2024/04/26 更新

写真a

フクシマ ワカバ
福島 若葉
FUKUSHIMA Wakaba
担当
大学院医学研究科 基礎医科学専攻 教授
医学部 医学科
職名
教授
所属
医学研究院
所属キャンパス
阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大学院医学研究科 基礎医科学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(医学) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない

  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む

研究キーワード

  • 疫学

  • 感染症

  • 難病

  • 肝疾患

研究概要

  • 感染症、難病、肝疾患をテーマに疫学研究を実施している

研究歴

  • 感染症の疫学

  • 難病の疫学

所属学協会

  • 日本疫学会

  • 日本公衆衛生学会

  • 日本ワクチン学会

      国内

  • 日本肝臓学会

  • 国際疫学会

      国外

  • 日本消化器病学会

      国内

  • 日本結核病学会

      国内

▼全件表示

受賞歴

  • 大阪市医学会市長賞

    2008  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第25回日本疫学会学術総会 最優秀演題賞(Award of Excellence)

    2015  

職務経歴(学外)

  • 淀川キリスト教病院   常勤医師

    1998年05月 - 2001年04月

学歴

  • 大阪市立大学   医学研究科   公衆衛生学   博士課程   卒業・修了

    2001年04月 - 2005年03月

  • 大阪市立大学   医学部     卒業・修了

    - 1998年03月

論文

  • Strategies for pneumococcal vaccination in older adults in the coming era.

    Nakashima K, Fukushima W

    Human vaccines & immunotherapeutics   20 ( 1 )   2328963   2024年12月( ISSN:2164-5515

  • Time elapsed from definitive diagnosis to surgery for osteonecrosis of the femoral head: a nationwide observational study in Japan.

    Nakamura J, Fukushima W, Ando W, Hagiwara S, Kawarai Y, Shiko Y, Kawasaki Y, Sakai T, Ito K, Arishima Y, Chosa E, Fujimoto Y, Fujiwara K, Hasegawa Y, Hayashi S, Imagama T, Inaba Y, Ishibashi Y, Ishidou Y, Ito H, Ito H, Ito J, Jinno T, Kabata T, Kaku N, Kaneuji A, Kishida S, Kobayashi S, Komiya S, Kubo T, Majima T, Mashima N, Mawatari M, Miki H, Miyatake K, Motomura G, Nagoya S, Nakamura H, Nakamura Y, Nakanishi R, Nakashima Y, Nakasone S, Nishii T, Nishiyama T, Ohta Y, Ohzono K, Osaki M, Sasaki K, Seki T, Shishido T, Shoji T, Sudo A, Takagi M, Takahashi D, Takao M, Tanaka S, Tanaka T, Tetsunaga T, Ueshima K, Yamamoto K, Yamamoto T, Yamamoto Y, Yamasaki T, Yasunaga Y, Sugano N

    BMJ open   14 ( 3 )   e082342   2024年03月

     詳細を見る

  • Factors impacting antibody kinetics, including fever and vaccination intervals, in SARS-CoV-2-naïve adults receiving the first four mRNA COVID-19 vaccine doses.

    Matsuura T, Fukushima W, Nakagama Y, Kido Y, Kase T, Kondo K, Kaku N, Matsumoto K, Suita A, Mukai E, Nitahara Y, Konishi A, Kasamatsu A, Nakagama S, Nakagami-Yamaguchi E, Ohfuji S, Kaneko Y, Kaneko A, Kakeya H, Hirota Y

    Scientific reports   14 ( 1 )   7217 - 7217   2024年03月

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    To evaluate the antibody response following the initial four doses of mRNA vaccines (BNT162b2 or mRNA-1273) in SARS-CoV-2-naïve healthy adults and investigate factors influencing antibody titer increases, this prospective cohort study was conducted in Japan from March 2021. The study included participants who received either the 1st and 2nd doses (n = 467), 3rd dose (n = 157), or 4th dose (n = 89). Blood samples were collected before and up to 6 months after each dose, and anti-receptor-binding domain antibody levels were measured. Multivariate analysis (usin multiple linear regression or linear mixed models) revealed several factors significantly associated with higher post-vaccination antibody levels, including mRNA-1273 vaccine (after the 1st and 2nd dose), male gender (after the 3rd and 4th doses), younger age (after the 1st and 2nd dose), non-smoking status (after the 2nd dose), non-use of immunosuppressive agents (after the 1st dose), higher pre-vaccination antibody titers (after the 2nd, 3rd, and 4th doses), and higher post-vaccination fever (after the 2nd and 4th doses). Furthermore, longer intervals since the last dose were significantly associated with higher antibody levels after the 3rd and 4th doses. These findings provide valuable insights for optimizing vaccination strategies.

    DOI: 10.1038/s41598-024-57931-0

    PubMed

  • Pulmonary Tuberculosis Incidence among Interferon-Gamma Release Assay-Positive Individuals with Latent Tuberculosis Infection and Fibrotic Lesions in a Vulnerable Urban Population in Osaka City, Japan, 2015–2021

    Komukai J, Matsumoto K, Fukushima W, Kudoh S

    Japanese Journal of Infectious Diseases   77 ( 1 )   21 - 24   2024年01月( ISSN:1344-6304

     詳細を見る

    <p>Latent tuberculosis infection (LTBI) with fibrotic lesions (FL) can progress to active tuberculosis (TB). Most previous studies have used tuberculin skin tests, which have lower specificity than interferon-gamma release assays (IGRAs), for LTBI diagnosis. This study evaluated the incidence of active TB among individuals with LTBI (diagnosed using IGRAs) and FL in Nishinari District, Osaka City. In total, 54 men (mean age: 68.7 years) were enrolled, of whom 10 (18.5%) were homeless, and 36 (66.7%) were welfare recipients. The median observation period was 1,084 days (range: 64–2,907 days). The incidence rate of active TB among individuals with LTBI and FL was 1.18 (95% confidence interval: 0.32–4.29) cases per 100 person-years. Among the 19 participants who had not been treated with anti-TB therapy, one (5.3%) progressed to active TB, and among the 30 participants who had completed anti-TB treatment, one (3.3%) progressed to active TB. The other 5 participants did not have TB. This study revealed the incidence of active TB among individuals with LTBI, diagnosed using IGRAs, and FL in a vulnerable urban population. The higher incidence than that reported in previous studies reinforces the importance of improved LTBI management strategies, including chest radiography screening, and LTBI treatment.</p>

    DOI: 10.7883/yoken.JJID.2023.277

    PubMed

  • Antibody responses after BNT162b2 vaccination in Japanese geriatric intermediate care facilities

    Suita A, Ohfuji S, Kasamatsu A, Kondo K, Nakata H, Kita T, Deguchi A, Fujimoto M, Iba K, Sakamoto H, Iwasaka K, Sakamoto N, Sakamoto H, Yodoi Y, Kido Y, Nakagama Y, Konishi A, Mukai E, Matsumoto K, Matsuura T, Kase T, Kakeya H, Fukushima W, Hirota Y

    Vaccine: X   15   100412 - 100412   2023年12月( ISSN:2590-1362

     詳細を見る

  • Immunogenicity and safety of influenza vaccine in patients with lung cancer receiving immune checkpoint inhibitors: A single-center prospective cohort study.

    Nakashima K, Homma Y, Taniguchi J, Kubota N, Otsuki A, Ito H, Otsuka Y, Kondo K, Ohfuji S, Fukushima W, Hirota Y

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   29 ( 11 )   1038 - 1045   2023年11月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

  • No association between inactivated influenza vaccination and influenza viral load at diagnosis among young Japanese children: An observational study of the 2013/2014 through 2017/2018 influenza seasons.

    Mukai E, Fukushima W, Morikawa S, Nakata K, Hiroi S, Fujioka M, Matsushita T, Kubota M, Yagi Y, Takechi T, Takasaki Y, Shindo S, Yamashita Y, Yokoyama T, Kiyomatsu Y, Matsumoto K, Maeda A, Kondo K, Ito K, Kase T, Ohfuji S, Hirota Y

    Influenza and other respiratory viruses   17 ( 10 )   e13213   2023年10月( ISSN:1750-2640

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    BACKGROUND: The association between inactivated influenza vaccination and viral load in young children remains unclear. METHODS: During the 2013/2014 to 2017/2018 influenza seasons in Japan, children under 6 years of age with pre-defined influenza-like illness and influenza-positive status by real-time RT-PCR were recruited at pediatric clinics for this observational study. Influenza viral load was measured for the most predominant subtype/lineage in each season. Using median dichotomized viral load as an outcome, a multilevel logistic regression model was applied to estimate the multivariable adjusted odds ratio (MOR) and 95% confidence interval (CI) for higher viral load. RESULTS: A total of 1,185 influenza-positive children were analyzed. The median log10 viral load copy number (copies per milliliter) was 5.5 (interquartile range, 4.6 to 6.1) and did not differ by vaccination status: 5.5 for unvaccinated, 5.7 for one dose, and 5.5 for two doses (p = 0.67). The MOR of vaccinated (one or two doses) versus unvaccinated children was 1.19 (95% CI: 0.86-1.64). Other factors showing significant associations with higher viral load were positive results for A(H1N1)pdm09 and A(H3N2) in comparison with B/Yamagata. The respective MORs were 3.25 (95% CI: 2.28-4.64) and 1.81 (95% CI: 1.32-2.49). Significantly elevated MORs against higher viral load were also observed for higher body temperature at influenza diagnosis and shorter duration from fever onset to specimen collection. CONCLUSION: No association was observed between inactivated-influenza vaccination and viral load at influenza-positive diagnosis. Influenza subtype/lineage, body temperature, and time elapsed since fever onset were significantly associated with viral load.

    DOI: 10.1111/irv.13213

    PubMed

  • Influenza vaccine viruses and the development of seasonal vaccines: A Japanese perspective.

    Kato H, Hozawa T, Fukushima W, Nobusawa E, Hirota Y

    Vaccine   41 ( 31 )   4625 - 4631   2023年07月( ISSN:0264-410X

  • Incidence and risk factors for norovirus-related diarrhea in Japanese geriatric intermediate care facilities: A prospective cohort study.

    Suita A, Ohfuji S, Fukushima W, Ito K, Kase T, Kondo K, Ishibashi M, Kumashiro H, Kawai S, Deguchi A, Nakata H, Iba K, Kita T, Kinugawa K, Hamada K, Fujimoto M, Furukawa Y, Sowa E, Nakazawa H, Hirota Y

    Geriatrics & gerontology international   23 ( 3 )   179 - 187   2023年03月( ISSN:14441586

     詳細を見る

  • Smoking and drinking habits relating to development of ulcerative colitis in Japanese: A multicenter case-control study.

    Kondo K, Ono Y, Ohfuji S, Watanabe K, Yamagami H, Watanabe M, Nishiwaki Y, Fukushima W, Hirota Y, Suzuki Y, Japanese Case‐Control Study Group for Ulcerative Colitis

    JGH open : an open access journal of gastroenterology and hepatology   7 ( 1 )   61 - 67   2023年01月

     詳細を見る

  • Survey of pediatricians concerning the human papillomavirus vaccine in Japan: Positive attitudes toward vaccination during the period of proactive recommendation being withheld.

    Kubota M, Kondo K, Tomiyoshi Y, Fukushima W

    Human vaccines & immunotherapeutics   18 ( 6 )   2131337   2022年11月( ISSN:2164-5515

  • Effectiveness of the 23-valent pneumococcal polysaccharide vaccine against community-acquired pneumonia in older individuals after the introduction of childhood 13-valent pneumococcal conjugate vaccine: A multicenter hospital-based case-control study in Japan. 査読

    Nakashima K, Suzuki K, Aoshima M, Murabata M, Kondo K, Ohfuji S, Fukushima W, Maeda A, Hirota Y, Pneumonia in Elderly People Study Group

    Vaccine   40 ( 46 )   6589 - 6598   2022年11月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2022.09.055

    PubMed

  • Kinetics of anti-SARS-CoV-2 antibody titer in healthy adults up to 6 months after BNT162b2 vaccination measured by two immunoassays: A prospective cohort study in Japan.

    Matsuura T, Fukushima W, Nakagama Y, Kido Y, Kase T, Kondo K, Kaku N, Matsumoto K, Suita A, Komiya E, Mukai E, Nitahara Y, Konishi A, Kasamatsu A, Nakagami-Yamaguchi E, Ohfuji S, Kaneko Y, Kaneko A, Kakeya H, Hirota Y

    Vaccine   40 ( 38 )   5631 - 5640   2022年09月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2022.08.018

    PubMed

  • Epidemiological study of osteonecrosis of the femoral head using the national registry of designated intractable diseases in Japan.

    Sato R, Ando W, Fukushima W, Sakai T, Hamada H, Takao M, Ito K, Sugano N

    Modern rheumatology   32 ( 4 )   808 - 814   2022年07月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/mr/roab047

    PubMed

  • Annual trends in adverse events following mumps vaccination in Japan: A retrospective study.

    Ohfuji S, Tanaka T, Nakano T, Kase T, Kondo K, Fukushima W, Hirota Y

    Vaccine   40 ( 7 )   988 - 993   2022年02月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2022.01.008

    PubMed

  • A Nationwide Epidemiological Survey of Adolescent Patients With Diverse Symptoms Similar to Those Following Human Papillomavirus Vaccination: Background Prevalence and Incidence for Considering Vaccine Safety in Japan.

    Fukushima W, Hara M, Kitamura Y, Shibata M, Ugawa Y, Hirata K, Oka A, Miyamoto S, Kusunoki S, Kuwabara S, Hashimoto S, Sobue T

    Journal of epidemiology   32 ( 1 )   34 - 43   2022年01月( ISSN:0917-5040

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.2188/jea.JE20210277

    PubMed

    CiNii Article

  • Influence of Prior Influenza Vaccination on Current Influenza Vaccine Effectiveness in Children Aged 1 to 5 Years.

    Matsumoto K, Fukushima W, Morikawa S, Fujioka M, Matsushita T, Kubota M, Yagi Y, Takasaki Y, Shindo S, Yamashita Y, Yokoyama T, Kiyomatsu Y, Hiroi S, Nakata K, Maeda A, Kondo K, Ito K, Kase T, Ohfuji S, Hirota Y

    Vaccines   9 ( 12 )   1447 - 1447   2021年12月( ISSN:2076-393X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/vaccines9121447

    PubMed

  • Relief of Low Back Pain After Posterior Decompression for Lumbar Spinal Stenosis.

    Kakiuchi M, Wada E, Harada T, Yamasaki R, Fukushima W

    Spine   46 ( 18 )   E966 - E975   2021年09月( ISSN:0362-2436

  • Kawasaki Disease and Vaccination: Prospective Case-Control and Case-Crossover Studies among Infants in Japan.

    Murata K, Onoyama S, Yamamura K, Mizuno Y, Furuno K, Matsubara K, Hatae K, Masuda K, Nomura Y, Ohno T, Kinumaki A, Miura M, Sakai Y, Ohga S, Fukushima W, Kishimoto J, Nakamura Y, Hara T

    Vaccines   9 ( 8 )   2021年07月( ISSN:2076-393X

     詳細を見る

  • Association of Dietary Fatty Acid Intake With the Development of Ulcerative Colitis: A Multicenter Case-Control Study in Japan. 査読

    Kobayashi Y, Ohfuji S, Kondo K, Fukushima W, Sasaki S, Kamata N, Yamagami H, Fujiwara Y, Suzuki Y, Hirota Y, Japanese Case-Control Study Group for Ulcerative Colitis .

    Inflammatory bowel diseases   27 ( 5 )   617 - 628   2021年04月( ISSN:1078-0998

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ibd/izaa140

    PubMed

  • Geographic distribution of the incidence of osteonecrosis of the femoral head in Japan and its relation to smoking prevalence 査読

    Tani Tetsuro, Ando Wataru, Fukushima Wakaba, Hamada Hidetoshi, Takao Masaki, Ito Kazuya, Sakai Takashi, Sugano Nobuhiko

    MODERN RHEUMATOLOGY   1 - 7   2021年03月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/14397595.2021.1899452

    PubMed

  • Association between coffee and green tea intake and pneumonia among the Japanese elderly: a case-control study. 査読

    Kondo K, Suzuki K, Washio M, Ohfuji S, Adachi S, Kan S, Imai S, Yoshimura K, Miyashita N, Fujisawa N, Maeda A, Fukushima W, Hirota Y, Pneumonia in Elderly People Study Group.

    Scientific reports   11 ( 1 )   5570   2021年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-84348-w

    PubMed

  • Estimated prevalence of Cronkhite-Canada Syndrome, Chronic Enteropathy Associated with SLCO2A1 Gene, and Intestinal Behçet's Disease in Japan in 2017: A Nationwide Survey. 査読

    Oba MS, Murakami Y, Nishiwaki Y, Asakura K, Ohfuji S, Fukushima W, Nakamura Y, Suzuki Y

    日本疫学会 Journal of epidemiology   31 ( 2 )   139 - 144   2021年02月( ISSN:0917-5040

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Background:</b> Cronkhite–Canada syndrome (CCS), chronic enteropathy associated with <i>SLCO2A1</i> gene (CEAS), and intestinal Behçet's disease (BD) are classified as intractable intestinal disorders in Japan. However, the national prevalence of these diseases remains unknown. We performed a nationwide survey to estimate the patient numbers and prevalence rates of these diseases throughout Japan in 2017.</p><p><b>Methods:</b> We conducted a mail-based survey targeting hospitals across Japan to estimate the annual numbers of patients with CCS, CEAS, and intestinal BD in 2017. Using a stratified random sampling method, we selected 2979 hospital departments and asked them to report the number of patients who met specific diagnostic criteria. The total number of patients for each disease was estimated by multiplying the reported numbers by the reciprocal of the sampling rate and response rate. The corresponding prevalence rates per 1,000,000 population were calculated based on the mid-year population of Japan in 2017.</p><p><b>Results:</b> The overall survey response rate was 68.1% (2029 departments). The estimated numbers of patients with CCS, CEAS, and intestinal BD were 473 (95% confidence interval: 357-589), 388 (289-486), and 3139 (2749-3529), respectively; the prevalence rates per 1,000,000 population were 3.7 (male: 4.0; female: 3.5), 3.1 (male: 3.0; female: 3.1), and 24.8 (male: 24.5; female: 25.0), respectively. The male-to-female ratios were 1.10, 0.94, and 0.93 for patients with CCS, CEAS, and intestinal BD, respectively.</p><p><b>Conclusions:</b> Estimates of the national prevalence of CCS, CEAS, and intestinal BD in Japan were generated and found to be higher than those previously reported.</p>

    DOI: 10.2188/jea.JE20190349

    PubMed

    CiNii Article

  • Japanese Orthopaedic Association 2019 Guidelines for osteonecrosis of the femoral head 査読

    Ando Wataru, Sakai Takashi, Fukushima Wakaba, Kaneuji Ayumi, Ueshima Keiichiro, Yamasaki Takuma, Yamamoto Takuaki, Nishii Takashi, Guidelines Working Group For Onfh, Sugano Nobuhiko

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   26 ( 1 )   46 - 68   2021年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2020.06.013

    PubMed

  • 特集 インフルエンザの最新事情 子どもにおけるインフルエンザワクチンの有効性

    福島 若葉

    チャイルド ヘルス   23 ( 11 )   807 - 810   2020年11月( ISSN:13443151

  • Cluster of Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus 2 Infections Linked to Music Clubs in Osaka, Japan 査読

    Sugano Nobuhiko, Ando Wataru, Fukushima Wakaba

    JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES   222 ( 10 )   1635 - 1640   2020年10月( ISSN:0022-1899

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/infdis/jiaa542

    PubMed

  • Comparison of immunogenicity between candidate influenza A(H3N2) virus vaccine strains in Japan: A randomized controlled trial using a monovalent vaccine of A/Saitama/103/2014 (CEXP-002) and A/Hong Kong/4801/2014 (X-263) 査読

    Kase Tetsuo, Inoue Megumi, Morikawa Saeko, Kumashiro Hiroko, Hiroi Satoshi, Nakata Keiko, Ito Kazuya, Ishibashi Motoki, Tsuru Tomomi, Irie Shin, Maeda Akiko, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Hirota Yoshio

    VACCINE   38 ( 42 )   6524 - 6532   2020年09月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2020.08.025

    PubMed

  • Lifestyles Associated with Prognosis After Eradication of Hepatitis C Virus: A Prospective Cohort Study in Japan 査読

    Ohfuji Satoko, Matsuura Tomoka, Tamori Akihiro, Kubo Shoji, Sasaki Satoshi, Kondo Kyoko, Ito Kazuya, Fukushima Wakaba

    DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES   2020年07月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10620-020-06475-0

    PubMed

  • Risk of seasonal influenza by occupation in a railway company in a metropolitan area of Japan during three influenza seasons. 査読

    Fukusumi M, Kanagawa Y, Ohfuji S, Miyazaki K, Matsui T, Mizoguchi K, Yuguchi Y, Fukushima W, Oishi K, Hirota Y

    国立感染症研究所 Japanese Journal of Infectious Diseases 編集委員会 Japanese journal of infectious diseases   2020年07月( ISSN:1344-6304

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Station staff may be at high risk for influenza due to high frequency of contacts with other persons. We examined the risk of influenza by occupational group in a railway company. A retrospective observational study was conducted among employees at a branch office of a railway company in eastern Japan, located in a metropolitan area, for each of the 2012/13, 2013/14, and 2014/15 influenza seasons. The study population was employees who had received an influenza vaccination for the season in question and the previous season. Outcome was defined as self-reported influenza illness during the relevant season, identified through the vaccine screening questionnaire in the next season. Study participants were employees from whom we were able to obtain outcome information. Standardized morbidity ratios (SMRs) by occupational group (station staff, engineers, train crew) for each season were calculated. For the 2012/13, 2013/14, and 2014/15 seasons, attack rates were 4.7% (19/403), 5.2% (21/407), and 7.8% (31/397), respectively. Compared with all participants, SMRs of station staff were lower in the 2012/13 (SMR=57; 95%CI=18–133) and 2014/15 (SMR=75; 95%CI=36–138) seasons and similar in the 2013/14 season. Enhanced countermeasures, regardless of occupational group, may be effective in preventing the spread of influenza infection.</p>

    DOI: 10.7883/yoken.JJID.2019.245

    PubMed

    CiNii Article

  • Surgery trends for osteonecrosis of the femoral head: a fifteen-year multi-centre study in Japan. 査読

    Kaneko S, Takegami Y, Seki T, Fukushima W, Sakai T, Ando W, Ishiguro N, Sugano N

    International orthopaedics   44 ( 4 )   761 - 769   2020年04月( ISSN:0341-2695

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00264-020-04480-6

    PubMed

  • Risk factors for hepatocellular carcinoma in treated chronic hepatitis C patients-Relationship to smoking and alcohol 査読

    Matsuura Tomoka, Ohfuji Satoko, Enomoto Masaru, Tamori Akihiro, Kubo Shoji, Kioka Kiyohide, Kawada Norifumi, Fukushima Wakaba

    JGH OPEN   4 ( 5 )   867 - 875   2020年04月( ISSN:2397-9070

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jgh3.12331

    PubMed

  • Safety of influenza vaccination on adverse birth outcomes among pregnant women: A prospective cohort study in Japan. 査読

    Ohfuji S, Deguchi M, Tachibana D, Koyama M, Takagi T, Yoshioka T, Urae A, Ito K, Kase T, Maeda A, Kondo K, Fukushima W, Hirota Y, Osaka Pregnant Women Influenza Study Group.

