2024/04/08 更新

写真a

フクダ タケシ
福田 武史
FUKUDA Takeshi
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 准教授
医学部 医学科
職名
准教授
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    准教授  2024年04月 - 継続中

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    講師  2022年04月 - 2024年03月

  • 医学部 医学科 

    准教授  2024年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    講師  2022年04月 - 2024年03月

取得学位

  • 医学博士 ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 産婦人科学

研究歴

  • 癌悪液質

    癌悪液質  個人研究

    1900年04月 

所属学協会

  • 日本産科婦人科学会

      国内

  • 日本婦人科腫瘍学会

      国内

  • 日本産婦人科手術学会

      国内

  • 日本癌治療学会

      国内

  • 日本女性骨盤底医学会

      国内

  • 日本産科婦人科学会

  • 日本産婦人科手術学会

  • 日本婦人科腫瘍学会

  • 日本女性骨盤底医学会

  • 日本産科婦人科内視鏡学会

▼全件表示

受賞歴

  • 医学部長賞

    2022年03月   大阪公立大学医学部  

  • 優秀演題

    2018   日本癌治療学会   化学療法前の好中球/リンパ球比は、進行卵巣漿液性癌のプラチナ製剤感受性に関連する

職務経歴(学外)

  • 大阪公立大学 医学部 医学科

    2022年04月 - 継続中

  • マサチューセッツ総合病院、ハーバードメディカルスクール   画像診断センター   研究員

    2019年08月 - 継続中

  • マサチューセッツ総合病院、ハーバードメディカルスクール   画像診断センター   研究員

    2019年08月 - 継続中

  • 大阪市立大学   医学研究科 臨床医科学専攻

    2009年10月 - 継続中

  • 大阪市立大学医学研究科臨床医科学専攻   産婦人科

    2009年10月 - 継続中

  • 泉大津市立病院   産婦人科   医員

    2008年04月 - 2009年09月

▼全件表示

学歴

  • 大阪市立大学   臨床医学   博士課程   卒業・修了

    2004年04月 - 2008年03月

  • 大阪市立大学   医学部     卒業・修了

    1995年04月 - 2002年03月

論文

  • Multiple organ failure of tumor-bearing rabbits in cancer cachexia is caused by apoptosis of normal organ cells 査読 国際共著

    福田武史、角 俊幸、延山裕之、吉田裕之、松本佳也、安井智代、本田謙一、石河 修

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY   ( 34 )   61 - 67   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effect of graft-versus-host disease on outcomes of HLA-haploidentical peripheral blood transplantation using post-transplant cyclophophamide.

    Shimomura Y, Komukai S, Kitamura T, Sobue T, Akahoshi Y, Kanda J, Ohigashi H, Nakamae H, Hiramoto N, Nagafuji K, Tanaka T, Eto T, Ota S, Maruyama Y, Akasaka T, Matsuoka KI, Mori Y, Fukuda T, Atsuta Y, Terakura S

    Bone marrow transplantation   59 ( 1 )   66 - 75   2024年01月( ISSN:0268-3369

     詳細を見る

  • Intestinal‑type mucinous carcinoma of the endometrium showing a polypoidal exophytic form: A case report.

    Nakano C, Fukuda T, Tanaka S, Noda T, Uchikura E, Awazu Y, Tasaka R, Imai K, Yamauchi M, Ichimura T, Yasui T, Sumi T

    Oncology letters   26 ( 4 )   444 - 444   2023年10月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3892/ol.2023.14031

    PubMed

  • CLPTM1L expression predicts recurrence of patients with intermediate‑ and high‑risk stage IB‑IIB cervical cancer undergoing radical hysterectomy followed by TP as adjuvant chemotherapy.

    Awazu Y, Fukuda T, Noda T, Uchikura E, Nanno S, Imai K, Yamauchi M, Yasui T, Sumi T

    Oncology letters   26 ( 2 )   353 - 353   2023年08月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3892/ol.2023.13939

    PubMed

  • リポソーム型ドキソルビシンの初回投与後に2週間のGrade 4血小板減少をきたした1症例

    本田 謙一, 菊池 太貴, 谷脇 絢子, 菅野 亜紀, 堂 國日子, 藤田 忍, 松田 光弘, 福田 武史, 中野 千晴, 柴田 悟, 保科 涼真, 笠井 真理, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会学術講演会プログラム・抄録集   65回   363 - 363   2023年07月

  • Real-world Efficacy and Safety of Bevacizumab for Advanced or Recurrent Müllerian Cancer: A Single-institutional Experience.

    Fukuda T, Noda T, Uchikura E, Awazu Y, Tasaka R, Imai K, Yamauchi M, Ichimura T, Yasui T, Sumi T

    Anticancer research   43 ( 7 )   3097 - 3105   2023年07月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.21873/anticanres.16481

    PubMed

  • Carcinomatous meningitis from ovarian serous carcinoma: A case report.

    Uchikura E, Fukuda T, Imai K, Yamauchi M, Kasai M, Ichimura T, Yasui T, Kuwae Y, Sumi T

    Oncology letters   25 ( 2 )   66   2023年02月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

  • Microwave-Assisted Synthesis of the Red-Shifted Pentamethine Tetrahydroxanthylium Core with Absorbance within the Near Infrared-II Window.

