2024/03/04 更新

写真a

ナガサキ タケシ
長崎 健
NAGASAKI Takeshi
担当
大学院工学研究科 物質化学生命系専攻 教授
工学部 化学バイオ工学科
職名
教授
所属
工学研究院
所属キャンパス
杉本キャンパス

担当・職階

  • 大学院工学研究科 物質化学生命系専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 工学部 化学バイオ工学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 工学博士 ( 九州大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 生体材料学  / Medical Bioengineering

  • ライフサイエンス / 生体医工学  / Medical Bioengineering

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / バイオ機能応用、バイオプロセス工学  / 生体機能工学

研究キーワード

  • 薬物送達システム

  • 抗がん剤

  • 細胞足場

  • 組織接着剤

  • 中性子捕捉療法

研究概要

  • バイオ産業を支える基盤技術として細胞工学関連技術の重要性は今後益々増大すると期待される。その中でも細胞培養や遺伝子導入は多方面へ応用する際の基幹技術である。我々は、再生医療や遺伝子治療等の近未来に医療革命を引き起こす可能性がある先進医療を見据え、安全性と効率の高い遺伝子導入剤や培養基剤の開発を目指し研究を行っている。

研究歴

  • ホウ素中性子捕捉療法用ホウ素デリバリーシステム

    国内共同研究

    2010年04月 - 継続中 

  • 止血剤ハイドロゲル

    止血剤、ハイドロゲル  国内共同研究

    2006年04月 - 継続中 

  • 細胞内輸送制御因子のドラッグデリバリーへの応用

    ドラッグデリバリー、細胞内動態、機能性タンパク  機関内共同研究

    2000年04月 - 継続中 

  • 細胞培養基材用コーティング剤

    細胞培養、ポリカチオン、細胞接着  国内共同研究

    2003年04月 - 継続中 

  • 生体高分子を基体とする遺伝子キャリア

    遺伝子キャリアー、生体高分子、ポリカチオン  国内共同研究

    1999年04月 - 継続中 

  • 非天然アミノ酸を用いたタンパク質工学

    非天然アミノ酸、タンパク質工学、分子認識  国際共同研究

    1900年04月 - 継続中 

所属学協会

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 理事   日本中性子捕捉療法学会  

    2024年01月 - 継続中 

  • 行事委員   高分子学会  

    2015年06月 - 2018年05月 

  • 関西支部常任理事   高分子学会  

    2013年07月 - 2020年06月 

  • 評議員   日本バイオマテリアル学会  

    2012年04月 - 継続中 

  • 幹事   ホストーゲスト・超分子化学研究会  

    2008年 - 継続中 

  • 評議員   日本DDS学会  

    2007年 - 継続中 

  • フロンティア生命化学研究会理事   日本化学会  

    2004年 - 継続中 

  • 評議員   遺伝子・デリバリー研究会  

    2000年 - 継続中 

  • 協議会委員   大阪市立都島工業高等学校  

    2016年04月 - 継続中 

  • 支部編集委員   高分子学会  

    2014年06月 - 2016年05月 

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2014年04月 - 2015年03月 

      詳細を見る

    原子炉実験所共同利用課題審査委員

  • 代議員   高分子学会  

    2014年03月 - 2018年03月 

  • 近畿支部幹事   日本化学会  

    2014年03月 - 2017年03月 

  • 第23回ポリマー材料フォーラム 運営委員   高分子学会  

    2013年10月 - 2014年11月 

  • -   学会誌等の編集・審査委員会  

    2011年05月 

      詳細を見る

    Reviwer of J. Control. Release

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2011年04月 - 2012年03月 

      詳細を見る

    大阪市島屋ビジネス・インキュベータ「インキュベーションオフィス入居審査会」審査委員長

  • -   文部科学省・日本学術振興会等による事業の審査委員会  

    2004年04月 - 2005年03月 

      詳細を見る

    日本学術振興会・特別研究員等審査会専門委員

  • 近畿支部幹事   日本化学会  

    2003年 - 2005年 

  • 関西支部幹事   有機合成化学協会  

    1999年 - 2001年 

  • 編集協力委員   有機合成化学協会  

    1995年 - 1997年 

▼全件表示

受賞歴

  • Bull. Chem. Soc. Jpn. 賞

    2007  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • HGCS Japan Award of Excellence 2006

    2006  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Bull. Chem. Soc. Jpn. 賞

    2004  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本化学会生体機能関連化学部会部会講演賞

    2002  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本化学会年会講演奨励賞

    1996  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 荒川化学工業研究企画賞

    1995  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 奈良高等専門学校非常勤講師   -

    2000年 - 2005年

  • 九州大学工学部   助手

    1991年 - 1994年

学歴

  • 九州大学   工学研究科   合成化学   博士課程   単位取得満期退学

    1988年04月 - 1991年03月

  • 東京農工大学大学院   工学研究科   資源応用化学専攻   修士課程   卒業・修了

    1986年04月 - 1988年03月

  • 東京農工大学   工学部   資源応用化学     卒業・修了

    1982年04月 - 1986年03月

論文

  • Widely distributable and retainable in-situ gelling material for treating myocardial infarction 査読

    Hue Thi Le ,Atsushi Mahara ,Kyoko Fukazawa ,Takeshi Nagasaki ,Tetsuji Yamaoka

    Acta Biomaterialia   2024年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.actbio.2024.01.013

  • HER-2-targeted Boron Neutron Capture Therapy with Carborane-integrated Immunoliposomes Prepared via an Exchanging Reaction 査読

    Riku Kawasaki; Ayano Oshige; Keita Yamana; Hidetoshi Hirano; Kotaro Nishimura; Yamato Miura; Ryuji Yorioka; Yu Sanada; Kaori Bando; Anri Tabata; Kazuma Yasuhara; Yusuke Miyazaki; Wataru Shinoda; Tomoki Nishimura; Hideki Azuma; Takushi Takata; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Minoru Suzuki; Takeshi Nagasaki; Atsushi Ikeda

    Chemistry - A European Journal -   2023年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/chem.202302486

  • HER-2-targeted boron neutron capture therapy using an antibody-conjugated boron nitride nanotube/β-1,3-glucan complex 査読

    Keita Yamana, Riku Kawasaki, Kousuke Kondo, Hidetoshi Hirano, Shogo Kawamura, Yu Sanada, Kaori Bando, Anri Tabata, Hideki Azuma, Takushi Takata, Yoshinori Sakurai, Hiroki Tanaka, Tomoki Kodama, Seiji Kawamoto, Takeshi Nagasaki, and Atsushi Ikeda

    Nanoscale Advances   5   3857 - 3861   2023年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/D3NA00028A

  • Phospholipid-Coated Boronic Oxide Nanoparticles as a Boron Agent for Boron Neutron Capture Therapy 査読

    Riku Kawasaki, Hidetoshi Hirano, Keita Yamana, Ayano Oshige, Kotaro Nishimura, Nanami Kono, Yu Sanada, Kaori Bando, Anri Tabata, Naoki Yasukawa, Hideki Azuma, Takushi Takata, Yoshinori Sakurai, Hiroki Tanaka, Minoru Suzuki, Naoki Tarutani, Kiyofumi Katagiri, Takeshi Nagasaki, Atsushi Ikeda

    ChemBioChem   2023年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/cbic.202300186

  • Prevention of anastomotic stenosis for decellularized vascular grafts using rapamycin-loaded boronic acid-based hydrogels mimicking the perivascular tissue function 査読

    Hue Thi Le, Atsushi Mahara, Takeshi Nagasaki, and Tetsuji Yamaoka

    Biomaterials Adv.   147   213324   2023年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.bioadv.2023.213324

  • Carborane bearing pullulan nanogel-boron oxide nanoparticle hybrid for boron neutron capture therapy 査読

    Riku Kawasaki, Hidetoshi Hirano, Keita Yamana, Hinata Isozaki, Shogo Kawamura, Yu Sanada, Kaori Bando, Anri Tabata, Kouhei Yoshikawa, Hideki Azuma, Takushi Takata, Hiroki Tanaka, Yoshinori Sakurai, Minoru Suzuki, Naoki Tarutani, Kiyofumi Katagiri, Shin-ichi Sawada, Yoshihiro Sasaki, Kazunari Akiyoshi, Takeshi Nagasaki, and Atsushi Ikeda

    Nanomed.: Nanotechnol. Biol. Med.   49   102659   2023年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.nano.2023.102659

  • HER-2-targeted boron neutron capture therapy using an antibody-conjugated boron nitride nanotube/β-1,3-glucan complex 査読

    Keita Yamana, Riku Kawasaki, Kousuke Kondo, Hidetoshi Hirano, Shogo Kawamura, Yu Sanada, Kaori Bando, Anri Tabata, Hideki Azuma, Takushi Takata, Yoshinori Sakurai, Hiroki Tanaka, Tomoki Kodama, Seiji Kawamoto, Takeshi Nagasaki, and Atsushi Ikeda

    Nanoscale Advances   2023年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/D3NA00028A

  • Caninization of Anti BSH Antibody Prepared from Rabbit Lymphocytes 査読

    N. Ueda, N. Yasukawa, R. Kawasaki, Y. Sakurai, H. Tanaka, Y. Sanada, N. Kondo, M. Suzuki, and T. Na-gasaki

    KURNS Progress Report 2022   2023年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Combination Effect of Shikonin on BPA-BNCT toward SCCVII Cells-Bearing C3H Mice 査読

    K. Bando, A. Tabata, N. Yasukawa, R. Kawasaki, Y. Sakurai, Y. Sanada, M. Suzuki, N. Kondo, and T. Nagasaki

    KURNS Progress Report 2022   2023年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • A new "Mitsunobu homocoupling" reaction using aldol adducts of kojic acid 査読

    Azuma Hideki, Morishima Yasuhito, Nakaguro Keijin, Kato Reiko, Nagasaki Takeshi

    TETRAHEDRON   94   2021年08月( ISSN:0040-4020

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tet.2021.132314

  • Tumor-targeting hyaluronic acid/fluorescent carborane complex for boron neutron capture therapy 査読

    Yamana Keita, Kawasaki Riku, Sanada Yu, Tabata Anri, Bando Kaori, Yoshikawa Kouhei, Azuma Hideki, Sakurai Yoshinori, Masunaga Shin-ichiro, Suzuki Minoru, Sugikawa Kouta, Nagasaki Takeshi, Ikeda Atsushi

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   559   210 - 216   2021年06月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2021.04.037

    PubMed

  • Mechanism toward Turn-on of Polysaccharide-Porphyrin Complexes for Fluorescence Probes and Photosensitizers in Photodynamic Therapy in Living Cells 査読

    Hino Shodai, Funada Rikushi, Sugikawa Kouta, Kawasaki Riku, Koumoto Kazuya, Suzuki Toshio, Nagasaki Takeshi, Ikeda Atsushi

    CHEMMEDCHEM   16 ( 5 )   793 - 803   2021年03月( ISSN:1860-7179

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cmdc.202000656

    PubMed

  • Tumor Growth Suppression With Novel Intra-arterial Chemotherapy Using Epirubicin-entrapped Water-in-oil-in-water Emulsion In Vivo 査読

    Hironobu Yanagie, Takashi Fujino , Masashi Yanagawa, Toshimitsu Terao, Takashi Imagawa, Mitsuteru Fujihara, Yasuyuki Morishita, Ryouji Mizumachi, Yuuji Murata, Novriana Dewi, Yuuya Ono, Ichiro Ikushima, Koji Seguchi, Masashi Nagata, Yasumasa Nonaka, Yoshitaka Furuya, Tomoyuki Hisa, Takeshi Nagasaki, Kazuhiko Arimori, Tadao Nakashima, Takumichi Sugihara, Kazuhiro Kakimi, Minoru Ono, Jun Nakajima, Masazumi Eriguchi, Shushi Higashi, Hiroyuki Takahashi

    In Vivo   35 ( 1 )   239 - 248   2021年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Cancer-Targeting Hyaluronic Acid/Carboranyl Pyrene Complex for Boron Neutron Capture Therapy 査読

    K. Yamana, R. Kawasaki, Y. Sanada, S. Masunaga, M. Suzuki, Y. Sakurai, A. Tabata, K. Bando, K. Yoshi-kawa, K. Sugikawa, T. Nagasaki, and A. Ikeda

    KURNS Progress Report 2020   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • Mechanism Toward Turn‐on of Polysaccharide–Porphyrin Complexes for Fluorescence Probes and Photosensitizers in Photodynamic Therapy in Living Cells 査読

    Shodai Hino, Rikushi Funada, Kouta Sugikawa, Riku Kawasaki, Kazuya Koumoto, Toshio Suzuki, Takeshi Nagasaki, and Atsushi Ikeda

    ChemMedChem   16   793 - 803   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Improved Stability and Photodynamic Activity of Water-Soluble 5,15-Diazaporphyrins Incorporated in beta-(1,3-1,6)-d-Glucan with On-Off Switch 査読

    Hino Shodai, Satake Shuhei, Shinmori Hideyuki, Kawabata Shigeki, Koumoto Kazuya, Suzuki Toshio, Nagasaki Takeshi, Sugikawa Kouta, Kawasaki Riku, Ikeda Atsushi

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   15 ( 3 )   365 - 370   2020年02月( ISSN:1861-4728

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.201901582

    PubMed

  • Preparation and Characterization of a Novel Bispecific Antibody That Targets Her2 and BSH for Boron Neutron Capture Therapy 査読

    T. Kanai, T. Tachibana, T. Nakanishi, T Nagasaki, M. Kirihata, Y. Hattori, Y. Sanada, Y. Sakurai and S. Masunaga

    KURNS Progress Report 2019   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • Turn-on fluorescence and photodynamic activity of beta-(1,3-1,6)-d-glucan-complexed porphyrin derivatives inside HeLa cells 査読

    Hino Shodai, Funada Rikushi, Sugikawa Kouta, Koumoto Kazuya, Suzuki Toshio, Nagasaki Takeshi, Ikeda Atsushi

    PHOTOCHEMICAL & PHOTOBIOLOGICAL SCIENCES   18 ( 12 )   2854 - 2858   2019年12月( ISSN:1474-905X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c9pp00208a

    PubMed

  • Formation of beta-(1,3-1,6)-D-glucan-complexed [70]fullerene and its photodynamic activity towards macrophages (vol 15, pg 1990, 2017) 査読

    Ikeda Atsushi, Akiyama Motofusa, Sugikawa Kouta, Koumoto Kazuya, Kagoshima Yuta, Li Jiawei, Suzuki Toshio, Nagasaki Takeshi

    ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY   15 ( 45 )   9734 - 9734   2017年12月( ISSN:1477-0520

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c7ob90179h

  • Water Solubilization of Fullerene Derivatives by beta-(1,3-1,6)-D-Glucan and Their Photodynamic Activities toward Macrophages 査読

    Ikeda Atsushi, Iizuka Tatsuya, Maekubo Naotake, Nobusawa Kazuyuki, Sugikawa Kouta, Koumoto Kazuya, Suzuki Toshio, Nagasaki Takeshi, Akiyama Motofusa

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   12 ( 10 )   1069 - 1074   2017年05月( ISSN:1861-4728

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.201700182

  • Formation of β-(1,3-1,6)-d-glucan-complexed [70]fullerene and its photodynamic activity towards macrophages. 査読

