2023/02/17 更新

写真a

キトウ ヒロアキ
鬼頭 宏明
KITOH Hiroaki
担当
大学院工学研究科 都市系専攻 教授
工学部 都市学科
職名
教授
所属
工学研究院

担当・職階

  • 大学院工学研究科 都市系専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 工学部 都市学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 工学博士 ( 大阪市立大学 )

  • 工学修士 ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 構造工学、地震工学  / 複合構造

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 構造工学、地震工学  / 構造工学

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 構造工学、地震工学  / 構造工学

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 構造工学、地震工学  / 複合構造

研究キーワード

  • Structural Engineering

  • Composite Construction

研究概要

  • 主な建設材料である鋼材とコンクリートから成る社会基盤構造物,すなわち道路,橋梁,トンネルなどをとくに地震などの災害時を含めより安全に,かつ経済的に構築するために,これら構造物の基本的な力学特性,すなわち強さや変形を模型実験やコンピュータシミュレーションを通して調査し,合理的な設計法を提案します.

研究歴

  • 鋼・コンクリート複合構造の力学的特性

    合成構造、耐荷力、付着  機関内共同研究

    1900年04月 

  • 剛体バネモデルによるコンクリート構造物の非線型挙動解析

    計算力学、離散化解析、非線型性  国内共同研究

    1900年04月 

所属学協会

  • 土木学会

      国内

  • 日本計算工学会

      国内

  • 日本鋼構造協会

      国内

  • 日本コンクリート工学協会

      国内

  • 国際構造工学会

      国外

  • 国際計算力学協会

      国外

  • 国際合成構造研究協会

      国外

  • 日本鋼構造協会

  • 日本計算工学会

  • 日本コンクリート工学協会

  • 土木学会

  • 国際計算力学協会

  • 国際構造工学会

  • 国際合成構造研究協会

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 複合構造委員会委員   土木学会  

    2011年 - 継続中 

  • 構造工学委員会構造実験指導書編集小委員会委員長   土木学会  

    2002年04月 - 2012年03月 

  • 構造工学委員会委員   土木学会  

    2002年 - 継続中 

  • 構造工学委員会構造工学論文集編集小委員会合成複合構造部門主査   土木学会  

    2001年 - 2003年 

  • 構造工学委員会運営小委員会委員   土木学会  

    1999年 - 2001年 

  • 構造工学委員会構造実験指導書編集小委員会幹事   土木学会  

    1999年 - 2001年 

  • -   学会誌等の編集・審査委員会  

    1999年 

      詳細を見る

    土木学会・構造工学委員会・構造実験指導書編集委員会幹事

▼全件表示

受賞歴

  • 土木学会論文奨励賞

    1990  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

職務経歴(学外)

  • Monash University   -

    1999年

  • Monash University

    1999年

  • 大阪市立大学   工学研究科 都市系専攻

    1985年04月 - 継続中

  • 大阪市立大学

    1985年04月

学歴

  • 大阪市立大学   工学研究科   土木工学   修士課程  

    - 1985年

  • 大阪市立大学   工学部   土木工学     卒業・修了

    - 1983年

論文

  • 鋼板により外部拘束を受けるコンクリートはり部材の耐荷機構 査読

    鬼頭 宏明, 村西 俊樹, 松本 涼, 中林 将之

    公益社団法人 土木学会 構造工学論文集 A   63 ( 0 )   954 - 962   2017年( ISSN:1881-6614

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Compressive Membrane Action: CMA is a well-known load carrying mechanism of slabs due to external restraint. As a countermeasure of salt attack into reinforced concrete slab decks, so-called steel-free bridge decks incorporated CMA have been constructed in Canada. First, three loading tests of concrete beams with/without an existence of both reinforcement and external restraint due to a steel plate, have been carried out to extract its essence as a compressive strut. Second, the material nonlinear finite element analyses relevant to the tests were sufficient to explain the test observations. Consequently, the numerical results could show clearly compressive strut formation and also its load carrying mechanism with a steel plate in tension.

