2024/02/07 更新

写真a

ゴトウ シンスケ
後藤 慎介
GOTO Shinsuke
担当
大学院理学研究科 生物学専攻 教授
理学部 生物学科
職名
教授
所属
理学研究院
連絡先
メールアドレス
通称等の別名
Shin G. Goto、ゴトウ/シンスケ
所属キャンパス
杉本キャンパス

担当・職階

  • 大学院理学研究科 生物学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 理学部 生物学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(地球環境科学) ( 北海道大学 )

研究分野

  • 環境・農学 / 昆虫科学

  • ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学

研究キーワード

  • 昆虫

  • 光周性

  • 休眠

  • 低温耐性

  • 季節適応

研究概要

  • 生物はどのようにして生存に不適切な環境を乗り越えようとするのか、その分子メカニズムはどのようなものか、を大きなテーマとして研究を行っている。なかでも昆虫の光周性機構に大きな関心を寄せている。ハエ、カメムシ、コオロギ,ダニやナメクジなどさまざまな無脊椎動物を対象とした研究を行っている。

研究歴

  • 季節適応の分子機構

    季節適応、低温耐性、休眠  個人研究

    1994年04月 - 継続中 

所属学協会

  • 日本昆虫学会

      国内

  • 日本動物学会

      国内

  • 日本応用動物昆虫学会

      国内

  • 英国王立昆虫学会

      国外

  • 日本時間生物学会

      国内

  • 日本比較生理生化学会

      国内

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 月刊 「昆虫と自然」 編集委員   株式会社ニューサイエンス社  

    2023年08月 - 2024年07月 

  • 常任委員  

    2023年 - 2024年08月 

  • 近畿支部委員   日本動物学会  

    2022年09月 - 2024年09月 

  • 大会運営委員   日本応用動物昆虫学会  

    2022年06月 - 2023年03月 

  • 将来計画委員・キャリアパス小委員会委員長   日本動物学会  

    2022年 - 2024年 

  • 日本応用動物昆虫学会大会運営委員   日本応用動物昆虫学会  

    2022年 - 2024年 

  • 賞および奨励金等候補者選考委員会 委員   日本応用動物昆虫学会  

    2022年 - 2024年 

  • 代議員   日本応用動物昆虫学会  

    2021年03月 - 2025年03月 

  • 第60回日本応用動物昆虫学会大会運営委員   日本応用動物昆虫学会  

    2021年 

  • 将来問題検討委員   日本昆虫学会  

    2020年09月 - 2024年09月 

  • 事務局長   日本昆虫科学連合  

    2020年07月 - 2024年06月 

  • 大会理事   日本昆虫学会  

    2019年09月 - 2021年09月 

  • 将来問題検討委員長   日本昆虫学会  

    2018年09月 - 2020年09月 

  • 代議員   日本昆虫学会  

    2018年09月 - 2022年09月 

  • 日本昆虫科学連合・昆虫学会代表委員   日本昆虫学会  

    2018年07月 - 継続中 

  • 評議員   日本マゴットフォーラム  

    2017年12月 - 継続中 

  • 評議員   日本昆虫学会  

    2017年 - 2018年 

  • 近畿支部委員   日本動物学会  

    2016年 - 継続中 

  • 評議員   日本比較生理生化学会  

    2016年 - 2019年 

  • 日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会運営委員   日本昆虫学会  

    2015年 - 2016年 

  • Editor, Physiological Entomology   Royal Entomological Society  

    2014年 - 継続中 

  • Editorial Board, Physiological Entomology   Royal Entomological Society  

    2014年 - 2015年 

  • 評議員   日本時間生物学会  

    2013年 - 継続中 

  • 庶務幹事   日本昆虫学会  

    2013年 - 2014年 

  • Guest Editor, Physiological Entomology   Royal Entomological Society  

    2013年 

  • 編集諮問委員   日本昆虫学会  

    2012年 - 2020年 

  • 広報委員   日本動物学会  

    2012年 - 2017年 

  • 編集委員   日本応用動物昆虫学会  

    2012年 - 2015年 

  • 近畿支部委員   日本動物学会  

    2012年 - 2015年 

  • 日本動物学会第53回大会準備委員   日本動物学会  

    2011年 - 2012年 

  • 近畿支部委員   日本動物学会  

    2009年 - 2010年 

  • CompBiol 2009(第34回日本比較内分泌学会大会・日本比較生理生化学会第31回大会合同大会)準備委員   日本比較生理生化学会  

    2009年 

  • 世話人   昆虫の季節適応談話会  

    2008年 - 継続中 

  • 近畿支部幹事   日本動物学会  

    2007年 - 2008年 

  • 近畿支部広報委員   日本動物学会  

    2007年 - 2008年 

▼全件表示

受賞歴

  • 学会賞

    2022年03月   日本応用動物昆虫学会  

  • Fellow of the Royal Entomological Society

    2015年03月   Royal Entomological Society  

  • Antarctica Service Medal

    Shinsuke Goto

    2013年02月   U.S. Antarctic Program  

  • 第119年学術大会優秀ポスター賞

    2012   日本地質学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 若手奨励賞

    2010   日本昆虫学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第158回例会 優秀ポスター賞

    2009   日本古生物学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • Ohio State University   Department of Entomology   Postdoc

    2000年04月 - 2002年02月

学歴

  • 北海道大学   地球環境科学研究科   生態環境科学   博士課程   卒業・修了

    1997年04月 - 1999年12月

  • 北海道大学   地球環境科学研究科   生態環境科学   修士課程   卒業・修了

    - 1997年

  • 北海道大学   理学部   生物学科 動物学専攻     卒業・修了

    - 1995年

論文

  • No evidence for the involvement of juvenile hormone III and 20-hydroxyecdysone in maternal decisions for embryonic diapause and diapause entry in the band-legged ground cricket Dianemobius nigrofasciatus (Orthoptera: Trigonidiidae) 査読

    Shimizu, Y., Goto, S.G.

    Applied Entomology and Zoology   59   51 - 59   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s13355-023-00853-6

  • Thermal responses of the embryos and early instar larvae of the Antarctic midge Belgica antarctica (Insecta: Diptera) 査読

    Yoshida, M., Goto, S.G.

    Polar Biology   46   539 - 544   2023年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1007/s00300-023-03142-8

  • Juvenile hormone identification in the cabbage bug Eurydema rugosa 査読

    Kodama A.

    Bulletin of Entomological Research   48   2023年03月( ISSN:00074853

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1017/S0007485321000158

  • Photoperiod controls insulin and juvenile hormone signaling pathways via the circadian clock in the bean bug Riptortus pedestris 査読

    57   363 - 377   2022年08月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s13355-022-00795-5

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/0002000078

  • Photoperiodic time measurement, photoreception, and circadian clocks in insect photoperiodism 招待 査読

    Goto, S.G.

    Applied Entomology and Zoology   2022年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s13355-022-00785-7

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/0002000077

  • Juvenile hormone as a causal factor for maternal regulation of diapause in a wasp 査読 国際共著

    144   103758   2022年03月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ibmb.2022.103758

  • Circadian clock outputs regulating insect photoperiodism: A potential role for glutamate transporter 査読

    Des Marteaux Lauren, Xi Jili, Mano Genyu, Goto Shin G.

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   589   100 - 106   2022年01月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2021.12.014

  • The circadian clock gene (Clock) regulates photoperiodic time measurement and its downstream process determining maternal induction of embryonic diapause in a cricket 査読

    Goto, S.G., Nagata, Masatoshi

    European Journal of Entomology   119   12 - 22   2022年01月( ISSN:1802-8829

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Possible biological processes controlled by the circatidal clock in the mangrove cricket inferred from transcriptome analysis 査読

    Takekata, H., Tachibana, S.I., Motooka D., Nakamura, S., Goto, S.G.

    Biological Rhythm Research   53 ( 6 )   908 - 920   2022年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1080/09291016.2020.1838747

  • Urban warming and artificial light alter dormancy in the flesh fly 査読

    Mukai Ayumu, Yamaguchi Koki, Goto Shin G.

    ROYAL SOCIETY OPEN SCIENCE   8 ( 7 )   2021年07月( ISSN:2054-5703

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1098/rsos.210866

  • Photoperiod controls egg laying and caudodorsal cell hormone expression but not gonadal development in the pond snail Lymnaea stagnalis 査読

    Kitai Hitomi, Kakuda Umi, Goto Shin G., Shiga Sakiko

    JOURNAL OF COMPARATIVE PHYSIOLOGY A-NEUROETHOLOGY SENSORY NEURAL AND BEHAVIORAL PHYSIOLOGY   207 ( 4 )   523 - 532   2021年07月( ISSN:0340-7594

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00359-021-01494-2

  • Diapause induction in Eotetranychus smithi (Acari: Tetranychidae): Effect of average temperature, but not of thermoperiod 査読

    Takano, Y., Goto, S.G., Gotoh, T.

    Physiological Entomology   46   8 - 15   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1111/phen.12335

  • Expression of aquaporins in response to distinct dehydration stresses that confer stress tolerances in the Antarctic midge Belgica antarctica 査読 国際共著

    Yoshida, M., Lee, R.E. Jr., Denlinger, D.L., Goto, S.G.

    Comparative Biochemistry and Physiology, Part A   256   110928   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.cbpa.2021.110928

  • Juvenile hormone III skipped bisepoxide is wide-spread in true bugs (Hemiptera: Heteroptera) 査読

    Matsumoto, K., Kotaki, T., Numata, H., Shinada, T., Goto, S.G.

