2024/04/03 更新

写真a

マツバラ ツトム
松原 勤
MATSUBARA Tsutomu
担当
大学院医学研究科 基礎医科学専攻 准教授
医学部 医学科
職名
准教授
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 基礎医科学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(薬学) ( 東北大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 病態医化学

  • ライフサイエンス / 解剖学

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

論文

  • New Era of Immune-Based Therapy in Intrahepatic Cholangiocarcinoma. 査読

    Kawamura E, Matsubara T, Kawada N

    Cancers   15 ( 15 )   2023年08月( ISSN:2072-6694

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/cancers15153993

    PubMed

  • Hypo-osmolarity induces apoptosis resistance via TRPV2-mediated AKT-Bcl-2 pathway. 査読

    Urushima H, Matsubara T, Miyakoshi M, Kimura S, Yuasa H, Yoshizato K, Ikeda K

    American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology   324 ( 3 )   G219 - G230   2023年03月( ISSN:0193-1857

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1152/ajpgi.00138.2022

    PubMed

  • Nitric Oxide Derived from Cytoglobin-Deficient Hepatic Stellate Cells Causes Suppression of Cytochrome c Oxidase Activity in Hepatocytes. 査読

    Okina Y, Sato-Matsubara M, Kido Y, Urushima H, Daikoku A, Kadono C, Nakagama Y, Nitahara Y, Hoang TH, Thuy LTT, Matsubara T, Ohtani N, Ikeda K, Yoshizato K, Kawada N

    Antioxidants & redox signaling   38 ( 7-9 )   463 - 479   2023年03月( ISSN:1523-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1089/ars.2021.0279

    PubMed

  • Suppression of intrahepatic cholangiocarcinoma cell growth by SKI via upregulation of the CDK inhibitor p21. 査読

    Kawamura E, Matsubara T, Daikoku A, Deguchi S, Kinoshita M, Yuasa H, Urushima H, Odagiri N, Motoyama H, Kotani K, Kozuka R, Hagihara A, Fujii H, Uchida-Kobayashi S, Tanaka S, Takemura S, Iwaisako K, Enomoto M, Taguchi YH, Tamori A, Kubo S, Ikeda K, Kawada N

    FEBS open bio   12 ( 12 )   2122 - 2135   2022年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2211-5463.13489

    PubMed

  • Cloaking the ACE2 receptor with salivary cationic proteins inhibits SARS-CoV-2 entry. 査読

    Yoshizato K, Taira T, Sato-Matsubara M, Sekiguchi S, Yabunaka Y, Kira Y, Ohashi T, Daikoku A, Ofusa K, Kadono C, Oikawa D, Matsubara T, Nakagama Y, Kido Y, Tokunaga F, Ikeda K, Kaneko A, Kawada N

    Journal of biochemistry   172 ( 4 )   205 - 216   2022年09月( ISSN:0021-924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/jb/mvac054

    PubMed

  • Cancer cells produce liver metastasis via gap formation in sinusoidal endothelial cells through proinflammatory paracrine mechanisms. 査読

    Huu Hoang T, Sato-Matsubara M, Yuasa H, Matsubara T, Thuy LTT, Ikenaga H, Phuong DM, Hanh NV, Hieu VN, Hoang DV, Hai H, Okina Y, Enomoto M, Tamori A, Daikoku A, Urushima H, Ikeda K, Dat NQ, Yasui Y, Shinkawa H, Kubo S, Yamagishi R, Ohtani N, Yoshizato K, Gracia-Sancho J, Kawada N

    Science advances   8 ( 39 )   eabo5525   2022年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/sciadv.abo5525

    PubMed

  • Glass-patternable notch-shaped microwave architecture for on-chip spin detection in biological samples. 査読

    Oshimi K, Nishimura Y, Matsubara T, Tanaka M, Shikoh E, Zhao L, Zou Y, Komatsu N, Ikado Y, Takezawa Y, Kage-Nakadai E, Izutsu Y, Yoshizato K, Morita S, Tokunaga M, Yukawa H, Baba Y, Teki Y, Fujiwara M

    Lab on a chip   22 ( 13 )   2519 - 2530   2022年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/d2lc00112h

    PubMed

  • Activation of Hepatic Stellate Cells Requires Dissociation of E-Cadherin-Containing Adherens Junctions with Hepatocytes. 査読

    Urushima H, Yuasa H, Matsubara T, Kuroda N, Hara Y, Inoue K, Wake K, Sato T, Friedman SL, Ikeda K

    The American journal of pathology   191 ( 3 )   438 - 453   2021年03月( ISSN:0002-9440

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajpath.2020.12.007

    PubMed

  • Wide-field fluorescent nanodiamond spin measurements toward real-time large-area intracellular thermometry. 査読

    Nishimura Y, Oshimi K, Umehara Y, Kumon Y, Miyaji K, Yukawa H, Shikano Y, Matsubara T, Fujiwara M, Baba Y, Teki Y

    Scientific reports   11 ( 1 )   4248   2021年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-83285-y

    PubMed

  • Stress can attenuate hepatic lipid accumulation via elevation of hepatic β-muricholic acid levels in mice with nonalcoholic steatohepatitis. 査読

    Takada S, Matsubara T, Fujii H, Sato-Matsubara M, Daikoku A, Odagiri N, Amano-Teranishi Y, Kawada N, Ikeda K

    Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology   101 ( 2 )   193 - 203   2021年02月( ISSN:0023-6837

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41374-020-00509-x

    PubMed

  • Lysosomal SLC46A3 modulates hepatic cytosolic copper homeostasis. 査読

    Kim JH, Matsubara T, Lee J, Fenollar-Ferrer C, Han K, Kim D, Jia S, Chang CJ, Yang H, Nagano T, Krausz KW, Yim SH, Gonzalez FJ

    Nature communications   12 ( 1 )   290   2021年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-020-20461-0

    PubMed

  • Anti-fibrotic treatments for chronic liver diseases: the present and the future. 査読

    Odagiri N, Matsubara T, Sato-Matsubara M, Fujii H, Enomoto M, Kawada N

    Clinical and molecular hepatology   2020年12月( ISSN:2287-2728

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3350/cmh.2020.0187

    PubMed

  • TGF-β-driven reduction of cytoglobin leads to oxidative DNA damage in stellate cells during non-alcoholic steatohepatitis. 査読

    Okina Y, Sato-Matsubara M, Matsubara T, Daikoku A, Longato L, Rombouts K, Thanh Thuy LT, Ichikawa H, Minamiyama Y, Kadota M, Fujii H, Enomoto M, Ikeda K, Yoshizato K, Pinzani M, Kawada N

    Journal of hepatology   2020年04月( ISSN:0168-8278

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jhep.2020.03.051

    PubMed

  • Adrenoceptor-related decrease in serum triglycerides is independent of PPAR alpha activation 査読

    Konstandi Maria, Kypreos Kyriakos E., Matsubara Tsutomu, Xepapadaki Eva, Shah Yatrik M., Krausz Kristopher, Andriopoulou Christina E., Kofinas Aristeidis, Gonzalez Frank J.