    International journal of infectious diseases : IJID : official publication of the International Society for Infectious Diseases   93   68 - 76   2020年04月( ISSN:1201-9712

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijid.2020.01.033

    PubMed

  • Hypoalbuminemia, Pneumococcal Vaccination and the Risk of Community-Acquired Pneumonia in the Elderly: a Case-Control Study in Southern Japan 査読

    Washio Masakazu, Kondo Kyoko, Fukushima Wakaba, Ohfuji Satoko, Fujisawa Nobumitsu, Matsumoto Takafumi, Tashiro Hideki, Nogami Hiroko, Iwanaga Tomoaki, Nakanishi Yoichi, Kitazono Takanari, Suzuki Kanzo, Ide Yuichiro, Hirota Yoshio

    International Medical Journal   27 ( 1 )   24 - 27   2020年02月( ISSN:1341-2051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    65歳以上の高齢者における市中肺炎の発症と肺炎球菌ワクチンの予防効果を明らかにするため、院内症例対照研究を行った。福岡県の4病院が経験した市中肺炎の新規発症患者70名(男性49名、年齢65〜98歳)(症例群)と、患者ごとに性別と年齢をマッチさせて選出した肺炎以外の外来受診患者146名(男性97名、65〜97歳)(対照群)を研究対象とした。年齢、性別、受診病院で調整した場合、低アルブミン血症は市中肺炎罹患のリスク増大と有意に関連し(調整済みオッズ比(OR)4.15、95%信頼区間(CI)1.76〜9.80)、日常生活活動度は市中肺炎リスクと負に関連していた(「自立可能」対「障害あり」の比較における調整済みOR 0.45、95%CI 0.22〜0.93)。さらにサブグループ解析で低アルブミン血症がみられた集団に限定した場合、ここ5年以内にワクチン接種を受けたことは市中肺炎リスク低減と関連していることが無調整の場合には有意に示されたが(粗オッズ比0.22、95%CI 0.06〜0.86)、先の3因子で調整後には有意なものとしては検出されなかった。高齢者において低アルブミン血症がみられること、および日常生活活動に障害があることは市中肺炎リスクを増大させている可能性が示された。また肺炎球菌ワクチンは低アルブミン血症の高齢者に対し市中肺炎を予防できると考えられた。

  • Nationwide survey on cerebral amyloid angiopathy in Japan 査読

    Sakai K., Ueda M., Fukushima W., Tamaoka A., Shoji M., Ando Y., Yamada M.

    EUROPEAN JOURNAL OF NEUROLOGY   26 ( 12 )   1487 - 1493   2019年12月( ISSN:1351-5101

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ene.14031

  • Estimated prevalence of ulcerative colitis and Crohn's disease in Japan in 2014: an analysis of a nationwide survey 査読

    Murakami Yoshitaka, Nishiwaki Yuji, Oba Mari S., Asakura Keiko, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Suzuki Yasuo, Nakamura Yosikazu

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   54 ( 12 )   1070 - 1077   2019年12月( ISSN:0944-1174

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00535-019-01603-8

    PubMed

  • Japanese periodical nationwide epidemiologic survey of aberrant portal hemodynamics 査読

    Ohfuji Satoko, Furuichi Yoshihiro, Akahoshi Tomohiko, Kage Masayoshi, Obara Katsutoshi, Hashizume Makoto, Matsuura Tomoka, Fukushima Wakaba, Nakamura Yosikazu

    HEPATOLOGY RESEARCH   49 ( 8 )   890 - 901   2019年08月( ISSN:1386-6346

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hepr.13343

    PubMed

  • Lower dietary variety is a relevant factor for malnutrition in older Japanese home-care recipients: a cross-sectional study 査読

    Tsuji Taeko, Yamamoto Kaoru, Yamasaki Kazuyo, Hayashi Fumikazu, Momoki Chika, Yasui Yoko, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Habu Daiki

    BMC GERIATRICS   19 ( 1 )   197   2019年07月( ISSN:1471-2318

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12877-019-1206-z

    PubMed

  • The association between environmental factors and the development of Crohn's disease with focusing on passive smoking: A multicenter case-control study in Japan 査読

    Kondo Kyoko, Ohfuji Satoko, Watanabe Kenji, Yamagami Hirokazu, Fukushima Wakaba, Ito Kazuya, Suzuki Yasuo, Hirota Yoshio, Motoya Satoshi, Sakuraba Hirotake, Ishiguro Yo, Sasaki Iwao, Suzuki Kenji, Fukuda Katsuyuki, Saruta Masayuki, Shinozaki Masaru, Shimizu Toshiaki, You Aoyagi, Nagahori Masakazu, Watanabe Mamoru, Kanai Takanori, Iizuka Bunei, Watanabe Toshiaki, Kobayashi Kiyonori, Kunisaki Reiko, Sugita Akira, Ishige Takashi, Miura Soichiro, Hokari Ryota, Hanai Hiroyuki, Goto Hidemi, Ando Takafumi, Tanida Satoshi, Joh Takashi, Mizoshita Tsutomu, Sasaki Makoto, Kitamura Kazuya, Umegae Satoru, Fujiyama Yoshihide, Ando Akira, Shimizu Seiji, Yoshioka Kazuhiko, Kitano Atsuo, Aomatsu Kazuki, Naito Yuji, Yoshida Masaru, Ooi Makoto, Matsumoto Takayuki, Fukunaga Ken, Iimuro Masaki, Ikeuchi Hiroki, Ishihara Shunji, Tanaka Shinji, Ueno Yoshitaka, Matsui Toshiyuki, Yano Yutaka, Yamasaki Hiroshi, Mitsuyama Keichi, Yamamoto Shojiro, Tsubouchi Hirohito, Sugimura Kazuhito, Tenjin Takanori

    PLOS ONE   14 ( 6 )   e0216429   2019年06月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0216429

    PubMed

  • Nationwide epidemiologic study of norovirus-related hospitalization among Japanese older adults 査読

    Ohfuji Satoko, Kondo Kyoko, Ito Kazuya, Kase Tetsuo, Maeda Akiko, Fukushima Wakaba, Masuda Taisei, Kano Munehide

    BMC INFECTIOUS DISEASES   19 ( 1 )   400   2019年05月( ISSN:1471-2334

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12879-019-4007-2

    PubMed

  • 全身性エリテマトーデス患者におけるステロイド関連大腿骨頭壊死症に対するアトルバスタチンの予防効果 ランダム化比較試験(The Effect of Atorvastatin on the Incidence of Steroid-associated Osteonecrosis of the Femoral Head in Patients with Systemic Lupus Erythematosus: A Randomized Controlled Trial) 査読

    石田 雅史, 齊藤 正純, 後藤 毅, 上島 圭一郎, 藤岡 幹浩, 山路 健, 黒田 毅, 福島 若葉, 天野 宏一, 生駒 和也, 久保 俊一

    (公大)京都府立医科大学 京都府立医科大学雑誌   128 ( 5 )   321 - 332   2019年05月( ISSN:0023-6012

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    スタチンは動物実験においてステロイド関連骨壊死の発生を抑制することが報告されている。しかし、臨床例において大腿骨頭壊死症(osteonecrosis of the femoral head;ONFH)の発生を抑制できるかは明らかになっていない。本研究の目的はアトルバスタチンがステロイド関連ONFHの発生を抑制するかについてランダム化比較試験を行うことである。初回ステロイド投与を受ける全身性エリテマトーデス患者を対象とし、アトルバスタチン投与を行う治療群(23例)と投与を行わない対照群(24例)に無作為に振り分けた。ONFH発生の有無はステロイド投与から6ヵ月後のMRIで判定した。ONFHは両群ともに6例に発生し、発生率に有意な差はなかった。多変量解析の結果、アトルバスタチンのONFHに対する抑制効果は明らかでなかった。本ランダム化比較試験において、アトルバスタチンは全身性エリテマトーデス患者におけるステロイド関連ONFHの発生を抑制しなかった。(著者抄録)

  • Background Risk Factors Associated with Shunt Intervention for Possible Idiopathic Normal Pressure Hydrocephalus: A Nationwide Hospital-Based Survey in Japan. 査読

    Nakajima M, Kuriyama N, Miyajima M, Ogino I, Akiba C, Kawamura K, Kurosawa M, Watanabe Y, Fukushima W, Mori E, Kato T, Sugano H, Tange Y, Karagiozov K, Arai H

    Journal of Alzheimer's disease : JAD   2019年03月( ISSN:1387-2877

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3233/JAD-180955

    PubMed

  • Association between dietary iron and zinc intake and development of ulcerative colitis: A case-control study in Japan. 査読

    Kobayashi Y, Ohfuji S, Kondo K, Fukushima W, Sasaki S, Kamata N, Yamagami H, Fujiwara Y, Suzuki Y, Hirota Y, Japanese Case-Control Study Group for Ulcerative Colitis.

    Journal of gastroenterology and hepatology   2019年03月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.14642

    PubMed

  • Preventive effects of pneumococcal and influenza vaccines on community-acquired pneumonia in older individuals in Japan: a case-control study. 査読

    Suzuki K, Kondo K, Washio M, Kan S, Imai S, Yoshimura K, Ota C, Ohfuji S, Fukushima W, Hirota Y, Nakashima K

    Human vaccines & immunotherapeutics   2019年02月( ISSN:2164-5515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/21645515.2019.1584023

    PubMed

  • Diagnostic accuracy of presepsin for sepsis by the new Sepsis-3 definitions. 査読

    Yamamoto T, Nishimura T, Kaga S, Uchida K, Tachibana Y, Esaki M, Fukushima W, Kondo K, Mizobata Y

    The American journal of emergency medicine   2019年01月( ISSN:0735-6757

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajem.2019.01.025

    PubMed

  • Etiologic Classification Criteria of ARCO on Femoral Head Osteonecrosis Part 1: Glucocorticoid-Associated Osteonecrosis. 査読

    Yoon BH, Jones LC, Chen CH, Cheng EY, Cui Q, Drescher W, Fukushima W, Gangji V, Goodman SB, Ha YC, Hernigou P, Hungerford M, Iorio R, Jo WL, Khanduja V, Kim H, Kim SY, Kim TY, Lee HY, Lee MS, Lee YK, Lee YJ, Mont MA, Sakai T, Sugano N, Takao M, Yamamoto T, Koo KH

    The Journal of arthroplasty   34 ( 1 )   163 - 168.e1   2019年01月( ISSN:0883-5403

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.arth.2018.09.005

    PubMed

  • Etiologic Classification Criteria of ARCO on Femoral Head Osteonecrosis Part 2: Alcohol-Associated Osteonecrosis. 査読

    Yoon BH, Jones LC, Chen CH, Cheng EY, Cui Q, Drescher W, Fukushima W, Gangji V, Goodman SB, Ha YC, Hernigou P, Hungerford M, Iorio R, Jo WL, Khanduja V, Kim H, Kim SY, Kim TY, Lee HY, Lee MS, Lee YK, Lee YJ, Mont MA, Sakai T, Sugano N, Takao M, Yamamoto T, Koo KH

    The Journal of arthroplasty   34 ( 1 )   169 - 174.e1   2019年01月( ISSN:0883-5403

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.arth.2018.09.006

    PubMed

  • Commentary: Test negative design reduces confounding by healthcare-seeking attitude in case-control studies. 招待 査読

    Ozasa K, Fukushima W

    日本疫学会 Journal of epidemiology   2018年11月( ISSN:0917-5040

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2188/jea.JE20180177

    PubMed

    CiNii Article

  • Nationwide Survey of Pediatric Inpatients With Hand, Foot, and Mouth Disease, Herpangina, and Associated Complications During an Epidemic Period in Japan: Estimated Number of Hospitalized Patients and Factors Associated With Severe Cases. 査読

    Takechi M, Fukushima W, Nakano T, Inui M, Ohfuji S, Kase T, Ito K, Kondo K, Maeda A, Shimizu H, Hirota Y

    日本疫学会 Journal of epidemiology   2018年11月( ISSN:0917-5040

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Background:</b> Severe pediatric cases of hand, foot, and mouth disease (HFMD), herpangina (HA), and associated complications caused by enterovirus 71 (EV71) infection have brought substantial public health impact in Asia. This study aimed to elucidate the epidemiology of these pediatric cases in Japan.</p><p><b>Methods:</b> A nationwide survey was conducted using stratified random sampling of hospital pediatric departments. We estimated the number of inpatients with HFMD, HA, and associated complications between April 1 and September 30, 2010, during which EV71 was circulating predominantly. Factors associated with severe cases with ≥7 days of admission, sequelae, or outcome of death were analyzed using multivariate logistic regression.</p><p><b>Results:</b> During the 6-month epidemic period, the number of pediatric inpatients aged <15 years was about 2,900 (estimated cumulative incidence of hospitalized cases: 17.0 per 100,000 population). Severe cases were significantly associated with younger age. Compared to patients ≥5 years of age, the odds ratios (ORs) for <1 year of age and 1 to <3 years of age were 5.74 (95% confidence interval [CI], 2.14–15.4) and 2.94 (95% CI, 1.02–8.51), respectively. Elevated ORs for hyperglycemia (plasma glucose level of ≥8.3 mmol/L) on admission (OR 3.60; 95% CI, 0.94–13.8) were also observed.</p><p><b>Conclusions:</b> Disease burden of pediatric inpatients with HFMD, HA, and associated complications in Japan was described for the first time. During an EV71 epidemic, younger age and, suggestively, hyperglycemia may have been critical factors requiring more careful treatment.</p>

    DOI: 10.2188/jea.JE20180060

    PubMed

    CiNii Article

  • Expansive Suspension Laminoplasty Using a Spinous Process-Splitting Approach for Lumbar Spinal Stenosis: Surgical Technique and Outcomes Over 8 Years of Follow-up 査読

    Kakiuchi Masaaki, Wada Eiji, Harada Takeo, Ito Kazuya, Fukushima Wakaba

    JOURNAL OF THE AMERICAN ACADEMY OF ORTHOPAEDIC SURGEONS GLOBAL RESEARCH AND REVIEWS   2 ( 10 )   e008   2018年10月( ISSN:2474-7661

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5435/JAAOSGlobal-D-18-00008

    PubMed

  • Nationwide multicenter follow-up cohort study of hip arthroplasties performed for osteonecrosis of the femoral head 招待 査読

    Kobayashi Seneki, Kubo Toshikazu, Iwamoto Yukihide, Fukushima Wakaba, Sugano Nobuhiko

    INTERNATIONAL ORTHOPAEDICS   42 ( 7 )   1661 - 1668   2018年07月( ISSN:0341-2695

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00264-018-3980-1

    PubMed

  • Prior vaccinations improve immunogenicity of inactivated influenza vaccine in young children aged 6 months to 3 years A cohort study 査読

    Ito Kazuya, Mugitani Ayumi, Irie Shin, Ishibashi Motoki, Takasaki Yoshio, Shindo Shizuo, Yokoyama Takashi, Yamashita Yuji, Shibao Keigo, Koyanagi Hideki, Fukushima Wakaba, Ohfuji Satoko, Maeda Akiko, Kase Tetsuo, Hirota Yoshio

    MEDICINE   97 ( 29 )   e11551   2018年07月( ISSN:0025-7974

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000011551

    PubMed

  • Shunt Intervention for Possible Idiopathic Normal Pressure Hydrocephalus Improves Patient Outcomes: A Nationwide Hospital-Based Survey in Japan 査読

    Nakajima Madoka, Miyajima Masakazu, Ogino Ikuko, Akiba Chihiro, Kawamura Kaito, Kurosawa Michiko, Kuriyama Nagato, Watanabe Yoshiyuki, Fukushima Wakaba, Mori Etsuro, Kato Takeo, Sugano Hidenori, Karagiozov Kostadin, Arai Hajime

    FRONTIERS IN NEUROLOGY   9   421   2018年06月( ISSN:1664-2295

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fneur.2018.00421

    PubMed

  • Protective Effect of Maternal Influenza Vaccination on Influenza in Their Infants: A Prospective Cohort Study 査読 国際共著

    Ohfuji Satoko, Deguchi Masaaki, Tachibana Daisuke, Koyama Masayasu, Takagi Tetsu, Yoshioka Takayuki, Urae Akinori, Ito Kazuya, Kase Tetsuo, Maeda Akiko, Kondo Kyoko, Fukushima Wakaba, Hirota Yoshio

    JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES   217 ( 6 )   878 - 886   2018年03月( ISSN:0022-1899

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1093/infdis/jix629

    PubMed

  • Nationwide Survey of 741 Patients with Systemic Amyloid Light-chain Amyloidosis in Japan 査読 国際共著

    Shimazaki Chihiro, Hata Hiroyuki, Iida Sinsuke, Ueda Mitsuharu, Katoh Nagaaki, Sekijima Yoshiki, Ikeda Shuichi, Yazaki Masahide, Fukushima Wakaba, Ando Yukio

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   57 ( 2 )   181 - 187   2018年01月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    <p><b>Objective </b>To retrospectively investigate the clinical manifestations of systemic amyloid light-chain (AL) amyloidosis in Japanese patients and the treatment strategy for the condition. </p><p><b>Methods </b>We conducted a survey of Japanese AL amyloidosis patients, who were treated between January 1, 2012, and December 31, 2014. </p><p><b>Results </b>A total of 741 AL amyloidosis patients were included in this study (436 men and 305 women; median age: 65 years old, range: 31-93). The most frequently affected organ was the kidneys (n=542), followed by the heart (n=252), gastrointestinal (GI) tract (n=164), autonomic nervous system (n=131), liver (n=71), and peripheral nervous system (n=71). Diagnostic findings were most commonly detected in the GI tract (upper GI tract: 350 cases, lower GI tract: 167 cases), followed by the bone marrow and kidneys. An abdominal fat-pad biopsy was only conducted in 128 patients. Autologous stem cell transplants (ASCTs) and bortezomib were used to treat 126 and 276 patients, respectively. </p><p><b>Conclusion </b>The clinical features of Japanese patients with systemic AL amyloidosis are similar to those reported previously for cases in the US and Europe. Regarding treatment, a significant number of ASCTs were performed in Japan as well as in Western countries. Surprisingly, a marked number of patients received bortezomib as a treatment for AL amyloidosis. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.9206-17

