドリマーの亜鉛ポルフィリン核から中心デンドリマーのフリーベースポルフィリン核へのエネルギー移動効率を評価した。講演では、五量体の合成、性質について詳細に報告する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.37.0.90.0

    CiNii Article

  • 酸素三架橋トリフェニルアミン(TOT)を基盤とするラジカルカチオン塩の合成と磁気的挙動 査読

    倉津 将人, 鈴木 修一, 小嵜 正敏, 塩見 大輔, 佐藤 和信, 工位 武治, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   37 ( 0 )   11 - 11   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    我々は、有機磁性体の構築を目的として新規パイ電子共役系の開発を行っている。今回、酸素架橋トリフェニルアミン(<B>TOT</B>)を基盤とするラジカルカチオン塩を各種合成し、その磁気的性質について検討を行った。中性の<B>TOT</B>をチアンスレンのラジカルカチオン塩で酸化することで、各種ラジカルカチオン塩を合成した。<B>TOT</B>の臭化鉄塩や、ニトロニルニトロキシドを置換した<B>TOT</B>の塩化鉄塩において興味深い磁気的挙動が観測された。各種ラジカルカチオン塩の合成、磁気的性質と結晶構造について議論する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.37.0.11.0

    CiNii Article

  • 分極型置換基を持つ共役鎖を架橋部とするポルフィリン-アントラキノン連結系の合成と性質 査読

    太白 啓介, 小嵜 正敏, 鈴木 修一, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   37 ( 0 )   80 - 80   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    先に我々は、剛直な共役鎖で架橋したポルフィリン-アントラキノン連結系において分岐側鎖による被覆が電子移動を促進することを報告している。今回さらに架橋共役鎖に極性置換基を導入することにより分子内電子移動速度を制御することをめざし、一連のポルフィリン-アントラキノン連結分子を合成した。本研究では分極型置換基として電子吸引性置換基を持つトリフェニルアミン骨格を用い、剛直な架橋鎖であるオリゴフェニレンエチニレンに鈴木-宮浦カップリング反応により結合させた。講演では、分子の合成とポルフィリン部位からアントラキノン部位への電子移動速度に対する分極効果に関して発表する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.37.0.80.0

    CiNii Article

  • ラジカル置換ジヒドロフェナジンラジカルカチオン塩の構造と磁気的性質 査読

    増田 有希, 倉津 将人, 鈴木 修一, 小嵜 正敏, 塩見 大輔, 佐藤 和信, 工位 武治, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   37 ( 0 )   188 - 188   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ラジカル置換ドナーラジカルカチオンは有機磁性体の構成成分として興味のもたれる化合物である。これまでに我々は、ニトロニルニトロキシド置換ジヒドロフェナジンが分子内に大きな強磁気的相互作用(J > +700 K)を持つことを明らかにしている。今回はさらに、分子間に磁気的相互作用を持たせるため、安定ラジカル部、アクセプター(GaCl<SUB>4</SUB>塩、FeCl<SUB>4</SUB>塩、TCNQF<SUB>4</SUB>)の検討を行い、系の拡張を目指した。本発表では、これらのラジカルカチオン塩の構造と磁気的性質について議論する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.37.0.188.0

    CiNii Article

  • テルピリジン末端を導入した雪の結晶型デンドリマーの合成と錯体形成 査読

    松本 仁成, 小嵜 正敏, 鈴木 修一, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   37 ( 0 )   91 - 91   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    我々は先に雪の結晶型デンドリマーの共役鎖末端どうしを共有結合させることにより、十字型デンドリマー5量体を得ることに成功している。今回、雪の結晶型デンドリマーを配位結合により集積するため、テルピリジン骨格を一つの共役鎖末端に導入したAB3型雪の結晶型ポルフィリンデンドリマーの合成を検討した。分子の合成はAB3型ポリフィリンにテルピリジン末端を導入したデンドロン、フェニル末端デンドロンを順次結合させることにより行なった。得られたデンドリマーの構造は、NMRスペクトル、質量分析(MALDI-TOF)により同定した。講演では詳細な分子の合成手順およびデンドリマーの錯体形成について発表する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.37.0.91.0

    CiNii Article

  • Preparation, structure, and magnetic interaction of a Mn(hfac)(2)-bridged [2-(3-pyridyl)(nitronyl nitroxide)-Mn(hfac)(2)](2) chain complex 査読

    Okada Keiji, Beppu Shiori, Tanaka Koichiro, Kuratsu Masato, Furuichi Kimiaki, Kozaki Masatoshi, Suzuki Shuichi, Shiomi Daisuke, Sato Kazunobu, Takui Takeji, Kitagawa Yasutaka, Yamaguchi Kizashi

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   ( 24 )   2485 - 2487   2007年( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/b618682c

  • Detection of a diradical intermediate in the cis-trans isomerization of 5,5 '-bis(4,5-diphenyl-2H-imidazol-2-ylidene)-5,5 '-dihydro-Delta(2,2 ')-bithiophene 査読

    Kozaki Masatoshi, Isoyama Asuka, Okada Keiji

    TETRAHEDRON LETTERS   47 ( 30 )   5375 - 5378   2006年07月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2006.05.084

  • フェルダジル置換ジヒドロフェナジンラジカルカチオン塩および電荷移動錯体の合成と性質 査読

    増田 有希, 倉津 将人, 竹田 裕孝, 鈴木 修一, 小嵜 正敏, 塩見 大輔, 佐藤 和信, 工位 武治, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   18 ( 0 )   267 - 267   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    我々はラジカル置換ジヒドロフェナジンラジカルカチオンの電子物性に興味をもって研究を行っている。これまで、置換ラジカル部がフェルダジルの場合、安定性が低く詳細な性質の検討をすることができなかった。今回、フェルダジル基の構造やジヒドロフェナジン骨格の7.8位へのメチル基の導入を検討することにより、フェルダジル置換ジヒドロフェナジンラジカルカチオンを安定化することができた。本発表では、そのラジカルカチオン塩および電荷移動錯体塩の合成と磁性および伝導性を報告する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.18.0.267.0

    CiNii Article

  • Preparation, Properties, and Reduction of a Novel TCNQ-type Thienoquinoid

    Masatoshi Kozaki, Keitaro Sugimura, Hiroyuki Ohnishi, Keiji Okada

    Org. Lett.   8   5235 - 5238   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 雪の結晶型デンドリマーの集積化 査読

    辻村 一志, 小嵜 正敏, 鈴木 修一, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   18 ( 0 )   140 - 140   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    我々は先に剛直な共役鎖と柔軟な分岐鎖を有する雪の結晶型デンドリマーの合成、性質に関して報告している。今回さらに、デンドリマーの共役鎖を分子間で結合し、巨大共役ネットワークを有する集積型高分子の合成および性質について研究を行った。本研究では集積型高分子として、デンドリマー五量体の合成を行った。合成は中心となるデンドリマーの4つの共役鎖末端に4つのデンドリマーを薗頭カップリング反応により結合させて行った。このとき中心にはフリーベースポリフィリンデンドリマーを末端には亜鉛ポリフィリンデンドリマーを用いた。本発表では、デンドリマー集積体の合成法およびデンドリマー間のエネルギー移動について詳細に述べる。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.18.0.140.0

    CiNii Article

  • 錯体形成によるデンドリマー分岐鎖の構造制御 査読

    國川 智輝, 小嵜 正敏, 鈴木 修一, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   18 ( 0 )   319 - 319   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    錯体形成によるデンドリマーのコンフォメーション制御を目的として研究を行った。最初に、剛直な共役鎖と柔軟な分岐鎖を持ち、それぞれの末端にビピリジン骨格を有しているデンドロンを設計、合成した。このデンドロンでは錯体形成により柔軟な分岐鎖を剛直な共役鎖の周りに集めることが可能である。分子の合成は先に報告している雪の結晶型デンドリマーの合成法を応用して行った。すなわち薗頭カップリングにより共役鎖を延長し、鈴木カップリングにより分岐鎖を導入し合成した。合成したデンドロンと2価の鉄錯体を混合することにより錯体を形成させることに成功した。講演では分子の合成と性質について詳細に述べる。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.18.0.319.0

