2022/07/26 更新

写真a

コジマ アキコ
小島 明子
KOJIMA Akiko
担当
大学院生活科学研究科 生活科学専攻 准教授
生活科学部 食栄養学科
職名
准教授
所属
生活科学研究院
所属キャンパス
杉本キャンパス

担当・職階

  • 大学院生活科学研究科 生活科学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 生活科学部 食栄養学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(学術) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 食品科学  / 栄養機能科学

  • ライフサイエンス / 食品科学  / 病態栄養学

  • ライフサイエンス / 食品科学  / 栄養病理学

研究キーワード

  • 食品機能性

  • 抗認知症効果

  • アルコール性肝疾患の予防効果

  • アンチエイジング効果

  • 抗肥満効果

  • 抗ガン効果

  • 生活習慣病

研究概要

  • 食品成分および栄養素による生活習慣病予防機序の解明とその応用戦略に関する研究

研究歴

  • 炎症性肝疾患の発症機序の解明と予防効果を有する食品成分の検索とその作用メカニズムに関する研究

    アルコール性肝疾患、肝星細胞、肝細胞  個人研究

    1900年04月 

  • 肥満を抑制する食品成分の探索とその作用メカニズムに関する研究

    肥満、脂肪細胞、食事因子  個人研究

    1900年04月 

  • 皮膚のアンチエイジング効果および創傷治癒促進作用を有する食品成分の探索とその作用メカニズムに関する研究 

    創傷治癒、コラーゲン、遊走能  個人研究

    1900年04月 

  • 老化および神経変性疾患の予防効果を有する食品成分の探索とその作用メカニズムに関する研究

    アルツハイマー病、パーキンソン病、老化促進モデル  個人研究

    1900年04月 

  • 抗ガン作用および異物代謝機能を亢進させる食品成分の検索とその作用メカニズムに関する研究

    抗ガン作用、Phase II 解毒酵素活性、腫瘍血管新生  個人研究

    1900年04月 

所属学協会

  • 日本栄養・食糧学会

      国内

  • 日本生化学会

      国内

  • アメリカ栄養科学会

      国外

  • 日本臨床栄養協会

      国内

  • 日本臨床栄養学会

      国内

  • 日本アルコール・アディクション医学会

      国内

  • 日本未病システム学会

      国内

  • 日本香粧品学会

      国内

  • ヨーロッパ肝臓学会

      国外

  • 日本家政学会

      国内

  • 日本栄養改善学会

      国内

  • 日本肝臓学会

      国内

  • 日本病態栄養学会

      国内

  • アメリカガン学会

      国外

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 評議員   日本生化学会  

    2016年09月 - 継続中 

  • 会計   日本栄養・食糧学会近畿支部  

    2016年04月 - 継続中 

  • 副支部長   日本家政学会関西支部  

    2016年 - 継続中 

  • 世話人   近畿亜鉛栄養治療研究会  

    2010年 - 継続中 

  • 評議員   日本栄養・食糧学会  

    2008年 - 継続中 

  • 評議員   日本臨床栄養協会  

    2005年 - 継続中 

▼全件表示

受賞歴

  • 日本臨床栄養学会 優秀論文賞

    2011  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第2回O-CHAパイオニア学術研究奨励賞

    2002  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 国際栄養学会議ポスター発表賞

    2001  

学歴

  • 大阪市立大学   生活科学研究科   食品栄養科学   博士課程  

    - 1993年

  • 大阪市立大学   生活科学部   食物    

    - 1988年

論文

  • 1 '-ACETOXYCHAVICOL ACETATE AMELIORATES AGE-RELATED SPATIAL MEMORY DETERIORATION BY INCREASING SERUM KETONE BODY PRODUCTION AS A COMPLEMENTARY ENERGY SOURCE FOR NEURONAL CELLS 査読

    Kojima-Yuasa Akiko, Yamamoto Tomiya, Yaku Keisuke, Hirota Shiori, Matsui-Yuasa Isao

    ANNALS OF NUTRITION AND METABOLISM   71   379 - 380   2017年( ISSN:0250-6807

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Anti-steatosis compounds from leaves of Mallotus furetianus. 査読 国際共著

    Huang X, Xu M, Shirahata T, Li W, Koike K, Kojima-Yuasa A., Yuasa I, Kobayashi Y

    Natural product research   https://doi.org/10.1080/14786419.2017.1350664   2017年( ISSN:1478-6419

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1080/14786419.2017.1350664

    PubMed

  • Extract of traditional picking melon prevents ethanol-induced liver injury in rats 査読 国際共著

    Kojima-Yuasa, A., Hirauchi, E., Sawada, T., Kasahara, A., Yoshikawa, E., Tamura, A. and Matsui-Yuasa, I.

    International Journal of Food and Nutritional Sciences   6   56 - 66   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • PROTECTIVE EFFECTS OF HYDROLYZED NUCLEOPROTEINS FROM SALMON MILT AGAINST ETHANOL-INDUCED LIVER INJURY IN RATS 査読

    Matsui-Yuasa Isao, Goto Mayu, Yoshikawa Eri, Morita Yuri, Sekiguchi Hirotaka, Sutoh Keita, Usumi Koji, Kojima-Yuasa Akiko

    ANNALS OF NUTRITION AND METABOLISM   71   1197 - 1198   2017年( ISSN:0250-6807

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Sesaminol prevents Parkinson's disease by activating the Nrf2-ARE signaling pathway 査読

    Kaji Haruka, Matsui-Yuasa Isao, Matsumoto Kayo, Omura Ayano, Kiyomoto Kunio, Kojima-Yuasa Akiko

    HELIYON   6 ( 11 )   e05342   2020年11月( ISSN:2405-8440

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.heliyon.2020.e05342

    PubMed

  • Mallotus furetianusextract protects against ethanol-induced liver injury via the activation of the cAMP-PKA pathway 査読

    Yoshikawa Eri, Matsui-Yuasa Isao, Huang Xuedan, Kobayashi Yoshinori, Kojima-Yuasa Akiko

    FOOD SCIENCE & NUTRITION   8 ( 7 )   3936 - 3946   2020年07月( ISSN:2048-7177

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/fsn3.1709

    PubMed

  • Pharmacological Effects of 1'-Acetoxychavicol Acetate, a Major Constituent in the Rhizomes of <i>Alpinia galanga</i> and <i>Alpinia conchigera</i>. 査読

    Kojima-Yuasa A, Matsui-Yuasa I

    Journal of medicinal food   2020年02月( ISSN:1096-620X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/jmf.2019.4490

    PubMed

  • 1’-Acetoxychavicol Acetate Accelerates Cutaneous Wound Healing by Promoting Migration of Epidermal Keratinocytes and Production of Type I Collagen Synthesis in Skin Fibroblasts 査読

    Mori A, Sugawara K, Oboshi M, Matsui-Yuasa I, Tsuruta D, Kojima-Yuasa A.

    American Journal of Phytomedicine and Clinical Therapeutics   6 ( 2 )   12 - 19   2018年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 1'-Acetoxychavicol Acetate Increases Proteasome Activity by Activating cAMP-PKA Signaling. 査読

    Yaku K, Matsui-Yuasa I, Kojima-Yuasa A

    Planta medica   84 ( 3 )   153 - 159   2018年02月( ISSN:0032-0943

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0043-118806

    PubMed

  • Protective Effects of Hydrolyzed Nucleoproteins from Salmon Milt against Ethanol-Induced Liver Injury in Rats 査読

    Kojima-Yuasa Akiko, Goto Mayu, Yoshikawa Eri, Morita Yuri, Sekiguchi Hirotaka, Sutoh Keita, Usumi Koji, Matsui-Yuasa Isao

    MARINE DRUGS   14 ( 12 )   2016年12月( ISSN:1660-3397

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/md14120232

    PubMed

  • Phosphonate-based irreversible inhibitors of human gamma-glutamyl transpeptidase (GGT). GGsTop is a non-toxic and highly selective inhibitor with critical electrostatic interaction with an active-site residue Lys562 for enhanced inhibitory activity 査読

    Kamiyama Akane, Nakajima Mado, Han Liyou, Wada Kei, Mizutani Masaharu, Tabuchi Yukiko, Kojima-Yuasa Akiko, Matsui-Yuasa Isao, Suzuki Hideyuki, Fukuyama Keiichi, Watanabe Bunta, Hiratake Jun

    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY   24 ( 21 )   5340 - 5352   2016年11月( ISSN:0968-0896

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmc.2016.08.050

    PubMed

  • 1 '-Acetoxychavicol acetate ameliorates age-related spatial memory deterioration by increasing serum ketone body production as a complementary energy source for neuronal cells 査読

    Kojima-Yuasa Akiko, Yamamoto Tomiya, Yaku Keisuke, Hirota Shiori, Takenaka Shigeo, Kawabe Kouichi, Matsui-Yuasa Isao

    CHEMICO-BIOLOGICAL INTERACTIONS   257   101 - 109   2016年09月( ISSN:0009-2797

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cbi.2016.07.031

    PubMed

  • The synergistic anticancer activity of 1 '-acetoxychavicol acetate and sodium butyrate in human hepatocellular carcinoma cells 査読

    Isao Matsui-Yuasa, Akiko Kojima-Yuasa

    AMER ASSOC CANCER RESEARCH CANCER RESEARCH   76   2016年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2016-2813

  • Synergistic Anticancer Activities of Natural Substances in Human Hepatocellular Carcinoma. 査読

    Kojima-Yuasa A, Huang X, Matsui-Yuasa I

    Diseases (Basel, Switzerland)   3 ( 4 )   260 - 281   2015年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/diseases3040260

    PubMed

  • Ecklonia cava Polyphenol Has a Protective Effect against Ethanol-Induced Liver Injury in a Cyclic AMP-Dependent Manner 査読

    Yamashita Haruka, Goto Mayu, Matsui-Yuasa Isao, Kojima-Yuasa Akiko

    MARINE DRUGS   13 ( 6 )   3877 - 3891   2015年06月( ISSN:1660-3397

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/md13063877

    PubMed

  • Mallotus furetianus caused the inhibition of proliferation through activation of p21 in Ehrlich ascites tumor cells 査読

    Shimizu Yusuke, Huang XueDan, Shirahata Tatsuya, Kobayashi Yoshinori, Matsui-Yuasa Isao, Kojima-Yuasa Akiko

    FASEB JOURNAL   29   2015年04月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 1 '-Acetoxychavicol acetate accelerates human skin wound healing 査読

    Mori Atsuki, Sugawara Koji, Tsuruta Daisuke, Matsui-Yuasa Isao, Kojima-Yuasa Akiko

    FASEB JOURNAL   29   2015年04月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Cytotoxic activity of two natural sesquiterpene lactones, isobutyroylplenolin and arnicolide D, on human colon cancer cell line HT-29 査読