    PubMed

    CiNii Article

  • Factors associated with functional limitations in the daily living activities of Japanese hip osteoarthritis patients 査読 国際共著

    Kondo Kyoko, Jingushi Seiya, Ohfuji Satoko, Sofue Muroto, Itoman Moritoshi, Matsumoto Tadami, Hamada Yoshiki, Shindo Hiroyuki, Takatori Yoshio, Yamada Harumoto, Yasunaga Yuji, Ito Hiroshi, Mori Satoshi, Owan Ichiro, Fujii Genji, Ohashi Hirotsugu, Fukushima Wakaba, Maeda Akiko, Inui Miki, Takahashi Shinji, Hirota Yoshio

    INTERNATIONAL JOURNAL OF RHEUMATIC DISEASES   20 ( 10 )   1372 - 1382   2017年10月( ISSN:1756-1841

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1111/1756-185X.12955

    PubMed

  • Key points in evaluating immunogenicity of pandemic influenza vaccines: A lesson from immunogenicity studies of influenza A(H1N1) pdm09 vaccine 招待 査読 国際共著

    Ohfuji Satoko, Kobayashi Masayuki, Ide Yuichiro, Egawa Yumi, Saito Tomoko, Kondo Kyoko, Ito Kazuya, Kase Tetsuo, Maeda Akiko, Fukushima Wakaba, Hirota Yoshio

    VACCINE   35 ( 39 )   5303 - 5308   2017年09月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2017.07.092

    PubMed

  • Identification of predictive markers of the therapeutic effect of eribulin chemotherapy for locally advanced or metastatic breast cancer 査読

    Kashiwagi Shinichiro, Fukushima Wakaba, Asano Yuka, Goto Wataru, Takada Koji, Noda Satoru, Takashima Tsutomu, Onoda Naoyoshi, Ohsawa Masahiko, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    BMC CANCER   17 ( 1 )   604   2017年08月( ISSN:1471-2407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-017-3598-5

    PubMed

  • Estimating influenza disease burden among pregnant women: Application of self-control method 招待 査読 国際共著

    Ohfuji Satoko, Deguchi Masaaki, Tachibana Daisuke, Koyama Masayasu, Takagi Tetsu, Yoshioka Takayuki, Urae Akinori, Fukushima Wakaba, Hirota Yoshio

    VACCINE   35 ( 36 )   4811 - 4816   2017年08月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2017.07.006

    PubMed

  • Oseltamivir use and severe abnormal behavior in Japanese children and adolescents with influenza: Is a self-controlled case series study applicable? 招待 査読 国際共著

    Fukushima Wakaba, Ozasa Kotaro, Okumura Akihisa, Mori Masaaki, Hosoya Mitsuaki, Nakano Takashi, Tanabe Takuya, Yamaguchi Naoto, Suzuki Hiroshi, Mori Mitsuru, Hatayama Hideaki, Ochiai Hirotaka, Kondo Kyoko, Ito Kazuya, Ohfuji Satoko, Nakamura Yosikazu, Hirota Yoshio

    VACCINE   35 ( 36 )   4817 - 4824   2017年08月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2017.07.007

    PubMed

  • Effectiveness of 23-valent pneumococcal polysaccharide vaccine and seasonal influenza vaccine for pneumonia among the elderly - Selection of controls in a case-control study 招待 査読 国際共著

    Kondo Kyoko, Suzuki Kanzo, Washio Masakazu, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Maeda Akiko, Hirota Yoshio

    VACCINE   35 ( 36 )   4806 - 4810   2017年08月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2017.07.005

    PubMed

  • Basic principles of test-negative design in evaluating influenza vaccine effectiveness 招待 査読 国際共著

    Fukushima Wakaba, Hirota Yoshio

    VACCINE   35 ( 36 )   4796 - 4800   2017年08月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2017.07.003

    PubMed

  • Direct-acting antivirals治療例におけるC型肝炎ウイルス感染経路の検討 再感染リスクを踏まえて 査読

    湯川 芳美, 田守 昭博, 寺西 優雅, 元山 宏行, 小塚 立蔵, 川村 悦史, 萩原 淳司, 打田 佐和子[小林], 森川 浩安, 榎本 大, 村上 善基, 福島 若葉, 河田 則文

    (一社)日本肝臓学会 肝臓   58 ( 8 )   435 - 440   2017年08月( ISSN:0451-4203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当院で2014年9月から2016年8月までに直接作用型抗ウイルス薬治療を施行したC型慢性肝疾患患者616例及び2007年5月以降に経験したC型急性肝炎患者8例に対し、感染経路の実態を調査し再感染の可能性について検討した。616例のうち感染経路を推定しえた症例は372例(60.4%)であり、その内訳は輸血歴/手術歴/薬物使用歴/家族歴/刺青:189/279/30/18/24例(51.3%/75.8%/8.2%/4.9%/6.5%)であった(重複回答含む)。薬物使用歴、刺青を有する患者の特徴として若年、男性、genotype 2があげられた。また、外来治療を自己中断した症例の特徴も同様に若年、男性、genotype 2であった。観察期間内に再感染例はみられなかったが、今後再感染を予防する上で、これらに対する慎重な経過観察と患者教育が重要な課題である。(著者抄録)

  • Direct-acting antivirals治療例におけるC型肝炎ウイルス感染経路の検討 再感染リスクを踏まえて 査読

    湯川 芳美, 田守 昭博, 寺西 優雅, 元山 宏行, 小塚 立蔵, 川村 悦史, 萩原 淳司, 打田 佐和子, 森川 浩安, 榎本 大, 村上 善基, 福島 若葉, 河田 則文

    (一社)日本肝臓学会 肝臓   58 ( 8 )   435 - 440   2017年08月( ISSN:0451-4203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当院で2014年9月から2016年8月までに直接作用型抗ウイルス薬治療を施行したC型慢性肝疾患患者616例及び2007年5月以降に経験したC型急性肝炎患者8例に対し、感染経路の実態を調査し再感染の可能性について検討した。616例のうち感染経路を推定しえた症例は372例(60.4%)であり、その内訳は輸血歴/手術歴/薬物使用歴/家族歴/刺青:189/279/30/18/24例(51.3%/75.8%/8.2%/4.9%/6.5%)であった(重複回答含む)。薬物使用歴、刺青を有する患者の特徴として若年、男性、genotype 2があげられた。また、外来治療を自己中断した症例の特徴も同様に若年、男性、genotype 2であった。観察期間内に再感染例はみられなかったが、今後再感染を予防する上で、これらに対する慎重な経過観察と患者教育が重要な課題である。(著者抄録)

  • Nationwide hospital-based survey of idiopathic normal pressure hydrocephalus in Japan: Epidemiological and clinical characteristics 査読

    Kuriyama Nagato, Miyajima Masakazu, Nakajima Madoka, Kurosawa Michiko, Fukushima Wakaba, Watanabe Yoshiyuki, Ozaki Etsuko, Hirota Yoshio, Tamakoshi Akiko, Mori Etsuro, Kato Takeo, Tokuda Takahiko, Urae Akinori, Arai Hajime

    BRAIN AND BEHAVIOR   7 ( 3 )   e00635   2017年03月( ISSN:2162-3279

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/brb3.635

    PubMed

  • Antibody titres and boosting after natural malaria infection in BK-SE36 vaccine responders during a follow-up study in Uganda 査読

    Yagi Masanori, Palacpac Nirianne M. Q., Ito Kazuya, Oishi Yuko, Itagaki Sawako, Balikagala Betty, Ntege Edward H., Yeka Adoke, Kanoi Bernard N., Katuro Osbert, Shirai Hiroki, Fukushima Wakaba, Hirota Yoshio, Egwang Thomas G., Horii Toshihiro

    SCIENTIFIC REPORTS   6   34363   2016年10月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep34363

    PubMed

  • 肺炎球菌ワクチン接種高齢者と非接種高齢者の特徴 福岡県における高齢者肺炎の症例対照研究参加者の解析結果より 査読

    鷲尾 昌一, 近藤 亨子, 藤澤 伸光, 松元 崇史, 原田 英治, 田代 英樹, 野上 裕子, 岩永 知秋, 武富 正彦, 中西 洋一, 北園 孝成, 井手 悠一郎, 大藤 さと子, 福島 若葉, 鈴木 幹三

    大道学館出版部 臨牀と研究   93 ( 8 )   1109 - 1112   2016年08月( ISSN:0021-4965

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    65歳以上の肺炎患者を症例とし、1症例に対し性と年齢(10歳以内)をマッチさせた、65歳以上の同じ医療施設の非肺炎患者1例から3例を対照とする症例対照研究を行った。データセットに含まれる肺炎患者50例(男性32名、女性18名、平均78歳)と非肺炎患者110例(男性66名、女性44名、平均77歳)全員を肺炎球菌ワクチン接種者32例と非接種者128例に分けた。肺炎球菌ワクチン接種者は非接種者に比べ、75歳以上の後期高齢者、老人ホーム入所者、寝たきり、インフルエンザワクチン接種者の割合が多く、ADL自立の割合が少なかった。肺炎球菌ワクチン接種者は非接種者に比べ、低アルブミン血症在宅酸素療法、肺気腫、慢性気管支炎の割合が高く、心臓病の割合が少なかった。

  • Immunogenicity and Efficacy of A/H1N1pdm Vaccine Among Subjects With Severe Motor and Intellectual Disability in the 2010/11 Influenza Season 査読

    Hara Megumi, Hanaoka Tomoyuki, Maeda Kazuhiro, Kase Tetsuo, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Hirota Yoshio

    日本疫学会 JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY   26 ( 6 )   300 - 306   2016年06月( ISSN:0917-5040

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <b>Background: </b>While the immunogenicity and effectiveness of seasonal influenza vaccines among subjects with severe motor and intellectual disability (SMID) are known to be diminished, the efficacy of the A/H1N1pdm vaccine has not been evaluated.<BR><b>Methods: </b>We prospectively evaluated 103 subjects with SMID (mean age, 41.7 years) who received trivalent inactivated influenza vaccine during the 2010/11 influenza season. The hemagglutination inhibition (HI) antibody titer was measured in serum samples collected pre-vaccination (S0), post-vaccination (S1), and end-of-season (S2) to evaluate subjects&rsquo; immunogenicity capacity. Vaccine efficacy was assessed based on antibody efficacy and achievement proportion.<BR><b>Results: </b>The proportions of seroprotection and seroconversion, and the geometric mean titer (GMT) ratio (GMT at S1/GMT at S0) for A/H1N1pdm were 46.0%, 16.0%, and 1.8, respectively&mdash;values which did not meet the European Medicines Evaluation Agency criteria. The achievement proportion was 26%. During follow-up, 11 of 43 subjects with acute respiratory illness were diagnosed with type A influenza according to a rapid influenza diagnostic test (RIDT), and A/H1N1pdm strains were isolated from the throat swabs of 5 of those 11 subjects. When either or both RIDT-diagnosed influenza or serologically diagnosed influenza (HI titer at S2/HI titer at S1 &ge;2) were defined as probable influenza, subjects with A/H1N1pdm seroprotection were found to have a lower incidence of probable influenza (odds ratio, 0.31; antibody efficacy, 69%; vaccine efficacy, 18%).<BR><b>Conclusions: </b>In the present seasonal assessment, antibody efficacy was moderate against A/H1N1pdm among SMID subjects, but vaccine efficacy was low due to the reduced immunogenicity of SMID subjects.

    DOI: 10.2188/jea.JE20150036

    PubMed

    CiNii Article

  • 喫煙習慣と肺および胃、大腸がん検診受診の関連 査読

    濱 秀聡, 田淵 貴大, 伊藤 ゆり, 福島 若葉, 松永 一朗, 宮代 勲, 中山 富雄

    日本公衆衛生学会 日本公衆衛生雑誌   63 ( 3 )   126 - 134   2016年03月( ISSN:0546-1766

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    目的 第二期がん対策推進計画の柱として、がんの早期発見とたばこ対策の推進がある。しかし、我が国のがん検診受診率は総じて低く、また喫煙率も高い。本研究は、がん死亡リスクの高い喫煙者のがん検診受診状況を把握するため、喫煙習慣と肺・胃・大腸がん検診受診の関連、さらに1日の喫煙本数およびブリンクマン指数(BI)と各がん検診受診の関連を検討した。方法 2011年に大阪市住民(25〜64歳の男女)を対象とした社会生活と健康に関する横断調査を実施した(有効回収率:52.4%)。40〜64歳の2,016人(男性966人、女性1,050人)について、喫煙習慣、喫煙本数およびBIと肺・胃・大腸がん検診受診の関連について、男女別に多変量調整ロジスティック回帰分析を行った。結果 現在喫煙者の肺がん検診受診率は男女ともに50.0%を超えていたものの、各がん検診において、現在喫煙者の受診率は非喫煙者と比較して低かった。喫煙習慣、喫煙本数およびBIと各がん検診受診の関連を検討した結果、男性の現在喫煙者は、非喫煙者と比較して胃および大腸がん検診を有意に受診しておらず、オッズ比はそれぞれ0.71(P=0.036)、0.67(P=0.012)であった。さらに男性では、1日の喫煙本数20本以上およびBI600以上の現在喫煙者は、3種すべてのがん検診を有意に受診しておらず、非喫煙者を基準として20本以上の現在喫煙者のオッズ比は肺0.61(P=0.009)、胃0.61(P=0.009)、大腸0.59(P=0.004)、BI600以上の現在喫煙者は肺0.55(P=0.006)、胃0.62(P=0.028)、大腸0.56(P=0.006)であった。女性では、大腸がん検診受診との間に有意な関連が得られ、非喫煙者に対する1日の喫煙本数20本以上の現在喫煙者のオッズ比は0.39(P=0.004)、BI400以上の現在喫煙者のオッズ比は0.51(P=0.020)であった。結論 喫煙者は非喫煙者に比べてがん検診を受診しておらず、とくに男性においては、喫煙本数が多い者、BIが高い者でその傾向が強かった。喫煙者は検診を受診しないといった意味でもがん死亡リスクが高いと言える。がん死亡リスクの高い者が多く存在する検診未受診者に対してがん検診受診を促進すると同時に、健康やがんについて考える機会である「検診の場」を利用して、喫煙者を対象とした禁煙指導をあわせて実施・推進するべきだと考えられた。(著者抄録)

  • Hypoalbuminemia, influenza vaccination and other factors related to the development of pneumonia acquired outside hospitals in southern Japan: A case-control study 査読

    Washio Masakazu, Kondo Kyoko, Fujisawa Nobumitsu, Harada Eiji, Tashiro Hideki, Mizokami Tetsuya, Nogami Hiroko, Iwanaga Tomoaki, Nakanishi Yoichi, Suzuki Kanzo, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Hirota Yoshio

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   16 ( 2 )   223 - 229   2016年02月( ISSN:1444-1586

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ggi.12456

    PubMed

  • Impact of Spinous Process Integrity on Ten to Twelve-Year Outcomes After Posterior Decompression for Lumbar Spinal Stenosis: Study of Open-Door Laminoplasty Using a Spinous Process-Splitting Approach. 査読

    Kakiuchi M, Fukushima W

    The Journal of bone and joint surgery. American volume   97 ( 20 )   1667 - 77   2015年10月( ISSN:0021-9355

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2106/JBJS.N.01370

    PubMed

  • EXPLORATORY ENDPOINTS IN THE BK-SE36 CLINICAL TRIAL AND FOLLOW-UP STUDY IN UGANDA 査読

    Palacpac Nirianne Marie, Yagi Masanori, Ntege Edward, Yeka Adoke, Balikagala Betty, Shirai Hiroki, Kanoi Bernard, Ito Kazuya, Fukushima Wakaba, Hirota Yoshio, Ishii Ken J., Egwang Thomas G., Horii Toshihiro

    AMERICAN JOURNAL OF TROPICAL MEDICINE AND HYGIENE   93 ( 4 )   113 - 113   2015年10月( ISSN:0002-9637

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大阪府における2014年の麻疹の発生動向のまとめ 麻疹排除に向けて 査読

    八木 由奈, 東野 博彦, 吉田 英樹, 廣川 秀徹, 奥町 彰礼, 高野 正子, 信田 真里, 松岡 太郎, 笹井 康典, 福島 若葉, 田中 智之, 大阪府感染症発生動向調査解析評価小委員会

    日本公衆衛生学会 日本公衆衛生雑誌   62 ( 9 )   566 - 573   2015年09月( ISSN:0546-1766

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    目的 大阪府における2014年の麻疹の流行状況を分析し、府内の今後の麻疹対策について検討を行う。方法 2014年に大阪府内で麻疹と報告された46例に府内集団発生事例で感染者の居住地が他府県であった1例を加えた47例について年齢分布、週別患者発生状況、推定感染経路、渡航歴、麻疹含有ワクチン歴、ウイルス検出状況、発症から届出までに要した日数について分析を行った。結果 患者は青年層成人(20〜39歳)が24例(51%)と半数以上を占めていた。患者報告数は2週から27週にかけてピークを形成し、47週に終息した。主な感染経路としては、感染源不明の国内感染が47例中16例(34%)と最多で、次いで家族内感染(26%)、渡航や海外からの輸入事例(21%)の順であった。また患者の83%が接種歴なし、または不明であった。検出ウイルスはB3、H1、D8とすべて海外由来株であった。15歳以上群は15歳未満群に比べ、発症から届出までの日数が有意に長かった(P=0.001)。結論 府内の麻疹を制圧するためには発症から届け出の遅れを最小限にすることが求められる。医療機関、とくに成人を診療する医療機関への啓発が必要とされる。またすべての感受性者に対する麻疹含有ワクチン接種が必要である。(著者抄録)

  • Booster influenza vaccination does not improve immune response in adult inflammatory bowel disease patients treated with immunosuppressives: a randomized controlled trial 査読

    Matsumoto Hiroko, Ohfuji Satoko, Watanabe Kenji, Yamagami Hirokazu, Fukushima Wakaba, Maeda Kazuhiro, Kamata Noriko, Sogawa Mitsue, Shiba Masatsugu, Tanigawa Tetsuya, Tominaga Kazunari, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Hirota Yoshio, Arakawa Tetsuo

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   50 ( 8 )   876 - 886   2015年08月( ISSN:0944-1174

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00535-015-1042-7

    PubMed

  • Reactogenicity of trivalent inactivated influenza vaccine in young children: Pronounced reactions by previous successive vaccinations 査読

    Okada Chika, Fujieda Megumi, Fukushima Wakaba, Ohfuji Satoko, Kondo Kyoko, Maeda Akiko, Nakano Takashi, Kaji Masaro, Hirota Yoshio

    VACCINE   33 ( 30 )   3586 - 3591   2015年07月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2015.05.040

    PubMed

  • Temporal Trends in Characteristics of Newly Diagnosed Nontraumatic Osteonecrosis of the Femoral Head From 1997 to 2011: A Hospital-Based Sentinel Monitoring System in Japan 査読

    Takahashi Shinji, Fukushima Wakaba, Yamamoto Takuaki, Iwamoto Yukihide, Kubo Toshikazu, Sugano Nobuhiko, Hirota Yoshio

    日本疫学会 JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY   25 ( 6 )   437 - 444   2015年06月( ISSN:0917-5040

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <b>Background: </b>Nontraumatic osteonecrosis of the femoral head (ONFH) is a rare disorder caused by ischemic necrosis of unknown etiology. A few studies have demonstrated trends in the number of patients with ONFH. However, there are no data on temporal trends in characteristics such as age, gender, and causative factors. To investigate this, we examined data from a multicenter hospital-based sentinel monitoring system in Japan.<BR><b>Methods: </b>A total of 3041 newly-diagnosed ONFH patients from 34 participating hospitals who were reported to the system from 1997&ndash;2011 were analyzed. We examined age at diagnosis, potential causative factors, and underlying diseases for which patients received systemic steroid administration. Their temporal trends were assessed according to date of diagnosis in 5-year intervals (1997&ndash;2001, 2002&ndash;2006, and 2007&ndash;2011).<BR><b>Results: </b>The gender ratio and distribution of potential causative factors did not change. Regarding underlying diseases requiring steroid administration, the proportion of patients with systemic lupus erythematosus decreased in males (10% to 6.4%) and in females (37% to 29%). Proportion of patients with renal transplantation fell consistently across the study period in both males (3.8% to 1.2%) and females (3.2% to 0.8%). In contrast, the proportion of patients receiving steroids for pulmonary disease (except asthma) significantly increased in both males (0.5% to 5.5%) and females (0.5% to 3.6%).<BR><b>Conclusions: </b>This large descriptive study is the first to investigate temporal trends in the characteristics of ONFH, which provide useful information for future studies.

