2023/03/31 更新

写真a

テライ アキラ
寺井 章
TERAI Akira
担当
大学院工学研究科 電子物理系専攻 教授
工学部 電子物理工学科
職名
教授
所属
工学研究院

担当・職階

  • 大学院工学研究科 電子物理系専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 工学部 電子物理工学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 理学博士 ( 東京大学 )

研究分野

  • 自然科学一般 / 数理物理、物性基礎  / 物性理論

研究歴

  • 導電性高分子の非線形励起に関する研究

    非線形励起、導電性高分子  国内共同研究

    1900年04月 

  • 低次元量子多体系の数値的研究

    低次元系、量子系、計算物理  国内共同研究

    1900年04月 

所属学協会

  • 日本物理学会

      国内

委員歴(学外)

  • 委員   日本物理学会 JABB委員会  

    2010年04月 - 2016年03月 

職務経歴(学外)

  • 北里大学理学部物理学科   講師、助教授

    1995年 - 1997年

  • 東京大学理学部物理学科   助手

    1988年 - 1995年

学歴

  • 東京大学   理学系研究科   物理学   博士課程  

    - 1988年

  • 東京大学   理学部   物理    

    - 1983年

論文

  • Dynamics of Quasiparticles Generation, Transport and Relaxation in Armchair-edge Graphene Nanoribbons 査読

    Yushi Sakai, Akira Terai

    Journal of Physical Society of Japan   88 ( 5 )   054718-1 - 054718-10   2019年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Dynamics of charge carriers on hexagonal nanoribbons with vacancy defects 査読 国際共著

    Wiliam Ferreira da Cunha, Pedro Henrique de Oliveira Neto, Akira Terai and Geraldo Magela e Silva

    Physical Review B   94 ( 1 )   014301(10 pages)   2016年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Fractionally Charged Solitons in "1100" Charge Order Backgrounds 査読

    Kenichi Hirokawa, Akira Terai, Yoshiyuki Ono

    J. Phys. Soc. Jpn.   85 ( 3 )   034707 (7 pages)   2015年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Domain Wall in Multimode Peierls State 査読

    Yuki Matsumoto, Akira Terai

    J. Phys. Soc. Jpn.   83 ( 11 )   114705 (9 pages)   2014年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Dynamics of Fractionally Charged Phase Soliton in One-Dimensional Quarter-Filled Electron-Lattice System 査読

    K. Hirokawa, A. Terai and Y. Ono

    J. Phys. Soc. Jpn.   82 ( 10 )   104708 (7 pages)   2013年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Monte Carlo Study of Spin-Peirels Transition in Quasi-One-Dimensional Heisenberg Model with Finite-Frequency Phonons 査読

    Y. Matsumoto, A. Terai

    J. Phys. Conf. Ser.   400 ( 3 )   032102 (4 pages)   2012年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Electron Correlation Effects on Multimode Peierls Distorion in the Two-Dimensional Electron-Lattice System 査読

    Y. Matsumoto, A. Terai

    Physica Status Solidi C   9 ( 5 )   1183 - 1185   2012年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Multimode Peierls distortion in triangular lattice 査読

    K. Miyoshi, A. Terai

    Physica Status Solidi B   249 ( 5 )   967 - 970   2012年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Phonon softening in triangular lattice 査読

    K. Miyoshi, A. Terai

    Physica B   405 ( 11 )   S188-S191   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Coulomb-interaction-induced quantum irregularity in two electrons with a hard-walled circular billiard 査読

    S. Sawada, A. Terai and K. Nakamura

    Chaos, Solitons and Fractals   40 ( 2 )   862 - 873   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • DMRG study of the impurity-induced transition from the spin-Peierls state to the antiferromagnetic state 査読

    T. Hara, T. Kato and A. Terai

    Syntetic Metals   154 ( 1-3 )   281 - 284   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Frustrated quantum-spin system on a triangle coupled with e(g) lattice vibrations: correspondence to Longuet-Higgins et al's Jahn-Teller model

