2023/07/05 更新

写真a

ヤマサキ トモヒロ
山崎 友裕
YAMASAKI Tomohiro
担当
大学院工学研究科 機械系専攻 教授
工学部 機械工学科
職名
教授
所属
工学研究院
所属キャンパス
杉本キャンパス

担当・職階

  • 大学院工学研究科 機械系専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 工学部 機械工学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 工学博士 ( 大阪大学 )

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 材料力学、機械材料  / 機械材料・材料力学

研究キーワード

  • 非破壊材料評価

  • FRPの成形モニタリング

  • 探傷用電磁超音波センサの開発

研究概要

  • 電磁超音波センサによる非破壊材料評価
    FRP成形の超音波モニタリング

研究歴

  • RTM法によるFRP成形における樹脂流動および硬化の超音波モニタリング

    繊維強化プラスチック、RTM成形、超音波  個人研究

    1900年04月 

  • 導波管用電磁超音波センサの開発

    超音波、センサ、導波管  国内共同研究

    1900年04月 

  • 超音波による複合材料の非破壊評価

    超音波、非破壊評価、複合材料  機関内共同研究

    1900年04月 

  • 磁歪特性を利用した非破壊応力測定

    応力測定、磁歪、磁気弾性結合  国内共同研究

    1900年04月 

所属学協会

  • 日本機械学会

      国内

  • 日本複合材料学会

      国内

  • 日本材料学会

      国内

  • 日本非破壊検査協会

      国内

委員歴(学外)

  • 関西支部 商議員   日本機械学会  

    2022年04月 - 2024年03月 

  • 関西支部 代表会員   日本機械学会  

    2018年04月 - 2020年03月 

  • 関西支部 商議員   日本機械学会  

    2018年04月 - 2020年03月 

  • 関西支部 商議員   日本機械学会  

    2014年04月 - 2016年03月 

  • 関西支部 MECHAVOCAION編集委員会委員   日本機械学会  

    2013年04月 - 継続中 

  • 関西支部 商議員   日本非破壊検査協会  

    2010年04月 - 2012年03月 

  • 評議員   日本非破壊検査協会  

    2008年04月 - 2012年03月 

▼全件表示

受賞歴

  • 令和2年度 日本材料学会 複合材料部門委員会 論文賞

    2021年07月  

  • 日本機械学会賞 研究奨励賞

    1996  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

職務経歴(学外)

  • 大阪大学基礎工学部   -

    1990年 - 1999年

学歴

  • 大阪大学   基礎工学研究科   物理系専攻機械工学分野   博士課程  

    - 1990年

  • 大阪大学   基礎工学部   機械工学科    

    - 1984年

論文

  • 電磁超音波センサによるアルミニウム‐GFRP積層板の界面はく離の検出 査読

    藪内 祐樹,山崎 友裕,中谷 隼人,和田 明浩

    日本機械学会論文集   89 ( 919 )   2023年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: https://doi.org/10.1299/transjsme.22-00252

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/0002000175

  • 片面温水劣化したGFRP積層板の超音波検査 査読

    和田 明浩, 山崎 友裕, 早稲田 一嘉

    公益社団法人 日本材料学会 材料   68 ( 5 )   436 - 442   2019年( ISSN:0514-5163

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    <p>Ultrasonic wave is applied to damage evaluation of GFRP laminate degraded by hot water from one surface. GFRP vessels have been used for storage of both acid solution and alkaline solution because of their excellent corrosion resistance. In these days, integrity evaluation of GFRP vessels has attracted much attention as the number of aged vessels increases. Although degradation proceeds gradually from the inner surface of vessels, sensors can only be attached on the outer surface. Then the through-thickness method for damage evaluation is required. In this research, GFRP plates are degraded by hot water from one surface, and through-thickness ultrasonic inspection is conducted to reveal the dependence of ultrasonic characteristics on damage state of the plates. Beside wave attenuation and velocity, characteristics of reflected waveforms from the degraded surface are analyzed. It is found that the envelope of echo from the degraded surface reflects damage propagation in the thickness direction, and it can be used as damage index of GFRP vessels.</p>