    DOI: 10.11532/structcivil.63A.954

    CiNii Article

  • Applicability of Strain Softening Analysis for Tunnel Excavation 査読

    NAKAOKA Kenichi, KITOH Hiroaki

    大阪市立大学 Memoirs of the Faculty of Engineering Osaka City University   ( 56 )   15 - 27   2015年12月( ISSN:0078-6659

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Concrete filled double skin circular tubular members subjected to pure bending and central compressive load

    -

    Tubular Structures XIV, Imperial College, UK   2012年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A numerical model to simulate the time dependent behavior of rock

    -

    大阪市立大学工学部紀要   51   21 - 35   2011年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Mechanical behavior of concrete filled double skin tublar dircular deep beams

    上中宏二郎

    Thin-walled Structures, Elsevier   49   256 - 263   2011年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 圧縮軸力を受ける鉄筋コンクリート部材の軟化特性に関する研究

    -

    土木学会・構造工学論文集   57A   916 - 925   2011年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mechanical behavior of concrete filled double skin tubular circular deep beams 査読

    Uenaka Kojiro, Kitoh Hiroaki

    THIN-WALLED STRUCTURES   49 ( 2 )   256 - 263   2011年02月( ISSN:0263-8231

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tws.2010.10.005

  • Concrete filled double skin circular stub columns under compression 査読

    Uenaka Kojiro, Kitoh Hiroaki, Sonoda Keiichiro

    THIN-WALLED STRUCTURES   48 ( 1 )   19 - 24   2010年01月( ISSN:0263-8231

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tws.2009.08.001

  • A Life Cycle Assessment of the Existing Highway Bridge 査読

    Sano Soichi, 大内 一, 鬼頭 宏明, 角掛 久雄

    大阪市立大学 Memoirs of the Faculty of Engineering Osaka City University   ( 50 )   17 - 28   2009年12月( ISSN:0078-6659

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Numerical Study on Compressive Concrete as a Strain Softening Material 査読

    Kuramoto Wataru, 鬼頭 宏明, 大内 一

    大阪市立大学 Memoirs of the Faculty of Engineering, Osaka City University   50   37 - 44   2009年12月( ISSN:00786659

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Flexural and Shear Failure Tests of Reinforced Concrete Beams with Low Grade Recycled Aggregate 査読

    Ikegawa Takuya, Saito Hisashi, 大内 一, 鬼頭 宏明, 角掛 久雄

    大阪市立大学 Memoirs of the Faculty of Engineering, Osaka City University   50   29 - 36   2009年12月( ISSN:00786659

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • A Life Cycle Assessment of the Existing Highway Bridge 査読

    Sano Soichi, 大内 一, 鬼頭 宏明, 角掛 久雄

    大阪市立大学 Memoirs of the Faculty of Engineering Osaka City University   50 ( 50 )   17 - 28   2009年12月( ISSN:0078-6659

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Numerical Study on Compressive Concrete as a Strain Softening Material 査読

    Kuramoto Wataru, 鬼頭 宏明, 大内 一

    大阪市立大学 Memoirs of the Faculty of Engineering, Osaka City University   50   37 - 44   2009年12月( ISSN:0078-6659

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Flexural and Shear Failure Tests of Reinforced Concrete Beams with Low Grade Recycled Aggregate 査読

    Ikegawa Takuya, Saito Hisashi, 大内 一, 鬼頭 宏明, 角掛 久雄

    大阪市立大学 Memoirs of the Faculty of Engineering, Osaka City University   50   29 - 36   2009年12月( ISSN:0078-6659

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Interface Shear Transfer of Diagonally Arranged Reinforcing Bars under Repeated Loading 査読

    Takahash Kosuke, 鬼頭 宏明, 角掛 久雄, 大内 一

    大阪市立大学 Memoirs of the Faculty of Engineering Osaka City University   ( 49 )   67 - 74   2008年12月( ISSN:0078-6659

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Numerizal Study on Load Carrying Capacity Evaluation of Concrete-filled Square Steel Tubular Beams 査読

    Yamada Yoshihiro, 角掛 久雄, 大内 一, 鬼頭 宏明

    大阪市立大学 Memoirs of the Faculty of Engineering Osaka City University   49 ( 49 )   35 - 42   2008年12月( ISSN:0078-6659

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Concrete filled double skin tubular members subjected to bending 査読