    Royal Society Open Science   ( 8 )   202242   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1098/rsos.202242

  • Possible biological processes controlled by the circatidal clock in the mangrove cricket inferred from transcriptome analysis 査読

    Takekata, H., Tachibana, S.I., Motooka D., Nakamura, S., Goto, S.G.

    Biological Rhythm Research   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1080/09291016.2020.1838747

  • The autophagy-related protein GABARAP is induced during overwintering in the bean bug Riptortus pedestris (Hemiptera: Alydidae) 査読

    Tachibana, S.-I., Matsuzaki, S., Tanaka, M., Shiota, M., Motooka, D., Nakamura, S., Goto, S.G.

    Journal of Economic Entomology   113   427 - 434   2020年11月( ISSN:0022-0493

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/jee/toz287

  • Juvenile hormone III skipped bisepoxide, not its stereoisomers, as a juvenile hormone of the bean bug Riptortus pedestris 査読

    ndo, Y., Matsumoto, K., Misaki, K., Mano, G., Shiga, S., Numata, H., Kotaki, T., Shinada, T., Goto, S.G.

    General and Comparative Endocrinology   289   113394   2020年11月( ISSN:0016-6480

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.ygcen.2020.113394

  • Structure determination of juvenile hormone from Chagas disease vectors, Rhodnius prolixus and Triatoma infestans. 査読

    Matsumoto, K., Yasuno, Y., Yasuda, K., Hayashi, T., Goto, S.G., Shinada, T.

    Chemistry Letters   49   538 - 541   2020年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1246/cl.200126

  • Cold storage of diapausing larvae and post-storage performance of adults in the blowfly Lucilia sericata (Diptera: Calliphoridae) 査読

    Ichikawa, A., Ikeda, M., Goto, S.G.

    Applied Entomology and Zoology   2020年04月( ISSN:0003-6862

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1007/s13355-020-00685-8

  • Robustness of latitudinal life-cycle variations in a cricket Dianemobius nigrofasciatus (Orthoptera: Trigonidiidae) in Japan against climate warming over the last five decades 査読

    Matsuda, N., Fujita, S., Tanaka, K., Watari, Y., Shintani, Y., Goto, S.G., Nisimura, T., Izumi, Y., Numata, H.

    Applied Entomology and Zoology   54 ( 4 )   349 - 357   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1007/s13355-019-00629-x

  • Distinct Physiological Mechanisms Induce Latitudinal and Sexual Differences in the Photoperiodic Induction of Diapause in a Fly 査読

    Yamaguchi, K., Goto, S.G.

    JOURNAL OF BIOLOGICAL RHYTHMS   34 ( 3 )   293 - 306   2019年06月( ISSN:0748-7304

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1177/0748730419841931

  • Roles of the circadian clock and the endocrine regulator in the photoperiodic response of the brown-winged green bug, Plautia stali 査読

    Tamai, T., Shiga, S., Goto, S.G.

    Physiological Entomology   44   43 - 52   2019年03月( ISSN:1365-3032

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1002/PHEN.12274

  • A nudibranch removes rival sperm with a disposable spiny penis 査読

    Sekizawa, A., Goto, S.G., Nakashima, Y.

    Journal of Ethology   37   21 - 29   2019年01月( ISSN:1439-5444

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1007/s10164-018-0562-z

  • Cell cycle regulator, small silencing RNA, and segmentation patterning gene expression in relation to embryonic diapause in the band-legged ground cricket. 招待 査読

    Shimizu, Y., Tamai, T., Goto, S.G.

    Insect Biochemistry and Molecular Biology   102   75 - 83   2018年11月( ISSN:0965-1748

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ibmb.2018.09.012

  • Northward expansion of the bivoltine life cycle of the cricket over the last four decades 査読

    Matsuda, N., Tanaka, K., Watari, Y., Shintani, Y., Goto, S.G., Nisimura, T., Izumi, Y., Numata, H.

    Global Change Biology   24   5622 - 5628   2018年11月( ISSN:1365-2486

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1111/gcb.14436

  • Cold acclimation increases cold tolerance independently of diapause programing in the bean bug, Riptortus pedestris 査読 国際共著

    Rozsypal, J., Moos, M., Goto, S.G.

    Bulletin of Entomological Research   108 ( 4 )   487 - 493   2018年08月( ISSN:0007-4853

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1017/S0007485317001006

  • Cell cycle arrest in the jewel wasp Nasonia vitripennis in larval diapause 査読

    Shimizu, Y., Mukai, A, Goto, S.G.

    Journal of Insect Physiology   106   147 - 152   2018年04月( ISSN:0022-1910

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.jinsphys.2016.11.011

  • Upregulation of heat-shock proteins in larvae, but not adults, of the flesh fly during hot summer days 査読

    Harada, E., Goto, S.G.

    Cell Stress & Chaperones   22 ( 6 )   823 - 831   2017年11月( ISSN:1355-8145

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1007/s12192-017-0812-y

  • Transcriptome analysis of the brain under diapause and non-diapause conditions in the blowfly, Protophormia terraenovae. 招待 査読

    Hase, H., Koukai, M., Hamanaka, Y., Goto, S.G., Tachibana, S.-I., Shiga, S.

    Physiological Entomology   42   282 - 289   2017年07月( ISSN:1365-3032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1111/phen.12205

  • Distribution of PERIOD-immunoreactive neurons and temporal change of the immunoreactivity under long-day and short-day conditions in the larval brain of the flesh fly Sarcophaga similis 査読

    Yamamoto, M., Shiga, S., Goto, S.G.

    Chronobiology International   34 ( 6 )   819 - 825   2017年07月( ISSN:0742-0528

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1080/07420528.2017.1310736

  • Isolation of biologically active peptides from the venom of Japanese carpenter bee, Xylocopa appendiculata 招待 査読

    Kawakami, H., Goto, S.G., Murata, K., Matsuda, H., Shigeri, Y., Imura, T., Inagaki, H., Shinada, T.

    Journal of Venomous Animals and Toxins including Tropical Diseases   23 ( 1 )   2017年05月( ISSN:1678-9199

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1186/s40409-017-0119-6

  • Identification of allatostatic molecules in the brown-winged green bug Plautia stali. 査読

    Matsumoto, K., Suetsugu, Y., Tanaka, Y., Kotaki, T., Goto, S.G., Shinoda, T., Shiga, S.

    Journal of Insect Physiology   96   21 - 28   2017年05月( ISSN:0022-1910

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jinsphys.2016.10.005

  • Dedicated issue: photoperiodic induction of diapause and seasonal morphs 招待 国際共著

    Hahn, D.A., Goto, S.G.

    Physiological Entomology   42   199 - 199   2017年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Physiological and molecular mechanisms underlying photoperiodism in the spider mite: comparisons with insects 招待 査読

    Goto, S.G.

    Journal of Comparative Physiology B   186   969 - 984   2016年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00360-016-1018-9

  • The clock gene period is essential for the photoperiodic response in the jewel wasp Nasonia vitripennis (Hymenoptera: Pteromalidae). 査読

    Mukai, A., Goto, S.G.

    Applied Entomology and Zoology   51   185 - 194   2016年( ISSN:0003-6862

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1007/s13355-015-0384-1

  • Temperature cycle amplitude alters the adult eclosion time and expression pattern of the circadian clock gene period in the onion fly. 査読

    Miyazaki, Y., Tanaka, K., Watari, Y., Goto, S.G.

    Journal of Insect Physiology   86   54 - 59   2016年( ISSN:0022-1910

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.jinsphys.2016.01.002

  • Circadian clock regulates photoperiodic responses governed by distinct output pathways in the bean bug, Riptortus pedestris. 査読

    Omura, S., Numata, H., Goto, S.G.

    Biological Rhythm Research   47   937 - 945   2016年( ISSN:0929-1016

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1080/09291016.2016.1212515

  • Aquaporins in the Antarctic midge, an extremophile that relies on dehydration for cold survival 招待 査読 国際共著

    Goto, S.G., Lee, R.E., Denlinger, D.L.

    Biological Bulletin   229   47 - 57   2015年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1086/BBLv229n1p47

  • Continuous activity and no cycling of clock genes in the Antarctic midge during the polar summer. 査読 国際共著

    Kobelkova, A., Goto, S.G., Peyton, J.T., Ikeno, T., Lee, R.E. Jr., Denlinger, D.L.

    Journal of Insect Physiology   81   90 - 96   2015年( ISSN:0022-1910

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.jinsphys.2015.07.008

  • Circatidal rhythm and the veiled clockwork 招待 査読

    Goto, S.G., Takekata, H.

    7   92 - 97   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: doi.org/10.1016/j.cois.2014.12.004

  • Silencing the circadian clock gene Clock using RNAi reveals dissociation of the circatidal clock from the circadian clock in the mangrove cricket. 査読

    Takekata, H., Numata, H., Shiga, S., Goto, S.G.

    Journal of Insect Physiology   68   16 - 22   2014年( ISSN:0022-1910

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.jinsphys.2014.06.012

  • Involvement of the brain region containing pigment-dispersing factor-immunoreactive neurons in the photoperiodic response of the bean bug, Riptortus pedestris. 査読

    Ikeno, T., Numata, H., Goto, S.G., Shiga, S.

    Journal of Experimental Biology   217   453 - 462   2014年( ISSN:0022-0949

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1242/jeb.091801

  • Both the anterior and posterior eyes function as photoreceptors for photoperiodic termination of diapause in the two-spotted spider mite. 査読

    Hori, Y., Numata, H., Shiga, S., Goto, S.G.