    DOI: 10.2472/jsms.68.436

    CiNii Article

  • 超音波によるGFRP板の硬化不良検出に関する基礎的検討 査読

    和田 明浩,山崎 友裕,北川 英二,伊藤 博

    日本複合材料学会誌   43 ( 3 )   112 - 119   2017年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 超音波を用いた下水管更生用GFRP 成形板の硬化不良検出 査読

    和田 明浩, 山崎 友裕, 北川 英二, 伊藤 博

    日本複合材料学会誌   41 ( 4 )   128 - 137   2015年( ISSN:0385-2563

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    A new technique using Lamb wave is proposed to detect uncured region in GFRP laminates nondestructively. Polymer based composites play an increasingly important role in the field of civil engineering in recent years. For example, laminated sheets consisting of thermoplastic layer, organic fabric sheets and SMC (sheet molding compound) are used to rehabilitate aged sewerage pipes. The cylindrical laminate is inserted in the pipe, and is inflated and cured by steam blowing to create close-fit pipe. This CIPP (cured in place pipe) is one of several trenchless rehabilitation methods to repair aged pipes. In this study, ultrasonic Lamb wave is applied to the detection of uncured region in a laminated composite plate. Oblique incidence method in which ultrasonic waves are launched by the transducer inclined at a selected angle is applied to excite specific mode of Lamb waves in the laminate. Wheel type probes are used to improve inspection efficiency. Beside wave attenuation, AU parameters which are derived from power spectrum of a broadband signal are introduced. It is found that application of AU parameters leads to the improvement of the detectability of uncured region.

    DOI: 10.6089/jscm.41.128

    CiNii Article

  • 非線形電気弾性理論に基づいた圧電体の特性に及ぼす初期応力の影響の解析

    高井直樹,元木信弥,山崎友裕

    日本機械学会論文集(A編)   79 ( 807 )   1632 - 1647   2013年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ラム波スペクトラム解析によるFRP積層板の衝撃損傷検出

    和田 明浩,元木 信弥,山崎 友裕

    日本機械学会論文集(A 編)   78 ( 790 )   879 - 889   2012年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Resin Cure Monitoring in RTM Process by Electromagnetic Acoustic Transducer

    -

    Proceedings of the 4th Japan-US Symposium on Emerging NDE Capabilities for a Safer World   186 - 192   2010年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • RTM法によるFRP成形における電磁超音波センサを用いた樹脂硬化モニタリング 査読

    山崎 友裕, 西野 博満, 片山 大希

    一般社団法人 日本機械学会 日本機械学会論文集 A編   76 ( 762 )   145 - 150   2010年( ISSN:0387-5008

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Electromagnetic acoustic transducer (EMAT) is applied to resin cure monitoring in manufacturing process of fiber reinforced plastic (FRP) by resin transfer molding (RTM) method. The RTM is suitable for fabrication of FRP products of three-dimensional complex shape. In order to reduce the cost by minimizing the cycle time, cure monitoring is required. Authors have already ensured that the EMAT can detect the resin flow front in RTM process by monitoring the change in reflection coefficient at mold surface due to resin impregnation. The reflection factor is also affected by the resin viscosity. In this study, during the curing process, we measure the attenuation coefficient of standing wave introduced in the mold. Results are compared with impedance of dielectric sensor located inside the mold, showing that the degree of cure can be evaluated by EMAT at outer surface of the mold.