    H. Yamasaki, Y. Natsume, A. Terai and K. Nakamura

    J. Phys. Condensed Matter   16 ( 34 )   L395-L400   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chaos-induced breaking of the Frank-Condon approximation for transition spectra in Jahn-Teller systems

    H. Yamasaki, Y. Natsume, A. Terai and K. Nakamura

    J. Phys. Sco. Jpn.   73 ( 6 )   1415 - 1418   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Impurity-induced states in spin-Peierls systems

    M. Ohira, A. Terai

    Synthetic Metals   135 ( 1-3 )   395 - 396   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chaos and its quantization in dynamical Jahn-Teller systems

    H. Yamasaki, Y. Natsume, A. Terai, K. Nakamura

    Phys. Rev. E   68 ( 4 )   046201 - 046208   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Solitons and phonons in the spin-Peierls background

    -

    Synthetic Metals   85 ( 1-3 )   1055 - 1058   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Dynamics of polaron pairs in BOW and SDW backgrounds

    A. Terai, Y. Ono

    Synthetic Metals   69 ( 1-3 )   681 - 682   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Attractive interactions of spin polarons in the quasi-one-dimensional spin-density-wave background

    A. Terai, Y. Ono

    Mol. Cryst. Liq. Crys.   ( 256 )   897 - 902   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Solitons and their dynamics in one-dimensional SDW systems

    A. Terai, Y. Ono

    Prog. Theor. Phys. Supplement   ( 113 )   177 - 190   1993年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Metal-insulator transition in doped conducting polymers : Disappearance of electronic gap with persisting bond alternation

    K. Harigaya, A. Terai

    Solid State Commun.   78 ( 5 )   335 - 338   1991年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Electronic states in doped conducting polymers: Numerical simulation of disordered systems

    K. Harigaya, A. Terai, Y. Wada and K. Fesser

    Phys. Rev. B   43 ( 5 )   4141 - 4151   1991年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Motion of Charged Soliton in Polyacetylene due to Electric Field

    Y. Ono, A. Terai

    J. Phys. Soc. Jpn.   59 ( 8 )   2893 - 2904   1990年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Theory of Raman Scattering with Nonlinear Excitations in a Continuum Model of trans-Polyacetylene

    A. Terai, Y. Ono, Y. Wada

    Journal of the Physical Society of Japan   58 ( 10 )   3798   1989年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Brownian Motion of a Soliton in Trans-Polyacetylene. II. Friction Mechanism

    M. Ogata, T. Terai, Y. Wada

    Journal of the Physical Society of Japan   56 ( 9 )   3220   1987年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Phonons around a soliton and a polaron in Su-Schrieffer-Heeger"s Model of trans-(CH)X

    A. Terai, Y. Ono

    J. Phys. Soc. Jpn.   55 ( 1 )   213 - 221   1986年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Infrared Activity of Phonons around a Soliton in trans-(CH)X and (CD)X-The Origin of the New IR Active Modes-

    A. Terai, Y. Ono, Y. Wada

    Journal of the Physical Society of Japan   55 ( 8 )   2889   1986年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Linear Mode Analysis around a Soliton in Trans-Polyacetylene (CH)X

    H. Ito, A. Terai, Y. Ono, Y. Wada

    J. Phys. Soc. Jpn.   53 ( 10 )   3520 - 3531   1984年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 一次元1/2充填系における電場を用いた荷電ソリトンの生成 国内会議

    堀田優樹、清水敦士、寺井章

    日本物理学会2023年春季大会  2023年03月  日本物理学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  • 1/4充填電子格子系の光励起過渡応答 国内会議

    中原夕輝、寺井章

    日本物理学会2023年春季大会  2023年03月  日本物理学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  • 2次元ディラック系における電子の早送り 国内会議

    池守恒裕、寺井章

    日本物理学会2021年秋季大会  2021年03月  日本物理学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  • 1/4充填近傍の一次元系の基底状態 国内会議

    杉田太樹、寺井章

    日本物理学会2021年秋季大会  2021年03月  日本物理学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  • 一次元1/4充填有機導体におけるビーム状電場パルスを用いたソリトン対の生成 国内会議