    Journal of Comparative Physiology A   200   161 - 167   2014年( ISSN:0340-7594

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1007/s00359-013-0872-0

  • Life history traits of adults and embryos of the Antarctic midge Belgica antarctica. 査読 国際共著

    Harada, E., Lee, R.E. Jr., Denlinger, D.L., Goto, S.G.

    Polar Biology   37   1213 - 1217   2014年( ISSN:0722-4060

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1007/s00300-014-1511-0

  • Roles of circadian clock genes in insect photoperiodism 招待 査読

    Goto, S.G.

    Entomological Science   16   1 - 16   2013年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/ens.12000

  • Desiccation and heat tolerance of eggs of the Asian tadpole shrimp, Triops granarius. 査読

    Ito, C., Goto, S.G., Numata, H.

    Zoological Science   30   760 - 766   2013年( ISSN:0289-0003

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.2108/zsj.30.760

  • Effects of ablation of the pars intercerebralis on ecdysteroid quantities and yolk protein expression in the blow fly, Protophormia terraenovae 招待 査読

    Tanaka, A., Kuga, Y., Tanaka, Y., Goto, S.G., Numata, H., Shiga, S.

    Physiological Entomology   38   192 - 201   2013年( ISSN:1365-3032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1111/phen.12012

  • Circadian clock gene, Clock, is involved in the photoperiodic response of the bean bug Riptortus pedestris. 招待 査読

    Ikeno, T., Ishikawa, K., Numata, H., Goto, S.G.

    Physiological Entomology   38   157 - 162   2013年( ISSN:1365-3032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1111/phen.12013

  • Light masking of the circatidal activity rhythm in the mangrove cricket Apteronemobius asahinai. 査読

    Takekata, H., Goto, S.G., Satoh, A., Numata H.

    Biological Rhythm Research   45   229 - 233   2013年( ISSN:0929-1016

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1080/09291016.2013.797639

  • RNAi of the circadian clock gene period disrupts the circadian rhythm but not the circatidal rhythm in the mangrove cricket 査読

    Takekata, H., Matsuura, Y., Goto, S.G., Sato, A., Numata, H.

    Biology Letters   8   488 - 491   2012年( ISSN: 1744-9561

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1098/rsbl.2012.0079

  • Causal involvement of mammalian-type cryptochrome in the circadian cuticle deposition rhythm in the bean bug Riptortus pedestris 査読

    Ikeno T., Katagiri C., Numata H., Goto S.G.

    Insect Molecular Biology   20 ( 3 )   409 - 415   2011年06月( ISSN:0962-1075

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1111/j.1365-2583.2011.01075.x

    その他URL: http://orcid.org/0000-0002-4431-7531

  • Effects of acclimation temperature on membrane phospholipids in the flesh fly Sarcophaga similis 査読

    Goto, S.G., Katagiri, C.

    Entomological Science   14   224 - 229   2011年( ISSN:1479-8298

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Thermoperiodic regulation of the circadian eclosion rhythm in the flesh fly, Sarcophaga crassipalpis 査読

    Miyazaki, Y., Goto, S.G., Tanaka, K., Saito, O., Watari, Y.

    Journal of Insect Physiology   57   1249 - 1258   2011年( ISSN:0022-1910

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Photoperiodic response requires mammalian-type cryptochrome in the bean bug Riptortus pedestris 査読

    Ikeno, T., Numata, H., Goto, S.G.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   410   394 - 397   2011年( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    0006-291X

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2011.05.142

  • Temperature entrainment of the circadian cuticle deposition rhythm in Drosophila melanogaster 査読

    Ito, C., Goto, S.G., Tomioka, K., Numata, H.

    Journal of Biological Rhythms   26   14 - 23   2011年( ISSN:15524531

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1177/0748730410391640

  • Functional characterization of an aquaporin in the Antarctic midge Belgica antarctica 招待 査読 国際共著

    Goto, S.G., Philip, B.N., Teets, N.M., Kawarasaki, Y., Lee, R.E., Denlinger, D.L.

    Journal of Insect Physiology   57   1106 - 1114   2011年( ISSN:0022-1910

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Circadian clock genes period and cycle regulate photoperiodic diapause in the bean bug Riptortus pedestris males 査読

    Ikeno, T., Numata, H., Goto, S.G.

    Journal of Insect Physiology   57   935 - 938   2011年( ISSN:0022-1910

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Dominant and recessive inheritance patterns of diapause in thetwo-spotted spider mite, Tetranychus urticae. 査読

    Kawakami, Y., Ito, K., Numata, H., Goto, S.G.

    Journal of Heredity   101   20 - 25   2010年( ISSN:0022-1503

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Survival rate and expression of Heat-shock protein 70 and Frost genes after temperature stress in Drosophila melanogaster lines that are selected for recovery time from temperature coma 査読

    Udaka, H., Ueda, C., Goto, S.G.

    Journal of Insect Physiology   56   1889 - 1894   2010年( ISSN:0022-1910

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Sexual difference in the photoperiodic induction of pupal diapause in the flesh fly Sarcophaga similis. 査読

    Tagaya, J., Numata, H., Goto, S.G.

    Entomological Science   13   311 - 319   2010年( ISSN:1479-8298

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Photoperiodic diapause under control of circadian clock genes in an insect. 査読

    Ikeno, T., Tanaka, S.I., Numata, H., Goto, S.G.

    BMC Biology   8 ( 116 )   2010年( ISSN:1741-7007

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Influence of habitat change on the evolution of morphology and life history traits of azooxanthellate solitary corals (Scleractinia: Flabellidae). 査読

    Tokuda, Y., Ikeno, T., Goto, S.G., Numata, H., Ezaki, Y.

    Biological Journal of the Linnean Society   101   184 - 192   2010年( ISSN:0024-4066

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Spectral sensitivity of light-induced hatching and expression of genes involved in the photoreception in the eggs of tadpole shrimp Triops granarius. 査読

    Kashiyama, K., Ito, C., Numata, H., Goto, S.G.

    Comparative Biochemistry and Physiology Part A   156   416 - 421   2010年( ISSN:1095-6433

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Photoperiodic effect on the clock gene expression and subcellular distribution of PERIOD in the circadian clock neurons of the blow fly, Protophormia terraenovae 査読

    Muguruma, F., Goto, S.G., Numata, H., Shiga, S.

    Cell and Tissue Research   340   497 - 507   2010年( ISSN:1432-0878

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Fatty acids of membrane phospholipids in Drosophila melanogaster lines showing rapid and slow recovery from chill coma. 査読

    Goto, S.G., Udaka, H., Ueda, C., Katagiri, C.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   391   1251 - 1254   2010年( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Alteration of the pupal diapause program and regulation of larval duration by photoperiod in the flesh fly Sarcophaga similis Meade (Diptera: Sarcophagidae) 査読

    Goto, S.G., Numata, H.

    Applied Entomology and Zoology   44 ( 4 )   603 - 609   2009年11月( ISSN:0003-6862

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1303/aez.2009.603

    その他URL: http://orcid.org/0000-0002-4431-7531

  • Suppression of ovarian development and vitellogenin gene expression in adult diapause of the two-spotted spider mite, Tetranychus urticae. 査読

    Kawakami, Y., Goto, S.G., Ito, K., Numata, H.

    Journal of Insect Physiology   55   70 - 77   2009年( ISSN:0022-1910

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A simple, heat-sterilisable artificial diet excluding animal-derived ingredients for Lucilia sericata adults. 査読

    Zhang, B., Mitsui, H., Numata,H., Goto, S.G.

    Medical and Veterinary Entomology   23 ( 4 )   443 - 447   2009年( ISSN:1365-2915

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Possible involvement of distinct photoreceptors in the photoperiodic induction of diapause in the flesh fly Sarcophaga similis. 査読

    Goto, S.G., Numata, H.

    Journal of Insect Physiology   55   401 - 407   2009年( ISSN:0022-1910

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Genetic analysis of diapause capability and association between larval and pupal photoperiodic responses in the flesh fly Sarcophaga similis 査読

    Goto, S.G.

    Physiological Entomology   34   46 - 51   2009年( ISSN:1365-3032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Molecular characterization of visual pigments in Branchiopoda and the evolution of opsins in Arthropoda. 査読

    Kashiyama, K., Seki, T., Numata, H.& Goto, S.G.

    Molecular Biology and Evolution   26   299 - 311   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Maternal control of desiccation and cold tolerance of eggs of the band-legged ground cricket, Dianemobius nigrofasciatus. 招待 査読

    Goto, S.G., Doi, K., Nakayama, S., Numata, H.

    Entomological Research   38   17 - 23   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effectsof photoperiod and acclimation temperature on heat and cold tolerance in the terrestrial slug, Lehmannia valentiana (Pulmonata: Limacidae). 査読

    Udaka, H., Goto, S.G., Numata, H.

    Applied Entomology and Zoology   43   547 - 551   2008年( ISSN:0003-6862

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Molecular characterization of the circadian clock genes in the bean bug, Riptortus pedestris, and their expression patterns under long- and short-day conditions. 査読

    Ikeno, T., Numata, H., Goto, S.G.

    Gene   419   56 - 61   2008年( ISSN:0378-1119

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Peripheral circadian clock for the cuticle deposition rhythm in Drosophila melanogaster. 査読

    Ito, C., Goto, S.G., Shiga, S., Tomioka, K., Numata, H.

