Updated on 2024/03/23

写真a

 
SHIRATA Yuki
 
Organization
Graduate School of Literature and Human Sciences Department of Language and Culture Professor
School of Literature and Human Sciences Department of Language and Culture
Title
Professor
Affiliation
Institute of Literature and Human Sciences
Affiliation campus
Sugimoto Campus

Position

  • Graduate School of Literature and Human Sciences Department of Language and Culture 

    Professor  2022.04 - Now

  • School of Literature and Human Sciences Department of Language and Culture 

    Professor  2022.04 - Now

Degree

  • Ph. D (Literature) ( Osaka City University )

Research Areas

  • Humanities & Social Sciences / European literature  / Francophone culture and literature

Research Interests

  • フランス語圏 19-20世紀転換期文化 女性表象 アール・ヌーヴォー 

  • Fin-de-siècle Belgium

  • Sarah Bernhardt

Research subject summary

  •  19世紀末フランスにおける芸術・文学作品、演劇、各種メディアの中で描かれた「女性」について、伝統的な男女観の変化や当時の社会状況とともに研究しています。現在までに、19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍した女優サラ・ベルナールを「新しい女性」としてとらえなおし、その自己表象のあり方を再検討する研究を行ってきました。また、ジェンダーの視点だけでなく、人種や民族問題を含めたさまざまなイメージの生成過程を、当時の文学・演劇や報道言説の中に探っています。
     最近は、19世紀末にベルギーで広まったアール・ヌーヴォーの芸術運動やその社会的背景について、自由美学などのメセナ団体を中心に研究を進めています。

Research Career

  • 世紀末転換期におけるベルギーのアール・ヌーヴォー運動

    Joint Research in Japan

    2015.04 - Now 

  • Representation of gender in Fin-de-Siècle France

    Fin-de-Siècle, France, gender  Individual

    2003.04 - Now 

Professional Memberships

  • 日本ベルギー研究会

      Domestic

  • Société franco-japonaise des études sur les femmes

      Domestic

  • Société japonaise de langue et littérature françaises

      Domestic

  • Japanise Society for Theatre Research

      Domestic

Committee Memberships (off-campus)

  • 支部実行委員会   日本フランス語フランス文学会関西支部  

    2021.06 - 2023.05 

      More details

    2022年度支部実行委員会委員長

Education

  • Osaka City University   Doctor's Course   Graduated/Completed

    - 2008

Papers

  • 世紀末ベルギーの前衛芸術と「原始性」:1897年ブリュッセル万博のコンゴ展示館から Invited Reviewed

    白田由樹

    カルチュラル・グリーン研究会『カルチュラル・グリーン』   ( 3 )   59 - 78   2022.03( ISBN:978-4-910733-05-0

     More details

    International / domestic magazine:Domestic journal  

  • The primitive ornament in Henry Van de Velde's design: Relations among thought, artistic movement, and discourses on "savege people" in fin-de-siècle Belgium Reviewed

    SHIRATA Yuki

    Studies in the humanities : Bulletin of the Graduate School of Literature and Human Sciences, Osaka City University   70   43 - 69   2019.03

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • S. Bind and Creation of french "Art Nouveau" Reviewed

    SHIRATA Yuki

    Lutèce   ( 44 )   49 - 70   2018.03

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • Sarah Bernhardt’s Patriotic Drama and Jewishness : a Study on the Two Jeanne d’Arc Reviewed

    SHIRATA Yuki

    Lutèce   ( 42 )   39 - 57   2015.12

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • 川上音二郎の「西洋」体験と正劇運動―欧米巡業から「世界的演劇を起すの必要」に至る過程を中心に Reviewed

    白田 由樹

    大阪市立大学文学研究科『人文研究』   66 ( 127 )   152   2015.03

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • Orient représenté par Sada Yakko et Otojiro Kawakami : dans les relations franco-japonaises lors de l'Exposition Universelle de Paris 1900 Reviewed

    SHIRATA Yuki

    Osaka City University Graduate School of LIterature and Human Sciences, Studies in the Humanities   64   95 - 114   2013.03

     More details

    Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Kind of work:Single Work  

  • Sarah Bernhardt and the Representation od the Orient Woman: Focusing on Victorien Sardou's Théodora Reviewed

    SHIRATA Yuki

    Japanese Society for Theatre Research   ( 55 )   21 - 42   2012.11

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • Sarah Bernhardt vue par ses contemporaines