    Ikeda A, Akiyama M, Sugikawa K, Koumoto K, Kashijima Y, Li J, Suzuki T, Nagasaki T

    Organic & biomolecular chemistry   15 ( 9 )   1990 - 1997   2017年03月( ISSN:1477-0520

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c6ob02747d

    PubMed

  • Lipid-membrane-incorporated arylboronate esters as agents for boron neutron capture therapy 査読

    Ueda Masafumi, Ashizawa Kengo, Sugikawa Kouta, Koumoto Kazuya, Nagasaki Takeshi, Ikeda Atsushi

    ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY   15 ( 7 )   1565 - 1569   2017年02月( ISSN:1477-0520

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c6ob02142e

  • Improved isolation procedure for shikonin from the root of the Chinese medicinal plant Lithospermum erythrorhizon and its solubilization with cyclodextrins 査読

    Hideki Azuma,* Jiawei Li, Ryota Youda, Toshio Suzuki, Kazuhide Miyamoto, Taizo Taniguchi, Takeshi Nagasaki

    J. Appl. Res. Med. Arom Plants   3 ( 2 )   58 - 63   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Anti-inflammatory effect of water-soluble complex of 1 '-acetoxychavicol acetate with highly branched beta-1,3-glucan on contact dermatitis 査読

    Li Jiawei, Aizawa Yui, Hiramoto Keiichi, Kasahara Emiko, Tsuruta Daisuke, Suzuki Toshio, Ikeda Atsushi, Azuma Hideki, Nagasaki Takeshi

    BIOMEDICINE & PHARMACOTHERAPY   69   201 - 207   2015年02月( ISSN:0753-3322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.biopha.2014.11.026

  • Anti-inflammatory effect of water-soluble complex of 1’-acetoxychavicol acetate with highly branched -1,3-glucan on contact dermatitis

    Jiawei Li , Yui Aizawa, Keiichi Hiramoto, Emiko Kasahara, Daisuke Tsuruta, Toshio Suzuki, Atsushi Ikeda, Hideki Azuma

    Biomed. Biopharmacother.   69   201 - 207   2015年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Evaluation of Biocompatible Polylysine Bearing BSH as a Polymeric Agent for Boron Neutron Capture Therapy

    R. Kawasaki, M. Sakuramoto, M. Kirihata, K. Ono, S. Masunaga, Y. Sakurai

    KURRI Progress Report 2013   281   2014年10月( ISSN:0919-1038

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Hypoxia-induced Factor (HIF)-1α Inhibition and Metastasis Suppression with BNCT by Using Kojic Acid Modified o-Carborane

    R. Kawasaki, M. Sakuramoto, S. Iizuka, M. Kirihata, Y. Hattori, S. Masunaga,Y. Sakurai

    KURRI Progress Report 2013   124   2014年10月( ISSN:0919-1038

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • ホウ素中性子捕捉療法剤としての含有ホウ素希土類酸化物 査読

    長崎 健

    化学工業   65   512 - 517   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tumor growth suppression by gadolinium-neutron capture therapy using gadolinium-entrapped liposome as gadolinium delivery agent 査読

    Dewi Novriana, Yanagie Hironobu, Zhu Haito, Demachi Kazuyuki, Shinohara Atsuko, Yokoyama Kazuhito, Sekino Masaki, Sakurai Yuriko, Morishita Yasuyuki, Iyomoto Naoko, Nagasaki Takeshi, Horiguchi Yukichi, Nagasaki Yukio, Nakajima Jun, Ono Minoru, Kakimi Kazuhiro, Takahashi Hiroyuki

    BIOMEDICINE & PHARMACOTHERAPY   67 ( 6 )   451 - 457   2013年07月( ISSN:0753-3322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.biopha.2012.11.010

  • Mechanism Involved in Tumor Tissue of Colon 26 Carcinoma - Bearing Mice Irradiated with Neutron in the Presence of BSH - Appended Polyamine

    Takeshi Nagasaki, Riku Kawasaki , Masashi Sakuramoto, Hideki Azuma, et al.

    KURRI Progress Report 2012   CO6   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Kojic Acid - Appended Carorane/Hydroxypropyl-beta- Cyclodextrin Complex for BNCT of Murine Melanoma

    Riku Kawasaki, Takeshi Nagasaki , Jiawei Li , Hideki Azuma et al.

    KURRI Progress Report   PR6-6   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • HVJ-E/importin-beta hybrid vector for overcoming cytoplasmic and nuclear membranes as double barrier for non-viral gene delivery 査読

    Kawazu Takeshi, Kanzaki Hiroyuki, Uno Atsushi, Azuma Hideki, Nagasaki Takeshi

    BIOMEDICINE & PHARMACOTHERAPY   66 ( 7 )   519 - 524   2012年10月( ISSN:0753-3322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.biopha.2012.02.005

  • HVJ-E/importin-b hybrid vector for overcoming cytoplasmic and nuclear membranes as double barrier for non-viral gene delivery 査読

    Takeshi Kawazu, Hiroyuki Kanzaki, Atsushi Uno, Hideki Azuma, Takeshi Nagasaki

    Biomed. Biopharmacother.   66 ( 7 )   519 - 524   2012年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Protein recognition of hetero-/homoleptic ruthenium(II) tris(bipyridine)s for alpha-chymotrypsin and cytochrome c 査読

    Yamaguchi Yoshinobu, Kato Nobuo, Azuma Hideki, Nagasaki Takeshi, Ohkanda Junko

    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS   22 ( 6 )   2354 - 2358   2012年03月( ISSN:0960-894X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmcl.2011.12.087

  • Quantitative comparison between poly(L-arginine) and poly(L-lysine) at each step of polyplex-based gene transfection using a microinjection technique

    Tomoko Hashimoto, Takeshi Kawazu, Takeshi Nagasaki, Akira, Murakami, Tetsuji Yamaoka

    Sci. Technol. Adv. Mater.   13 ( 1 )   2012年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Protein Recognition of Hetero-/Homoleptic Ruthenium(II) Tris(bipyridine)s for -Chymotrypsin and Cytochrome c

    Yoshinobu Yamaguchi, Nobuo Kato, Hideki Azuma, Takeshi Nagasaki and Junko Ohkanda

    Bioorg. Med. Chem. Lett.   22 ( 6 )   2354 - 2358   2012年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Quantitative comparison between poly(L-arginine) and poly(L-lysine) at each step of polyplex-based gene transfection using a microinjection technique 査読

    Hashimoto Tomoko, Kawazu Takeshi, Nagasaki Takeshi, Murakami Akira, Yamaoka Tetsuji

    SCIENCE AND TECHNOLOGY OF ADVANCED MATERIALS   13 ( 1 )   2012年02月( ISSN:1468-6996

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1468-6996/13/1/015009

  • Kojic Acid-Appended Carorane/Hydroxypropyl-beta-Cyclodextrin Complex: A Novel Boron Carrier for Melanoma Targeting

    -

    KURRI Progress Report 2011   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Intracellular Distribution of BSH-Appended Polyamine at Tumor Tissue of Colon 26 Carcinoma-Bearing Mice

    -

    KURRI Progress Report 2011   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Tumor accumulation of epsilon-poly-lysines-based polyamines conjugated with boron clusters 査読

    Umano Masayuki, Uechi Kazuhiro, Uriuda Takatoshi, Murayama Sayuri, Azuma Hideki, Shinohara Atsuko, Liu Young, Ono Koji, Kirihata Mitsunori, Yanagie Hironobu, Nagasaki Takeshi

    APPLIED RADIATION AND ISOTOPES   69 ( 12 )   1765 - 1767   2011年12月( ISSN:0969-8043

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apradiso.2011.02.048

  • Tumor Accumulation of e-Poly-Lysines-Based Polyamines Conjugated with Boron Clusters

    Masayuki Umano, Kazuhiro Uechi, Takatoshi Uriuda, Sayuri Murayama, Hideki Azuma, Takeshi Nagasaki et al.

    Applied Radiation and Isotopes   69 ( 12 )   1765 - 1767   2011年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lateral phase separation in tense membranes

    Tsutomu Hamada, Yuko Kishimoto, Takeshi Nagasaki and Masahiro Takagi

    Soft Matter   7 ( 19 )   9061 - 9068   2011年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 関節リウマチへの適応を目指した免疫細胞選択的PDT薬剤デリバリーシステムの開発 査読

    長崎 健, 鹿子嶋 祐太, 東 秀紀, 脇谷 滋之, 池田 篤志

    日本レーザー医学会誌 = The Journal of Japan Society for Laser Medicine   32 ( 2 )   2011年08月( ISSN:02886200

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Biological activity of water-soluble inclusion complexes of 1 '-acetoxychavicol acetate with cyclodextrins 査読

    Azuma Hideki, Aizawa Yui, Higashitani Nao, Tsumori Takashi, Kojima-Yuasa Akiko, Matsui-Yuasa Isao, Nagasaki Takeshi

    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY   19 ( 12 )   3855 - 3863   2011年06月( ISSN:0968-0896

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmc.2011.04.038

  • Biological activity of water-soluble inclusion complexes of 1′-acetoxychavicol acetate with cyclodextrins

    Hideki Azuma, Yui Aizawa, Nao Higashitani, Takashi Tsumori, Akiko Kojima-Yuasa, Isao Matsui-Yuasa and Takeshi Nagasaki

    Bioorg. Med. Chem.   19 ( 12 )   3855 - 3863   2011年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ultrasound-mediated Transfection with Liposomal Bubbles Delivers Plasmid DNA Directly into Nucleus 査読

    Kawazu Takeshi, Hakamada Kazumi, Oda Yusuke, Miyake Jun, Maruyama Kazuo, Nagasaki Takeshi

    The Chemical Society of Japan CHEMISTRY LETTERS   40 ( 3 )   298 - 299   2011年03月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Transfection using ultrasound exposure in the presence of nanobubbles can overcome an important barrier for nonviral gene delivery, that is entering the nucleus without cell division. The monitoring of the relationship between fluorescent protein expression and cell division reveals that ultrasound-mediated transfection with liposomal bubbles is independent on the disappearance of nuclear membrane at mitosis.

    DOI: 10.1246/cl.2011.298

    CiNii Article

  • Photochemical controlof membrane raft organization

    T. Hamada, R. Sugimoto, T. Nagasaki, M. Takagi

    Soft Matter   7   220 - 224   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • シクロデキストリンを用いた水溶性1'-Acetoxychavicol Acetate複合体の作製及び抗腫瘍効果に関する研究 査読

    東 秀紀, 相澤 結, 東谷 菜央, 小島 明子, 長崎 健

    ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 ホスト・ゲスト化学シンポジウム講演要旨集   2011 ( 0 )   33 - 33   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    タイ産ショウガ類の根茎に含まれる1'-Acetoxychavicol Acetate (ACA) は、抗腫瘍、抗炎症など様々な生理活性を示す化合物であるが、難水溶性、水溶液中での安定性の低さといった問題点を有する。そこで今回、水溶性であるシクロデキストリンがもつ包接能を利用し、高速振動粉砕法によって複合体を作製することで、ACAの水への可溶化及び安定性の向上を試みた。更に得られた複合体を用い、ガン細胞に対するアポトーシス活性及び担癌マウスを用いた抗腫瘍活性を評価した。

    DOI: 10.14916/hgsupra.2011.0.33.0

    CiNii Article

  • Photochemical control of membrane raft organization 査読

    Hamada Tsutomu, Sugimoto Ryoko, Nagasaki Takeshi, Takagi Masahiro

    SOFT MATTER   7 ( 1 )   220 - 224   2011年( ISSN:1744-683X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c0sm00797h

  • Lateral phase separation in tense membranes 査読

    Hamada Tsutomu, Kishimoto Yuko, Nagasaki Takeshi, Takagi Masahiro

    SOFT MATTER   7 ( 19 )   9061 - 9068   2011年( ISSN:1744-683X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c1sm05948c

  • Membrane Disk and Sphere: Controllable Mesoscopic Structures for the Capture and Release of a Targeted Object 査読

    Hamada Tsutomu, Sugimoto Ryoko, Vestergaard Mun'delanji C., Nagasaki Takeshi, Takagi Masahiro

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   132 ( 30 )   10528 - 10532   2010年08月( ISSN:0002-7863

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja103895b

  • Enhanced internalization and endosomal escape of dual-functionalized poly(ethyleneimine)s polyplex with diphtheria toxin T and R domains 査読

    Kakimoto Shinji, Tanabe Toshizumi, Azuma Hideki, Nagasaki Takeshi

    BIOMEDICINE & PHARMACOTHERAPY   64 ( 4 )   296 - 301   2010年04月( ISSN:0753-3322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.biopha.2009.06.017

  • アポトーシスカクテル併用中性子捕捉療法用ホウ素デリバリーシステムの開発 査読

    長崎 健

    (公財)鈴木謙三記念医科学応用研究財団 医科学応用研究財団研究報告   27   110 - 115   2010年02月( ISSN:0914-5117

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    著者等は、ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)をサポートするアポトーシスカクテル併用型BNCTのためのデリバリーシステム開発を目的に研究を行っている。これまでに、セラミド化合物のアポトーシス活性を増大させるケトセラミドの合成ならびにその機序に関する知見を得ている。また、タイショウガから単離された1'-Acetoxychavicol acetate(ACA)がアポトーシス誘導能を有することを明らかにした。アポトーシス制御因子Mcl-1に対してsiRNAが有効であることは既に多くの研究者によって報告されている。高いアポトーシス誘導作用をもつケトセラミドとACAに加え、Mcl-1に対するsiRNAをアポトーシスカクテルとしてBNCTに併用するためには、基本となるホウ素キャリアーの高い腫瘍集積性が必要である。そこで今回、安全性の高い天然ポリアミンであるε-ポリ-リジンを用いた腫瘍集積性高分子型ホウ素キャリアーの創製を行い、腫瘍選択的なホウ素キャリアーを作ることができたので報告した。

  • Enhanced internalization and endosomal escape of dual-functionalized poly(ethyleneimine)s polyplex with Diphtheria Toxin T and R domains

    S. Kakimoto, T. Tanabe, H. Azuma, T. Nagasaki

    Biomed. Biopharmacother.   64 ( 4 )   296 - 301   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Membrane disc and sphere:controllable mesoscopic structures for the capture and release of a targeted object

    T. Hamada, R. Sugimoto, M.C. Vestergaard, T. Nagasaki, M. Takagi

    J. Am. Chem. Soc.   132   10528 - 10532   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Self-Assembly and Cellular Uptake of Degradable and Water-Soluble Polyperoxides 査読

    Fujioka Tamami, Taketani Shuji, Nagasaki Takeshi, Matsumoto Akikazu

    BIOCONJUGATE CHEMISTRY   20 ( 10 )   1879 - 1887   2009年10月( ISSN:1043-1802

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/bc9001618

  • Development of epirubicin entrapped WOW emulsion by double emulcification technique to arterial-injection-chemotherapy for hepatocellular carcinoma 査読

    Yanagie Hironobu, Morishita Yasuyuki, Nishimura Ryohei, Kakimi Kozuhiro, Sugiyama Hirotaka, Takamoto Shinichi, Higashi Shyushi, Ikushima Ichiro, Arimori Kazuhiko, Nagata Masashi, Nagasaki Takeshi, Imagawa Takashi, Nakashima Tadao, Terao Toshimitsu, Eriguchi Masazumi