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the USA   105   8446 - 8451   2008年( ISSN: 0027-8424

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Short-term cold storage of blowfly Lucilia sericata embryos 査読

    Zhang, B., Mitsui, H., Numata, H., Goto, S.G.

    Insect Science   15   225 - 228   2008年( ISSN:1744-7917

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Seasonal reproductive cycle in relation to tolerance to high temperatures in the terrestrial slug, Lehmannia valentiana. 査読

    Udaka, H., Mori, M., Goto, S.G., Numata, H.

    Invertebrate Biology   126   154 - 162   2007年( ISSN:1077-8306

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A nondiapausing variant of the flesh fly, Sareophaga bullata, that shows arrhythmic adult eclosion and elevated expression of two circadian clock genes, period and timeless 招待 査読 国際共著

    Goto S.G., Han B., Denlinger D.L.

    Journal of Insect Physiology   52 ( 11-12 )   1213 - 1218   2006年( ISSN:0022-1910

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.jinsphvs.2006.09.003

  • Gene expression of heat-shock proteins, Hsp23, Hsp70 and Hsp90, in relation to the pupal diapause of the blow fly Lucilia sericata. 招待 査読

    Tachibana, S.-I., Numata, H., Goto, S.G.

    Journal of Insect Physiology   51   641 - 647   2005年( ISSN:0022-1910

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 昆虫の羽化リズムにおける温度周期の重要性-土中で蛹化するハエ類を例に-  査読

    渡康彦・瀧巌・松井崇明・齋藤治・後藤慎介・田中一裕

    芦屋大学論叢   43   119 - 130   2004年( ISSN:0385-3233

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • Heat-shock-responsive genes are not involved in the adult diapause of Drosophila triauraria. 査読

    Goto, S.G., Kimura, M.T.

    Gene   326   117 - 122   2004年( ISSN:0378-1119

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Genes encoding two cystatins in the flesh fly Sarcophaga crassipalpis and their distinct expression patterns in relation to pupal diapauses 査読 国際共著

    Goto, S. G., Denlinger, D. L.

    Gene   292   121 - 127   2002年( ISSN:0378-1119

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Short-day and long-day expression patterns of genes involved in the flesh fly clock mechanism: period, timeless, cycle and cryptochrome 査読 国際共著

    Goto, S.G., Denlinger, D.L.

    Journal of Insect Physiology   48   803 - 816   2002年( ISSN:0022-1910

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Phylogenetic utility of mitochondrial COI and nuclear Gpdh genes in Drosophila 査読

    Goto, S.G., Kimura, M.T.

    Molecular Phylogenetics and Evolution   18   404 - 422   2001年( ISSN:10557903

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A novel gene that is up-regulated during recovery from cold shock in Drosophila melanogaster 査読

    Goto, S.G.

    Gene   270   259 - 264   2001年( ISSN:03781119

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Upregulation of genes belonging to the drosomycin family in diapausing adults of Drosophila triauraria 査読

    Daibo, S., Kimura, M.T., Goto, S.G.

    Gene   278   177 - 184   2001年( ISSN:03781119

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Phylogenetic relationship and climatic adaptations in the Drosophila takahashii and montium species subgroups 査読

    Goto, S.G., Kitamura, H.W., Kimura, M.T.

    Molecular Phylogenetics and Evolution   15   147 - 156   2000年( ISSN:1055-7903

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1006/mpev.1999.0727

  • Expression of a Drosophila homologue of senescence marker protein-30 during cold acclimation 査読

    Goto, S.G.

    Journal of Insect Physiology   46   1111 - 1120   2000年( ISSN:00221910

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1016/S0022-1910(99)00221-8

  • Faunal and ecological surveys on Drosophilid flies in a subtropical island of Japan, Iriomote-jima 査読

    Hirai, Y., Goto, S.G., Yoshida, T., Kimura, M.T.

    Entomological Science   3   273 - 284   2000年( ISSN:1479-8298

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Evolution of overwintering strategies in Eurasian species of the Drosophila obscura species group 査読

    Goto, S.G., Yoshida, T., Beppu, K., Kimura, M.T.

    Biological Journal of the Linnean Society   68   429 - 441   1999年( ISSN:00244066

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1111/j.1095-8312.1999.tb01179.x

  • Accumulation of Hsp70 mRNA under environmental stresses in diapausing and nondiapausing adults of Drosophila triauraria 査読

    Goto, S.G., Yoshida, K.M., Kimura, M.T.

    Journal of Insect Physiology   44   1009 - 1015   1998年( ISSN:00221910

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/S0022-1910(97)00143-1

  • Heat- and cold-shock responses and temperature adaptations in subtropical and temperate species of Drosophila 査読

    Goto, S.G., Kimura, M.T.

    Journal of Insect Physiology   44   1233 - 1239   1998年( ISSN:00221910

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/S0022-1910(98)00101-2

  • The effect of age, sex and diapause on desiccation tolerance in Drosophila triauraria 査読

    Goto, S.G., Tagawa, M., Kimura, M.T.

    Japanese Journal of Entomology   65   362 - 368   1997年( ISSN:09155805

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Molecular Mechanisms of Photoperiodism 査読

    ( 担当: 分担執筆)

    2023年04月  ( ISBN:978-981-99-0726-7

     詳細を見る

    担当ページ:271-291   参加形態:ファーストオーサー

    DOI: 10.1007/978-981-99-0726-7

  • Photoperiodism, Insects

    Goto, S.G., Matsumoto, K.( 担当: 共著)

    Elsevier・The Encyclopedia of Reproduction 2nd Edition  2018年  ( ISBN:9780128118993

     詳細を見る

    担当ページ:420-450   著書種別:事典・辞書  

  • ヒトとハエの甘味感度 ~ヒトの甘味官能テストとキンバエ類の吻伸展テスト~

    後藤慎介( 担当: 単著)

    大阪公立大学出版会・生物学実験への招待  2017年  ( ISBN:978-4-907209-67-4

     詳細を見る

    著書種別:教科書・概説・概論  

  • 生物時計が季節を知らせる

    後藤慎介( 担当: 単著)

    共立出版・研究者が教える動物実験 第1巻感覚  2015年  ( ISBN:978-4-320-05772-2

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 生物時計で季節を知る

    池野知子・後藤慎介( 担当: 共著)

    共立出版・研究者が教える動物実験 第1巻感覚  2015年  ( ISBN:978-4-320-05772-2

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • Insect Photoperiodism.

    Goto, S.G., Numata, H.( 担当: 共著)

    CRC Press・ Insect Molecular Biology and Ecology  2014年  ( ISBN:9781482231885

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 「マイクロピペットの使い方」「コオロギの交尾行動と闘争行動の観察」「原生動物の生理」「昆虫のボディプラン:カイコ幼虫の解剖」

    後藤慎介( 担当: 単著)

    大阪公立大学出版会・生物学実験への招待  2014年  ( ISBN:978-4-907209-17-9

     詳細を見る

    著書種別:教科書・概説・概論  

  • 「光周性」「耐寒性」「南極で昆虫のリズムを調べる」「RNA干渉」

    後藤慎介( 担当: 単著)

    北隆館・昆虫の時計  2014年  ( ISBN:978-4832607590

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 生物学辞典第5版

    後藤慎介( 担当: 共著)

    岩波書店  2013年  ( ISBN:9784000803144

     詳細を見る

    著書種別:事典・辞書  

  • 「ショウジョウバエの耐寒性とHsp」「ショウジョウバエ」「ニクバエ」

    後藤慎介( 担当: 共著)

    岡山大学出版会・昆虫の耐寒性―その仕組みと調べ方―  2010年  ( ISBN:978-4-904228-14-2

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 生きものなんでも相談 

    後藤慎介( 担当: 共著)

    大阪公立大学出版会・OMUPブックレットNo.25  2009年  ( ISBN:978-4-901409-60-5

     詳細を見る

    著書種別:一般書・啓蒙書  

  • 「光周性」「耐寒性」

    後藤慎介( 担当: 単著)

    共立出版・分子昆虫学  2009年  ( ISBN:9784320056954

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • Photoperiodism in insects: Photoreception of light and the role of clock genes.

    Goto, S.G., Shiga, S.& Numata, H.( 担当: 共著)

    Oxford University Press・Photoperiodism: The Biological Calendar  2009年  ( ISBN:9780195335903

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • ショウジョウバエの冬への適応と進化

    後藤慎介( 担当: 単著)

    東海大学出版会・耐性の昆虫学  2008年  ( ISBN:9784486017905

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 第6章:温度効果 & 第7章:体温調節.

