Updated on 2023/04/19

写真a

 
ISHITA Saeko
 
Organization
Graduate School of Literature and Human Sciences Department of Human Behavioral Sciences Professor
School of Literature and Human Sciences Department of Human Behavioral Sciences
Title
Professor
Affiliation
Institute of Literature and Human Sciences
Affiliation campus
Sugimoto Campus

Position

  • Graduate School of Literature and Human Sciences Department of Human Behavioral Sciences 

    Professor  2022.04 - Now

  • School of Literature and Human Sciences Department of Human Behavioral Sciences 

    Professor  2022.04 - Now

Degree

  • Doctor of Sociology ( University of Tsukuba )

  • Master of Sociology ( University of Tsukuba )

Research Areas

  • Humanities & Social Sciences / Sociology  / Visual Sociology

  • Humanities & Social Sciences / Sociology  / メディア文化研究

  • Humanities & Social Sciences / Sociology  / 知識社会学

Research Interests

  • 映像社会学

  • Media & Cultural Studies

  • 知識社会学

  • アーカイブ

Research subject summary

  • television cultures (television archives) ; visual sociology; and contemporary cultural studies.

Research Career

  • Public Archiving of Television Cultures

    Archive  Joint Research in Japan

    2010.04 - Now 

  • Methods and Practices on Television Studies at the Globalization Age.

    Television, Text Analysis, Globalization  International Joint Research

    2003.04 - Now 

  • Cultural Theories and Contemporary Cultural Studies

    Contemporary Cultural Studies  Individual

    2003.04 - Now 

Professional Memberships

  • Japan Association for Media, Journalism and Communication Studies; JAMS

    1988.09 - Now

  • The Japan Sociological Society

    1986.05 - Now

  • British Sociological Association

    1993.12 - Now

  • Association for Cultural Studies

    2014.09 - Now

  • Kansai Sociological Association

    2006.05 - Now

Committee Memberships (off-campus)

  • 審査委員   第10回ATP上方番組大賞  

    2022.11 - 2023.01 

  • 学会誌臨時査読委員   日本社会学会  

    2022.10 - 2023.03 

  • 審査委員(メイン審査の部)   地方の時代映像祭  

    2022.04 - 2023.03 

  • 審査委員   第9回ATP上方番組大賞  

    2021.11 - 2022.01 

  • 社会学教育委員   日本社会学会  

    2021.09 - 2024.08 

  • 総務担当理事 渉外・会計   日本メディア学会(日本マス・コミュニケーション学会から改称)  

    2021.07 - 2023.06 

  • 審査委員(市民・学生の部)   地方の時代映像祭  

    2021.04 - 2022.03 

  • 審査委員   第8回ATP上方番組大賞  

    2020.11 - 2021.01 

  • 審査委員   第7回ATP上方番組大賞  

    2019.11 - 2020.01 

  • 審査委員(市民・学生の部)   地方の時代映像祭  

    2019.04 - 2020.03 

  • 専門委員・副主査   文部科学省 大学設置・学校法人審議会 大学設置分科会 社会学専門委員会  

    2018.11 - 2019.10 

  • 中央審議委員   審議会・政策研究会等の委員会  

    2018.04 - 2019.03 

      More details

    日本民間放送連盟・民放連盟賞中央審議委員

  • テレビ教養部門 審査員   審議会・政策研究会等の委員会  

    2018.04 - 2019.03 

      More details

    日本民間放送連盟賞 九州・沖縄地区審査会

  • 専門委員   文部科学省 大学設置・学校法人審議会 大学設置分科会 社会学専門委員会  

    2017.11 - 2018.10 

  • 選定委員   大阪市  

    2017.04 - 2018.03 

      More details

    区役所広報担当職員に対する研修事業 選定委員会

  • 中央審議委員   審議会・政策研究会等の委員会  

    2017.04 - 2018.03 

      More details

    日本民間放送連盟・民放連盟賞中央審議委員

  • 有識者委員   大阪市  

    2017.04 - 2018.03 

      More details

    具体美術協会関係資料データベース化事業有識者会議

  • 日本マス・コミュニケーション学会理事   日本マス・コミュニケーション学会  

    2015.09 - 2017.08 

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2014.04 - 2015.03 

      More details

    日本民間放送連盟・民放連盟賞中央審議委員

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2014.04 - 2015.03 

      More details

    NHKアーカイブスの学術利用に向けたトライアル研究実行委員

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2013.04 - 2014.03 

      More details

    NHKアーカイブスの学術利用に向けたトライアル研究実行委員

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2013.04 - 2014.03 

      More details

    大阪市都市計画審議会委員

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2013.04 - 2014.03 

      More details

    日本民間放送連盟・民放連盟賞中央審議委員

  • 中央審議委員   日本民間放送連盟・民放連盟賞  

    2013 - 2016 

  • 国際日本文化研究センター共同研究員   国際日本文化研究センター  

    2013 - 2016 

  • 社会学評論(学会誌)編集委員   日本社会学会  

    2013 - 2015 

      More details

    日本社会学会

  • 学会賞推薦委員   日本社会学会  

    2013 - 2014 

      More details

    日本社会学会

  • -   学会誌等の編集・審査委員会  

    2012.12 

      More details

    日本社会学会 社会学評論 編集委員

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2012.04 - 2013.03 

      More details

    NHKアーカイブスの学術利用に向けたトライアル研究実行委員

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2012.04 - 2013.03 

      More details

    大阪市都市計画審議会委員

  • 共同研究員   国際日本文化研究センター  

    2012 

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2011.04 - 2012.03 

      More details

    NHKアーカイブスの学術利用に向けたトライアル研究実行委員

  • -   文部科学省・日本学術振興会等による事業の審査委員会  

    2011.04 - 2012.03 

      More details

    文部科学省大学設置・学校法人審議会大学設置分科会社会学専門委員会委員

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2011.04 - 2012.03 

      More details

    大阪市都市計画審議会委員

  • 招聘研究員   京都精華大学  

    2011 - 2015 

  • 学会賞選考委員   日本社会学会  

    2011 - 2012 

      More details

    日本社会学会

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2010.04 - 2011.03 

      More details

    NHKアーカイブスの学術利用に向けたトライアル研究実行委員

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2010.04 - 2011.03 

      More details

    日本民間放送連盟・民放連盟賞中央審議委員

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2010.04 - 2011.03 

      More details

    大阪市広報報道アドバイザー委員

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2010.04 - 2011.03 

      More details

    大阪市都市計画審議会委員

  • -   学会誌等の編集・審査委員会  

    2010.04 

      More details

    関西社会学会 『フォーラム現代社会学』編集委員(副編集長)(2010-2012年度)