    杉田太樹、寺井章

    日本物理学会第76回年次大会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 一次元整合電荷密度波系における電場パルスビームを用いたソリトン対の生成 国内会議

    杉田太樹、寺井章

    日本物理学会2020年秋季大会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 一次元ディラック系における電子の早送り 国内会議

    池守恒裕, 大石光男, 久川大樹, 寺井章

    日本物理学会2020年秋季大会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 外場を用いた1次元音響ポーラロンの早送り 国内会議

    久川大樹, 寺井 章

    日本物理学会2019年秋季大会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 1次元ハーフフィリング系におけるソリトンとポーラロンの運動の早送り 国内会議

    大石光男, 寺井 章

    日本物理学会2019年秋季大会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 一次元1/4充填電子格子系での空間依存電場パルスによる位相ソリトン対と振幅ソリトン対の生成 国内会議

    山下 明, 寺井 章

    日本物理学会2019年秋季大会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • パイエルス絶縁体の局所的光励起によるソリトン対生成 国内会議

    山下明, 廣川健一, 寺井章

    日本物理学会第74回年次大会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • SSH型ハミルトニアンにおいてDC外場がパイエルス秩序に与える効果 国内会議

    山下明, 廣川健一, 寺井章

    日本物理学会2018年秋季大会  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 1/4充填一次元電子系の電荷秩序相の相境界近傍における電場応答 国内会議

    菅原樹, 寺井章

    日本物理学会2018年秋季大会  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • グラフェンナノリボンにおけるホール注入および光励起による構造変化 国内会議

    酒井勇志, 寺井章

    日本物理学会2018年秋季大会  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 体心格子SSHモデルにおけるパイエルス転移 -異方性の効果- 国内会議

    北澤雄士, 寺井章

    日本物理学会2018年秋季大会  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 一次元 1/4 充填系におけるスピンソリトンのメモリー効果 国内会議

    山下明, 廣川健一, 寺井章

    日本物理学会第73回年次大会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 不整合SDWの電場応答と不純物効果 国内会議

    菅原樹, 寺井章

    日本物理学会第73回年次大会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 体心立方格子SSHモデルにおけるフォノンモードの同時ソフト化 国内会議

    北澤雄士, 寺井章

    日本物理学会第73回年次大会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アームチェアエッジグラフェンナノリボンにおける電荷ダイナミクス 国内会議

    酒井勇志, Geraldo Magela e Silva, 寺井章

    日本物理学会第73回年次大会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • グラフェンナノリボンにおける電荷ダイナミクス 国内会議

    酒井勇志, G.M.e Silva, 寺井章

    日本物理学会2017年秋季大会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 一次元 1/4 充填系におけるスピンソリトンのダイナミクス 国内会議

    山下明, 廣川健一, 寺井章

    日本物理学会2017年秋季大会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • サイト対角型の電子•格子相互作用をもつリープ格子におけるフォノンの同時ソフト化 国内会議

    -

    日本物理学会第70回年次大会  2015年03月 

  • 整合度4の一次元電子格子系における分数電荷ソリトンの運動 国際会議

    -

    第4回電子構造と分子動力学シンポジウム  2012年09月 

  • 二次元半充填SSHモデルにおけるマルチモード・パイエルス状態の等スペクトル性 国際会議

    -

    合成金属の科学と技術に関する国際会議  2012年07月 

▼全件表示

担当教育概要

  •  原子や分子などのミクロな世界は、私達が暮らしている通常の世界とは異なる法則に支配されています。このミクロな世界の法則を量子力学と呼びます。量子力学を習得することは、エレクトロニクス産業の技術者にとって必須になっています。講義「量子力学I・II」では、量子力学について、その誕生の歴史を交えながら、詳しく解説します。  最近、計算物理学という新しい分野が登場してきました。また、プログラミング手法を習得することは、情報関連の資格を取得する際に有利となります。講義科目「計算物理学基礎」では、本学の学術情報総合センターに設置されている計算機実習室において、C言語を用いたプログラミング実習を行います。  物質の中で電子たちはお互いに力を及ぼしあっています。この力が磁性や超伝導などの起源であると考えられています。大学院科目「量子力学特論」では、電子たちの量子力学(多体系の量子力学)について解説します。