    CiNii Article

  • 酸素架橋トリフェニルアミンラジカルカチオン塩の結晶構造と磁気的性質 査読

    倉津 将人, 鈴木 修一, 小嵜 正敏, 塩見 大輔, 佐藤 和信, 工位 武治, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   18 ( 0 )   177 - 177   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    我々は、有機磁性体の構築を目的として新規pi電子共役系の開発を行っている。今回、酸素架橋トリフェニルアミンのFeCl<SUB>4</SUB><SUP>-</SUP> 及びGaCl<SUB>4</SUB><SUP>-</SUP> の塩を合成し、その構造と磁気的性質について検討を行った。二つの塩は、それぞれ対応するアニオンをもつチアンスレニウムを酸化剤として中性の酸素架橋トリフェニルアミンと反応させて合成した。X線結晶構造解析の結果、合成した二つの塩は共にラジカルカチオン部がダイマー型構造をとっており、その周りをアニオンが囲んだ構造をしていた。これら二つの塩の磁気的性質と結晶構造について議論する。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.18.0.177.0

    CiNii Article

  • フラーレン末端を有する雪の結晶型ポルフィリンデンドリマーの合成と光誘起電子移動 査読

    秋田 校玄, 小嵜 正敏, 鈴木 修一, 岡田 惠次

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   18 ( 0 )   230 - 230   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    光捕集機能を有する雪の結晶型デンドリマーに光誘起電荷分離機能を付加するとともに生成した電荷分離状態の長寿命化を目標として研究を行った。目的とする機能を持つデンドリマーを得るため雪の結晶型ポリフィリンデンドリマーの共役鎖末端にフラーレン部位を導入した。ポルフィリンデンドリマーの末端アセチレン部位をLHMDSによりリチオ化した後、フラーレンと反応させることで目的分子の合成を行った。さらに合成した分子の光学的性質を調べ、類似化合物とその特性を比較することで電子移動速度を評価した。講演では分子の合成と光学的性質に関して詳細に報告する予定である。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.18.0.230.0

    CiNii Article

  • Exchange Interaction of 5,5'-(m- and p-Phenylene)bis(10-phenyl-5,10-dihydrophenazine) Dications and Related Analogues 査読 国際共著

    Eriko Terada, Toshihiro Okamoto, Masatoshi Kozaki, Miyuki Eiraku Masaki, Daisuke Shiomi, Kazunobu Sato, Takeji Takui, Keiji Okada

    THE JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   70 ( 24 )   10073 - 10081   2005年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Magnetic ordering in a genuine organic crystal with triangular antiferromagnetic spin units 査読

    Takeda K, Yoshida Y, Inanaga Y, Kawae T, Shiomi D, Ise T, Kozaki M, Okada K, Sato K, Takui T

    PHYSICAL REVIEW B   72 ( 2 )   2005年07月( ISSN:2469-9950

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.72.024435

  • 2,2 ': 6 ',2 '': 6 '',6-trioxytriphenylamine: Synthesis and properties of the radical cation and neutral species 査読

    Kuratsu M, Kozaki M, Okada K

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   44 ( 26 )   4056 - 4058   2005年( ISSN:1433-7851

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.200500397

  • 1,4-Benzoxazino[2,3-b]phenoxazine and Its Sulfur Analogues: Synthesis, Properties, and Application to Organic Light-Emitting Diodes

    Okamoto, T.; Kozaki, M.; Doe, M.; Uchida, M.; Wang, G.; Okada, K.

    Chem. Mater.   17   5504 - 5511   2005年

  • Preparation, properties, and reduction of heteroaromatic quinoids with 1,4-diazacyclo-pentadien-2-ylidene terminals

    Kozaki, M.; Isoyama, A.; Akita, K.; Okada, K.

    Org. Lett.   7 ( 1 )   115 - 118   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • One-dimensional void-space arrays constructed from a coordination polymer with bowl-like frameworks of cavitands 査読

    Tadokoro M, Mizugaki S, Kozaki M, Okada K

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   ( 9 )   1140 - 1142   2005年( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/b415374j

  • Amphoteric Quinone-azine-cyclopentadithiophene System

    Kozaki, M.; Igarashi, H.; Okada, K.

    Chem. Lett.   33   156 - 157   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Synthesis, Structure, and Electron-Donating Ability of 2,2′:6′,2″-Dioxatriphenylamine and Its Sulfur Analogue

    Kuratsu, M.; Kozaki, M.; Okada, K.

    Chem. Lett.   33   1174 - 1175   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Remarkable Structure Deformation in Phenothiazine Trimer Radical Cation

    Okamoto, Toshihiro; Kuratsu, Masato; Kozaki, Masatoshi; Hirotsu, Ken; Ichimura, Akio et al.

    Org. Lett.   6 ( 20 )   3493 - 3496   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Snowflake&#8211;like Dendrimers via Site-Selective Synthesis of Dendrons

    Kozaki, M.; Okada, K.

    Org. Lett.   6   485 - 488   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A Stable Radical-Substituted Radical Cation with Strongly Ferromagnetic Interaction: Nitronyl Nitroxide-Substituted 5,10-Diphenyl-5,10-dihydrophenazine Radical Cation

    Hiraoka, S.; Okamoto, T.; Kozaki, M.; Shiomi, D.; Sato, K. et al.

    J. Am. Chem. Soc.   126   58 - 59   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Facile Synthesis of 5,10-Diaryl-5,10-dihydrophenazines and Application to EL-devices

    T. Okamoto, E. Terada, M. Kozaki, M. Uchida, S. Kikukawa, et al.

    Organic Letters   5   373 - 376   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Preparation and magnetic interaction of a polymer pendent nitroxide with a bulky protecting group

    O. Nagao, M. Kozaki, Y. Miura, D. Shiomi, K. Sato, T. Takui and K. Okada

    Synthetic Metals   135-136   95 - 96   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Syntheis and magnetic properties of an iminonitroxide-substituted phenolate-Cu complex

    Koichiro Tanaka, Masatoshi Kozaki, Daisuke Shiomi, Kazunobu Sato, Takeji Takui, et al.

    Polyhedron   22   1803 - 1808   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Preparation and Magnetic Properties of Mn(hfac)2-Complexes of 2-(5-Pyrimidinyl)- and 2-(3-Pyridyl)-Substituted Nitronyl Nitroxides

    Keiji Okada, Osami Nagao, Hiroki Mori, Masatoshi Kozaki, Daisuke Shiomi, et al.

    ,Inorg. Chem.   42 ( 10 )   3221 - 3228   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Novel cyclopentadithiophene dimers with small HOMO-LUMO gaps

    M. Kozaki, Y. Yonezawa, H. Igarashi, K. Okada

    Synthetic Metals   135-136   107 - 108   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Synthesis and properties of thiophene oligomers containing o-quinoid skeleton

    H. Ohnishi, M. Kozaki, K. Okada

    Synth. Met.   135-136   85 - 86   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ortho-Disubstitution reactions of aromatic rings with homo-conjugated bicyclo[2.2.2]octa-2,5-diene derivatives in the presence of palladium(II) acetate

    K. Saito, K. Ono, T. Takeda, S. Kiso, K. Uenishia et al.

    Tetrahedron   58   9081 - 9088   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Molecular and electronic spin structures of high-spin polyphenylene-based oligonitrenes with high symmetry; a semiempirical approach to fine-structure tensors

    N. Oda, T. Nakai, K. Sato, D. Shiomi, M. Kozaki, et al.

    Mol. Cryst. Liq. Cryst.   376   501 - 506   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cyclopentadithiophene (CPDT)-dimer dication; bipolaron model for quaterthiophenes

    M. Kozaki, Y. Yonezawa, K. Okada

    Organic Letters   4   4535 - 4538   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Magnetic Behavior of a Manganese(II) Complex of a Nitroxide-Substituted 1,3-Di(4-pyridyl)benzene

    O. Nagao, D. Shiomi, K. Sato, T. Takui, K. Okada

    Polyhedron   20   1653 - 1658   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Synthesis and Properties of a New-Type Nitroxide Radical with Bulky 2,4,6-Triphenylphenyl Substituent

    S. Kanaya, D. Shiomi, K. Sato, T. Takui, K. Okada

    Synth. Met.   121   1808 - 1809   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Benzoxazinophenoxazines: neutral and charged species

    T. Okamoto, M. Kozaki, Y. Yamashita, K. Okada

    Tetrahedron Lett.   42   7591 - 7594   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Synthesis and preliminary testing of molecular wires and devices

    J. M. Tour, A. M. Rawlett, M. Kozaki, Y. X. Yao et al.

    Chem.-Eur. J.   7   5118 - 5134   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Highly Synthetic High-Spin Oligonitrenes; Molecular Design for Super High Spin Systems with Robust p-spin Polarization