    Huang Xuedan, Awano Yurika, Maeda Eri, Asada Yoshihisa, Takemoto Hiroaki, Watanabe Takashi, Kojima-Yuasa Akiko, Kobayashi Yoshinori

    NATURAL PRODUCT RESEARCH   28 ( 12 )   914 - 916   2014年06月( ISSN:1478-6419

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/14786419.2014.889133

    PubMed

  • The synergistic effect of 1 '-acetoxychavicol acetate and sodium butyrate on the death of human hepatocellular carcinoma cells 査読

    Kato Rie, Matsui-Yuasa Isao, Azuma Hideki, Kojima-Yuasa Akiko

    CHEMICO-BIOLOGICAL INTERACTIONS   212   1 - 10   2014年04月( ISSN:0009-2797

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cbi.2014.01.010

    PubMed

  • Yerba-mate (Ilex paraguariensis) extract prevents ethanol-induced liver injury in rats 査読

    Tamura Akiko, Sasaki Mio, Yamashita Haruka, Matsui-Yuasa Isao, Saku Taro, Hikima Tadamasa, Tabuchi Masaki, Munakata Hiroshi, Kojima-Yuasa Akiko

    JOURNAL OF FUNCTIONAL FOODS   5 ( 4 )   1714 - 1723   2013年10月( ISSN:1756-4646

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jff.2013.07.017

  • AMPK synergizes with the combined treatment of 1-acetoxychavicol acetate and sodium butyrate to upregulate phase II detoxifying enzyme activities 査読

    Yaku Keisuke, Matsui-Yuasa Isao, Konishi Yotaro, Kojima-Yuasa Akiko

    MOLECULAR NUTRITION & FOOD RESEARCH   57 ( 7 )   1198 - 1208   2013年07月( ISSN:1613-4125

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/mnfr.201200809

    PubMed

  • Yerba-Mate (Ilex paraguariensis) extract prevents the liver against ethanol-induced liver injury in rats 査読

    Kojima-Yuasa Akiko, Tamura Akiko, Sasaki Mio, Yamashita Haruka, Saku Taro, Hikima Tadamasa, Tabuchi Masaki, Munakata Hiroshi, Matsui-Yuasa Isao

    FASEB JOURNAL   27   2013年04月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Protective effect of Ecklonia cava polyphenol against ethanol-induced liver injury in rat hepatocytes 査読

    Yamashita Haruka, Tamura Akiko, Sasaki Mio, Matsui-Yuasa Isao, Terada Masaki, Kojima-Yuasa Akiko

    FASEB JOURNAL   27   2013年04月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • The synergistic effect of 1 '-acetoxychavicol acetate and sodium butyrate on cell death of human hepatocellular carcinoma cells 査読

    Kato Rie, Matsui-Yuasa Isao, Azuma Hideki, Kojima-Yuasa Akiko

    FASEB JOURNAL   27   2013年04月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • EXTRACT OF A JAPANESE PICKLING MELON PREVENTS ETHANOL-INDUCED LIVER INJURY IN RATS 査読

    Kojima-Yuasa A., Hirauchi E., Tamura A., Matsui-Yuasa I.

    ANNALS OF NUTRITION AND METABOLISM   63   1689 - 1689   2013年( ISSN:0250-6807

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Effect of mango seed kernel extract on the adipogenesis in 3T3-L1 adipocytes and in rats fed a high fat diet. 査読

    M. Kobayashi, I. Matsui-Yuasa, M. Fukuda- Shimizu, Y. Mandai, M. Tabuchi, H. Munakata and A. Kojima-Yuasa

    Health   5   9 - 15   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 超高強度間欠性運動パフォーマンスに及ぼす異なる種類の糖質摂取の影響 査読

    弘原海 剛、中井喜恵、渡邊完児、湯浅 勲、 湯浅(小島)明子、渡辺一志

    健康運動科学   3   1 - 11   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • The enhancement of phase 2 enzyme activities by sodium butyrate in normal intestinal epithelial cells is associated with Nrf2 and p53 査読

    Yaku Keisuke, Enami Yuka, Kurajyo Chika, Matsui-Yuasa Isao, Konishi Yotaro, Kojima-Yuasa Akiko

    MOLECULAR AND CELLULAR BIOCHEMISTRY   370 ( 1-2 )   7 - 14   2012年11月( ISSN:0300-8177

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11010-012-1392-x

    PubMed

  • Effect of 1,5-anhydro-D-fructose on the inhibition of adipogenesis in 3T3-L1 adipocytes. 査読

    Kojima-Yuasa A, Deguchi Y, Konishi Y, Matsui-Yuasa I

    Natural product communications   7 ( 11 )   1501 - 6   2012年11月( ISSN:1934-578X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Ecklonia cava polyphenol protects the liver against ethanol-induced injury in rats 査読

    Takahashi Mai, Satake Naoko, Yamashita Haruka, Tamura Akiko, Sasaki Mio, Matsui-Yuasa Isao, Tabuchi Masaki, Akahoshi Yasumitsu, Terada Masaki, Kojima-Yuasa Akiko

    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS   1820 ( 7 )   978 - 988   2012年07月( ISSN:0304-4165

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbagen.2012.02.008

    PubMed

  • Involvement of AMPK on the synergistic upregulation of phase II detoxifying enzyme activities by 1 '-acetoxychavicol acetate and sodium butyrate 査読

    Yaku Keisuke, Matsui-Yuasa Isao, Kojima-Yuasa Akiko

    FASEB JOURNAL   26   2012年04月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Ecklonia cava polyphenol prevents ethanol-induced liver injury in rats 査読

    Kojima-Yuasa Akiko, Takahashi Mai, Tabuchi Masaki, Akahoshi Yasumitsu, Terada Masaki, Matsui-Yuasa Isao

    FASEB JOURNAL   26   2012年04月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 1 '-Acetoxychavicol Acetate Inhibits Adipogenesis in 3T3-L1 Adipocytes and in High Fat-Fed Rats 査読

    Ohnishi Rie, Matsui-Yuasa Isao, Deguchi Yohei, Yaku Keisuke, Tabuchi Masaki, Munakata Hiroshi, Akahoshi Yasumitsu, Kojima-Yuasa Akiko

    AMERICAN JOURNAL OF CHINESE MEDICINE   40 ( 6 )   1189 - 1204   2012年( ISSN:0192-415X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1142/S0192415X12500887

    PubMed

  • γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(GGT) 阻害剤によるコラーゲンおよびエラスチン産生能の亢進効果とそのメカニズム 査読

    湯浅(小島)明子、林 綸子、韓 立友、 渡辺文太、平竹 潤、湯浅 勲

    日本香粧品学会誌   36   93 - 100   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Inhibitory Effects of Ecklonia cava Extract on High Glucose-Induced Hepatic Stellate Cell Activation 査読

    Yokogawa Kumiko, Matsui-Yuasa Isao, Tamura Akiko, Terada Masaki, Kojima-Yuasa Akiko

    MARINE DRUGS   9 ( 12 )   2793 - 2808   2011年12月( ISSN:1660-3397

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/md9122793

    PubMed

  • Biological activity of water-soluble inclusion complexes of 1 '-acetoxychavicol acetate with cyclodextrins 査読

    Azuma Hideki, Aizawa Yui, Higashitani Nao, Tsumori Takashi, Kojima-Yuasa Akiko, Matsui-Yuasa Isao, Nagasaki Takeshi

    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY   19 ( 12 )   3855 - 3863   2011年06月( ISSN:0968-0896

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmc.2011.04.038

    PubMed

  • Zinc-deficiency enhances sensitivity to carbon tetrachloride-induced hepatotoxicity in rats 査読

    Kojima-Yuasa Akiko, Kamatani Kazuma, Tabuchi Masaki, Akahoshi Yasumitsu, Matsui-Yuasa Isao

    FASEB JOURNAL   25   2011年04月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Enhancement of phase 2 enzyme activities with sodium butyrate is associated with the nuclear translocation of Nrf2 and p53 査読

    Matsui-Yuasa Isao, Enami Yuka, Yaku Keisuke, Kurajyo Chika, Kojima-Yuasa Akiko

    FASEB JOURNAL   25   2011年04月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 1 '-Acetoxychavicol Acetate Enhances the Phase II Enzyme Activities via the Increase in Intranuclear Nrf2 Level and Cytosolic p21 Level 査読

    Yaku Keisuke, Matsui-Yuasa Isao, Azuma Hideki, Kojima-Yuasa Akiko

    AMERICAN JOURNAL OF CHINESE MEDICINE   39 ( 4 )   789 - 802   2011年( ISSN:0192-415X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1142/S0192415X11009196

    PubMed

  • シクロデキストリンを用いた水溶性1'-Acetoxychavicol Acetate複合体の作製及び抗腫瘍効果に関する研究 査読

    東 秀紀, 相澤 結, 東谷 菜央, 小島 明子, 長崎 健

    ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 ホスト・ゲスト化学シンポジウム講演要旨集   2011 ( 0 )   33 - 33   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    タイ産ショウガ類の根茎に含まれる1'-Acetoxychavicol Acetate (ACA) は、抗腫瘍、抗炎症など様々な生理活性を示す化合物であるが、難水溶性、水溶液中での安定性の低さといった問題点を有する。そこで今回、水溶性であるシクロデキストリンがもつ包接能を利用し、高速振動粉砕法によって複合体を作製することで、ACAの水への可溶化及び安定性の向上を試みた。更に得られた複合体を用い、ガン細胞に対するアポトーシス活性及び担癌マウスを用いた抗腫瘍活性を評価した。

    DOI: 10.14916/hgsupra.2011.0.33.0

    CiNii Article

  • Comparison of glutathione reductase activity and the intracellular glutathione reducing effects of 13 derivatives of 1 '-acetoxychavicol acetate in Ehrlich ascites tumor cells 査読

    Xu Shenghui, Kojima-Yuasa Akiko, Azuma Hideki, Kennedy David Opare, Konishi Yotaro, Matsui-Yuasa Isao

    CHEMICO-BIOLOGICAL INTERACTIONS   185 ( 3 )   235 - 240   2010年05月( ISSN:0009-2797

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cbi.2010.03.018

    PubMed

  • Anti-obesity effect of blumea balsamifera extract in 3T3-L1 preadipocytes and adipocytes 査読

    Kojima-Yuasa Akiko, Kubota Hiroaki, Matsui-Yuasa Isao

    FASEB JOURNAL   24   2010年04月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Structure-activity relationships of (1' S)-acetoxychavicol acetate for the decrease in intracellular glutathione level in Ehrlich ascites tumor cells 査読

    Matusi-Yuasa Isao, Xu Shenghui, Kojima-Yuasa Akiko, Azuma Hideki, Kennedy David Opare

    FASEB JOURNAL   24   2010年04月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 免疫抑制剤(タクロリムス水和物;FK506)によって誘導される腎細胞傷害に対する緑茶抽出物の保護効果とそのメカニズム 査読