    DOI: 10.1299/kikaia.76.145

    CiNii Article

  • RTM法によるFRP成形における電磁超音波センサを用いた樹脂硬化モニタリング

    山崎友裕,西野博満,片山大希

    日本機械学会論文集(A編)   76 ( 762 )   145 - 150   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 磁壁移動および回転磁化を考慮した磁気弾性結合のシミュレーション 査読

    山崎 友裕, 白山 泰久

    一般社団法人 日本機械学会 日本機械学会論文集 A編   75 ( 752 )   431 - 438   2009年( ISSN:0387-5008

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Numerical model for simulation of magnetoelastic interactions in polycrystalline ferromagnets is proposed. In ferromagnetic materials, individual grain is divided into many magnetic domains. In the demagnetized state, domains magnetized parallel to one of the easy axes are randomly distributed. When magnetic field or stress is applied, domain walls move and rotation magnetization starts to occur. In this study, change in the total volume of domains of each direction is calculated for every grain. Volume exchange between domains is assumed to be proportional to the difference of internal energy. The constant of proportionality is decided from the magnetization curve. Rotation magnetization is also introduced to the simulation. Magnetization direction of the most preferable domains is rotated so as to minimize the sum of internal energy. Results are compared with the experimental results, showing that stress dependence of magnetic properties can be predicted and that the effect of heat treatment can be explained by only two parameters.

    DOI: 10.1299/kikaia.75.431

    CiNii Article

  • 磁壁移動および回転磁化を考慮した磁気弾性結合のシミュレーション

    山崎友裕,白山泰久

    日本機械学会論文集(A編)   75 ( 752 )   431 - 438   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • RTM成形における樹脂流動先端位置の電磁超音波センサによる検出 査読

    山崎 友裕, 西野 博満

    一般社団法人日本機械学会 日本機械学会論文集. A編 = Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. A   74 ( 738 )   275 - 280   2008年02月( ISSN:03875008

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Electromagnetic acoustic transducers (EMATs) are applied to detection of resin flow front in manufacturing process of fiber reinforced plastics by resin transfer molding (RTM) method. In order to improve the quality of RTM products, real-time monitoring of resin flow is required. Dielectric sensors have been used for such purposes, although they should be embedded in the products. In this study, we propose to detect the resin flow front by measuring the amplitude of multiple echoes in the mold. Reflection coefficient of ultrasonic wave depends on the boundary condition. During the passage of flow front across the measuring area, echo amplitude decreases. Multi-point EMAT, which dispenses with the sensor scan, is also developed. It was ensured that the resin flow front passage can be detected as stepdown of echo amplitude using the EMAT set on the outer surface of the mold.

    DOI: 10.1299/kikaia.74.275

    CiNii Article

  • RTM成形における樹脂流動先端位置の電磁超音波センサによる検出

    山崎友裕,西野博満

    日本機械学会論文集(A編)   74 ( 738 )   275 - 280   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 負荷応力下でのニッケルの磁歪特性 査読

    山崎 友裕, 白山 泰久, 平尾 雅彦

    一般社団法人日本機械学会 日本機械学会論文集. A編 = Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. A   73 ( 727 )   434 - 439   2007年03月( ISSN:03875008

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Magnetostriction curves of nickel are measured under various levels of applied stress. Several techniques using magnetic properties have been developed for the nondestructive stress measurement in ferromagnetic materials. We have already revealed that the maximum value and the knee point value of the magnetostriction curves can be used for the nondestructive stress evaluation in steel and Invar alloy, respectively. The minimum value of the magnetostriction normal to the magnetization direction was also proved to be useful. Accurate measurement of magnetic field was not required in measuring such characteristic values. In this study, in order to examine the possibility of stress measurement using magnetostriction, we measure the stress dependence of the magnetostriction of nickel in both directions parallel and normal to the magnetic field. The results can be explained considering the domain realignment by the stress. It is found that the saturation values in these magnetostriction curves can be applied to the nondestructive stress evaluation.