    DOI: 10.2188/jea.JE20140162

    PubMed

    CiNii Article

  • Association between monovalent influenza A (H1N1) pdm09 vaccine and pneumonia among the elderly in the 2009-2010 season in Japan: A case-control study 査読

    Kondo Kyoko, Suzuki Kanzo, Washio Masakazu, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Maeda Akiko, Hirota Yoshio

    HUMAN VACCINES & IMMUNOTHERAPEUTICS   11 ( 5 )   1088 - 1093   2015年05月( ISSN:2164-5515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/21645515.2015.1016668

    PubMed

  • Pertussis outbreak in university students and evaluation of acellular pertussis vaccine effectiveness in Japan 査読

    Hara Megumi, Fukuoka Mami, Tashiro Katsuya, Ozaki Iwata, Ohfuji Satoko, Okada Kenji, Nakano Takashi, Fukushima Wakaba, Hirota Yoshio

    BMC INFECTIOUS DISEASES   15   45   2015年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12879-015-0777-3

    PubMed

  • Determinants of participation in prostate cancer screening: A simple analytical framework to account for healthy-user bias 査読

    Tabuchi Takahiro, Nakayama Tomio, Fukushima Wakaba, Matsunaga Ichiro, Ohfuji Satoko, Kondo Kyoko, Kawano Eiji, Fukuhara Hiroyuki, Ito Yuri, Oshima Akira

    CANCER SCIENCE   106 ( 1 )   108 - 114   2015年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.12561

    PubMed

  • Safety of a Pandemic Influenza Vaccine and the Immune Response in Patients with Duchenne Muscular Dystrophy 査読

    Saito Tomoko, Ohfuji Satoko, Matsumura Tsuyoshi, Saito Toshio, Maeda Kazuhiro, Maeda Akiko, Fukushima Wakaba, Fujimura Harutoshi, Sakoda Saburo, Hirota Yoshio

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   54 ( 10 )   1199 - 1205   2015年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <b>Objective</b> To examine the safety of and immune response to the influenza A(H1N1)pdm09 vaccine in patients with Duchenne muscular dystrophy (DMD).<br> <b>Methods</b> Forty-four non-ambulatory patients with DMD hospitalized in a muscle disease ward and 41 healthy healthcare workers each received one dose of the influenza A(H1N1)pdm09 vaccine. Serum samples were collected before and four weeks after vaccination to measure the hemagglutinin inhibition antibody titers.<br> <b>Results</b> No severe adverse events were noted in any of the subjects. The immune responses of the patients were comparable to those of the healthcare workers. Among the patients, tube feeding and a lower total protein level in the serum were identified to be significantly associated with a lower immune response.<br> <b>Conclusion</b> A single dose of the vaccine was found to be safe and induced an optimal level of immunity in the DMD patients. The nutritional status may be associated with the immune response in patients with DMD.<br>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.54.1186

    PubMed

    CiNii Article

  • Detection of influenza vaccine effectiveness among nursery school children: Lesson from a season with cocirculating respiratory syncytial virus. 査読

    Nakata K, Fujieda M, Miki H, Fukushima W, Ohfuji S, Maeda A, Kase T, Hirota Y

    Human vaccines & immunotherapeutics   11 ( 3 )   545 - 52   2015年( ISSN:2164-5515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/21645515.2015.1011982

    PubMed

  • Pre-Illness Isoflavone Consumption and Disease Risk of Ulcerative Colitis: A Multicenter Case-Control Study in Japan 査読

    Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Watanabe Kenji, Sasaki Satoshi, Yamagami Hirokazu, Nagahori Masakazu, Watanabe Mamoru, Hirota Yoshio

    PLOS ONE   9 ( 10 )   e110270   2014年10月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0110270

    PubMed

  • Factor-associated caregiver burden in medically complex patients with special health-care needs 査読

    Yotani Nobuyuki, Ishiguro Akira, Sakai Hirokazu, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Hirota Yoshio

    PEDIATRICS INTERNATIONAL   56 ( 5 )   742 - 747   2014年10月( ISSN:1328-8067

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ped.12339

    PubMed

  • Immunogenicity of the Trivalent Inactivated Influenza Vaccine in Young Children Less than 4 Years of Age, with a Focus on Age and Baseline Antibodies 査読

    Mugitani Ayumi, Ito Kazuya, Irie Shin, Eto Takashi, Ishibashi Motoki, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Maeda Akiko, Hirota Yoshio

    CLINICAL AND VACCINE IMMUNOLOGY   21 ( 9 )   1253 - 1260   2014年09月( ISSN:1556-6811

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/CVI.00200-14

    PubMed

  • Corticosteroid administration within 2 weeks after renal transplantation affects the incidence of femoral head osteonecrosis 査読

    Saito Masazumi, Ueshima Keiichiro, Fujioka Mikihiro, Ishida Masashi, Goto Tsuyoshi, Arai Yuji, Ikoma Kazuya, Fujiwara Hiroyoshi, Fukushima Wakaba, Kubo Toshikazu

    ACTA ORTHOPAEDICA   85 ( 3 )   266 - 270   2014年06月( ISSN:1745-3674

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/17453674.2014.916490

    PubMed

  • Individualized and institutionalized residential place-based discrimination and self-rated health: a cross-sectional study of the working-age general population in Osaka city, Japan 査読

    Tabuchi Takahiro, Nakaya Tomoki, Fukushima Wakaba, Matsunaga Ichiro, Ohfuji Satoko, Kondo Kyoko, Inui Miki, Sayanagi Yuka, Hirota Yoshio, Kawano Eiji, Fukuhara Hiroyuki

    BMC PUBLIC HEALTH   14   449   2014年05月( ISSN:1471-2458

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1471-2458-14-449

    PubMed

  • Influenza A(H1N1)pdm09 vaccine effectiveness and other characteristics associated with hospitalization in chronic liver disease patients 査読

    Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Sasaki Yachiyo, Tamori Akihiro, Kurai Osamu, Kioka Kiyohide, Maeda Kazuhiro, Maeda Akiko, Hirota Yoshio

    LIVER INTERNATIONAL   34 ( 5 )   700 - 706   2014年05月( ISSN:1478-3223

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/liv.12295

    PubMed

  • Immunogenicity of influenza A(H1N1)pdm09 vaccine in patients with diabetes mellitus With special reference to age, body mass index, and HbA1c 査読

    Egawa Yumi, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Yamazaki Yuko, Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Maeda Kazuhiro, Inaba Masaaki, Hirota Yoshio

    HUMAN VACCINES & IMMUNOTHERAPEUTICS   10 ( 5 )   1187 - 1194   2014年05月( ISSN:2164-5515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4161/hv.28252

    PubMed

  • Infliximab and/or immunomodulators inhibit immune responses to trivalent influenza vaccination in adults with inflammatory bowel disease 査読

    Hagihara Yoshie, Ohfuji Satoko, Watanabe Kenji, Yamagami Hirokazu, Fukushima Wakaba, Maeda Kazuhiro, Karnata Noriko, Sogawa Mitsue, Shiba Masatsugu, Tanigawa Tetsuya, Tominaga Kazunari, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Hirota Yoshio, Arakawa Tetsuo

    JOURNAL OF CROHNS & COLITIS   8 ( 3 )   223 - 233   2014年03月( ISSN:1873-9946

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.crohns.2013.08.008

    PubMed

  • Alcohol 査読

    Wakaba Fukushima, Yoshio Hirota

    Osteonecrosis   95 - 99   2014年01月

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    Osteonecrosis is a condition of bone death leading to joint pain, bone destruction, and loss of function. Nontraumatic osteonecrosis, a disease entity in which the underlying etiology and pathogenesis have not been fully elucidated, commonly involves the femoral heads. Although a wide spectrum of conditions, including systemic steroid administration, that are potentially related to nontraumatic osteonecrosis of the femoral head (ONFH) have been reported so far, alcohol consumption continues to be important as an environmental factor. In this chapter, we present a summary of the descriptive and analytic epidemiology regarding alcohol-induced ONFH, as well as related issues including potential mechanisms for disease etiology and influences of alcohol-associated factors.

    DOI: 10.1007/978-3-642-35767-1_13

  • Role of tumor-infiltrating CD11b(+) antigen-presenting cells in the progression of gastric cancer 査読

    Okita Yoshihiro, Tanaka Hiroaki, Ohira Masaichi, Muguruma Kazuya, Kubo Naoshi, Watanabe Mao, Fukushima Wakaba, Hirakawa Kosei

    JOURNAL OF SURGICAL RESEARCH   186 ( 1 )   192 - 200   2014年01月( ISSN:0022-4804

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jss.2013.08.024

    PubMed

  • Effect modification of body mass index and body fat percentage on fatty liver disease in a Japanese population 査読

    Saida Tomomi, Fukushima Wakaba, Ohfuji Satoko, Kondo Kyoko, Matsunaga Ichiro, Hirota Yoshio

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   29 ( 1 )   128 - 136   2014年01月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.12377

    PubMed

  • Immunogenicity of a monovalent influenza A(H1N1)pdm09 vaccine in patients with hematological malignancies 査読

    Ide Yuichiro, Imamura Yutaka, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Ide Saburo, Tsutsumi Chiyo, Koga Masahisa, Maeda Kazuhiro, Hirota Yoshio

    HUMAN VACCINES & IMMUNOTHERAPEUTICS   10 ( 8 )   2387 - 2394   2014年( ISSN:2164-5515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4161/hv.29094

    PubMed

  • Effect of Caffeine-Containing Beverage Consumption on Serum Alanine Aminotransferase Levels in Patients with Chronic Hepatitis C Virus Infection: A Hospital-Based Cohort Study 査読

    Sasaki Yachiyo, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Tamori Akihiro, Enomoto Masaru, Habu Daiki, Iwai Shuji, Uchida-Kobayashi Sawako, Fujii Hideki, Shiomi Susumu, Kawada Norifumi, Hirota Yoshio

    PLOS ONE   8 ( 12 )   e83382   2013年12月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0083382

    PubMed

  • 臨床医のための疫学と統計学の基本 査読

    福島 若葉, 大藤 さとこ, 廣田 良夫

    日本整形外科学会 日本整形外科學會雜誌   87 ( 7 )   563 - 571   2013年07月( ISSN:00215325

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Phase 1b Randomized Trial and Follow-Up Study in Uganda of the Blood-Stage Malaria Vaccine Candidate BK-SE36 査読

    Palacpac Nirianne Marie Q., Ntege Edward, Yeka Adoke, Balikagala Betty, Suzuki Nahoko, Shirai Hiroki, Yagi Masanori, Ito Kazuya, Fukushima Wakaba, Hirota Yoshio, Nsereko Christopher, Okada Takuya, Kanoi Bernard N., Tetsutani Kohhei, Arisue Nobuko, Itagaki Sawako, Tougan Takahiro, Ishii Ken J., Ueda Shigeharu, Egwang Thomas G., Horii Toshihiro

    PLOS ONE   8 ( 5 )   e64073   2013年05月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0064073

    PubMed

  • Immunogenicity of influenza A(H1N1)pdm09 vaccine and the associated factors on lowered immune response in patients with hepatitis C 査読

    Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Tamori Akihiro, Maeda Kazuhiro, Maeda Akiko, Hirota Yoshio

    INFLUENZA AND OTHER RESPIRATORY VIRUSES   7 ( 3 )   456 - 465   2013年05月( ISSN:1750-2640

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1750-2659.2012.00424.x

    PubMed

  • 糖尿病患者におけるインフルエンザA(H1N1)pdm09ワクチンの免疫原性 査読

    江藤 隆, 松原 恵, 永水 美里, 石橋 元規, 都留 智巳, 伊藤 一弥, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 入江 伸, 廣田 良夫

    (一社)日本糖尿病学会 糖尿病   56 ( 4 )   219 - 226   2013年04月( ISSN:0021-437X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    糖尿病患者はインフルエンザに罹患すると重篤化する懸念がある。当該患者集団でのワクチンの免疫原性の検討は重要である。2009/2010シーズンに、外来通院中糖尿病患者49人にA(H1N1)pdm09ワクチンを2回接種し、解析は48人で行った。免疫原性の指標として幾何平均抗体価(GMT)、平均上昇倍数(MFR)、抗体保有率(SP)、抗体応答率(SR)、抗体陽転率(SC)を算出した。抗体応答との関連因子として接種前HI価、年齢、HbA1cなどについて検討した。ワクチン接種後、いずれのカテゴリーにおいてもGMTの上昇は有意であり、全体の1回目接種後(S1)MFRは5.3倍であった。全例解析でSPはS1で52%、2回目接種後(S2)で54%、SRはS1で69%、S2で77%、SCはS1で46%、S2で48%であった。MFRとSCの結果から、本対象での抗体誘導は欧州医薬品審査庁の基準を満たした。接種前HI価とSPに正の関連、年齢とSRに負の関連を認めたが、糖尿病関連因子と抗体応答との間には有意な関連を認めなかった。本結果は、糖尿病の進行が直ちにワクチンの免疫原性の低下に関与するとは言えないことを示唆し、接種禁忌でない糖尿病患者にワクチン接種を推奨することには合理性があると考えられた。(著者抄録)

  • The effect of alcohol intake and the use of oral corticosteroids on the risk of idiopathic osteonecrosis of the femoral head: a case-control study in Japan 査読

    Fukushima W., Yamamoto T., Takahashi S., Sakaguchi M., Kubo T., Iwamoto Y., Hirota Y.

    BONE & JOINT JOURNAL   95B ( 3 )   320 - 325   2013年03月( ISSN:2049-4394

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1302/0301-620X.95B3.30856

  • Effectiveness of an influenza A (H1N1) 2009 monovalent vaccine among Japanese pregnant women: A prospective observational study assessing antibody efficacy 査読

    Fukushima Wakaba, Ohfuji Satoko, Deguchi Masaaki, Kawabata Kazume, Hatayama Hideaki, Yoshida Hideki, Maeda Akiko, Hirota Yoshio

    VACCINE   30 ( 52 )   7630 - 7636   2012年12月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2012.10.027

    PubMed

  • Prognostic factors in patients with idiopathic portal hypertension: Two Japanese nationwide epidemiological surveys in 1999 and 2005 査読

    Murai Yoko, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Tamakoshi Akiko, Yamaguchi Shohei, Hashizume Makoto, Moriyasu Fuminori, Hirota Yoshio

    HEPATOLOGY RESEARCH   42 ( 12 )   1211 - 1220   2012年12月( ISSN:1386-6346

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1872-034X.2012.01033.x

    PubMed

  • Pronounced risk of nontraumatic osteonecrosis of the femoral head among cigarette smokers who have never used oral corticosteroids: a multicenter case-control study in Japan 査読

    Takahashi Shinji, Fukushima Wakaba, Kubo Toshikazu, Iwamoto Yukihide, Hirota Yoshio, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   17 ( 6 )   730 - 736   2012年11月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00776-012-0293-x

    PubMed

  • Pediatric hospitalizations with influenza A infection during the 2009-2010 pandemic in five hospitals in Japan 査読

    Kobayashi Masayuki, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Sugiura Shiro, Kohdera Urara, Itoh Yuhei, Ide Saburo, Ohbu Keizou, Hirota Yoshio

    PEDIATRICS INTERNATIONAL   54 ( 5 )   613 - 618   2012年10月( ISSN:1328-8067

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1442-200X.2012.03645.x

    PubMed

  • 都市部の基本健康診査受診者における禁煙と生活習慣病の関連 査読

    勝田 早希, 福島 若葉, 近藤 亨子, 松永 一朗, 撫井 賀代, 廣田 良夫

    日本公衆衛生学会 日本公衆衛生雑誌   59 ( 7 )   447 - 456   2012年07月( ISSN:0546-1766

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    目的 基本健康診査による健診情報を活用し、都市部住民における喫煙習慣と生活習慣病の関連を検討する。方法 複数年度の健診情報を連結した縦断研究である。2001年度に大阪市全24区の保健センター(現:保健福祉センター)で基本健康診査を受診した63,704人のうち、年齢40〜74歳であり、医療機関で疾病治療中でない者を抽出した。さらに、当該年度の健診情報に基づき、以下のいずれかの項目に該当する者を除外した。(1)Body Mass Index≧25kg/m2、(2)空腹時血糖≧126mg/dlまたは随時血糖≧200mg/dl、(3)HDLコレステロール<40mg/dlまたはnon-HDLコレステロール≧170mg/dl、(4)収縮期血圧≧140mmHgまたは拡張期血圧≧90mmHg、(5)問診票の既往歴欄で、「糖尿病・脂質異常症・高血圧・脳卒中・心筋梗塞・狭心症・その他の心臓病」のいずれかについて既往「あり」と回答。曝露要因は、2001年度の健診受診時の喫煙状況、1日の喫煙本数、Brinkman Indexである。結果指標は、2004年度あるいは2005年度の基本健康診査情報(保健福祉センター実施分)に基づき、新規に確認された(a)肥満、(b)糖尿病、(c)脂質異常症、(d)高血圧、とした。解析には多重ロジスティック回帰モデルを用いた。結果 2001年度の健診情報に基づき定義した対象者15,639人のうち、2004年度あるいは2005年度に健診を受診し、各結果指標の有無を追跡できた者は、肥満:9,327人、糖尿病:9,273人、脂質異常症:9,273人、高血圧:9,323人であった(追跡率:約60%)。(a)肥満:喫煙状況、1日の喫煙本数、Brinkman Indexについて有意な正の関連を認めた。(b)糖尿病:男性でのみ、喫煙状況とBrinkman Indexについて有意な正の関連を認めた。(c)脂質異常症:喫煙状況、1日の喫煙本数、Brinkman Indexについて有意な正の関連を認めた。(d)高血圧:喫煙との有意な関連を認めなかった。結論 都市部の基本健康診査受診者において、喫煙が肥満、脂質異常症のリスクを高めるという結果を得た。また、男性で喫煙による糖尿病のリスク上昇が示された。本結果は、今後の特定健康診査において、喫煙に関する保健指導の基礎資料となると期待される。(著者抄録)

  • PREVALENCE OF AND FACTORS ASSOCIATED WITH CHRONIC KIDNEY DISEASE IN JAPANESE SUBJECTS, WHO HAVE NO KNOWN CHRONIC DISEASE, UNDERGOING AN ANNUAL HEALTH CHECKUP 査読

    Ohno Yoshiteru, Ishimura Eiji, Naganuma Toshihide, Kondo Kyoko, Fukushima Wakaba, Mui Kayo, Inaba Masaaki, Hirota Yoshio

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   27   395 - 395   2012年05月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Immunogenicity and Reactogenicity of a Monovalent Inactivated 2009 Influenza A Vaccine in Adolescents: With Special Reference to Pre-Existing Antibody 査読

    Kobayashi Masayuki, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Maeda Akiko, Maeda Kazuhiro, Fujioka Masashi, Hirota Yoshio

    JOURNAL OF PEDIATRICS   160 ( 4 )   632 - +   2012年04月( ISSN:0022-3476

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpeds.2011.09.055

    PubMed

  • Prevalence of and Factors Associated with Chronic Kidney Disease (CKD) in Japanese Subjects without Notable Chronic Diseases, Undergoing an Annual Health Checkup 査読

    Ohno Yoshiteru, Ishimura Eiji, Naganuma Toshihide, Kondo Kyoko, Fukushima Wakaba, Mui Kayo, Inaba Masaaki, Hirota Yoshio

    KIDNEY & BLOOD PRESSURE RESEARCH   36 ( 1 )   139 - 148   2012年( ISSN:1420-4096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000341490

    PubMed

  • Characteristic Radiographic or Magnetic Resonance Images of Fresh Osteoporotic Vertebral Fractures Predicting Potential Risk for Nonunion : A Prospective Multicenter Study 査読

    TSUJIO Tadao, NAKAMURA Hiroaki, TERAI Hidetomi, HOSHINO Masatoshi, NAMIKAWA Takashi, MATSUMURA Akira, KATO Minori, SUZUKI Akinobu, TAKAYAMA Kazushi, FUKUSHIMA Wakaba, KONDO Kyoko, HIROTA Yoshio, TAKAOKA Kunio

    Spine   36 ( 15 )   1229 - 1235   2011年07月( ISSN:03622436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Characteristic Radiographic or Magnetic Resonance Images of Fresh Osteoporotic Vertebral Fractures Predicting Potential Risk for Nonunion 査読