    Buabeng ER, Dinh J, Fukuda T, Kang H, Kashiwagi S, Choi HS, Henary M

    ACS pharmacology & translational science   5 ( 10 )   963 - 972   2022年10月

     詳細を見る

  • 当科における進行卵巣癌に対するベバシズマブによる維持療法の有効性と安全性

    中島 安紗海, 福田 武史, 柴田 悟, 粟津 祐一朗, 南野 成則, 末包 智紀, 今井 健至, 山内 真, 笠井 真理, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩   74 ( 4 )   509 - 514   2022年10月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    2014年4月1日から2020年12月31日までにベバシズマブを投与した卵巣癌、腹膜癌、卵管癌患者計71例(Bev投与群)とベバシズマブを使用していない時期(2008年1月1日から2014年3月31日まで)に治療した76例(Bev非投与群)を対象に、治療効果、予後および有害事象をBev投与群(TC+Bev群)とBev非投与群(TC群)で比較した。対象はTC+Bev群71例、TC群76例で、患者背景に有意差はなかった。最良効果判定では、奏効率および病勢制御率でTC+Bev群で有意に良好であった。無病再発期間では、全観察期間において有意差はなかったが、Bevによる維持療法中は、TC+Bev群で有意に良好であった。全生存期間については、全観察期間および維持療法期間で有意差はなかった。Grade3以上の有害事象の発症率は両群間で有意差はなかった。TC+Bev群におけるベバシズマブに特徴的な有害事象は、尿蛋白5例、高血圧8例、消化管穿孔3例などを認めた。これらの有害事象でベバシズマブ投与を中止した患者は71例中9例であった。

  • Fyn expression is associated with the response of patients with locally advanced uterine cervical squamous cell carcinoma to neoadjuvant chemotherapy.

    Nanno S, Fukuda T, Noda T, Uchikura E, Awazu Y, Imai K, Yamauchi M, Yasui T, Sumi T

    Molecular and clinical oncology   17 ( 4 )   147   2022年10月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

  • 当科における進行卵巣癌に対するベバシズマブによる維持療法の有効性と安全性

    中島 安紗海, 福田 武史, 柴田 悟, 粟津 祐一朗, 南野 成則, 末包 智紀, 今井 健至, 山内 真, 笠井 真理, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩   74 ( 4 )   509 - 514   2022年10月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    2014年4月1日から2020年12月31日までにベバシズマブを投与した卵巣癌、腹膜癌、卵管癌患者計71例(Bev投与群)とベバシズマブを使用していない時期(2008年1月1日から2014年3月31日まで)に治療した76例(Bev非投与群)を対象に、治療効果、予後および有害事象をBev投与群(TC+Bev群)とBev非投与群(TC群)で比較した。対象はTC+Bev群71例、TC群76例で、患者背景に有意差はなかった。最良効果判定では、奏効率および病勢制御率でTC+Bev群で有意に良好であった。無病再発期間では、全観察期間において有意差はなかったが、Bevによる維持療法中は、TC+Bev群で有意に良好であった。全生存期間については、全観察期間および維持療法期間で有意差はなかった。Grade3以上の有害事象の発症率は両群間で有意差はなかった。TC+Bev群におけるベバシズマブに特徴的な有害事象は、尿蛋白5例、高血圧8例、消化管穿孔3例などを認めた。これらの有害事象でベバシズマブ投与を中止した患者は71例中9例であった。

  • Topical pH Sensing NIR Fluorophores for Intraoperative Imaging and Surgery of Disseminated Ovarian Cancer.

    Yokomizo S, Henary M, Buabeng ER, Fukuda T, Monaco H, Baek Y, Manganiello S, Wang H, Kubota J, Ulumben AD, Lv X, Wang C, Inoue K, Fukushi M, Kang H, Bao K, Kashiwagi S, Choi HS

    Advanced science (Weinheim, Baden-Wurttemberg, Germany)   9 ( 20 )   e2201416   2022年07月

     詳細を見る

  • Fast and Durable Intraoperative Near-infrared Imaging of Ovarian Cancer Using Ultrabright Squaraine Fluorophores.

    Fukuda T, Yokomizo S, Casa S, Monaco H, Manganiello S, Wang H, Lv X, Ulumben AD, Yang C, Kang MW, Inoue K, Fukushi M, Sumi T, Wang C, Kang H, Bao K, Henary M, Kashiwagi S, Soo Choi H

    Angewandte Chemie (International ed. in English)   61 ( 17 )   e202117330   2022年04月( ISSN:1433-7851

     詳細を見る

  • A difficult to diagnose case of low-grade endometrial stromal sarcoma with smooth muscle differentiation treated with laparoscopic surgery: A case report.

    Ichimura T, Kasai M, Imai K, Yamauchi M, Fukuda T, Yasui T, Sumi T

    Molecular and clinical oncology   16 ( 4 )   92   2022年04月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

  • Tumor-Associated Immune-Cell-Mediated Tumor-Targeting Mechanism with NIR-II Fluorescence Imaging.

    Kang H, Shamim M, Yin X, Adluru E, Fukuda T, Yokomizo S, Chang H, Park SH, Cui Y, Moy AJ, Kashiwagi S, Henary M, Choi HS

    Advanced materials (Deerfield Beach, Fla.)   34 ( 8 )   e2106500   2022年02月( ISSN:0935-9648

     詳細を見る

  • Image-guided drug delivery of nanotheranostics for targeted lung cancer therapy.