    Uenaka Kojiro, Kitoh Hiroaki

    STEEL AND COMPOSITE STRUCTURES   8 ( 4 )   297 - 312   2008年08月( ISSN:1229-9367

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 二重鋼管・コンクリート合成深はりの曲げせん断実験 査読

    上中 宏二郎, 清水 優, 鬼頭 宏明

    日本コンクリート工学協会 コンクリート工学年次論文集   30 ( 3 )   1321 - 1326   2008年( ISSN:13477560

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    二重鋼管・コンクリート合成部材(Concrete Filled Double Steel Tubular Members,以下,CFDTとする)とは,同心円上に2種類の鋼管を配置してそれらの間のみにコンクリートを充填した構造形式を指す。このような形式により,従来のコンクリート充填鋼管部材と比較して,軽量となる利点を有する。本研究ではせん断スパン比=1の深はりに対して,内径・外径比(Di/Do),径厚比(Di/to)を変数とした合計8体の3点曲げせん断実験を行った。得られた結果より,CFDTの破壊形式はDi/Doに影響すること,および算定方法は従来のRC理論を用いておおむね評価できることがわかった。さらに,内外銅管の応力状態について言及した。

    CiNii Article

  • 二重鋼管合成短柱の圧縮特性に関する実験的研究

    上中 宏二郎, 鬼頭 宏明, 園田 恵一郎

    鋼構造論文集   14 ( 53 )   67 - 75   2007年( ISSN:18809928

     詳細を見る

    Concrete filled double steel tubular columns (CFDT in abbreviation) consist of two centric steel tubes and filled concrete between them. By the arrangement of inner tube, the own weight can be reduced in comparison with ordinary concrete filled steel tubular members. Centric loading tests on twelve specimens of CFDT were carried out. Observed failure mode was local buckling of both tubes associated with shearing failure of concrete. Axial strength of CFDT were agreement with or larger than accumulative equation consisting of two steel tubes and filled concrete. However, the larger inner-to-outer diameter's ratios, yield the smaller axial lnadinu canacities. Moreover. empirical equation of axial strength of CFDT was proposed.

    DOI: 10.11273/jssc1994.14.67

    CiNii Article

  • 中空式二重鋼管・コンクリート合成部材の曲げ特性 査読

    上中 宏二郎, 鬼頭 宏明, 後藤 亮太

    日本コンクリート工学協会 コンクリート工学論文集 = Concrete research and technology   17 ( 3 )   45 - 53   2006年09月( ISSN:13404733

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 中空式二重鋼管・コンクリート合成部材の曲げ特性 査読

    上中 宏二郎, 鬼頭 宏明, 後藤 亮太

    jci論文集 コンクリート工学論文集   17 ( 3 )   45 - 53   2006年( ISSN:1340-4733

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Concrete filled double steel tubular members (CFDT) consist of two centric steel tubes and filled concrete between them. By the arrangement of the inner tube, own weight can be reduced in comparison with concrete filled steel tubular members. Four point loading tests on twelve specimens of CFDT were performed. Experimental parameters are inner-to-outer diameter ratios and outer tube's diameter-to-thickness ratios. The purpose of this study is to investigate effect of inner-to-outer diameter ratios on bending capacities. Experimental strengths were good agreement with bending strengths calculated using axial load (N)-bending moment (M) relation, where N was equal to zero. Failure modes were local buckling and fracture of outer tube. The larger inner-to-outer tube's diameter ratios, yield the smaller confinement strength.

    DOI: 10.3151/crt1990.17.3_45

    CiNii Article

  • 二重鋼管合成柱の中心圧縮特性に及ぼす内・外鋼管厚比の影響

    上中宏二郎,濱本誠司,鬼頭宏明

    コンクリート工学年次論文集,日本コンクリート工学協会   27 ( 2 )   1285 - 1290   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大径厚比コンクリート充填円形鋼管短柱の圧縮特性

    鬼頭宏明,小藪隆,佐原啓介,園田恵一郎

    土木学会論文集   ( 759 )   25 - 36   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Experimental Study on Concrete Filled Double Tubular Steel Columns under Axial Loading

    Uenaka, K., Kitoh, H., Sonoda, K., Hayami, M.