    Tsujio Tadao, Nakamura Hiroaki, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Namikawa Takashi, Matsumura Akira, Kato Minori, Suzuki Akinobu, Takayama Kazushi, Fukushima Wakaba, Kondo Kyoko, Hirota Yoshio, Takaoka Kunio

    SPINE   36 ( 15 )   1229 - 1235   2011年07月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0b013e3181f29e8d

    PubMed

  • Intake of Japanese and Chinese teas reduces risk of Parkinson's disease 査読

    Tanaka Keiko, Miyake Yoshihiro, Fukushima Wakaba, Sasaki Satoshi, Kiyohara Chikako, Tsuboi Yoshio, Yamada Tatsuo, Oeda Tomoko, Miki Takami, Kawamura Nobutoshi, Sakae Nobutaka, Fukuyama Hidenao, Hirota Yoshio, Nagai Masaki

    PARKINSONISM & RELATED DISORDERS   17 ( 6 )   446 - 450   2011年07月( ISSN:1353-8020

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.parkreldis.2011.02.016

    PubMed

  • Immunogenicity of a Monovalent 2009 Influenza A (H1N1) Vaccine Among Pregnant Women: Lowered Antibody Response by Prior Seasonal Vaccination 査読

    Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Deguchi Masaaki, Kawabata Kazume, Yoshida Hideki, Hatayama Hideaki, Maeda Akiko, Hirota Yoshio

    JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES   203 ( 9 )   1301 - 1308   2011年05月( ISSN:1537-6613

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/infdis/jir026

    PubMed

  • Alcohol drinking and risk of Parkinson's disease: a case-control study in Japan 査読

    Fukushima Wakaba, Miyake Yoshihiro, Tanaka Keiko, Sasaki Satoshi, Kiyohara Chikako, Tsuboi Yoshio, Yamada Tatsuo, Oeda Tomoko, Miki Takami, Kawamura Nobutoshi, Sakae Nobutaka, Fukuyama Hidenao, Hirota Yoshio, Nagai Masaki

    BMC NEUROLOGY   10   111   2010年11月( ISSN:1471-2377

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1471-2377-10-111

    PubMed

  • Nationwide epidemiologic survey of idiopathic osteonecrosis of the femoral head 査読

    Fukushima Wakaba, Fujioka Mikihiro, Kubo Toshikazu, Tamakoshi Akiko, Nagai Masaki, Hirota Yoshio

    CLINICAL ORTHOPAEDICS AND RELATED RESEARCH   468 ( 10 )   2715 - 2724   2010年10月( ISSN:0009-921X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11999-010-1292-x

    PubMed

  • 不活化インフルエンザワクチンとギラン・バレー症候群の関連についての文献的考察 査読

    小林 真之, 武知 茉莉亜, 近藤 亨子, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 前田 章子, 廣田 良夫

    日本公衆衛生学会 日本公衆衛生雑誌   57 ( 8 )   605 - 611   2010年08月( ISSN:05461766

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <b>目的</b>&emsp;不活化インフルエンザワクチン接種とギラン&bull;バレー症候群(GBS)の関連について文献的に考察する。<br/><b>方法</b>&emsp;米国予防接種諮問委員会(The US Advisory Committee on Immunization Practices: US-ACIP)の勧告に引用されている文献を中心に,不活化インフルエンザワクチンと GBS の関連についてこれまでの報告を要約するとともに,考察を加える。<br/><b>結果</b>&emsp;1976年,米国において接種キャンペーンが実施された A/New Jersey/76インフルエンザワクチンについては GBS との因果関係が明らかであった。その後の季節性インフルエンザワクチンと GBS については,一貫した論拠は得られなかった。統計学的に有意な関連を報告した文献では,研究の限界を考慮した寄与危険は最大で100万接種あたり1.6例と推定されていた。<br/><b>考察</b>&emsp;通常の季節性インフルエンザワクチンと GBS の因果関係について,結論は得られなかった。しかし,これまで報告されているインフルエンザの疾病負担およびワクチン有効性と対比すると,インフルエンザワクチン接種が疾病負担を軽減する有益性は,観察されている季節性ワクチン接種後の GBS のリスクを大きく上まわると考察された。

    DOI: 10.11236/jph.57.8_605

    PubMed

    CiNii Article

  • 不活化インフルエンザワクチンとギラン・バレー症候群の関連についての文献的考察 査読

    小林 真之, 武知 茉莉亜, 近藤 亨子, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 前田 章子, 廣田 良夫

    日本公衆衛生学会 日本公衆衛生雑誌   57 ( 8 )   605 - 611   2010年08月( ISSN:0546-1766

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    目的 不活化インフルエンザワクチン接種とギラン・バレー症候群(GBS)の関連について文献的に考察する。方法 米国予防接種諮問委員会(The US Advisory Committee on Immunization Practices:US-ACIP)の勧告に引用されている文献を中心に、不活化インフルエンザワクチンとGBSの関連についてこれまでの報告を要約するとともに、考察を加える。結果 1976年、米国において接種キャンペーンが実施されたA/New Jersey/76インフルエンザワクチンについてはGBSとの因果関係が明らかであった。その後の季節性インフルエンザワクチンとGBSについては、一貫した論拠は得られなかった。統計学的に有意な関連を報告した文献では、研究の限界を考慮した寄与危険は最大で100万接種あたり1.6例と推定されていた。考察 通常の季節性インフルエンザワクチンとGBSの因果関係について、結論は得られなかった。しかし、これまで報告されているインフルエンザの疾病負担およびワクチン有効性と対比すると、インフルエンザワクチン接種が疾病負担を軽減する有益性は、観察されている季節性ワクチン接種後のGBSのリスクを大きく上まわると考察された。(著者抄録)

  • Impact of oral corticosteroid use for idiopathic osteonecrosis of the femoral head : a nationwide multicenter case-control study in Japan 査読

    SAKAGUCHI MOTONOBU, TANAKA TAKASHI, FUKUSHIMA WAKABA, KUBO TOSHIKAZU, HIROTA YOSHIO, Idiopathic ONF Multicenter Case-Control Study Group

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   15 ( 2 )   185 - 191   2010年03月( ISSN:09492658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Impact of oral corticosteroid use for idiopathic osteonecrosis of the femoral head: a nationwide multicenter case-control study in Japan 査読

    Sakaguchi Motonobu, Tanaka Takashi, Fukushima Wakaba, Kubo Toshikazu, Hirota Yoshio

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   15 ( 2 )   185 - 191   2010年03月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00776-009-1439-3

    PubMed

  • Inactivated influenza vaccine effectiveness against influenza-like illness among young children in Japan-With special reference to minimizing outcome misclassification 査読

    Ochiai Hirotaka, Fujieda Megumi, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Kondo Kyoko, Maeda Akiko, Nakano Takashi, Kamiya Hitoshi, Hirota Yoshio

    VACCINE   27 ( 50 )   7031 - 7035   2009年11月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2009.09.067

    PubMed

  • Comparison of the effect of BCAA granules on between decompensated and compensated cirrhosis. 査読

    Habu D, Nishiguchi S, Nakatani S, Lee C, Enomoto M, Tamori A, Takeda T, Ohfuji S, Fukushima W, Tanaka T, Kawamura E, Shiomi S

    Hepato-gastroenterology   56 ( 96 )   1719 - 23   2009年11月( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Applicability of BARD score to Japanese patients with NAFLD 査読

    Fujii H., Enomoto M., Fukushima W., Tamori A., Sakaguchi H., Kawada N.

    GUT   58 ( 11 )   1566 - 1567   2009年11月( ISSN:0017-5749

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/gut.2009.182758

  • Positive nasal culture of methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) is a risk factor for surgical site infection in orthopedics 査読

    Yano Koichi, Minoda Yukihide, Sakawa Akira, Kuwano Yoshihiro, Kondo Kyoko, Fukushima Wakaba, Tada Koichi

    ACTA ORTHOPAEDICA   80 ( 4 )   486 - 490   2009年08月( ISSN:1745-3674

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/17453670903110675

    PubMed

  • Noninvasive laboratory tests proposed for predicting cirrhosis in patients with chronic hepatitis C are also useful in patients with non-alcoholic steatohepatitis 査読

    FUJII Hideki, ENOMOTO Masaru, FUKUSHIMA Wakaba, OHFUJI Satoko, MORI Mami, KOBAYASHI Sawako, IWAI Shuji, MORIKAWA Hiroyasu, TAMORI Akihiro, SAKAGUCHI Hiroki, IKURA Yoshihiro, UEDA Makiko, KAWADA Norifumi

    Journal of gastroenterology   44 ( 6 )   608 - 614   2009年06月( ISSN:09441174

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Noninvasive laboratory tests proposed for predicting cirrhosis in patients with chronic hepatitis C are also useful in patients with non-alcoholic steatohepatitis 査読

    Fujii Hideki, Enomoto Masaru, Fukushima Wakaba, Ohfuji Satoko, Mori Mami, Kobayashi Sawako, Iwai Shuji, Morikawa Hiroyasu, Tamori Akihiro, Sakaguchi Hiroki, Ikura Yoshihiro, Ueda Makiko, Kawada Norifumi

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   44 ( 6 )   608 - 614   2009年06月( ISSN:0944-1174

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00535-009-0046-6

    PubMed

  • Comparison of the Effect of BCAA Granules on Between Decompensated and Compensated Cirrhosis 査読

    Habu Daiki, Nishiguchi Shuhei, Nakatani Shinji, Lee Chulyoo, Enomoto Masaru, Tamori Akihiro, Takeda Tadashi, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Tanaka Takashi, Kawamura Etsuji, Shiomi Susumu

    HEPATO-GASTROENTEROLOGY   56 ( 96 )   1719 - 1723   2009年( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Selection bias in evaluating of influenza vaccine effectiveness: A lesson from an observational study of elderly nursing home residents 査読

    Fukushima Wakaba, Hayashi Yoshimitsu, Mizuno Yaichi, Suzuki Kanzo, Kase Tetsuo, Ohfuji Satoko, Fujieda Megumi, Maeda Akiko, Hirota Yoshio

    VACCINE   26 ( 50 )   6466 - 6469   2008年11月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2008.06.038

    PubMed

  • Essential tools for assessing influenza vaccine efficacy in improperly conducted studies: a Japanese perspective. 査読

    Hirota Y, Fukushima W, Fujieda M, Ohfuji S, Maeda A

    Vaccine   26 ( 50 )   6455 - 8   2008年11月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2008.06.041

    PubMed

  • Influenza vaccine effectiveness and confounding factors among young children 査読

    Fujieda Megumi, Maeda Akiko, Kondo Kyoko, Fukushima Wakaba, Ohfuji Satoko, Kaji Masaro, Hirota Yoshio

    VACCINE   26 ( 50 )   6481 - 6485   2008年11月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2008.06.034

    PubMed

  • Does a late evening meal reduce the risk of hepatocellular carcinoma among patients with chronic hepatitis C? 査読

    OHFUJI Satoko, FUKUSHIMA Wakaba, TANAKA Takashi, HABU Daiki, TAKEDA Tadashi, TAMORI Akihiro, SAKAGUCHI Hiroki, SEKI Shuichi, KAWADA Norifumi, NISHIGUCHI Shuhei, SHIOMI Susumu, HIROTA Yoshio

    Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   38 ( 9 )   860 - 868   2008年09月( ISSN:13866346

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Does a late evening meal reduce the risk of hepatocellular carcinoma among patients with chronic hepatitis C? 査読

    Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Tanaka Takashi, Habu Daiki, Takeda Tadashi, Tamori Akihiro, Sakaguchi Hiroki, Seki Shuichi, Kawada Norifumi, Nishiguchi Shuhei, Shiomi Susumu, Hirota Yoshio

    HEPATOLOGY RESEARCH   38 ( 9 )   860 - 868   2008年09月( ISSN:1386-6346

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1872-034X.2008.00355.x

    PubMed

  • Combination analysis of three polymorphisms for predicting the risk for steroid-induced osteonecrosis of the femoral head 査読

    KURIBAYASHI MASAAKI, FUJIOKA MIKIHIRO, TAKAHASHI KENJI A., ARAI YUJI, HIRATA TETSUROU, NAKAJIMA SHIGEO, YOSHIMURA NORIO, SATOMI YOSHIKO, NISHINO HOYOKU, KONDO KYOKO, FUKUSHIMA WAKABA, HIROTA YOSHIO, KUBO TOSHIKAZU

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   13 ( 4 )   297 - 303   2008年07月( ISSN:09492658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Combination analysis of three polymorphisms for predicting the risk for steroid-induced osteonecrosis of the femoral head 査読

    Kuribayashi Masaaki, Fujioka Mikihiro, Takahashi Kenji A., Arai Yuji, Hirata Tetsurou, Nakajima Shigeo, Yoshimura Norio, Satomi Yoshiko, Nishino Hoyoku, Kondo Kyoko, Fukushima Wakaba, Hirota Yoshio, Kubo Toshikazu

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   13 ( 4 )   297 - 303   2008年07月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00776-008-1244-4

    PubMed

  • Effect of preserving paraspinal muscles on postoperative axial pain in the selective cervical laminoplasty 査読

    Kato Minori, Nakamura Hiroaki, Konishi Sadahiko, Dohzono Sho, Toyoda Hiromitsu, Fukushima Wakaba, Kondo Kyoko, Matsuda Hideki

    SPINE   33 ( 14 )   E455 - E459   2008年06月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of preserving paraspinal muscles on postoperative axial pain in the selective cervical laminoplasty. 査読

    Kato M, Nakamura H, Konishi S, Dohzono S, Toyoda H, Fukushima W, Kondo K, Matsuda H

    Spine   33 ( 14 )   E455 - 9   2008年06月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0b013e318178e607

    PubMed

  • Clinical role of FDG-PET for HCC: relationship of glucose metabolic indicator to Japan Integrated Staging (JIS) score. 査読

    Kawamura E, Habu D, Ohfuji S, Fukushima W, Enomoto M, Torii K, Kawabe J, Kondo K, Tamori A, Kawada N, Shiomi S

    Hepato-gastroenterology   55 ( 82-83 )   582 - 6   2008年03月( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Selection bias in evaluating of influenza vaccine effectiveness: a lesson from an observational study of elderly nursing home residents.

    Fukushima W, Hayashi Y, Mizuno Y, Suzuki K, Kase T, Ohfuji S, Fujieda M, Maeda A, Hirota Y.

    Vaccine   26 ( 50 )   6466 - 9   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical role of FDG-PET for HCC: Relationship of glucose metabolic indicator to Japan Integrated Staging (JIS) score 査読

    Kawamura Etsushi, Habu Daiki, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Enomoto Masaru, Torii Kenji, Kawabe Joji, Kondo Kyoko, Tamori Akihiro, Kawada Norifumi, Shiomi Susumu

    HEPATO-GASTROENTEROLOGY   55 ( 82-83 )   582 - 586   2008年( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Degree of corticosteroid treatment within the first 2 months of renal transplantation has a strong influence on the incidence of osteonecrosis of the femoral head 査読

    Shibatani Masahiko, Fujioka Mikihiro, Arai Yuji, Takahashi Kenji, Ueshima Keiichiro, Okamoto Masahiko, Yoshimura Norio, Hirota Yoshio, Fukushima Wakaba, Kubo Toshikazu

    ACTA ORTHOPAEDICA   79 ( 5 )   631 - 636   2008年( ISSN:1745-3674

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/17453670810016641

    PubMed

  • インフルエンザワクチンの接種対象 査読

    大藤 さとこ, 藤枝 恵, 福島 若葉, 前田 章子, 廣田 良夫

    日本公衆衛生学会 日本公衆衛生雑誌 = JAPANESE JOURNAL OF PUBLIC HEALTH   54 ( 6 )   361 - 367   2007年06月( ISSN:05461766

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <b>目的</b>&emsp;最近10年間におけるインフルエンザワクチン接種対象の変遷を検討する。<br/><b>方法</b>&emsp;米国予防接種諮問委員会(The US Advisory Committee on Immunization Practices, US-ACIP)の1997年から2006年に到る勧告について記述する。<br/><b>結果</b>&emsp;1997年勧告からの主な変更点は以下の通りである。①月齢 6~23か月の乳幼児をハイリスク・グループに含めたこと,②ハイリスク・グループの妊婦として,第 2 三半期以降の妊婦から全妊婦に拡大したこと,③何らかの神経・筋症状を呈する基礎疾患を有しており,誤嚥性肺炎を起こす恐れのある者をハイリスク・グループに含めたこと,④インフルエンザに罹患すると診療所,救急外来,病院を受診するリスクが高い者というカテゴリーを新たに設定したこと,またその中に月齢24~59か月の小児と50~64歳の者を含めたこと,⑤ハイリスク者にインフルエンザを伝播する者として,月齢 0~59か月の小児と接触する者を含めたこと,⑥ハイリスク者にインフルエンザを伝播する者を大きく 3 群(保健医療従事者,ハイリスク者との接触者,月齢 0~59か月の小児と接触する者)に整理したこと,である。<br/><b>結論</b>&emsp;この10年間における最も主要な変更点は,月齢 6~59か月の乳幼児に対する勧告接種である。これ以外の年齢層においても,勧告接種の対象集団は拡大しつつある。

    DOI: 10.11236/jph.54.6_361

    CiNii Article

  • ApoB C7623T polymorphism predicts risk for steroid-induced osteonecrosis of the femoral head after renal transplantation 査読

    Hirata Tetsurou, Fujioka Mikihiro, Takahashi Kenji A., Arai Yuji, Asano Takeshi, Ishida Masashi, Kuribayashi Masaaki, Akioka Kiyokazu, Okamoto Masahiko, Yoshimura Norio, Satomi Yoshiko, Nishino Hoyoku, Fukushima Wakaba, Hirota Yoshio, Nakajima Shigeo, Kato Shigeaki, Kubo Toshikazu

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   12 ( 3 )   199 - 206   2007年05月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00776-007-1110-9

    PubMed

  • Coffee consumption and reduced risk of hepatocellular carcinoma among patients with chronic type C liver disease : A case-control study 査読

    OHFUJI Satoko, FUKUSHIMA Wakaba, TANAKA Takashi, HABU Daiki, TAMORI Akihiro, SAKAGUCHI Hiroki, TAKEDA Tadashi, KAWADA Norifumi, SEKI Shuichi, NISHIGUCHI Shuhei, SHIOMI Susumu, HIROTA Yoshio

    Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   36 ( 3 )   201 - 208   2006年11月( ISSN:13866346

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Coffee consumption and reduced risk of hepatocellular carcinoma among patients with chronic type C liver disease: A case-control study 査読

    Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Tanaka Takashi, Habu Daiki, Tamori Akihiro, Sakaguchi Hiroki, Takeda Tadashi, Kawada Norifumi, Seki Shuichi, Nishiguchi Shuhei, Shiomi Susumu, Hirota Yoshio

    HEPATOLOGY RESEARCH   36 ( 3 )   201 - 208   2006年11月( ISSN:1386-6346

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.hepres.2006.07.010

    PubMed

  • Does alcohol increase the risk of hepatocellular carcinoma among patients with hepatitis C virus infection? 査読

    Fukushima W, Tanaka T, Ohfuji S, Habu D, Tamori A, Kawada N, Sakaguchi H, Takeda T, Nishiguchi S, Seki S, Shiomi S, Hirota Y

    HEPATOLOGY RESEARCH   34 ( 3 )   141 - 149   2006年03月( ISSN:1386-6346

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.hepres.2005.12.003

    PubMed

  • Natural history of major complications in hepatitis C virus-related cirrhosis evaluated by per-rectal portal scintigraphy. 査読

    Kawamura E, Habu D, Hayashi T, Oe A, Kotani J, Ishizu H, Torii K, Kawabe J, Fukushima W, Tanaka T, Nishiguchi S, Shiomi S

    World journal of gastroenterology   11 ( 25 )   3882 - 6   2005年07月( ISSN:1007-9327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3748/wjg.v11.i25.3882

    PubMed

  • Natural history of major complications in hepatitis C virus-related cirrhosis evaluated by per-rectal portal scintigraphy 査読

    Kawamura Etsushi, Habu Daiki, Hayashi Takehiro, Oe Ai, Kotani Jin, Ishizu Hirotaka, Torii Kenji, Kawabe Joji, Fukushima Wakaba, Tanaka Takashi, Nishiguchi Shuhei, Shiomi Susumu

    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   11 ( 25 )   3882 - 3886   2005年07月( ISSN:1007-9327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • はじめて学ぶやさしい疫学(改訂第4版)―日本疫学会標準テキスト