    FEBS JOURNAL   286 ( 21 )   4328 - 4341   2019年06月( ISSN:1742-464X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/febs.14966

    PubMed

  • Adrenoceptor-stimulated inflammatory response in stress-induced serum amyloid A synthesis. 査読

    Konstandi M, Sotiropoulos I, Matsubara T, Malliou F, Katsogridaki A, Andriopoulou CE, Gonzalez FJ

    Psychopharmacology   2019年01月( ISSN:0033-3158

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00213-018-5149-4

    PubMed

  • Involvement of ERK1/2 activation in the gene expression of senescence-associated secretory factors in human hepatic stellate cells. 査読

    Odagiri N, Matsubara T, Higuchi M, Takada S, Urushima H, Sato-Matsubara M, Teranishi Y, Yoshizato K, Kawada N, Ikeda K

    Molecular and cellular biochemistry   2018年11月( ISSN:0300-8177

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11010-018-3466-x

    PubMed

  • Promoter Activity of Human Cytoglobin Is Regulated By TGF beta 1-Smad2-SP3 Pathway in Human, but Not Mouse, Hepatic Stellate Cells 査読

    Okina Yoshinori, Matsubara Misako, Matsubara Tsutomu, Daikoku Atsuko, Fujii Hideki, Rombouts Krista, Okina Kazuo, Pinzani Massimo, Kawada Norifumi

    HEPATOLOGY   68   638A - 638A   2018年10月( ISSN:0270-9139

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fibroblast growth factor 2 (FGF2) regulates cytoglobin expression and activation of human hepatic stellate cells via JNK signaling 査読

    Sato-Matsubara Misako, Matsubara Tsutomu, Daikoku Atsuko, Okina Yoshinori, Longato Lisa, Rombouts Krista, Le Thi Thanh Thuy, Adachi Jun, Tomonaga Takeshi, Ikeda Kazuo, Yoshizato Katsutoshi, Pinzani Massimo, Kawada Norifumi

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   292 ( 46 )   18961 - 18972   2017年11月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M117.793794

    PubMed

  • Lack of epithelial PPARγ causes cystic adenomatoid malformations in mouse fetal lung. 査読

    Kim JH, Yamaori S, Tanabe T, Takagi M, Matsubara T, Okamoto M, Kimura S, Gonzalez FJ

    Biochemical and biophysical research communications   491 ( 2 )   271 - 276   2017年09月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.07.113

    PubMed

  • St. John's Wort Attenuates Colorectal Carcinogenesis in Mice through Suppression of Inflammatory Signaling. 査読

    Manna SK, Golla S, Golla JP, Tanaka N, Cai Y, Takahashi S, Krausz KW, Matsubara T, Korboukh I, Gonzalez FJ

    Cancer prevention research (Philadelphia, Pa.)   8 ( 9 )   786 - 95   2015年09月( ISSN:1940-6207

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1940-6207.CAPR-14-0113

    PubMed

  • Differential Proteome Analysis Identifies TGF-beta-Related Pro-Metastatic Proteins in a 4T1 Murine Breast Cancer Model 査読

    Sato Misako, Matsubara Tsutomu, Adachi Jun, Hashimoto Yuuki, Fukamizu Kazuna, Kishida Marina, Yang Yu-an, Wakefield Lalage M., Tomonaga Takeshi

    PLOS ONE   10 ( 5 )   e0126483   2015年05月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0126483

    PubMed

  • Involvement of hepatic stellate cell cytoglobin in acute hepatocyte damage through the regulation of CYP2E1-mediated xenobiotic metabolism 査読

    Teranishi Yuga, Matsubara Tsutomu, Krausz Kristopher W., Le Thi T. T., Gonzalez Frank J., Yoshizato Katsutoshi, Ikeda Kazuo, Kawada Norifumi

    LABORATORY INVESTIGATION   95 ( 5 )   515 - 524   2015年05月( ISSN:0023-6837

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/labinvest.2015.29

    PubMed

  • Expression of Stanniocalcin 1 in Thyroid Side Population Cells and Thyroid Cancer Cells 査読

    Hayase Suguru, Sasaki Yoshihito, Matsubara Tsutomu, Seo Daekwan, Miyakoshi Masaaki, Murata Tsubasa, Ozaki Takashi, Kakudo Kennichi, Kumamoto Kensuke, Ylaya Kris, Cheng Sheue-yann, Thorgeirsson Snorri S., Hewitt Stephen M., Ward Jerrold M., Kimura Shioko

    THYROID   25 ( 4 )   425 - 436   2015年04月( ISSN:1050-7256

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/thy.2014.0464

    PubMed

  • Adipocyte-specific disruption of fat-specific protein 27 causes hepatosteatosis and insulin resistance in high-fat diet-fed mice. 査読

    Tanaka N, Takahashi S, Matsubara T, Jiang C, Sakamoto W, Chanturiya T, Teng R, Gavrilova O, Gonzalez FJ

    The Journal of biological chemistry   290 ( 5 )   3092 - 105   2015年01月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M114.605980

    PubMed

  • Role of white adipose lipolysis in the development of NASH induced by methionine- and choline-deficient diet 査読

    Tanaka Naoki, Takahashi Shogo, Fang Zhong-Ze, Matsubara Tsutomu, Krausz Kristopher W., Qu Aijuan, Gonzalez Frank J.

    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR AND CELL BIOLOGY OF LIPIDS   1841 ( 11 )   1596 - 1607   2014年11月( ISSN:1388-1981

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbalip.2014.08.015

    PubMed

  • Biomarkers of coordinate metabolic reprogramming in colorectal tumors in mice and humans. 査読

    Manna SK, Tanaka N, Krausz KW, Haznadar M, Xue X, Matsubara T, Bowman ED, Fearon ER, Harris CC, Shah YM, Gonzalez FJ

    Gastroenterology   146 ( 5 )   1313 - 24   2014年05月( ISSN:0016-5085

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.gastro.2014.01.017

    PubMed

  • An Efficient Method for Differentiation of Human Induced Pluripotent Stem Cells into Hepatocyte-like Cells Retaining Drug Metabolizing Activity 査読

    KONDO Yuki, IWAO Takahiro, NAKAMURA Katsunori, SASAKI Takamitsu, TAKAHASHI Shogo, KAMADA Noboru, MATSUBARA Tsutomu, GONZALEZ Frank J., AKUTSU Hidenori, MIYAGAWA Yoshitaka, OKITA Hajime, KIYOKAWA Nobutaka, TOYODA Masashi, UMEZAWA Akihiro, NAGATA Kiyoshi, MATSUNAGA Tamihide, OHMORI Shigeru

    日本薬物動態学会 Drug Metabolism and Pharmacokinetics   29 ( 3 )   237 - 243   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The use of human induced pluripotent stem (iPS) cells would be of great value for a variety of applications involving drug development studies. Several reports have been published on the differentiation of human iPS cells into hepatocyte-like cells; however, the cells were insufficient for application in drug metabolism studies. In this study, we aimed to establish effective methods for differentiation of human iPS cells into hepatocytes. Two human iPS cell lines were differentiated by addition of activin A, dimethyl sulfoxide, hepatocyte growth factor, oncostatin M, and dexamethasone. The differentiated cells expressed hepatocyte markers and drug-metabolizing enzymes, revealing that the human iPS cells were differentiated into hepatocyte-like cells. Expression of CYP3A4 and UGT1A1 mRNAs increased with treatment with typical inducers of the enzymes, and the response of the cells against the inducers was similar to that of human hepatocytes. Furthermore, the drug-metabolizing activity of CYP3A4, as monitored by testosterone 6β-hydroxylase activity, was elevated by these inducers. In conclusion, we established methods for differentiation of hepatocyte-like cells expressing drug metabolizing activity from human iPS cells. The hepatocyte-like cells derived from human iPS cells will be useful for drug metabolism studies.

    DOI: 10.2133/dmpk.DMPK-13-RG-104

    CiNii Article

  • Secretoglobin Superfamily Protein SCGB3A2 Deficiency Potentiates Ovalbumin-Induced Allergic Pulmonary Inflammation 査読

    Kido Taketomo, Yoneda Mitsuhiro, Cai Yan, Matsubara Tsutomu, Ward Jerrold M., Kimura Shioko

    MEDIATORS OF INFLAMMATION   2014   216465   2014年( ISSN:0962-9351

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2014/216465

    PubMed

  • Stress influences on bile acid homeostasis in development of diet-induced steatohepatitis 査読

    Matsubara Tsutomu, Kitamura Kenji, Teranishi Yuga, Kawada Norifumi, Ikeda Kazuo

    HEPATOLOGY   58   550A - 550A   2013年10月( ISSN:0270-9139

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cholestasis induces reversible accumulation of periplakin in mouse liver 査読

    Ito Shinji, Satoh Junko, Matsubara Tsutomu, Shah Yatrik M., Ahn Sung-hoon, Anderson Cherie R., Shan Weiwei, Peters Jeffrey M., Gonzalez Frank J.