    Advances in Structures, Balkma Publishers, Netherlands   2   877 - 882   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Experimental Study on RC Bridge Pier Model under Cyclic Bi-Axial Horizontal Loadings

    Satoh, T., Kitoh, H., Kobayashi, H., Sonoda, K.

    Earthquake Resistant Engineering Structures IV, WIT Press, United of Kingdom   89 - 96   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Double Skin Composite Tubular Columns subjected to Cyclic Horizontal and Constant Axial Forces

    Yagishita, F., Kitoh, H, Sugimoto, M., Sonoda, K.

    Composite and Hybrid Structures, University of Southern California, United States of America   1   497 - 503   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 突起付き鋼板と頭付きスタッドを併用したオープンサンドイッチ合成部材の曲げせん断特性

    上中宏二郎,園田惠一郎,蔀直樹

    土木学会論文集   ( 661 )   107 - 118   2000年( ISSN:0289-7806

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 鋼・コンクリートサンドイッチ部材のせん断耐荷機構

    鬼頭宏明,山脇学,園田恵一郎

    土木学会論文集   ( 591 )   53 - 69   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bond characteristics of embossed steel elements.

    Kitoh, H., Sonoda, K.

    Composite Construction in Steel and Concrete, ASCE   909 - 918   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 鋼板・コンクリート合成床版の静的耐荷力と破壊モード

    園田恵一郎,鬼頭宏明

    土木学会論文集   ( 471 )   85 - 94   1993年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Guidelines for Performance Verification of Steel - Concrete Hybrid Structures

    edited by Ueda, T.( 担当: 共著)

    Japan Society of Civil Engineers, Maruzen, Japan  2006年  ( ISBN:4-8106-0461-6

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 建設材料実験

    -( 担当: 共著)

    日本材料学会  2011年03月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • サステイナブル社会基盤構造物

    大内 一, ASET21研究会, 真鍋 英規, 山口 隆司, 鬼頭 宏明, 佐藤 知明, 田村 悟士, 麓 隆行, 川満 逸雄

    森北出版  2010年  ( ISBN:9784627466319

     詳細を見る

  • 構造実験のてびき[2009年版]

    -( 担当: 共著)

    土木学会  2009年01月  ( ISBN:9784810606515

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 鋼・コンクリート複合構造

    鬼頭 宏明, 園田 恵一郎( 担当: 単著)

    森北出版  2008年  ( ISBN:9784627465916

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • Guidelines for Performance Verification of Steel - Concrete Hybrid Structures

    edited by, Ueda, T( 担当: 共著)

    Japan Society of Civil Engineers, Maruzen, Japan  2006年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 計算工学レクチャーシリーズ7 鉄筋コンクリート構造の離散化極限解析法

    竹内則雄,上田眞稔,上林厚志,鬼頭宏明,斉藤成彦他( 担当: 共著)

    培風館  2005年  ( ISBN:978-4-621-07593-7

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • Shear Transfer Mechanism of Perfobond Strip in Steel-Concrete Composite Members

    Kitoh, H., Satoru Y., Sonoda, K.( 担当: 監修 ,  範囲: 2巻)

    System-based Vision for Strategic and Creative Design, Balkma Publishers, Netherlands  2003年 

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 二重鋼管合成柱の中心圧縮特性に及ぼす内・外鋼管厚比の影響 査読

    上中 宏二郎, 濱本 誠司, 鬼頭 宏明

    日本コンクリート工学協会 コンクリート工学年次論文集   27 ( 2 )   1285 - 1290   2005年( ISSN:1347-7560

     詳細を見る

    径が異なる2つの鋼管を同心円上に配置し,両鋼管の間のみにコンクリートを充填した二重鋼管合成柱は,内鋼管内部が空洞となるため従来の鋼管コンクリート合成柱と比較して軽量となる利点を有する。そこで本研究では,鋼管コンクリート合成柱の重量と比較して,60%程度の二重鋼管合成短柱の中心圧縮実験を合計9体行い,二重鋼管合成柱の特有のパラメーターである内・外鋼管厚比が,同特性に与える影響について実験的に検討することを目的としている。

  • Shear Connectors in PC Box Girder Bridge with Corrugated Steel Webs

    Tategami, H., Ebina, T., Uehira, K., Sonoda, K., Kitoh, H.