  • 理事   関西社会学会  

    2010 - 2012 

      More details

    編集委員会担当

  • 研究活動委員   日本社会学会  

    2010 - 2012 

      More details

    日本社会学会

  • 理事、学会誌編集委員   関西社会学会  

    2010 - 2012 

      More details

    関西社会学会

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2009.04 - 2010.03 

      More details

    NHKアーカイブスの学術利用に向けたトライアル研究実行委員

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2009.04 - 2010.03 

      More details

    大阪市広報報道アドバイザー委員

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2009.04 - 2010.03 

      More details

    日本民間放送連盟・民放連盟賞中央審議委員

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2008.04 - 2009.03 

      More details

    大阪市広報報道アドバイザー委員

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2008.04 - 2009.03 

      More details

    日本民間放送連盟・民放連盟賞中央審議委員

  • -   学会誌等の編集・審査委員会  

    2008.03 

      More details

    社会学研究会 『ソシオロジ』編集委員(2008-2011年度)

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2007.04 - 2008.03 

      More details

    日本民間放送連盟・民放連盟賞中央審議委員

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2007.04 - 2008.03 

      More details

    大阪市広報報道アドバイザー委員

  • -   学会誌等の編集・審査委員会  

    2007.04 

      More details

    日本マス・コミュニケーション学会『マス・コミュニケーション研究』編集委員(2007-2009年度)

  • -   学会誌等の編集・審査委員会  

    2007.04 

      More details

    日本社会学会 社会学評論 専門委員(2007-2009年度)

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2006.04 - 2007.03 

      More details

    日本民間放送連盟・民放連盟賞中央審議委員

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2006.04 - 2007.03 

      More details

    放送倫理・番組向上機構番組委員会有識者委員

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2005.04 - 2006.03 

      More details

    日本民間放送連盟・民放連盟賞中央審議委員

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2004.04 - 2005.03 

      More details

    日本民間放送連盟・民放連盟賞中央審議委員

  • -   学会誌等の編集・審査委員会  

    2003.04 

      More details

    関西社会学会 『フォーラム現代社会学』専門委員(2003-2005年度)

  • -   学会誌等の編集・審査委員会  

    2001.04 

      More details

    日本社会学会 IJJS(学会英語誌)編集委員(2001-2006年度)

  • IJJS(英文学会誌)編集委員   日本社会学会  

    2001 - 2007 

  • 大会編成委員   アジア太平洋社会学会  

    2000 

  • 研究部会幹事   日本マス・コミュニケーション学会  

    1999 - 2003 

▼display all

Awards

  • 令和2年度優秀テキスト賞受賞

    石田佐恵子ほか

    2020.11   大阪市立大学教育講演会   『基礎ゼミ メディアスタディーズ』

  • 勤続30年功労賞

    石田佐恵子

    2019.09   公立大学法人大阪  

Job Career (off-campus)

  • 英国ウエストミンスター大学   客員教授

    2012.03 - 2012.09

  • アメリカ合衆国ノースイースタン大学   客員助教授

    2001.06 - 2001.10

  • Osaka City University

    2000.04 - Now

  • 英国ウェールズ大学カーディフ校   客員研究員

    1993.05 - 1994.01

  • Osaka City University   Faculty of Literature and Human Sciences

    1989.04 - 2000.03

  • University of Tsukuba

    1988.03 - 1989.03

  • Tsukuba University

    1988 - 1989

▼display all

Education

  • University of Tsukuba   Doctor's Course   Unfinished Course

    - 1988

  • University of Tsukuba   Bachelor's Course   Graduated/Completed

    - 1984

Papers

  • ワークショップ4 文化資源としてのポピュラー文化 Reviewed

    石田 佐恵子

    日本マス・コミュニケーション学会 マス・コミュニケーション研究   89 ( 0 )   127 - 128   2016

     More details

    Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)   Kind of work:Single Work  

    DOI: 10.24460/mscom.89.0_127

    CiNii Article

  • 映像を介して社会(学)を考える Reviewed

    石田 佐恵子

    社会学史研究   ( 37 )   27 - 45   2015.06

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • 企画・編集 《特集》映像アーカイブズを利用した質的調査の探求」「特集によせて」 Reviewed

    石田 佐恵子

    社会学評論   65-4 ( 260 )   454 - 464   2015.03

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • The Development of Moving Image Archives for Qualitative Research Reviewed

    ISHITA Saeko

    Kansai Sociological Association, Kansai Sociological Review   13 ( 0 )   133 - 143   2014( ISSN:1347-4057

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

    In this paper, we pick up some available moving image archives in Japan and abroad. We then discuss the problems and possibility of the moving image archive for qualitative research from three viewpoints: using / making / sharing. From the viewpoint of "using" the moving image archive, we examine the advantages and problems of the method. The advantages include the exploitation of research materials and perspectives, and the elaboration of the methodology. The problems include the newness of the methodology, misunderstanding about the range of context, and the entireness of materials. Next, from the viewpoint of "making" a moving image archive, the advantages and problems are also discussed. It is very instructive for research practice that researchers experience archive construction. In addition, from the utility of the archive, a design suitable for research could be expected. Thirdly, the difficulty of "sharing" moving image archives including law revision is very hard to solve at the moment. It is to grope for a way of fair use that researchers network, and academic societies are possible. Lastly, we mention the need for research methodology for the specialized genres of moving image archives, and the development possibility of qualitative research.