    BMC GASTROENTEROLOGY   13   116   2013年07月( ISSN:1471-230X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1471-230X-13-116

    PubMed

  • FXR signaling in the enterohepatic system. 査読

    Matsubara T, Li F, Gonzalez FJ

    Molecular and cellular endocrinology   368 ( 1-2 )   17 - 29   2013年04月( ISSN:0303-7207

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.mce.2012.05.004

    PubMed

  • Human PXR modulates hepatotoxicity associated with rifampicin and isoniazid co-therapy. 査読

    Li F, Lu J, Cheng J, Wang L, Matsubara T, Csanaky IL, Klaassen CD, Gonzalez FJ, Ma X

    Nature medicine   19 ( 4 )   418 - 20   2013年04月( ISSN:1078-8956

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nm.3104

    PubMed

  • Role of PPARα and HNF4α in stress-mediated alterations in lipid homeostasis. 査読

    Konstandi M, Shah YM, Matsubara T, Gonzalez FJ

    PloS one   8 ( 8 )   e70675   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0070675

    PubMed

  • Mechanisms of CYP3A Induction by Glucocorticoids in Human Fetal Liver Cells 査読

    Matsunaga Tamihide, Maruyama Masataka, Matsubara Tsutomu, Nagata Kiyoshi, Yamazoe Yasushi, Ohmori Shigeru

    The Japanese Society for the Study of Xenobiotics DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS   27 ( 6 )   653 - 657   2012年12月( ISSN:1347-4367

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Human fetal liver (HFL) cells express major drug metabolic enzymes CYP3A4, CYP3A5 and CYP3A7. In the fetal hepatocytes, betamethasone and dexamethasone (DEX) markedly enhanced the expression levels of CYP3A4 and CYP3A7 mRNAs and slightly increased the expression level of CYP3A5 mRNA. Interestingly, a high correlation between the CYP3A induction ability and the intensity of anti-inflammatory effect was observed. Human glucocorticoid receptor (GR)–small interfering RNA clearly attenuated the expression level of GR mRNA, and diminished the DEX-stimulated CYP3A4, CYP3A5 and CYP3A7 expression in HFL cells. These findings indicate that GR mediates the induction of CYP3A4 and CYP3A7 expression in human fetal hepatocytes as well as the CYP3A5.<br>

    DOI: 10.2133/dmpk.DMPK-12-NT-018

    CiNii Article

  • TGF-beta-SMAD3 signaling mediates hepatic bile acid and phospholipid metabolism following lithocholic acid-induced liver injury 査読

    Matsubara Tsutomu, Tanaka Naoki, Sato Misako, Kang Dong Wook, Krausz Kristopher W., Flanders Kathleen C., Ikeda Kazuo, Luecke Hans, Wakefield Lalage M., Gonzalez Frank J.

    JOURNAL OF LIPID RESEARCH   53 ( 12 )   2698 - 2707   2012年12月( ISSN:0022-2275

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1194/jlr.M031773

    PubMed

  • Metabolomics identifies an inflammatory cascade involved in dioxin- and diet-induced steatohepatitis.

    -

    Cell Metabolism   16 ( 5 )   634 - 644   2012年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Disruption of phospholipid and bile acid homeostasis in mice with nonalcoholic steatohepatitis. 査読

    Tanaka N, Matsubara T, Krausz KW, Patterson AD, Gonzalez FJ

    Hepatology (Baltimore, Md.)   56 ( 1 )   118 - 29   2012年07月( ISSN:0270-9139

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hep.25630

    PubMed

  • Peroxisome proliferator-activated receptor alpha induction of uncoupling protein 2 protects against acetaminophen-induced liver toxicity. 査読

    Patterson AD, Shah YM, Matsubara T, Krausz KW, Gonzalez FJ

    Hepatology (Baltimore, Md.)   56 ( 1 )   281 - 90   2012年07月( ISSN:0270-9139

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hep.25645

    PubMed

  • Thyroid regeneration: characterization of clear cells after partial thyroidectomy. 査読

    Ozaki T, Matsubara T, Seo D, Okamoto M, Nagashima K, Sasaki Y, Hayase S, Murata T, Liao XH, Hanson J, Rodriguez-Canales J, Thorgeirsson SS, Kakudo K, Refetoff S, Kimura S

    Endocrinology   153 ( 5 )   2514 - 25   2012年05月( ISSN:0013-7227

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/en.2011-1365

    PubMed

  • Suppression of hepatocyte proliferation by hepatocyte nuclear factor 4α in adult mice. 査読

    Bonzo JA, Ferry CH, Matsubara T, Kim JH, Gonzalez FJ

    The Journal of biological chemistry   287 ( 10 )   7345 - 56   2012年03月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M111.334599

    PubMed

  • Expression and regulation of human fetal-specific CYP3A7 in mice. 査読

    Pang XY, Cheng J, Kim JH, Matsubara T, Krausz KW, Gonzalez FJ

    Endocrinology   153 ( 3 )   1453 - 63   2012年03月( ISSN:0013-7227

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/en.2011-1020

    PubMed

  • Mechanisms of CYP3A induction by glucocorticoids in human fetal liver cells. 査読

    Matsunaga T, Maruyama M, Matsubara T, Nagata K, Yamazoe Y, Ohmori S

    Drug metabolism and pharmacokinetics   27 ( 6 )   653 - 7   2012年( ISSN:1347-4367

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Disruption of hypoxia-inducible factor 1 in adipocytes improves insulin sensitivity and decreases adiposity in high-fat diet-fed mice. 査読

    Jiang C, Qu A, Matsubara T, Chanturiya T, Jou W, Gavrilova O, Shah YM, Gonzalez FJ

    Diabetes   60 ( 10 )   2484 - 95   2011年10月( ISSN:0012-1797

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2337/db11-0174

    PubMed

  • Hypoxia-inducible transcription factor 2α promotes steatohepatitis through augmenting lipid accumulation, inflammation, and fibrosis. 査読

    Qu A, Taylor M, Xue X, Matsubara T, Metzger D, Chambon P, Gonzalez FJ, Shah YM

    Hepatology (Baltimore, Md.)   54 ( 2 )   472 - 83   2011年08月( ISSN:0270-9139

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hep.24400

    PubMed

  • Secretoglobin 3A2 suppresses bleomycin-induced pulmonary fibrosis by transforming growth factor beta signaling down-regulation. 査読

    Kurotani R, Okumura S, Matsubara T, Yokoyama U, Buckley JR, Tomita T, Kezuka K, Nagano T, Esposito D, Taylor TE, Gillette WK, Ishikawa Y, Abe H, Ward JM, Kimura S

    The Journal of biological chemistry   286 ( 22 )   19682 - 92   2011年06月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M111.239046

    PubMed

  • Hypoxia-inducible factor-2α mediates the adaptive increase of intestinal ferroportin during iron deficiency in mice. 査読

    Taylor M, Qu A, Anderson ER, Matsubara T, Martin A, Gonzalez FJ, Shah YM

    Gastroenterology   140 ( 7 )   2044 - 55   2011年06月( ISSN:0016-5085

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.gastro.2011.03.007

    PubMed

  • Lithocholic acid disrupts phospholipid and sphingolipid homeostasis leading to cholestasis in mice. 査読

    Matsubara T, Tanaka N, Patterson AD, Cho JY, Krausz KW, Gonzalez FJ

    Hepatology (Baltimore, Md.)   53 ( 4 )   1282 - 93   2011年04月( ISSN:0270-9139

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hep.24193

    PubMed

  • PPARalpha-dependent activation of cell cycle control and DNA repair genes in hepatic nonparenchymal cells. 査読