    (監修)一般社団法人日本疫学会(編集)福島若葉, 関根道和, 尾島俊之(分担執筆)福島若葉 ,ほか( 範囲: (編集)全頁(分担執筆)4章-2:生態学的研究(pp.40-42))

    南江堂  2024年03月  ( ISBN:978-4-524-20448-9

     詳細を見る

    総ページ数:215   著書種別:教科書・概説・概論  

  • 「環境と健康」シリーズNo.76 新型コロナウイルス感染症

    福島若葉( 担当: 単著)

    公益財団法人 大同生命厚生事業団  2023年10月 

     詳細を見る

    著書種別:教科書・概説・概論  

    その他リンク: https://www.daido-life-welfare.or.jp/magazine.htm

  • 子宮頸がんとその他のヒトパピローマウイルス(HPV) 関連がんの予防ファクトシート 2023

    (編集者)十川佳代, 片野田耕太(分担執筆者)福島若葉, ほか( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 3章2 HPVワクチンによるHPV関連がん予防の有効性と安全性)

    国立がん研究センターがん対策研究所  2023年06月 

     詳細を見る

    総ページ数:119   担当ページ:37-50   著書種別:調査報告書  

    その他リンク: https://www.ncc.go.jp/html/icc/hpvcancer/index.html

  • 公衆衛生マニュアル2023

    (編集)中村 好一, 佐伯 圭吾,(分担執筆)福島若葉, ほか( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 人口・保健統計)

    南山堂  2023年04月  ( ISBN:9784525187514

     詳細を見る

    総ページ数:300   担当ページ:41-53   著書種別:教科書・概説・概論  

    CiNii Books

  • 疫学の事典

    (編集)三浦克之, 玉腰暁子, 尾島俊之(章編集)福島若葉 ,ほか(分担執筆)福島若葉, ほか( 担当: 分担執筆 ,  範囲: (章編集)第1章:感染症の疫学(分担執筆)第1章 9:ワクチンの疫学 コラム2:生態学的研究の限界~BCGワクチンとCOVID-19/第10章:難病の疫学 3:難病の全国疫学調査マニュアル、6:特発性大腿骨頭壊死症の疫学)

    朝倉書店  2023年01月  ( ISBN:9784525187590

     詳細を見る

    総ページ数:553   担当ページ:2-19, 216-7, 222-3  

    CiNii Books

  • 公衆衛生マニュアル2022

    中村 好一, 佐伯 圭吾, 尾島 俊之 , 坂田 清美, 萱場 一則, 福島 若葉, 大木 いずみ, 上原 里程, 若林 チヒロ , 定金 敦子, 桜井 勝, 黒沢 洋一, 諏訪園 靖( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 人口・保健統計)

    南山堂  2022年04月  ( ISBN:9784525187507

     詳細を見る

    総ページ数:294   担当ページ:41-53  

    CiNii Books

  • 阪神都市圏の研究

    (編集)川野英二(分担執筆)福島若葉, ほか( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第1部 第12章:肝炎ウイルス検査の受検状況と関連因子~大阪健康調査における公衆衛生・疫学の視点)

    ナカニシヤ出版  2022年03月  ( ISBN:9784525187590

     詳細を見る

    総ページ数:483   担当ページ:306-323  

    CiNii Books

  • 公衆衛生マニュアル2021

    中村 好一, 佐伯 圭吾, 尾島 俊之, 坂田 清美, 萱場 一則, 福島 若葉, 上原 里程, 若林 チヒロ, 桜井 勝, 定金 敦子, 黒沢 洋一, 諏訪園 靖( 担当: 分担執筆)

    南山堂  2021年04月  ( ISBN:9784525187590

     詳細を見る

    総ページ数:284   担当ページ:41-53  

    CiNii Books

  • まるわかりワクチンQ&A 第3版

    中野貴司(編著) 福島若葉 他( 担当: 分担執筆)

    日本医事新報社  2021年01月 

     詳細を見る

    総ページ数:465   担当ページ:346-352  

  • Influenza: Advances in Diagnosis and Management

    Fujita J (editor), Fukushima W, et al.( 担当: 分担執筆)

    Springer  2020年11月 

     詳細を見る

    総ページ数:229   担当ページ:201-209   著書種別:学術書  

  • 公衆衛生マニュアル2020

    柳川洋, 中村好一(編集) 柳川洋, 中村好一, 福島若葉 他 ( 担当: 分担執筆)

    南江堂  2020年04月 

     詳細を見る

    総ページ数:274   担当ページ:41-52  

  • インフルエンザの予防と対策(2019年版)

    廣田良夫(監修) 入江伸, 福島若葉, 大藤さとこ, 伊藤一弥( 担当: 編集)

    日本公衆衛生協会  2020年03月 

  • インフルエンザの予防と対策(2018年版)

    廣田良夫(監修) 入江伸, 福島若葉, 大藤さとこ, 伊藤一弥( 担当: 編集)

    日本公衆衛生協会  2019年03月 

  • はじめて学ぶやさしい疫学 改訂第3版

    日本疫学会(監修) 福島若葉 他( 担当: 分担執筆)

    南江堂  2018年09月 

     詳細を見る

    担当ページ:162-163  

  • インフルエンザの予防と対策(2017年版)

    廣田良夫, 葛西健(監修) 入江伸, 福島若葉, 大藤さとこ, 伊藤一弥( 担当: 編集)

    日本公衆衛生協会  2018年03月 

  • Epidemiological Studies of Specified Rare and Intractable Disease

    Washio M, Kobashi G (edito, Fukushima W( 担当: 単著)

    Springer  2018年 

     詳細を見る

    担当ページ:33-45   著書種別:学術書  

  • まるわかりワクチンQ&A 第2版

    中野貴司(編著) 福島若葉 他( 担当: 分担執筆)

    日本医事新報社  2017年12月 

     詳細を見る

    担当ページ:332-336  

  • 季節性インフルエンザワクチンに関する勧告 ; 新型インフルエンザワクチンに関する勧告

    廣田 良夫, 葛西 健, 小笹 晃太郎, 鷲尾 昌一, 福島 若葉, 大藤 さとこ( 担当: 単著)

    日本公衆衛生協会  2009年  ( ISBN:9784819202206

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • インフルエンザの予防と対策

    廣田 良夫, 葛西 健, 小笹 晃太郎, 鷲尾 昌一, 藤枝 恵, 大藤 さとこ, 福島 若葉, Centers for Disease Control and Prevention (U.S.)( 担当: 単著)

    日本公衆衛生協会  2005年  ( ISBN:4819201921

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • HPVワクチン定期接種の積極的勧奨再開にむけての経緯と歩み(厚生労働省研究班による祖父江班調査の概説とともに)

    福島 若葉, 原 めぐみ, 祖父江 友孝

    感染と消毒   30 ( 1 )   27 - 32   2023年05月( ISSN:1346-2326 ( ISBN:9784782104750

  • 【HPVワクチン推進を目指して】全国疫学調査(祖父江班調査)

    福島 若葉, 原 めぐみ, 祖父江 友孝

    日本医師会雑誌   151 ( 12 )   2088 - 2088   2023年03月( ISSN:0021-4493

  • 【コロナ禍でのインフルエンザ】インフルエンザワクチンの有効性評価 test-negative design

    福島 若葉, 廣田 良夫

    臨床とウイルス   50 ( 5 )   311 - 317   2022年12月( ISSN:0303-8092

     詳細を見る

    インフルエンザワクチンは使用実績が豊富なワクチンであると同時に,その有効性について,長い間議論されてきたワクチンでもある.有効性研究の方法論の歴史もまた長く,ヒトを対象にさまざまな研究デザインによる評価が実施されてきた.2000年代以降は,症例対照研究の一種であるtest-negative designが圧倒的に主流となった.この流れは,インフルエンザと類似症状を呈する新型コロナウイルス感染症のワクチン有効性評価にも引き継がれている.本稿では,test-negative designによるインフルエンザワクチン有効性評価について,その原理の概要や,広く適用されることになった経緯に加え,可能な限り「適切に」有効性を評価するための注意点などについて紹介する.あわせて,test-negative designによるワクチン有効性評価の今後の見通しについて,コロナ禍の影響もふまえて述べる.(著者抄録)

  • 【HPVワクチンのこれまでとこれから-国際的評価を踏まえた課題-】日本の動向と今後の課題 HPVワクチン接種後に生じた多様な症状に関する全国疫学調査(祖父江班調査)

    福島 若葉, 原 めぐみ, 祖父江 友孝

    産科と婦人科   89 ( 6 )   641 - 648   2022年06月( ISSN:0386-9792

     詳細を見る

    厚生労働省研究班「子宮頸がんワクチンの有効性と安全性の評価に関する疫学研究」(研究代表者:祖父江友孝)は2016年に全国疫学調査を実施し、「HPVワクチン接種歴のない青少年においても、接種後の"多様な症状"と同様の症状を有する者が一定数存在する」ことを示した。本調査は、「接種者と非接種者の比較はしなかった」という点が大きな特徴である。本稿では、わが国で社会問題となった「多様な症状」について比較を行うことがいかに難しいかについても触れながら、調査の概要について述べる。(著者抄録)

  • 【大腿骨頭壊死症の基礎と臨床Up to date】特発性大腿骨頭壊死症の疫学研究における最新情報

    福島 若葉

    関節外科   40 ( 12 )   1249 - 1255   2021年12月( ISSN:0286-5394

     詳細を見る

    <文献概要>特発性大腿骨頭壊死症(osteonecrosis of the femoral head;ONFH)の疫学研究は,1975年度に旧厚生省「特発性非感染性骨壊死症調査研究班」が発足して以降,厚生労働省や日本医療研究開発機構による研究費助成を受けながら,ONFH調査研究班として体系的に進められてきた。本稿では,研究班で実施してきた疫学研究の成果から,記述疫学と分析疫学に分けて,最新情報も含めて概説する。

  • 3歳未満小児におけるインフルエンザワクチンの有効性:2018/19~2019/20シーズンのまとめ(厚生労働省研究班報告として) 招待

    厚生労働行政推進調査事業費補助金(新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業) ワクチンの有効性・安全性と効果的適用に関する疫学研究 定点モニタリング分科会長:福島若葉 共同研究者:森川佐依子, 松本一寛, 藤岡雅司, 松下享, 久保田恵巳, 八木由奈, 高崎好生, 進藤静生, 清松由美, 廣井聡, 中田恵子, 伊藤一弥, 前田章子, 近藤亨子, 迎恵美子, 加瀬哲男, 大藤さとこ, 廣田良夫

    IASR   42   255 - 257   2021年11月

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   共著区分:共著  

  • 【インフルエンザの最新事情】子どもにおけるインフルエンザワクチンの有効性 招待

    福島 若葉

    (株)診断と治療社 チャイルド ヘルス   23 ( 11 )   807 - 810   2020年11月( ISSN:1344-3151

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 3歳未満小児におけるインフルエンザワクチンの有効性:2018/19シーズン(厚生労働省研究班報告として) 招待

    厚生労働行政推進調査事業費補助金 (新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業)ワクチンの有効性・安全性の臨床評価とVPDの疾病負荷に関する疫学研究 定点モニタリング分科会長:福島若葉 共同研究者:森川佐依子, 松本一寛, 藤岡雅司, 松下享, 久保田恵巳, 八木由奈, 高崎好生, 進藤静生, 清松由美, 廣井聡, 中田恵子, 伊藤一弥, 近藤亨子, 前田章子, 加瀬哲男, 大藤さとこ,廣田良夫

    IASR   41   204 - 205   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   共著区分:共著  

  • H1N1pdmウイルスの過去、現在、未来、およびワクチンの効果判定 招待

    川上 千春, 柏木 征三郎, 福島 若葉

    (株)メディカルレビュー社 インフルエンザ   21 ( 2 )   67 - 74   2020年06月( ISSN:1345-8345

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【整形外科臨床研究の手引き-適切に行い,正しく読み解くために】臨床研究のデザイン 記述疫学研究 招待

    福島 若葉

    (株)南江堂 整形外科   71 ( 6 )   523 - 527   2020年05月( ISSN:0030-5901

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    <文献概要>はじめに 疫学(epidemiology)は,「人集団における健康関連事象(主に疾病)について,頻度・分布と規定要因を明らかにし,その結果を対策に応用する学問」と定義されている.疫学で用いる研究デザインは,おおむね図1のように分類される.すなわち,本項で扱う「記述疫学(descriptive epidemiology)」は,エビデンスレベル(研究結果から得られる根拠の質)がもっとも低い研究デザインに該当する.より質の高い医学研究への興味が高まるなか,特に若手の研究者で,記述疫学研究を軽視する傾向があるかもしれない.しかしながら,記述疫学は,疫学の定義に照らし合わせると「疾病の"頻度・分布"の解明」を担うものである.ある疾病について,患者数などの頻度や,性・年齢などの特性の分布がわからなければ,医療供給体制や行政サービスがどの程度必要か予測できないだけでなく,エビデンスレベルがさらに高い医学研究の計画も立てようがない.すなわち,記述疫学とは,疫学研究デザインの中でも基本の「き」に相当するものであることをまずご理解いただきたい.

  • 6歳未満児におけるインフルエンザワクチンの有効性:2013/14~2017/18シーズンのまとめ(厚生労働省研究班報告として) 招待

    厚生労働行政推進調査事業費補助金 (新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業)ワクチンの有効性・安全性の臨床評価とVPDの疾病負荷に関する疫学研究 定点モニタリング分科会長:福島若葉 共同研究者:森川佐依子, 松本一寛, 藤岡雅司, 松下享, 久保田恵巳, 八木由奈, 武知哲久, 高崎好生, 進藤静生, 山下祐二, 横山隆人, 清松由美, 廣井聡, 中田恵子, 前田章子, 伊藤一弥, 大藤さとこ, 加瀬哲男, 廣田良夫

    IASR   40   194 - 195   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   共著区分:共著  

  • 【日本におけるこれからの予防接種を考える】インフルエンザワクチンの有効性と今後のワクチン開発の展望 招待

    福島 若葉

    (公社)日本薬学会 ファルマシア   55 ( 11 )   1029 - 1033   2019年11月( ISSN:0014-8601

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【感染症とワクチン】 ワクチンの効果 招待

    福島 若葉

    (株)北隆館 BIO Clinica   34 ( 2 )   127 - 131   2019年02月( ISSN:0919-8237

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    ワクチンの効果、すなわち「ワクチンがどの程度効くか」は、当該ワクチンの要否を考える上で基本かつ重要な事項である。その評価は原則として「ヒト集団」を対象に行うものであるため、「どのような手法で評価すべきか」「ワクチン有効率とは何を意味するか」について共通理解がないまま議論すると、混乱が生じてしまう。本稿では、疫学(epidemiology)すなわち「ヒト集団における健康事象を紐解く医学研究手法」の原理に照らし合わせながら、「ワクチンの効果」を適切に解釈するために必要な基礎知識を概説する。(著者抄録)

  • 疫学によるインフルエンザワクチン有効性の考え方 より「正しい」評価を目指して 招待

    福島 若葉

    日本小児臨床薬理学会 日本小児臨床薬理学会雑誌   31 ( 1 )   161 - 168   2019年( ISSN:1342-6753

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 6歳未満児におけるインフルエンザワクチンの有効性:2013/14~2016/17シーズンのまとめ(厚生労働省研究班報告として) 招待

    厚生労働行政推進調査事業費補助金 (新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業)ワクチンの有効性・安全性の臨床評価とVPDの疾病負荷に関する疫学研究 定点モニタリング分科会長:福島若葉 共同研究者:森川佐依子, 藤岡雅司, 松下享, 久保田恵巳, 八木由奈, 武知哲久, 高崎好生, 進藤静生, 山下祐二, 横山隆人, 清松由美, 廣井聡, 中田恵子, 前田章子, 伊藤一弥, 大藤さとこ, 加瀬哲男, 廣田良夫

    IASR   39   197 - 199   2018年11月

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   共著区分:共著  

  • 【インフルエンザワクチン:再考と展望】 インフルエンザワクチンの有効性:その評価手法とともに再考する 招待

    福島 若葉

    外来小児科   21 ( 3 )   435 - 440   2018年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Test-negative designによるインフルエンザワクチンの有効性評価 招待

    福島 若葉

    アステラス製薬(株) 感染症   48 ( 2 )   64 - 68   2018年03月( ISSN:0301-259X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    近年、インフルエンザワクチンの有効性は、test-negative design(test-negative case-control design)により、複数シーズンにわたって継続的に効果を評価する方法が主流になっている。わが国でも当該手法による研究結果の報告が増えつつあるが、比較的新しい手法のため、その原理が十分理解されているとはいい難い。本稿では、test-negative designによるインフルエンザワクチン有効性評価の手法について、古典的な疫学研究デザインと対比させながら解説する。インフルエンザワクチン有効性の論拠に無用の混乱が生じることのないよう、研究を実施する側も結果を解釈する側も、test-negative designの原理および関連する疫学の基本について、十分理解する必要がある。(著者抄録)

  • 大阪市立大学・医学部教育における公衆衛生の人材育成 招待

    福島若葉

    公衆衛生   82 ( 2 )   96 - 97   2018年02月

     詳細を見る

  • 6歳未満児におけるインフルエンザワクチンの有効性:2013/14~2015/16シーズンのまとめ(厚生労働省研究班報告として) 招待

    厚生労働行政推進調査事業費補助金(新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業)ワクチンの有効性・安全性評価とVPD(vaccine preventable diseases)対策への適用に関する分析疫学研究 定点モニタリング分科会長:福島若葉 共同研究者:森川佐依子, 藤岡雅司, 松下享, 久保田恵巳, 武知哲久, 高崎好生, 進藤静生, 山下祐二, 横山隆人, 清松由美, 廣井聡, 中田恵子, 前田章子, 伊藤一弥, 大藤さとこ, 加瀬哲男, 廣田良夫

    IASR   38   223 - 224   2017年11月

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   共著区分:共著  

  • 6歳未満児におけるインフルエンザワクチンの有効性:2013/14~2015/16シーズンのまとめ(厚生労働省研究班報告として) 査読

    厚生労働行政推進調査事業費補助金, 新興, 再興感染症及び予防接種政策推進研究事業, ワクチンの有効性, 安全性評価とVPD(vaccine preventable diseases, 対策への適用に関する分析疫学研究, 定点モニタリング分科会長, 福島若葉, 共同研究者, 森川佐依子, 藤岡雅司, 松下享, 久保田恵巳, 武知哲久, 高崎好生, 進藤静生, 山下祐二, 横山隆人, 清松由美, 廣井聡, 中田恵子, 前田章子, 伊藤一弥, 大藤さとこ, 加瀬哲男, 廣田良夫

    IASR   38   223 - 224   2017年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【ステロイド関連大腿骨頭壊死症の予防と新しい治療】特発性大腿骨頭壊死症の疫学 ステロイド関連を中心に 招待

    福島 若葉

    金原出版(株) 整形・災害外科   60 ( 11 )   1355 - 1362   2017年10月( ISSN:0387-4095

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【インフルエンザの予防・感染対策・治療の最前線】インフルエンザワクチン 現状と課題 査読

    福島 若葉

    (株)医薬ジャーナル社 医薬ジャーナル   52 ( 10 )   2303 - 2307   2016年10月( ISSN:0287-4741

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    現在わが国で市販されている不活化インフルエンザワクチンの「検査確定インフルエンザ」に対する予防効果は,ワクチン株と流行株が良好に合致しているシーズンで有効率50〜60%程度と報告されており,接種により発病リスクを1/2〜2/3程度に下げると考えられる。この数値は「有意」な(=統計学的に意味がある)有効率であるものの,国民が期待する水準を満たしているとは言い難く,批判にさらされやすい。本稿では,インフルエンザワクチンの有効性について,現状と課題を整理する。(著者抄録)

  • 【アミロイドーシスの最近の話題】アミロイドーシスの疫学 査読

    植田 光晴, 内木 宏延, 福島 若葉, 山下 太郎, 安東 由喜雄

    (株)文光堂 病理と臨床   34 ( 5 )   460 - 465   2016年05月( ISSN:0287-3745

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【ワクチンリテラシー 安心して予防接種を受けてもらうために】安心して予防接種を受けてもらうための患者応対のポイントQ&A ワクチン、特にインフルエンザワクチンは効かないの? 「疫学」の視点から答えるために 査読