    DOI: 10.20791/ksr.13.0_133

    CiNii Article

  • Collecting, Sharing, and Consuming Cultures: On Popular Culture Museums

    An International Symposium : "The New Current of Cultural Consumption in East Asia”, The Seoul National University Asia Center   2013.09

     More details

    Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Kind of work:Single Work  

  • テレビ映像資料の収集と保存に関する実践的研究 —311テレビアーカイブ・プロジェクトの事例から—

    岩谷洋史

    大阪市立大学文学研究科   63   109 - 132   2012.03

     More details

    Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • ビジュアルデータ・アーカイブズを用いた二次分析の可能性 〜テレビ番組・CMアーカイブを中心に〜 

    -

    社会調査協会   ( 8 )   54 - 63   2012.03

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • Moving Images and Societies : Frontiers of visual sociology Invited Reviewed

    Ishita Saeko

    The Japan Sociological Society, Japanese sociological review   60 ( 1 )   7 - 24   2009.06( ISSN:00215414

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

    The postmodern society is often characterized by overwhelming visual cultures. Here, we introduce sociology to deal with visual cultures and moving images; in other words, <i>the mobilized and "virtual" gaze</i>. We call this "visual sociology." Visual sociology is defined as the compound domain that regards the moving image as the method/object/practice of sociology. The interest in visual sociology has been gradually increasing since the 1980s. In the late 1990s, a series of visual studies after the cultural turn and the spread of digital tools effected together; as a result, more number of researchers began focusing on visual sociology. The visual studies after the cultural turn need to reconsider moving images as cultural constructs from the foundation.<br>In this article, I discuss the new frontiers of visual sociology, i.e., new research themes after the cultural turn. These research themes apply the sociological research practices to both the production and reading of visual images. I believe that both are consecutive matters. First, I examine various conditions in the sociological video-making, i. e., the production of visual images. I emphasize the mobility and fluidity of the subject to shoot sociological objects. Furthermore, I examine the methods concerning the sociological visual analysis. At the same time, I argue the transnational circulation and reception of visual images in the age of globalization.<br>Through pursuing this line of thought, I aim to achieve the following: (1)modify the ocular-centristic model on human beings in sociology; (2)introduce the models of various audiences and experiences of gendered bodies and not standardized bodies; and (3)open up standardized seeing and hearing experiences to the domain of broader bodily experiences.

    DOI: 10.4057/jsr.60.7

    CiNii Article

  • 映像資料の収集と保存をめぐる問題 −−デジタル化時代の映像社会学に向けての試論 Reviewed

    石田佐恵子・岩谷洋史

    都市文化研究   ( 12 )   81 - 94   2009.03

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • The Possibilities for the Public Archiving of Personal Video Collections(Potentialities for Media Studies of Broadcast Archives) Invited Reviewed

    ISHITA Saeko

    Japan Society for Studies in Journalism and Mass Communication, JOURNAL OF MASS COMMUNICATION STUDIES   75 ( 0 )   67 - 89   2009( ISSN:1341-1306

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

    DOI: 10.24460/mscom.75.0_67

    CiNii Article

  • 映像人類学とメディア研究のクロスロード(第30期第15回研究会(理論研究部会企画),研究会の記録(2006年3月〜2007年5月)) Reviewed

    石田 佐恵子

    日本マス・コミュニケーション学会 マス・コミュニケーション研究   72 ( 0 )   163 - 165   2008( ISSN:13411306

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

    DOI: 10.24460/mscom.72.0_163

    CiNii Article

  • 日本における韓流ブームのさまざまな語り手たち Invited

    石田佐恵子, 蔡源互訳

    Korean Cultural Law & Policy Review   1   123 - 156   2007.03

  • Difficulties of Generationism : Analyzing the Media Community Experience Invited Reviewed

    ISHITA Saeko

    Kansai Sociological Association, Kansai Sociological Review   6 ( 0 )   35 - 44   2007( ISSN:13474057

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

    Media cultures in contemporary societies are highly subdivided and diversified. Given this situation, who could observe the culture belonging to a particular generation? To date, many sociologists and scholars have discussed youth culture or subculture as the cultures of a particular generation. Yet, these may have only been phenomena that media commodities and the market created at a particular time. In this article, I will consider the difficulties faced by generationism from the cultural studies perspective. In addition, I will discuss the methodological possibility of analyzing the common media experience by generation.

    DOI: 10.20791/ksr.6.0_35

    CiNii Article

  • 移動する媒体と経験の速度 Reviewed

    石田 佐恵子

    社会学研究会 ソシオロジ   50 ( 2 )   139 - 147   2005( ISSN:0584-1380

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

    DOI: 10.14959/soshioroji.50.2_139

    CiNii Article

  • ファッション・チェックと有名性支配の時代 Reviewed

    石田佐恵子

    『DRESSTUDY』京都服飾文化研究財団   ( 47 )   11 - 17   2005

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • "Sacred Families" in Japanese Tabloid Television

    Urban Culture: Traditional and Contemporary   1   62 - 77   2003

     More details

    Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Kind of work:Single Work  

  • テレビ文化のグローバル化をめぐる二つの位相 -クイズ番組ジャンル分析- Invited

    石田佐恵子

    思想(岩波書店)   ( 956 )   114 - 132   2003

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Media and cultural studies in Japanese sociology: An introduction

    Saeko Ishita

    International Journal of Japanese Sociology   11 ( 1 )   2 - 5   2002( ISSN:1475-6781

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1111/1475-6781.00013

  • 誰のためのマンガ社会学

    -

    『マンガの社会学』世界思想社   157 - 185   2001( ISBN:4790709019

     More details

    Publishing type:Part of collection (book)   Kind of work:Single Work  

  • ワイドショーと〈芸能人〉情報の商品化

    -

    『プライバシーと出版・報道の自由』青弓社   233 - 252   2001( ISBN:4787231812

     More details

    Publishing type:Part of collection (book)   Kind of work:Single Work  

  • 〈有名性〉をめぐる物語の変遷 Invited

    石田佐恵子

    『物語の風俗』現代風俗研究会   ( 23 )   78 - 91   2001( ISBN:4309904637

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 消費される熱中と忘却

    -

    『現代のエスプリ別冊「消費としてのライフスタイル」』志文堂   48 - 58   2000

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • メディア文化研究におけるジェンダー

    石田佐恵子

    せりか書房・メディア・スタディーズ   1 ( 1 )   113 - 127   2000

     More details

    Publishing type:Part of collection (book)   Kind of work:Single Work  

  • Television genre and Audience: Quiz Shows in Japanese Television

    52 ( 5 )   25 - 38   2000( ISSN:04913329

     More details

    Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Kind of work:Single Work  

  • Discourse of Nationality in Contemporary Media Culture : in case of "Japapneseness"