    後藤慎介(翻訳)   ( 担当: 単訳)

    東京大学出版会・動物生理学-環境への適応 [原書第5版]  2007年  ( ISBN:978-4-13-060218-1

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 遺伝子から見た耐寒性

    後藤慎介( 担当: 単著)

    東海大学出版会・休眠の昆虫学  2004年  ( ISBN:4486016424

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 都市の夜は明るいか―ナミニクバエの場合 招待 査読

    向井歩,多賀谷純,後藤慎介,沼田英治

    比較生理生化学   2022年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 昆虫の季節適応研究の現状と今後の展開 招待

    後藤慎介

    北隆館・昆虫と自然   ( 700 )   20 - 23   2017年( ISSN:00233218

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • ナミハダニの休眠とその誘導機構 招待 査読

    後藤慎介

    植物防疫   70 ( 3 )   15 - 20   2016年( ISSN:00374091

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • ナミハダニの光周性機構 招待 査読

    後藤慎介,遠藤淳

    比較生理生化学   32   109 - 117   2015年( ISSN:1881-9346

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 生物学実験室・実験で知る自然環境と人間(都市環境とセミの生活) 招待

    後藤慎介

    大阪市立大学基礎教育実験棟・情報発信誌BEEBER   9   5 - 5   2013年

     詳細を見る

  • 昆虫の光周性に時計遺伝子は関わるか? 招待

    後藤慎介

    北隆館・昆虫と自然   10   2013年( ISSN:00233218

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著  

  • ショウジョウバエの耐寒性と膜脂質 招待 査読

    -

    低温科学   69   145 - 149   2011年( ISSN:18807593

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • A possible biosynthetic pathway of juvenile hormone III skipped bisepoxide (JHSB3), a heteropteran juvenile hormone 国内会議

    2023年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Adult emergence is regulated by allatotropin under the control of Myoglianin in a cricket, Modicogryllus siamensis 国内会議

    2023年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 季節を生き抜く昆虫たちの生理学:温帯、都市、南極での休眠 招待 国内会議

    後藤慎介

    岡山大学昆虫学土曜セミナー  2023年09月 

  • タンボコオロギの変態制御機構:羽化制御因子Myoglianinによって制御されるSIFamide receptorとallatotropin 国内会議

    篠原従道,後藤慎介

    日本動物学会第94回山形大会  2023年09月  日本動物学会

     詳細を見る

    開催地:山形  

  • 南極に生息するナンキョクユスリカの季節適応機構:内因性休眠と凍結による休眠終了 国内会議

    吉田美月,後藤慎介

    日本動物学会第94回山形大会  2023年09月  日本動物学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山形  

  • ナンキョクユスリカの生活史に見られる季節性は内因性休眠と凍結による休眠終了によって生みだされる 国内会議

    吉田美月,後藤慎介

    日本昆虫学会第82回大会  2023年09月  日本昆虫学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:佐賀  

  • キョウソヤドリコバチの概日歩行活動リズムと光周性は異なる時計によって制御される 国内会議

    向井歩,後藤慎介

    第30回日本時間生物学会学術大会  2023年09月  日本時間生物学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

  • Chromosome-scale genome assembly of the band-legged ground cricket Dianemobius nigrofasciatus: Insights into maternal and photoperiodic regulation of embryonic diapause 国際会議

    Kataoka, K., Shimizu, Y., Koshiishi, Y., Sanno, R., Naito, K., Asahi, T., Goto, S.G.

    Non-Traditional Arthropod Model Systems: Studying Form and Function2023  2023年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Brunswick, Maine, USA  

  • チャコウラナメクジの歩行活動リズムと概日時計 国内会議

    原田 祥吾,後藤 慎介

    第67回日本応用動物昆虫学会大会  2023年03月 

     詳細を見る

    開催地:大阪  

  • キイロショウジョウバエDrosophila melanogasterの羽化リズムにおける1日目と2日目の羽化時刻の違いをもたらす要因の調査 国内会議

    渡康彦,宮崎洋祐,後藤慎介,黒木出,田中一裕

    第29回日本時間生物学会学術大会  2022年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:宇都宮  

  • キイロショウジョウバエの温度周期化での羽化リズムー平均温度の影響― 国内会議

    渡康彦,宮崎洋祐,後藤慎介,黒木出,田中一裕

    日本昆虫学会第82回大会  2022年09月 

     詳細を見る

    開催地:松本  

  • Larval oogenesis in the Antarctic midge, Belgica antarctica 国際会議

    Yoshida, M., Goto, S.G.

    21st International Symposium on Chironomidae  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Long winter breaks obligatory diapause in the Antarctic midge 国際共著 国際会議

    Yoshida, M., Teets, N., Goto, S.G.

    9th internationa Symposium on the Environmental Physiology of Ectotherms and Plants  2022年07月  ISEPEP

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Renne, France  

  • Photoperiodic regulation of insulin and juvenile hormone signaling pathways through the circadian clock in a bean bug 国際会議

    Mano, G., Goto, S.G.

    XXVI International Congress of Entomology  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Seasonal adaptation of embryos and larvae of the Antarctic midge 国際共著 国際会議

    Yoshida, M., Denlinger, D.L., Lee, R.E., Goto, S.G.

    XXVI International Congress of Entomology  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Helsinki, Finland  

  • The role of juvenile hormone in the photoperiodic response in the jewel wasp, Nasonia vitripennis 国際共著 国際会議

    Mukai, A., Mano, G., Des Marteaux, L., Shinada, T., Goto, S.G.

    XXVI International Congress of Entomology  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Helsinki, Finland  

  • 昆虫の季節適応機構に関する分子生理学的研究 招待 国内会議

    後藤慎介

    第66回日本応用動物昆虫学会大会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • カメムシ目昆虫の幼若ホルモンの多様性 国内会議

    立花光,品田哲郎,後藤慎介

    第66回日本応用動物昆虫学会大会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • キョウソヤドリコバチの母性休眠制御にかかわる幼若ホルモン 国内会議

    向井歩,間野玄雄,品田哲郎,後藤慎介

    第81回日本昆虫学会大会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • マダラスズ休眠卵における20-ヒドロキシエクジソンと幼若ホルモンⅢの定量 国内会議

    清水悠太・後藤慎介

    第66回日本応用動物昆虫学会大会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Seasonal adaptation of embryos and larvae in the Antarctic midge 国際会議

    Yoshida, M., Goto, S.G.

    2021 Annual Seasonal Symposium  2021年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 都市温暖化と人工照明がナミニクバエの休眠誘導に及ぼす影響 国内会議

    向井歩,山口幸紀,後藤慎介

    第81回日本昆虫学会大会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ナンキョクユスリカ幼虫の発育停止と蛹化・羽化の誘導 国内会議

    吉田美月,後藤慎介

    第81回日本昆虫学会大会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ホソヘリカメムシのインスリン免疫陽性細胞の形態 国内会議

    間野玄雄,後藤慎介

    2021年日本動物学会近畿支部研究発表会  2021年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ナミニクバエ光周性の臨界日長の緯度クラインを生み出す生理機構:概日時計の違いに注目して 国内会議

    吉永奈央,後藤慎介

    第65回日本応用動物昆虫学会大会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 授粉昆虫ヒロズキンバエの低温保存と成虫のパフォーマンス 国内会議

    後藤慎介,市川葵,池田基紘

    第65回日本応用動物昆虫学会大会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ナミニクバエ終齢幼虫の脳における神経ペプチドPDFおよびsNPFの分布 国内会議

    渕側太郎,後藤慎介

    第65回日本応用動物昆虫学会大会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ホソヘリカメムシの越冬時に誘導されるオートファジー関連タンパク質GABARAP 国内会議

    橘真一郎,松崎真二,田中昌子,塩田正之,元岡大祐,中村昇太,後藤 慎介

    第64回日本応用動物昆虫学会大会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • キイロショウジョウバエの異なる温度周期下での羽化の同調 国内会議

    渡康彦,宮崎洋祐,黒木出,後藤慎介,田中一裕

    第64回日本応用動物昆虫学会大会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 昆虫の環境適応と時間設定機構 招待 国内会議

    後藤慎介

    生物リズム2019若手研究者の集い  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • A laboratory rearing of the Antarctic midge, Belgica antarctica: effect of the temperature and diet and possible seasonal adaptation 国内会議

    Yoshida, M., Goto, S.G.

    第10回極域科学シンポジウム  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 様々な昆虫種における脳キノコ体ケニヨン細胞サブタイプの探索と比較解析 国内会議

    鈴木敦己,木下充代,向井歩,小口晃平,水波誠,蟻川謙太郎,後藤慎介,三浦 徹, 久保健雄

    第42回日本分子生物学会年会  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • キイロショウジョウバエの光周期下での羽化時計 国内会議

    渡康彦,後藤慎介,宮崎洋祐,黒木出,田中一裕

    日本昆虫学会第79回大会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ナンキョクユスリカの飼育と蛹化・羽化の誘導 国内会議

    吉田美月,後藤慎介

    日本昆虫学会第79回大会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Juvenile hormone of the cabbage bug Eurydema rugosa (Heteroptera: Pentatomidae): its chemical structure and biological activity 招待 国際会議

    Kodama A., Matsumoto, K., Shinada, T., and Goto, S.G.