    Qu A, Shah YM, Matsubara T, Yang Q, Gonzalez FJ

    Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology   118 ( 2 )   404 - 10   2010年12月( ISSN:1096-6080

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/toxsci/kfq259

    PubMed

  • A novel role for the dioxin receptor in fatty acid metabolism and hepatic steatosis. 査読

    Lee JH, Wada T, Febbraio M, He J, Matsubara T, Lee MJ, Gonzalez FJ, Xie W

    Gastroenterology   139 ( 2 )   653 - 63   2010年08月( ISSN:0016-5085

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.gastro.2010.03.033

    PubMed

  • Urinary metabolomics in Fxr-null mice reveals activated adaptive metabolic pathways upon bile acid challenge. 査読

    Cho JY, Matsubara T, Kang DW, Ahn SH, Krausz KW, Idle JR, Luecke H, Gonzalez FJ

    Journal of lipid research   51 ( 5 )   1063 - 74   2010年05月( ISSN:0022-2275

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1194/jlr.M002923

    PubMed

  • Control of steroid 21-oic acid synthesis by peroxisome proliferator-activated receptor alpha and role of the hypothalamic-pituitary-adrenal axis. 査読

    Wang T, Shah YM, Matsubara T, Zhen Y, Tanabe T, Nagano T, Fotso S, Krausz KW, Zabriskie TM, Idle JR, Gonzalez FJ

    The Journal of biological chemistry   285 ( 10 )   7670 - 85   2010年03月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M109.090175

    PubMed

  • Unveiling a new essential cis element for the transactivation of the CYP3A4 gene by xenobiotics. 査読

    Toriyabe T, Nagata K, Takada T, Aratsu Y, Matsubara T, Yoshinari K, Yamazoe Y

    Molecular pharmacology   75 ( 3 )   677 - 84   2009年03月( ISSN:0026-895X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1124/mol.108.050575

    PubMed

  • Intestinal hypoxia-inducible transcription factors are essential for iron absorption following iron deficiency. 査読

    Shah YM, Matsubara T, Ito S, Yim SH, Gonzalez FJ

    Cell metabolism   9 ( 2 )   152 - 64   2009年02月( ISSN:1550-4131

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cmet.2008.12.012

    PubMed

  • Expression of a skin cholesterol sulfotransferase, St2b2, is a trigger of epidermal cell differentiation. 査読

    M Shimada, T Matsuda, A Sato, T Akase, T Matsubara, K Nagata, Y Yamazoe

    Xenobiotica; the fate of foreign compounds in biological systems   38 ( 12 )   1487 - 99   2008年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    1. St2b2, a mouse cytosolic sulfotransferase, predominantly catalyses epidermal cholesterol sulfation. St2b2 was found in the basement layer by immunohistochemical analysis of normal mouse skin. The highest expression level was detected in epidermis from 3-day-old mice and then decreased before maturation. There was a good correlation between expression levels of skin St2b2 and a differentiation marker, involucrin. 2. To understand the role of St2b2 in epidermal cell differentiation, recombinant St2b2 was expressed in primary epidermal cells. The expression of St2b2 enhanced the involucrin expression with an increase of cholesterol sulfate. Furthermore, by down-regulation of the St2b2 gene expression, involucrin was decreased in dorsal skin of 1-3-day-old mice by 67% of the control. 3. These results strongly suggest a possibility that St2b2 expression plays a trigger of epidermal cell differentiation by controlling cholesterol sulfate level in the cells.

    DOI: 10.1080/00498250802488593

    PubMed

  • Role of vitamin D receptor in the lithocholic acid-mediated CYP3A induction in vitro and in vivo. 査読

    Matsubara T, Yoshinari K, Aoyama K, Sugawara M, Sekiya Y, Nagata K, Yamazoe Y

    Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals   36 ( 10 )   2058 - 63   2008年10月( ISSN:0090-9556

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1124/dmd.108.021501

    PubMed

  • Role of human hepatocyte nuclear factor 4alpha in the expression of drug-metabolizing enzymes and transporters in human hepatocytes assessed by use of small interfering RNA. 査読

    Kamiyama Y, Matsubara T, Yoshinari K, Nagata K, Kamimura H, Yamazoe Y

    Drug metabolism and pharmacokinetics   22 ( 4 )   287 - 98   2007年08月( ISSN:1347-4367

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Broad but distinct role of pregnane x receptor on the expression of individual cytochrome p450s in human hepatocytes. 査読

    Kojima K, Nagata K, Matsubara T, Yamazoe Y

    Drug metabolism and pharmacokinetics   22 ( 4 )   276 - 86   2007年08月( ISSN:1347-4367

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Assessment of human pregnane X receptor involvement in pesticide-mediated activation of CYP3A4 gene. 査読

    Matsubara T, Noracharttiyapot W, Toriyabe T, Yoshinari K, Nagata K, Yamazoe Y

    Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals   35 ( 5 )   728 - 33   2007年05月( ISSN:0090-9556

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1124/dmd.106.013144

    PubMed

  • Construction of several human-derived stable cell lines displaying distinct profiles of CYP3A4 induction. 査読

    Noracharttiyapot W, Nagai Y, Matsubara T, Miyata M, Shimada M, Nagata K, Yamazoe Y

    Drug metabolism and pharmacokinetics   21 ( 2 )   99 - 108   2006年04月( ISSN:1347-4367

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 肝疾患と微小環境 加齢関連肝疾患における肝星細胞の理解 査読

    小田桐 直志, 松原 勤, 河田 則文

    肝臓   61 ( Suppl.1 )   A50 - A50   2020年04月( ISSN:0451-4203 ( eISSN:1881-3593

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 肝線維化病態進展におけるCYGB保護作用の分子機序解析 査読

    松原三佐子, 松原三佐子, 翁良徳, 松原勤, 池田一雄, 吉里勝利, 河田則文

    日本臨床分子形態学会総会・学術集会講演プログラム・要旨集   51st   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 細胞内温度イメージングに向けたワイドフィールド光検出電子スピン共鳴測定法の構築 査読

    西村勇姿, 公文優花, 宮地冬, 松原勤, 湯川博, 馬場嘉信, 藤原正澄, 手木芳男

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   66th   2019年( ISSN:2436-7613

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • ヒト肝星細胞におけるサイトグロビン遺伝子発現制御と作用機序の解明 査読

    大黒敦子, 松原三佐子, 松原三佐子, 松原勤, 池田一雄, 吉里勝利, 河田則文

    肝細胞研究会プログラム・抄録集   24th   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • FGF2はCytoglobinとαSMA遺伝子発現を制御し肝星細胞の脱活性化を促進する 査読

    松原三佐子, 松原三佐子, 大黒敦子, 松原勤, 池田一雄, 吉里勝利, 吉里勝利, 河田則文

    肝細胞研究会プログラム・抄録集   23rd   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 肝星細胞におけるTGF-β1のCYGB発現抑制機構の解析 査読

    翁良徳, 松原三佐子, 松原三佐子, 松原勤, 大黒敦子, 池田一雄, 吉里勝利, 吉里勝利, 河田則文

    肝細胞研究会プログラム・抄録集   23rd   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • HANDLING OF ACTIVATION STATUS OF HUMAN HEPATIC STELLATE CELLS BY LOW-MOLECULAR-WEIGHT FGF2 VIA THE INDUCTION OF CYTOGLOBIN 査読

    M. Sato-Matsubara, T. Matsubara, A. Daikoku, K. Ikeda, K. Rombouts, M. Pinzani, N. Kawada

    JOURNAL OF HEPATOLOGY   64   S711 - S711   2016年( ISSN:0168-8278 ( eISSN:1600-0641

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 肝星細胞脱活性化剤開発による肝硬変の肝機能改善と肝発がん予防 抗線維化物質の探索と慢性肝炎が惹起する肝発がん分子機序解析 査読