    CANCER RESEARCH   69   2009年05月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 細胞内ターゲティングの必要性とその試み 査読

    柿本 真司, 長崎 健

    高分子学会 高分子   58 ( 3 )   133 - 136   2009年03月( ISSN:04541138

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Reversible Control of Exo- and Endo-Budding Transitions in a Photosensitive Lipid Membrane 査読

    Ishii Ken-ichi, Hamada Tsutomu, Hatakeyama Masaomi, Sugimoto Ryoko, Nagasaki Takeshi, Takagi Masahiro

    CHEMBIOCHEM   10 ( 2 )   251 - 256   2009年01月( ISSN:1439-4227

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbic.200800482

  • The conjugation of diphtheria toxin T domain to poly(ethylenimine) based vectors for enhanced endosomal escape during gene transfection 査読

    Kakimoto Shinji, Hamada Tsutomu, Komatsu Yuuki, Takagi Masahiro, Tanabe Toshizumi, Azuma Hideki, Shinkai Seiji, Nagasaki Takeshi

    BIOMATERIALS   30 ( 3 )   402 - 408   2009年01月( ISSN:0142-9612

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.biomaterials.2008.09.042

  • Self-Assembly and Cellular Uptake of Degradable and Water-Soluble Polyperoxides

    Tamami Fujioka, Shuji Taketani, Takeshi Nagasaki and Akikazu Matsumoto

    Bioconjug. Chem.   20 ( 10 )   1879 - 1887   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • HeLa細胞を用いたシトクロムc結合性proteo-dendrimerの新規アポトーシス阻害剤としての評価 査読

    東 秀紀, 吉田 友香, Paul Dharam, 篠田 哲史, 築部 浩, 長崎 健

    ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 ホスト・ゲスト化学シンポジウム講演要旨集   2009 ( 0 )   13 - 13   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14916/hgsupra.2009.0.13.0

    CiNii Article

  • Cytochrome c-binding "proteo-dendrimers" as new types of apoptosis inhibitors working in HeLa cell systems 査読

    Azuma Hideki, Yoshida Yuuka, Paul Dharam, Shinoda Satoshi, Tsukube Hiroshi, Nagasaki Takeshi

    ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY   7 ( 8 )   1700 - 1704   2009年( ISSN:1477-0520

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/b900154a

  • Target-selective vesicle fusion system with pH-selectivity and responsiveness 査読

    Kashiwada Ayumi, Tsuboi Mana, Mizuno Toshihisa, Nagasaki Takeshi, Matsuda Kiyomi

    SOFT MATTER   5 ( 23 )   4719 - 4725   2009年( ISSN:1744-683X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/b909503a

  • The conjugation ofdiphtheria toxin T domain to poly(ethylenimine)based vectors for enhanced endosomal escape during gene transfection.

    S. Kakimoto, T. Hamada, Y. Komatsu, M. Takagi, T. Tanabe, H. Azuma, S. Shinkai, T. Nagasaki

    Biomaterials   30 ( 3 )   402 - 408   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Reversible Controlof Exo- and Endo-BuddingTransitions in a Photosensitive Lipid Membrane.

    K. Ishii,T. Hamada, M. Hatakeyama, R. Sugimoto, T. Nagasaki, M. Takagi

    ChemBioChem   10 ( 2 )   251 - 256   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cytochrome c-bionding"proteo-dendrimers" as new types of apoptosis inhibitors working in HeLa cell systems

    Hideki Azuma, Yuuka Yoshida, Dharam Paul, Satoshi Shinoda, Hiroshi Tsukube, Takeshi Nagasaki

    Org. Biomol. Chem.   7   1700 - 1704   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Target-selective vesicle fusion system with pH-selectivity and responsiveness

    Ayumi Kashiwada, Mana Tsuboi, Toshihisa Mizuno, Takeshi Nagasaki and Kiyomi Matsuda

    Soft Matter   5   4719 - 4725   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 光応答性高分子材料 : 光応答性高分子によるダブルターゲティング 査読

    長崎 健

    日本DDS学会 Drug delivery system   23 ( 6 )   637 - 643   2008年11月( ISSN:09135006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 核内移行因子を組み込んだ遺伝子キャリアーシステム 査読

    長崎 健

    Drug delivery system   23 ( 3 )   2008年05月( ISSN:09135006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • SF-096-2 WOWエマルションを用いた原発性肝癌に対する肝動注療法の基礎的検討(第108回日本外科学会定期学術集会) 査読

    柳衛 宏宣, 東 秀史, 生嶋 一朗, 森下 保幸, 西村 亮平, 永田 奨司, 長崎 健, 中島 忠夫, 今川 昴, 有森 和彦, 高橋 浩之, 江里口 正純, 高本 眞一

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   2008年04月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Diphtheria toxin T domain-conjugated pei polyplex for enhanced trantection via elevated endosomal escape 査読

    Kakimoto Shinji, Nagasaki Takeshi

    JOURNAL OF GENE MEDICINE   10 ( 4 )   463 - 464   2008年04月( ISSN:1099-498X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Isothiouronium-based amphiphilic gold nanoparticles with a colorimetric response to hydrophobic anions in water: a new strategy for fluoride ion detection in the presence of a phenylboronic acid 査読

    Minami Tsuyoshi, Kaneko Kenji, Nagasaki Takeshi, Kubo Yuji

    TETRAHEDRON LETTERS   49 ( 3 )   432 - 436   2008年01月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2007.11.120

  • Intracellular Uptake and Photodynamic Activity of Water-Soluble [60]- and [70]Fullerenes Incorporated in Liposomes 査読

    Doi Yuki, Ikeda Atsushi, Akiyama Motofusa, Nagano Mai, Shigematsu Tamami, Ogawa Takuya, Takeya Tatsuo, Nagasaki Takeshi

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   14 ( 29 )   8892 - 8897   2008年( ISSN:0947-6539

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.200801090

  • DDSに利用される高分子化学  光応答性高分子材料  光応答性高分子によるダブルターゲティング:光応答性高分子によるダブルターゲティング 査読

    長崎 健

    日本DDS学会 Drug Delivery System   23 ( 6 )   637 - 643   2008年( ISSN:0913-5006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    光応答性高分子マテリアルは<I>in vivo</I>での標的細胞ターゲティングをはじめ,細胞膜透過・各種細胞膜オルガネラ膜透過という細胞内ナビゲーション,さらにドラッグリリースとプロドラッグからの薬効発現スイッチなどにも応用可能である.今後,マテリアルそのものに生体適合性や生分解性などを付与した生体にやさしい素材の開発とともに,改善と進展が目覚ましい光照射技術がシンクロナイズすることで,薬剤機能による標的化と光応答性デリバリーシステムからなるダブルターゲティングDDSが臨床へ寄与する日が近い将来に訪れるであろう.

    DOI: 10.2745/dds.23.637

    CiNii Article

  • 両親媒性イソチオウロニウム被覆型金ナノ粒子の合成とフッ化物イオン検出への展開 査読

    南 豪, 金子 賢治, 長崎 健, 久保 由治

    ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 ホスト・ゲスト化学シンポジウム講演要旨集   2008 ( 0 )   69 - 69   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14916/hgsupra.2008.0.69.0

    CiNii Article

  • Isothiouronium-based amphiphilic gold nanoparticles with a colorimetric response to hydrophobic anions in water: a new strategy for fluoride ion detection in the presence of a phenylboronic acid

    Tsuyoshi Minami, Kenji Kaneko, Takeshi Nagasaki and Yuji Kubo

    Tetrahedron Lett.   49 ( 3 )   432 - 436   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Intracellular uptake and photodynamic activity of water-soluble [60]and [70]fullerenes incorporated in liposomes.

    -

    Chem. Eur. J.   14 ( 29 )   8892 - 8897   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Schizophyllan, beta-1,3-glucan,-oligoamine conjugates as non-viral vector 査読

    Nagasaki Takeshi, Uno Atsushi, Koumoto Kazuya, Sakurai Kazuo, Shinkai Seiji

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   234   2007年08月( ISSN:0065-7727

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • In vitro gene delivery to HepG2 cells using galactosylated 6-amino-6-deoxychitosan as a DNA carrier 査読

    Satoh Taku, Kakimoto Shinji, Kano Hiroshi, Nakatani Mika, Shinkai Seiji, Nagasaki Takeshi

    CARBOHYDRATE RESEARCH   342 ( 11 )   1427 - 1433   2007年08月( ISSN:0008-6215

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.carres.2007.04.016

  • The concept of molecular machinery is useful for design of stimuli-responsive gene delivery systems in the mammalian cell 査読

    Nagasaki Takeshi, Shinkai Seiji

    JOURNAL OF INCLUSION PHENOMENA AND MACROCYCLIC CHEMISTRY   58 ( 3-4 )   205 - 219   2007年08月( ISSN:1388-3127

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10847-007-9303-6

  • Dual-ligand effect of transferrin and transforming growth factor alpha on polyethyleneimine-mediated gene delivery 査読

    Kakimoto Shinji, Moriyama Tetsuji, Tanabe Toshizumi, Shinkai Seiji, Nagasaki Takeshi

    JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE   120 ( 3 )   242 - 249   2007年07月( ISSN:0168-3659

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jconrel.2007.05.001

  • Delivery of Antisense Oligonucleotides to Nuclear Telomere RNA by Use of a Complex between Polysaccharide and Polynucleotide 査読

    Minari Jusaku, Kubo Takanori, Ohba Hideki, SHIMADA Naohiko, TAKEDA Yoich, KARINAGA Ryouji, ANADA Takahisa, KOUMOTO Kazuya, KAWAZU Takeshi, NAGASAKI Takeshi, SHINKAI Seiji, SAKURAI Kazuo

    Chemical Society of Japan Bulletin of the Chemical Society of Japan   80 ( 6 )   1091 - 1098   2007年06月( ISSN:00092673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Delivery of antisense oligonucleotides to nuclear telomere RNA by use of a complex between polysaccharide and polynucleotide 査読

    Minari Jusaku, Kubo Takanori, Ohba Hideki, Shimada Naohiko, Takeda Yoich, Karinaga Ryouji, Anada Takahisa, Koumoto Kazuya, Kawazu Takeshi, Nagasaki Takeshi, Shinkai Seiji, Sakurai Kazuo

    公益社団法人 日本化学会 BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   80 ( 6 )   1091 - 1098   2007年06月( ISSN:0009-2673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Telomerase, which is highly activated in neoplastic cells, can be a target for antisense therapy, and for that purpose, antisense oligonucleotides (AS ODNs) have to be effectively delivered into cellular nucleus where the target telomerase is present. The present work shows a new strategy to deliver AS ODNs to nucleus by use of a novel complex made from a natural polysaccharide schizophyllan (SPG) and AS ODNs. Nuclear transport is strictly regulated by the nuclear pore size and the related proteins. If the molecular weight of SPG is decreased, the SPG/AS ODN complex should be easily transported, although the stability of the complex decreases with a decrease in the molecular weight. We optimized the molecular weight of SPG to be 25 K. Furthermore, we attached importin-&beta; (a nuclear transport protein) to the side chain of SPG by use of a streptavidin&ndash;biotin interaction. When this complex was added to Jurkat cells, the telomerase activity was more suppressed than the naked dose, indicating that the importin-&beta; in the complex induced the nuclear transport of the complexed AS ODN and the AS ODN inhibited the telomerase. The present work shows a new methodology for nuclear anti-sense therapy that should be important in future anti-cancer therapies.

    DOI: 10.1246/bcsj.80.1091

    CiNii Article

  • β-1,3-Glucan Schizophyllan Can Act as a One-dimensional Host to Arrange Icosahedral Carboranes 査読

    NUMATA Munenori, TAMESUE Shingo, NAGASAKI Takeshi, SAKURAI Kazuo, SHINKAI Seiji

    The Chemical Society of Japan Chemistry letters   36 ( 5 )   668 - 669   2007年05月( ISSN:03667022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We here demonstrate that schizophyllan (SPG: one kind of β-1,3-glucans)/<I>m</I>-carborane nanocomposites can be easily created in a supramolecular manner by utilizing the unique wrapping capability of SPG. TEM observations revealed that incorporated <I>m</I>-carborane molecules adopt continuous one-dimensional (1-D) arrangement in the SPG hydrophobic cavity. We believe that the present system can provide a novel concept not only for the separation of carborane isomers and the construction of one-dimensional architectures but also for the new formulation of boron neutron capture therapy (BNCT) agents.

    DOI: 10.1246/cl.2007.668

    CiNii Article

  • beta-1,3-glucan schizophyllan can act as a one-dimensional host to arrange icosahedral carboranes 査読

    Numata Munenori, Tamesue Shingo, Nagasaki Takeshi, Sakurai Kazuo, Shinkai Seiji

    CHEMISTRY LETTERS   36 ( 5 )   668 - 669   2007年05月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cross-Linked ε-Poly-L-Lysine with Low Toxicity for Highly Efficient Transfection 査読

    NAGASAKI Takeshi, UNO Atsushi, MURAOKA Hisashi, SHINKAI Seiji, NISHIDA Mamoru, FUKUSHI Hideaki, HIRAKI Jun

    Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium   2006   2007年03月( ISSN:13447661

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • β-1,3-Glucan Schizophyllan Can Act as a One-dimensional Host to Arrange Icosahedral Carboranes.

    M. Numata, S. Tamesue, T. Nagasaki, K. Sakurai, S. Shinkai

    Chem. Lett.   36 ( 5 )   668 - 669   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Delivery of Antisense Oligonucleotides to Nuclear Telomere RNA by use of a Complex between Polysaccharide and Polynucleotide.

    J. Minari, T. Kubo, T. Kawazu, T. Nagasaki, K. Sakurai et al.

    Bull Chem. Soc. Jpn.   80 ( 6 )   1091 - 1098   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • In vitro gene delivery HepG2 cells using a galactosylated 6-amino-6-deoxychitosan as a DNA carrier.

    T. Satoh, S. Kakimoto, H. Kano, M. Nakatani, S. Shinkai, and T. Nagasaki

    Carbohydr. Res.   342 ( 11 )   1427 - 1433   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dual-ligand effect of transferrin and transforming growth factor alpha on polyethyleneimine-mediated gene delivery.

    S. Kakimoto, T. Moriyama, T. Tanabe, S. Shinkai, and T. Nagasaki

    J. Control. Release   120 ( 3 )   242 - 249   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 6-Amino-6-deoxy-chitosan. Sequential chemical modifications at the C-6 positions of N-phthaloyl-chitosan and evaluation as a gene carrier 査読

    Satoh Taku, Kano Hiroshi, Nakatani Mika, Sakairi Nobuo, Shinkai Seiji, Nagasaki Takeshi

    CARBOHYDRATE RESEARCH   341 ( 14 )   2406 - 2413   2006年10月( ISSN:0008-6215

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.carres.2006.06.019

  • ガラクトース修飾6-アミノ-6-デオキシキトサンによる肝細胞への遺伝子導入 査読

    佐藤 琢, 長崎 健, 狩野 弘志, 中谷 美香, 新海 征治

    キチン・キトサン研究 = Chitin and chitosan research   12 ( 2 )   138 - 139   2006年07月( ISSN:13409778

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Enhanced Nuclear Import and Transfection Efficiency by Disaccharide-Modified PEIs 査読

    Nagasaki Takeshi, Shiga Toshiki, Jinta Tomomi, Shinkai Seiji

    MOLECULAR THERAPY   13   S73 - S74   2006年05月( ISSN:1525-0016

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 分岐高分子を用いる遺伝子デリバリーシステム 査読

    佐藤 琢, 長崎 健

    The Society of Polymer Science, Japan 高分子   55 ( 3 )   156 - 160   2006年03月( ISSN:04541138

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1295/kobunshi.55.156

    CiNii Article

  • 6-Amino-6-deoxy-chitosan. Sequential Chemical Modifications at the C-6 Positions of N-Phthaloyl-chitosan and Evaluation as a Gene Carrier.