    湯浅(小島)明子、久村文恵、湯浅 勲

    日本臨床栄養学会雑誌   31   128 - 135   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 亜鉛欠乏によって誘導される肝線維化のメカニズム 査読

    湯浅(小島)明子

    亜鉛栄養治療   1   41 - 46   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Combination of Zizyphus jujuba and green tea extracts exerts excellent cytotoxic activity in HepG2 cells via reducing the expression of APRIL 査読

    Kojima-Yuasa Akiko, Huang Xuedan, Yuasa Isao Matsui

    CANCER RESEARCH   69   2009年05月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • (1'S)-Acetoxychavicol acetate and its enantiomer cause the inhibition of tumor cell growth via different mechanisms 査読

    Xu Shenghui, Kojima-Yuasa Akiko, Azuma Hideki, Matsui-Yuasa Isao

    CANCER RESEARCH   69   2009年05月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 1'-Acetoxychavicol acetate-induced cytotoxicity is accompanied by a rapid and drastic modulation of glutathione metabolism 査読

    Higashida Mami, Xu Shenghui, Kojima-Yuasa Akiko, Kennedy David Opare, Murakami Akira, Ohigashi Hajime, Matsui-Yuasa Isao

    AMINO ACIDS   36 ( 1 )   107 - 113   2009年01月( ISSN:0939-4451

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00726-008-0038-5

    PubMed

  • Effect of Zizyphus jujuba extract on the inhibition of adipogenesis in 3T3-L1 preadipocytes. 査読

    Kubota H, Morii R, Kojima-Yuasa A, Huang X, Yano Y, Matsui-Yuasa I

    The American journal of Chinese medicine   37 ( 3 )   597 - 608   2009年( ISSN:0192-415X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1142/S0192415X09007089

    PubMed

  • Anti-obesity effect of Blumea balsamifera extract in 3T3-L1 preadipocytes and adipocytes. 査読

    Kubota H, Kojima-Yuasa A, Morii R, Huang X, Norikura T, Rho SN, Matsui-Yuasa I

    The American journal of Chinese medicine   37 ( 5 )   843 - 54   2009年( ISSN:0192-415X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1142/S0192415X09007326

    PubMed

  • Combination of Zizyphus jujuba and green tea extracts exerts excellent cytotoxic activity in HepG2 cells via reducing the expression of APRIL. 査読

    Huang X, Kojima-Yuasa A, Xu S, Kennedy DO, Hasuma T, Matsui-Yuasa I

    The American journal of Chinese medicine   37 ( 1 )   169 - 79   2009年( ISSN:0192-415X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1142/S0192415X09006758

    PubMed

  • gamma-AMINOBUTYRIC ACID PROTECTS CYTOTOXICITY OF ETHANOL IN ISOLATED RAT HEPATOCYTES VIA MODULATIONS IN CELLULAR POLYAMINE LEVELS 査読

    Matsui-Yuasa Isoo, Norikura Toshio, Kennedy David O., Kojima-Yuasa Akiko

    HEPATOLOGY   48 ( 4 )   458A - 458A   2008年10月( ISSN:0270-9139

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Mechanism of growth inhibitory effect of Blumea balsamifera extract in hepatocellular carcinoma 査読

    Norikura Toshio, Kojima-Yuasa Akiko, Shimizu Miki, Huang Xuedan, Xu Shenghui, Kametani Saeda, Rho Sook-Nyung, Kennedy David Opare, Matsui-Yuasa Isao

    BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY   72 ( 5 )   1183 - 1189   2008年05月( ISSN:0916-8451

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1271/bbb.70586

    PubMed

  • (1'S)-acetoxychavicol acetate and its enantiomer inhibit tumor cells proliferation via different mechanisms 査読

    Xu Shenghui, Kojima-Yuasa Akiko, Azuma Hideki, Huang Xuedan, Norikura Toshio, Kennedy David Opare, Matsui-Yuasa Isao

    CHEMICO-BIOLOGICAL INTERACTIONS   172 ( 3 )   216 - 223   2008年04月( ISSN:0009-2797

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cbi.2008.01.002

    PubMed

  • Anticancer activities and mechanisms of Blumea balsamifera extract in hepatocellular carcinoma cells. 査読

    Norikura T, Kojima-Yuasa A, Shimizu M, Huang X, Xu S, Kametani S, Rho SN, Kennedy DO, Matsui-Yuasa I

    The American journal of Chinese medicine   36 ( 2 )   411 - 24   2008年( ISSN:0192-415X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1142/S0192415X08005862

    PubMed

  • Green tea extract enhances the selective cytotoxic activity of Zizyphus jujuba extracts in HepG2 cells. 査読

    Huang X, Kojima-Yuasa A, Xu S, Norikura T, Kennedy DO, Hasuma T, Matsui-Yuasa I

    The American journal of Chinese medicine   36 ( 4 )   729 - 44   2008年( ISSN:0192-415X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1142/S0192415X08006193

    PubMed

  • Oligopyridine ligands derived from amino acid precursors: Their Zn(2+) complexation and effects on hepatic stellate cell functions 査読

    Tsukube Hiroshi, Noda Yuki, Kataoka Yumiko, Miyake Hiroyuki, Shinoda Satoshi, Kojima-Yuasa Akiko, Nishida Yoshitake, Matsui-Yuasa Isao

    DALTON TRANSACTIONS   ( 30 )   4038 - 4043   2008年( ISSN:1477-9226

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/b806548a

    PubMed

  • Synergistic effect of green tea polyphenols on their protection against FK506-induced cytotoxicity in renal cells. 査読

    Hisamura F, Kojima-Yuasa A, Huang X, Kennedy DO, Matsui-Yuasa I

    The American journal of Chinese medicine   36 ( 3 )   615 - 24   2008年( ISSN:0192-415X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1142/S0192415X08006028

    PubMed

  • (1'S)-Acetoxychavicol acetateおよびその光学異性体とシスプラチンの併用による抗ガン作用の相乗効果について 査読

    徐 聖輝、湯浅(小島)明子、東 秀紀、 湯浅 勲

    生活科学研究誌   7   13 - 20   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • ビタミンKのアルコール性肝硬変に対する 抗線維化療法の可能性 –肝星細胞の活性化抑制効果について– 査読

    湯浅(小島)明子、鈴浦千絵、湯浅 勲

    日本病態栄養学会誌   11   53 - 60   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Mechanism of growth inhibitory effect of cape aloe extract in ehrlich ascites tumor cells. 査読

    Kametani S, Oikawa T, Kojima-Yuasa A, Kennedy DO, Norikura T, Honzawa M, Matsui-Yuasa I

    Journal of nutritional science and vitaminology   53 ( 6 )   540 - 6   2007年12月( ISSN:0301-4800

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Mechanism of Growth Inhibitory Effect of Cape Aloe Extract in Ehrlich Ascites Tumor Cells 査読

    Kametani Saeda, Oikawa Tomoko, Kojima-Yuasa Akiko, KENNEDY David Opare, NORIKURA Toshio, HONZAWA Mayumi, MATSUI(YUASA) Isao

    日本ビタミン学会 Journal of nutritional science and vitaminology   53 ( 6 )   540 - 546   2007年12月( ISSN:03014800

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Cape aloe (Aloe ferox Miller) has been a herb well known for its cathartic properties and has also been used popularly as a health drink (juice, tea and tonic) in the United States and in Europe. Cape aloe extract also has been reported to possess several pharmacological effects, such as anti-inflammatory, anti-bacterial, anti-fungal and protective effect against liver injury. However, the investigations on an anti-tumor activity in cape aloe extract are very few and subsequent mechanisms have not been well elucidated. In this study, we examined the effect of the selective growth inhibitory activity of cape aloe extract and found that the cape aloe extract, especially the dichloromethane (CH_2Cl_2) extract, caused a dose-dependent growth inhibitory effect in Ehrlich ascites tumor cells (EATC), but not in mouse embryo fibroblast (NIH3T3) cells, which was used as a normal cell model. Furthermore, the CH_2Cl_2 extract caused an accumulation of cells in the G1 phase and a decrease of cells in the S and G2/M phase of the cell cycle and inhibited DNA synthesis in a dose-dependent manner. In addition, other results suggest that cell cycle arrest and inhibition of proliferation in EATC by the CH_2Cl_2 extract are associated with decreased retinoblastoma protein (Rb) phosphorylation.

    DOI: 10.3177/jnsv.53.540

    CiNii Article

  • Cellular thiol status-dependent inhibition of tumor cell growth via modulation of p27(kip1) stop translocation and retinoblastoma protein phosphorylation by 1 '-acetoxychavicol acetate 査読

    Unahara Y., Kojima-Yuasa A., Higashida M., Kennedy D. O., Murakami A., Ohigashi H., Matsui-Yuasa I.

    AMINO ACIDS   33 ( 3 )   469 - 476   2007年09月( ISSN:0939-4451

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00726-006-0437-4

  • Chemical constituents of cape aloe and their synergistic growth-inhibiting effect on Ehrlich ascites tumor cells 査読

    Kametani Saeda, Kojima-Yuasa Akiko, Kikuzaki Hiroe, Kennedy David Opare, Honzawa Mayumi, Matsui-Yuasa Isao

    BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY   71 ( 5 )   1220 - 1229   2007年05月( ISSN:0916-8451

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1271/bbb.60659

    PubMed

  • Vitamin K prevents ethanol-induced hepatic stellate cell activation. 査読

    Kojima-Yuasa Akiko, Suzuura Chie, Matsui-Yuasa Isao

    FASEB JOURNAL   21 ( 6 )   A738 - A739   2007年04月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Protective effect of gamma-aminobutyric acid (GABA) against cytotoxicity of ethanol in isolated rat hepatocytes involves modulations in cellular polyamine levels 査読

    Norikura T., Kojima-Yuasa A., Kennedy D. Opare, Matsui-Yuasa I.