    Yin X, Cui Y, Kim RS, Stiles WR, Park SH, Wang H, Ma L, Chen L, Baek Y, Kashiwagi S, Bao K, Ulumben A, Fukuda T, Kang H, Choi HS

    Theranostics   12 ( 9 )   4147 - 4162   2022年

     詳細を見る

  • T-box 2 expression is a useful indicator of the response to neoadjuvant chemotherapy for patients with locally advanced uterine cervical squamous cell carcinoma.

    Inoue Y, Fukuda T, Nanno S, Awazu Y, Shimomura M, Matsubara H, Yamauchi M, Yasui T, Sumi T

    Oncology letters   22 ( 5 )   755   2021年11月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

  • Massive ovarian edema with paraovarian cyst torsion treated with laparoscopic surgery: A case report.

    Fukuda T, Imai K, Yamauchi M, Kasai M, Ichimura T, Yasui T, Sumi T

    Medicine international   1 ( 5 )   17   2021年11月( ISSN:2754-3242

     詳細を見る

  • Neutrophil-to-lymphocyte ratio is associated with sensitivity to platinum-based chemotherapy and prognosis in patients with advanced serous ovarian carcinoma.

    Fukuda T, Kawanishi M, Awazu Y, Nanno S, Shimomura M, Inoue Y, Matsubara H, Yamauchi M, Kasai M, Hashiguchi Y, Ichimura T, Yasui T, Sumi T

    Molecular and clinical oncology   15 ( 4 )   217   2021年10月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

  • 当院における75歳以上の高齢子宮体がん患者に対する治療

    菊池 太貴, 橋口 裕紀, 山内 真, 笠井 真理, 福田 武史, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩   73 ( 4 )   382 - 383   2021年10月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    当院における75歳以上の高齢子宮体癌患者に対する治療について、2015年1月〜2019年12月に当院で入院加療を行った当該患者44例(75歳〜92歳)を対象に検討した。その結果、44例中40例に手術を施行し、全例に単純子宮全摘出術、両側付属器摘出術を行い、再発中リスク群16例のうち9例では術後化学療法を施行しなかった。術後化学療法を施行しなかった9例中再発例は2例(22%)で、75歳未満の中リスク群で術後化学療法をしなかった5例における再発率(20%)と大差なく、75歳以上の子宮体癌中リスク群においても、術後化学療法を施行しない選択肢も考慮してよいと考えられた。

  • ZW800-PEG: A Renal Clearable Zwitterionic Near-Infrared Fluorophore for Potential Clinical Translation.

    Yang C, Wang H, Yokomizo S, Hickey M, Chang H, Kang H, Fukuda T, Song MY, Lee SY, Park JW, Bao K, Choi HS

    Angewandte Chemie (International ed. in English)   60 ( 25 )   13847 - 13852   2021年06月( ISSN:1433-7851

     詳細を見る

  • PRMT1 expression predicts response to neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer 査読

    Shimomura Masahiro, Fukuda Takeshi, Awazu Yuichiro, Nanno Shigenori, Inoue Yuta, Matsubara Hiroaki, Yamauchi Makoto, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    ONCOLOGY LETTERS   21 ( 2 )   150   2021年02月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2020.12411

    PubMed

  • 画像検査から微小な奇形腫を疑い腹腔鏡下手術を行った卵巣未熟奇形腫に伴う抗NMDA受容体脳炎の1例 査読

    山内 真, 南野 成則, 下村 将央, 今井 健至, 福田 武史, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   73 ( 1 )   68 - 72   2021年02月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    抗NMDA受容体脳炎は2007年にDalmauによって提唱された若年女性に好発する自己免疫性辺縁系脳炎であり、腫瘍、とくに卵巣奇形腫に随伴することが多い。今回、明らかな卵巣腫大は認めなかったが、抗NMDA受容体抗体が陽性であり、画像検査にて右卵巣にわずかに脂肪成分を疑う部位を認めたため腹腔鏡手術を施行し、卵巣奇形腫の診断に至った症例を経験したので報告する。19歳1妊未産の女性。当院に入院する11日前から感冒症状が出現。入院4日前の夕に異常行動と全身痙攣を認め前医救急搬送となった。頭部MRIに異常所見は認められなかったが、意識障害の進行と不随意運動を認め脳炎が疑われたため当院神経内科へ紹介となった。その後、ICUへ入室し人工呼吸器管理となった。頭部造影MRIで大脳辺縁系にT2WI高信号域を認め、辺縁系脳炎と考えられた。入院後7日目に抗NMDA受容体抗体が検出され、骨盤部MRIとCTを撮像も明らかな卵巣の腫大は認めなかったが、微小な奇形腫の可能性も考慮し当科紹介となった。当科にて再度MRIと造影CTを撮影したところ、右卵巣に明確ではないがごくわずかに脂肪成分を疑う部位を偶発的に認めたため、腹腔鏡下右付属器摘出術を施行し右卵巣内に割を入れたところ、ごくわずかな脂肪組織を含む腫瘍(大きさ3mm)を認め、摘出標本の病理検査結果は未熟奇形腫grade 1であった。その後、人工呼吸器を離脱し徐々に意識状態は改善した。今回われわれは、微小な卵巣未熟奇形腫に伴う抗NMDA受容体脳炎に対して画像検査を重ねることで微小な病変を疑い、腹腔鏡手術に踏み切り診断と回復に至った1例を経験した。抗NMDA受容体脳炎は意識障害や呼吸障害など重篤な臨床経過をたどることが多く、画像上検出が困難な微小な腫瘍でも本疾患を発症する可能性があることを念頭において、複数回の画像検査実施あるいは撮影条件を変更して画像検査を再検討する必要があると考えられた。(著者抄録)