    N. Oda, K. Sato, D. Shiomi, M. Kozaki, K. Okada, T. Takui

    Synth. Met.   121   1840 - 1841   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Magnetic Behavior of Copper(II) Complexes of a Nitronyl Nitroxide-Substituted Pyrimidine

    H. Mori, O. Nagao, D. Shiomi, K. Sato, T. Takui et al.

    Polyhedron   20   1663 - 1668   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Preparation and properties of oligomers containing cyclopentadithiophene

    Y. Yonezawa, K. Okada

    Synth. Met.   119   99 - 100   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Synthesis and Properties of Benzooxazino-phenoxazine and the Related Compounds

    T. Okamoto, D. Shiomi, K. Sato, T. Takui, Y. Mizuno et al.

    Synth. Met.   120   933 - 934   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Carbazole Oligomers and the Dimer-Derived DPPH-type Diradical

    K.Okada

    Synth. Met.   119   2001   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Benzoic Acid and Phenol Derivatives of Nitronyl Nitroxide Biradical as Building Blocks of Organic Molecule-Based Ferrimagnets

    K. Kamiyama, D. Shiomi, S. Hase, M. Nishizawa, K. Sato et al.

    Applied Masgnetic Resonance   19   45 - 57   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Exchange Interaction of Some Thianthrene-Derived Dications

    T. Nakai, K. Sato, D. Shiomi, T. Takui, K. Itoh et al.

    Mol. Cryst. Liq. Cryst.   334   139 - 148   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • High-Spin Nitrenes with s-Triazine Skeleton

    T. Nakai, K. Sato, D. Shiomi, T. Takui, K. Itoh et al.

    Mol. Cryst. Liq. Cryst.   334   157 - 166   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Generation and Reactivity of 2,4,6-Triphenylpyridinyl Radicals Linked by Alkyl Chains 査読 国際共著

    Kouzo Matsumoto, Masaji Oda, Masatoshi Kozaki, Kazunobu Sato, Takeji Takui, Keiji Okada

    Synthetic Metals   103   2304 - 2305   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Structure and Photolysis of the Dimer of 2,2'-(m-Phenylene)bis(4,5-diphenylimidazole-2-yl) Diradical 査読 国際共著

    Keiji Okada, Kunihiko Imamura, Masaji Oda, A. Kajiwara, K. Kamachi, K. Isino, K. Tashiro, Masatoshi Kozaki, Kazunobu Sato, Takeji Takui

    Synthetic Metals   103   2306 - 2307   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Preparation and Exchange Interaction of DPPH-Derived Polyradicals

    S. Nakamura, T. Okamoto, S. Kanaya, K. Sato, T. Takui et al.

    Mol. Cryst. Liq. Cryst.   334   131 - 138   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Preparation and Characterization of Novel DPPH-based Diradicals

    Nakamura, S.; Sato, K.; Takui, T.; Kamatani, T.; Oda, M.; Tokumaru, K.; Okada K.

    Tetrahedron Letters   39   5979   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Preparation and Properties of Novel Polythiophenes Containing 1,3-Dithiol-2-ylidene Moieties

    S. Tnaka, Y. Yamashita

    Journal of Organic Chemistry   59 ( 2 )   442 - 450   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Studies on Novel Polythiophene Derivatives Containing Cyclopentadithiophene Moieties

    -

    総合研究大学院大学   1 - 104   1994年

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • Reaction of Strained Homoconjugated Compounds with Benzene in the Presence of Palladium(II) Acetate

    K. Saito, A. Imai, Y. Hara, K. Takahashi

    Chemistry Letters   1769 - 1772   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Preparation and Properties of 7-(1,3-dithiol-2-ylidene)-7H-cyclopenta[1,2-b ; 4,3-b"] dithiophene and Their Polymers

    S. tanaka, Y. Yamashita

    Chemistry Letters   533 - 536   1993年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Aromatization and Hydrogen-Shift of 7-Substituted 1,3,5-Cycloheptatrienes in the Presence of Palladium(II) Acetate

    K. Saito, K. Takahashi

    Chemical and Pharmaceutical Bulletin   41 ( 12 )   2187 - 2189   1993年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Preparation and Properties of Poly-4-(1,3-dithiol-2-ylidene)-4H-cyclopenta[2,1-b ; 3,4-b"] dithiophene and It"s Derivatives

    S. Tanaka, Y. Yamashita

    Journal of Chemical Society, Chemical Communications   16   1137 - 1138   1992年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Introduction of Acetoxyl Group in Tropone and Azulene Nuclei Using Palladium(II) Acetate : Reactions of 2-Aminotropones and Azulene with Palladium(II) Acetate

    K. Saito, K. Uenishi, N. Abe, K. Takahashi

    Chemical and Pharmaceutical Bulletin   39 ( 7 )   1843 - 1845   1991年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Reaction of Azepin with Palladium(II) Acetate : Formation of Mucondialdehyde and Dihydroazepine Derivative

    K. Saito, K. Takahashi

    Heterocycles   31 ( 8 )   1491 - 1496   1990年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 高校生・化学宣言〈PART14〉 高校化学グランドコンテストドキュメンタリー

    中沢浩、小嵜正敏( 担当: 監修 ,  範囲: 監修)

    遊タイム出版  2022年06月  ( ISBN:4860103637

     詳細を見る

    総ページ数:156   著書種別:一般書・啓蒙書   参加形態:セカンドオーサー

  • 魅惑の香りで化学の世界に誘い,生物の化学コミュニケーションを学ぶ

    小嵜正敏( 担当: 単著)

    化学と教育  2021年 

     詳細を見る

    担当ページ:2  

  • 高校生・化学宣言〈PART13〉 高校化学グランドコンテストドキュメンタリー

    中沢 浩,小嵜 正敏,笹森 貴裕 ( 担当: 監修)

    遊タイム出版  2020年06月  ( ISBN: 978-4-860103583

     詳細を見る

    総ページ数:212   著書種別:一般書・啓蒙書  

    化学の甲子園と呼ばれる「高校化学グランドコンテスト」に参加した国内、国外高校生のコンテストまでの奮闘を収録したシリーズ第12弾。

    その他リンク: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71uGf7BIIyL.jpg

  • Polymers for Light-emitting Devices and Displays

    Rania Zaier, Said Hajaji, Masatoshi Kozaki, Sahbi Ayachi( 担当: 共著 ,  範囲: Chapter 3)

    Wiley-Scrivener  2020年05月  ( ISBN:1119654602

     詳細を見る

    総ページ数:268   著書種別:学術書  

  • DFT Computational Modeling and Design of New Cyclopentadithiophene (CPDT) Derivatives for Highly Efficient Blue Emitters in OLEDs

    Zaier R.

    Polymers for Light-Emitting Devices and Displays  2020年01月  ( ISBN:9781119654605

     詳細を見る

  • 高校生・化学宣言〈PART12〉 高校化学グランドコンテストドキュメンタリー

    中沢 浩,小嵜 正敏,笹森 貴裕 ( 担当: 監修)

    遊タイム出版  2019年06月  ( ISBN: 978-4-860103583

     詳細を見る

    総ページ数:234   著書種別:一般書・啓蒙書  

    化学の甲子園と呼ばれる「高校化学グランドコンテスト」に参加した国内、国外高校生のコンテストまでの奮闘を収録したシリーズ第12弾。

    その他リンク: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71uGf7BIIyL.jpg

  • 高校生・化学宣言〈PART11〉 高校化学グランドコンテストドキュメンタリー

    中沢 浩,小嵜 正敏,笹森 貴裕 ( 担当: 監修)

    遊タイム出版  2018年03月  ( ISBN:978-4-86010-357-6

     詳細を見る

    総ページ数:209   著書種別:一般書・啓蒙書  

  • 高校生・化学宣言〈PART10〉 高校化学グランドコンテストドキュメンタリー

    中沢 浩 小嵜 正敏( 担当: 監修)

    遊タイム出版  2017年06月 

  • 次世代共役ポリマーの超階層制御と革新機能

    小嵜正敏( 担当: 単著 ,  範囲: 第15章 デンドリマー集積による共役ネットワークの構築とその特性)

    シーエムシー出版  2009年  ( ISBN:4781300731

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 「デンドリマー集積による共役ネットワークの構築とその特性」“次世代共役ポリマーの超階層制御と革新機能"、第15章、赤木和夫監修

    -( 担当: 単著)

    シーエムシー出版  2009年  ( ISBN:4781300731

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 高校生・化学宣言PART3 : 高校化学グランドコンテストドキュメンタリー