    Saeko Ishita

    Studies in the Humanities   50 ( 9 )   59 - 75   1998

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Kind of work:Single Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • アイドルから素敵な<仲間>たちへ

    石田佐恵子

    『子ども学』ベネッセ   ( 16 )   58 - 65   1997

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 文化装置と文化主体-現代文化研究の実践-

    石田佐恵子

    博士号(社会学)取得論文・筑波大学へ提出   1997

     More details

    Publishing type:Doctoral thesis  

  • Transformed Remembrance of CHIIDHOOD

    KODOMO Science, Benesse   7   1995

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • Generation of"Real", Generation of"Fiction"

    Informed and Consumptive Society   1995

     More details

    Publishing type:Part of collection (book)   Kind of work:Single Work  

  • メディアの表現形式をめぐって

    石田佐恵子

    大阪市立大学文学部紀要『人文研究』   47 ( 4 )   1995

     More details

    Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • 生活世界の<見取り図>

    石田佐恵子

    『情報化と芸術都市』平成3〜6年度科研重点領域5群3班研究報告書   1995

     More details

    Publishing type:Part of collection (book)  

  • Images of Urban Spaces Formed from Information Magazines Reviewed

    Journal of Municipal Problems   44/6   1992

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • A Note on the Field and Methods of cultural Studies

    Studies in Humanities   44 ( 10 )   41 - 62   1992

     More details

    Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Kind of work:Single Work  

  • Application of the Concept of "Institution" to Communication Theory

    "Studies in the Humanities", The Faculty of Literature Osaka City University   41/1   1989

     More details

    Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Kind of work:Single Work  

  • The Meanings of Drawing Styles in Girl"s Comics

    Mothers and Children Studies   9   1988

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • "Wagamama" as Institutions : a View from E. Goffman

    Mothers and Children Studies   8   1987

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • Sociological Studies on the Body and Human Spaces : The Meanings of Appearance in Everyday Life. (the dgree of M. So. ) Reviewed

    1987

     More details

    Publishing type:Master’s thesis   Kind of work:Single Work  

▼display all

Books and Other Publications

  • Yomeisei to iu Bunka Sochi (Celebrity as Cultural apparatus)

    ( Role: Sole author)

    Keiso Sobo  1998.10  ( ISBN:4326652152

     More details

    Book type:Scholarly book

  • A Companion to Celebrity Reviewed

    Edited by, P, David Marshall, Sean Redmond( Role: Contributor ,  Construction of the public memory of the celebrity: Popular culture museum in Japan)

    Wiley-Blackwell  2016.02  ( ISBN:9781118475010

     More details

    Responsible for pages:135-153   Book type:Scholarly book

    DOI: 10.1002/9781118475089.ch8

  • メディア経験の社会学

    石田 佐恵子( Role: Edit)

    大阪市立大学文学部社会学教室  2023.03 

     More details

    Total pages:80   Responsible for pages:1-6   Book type:Report

  • Media Studies of Looking and Being-looked-at-ness

    Saeko Ishita( Role: Contributor)

    2021.04  ( ISBN:9784779515460

     More details

    Total pages:xvi, 232p  

  • Preliminary Seminar for Media Studies

    S. Ishita & T. Okai eds.,( Role: Joint editor)

    Sekai shiso sya  2020.04 

  • 家族写真の社会学

    石田 佐恵子( Role: Edit)

    大阪市立大学文学部社会学教室  2019.03 

     More details

  • Transnational Popular Culture

    ISHITA Saeko( Role: Contributor)

    2018.10 

  • 『手と足と眼と耳 地域と映像アーカイブをめぐる実践と研究』

    石田 佐恵子( Role: Contributor ,  エフェメラメディアを凝視する ー萬年社アーカイブ・CMデータベースの事例から)

    学文社  2018.03 

  • 『マンガ・アニメで論文・レポートを書く―「好き」を学問にする方法』

    石田 佐恵子( Role: Contributor ,  形態 デジタル化時代のマンガと読者の生きられる時間)

    ミネルヴァ書房  2017.04 

  • フォト・エスノグラフィーの社会学

    石田 佐恵子, 岩谷 洋史( Role: Joint editor)

    大阪市立大学文学部社会学研究室  2015.03 

     More details

    Book type:Report Participation form:Corresponding Author

    CiNii Books

  • 『異人論とは何か——ストレンジャーの時代を生きる』

    石田 佐恵子( Role: Contributor ,  メディアの〈共同体〉と〈他者〉表象について 〜アフター・テレビジョン時代に向けての覚え書き〜)

    ミネルヴァ書房  2015.03 

  • Popular Culture Museum: Collecting, Sharing, and Consuming Cultures.

    Ishita Saeko, Murata Mariko, Yamanaka Chie( Role: Joint editor)

    Minerva Shobo  2013.03  ( ISBN:9784623062775

     More details

    Total pages:373   Book type:Scholarly book

  • 『当事者をめぐる社会学』

    石田佐恵子( Role: Contributor ,  メディア表現は〈当事者〉の敵なのか?)