  • PRMT1 expression predicts sensitivity to platinum-based chemotherapy in patients with ovarian serous carcinoma 査読

    Matsubara Hiroaki, Fukuda Takeshi, Awazu Yuichiro, Nanno Shigenori, Shimomura Masahiro, Inoue Yuta, Yamauchi Makoto, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    ONCOLOGY LETTERS   21 ( 2 )   162   2021年02月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2020.12423

    PubMed

  • Tuberculous peritonitis with elevated serum CA125 levels mimicking peritoneal cancer 査読

    Taniwaki A., Hashiguchi Y., Yamauchi M., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL OBSTETRICS & GYNECOLOGY   47 ( 6 )   994 - 996   2020年12月( ISSN:0390-6663

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.31083/j.ceog.2020.06.5355

  • 卵巣成熟奇形腫の術前診断で手術を行うも子宮腫瘍と判明し腹腔鏡下子宮全摘出術を行った脂肪平滑筋腫の1例

    市村 友季, 笠井 真理, 下村 将央, 山内 真, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   36 ( 2 )   198 - 203   2020年12月( ISSN:1884-9938

     詳細を見る

    症例は71歳3妊3産で、画像所見より左卵巣成熟奇形腫を疑って腹腔鏡下両側付属器摘出術を開始したところ、漿膜下に子宮腫瘍および腹膜に癒着した左卵巣を認めた。術中所見およびMRI所見より子宮脂肪平滑筋腫と判断し、腹腔鏡下単純子宮全摘術および両側付属器摘出術を行った。

  • Secondary small cell vaginal cancer after operative therapy for endometrial cancer 査読

    Shimazaki Ikuji, Hashiguchi Yasunori, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Fukuda Takeshi, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   41 ( 5 )   821 - 823   2020年10月( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.31083/j.ejgo.2020.05.5429

  • Ultrabright and Serum-Stable Squaraine Dyes. 査読

    Yadav Y, Owens E, Nomura S, Fukuda T, Baek Y, Kashiwagi S, Choi HS, Henary M

    Journal of medicinal chemistry   63 ( 17 )   9436 - 9445   2020年09月( ISSN:0022-2623

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jmedchem.0c00617

    PubMed

  • Facile formulation of a long-wavelength cyanine for optical imaging in the second near-infrared window. 査読

    Kilian HI, Kang H, Nyayapathi N, Fukuda T, Adluru E, Zhang H, Quinn B, Xia J, Choi HS, Lovell JF

    Biomaterials science   8 ( 15 )   4199 - 4205   2020年08月( ISSN:2047-4830

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d0bm00572j

    PubMed

  • HMGCR antibody-associated myopathy in patient with endometrial cancer: a rare case 査読

    Wada T., Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   41 ( 1 )   148 - 150   2020年02月( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.31083/j.ejgo.2020.01.4901

  • Secondary small cell carcinoma of the endometrium after concurrent chemoradiotherapy for cervical cancer: a rare case 査読

    Tasaka R., Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   41 ( 1 )   142 - 144   2020年02月( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.31083/j.ejgo.2020.01.4813

  • 卵巣成熟奇形腫の術前診断で手術を行うも子宮腫瘍と判明し腹腔鏡下子宮全摘出術を行った脂肪平滑筋腫の1例 査読

    市村 友季, 笠井 真理, 下村 将央, 山内 真, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科内視鏡学会 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   36 ( 2 )   198 - 203   2020年( ISSN:1884-9938

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>  Ovarian mature teratomas present various risks, such as acute abdomen, and hence surgery is the usual protocol. On the other hand, uterine lipoleiomyoma is a variant of uterine leiomyoma, and surgery is not always performed in postmenopausal cases. We report a case of postmenopausal uterine lipoleiomyoma, preoperatively diagnosed as ovarian mature teratoma, and treated surgically. A 71-year-old woman presented a 5.5-cm mass on the left dorsal side of the uterus that was fat suppressed on magnetic resonance imaging. The preoperative diagnosis was mature teratoma of the left ovary.</p><p>  Laparoscopic bilateral salpingo-oophorectomy was planned, but we changed the operative procedure to laparoscopic hysterectomy and bilateral salpingo-oophorectomy. This was because the mass was identified as a uterine mass as no swelling was observed in either ovary during surgery. Pathological examination of the excised specimen revealed lipoleiomyoma. It may be difficult to distinguish uterine lipoleiomyomas from ovarian mature teratomas when the lipoleiomyomas are subserosal. In this case, the tumor was presumed to have originated from the uterus based on the findings of the pelvic examination, and we were able to discuss the operative procedure options in advance. One of the merits of laparoscopic surgery in this case was that the burden of changing the surgical procedure was less than that with laparotomy; however, at the same time, preoperative exclusion of malignant disease was considered important. In the diagnosis of tumors containing fat, the differential diagnosis of lipoleiomyoma should be considered.</p><p></p>