    FAO/IAEA RESEARCH COORDINATION MEETING ON Dormancy Management to Enable Mass-rearing and Increase Efficacy of Sterile Insects and Natural Enemies  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • ナンキョクユスリカの飼育と蛹化誘導 国内会議

    吉田美月、後藤慎介

    第30回ユスリカ研究集会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ナガメの幼若ホルモンの同定と休眠への関与 国内会議

    児玉彩,松本圭司,品田哲郎,後藤慎介

    第63回日本応用動物昆虫学会大会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • カメムシ類における幼若ホルモン構造の網羅的な解析 招待 国内会議

    松本圭司、嘉糠洋陸、齊木選射、沼田英治、小滝豊美、品田哲郎、後藤慎介

    第7回昆虫ホルモン談話会:篠田徹郎博士退職記念集会「幼若ホルモン研究のこれまでとこれから」@第63回日本応用動物昆虫学会大会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 日本列島におけるマダラスズ体サイズの緯度クライン―約50年前との比較 国内会議

    松田直樹,藤田諭,田中一裕,渡康彦,新谷喜紀,後藤慎介,西村知良,泉洋平,沼田 英治

    第63回日本応用動物昆虫学会大会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • チャバネアオカメムシの光周性機構:概日時計遺伝子cycとアラタ体抑制因子遺伝子Mipの役割 国内会議

    玉井貴章,志賀向子,後藤慎介

    日本動物学会第89回札幌大会  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • UPLC-MS/MSを用いたカメムシ類の幼若ホルモンの構造決定 国内会議

    松本 圭司,児玉彩,小滝豊美,品田哲郎,後藤慎介 

    第62回日本応用動物昆虫学会大会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ナンキョクユスリカの卵と幼虫における温度反応 国内会議

    吉田美月,David L. Denlinger,Richard E. Lee Jr.,後藤慎介

    第62回日本応用動物昆虫学会大会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 都市環境におけるニクバエの光周性 国内会議

    向井歩,山口幸紀,北村文,後藤慎介

    第62回日本応用動物昆虫学会大会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ホソヘリカメムシの卵巣発達と脂質蓄積量の光周反応を制御する内分泌経路 国内会議

    間野玄雄,後藤慎介

    第62回日本応用動物昆虫学会大会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ホソヘリカメムシの武器形質の光周性と時計遺伝子の役割 国内会議

    洲崎雄,後藤慎介

    第62回日本応用動物昆虫学会大会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 休眠を利用したヒロズキンバエ幼虫の低温保存に向けて 招待 国内会議

    市川葵,沼田英治,後藤慎介

    第5回日本マゴットセラピー症例検討  2017年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Effect of photoperiod on gene expression and spatial distribution of caudodorsal cell hormone in the hermaphroditic freshwater snail, Lymnaea stagnalis 国内会議

    角田宇海,志賀向子,後藤慎介

    日本比較生理生化学会 第39回福岡大会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • キイロショウジョウバエが羽化する時間帯を決定する温度要因―前日の最高温度の影響― 国内会議

    渡康彦,宮崎洋祐,後藤慎介,田中一裕

    第24回(2017年度)日本時間生物学会学術大会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 網羅的遺伝子発現解析によるマングローブスズの概潮汐リズム関連遺伝子の探索 国内会議

    武方宏樹,橘真一郎,後藤慎介

    第24回(2017年度)日本時間生物学会学術大会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 麻酔薬イソフルランがキョウソヤドリコバチの光周性に及ぼす影響 国内会議

    向井歩,後藤慎介

    第24回(2017年度)日本時間生物学会学術大会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • cycle RNAiがチャバネアオカメムシの概日歩行活動リズムと幼若ホルモン生合成および卵巣発達を制御する光周性に及ぼす影響 国内会議

    玉井貴章,後藤慎介

    第24回(2017年度)日本時間生物学会学術大会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 日本列島におけるシバスズの頭幅の緯度クライン-40年前との比較 国内会議

    松田直樹,田中一裕,渡康彦,新谷喜紀,後藤慎介,西村知良,泉洋平,沼田英治

    日本昆虫学会第77回大会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ホソヘリカメムシのオートファジーと越冬 国内会議

    松崎真二,間野玄雄,橘真一郎,後藤慎介

    日本動物学会第88回富山大会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • キョウソヤドリコバチ幼虫休眠時の発育停止と細胞分裂停止 国内会議

    向井歩,後藤慎介

    日本昆虫学会第77回大会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ホソヘリカメムシの脂質蓄積量と卵巣発達の光周反応は別の内分泌経路で制御される 国内会議

    間野玄雄,後藤慎介

    2017年動物学会近畿支部会春季研究発表会  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Physiological and molecular mechanisms underlying embryonic diapause in the band-legged ground cricket Dianemobius nigrofasciatus 招待 国際会議

    Shimizu, Y., Tamai, T., Goto, S.G.

    THIRD FAO/IAEA RESEARCH COORDINATION MEETING ON Dormancy Management to Enable Mass-rearing and Increase Efficacy of Sterile Insects and Natural Enemies  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • イソフルランがキョウソヤドリコバチの概日時計に及ぼす影響 国内会議

    向井歩,後藤慎介

    第61回日本応用動物昆虫学会大会  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 渡康彦,宮崎洋祐,後藤慎介,田中一裕 国内会議

    キイロショウジョウバエの羽化時計―前日の高温と低温の効果

    第61回日本応用動物昆虫学会大会  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 玉井貴章,後藤慎介,志賀向子 国内会議

    チャバネアオカメムシ光周性内分泌機構における時計遺伝子cycleおよびアラタ体抑制因子 MIP/ASTのはたらき

    第61回日本応用動物昆虫学会大会  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 山口幸紀,後藤慎介 国内会議

    ナミニクバエの光周性における臨界日長の地理系統差と光周測時機構

    第61回日本応用動物昆虫学会大会  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • カメムシ類の幼若ホルモン:クサギカメムシおよびタガメの場合 国内会議

    小滝豊美,後藤慎介,松本圭司,品田哲朗,志賀向子,門司麻衣子,沼田英治

    第61回日本応用動物昆虫学会大会  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 昆虫の季節適応・環境応答

     

     詳細を見る

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究, 講演  

    活用分野・応用方法等:  

    詳細説明:害虫駆除や昆虫利用の基本的なデータとして重要な、生活史の 解明、生活史の形成にかかわる生理学的特性の解析、高温・低温・ 乾燥などストレスに対する耐性の解析が可能である。 私たちはこれまで多くの動物を用いて研究を行ってきた。この際に得られた生活史に関 する情報やその動物の生理学的特性に関する情報を提供可能である。

    多くの動物は季節の変化にあわせて生活している。では彼らはどうやって季節を知るのだろうか?成長や繁殖に不適切な季節をどのように乗り切るのだろうか?環境適応のメカニズムを分子の観点から研究している。

科研費

  • カメムシ幼若ホルモンの合成・受容機構とその進化過程の解明

    基盤研究(B)  2022年04月

  • 昆虫の光周性の変異を生み出す分子神経機構の解析

    基盤研究(B)  2019年04月

  • 土中温度環境への昆虫概日時計の適応機構を探る

    基盤研究(C)  2017年04月

  • 昆虫の概日時計―神経分泌細胞連関を中心とした光周性機構の解析

    基盤研究(B)  2017年04月

  • ハチとハエの光周性に関わる概日時計と日長測定機構の分子・神経生物学的解析

    基盤研究(C)  2016年04月

  • 見えない光を用いた生物のニッチの開拓と多様化‐光地球生物学の創成‐

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2016年04月

  • 同時雌雄同体動物における性的共食いの進化条件

    基盤研究(C)  2014年04月

  • ホソヘリカメムシの光周性の分子・神経機構

    基盤研究(B)  2014年04月

  • 脱皮ホルモンの消失が休眠を誘導し耐寒性を強める分子機構-遺伝子カスケード-の解明

    基盤研究(B)  2014年04月

  • 微生物岩に認められるラミナの形成‐ミクロな構造中のマクロな情報‐

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2013年04月

  • 昆虫の光周性における母性効果の分子基盤

    基盤研究(C)  2013年04月

  • 昆虫の概日羽化リズムにおける温度較差反応を探る

    基盤研究(C)  2012年04月

  • ハエの休眠調節に関わる脳ニューロンと分子の特定

    基盤研究(B)  2012年04月

  • オオクロコガネの二日周期の活動リズム形成機構

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2011年

  • 光周反応における「外的符合モデル」の実体の解明

    若手研究(B)  2010年

  • 深海サンゴ骨格に刻まれる1日-半世紀におよぶ海洋表層環境の復元-

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2010年

  • 昆虫の概潮汐リズムをもたらす分子および神経機構

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2008年

  • カメムシの光周性と休眠を支配する中枢機構

    基盤研究(B)  2008年

  • 神経分泌細胞による昆虫の休眠調節機構

    基盤研究(C)  2008年

  • ハエ目昆虫の光周性に関与する分子の特定と単離

    若手研究(B)  2006年

  • 昆虫の光周性に関わるニューロンネットワークと制御物質の解析

    基盤研究(C)  2005年

  • カブトエビ初期発生の光による制御機構の研究

    萌芽研究  2004年

  • 昆虫の光周性における光受容器から出力系にいたる中枢機構の解明

    基盤研究(B)  2004年

  • ハエ目昆虫の光周性に関与する遺伝子の解析

    若手研究(B)  2003年

  • ショウジョウバエの環境適応におけるヒートショックタンパク質の役割

    特別研究員奨励費  1998年

▼全件表示

共同研究(外部資金獲得実績のあるもの)

  • 食用コオロギを低コストで維持管理する方法の開発

    東京農業大学  「生物資源ゲノム解析拠点」共同研究  2022年10月

  • 昆虫光合成の分子解析

    2017年04月

  • 未解明海洋生物光合成色素の解析

    2017年04月

奨励寄附金・助成金

  • シャーガス病媒介昆虫の産卵・変態を制御する技術開発

    民間企業  2019年04月

  • 大阪の夜がどれだけ暗くなれば昆虫たちは惑わされなくなるのか

    大学  2017年04月

その他補助金等

  • Winter Survival Mechanisms and Adaptive Genetic Variation in an Antarctic Insect

    NSF  2014年07月

  • Dormancy Management to Enable Mass-rearing and Increase Efficacy of Sterile Insects and Natural Enemies

    FAO/IAEA  2014年02月

独自項目・特記事項(研究活動)

  • 2023年度

     詳細を見る

    独自項目:研究集会の主催

    特記事項:日本昆虫学会の年大会で開催される「昆虫の季節適応談話会」の世話人として,昆虫の季節適応に興味を持つ研究者に議論の場を提供している.また,大阪大学の昆虫学研究者との研究集会を開催し,当該分野の発展に貢献している.