    中沢 浩, 松坂 裕之, 小嵜 正敏( 担当: 単著)

    遊タイム出版  2008年  ( ISBN:9784860102623

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • 有機化合物のスペクトル解析入門

    岡田惠次( 担当: 共訳)

    化学同人  1999年  ( ISBN:ISBN4-7598-0828-0

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 非対称ペンタピリジン二核鉄(III)錯体を触媒とする不活性C‐Hの酸素化反応 査読

    山崎実香子, 小嵜正敏, 舘祥光

    錯体化学会討論会講演要旨集   69th   202   2019年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • Creation of new π-electron conjugate compounds and the investigation of their functions

    Kozaki Masatoshi

    OCARINA通信[English Version.]   5   9 - 9   2016年

     詳細を見る

  • 3,4‐ジヒドロアンヒドロロドビブリンと紅色光合成細菌Rs.rubrum由来LH1サブユニットの再会合と評価 査読

    山元麻衣, 鈴木修一, 小嵜正敏, 岡田惠次, 堀部智子, 西坂好晃, 藤井律子, 南後守, 橋本秀樹

    日本化学会講演予稿集   91st ( 3 )   721   2011年03月( ISSN:0285-7626

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 光合成でのLH1アンテナ色素蛋白複合体へのアンヒドロロドビブリンアナログ体の再会合と評価 査読

    山元麻衣, 鈴木修一, 小嵜正敏, 岡田惠次, 堀部智子, 西坂好晃, 藤井律子, 中川勝統, 南後守, 橋本秀樹

    日本化学会講演予稿集   90th ( 3 )   984   2010年03月( ISSN:0285-7626

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • ヘリセン型の巨大π電子系を有する安定開殻有機分子の合成と性質

    上田顕, 森田靖, 鈴木修一, 小嵜正敏, 岡田惠次, 西田辰介, 伊瀬智章, 塩見大輔, 佐藤和信, 工位武治, 中筋一弘

    日本化学会講演予稿集   89th ( 2 )   2009年( ISSN:0285-7626

     詳細を見る

  • π共役系を拡張した1,6-ジアザフェナレニルラジカルの合成と物性の解明

    箱井雄太郎, 上田顕, 鈴木修一, 小嵜正敏, 岡田惠次, 西田辰介, 吉野共広, 佐藤和信, 工位武治, 森田靖, 中筋一弘

    日本化学会講演予稿集   88th ( 2 )   2008年( ISSN:0285-7626

     詳細を見る

  • 19pXA-14 有機磁性体トリラジカルの磁気相図(分子性固体,領域7(分子性固体・有機導体)) 査読

    稲永 祐貴, 佐藤 和信, 工位 武治, 吉田 靖雄, 木下 慶一郎, 河江 達也, 竹田 和義, 塩見 大輔, 伊瀬 智章, 小嵜 正敏, 岡田 恵次

    一般社団法人 日本物理学会 日本物理学会講演概要集   60 ( 0 )   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 27aYK-6 強磁性相互作用をするトリラジカルの低温磁気秩序(分子磁性, 高圧物性,領域7(分子性固体・有機導体)) 査読

    稲永 祐貴, 佐藤 和信, 工位 武治, 吉田 清雄, 木下 慶一郎, 河江 達也, 竹田 和義, 塩見 大輔, 伊瀬 智章, 小嵜 正敏, 岡田 恵次

    一般社団法人 日本物理学会 日本物理学会講演概要集   60 ( 0 )   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 4,4-(Trimethylene)bis(2,6-di-t-butylphenoxy)Diradical : An Application of the Sequential Redox-Solid State Photolysis (SRSSP)Method(共著)

    -

    Chemistry Letters   845   1998年

  • Preparation and Characterization of Novel High-Spin Organoborane Dianions(共著)

    -

    Tetrahedron Letters   39   6483   1998年

  • Novel Dimers of 2,2"-(m-Phenylene)bis(4,5-diphenyl-1-imidazoly)Diradical(共著)

    -

    Chemistry Letters   891 - 892   1998年

  • Evolution of Strategies for Self Assembly and Hookup of Molecule-Based Devices(共著)

    -

    Annals of the New York Academy of Science   852   349 - 370   1998年

  • Tribenzo-1,4,5,8,9,12-hexathiatriphenylene Dication and Dibenzo-1,4,5,8-tetrathiaphenanthrene Dication(共著)

    -

    Chemistry Letters   933 - 934   1998年

  • Molecular Scale Electronics : A Synthetic/Computational Approach to Digital Computing(共著)

    -

    Journal of American Chemical Society   120 ( 33 )   8489 - 8493   1998年

  • Exchange Interaction of Bispyridinyl Diradicals Linked by σ-Frames

    -

    Tetrahedron Letters   39   6307   1998年

  • A New Photochemical Approach to Benzylic Polyradicals through C-N Bond Cleavage of a Pyridiny Radical(共著)

    -

    Tetrahedron Letters   39   6315   1998年

  • New Thiopene-Pyrrole-Derived Annulenes Containing 6 and 10 Heterocyclic Units (共著)

    -

    Journal of Organic Chemistry   61 ( 11 )   3657 - 3661   1996年

  • Geometrically Constrained Thiopene-Pyrrole Oligomers (共著)

    -

    Tetrahedron Letters   36 ( 38 )   6835 - 6838   1995年

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 天然アミノ酸を用いた複素多環芳香族化合物の合成および発光特性 国内会議

    舘祥光、前田泰聖、小嵜正敏

    日本化学会第103春季年会  2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • 縮合多環骨格に窒素原子を有するペロピレン誘導体の合成と物性 国内会議

    稲田秀真,舘祥光,小嵜正敏

    日本化学会第103春季年会  2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • 電子供与性基を7位に有する分極型2-アザピレン誘導体の合成と性質 国内会議

    硲隆史、舘祥光、小嵜正敏

    第1回学際化学若手育成シンポジウム  2023年03月  大阪公立大学大学院理学研究科化学専攻

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪公立大学 杉本キャンパス 学術情報総合センター  

  • ジケトピペラジン環を有する複素多環芳香族化合物の発光特性 国内会議

    前田泰聖・小嵜正敏・舘 祥光

    第32回基礎有機化学討論会  2022年09月  基礎有機化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都パルスプラザ  

  • ジアザピレン骨格とカルバゾール骨格を有する縮合多環化合物の合成と物性評価 国内会議

    栗本清灯・舘 祥光・小嵜正敏

    第32回基礎有機化学討論会  2022年09月  基礎有機化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都パルスプラザ  

  • 共役鎖内包型ポルフィリンデンドリマー環状体の合成 国内会議

    中尾拓巳,舘祥光,小嵜正敏

    第32回基礎有機化学討論会  2022年09月  基礎有機化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都パルスプラザ  

  • ビス(ニトロニルニトロキシド)金(I)錯体が配位した希土類(III)錯体の合成と磁気的性質 国内会議

    谷本理勇,鈴木修一,塩見大輔,田中里佳,直田健,小嵜正敏,岡田惠次

    日本化学会第102春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 天然アミノ酸由来ジケトピペラジン環を有する複素多環芳香族化合物の合成と物性 国内会議

    前田泰聖,小嵜正敏,舘祥光

    日本化学会第102春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • フェノチアジンおよびジアザピレン骨格を有する縮合多環化合物の合成と性質 国内会議

    小嵜正敏,松本圭登,舘祥光

    日本化学会第102春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 含窒素ペロピレン誘導体の合成と性質 国内会議

    政二康文,大村祐太,舘祥光,小嵜正敏

    日本化学会第102春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ヘテロ原子を導入した縮合多環芳香族化合物の合成と性質 招待 国内会議

    小嵜正敏

    電気化学会第89大会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 共役鎖内包型ポルフィリンデンドリマー環状三量体の合成 国内会議

    中尾拓巳,舘祥光,小嵜正敏

    第31回基礎有機化学討論会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2,2’-ビピリジン核を有するデンドリマーから構成される三量体の合成と性質 国内会議

    澤田彩加,舘祥光,小嵜正敏

    第31回基礎有機化学討論会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ビス(ニトロニルニトロキシド)金(I)錯体が配位したガドリニウム(III)錯体の合成と磁気的性質 国内会議

    谷本理勇,鈴木修一,塩見大輔,田中里佳,直田健,小嵜正敏,岡田惠次

    第31回基礎有機化学討論会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 拡張型共役系を有するジアザピレン誘導体 国内会議