    AMINO ACIDS   32 ( 3 )   419 - 423   2007年04月( ISSN:0939-4451

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00726-006-0381-3

  • Protective effect of green tea extract and tea polyphenols against FK506-induced cytotoxicity in renal cells 査読

    Matsui-Yuasa Isao, Hisamura Fumie, Kojima-Yuasa Akiko

    FASEB JOURNAL   21 ( 6 )   A1066 - A1066   2007年04月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Mechanism of the anti-cancer activity of Zizyphus jujuba in HepG2 cells. 査読

    Huang X, Kojima-Yuasa A, Norikura T, Kennedy DO, Hasuma T, Matsui-Yuasa I

    The American journal of Chinese medicine   35 ( 3 )   517 - 32   2007年( ISSN:0192-415X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1142/S0192415X0700503X

    PubMed

  • 身体障害者における推定エネルギー必要量について 査読

    萩原大介、尾立純子、佐伯孝子、羽生大紀、 湯浅(小島)明子、湯浅 勳

    生活科学研究誌   6   31 - 35   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Effect of quantity and intake interval of zinc supplement on serum indices and zinc content in various organs in male Syrian hamsters 査読

    J. Odachi, T. Saiki, M. Kamei, K. Funasaka, A. Kojima-Yuasa and I. Matsui-Yuasa

    生活科学研究誌   6   7 - 44   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 亜鉛摂取と糖尿病について 査読

    尾立純子、佐伯孝子、安永好美、宮崎かおり、池淵元祥、湯浅(小島)明子、湯浅 勳

    日本家政学会誌   58   179 - 185   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.11428/jhej.58.179

  • Lipase-catalyzed preparation of optically active 1 '-acetoxychavicol acetates and their structure-activity relationships in apoptotic activity against human leukemia HL-60 cells 査読

    Azuma H, Miyasaka K, Yokotani T, Tachibana T, Kojima-Yuasa A, Matsui-Yuasa I, Ogino K

    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY   14 ( 6 )   1811 - 1818   2006年03月( ISSN:0968-0896

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmc.2005.10.029

    PubMed

  • Protective effect of gamma-aminobutyric acid (GABA) against cytotoxicity of ethanol in isolated rat hepatocytes involves modulations in cellular polyamine levels 査読

    Norikura T, Kojima-Yuasa A, Suzuura C, Matsui-Yuasa I

    FASEB JOURNAL   20 ( 4 )   A570 - A570   2006年03月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 1'-Acetoxychavicol acetate induces an inhibition of tumor cell growth via a rapid and drastic modulation of glutathione metabolism 査読

    Matsui-Yuasa I, Kojima-Yuasa A, Kennedy DO

    FASEB JOURNAL   20 ( 4 )   A565 - A566   2006年03月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Inhibitory effect of carrot leaves extract on tumor cell growth 査読

    Kojima-Yuasa A, Asano H, Kamei M, Kennedy DO, Matsui-Yuasa I

    FASEB JOURNAL   20 ( 4 )   A566 - A566   2006年03月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Protective effect of green tea extract and tea polyphenols against FK506-induced cytotoxicity in renal cells. 査読

    Hisamura F, Kojima-Yuasa A, Kennedy DO, Matsui-Yuasa I

    Basic & clinical pharmacology & toxicology   98 ( 2 )   192 - 6   2006年02月( ISSN:1742-7835

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1742-7843.2006.pto_284.x

    PubMed

  • Protective effect of green tea extract and tea polyphenols against FK506-induced cytotoxicity in renal cells 査読

    Hisamura F, Kojima-Yuasa A, Kennedy DO, Matsui-Yuasa I

    BASIC & CLINICAL PHARMACOLOGY & TOXICOLOGY   98 ( 2 )   192 - 196   2006年02月( ISSN:1742-7835

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 亜鉛欠乏による肝線維化の機序

    湯浅(小島)明子、梅田佳奈子、大北智子、乗鞍敏夫、湯浅 勲

    日本病態栄養学会誌   9   49 - 58   2006年( ISSN:13458167

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Role of reactive oxygen species in zinc deficiency- induced hepatic stellate cell activation 査読

    A. Kojima-Yuasa, K. Umeda, T. Ohkita, Y. Nishida, D. O. Kennedy and I. Matsui-Yuasa

    Proceeding of XIII Congress of the Society for Free Radical Research International   207 - 210   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Role of reactive oxygen species in zinc deficiency-induced hepatic stellate cell activation 査読

    Kojima-Yuasa A., Umeda K., Ohkita T., Nishida Y., Kennedy D. O., Matsui-Yuasa I.

    FREE RADICAL RESEARCH   40   S62 - S62   2006年( ISSN:1071-5762

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • テイクアウト弁当に含まれる食品成分の実測値と計算値との比較-ビタミン類を除いた17栄養素について-

    尾立純子、佐伯孝子、野崎恭子、奥田典子、湯浅(小島)明子、川越昌子、亀井正治

    日本家政学会誌   57   339 - 347   2006年( ISSN:9135227

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lipase-catalyzed preparation of optically active 1ユ-acetoxychavicol acetates and their structure-activity relationships in apoptotic activity against human leukemia HL-60 cells

    H. Azuma, K. Miyasaka, T. Yokotani, T. Tachibana, A. Kojima-Yuasa, I. Matsui-Yuasa and K. Ogino

    Bioorganic & Medicinal Chemistry   14   1811 - 1818   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Protective effect of green tea extract and tea polyphenols against FK506-induced cytotoxicity in renal cells

    F. Hsamura, A. Kojima-Yuasa, D.O. Kennedy and I. Matsui-Yuasa

    Basic & Clinical Pharmacology & Toxicology   98   192 - 196   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 西洋ニンジン葉抽出物によるガン細胞増殖抑制効果とそのメカニズムについて 査読

    湯浅(小島) 明子, 亀井 正治, 湯浅 勲

    一般社団法人日本家政学会研究発表要旨集   58 ( 0 )   164 - 164   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    【目的】我々は昨年の本大会において、西洋ニンジン葉抽出物は、細胞分裂を阻止することによってガン細胞の増殖抑制効果を有することを報告した。そこで、本研究では、西洋ニンジン葉抽出物の抗ガン作用メカニズムについて検討し、その作用物質の同定を試みた。<BR>【方法】ガン細胞としてエールリッヒ腹水ガン細胞を用いた。ニンジン葉の乾燥粉末を有機溶媒(エタノール、クロロホルム、酢酸エチル、ブタノール)で分画し、凍結乾燥したものを実験に供した。<BR>【結果】ガン細胞の増殖は、西洋ニンジン葉の各抽出画分を添加することによって濃度依存的に抑制されたが、最も効果を示したものは酢酸エチル抽出画分であった。酢酸エチル抽出画分を添加してガン細胞に0?24時間曝露させた時の細胞増殖能を調べたところ、2時間の曝露で、細胞増殖能が急激に低下していたことから、細胞増殖能を停止させるシグナルは非常に速く伝達されることが示唆された。さらに、このメカニズムには活性酸素種が関与しているかどうかを検討するために、酢酸エチル抽出画分とカタラーゼを同時に添加したところ、細胞増殖能は回復しなかった。一方、酢酸エチル抽出画分の細胞周期におよぼす影響を調べたところ、高濃度の場合では細胞周期をG1期(DNA合成準備期)で停止させ、低濃度の場合ではG2/M期(細胞分裂準備期/分裂期)で停止させた。これはルテオリンの挙動と同様であったことから、酢酸エチル抽出画分にはルテオリンが含まれていることが示唆された。<BR>【結論】西洋ニンジン葉抽出物はガン細胞の増殖抑制効果を有すること、そのメカニズムとして、活性酸素種は関与しないことが明らかとなった。また、西洋ニンジン葉抽出物によるガン細胞の細胞周期におよぼす影響はルテオリンの挙動と同様であったことから、その作用物質は、ルテオリンであることが示唆された。

    DOI: 10.11428/kasei.58.0.164.0

    CiNii Article

  • 食物繊維による大腸ガン抑制効果における酪酸の関与について 査読

    湯浅 勲, 小島(湯浅) 明子

    一般社団法人日本家政学会研究発表要旨集   58 ( 0 )   165 - 165   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    【目的】食物繊維による大腸ガンの予防メカニズムとして、発ガン物質の吸着や希釈による腸管上皮への曝露の減少、食物繊維中のフィチン酸による鉄ラジカルのキレートあるいは胆汁酸の抱合による排泄などが考えられているが、その詳細についてはいまだ明らかにされていない。本研究では食物繊維が腸内細菌による発酵・分解によって生成される短鎖脂肪酸に着目し、ヒト大腸ガン細胞(HT-29)の増殖におよぼす影響について検討した。<BR>【方法】HT-29細胞は10%FBSを含むDMEM培地に播種し、細胞を付着させた後、培地交換をおこない実験に供した。短鎖脂肪酸はナトリウム塩を用い、蒸留水に溶かした後、最終濃度が1または2mMになるように添加した。細胞生存率はTrypan-blue法を、細胞周期はLaser Scanning Cytometerを用いて測定した。<BR>【結果】食物繊維の発酵・分解により生成される酢酸、プロピオン酸と酪酸についてヒト大腸ガン細胞の増殖におよぼす影響について調べたところ、酪酸が最も強くガン細胞の増殖を抑制した。また、その抑制は細胞周期をG2/M期で停止させることによって誘導されることが明らかとなった。一方、酪酸と同時に活性酸素の消去酵素であるカタラーゼを添加すると、細胞増殖能は回復することから、酪酸によるガン細胞増殖の抑制作用には活性酸素が関与していることが示唆された。<BR>【考察】腸内細菌による食物繊維の発酵・分解によって生成される酪酸は、強いヒト大腸ガン細胞増殖抑制効果を有することが明らかとなった。また、その有効濃度は大腸内で生理的に産生される濃度(約10 mM)以下であった。これらのことから、食物繊維による大腸ガン抑制のメカニズムに酪酸が関与する可能性が示唆された。

    DOI: 10.11428/kasei.58.0.165.0

    CiNii Article

  • Role of reactive oxygen species in zinc deficiency-induced hepatic stellate cell activation 査読

    Kojima-Yuasa A, Umeda K, Olikita T, Kennedy DO, Nishiguchi S, Matsui-Yuasa I

    FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE   39 ( 5 )   631 - 640   2005年09月( ISSN:0891-5849

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2005.04.015

    PubMed

  • The inhibitory mechanisms of tumor angiogenesis through reduction of expression of VEGF receptors by green tea extract 査読

    Kojima-Yuasa A, Jin JH, Kinoshita K, Kennedy DO, Matsui-Yuasa I

    FEBS JOURNAL   272   222 - 222   2005年07月( ISSN:1742-464X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Apoptosis-inducing factor-mediated and caspase-independent apoptosis induced by evening primlose extract in Ehrlich ascites tumor cells 査読

    Matui-Yuasa I, Kojima-Yuasa A, Arimura T, Suzuki M, Kennedy DO

    FEBS JOURNAL   272   38 - 38   2005年07月( ISSN:1742-464X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Role of reactive oxygen species in zinc deficiency-induced activation of hepatic stellate cells 査読

    Kojima-Yuasa A, Umeda K, Ohkita T, Kennedy DO, Matsui-Yuasa I

    FASEB JOURNAL   19 ( 4 )   A458 - A458   2005年03月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Involvement of polyamines in evening primrose extract-induced apoptosis in Ehrlich ascites tumor cells 査読

    Matsui-Yuasa I, Kennedy DO, Kojima-Yuasa A

    FASEB JOURNAL   19 ( 4 )   A219 - A220   2005年03月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Involvement of polyamines in evening primrose extract-induced apoptosis in Ehrlich ascites tumor cells 査読

    Arimura T, Kojima-Yuasa A, Tatsumi Y, Kennedy DO, Matsui-Yuasa I

    AMINO ACIDS   28 ( 1 )   21 - 27   2005年02月( ISSN:0939-4451

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00726-004-0155-8

  • Role of reactive oxygen spieces in zinc deficiency-induced hepatic stellate cell activation