    T. Satoh, H. Kano, M. Nakatani, N. Sakairi, S. Shinkai, and T. Nagasaki

    Carbohydr. Res.   341 ( 14 )   2406 - 2413   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Linear double-stranded DNA that mimics an infective tail of virus genome to enhance transfection 査読

    Anada T, Karinaga R, Koumoto K, Mizu M, Nagasaki T, Kato Y, Taira K, Shinkai S, Sakurai K

    JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE   108 ( 2-3 )   529 - 539   2005年11月( ISSN:0168-3659

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jconrel.2005.08.019

  • Cholesterol-appended beta-(1 -> 3)-D-glucan schizophylllan for antisense oligonucleotides delivery to enhance the cellular uptake 査読

    Koumoto K, Mizu M, Anada T, Nagasaki T, Shinkai S, Sakurai K

    The Chemical Society of Japan BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   78 ( 10 )   1821 - 1830   2005年10月( ISSN:0009-2673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Schizophyllan is a natural β-(1 → 3)-<FONT SIZE="-2">D</FONT>-glucan existing as a triple helix in water and as a single chain in dimethyl sulfoxide (DMSO), respectively. As we already reported, when a homo-polynucleotide is added to a schizophyllan solution, the single chain of schizophyllan forms a complex with the polynucleotide. One of the potential applications of this novel complex is an antisense-oligonucleotide (AS ODN) carrier. The present paper describes a modification technique that enables us to introduce a cholesterol group only to the side chain of schizophyllan. We prepared four cholesterol-appended schizophyllans with different modification levels. Using these compounds, we made complexes and carried out an in vitro antisense assay, administrating a phosphorothioate AS ODN to the several cell lines to depress their c-myb mRNA. When we used 2.2–2.3 mol % modified schizophyllan as the carrier, the antisense effect was most enhanced among others. The addition of β-cyclodextrin improved the complexation ability as well as the up-take for highly modified samples. Furthermore, the cytotoxicity for these modified schizophyllan samples was negligibly as small as the natural (unmodified) schizophyllan. The present work has thus clarified that schizophyllan can act as a new potential candidate for AS ODN carriers.

    DOI: 10.1246/bcsj.78.1821

    CiNii Article

  • Reversible photoswitching in a cell-sized vesicle 査読

    Hamada T, Sato YT, Yoshikawa K, Nagasaki T

    LANGMUIR   21 ( 17 )   7626 - 7628   2005年08月( ISSN:0743-7463

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/la050885y

  • Enhanced nuclear import and transfection efficiency of plasmid DNA using streptavidin-fused importin-beta 査読

    Nagasaki T, Kawazu T, Tachibana T, Tamagaki S, Shinkai S

    JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE   103 ( 1 )   199 - 207   2005年03月( ISSN:0168-3659

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jconrel.2004.11.024

  • Morphological dynamics and transcription/translation reactions in cell-sized lipid vesicles 査読

    Hamada T, Sato Y, Nomura SM, Tsumoto K, Nagasaki T, Yoshikawa K

    BIOPHYSICAL JOURNAL   88 ( 1 )   238A - 238A   2005年01月( ISSN:0006-3495

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Linear Double-Stranded DNA that Mimics an Infective Tail of Virus Genome to Enhance Transfection.

    T. Anada, R. Karinaga, K. Koumoto, M. Mizu, T. Nagasaki et al.

    J. Control. Release   108 ( 2-3 )   529 - 539   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Reversible Photoswitching in a Cell-Sized Vesicle

    Tsutomu Hamada, Yuko T. Sato, Kenichi Yoshikawa, Takeshi Nagasaki

    Langmuir   21   7626 - 7628   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enhanced nuclear import and transfection efficiency of plasmid DNA using streptavidin-fused importin-beta

    Takeshi Nagasaki, Takeshi Kawazu, Taro Tachibana, Seizo Tamagaki, Seiji Shinkai

    J. Controlled Release   103   199 - 207   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cholesterol-appended β-(1→3)-D-glucan schizophyllan for antisense oligonucleotides delivery to enhance the cellular uptake.

    K. Koumoto, M. Mizu, T. Anada, T. Nagasaki, S. Shinkai, K. Sakurai

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   78 ( 10 )   1821 - 1983   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chemically-modified polysaccharide schizophyllan for antisense oligonucleotides delivery to enhance the cellular uptake efficiency

    Takahiro Matsumoto, Kazuo Sakurai, Takeshi Nagasaki, Seiji Shinkai 他

    Biochimica et Biophysica Acta-General Subjects   1670   91 - 104   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A Polysaccharide Carrier for Immunostimulatory CpG DNAs to Enhance Cytokine Secretion

    Masami Mizu, Seiji Shinkai, Takeshi Nagasaki, Kazuo Sakurai 他

    J. Am. Chem. Soc.   126 ( 27 )   8372 - 8373   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Long-Term Expression with Cationic Polymer Derived from a Natural Polysaccharide: Schizophyllan

    Takeshi Nagasaki, Taku Satoh, Kazuo Sakurai, Seiji Shinkai 他

    Bioconjugate Chem.   15 ( 2 )   249 - 259   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enhanced Antisense Effect of Polysaccharide-polynucleotide Complexes by Preventing the Antisense Oligonucleotide from Binding to Proteins in the Culture Medium

    Masami Mizu, Takeshi Nagasaki, Seiji Shinkai, Kazuo Sakurai 他

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   77 ( 6 )   1101 - 1110   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 6-Amino-6-deoxychitosan. Preparation and Application as Plasmid Vector in COS-1 Cells.

    Taku Satoh, Takeshi Nagasaki, Nobuo Sakairi, Seiji Shinkai

    Chem. Lett.   33 ( 3 )   340 - 341   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Photo-Enhancement of Transfection Efficiency witha Novel Azobenzene-Based Cationic Lipids

    Takeshi Nagasaki, Katsutoshi Wada, Seizo Tamagaki

    Chemistry Letters   32 ( 1 )   88 - 89   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Photoenhancement of Transfection Efficiency Using Novel Cationic Lipids Having a Photocleavable Spacer

    Takeshi Nagasaki, Akinobu Taniguchi, SeizoTamagaki

    Bioconjugate Chemistry   14 ( 3 )   513 - 516   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Can Nuclear Localization Signals Enhance Nuclear Localization of Plasmid DNA?

    Takeshi Nagasaki, Teruhiko Myohoji, Taro Tachibana, Shiroh Futaki, Seizo Tamagaki

    Bioconjugate Chemistry   14 ( 2 )   282 - 286   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Synthesis of a novel azobenzene-based trihydroxamate siderophore and photoregulation of its ferric complex structure

    T. Masuda, S. Asari, S. Tamagaki

    Tetrahedron Lett.   41 ( 14 )   2411 - 2414   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Microbial Growth Regulation Using Photoresponsive Siderophore

    T. Masuda, M. Azuma, H. Ooshima, S. Tamagaki, T. Nagasaki

    Chem. Lett.   ( 8 )   872 - 873   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Synthesis of a Novel Water-Soluble Polyazobenzene Dendrimer and Photoregulation of Affinity Toward DNA

    T. Nagasaki, K Atarashi, K. Makino, A. Noguchi, S. Tamagaki

    Mol. Cryst. Liq. Cryst.   345   227 - 232   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • カチオン性ポリアゾベンゼンデンドリマーを用いたトランスフェクション光制御

    新 和之・玉垣誠三・長崎 健

    高分子論文集   57 ( 10 )   696 - 700   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sugar-Induced Stereoselectivity in the Fe3+-Complexation of Boronic Acid-Appended Trihydroxamate-Type Artificial Siderophores

    T. Masuda, T. Nagasaki, S. Tamagaki

    Supramol. Chem.   11 ( 4 )   301 - 314   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Syntheses and Characterization of Photochromic Dendrimers lncluding a 1,3alternate Calix[4]arene as a Core and Azobenzene Moieties as Branches

    T. Nagasaki, S. Tamagaki, K. Ogino

    Chem. Lett.   ( 8 )   717   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of coexisting alkaline metal ions onthe extraction selectivity of lanthanide ions with calixarene carboxylate derivatives

    K. Ohto, M. Yano, K. Inoue, M. Goto, F. Nakashima, and S. Shinkai

    Pergamon   16 ( 10 )   1655 - 1661   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Photochemically size-controllable dendrimers including a 1,3-alfernate calix[4]arene as a core and azobenzene moiefies asbranches

    T. Nagasaki, A. Noguchi, T. Matsumoto, S. Tamagaki, K. Ogino

    Anales de Quimica 1nt. Ed.   93 ( 5 )   341 - 346   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Extraction Behavior of Copper(II) Ion by Calixarene Carboxlate Derivatives Preorganized by Sodium Ion

    K. Ohto, K. Shitatsuchi, K. Inoue, M. Goto, F. Nakashio, S. Shinkai, T. Nagasaki

    Solvent Extr. Ion Exch.   14 ( 3 )   459 - 478   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sugar Induced Color and Orientation Changes in a Cyanine Dye Bound to Boronic-Acid-Appended Poly(L-lysine)

    T. Kimura, M. Takeuchi, T. Nagasaki, S. Shinkai

    Tetrahedron Letter   36 ( 4 )   559 - 562   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Design and Synthesis of a C4-Symmetrial Hard-Soft Ditopic Metal Receptor by Calixarene-porphyrin Coupling

    T. Nagasaki, H. Fujishima, M. Takeuchi, S. Shinkai

    Journal of Chemical Society ,Perkin Transaction 1   ( 15 )   1883 - 1888   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Solvent Extraction of Trivalent Rare Earth Metal Ions with Carboxylate Derivatives of Calixarenes

    K. Ohto, M. Yano, K. inoue, T. Yamamoto, M. Goto, F. Nakashima, S. Shinkai, T. Nagasaki

    Analyfical Sciences   11   893 - 902   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sugar-induced Conformational Changes in Boronic Acid-appended Poly (L-and D-lysine)s and Sugar-controlled Orientation of a Cyanine dye on the Polymer

    T. Kimura, S Arimori, M. Takeuchi, T. Nagasaki, S. Shinkai

    Journal of Chemical Society ,Perkin Transaction 2   ( 10 )   1889 - 1894   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Self-assembly of Tetracationic Amphiphiles Bearing Calix[4]arene core. Correlationbetween the Core Structure and the Aggregation Properties

    S. Arimori, T. Nagasaki, S. Shinkai

    Journal of Chemical Society, Perkin Transaction 2   ( 4 )   679 - 683   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Synthesis, Metal-binding Properties and Polypeptide Solubilization of"Crowned" Arborols

    T. Nagasaki, O. Kimura, M. Ukon, S. Arimori, I. Hamachi, S. Shinkai

    Journal of Chemical Society, Perkin Transaction 1   ( 1 )   75 - 81   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Influence of Added Saccharides on the Conformation of Boronic-Acid-Appended Poly(L-lysine). Attempts to Control a Helix-Coil Transition by Sugars(共著)

    T. Nagasaki, T. Kimura, S. Arimori, S. Shinkai

    Chemistry Letters   ( 10 )   1495 - 1498   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Novel Chemical Modification of Myoglobin byan Alcohol-Responsive Phenylboronic Acid Function

    T. Nagasaki, O. Kimura, I. Hamachi, S. Shinkai

    Chemistry Letters   ( 10 )   1945 - 1948   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Calix[4]arene-Capped Tetraphenylporphyrin. Synthetic Approach to a Chiral Capped Porphyrin with Regular C4 Symmetry

    T. Nagasaki, H. Fujishima, S. Shinkai

    Chemistry Letters   ( 6 )   989 - 992   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Influence of Added Saccharides on the Conformation of Boronic-Acid-Appended Poly(L-lysine). Attempt to Control a Helix-Coil Transition by Sugars

    T. Nagasaki, T. Kimura, S. Arimori, S. Shinkai

    Chem. Lett.   ( 8 )   1495 - 1498   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Molecular Design of Hard-Soft Ditopic Metal-Binding Sites on a Calix[4]arene Platform

    K. N. Koh, T. Imada, T. Nagasaki, S. Shinkai

    Tetrahedron Letter   35 ( 24 )   4157 - 4160   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Thiadiphosphetane Disulfide as a Metal Extractant Which Shows High Ag+ Selectivity

    M. Yoshifuji, K. Toyota, K. Shirabe, H. Iki, T. Nagasaki, S. Shinkai

    Tetrahedron Letter   35 ( 34 )   6313 - 6316   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sugar Sensing Utilizing Aggregation Properties of Boronic-acid-appended Porphyrins and Metalloporphyrins

    H. Murakami, T. Nagasaki, I. Hamachi, S. Shinkai

    Journal of Chemical Society, Perkin Transaction 2   ( 5 )   975 - 981   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Attempts to Change the color of Dye Molecules by Saccharides

    T. Nagasaki, H. Shinmori, S. Shinkai

    Tetrahedron Letter   35 ( 14 )   2201 - 2204   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tailor-making of Desired Assemblies from Well-designed Monomers : Use of Calix[4]arene Comformers as Building Blocks

    S. Arimori, T. Nagasaki, S. Shinkai

    Journal of Chemical Society, Perkin Transaction 1   ( 8 )   887 - 889   1993年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • New Water-Soluble Calixarenes Modified with Amino Acids at the Upper Rim

    T. Nagasaki, Y. Tajiri, S. Shinkai

    Recueil des Travaux Chimiques des Pays-Bas   112 ( 6 )   407 - 411   1993年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sugar Sensing Utilizing Aggregation Properties of a Boronic-acid-appended Porphyrin

    H. Murakami, T. Nagasaki, I. Hamachi, S. Shinkai

    Tetrahedron Letter   34 ( 39 )   6273 - 6276   1993年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Solvent Extraction of Trivalent Yttrium, Holmium, and Erbium by Novel Types of Acidic Organophosphonates

    K. Ohto, K. Inoue, M. Goto, F. Nakashio, T. Nagasaki, S. Shinkai, T. Kago

    Bulletin of Chemical Society of Japan   66 ( 9 )   2528 - 2538   1993年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Molecular Design of a Calix[6]arene-Based Super-Uranophile with C3 Symmetry. High UO22+ Selectivity in Solvent Extraction

    K. Araki, N. Hashimoto, H. Otsuka, T. Nagasaki,S. Shinkai

    Chemistry Letters   ( 5 )   829 - 832   1993年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • "Crowned" Arborols

    T. Nagasaki, M. Ukon, S. Arimori, S. Shinkai

    Journal of Chemical Society ChemicalCommunications   ( 8 )   608 - 609   1992年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Conformational Analysis of Calix[n]arenes with Chiral Substituents by Using Circular Dichroism