  • 2022年度

     詳細を見る

    独自項目:研究集会の主催

    特記事項:日本昆虫学会の年大会で開催される「昆虫の季節適応談話会」の世話人として,昆虫の季節適応に興味を持つ研究者に議論の場を提供している.また,大阪大学の昆虫学研究者との研究集会を開催し,当該分野の発展に貢献している.

担当授業科目

  • 自然誌機能生物学演習

    2023年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物学前期特別研究Ⅱ

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物学特別研究2A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物学特別研究1A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 自然誌機能生物学演習2A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 自然誌機能生物学演習1A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 自然誌機能生物学特論F

    2023年度   週間授業   大学院

  • 自然誌機能生物学特論F

    2023年度   週間授業   大学院

  • 動物生理学1

    2023年度   週間授業   大学

  • 生物学の潮流

    2023年度   週間授業   大学

  • 生物学への招待

    2023年度   週間授業   大学院

  • 生物学特別研究4A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物学特別研究3A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究4

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究3

    2023年度   集中講義   大学院

  • 自然誌機能生物学特別演習

    2023年度   集中講義   大学院

  • 自然誌機能生物学ゼミナール

    2023年度   集中講義   大学院

  • 後期海外特別研究2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究

    2023年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究

    2023年度   集中講義   大学院

  • 自然誌機能生物学ゼミナール

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 専門生物学実験A

    2023年度   週間授業   大学

  • 特別研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 専門生物学演習

    2023年度   集中講義   大学

  • 臨海実習

    2023年度   集中講義   大学

  • 生物学実験B

    2023年度   週間授業   大学院

  • 前期海外特別研究1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物学前期特別研究Ⅱ

    2023年度   集中講義   大学院

  • 自然誌機能生物学演習

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物学特別研究2B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物学特別研究1B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 自然誌機能生物学演習2B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 自然誌機能生物学演習1B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物学特別研究4B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物学特別研究3B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物学への招待

    2022年度   週間授業   大学

  • 生物学特別研究3A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物学特別研究1A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 自然誌機能生物学演習1A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 自然誌機能生物学特論F

    2022年度   週間授業   大学院

  • 生物学特別研究1B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物学の潮流

    2022年度   週間授業   大学

  • 生物学実験S

    2022年度   集中講義   大学

  • 専門生物学実験A

    2022年度   週間授業   大学

  • 臨海実習

    2022年度   集中講義   大学

  • 生物学特別研究3B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究3 (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 自然誌機能生物学特別演習 (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 自然誌機能生物学ゼミナール (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究1 (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 自然誌機能生物学特別講義A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 自然誌機能生物学演習1B (中百舌鳥)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 自然誌機能生物学演習1B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 自然誌機能生物学演習(M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 前期特別研究(M2生物学分野)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期海外特別研究1(生物学分野)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究(D3生物学分野)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究(10月入学D2生物学分野)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究(D2生物学分野)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究(生物)

    2022年度   集中講義   大学

  • 特別研究(生物)

    2022年度   集中講義   大学

  • 専門生物学演習

    2022年度   集中講義   大学

  • 生物学実験B/必:理<生>選:<生以外>(市:時間割表参照)S

    2022年度   週間授業   大学院

  • 生物学前期特別研究(10月入学M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物学前期特別研究(M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 前期海外特別研究2(10月入学生物学分野)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 前期海外特別研究2(生物学分野)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 自然誌機能生物学演習(10月入学M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究

    2021年度     大学院

  • 研究者の世界へ:知の地平を拓くために

    2021年度     大学

  • 自然誌機能生物学演習

    2021年度     大学院

  • 情報生物学特論I

    2021年度     大学院

  • 前期特別研究

    2021年度     大学院

  • 専門生物学演習

    2021年度     大学

  • 臨海実習

    2021年度     大学

  • 専門生物学実験A

    2021年度     大学

  • 動物生理学

    2021年度     大学

  • 生物学実験S

    2021年度     大学

  • 生物学の潮流

    2021年度     大学

  • 生物学実験B

    2021年度     大学

  • 生物学概論M

    2021年度     大学

  • 理科基礎セミナー

    2021年度     大学

  • 研究者の世界へ:知の地平を拓くために

    2021年度     大学

  • 自然誌機能生物学ゼミナール

    2021年度     大学院

  • 研究者の世界へ:知の地平を拓くために

    2020年度     大学

  • 理科基礎セミナー

    2020年度     大学

  • 生物学概論M

    2020年度     大学

  • 生物学実験B

    2020年度     大学

  • 生物学の潮流

    2020年度     大学

  • 生物学実験S

    2020年度     大学

  • 動物生理学

    2020年度     大学

  • 専門生物学実験A

    2020年度     大学

  • 臨海実習

    2020年度     大学

  • 専門生物学演習

    2020年度     大学

  • 理科基礎セミナー

    2020年度     大学

  • 自然誌機能生物学演習

    2020年度     大学院

  • 情報生物学特論I

    2020年度     大学院

  • 前期特別研究

    2020年度     大学院

  • 自然誌機能生物学ゼミナール

    2020年度     大学院

  • 自然誌機能生物学ゼミナール

    2019年度     大学院

  • 前期特別研究

    2019年度     大学院

  • 情報生物学特論I

    2019年度     大学院

  • 自然誌機能生物学演習

    2019年度     大学院

  • 特別研究

    2019年度     大学

  • 専門生物学演習

    2019年度     大学

  • 臨海実習

    2019年度     大学

  • 専門生物学実験A

    2019年度     大学

  • 動物生理学

    2019年度     大学

  • 生物学実験S

    2019年度     大学

  • 生物学の潮流

    2019年度     大学

  • 生物学概論C

    2019年度     大学

  • 生物学実験B

    2019年度     大学

  • 生物学概論M

    2019年度     大学

  • 後期特別研究

    2019年度     大学院

  • 生物学概論I

    2018年度     大学

  • 生物学実験B

    2018年度     大学

  • 生物学概論C

    2018年度     大学

  • 生物学の潮流

    2018年度     大学

  • 生物学実験S

    2018年度     大学

  • 動物生理学

    2018年度     大学

  • 専門生物学実験A

    2018年度     大学

  • 臨海実習

    2018年度     大学

  • 専門生物学演習

    2018年度     大学

  • 特別研究

    2018年度     大学

  • 自然誌機能生物学演習

    2018年度     大学院

  • 情報生物学特論I

    2018年度     大学院

  • 前期特別研究

    2018年度     大学院

  • 自然誌機能生物学ゼミナール

    2018年度     大学院

  • 後期特別研究

    2018年度     大学院

  • 日本事情I

    2017年度     大学

  • 情報生物学特論I

    2017年度     大学院

  • 生物学概論I

    2017年度     大学

  • 自然誌機能生物学ゼミナール

    2017年度     大学院

  • 生物学概論C

    2017年度     大学

  • 生物学の潮流

    2017年度     大学

  • 動物生理学

    2017年度     大学

  • 生物学実験B

    2017年度     大学

  • 生物学実験S

    2017年度     大学

  • 専門生物学実験A

    2017年度     大学

  • 臨海実習

    2017年度     大学

  • 専門生物学演習

    2017年度     大学

  • 自然誌機能生物学演習

    2017年度     大学院

  • 特別研究

    2017年度     大学

  • 前期特別研究

    2017年度     大学院

  • 後期特別研究

    2017年度     大学院

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 昆虫科学

    2023年09月
    機関名:岡山大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 植物園で学ぶ昆虫学

    機関名:大学コンソーシアム大阪

  • 科学コミュニケーション論

    機関名:鳥取大学連合農学大学院

  • 大学院特別講義

    機関名:日本大学大学院生物資源科学研究科

FD活動

  • 教室内FD活動  2023年度

     詳細を見る

    生物学科・専攻で行われるFD活動に参加した.

  • FD委員としての活動  2022年度

     詳細を見る

    生物学科・専攻におけるFD委員として活動を行った

  • 教室内FD活動  2022年度

     詳細を見る

    生物学科・専攻で行われるFD活動に参加した.