    松原勤, 松原三佐子

    肝星細胞脱活性化剤開発による肝硬変の肝機能改善と肝発がん予防 平成25年度 総括・分担研究報告書   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 実験材料及び評価系開発の最近の動向(第5回) 質量分析装置を用いた薬物動態研究の新たな展開医学・薬学研究におけるメタボロミクスの可能性 査読

    松原 勤

    (一社)日本薬物動態学会 Drug Metabolism and Pharmacokinetics   26 ( 6 )   17 - 20   2011年12月( ISSN:1347-4367

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • INVOLVEMENT OF PLURAL NUCLEAR RECEPTORS IN DRUG METABOLIZING GENE ACTIVATIONS

    Yasushi Yamazoe, Tsutomu Matsubara, Kiyoshi Nagata, Kouichi Yoshinari

    DRUG METABOLISM REVIEWS   40   17 - 17   2008年( ISSN:0360-2532

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 外来異物によるCYP3A4遺伝子の転写活性化に必須な新規シスエレメント

    鳥谷部 貴祥, 高田 智成, 荒津 佑輔, 松原 勤, 吉成 浩一, 永田 清, 山添 康

    日本薬物動態学会年会講演要旨集   23 ( 0 )   121 - 121   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.14896/jssxmeeting.23.0.121.0

    CiNii Article

  • リトコール酸によるCYP3A誘導におけるビタミンD受容体の役割

    松原 勤, 吉成 浩一, 青山 和誠, 菅原 実香, 関谷 裕次, 永田 清, 山添 康

    日本薬物動態学会年会講演要旨集   23 ( 0 )   325 - 325   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.14896/jssxmeeting.23.0.325.0

    CiNii Article

  • A NOVEL CIS-ELEMENT ESSENTIAL FOR THE TRANSACTIVATION OF THE CYP3A4 GENE IN RESPONSE TO RIFAMPICIN

    Takayoshi Toriyabe, Tomonari Takada, Yusuke Aratsu, Tsutomu Matsubara, Kouichi Yoshinari, Kiyoshi Nagata, Yasushi Yamazoe

    DRUG METABOLISM REVIEWS   39   139 - 139   2007年( ISSN:0360-2532

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • DIFFERENCE IN INVOLVEMENT OF ER-6 ELEMENT ON VDR- AND PXR-MEDIATED ACTIVATION OF CYP3A4

    Kazutaka Sekiguchi, Ryu-ta Asaumi, Tsutomu Matsubara, Takayoshi Toriyabe, Kiyoshi Nagata, Kouichi Yoshinari, Yasushi Yamazoe

    DRUG METABOLISM REVIEWS   39   41 - 42   2007年( ISSN:0360-2532

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • UTILIZATION OF SMALL INTERFERING RNA TECHNIQUE TO ASSESS A ROLE OF HEPATOCYTE NUCLEAR FACTOR 4A. IN THE EXPRESSION OF DRUG-METABOLIZING ENZYMES AND TRANSPORTERS IN HUMAN HEPATOCYTES

    Yoshiteru Kamiyama, Tsutomu Matsubara, Kouichi Yoshinari, Kiyoshi Noguchi, Kiyoshi Nagata, Hidetaka Kamimura, Yasushi Yamazoe

    DRUG METABOLISM REVIEWS   39   230 - 230   2007年( ISSN:0360-2532

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • LawsoneはYAPシグナルを減弱することで肝線維化を抑制する 国内会議

    松原 勤、大黒 敦子、松原 三佐子、湯浅 秀人、宇留島 隼人、河田 則文、池田 一雄

    第144回日本薬学会年会  2024年03月 

     詳細を見る

    開催地:神奈川県横浜市  

  • Search for genes involved in proliferation of intrahepatic cholangiocarcinoma using clinical samples 国際会議

    Etsushi Kawamura, Tsutomu Matsubara, Naoshi Odagiri, Kohei Kotani, Atsuko Daikoku, Chiho Kadono, Hideto Yuasa, Ritsuzo Kozuka, Atsushi Hagihara, Hideki Fujii, Sawako Uchida-Kobayashi, Takeshi Izawa, Masaru Enomoto, Kazuo Ikeda, Norifumi Kawada

    The 33rd Annual Meeting of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver  2024年03月 

  • CHOP-Mediated FOS Expression Can Be Involved In Protection Against Acetaminophen-Induced Liver Injury 国内会議

    2024年03月 

  • Unveiling of Epithelial Membrane Protein 1 function in Nonalcoholic steatohepatitis and hepatocellular carcinoma 国内会議

    2024年03月 

  • 肝線維化におけるLawsone結合タンパク質の同定ならびに機能解析 国内会議

    大黒 敦子、松原 勤、松原 三佐子、湯浅 秀人、宇留島 隼人、河田 則文、池田 一雄

    第129回日本解剖学会総会・全国学術集会  2024年03月 

     詳細を見る

    開催地:沖縄県那覇市  

  • 活性型肝星細胞の生体内における三次元的構造解析 国内会議

    湯浅 秀人、宇留島 隼人、大黒 敦子、松原 勤、池田 一雄

    第129回日本解剖学会総会・全国学術集会  2024年03月 

     詳細を見る

    開催地:沖縄県那覇市  

  • 老化肝星細胞におけるERKリン酸化亢進とSMAD4発現抑制の分子機序解明 国内会議

    中居 暉、松原 勤、宇留島 隼人、湯浅 秀人、池田 一雄

    第37回肝類洞壁細胞研究会学術集会  2023年12月 

     詳細を見る

    開催地:東京都  

  • 肝細胞脂質代謝におけるプリオンの機能解析 国内会議

    辜 瓊雅、宇留島 隼人、松原 勤、湯浅 秀人、大黒 敦子、Hung Vu Thai、Nguyen Duc Vien、安藤 美玖、中居 暉、池田 一雄

    第37回肝類洞壁細胞研究会学術集会  2023年12月 

     詳細を見る

    開催地:東京都  

  • 増殖様式が異なるHepG2細胞2系統間の遺伝子発現比較と肝機能改善剤スクリーニングシステムの構築 国内会議

    宇留島隼人、松原勤、湯浅秀人、大黒敦子、Gu Qiongya、Hung Vu Thai、Nguyen Duc Vien、安藤美玖、中居暉、池田一雄

    第37回肝類洞壁細胞研究会学術集会  2023年12月 

     詳細を見る

    開催地:東京都  

  • 肝内胆管癌の臨床検体から抽出したmicroRNA-3648と癌抑制遺伝子SKIの関係 国内会議

    川村 悦史、松原 勤、大黒 敦子、武藤 芳美、小田桐 直志、元山 宏行、小谷 晃平、小塚 立蔵、萩原 淳司、藤井 英樹、打田 佐和子、榎本 大、池田 一雄、河田 則文