    A. Ikeda, T. Nagasaki, S. Shinkai

    Journal of Physical Organic Chemistry   5   699 - 710   1992年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Intercalation of a Trimethylammoniomethylated Calix[4]arene by Cu(II)-Montmorillonite

    T. Kijima, K. Ohe, S. Shinkai, T. Nagasaki

    Bulletin of Chemical Society of Japan   65 ( 9 )   2510 - 2513   1992年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Calixarene-Tetracyanoethylene Complexes. On the Selective Complexation with Calix[4]arene Conformers

    A. Ikeda, T. Nagasaki, K. Araki, S. Shinkai

    Tetrahedron   48 ( 6 )   1059 - 1070   1992年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Novel Conformational Isomerism of Water-Soluble Calix[4]arenes

    T. Nagasaki, K. Sisido, T. Arimura, S. Shinkai

    Tetrahedron   48 ( 5 )   797 - 804   1992年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Solvent Extraction on Transition Metal Cations by Calixarene-besed Cyclic Ligands

    T. Nagasaki, S. Shinkai

    Bulletin of Chemical Society of Japan   65 ( 2 )   471 - 475   1992年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Synthesis and Solvent Extraction Studies of Novel Clixarene-based Uranophiles Bearing Hydroxamic Groups

    T. Nagasaki, S. Shinkai

    Journal of Chemical Society Perkin Transactions 2   ( 7 )   1063 - 1066   1991年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A New Calix[6]arene-Based Uranophile with Phosphonate Groups as Ligands

    T. Nagasaki, T. Arimura, S. Shinkai

    Bulletin of Chemical Society of Japan   64 ( 8 )   2575 - 2577   1991年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • New Syntheses and Physical Properties of p-Alkylcalix[n]arenes

    S. Shinkai, T. Nagasaki, K. Iwamoto, A.Ikeda, G. -X. He, T. Matsuda, M. Iwamoto

    Bulletin of Chemical Societyof Japan   64 ( 2 )   381 - 386   1991年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 13C NMR Relaxation Time Studies of Calixarenes and Their O-Methyl and Acyclic Analogs

    A. Ikeda, T. Nagasaki, T. Arimura, S. Shinkai

    Chemistry Express   6 ( 7 )   491 - 494   1991年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Calixarene-Based Molecular Capsule

    T. Arimura, S. Matsumoto, O. Teshima, T. Nagasaki, S. Shinkai

    Tetrahedron Letter   32 ( 38 )   5111 - 5114   1991年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kinetic Studies of Calixarene-based Cyclic and Non-cyclic"Super-uranophiles"

    T. Nagasaki, K. Kawano, K. Araki, S. Shinkai

    Journal of Chemical Society Perkin Transaction 2   ( 9 )   1325 - 1327   1991年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Synthesis and Solvent Extration Properties of a Novel Calixarene-based Uranophile Bearing Hydroxamate Groups

    T. Nagasaki, S. Shinkai, T. Matsuda

    Journal of Chemical Society Perkin Transaction 1   ( 9 )   2617 - 2618   1990年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Host-Guest Properties of New Water-Soluble Calixarenes Derived from p-(Chloromethyl) Calixarenes

    T. Arimura, T. Nagasaki, S. Shinkai

    Journal of Organic Chemistry   54 ( 16 )   3766 - 3768   1989年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 超分子材料の設計と応用展開, 機能性食品素材b-グルカンの開発-機能性食品素材開発から医療材料への応用-

    鈴木利雄, 長﨑 健, 井戸垣秀聡( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2014年09月 

     詳細を見る

    担当ページ:14  

  • ひらく、ひらく「バイオの世界」14歳からの生物工学入門-遺伝子治療ってどうやるの?

    日本生物工学会 編( 担当: 分担執筆)

    化学同人  2012年10月 

     詳細を見る

    担当ページ:2  

  • Ultrasound-mediated Transfection with Liposomal Bubbles Delivers Plasmid DNA Directly into Nucleu

    Takeshi Kawazu, Kazumi Hakamada, Yusuke Oda, Jun Miyake, Kazuo Maruyama, and Takeshi Nagasaki( 担当: 共著)

    Chem. Lett.  2011年03月 

  • ファインケミカルシリーズ バイオ医薬の開発技術とシーズ-核酸医薬開発に欠かせないデリバリーテクノロジー(

    柿本 真司, 長﨑 健( 担当: 分担執筆)

    シーエムシー出版  2009年03月 

     詳細を見る

    担当ページ:12  

  • Bottom-Up Nanofablication, Development of Molecular Machinery as Nonviral Vectors

    Tomomi Jinta, Takeshi Nagasaki( 担当: 分担執筆)

    American Scientific Publishers  2009年 

     詳細を見る

    担当ページ:14  

  • 遺伝子医学MOOK別冊 絵で見てわかるナノDDS–マテリアルから見た治療・診断・予後・予防、ヘルスケア技術の最先端, DDSのための光応答性マテリアル

    長崎 健( 担当: 分担執筆)

    メディカルドゥ  2007年 

     詳細を見る

    担当ページ:7  

  • Non-viral Gene Therapy: Gene Design and Derivery, 2.4 Active Transport of Exogenous Genes into the Nucleus

    Takeshi Nagasaki, Takeshi Kawazu( 担当: 共著)

    Springer-Verlag, Tokyo  2005年  ( ISBN:4431251227

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • Non-viral Gene Therapy: Gene Design and Derivery, 2.2 Active DNA Release from Complexes

    -( 担当: 単著)

    Springer-Verlag, Tokyo  2005年  ( ISBN:4431251227

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • ゲルの安定化と機能性付与・次世代への応用開発-安全性の高い止血剤用ハイドロゲルの開発

    長﨑 健, 石橋謙一, 大畑建治( 担当: 共著)

    技術情報協会  2003年12月 

     詳細を見る

    担当ページ:7  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 光に応答する遺伝子デリバリーシステム 〜エンドソーム脱出を中心とした細胞内トラフィッキング光制御〜 招待 査読

    長崎 健, 濱田 勉

    レーザー研究   45 ( 11 )   696 - 700   2017年11月( ISBN:0387-0200

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

    アゾベンゼンを基体とする光応答性脂質はtrans- cisの構造変化によりその分子集合体の形態が大きく変化することが明らかとなった.この変化は光異性化による膜の物性変化に基づく.またこの変化により他の二分子膜との融合などが誘起され,エンドサイトーシスにより細胞内に取り込まれた場合にはエンドソーム膜との融合により,薬物の細胞内輸送にも大きな影響を与えることが明らかとなった.実際,光開裂性脂質を用いた時,蛍光ラベル化複合体の蛍光顕微鏡観察によりエンドソーム脱出の光促進が確認出来た.

  • 体内で放射線を発生させる新規放射線療法のための無機ホウ素クラスターマテリアル

    -

    エヌ・ティー・エス   12 ( 5 )   34 - 39   2012年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著  

  • ホウ素中性子捕捉療法剤キャリアとしての枝分かれグリセロール修飾γ-シクロデキストリンの評価 査読

    杉浦幸作, 板尾琴子, 金井大成, 櫻井良憲, 真田悠生, 増永慎一郎, 長崎健, 大谷亨

    シクロデキストリンシンポジウム講演要旨集   37th   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • Preparation and Characterization of a Novel Bispecific Antibody That Targets Her2 and BSH for Boron Neutron Capture Therapy 招待

    Taisei Kanai, Taro Tachibana, Takeshi Nakanishi, Takeshi Nagasaki, Mitsunori Kirihata, Yoshihide Hattori, Yu Sanada, Yoshinori Sakurai and Shin-ichiro Masunaga

    KURNS Progress Report 2019   2020年04月

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   共著区分:共著  

  • 光に応答する遺伝子デリバリーシステム 〜エンドソーム脱出を中心とした細胞内トラフィッキング光制御〜 査読

    長崎 健, 濱田 勉

    レーザー研究   45 ( 11 )   696 - 700   2017年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    アゾベンゼンを基体とする光応答性脂質はtrans- cisの構造変化によりその分子集合体の形態が大きく変化することが明らかとなった.この変化は光異性化による膜の物性変化に基づく.またこの変化により他の二分子膜との融合などが誘起され,エンドサイトーシスにより細胞内に取り込まれた場合にはエンドソーム膜との融合により,薬物の細胞内輸送にも大きな影響を与えることが明らかとなった.実際,光開裂性脂質を用いた時,蛍光ラベル化複合体の蛍光顕微鏡観察によりエンドソーム脱出の光促進が確認出来た.

  • ホウ素中性子捕捉療法剤としての含ホウ素希土類酸化物 招待

    冨田恒之, 長崎健

    化学工業   65 ( 7 )   512 - 517   2014年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:共著  

  • 新規ホウ素含有ナノ粒子の開発とBNCTへの応用

    冨田恒之, 長崎 健

    Isotope News   67   451 - 457   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 健康・医療用マテリアルとしてのβ-1,3-グルカン 査読

    鈴木利雄, 長崎 健

    機能材料   30 ( 9 )   54 - 62   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 健康・医療用マテリアルとしてのβ-1,3-グルカン 招待

    鈴木利雄, 長崎 健

    機能材料   30 ( 9 )   54 - 62   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:共著  

  • 新規メカニズムで作用する抗アポトーシス剤 招待

    長崎 健, 東 秀紀

    化学   64 ( 10 )   70 - 71   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • 細胞内ターゲティングの必要性とその試み 査読

    柿本真司, 長﨑 健

    高分子   58 ( 3 )   133 - 136   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著  

  • 高分子遺伝子キャリアー材料–デンドリマーを用いた遺伝子送達技術– 招待

    長崎健

    未来材料   8 ( 2 )   50 - 55   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著  

  • 核内移行因子を用いた遺伝子デリバリー 招待

    長崎健

    化学工業   59 ( 4 )   58 - 63   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著  

  • 光応答性高分子材料-光応答性高分子によるダブルターゲティング 招待

    長﨑 健

    Drug Delivery System   23 ( 6 )   637 - 643   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著  

  • The Concept of Molecular Machinery Is Useful for Design of Stimuli-Responsive Gene Delivery Systems in the Mammalian Cell.

    T. Nagasaki and S. Shinkai

    J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem.   58 ( 3-4 )   205 - 219   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 分岐高分子を用いる遺伝子デリバリーシステム

    -

    高分子   55 ( 3 )   156 - 160   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著  

  • 第二世代に突入した合成ベクター

    -

    化学   57 ( 3 )   56 - 57   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • シデロホアを利用した細菌へのドラッグデリバリー

    -

    化学   55 ( 6 )   59 - 60   2000年( ISBN:0451-1964

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著  

  • デンドリマーを利用した遺伝子導入

    -

    化学   52 ( 6 )   65   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著  

  • Extraction Behavior of Copper Ion by Calixarene Carboxylate Derivatives Preorganized by Sodium Ion(共著)

    -

    Solvent Extraction and Ion Exchange   14 ( 3 )   459 - 478   1996年

  • カリックスアレーン,シクロファンの化学からオリゴマーの化学へ

    T. Nagasaki, S. Shinkai

    高分子   42 ( 2 )   107   1993年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 画像診断用配位子の開発

    T. Nagasaki, S. Shinkai

    化学   46 ( 3 )   208 - 209   1991年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 糖鎖抗体作製用の糖セラミド類の合成 国内会議

    竹林尚志, 東秀紀,長﨑健

    BioMedicaal Forum 2024  2023年12月  大阪公立大学バイオ・メディカル・フォーラム

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:堺市  

  • 4-((E)-3-Hydroxyprop-1-enyl)phenyl acetate 修飾ALAを基にした新規LAT1阻害化合物の開発 国内会議

    松枝蒼弥、東秀紀,長﨑健

    BioMedicaal Forum 2024  2023年12月  大阪公立大学バイオ・メディカル・フォーラム

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:堺市  

  • 交換反応を利用した疎水性ホウ素クラスター集積化エクソソームの開発とホウ素中性子捕捉療法への応用 国内会議

    大重彩乃,河崎陸,山名啓太,平野英寿,田畑杏梨, 坂東香里, 真田悠生, 櫻井良憲, 田中浩基, 鈴木実, 水田涼介,佐々木善浩,秋吉一成, 長崎健, 池田篤志

    BioMedicaal Forum 2024  2023年12月  大阪公立大学バイオ・メディカル・フォーラム

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:堺市  

  • マクロファージ極性制御剤とホウ素中性子捕捉療法の併用治療に関する研究 国内会議

    安川 直輝・坂東香里・高林直紀・近藤夏子・櫻井良憲・真田悠生・河崎 陸・長﨑 健

    BioMedicaal Forum 2024  2023年12月  大阪公立大学バイオ・メディカル・フォーラム

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:堺市  

  • ホウ素中性子捕捉療法のための腫瘍指向性窒化ホウ素ナノチューブの開発 国内会議

    山名啓太, 河崎陸,平野英寿,真田悠,東秀紀, 高田卓志, 櫻井良憲, 田中浩基, 児玉智基, 河本正次, 長崎健, 池田篤志

    第45回日本バイオマテリアル学会  2023年11月  日本バイオマテリアル学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸市  

  • 交換反応によるカルボラン集積イムノリポソームの調製と BNCT 応用 国内会議

    大重彩乃, 河崎陸,山名啓太,平野英寿,真田悠生, 坂東香里, 田畑杏梨, 田中浩基, 櫻井良憲, 鈴木実, 安原主馬, 西村智貴, 篠田渉, 長崎健, 池田篤志

    第45回日本バイオマテリアル学会  2023年11月  日本バイオマテリアル学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸市  

  • BSHとHer2に対する二重特異性抗体を用いたBNCT用ホウ素デリバリーシステム 招待 国内会議

    長﨑 健・田畑 杏梨・坂東 香里・立花 太郎・中西 猛・河崎 陸 ・ 櫻井 良憲・田中 浩基・真田 悠生

    第72回高分子討論会  2023年09月  高分子学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:高松市  

  • 抗BSHウサギ抗体のCDR領域配列解析と物性評価 国内会議

    吉田 伊吹・田畑杏梨・金井大成・立花 太郎・中西 猛・伊原寛一郎・長﨑 健・黒田大祐

    遺伝子・デリバリー研究会 第22回シンポジウム  2023年09月  遺伝子・デリバリー研究会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪市  

  • シコニン含有b-1,3グルカンナノゲルのBPA-BNCTにおける併用効果 国内会議

    安川直輝・坂東香里・田畑杏里・近藤夏子・櫻井良憲・真田悠生・長﨑 健

    遺伝子・デリバリー研究会 第22回シンポジウム  2023年09月  遺伝子・デリバリー研究会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪市  

  • 抗BSH抗体の獲得とCDR領域配列解析 国内会議

    吉田 伊吹、長崎 健

    第39回日本DDS学会学術集会  2023年07月  日本DDS学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市  

  • ホウ素ナノ粒子のクラスターを集積させたハイブリッドナノゲルの創製とBNCT応用 国内会議

    河﨑 陸, 平野 英寿, 山名 啓太, 真田 悠生,櫻井 良憲, 長崎 健, 鈴木 実,佐々木 善浩, 秋吉 一成

    第19回日本中性子捕捉療法学会学術大会  2023年07月  日本中性子捕捉療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市  