    DOI: 10.1299/kikaia.73.434

    CiNii Article

  • High-Order Lamb Waves for Flaw Detection in Steel Plates by Electromagnetic Acoustic Transducers 査読

    YAMASAKI Tomohiro, UNO Yasuhiro

    一般社団法人 日本機械学会 Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering   1 ( 3 )   355 - 363   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    High-order Lamb waves of symmetric mode are applied to flaw detection in steel plates. In inspection of thin plates, Lamb wave of the lowest symmetric mode is preferable, because effect of the velocity dispersion, which distorts the waveform, is small in the low frequency region. However, for thick plates, the frequency should be lowered and the wavelength becomes large. Then, the flaw detectability is reduced. In this study, we suggest to make use of high-order Lamb wave at frequency of its maximum group velocity in order to avoid the interference with the other modes. Electromagnetic acoustic transducers (EMATs), each of which consists of an electromagnet and a meander line coil, are designed for three modes of Lamb wave in 6mm-thick steel plate, using theoretically obtained dispersion curves. Optimum magnetic field strength is investigated, ensuring that the wave generation and detection are based on the magnetostriction. Dispersion curves are measured by sweeping the excitation frequency, which reveals the optimum frequency. Echoes from drilled holes are detected to discuss the flaw detectability of each mode.

    DOI: 10.1299/jmmp.1.355

    CiNii Article

  • 負荷応力下でのニッケルの磁歪特性

    山崎友裕,白山泰久,平尾雅彦

    日本機械学会論文集(A編)   73 ( 727 )   434 - 439   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • High-Order Lamb Waves for Flaw Detection in Steel Plates by Electromagnetic Acoustic Transducers

    Tomohiro YAMASAKI, Yasuhiro UNO

    Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering   1 ( 3 )   355 - 363   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 高次モード板波用電磁超音波センサによる鋼板の探傷 査読

    山崎 友裕, 宇野 泰弘

    一般社団法人日本機械学会 日本機械学会論文集. A編 = Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. A   71 ( 705 )   789 - 795   2005年05月( ISSN:03875008

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    High-order Lamb waves of symmetric mode are applied to flaw detection in steel plates. In inspection of the plates, the lowest symmetric mode Lamb wave is preferable, because effect of the velocity dispersion, which distorts the waveform, is small in the low frequency region. However, for thick plates, the frequency should be lowered, and the wavelength becomes large, consequently. In this study, we suggest to make use of high-order Lamb wave at frequency of its maximum group velocity, in order to avoid the interference with the other modes. Electromagnetic acoustic transducers (EMATs), each of which consists of an electromagnet and a meander line coil, are designed for three modes of Lamb wave in 6 mm-thick steel plate, using theoretically obtained dispersion curves. Optimum magnetic field strength is investigated, ensuring that the wave generation and detection are based on the magnetostriction. Dispersion curves are measured by sweeping the excitation frequency, which reveals the optimum frequency. Echoes from drilled holes are detected and the flaw detectability of each mode is discussed.

    DOI: 10.1299/kikaia.71.789

    CiNii Article

  • 高次モード板波用電磁超音波センサによる鋼板の探傷

    山崎友裕,宇野泰弘

    日本機械学会論文集(A編)   71 ( 705 )   789 - 795   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Long Range Inspection of Steel Pipes from Pipe End by Electromagnetic Acoustic Transducer

    Tomohiro Yamasaki, Shinya Motogi, Toshihiro Ohtani

    Proceedings of the 3rd US-Japan Symposium on Advancing Applications and Capabilities in NDE   426 - 432   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 電磁超音波センサによる縦波を用いた銅パイプの探傷

    山崎友裕,河部大輔,大谷俊博,平尾雅彦

    日本機械学会論文集(A編)   70 ( 690 )   238 - 245   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ねじり波用電磁超音波センサによる銅パイプの探傷

    河部大輔,大谷俊博,平尾雅彦

    非破壊検査   52 ( 2 )   89 - 94   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Electromagnetic Acoustic Transducers for Detection of Delamination in GFRP Laminates

    Tomohiro Yamasaki, Hideki Fujita, Shinya Motogi, Takehito Fukuda

    Proceedings of the International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics   OS09W0222   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 非導電性FRP用電磁超音波センサの開発