    DOI: 10.5180/jsgoe.36.2_198

    CiNii Article

  • 画像検査から微小な奇形腫を疑い腹腔鏡下手術を行った卵巣未熟奇形腫に伴う抗NMDA受容体脳炎の1例 査読

    山内 真, 南野 成則, 下村 将央, 今井 健至, 福田 武史, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   73 ( 1 )   68 - 72   2020年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>抗NMDA受容体脳炎は2007年にDalmauによって提唱された若年女性に好発する自己免疫性辺縁系脳炎であり,腫瘍,とくに卵巣奇形腫に随伴することが多い.今回,明らかな卵巣腫大は認めなかったが,抗NMDA受容体抗体が陽性であり,画像検査にて右卵巣にわずかに脂肪成分を疑う部位を認めたため腹腔鏡手術を施行し,卵巣奇形腫の診断に至った症例を経験したので報告する.19歳1妊未産の女性.当院に入院する11日前から感冒症状が出現,入院4日前の夕に異常行動と全身痙攣を認め前医救急搬送となった.頭部MRIに異常所見は認められなかったが,意識障害の進行と不随意運動を認め脳炎が疑われたため当院神経内科へ紹介となった.その後,ICUへ入室し人工呼吸器管理となった.頭部造影MRIで大脳辺縁系にT2WI高信号域を認め,辺縁系脳炎と考えられた.入院後7日目に抗NMDA受容体抗体が検出され,骨盤部MRIとCTを撮像も明らかな卵巣の腫大は認めなかったが,微小な奇形腫の可能性も考慮し当科紹介となった.当科にて再度MRIと造影CTを撮影したところ,右卵巣に明確ではないがごくわずかに脂肪成分を疑う部位を偶発的に認めたため,腹腔鏡下右付属器摘出術を施行し右卵巣内に割を入れたところ,ごくわずかな脂肪組織を含む腫瘍(大きさ3 mm)を認め,摘出標本の病理検査結果は未熟奇形腫grade 1であった.その後,人工呼吸器を離脱し徐々に意識状態は改善した.今回われわれは,微小な卵巣未熟奇形腫に伴う抗NMDA受容体脳炎に対して画像検査を重ねることで微小な病変を疑い,腹腔鏡手術に踏み切り診断と回復に至った1例を経験した.抗NMDA受容体脳炎は意識障害や呼吸障害など重篤な臨床経過をたどることが多く,画像上検出が困難な微小な腫瘍でも本疾患を発症する可能性があることを念頭において,複数回の画像検査実施あるいは撮影条件を変更して画像検査を再検討する必要があると考えられた.〔産婦の進歩73(1):68-72,2021(令和3年2月)〕</p>

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.73.68

    CiNii Article

  • 卵巣癌に対するPARP阻害薬 査読

    福田 武史

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   72 ( 1 )   50 - 52   2020年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.72.50

    CiNii Article

  • SERUM CA125 IN PATIENTS WITH ENDOMETRIAL CANCER 査読 国際共著

    Hashiguchi Y., Yamauchi M., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   29   A170 - A170   2019年09月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1136/ijgc-2019-IGCS.409

  • Serous endometrial intraepithelial carcinoma diagnosed by hysteroscopic transcervical resection 査読

    Matsubara H., Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   40 ( 5 )   889 - 891   2019年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12892/ejgo4645.2019

  • Ovarian actinomycosis mimicking ovarian malignant tumor with no history of intra-uterine device: a rare case 査読

    Oki E., Hashiguchi Y., Yamauchi M., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL OBSTETRICS & GYNECOLOGY   46 ( 6 )   1011 - 1013   2019年( ISSN:0390-6663

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12891/ceog4900.2019

  • Perivascular epithelioid cell tumor of vulva: a rare case 査読

    Tasaka R., Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   40 ( 1 )   148 - 150   2019年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12892/ejgo4158.2019

  • Cervical cancer metastatic to the upper part of the ureter: a rare case 査読

    Kawanishi M., Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   40 ( 2 )   345 - 347   2019年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12892/ejgo4549.2019

  • Primary small cell ovarian carcinoma of the pulmonary type 査読

    Hashiguchi Yasunori, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Fukuda Takeshi, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   28   48 - 48   2018年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Primary small cell ovarian carcinoma of the pulmonary type 査読

    Hashiguchi Yasunori, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Fukuda Takeshi, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   28   48 - 48   2018年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • NEUTROPHIL-TO-LYMPHOCYTE RATIO IS ASSOCIATED WITH SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY AND PROGNOSIS FOR ADVANCED OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Shimomura M., Fukuda T., Yamauchi M., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   28   834 - 834   2018年09月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • EVALUATION OF EFFICACY AND SAFETY OF BEVACIZUMAB FOR ADVANCE AND RECURRENT M.LLERIAN CARCINOMA IN OUR INSTITUTION 査読

    Matsubara H., Fukuda T., Yamauchi M., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   28   762 - 762   2018年09月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 当院におけるAGCの管理 査読