  • 酸化ホウ素ナノ粒子集積を高度に集積したハイブリッドナノゲルの創製とバイオ機能 国内会議

    河﨑 陸, 平野 英寿, 山名 啓太, 真田 悠生, 坂東 香里, 田畑 杏梨, 櫻井 良憲, 田中 浩基, 鈴木 実, 澤田 晋一, 佐々木 善浩, 秋吉 一成, 長崎 健, 池田 篤志

    第20回 ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム  2023年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:八王子市  

  • Sorbitol-releasing in situ gelling materials for treatment of myocardial infarction 国内会議

    Hue LE THI, K. Fukazawa, T. Nagasaki, A. Mahara, T. Yamaoka

    2023年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Development of organic-inorganic hybrid nanomaterials for boron neutron capture therapy 招待 国内会議

    Riku Kawasaki・Keita Yamana・Hidetoshi Hirano・Ayano Oshige・Yu Sanada・Kaori Bando・Anri Tabata・Yoshinori Sakurai・Hiroki Tanaka・Minoru Suzuki・Shin-ichi Sawada・Yoshihiro Sasaki・Kazunari Akiyoshi・Takeshi Nagasaki・Atsushi Ikeda

    2023年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Bispecific antibody against BSH and Her2 for Boron Neutron Capture Therapy 招待 国際会議

    T. Nagasaki, A. Tabata, T. Kanai, T. Tachibana, T. Nakanishi, R. Kawasaki, Y. Sakurai, Y. Sanada

    2023 Taiwan-Japan Neutron Capure Therapy Academic Conference of Elite  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 使える医療機器の開発を目指して:大切な特性と要らない特性 国内会議

    山岡 哲二、深澤 今日子、長﨑健

    日本バイオマテリアル学会関西ブロック 第17回若手研究発表会  2023年03月  日本バイオマテリアル学会関西ブロック

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:堺市  

  • 高濃度オーラプテン水溶液の調製とその抗腫瘍効果に関する研究 国内会議

    宮尾 勇人、長﨑健

    BioMedical Forum 2023  2023年01月  大阪公立大学バイオメディカルフォーラム

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:堺市  

  • β-1,3-グルカン/シコニンナノゲルの調製とその物性評価 国内会議

    坂東 香里、長﨑健

    BioMedical Forum 2023  2023年01月  大阪公立大学バイオメディカルフォーラム

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:堺市  

  • 二重特異性抗体を用いたBNCTホウ素デリバリー 国内会議

    田畑 杏梨、金井 大成・中西 猛・立花 太郎・真田 悠生・櫻井 良憲・長崎 健

    BioMedical Forum 2023  2023年01月  大阪公立大学バイオメディカルフォーラム

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:堺市  

  • コウジ酸を利用したメラノーマに対しての薬物送達及び可視化可能なツールの開発 国内会議

    笹井 麻由、東秀紀,長﨑健

    BioMedical Forum 2023  2023年01月  大阪公立大学バイオメディカルフォーラム

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:堺市  

  • 軟組織表面への接触で速やかに被膜化する癒着防止スプレーの開発 国内会議

    深澤 今日子、松井 直、長崎 健、山岡 哲二

    第44回日本バイオマテリアル学会  2022年11月  日本バイオマテリアル学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都江戸川区  

  • BSHとHer2に対する二重特異性抗体を用いたホウ素デリバリーとBNCT効果 国内会議

    田畑杏梨、金井大成、河﨑 陸、櫻井良憲、真田悠生、立花太郎、中西 猛、長﨑 健

    第44回日本バイオマテリアル学会  2022年11月  日本バイオマテリアル学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都江戸川区  

  • 心筋虚血の治療を目指したsorbitol self-releasing injectable hydrogel(Sorbitol self-releasing injectable hydrogel for the treatment of myocardial ischemia) 国内会議

    Le Thi Hue, Fukazawa Kyoko, Mahara Atsushi, Nagasaki Takeshi, Yamaoka Tetsuji

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2022年11月  日本バイオマテリアル学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • BSHとHer2に対する二重特異性抗体を用いたホウ素デリバリーとBNCT効果 国内会議

    長﨑 健、田畑杏梨、金井大成、河﨑 陸、櫻井良憲、真田悠生、立花太郎、中西 猛

    第18回日本中性子捕捉療法学会  2022年10月  日本中性子捕捉療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:つくば市  

  • BSHとHer2に対する二重特異性抗体のBNCTホウ素送達ツールとしての評価 国内会議

    田畑杏梨、金井大成、河﨑 陸、櫻井良憲、真田悠生、立花太郎、中西 猛、長﨑 健

    遺伝子・デリバリー研究会第21回シンポジウム、第20回夏期セミナー  2022年08月  遺伝子・デリバリー研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都  

  • 究極のダブルターゲッティングを目指したBNCTホウ素薬剤の開発 招待 国内会議

    長崎 健

    第1回 大阪公立大学 アカデミア創薬 ミニシンポジウム  2022年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪市  

  • 軟組織表面で自発的に被膜化する癒着防止材の 開発 国内会議

    深澤 今日子、松井 直、長崎 健、山岡 哲二

    第71回高分子学会年次大会  2022年05月  高分子学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • 多層アルギン酸ビーズ固定化菌体を封入した自己修復コンクリートの開発 国内会議

    下芝 佑弥、長﨑 健、五十嵐幸一

    バイオメディカルフォーラム2022  2022年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • BSHとEGFRに対する二重特異性抗体の機能評価 国内会議

    吉川浩平、立花太郎、中西 猛、長﨑 健

    バイオメディカルフォーラム2022  2022年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アシアロ糖タンパクレセプターをターゲットとしたラクトース提示型シクロデキストリンベシクルの作製 国内会議

    立石 奈央,東秀紀,長﨑健

    バイオメディカルフォーラム2022  2022年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 組織表面に接触すると自己被膜化する新奇メディカルデバイスの挙動解析 国内会議

    松井直・長崎健・山岡哲二

    バイオメディカルフォーラム2022  2022年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Basic evaluation of a cross-linked gelatin hemostat 国際会議

    Hironori Arima, Kido Hirotsugu,Takeshi Nagasaki, Kenji Ohata, Takeo Goto

    日米バイオマテリアル学会・ジョイントシンポジウム2021  2022年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Behavior of New type cured gelatin hemostat On Surgical site temperature 国際会議

    Kido Hirotsugu, Hironori Arima, Takeshi Nagasaki, Kenji Ohata, Takeo Goto

    日米バイオマテリアル学会・ジョイントシンポジウム2021  2022年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 心筋梗塞治療向けのソルビトール応答性注射用ハイドロゲルの開発(Development of sorbitol-responsive injectable hydrogel for treating myocardial infarction) 国内会議

    Le Hue Thi, Fukazawa Kyoko, Matsui Sunao, Nagasaki Takeshi, Mahara Atsushi, Yamaoka Tetsuji

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2021年11月  日本バイオマテリアル学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ガレクチン-3及びアシアロ糖タンパクレセプターをターゲットとしたラクトース提示型シクロデキストリンベシクルの作製 国内会議

    立石奈央、東 秀紀、加藤 麗子、長崎 健

    第18回 ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム  2021年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • コウジ酸アルドール付加体を用いた光延条件下における新規ホモカップリング反応 国内会議

    東 秀紀、森島 康仁、中畔 慶人、加藤 麗子、長崎 健

    日本化学会第101春季年会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食品添加物用多糖類によって水溶化されたポルフィリン類縁体を用いたTurn-on型光線力学治療薬の開発 国内会議

    日野 彰大、杉川 幸太、河﨑 陸、甲元 一也、鈴木 利雄、長崎 健、池田 篤志

    日本化学会第101春季年会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Possibility Study of Polymer Matrix Using Low Molecular Reaction for Medical Materials 国際会議

    Hirotsugu Kido, Hironori Arima, Takeshi Nagasaki, Kenji Ohata

    WBC 2020 VIRTUAL 11TH WORLD BIOMATERIALS CONGRESS  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Development of new hemostat using collagen peptide 国内会議

    Hironori Arima, Hirotsugu Kido, Takeo Goto, Takeshi Nagasaki, Kenji Ohata

    WBC 2020 VIRTUAL 11TH WORLD BIOMATERIALS CONGRESS  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ガドリニウム陽荷電複合体の中性子捕捉療法における腫瘍増殖抑制効果の検討 国内会議

    柳衛 佳輝, 柳衛 宏宣, 侯 鉉, 柳川 将志, 石川 達矢, ノブリアナ・デヴィ , 森下 保幸, 松川 岳久, 久保田 章乃, 鈴木 実, 増永 慎一郎, 桜井 良憲, 田中 浩基, 長崎 健, 高橋 浩之

    日本癌治療学会学術集会抄録集  2020年10月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • BNCT 用ホウ素薬剤送達ツールとしての二重特異性抗体の作製と機能評価 国内会議

    金井大成, 立花 太郎, 中西 猛, 長崎 健

    バイオメディカルフォーラム2020  2020年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 4-((E)-3-Hydroxyprop-1-enyl)phenyl acetate(HPA)を用いたメラノーマ特異的な新規薬剤送達及び光線力学療法への応用 国内会議

    森田昂祐, 関田亮佑,西祐太郎,東秀紀,長崎健

    バイオメディカルフォーラム2020  2020年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 蛍光標識コウジ酸を用いたメラノーマに対する薬剤送達及び可視化ツールの開発 国内会議

    森島康仁, 大藤拓哉, 東秀紀, 長﨑健

    バイオメディカルフォーラム2020  2020年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ホウ素中性子捕捉療法用新規ホウ素薬剤送達ツールとしての二重特異性抗体の抗原認識能 国内会議

    金井大成, 立花 太郎, 中西 猛, 長崎 健

    京都大学複合原子力科学研究所第54回学術講演会  2020年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)におけるホウ素薬剤送達用二重特異性抗体の作製と機能評価 国内会議

    金井大成, 立花 太郎, 中西 猛, 長崎 健

    第41回日本バイオマテリアル学会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • グルコースを放出してゲル化するインジェクタブル癒着防止材 国内会議

    山岡 哲二, 迎田 拓也, 徐 于懿, 神戸 裕介, 長崎 健

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Cellular uptake mechanism of kojic acid modified o-carborane as a boron drug toward melanoma-targeting BNCT 国際会議

    Takeshi Nagasaki, Satoshi Dowaki , Riku Kawasaki , Koki Matsuura , Yoshihide Hattori, Yoshinori Sakurai, Shin-ichiro Masunaga, Mitsunori Kirihata

    10th Young Researchers BNCT Meeting  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)におけるホウ素薬剤送達に用いる二重特異性抗体の作製 国内会議

    金井大成, 立花 太郎, 中西 猛, 長崎 健

    第13回バイオ関連化学シンポジウム  2019年09月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • グルコース放出によりゲル化する組織接着性インジェクタブル癒着防止材 国内会議

    山岡哲二, 迎田拓也, 徐于懿, 長﨑 健

    第48回医用高分子シンポジウム  2019年07月  高分子学会医用高分子研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • コウジ酸はがん幹細胞標的化に使えるか? 国内会議

    長﨑 健, 堂脇聖史, 河崎陸

    第22回生命化学研究会  2019年06月  フロンティア生命化学研究会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:北見工業大  

  • メラノーマBNCT用ホウ素薬剤及び転移抑制剤としてのコウジ酸修飾カルボランの機能評価 国内会議

    堂脇聖史, 松浦昂紀, 河崎 陸, 服部能英, 櫻井良憲, 増永慎一郎, 切畑光統, 長﨑 健

    バイオメディカルフォーラム2019  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 市大工学研究科の医工・生命工学への新たな取組 招待 国内会議

    長﨑 健

    バイオメディカルフォーラム2019  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • アルギン酸で固定化した微生物を用いた炭酸カルシウムの結晶化の制御 国内会議

    西川怜里, 五十嵐幸一, 長崎 健

    化学工学会中国四国支部・関西支部合同徳島大会  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • コウジ酸修飾カルボラン-シクロデキストリン複合体のBNCTホウ素薬剤としての評価 国内会議

    堂脇 聖史, 松浦 昂紀, 河崎 陸, 服部 能英, 櫻井 良憲, 増永 慎一郎, 切畑 光統, 長崎 健

    第40回日本バイオマテリアル学会  2018年11月  日本バイオマテリアル学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Functional evaluation of kojic acid modified carborane developed as a boron drug for melanoma BNCT 国際会議

    Satoshi DOWAKI, Koki MATSUURA, Riku KAWASAKI, Yoshihide HATTORI, Yoshinori SAKURAI, Shinichiro MASUNAGA, Mitsunori KIRIHATA, Takeshi NAGASAKI

    18th International Congress on Neutron Capture Therapy  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 医療に役立つ材料:ハイドロゲル 招待 国内会議

    長﨑 健

    第76回オープンラボラトリー「医療をイノベーションする工学研究」医工産連携ハブ技術の展開  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アントラキノン修飾シクロデキストリン・1’-アセトキシチャビコールアセテート複合体からなる葉酸提示自己集積ベシクルの作製と細胞内移行性 国内会議

    東秀紀, 福田千紗, 小島明子,長﨑健

    第45回生体分子科学討論会  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • メラノーマBNCT用ホウ素薬剤として開発したコウジ酸修飾カルボランの機能評価 国内会議

    堂脇聖史, 松浦昂紀, 河崎 陸, 服部能英, 櫻井良憲, 増永慎一郎, 切畑光統, 長﨑 健

    第34回日本DDS学会  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 微量グルコースを放出してゲル化する新規癒着防止材の開発 国内会議

    迎田拓也、徐于懿、長崎健、山岡哲二

    第17回日本再生医療学会総会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:パシフィコ横浜  

  • Aureobasidium pullulans由来β-1,3-グルカンに対するモノクローナル抗体の作製 国内会議

    寺井 涼、立花太郎、長崎健

    「バイオインターフェース先端マテリアルの創生」第8回シンポジウム  2018年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:あべのメディックス  

  • グルコース濃度低下によりゲル化するインジェクタブル癒着防止材の開発 国内会議

    迎田拓也、徐于懿、長崎健、山岡哲二

    「バイオインターフェース先端マテリアルの創生」第8回シンポジウム  2018年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:あべのメディックス  

  • アントラキノン修飾シクロデキストリンの葉酸レセプターを介した取り込みの向上 国内会議

    福田千紗、東秀紀、長崎健

    「バイオインターフェース先端マテリアルの創生」第8回シンポジウム  2018年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:あべのメディックス  

  • グルコース濃度の減少に応答するインジェクタブルハイドロゲルの物性 国内会議

    迎田拓也、徐于懿、長崎健、山岡哲二

    第26回ポリマー材料フォーラム  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪国際交流センター  

  • Suppression of Melanoma Metastasis by Kojic Acid Modified Carborane 国際会議

    Satoshi Dowaki、Koki Matsuura、Riku Kawasaki、Yoshihide Hattori、Yoshinori Sakurai、Hiroki Tanaka、Shin-ichiro Masunaga、Mitsunori kirihata、Takeshi Nagasaki

    9th Young Researchers' BNCT Meeting  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京大おうばくプラザ  

  • 蛍光標識コウジ酸を用いたコウジ酸のメラノーマ選択的な取り込みに関する研究 国内会議

    森島康仁、大藤拓哉、東 秀紀、長崎 健

    第47回複素環化学討論会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:高知県立文化ホール  

  • Physical properties and effect of glucose concentration responsive injectable hydrogel 国際会議