    SHIRATA Yuki

    Société franco-japonaise des etudes sur les femmes, Espace des Femme   ( 28 )   109 - 121   2011.06

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • Sarah Bernhardt comme la Muse de la décadance: Roman à clef « Dinah Samuel » de Champseur Reviewed

    Lutèce   ( 38 )   65 - 79   2010.12

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • La Stratégie de féminité de Sarah Bernhardt : l'art théâtre comme domaine de femmes

    SHIRATA Yuki

    Société franco-japonaise des etudes sur les femmes, Espace des Femmes   ( 26 )   114 - 125   2009.09

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • サラ・ベルナールの戯曲と舞台上のマニフェスト―自作劇『アドリエンヌ・ルクヴルール』をめぐって― Reviewed

    白田 由樹

    大阪市立大学フランス文学会 『Lutèce』   ( 36 )   21 - 38   2008.12

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • サラ・ベルナール後期の男役と舞台制作―『ハムレット』を中心にして― Reviewed

    白田 由樹

    大阪市立大学フランス文学会『Lutèce』   ( 35 )   41 - 58   2007.12

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • Sarah Bernhardt et Edmond Rostand -- À propos de la création de L'Aiglon-- Reviewed

    SHIRATA Yuki

    SJLLF Kansai, Études de langue et littérature françaises du Kansai   13   47 - 58   2007.03

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • サラ・ベルナールと肖像メディアの時空―ミュシャのポスターを中心に― Reviewed

    白田 由樹

    大阪市立大学大学院文学研究科『人文研究』   58   158 - 176   2005.03

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • サラ・ベルナールの『舞台芸術』と演じられた表象 Reviewed

    白田 由樹

    大阪市立大学フランス文学会『Lutèce』   ( 33 )   53 - 71   2004.12

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

▼display all

Books and Other Publications

  • 装飾の夢と転生――世紀転換期ヨーロッパのアール・ヌーヴォー 第1巻

    白田由樹、辻昌子、杉山真魚、小田藍生、平光文乃、中島廣子( Role: Joint editor ,  序、第二章、第四章、第六章、コラム2)

    国書刊行会  2022.10  ( ISBN:978-4-336-07421-8

     More details

    Total pages:422   Responsible for pages:123   Book type:Scholarly book

  • Sarah Bernhardt : La Muse médiatique et le mythe de féminité

    SHIRATA Yuki( Role: Sole author)

    Osaka Municipal Universities Press  2009.12 

     More details

    Total pages:189   Responsible for pages:189   Book type:Scholarly book

  • マルペルチュイ:ジャン・レー/ジョン・フランダース怪奇幻想作品集

    ジャン・レー/ジョン・フランダース(著)、岩本和子、井内千沙、白田由樹、原野葉子、松原冬二( Role: Joint translator)

    国書刊行会  2021.07  ( ISBN:978-4-336-07142-2

     More details

    Total pages:527   Responsible for pages:55  

MISC

  • 世紀末ベルギーの「コンゴ・スタイル」とアール・ヌーヴォー ――脱植民地主義を汲む研究動向と2023年の展覧会 ―― International journal

    白田 由樹

    大阪公立大学フランス文学会『Lutèce』   ( 50 )   42 - 49   2023.12

     More details

    Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (bulletin of university, research institution)   International / domestic magazine:Domestic journal  

    Repository URL: https://doi.org/10.24729/0002000783

  • 世紀末ベルギーにおけるアール・ヌーヴォーの土壌――前衛芸術グループと社会主義運動の理念・活動・連帯から―― International journal

    白田 由樹

    大阪市立大学フランス文学会『Lutèce』   ( 48 )   19 - 31   2022.03( ISSN:0285-9629

     More details

    Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • サラ・ベルナール(コミック版世界の伝記) International journal

    山田一喜(漫画)、磯見仁月(原作)、柘植智彦(編集)、白田由樹(監修)

    ポプラ社   2021.10

     More details

  • 世紀末ベルギーのアール・ヌーヴォー:ヴァン・デ・ヴェルデの「新しき芸術」とコンゴ Invited Reviewed International journal

    白田由樹

    カルチュラル・グリーン研究会『カルチュラル・グリーン』   ( 2 )   43 - 48   2021.03( ISBN:978-4-910415-28-4

     More details

    Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • サラ・ベルナールの挑戦―偉大な芸術家としての女優― Invited