    Composite Constructions in Steel and Concrete IV, American Society of Civil Engineers   213 - 224   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

  • Embossed Steel-Concrete Composite Member subjected to Bending and Shear

    Sonoda, K., Kitoh, H., Uenaka, K.

    Composite Constructions in Steel and Concrete IV, American Society of Civil Engineers   355 - 366   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 構造実験指導書(平成12年版)

    六郷恵哲・編

    土木学会、丸善   1-3,85-110   2000年( ISBN:4-8106-0265-6

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • Shear bond characteristics of the embossed steel plates with studs.

    -

    Transactions of the Japan Concrete Institute   20   293 - 300   1999年

  • Fracture analysis of steel plate anchors in concrete by using RBSM.

    -

    Fracture Mechanics of Concrete Structures, AEDIFICATO   3   901 - 910   1998年

  • 突起付き銅板のせん断伝達特性に関する系統的研究

    -

    土木学会論文集   ( 598 )   183 - 202   1998年

  • RBSMによる形鋼シアコネクタの終局強度解析

    -

    計算工学論演会論文集,日本計算工学会   2 ( 3 )   1047 - 1050   1997年

  • Size effect analysis of plain concrete beams by using RBSM

    -

    Proc. of 2nd Int"l Conf. on Analysis of Discontinuous Deformation, Kyto Univ&JISR   373 - 382   1997年

  • 鋼・コンクリートサンドイッチ部材における圧縮鋼板の終局強度特性

    -

    土木工学論文集   ( 525 )   39 - 53   1995年

  • ボロノイ分割を用いたRBSMによる無筋コンクリート梁の寸法効果解析

    -

    構造工学論文集   40 ( A )   519 - 527   1994年

  • Shear Bond Characteristics of Embossed Steel Plates with or without Stud Connectors under a Constant Lateral Pressure

    -

    Proc. 4th Int"l Conf. on Steel-Concrete Composite Structures   307 - 310   1994年

  • RBSMによる鉄筋コンクリ-トディ-プビ-ムの破壊解析

    -

    コンクリート工学年次論文報告集   15 ( 2 )   277 - 282   1993年

  • 移動荷重を受ける鋼・コンクリート合成床版の疲労特性

    -

    鋼・コンクリート合成構造2.合衆国土木学会   681-693   1993年

  • Ultimate Strength Analysis of Steel-Concrete Composite Slab using a Rigid Body Spring Model.

    -

    Proc. 3rd Int"l Conf. Steel-Concrete Composite Structures   1991年

  • Failure Modes&Loading Capacities of Steel Plate and Concrete Composite Slabs with Different Arrangement of Stud Connectors

    -

    Proc. 3rd Int"l Conf. Steel-Concrete Composite Structures   1991年

  • 引張圧縮破壊を考慮したRC構造物の離散化極限解析

    -

    構造工学論文集   36/A   1990年

  • 3次元剛体バネ要素法によるRC及び合成床版の終局強度解析

    -

    コンクリート工学年次論文報告集   12/2   1990年

  • Forces on the Studs in a Steel Plate and Concrete Slab.

    -

    IABSE Symposium Brussels   1990年

  • 剛体バネ要素法によるRCはり及び合成はりの終局強度解析

    -

    コンクリート工学年次論文報告集   11/2   1989年

  • 鋼板・コンクリート合成床版のスタツドに働くせん断力と押板きせん断耐力

    -

    土木学会論文集   404   1989年

  • Low Cycle Fatigue Characteristics of Bridge Deck R/C Slabs under the Repitition of Wheel Loads.

    -

    Proc. Pacific Concrete Conf. , New Zealand Concrete Society   1988年

  • 輪荷重作用下でのて径間連続RCはりの低サイクル疲労特性

    -

    コンクリート工学年次論文報告集   10/3   1988年

  • 柱を通して集中荷重を受けるRCスラブの曲げモーメントの-算定法

    -

    土木学会論文集   384   1987年

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 鋼・コンクリート複合構造物の開発とその設計法

    2011-

     詳細を見る

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究  

    活用分野・応用方法等:土木構造物、いわゆるインフラ・ストラクチャを構成するもので公共性が高く、第一に安全性が問われる。複合構造物は合理的に安全性を確保するだけではなく、急速施工による経済性も付与できる。