    Takuya Mukaeda、Yu-I Hsu、Takeshi Nagasaki、 Tetsuji Yamaoka

    6th Asian Biomaterials Congress  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Appolo DIMORA, Thiruvananthapuram, India  

  • 次世代がん治療法BNCTのための薬物送達システム 招待 国内会議

    長崎 健

    2nd Symposium on New Trends of Nano- and Bio- Materials Design in Supramolecular Chemistry  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:志賀島国民休暇村  

  • メラノーマBNCT用ホウ素薬剤として開発したコウジ酸修飾カルボランのメラノーマ転移抑制効果に関する研究 国内会議

    堂脇聖史、河崎 陸、服部能英、櫻井良憲、増永慎一郎、切畑光統、長﨑 健

    第14回日本中性子捕捉療法学会学術大会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:郡山ビューホテルアネック  

  • インジェクタブルゲル型癒着防止材の設計と調整 国内会議

    迎田拓也、徐于懿、長崎健、山岡哲二

    第46回医用高分子シンポジウム  2017年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:産業技術総合研究所臨海副都心センター  

  • 水溶性βグルカンの精製とその性質 国内会議

    迎田拓也、徐于懿、長崎健、山岡哲二

    第63回高分子研究発表会[神戸]   2017年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:兵庫県民会館  

  • アントラキノン修飾シクロデキストリンへの葉酸レセプターをターゲットにした細胞選択性の付与 国内会議

    福田千紗、東秀紀、長崎健

    第33回日本DDS学会  2017年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都市勧業館みやこめっせ  

  • ダブルターゲティング〜分子機械の概念を利用した薬物送達システム〜 招待 国内会議

    長崎 健

    奈良女子大学大学院無機機能化学特論講演会  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:奈良女子大心理学部会議室  

  • アントラキノン修飾シクロデキストリン/1’-アセトキシチャビコールアセテート複合体を用いた自己集積性ベシクルの作製と葉酸の提示 国内会議

    福田千紗、東秀紀、長崎健

    第15回 ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:立命館大草津キャンパス  

  • リパーゼを用いたシコニン/アルカンニンの光学分割 国内会議

    東秀紀、榎本喬介、鈴木利雄、谷口泰造、長崎健

    第15回 ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:立命館大草津キャンパス  

  • フタロシアニン亜鉛/β-1,3-グルカン複合体のdectin-1発現細胞選択的光線力学効果 国内会議

    萩原 麻未, 長崎 健, 鈴木 利雄

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2015年11月  日本バイオマテリアル学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • チャビコール誘導体の光線力学療法への増強効果 国内会議

    小西 貴弘, 長崎 健, 東 秀紀, 小島 明子

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2015年11月  日本バイオマテリアル学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • S-Allyl-glutathione類縁体によるマクロファージ活性化抑制 国内会議

    仲谷 友佑, 長崎 健, 東 秀紀, 高山 諒, 竹村 茂一, 南山 幸子

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2015年11月  日本バイオマテリアル学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • β-1,3-グルカンを用いたシコニンの水溶化とdectin-1依存的細胞傷害性 国内会議

    -

    第17回生命化学研究会  2015年01月 

  • 無水型フィトスフィンゴシンJaspine B 類縁体は腫瘍増殖を抑制する 国内会議

    -

    第17回生命化学研究会  2015年01月 

  • BNCTにおいて生体適合性高分子型薬剤は腫瘍集積性が向上する 国内会議

    -

    第17回生命化学研究会  2015年01月 

  • コウジ酸カルボランコンジュゲート体を用いたメラノーマターゲットホウ素デリバリーシステム 国際会議

    -

    第2回BNCTに関する国際ワークショップ  2014年12月 

  • ホウ素中性子捕捉療法のためのEPR効果を利用した効率的ホウ素デリバリーシステムの開発 国際会議

    -

    第2回融合マテリアルに関する国際シンポジウム  2014年11月 

  • メラノーマ用新規BNCT薬剤としてのコウジ酸修飾o-カルボランシクロデキストリン複合体 国際会議

    -

    第2回融合マテリアルに関する国際シンポジウム  2014年11月 

  • 生体適合性ポリリジンのホウ素クラスター修飾によるBNCT薬剤への応用 国内会議

    -

    第23回ポリマー材料フォーラム  2014年11月 

  • コウジ酸修飾カルボランのメラノーマBNCT薬剤としての評価 国内会議

    -

    平成26年京都大学原子炉実験所専門研究会 研究炉及び加速器中性子源を用いた中性子捕捉療法の高度化に関する研究会  2014年09月 

  • フタロシアニン亜鉛/aquaβ複合体のdectin-1依存的光線力学効果 国内会議

    -

    第2回バイオ関連化学シンポジウム若手フォーラム  2014年09月 

  • ホウ素クラスター修飾ポリリジンを用いたBNCT用新規高分子型ホウ素薬剤の開発 国内会議

    -

    第8回バイオ関連化学シンポジウム  2014年09月 

  • フタロシアニン亜鉛/β-1,3-グルカン複合体を用いた細胞選択的光線力学療法剤としての評価 国内会議

    -

    第8回バイオ関連化学シンポジウム  2014年09月 

  • イットリウムオルトボレート/シクロデキストリン融合BNCT薬剤の腫瘍増殖抑制効果 国内会議

    -

    第63回高分子討論会  2014年09月 

  • フタロシアニン亜鉛/β-1,3-グルカン複合体の光線力学療法剤としての評価 国内会議

    -

    第30回日本DDS学会  2014年07月 

  • フタロシアニン亜鉛/β-1,3-グルカン複合体の光線力学療法剤としての評価 国内会議

    萩原 麻未, 長崎 健, 鈴木 利雄

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2014年07月  日本DDS学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • BSH修飾生体適合性ポリリジンの新規高分子型ホウ素中性子捕捉療法用薬剤としての評価 国内会議

    -

    第11回日本中性子捕捉療法学会学術大会  2014年07月 

  • ホウ素クラスター修飾生分解性ポリリジンのBNCT薬剤としての評価 国内会議

    -

    第60回高分子研究発表会(神戸)  2014年07月 

  • メラノーマ用新規BNCT薬剤としてのコウジ酸修飾o-カルボラン/ヒドロキシプロピルβシクロデキストリン複合体 国際会議

    -

    第16回中性子捕捉療法に関する国際会議  2014年06月 

  • ホウ素中性子捕捉療法用含ホウ素希土類酸化物ナノ粒子 国際会議

    -

    アメリカ材料学会2014春年会  2014年04月 

  • 1’-Acetoxychavicol acetate(ACA)代謝産物のミトコンドリア経由アポトーシスに対する促進効果 国内会議

    -

    日本化学会第94春季年会  2014年03月 

  • 刺激棟統制ドラッグデリバリーシステム:遺伝子治療のための光応答性遺伝子デリバリーシステムと中性子捕捉療法のためのボロンデリバリーシステム 国内会議

    -

    第7回環境・エネルギー・新素材に関する京都国際会議  2014年03月 

  • メラノーマ選択性ホウ素クラスター修飾コウジ酸の新規BNCT用薬剤としての評価 国内会議

    -

    日本化学会第94春季年会  2014年03月 

  • BNCT用含ホウ素希土類金属酸化物合成における粒径制御因子 国内会議

    -

    日本化学会第94春季年会  2014年03月 

  • メフタロシアニン亜鉛/β-1,3-グルカン複合体を用いた細胞選択的光線力学効果 国内会議

    -

    日本化学会第94春季年会  2014年03月 

  • コウジ酸修飾カルボランでメラノーマ選択的ホウ素中性子捕捉療法を実現する 国内会議

    -

    第16回生命化学研究会  2014年01月 

  • コウジ酸をリガンドとするメラノーマBNCT薬剤の開発に向けた基礎的検討 国内会議

    -

    平成25年度京都大学原子炉実験所専門研究会 研究炉及び加速器中性子源を用いた中性子捕捉療法の高度化に関する研究会  2013年12月 

  • メラノーマ標的ホウ素中性子捕捉療法のためのカルボラン/コウジ酸コンジュゲート体 国際会議

    -

    2013年度マテリアル研究学会秋季大会  2013年12月 

  • 悪性メラノーマに対するBNCTのためのコウジ酸修飾カルボラン/シクロデキストリン複合体を用いたメラノーマ標的ボロンデリバリー 国際会議

    -

    第6回日台三者学術交流会  2013年12月 

  • 新規がん治療のためのホウ素含有蛍光ナノ融合マテリアル 国内会議

    -

    日本セラミック協会第26回秋季シンポジウム  2013年09月 

  • ダブルターゲティングの源流としての分子機械:光応答性遺伝子キャリアとBNCT用ボロンキャリア 国内会議

    -

    超分子化学におけるナノ・バイオマテリアル設計の潮流-2013  2013年09月 

  • コウジ酸修飾カルボラン/2-ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン複合体のメラノーマホウ素中性子捕捉療法薬剤としての評価 国内会議

    -

    第30回シクロデキストリンシンポジウム  2013年09月 

  • コウジ酸修飾カルボランの新規BNCTホウ素薬剤としての抗腫瘍効果 国内会議

    -

    第5回アジアアーデン会議  2013年08月 

  • コウジ酸修飾カルボラン/ヒドロキシプロピル-beta-シクロデキストリン複合体:メラノーマ選択的ホウ素中性子捕捉療法剤 国際会議

    -

    第40回コントロールリリース学会  2013年07月 

  • マウスLPS刺激に対する抗炎症剤/β-1,3-グルカン複合体の血中サイトカイン濃度への影響 国内会議

    -

    第29回日本DDS学会  2013年07月 

  • メラノーマに対するホウ素中性子捕捉療法用薬剤としてのコウジ酸修飾カルボラン 国内会議

    -

    第29回日本DDS学会  2013年07月 

  • ホウ素含有希土類酸化物のホウ素中性子捕捉療法剤としての評価 国際会議

    -

    第40回コントロールリリース学会  2013年07月 

  • ミトコンドリア経由アポトーシスを制御する新規化合物の探索及び水溶化の検討 国内会議

    勝 玲子, 伊藤 奎亮, 安田 有沙, 東 秀紀, 長崎 健

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2013年06月  日本DDS学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • マウスLPS刺激に対する抗炎症剤/β-1,3-グルカン複合体の血中サイトカイン濃度への影響 国内会議

    李 家い, 平本 恵一, 笠原 恵美子, 東 秀紀, 長崎 健

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2013年06月  日本DDS学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ホウ素クラスター修飾架橋ε-ポリリジンの高分子型ホウ素中性子捕捉療法薬剤への利用 国内会議

    -

    第62回高分子学会  2013年05月 

  • コウジ酸修飾カルボラン/シクロデキストリン包接錯体のBNCT用新規キャリアとしての評価 国内会議

    -

    第10回ホスト・ゲスト化学シンポジウム  2013年05月 

  • メラノーマ選択性コウジ酸修飾カルボランのホウ素中性子捕捉療法用新規キャリアとしての評価 国内会議

    長崎 健, 河崎 陸, 櫻井 良憲, 田中 浩基, 増永 慎一郎, 小野 公二, 切畑 光統

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2012年11月  日本バイオマテリアル学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 1'-Acetoxychavicol acetate/β-1,3-グルカン複合体の接触皮膚炎に対する抗炎症効果 国内会議

    李 家い, 東 秀紀, 平本 恵一, 笠原 恵美子, 長崎 健

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2012年11月  日本バイオマテリアル学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • コウジ酸修飾o-カルボランのホウ素中性子捕捉療法用薬剤としての評価 国内会議

    河崎 陸, 櫻井 良憲, 田中 浩基, 増永 慎一郎, 小野 公二, 切畑 光統, 長崎 健

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2012年06月  日本DDS学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • β-1,3-グルカンを用いた関節リウマチに対する新規デリバリーシステム 国内会議

    鹿子嶋 祐太, 李 家い, 東 秀紀, 池田 篤志, 長崎 健

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2012年06月  日本DDS学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • o-カルボランおよびチオドデカボランを導入したホウ素化コウジ酸の開発 国内会議

    -

    研究炉及び加速器中性子源を用いた中性子捕捉療法の高度化に関する研究会  2012年02月 

  • 国際シンポジウム活動 国内会議

    -

    -  2012年01月 

     詳細を見る

    第5回アジア アーデン カンファレンス組織委員会 組織委員

  • BSH修飾高分子量化ポリアミンから成るポリイオン複合体粒子のホウ素中性子捕捉療法薬剤としての評価 国際会議

    -

    2011アメリカ材料学会秋季年会  2011年12月 

  • 短鎖ケトセラミドを含むMcl-1 siRNA含有リポソームの調製と抗アトポーシス作用 国内会議

    -

    第38回国際核酸化学シンポジウム  2011年10月 

  • 1’-Acetoxychavicol acetate/β-1,3-グルカンの接触皮膚炎に対する抗炎症効果 国内会議

    -

    第1回融合マテリアル若手スクール  2011年09月 

  • Mcl-1 siRNA を包埋したケトセラミドリポソームの作製及びアポトーシス誘導活性評価 国内会議

    -

    アンチセンス・遺伝子・デリバリー シンポジウム 2011  2011年09月 

  • α‐ガラクトシルセラミド類含有リポソームの作製およびその免疫増強作用の評価 国内会議

    -

    第5回バイオ関連化学シンポジウム  2011年09月 

  • Dectin-1 選択的β-1,3-グルカン/C70複合体を用いたリウマチ光線力学療法に関する検討 国内会議

    -

    第5回バイオ関連化学シンポジウム  2011年09月 

  • ホウ素クラスター融合ポリアミンを含むナノ粒子の腫瘍集積性と中性子捕捉反応による腫瘍増殖抑制効果 国内会議

    -

    第60回高分子討論会  2011年09月 

  • Dectin-1 選択的β-1,3-グルカンを用いるリウマチ光線力学療法用デリバリーシステムの開発 国内会議

    -

    遺伝子・デリバリー研究会第11回夏期セミナー  2011年08月 

  • 抗体作製におけるα-ガラクトシルセラミド類含有リポソームのアジュバント効果 国内会議

    -

    遺伝子・デリバリー研究会第11回夏期セミナー  2011年08月 

  • 関節リウマチへの適応を目指した免疫細胞選択的PDT薬剤デリバリーシステムの開発 国内会議

    -

    第21回日本光線力学学会  2011年07月 

  • ホウ素クラスター修飾ポリアミンナノ粒子の中性子捕捉療法薬剤としての評価 国内会議

    -

    第27回日本DDS学会  2011年06月 

  • β-1,3-グルカン/C70複合体の光線力学効果における1’-Acetoxychavicol acetateの併用効果 国内会議

    -

    第27回日本DDS学会  2011年06月 

  • シクロデキストリンを用いた水溶性1’-Acetoxychavicol Acetate 複合体の作製及び抗腫瘍効果に関する研究 国内会議

    -

    第7回ホスト・ゲスト化学シンポジウム  2011年05月 

  • 短鎖ケトセラミドを含むMcl-1 siRNA封入リポソームの作製及びアポトーシス誘導活性評価 国内会議

    東 秀紀, 伊豆井 航, 長崎 健

    Drug Delivery System  2010年05月  日本DDS学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • シクロデキストリン-ACA包接錯体の作製及びその生理活性評価 国内会議

    相澤 結, 東 秀紀, 小島 明子, 長崎 健

    Drug Delivery System  2010年05月  日本DDS学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