    白田 由樹

    大阪府立大学女性学研究センター 第22期女性学講演会「文学とジェンダー」(講演会記録)   51 - 70   2019.03

     More details

    Publishing type:Meeting report   Kind of work:Single Work  

  • サラ・ベルナールの人生と舞台(解説記事)

    白田 由樹

    パルコ『ライオンのあとで』(劇場プログラム)   22 - 25   2018.09

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Kind of work:Single Work  

  • 「美しき時代」の詩神(ミューズ)―サラ・ベルナールの舞台人生と大衆の記憶― Invited

    白田 由樹

    オクターブ『パリ世紀末 ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界(展覧会図録)』   2018.09

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Kind of work:Single Work  

  • 同じ見るなら豪華な夢を―サルドゥとサラ・ベルナールの舞台劇『ラ・トスカ』―(解説記事)

    白田 由樹

    東京二期会『Toska』(劇場プログラム)   28 - 33   2017.02

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Kind of work:Single Work  

  • Sarah Bernhardt and Mucha Invited

    SHIRATA Yuki

    KADOKAWA   22 - 27   2016.12

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Kind of work:Single Work  

▼display all

Presentations

  • アール・ヌーヴォーの変容と社会主義グループの動向をめぐる考察:1897年の万博コンゴ展示をめぐる『現代芸術』誌、『民衆』紙の記事から Domestic conference

    白田 由樹

    第96回ベルギー研究会  2023.09  ベルギー研究会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:徳島大学  

  • 日仏共同教育実習プログラムとその実践:留学 生と学びあう場の構築をめざして Domestic conference

    白田由樹、原野葉子

    関西フランス語教育研究会  2023.03  関西フランス語教育研究会

     More details

    Venue:関西大学吹田キャンパス  

  • 世紀転換期ヨーロッパの文化研究におけるベルギーの位置づけ―共著企画『装飾の夢と転生』のふり返りと今後の課題― Domestic conference

    白田由樹

    第92回ベルギー研究会  2022.09  ベルギー研究会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:南九州大学都城キャンパス  

  • 世紀末ベルギーにおけるアール・ヌーヴォーの支援者たちとコミュニティ Domestic conference

    白田由樹

    第89回ベルギー研究会  2021.09  ベルギー研究会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン開催  

  • 世紀末ベルギーの前衛芸術と《原始性》 Invited Domestic conference

    白田由樹

    第4回カルチュラル・グリーン研究会  2021.07  カルチュラル・グリーン研究会

     More details

    Venue:オンライン  

  • ベルギー世紀末のアール・ヌーヴォーと植民地コンゴ―1897年ブリュッセル万博の展示から― Invited Domestic conference

    白田由樹

    第3回カルチュラル・グリーン研究会  2020.06  カルチュラル・グリーン研究会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン  

  • 愛国のシンボルとしてのサラ・ベルナール―プロパガンダ映画『フランスの母親たち』にいたる過程からの考察 Domestic conference

    白田 由樹

    日本フランス語フランス文学会2019年度春期大会  2019.05 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • アール・ヌーヴォーの初期理念と世紀末ベルギー:ヴァン・デ・ヴェルデとその周辺 Domestic conference

    白田 由樹

    独仏語圏文化学研究会シンポジウム「世紀転換期の装飾と『近代性』をめぐる問題―ヨーロッパ文化論の視座から―」  2019.03 

     More details

    Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

  • 19世紀末のベルギーにおけるプリミティヴィズムの潮流―二十人会と『新社会』の周辺調査から Domestic conference

    白田 由樹

    第77回ベルギー研究会  2018.09 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • ヴァン・デ・ヴェルデの「新しき芸術」観とその背景―『新社会』誌、フランス画壇との関係から Domestic conference

    白田 由樹

    第74回ベルギー研究会  2018.05 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 生命力の回復と応用芸術運動――ヴァン・デ・ヴェルデの原始性志向 Domestic conference

    白田 由樹

    大阪市立大学フランス文学会研究発表会  2018.03 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • S.ビングとフランス式「アール・ヌーヴォー」の創成―美的趣味を通じた統合の構想と帰化ユダヤ人の位置― Domestic conference

    白田 由樹

    大阪市立大学フランス文学会研究発表会  2017.03 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • ヴァン・デ・ヴェルデと「アール・ヌーヴォー」の初期思想―フランスとの関係から― International conference