    政二康文、大村祐太、小嵜正敏、舘 祥光

    日本化学会第101春季年会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ペンタピリジン型アルキルアミン系二核鉄錯体の触媒反応のメカニズム解明 国内会議

    山崎実香子,小嵜正敏,舘 祥光

    第101回日本化学会春季年会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 三角形型のトリアリール配位子を用いた遷移金属錯体の合成とその物性 国内会議

    力丸 心哉,小嵜正敏,舘 祥光

    第101回日本化学会春季年会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 共役系拡張型含窒素ピレン誘導体の合成と性質 国内会議

    政二 康文, 大村 祐太,舘 祥光,小嵜 正敏

    第14回有機π電子系シンポジウム  2021年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非対称型二核鉄錯体を触媒とするシクロアルカンの 酸化反応 国内会議

    山崎実香子,小嵜正敏,舘 祥光

    第 53 回酸化反応討論会  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非対称型二核鉄錯体によるアルカンの水酸化反応 触媒活性の検討 国内会議

    山崎実香子,小嵜正敏,舘 祥光

    第10 回CSJ 化学フェスタ2020  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 環拡張型4,10-ジアザピレン誘導体の合成と性質 国内会議

    政二 康文, 大村 祐太,舘 祥光,小嵜 正敏

    第10 回CSJ 化学フェスタ2020  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 非対称型配位子を用いた二核銅-酸素錯体の 合成と性質 国内会議

    泉川紅葉,鎌田泰成,小嵜正敏,舘 祥光

    錯体化学会第 70 回討論会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Effects of Alkyl Chains of Ligands on the Alkane Oxygenation of Diiron(III) Complexes with Asymmetric Pentapyridine Ligands 国内会議

    山崎実香子,小嵜正敏,舘 祥光

    錯体化学会第 70 回討論会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 芳香環が縮環したジアザピレン誘導体の合成と性質 国内会議

    政二康文,小嵜正敏,舘 祥光

    日本化学会第100春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 非対称型ペンタピリジン配位子を用いた二核鉄錯体の触媒活性の検討 国内会議

    山崎実香子,小嵜正敏,舘 祥光

    日本化学会第100春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ビス(ニトロニルニトロキシド)金(I)錯体の電気化学的および磁気的性質 国内会議

    大野智也,和田知之,鈴木修一,小嵜正敏,岡田惠次,佐藤和信,塩見大輔,工位武治,直田 健

    日本化学会第100春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非対称ピリジルアルキルアミン系配位子の3座配位部位による酸素活性化の制御 国内会議

    鎌田泰成,小嵜正敏,舘 祥光

    日本化学会第100春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ジケトピペラジン骨格を含む複素環式芳香族化合物の合成と性質 国内会議

    前田航佑,小嵜正敏,舘 祥光

    日本化学会第100春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 三重項励起エネルギー勾配を持つデンドリマーの合成 国内会議

    和田拓巳,岡本直也,舘 祥光,小嵜正敏

    第30回基礎有機化学討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非対称ペンタピリジン二核鉄(III)錯体を触媒とする不活性C-H の酸素化反応 国内会議

    山崎 実香子,小嵜 正敏,舘 祥光

    錯体化学第69回討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ピリジルアルキルアミン系非対称型配位子を用いた二核銅錯体の合成と反応性 国内会議

    鎌田泰成,小嵜正敏,舘 祥光

    錯体化学第69回討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Short-step Syntheses and Photophysical Properties of Nitrogen-Containing Pyrenes 招待 国際会議

    Masatoshi Kozaki, Yuta Omura, Yoshimitsu Tachi, Keiji Okada

    The 6th Awaji International Workshop on “Electron Spin Science & Technology: Biological and Materials Science Oriented Applications” (6th AWEST 2019)  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Awaji Yumebutai International Conference Center, Awaji Island, Japan  

  • トリオキシトリフェニルアミンのモノイミノ類似体の合成と性質 国内会議

    横山 直希、岡田 惠次、小嵜 正敏

    日本化学会第99春季年会  2019年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:甲南大学 岡本キャンパス  

  • Synthesis and properties of isoquinacridone derivatives with pyridine rings 国内会議

    Chihiro Hori, Masatoshi Kozaki, Yoshimitsu Tachi

    日本化学会第99春季年会  2019年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:甲南大学 岡本キャンパス  

  • Synthesis and Properties of Dinuclear Copper Complex with Unsymmetric Coordination Environment 国内会議

    Yasunari Kamada, Masatoshi Kozaki, Yoshimitsu Tachi

    日本化学会第99春季年会  2019年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:甲南大学 岡本キャンパス  

  • Synthesis and Properties of Unsymmetrical Dinuclear Copper Complex 国際会議

    Yasunari Kamada, Masatoshi Kozaki, and Yoshimitsu Tachi

    The 10th OCARINA International Meeting  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪市立大学  

  • Synthesis and Properties of Ortho-bridged Triphenylamines by Two Oxygens and Sulfur or Nitrogen Atoms 国際会議

    Naoki Yokoyama, Nobuaki Tanaka, Masatoshi Kozaki, Daisuke Shiomi, Kazunobu Sato, Takeji Takui, and Keiji Okada

    The 10th OCARINA International Meeting  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪市立大学  

  • Synthesis and Properties of Condensed Phenoxazine Dimer 国際会議

    Takayuki Miyamae, Makoto Haraguchi, Yoshimitsu Tachi, Masatoshi Kozaki, and Keiji Okada

    The 10th OCARINA International Meeting  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪市立大学  

  • Regulation of catalytic activity of N-methylpyrrolidine by the stimulus-responsive zinc porphyrin receptor 国際会議

    Tomoaki Nishimura, Yoshito Sasaki, Yoshimitsu Tachi, Keiji Okada, and Masatoshi Kozaki

    The 10th OCARINA International Meeting  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪市立大学  

  • Regulation of catalytic activity of <i>N</i>-methylpyrrolidine by the stimulus-responsive zinc porphyrin receptor 国際会議

    Tomoaki Nishimura, Yoshito Sasaki, Yoshimitsu Tachi, Keiji Okada, Masatoshi Kozaki

    The 10th OCARINA International Meeting  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪市立大学  

  • デンドリマー多量体の合成、高次構造、性質 招待 国内会議

    小嵜 正敏、西岡 沙織、木村 僚、秋定 真弥、舘 祥光、鈴木 修一、岡田 惠次

    第12回有機π電子系シンポジウム  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:アクティプラザ琵琶  

  • 三点連結型フェノキサジン二量体の合成と性質 国内会議

    宮前 嵩之,原口 誠,鈴木 修一,舘 祥光,岡田 惠次,小嵜 正敏

    第12回有機π電子系シンポジウム  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:アクティプラザ琵琶  

  • 分子刺激応答性亜鉛ポルフィリンレセプターの機能制御 国内会議

    西村 知晃,佐々木 義人,舘 祥光,岡田 惠次,小嵜 正敏

    第12回有機π電子系シンポジウム  2018年11月  有機π電子学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:アクティプラザ琵琶  

  • 含窒素ピレン類の短段階合成と物性 国内会議

    大村 祐太,舘 祥光,岡田 惠次,小嵜 正敏

    第12回有機π電子系シンポジウム  2018年11月  有機π電子学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:アクティプラザ琵琶  

  • 非対称型活性酸素種を活用した触媒開発を目的とする二核銅錯体の合成 国内会議

    鎌田 泰成,小嵜 正敏,舘 祥光

    第8回CSJ化学フェスタ2018  2018年10月  日本化学会

     詳細を見る

    開催地:タワーホール船堀  

  • 含窒素ピレン類の合成と性質 国内会議

    大村 祐太,舘 祥光,岡田 惠次,小嵜 正敏

    第29回基礎有機化学討論会  2018年09月  基礎有機化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工業大学 大岡山キャンパス  

  • 可溶性ビス(トリオキシトリフェニルアミン)誘導体の合成と性質 国内会議

    下出 健人,鈴木 修一,小嵜 正敏,岡田 惠次

    日本化学会第98春季年会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Synthesis and Properties of Trioxytriphenylamine Monothio- and Monoimino- Analogues 国内会議

    Naoki Yokoyama, Nobuaki Tanaka, Shuichi Suzuki, Masatoshi Kozaki, Daisuke Shiomi, Kazunobu Sato, Takeji Takui Keiji Okada

    日本化学会第98春季年会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Synthesis and Properties of 1,1',9,9',10,10'-biphenoxazine 国内会議