    A. Kojima-Yuasa, K. Umeda, T. Ohkita, D. O. Kennedy, S. Nishiguchi, et al.

    Free Radical Biology & Medicine   39   631 - 640   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Involvement of polyamines in evening primrose extract-induced apoptosis in Ehrich ascites tumor cells

    T. Arimura, A. Kojima-Yuasa, Y. Tatsumi, D. O. Kennedy, I. Matsui-Yuasa

    Amino Acids   28   21 - 27   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Reactive oxygen species-independent G1 arrest induced by evening primrose extract in Ehrlich ascites tumor cells 査読

    Arimura T, Kojima-Yuasa A, Kennedy DO, Matsui-Yuasa I

    CANCER LETTERS   207 ( 1 )   19 - 25   2004年04月( ISSN:0304-3835

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.canlet.2003.11.001

  • Involvement of intracellular reactive oxygen species and mitochondrial dysfunction in evening primrose extract-induced apoptosis in Ehrlich ascites tumor cells 査読

    Matsui-Yuasa I, Arimura T, Kennedy DO, Kojima-Yuasa A

    FASEB JOURNAL   18 ( 5 )   A894 - A894   2004年03月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Involvement of reactive oxygen species in zinc deficiency-induced activation of hepatic stellate cells 査読

    Kojima-Yuasa A, Ohkita T, Umeda K, Kennedy DO, Matsui-Yuasa I

    FASEB JOURNAL   18 ( 4 )   A530 - A530   2004年03月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Screening of spice and herb extracts for cytotoxic activity against Ehrlich ascites tumor cells and DPPH radical scavenging activity

    S. Kametani,I. Matsui-Yuasa, A. Kojima-Yuasa, T. Arimura, D.O. Kennedy, et al.

    ITE Letters   6   67 - 75   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Reactive oxygen spieces-independent G1 arrest induced by evening primrose extract in Ehrich ascites tumor cells

    T. Arimura, A. Kojima-Yuasa, D. O. Kennedy, I. Matsui-Yuasa

    Cancer Letters   207   19 - 25   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Caspase-independent apoptosis induced by evening primrose extract in Ehrlich ascites tumor cells 査読

    Arimura T, Kojima-Yuasa A, Suzuki M, Kennedy DO, Matsui-Yuasa I

    CANCER LETTERS   201 ( 1 )   9 - 16   2003年11月( ISSN:0304-3835

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0304-3835(03)00440-3

  • Role of reactive oxygen species in zinc deficiency-induced activation of hepatic stellate cells. 査読

    Kojima-Yuasa A, Ohkita T, Umeda K, Kennedy DO, Nishiguchi S, Matsui-Yuasa I

    HEPATOLOGY   38 ( 4 )   779A - 779A   2003年10月( ISSN:0270-9139

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Green tea extract inhibits angiogenesis of human umbilical vein endothelial cells through reduction of expression of VEGF receptors 査読

    Kojima-Yuasa A, Hua JJ, Kennedy DO, Matsui-Yuasa I

    LIFE SCIENCES   73 ( 10 )   1299 - 1313   2003年07月( ISSN:0024-3205

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0024-3205(03)00424-7

  • Involvement of intracellular glutathione in zinc deficiency-induced activation of hepatic stellate cells 査読

    Kojima-Yuasa A, Ohkita T, Yukami K, Ichikawa H, Takami N, Nakatani T, Kennedy DO, Nishiguchi S, Matsui-Yuasa I

    CHEMICO-BIOLOGICAL INTERACTIONS   146 ( 1 )   89 - 99   2003年07月( ISSN:0009-2797

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0009-2797(03)00087-5

  • Role of intracellular reactive oxygen species and mitochondrial dysfunction in evening primrose extract-induced apoptosis in Ehrlich ascites tumor cells 査読

    Arimura T, Kojima-Yuasa A, Watanabe S, Suzuki M, Kennedy DO, Matsui-Yuasa I

    CHEMICO-BIOLOGICAL INTERACTIONS   145 ( 3 )   337 - 347   2003年06月( ISSN:0009-2797

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0009-2797(03)00060-7

  • Green tea extract inhibits angiogenesis of human umblical vein endothelial cells through reduction of expression of VEGF 査読

    Kojima-Yuasa A, Jin JH, Kennedy DO, Matsui-Yuasa I

    FASEB JOURNAL   17 ( 5 )   A1156 - A1156   2003年03月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Role of intracellular hydrogen peroxide in green tea extract-induced apoptosis in Ehrlich ascites tumor cells 査読

    Matsui-Yuasa I, Kojima-Yuasa A

    FASEB JOURNAL   17 ( 5 )   A1156 - A1156   2003年03月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Green tea extract inhibits angiogenesis of human umbilical vein endothelial cells through reduction of expression VEGF receptors

    A. Kojima-Yuasa, J. Jin Hua, D. O. Kennedy, I. Matsui-Yuasa

    Life Sciences   73   1299 - 1313   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Role of intracellular reactive oxygen species and mitochondrial dysfunction in evening primrose extract-induced apoptosis in Ehrich ascites tumor cells

    T. Arimura, A. Kojimma-Yuasa, S. Watanabe, M. Suzuki, D. O. Kennedy, et al.

    Chemico-Biological Interactions   145   337 - 347   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Caspase-independent apoptosis induced by evening primrose extract in Ehrich ascites tumor cells

    T. Arimura, A. Kojima-Yuasa, M. Suzuki, D. O. Kennedy, I. Matsui-Yuasa

    Cancer Letters   201   9 - 16   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Involvement of intracellular glutathione in zinc deficiency-induced activation of hepatic stellate cells

    A. Kojima-Yuasa, T. Ohkita, K. Yukami, H. Ichikawa, N. Takami, et al.

    Chemico-Biological Interactions   146   89 - 99   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cellular thiol status-dependent inhibition of tumor cell growth via modulation of retinoblastoma protein phosphorylation by (-)-epigallocatechin 査読

    Kennedy DO, Kojima A, Moffatt J, Yamagiwa H, Yano Y, Hasuma T, Otani S, Matsui-Yuasa I

    CANCER LETTERS   179 ( 1 )   25 - 32   2002年05月( ISSN:0304-3835

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Protective effect of aloe extract against the cytotoxicity of 1,4-naphthoquinone in isolated rat hepatocytes involves modulations in cellular thiol levels 査読

    Norikura T, Kennedy DO, Nyarko AK, Kojima A, Matsui-Yuasa I

    PHARMACOLOGY & TOXICOLOGY   90 ( 5 )   278 - 284   2002年05月( ISSN:0901-9928

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Involvement of tyrosine phosphorylation and intracelluar sulfhydyrl groups in 1'-acetoxychavciol acetae-induced cell death of Ehrlich ascites tumor cells 査読

    Moffatt J, Kojima A, Matsui-Yuasa I

    FASEB JOURNAL   16 ( 5 )   A1001 - A1001   2002年03月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oxidative stress involves in enhancement of zinc deficiency-induced activation in hepatic stellate cells 査読

    Kojima A, Yukami K, Ichikawa H, Matsui-Yuasa I

    FASEB JOURNAL   16 ( 5 )   A976 - A976   2002年03月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Cellular thiol status-dependent inhibition of tumor cell growth via modulation of retinoblastoma protein phosphorylation by (-)-epigallocatechin 査読

    Matsui-Yuasa I, Kennedy DO, Kojima A

    FASEB JOURNAL   16 ( 4 )   A371 - A371   2002年03月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Involvement of protein tyrosine phosphorylation and reduction of cellular sulfhydryl groups in cell death induced by 1 '-acetoxychavicol acetate in Ehrlich ascites tumor cells 査読

    Moffatt J, Kennedy DO, Kojima A, Hasuma T, Yano Y, Otani S, Murakami A, Koshimizu K, Ohigashi H, Matsui-Yuasa I

    CHEMICO-BIOLOGICAL INTERACTIONS   139 ( 2 )   215 - 230   2002年02月( ISSN:0009-2797

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cellular thiol status-dependent inhibition of tumor cell growth via modulation of Retinoblastoma protein phosphorylation by (-)-epigarocatechin

    D. O. Kennedy, A. Kojima, J. Moffatt, H. Yamagiwa, Y. Yano, et al.

    Cancer Letters   179   25 - 32   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Involvement of protein tyrosine phosphorylation and reduction of cellular sulfhydryl groups in cell death induced by 1'-acetoxychavicol acetate in Ehrich ascites tumor cells

    J. Moffatt, D. O. Kennedy, A. Kojima, T. Hasuma, Y. Yano, et al.

    Chemico-Biological Interactions   139   215 - 230   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Protective effect of Aloe extract against the cytotoxity of 1,4-Naphtoquinone in isolated rat hepatocytes involves modulations in cellular thiol levels

    T. Norikura, D. O. Kennedy, A. K. Nyarko, A. Kojima, I. Matsui-Yuasa

    Pharmacology and Toxicology   90   278 - 284   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Involvement of oxidative stress in enhancement of collagen expression in zinc-deficient hepatic stellate cells. 査読

    Kojima A, Yukami K, Ichikawa H, Matsui-Yuasa I

    HEPATOLOGY   34 ( 4 )   514A - 514A   2001年10月( ISSN:0270-9139

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Growth inhibitory effect of green tea extract in Ehrlich ascites tumor cells involves cytochrome c release and caspase activation 査読

    Kennedy DO, Kojima A, Yano Y, Hasuma T, Otani S, Matsui-Yuasa I

    CANCER LETTERS   166 ( 1 )   9 - 15   2001年05月( ISSN:0304-3835

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Growth inhibitory effect of green tea extract and (-)-epigallocatechin in Ehrlich ascites tumor cells involves a cellular thiol-dependent activation of mitogenic-activated protein kinases 査読

    Kennedy DO, Kojima A, Hasuma T, Yano Y, Otani S, Matsui-Yuasa I

    CHEMICO-BIOLOGICAL INTERACTIONS   134 ( 2 )   113 - 133   2001年04月( ISSN:0009-2797

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cellular thiols status and the expression of type I collagen in zinc-deficient hepatic stellate cells 査読

    Kojima A, Yukami K, Ichikawa H, Matsui-Yuasa I

    JOURNAL OF HEPATOLOGY   34   55 - 55   2001年04月( ISSN:0168-8278

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Growth inhibitory effect of green tea extract and (-)-epigallocatechin in Ehrlich ascites tumor cells involves a cellular thiol-dependent activation of mitogenic-activated protein kinases 査読

    Matsui-Yuasa I, Kojima A, Kennedy DO

    FASEB JOURNAL   15 ( 4 )   A400 - A400   2001年03月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Involvement of early growth-related genes and caspase activation in the effect of green tea extract in Ehrlich ascites tumor cells 査読