    北大路書房  2010.10 

  • 『大衆文化とメディア』

    石田佐恵子( Role: Contributor ,  家庭空間とワイドショー的世界 -ワイドショー・ジャンルの成立と拡散-)

    ミネルヴァ書房  2010.09 

  • 『文化人とは何か?』

    石田佐恵子( Role: Contributor ,  〈女性文化人〉の構築とその力学)

    東京書籍  2010.08 

  • 『テレビ・コマーシャルの考古学』

    石田佐恵子( Role: Contributor ,  CM表現のパターン化と〈専業主婦〉オーディエンスの構築ー「洗濯という営み」を中心に)

    世界思想社  2010.07  ( ISBN:9784790714835

     More details

    Book type:Scholarly book

  • 『社会学ベーシックス(7)ポピュラー文化』

    石田 佐恵子( Role: Contributor ,  11 テレビ文化研究(J・フィスク『テレビジョンカルチャー』)

    2009.05 

  • Post-Hanryu no Media Syakaigaku (Media Sociology in Post-Korean Waves)

    ( Role: Joint editor)

    Minerva Shobo  2007  ( ISBN:9784623048687

     More details

    Book type:Scholarly book

  • Sociology of Quiz Cultures

    ( Role: Joint editor)

    2003.03 

     More details

    Book type:Scholarly book

  • P. D. Marshall (1997=2002) Celebrity and Power : Fame in Contemporary Culture, Minneapolis: University of Minnesota Press

    ( Role: Sole translator)

    Keiso Sobo  2002.06  ( ISBN:4326652691

     More details

    Book type:Scholarly book

  • 『プライバシーと出版・報道の自由』

    石田佐恵子( Role: Contributor ,  ワイドショーと〈芸能人〉情報の商品化)

    青弓社  2001 

  • 『マンガの社会学』

    石田佐恵子( Role: Contributor ,  誰のためのマンガ社会学)

    世界思想社  2001 

  • 『メディア・スタディーズ』

    石田佐恵子( Role: Contributor ,  メディア文化研究におけるジェンダー)

    せりか書房  2000 

  • 『イメージのなかの社会』〈情報社会の文化〉第2巻

    石田佐恵子( Role: Contributor ,  〈有名性〉と欲望の力学 ―クイズ形式の知識と選別のシステム―)

    東京大学出版会  1998.03 

  • 『フィクションとしての社会』

    石田佐恵子( Role: Contributor ,  <フィクション>という境界づけ)

    世界思想社  1996 

  • 岩波講座『現代社会学』

    石田佐恵子( Role: Contributor ,  メディア時代の<現実>探しゲーム)

    岩波書店  1996 

  • Translation : into Japanese, H. Blumer, Industrialization as an Agent of Social Change : A Critical Analysis, Aldine de Gruyter, 1990

    ( Role: Joint translator)

    Keis(]E87C7[)-Syob(]E87C7[)  1995 

     More details

    Book type:Scholarly book

  • 『現代メディアを学ぶ人のために』

    石田佐恵子( Role: Contributor ,  青年と現代メディア)

    世界思想社  1995 

  • N・K・デンジン著『エピファニーの社会学』

    片桐雅隆ほか(訳)( Role: Joint translator)

    マグロウヒル  1992.05 

     More details

    Book type:Scholarly book

  • 『コミック・メディア』

    石田佐恵子( Role: Contributor ,  〈少女マンガ〉の文体とその方言性)

    NTT出版  1992 

  • 『ポップコミュニケーション全書』

    石田佐恵子( Role: Contributor ,  〈有名性〉はどうつくられるのか ーワイドショー世界の表現形式ー)

    パルコ出版  1992 

  • 『青年文化の聖・俗・遊』

    石田佐恵子( Role: Contributor ,  現代の儀礼主義者たち ー青年たちの外見へのこだわりを考察するー)

    恒星社厚生閣  1990 

▼display all

Presentations

  • 「メディア学の使命」 Domestic conference

    総括討論者:石田佐恵子

    日本学術会議・社会学系コンソーシアム オンラインシンポジウム  2021.01  日本学術会議・社会学系コンソーシアム

  • 大会シンポジウム1「パンデミックをめぐるメディアと社会―その可能性と困難―」 Domestic conference

    司会者:石田佐恵子

    日本マス・コミュニケーション学会  2020.10  日本マス・コミュニケーション学会

  • 学会ワークショップ メディア研究の領域横断性と学会組織のあり方 ~人的ネットワークの活性化と「新たな知の創造」をめぐって~(問題提起者1) Domestic conference

    石田佐恵子

    日本マス・コミュニケーション学会  2019.10  日本マス・コミュニケーション学会

  • 「大阪広告史データベース・萬年社コレクション」の構築とその後 萬年社アーカイブとコレクションの関係 〜データベースの持続可能性 Invited Domestic conference

    石田佐恵子

    文化資源学会特別講演会  2019.03  文化資源学会

  • デジタル化時代のマンガと読者の時間 Invited International conference

    石田佐恵子

    台湾日語教育学会 共同開催国際シンポジウム  2018.12  台湾日語教育学会

  • Construction of the ‘public’ memory of the celebrity: Popular culture museum in Japan International conference

    the Association for Cultural Studies, the10th Crossroads in Cultural Studies Conference  2014.07 

  • 映像を介して社会(学)を考える Domestic conference

    -

    日本社会学史学会  2014.06 

  • 映像アーカイブズを利用した質的調査の可能性 Domestic conference

    -

    関西社会学会  2013.05 

  • 国際シンポジウム活動 Domestic conference

    -

    -  2013.03 

     More details

    The Seoul National University, Asia Center からの招聘を受けて研究発表を行った。

  • ポピュラー文化ミュージアムとは何か(5) 越境するポピュラー文化ミュージアム Domestic conference

    -

    日本社会学会年次大会  2011.11 

  • シンポジウム3「危機の思想・理論/思想・理論の危機 ポスト3.11の社会学理論を考える(企画・司会者として)吉澤夏子、北田暁大と Domestic conference

    -

    日本社会学会大会シンポジウム  2011.11 

  • 国際シンポジウム活動 Domestic conference

    -

    -  2011.10 

     More details

    Korean Women's Association for Communication Studies 主催のシンポジウムに招聘され、研究発表を行った。

▼display all

Works

Outline of collaborative research (seeds)

  • フィルム資料ライブラリ汎用化に関する研究

    2009-

     More details

    Request for collaborative research:The private sector, such as other institutions

    Type of research exchange:Contract research

    Application fields / methods etc:フィルム資料ライブラリの成立用件を明らかにする。すなわち、保存と修復・上映と公開に関する技術的用件と、放送法・著作権法といった制度的用件である。