    Takayuki Miyamae, Makoto Haraguchi, Shuichi Suzuki, Yoshimitsu Tachi, Masatoshi Kozaki, Keiji Okada

    日本化学会第98春季年会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 擬一次元有機伝導体 (TTT)2I3+δ (δ < 0.1) の熱電性能指数の試料依存性 国内会議

    吉野 治一,長谷川 祥史,黒田 菜月,田中 里佳,小嵜 正敏

    第65回応用物理学会春季学術講演会  2018年03月 

  • Synthesis, Properties, and Reactivities of (Nitronyl Nitroxide-2-ide)Copper Complex Bearing Phenanthroline ligand 国際会議

    Kiyomi Yamada, Shuichi Suzuki, Masatoshi Kozaki, and Keiji Okada

    The 9th OCARINA International Meeting, Joint mini-symposiums on Structural Biology and Catalysis  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • The Allosteric Receptor Containing a Zn-porphyrin and a Recognition Site for a Photo-responsive Stimulus Molecule 国際会議

    Chisato Okamoto, Yoshimitsu Tachi, Shuichi Suzuki, Keiji Okada, and Masatoshi Kozaki

    The 9th OCARINA International Meeting, Joint mini-symposiums on Structural Biology and Catalysis  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Allosteric effect of a zinc porphyrin receptor with sterically bulky shielding unit 国際会議

    Tomoaki Nishimura, Yoshito Sasaki, Yoshimitsu Tachi, Keiji Okada, and Masatoshi Kozaki

    The 9th OCARINA International Meeting, Joint mini-symposiums on Structural Biology and Catalysis  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • The Short Step Synthesis and Properties of Triazapyrene Derivatives 国際会議

    Yuta Omura, Yoshimitsu Tachi, Keiji Okada, and Masatoshi Kozaki

    The 9th OCARINA International Meeting, Joint mini-symposiums on Structural Biology and Catalysis  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Synthesis of Soluble Bis(trioxytriphenylamine) Derivatives 国際会議

    Kento Shimode, Shuichi Suzuki, Masatoshi Kozaki, and Keiji Okada

    The 9th OCARINA International Meeting, Joint mini-symposiums on Structural Biology and Catalysis  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Polynuclear [(Nitronyl nitroxide)-2-ide](arylphosphine)gold(I) Complexes 招待 国際会議

    Keiji Okada, Sayaka Kira, Shuichi Suzaki, Kazunobu Sato, Takeji Takui, Masatoshi Kozaki

    The 11th Japanese-Russian International Workshop on Open Shell Compounds and Molecular Spin Devices  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Structure and Magnetic Properties of Triangular Iminonitroxide-gold(I) Complex 国際会議

    Kohei Yoshida, Tomoyuki Wada, Shuichi Suzuki, Masatoshi Kozaki, Daisuke Shiomi, Kazunobu Sato, Takeji Takui, Yota Miyake, Yuko Hosokoshi, Keiji Okada

    The 11th Japanese-Russian International Workshop on Open Shell Compounds and Molecular Spin Devices  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • トリアザピレン誘導体の合成と性質 国内会議

    大村 祐太,舘 祥光,岡田 惠次,小嵜 正敏

    第27回基礎有機化学討論会  2017年09月  基礎有機化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学 伊都キャンパス  

  • かさ高い遮蔽部を持つ亜鉛ポルフィリンレセプターの分子刺激応答性 国内会議

    西村 知晃,佐々木 義人,舘 祥光,岡田 惠次,小嵜 正敏

    第27回基礎有機化学討論会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 共役鎖内包型デンドリマー三量体の高次構造変化 国内会議

    小嵜 正敏,木村 僚,秋定 真弥,鈴木 修一,岡田 惠次

    第27回基礎有機化学討論会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非極性溶媒中におけるジフェニレンエチニレンベンゼン架橋D-A 二元系の電荷分離状態の短寿命化メカニズム 国内会議

    木本 健嗣,堀越 敬史,鈴木 修一,小嵜 正敏,岡田 惠次,岩村 宗高,野崎 浩一

    2017年光化学討論会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ポルフィリン-軸配位子結合のアロステリック制御 招待 国内会議

    小嵜 正敏

    錯体化学若手の会 第56回近畿支部勉強会  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Stable Polycyclic Systems Containing an Quinodimethane skeleton 招待 国際会議

    Chihiro Sato, Masatoshi Kozaki*, Shuichi Suzuki, and Keiji Okada

    The 20th Osaka City University (OCU) International Conference on Molecular Spins and Quantum Technology  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪市立大学  

  • Construction and Functionalization of Novel π-Conjugated Materials 招待 国際会議

    Masatoshi Kozaki, Shuichi Suzuki, and Keiji Okada

    The 2015 OCARINA Annual International Meeting  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Osaka City University  

  • 2,11-Dibromo-13,14-dimesityl- 5,8-dioxapenthaphene: Stable and Twisting Polycyclic System Containing an o-Quinodimethane Skeleton 招待 国際会議

    Chihiro Sato, Masatoshi Kozaki*, Shuichi Suzuki, and Keiji Okada

    The 9th Japanese-Russian Workshop on Open Shell Compounds and Molecular Spin Devices  2015年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Awaji Yumebutai International Conference Center, Awaji Island, Japan  

  • Construction of Well-organized Assemblies of Dendrimers 招待 国際会議

    Masatoshi Kozaki*, Saori Nishioka, Shiro Morita, Shuichi Suzuki, and Keiji Okada

    The Collaborative Conference on 3D & Materials Research (CC3DMR) 2015  2015年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Busan, South Korea  

  • Construction, Functionalization, and Organization of Dendrimer with Conjugated Backbones 招待 国際会議

    Masatoshi Kozaki, Shuichi Suzuki, Keiji Okada

    The 4th International Conference on Nanotek and Expo  2014年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:DoubleTree by Hilton Hotel San Francisco Airport, San Francisco, USA  

  • 共役鎖内包型デンドリマーの合成,集積,光機能探索 招待 国内会議

    小嵜正敏,鈴木修一,岡田惠次

    第16回機能性分子シンポジウム  2013年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:筑波大学  

  • 共役鎖内包型デンドリマーの合成,集積,機能探索 招待 国内会議

    小嵜正敏,鈴木修一,岡田惠次

    日本学術振興会142委員会ABC合同研究会  2012年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京理科大学  

  • Preparation and Application of Dendrimers with Conjugated Backbones 招待 国際会議

    Massatoshi Kozaki, Kogen Akita, Atsuhiro Uetomo, Shirou Morita, Shuichi Suzuki, Keiji Okada

    The 1st International Conference on Emerging Advanced Nanomaterials  2012年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Brisbane, Australia  