    第45回日本肝臓学会西部会  2023年12月 

     詳細を見る

    開催地:京都府  

  • クロソーム型エポキシドホドロラーゼによる肝線維化機序の解明 国内会議

    池永 寛子、松原 勤、河田 則文

    第31回日本消化器関連学会週間  2023年11月 

     詳細を見る

    開催地:兵庫県神戸市  

  • 老化肝星細胞におけるERKリン酸化亢進の意義 国内会議

    中居 暉、松原 勤、高田 さゆり、安藤 美玖、宇留島 隼人、湯浅 秀人、池田 一雄

    第30回肝細胞研究会  2023年08月 

     詳細を見る

    開催地:鹿児島県  

  • 肝星細胞のスパイン形成および活性化抑制に関わる細胞膜タンパク質の同定と機能解明 国内会議

    井上 喜来々、松原 三佐子、松原 勤、宇留島 隼人、湯浅 秀人、大黒 敦子、池田 一雄、吉里 勝利、河田 則文、鈴木孝幸

    第30回肝細胞研究会  2023年08月 

     詳細を見る

    開催地:鹿児島県  

  • 非アルコール性脂肪肝炎の病態変化に関連した因子の探索 国内会議

    安藤美玖、松原勤、大黒敦子、VU THAI HUNG、門野千穂、湯浅秀人、宇留島隼人、池田一雄

    第30回肝細胞研究会  2023年08月 

     詳細を見る

    開催地:鹿児島県  

  • Aged-Related Changes in Hepatic Mesenchymal Cells (HMCs) 国内会議

    Nguyen Duc Vien, Tsutomu Matsubara, Atsuko Daikoku, Miku Ando, Chiho Kadono, Moe Higuchi, Hikaru Nakai, Hideto Yuasa, Hayato Urushima, Kazuo Ikeda

    2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Gene Expression Analysis Related to Pathological Changes in Non-alcoholic Steatohepatitis 国内会議

    Vu Thai Hung, Tsutomu Matsubara, Atsuko Daikoku, Miku Ando, Chiho Kadono, Moe Higkuchi, Hideto Yuasa, Hayato Urushima, Kazuo Ikeda

    2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Induction of apoptosis in hepatocellular carcinoma-derived cells by Oligonol®, a low-molecular-weight polyphenol derived from lychee fruit 国際会議

    Hideto Yuasa, Hayato Urushima, Tsutomu Matsubara, Kazuo Ikeda

    The 31st Annual Meeting of International Congress on Nutrition and Integrative Medicine  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Hepatocyte Regeneration-Promoting Effects of AHCCⓇ in a Partial Hepatectomy Model 国際会議

    Qiongya Gu, Hayato Urushima,Chiho Kadono,Atsuko Daikoku, Hideto Yuasa,Tsutomu Matsubara,Kazuo Ikeda

    The 31st Annual Meeting of International Congress on Nutrition and Integrative Medicine  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • AHCC® inhibited hepatic stellate cells activation by induction of cytoglobin expression through Toll-like receptor 2-JNK pathway and suppressed liver fibrosis 国際会議

    Hayato Urushima, Tsutomu Matsubara, Gu Qiongya, Atsuko Daikoku, Chiho Kadono, Hideto Yuasa, Kazuo Ikeda

    The 31st Annual Meeting of International Congress on Nutrition and Integrative Medicine  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • NAFLD患者サンプル及びNASHモデルマウスを使用した肝線維化に関連する脂肪酸代謝経路の同定~リピドミクス解析によるアプローチ~

    池永 寛子、松原 勤、河田 則文

    第59回日本肝臓学会総会  2023年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Gene expression analysis related to pathological changes in non-alcoholic steatohepatitis 国内会議

    Vu Thai Hung、松原勤、大黒敦子、安藤美玖、門野千穂、樋口萌、湯浅秀人、宇留島隼人、池田一雄

    2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Lawsoneが示す抗線維化作用機序の解明 国内会議

    大黒敦子、松原勤、松原三佐子、湯浅秀人、宇留島隼人、河田則文、池田一雄

    第128回日本解剖学会総会・全国学術集会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Age-related changes in hepatic mesenchymal cells 国内会議

    Nguyen Duc Vien、松原勤、大黒敦子、安藤美玖、門野千穂、中居暉、湯浅秀人、宇留島隼人、池田一雄

    2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝転移におけるがん細胞‐肝類洞内皮細胞相互作用機構の解明 国内会議

    Huu Hoang Truong、松原三佐子、湯浅秀人、Le Thi Thanh Thuy、松原勤、池田一雄、吉里勝利、河田則文

    第36回肝類洞壁細胞研究会学術集会  2022年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝細胞膜による肝星細胞活性化抑制作用 国内会議

    井上喜来々、松原三佐子、松原勤、宇留島隼人、湯浅秀人、大黒敦子、池田一雄、吉里勝利、鈴木孝幸、河田則文

    第36回肝類洞壁細胞研究会学術集会  2022年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 電子顕微鏡を用いた肝類洞壁構成細胞の三次元的構造解析 国内会議

    湯浅秀人、太田啓介、大黒敦子、宇留島隼人、松原勤、池田一雄

    第36回肝類洞壁細胞研究会学術集会  2022年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝細胞と肝星細胞との細胞膜を介した直接的なクロストーク 国内会議

    井上喜来々、松原三佐子、松原勤、宇留島隼人、湯浅秀人、大黒敦子、池田一雄、吉里勝利鈴木孝幸、河田則文

    第45回日本分子生物学会年会  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 肝細胞膜による肝星細胞の脱活性化機構の解明 国内会議

    井上喜来々、松原三佐子、松原勤、宇留島隼人、湯浅秀人、大黒敦子、池田一雄、吉里勝利、河田則文

    第29回日本門脈圧亢進症学会総会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 抗線維化薬としてのLawsoneの評価と作用機序の解明 国内会議

    大黒敦子、松原勤、松原三佐子、湯浅秀人、宇留島隼人、河田則文、池田一雄

    第29回肝細胞研究会  2022年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝細胞の肝星細胞活性化抑制作用における肝細胞膜の重要性 国内会議

    井上喜来々、松原三佐子、松原勤、宇留島隼人、湯浅秀人、大黒敦子、池田一雄、吉里勝利鈴木孝幸、河田則文

    第29回肝細胞研究会  2022年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Oligonol, a standardized oligomerized-polyonenol from Litchi chinensis fruit extract, incrases E-cadherin expression in hepatocyte 国際会議

    Hideto Yuasa, Hayato Urushima, Tsutomu Matsubara, Kazuo Ikeda

    2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • AHCCⓇ inhibited hepatic stellate cells activation and suppressed liver fibrosis progression via induction of cytoglobin 国際会議

    Hayato Urushima, Hideto Yuasa, Tsutomu Matsubara, and Kazuo Ikeda

    2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝硬変治療薬を目指した化合物スクリーニングとその分子機序解析 国内会議

    松原勤、大黒敦子、池田一雄

    第58回日本肝臓学会総会  2022年06月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 肝星細胞の活性化時における上皮-間葉転換と機能変化との相関 国内会議

    宇留島隼人、和氣健二郎、湯浅秀人、松原勤、池田一雄

    第127回日本解剖学会総会・全国学術集会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 肝星細胞の微小突起形成におけるCdc42の役割ついて 国内会議

    湯浅秀人、宇留島隼人、松原勤、池田一雄

    第127回日本解剖学会総会・全国学術集会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アセトアミノフェン誘発急性肝炎におけるC/EBP homologous proteinの役割 国内会議

    樋口萌、松原勤、湯浅秀人、宇留島隼人、池田一雄

    第127回日本解剖学会総会・全国学術集会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Cytoglobin欠損マウスの肝星細胞に由来する一酸化窒素は肝細胞のミトコンドリア機能障害を引き起こす 国内会議

    翁良徳、松原三佐子、宇留島隼人、松原勤、池田一雄、吉里勝利、河田則文

    第35回肝類洞壁細胞研究会  2021年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝星細胞の微小突起形成機構について 国内会議

    湯浅秀人,宇留島隼人,松原勤,池田一雄

    第35回肝類洞壁細胞研究会  2021年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 上皮-間葉転換に着目した新規肝星細胞脱活性化候補化合物の探索 国内会議

    宇留島隼人 松原勤 湯浅秀人 和氣健二郎 池田一雄

    第35回肝類洞壁細胞研究会  2021年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝星細胞と肝実質細胞との相関関係 国内会議

    和氣健二郎、宇留島隼人、湯浅秀人、松原勤、池田一雄

    第35回肝類洞壁細胞研究会  2021年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝細胞と肝星細胞との細胞膜を介した直接的なクロストーク 国内会議