    白田 由樹

    日白修好150周年記念シンポジウム「⽂化・知の多層性と越境性へのまなざし」  2016.12 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • アール・ヌーヴォーの起源に関する考察―S.ビングとヴァン・デ・ヴェルデの対比から― Domestic conference

    白田 由樹

    第65回ベルギー研究会  2016.06 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 間文化性からの「アール・ヌーヴォー」試論―ビングの店とヴァン・デ・ヴェルデの思想から― Domestic conference

    白田 由樹

    大阪市立大学フランス文学会研究発表会  2015.09 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • サラ・ベルナールの愛国劇再考―ふたつの『ジャンヌ・ダルク』劇より― Domestic conference

    白田 由樹

    大阪市立大学フランス文学会研究発表会  2014.03 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • サラ・ベルナールと第一次世界大戦時の愛国的パフォーマンス Domestic conference

    白田 由樹

    、大阪市立大学フランス文学会研究発表会  2013.03 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 「東洋女性」の表象とサラ・ベルナール―1900年パリ万博における川上貞奴との比較から― Domestic conference

    白田 由樹

    大阪市立大学フランス文学会研究発表会  2012.03 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • サラ・ベルナールと同時代の女性たち Domestic conference

    -

    日仏女性研究学会 第6回会員研究発表会  2010.07 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • サラ・ベルナールと「宿命の女」伝説――シャンソールからサガンまで Domestic conference

    白田 由樹

    日本フランス語フランス文学会秋季大会  2009.11 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • サラ・ベルナールと愛国劇――ナショナリズムとエスニシティの間で Domestic conference

    白田 由樹

    日本演劇学会全国大会  2009.06 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • サラ・ベルナールとエドモン・ロスタン――L'Aiglonの制作をめぐって―― Domestic conference

    白田 由樹

    日本フランス語フランス文学会関西支部大会  2006.11 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • サラ・ベルナールと三人のハムレット― Lorenzaccio から Hamlet まで― Domestic conference

    白田 由樹

    大阪市立大学フランス文学会研究発表会  2006.09 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

▼display all

Grant-in-Aid for Scientific Research

  • 世紀転換期ヨーロッパの装飾芸術の盛衰に関する新聞・雑誌メディアからの分析研究

    Grant-in-Aid for Scientific Research(C)  2023.04

  • 世紀転換期の装飾と「近代性」をめぐる問題―独仏語圏における文化論的視座から―

    Grant-in-Aid for Scientific Research(C)  2017.04

Acceptance of Researcher

  • 2023  Number of researchers:1

  • 2022  Number of researchers:1

Outline of education staff

  • 国際基幹教育科目のフランス語のほか、文学部のフランス語講読演習、フランス語圏の文化に関する講義を担当しています。

Charge of on-campus class subject

  • フランス語圏文化論

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • フランス語圏文化学研究A

    2023   Weekly class   Graduate school

  • フランス語応用1

    2023   Weekly class   Graduate school

  • フランス語基礎1

    2023   Weekly class   Graduate school

  • フランス語圏文化学研究演習

    2023   Weekly class   Graduate school

  • フランス語圏言語文化基礎演習A

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • フランス語特修F

    2023   Weekly class   Graduate school

  • フランス語基礎2

    2023   Weekly class   Graduate school

  • フランス語圏言語文化演習Ⅲ

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • フランス語圏文化論

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • ドイツ語フランス語圏言語文化学研究指導Ⅰ

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • ドイツ語フランス語圏言語文化学論文指導

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 卒業論文演習Ⅰ

    2022   Intensive lecture   Undergraduate

  • フランス語応用1

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • フランス語基礎1

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 言語文化学研究C

    2022   Weekly class   Graduate school

  • 言語文化概論B

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • フランス語圏言語文化基礎演習1

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • フランス語圏言語文化演習3

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • ドイツ語フランス語圏言語文化学論文指導

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • フランス語基礎2/文2S

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • フランス語特修F/[杉本]全S

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • フランス語圏文化論II

    2018     Graduate school

  • フランス語圏文化学研究

    2018     Graduate school

  • フランス語圏文化学研究演習

    2018     Graduate school

  • フランス語圏言語文化基礎演習I

    2018     Undergraduate

  • フランス語圏言語文化演習III

    2018     Undergraduate

  • フランス語基礎

    2018     Undergraduate

▼display all

Number of papers published by graduate students

  • 2023

    Number of graduate students presentations:2

  • 2022

    Number of graduate students presentations:2

Number of instructed thesis, researches

  • 2023

    Number of instructed the graduation thesis:Number of graduation thesis reviews:5

    [Number of instructed the Master's Program] (previous term):