担当授業科目

  • 電子物理工学概論1

    2022年度     大学

  • 統計力学Ⅱ

    2022年度   週間授業   大学

  • 量子力学特論B

    2022年度   週間授業   大学院

  • 技術と環境/杉本[全]S

    2022年度     大学

  • 計算物理学演習

    2022年度   週間授業   大学

  • 統計力学I

    2022年度   週間授業   大学

  • 計算物理学演習

    2020年度     大学

  • 統計力学Ⅱ

    2020年度     大学

  • 量子力学特論

    2020年度     大学院

  • 統計力学I

    2020年度     大学

  • 量子力学特論

    2019年度     大学院

  • 計算物理学演習

    2019年度     大学

  • 統計力学Ⅱ

    2019年度     大学

  • 統計力学Ⅰ

    2019年度     大学

  • 計算物理学演習

    2018年度     大学

  • 統計力学Ⅰ

    2018年度     大学

  • 統計力学Ⅱ

    2018年度     大学

  • 量子力学特論

    2018年度     大学院

  • 計算物理学演習

    2017年度     大学

  • 統計力学Ⅰ

    2017年度     大学

  • 量子力学特論

    2017年度     大学院

  • 統計力学Ⅱ

    2017年度     大学

  • 統計力学Ⅰ

    2016年度     大学

  • 量子力学特論

    2016年度    

  • 技術と環境(分担)

    2016年度     大学

  • 統計力学Ⅱ

    2016年度     大学

  • 統計力学Ⅰ

    2015年度     大学

  • 量子力学特論

    2015年度    

  • 統計力学Ⅱ

    2015年度     大学

  • 統計力学Ⅰ

    2014年度     大学

  • 量子力学特論

    2014年度    

  • 統計力学Ⅱ

    2014年度     大学

  • 統計力学Ⅰ

    2013年度     大学

  • 量子力学特論

    2013年度    

  • 技術と生命(分担)

    2013年度     大学

  • 統計力学Ⅱ

    2013年度     大学

  • 統計力学Ⅰ

    2012年度     大学

  • 量子力学特論

    2012年度    

  • 量子エレクトロニクス(分担)

    2012年度     大学

  • 統計力学Ⅱ

    2012年度     大学

  • 統計力学Ⅰ

    2011年度     大学

  • 量子力学特論

    2011年度    

  • 統計力学Ⅱ

    2011年度     大学

▼全件表示

FD活動

  • FD活動への貢献  2011年度

     詳細を見る

    物理学会JABEE委員会委員として活動した

論文・研究指導集計

  • 2011年度

    卒業論文指導数:2名  卒業論文審査数:4件

    博士前期課程学生指導数:3名  博士後期課程学生指導数:2名

    修士論文審査数(主査):2件  修士論文審査数(副査):5件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

社会貢献活動

  • 出張講義(奈良県立高田高校)

    役割:講師

    2020年10月

     詳細を見る

    種別:出前授業

    高校2年生を対象にブラウン運動の話をした。

  • その他活動

    2009年04月 - 2010年03月

     詳細を見る

    JABEE 認定・審査調整委員会委員

外国人受入実績

  • 2013年度

    留学生受入数 :1名

  • 2012年度

    留学生受入数 :1名

国際交流活動

  • チュニス・エルマナール大学(チュニジア)のソニア・ハダード教授を迎え、日本物理学会大阪支部講演会 「Twistronics versus straintronics in twisted bilayers of graphene and transition metal dichalcogenides」 を実施した。

    活動区分 :社会貢献

    活動国 :チュニジア   2022年07月

その他

  • 職務経歴

    2008年04月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学 教授

  • 職務経歴

    1997年04月 - 2008年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 准教授