    フィルム資料をデジタル化し、体系的に保存・収集し、ライブラリ化するための、知的財産権の問題処理、一般的手法を開発することを目標とする

  • 映像アーカイブスの構築と国際ネットワーク化事業

    2006-2009

     More details

    Request for collaborative research:Universities etc. Research institutes

    Type of research exchange:Joint research

    Application fields / methods etc:映像アーカイブスの構築と国際ネットワーク化事業

    Detail description:エスノグラフィック映像(Ethnographic video) さまざまな「文化」を記録した映像。ここで言う「文化」とは、映像に記録された対象だけでなく、その映像を作る制作者の考えやものの見方、 世界の感じ取り方、ユーモアのセンスまでを含んでいます。したがって、映像と、その作品が生み出された文化的背景・時代的背景を同時に記録・公開したい、と考えています。

    映像アーカイブスの構築と国際ネットワーク化事業

  • メディア・リテラシーの実践的な活動研究

    随時

     More details

    Request for collaborative research:The private sector, such as other institutions

    Type of research exchange:Lecture, 講演

    Application fields / methods etc:市民セミナーの開催、メディア機器を用いた教材の開発。 市民参加型のメディアの育成。

    Core knowledge, technology, information etc:メディア・リテラシー、メディア文化研究

    Expected ripple effect:教育現場やマスメディアの制作現場への幅広い影響

    Detail description:メディア産業からの資料や機材の提供が不可欠な研究分野なので、過去のメディア関係資料の提供、教育資料の作成のための機材の貸し出し、教育用ビデオの作成への協力などを求めるものである。

    Comment:研究目的が合致することが重要

    今後の高度情報化社会における「情報の読み方」について、具体的かつ実践的に広く市民へと伝える手法や効果について研究を行う。

Grant-in-Aid for Scientific Research

  • グローバル化時代の映像社会学の課題と展開 ー映像アーカイブを用いた共有知の研究ー(延長)

    Grant-in-Aid for Scientific Research(C)  2022

  • グローバル化時代の映像社会学の課題と展開  ー映像アーカイブを用いた共有知の研究ー

    Grant-in-Aid for Scientific Research(C)  2017.04

  • Expansive research on archive construction and networking of TV Visual Data.

    Grant-in-Aid for Scientific Research(B)  2012.04

  • 萬年社コレクションのテレビCMデータベース(2)(代表:中尾ハジメ)

    研究成果公開促進(データベース科研)  2011.04

  • 萬年社コレクションのテレビCMデータベース(1)(代表:中尾ハジメ)

    研究成果公開促進(データベース科研)  2010.04

  • テレビ映像資料のアーカイブ構築とネットワーク化についての発展的研究

    科学研究費補助金  2008.04

  • テレビ映像資料のアーカイブ構築と分析方法の探求

    科学研究費補助金  2005.04

▼display all

Other subsidies, etc.

  • 都市・大阪に関する文化資源・社会調査データアーカイブの構築――二次分析を通じた新たな研究主題の創出――

    未設定  2013.06

  • テレビ文化史・広告史アーカイブ構築についての総合的研究 〜旧萬年社所蔵資料による大阪の広告史研究を中心に〜

    未設定  2011.07

  • 萬年社コレクション調査研究プロジェクト;ラジオCMのデジタル・アーカイブ構築(第Ⅱ期)

    未設定  2011.07

  • 手作り・アナログ時代の広告からの「感性価値」創造 〜旧萬年社所蔵資料からの再発見〜

    未設定  2011.07

  • 萬年社コレクション調査研究プロジェクト;ラジオCMのデジタル・アーカイブ構築

    未設定  2010.07

Acceptance of Researcher

  • 2022  Number of researchers:3

  • 2021  Number of researchers:5

  • 2020  Number of researchers:3

  • 2019  Number of researchers:3

  • 2018  Number of researchers:4

  • 2017  Number of researchers:3

  • 2016  Number of researchers:3

  • 2015  Number of researchers:6

  • 2014  Number of researchers:7

▼display all

Original item・Special report (Research Activity)

  • 2022

     More details

    Original item:国際共同プロジェクト

    Special report:Asian Celebrity and Fandom Studies Series の国際共同プロジェクトに共同編者として参加している。

Outline of education staff

  • 映像社会学、現代文化研究(カルチュラル・スタディーズ)、メディア研究、感情や身体についてのミクロな社会学理論などについて、大学院および学部専門科目で講義や演習を行っている。特に、ポピュラー文化のグローバル化やテレビ文化研究に関心を持つ。

Charge of on-campus class subject

  • 社会学基礎問題研究A

    2022   Weekly class   Graduate school

  • 社会学基礎問題研究演習A

    2022   Weekly class   Graduate school

  • 社会学総合研究演習1

    2022   Weekly class   Graduate school

  • 社会学総合研究演習2

    2022   Weekly class   Graduate school

  • 社会学特殊研究A

    2022   Weekly class   Graduate school

  • 社会学特殊研究B

    2022   Weekly class   Graduate school

  • 社会学論文指導

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 社会学論文指導

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 博士論文(社会学)

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 社会学研究指導Ⅰ

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 社会学研究指導Ⅱ

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 修士論文(社会学)

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 初年次ゼミナール

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • メディアの社会学

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 社会学実習Ⅰa

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 社会学実習Ⅱa

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 社会学史

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 社会学演習Ⅳa

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 卒業論文演習Ⅰ(社会学)

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 卒業論文演習Ⅱ(社会学)

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 卒業論文(社会学)

    2022   Intensive lecture   Undergraduate

  • 卒業論文演習2

    2014   Weekly class   Undergraduate

  • 卒業論文演習1

    2014   Weekly class   Undergraduate

  • 社会学実習2

    2014   Weekly class   Undergraduate

  • 社会学実習1

    2014   Weekly class   Undergraduate

  • 社会学演習4

    2014   Weekly class   Undergraduate

  • 社会学演習2

    2014   Weekly class   Undergraduate

  • 社会学概論2

    2014   Weekly class   Undergraduate

  • 社会学基礎演習

    2014   Weekly class   Undergraduate

  • 社会学論文指導

    2014   Intensive lecture   Graduate school

  • 社会学研究指導

    2014   Intensive lecture   Graduate school

  • 社会学総合研究

    2014   Intensive lecture   Graduate school

  • 人間行動学研究

    2014   Weekly class   Graduate school

  • 社会学基礎問題研究演習

    2014   Weekly class   Graduate school

  • 社会学基礎問題研究

    2014   Weekly class   Graduate school

▼display all

Faculty development activities

  • FD活動への貢献  2022

     More details

    FD研修会に参加し、教育実践改善に努めた。

  • FD活動への貢献  2021

     More details

    FD研修会に参加し、教育実践改善に努めた。

  • FD活動への貢献  2020

     More details

    FD研修会に参加し、教育実践改善に努めた。

  • FD活動への貢献  2019

     More details

    FD研修会に参加し、教育実践改善に努めた。全学AP事業に応募し採択され(「社会学概論Ⅱ」)、院生にTAとして活躍してもらった。大学院教育実習制度に応募し採択され(「社会学特論Ⅰ」)、UCRC研究員に実習を実施した。