産業財産権等

  • ゲル化組成物およびゲル構造体

    長崎 健, 鈴木利雄,山岡哲二,徐于懿

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2017-137396 

    特許番号/登録番号:6954529 

  • ホウ素中性子捕捉療法用組成物およびその製造方法

    長﨑 健・冨田恒之

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:6083738 

    がん治療法の一つであるホウ素中性子捕捉療法に用いる発光性含ホウ素希土類酸化物組成物を発明した。

  • カルボラン修飾コウジ酸/シクロデキストリン包接錯体およびその製造方法

    上原幸樹、切畑光統、長崎 健

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:5816896 

    ホウ素中性子捕捉療法に使用されるカルボランを、生体内へ導入しやすくするために水溶性かつ細胞親和性のある複合体に包接する技術に関する。

  • シトクロムc捕捉型アポトーシス抑制剤

    長崎 健・東 秀紀・築部 浩・篠田哲史

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:4767295 

    アポトーシス時にミトコンドリアから漏出するシトクロムcを捕捉し、アポトーシスを抑制するアポトーシス抑制剤であって、下記の式で表される化合物またはその薬理学的に許容される塩を有効成分とすることを特徴とするアポトーシス抑制剤。

  • β-1,3-グルカン由来ポリアルデヒド/ポリアミンハイドロゲル

    長﨑 健、林 達郎、鈴木利雄、古川喜朗、大畑建治、石橋謙一

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:5660781 

    ポリアミンには食品添加物や医薬外部品として承認済みで安全性に優れたε-PLL(ポリ-L-リジン)を基体とし高分子量化を行った。一方、菌類や酵母など微生物由来で側鎖グルコースを持つβ-1,3-グルカン(医薬品やサプリメントとしてこちらも安全性が確認されている)の側鎖グルコースに選択的にアルデヒドを導入したポリアルデヒドを調製し、両者からなる生体適合性が高く安全性・接着速度・強度に優れたハイドロゲル形成に成功した。

  • β-1,3-グルカン/カルボラン複合体

    新海征治・為末真吾・広瀬良治・櫻井和朗・長崎 健・沼田宗典

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:5159125 

    ホウ素中性子捕捉療法に使用されるカルボランを生体内へ導入しやすくするための、水溶性かつ細胞親和性のある複合体及びその調製方法の提供。

  • 核酸構造体

    新海征治、長﨑 健、川津 猛、柿本真司

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:5561893 

    細胞外から細胞核内に到る核酸の輸送を促進するタンパクまたはペプチドの少なくとも1種類、細胞内在性還元物質または光に応答して低分子化し得るカチオン性ポリマー、および、細胞内に導入されるべき遺伝子を含む核酸物質から構成されることを特徴とする核酸構造体。

  • 核酸複合体及びそれを用いる細胞内への核酸導入方法

    長崎健・新海征治・宇野篤・西田守

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:4989039 

    細胞内への核酸導入効率が高く、かつ細胞毒性が低い上に、簡便、安価に調製が可能な核酸複合体、及びそれを用いた安全でかつトランスフェクション効率の高い細胞内への核酸導入方法を提供する。

  • 核内移行性核酸構造体

    新海征治・長崎 健・川津 猛・立花太郎

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:4034274 

    細胞に遺伝子を導入するに際して核内移行を促進して効率的なトランスフェクションが確保できる新しい手法を提供する

  • 6-アミノ-6-デオキシキトサン,その製造方法およびそれより成る核酸導入剤

    新海征治・坂入信夫・長崎 健・佐藤 琢

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:P4518804 

    キトサンのβ-(1-4)-2-アミノ-2-デオキシ-D-グルカン構造が6-デオキシ-6-アミノ構造で置換された新規なキトサン誘導体、該キトサン誘導体の製造方法、該キトサン誘導体を用いる細胞への核酸導入剤としての用途に関するもの

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)キーワード

  • ホウ素中性子捕捉療法

    カテゴリ:ライフサイエンス 

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 細胞培養基材用コーティング剤

    随時

     詳細を見る

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究, 講演  

    活用分野・応用方法等:細胞工学・遺伝子工学・医学

    ガラスやプラスチック基材への動物細胞接着性を向上させる上で、微生物由来の ε-ポリ-L-リジン(ε-PLL)が有用であり、種々の接着性培養細胞や初代細胞の培養に適用可能で、良好な細胞骨格形成をもたらす

  • 細胞内輸送制御因子のデリバリーへの応用

    随時

     詳細を見る

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究, 講演  

    活用分野・応用方法等:ドラッグデリバリー、医薬品

    細胞外から細胞質への移行、輸送小胞からの脱出や核内移行はドラッグデリバリーにおける大きな障壁である。我々はこれら障壁をクリアーするために、機能性蛋白因子を効率的にアッセンブリーする方法を開発している。

  • 生体高分子を基体とする遺伝子キャリアー

    随時

     詳細を見る

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究, 講演  

    活用分野・応用方法等:遺伝子治療のためのベクターのみならず、有用資源物質生産のための動植物細胞への外部遺伝子導入法

    詳細説明:導入効率の高いベクターの開発は遺伝子治療の普及における重要課題の一つであり、安全性の観点から非ウイルス性ベクターが注目を集めている。現在、カチオン性を有する脂質を用いたリポソーム法や高度な分枝構造を持った球状高分子であるデンドリマーを用いる方法などの開発が進んでいる。我々は、より安全で効率の高い次世代非ウイルス性ベクターを開発する上で、生体由来の安全性の高いポリマーを基体とし安全性の高い遺伝子キャリアーの構築を目指し研究を行っている。

    非ウイルスベクターの安全性を高めるために、生分解性や生体適合性に優れた天然素材を基体とし6-アミノ-6-デオキシキトサン(6ACT)や高分子量化ε-PLLの遺伝子キャリアーの評価を行っている。

科研費

  • 二重特異性抗体を用いたBNCTホウ素デリバリーシステムの開発

    基盤研究(B)  2019年04月

  • 超分子形成を応用した高機能性BNCT薬剤の開発

    基盤研究(C)  2014年04月

  • 含ホウ素希土類酸化物ナノ粒子のBNCT薬剤への応用

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2013年04月

  • 無機ホウ素クラスター融合BNCTデリバリーマテリアルの開発

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2011年04月

  • 細胞内動態制御による硼素中性子捕捉効果増強に関する研究

    基盤研究(C)  2011年04月

  • 脳神経外科手術用止血剤の開発に向けた組織接着性ハイドロゲルの安全性評価研究

    基盤研究(C)  2011年04月

  • マルチファンクショナル人工ベクターの開発

    基盤研究(C)  2005年04月

  • 核移行シグナル化学修飾遺伝子による非ウイルスベクターの高効率化

    特定領域研究  2002年04月

  • 光応答性デンドリマーと生体関連物質との相互作用に関する研究

    基盤研究(C)  1997年04月

  • 光応答性デンドリマ-の合成と機能

    奨励研究(A)  1996年04月

  • 高機能性糖センシング化合物の開発

    奨励研究(A)  1994年04月

  • 形状記憶と複製過程を利用した環状化合物の新規合成法

    奨励研究(A)  1993年04月

▼全件表示

受託研究

  • メラノーマ中性子捕捉療法用コウジ酸修飾ホウ素薬剤の開発

    2011年08月

担当教育概要

  • 生体現象を分子レベルで解析し、人工的再構築を行うために必要な基盤知識の修得

担当授業科目

  • 化学バイオ工学概論

    2021年度     大学

  • 特別演習

    2021年度     大学院

  • 有機化学2

    2021年度     大学

  • バイオ工学実験Ⅰ・Ⅱ

    2021年度     大学

  • 高分子化学Ⅱ

    2021年度     大学

  • 化学バイオ工学論

    2021年度     大学

  • 超分子化学特論

    2021年度     大学院

  • 化学バイオ工学論

    2020年度     大学

  • バイオ工学実験Ⅰ・Ⅱ

    2020年度     大学

  • 高分子化学Ⅱ

    2020年度     大学

  • 有機化学2

    2020年度     大学

  • 特別演習

    2020年度     大学院

  • 化学バイオ工学概論

    2020年度     大学

  • 超分子化学特論

    2020年度     大学院

  • バイオ工学実験Ⅰ・Ⅱ

    2019年度     大学

  • 高分子化学Ⅱ

    2019年度     大学

  • 有機化学2

    2019年度     大学

  • 特別演習

    2019年度     大学院

  • 化学バイオ工学概論

    2019年度     大学

  • 超分子化学特論

    2019年度     大学院

  • 化学バイオ工学論

    2019年度     大学

  • 超分子化学特論

    2018年度     大学院

  • 化学バイオ工学概論

    2018年度     大学

  • 特別演習

    2018年度     大学院

  • 有機化学2

    2018年度     大学

  • 高分子化学Ⅱ

    2018年度     大学

  • バイオ工学実験Ⅰ・Ⅱ

    2018年度     大学

  • 化学バイオ工学論

    2018年度     大学

  • 化学バイオ工学概論

    2017年度     大学

  • 特別演習

    2017年度     大学院

  • 高分子化学Ⅱ

    2017年度     大学

  • 有機化学2

    2017年度     大学

  • バイオ工学実験Ⅰ・Ⅱ

    2017年度     大学

  • 化学バイオ工学論

    2017年度     大学

  • 超分子化学特論

    2017年度     大学院

  • 特別演習

    2016年度     大学院

  • 高分子化学Ⅱ

    2016年度     大学

  • 有機化学2

    2016年度     大学

  • バイオ工学実験Ⅰ・Ⅱ

    2016年度     大学

  • 化学バイオ工学論

    2016年度     大学

  • 超分子化学特論

    2016年度     大学院

  • 超分子化学特論

    2015年度     大学院

  • 特別演習

    2015年度     大学院

  • 高分子化学Ⅱ

    2015年度     大学

  • 有機化学2

    2015年度     大学

  • バイオ工学実験Ⅰ・Ⅱ

    2015年度     大学

  • 化学バイオ工学論

    2015年度     大学

  • 超分子化学特論

    2014年度    

  • 化学バイオ工学論

    2014年度     大学

  • バイオ工学実験Ⅰ・Ⅱ

    2014年度     大学

  • 有機化学2

    2014年度     大学

  • 特別演習

    2014年度     大学

  • 超分子化学特論

    2013年度    

  • 技術者倫理

    2013年度     大学

  • 化学バイオ工学論

    2013年度     大学

  • バイオ工学実験Ⅰ・Ⅱ

    2013年度     大学

  • 有機化学2

    2013年度     大学

  • 特別演習

    2013年度     大学

  • 超分子化学特論

    2012年度    

  • バイオ工学実験Ⅰ・Ⅱ

    2012年度     大学

  • 化学バイオ工学論

    2012年度     大学

  • 有機化学2

    2012年度     大学

  • 特別演習

    2012年度    

  • 超分子化学特論

    2011年度    

  • 化学バイオ工学論

    2011年度     大学

  • 有機化学2

    2011年度     大学

  • バイオ工学実験Ⅰ・Ⅱ

    2011年度     大学

  • 特別演習

    2011年度     大学

  • 技術と生命

    2007年度     大学

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 無機機能化学

    2017年06月
    機関名:奈良女子大学

  • 蛋白質有機化学特論

    2015年07月
    機関名:大阪大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

FD活動

  • FD活動への貢献  2022年度

     詳細を見る

    工学部入学時・卒業時アンケート実施
    工学研究科前期博士課程入学時・修了時アンケート実施
    9月と11月のFD集会へ参加

  • FD活動への貢献  2021年度

     詳細を見る

    工学部入学時・卒業時アンケート実施
    工学研究科前期博士課程入学時・修了時アンケート実施
    9月と12月のFD集会へ参加

  • FD活動への貢献  2020年度

     詳細を見る

    工学部入学時・卒業時アンケート実施
    工学研究科前期博士課程入学時・修了時アンケート実施
    9月と12月のFD集会へ参加

  • FD活動への貢献  2010年度

     詳細を見る

    工学部FD集会(2010.9.28)・障害学生懇談会(2011.1.26)に参加

論文・研究指導集計

  • 2022年度

    卒業論文指導数:2名  卒業論文審査数:2件

    博士前期課程学生指導数:4名  博士後期課程学生指導数:1名

    修士論文審査数(主査):4件  修士論文審査数(副査):7件

    博士論文審査数(主査):1件 

  • 2021年度

    卒業論文指導数:1名  卒業論文審査数:4件

    博士前期課程学生指導数:8名  博士後期課程学生指導数:1名

    修士論文審査数(主査):4件  修士論文審査数(副査):4件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

  • 2020年度

    卒業論文指導数:3名  卒業論文審査数:6件

    博士前期課程学生指導数:4名  博士後期課程学生指導数:1名

    修士論文審査数(主査):0件  修士論文審査数(副査):4件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

  • 2010年度

    卒業論文指導数:3名  卒業論文審査数:3件

    博士前期課程学生指導数:5名  博士後期課程学生指導数:2名

    修士論文審査数(主査):5件  修士論文審査数(副査):4件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:創薬科学副専攻WG委員

  • 2021年度

      詳細を見る

    独自項目:オフィスアワーによる学修支援

  • 2021年度

      詳細を見る

    独自項目:工学研究科医工・生命工学教育研究センターと医学研究科による「バイオデザインプログラム」の実施

  • 2020年度

      詳細を見る

    独自項目:博士課程教育リーディングプログラムステアリング委員・資格審査委員・運営委員・実務委員

  • 2020年度

      詳細を見る

    独自項目:オフィスアワーによる学修支援

  • 2018年度

      詳細を見る

    独自項目:工学研究科医工・生命工学教育研究センター研究員

▼全件表示

社会貢献活動

  • 産学官連携活動

    2010年04月 - 2011年03月

     詳細を見る

    財団法人 大阪市都市型産業振興センター島屋ビジネス・インキュベータ 入所審査委員会委員長

  • その他活動

    2008年04月 - 2009年03月

     詳細を見る

    第4回次世代医療システム産業化フォーラム2008にて「βー1,3?グルカンを原料とする新規止血剤の開発」について講演

  • マスメディア活動

    2005年04月 - 2006年03月

     詳細を見る

    日経産業新聞、2006.1.27、11面、「カニ殻成分で遺伝子導入」記事掲載

  • 小中高生向け教育活動

    2004年04月 - 2005年03月

     詳細を見る

    夢・化学-21 化学への招待-大阪市立大学一日体験化学実験教室- 2004年度(責任者)

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 先端医療と材料化学

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, 市民団体, 行政機関, メディア

    再生医療や遺伝子・細胞治療など未来の治療法として期待されている先端医療の実現には、使用される医薬品は勿論のこと医用材料が重要な役割を担っています。材料を創製するための学問である化学の重要性などをわかりやすくお伝えします。

外国人受入実績

  • 2017年度

    留学生受入数 :1名

  • 2010年度

    研究者受入数 :1名

    留学生受入数 :2名

役職

  • 全学管理職

    工学研究科

    研究科長  2018年04月 - 2022年03月

その他

  • 職務経歴

    2007年04月

      詳細を見る

    大阪市立大学 教授

  • 職務経歴

    1995年04月

      詳細を見る

    大阪市立大学 助教授

  • 職務経歴

    1994年04月

      詳細を見る

    大阪市立大学 講師