    笠井 真理, 植村 遼, 松原 裕明, 川西 勝, 和田 卓磨, 田坂 玲子, 福田 武史, 市村 友季, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   70 ( 4 )   349 - 352   2018年09月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ベセスダシステムではAGC(異型腺細胞)の判定は特定の前癌病変を指すのではなく、癌へのリスクの高さを示す診断カテゴリーとされるが、基準が定まらず管理に苦慮することが多い。当院におけるAGCの管理(精査・フォローアップの方針)は、コルポ下生検と頸管内膜生検に加え体部内膜生検も積極的に行い、AGCを反復する症例で生検を複数回行っても診断がつかない場合には診断的円錐切除術を考慮する。今回、当院がベセスダシステムに完全移行した2015年から2017年までにAGCと判定された症例の転帰と臨床的取り扱いについて後方視的に検討した結果、当院のAGC管理は妥当と考えられた。

  • PROTECTIVE EFFECT OF MAGNESIUM SUPPLEMENTATION ON CISPLATIN-INDUCED RENAL TOXICITY IN PATIENTS WITH UTERINE CERVICAL CANCER 査読

    Inoue Y., Fukuda T., Yamauchi M., Kasai M., Hashiguchi Y., Tomoyuki I., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   28   297 - 297   2018年09月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Age-related differences in prognosis and prognostic factors among patients with epithelial ovarian cancer. 査読

    Yoshikawa K, Fukuda T, Uemura R, Matsubara H, Wada T, Kawanishi M, Tasaka R, Kasai M, Hashiguchi Y, Ichimura T, Yasui T, Sumi T

    Molecular and clinical oncology   9 ( 3 )   329 - 334   2018年09月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/mco.2018.1668

    PubMed

  • EVALUATION OF EFFICACY AND SAFETY OF BEVACIZUMAB FOR ADVANCE AND RECURRENT M.LLERIAN CARCINOMA IN OUR INSTITUTION 査読

    Matsubara H, Fukuda T, Yamauchi M, Kasai M, Hashiguchi Y, Ichimura T, Yasui T, Sumi T

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   28   762 - 762   2018年09月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 当院におけるAGCの管理 査読

    笠井 真理, 植村 遼, 松原 裕明, 川西 勝, 和田 卓磨, 田坂 玲子, 福田 武史, 市村 友季, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   70 ( 4 )   349 - 352   2018年09月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ベセスダシステムではAGC(異型腺細胞)の判定は特定の前癌病変を指すのではなく、癌へのリスクの高さを示す診断カテゴリーとされるが、基準が定まらず管理に苦慮することが多い。当院におけるAGCの管理(精査・フォローアップの方針)は、コルポ下生検と頸管内膜生検に加え体部内膜生検も積極的に行い、AGCを反復する症例で生検を複数回行っても診断がつかない場合には診断的円錐切除術を考慮する。今回、当院がベセスダシステムに完全移行した2015年から2017年までにAGCと判定された症例の転帰と臨床的取り扱いについて後方視的に検討した結果、当院のAGC管理は妥当と考えられた。

  • PROTECTIVE EFFECT OF MAGNESIUM SUPPLEMENTATION ON CISPLATIN-INDUCED RENAL TOXICITY IN PATIENTS WITH UTERINE CERVICAL CANCER 査読

    Inoue Y, Fukuda T, Yamauchi M, Kasai M, Hashiguchi Y, Tomoyuki I, Yasui T, Sumi T

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   28   297 - 297   2018年09月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • NEUTROPHIL-TO-LYMPHOCYTE RATIO IS ASSOCIATED WITH SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY AND PROGNOSIS FOR ADVANCED OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Shimomura M, Fukuda T, Yamauchi M, Kasai M, Hashiguchi Y, Ichimura T, Yasui T, Sumi T

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   28   834 - 834   2018年09月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CERVICAL CLEAR CELL CARCINOMA: REPORT OF A CASE 査読

    Yamauchi M, Takeshi F, Kasai M, Hashiguchi Y, Ichimura T, Yasui T, Sumi T

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   28   579 - 579   2018年09月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Late recurrence of pStage 1 low-grade serous ovarian tumor presenting as a symptomatic bone metastasis: a case report 査読

    Kubo Chiaki, Nagata Shigenori, Fukuda Takeshi, Kano Rieko, Tanaka Takaaki, Nakanishi Katsuyuki, Ohsawa Masahiko, Nakatsuka Shin-ichi

    DIAGNOSTIC PATHOLOGY   13 ( 1 )   43   2018年06月( ISSN:1746-1596

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13000-018-0720-1

    PubMed

  • Examination of the use of needle biopsy to perform laparoscopic surgery safely on uterine smooth muscle tumors 査読

    Murakami Makoto, Ichimura Tomoyuki, Kasai Mari, Matsuda Makiko, Kawamura Naoki, Fukuda Takeshi, Sumi Toshiyuki

    ONCOLOGY LETTERS   15 ( 6 )   8647 - 8651   2018年06月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2018.8425

    PubMed

  • Expression of UCP2 is associated with sensitivity to platinum-based chemotherapy for ovarian serous carcinoma 査読

    Kawanishi Masaru, Fukuda Takeshi, Shimomura Masahiro, Inoue Yuta, Wada Takuma, Tasaka Reiko, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    ONCOLOGY LETTERS   15 ( 6 )   9923 - 9928   2018年06月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2018.8598