    井上喜来々、松原三佐子、Truong Huu Hoang、松原勤、宇留島隼人、湯浅秀人

    第28回肝細胞研究会   2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胆管癌の臨床検体から抽出した癌抑制遺伝子による細胞増殖抑制:SKI-p21waf/cip1シグナルについて 国内会議

    川村悦史、松原勤、河田則文

    第57回日本肝臓学会総会  2021年06月 

  • 肝脂質の恒常性維持における臓器ネットワーク 招待 国内会議

    松原勤

    第126回解剖学会総会・全国学術集会・第98回日本生理学大会合同大会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 職業性肝内胆管癌組織を使った癌遺伝子の探索 国内会議

    川村悦史, 松原勤, 他18名

    第56回日本肝癌研究会  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝細胞との接着結合による肝星細胞活性抑制と肝機能単位 Stellonの再認識 国内会議

    宇留島隼人, 湯浅秀人, 松原 勤, 井上孝二, 和氣健二郎, 佐藤哲二, 池田一雄

    第34回肝類洞壁細胞研究会学術集会  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝星細胞の培養条件下における静止型形態の維持について 国内会議

    湯浅秀人, 宇留島隼人, 髙山実紗子, 松原 勤, 池田一雄

    第34回肝類洞壁細胞研究会学術集会  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Intracellular gap formation of the liver sinusoidal endothelial cells facilitates the liver metastasis ability of cancer 国内会議

    チュンフーホアン, 松原三佐子, 湯浅秀人, 松原勤, 宇留島隼人, リーツイ, 大黒敦子, 翁良徳, 吉里勝利, 河田則文

    第34回肝類洞壁細胞研究会学術集会  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 加齢関連肝疾患における肝星細胞の理解 国内会議

    小田桐直志, 松原勤, 河田則文

    第56回日本肝臓学会総会  2020年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝線維老化肝星細胞におけるTGFβシグナルの変化 国内会議

    松原 勤、高田 さゆり、小田桐 直志、宇留島 隼人、河田 則文、池田 一雄

    第125回日本解剖学会総会・全国学術集会  2020年03月 

  • 老化肝星細胞におけるTGFβシグナル変化についての解析 国内会議

    高田 さゆり, 松原 勤, 樋口 萌, 小田桐 直志, 松原 三佐子, 河田 則文, 池田 一雄

    第43回日本肝臓学会西部会  2019年12月  (一社)日本肝臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 若年胆管癌組織を使った癌抑制遺伝子の探索 国内会議

    川村 悦史, 松原 勤, 樋口 萌, 出口 早苗, 高田 さゆり, 大黒 敦子, 伊藤 得路, 木下 正彦, 松原 三佐子, 小田桐 直志, 田中 肖吾, 竹村 茂一, 村上 善基, 榎本 大, 田守 昭博, 久保 正二, 祝迫 惠子, 池田 一雄, 河田 則文

    第43回日本肝臓学会西部会  2019年12月  (一社)日本肝臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非アルコール性脂肪性肝炎におけるCytoglobin発現制御機構 国内会議

    翁 良徳、松原三佐子、松原 勤、大黒 敦子、池田 一雄、吉里 勝利、河田 則文

    第33回肝類洞壁細胞研究会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 正常肝ないし障害肝の肝星細胞におけるfilopodia関連タンパク質の発現解析 国内会議

    湯浅秀人、宇留島隼人、松原勤、池田一雄

    第33回肝類洞壁細胞研究会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝がん・肝硬変における肝星細胞の多面的理解 招待 国内会議

    松原 勤

    第33回肝類洞壁細胞研究会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • Downregulation of cytoglobin by TGF-β leads to hydroxyl radical-induced oxidative DNA damage in human HSCs. 国際会議

    Okina Y, Sato-Matsubara M, Matsubara T, Daikoku A, Rombouts K, Fujii H, Ikeda K, Pinzani M, Kawada N.

    JSH:International Liver Conference 2019  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 病態進展におけるCYGB保護作用の分子機序解析 招待 国内会議

    松原三佐子、翁 良徳、松原 勤、池田 一雄、吉里 勝利、河田 則文

    第51回日本臨床分子形態学会総会・学術集会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 肝硬変時の低ナトリウム血症による低浸透圧環境が門脈圧亢進に及ぼす影響 国内会議

    宇留島 隼人, 松原 勤, 湯浅 秀人, 河田 則文, 池田 一雄

    第26回日本門脈圧亢進症学会総会  2019年09月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2. Stellate cells initiate the activation by the loss of adherence junction with hepatocytes. 国内会議

    Urushima H, Yuasa H, Matsubara T, Hara Y, Inoue K, Wake K, Sato T, Ikeda K.

    20th International Symposium on Cells of Hepatic Sinusoid  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • TGF-β1 transcriptionally repressed cytoglobin expression and enhanced H2O2-induced oxidative DNA damage in activated HSCs. 国際会議

    Sato-Matsubara M, Okina Y, Matsubara T, Daikoku A, Rombouts K, Thuy LTT, Fujii H, Ikeda K, Yoshizato K, Pinzani M, Kawada N.

    20th International Symposium on Cells of Hepatic Sinusoid  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Search for novel component with ability to suppress the hepatic stellate cell activation in AHCC. 国際会議

    Takayama M, Urushima H, Yuasa H, Matsubara T, Ikeda K.

    27th International Congress on Nutrition and Integrative Medicine  2019年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Oligonol ameliorates hepatic fibrosis through the inhibition of FAK-YAP pathway in hepatic stellate cells. 国際会議

    Urushima H, Yuasa H, Takayama M, Matsubara T, Ikeda K.

    27th International Congress on Nutrition and Integrative Medicine  2019年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • NAFLD/NASHの病態進展における血清胆汁酸組成の影響 国内会議

    藤井 英樹, 松原 勤, 河田 則文

    第62回日本糖尿病学会年次学術集会  2019年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 老化肝星細胞におけるTGF-βシグナル変化の分子機序解析 国内会議

    松原勤、高田さゆり、小田桐直志、松原三佐子、大黒敦子、宇留島隼人、吉里勝利、河田則文、池田一雄

    第26回肝細胞研究会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 直接的細胞接着に依存する肝細胞と星細胞の緊密な相互作用 国内会議

    松原 三佐子、谷口 絵美、松原 勤、宇留島隼人、大黒 敦子、森浦 芳枝、門野 千穂、池田 一雄 、和氣健二郎、河田 則文 、吉里 勝利

    第26回肝細胞研究会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • LawsoneはヒトCYGB遺伝子発現誘導作用を持つ抗線維化化合物である 国内会議

    大黒 敦子、松原 勤、松原三佐子、池田 一雄、河田 則文

    第26回肝細胞研究会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝細胞-肝星細胞間の接着結合喪失は肝星細胞活性化に寄与する 国内会議

    宇留島隼人, 湯浅秀人, 松原勤, 井上孝二, 和氣健二郎, 佐藤哲二, 池田一雄

    第124回日本解剖学会総会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脂肪性肝炎の進展におけるCYGB保護作用の分子機序解析 国内会議

    松原三佐子, 翁良徳, 松原勤, 大黒敦子, 池田一雄, 吉里勝利, 河田則文

    第32回肝類洞壁細胞研究会  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝細胞 -肝星細胞間接着と星細胞活性化との関連 国内会議

    宇留島隼人, 松原勤, 湯浅秀人, 井上孝二, 和氣健二郎, 佐藤哲二, 池田一雄

    第32回肝類洞壁細胞研究会  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • TGFβ1 reduces Cytoglobin expression via Smad2-SP3 pathway in human, but not mouse, hepatic stellate cells 国際会議

    Sato-Matsubara M, Okina Y, Matsubara T, Daikoku A, Fujii H, Rombouts K, Ikeda K, Yoshizato K, Pinzani M, Kawada N.