    複合構造には異種材料からなる合成部材や異種部材からなる混合構造がある。この構造の効用は異種材料あるいは部材間での接合に左右される。ここでは、要求性能に応じた接合法の開発とその設計法の提案を行う

科研費

  • 径厚比100以上のコンクリート充填薄肉円形鋼管部材の中心圧縮特性

    基盤研究(C)(2)  2002年04月

担当教育概要

  • 安価で造形性に富んだ建設材料であるコンクリートを題材に,その原料であるセメント,骨材,水,混和剤などの特性と施工法にはじまり,具体的な鉄筋コンクリート構造物を構築する際に必要となる設計法について学びます.

担当授業科目

  • 複合構造学

    2022年度   週間授業   大学院

  • 特別演習(構造工学II)

    2022年度   週間授業   大学院

  • 構造力学I

    2022年度   週間授業   大学

  • 構造力学II

    2019年度     大学

  • 建設材料学

    2022年度   週間授業   大学

  • コンクリート構造設計論

    2022年度   週間授業   大学

  • 橋梁工学

    2019年度     大学

  • 建設材料学

    2012年度     大学

  • コンクリート構造設計論

    2012年度     大学

  • 橋梁工学

    2012年度     大学

  • 特別演習・構造工学II

    2012年度    

  • 複合構造学

    2012年度    

  • 連続体力学

    2012年度    

  • 建設材料学

    2011年度     大学

  • コンクリート構造設計論

    2011年度     大学

  • 橋梁工学

    2011年度     大学

  • 特別演習・構造工学II

    2011年度    

  • 複合構造学

    2011年度    

  • 連続体力学

    2011年度    

  • 建設材料学

    2010年度     大学

  • コンクリート構造設計論

    2010年度     大学

  • 特別演習・構造工学II

    2010年度    

  • 複合構造学

    2010年度    

  • 特別演習・構造工学II

    2009年度    

  • 複合構造学

    2009年度    

  • 複合構造学

    2008年度    

  • 特別演習・構造工学II

    2008年度    

  • 複合構造学

    2007年度    

  • 特別演習・構造工学II

    2007年度    

  • 複合構造学

    2006年度    

  • 特別演習・構造工学II

    2006年度    

  • 複合構造学

    2005年度    

  • 特別演習・構造工学II

    2005年度    

  • 複合構造学

    2004年度    

  • 特別演習・構造工学II

    2004年度    

  • 複合構造学

    2003年度    

  • 特別演習・構造工学II

    2003年度    

  • 複合構造学

    2002年度    

  • 特別演習・構造工学II

    2002年度    

▼全件表示

FD活動

  • FD活動への貢献  2011年度

     詳細を見る

    学科内ならびに専攻内における構造工学関連科目の内容重複の有無など見直しを行い、科目の新設と廃止について討議した。

論文・研究指導集計

  • 2022年度

    卒業論文指導数:1名  卒業論文審査数:1件

    博士前期課程学生指導数:0名  博士後期課程学生指導数:0名

    修士論文審査数(主査):0件  修士論文審査数(副査):11件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):2件

  • 2011年度

    卒業論文指導数:6名  卒業論文審査数:6件

    博士前期課程学生指導数:6名  博士後期課程学生指導数:1名

    修士論文審査数(主査):6件  修士論文審査数(副査):1件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

社会貢献活動

  • その他活動

    2004年04月 - 2005年03月

     詳細を見る

    (社)建設コンサルタンツ協会近畿支部にて、橋梁維持管理研究委員会にて学術委員を務めた

  • その他活動

    2004年04月 - 2005年03月

     詳細を見る

    (社)建設コンサルタンツ協会近畿支部にて、橋梁維持管理研究委員会にて学術委員を務めた

外国人受入実績

  • 2000年度

    研究者受入数 :1名

    留学生受入数 :0名

国際交流活動

  • 本学交流活動大学の一つである、伯国サンパウロ大学工学部土木工学科のProf. Nakaoを本学に受け入れ、主として、両国間の設計法のフィロソフィについて、意見交換を行った

    活動区分 :研究

    2010年07月

その他

  • 職務経歴

    1985年04月

      詳細を見る

    大阪市立大学 助手