    福島 若葉, 廣田 良夫

    (株)南山堂 薬局   67 ( 3 )   389 - 394   2016年03月( ISSN:0044-0035

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <Key Points>インフルエンザワクチンは、「効くけれども、効果が分かりにくい」ために「効かない」と批判されがちなワクチンである。ウイルス学的・免疫学的な背景に加えて、「ワクチン有効率」という疫学指標が正確に理解されていないことも一因と考える。わが国における不活化インフルエンザワクチンの有効率は、発病予防を結果指標とした場合、小児で20〜60%、成人で50〜60%と報告されている。有効率の算出原理からみると、「非接種者でも抗体を有していること」の影響は大であり、効果を検出しにくい理由となっていることが分かる。ワクチンの効果を医療者の立場から正しく情報提供していくためにも、疫学指標を適切に解釈する知識が望まれる。(著者抄録)

  • 【ワクチンリテラシー 安心して予防接種を受けてもらうために】 安心して予防接種を受けてもらうための患者応対のポイントQ&A ワクチン、特にインフルエンザワクチンは効かないの? 「疫学」の視点から答えるために 査読

    福島 若葉, 廣田 良夫

    (株)南山堂 薬局   67 ( 3 )   389 - 394   2016年03月( ISSN:0044-0035

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【インフルエンザ診療最前線】疫学によるインフルエンザワクチンの有効性評価 査読

    福島 若葉, 廣田 良夫

    (株)メディカルレビュー社 Pharma Medica   33 ( 11 )   47 - 51   2015年11月( ISSN:0289-5803

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【インフルエンザ診療最前線】 疫学によるインフルエンザワクチンの有効性評価 査読

    福島 若葉, 廣田 良夫

    (株)メディカルレビュー社 Pharma Medica   33 ( 11 )   47 - 51   2015年11月( ISSN:0289-5803

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Vaccine Epidemiology: Principles and Methods 症例・対照研究(case-control study)によるインフルエンザワクチンの有効性評価 査読

    福島 若葉

    (株)臨床医薬研究協会 臨床医薬   31 ( 4 )   309 - 316   2015年04月( ISSN:0910-8211

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Vaccine Epidemiology: Principles and Methods Self-controlled case series study オセルタミビル服薬と異常行動・異常言動の関連に対するデザイン適用の試み 査読

    福島 若葉

    (株)臨床医薬研究協会 臨床医薬   31 ( 4 )   339 - 342   2015年04月( ISSN:0910-8211

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【ワクチン開発と予防接種の現状】インフルエンザワクチンの有効性 査読

    福島 若葉, 廣田 良夫

    (株)ニュー・サイエンス社 Medical Science Digest   40 ( 10 )   485 - 487   2014年09月( ISSN:1347-4340

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    インフルエンザワクチンの有効性評価は、例え無作為化比較対照試験の結果であっても普遍性を有しない。従って良質の観察研究を積み上げることが重要であるが、妥当性のある結果を得るためには交絡因子を考慮することが必須である。非接種者にも抗体保護者が多数含まれるという研究環境を克服するために、antibody efficacyを求める方法が考案された。近年、有効性を統一的手法により継続的にモニタリングするため、testnegative designによる症例対照研究が行われるようになった。インフルエンザワクチンの有効性研究手法は、未だ発展途上にある。インフルエンザワクチンの適用に関し、WHOは妊婦を最優先とするよう提示したが(2012)、本邦ではその要否を判断するために調査が進行中である。(著者抄録)

  • 【ワクチン開発と予防接種の現状】 インフルエンザワクチンの有効性 査読

    福島 若葉, 廣田 良夫

    (株)ニュー・サイエンス社 Medical Science Digest   40 ( 10 )   485 - 487   2014年09月( ISSN:1347-4340

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【炎症性腸疾患攻略の手引き-これだけは知っておきたい!】ここまでわかってきた炎症性腸疾患の疫学と病態 今後の課題は? 炎症性腸疾患の疫学 査読

    大藤 さとこ, 福島 若葉, 廣田 良夫

    (株)医学書院 Medicina   51 ( 6 )   994 - 996   2014年06月( ISSN:0025-7699

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <ポイント>潰瘍性大腸炎の患者数は10万人,Crohn病の患者数は3万人を超えている.増加要因として,(1)診断能力の向上,(2)治療法の進歩による予後の改善,がある.新患の増加には,生活習慣の欧米化が関与している可能性がある.炎症性腸疾患のリスク因子の解明は,疾患の一次予防につながりうる.(著者抄録)

  • 【ここまで来た、炎症性腸疾患の新展開】炎症性腸疾患のリスク因子 査読

    大藤 さとこ, 福島 若葉, 廣田 良夫

    (株)東京医学社 成人病と生活習慣病   44 ( 3 )   256 - 260   2014年03月( ISSN:1347-0418

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    近年、炎症性腸疾患の有病率および罹患率が上昇しており、その背景には生活習慣の関与も示唆されている。「潰瘍性大腸炎」に対しては、「虫垂切除歴」によるリスク低下、「禁煙」によるリスク上昇などの報告がある。しかし、「飲酒」や「食習慣」に関しては、報告数が少なく、必ずしも明確な結論が得られていない。「Crohn病」に対しては、「虫垂切除歴」や「喫煙」によるリスク上昇などの報告がある。しかし、「虫垂切除歴」に関しては、「Crohn病」の初期症状としての腹痛により「虫垂切除」を受けたことが「Crohn病」との関連を示したにすぎない(reverse causality)という可能性もある。また、「飲酒」や「食習慣」に関しては、いまだに報告数が少ない。このように、炎症性腸疾患の原因は、いまだ不明な部分が多い。しかし、新たな発症者を可能な限り予防するため、公衆衛生上の観点からも、疾患のリスク因子を早急に解明することが急務である。(著者抄録)

  • 感染症対策の話題 ワクチン疫学研究の原理と方法 新型インフルエンザワクチンの免疫原性と有効性の評価 査読

    原 めぐみ, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 廣田 良夫

    (一社)日本衛生学会 日本衛生学雑誌   68 ( 3 )   153 - 160   2013年09月( ISSN:0021-5082

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    2009年4月にメキシコとアメリカで感染者が確認された新型インフルエンザであるA/H1N1pdmは瞬く間に世界中に広がり、本邦でも同年5月には患者が確認された。インフルエンザワクチンの有効性評価のための疫学研究の原理と方法について述べ、著者等が2009年のパンデミック時に経験した新型インフルエンザワクチンの免疫原性と有効性の調査研究について報告した。本稿で詳述した研究全てにおいて、接種前抗体価が高いほど、ワクチン接種後の免疫原性が低いという関連が認められた。発症予防効果を主要評価項目とするワクチンの有効性評価の際には、アウトカムの精度および正確度が重要である。特に、後方視的調査ではバイアスを伴いやすいので十分な注意が必要である。

  • 臨床医のための疫学と統計学の基本 査読

    福島 若葉, 大藤 さとこ, 廣田 良夫

    (公社)日本整形外科学会 日本整形外科学会雑誌   87 ( 7 )   563 - 571   2013年07月( ISSN:0021-5325

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【炎症性腸疾患-病因解明と診断・治療の最新知見-】炎症性腸疾患の疫学 炎症性腸疾患の危険因子 査読

    大藤 さとこ, 乾 未来, 井手 悠一郎, 福島 若葉, 廣田 良夫

    (株)日本臨床社 日本臨床   70 ( 増刊1 炎症性腸疾患 )   52 - 55   2012年02月( ISSN:0047-1852

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【大腿骨頭壊死症-関節温存手術とその限界-】特発性大腿骨頭壊死症の全国疫学調査から 査読

    福島 若葉, 廣田 良夫

    (株)全日本病院出版会 Orthopaedics   24 ( 8 )   7 - 11   2011年07月( ISSN:0914-8124

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    特発性大腿骨頭壊死症(ION)の記述疫学に関する直近の全国調査として、2004年1年間の受療患者について調査した「全国疫学調査」の結果を概説する。一次調査の結果、2004年1年間の受療患者数は11,400人(95%信頼区間:10,100-12,800)、新患数は2,200人と推定され、ともに10年間で約1.5倍に増加していた。二次調査の結果、確定診断時年齢のピークは40歳代であり、40歳未満が39%を占めていた。誘因の分布は、「ステロイド全身投与歴あり(ステロイド性)」51%、「アルコール愛飲歴あり(アルコール性)」31%、「両方あり」3%、「両方なし」15%であり、40歳未満に限るとステロイド性は60%であった。ION関節のうち60%に手術が施行されており、術式の内訳は、人工物置換術(人工骨頭・人工関節置換術)が65%、骨切り術は25%であった。40歳未満に限った場合も、骨切り術は38%にとどまり、人工物置換術が45%を占めていた。(著者抄録)

  • 【大腿骨頭壊死症-関節温存手術とその限界-】 特発性大腿骨頭壊死症の全国疫学調査から 査読

    福島 若葉, 廣田 良夫

    (株)全日本病院出版会 Orthopaedics   24 ( 8 )   7 - 11   2011年07月( ISSN:0914-8124

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【潰瘍性大腸炎-長期経過観察例の諸問題】再燃の因子となるものは? 査読

    大藤 さとこ, 福島 若葉, 廣田 良夫

    (株)日本メディカルセンター 臨床消化器内科   26 ( 8 )   1115 - 1124   2011年06月( ISSN:0911-601X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    潰瘍性大腸炎は原因不明の難治性炎症性腸管障害であり,経過中に寛解と再燃を繰り返す者が多い.診断後1年間の再燃率は約30〜50%,5年では約60〜70%と報告されている.しかし,再燃率は診断時の病態により影響を受けるため,報告により若干のばらつきがある.再燃に影響する因子として,診断時の年齢,病変部位,重症度などがある.しかし,その他の因子については再燃因子というには論拠が希薄である.また,家族歴,喫煙,虫垂切除歴など潰瘍性大腸炎の発生に関連する因子は,必ずしも再燃に強く影響しているわけではなさそうである.再燃に影響する因子の解明は,患者の寛解維持効果を向上させるためにも重要な検討課題である.(著者抄録)

  • 【特発性大腿骨頭壊死症】特発性大腿骨頭壊死症の疫学 査読

    福島 若葉, 阪口 元伸, 武知 茉莉亜, 小林 真之, 廣田 良夫

    (有)科学評論社 リウマチ科   44 ( 4 )   391 - 397   2010年10月( ISSN:0915-227X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【特発性大腿骨頭壊死症】 特発性大腿骨頭壊死症の疫学 査読

    福島 若葉, 阪口 元伸, 武知 茉莉亜, 小林 真之, 廣田 良夫

    (有)科学評論社 リウマチ科   44 ( 4 )   391 - 397   2010年10月( ISSN:0915-227X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【感染症制御のための公衆衛生の役割】感染症制御における疫学の役割 査読

    福島 若葉

    (株)永井書店 綜合臨床   59 ( 3 )   345 - 348   2010年03月( ISSN:0371-1900

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    "A Dictionary of Epidemiology"によると、疫学は、「特定の集団における健康関連事象について、その分布あるいは規定要因を調査し、健康問題の対策に応用すること」と定義されている。現在、わが国の死因の約6割は、がん、心疾患、脳血管疾患などの生活習慣病が占めるものの、結核をはじめとする感染症は依然として私たちの健康を脅かしている。また、2009年4月以降、世界的に流行している新型インフルエンザにより、感染症に対する社会的な関心が高まっている。感染症制御のための対策は、三大要素である「感染源(病原体)、感染経路、感受性宿主」のいずれかに対して行うものであるが、「病原体が明らかであってこそ対策が可能」ととらえがちである。しかし、病原体が必ずしも明らかでなくとも、疫学手法の適用により公衆衛生の観点から対策を講じることができる。本稿では、過去の歴史的・代表的事例を取り上げ、感染症制御における疫学の役割に触れてみたい。(著者抄録)

  • 【感染症制御のための公衆衛生の役割】 感染症制御における疫学の役割 査読

    福島 若葉

    (株)永井書店 綜合臨床   59 ( 3 )   345 - 348   2010年03月( ISSN:0371-1900

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【大腿骨頭壊死症 疫学・病態から治療まで】 特発性大腿骨頭壊死症の疫学 査読

    福島 若葉, 大藤 さとこ, 廣田 良夫

    (株)医薬ジャーナル社 Clinical Calcium   17 ( 6 )   843 - 848   2007年05月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 大阪市における新型コロナワクチン接種効果の見える化 国内会議

    平松由佳, 山本晃士, 小林茉奈美, 木坂麻梨奈, 廣川秀徹, 國吉裕子, 松本珠実, 近藤亨子, 松浦知香, 大藤さとこ, 福島若葉, 揚久恵

    第82回日本公衆衛生学会総会  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:つくば市  

  • 【企画セッション27:社会的関心の高い問題における統計家の貢献と社会的使命 〜ヒトパピローマウイル ス( HPV)ワクチンの安全性評価を題材にして】子宮頸がんワクチンの安全性の評価に関する疫学研究(祖父江班) 招待 国内会議

    祖父江 友孝, 福島 若葉, 原 めぐみ

    2023年度統計関連学会連合大会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:京都市  

  • 【シンポジウム23:COVID-19ワクチンの有効性を科学的に評価する】疫学の立場から ~COVID-19ワクチンの有効性の疫学的評価について~ 招待 国内会議

    福島 若葉

    第97回日本感染症学会総会・学術講演会 第71回日本化学療法学会学術集会 合同学会  2023年04月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:横浜  

  • 【特別企画:指定難病特発性大腿骨頭壊死症の政策研究成果】定点モニタリングシステムからみた特発性大腿骨頭壊死症 招待 国内会議

    福島 若葉

    第49回日本股関節学会学術集会  2022年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:山形  

  • 【Excellent Poster Presenter Award】Inactivated influenza vaccination did not reduce influenza viral load at diagnosis among young Japanese children during the 2013/2014 through 2017/2018 influenza seasons 国際会議

    Mukai E, Fukushima W, Morikawa S, Nakata K, Hiroi S, Fujioka M, Matsushita T, Kubota M, Yagi Y, Takechi T, Takasaki Y, Shindo S, Yamashita Y, Yokoyama T, Kiyomatsu Y, Matsumoto K, Maeda A, Kondo K, Ito K, Kase T, Ohfuji S, Hirota Y

    OPTIONS Ⅺ for the Control of Influenza  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Belfast  

  • 【教育講演2】ワクチンの有効性と安全性の考え方 ~疫学の視点から~ 招待 国内会議

    福島 若葉

    第29回日本免疫毒性学会学術年会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:札幌  

  • Dietary intake of vitamin E and cryptoxanthin are inversely associated with osteonecrosis of the femoral head: a multicenter case-control study in Japan 国際会議

    Fukushima W, Yamamoto T, Sakai T, Ando W, Tani T, Sugano N

    ARCO 2022 (The 21st International Symposium of Association Research Circulation Osseous in Seoul)   2022年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 【専門医共通講習 2:感染対策(BC2)】新型コロナウイルスワクチンの有効性と安全性 〜疫学の視点から考える現状と課題〜 招待 国内会議

    福島 若葉

    第25回日本臨床救急医学会総会・学術集会  2022年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪  

  • 【シンポジウム47:ワクチン開発と臨床評価】ワクチンの臨床的有効性評価 招待 国内会議

    福島 若葉

    第42回日本臨床薬理学会学術総会  2021年12月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:仙台  

  • 【医療倫理講習会】「人を対象とする生命科学・医学系研究に 関する倫理指針」について 招待 国内会議

    福島 若葉

    第232回大阪小児科学会   2021年12月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 【シンポジウム2:ワクチンの疫学】新型コロナウイルスワクチンの市販後有効性・安全性評価 ~コホート研究の原理原則とその実際~ 国内会議

    福島 若葉

    第25回日本ワクチン学会学術集会  2021年12月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:軽井沢  

  • 【パネルディスカッション2:COVID-19ワクチンの課題と今後の展望】疫学の視点からみた新型コロナウイルスワクチン導入の現状と課題 国内会議

    福島 若葉

    2021年感染症(西、中)化療(西)合同学会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:長良川  

  • 【シンポジウム①:感染とがん】HPVワクチンの安全性評価 ~青少年における「疼痛又は運動障害を中心とする多様な症状」の受療状況に関する全国疫学調査結果より~ 招待 国内会議

    福島 若葉

    がん予防学術大会2021東京  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京  

  • 【特別シンポジウム:新型コロナウイルスとBCG】新型コロナウイルス感染症とBCGワクチン ~現時点での疫学研究結果から言えること~ 招待 国内会議

    福島 若葉

    第24回日本ワクチン学会学術集会  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 【共催ランチョンセミナーB】ワクチンの有効性評価の考え方について ~インフルエンザワクチンを中心に~ 招待 国内会議

    福島 若葉

    グローバルヘルス合同大会 2020  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 【シンポジウム3:整形外科難治性疾患に対するチャレンジ 過去・現在・未来】特発性大腿骨頭壊死症の疫学研究 招待 国内会議

    福島 若葉

    第35回日本整形外科学会基礎学術集会  2020年10月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • インフルエンザワクチン接種によるウイルス排泄量減少効果の検討 国内会議

    福島若葉, 加瀬哲男, 迎恵美子, 松本一寛, 森川佐依子, 廣井聡, 中田恵子, 前田章子, 伊藤一弥, 近藤亨子, 大藤さとこ, 廣田良夫, インフルエンザワクチン有効性モニタリンググループ

    第30回日本疫学会学術総会  2020年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 【教育セミナー7】妊婦及び乳幼児に対するインフルエンザワクチンの有効性と安全性 招待 国内会議

    大藤さとこ, 福島若葉

    第23回日本ワクチン学会学術集会  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 特発性大腿骨頭壊死症の地域分布:全国疫学調査データを用いた検討 国内会議

    福島若葉, 伊藤一弥, 大藤さとこ, 近藤亨子, 中村好一

    第78回日本公衆衛生学会総会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Influenza vaccine effectiveness in young Japanese children over five seasons 国際会議

    Fukushima W, Morikawa S, Fujioka M, Matsushita T, Kubota M, Yagi Y, Takechi T, Takasaki Y, Shindo S, Yamashita Y, Yokoyama T, Kiyomatsu Y, Hiroi S, Nakata K, Matsumoto K, Maeda A, Kondo K, Ito K, Kase T, Ohfuji S, Hirota Y

    OPTIONS X for the Control of Influenza  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 【シンポジウム58:特発性大腿骨頭壊死症の診療ガイドライン】特発性大腿骨頭壊死症の診療ガイドライン:疫学 招待 国内会議

    福島若葉, 中村順一, 坂本悠磨, 坂井孝司, 安藤渉, 菅野伸彦

    第92回日本整形外科学会学術総会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • Descriptive epidemiology of idiopathic osteonecrosis of the femoral head in Japan: a nationwide survey conducted in 2015 国際会議

    Fukushima W, Sakai T, Ito K, Nakamura Y, Sugano N.