    西脇匡彦,元木信弥

    非破壊検査   51 ( 1 )   32 - 38   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Detection of Delamination in GFRP Laminates by Electromagnetic Acoustic Transducers

    Shinya Motogi, Takehito FUKUDA

    Proceedings of the 6th Far-East Conference on Nondestructive Testing   373 - 378   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 電磁超音波センサによる鋼管の探傷

    玉井進悟,河部大輔,平尾雅彦

    日本機械学会論文集(A編)   67 ( 653 )   162 - 167   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of Plastic Deformation on Stress Measurement Using Magnetostriction

    Masahiko HIRAO

    Nondestructive Characterization of Materials   10   357 - 363   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Optimum Excitation Signal for Long-Range Inspection of Steel Wires by Longitudinal Waves

    Shingo TAMAI, Masahiko HIRAO

    NDT&E International   34 ( 3 )   207 - 212   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 電磁超音波センサを用いた最適波形法による鋼管の減肉検査

    河部大輔,大谷俊博,平尾雅彦

    日本機械学会論文集(A編)   67 ( 659 )   1255 - 1260   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Electromagnetic Acoustic Transducer for Nonconductive FRP

    Masahiko NISHIWAKI, Shinya MOTOGI

    Proc. of the Second Asian-Australasian Conference on Composite Materials   811 - 816   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 負荷応力下でのインバー合金の磁歪特性

    金子浩,平尾雅彦

    日本機械学会論文集(A編)   66 ( 642 )   405 - 410   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 超音波による皮質骨の異方性弾性定数の測定

    大野達司,田中正夫,平尾雅彦

    非破壊検査   49 ( 9 )   636 - 643   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ワイヤ中の縦波に対する分散の補正

    玉井進悟,平尾雅彦

    非破壊検査   48 ( 6 )   362 - 368   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 軟鋼ワイヤの探傷における送信波形の最適化

    玉井進悟,平尾雅彦

    日本機械学会論文集(A編)   65 ( 633 )   1044 - 1050   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Optimum Excitation Signal for Long-Range Inspection of Steel Wires by Longitudinal Wave

    Shingo TAMAI, Masahiko HIRAO

    Proc. of the 5th Far-East Conference on Nondestructive Testing   129 - 136   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 電磁超音波センサによる軟鋼ワイヤのロングレンジ探傷

    玉井進悟,河部大輔,白山泰久,平尾雅彦

    日本機械学会論文集(A編)   65 ( 640 )   2456 - 2462   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 超音波の反射係数を用いた皮質骨の音響インピーダンス分布の測定

    大野達司,田中正夫,平尾雅彦

    日本機械学会論文集(A編)   65 ( 640 )   2463 - 2468   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 磁歪を用いた軟鋼の非破壊応力測定における塑性変形の影響

    九鬼洋,金子浩,平尾雅彦

    日本機械学会論文集(A編)   65 ( 639 )   2333 - 2339   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 多結晶強磁性体における磁気弾性結合のシミュレーション

    今井晋如,平尾雅彦,福岡秀和

    日本機械学会論文集(A編)   65 ( 633 )   1051 - 1058   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 軟鋼ワイヤの縦波用多段電磁超音波センサの開発

    玉井進悟,平尾雅彦

    日本機械学会論文集(A編)   65 ( 630 )   400 - 405   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ワイヤにおける縦波速度分散のシミュレーション

    玉井進悟,平尾雅彦

    日本機械学会論文集(A編)   65 ( 636 )   1728 - 1733   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 軟鋼ワイヤの縦波用電磁超音波センサの送受信特性

    玉井進悟,平尾雅彦

    日本機械学会論文集(A編)   65 ( 633 )   1038 - 1043   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 軟鋼の磁気的性質に及ぼす結晶粒径の影響

    池田正一,平尾雅彦,福岡秀和

    日本機械学会論文集(A編)   65 ( 629 )   100 - 105   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Arrayed-Coil EMAT for Longitudinal Wave in Steel Wires