  • FD活動への貢献  2018

     More details

    FD研修会に参加し、教育実践改善に努めた。全学AP事業に応募し採択され(「社会学実習Ⅰ・Ⅱ」)、院生にTAとして活躍してもらった。

  • FD活動への貢献  2017

     More details

    FD研修会に参加し、教育実践改善に努めた。全学AP事業に応募し採択され(「社会学概論Ⅱ」)、院生にTAとして活躍してもらった。

  • FD活動への貢献  2016

     More details

    FD研修会の講師として大学院教育についての報告を行った。それ以外のFD研修会にも聴衆として参加し、教育実践改善に努めた。

  • FD活動への貢献  2015

     More details

    FD研修会に参加し、教育実践改善に努めた。

  • FD活動への貢献  2014

     More details

    FD研修会に参加し、教育実践改善に努めた。

  • FD活動への貢献  2013

     More details

    大学院教育実習制度を利用して、OD学生とともにFD活動に参加した

  • FD活動への貢献  2012

     More details

    毎週の集団指導(学生による研究発表)の他、メーリングリスト、インターネットによるデータ共有サイトの利用により、夏休み・冬休み期間中も継続して指導を行った。

  • FD活動への貢献  2011

     More details

    毎週の集団指導(学生による研究発表)の他、メーリングリスト、インターネットによるデータ共有サイトの利用により、夏休み・冬休み期間中も継続して指導を行った。

▼display all

Number of papers published by graduate students

  • 2022

    Number of undergraduate student / college student presentations:Number of graduate students presentations:2

Number of instructed thesis, researches

  • 2022

    Number of instructed the graduation thesis:Number of graduation thesis reviews:8

    [Number of instructed the Master's Program] (previous term):[Number of instructed the Master's Program] (letter term):1

    [Number of master's thesis reviews] (chief):[Number of master's thesis reviews] (vice-chief):2

    [Number of doctoral thesis reviews] (chief):[Number of doctoral thesis reviews] (vice-chief):1

  • 2021

    Number of instructed the graduation thesis:Number of graduation thesis reviews:10

    [Number of instructed the Master's Program] (previous term):[Number of instructed the Master's Program] (letter term):1

    [Number of master's thesis reviews] (chief):[Number of master's thesis reviews] (vice-chief):2

    [Number of doctoral thesis reviews] (chief):[Number of doctoral thesis reviews] (vice-chief):0

  • 2020

    Number of instructed the graduation thesis:Number of graduation thesis reviews:8

    [Number of instructed the Master's Program] (previous term):[Number of instructed the Master's Program] (letter term):1

    [Number of master's thesis reviews] (chief):[Number of master's thesis reviews] (vice-chief):1

    [Number of doctoral thesis reviews] (chief):[Number of doctoral thesis reviews] (vice-chief):0

  • 2019

    Number of instructed the graduation thesis:Number of graduation thesis reviews:8

    [Number of instructed the Master's Program] (previous term):[Number of instructed the Master's Program] (letter term):2

    [Number of master's thesis reviews] (chief):[Number of master's thesis reviews] (vice-chief):0

    [Number of doctoral thesis reviews] (chief):[Number of doctoral thesis reviews] (vice-chief):0

  • 2018

    Number of instructed the graduation thesis:Number of graduation thesis reviews:8

    [Number of instructed the Master's Program] (previous term):[Number of instructed the Master's Program] (letter term):4

    [Number of master's thesis reviews] (chief):[Number of master's thesis reviews] (vice-chief):0

    [Number of doctoral thesis reviews] (chief):[Number of doctoral thesis reviews] (vice-chief):0

  • 2017

    Number of instructed the graduation thesis:Number of graduation thesis reviews:8

    [Number of instructed the Master's Program] (previous term):[Number of instructed the Master's Program] (letter term):2

    [Number of master's thesis reviews] (chief):[Number of master's thesis reviews] (vice-chief):0

    [Number of doctoral thesis reviews] (chief):[Number of doctoral thesis reviews] (vice-chief):0

  • 2016

    Number of instructed the graduation thesis:Number of graduation thesis reviews:8

    [Number of instructed the Master's Program] (previous term):[Number of instructed the Master's Program] (letter term):3

    [Number of master's thesis reviews] (chief):[Number of master's thesis reviews] (vice-chief):2

    [Number of doctoral thesis reviews] (chief):[Number of doctoral thesis reviews] (vice-chief):1

  • 2015

    Number of instructed the graduation thesis:Number of graduation thesis reviews:8

    [Number of instructed the Master's Program] (previous term):[Number of instructed the Master's Program] (letter term):3

    [Number of master's thesis reviews] (chief):[Number of master's thesis reviews] (vice-chief):1

    [Number of doctoral thesis reviews] (chief):[Number of doctoral thesis reviews] (vice-chief):2

  • 2014

    Number of instructed the graduation thesis:Number of graduation thesis reviews:10

    [Number of instructed the Master's Program] (previous term):[Number of instructed the Master's Program] (letter term):1

    [Number of master's thesis reviews] (chief):[Number of master's thesis reviews] (vice-chief):2

    [Number of doctoral thesis reviews] (chief):[Number of doctoral thesis reviews] (vice-chief):0

  • 2013

    Number of instructed the graduation thesis:Number of graduation thesis reviews:9

    [Number of instructed the Master's Program] (previous term):[Number of instructed the Master's Program] (letter term):1

    [Number of master's thesis reviews] (chief):[Number of master's thesis reviews] (vice-chief):0