    Kojima A, Kennedy DO, Matsui-Yuasa I

    FASEB JOURNAL   15 ( 4 )   A400 - A400   2001年03月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Growth inhibitory effect of green tea extract and (-)-epigarocatechin in Ehrlich ascites tumor cells involves a cellular thiol-dependent activation of mitogenic-activated protein kinases

    D. O. Kennedy, A. Kojima, T. Hasuma, Y. Yano, S. Otani, et al.

    Chemico-Biological Interactions   134   113 - 133   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Growth inhibitory effect of green tea extract in Ehrlich ascites tumor cells involves cytochrome c release and caspase activation

    D. O. Kennedy, A. Kojima, Y. Yano, T. Hasuma, S. Otani, et al.

    Cancer Letters   166   9 - 15   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Apoptosis induced by 1 '-acetoxychavicol acetate in Ehrlich ascites tumor cells is associated with modulation of polyamine metabolism and caspase-3 activation 査読

    Moffatt J, Hashimoto M, Kojima A, Kennedy DO, Murakami A, Koshimizu K, Ohigashi H, Matsui-Yuasa I

    CARCINOGENESIS   21 ( 12 )   2151 - 2157   2000年12月( ISSN:0143-3334

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Correlation between proliferating cell nuclear antigen expression and phenotypic change in smooth muscle cells during the development of vasculopathy in heterotopically transplanted rat hearts 査読

    Shirasawa B, Hamano K, Ueda M, Kojima A, Kobayashi T, Ito H, Gohra H, Katoh T, Zempo N, Esato K

    TRANSPLANTATION PROCEEDINGS   32 ( 7 )   1995 - 1996   2000年11月( ISSN:0041-1345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Polyamines and thiols in the cytoprotective effect of L-cysteine and L-methionine on carbon tetrachloride-induced hepatotoxicity. 査読

    Matsui-Yuasa I, Wu C, Kennedy DO, Kojima A

    HEPATOLOGY   32 ( 4 )   204A - 204A   2000年10月( ISSN:0270-9139

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Zinc deficiency enhances collagen expression in hepatic stellate cells. 査読

    Kojima A, Ichikawa H, Takami N, Kawada N, Nishiguchi S, Matsui-Yuasa I

    HEPATOLOGY   32 ( 4 )   505A - 505A   2000年10月( ISSN:0270-9139

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Apoptosis induced by chelation of intracellular zinc is associated with depletion of cellular reduced glutathione level in rat hepatocytes 査読

    Nakatani T, Tawaramoto M, Kennedy DO, Kojima A, Matsui-Yuasa I

    CHEMICO-BIOLOGICAL INTERACTIONS   125 ( 3 )   151 - 163   2000年03月( ISSN:0009-2797

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Contribution of proliferating leukocytes to phenotypic change in smooth muscle cells during the development of coronary arteriosclerosis in transplanted hearts 査読

    Shirasawa B, Hamano K, Ueda M, Ito H, Kobayashi T, Fujimura Y, Kojima A, Esato K

    EUROPEAN SURGICAL RESEARCH   32 ( 1 )   30 - 38   2000年( ISSN:0014-312X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Polyamines and thiols in the cytoprotective effect of L-cycteine and L-methionine on carbon tetrachloride-induced hepatotoxity

    W. Chen, D. O. Kennedy, A. Kojima, I. Matsui-Yuasa

    Amino Acids   18   319 - 327   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Apoptosis induced by 1'-acetoxychavicol acetate in Ehrlich ascites tumor cells is associated with modulation of polyamine metabolism and caspase-3 activation

    J. Moffatt, M. Hashimoto, A. Kojima, D. O. Kennedy, A. Murakami, et al.

    Carcinogenesis   21   2151 - 2157   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Apoptosis induced by chelation of intracellular zinc is associated with depletion of cellular reduced glutathione level in rat hepatocytes

    T. Nakatani, M. Tawaramoto, D.O. Kennedy, A. Kojima, I. Matsui-Yuasa

    Chemico-Biological Interactions   125   151 - 163   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Polyamines and thiols in the cytoprotective effect of L-cysteine and L-methionine on carbon tetrachloride-induced hepatotoxicity 査読

    Chen W, Kennedy DO, Kojima A, Matsui-Yuasa I

    AMINO ACIDS   18 ( 4 )   319 - 327   2000年( ISSN:0939-4451

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Apoptosis induced by chelation of intracellular zinc is associated with depletion of cellular reduced glutathione levels in rat hepatocytes. 査読

    Nakatani T, Kennedy DO, Kojima A, Matsui-Yuasa I

    HEPATOLOGY   30 ( 4 )   391A - 391A   1999年10月( ISSN:0270-9139

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of zinc on proliferation and activation in hepatic stellate cells. 査読

    Kojima A, Kennedy DO, Nakatani T, Ichikawa H, Takami N, Kawada N, Nishiguchi S, Kuroki T, Ikeda K, Nakatani K, Kaneda K, Matsui-Yuasa I

    HEPATOLOGY   30 ( 4 )   557A - 557A   1999年10月( ISSN:0270-9139

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cellular thiols status and cell death in the effect of green tea polyphenols in Ehrlich ascites tumor cells 査読

    Kennedy DO, Matsumoto M, Kojima A, Matsui-Yuasa I

    CHEMICO-BIOLOGICAL INTERACTIONS   122 ( 1 )   59 - 71   1999年08月( ISSN:0009-2797

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Induction of smooth muscle cells in the fibrous capsule of human hepatocellular carcinoma but not in the septa of hepatic cirrhosis 査読

    Kojima A, Kaneda K, Ueda M, Maki A, Takabayashi A, Fukushima S, Sakurai H, Nagai R, Matsui-Yuasa I

    VIRCHOWS ARCHIV-AN INTERNATIONAL JOURNAL OF PATHOLOGY   434 ( 5 )   413 - 422   1999年05月( ISSN:0945-6317

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Relative localization of angiotensin-converting enzyme, chymase and angiotensin II in human coronary atherosclerotic lesions 査読

    Ohishi M, Ueda M, Rakugi H, Naruko T, Kojima A, Okamura A, Higaki J, Ogihara T

    JOURNAL OF HYPERTENSION   17 ( 4 )   547 - 553   1999年04月( ISSN:0263-6352

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mast cell chymase in pulmonary hypertension 査読

    Mitani Y, Ueda M, Maruyama K, Shimpo H, Kojima A, Matsumura M, Aoki K, Sakurai M

    THORAX   54 ( 1 )   88 - 90   1999年01月( ISSN:0040-6376

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cellular thiols status and cell death in the effect of green tea polyphenols in Ehrich ascites tumor cells

    D.O. Kennedy, M. Matsumoto, A. Kojima, I. Matsui-Yuasa

    Chemico-Biological Interactions   122   59 - 71   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Induction of smooth muscle cells in the fibrous capsule of human hepatocellular carcinoma but not in the septa of liver cirrhosis

    A. Kojima, K. Kaneda, M. Ueda, A. Maki, A. Takabayashi, et al.

    Virchow Archiv.   434   413 - 422   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Vascular endothelial growth factor (VEGF) expression in human coronary atherosclerotic lesions - Possible pathophysiological significance of VEGF in progression of atherosclerosis 査読

    Inoue M, Itoh H, Ueda M, Naruko T, Kojima A, Komatsu R, Doi K, Ogawa Y, Tamura N, Takaya K, Igaki T, Yamashita J, Chun TH, Masatsugu K, Becker AE, Nakao K

    CIRCULATION   98 ( 20 )   2108 - 2116   1998年11月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enhanced expression of Vascular Endothelial Growth Factor receptors (Flt-1 and KDR/Flk-1) may induce a plaque destabilization in human coronary atherosclerotic lesions 査読

    Kojima A, Ueda M, Naruko T, Komatsu R, Wei LX, Matsui-Yuasa I, Becker AE

    CIRCULATION   98 ( 17 )   172 - 172   1998年10月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Increased expression of endothelin receptors is associated with the progression of atherosclerosis in human coronary arteries 査読

    Naruko T, Ueda M, Haze K, Komatsu R, Wei LX, Kojima A, Takimoto M, Okada T, Masatsugu K, Itoh H

    CIRCULATION   98 ( 17 )   734 - 734   1998年10月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Plasma levels of oxidized low density lipoprotein (Ox-LDL) directly relate to the severity of the acute coronary syndromes 査読

    Ehara S, Ueda M, Naruko T, Itagane H, Haze K, Itabe H, Takano T, Tsukamoto Y, Komatsu R, Kojima A, Becker AE

    CIRCULATION   98 ( 17 )   765 - 765   1998年10月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Neointimal tissue response at sites of coronary stenting in humans - Macroscopic, histological, and immunohistochemical analyses 査読

    Komatsu R, Ueda M, Naruko T, Kojima A, Becker AE

    CIRCULATION   98 ( 3 )   224 - 233   1998年07月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Globulin and albumin-2 associated with protein bodies in Amaranthus cruentus seeds 査読

    Nakamura R, Konishi Y, Kojima A, Nakatani N

    BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY   62 ( 6 )   1231 - 1233   1998年06月( ISSN:0916-8451

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of vascular endothelial growth factor and its receptors (Flt-1, KDR/Flk-1) in the liver metastasis of human colo-rectal cancer. 査読

    Maki A, Kojima A, Ueda M, Matsui-Yuasa I, Kaneda K, Takabayashi A

    GASTROENTEROLOGY   114 ( 4 )   A637 - A637   1998年04月( ISSN:0016-5085

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Neointimal and not adventitial proliferation plays a role in restenosis after percutaneous transluminal coronary angioplasty in humans - A histomorphometric analysis 査読

    Komatsu R, Ueda M, Naruko T, Kojima A, Becker AE

    JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF CARDIOLOGY   31 ( 2 )   143A - 143A   1998年02月( ISSN:0735-1097

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enhanced expression of angiotensin-converting enzyme is associated with progression of coronary atherosclerosis in humans 査読

    Ohishi M, Ueda M, Rakugi H, Naruko T, Kojima A, Okamura A, Higaki J, Ogihara T

    JOURNAL OF HYPERTENSION   15 ( 11 )   1295 - 1302   1997年11月( ISSN:0263-6352

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mutual expression of vascular endothelial growth factor and its receptors in human liver diseases. 査読

    Kojima A, Ueda M, Maki A, Takabayashi A, Nakatani K, Seki S, Fukushima S, Sakurai M, Kaneda K, MatsuiYuasa I

    HEPATOLOGY   26 ( 4 )   404 - 404   1997年10月( ISSN:0270-9139

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Up-regulation of endothelin-converting enzyme during the development of transplant renal arteriosclerosis in human renal allografts 査読

    Tanabe S, Ueda M, Han YS, Kojima A, Nakatani T, Kishimoto T, Takahashi M, Tanzawa K

    TRANSPLANTATION PROCEEDINGS   29 ( 1-2 )   1517 - 1519   1997年( ISSN:0041-1345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Angiotensin type I receptor expression at sites of plaque rupture in human coronary arteries: A mechanism that may trigger rupture 査読