  • 共役鎖内包型デンドリマーの合成と応用 招待 国内会議

    小嵜正敏

    構造有機化学若手の会  2009年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:加太,和歌山  

  • 共役鎖内包型デンドリマーの合成と応用 招待 国内会議

    小嵜正敏

    プラットホーム関西シンポジウム  2009年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪府立大学  

▼全件表示

産業財産権等

  • 銅錯体化合物、銅錯体化合物の製造方法、医療診断用蛍光色素、太陽電池、並びに、発光素子

    岡田惠次、小嵜正敏、鈴木修一、神原隆介、植野光代、石山 泰

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2013-110756 

    公開番号:特開2014-227408 

    公表番号:特開2014-227408 

  • 銅錯体化合物、銅錯体化合物の製造方法、医療診断用蛍光色素、太陽電池、並びに、発光素子

    岡田惠次, 小嵜正敏, 鈴木修一, 神原隆介, 植野光代, 石山 泰

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2013-110756 

    公開番号:特開2014-227408 

    公表番号:特開2014-227408 

  • ジヒドロフェナジン誘導体を陽極バッファー層に含有する有機電界発光素子

    藤下雄一、内田 学、菊川伸午、岡田惠次、小嵜正敏、岡本敏宏

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2002-307189 

    公開番号:特開2004-146110 

    公表番号:特開2004-146110 

  • 非対称ジヒドロフェナジン誘導体及びその製造方法

    岡本敏宏、小嵜正敏、岡田惠次

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2002-262360 

    公開番号:特開2004-99496 

    公表番号:特開2004-99496 

  • ジアザペンタセン誘導体を含有する電荷輸送材料、発光材料およびこれらを用いた有機電界発光素子

    内田 学、王 国防、中野隆治、古川顕治、岡田惠次、小嵜正敏

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:P2002-508872 

    公開番号:WO02/005599 

    公表番号:WO02/005599 

  • Use of molecular electrostatic potential to process electronic signals

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:US19990360814 

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 高機能性ナノカプセルの構築

    2003-

     詳細を見る

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:共同研究  

    活用分野・応用方法等:基板と分子を結合させることにより、従来よりもさらに小さなピコメータースケールの構造を基板上に作ることが可能となる。

    中核となる知識・技術・情報等:巨大分子システムの合成

    予測される波及効果:単分子デバイス

    詳細説明:現在の微細加工技術、無機半導体技術は、将来的に非常に多くの問題(環境、経済性、物理的限界など)を抱えている。この問題を解決する方法のひとつに単一分子を機能性材料として用いることが検討されている。しかし、現在研究対象とされている分子のサイズは非常に小さく基板との接続に関してはまだ多くの問題がある。本研究では、分子のサイズを大きくするボトムアップのアプローチによりこの問題を解決することを目標としている。そのために効率の高い巨大分子合成法の開発を行う。現在、一次元の単分子ワイヤーに関してはすでに長さがマイクロメーターのものまで作られている。しかし、3時限的な構造を持つ分子の構築にはより高度な合成技術が必要となってくる。微細加工技術の目標を機能性分子のサイズとすれば、分子のサイズを一桁大きくすることがこの目標をより近くすることになる。リソグラフィーによる加工限界を一桁小さくするためにかかるコストを考えると、これがいかに重要か理解できる。特に本研究ではカプセル型の分子を研究対象とし、このカプセルにより分子と基板上の微小金属端子をつなぐことを目指している。また、このカプセルは将来、不安定分子の貯蔵、運搬や分子素子などの高機能性分子を外部空間より隔離することに応用できる。

    有機合成はナノスケール構造体を作る優れた技術である。しかし、分子があまりにも小さいため、バルクな基板との接続が困難である。このサイズギャップの問題をボトムアップアプローチにより解決することを目指す。

科研費

  • デンドリマー三量体のフォールディングによる精密ナノ構造の創出と機能発現

    基盤研究(C)  2022年04月

  • デンドリマー三量体のフォールディングによる精密ナノ構造の創出と機能発現

    基盤研究(C)  2020年04月

  • グラフェンフラグメントへの窒素原子ドーピングによる n 型有機半導体の開発

    基盤研究(C)  2017年04月

  • デンドリマー型元素ブロック高分子の構築と機能探索

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2013年04月

  • ポルフィリン精密集積による光合成モデル分子デバイスの開発

    基盤研究(B)  2011年04月

  • デンドリマー自己組織化による機能性人工膜の作製

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2007年04月

  • デンドリマー集積による共役ネットワーク構築とその特性

    特定領域研究  2006年04月

  • 機能連動型デンドリマーに関する研究

    基盤研究(C)  2005年04月

  • 円錐型基板接続部を持つ単分子ワイヤーの開発

    若手研究(B)  2002年04月

▼全件表示

その他補助金等

  • ヘテロ原子ドーピング法によるグラフェンフラグメントの電子状態チューニングと溶液プロセスでのデバイス作製

    大学  2017年04月

研究員受入実績

  • 2022年度  研究員数:1名

担当教育概要

  • 有機化学の基礎知識の習得を目指す。

担当授業科目

  • 化学特別研究3A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習3A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究1A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 研究企画ゼミナール

    2022年度   集中講義   大学院

  • 基幹有機化学

    2022年度   集中講義   大学院

  • 有機化学1

    2022年度   週間授業   大学

  • 化学特別演習3B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究3B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究3 (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • プロポーザルディフェンス (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究1 (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子化学特論B

    2022年度   週間授業   大学院

  • 化学特別演習1B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究1B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 前期海外特別研究2(物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学演習(M1)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学演習(M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学演習(M1)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学前期特別研究 II(M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学前期特別研究 I(M1)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学演習(M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期海外特別研究1(物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究(D2物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 特別指導論

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学ゼミナール

    2022年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学ゼミナール

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究(D3物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究(化学)

    2022年度   集中講義   大学

  • 化学実験Ⅲ

    2022年度   週間授業   大学

  • 特別研究(化学)

    2022年度   集中講義   大学

  • 化学実験S

    2022年度   集中講義   大学

  • 機能分子科学演習

    2021年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール

    2021年度     大学院

  • 創成分子科学ゼミナール

    2021年度     大学院

  • 創成分子科学演習

    2021年度     大学院

  • 前期特別研究

    2021年度     大学院

  • 化学実験Ⅲ

    2021年度     大学

  • 特別研究

    2021年度     大学

  • 後期特別研究

    2021年度     大学院

  • 基幹有機化学

    2021年度     大学院

  • 基礎化学実験 I

    2021年度     大学

  • 有機化学1

    2021年度     大学

  • 化学実験S

    2021年度     大学

  • 有機化学1

    2020年度     大学

  • 基礎化学実験 I

    2020年度     大学

  • 基幹有機化学

    2020年度     大学院

  • 後期特別研究

    2020年度     大学院

  • 特別研究

    2020年度     大学

  • 海外特別研究(化学)

    2020年度     大学院

  • 創成分子科学ゼミナール

    2020年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール

    2020年度     大学院

  • 前期特別研究

    2020年度     大学院

  • 創成分子科学演習

    2020年度     大学院

  • 化学実験Ⅲ

    2020年度     大学

  • 化学実験S

    2020年度     大学

  • 後期特別研究

    2019年度     大学院

  • 特別指導論

    2019年度     大学院

  • 創成分子科学ゼミナール

    2019年度     大学院

  • 前期特別研究

    2019年度     大学院

  • 創成分子科学演習

    2019年度     大学院

  • 創成有機分子科学特論 Ⅰ

    2019年度     大学院

  • 特別研究(化学)

    2019年度     大学

  • 化学実験Ⅲ

    2019年度     大学

  • 有機化学4

    2019年度     大学

  • 有機化学2

    2019年度     大学

  • 基礎化学実験 I

    2019年度     大学

  • 有機化学2

    2018年度     大学

  • 有機化学4

    2018年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅱ

    2018年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2018年度     大学

  • 化学実験Ⅲ

    2018年度     大学

  • 特別研究

    2018年度     大学

  • 特別指導論

    2018年度     大学院

  • 前期特別研究

    2018年度     大学院

  • 創成分子化学演習

    2018年度     大学院

  • 化学実験Ⅲ

    2017年度     大学

  • 構造有機化学

    2017年度     大学

  • 特別研究

    2017年度     大学

  • 化学の世界

    2017年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2017年度     大学

  • 化学実験Ⅲ

    2016年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2016年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2015年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2014年度     大学

  • 構造有機化学

    1900年度     大学

  • 基礎有機化学Ⅱ

    1900年度     大学

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 化学の世界

    機関名:大阪市立大学

  • 構造有機化学

    機関名:大阪市立大学

  • 有機化学

    機関名:大阪市立大学

  • 基礎有機化学

    機関名:大阪市立大学

  • 基礎化学実験

    機関名:大阪市立大学

  • 化学実験(有機実験)

    機関名:大阪市立大学

▼全件表示

FD活動

  • FD活動への貢献  2017年度

     詳細を見る

    FD研究会(11月2日)、第19回教育支援のためのFDワークショップ(12月19日)参加

所属院生等の論文発表集計

  • 2022年度

    学部・学域生発表数:1件  所属大学院生発表数:4件

論文・研究指導集計

  • 2022年度

    卒業論文指導数:2名  卒業論文審査数:2件

    博士前期課程学生指導数:3名  博士後期課程学生指導数:1名

    修士論文審査数(主査):3件  修士論文審査数(副査):3件

    博士論文審査数(主査):1件  博士論文審査数(副査):1件

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:特定のオフィスアワーは設けていないが常に質問を受け付けている。

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:化学科三年生のクラス担任として学習相談、学習指導を実施した。