    [Number of doctoral thesis reviews] (chief):[Number of doctoral thesis reviews] (vice-chief):1

  • 2012

    Number of instructed the graduation thesis:10  Number of graduation thesis reviews:15

    [Number of instructed the Master's Program] (previous term):[Number of instructed the Master's Program] (letter term):1

    [Number of master's thesis reviews] (chief):[Number of master's thesis reviews] (vice-chief):1

    [Number of doctoral thesis reviews] (chief):[Number of doctoral thesis reviews] (vice-chief):0

  • 2011

    Number of instructed the graduation thesis:11  Number of graduation thesis reviews:18

    [Number of instructed the Master's Program] (previous term):[Number of instructed the Master's Program] (letter term):3

    [Number of master's thesis reviews] (chief):[Number of master's thesis reviews] (vice-chief):0

    [Number of doctoral thesis reviews] (chief):[Number of doctoral thesis reviews] (vice-chief):0

▼display all

Social Activities

  • テレビ・コマーシャルの考古学

    Role(s): Lecturer

    神戸市男女共同参画センター  神戸婦人大学講座  2022.09

     More details

    SDGs:

    Type:Lecture

    Number of participants:80(人)

Media Coverage

  • 書評 丹羽美之著『日本のテレビ・ドキュメンタリー』 Newspaper, magazine

    日経新聞  日経新聞  2020.08

  • 「チコちゃん」の一喝 なぜ人気?(解説文) Newspaper, magazine

    朝日新聞  朝日新聞  2018.08

  • サザエさんを探して(コメント) Newspaper, magazine

    朝日新聞  朝日新聞  2017.06

  • ニュースQ3(コメント) Newspaper, magazine

    朝日新聞  朝日新聞  2017.02

  • 「CM映像、学術利用の道は?」シンポジウムの紹介 Newspaper, magazine

    京都新聞  京都新聞  2016.02

      More details

    SDGs:

  • 文化面「ドキュメンタリー番組を学術利用」取材先として掲載 Newspaper, magazine

    日本経済新聞  日本経済新聞  2016.01

      More details

    SDGs:

  • 実行委員会任期を終えるにあたって(コメント) Internet

    NHK  NHKアーカイブス・トライアル研究サイト  2015.04

      More details

    SDGs:

▼display all

Visiting Lectures ⇒ Link to the list of Visiting Lectures

  • メディアの社会学

    Category:Literature (literature, philosophy, history, art, human behavior, language, culture, society / gender)

     More details

    Audience:High school students, College students, General

    Keyword:メディア文化、社会学、メディアリテラシー 

    スマートフォンや動画配信サイトなど近年登場した新しいメディアは、私たちの暮らし方やマスメディアのありようを根底から変化させており、それらを対象とする研究の重要性が高まってきています。
    本講義では、大阪公立大学全学共通科目「メディアの社会学」の概要紹介とともに、同講義内で取り上げるトピックをいくつか紹介します。

  • テレビ・コマーシャルの考古学

    Category:Literature (literature, philosophy, history, art, human behavior, language, culture, society / gender)

     More details

    Audience:General, Civic organization

    Keyword:テレビ文化研究、社会学 

    テレビ・コマーシャルの考古学
    1950~1980年代のCMアーカイブスから読み解くことのできる、さまざまなトピックを紹介します。

Academic Activities

  • 日本メディア学会38期総務担当理事

    Role(s): Planning, management, etc., Supervision (editorial)

    日本メディア学会  2022.01 - 2023.06

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

    総務担当理事の他、渉外、会計を担当。学会活動に大きく貢献している。

  • 社会学系コンソーシアム評議委員

    Role(s): Planning, management, etc.

    社会学系コンソーシアム  2021.07 - 2023.06

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

    社会学系コンソーシアム(Japan Consortium for Sociological Societies)は、多数の社会学系学協会が連携することにより新しい研究機会と実践機会を創り出し、また研究成果や政策提言を国内外に積極的に発信することで社会学界の新しいビジョンを構築することを目指します。

  • 日本マス・コミュニケーション学会38期総務担当理事

    Role(s): Planning, management, etc., Supervision (editorial)

    日本マス・コミュニケーション学会  2021.07 - 2021.12

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

    総務担当理事の他、渉外、会計を担当。学会活動に大きく貢献している。

Foreigner acceptance

  • 2022

    International Students :4

  • 2021

    International Students :3

  • 2020

    International Students :2

  • 2019

    International Students :2

  • 2018

    International Students :4

  • 2017

    International Students :4

  • 2016

    foreigners accepted :1

    International Students :2

  • 2015

    International Students :2

  • 2014

    International Students :3

  • 2013

    International Students :3

  • 2012

    International Students :2

  • 2011

    foreigners accepted :1

    International Students :2

▼display all

International exchange activities

  • Asian Celebrity and Fandom Studies Series, The Asian Media, Culture and Society Network at Deakin University

    Country name :Australia   2021.10 - Now

Job title

  • Job title within the department

    Graduate School of Literature and Human Sciences Department of Human Behavioral Sciences 

    専攻長  2023.04

  • Job title within the department

    School of Literature and Human Sciences Department of Human Behavioral Sciences 

    学科長  2022.04

  • Job title within the department

    Graduate School of Literature and Human Sciences Department of Human Behavioral Sciences 

    専攻長  2022.04 - 2023.03

Original item / Special report (Management administration)

  • 2022

      More details

    Original item:社会学教室代表

    Special report:文学研究科人間行動学専攻社会学専修の教室代表として、社会学教室の運営および管理に従事した。

  • 2022

      More details

    Original item:文学研究科学生アドバイザー委員

    Special report:学生アドバイザー委員として、学部学生および大学院生のサポートに貢献した。

  • 2022

      More details

    Original item:文学研究科学舎整備検討委員

    Special report:文学研究科学舎整備検討委員として、2025年度に開設予定の森ノ宮キャンパスの建築計画準備に多くの貢献をした。

  • 2022

      More details

    Original item:社会学教室教務委員

    Special report:文学研究科人間行動学専攻社会学専修の教務委員として、教務活動全般に大きく貢献した。

Other

  • Job Career

    1989

      More details

    Osaka City University