所属院生等の論文発表集計

  • 2023年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:3件

  • 2022年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:3件

論文・研究指導集計

  • 2023年度

    卒業論文指導数:2名 

    博士前期課程学生指導数:4名  博士後期課程学生指導数:4名

    修士論文審査数(主査):2件  修士論文審査数(副査):7件

    博士論文審査数(主査):2件  博士論文審査数(副査):0件

  • 2022年度

    卒業論文指導数:0名 

    博士前期課程学生指導数:7名  博士後期課程学生指導数:4名

    修士論文審査数(主査):2件  修士論文審査数(副査):5件

    博士論文審査数(主査):1件  博士論文審査数(副査):0件

  • 2021年度

    卒業論文指導数:3名 

    博士前期課程学生指導数:6名  博士後期課程学生指導数:4名

    修士論文審査数(主査):1件  修士論文審査数(副査):5件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):2件

  • 2020年度

    卒業論文指導数:3名  卒業論文審査数:3件

    博士前期課程学生指導数:2名  博士後期課程学生指導数:3名

    修士論文審査数(主査):0件  修士論文審査数(副査):3件

    博士論文審査数(主査):1件  博士論文審査数(副査):2件

  • 2019年度

    卒業論文指導数:2名 

    博士前期課程学生指導数:1名  博士後期課程学生指導数:1名

    修士論文審査数(主査):1件  修士論文審査数(副査):1件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

  • 2018年度

    卒業論文指導数:2名  卒業論文審査数:2件

    博士前期課程学生指導数:3名  博士後期課程学生指導数:1名

    修士論文審査数(主査):2件  修士論文審査数(副査):2件

    博士論文審査数(主査):1件  博士論文審査数(副査):2件

  • 2017年度

    卒業論文指導数:3名  卒業論文審査数:3件

    博士前期課程学生指導数:4名  博士後期課程学生指導数:2名

    修士論文審査数(主査):2件  修士論文審査数(副査):3件

    博士論文審査数(主査):1件  博士論文審査数(副査):0件

▼全件表示

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2022年度

  • 2021年度

  • 2020年度

社会貢献活動

  • テレビ朝日ミラクル9 クイズ監修

    役割:情報提供

    テレビ朝日  ミラクル9  2024年01月

     詳細を見る

    種別:テレビ・ラジオ番組

  • 探究活動への助言

    役割:助言・指導

    大阪府立富田林高等学校  2023年08月

     詳細を見る

    種別:研究指導

  • NHKヒューマニエンス 資料提供

    役割:情報提供

    NHK  ニューマニエンス「“虫” 地球のもうひとつの主人公」  2023年06月

     詳細を見る

    種別:テレビ・ラジオ番組

  • 大阪での昆虫学研究

    役割:講師

    大阪市博物館機構  ミュージアム連続講座2023  2023年03月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 昆虫は季節の移り変わりをどうやって知るんだろう?

    役割:講師

    公益財団法人テルモ生命科学振興財団  これから研究の話をしよう  2022年12月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 南極に生息する昆虫の生きるしくみ

    役割:講師

    香芝市医師会  2022年10月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 探究活動への助言

    役割:助言・指導

    大阪府立富田林高等学校  2022年08月

     詳細を見る

    種別:研究指導

  • 共同通信加盟各社・朝日新聞取材記事 街の照明が昆虫の冬眠を妨げると証明

    役割:取材協力

    2021年07月 - 2021年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業

    種別:新聞・雑誌

  • 朝日新聞・記事 カメムシ退治の独自ホルモン

    役割:取材協力

    朝日新聞  2021年02月

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, 市民団体, 行政機関, メディア

    種別:新聞・雑誌

  • 読売新聞・記事 ニュースの門 ミツバチ不足 ハエが救世主

    役割:取材協力

    読売新聞  2021年01月

     詳細を見る

    種別:新聞・雑誌

  • 読売新聞・記事 南極唯一の虫 生態を学ぶ

    役割:取材協力

    読売新聞  サイエンスカフェ伊丹  2020年09月

     詳細を見る

    対象: 未就学児, 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, 市民団体

    種別:新聞・雑誌

  • サイエンスカフェ伊丹講演会「南極に生きる昆虫」

    役割:講師

    サイエンスカフェ伊丹  2020年09月

     詳細を見る

    対象: 中学生, 高校生, 大学生, 社会人・一般

    種別:講演会

  • 研究室見学

    役割:助言・指導

    四天王寺学園  2019年03月

     詳細を見る

    種別:その他

  • 共同通信.2018年の夏の暑さが昆虫に及ぼす影響

    役割:取材協力

    2018年08月

     詳細を見る

    対象: メディア

    種別:新聞・雑誌

  • 女子中高生のための関西科学塾

    役割:助言・指導, 企画, 運営参加・支援

    大阪市立大学,関西科学塾コンソーシアム  2018年 - 継続中

     詳細を見る

    対象: 中学生, 高校生, 教育関係者, 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:1,300(人)

    理系女子中高生を応援するプログラムの企画,運営.2019年度は全体の委員長.2018年度からは本学実行委員会の委員長.

  • 西宮市生涯学習大学・宮水学園

    役割:講師

    2018年

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:出前授業

  • 兵庫県立神戸高等学校学生からの課題研究に関する相談受付

    役割:助言・指導

    2017年06月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:研究指導

    参加者数:1(人)

  • 西宮市生涯学習大学・宮水学園

    役割:講師

    2017年

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:出前授業

  • 兵庫県立神戸高等学校・SSH課題研究に関する相談

    役割:助言・指導

    2017年

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:研究指導

  • 大阪市立高校,見学受入

    2016年12月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:施設一般公開

    参加者数:30(人)

  • 大阪府立泉北高等学校 SSH「高大連携講座」

    役割:講師, 実演

    大阪府立泉北高等学校  2016年06月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 平成 27 年度 柏教研理科部会 特別講演会 講師

    役割:講師

    2016年01月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    参加者数:40(人)

  • 北野高校出前授業「南極の昆虫」

    役割:講師

    2015年06月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 学連携行事「自然科学のセンス オブ・ワンダー」 指導

    役割:助言・指導, 運営参加・支援

    2015年

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 大阪市立東高校・出前授業

    役割:講師

    市立東高校  2013年07月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    参加者数:88(人)

    「動物にとっての水の役割~海,砂漠,南極~」のタイトルで行った。◆関係組織:内閣府男女共同参画局

  • 出前授業

    役割:講師

    北野高校  2013年06月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    参加者数:30(人)

    「南極の昆虫が持つ時計」のタイトルで行った。◆関係組織:大阪市立大学、大阪市博物館協会

▼全件表示

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 動物が季節を知るしくみ

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:社会人・一般

    夏の暑さ,冬の寒さ.このような生存に適さない季節を,動物たちはどうやってやりすごしているのだろうか.実は,あらかじめ季節の変化を予測して,生存に不適切な季節には繁殖をやめたり成長を止めたりしています.では,どのように季節の変化を予測するのでしょうか?様々な動物を例に,彼らがどのようにして季節の変化を予測しているのかについて講義を行います.
    季節を通しての動物の生き様,そして季節に適応するしくみを概説する.

  • 動物の生きるしくみ

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:中学生, 高校生

    環境は、酸素や水、温度、食物など多くの要因によって構成されている。これらの要因は空間的に異なるだけではなく時間的にも変動し、地球上の多様な環境を作り出している。動物はそれぞれの環境に適応するように進化し、現在の多様性を生み出してきた。では彼らはどのように適応しているのだろうか?すべての動物が同じ方法でこの問題を解決しているのだろうか?本講義ではさまざまな動物の環境に対する適応機構を学習する。

    例:アザラシはなぜ人間よりも長く潜っていられるのだろうか.ホッキョクグマは寒くないのだろうか.人間の肺は体の中にあるのに,なぜ魚のえらは外にあるのか.南極の魚はなぜ凍らないのか.鳥はなぜ高い空を飛べるのか,など,トピックスの解説だけにとどまらず,その背景の物理,化学,生物学的な背景を交えて説明する.
    動物ががどのように環境に適応しているのか,そのしくみを学ぶ.

  • 時間生物学への招待

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:社会人・一般

    生物は環境の変化を予測しながら生活しています.たとえば,多くの生物は一日のうちいつ朝が来るのか,いつ夜がくるのか,1年のうちでいつ夏が来るのかを,いつ冬が来るのかを予測することができます.海辺の生物は潮の満ち引きを予測できます.この予測には,生物のからだの中にある「時計」がかかわっています.多くの生物が時計を持っており,もちろんみなさんのからだの中にも時計があります.ではどのような時計なのでしょうか.どこにあるのでしょうか.どのような部品からなるのでしょうか.
    このように生物がもつ時計について研究する分野は時間生物学という学問分野に含まれます.本講義では,時間生物学の基礎的な部分について紹介するとともに,私たちが行っている最新の研究についてお話しします.
    季節を通しての動物の生き様,そして季節に適応するしくみを概説する.

  • セミは雨の日が好き:クマゼミのふ化の観察

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:社会人・一般

    みなさんご存じのように、大阪ではクマゼミがたくさん発生しています。午前中に「しゃあしゃあしゃあ…」と大合唱している、あのセミです。ほとんどの人はセミの成虫を見たことがあるでしょう。幼虫を見たことはありますか?夕方から夜にかけて土から出てきて成虫になるので、その様子を観察したことがある人もいるでしょう。では卵は?そもそもどこにあるのでしょうか?どうやってふ化するのでしょうか?実は卵は「枯れ枝の中で雨を待ち望んでいる」のです。この講義と実験では、自分たちでクマゼミの卵をふ化(卵から幼虫がかえること)させ、その生理機構と生態的意義について考えます。
    セミのふ化を観察し,自然に親しむ.生命の美しさ,したたかさについて学ぶ

学術貢献活動

  • 論文査読

    役割:査読

    2022年04月 - 2024年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

外国人受入実績

  • 2022年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

  • 2021年度

    研究者受入数 :0名

  • 2020年度

    研究者受入数 :1名

  • 2019年度

    研究者受入数 :1名

  • 2018年度

    研究者受入数 :0名

  • 2017年度

    研究者受入数 :1名

    留学生受入数 :1名

▼全件表示

役職

  • 全学管理職

    女子STEAM人材育成研究所

    副所長  2022年08月 - 継続中

その他

  • 職務経歴

    2016年09月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学 大学院理学研究科 教授

  • 職務経歴

    2010年10月 - 2016年09月

      詳細を見る

    大阪市立大学 大学院理学研究科 准教授

  • 職務経歴

    2002年04月 - 2010年09月

      詳細を見る

    大阪市立大学 大学院理学研究科 講師