    Shingo TAMAI, Masahiko HIRAO

    1998 IEEE Ultrasonics Symposium Proceedings   789 - 792   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Flaw Detection in Steel Wires by Electromagnetic Acoustic Transducers

    Shingo TAMAI, Masahiko HIRAO

    Nondestructive Characterization of Material   8   733 - 738   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nondestructive Stress Measurement in Steel Using Magnetostriction

    Masahiko HIRAO

    Nondestructive Characterization of Material   8   665 - 670   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • SUS304鋼の音弾性特性と溶接残留応力の測定

    石門環,八重川克利,平尾雅彦,福岡秀和

    非破壊検査   46 ( 9 )   674 - 680   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nondestructive Residual Stress Measurement in Butt Welded Steel Plates Using Stress Dependence of Mognetostriction

    Masahiko HIRAO

    Electromagnetic Nondestructive Evaluation, IOS Press   87 - 94   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 磁歪特性を利用した軟鋼の非破壊残留応力測定

    山本真史,平尾雅彦

    日本機械学会論文集(A編)   63 ( 611 )   1489 - 1494   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of Applied Stresses on Magnetostriction of Low Carbon Steel

    Shinji YAMAMOTO, Masahiko HIRAO

    NDT&E International   29 ( 5 )   263 - 268   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Electromagnetic Acouctic Transducers for Flaw Detection in Steel Pipes and Wires

    Shingo TAMAI, Masahiko HIRAO

    Proc. of the First US- Japan Symposium on Advances in Nondestructive Testing   117 - 122   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 軟鋼における磁歪特性の応力依存性

    山本真史,平尾雅彦,福岡秀和

    日本機械学会論文集(A編)   62 ( 594 )   408 - 413   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Stress Dependence of Longitudinal / Shear Velocity Ratio in SUS 304 Stainless Steel

    Men-Huan SHIH, Katsutoshi YAEGAWA, Masahiko HIRAO, Hidekazu FUKUOKA

    Proceedings of the Eighth Asia- Pactific Conference on Nondestructive Testing   159 - 166   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of Applied Stress on Magnetostriction of Low Carbon Steel

    Shinji YAMAMOTO, Masahiko HIRAO

    Proceeding of the Eighth Asia-Pacific Conference on Nondestructive Testing   487 - 494   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 板波用電磁超音波探触子の送受信特性

    平尾雅彦,福岡秀和

    日本機械学会論文集(A編)   61 ( 585 )   1136 - 1142   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 非履歴透磁率の応力依在性と非破壊残留応力測定への適用

    池田正一,福岡秀和

    日本機械学会論文集(A編)   60 ( 571 )   777 - 783   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nondestructive Stress Measurement Using Frequency Dependence of Magnetoacoustic interaction

    Ken"ichi EBATA, Masahiko HIRAO

    Nondestructive Characterization of Materials VI   405 - 412   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Generation and Detection of So Mode Lamb Wave Using Electromagnetic Acoustic Transducers

    Masahiko HIRAO, Hidekazu FUKUOKA

    Proceedings of 1994 Far East Conference on Nondestructive Testing   87 - 94   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 外部磁場による縦波振幅変化の周波数依存性と非破壊残留応力測定への適用

    江畑賢一,元江正史,福岡秀和

    日本機械学会論文集(A編)   60 ( 573 )   1280 - 1287   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 負荷応力下での磁気音響結合の周波数依存性

    元江正史,福岡秀和

    日本機械学会論文集(A編)   60 ( 571 )   792 - 797   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nondestructive Residual Stress Measurement in Steel Using Magnetoacoustic Interactions

    Masahiko HIRAO, Hidekazu FUKUOKA

    Electromagnetic Phenomena and Computational Techniques, Elsevier   295 - 306   1992年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dependence of Magnetoacoustic Interaction on Stress and Frequency