    2019 ARCO (Association Research Circulation Osseous) Biennial Meeting  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 【シンポジウム4:現行インフルエンザワクチンの課題とその解決への展望】現行インフルエンザワクチンの有効性評価 招待 国内会議

    福島 若葉

    第22回日本ワクチン学会学術集会  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 【教育研修講演3】特発性大腿骨頭壊死症の疫学 招待 国内会議

    福島 若葉

    第45回日本股関節学会学術総  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 【シンポジウム1:特発性大腿骨頭壊死症診療ガイドライン】特発性大腿骨頭壊死症 (ONFH) の診療ガイドライン:疫学 招待 国内会議

    福島若葉, 中村順一, 坂本悠磨, 坂井孝司, 菅野伸彦

    第45回日本股関節学会学術総会  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 【パネルディスカッション:今、ヒトパピローマウイルスワクチンについて考える!!!】青少年における 「疼痛又は運動障害を中心とする多様な症状」の 受療状況に関する全国疫学調査 招待 国内会議

    福島 若葉

    第77回日本癌学会学術総会  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 【シンポジウム12:特発性大腿骨頭壊死症診療ガイドラインのポイント】特発性大腿骨頭壊死症 (ONFH) 診療ガイドラインのポイント:疫学 招待 国内会議

    福島若葉, 中村順一, 坂本悠磨, 坂井孝司, 菅野伸彦

    第91回日本整形外科学会学術総会  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 小児におけるインフルエンザワクチンの有効性(2016/17シーズン) 国内会議

    福島若葉, 森川佐依子, 藤岡雅司, 松下享, 久保田恵巳, 八木由奈, 高崎好生, 進藤静生, 山下祐二, 横山隆人, 清松由美, 廣井聡, 中田恵子, 加瀬哲男, 伊藤一弥, 大藤さとこ, 前田章子, 廣田良夫

    第28回日本疫学会学術総会  2018年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 【教育セミナー8】 インフルエンザワクチンの有効性評価~疫学手法とその実際~ 招待 国内会議

    福島若葉

    第21回日本ワクチン学会  2017年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 【シンポジウム1:特発性大腿骨頭壊死症に関する Basic Knowledge】特発性大腿骨頭壊死症の疫学 招待 国内会議

    福島若葉

    第44回日本股関節学会学術集会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 【教育セミナー4】 インフルエンザワクチン有効性の考え方~より「正しい」評価を目指して~ 招待 国内会議

    福島若葉

    第44回日本小児臨床薬理学会学術集会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 【Symposium 20: Epidemiologic evaluation of influenza -- disease burden, risk factors and vaccine effectiveness】 Influenza vaccine effectiveness among Japanese young children: a test-negative design 招待 国際会議

    Wakaba Fukushima

    The 21st International Epidemiological Association (IEA), World Congress of Epidemiology (WCE2017)  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 【シンポジウム2:HPVワクチン接種後に生じた症状に関する諸問題】 青少年における「疼痛又は運動障害を中心とする多様な症状」の受療状況に関する全国疫学調査 招待 国内会議

    福島若葉 , 原めぐみ, 柴田政彦, 喜多村祐里, 祖父江友孝

    第39回日本疼痛学会  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 【教育セミナー2】 ワクチンの効果~どのように評価しますか?~ 招待 国内会議

    福島若葉

    第28回日本小児科医会総会フォーラム  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 小児におけるインフルエンザワクチンの有効性(2015/16シーズン) 国内会議

    福島若葉, 森川佐依子, 藤岡雅司, 松下享, 久保田恵巳, 武知哲久, 高崎好生, 進藤静生, 山下祐二, 横山隆人, 清松由美, 廣井聡, 中田恵子, 加瀬哲男, 大藤さとこ, 前田章子, 廣田良夫

    第56回近畿公衆衛生学会   2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ワクチンによるインフルエンザの予防と対策に関する啓発 国内会議

    福島 若葉, 大藤 さとこ, 定金 敦子, 小笹 晃太郎

    日本公衆衛生学会総会抄録集  2016年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ワクチンによるインフルエンザの予防と対策に関する啓発 国内会議

    小笹 晃太郎, 定金 敦子, 大藤 さとこ, 福島 若葉

    日本公衆衛生学会総会抄録集  2015年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ワクチンによるインフルエンザの予防と対策に関する啓発 国内会議

    小笹 晃太郎, 定金 敦子, 大藤 さとこ, 福島 若葉

    日本公衆衛生学会総会抄録集  2014年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ワクチンによるインフルエンザの予防と対策に関する啓発 国内会議

    小笹 晃太郎, 定金 敦子, 福島 若葉, 大藤 さとこ

    日本公衆衛生学会総会抄録集  2013年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ワクチンによるインフルエンザの予防と対策に関する啓発 国内会議

    小笹 晃太郎, 福島 若葉, 大藤 さとこ

    日本公衆衛生学会総会抄録集  2012年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ワクチンによるインフルエンザの予防と対策に関する啓発 国内会議

    小笹 晃太郎, 鷲尾 昌一, 福島 若葉, 大藤 さとこ

    日本公衆衛生学会総会抄録集  2011年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • ワクチンの疫学

科研費

  • Budd-Chiari症候群の予後に関する分析疫学研究

    基盤研究(C)  2023年04月

  • 新型コロナウイルスワクチンの抗体応答の関連因子:メタボロミクスに着目した検討

    基盤研究(B)  2023年04月

  • 大阪大都市圏住民の社会的紐帯と近隣効果の研究:混合研究法による都市社会調査

    基盤研究(B)  2023年04月

  • 難病疫学研究の適正推進に資する情報や知見の普及・啓発に関する研究

    厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患政策研究事業)  2023年04月

  • ワクチンの有効性・安全性と効果的適用に関する疫学研究

    厚生労働行政推進調査事業費補助金(新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業)  2023年04月

  • 特発性大腿骨頭壊死症の確定診断と重症度判定の向上に資する大規模多施設研究

    厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患政策研究事業)  2023年04月

  • 新型コロナウイルスワクチンの抗体応答の関連因子:メタボロミクスに着目した検討

    基盤研究(B)  2022年04月

  • 大阪大都市圏住民の社会的紐帯と近隣効果の研究:混合研究法による都市社会調査

    基盤研究(B)  2020年04月

  • グローバル化のなかの都市分断と社会的紐帯に関する近隣効果の国際比較研究

    課題設定による先導的人文・社会科学研究推進事業(グローバル展開プログラム(研究テーマ公募型))  2019年04月

  • 小児におけるインフルエンザワクチンの重症化予防効果と連続接種の影響に関する研究

    基盤研究(B)  2019年04月

  • インフルエンザワクチンの毎年接種の感染防御への影響に関する研究

    基盤研究(C)  2017年04月

  • クローン病の発症関連因子に関する分析疫学研究

    基盤研究(C)  2017年04月

  • C型肝炎に対する抗ウイルス治療後の予後に関する分析疫学研究

    基盤研究(B)  2017年04月

  • レア・ポピュレーションの行動と健康に関する研究

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2016年04月

  • 肝炎ウイルス・がん検診の効果的な受検勧奨モデル:社会経済要因を踏まえた学際的研究

    基盤研究(C)  2013年04月

  • 生後6ヵ月未満児のインフルエンザ予防に関する疫学調査

    基盤研究(B)  2013年04月

  • 変形性股関節症患者における症状重篤度に関連する因子

    基盤研究(C)  2011年

  • ハイリスク者における新型インフルエンザワクチンの有用性に関する研究

    基盤研究(B)  2010年

  • 在宅療養高齢者におけるインフルエンザ予防とワクチンの有用性に関する研究

    基盤研究(B)  2007年

  • C型肝炎ウイルス感染者における各種予後の予測因子に関する疫学研究

    若手研究(B)  2007年

▼全件表示

その他補助金等

  • 特発性大腿骨頭壊死症の医療水準及び患者QOL向上に資する大規模多施設研究

    厚生労働省  2022年04月

  • ワクチンの有効性・安全性と効果的適用に関する疫学研究

    厚生労働省  2022年04月

  • 特発性大腿骨頭壊死症の医療水準及び患者QOL向上に資する大規模多施設研究

    厚生労働省  2021年04月

  • ワクチンの有効性・安全性と効果的適用に関する疫学研究

    厚生労働省  2021年04月

  • ワクチンの有効性・安全性と効果的適用に関する疫学研究

    厚生労働省  2020年04月

  • 特発性大腿骨頭壊死症の医療水準及び患者QOL向上に資する大規模多施設研究

    厚生労働省  2020年04月

  • 特発性大腿骨頭壊死症の疫学調査・診断基準・重症度分類の改訂と診療ガイドライン策定を目指した大規模多施設研究

    厚生労働省  2017年04月

  • 難治性疾患の継続的な疫学データの収集・解析に関する研究

    厚生労働省  2017年04月

  • ワクチンの有効性・安全性の臨床評価とVPDの疾病負荷に関する疫学研究

    厚生労働省  2017年04月

  • 子宮頸がんワクチンの有効性と安全性の評価に関する疫学研究

    厚生労働省  2015年04月

▼全件表示

研究員受入実績

  • 2023年度  研究員数:15名

  • 2022年度  研究員数:13名

担当教育概要

  • 公衆衛生学、疫学

担当授業科目

  • 公衆衛生学2

    2023年度   週間授業   大学

  • 公衆衛生学1

    2023年度   週間授業   大学

  • 公衆衛生学(公衆衛生学研究読解演習)

    2023年度     大学院

  • 公衆衛生学(公衆衛生学研究計画演習)

    2023年度     大学院

  • 公衆衛生学(公衆衛生対策)

    2023年度     大学院

  • 公衆衛生学(疫学データ解析講習)

    2023年度     大学院

  • 公衆衛生学(公衆衛生学応用)

    2023年度     大学院

  • 公衆衛生学(公衆衛生学基礎)

    2023年度     大学院

  • 保健所・保健福祉センター実習

    2023年度     大学

  • 医学研究推進コース3

    2023年度     大学

  • 医学研究推進コース1

    2023年度     大学

  • 医学研究概論(医学研究科 共通教育科目)

    2023年度     大学院

  • 公衆衛生学(発表表現演習)

    2023年度     大学院

  • 公衆衛生学(研究指導)

    2023年度     大学院

  • 保健所・保健福祉センター実習

    2022年度     大学

  • 公衆衛生学2

    2022年度     大学

  • 公衆衛生学1

    2022年度     大学

  • ケアシステム開発論(看護学研究科)

    2022年度     大学院

  • ケア科学研究総論(看護学研究科)

    2022年度     大学院

  • 研究指導(公衆衛生学)(医学研究科 博士課程 研究指導科目)

    2022年度     大学院

  • 発表表現演習(公衆衛生学)(医学研究科 博士課程 専門教育科目)

    2022年度     大学院

  • 公衆衛生学(公衆衛生学基礎/公衆衛生学応用/疫学データ解析講習/公衆衛生対策/公衆衛生学研究計画演習/公衆衛生学研究読解演習)(医学研究科 博士課程 専門教育科目)

    2022年度     大学院

  • 医学研究概論(医学研究科 共通教育科目)

    2022年度     大学院

  • 医学研究推進コース1

    2022年度     大学

  • 医学研究推進コース3

    2022年度     大学

  • 公衆衛生学Ⅱ

    2021年度     大学

  • 保健所・保健福祉センター実習

    2021年度     大学

  • 医学研究推進コース3

    2021年度     大学

  • 公衆衛生学Ⅰ

    2021年度     大学

  • 医学研究概論

    2021年度     大学院

  • 環境と健康

    2020年度     大学

  • 公衆衛生学Ⅰ

    2020年度     大学

  • 修業実習

    2020年度     大学

  • 公衆衛生学Ⅱ

    2020年度     大学

  • 保健所・保健福祉センター実習

    2020年度     大学

  • 公衆衛生学

    2020年度     大学院

  • 医学研究概論

    2020年度     大学院

  • 医学研究概論

    2019年度     大学院

  • 公衆衛生学

    2019年度     大学院

  • 保健所・保健福祉センター実習

    2019年度     大学

  • 公衆衛生学Ⅱ

    2019年度     大学

  • 修業実習

    2019年度     大学

  • 公衆衛生学Ⅰ

    2019年度     大学

  • 基礎医学研究推進コース

    2019年度     大学

  • 修業実習

    2018年度     大学

  • 医学研究概論

    2018年度     大学院

  • 公衆衛生学

    2018年度     大学院

  • 公衆衛生学Ⅱ

    2018年度     大学

  • 保健所・保健福祉センター実習

    2018年度     大学

  • 公衆衛生学Ⅰ

    2018年度     大学

  • 基礎医学研究推進コース

    2018年度     大学

  • 保健所・保健福祉センター実習

    2017年度     大学

  • 修業実習

    2017年度     大学

  • 公衆衛生学

    2017年度     大学院

  • 公衆衛生学

    2017年度     大学

  • 環境と健康

    2017年度     大学

  • 医学研究概論

    2017年度     大学院

  • 基礎医学研究推進コース

    2017年度     大学

▼全件表示

FD活動

  • FD活動への貢献  2023年度

     詳細を見る

    医学研究科教育分野FD講習会 受講

  • FD活動への貢献  2022年度

     詳細を見る

    医学研究科教育分野FD講習会 受講

  • FD活動への貢献  2021年度

     詳細を見る

    医学研究科教育分野FD講習会 受講

  • FD活動への貢献  2020年度

     詳細を見る

    医学研究科教育分野FD講習会 受講

  • FD活動への貢献  2019年度

     詳細を見る

    医学研究科教育分野FD講習会 受講

  • FD活動への貢献  2018年度

     詳細を見る

    医学研究科教育分野FDワークショップ 受講

  • FD活動への貢献  2018年度

     詳細を見る

    医学研究科教育分野FD講習会 受講

  • FD活動への貢献  2017年度

     詳細を見る

    医学研究科教育分野FD講習会 受講

▼全件表示

所属院生等の論文発表集計

  • 2023年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:1件

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2018年度

      詳細を見る

    独自項目:日本学術振興会平成30年度卓越大学院プログラム「文理融合型・疫学プロフェッショナルコース」申請(プログラムコーディネーター)

社会貢献活動

  • Takeda VPD Online セミナー「ワクチンの有効性と安全性の考え方について ~新型コロナワクチンを例に~」

    役割:講師

    武田薬品工業株式会社  2024年03月

     詳細を見る

    SDGs:

    対象: 企業

    種別:講演会

  • 第441回大分市小児科医会学術講演会「ワクチンの有効性と安全性の疫学的考え方 ~インフルエンザやHPVを例に~」

    役割:講師

    大分市小児科医会  2023年06月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 大阪公立大学 2023年度 春の人権問題講演会「ワクチンについて考えよう ~正しい知識を持って、人権を守るために~」

    役割:講師

    大阪公立大学 人権問題委員会  2023年06月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

  • 第27回札幌感染管理研究会「ワクチンの有効性と安全性の考え方 ~疫学の視点から~」

    役割:講師

    2022年11月

     詳細を見る

    SDGs:

    対象: 学術団体

    種別:講演会

  • 第52回静岡小児臨床研究ネットワーク勉強会 【ワクチンを科学する】「歴史に学ぶ、インフルエンザワクチン有効性研究の在り方 ~前橋スタディからtest-negative designまで~」

    役割:講師

    2022年09月

     詳細を見る

    SDGs:

    対象: 学術団体

    種別:講演会

  • ラジオNIKKEI「感染症TODAY」解説「ワクチンの有効性の評価」

    役割:出演, 講師

    ラジオNIKKEI  2022年07月

     詳細を見る

    SDGs:

    対象: 研究者, 社会人・一般

    種別:テレビ・ラジオ番組

  • Takeda VPD Online セミナー「ワクチンの有効性と安全性の考え方について」

    役割:講師

    武田薬品工業株式会社  2021年09月

     詳細を見る

    SDGs:

    対象: 企業

    種別:講演会

  • 大阪市立大学 2020年度第2回 記者様向け勉強会〔医学系〕「今こそ、ワクチンについて考えよう」

    役割:講師

    2021年03月

     詳細を見る

    対象: メディア

    種別:講演会

    参加者数:20(人)

  • 読売テレビ「かんさい情報ネットten」出演「いよいよ新型コロナのワクチン先行接種開始:スピード承認の背景は?副反応は? 専門家に聞く」

    役割:出演, コメンテーター

    読売テレビ  かんさい情報ネットten  2021年02月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:テレビ・ラジオ番組

  • 第15回熊本ワクチン懇話会「小児におけるインフルエンザワクチンの有効性」

    役割:講師

    熊本ワクチン懇話会様, 熊本県小児科医会, Meiji Seikaファルマ  2020年10月

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    種別:講演会

  • KMバイオロジクス株式会社 社内セミナー「三風会」講演 「疫学によるインフルエンザワクチンの有効性評価~より「正しい」評価を目指して~」

    役割:講師

    2020年01月

     詳細を見る

    対象: 企業

    種別:講演会

  • ラジオNIKKEI「感染症TODAY」解説「インフルエンザワクチンの有効性について」

    役割:出演, 講師

    ラジオNIKKEI  ラジオNIKKEI「感染症TODAY」  2019年11月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般

    種別:テレビ・ラジオ番組

  • 都島区医師会学術講演会 講演「インフルエンザワクチンの有効性評価 ~疫学手法とその実際~」

    役割:講師

    2019年09月

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    種別:講演会

  • 鳥取県中部医師会予防接種講演会 講演「小児におけるインフルエンザワクチンの有効性」

    役割:講師

    2019年09月

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    種別:講演会

  • 小児感染症専門医育成フォーラム2019 講演「ワクチンの疫学研究~有効性評価に必要な考え方~」

    役割:講師

    2019年08月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 堺仁澪会総会・学術講演会 講演「ワクチンの有効性と安全性の考え方~予防接種行政の現状も踏まえて~」

    役割:講師

    2019年06月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 大阪市立大学文化交流センター公開講座「肝臓病と生活習慣、肝炎ウイルス」

    役割:講師

    2018年11月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

  • つがる小児科医の会学術講演会 講演「ンフルエンザワクチンを中心とした疫学・統計データの読み方・考え方」

    役割:講師

    2018年11月

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    種別:講演会

  • 沖縄県病院薬剤師会・医師会医学会 インフルエンザワクチン学術講演会 講演「インフルエンザワクチンの有効性評価 ~疫学手法とその実際~」

    役割:講師

    2018年11月

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    種別:講演会

  • 鹿児島市小児科医会学術講演会 講演「インフルエンザワクチンの有効性評価 ~疫学手法とその実際~」

    役割:講師

    2018年10月

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    種別:講演会

  • アステラスワクチンフォーラム「小児へのインフルエンザワクチン接種は効くのか? ~疫学の視点から有効性を考える~」

    役割:講師

    2018年10月

     詳細を見る

    種別:インターネット

  • 豊岡市医師会学術講演会 「小児におけるインフルエンザワクチンの有効性」

    役割:講師

    2018年09月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 神経変性疾患領域における基盤的調査研究班ワークショップ【最近の話題2】「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針~難病の全国疫学調査との関連も含めて~」

    役割:講師

    2018年07月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 日本製薬工業協会 メディアフォーラム 「ワクチンの有効性と安全性の考え方~疫学の視点から~」

    役割:講師

    日本製薬工業協会  製薬協 メディアフォーラム  日本橋ライフサイエンスビル 2階大会議室  2018年03月

     詳細を見る

    対象: メディア

    種別:講演会

    参加者数:50(人)

  • 日本ワクチン産業協会 技術委員会講演会 講演「ワクチンの安全性・有効性に関する分析疫学~インフルエンザを例に~」

    役割:講師

    北里第一三共ワクチン株式会社  2018年03月

     詳細を見る

    対象: 企業

    種別:講演会

    参加者数:50(人)

  • 大阪大学医学部附属病院疼痛医療センター 第23回学術セミナー「青少年における『疼痛又は運動障害を中心とする多様な症状』の受療状況に関する全国疫学調査~厚生労働省研究班によるHPVワクチン安全性研究結果より~」

    役割:講師

    2017年09月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 武田薬品ワクチンWeb講演会 講演「疫学によるインフルエンザワクチンの有効性・安全性の考え方」

    役割:講師

    武田薬品工業株式会社  武田薬品ワクチンWeb講演会  2017年09月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 学術団体

    種別:インターネット

    参加者数:4,000(人)

  • 市民医学講座「肝臓病と生活習慣、肝炎ウイルス」

    役割:講師

    医学部医学情報センター・ホール  2014年01月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    参加者数:150(人)

  • 大阪市保健衛生統計講習会

    役割:講師

    2011年 - 2014年

     詳細を見る

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    大阪市各区保健福祉センターの職員を対象に、保健事業に関連するアンケート調査をテーマとして、計画・分析段階のポイントについて講習・演習を行った(平成23年度:2回、平成24年度:2回、平成25年度:2回、平成26年度:4回)。これにより、地域保健従事者の調査計画・分析能力を向上し得る学習機会を提供した。
    ◆関係組織:大阪市保健所保健医療対策課

  • 世界保健機関による手足口病のガイドライン作成

    2011年

     詳細を見る

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    西太平洋地域において集団発生や重症例・死亡例が報告されている手足口病について、公衆衛生対策と臨床マネジメントに関するガイドラインの作成に参画し、感染症疫学の専門家として“Epidemiology”セクションのlead writerとcoordinatorを務めた。当該ガイドラインは2011(平成23)年に公表され、標準的な指針として世界で広く活用された。
    ◆関係組織:世界保健機関西太平洋地域事務局

▼全件表示

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 生活習慣・生活環境と肝臓病

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:社会人・一般

    肝臓病はわが国の国民病と言われており、その原因には生活習慣や生活環境が深くかかわっています。このセミナーでは、それらの関係について最近の知見も含めてご紹介します。
    また、大阪府は、B型・C型肝炎ウイルスの感染率が高い地域です。肝炎ウイルス感染の検査をうける意義や、検査の種類についてもご説明します。
    このセミナーで、ご自身のより良い健康管理について一緒に考えましょう。
    肝臓病と生活習慣をテーマに、自身のより良い健康管理について考える。

外国人受入実績

  • 2023年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

  • 2022年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

  • 2021年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

  • 2020年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

  • 2019年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

  • 2018年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

  • 2017年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

▼全件表示

その他

  • 職務経歴

    2015年01月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院 医学研究科公衆衛生学 教授

  • 職務経歴

    2012年04月 - 2014年12月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院 医学研究科公衆衛生学 准教授

  • 職務経歴

    2009年04月 - 2012年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院 医学研究科公衆衛生学 講師

  • 職務経歴

    2005年04月 - 2009年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院 医学研究科公衆衛生学 助手(現:助教)