    Ohishi M, Ueda M, Kojima A, Rakugi H, Naruko T, Becker AE, Higaki J, Ogihara T

    CIRCULATION   94 ( 8 )   101 - 101   1996年10月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Increased expression of vascular endothelial growth factor is associated with neovascularization in chronic hepatitis and liver cirrhosis in humans. 査読

    Kojima A, Ueda M, Maki A, Takabayashi A, Nakatani K, Fukushima S, Sakurai M, Kaneda K

    HEPATOLOGY   24 ( 4 )   830 - 830   1996年10月( ISSN:0270-9139

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of angiotensin II type I and type II receptors in the neointima at the site of percutaneous transluminal coronary angioplasty in humans 査読

    Ohishi M, Ueda M, Rakugi H, Kojima A, Becker AE, Kamide K, Higaki JU, Ogihara T

    HYPERTENSION   28 ( 3 )   P41 - P41   1996年09月( ISSN:0194-911X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • In situ detection of platelet-derived growth factor-A and -B chain mRNA in human coronary arteries after percutaneous transluminal coronary angioplasty 査読

    Ueda M, Becker AE, Kasayuki N, Kojima A, Morita Y, Tanaka S

    AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY   149 ( 3 )   831 - 843   1996年09月( ISSN:0002-9440

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Development of intralobular bile ductules after spontaneous hepatitis in Long-Evans mutant rats 査読

    Betto H, Kaneda K, Yamamoto T, Kojima A, Sakurai M

    LABORATORY INVESTIGATION   75 ( 1 )   43 - 53   1996年07月( ISSN:0023-6837

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Rod-cored vesicles in large granular lymphocyte (LGL) leukemia cells of rats: Alterations induced following metastasis to the liver 査読

    Kaneda K, Sayers TJ, Wiltrout TA, Pilaro AM, Kojima A, Nagashima K, Gonda MA, Ward JM, Reynolds CW, Ortaldo JR, Wiltrout RH

    BIOMEDICAL RESEARCH-TOKYO   17 ( 1 )   53 - 65   1996年02月( ISSN:0388-6107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Appearance of free radicals in the guinea pig inner ear after noise-induced acoustic trauma 査読

    Yamane H, Nakai Y, Takayama M, Iguchi H, Nakagawa T, Kojima A

    EUROPEAN ARCHIVES OF OTO-RHINO-LARYNGOLOGY   252 ( 8 )   504 - 508   1995年12月( ISSN:0937-4477

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • SMOOTH-MUSCLE CELL DEDIFFERENTIATION IS A FUNDAMENTAL CHANGE PRECEDING WOUND-HEALING AFTER PERCUTANEOUS TRANSLUMINAL CORONARY ANGIOPLASTY IN HUMANS 査読

    UEDA M, BECKER AE, NARUKO T, KOJIMA A

    CORONARY ARTERY DISEASE   6 ( 1 )   71 - 81   1995年01月( ISSN:0954-6928

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • RECOVERY OF THE ULTRASTRUCTURE OF JEJUNAL ABSORPTIVE CELLS AND ABSORPTION OF NUTRIENTS IN STARVED THEN RE-FED RATS 査読

    KOJIMA A, KASAI S, SUGAWAKATAYAMA Y

    JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLOGY   39 ( 1 )   23 - 32   1993年02月( ISSN:0301-4800

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • IN SITU DETECTION OF PDGF A-CHAIN AND B-CHAIN MESSENGER-RNA IN HUMAN CORONARY-ARTERIES AFTER PTCA 査読

    UEDA M, KASAYUKI N, KOJIMA A, NARUKO T, TOJO O, OTANI S, MORITA Y, OHNO T, TANAKA S, ISHIHARA T, BECKER AE

    CIRCULATION   86 ( 4 )   799 - 799   1992年10月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 核酸の分子栄養学

    小島 明子( 担当: 単著 ,  範囲: 肝機能と核酸)

    株式会社エヌ・ティー・エス  2019年05月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • Mechanisms of Action of Polyphenols in Human Health and Disease

    湯浅 明子(小島 明子)( 担当: 単著 ,  範囲: Biological and pharmacological effects of polyphenolic compounds from Ecklonia cava)

    Elsevier, Oxford, UK  2018年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • カレント臨床栄養学

    湯浅(小島)明子( 担当: 単著 ,  範囲: 第12章 消化器疾患2 肝胆膵の疾患)

    建帛社  2015年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 女性の疾患と美容のための機能性素材の開発

    湯浅(小島)明子( 担当: 単著 ,  範囲: 第6章 マテ茶の生理作用)

    シーエムシー出版  2014年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • Tea in Health and Disease Prevention

    湯浅 明子(小島 明子)( 担当: 単著 ,  範囲: Effect of green tea extract and tea polyphenols against antibiotic-, anti-cancer drug- and immunosuppressant agent-induced nephrotoxicity: A focus on cyclosporine A and tacrolimus)

    Elsevier, Oxford, UK  2011年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 管理栄養士コースで 学ぶ 〜キャリアデザインの ために〜

    小島明子( 担当: 単著 ,  範囲: 食品成分による病態改善や疾病予防効果とそのメカニズム)

    同文書院  2007年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • ナフトキノンによって誘導される肝細胞傷害の抑制効果

    湯浅 勲、小島明子( 担当: 共著)

    学会出版センター・茶の機能 生体機能の新たな可能性  2002年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 黒にんじん抽出物によるアルコール性肝細胞傷害に対する保護効果とその作用メカニズム

    北野敦子, 乗鞍敏夫, 嶋川博己, 亀澤誠, 湯浅勲, 湯浅(小島)明子

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   74th   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • ナンキョウ抽出物による認知症予防効果 査読

    湯浅(小島)明子, 富山貴美, 梅田知宙, 酒井亜由美, 藤井律子, 藤岡正喜, 川辺光一, 湯浅勲

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   72nd   229   2018年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 認知症の予防効果を有する食品成分とその作用メカニズム 招待

    湯浅(小島)明子

    アグリバイオ   1   103 - 106   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著  

  • 認知症の予防効果を有する食品成分とその作用メカニズム 招待

    湯浅(小島)明子

    アグリバイオ   1   103 - 106   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 京都大学・大阪市立大学 発見・開発:全く新しいコラーゲン、エラスチン、HSP47産生素材 ナールスゲン 査読

    平竹 潤, 小島明子, 湯浅 勲

    第5回化粧品産業技術展 (CITE Japan 2013)出展者技術発表会 ,パシフィコ横浜   2013年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • γ-グルタミルトランスペプチダーゼ阻害剤による抗酸化ストレス応答の惹起 査読

    平竹 潤, 渡辺文太, 韓 立友, 小島明子, 湯浅 勲

    BIO tech 2012 アカデミックフォーラム ,東京ビッグサイト   2012年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • γ-グルタミルトランスペプチダーゼ阻害剤によるアンチエイジング効果 査読

    平竹潤, 渡辺文太, 湯浅(小島)明子, 湯浅勲, 韓立友, 安藤正彦, 我妻美紀, 林田元治

    第2回コスメティクスジャパン化粧品技術フォーラム,東京   2011年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(GGT)阻害剤による皮膚のアンチエイジング効果とそのメカニズム 査読

    湯浅(小島)明子, 平竹潤, 渡辺文太, 韓立友, 湯浅勲

    第36回日本香粧品学会,東京   2011年06月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • テイクアウト弁当に含まれる食品成分の実測値と計算値との比較-ビタミン類を除いた17栄養素について- 査読

    尾立純子, 佐伯孝子, 野崎恭子, 奥田典子, 湯浅(小島)明子, 川越昌子, 亀井正治

    日本家政学会誌   57 ( 5 )   339 - 347   2006年( ISSN:1882-0352|0913-5227

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.11428/jhej.57.339

    J-GLOBAL

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 甘苦茶抽出物による抗肥満効果とその作用メカニズム 国内会議

    湯浅(小島)明子、細川裕介、笠野真由、黄雪丹、白畑辰弥、小林義典、湯浅勲

    第71回日本栄養・食糧学会大会  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Ecklonia cava polyphenolはcAMP-PKA経路を介してアルコール性肝細胞傷害を予防する 国内会議

    澤田拓哉、後藤麻由、山下治香、湯浅勲、湯浅(小島) 明子

    第71回日本栄養・食糧学会大会  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 玉造黒門越瓜のはたらき 招待 国内会議

    小島明子

    花と緑のまちづくり推進事業  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 抗老化・抗認知症作用を有する機能性食品のヒトへの応用開発 国内会議

    小島明子

    知と健康のグローカル拠点事業推進ワークショップ  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • アルコール性肝障害に対するEcklonia cava polyphenolの保護効果とその作用メカニズム 国内会議

    澤田拓哉、後藤麻由、山下治香、湯浅勲、湯浅(小島 )明子

    第56回日本栄養・食糧学会大会近畿支部大会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 1'-Acetoxychavicol acetateの認知機能改善効果にはプロテアソーム活性の亢進と血清ケトン体濃度の増加が関与する 国内会議

    湯浅(小島)明子、夜久圭介、山本富矢、広田栞、川辺光一、竹中重雄、湯浅勲

    第90回日本生化学会大会  2017年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 真皮線維芽細胞に対するコラーゲン産生促進効果を有するナンキョウ抽出液の開発 国内会議

    菊池 夏実, 小林 豊明, 水谷 友紀, 成 英次, 笠 明美, 林 昭伸, 湯浅 勲, 小島 明子

    日本薬学会年会要旨集  2020年03月  (公社)日本薬学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 栄養障害を有する高齢入院患者における栄養改善に関連する要因について 国内会議

    高田 守康, 山本 加奈子, 西山 知里, 中森 陽子, 高塚 安紀穂, 仲野 花菜, 遠藤 和喜雄, 小島 明子

    学会誌JSPEN  2019年09月  (一社)日本臨床栄養代謝学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 栄養介入により栄養改善が認められなかった高齢者の特性の検討 国内会議

    高田 守康, 山本 加奈子, 西山 知里, 小林 ゆかり, 中森 陽子, 高塚 安紀穂, 仲野 花菜, 井上 繁治, 遠藤 和喜夫, 石川 恵子, 小立 昌美, 常友 友紀, 小島 明子

    日本静脈経腸栄養学会雑誌  2018年01月  (株)ジェフコーポレーション

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 1’-Acetoxychavicol Acetate Ameliorates Age-related Spatial Memory Deterioration by Increasing Serum Ketone Body Production as a Complementary Energy Source for Neuronal Cells 国際会議

    A. Kojima-Yuasa, T. Yamamoto., K. Yaku, S. Hirota, I. Matsui-Yuasa

    International Congress of Nutrition  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Protective Effects of Hydrolyzed Nucleoproteins from Salmon Milt Against Ethanol-induced Liver Injury in Rats 国際会議