    Hidekazu FUKUOKA

    Proc. of Intl. Symposium on Nondestructive Testing and Stress-Strain Measurement   283 - 290   1992年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dependence of Acoustoelastic Constants on External Magnetic Fields

    Masahiko HIRAO, Hidekazu FUKUOKA

    Nondestructive Characterization of Materials V   507 - 524   1991年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 強磁性体における音弾性定数の外部磁場による変化

    平尾雅彦,福岡秀和

    日本機械学会論文集(A編)   56 ( 531 )   2262 - 2269   1990年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 磁気音響結合を用いた非破壊残留応力測定

    平尾雅彦,福岡秀和

    日本機械学会論文集(A編)   56 ( 532 )   2573 - 2580   1990年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 電磁超音波素子による薄板の応力測定

    戸田裕己,福岡秀和,竹内博之

    日本機械学会論文集(A編)   55 ( 518 )   2178 - 2183   1989年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 縦波音速測定時の超音波散乱に伴う誤差の評価

    戸田裕己,福岡秀和

    日本機械学会論文集(A編)   55 ( 512 )   888 - 895   1989年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • ガイド波用電磁超音波センサによるワイヤ,パイプ,薄板の非破壊評価

    -

    非破壊検査   54 ( 11 )   606 - 611   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 軟鋼ワイヤの縦波用電磁超音波センサ

    -

    超音波テクノ   12 ( 5 )   21 - 27   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 磁場と超音波の相互作用

    -

    非破壊検査   44 ( 7 )   492 - 497   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

講演・口頭発表等

  • 板波用電磁超音波センサを用いた照明柱の検査 国内会議

    樋口陸夫,山崎友裕

    第18回評価・診断に関するシンポジウム  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 超音波探傷用電磁超音波センサの開発

    検査対象によるが,2年程度

     詳細を見る

    交流の種別:共同研究  

    活用分野・応用方法等:電磁超音波センサは磁石とコイルの組み合わせにより 様々なモードの超音波を扱えるため,検査対象に適した センサを開発することにより,薄板,ワイヤ,パイプ などの探傷に適用できる.

    詳細説明:検査対象に合わせたモードの超音波を扱える電磁超音波 センサを製作するとともに,探傷時の送信波形の最適化, あるいは信号処理方法の改良により,欠陥検出能が高く, しかも広い範囲にわたって検査できる方法を共同開発する.

    磁石とコイルとから構成される非接触型のセンサである 電磁超音波センサを,主に軟鋼,アルミニウムを検査対 象とした超音波探傷用に開発する.

  • 磁歪を利用した強磁性体の非破壊応力測定

    2年程度

     詳細を見る

    交流の種別:共同研究  

    活用分野・応用方法等:基本的に強磁性体であれば適用可能な方法であるが, 磁歪曲線の形状を考慮すると,特に軟鋼の非破壊応力 測定に適した手法である.

    詳細説明:測定点で得られた磁歪曲線を負荷試験で求めた磁歪曲線 と比較することにより応力を非破壊的に評価する方法で あるため,負荷試験での較正曲線の測定が重要である. 負荷試験および検査対象における磁歪曲線の高精度測定 を支援する.

    強磁性体特有の磁歪が応力依存性を示すことを利用し, あらかじめ負荷試験で求めておいた較正曲線と測定点 で計測した磁歪曲線とを比較することにより応力 (残留応力を含む)を非破壊的に評価する.

科研費

  • RTM法によるFRP成形の超音波を用いたスマート化

    基盤研究(C)  2009年04月

担当授業科目

  • 機械系特別研究 (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 波動論 (杉本)

    2022年度   週間授業   大学院

  • 前期特別研究(機械物理系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 卒業研究(機械工学科)

    2022年度   集中講義   大学

  • 設計製作実習(B)

    2022年度   週間授業   大学

  • 設計製作実習(A)

    2022年度   週間授業   大学

  • 材料力学Ⅱ

    2022年度   週間授業   大学

  • 固体力学

    2022年度   週間授業   大学

  • 設計製作実習

    2021年度     大学

  • 特別演習(波動論)

