2024/04/12 更新

写真a

マツモト サキコ
松本 早紀子
MATSUMOTO Sakiko
担当
大学院医学研究科 基礎医科学専攻 講師
医学部 医学科
職名
講師
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 基礎医科学専攻 

    講師  2023年04月 - 継続中

  • 大学院医学研究科 基礎医科学専攻 

    助教  2022年04月 - 2023年03月

  • 医学部 医学科 

    講師  2023年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    助教  2022年04月 - 2023年03月

取得学位

  • 博士(医学) ( 名古屋大学 )

  • 修士(医科学) ( 大阪市立大学 )

  • 学士(人間科学) ( 大阪大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 医化学

研究キーワード

  • 神経科学、神経発生、神経変性、微小管

研究概要

  • ・微小管モータータンパク質キネシンおよびダイニンの共通アダプター因子であるNudCの中枢神経系における機能解析
    ・脱リン酸化酵素PP4cの中枢神経系海馬ニューロンにおける基質探索と機能解析

研究歴

  • 微小管モータータンパク質アダプター因子NudCの中枢神経系における機能解析

    大脳皮質層形成、軸索輸送 

    2016年07月 - 継続中 

  • 神経損傷特異的プロテアーゼの神経発生における機能解析

    2011年04月 - 2016年06月 

所属学協会

  • 日本神経化学会

    2024年 - 継続中   国内

  • 日本生化学会

    2022年 - 継続中

  • 日本分子生物学会

    2022年 - 継続中

受賞歴

  • 医学部長賞奨励賞

    2023年03月   大阪公立大学医学部  

職務経歴(学外)

  • 名古屋大学大学院   医学系研究科   研究員(非常勤)

    2015年04月 - 2016年06月

論文

  • DOPAnization of tyrosine in α-synuclein by tyrosine hydroxylase leads to the formation of oligomers. 査読

    Jin M, Matsumoto S, Ayaki T, Yamakado H, Taguchi T, Togawa N, Konno A, Hirai H, Nakajima H, Komai S, Ishida R, Chiba S, Takahashi R, Takao T, Hirotsune S

    Nature communications   13 ( 1 )   6880   2022年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-022-34555-4

    PubMed

  • Functional Cooperation of α-Synuclein and Tau Is Essential for Proper Corticogenesis. 査読

    Wang S, Fu Y, Miyata T, Matsumoto S, Shinoda T, Itoh K, Harada A, Hirotsune S, Jin M

    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   42 ( 37 )   7031 - 7046   2022年09月( ISSN:0270-6474

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.0396-22.2022

    PubMed

  • Correction: Damage-induced neuronal endopeptidase (DINE) enhances axonal regeneration potential of retinal ganglion cells after optic nerve injury. 査読

    Kaneko A, Kiryu-Seo S, Matsumoto S, Kiyama H

    Cell death & disease   11 ( 7 )   541   2020年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41419-020-2722-7

    PubMed

  • Publisher Correction: Alpha-synuclein facilitates to form short unconventional microtubules that have a unique function in the axonal transport. 査読

    Toba S, Jin M, Yamada M, Kumamoto K, Matsumoto S, Yasunaga T, Fukunaga Y, Miyazawa A, Fujita S, Itoh K, Fushiki S, Kojima H, Wanibuchi H, Arai Y, Nagai T, Hirotsune S

    Scientific reports   8 ( 1 )   8019   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-25979-4

    PubMed

  • Alpha-synuclein facilitates to form short unconventional microtubules that have a unique function in the axonal transport 査読

    Toba Shiori, Jin Mingyue, Yamada Masami, Kumamoto Kanako, Matsumoto Sakiko, Yasunaga Takuo, Fukunaga Yuko, Miyazawa Atsuo, Fujita Sakiko, Itoh Kyoko, Fushiki Shinji, Kojima Hiroaki, Wanibuchi Hideki, Arai Yoshiyuki, Nagai Takeharu, Hirotsune Shinji

    SCIENTIFIC REPORTS   7 ( 1 )   16386   2017年11月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-15575-3

    PubMed

  • Damage-induced neuronal endopeptidase (DINE) enhances axonal regeneration potential of retinal ganglion cells after optic nerve injury. 査読

    Kaneko A, Kiryu-Seo S, Matsumoto S, Kiyama H

    Cell death & disease   8 ( 6 )   e2847   2017年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/cddis.2017.212

    PubMed

  • Motor Nerve Arborization Requires Proteolytic Domain of Damage-Induced Neuronal Endopeptidase (DINE) during Development. 査読