    I. Matsui-Yuasa, M. Goto, E. Yoshikawa, Y. Morita, H. Sekiguchi. K. Sutoh, K.i Usumi, A. Kojima-Yuasa

    International Congress of Nutrition  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 生活習慣病予防効果のあるトロピカル植物 招待 国内会議

    小島明子

    大阪市立大学理学部附属植物園 植物園市民講座シリーズ:植物と私たちの生活  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • Ecklonia cava polyphenolによるアルコール性肝疾患の予防効果と その作用メカニズム 国内会議

    吉川絵理、後藤麻由、山下治香、湯浅勲、湯浅(小島)明子

    「バイオインターフェース先端マテリアルの創生」第7回シンポジウム・第6回バイオ・メディカル・フォーラム  2017年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 1’-Acetoxychavicol acetateによる認知機能の改善効果におけるケトン体の役割 国内会議

    湯浅(小島)明子、山本富矢、夜久圭介、広田栞、竹中繁雄、川辺光一、湯浅勲

    「バイオインターフェース先端マテリアルの創生」第7回シンポジウム・第6回バイオ・メディカル・フォーラム  2017年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

産業財産権等

  • 脂肪細胞分化の抑制用、脂肪細胞の脂肪蓄積量低減用および/または脂肪細胞のアディポネクチン分泌促進用組成物

    小島明子、湯浅勲、清本邦夫、大村文乃

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2013-142011 

    特許番号/登録番号:特許第6156795号 

  • コラーゲン産生促進用、エラスチン産生促進用および/またはケラチノサイト遊走促進用組成物

    小島明子、湯浅勲、清本邦夫、大村文乃

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2013-140751 

    特許番号/登録番号:特許第6238190号 

  • 肝炎予防又は治療剤

    湯浅明子, 湯浅 勲, 清本邦夫, 大村文乃

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2012-090408 

    特許番号/登録番号:特許5930814 

  • 角化細胞遊走・増殖促進剤を含む、創傷治癒剤、および褥瘡(床ずれ)治療薬

    平竹 潤, 渡辺文太, 湯浅 勲, 湯浅明子

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2010-20683 

    特許番号/登録番号:特許5787246 

  • 抗肥満剤

    湯浅 勲, 小島明子, 東 秀紀

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2010-0201892 

    特許番号/登録番号:特許5737889号 

  • 線維芽細胞増殖促進剤、角化細胞遊走・増殖促進剤、エラスチン産生促進剤、ヒートショックタンパク質 47産生促進剤、α-平滑筋アクチン (α-SMA) 産生促進剤、及び光老化防止剤

    湯浅明子, 湯浅 勲

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2010-199209 

    特許番号/登録番号:特許5787285 

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)キーワード

  • 食品成分による生活習慣病の予防効果および創傷治癒促進効果の作用メカニズムの解明とその応用戦略に関する研究

    カテゴリ:ライフサイエンス 

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 神経変性疾患(アルツハイマー病、パーキンソン病)の予防効果を有する食品成分の探索とその作用メカニズムに関する研究

    現在より可能

     詳細を見る

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:受託研究, 共同研究, 講演  

  • 抗ガン作用および異物代謝機能を亢進させる食品成分の検索とその作用メカニズムに関する研究

    いつでも可能

     詳細を見る

    交流の種別:受託研究, 共同研究, 講演  

  • 皮膚のアンチエイジング効果および創傷治癒促進作用を有する食品成分の探索とその作用メカニズムに関する研究

    いつでも可能

     詳細を見る

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:受託研究, 共同研究, 講演  

  • 炎症性肝疾患の発症機序の解明と予防効果を有する食品成分の検索とその作用メカニズムに関する研究

    現在より可能

     詳細を見る

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:受託研究, 共同研究, 講演  

  • 肥満を抑制する食品成分の探索とその作用メカニズムに関する研究

    いつでも可能

     詳細を見る

    交流の種別:受託研究, 共同研究, 講演  

科研費

  • 認知症の予防効果を有する食品成分の総括的研究

    基盤研究(C)  2017年04月

共同研究(外部資金獲得実績のあるもの)

  • S2014ヌクレゲンおよびSヌクレゲンのがんに対する影響評価

    2016年10月

奨励寄附金・助成金

  • 抗老化・抗認知症作用を有する機能性食品のヒトへの応用開発

    大学  2017年07月

  • 食品成分による生活習慣病の予防効果とその作用メカニズムと調理特性による変化

    文部科学省  2017年

  • 「ナールスゲン」周辺化合物の用途開発研究

    民間企業  2017年04月

担当教育概要

  • 「病態栄養学I」: 臨床栄養学では、対象者の病態や栄養状態を栄養管理によって改善し、疾患の予防や治療を効果的に行うことができるようにすることが重要なことである。病態栄養学Ⅰでは、臨床栄養学の基礎となる栄養管理およびそのマネジメントに必要な事項について学習する。 「応用栄養学III」: 加齢にともなう生理的な変化や栄養状態の特徴を理解し、各ライフステージにおける栄養状態の評価・判定に必要な基礎知識を学び、その栄養管理における基本的な考え方を習得する。さらに、各種労作や運動など諸身体活動にともなう生理的な変化や栄養状態の特徴と、それらに対する栄養管理の考え方についても学習する。「食品プロセス科学I」: 食品の機能性のなかでも三次機能(生体調節機能)に焦点をあて、食品成分における生体への効果およびその作用メカニズムについて解説する。また、食品成分の相互作用についても学習する。さらに、機能性食品成分の探索研究を紹介する。 「栄養病理学特論 (大学院)」: 疾病の発症メカニズムと各臓器内でおこる変化(現象)を明らかにし、さらにその原因を追求する。 「発達臨床栄養学特論 (大学院)」: 小児期の発達過程において重要とされる食の問題についてあげ、特に若年層にみられる疾病についての成因と症状および臨床栄養指導について述べる。

担当授業科目

  • 栄養科学実験

    2017年度     大学

  • 学校栄養教育論

    2017年度     大学

  • 食品プロセス科学

    2017年度     大学

  • 応用栄養学III

    2017年度     大学

  • 前期特別研究

    2017年度     大学院

  • 栄養病理学特論

    2017年度     大学院

  • 栄養機能科学特論演習

    2017年度     大学院

  • 教職実践演習

    2017年度     大学

  • 発達臨床栄養学特論演習

    2016年度     大学院

  • 発達臨床栄養学特論

    2016年度     大学院

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 生化学

    機関名:大阪府病院協会看護専門学校

  • 栄養学

    機関名:大阪府病院協会看護専門学校

  • 応用栄養学III

    機関名:武庫川女子大学

FD活動

  • FD活動への貢献  2017年度

     詳細を見る

    学科会議、卒業論文発表会・修士論文発表会終了後に学科教員によるFD会議を開催し、討論した。

社会貢献活動

  • 生活習慣病を予防する食品成分の探索とその作用メカニズム

    役割:講師

    大阪市立大学・大阪教育大学・和歌山大学  文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」平成29年度 産官学連携ウィメンズイノベーションフェア イノベーション創造の新しい形  ~女性研究者が切り拓く未来~  2018年

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 食品の機能性に関する食育教材の構築 〜栄養学関連分野の横断的連携〜

    役割:講師

    大阪市立大学・大阪教育大学・和歌山大学  ダイバーシティ研究環境実現 キックオフシンポジウム「南近畿からの発信:女性研究者の地平を拓く、未来を創る」  2018年

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 研究室訪問

    役割:講師

    大阪市立大学生活科学部(大阪府立高津高等学校)  2017年07月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    参加者数:4(人)

  • 食品成分の不思議な力〜老化の原因「活性酸素種」を抑制するために

    役割:講師

    大阪市立大学・朝日新聞社  市大・朝日 ライフサイエンス塾  2016年

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 生活習慣病を予防するための食生活/自らの健康を支えるために

    役割:講師

    日本下水道施設管理業協会 特別講習会  2014年

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 食用植物成分および栄養素による生活習慣病の予防効果

    役割:講師

    日本ベジタリアン学会第14回大会  2014年

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 食生活と健康 – 生活習慣病を予防するための食生活とは −

    役割:講師

    近鉄文化サロン1日・短期講習会  2014年

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 大阪市東成区花と緑のまちづくり推進会

    役割:講師, 情報提供

    東成区役所  2012年 - 継続中

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    東成区の伝統野菜であり、なにわ伝統野菜にも登録されている「玉造黒門越瓜」による生活習慣病の予防効果について講演し、玉造黒門越瓜の普及に寄与した。

  • 大阪市東成区花と緑のまちづくり推進会

    役割:講師, 情報提供

    東成区役所  2012年 - 継続中

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:その他

    東成区の伝統野菜であり、なにわ伝統野菜にも登録されている「玉造黒門越瓜」による生活習慣病の予防効果について講演し、玉造黒門越瓜の普及に寄与した。

  • 国土交通省近畿地方整備局近畿圏広域地方計画推進室

    2011年 - 2013年

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    『はなやか関西〜文化首都年〜「茶の文化」』の実行委員となって、緑茶抽出物による生活習慣病の予防効果とそのメカニズムについて講演し、茶の普及に寄与した。(2011〜2012)『はなやか関西〜文化首都年〜「関西の食文化」』の実行委員となって、なにわ伝統野菜の生理作用について講演し、なにわ伝統野菜の普及に寄与した。(2013)

▼全件表示

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 生活習慣病を予防する食生活と健康について

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:社会人・一般

    生活習慣病の成り立ちや食品の機能について学習し、健康的な食生活を送るためのポイントを紹介する。
    特に、1)アルコール性肝疾患の予防効果、2)お肌のアンチエイジング(抗老化)作用、3)肥満の予防効果について、疾患の成り立ちと食品成分による予防効果の作用メカニズムについて明らかにする。さらに、健康長寿を目指す食生活について述べる。
    食品の機能を明らかにし、食生活に有効に取り入れて、健康長寿を目指すことを目的とする。
    私達は、なにわ伝統野菜「玉造黒門越瓜」がアルコール性肝疾患の予防効果を有することを見出した。このことは、大阪の農業活性化に寄与することができるものである。(今までに、「玉造黒門越瓜」の発祥地である大阪市東成区で講演し、「玉造黒門越瓜」の普及のお手伝いをさせていただいている。)

  • 生活習慣病を予防する食生活と健康

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:中学生, 高校生

    生活習慣病の成り立ちや食品の機能について学習し、健康的な食生活を送るためのポイントを紹介する。
    若年者の生活習慣病が増加している現在、健康的な食生活を送るためには、自分の食生活を把握すること、食品の機能を知ることが重要である。将来、生活習慣病の罹患を防ぐためにも中高生の頃から、食と健康について関心をもち、生活習慣病などの病気の成り立ちや栄養学・食品学について習得することを目的とする。
    大阪市立咲くやこの花高等学校の出張講義を昨年度から行っています。

外国人受入実績

  • 2017年度

    研究者受入数 :1名

    留学生受入数 :1名