    AASLD single topic conference; Hepatic fibrosis   2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • FBLN5 could be a novel treatment target for elastic fibrosis in the liver 国際会議

    Yasui Y, Matsubara M, Fujii H, Enomoto M, Okina Y, Daikoku A, Matsubara T, Ikura Y, Kawamura E, Uchida-Kobayashi S, Murakami Y, Kawada N

    AASLD single topic conference; Hepatic fibrosis   2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝細胞と肝星細胞の共培養による肝星細胞の活性化抑制 国内会議

    松原三佐子, 松原勤, 宇留島隼人, 大黒敦子, 森浦芳枝, 門野千穂, 池田一雄, 河田則文, 吉里勝利

    第25回肝細胞研究会  2018年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒト肝星細胞における脱活性化誘導制御機構の解明 国内会議

    松原三佐子, 大黒敦子, 松原勤, 池田一雄, 吉里勝利, 河田則文

    第54回日本肝臓学会総会  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒト肝星細胞における老化関連分泌因子の遺伝子発現解析 国内会議

    松原 勤,小田桐 直志,河田 則文,池田 一雄

    第123回日本解剖学会総会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝星細胞のspineを介した肝細胞との接着の意義 国内会議

    宇留島 隼人,松原 勤,井上 孝二,和氣 健二郎,佐藤 哲二,池田 一雄

    第123回日本解剖学会総会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 低浸透圧環境は活性化星細胞や肝がん細胞のアポトーシスを抑制する 国内会議

    宇留島 隼人,松原 勤,小田桐 直志,池田 一雄

    第31回肝類洞壁細胞研究会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝星細胞におけるTGF-β1/Smadシグナルを介したCytoglobin発現制御機構 国内会議

    松原 三佐子,翁 良徳,松原 勤,大黒 敦子,池田 一雄,吉里 勝利,河田 則文

    第31回肝類洞壁細胞研究会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒト肝星細胞の老化関連分泌表現型解析 国内会議

    小田桐 直志、松原 勤、河田 則文、池田 一雄

    第31回肝類洞壁細胞研究会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒト肝星細胞の老化関連分泌表現型(SASP)解析 国内会議

    小田桐 直志, 松原 勤, 池田 一雄

    肝臓  2017年09月  (一社)日本肝臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝星細胞の細胞老化に伴う遺伝子発現変化 国内会議

    松原 勤,小田桐 直志,樋口 萌,河田 則文,池田 一雄

    第24回肝細胞研究会  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ヒト肝星細胞におけるサイトグロビン遺伝子発現制御と作用機序の解析 国内会議

    大黒 敦子,松原 三佐子,松原 勤,池田 一雄,吉里 勝利,河田 則文

    第24回肝細胞研究会  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 肝星細胞を標的とした細胞表面抗原の樹立 国内会議

    吹田 安佐詠, 松原 三佐子, 松原 勤, 池田 一雄, 河田 則文

    肝臓  2017年04月  (一社)日本肝臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝星細胞の脱活性化を誘導するサイトグロビン発現促進機構の解析 国内会議

    松原 三佐子, 大黒 敦子, 松原 勤, 池田 一雄, 河田 則文

    肝臓  2016年04月  (一社)日本肝臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝星細胞によるサイトグロビンの発現に対する酸素分圧と基底膜成分の影響 国内会議

    沖田 大和, 松原 勤, 池田 一雄, 河田 則文, 吉里 勝利

    肝臓  2015年11月  (一社)日本肝臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 抗線維化in vitro評価系の構築と抗線維化物質の探索 国内会議

    松原 勤, 大黒 敦子, 松原 三佐子, 池田 一雄, 河田 則文

    肝臓  2015年11月  (一社)日本肝臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒト肝星細胞におけるサイトグロビン遺伝子発現調節機構の分子機序解析 国内会議

    松原 三佐子, 大黒 敦子, 松原 勤, 池田 一雄, 河田 則文

    肝臓  2015年11月  (一社)日本肝臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝星細胞のサイトグロビンはアセトアミノフェンによる急性肝障害に関与する 国内会議

    寺西 優雅, 松原 勤, 池田 一雄, 河田 則文

    肝臓  2014年04月  (一社)日本肝臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • メタボロミクスが明示した脂肪肝炎に関する炎症カスケード 国内会議

    松原 勤, 田中 直樹, Gonzalez Frank

    日本薬学会年会要旨集  2013年03月  (公社)日本薬学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

産業財産権等

  • 線維症治療薬

    松原勤, 松原三佐子, 池田一雄, 河田則文

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2020-174922 

  • 胆道癌又は膵癌治療剤

    川村悦史、松原勤、河田則文、池田一雄

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2019-207404 

  • 乳がんの予防または治療剤及 び乳がん細胞の増殖抑制剤

    松原勤, 松原三佐子, 池田一雄, 河田則文

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2019-052951 

  • 抗線維化剤

    河田則文, 池田一雄, 松原勤, 松原三佐子

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2017-241997 

科研費

  • 機能性ブロックポリペプチドを用いた臓器被膜の再構築

    挑戦的研究(萌芽)  2020年07月

  • 生体内一細胞温度計測による定量熱生物学の開拓

    基盤研究(A)  2020年04月

  • 地元大阪の印刷所労働者胆管がん組織を使ったがん遺伝子の探索:創薬基盤の構築

    基盤研究(C)  2019年04月

  • 肝がんにおける肝星細胞形質転換の意義

    基盤研究(C)  2018年04月

  • 非アルコール性脂肪肝炎の慢性炎症形成における赤血球、血小板の役割

    基盤研究(C)  2017年04月

  • 肝硬変・肝がんにおける肝星細胞FXRの機能解析

    若手研究(B)  2017年04月

  • 肝星細胞のエピジェネティクス制御と肝線維化に関する検討

    基盤研究(C)  2016年04月

  • 新規肝硬変治療薬の開発を目指した星細胞脱活性化の分子機序解析

    基盤研究(C)  2015年04月

  • 多面的網羅解析による胆汁酸受容体FXRの肝発がん抑制作用の分子機序解析

    若手研究(B)  2014年04月

▼全件表示

担当授業科目

  • 肉眼解剖(マクロ)実習

    2023年度    

  • 医学研究推進コース2

    2023年度    

  • 内分泌・代謝

    2023年度    

  • 消化器系

    2023年度    

  • 医学研究推進コース3

    2023年度    

  • 細胞と組織の基本構造と機能

    2023年度    

  • 医科学概論

    2023年度     大学院

  • 医科学概論

    2022年度     大学院

  • 細胞と組織の基本構造と機能

    2022年度    

  • 医学研究推進コース3

    2022年度    

  • 消化器系

    2022年度    

  • 内分泌・代謝

    2022年度    

  • 医学研究推進コース2

    2022年度    

  • 肉眼解剖(マクロ)実習

    2022年度    

  • 医科学概論

    2020年度     大学院

  • 細胞と組織の基本構造と機能コース

    2020年度     大学

  • 内分泌・代謝コース

    2020年度     大学

  • 肉眼解剖(マクロ)実習

    2020年度     大学

  • 内分泌・代謝コース

    2019年度     大学

  • 細胞と組織の基本構造と機能コース

    2019年度     大学

  • 医科学概論

    2019年度     大学院

  • 肉眼解剖学(マクロ)実習

    2019年度     大学

  • 医科学概論

    2018年度     大学院

  • 細胞と組織の基本構造と機能コース

    2018年度     大学

  • 内分泌・代謝コース

    2018年度     大学

  • 肉眼解剖学(マクロ)実習

    2018年度     大学

  • 医科学概論

    2017年度     大学院

  • 細胞と組織の基本構造と機能コース

    2017年度     大学

  • 内分泌・代謝コース

    2017年度     大学

  • 肉眼解剖学(マクロ)実習

    2017年度     大学

▼全件表示