    Matsumoto S, Kiryu-Seo S, Kiyama H

    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   36 ( 17 )   4744 - 57   2016年04月( ISSN:0270-6474

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.3811-15.2016

    PubMed

  • N-terminal Cleaved Pancreatitis-associated Protein-III (PAP-III) Serves as a Scaffold for Neurites and Promotes Neurite Outgrowth 査読

    Konishi Hiroyuki, Matsumoto Sakiko, Namikawa Kazuhiko, Kiyama Hiroshi

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   288 ( 15 )   10205 - 10213   2013年04月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M112.395301

    PubMed

  • Expression analysis of the regenerating gene (Reg) family members Reg-III beta and Reg-III gamma in the mouse during development 査読

    Matsumoto Sakiko, Konishi Hiroyuki, Maeda Rie, Kiryu-Seo Sumiko, Kiyama Hiroshi

    JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY   520 ( 3 )   479 - 494   2012年02月( ISSN:0021-9967

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cne.22705

    PubMed

  • Continuous stress-induced dopamine dysregulation augments PAP-I and PAP-II expression in melanotrophs of the pituitary gland 査読

    Konishi Hiroyuki, Ogawa Tokiko, Kawahara Shinichi, Matsumoto Sakiko, Kiyama Hiroshi

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   407 ( 1 )   7 - 12   2011年04月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2011.02.064

    PubMed

  • The pancreatitis-associated protein-III (PAP-III) is polymerized into a fibrillar structure by the cleavage of its N-terminus 査読

    Konishi Hiroyuki, Kawahara Shinichi, Matsumoto Sakiko, Maeda Rie, Kiyama Hiroshi

    NEUROSCIENCE RESEARCH   68   E252 - E252   2010年( ISSN:0168-0102

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neures.2010.07.1119

▼全件表示

MISC(その他記事)

講演・口頭発表等

▼全件表示

科研費

  • 新しく同定したα-シヌクレイン翻訳後修飾によるパーキンソン病発症メカニズムの解明

    基盤研究(C)  2022年04月

  • 脱リン酸化酵素PP4c欠損による中枢神経変性のメカニズム解明

    若手研究  2019年04月

  • 微小管モータータンパク質制御因子NudCの神経系における機能解析

    若手研究(B)  2017年04月

  • 神経再生関連分子の機能解析

    特別研究員奨励費  2012年04月

その他補助金等

  • αシヌクレインのドーパ化修飾によるパーキンソン病中脳黒質選択的な神経 変性メカニズムの解明

    大阪公立大学  2022年度戦略的研究事業若手研究  2022月

担当教育概要

  • 医学部生を対象とした生化学(アミノ酸、ビタミン)講義と、タンパク質の酵素反応に関する実習、および研究室配属学生に対する基礎医学実習

担当授業科目

  • 生体物質代謝・生化学コース

    2023年度     大学

  • 分子系実習 蛋白質・酵素コース

    2023年度   実習   大学

  • 医学研究推進コース3

    2023年度   実習   大学

  • 分子系実習 蛋白質・酵素コース

    2022年度   実習   大学

  • 修業実習

    2022年度   実習   大学

  • 生体物質代謝・生化学コース

    2022年度     大学

  • 修業実習

    2021年度   実習   大学

  • 分子系実習 蛋白質・酵素コース

    2021年度   実習   大学

  • 生体物質代謝・生化学コース

    2021年度     大学

  • 生体物質代謝・生化学コース

    2020年度     大学

  • 分子系実習 蛋白質・酵素コース

    2020年度     大学

  • 修業実習

    2020年度     大学

  • 生体物質代謝・生化学コース

    2019年度     大学

  • 修業実習

    2019年度     大学

  • 分子系実習 蛋白質・酵素コース

    2019年度     大学

  • 分子系実習 蛋白質・酵素コース

    2018年度     大学

  • 修業実習

    2018年度     大学

  • 生体物質代謝・生化学コース

    2018年度     大学

  • 生体物質代謝・生化学コース

    2017年度     大学

  • 修業実習

    2017年度     大学

  • 分子系実習 蛋白質・酵素コース

    2017年度     大学

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 分子系実習 蛋白質・酵素コース

    機関名:大阪市立大学

  • 修業実習

    機関名:大阪市立大学

  • 生体物質代謝・生化学コース

    機関名:大阪市立大学

  • 解剖学

    機関名:大手前看護専門学校, 日本聴能言語福祉学院

FD活動

  • 第10回FD-WS  2023年度

外国人受入実績

  • 2018年度

    留学生受入数 :1名

  • 2017年度

    留学生受入数 :2名

  • 2016年度

    留学生受入数 :1名