  • 2021年度

      詳細を見る

    独自項目:特定のオフィスアワーは設けていないが常に質問を受け付けている。

  • 2021年度

      詳細を見る

    独自項目:科学技術振興機構さくらサイエンスプランオンラインプログラムを独自財源で実施した。

  • 2021年度

      詳細を見る

    独自項目:化学科二年生のクラス担任として学習相談、学習指導を実施した。

  • 2020年度

      詳細を見る

    独自項目:化学科一年生のクラス担任および化学科主任として学習相談、学習指導を実施した。

  • 2020年度

      詳細を見る

    独自項目:特定のオフィスアワーは設けていないが常に質問を受け付けている。

  • 2020年度

      詳細を見る

    独自項目:科学技術振興機構さくらサイエンスプランを申請し採択された。

  • 2019年度

      詳細を見る

    独自項目:科学技術振興機構さくらサイエンスプランの支援を受けて「地球・生活を救う環境科学人材を育む研究教育の体験と交流」を実施主担当者 として実施した。

  • 2019年度

      詳細を見る

    独自項目:大阪市立大学の特色となる教育体制への支援事業の支援を受けて「研究科横断型での国際化教育推進による科学技術人材育成」を代表者として実施した。

  • 2019年度

      詳細を見る

    独自項目:特定のオフィスアワーは設けていないが常に質問を受け付けている。

  • 2018年度

      詳細を見る

    独自項目:理学研究科英語修了コース設置準備に将来計画委員として貢献した。

  • 2018年度

      詳細を見る

    独自項目:特定のオフィスアワーは設けていないが常に質問を受け付けている。

  • 2018年度

      詳細を見る

    独自項目:大阪市立大学 化学セミナー 講師、一時間

  • 2017年度

      詳細を見る

    独自項目:理学研究科英語修了コース設置準備に将来計画委員として貢献した。

  • 2017年度

      詳細を見る

    独自項目:特定のオフィスアワーは設けていないが常に質問を受け付けている。

  • 2017年度

      詳細を見る

    独自項目:日本化学工業協会「化学人材育成プログラム」の実施に貢献した。

▼全件表示

社会貢献活動

  • 海外サイエンスフェアへの高校生派遣

    役割:企画, 運営参加・支援

    高校化学グランドコンテスト総括事業委員会  2022年10月 - 2023年02月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    参加者数:9(人)

  • 海外サイエンスフェアへの高校生派遣

    役割:企画, 運営参加・支援

    高校化学グランドコンテスト総括事業委員会  2022年10月 - 2023年02月

  • 高校化学グランドコンテスト事業総括

    役割:運営参加・支援

    高校化学グランドコンテスト総括事業委員会  2022年05月 - 継続中

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:その他

  • 高校化学グランドコンテスト事業総括

    役割:運営参加・支援

    高校化学グランドコンテスト総括事業委員会  2022年05月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:その他

  • 第17回高校化学グランドコンテスト

    役割:取材協力, 企画, 運営参加・支援, 報告書執筆

    大阪市立大学,横浜市立大学,読売新聞社  大阪市立大学  2021年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:400(人)

  • 第17回高校化学グランドコンテスト

    役割:取材協力, 企画, 運営参加・支援, 報告書執筆

    大阪市立大学,横浜市立大学,読売新聞社  大阪市立大学  2021年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 海外国際サイエンスフェアー参加高校生選抜・参加支援

    役割:助言・指導, 情報提供, 運営参加・支援

    シンガポール・ホァーチョンインスティチューション、国立台湾科学教育センター  2020年10月 - 2021年03月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    参加者数:12(人)

    シンガポールのホァーチョンインスティチューション主催 International Science Youth Forum, Digital @ Singapore 2021(一校、教員1名、生徒2名参加),国立台湾科学教育センター主催 Taiwan International Science Fair 2021 (TISF2021)(二校、教員3名、高校生6名)に参加する高校生を選抜し参加支援を実施した.TISF2021では福島成蹊高等学校がEnvironmental Engineering部門3等賞,宮城県仙台第三高等学校がChemistry部門3等賞を受賞した.

  • 海外国際サイエンスフェアー参加高校生選抜・参加支援

    役割:助言・指導, 情報提供, 運営参加・支援

    シンガポール・ホァーチョンインスティチューション、国立台湾科学教育センター  2020年10月 - 2021年03月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者

    種別:その他

    シンガポールのホァーチョンインスティチューション主催 International Science Youth Forum, Digital @ Singapore 2021(一校、教員1名、生徒2名参加),国立台湾科学教育センター主催 Taiwan International Science Fair 2021 (TISF2021)(二校、教員3名、高校生6名)に参加する高校生を選抜し参加支援を実施した.TISF2021では福島成蹊高等学校がEnvironmental Engineering部門3等賞,宮城県仙台第三高等学校がChemistry部門3等賞を受賞した.

  • 高校化学グランドコンテストオンライン配信活動

    役割:講師, 企画, 運営参加・支援

    大阪市立大学  2020年04月 - 2021年03月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般

    種別:インターネット

  • 高校化学グランドコンテストオンライン配信活動

    役割:講師, 企画, 運営参加・支援

    大阪市立大学  2020年04月 - 2021年03月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般

    種別:インターネット

  • 第16回高校化学グランドコンテスト

    役割:取材協力, 企画, 運営参加・支援, 報告書執筆

    大阪市立大学,名古屋市立大学,横浜市立大学,読売新聞社  大阪市立大学  2019年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:400(人)

  • 第16回高校化学グランドコンテスト

    役割:取材協力, 企画, 運営参加・支援, 報告書執筆

    大阪市立大学,名古屋市立大学,横浜市立大学,読売新聞社  大阪市立大学  2019年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 模擬講義(熊本北高等学校)講師

    役割:講師

    大阪市立大学  大阪市立大学 理学研究科  2018年09月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:50(人)

    模擬講義(熊本北高等学校)講師

  • 模擬講義(熊本北高等学校)講師

    役割:講師

    大阪市立大学  大阪市立大学 理学研究科  2018年09月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

    模擬講義(熊本北高等学校)講師

  • 第15回高校化学グランドコンテスト

    役割:企画, 運営参加・支援

    大阪市立大学、名古屋市立大学、横浜市立大学、読売新聞社  第15回高校化学グランドコンテスト  名古屋市立大学  2018年04月 - 2018年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般

    種別:フェスティバル

    参加者数:600(人)

    実行委員として高校化学グランドコンテストの開催に貢献した。

  • 第14回高校化学グランドコンテスト

    役割:企画, 運営参加・支援

    大阪市立大学、名古屋市立大学、横浜市立大学、読売新聞社  第15回高校化学グランドコンテスト  2017年04月 - 2017年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般

    種別:フェスティバル

    参加者数:600(人)

    第14回高校化学グランドコンテスト実行委員、一次審査委員、ポスター審査員、研究サポート(清水東高等学校、豊橋東高等学校、飯山高等学校)

  • 第13回高校化学グランドコンテスト

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学、名古屋市立大学、横浜市立大学、読売新聞社  2016年

     詳細を見る

    種別:フェスティバル

▼全件表示

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 身の回りで活躍する最先端機能性有機分子

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:高校生, 大学生

    有機分子は最先端の電子材料として注目されています。高校化学からすこし背伸びをすることで、最先端機能性有機分子が働く仕組みを理解することができます。有機発光性素子、有機半導体、有機太陽電池の仕組みを簡単に解説します。

  • 香りを感じて生き物たちの世界を化学の目で見つめよう!

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:高校生

    私たちの周りにはさまざまな香りがあります。香りの分子に注目することで、自然の中の隠された神秘をのぞき見ることができます。自然の中では生き物たちが、化学物質の特性をいかして巧みに利用しています。香りの分子を用いて昆虫や植物と会話することができます。また、私たちを含めて生物の体の中でも、分子を使用した情報交換が行われています。化学を学び、化学物質を知ることで、いまだに明らかにされていない自然の神秘を解明できます。

学術貢献活動

  • 論文査読

    役割:査読

    2022年12月

     詳細を見る

    種別:査読等 

外国人受入実績

  • 2023年度

    留学生受入数 :1名

国際交流活動

  • 「JSTサクラサイエンスプラン」の支援を受けて台湾、シンガポールから高校生及び高校教員を本学に招へいした。

    活動区分 :社会貢献

    活動国 :Taiwan, Singapore   2019年10月

役職

  • 部局内役職

    理学部 

    副学部長  2022年04月 - 継続中

  • 部局内役職

    大学院理学研究科 

    副研究科長  2022年04月 - 継続中

  • 部局内役職

    大学院理学研究科 

    副研究院長  2022年04月 - 継続中

その他

  • 職務経歴

    2015年04月

      詳細を見る

    大阪市立大学 教授

  • 職務経歴

    2007年

      詳細を見る

    大阪市立大学 准教授

  • 職務経歴

    2006年

      詳細を見る

    大阪市立大学 助教授

  • 職務経歴

    1999年

      詳細を見る

    大阪市立大学 講師

  • 職務経歴

    1997年 - 1999年

      詳細を見る

    大阪市立大学 助手