    PubMed

  • XPA expression is a predictive marker of the effectiveness of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer. 査読

    Wada T, Fukuda T, Shimomura M, Inoue Y, Kawanishi M, Tasaka R, Yasui T, Ikeda K, Sumi T

    Oncology letters   15 ( 3 )   3766 - 3771   2018年03月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2018.7810

    PubMed

  • TBX2 expression is associated with platinum-sensitivity of ovarian serous carcinoma. 査読

    Tasaka R, Fukuda T, Shimomura M, Inoue Y, Wada T, Kawanishi M, Yasui T, Sumi T

    Oncology letters   15 ( 3 )   3085 - 3090   2018年03月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2017.7719

    PubMed

  • 卵巣癌原発の転移性胃腫瘍(A Metastatic Gastric Tumor from Ovarian Cancer) 査読

    Kono Mitsuhiro, Nagami Yasuaki, Ominami Masaki, Sakai Taishi, Fukuda Takeshi, Fukunaga Shusei, Tanaka Fumio, Sugimori Satoshi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Tominaga Kazunari, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   57 ( 3 )   345 - 349   2018年02月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は64歳女性で、高血圧、糖尿病、慢性腎不全の病歴があり、両側卵巣腫瘍のため当院に入院となった。身体検査で眼瞼結膜貧血、下肢浮腫、下腹部に圧痛を伴う腫瘍が認められ、MRIで右卵巣に13cm、左卵巣に6cmの嚢胞性腫瘤が検出された。胸部-骨盤部の単純CTまたは骨盤MRIでは転移は認められなかったが、診断および病期確定目的で開腹術を施行した際の迅速病理診断で右卵巣の粘液癌が明らかになった。両側卵管卵巣摘出術、単純子宮摘出術、骨盤・傍大動脈リンパ節郭清、大網部分切除術を施行した。転移や血管/リンパ管浸潤はみられず、ステージIA卵巣癌と診断した。術後1ヵ月時に背部痛が出現し、腫瘍マーカーが再度上昇したためシンチグラフィーを行ったところ、骨転移を検出した。食道胃十二指腸内視鏡検査で胃内に頂点部が潰瘍化した10mmの隆起病変が認められ、生検検体の免疫染色により本病変は卵巣癌の転移病変であることが示された。化学療法を追加したが、3ヵ月後に死亡した。

  • 卵巣癌原発の転移性胃腫瘍(A Metastatic Gastric Tumor from Ovarian Cancer) 査読

    Kono Mitsuhiro, Nagami Yasuaki, Ominami Masaki, Sakai Taishi, Fukuda Takeshi, Fukunaga Shusei, Tanaka Fumio, Sugimori Satoshi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Tominaga Kazunari, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   57 ( 3 )   345 - 349   2018年02月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は64歳女性で、高血圧、糖尿病、慢性腎不全の病歴があり、両側卵巣腫瘍のため当院に入院となった。身体検査で眼瞼結膜貧血、下肢浮腫、下腹部に圧痛を伴う腫瘍が認められ、MRIで右卵巣に13cm、左卵巣に6cmの嚢胞性腫瘤が検出された。胸部-骨盤部の単純CTまたは骨盤MRIでは転移は認められなかったが、診断および病期確定目的で開腹術を施行した際の迅速病理診断で右卵巣の粘液癌が明らかになった。両側卵管卵巣摘出術、単純子宮摘出術、骨盤・傍大動脈リンパ節郭清、大網部分切除術を施行した。転移や血管/リンパ管浸潤はみられず、ステージIA卵巣癌と診断した。術後1ヵ月時に背部痛が出現し、腫瘍マーカーが再度上昇したためシンチグラフィーを行ったところ、骨転移を検出した。食道胃十二指腸内視鏡検査で胃内に頂点部が潰瘍化した10mmの隆起病変が認められ、生検検体の免疫染色により本病変は卵巣癌の転移病変であることが示された。化学療法を追加したが、3ヵ月後

  • Prospective observational study on the first 51 cases of peripheral blood stem cell transplantation from unrelated donors in Japan.

    Goto T, Tanaka T, Sawa M, Ueda Y, Ago H, Chiba S, Kanamori H, Nishikawa A, Nougawa M, Ohashi K, Okumura H, Tanimoto M, Fukuda T, Kawashima N, Kato T, Okada K, Nagafuji K, Okamoto SI, Atsuta Y, Hino M, Tanaka J, Miyamura K

    International journal of hematology   107 ( 2 )   211 - 221   2018年02月( ISSN:0925-5710

     詳細を見る

  • A Metastatic Gastric Tumor from Ovarian Cancer 査読

    Kono Mitsuhiro, Nagami Yasuaki, Ominami Masaki, Sakai Taishi, Fukuda Takeshi, Fukunaga Shusei, Tanaka Fumio, Sugimori Satoshi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Tominaga Kazunari, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   57 ( 3 )   345 - 349   2018年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Gastric metastasis from ovarian cancer has rarely been reported. We herein report the case of a 64-year-old woman with gastric metastasis from ovarian cancer that was diagnosed as surgical stage IA. Diagnostic and staging laparotomy showed mucinous carcinoma of the right ovary. At one month after surgery, bone metastasis was detected via scintigraphy. On esophagogastroduodenoscopy, a 10-mm elevated lesion with ulceration on the top was seen in the stomach. The immunohistochemical analysis of biopsy specimens showed that these metastases arose from ovarian cancer. We recommend that physicians remain aware of the possibility of gastric metastasis in patients with ovarian cancer. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.9147-17