    [Number of master's thesis reviews] (chief):

  • 2022

    Number of instructed the graduation thesis:Number of graduation thesis reviews:6

    [Number of instructed the Master's Program] (previous term):

    [Number of master's thesis reviews] (chief):[Number of master's thesis reviews] (vice-chief):1

    [Number of doctoral thesis reviews] (vice-chief):2

Social Activities

  • 世紀転換期の装飾と『近代性』をめぐる問題―ヨーロッパ文化論の視座から―

    Role(s): Panelist, Host, Planner, Logistic support

    大阪市立大学フランス文学会・文学研究科都市文化研究センター  独仏語圏文化学研究会シンポジウム  大阪市立大学  2019.03

     More details

    Audience: Graduate students, Researchesrs

    Type:Seminar, workshop

    Number of participants:16(人)

  • サラ・ベルナールの挑戦―偉大な芸術家としての女優―

    Role(s): Lecturer

    大阪府立大学女性学研究センター  大阪府立大学女性学講座「文学、演劇、ジェンダー」  大阪府立大学I-siteなんば  2019.02

     More details

    Audience: Graduate students, Researchesrs, General public

    Type:Lecture

    Number of participants:70(人)

  • 聖なる怪物サラ・ベルナール:女優の歴史と大衆メディア

    Role(s): Lecturer

    サラ・ベルナールの世界展 講演会  群馬県立近代美術館、堺市立文化館アルフォンス・ミュシャ館、いわき市美術館  2018.10 - 2019.08

     More details

    Audience: General public

    Type:Lecture

  • D'une éducation plurilingue à des projets d'appropriation : vers une didactique relationnelle

    Role(s): Logistic support

    2017.09

     More details

    Audience: Graduate students, Teachers, Researchesrs

    Type:Lecture

    Number of participants:10(人)

  • 女優サラ・ベルナールの肖像―広告、芸術、ベル・エポック―

    Role(s): Lecturer

    堺市立博物館  堺市立博物館  2011.03

     More details

    Audience: General public

    Type:Lecture

  • 十九世紀フランスとパリ―花の都の起源をさぐる―

    Role(s): Lecturer

    大阪市立大学文学部  文学部を知りたい人のための市大授業  大阪市立大学杉本キャンパス  2010.11

     More details

    Audience: High school students, General public

    Type:University open house

  • 「聖なる怪物」サラ・ベルナール―十九世紀末~ベル・エポックの大女優とその舞台伝説―

    Role(s): Lecturer

    日仏文化講座CAF  日仏文化講座CAF  神戸国際会館  2010.09

     More details

    Audience: General public

    Type:Lecture

  • 女優サラ・ベルナール―アール・ヌーヴォーの詩神(ミューズ)伝説―

    Role(s): Lecturer

    広島県立美術館  オルセー美術館展パリのアール・ヌーヴォー広島展記念講演会  広島県立美術館  2010.04

     More details

    Audience: General public

    Type:Lecture

▼display all

Visiting Lectures ⇒ Link to the list of Visiting Lectures

  • 19世紀のフランス文化

    Category:Literature (literature, philosophy, history, art, human behavior, language, culture, society / gender)

     More details

    Audience:High school students, Teachers

    Keyword:フランス文化 

    エッフェル塔や凱旋門などのモニュメント、ファッションや芸術、美食の国としてのフランスやパリのイメージが作り出されていった時代の社会文化的背景について講じる。

Foreigner acceptance

  • 2023

    International Students :2

International exchange activities

  • トゥール大学との共同事業としてFLE(外国人のためのフランス語教育)実習を遠隔授業として実施

    Field category :Education

    2018.11 - Now

Job title

  • Job title within the department

    Urban-Culture Research Center

    所長  2023.04 - 2024.03

Original item / Special report (Management administration)

  • 2023

      More details

    Original item:フランス語圏言語文化学専修代表

  • 2022

      More details

    Original item:ドイツ語フランス語圏言語文化学教室代表

Other

  • Job Career

    1994.04 - 2001.03

      More details

    Osaka City University Library (Media Center) Librarian