    2021年度     大学院

  • 材料力学演習

    2021年度     大学

  • 波動論

    2021年度     大学院

  • 固体力学

    2021年度     大学

  • 材料力学Ⅱ

    2021年度     大学

  • 特別演習(波動論)

    2020年度     大学院

  • 材料力学演習

    2020年度     大学

  • 波動論

    2020年度     大学院

  • 固体力学

    2020年度     大学

  • 計測評価工学

    2020年度     大学

  • 材料力学Ⅱ

    2020年度     大学

  • 設計製作実習

    2020年度     大学

  • 計測評価工学

    2019年度     大学

  • 材料力学Ⅱ

    2019年度     大学

  • 固体力学

    2019年度     大学

  • 波動論

    2019年度     大学院

  • 材料力学演習

    2019年度     大学

  • 特別演習(波動論)

    2019年度     大学院

  • 設計製作実習

    2019年度     大学

  • 特別演習(波動論)

    2018年度     大学院

  • 設計製作実習

    2018年度     大学

  • 材料力学演習

    2018年度     大学

  • 波動論

    2018年度     大学院

  • 固体力学

    2018年度     大学

  • 材料力学Ⅱ

    2018年度     大学

  • 技術と環境

    2017年度     大学

  • 材料力学演習

    2017年度     大学

  • 材料力学Ⅱ

    2017年度     大学

  • 固体力学

    2017年度     大学

  • 波動論

    2017年度     大学院

  • 設計製作実習

    2017年度     大学

  • 特別演習(波動論)

    2017年度     大学院

  • 特別演習(波動論)

    2016年度    

  • 波動論

    2016年度    

  • 設計製作実習

    2016年度     大学

  • 固体力学

    2016年度     大学

  • 材料力学Ⅱ

    2016年度     大学

  • 特別演習(波動論)

    2015年度    

  • 波動論

    2015年度    

  • 設計製作実習

    2015年度     大学

  • 固体力学

    2015年度     大学

  • 材料力学演習

    2015年度     大学

  • 材料力学Ⅱ

    2015年度     大学

  • 特別演習(波動論)

    2014年度    

  • 波動論

    2014年度    

  • 設計製作実習

    2014年度     大学

  • 固体力学

    2014年度     大学

  • 材料力学演習

    2014年度     大学

  • 材料力学Ⅱ

    2014年度     大学

  • 波動論

    2013年度    

  • 設計製作実習

    2013年度     大学

  • 固体力学

    2013年度     大学

  • 材料力学演習

    2013年度     大学

  • 材料力学Ⅱ

    2013年度     大学

  • 波動論

    2012年度    

  • 設計製作実習

    2012年度     大学

  • 計測評価工学

    2012年度     大学

  • 固体力学

    2012年度     大学

  • 材料力学演習

    2012年度     大学

  • 材料力学Ⅱ

    2012年度     大学

  • 技術と環境(ガイダンス)

    2011年度     大学

  • 波動論

    2011年度    

  • 技術者倫理(ガイダンス)

    2011年度     大学

  • 設計製作実習

    2011年度     大学

  • 機械工学実験

    2011年度     大学

  • 計測評価工学

    2011年度     大学

  • 固体力学

    2011年度     大学

  • 材料力学演習

    2011年度     大学

  • 材料力学II

    2011年度     大学

▼全件表示

社会貢献活動

  • 兵庫県立川西緑台高等学校 高校内進学ガイダンス

    役割:講師

    兵庫県立川西緑台高等学校  高校内進学ガイダンス  兵庫県立川西緑台高等学校  2019年03月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    参加者数:50(人)

    兵庫県立川西緑台高校において模擬授業「炭素繊維強化プラスチック(CFRP)は何がどうすごい? ~材料の強さとは~」

その他

  • 職務経歴

    2012年04月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学 教授

  • 職務経歴

    1999年04月 - 2012年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 助教授