    PubMed

    CiNii Article

  • 当院におけるAGCの管理 査読

    笠井 真理, 安井 智代, 角 俊幸, 植村 遼, 松原 裕明, 川西 勝, 和田 卓磨, 田坂 玲子, 福田 武史, 市村 友季, 橋口 裕紀

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   70 ( 4 )   349 - 352   2018年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.70.349

    CiNii Article

  • Small cell ovarian carcinoma of the pulmonary type: a rare case 査読

    Kawanishi M., Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   39 ( 2 )   297 - 299   2018年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12892/ejgo3609.2018

  • 遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)について

    福田 武史

    産婦人科の進歩   70 ( 3 )   331 - 332   2018年( ISSN:03708446

     詳細を見る

  • TBX2 expression is associated with platinum-sensitivity of ovarian serous carcinoma 査読

    Matsubara Hiroaki, Fukuda Takeshi, Shimomura Masahiro, Tasaka Reiko, Yamauchi Makoto, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE   42   S9 - S9   2018年( ISSN:1107-3756

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of UCP2 is associated with the sensitivity to platinum-based chemotherapy for ovarian serous carcinoma 査読

    Inoue Yuta, Fukuda Takeshi, Kawanishi Masaru, Shimomura Masahiro, Wada Takuma, Yamauchi Makoto, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE   42   S9 - S9   2018年( ISSN:1107-3756

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • XPA EXPRESSION IS A POTENTIAL PREDICTIVE MARKER OF NEOADJUVANT CHEMOTHERAPY EFFECTIVENESS FOR LOCALLY ADVANCED UTERINE CERVICAL CANCER 査読

    Wada T., Fukuda T., Inoue Y., Shimomura M., Matsubara H., Kawanishi M., Tasaka R., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   750 - 750   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • THE ASSOCIATION BETWEEN EXPRESSION OF TBX2 AND SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY FOR OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Tasaka R., Fukuda T., Inoue Y., Shimomura M., Matsubara H., Wada T., Kawanishi M., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   287 - 287   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • THE ASSOCIATION BETWEEN EXPRESSION OF TBX2 AND SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY FOR OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Tasaka R., Fukuda T., Inoue Y., Shimomura M., Matsubara H., Wada T., Kawanishi M., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   1494 - 1494   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • THE ASSOCIATION BETWEEN EXPRESSION OF UCP2 AND SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY FOR OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Kawanishi M., Fukuda T., Inoue Y., Shimomura M., Matsubara H., Wada T., Tasaka R., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   288 - 288   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • THE ASSOCIATION BETWEEN EXPRESSION OF UCP2 AND SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY FOR OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Kawanishi M., Fukuda T., Inoue Y., Shimomura M., Matsubara H., Wada T., Tasaka R., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   1495 - 1495   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • THE ASSOCIATION BETWEEN EXPRESSION OF TBX2 AND SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY FOR OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Tasaka R, Fukuda T, Inoue Y, Shimomura M, Matsubara H, Wada T, Kawanishi M, Yasui T, Sumi T

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   1494 - 1494   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • XPA EXPRESSION IS A POTENTIAL PREDICTIVE MARKER OF NEOADJUVANT CHEMOTHERAPY EFFECTIVENESS FOR LOCALLY ADVANCED UTERINE CERVICAL CANCER 査読

    Wada T, Fukuda T, Inoue Y, Shimomura M, Matsubara H, Kawanishi M, Tasaka R, Yasui T, Sumi T

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   750 - 750   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • THE ASSOCIATION BETWEEN EXPRESSION OF UCP2 AND SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY FOR OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Kawanishi M, Fukuda T, Inoue Y, Shimomura M, Matsubara H, Wada T, Tasaka R, Yasui T, Sumi T

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   1495 - 1495   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • THE ASSOCIATION BETWEEN EXPRESSION OF UCP2 AND SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY FOR OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Kawanishi M, Fukuda T, Inoue Y, Shimomura M, Matsubara H, Wada T, Tasaka R, Yasui T, Sumi T

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   288 - 288   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • THE ASSOCIATION BETWEEN EXPRESSION OF TBX2 AND SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY FOR OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Tasaka R, Fukuda T, Inoue Y, Shimomura M, Matsubara H, Wada T, Kawanishi M, Yasui T, Sumi T

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   287 - 287   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum CA19-9 in patients with endometrial cancer 査読

    Hashiguchi Yasunori, Kasai Mari, Fukuda Takeshi, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    ANNALS OF ONCOLOGY   28   2017年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum CA19-9 in patients with endometrial cancer. 査読

    Hashiguchi Y, Kasai M, Fukuda T, Ichimura T, Yasui T, Sumi T

    Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology   28 Suppl 9   ix94   2017年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/annonc/mdx697.086

    PubMed

  • Serum CA19-9 in patients with endometrial cancer 査読

    Hashiguchi Yasunori, Kasai Mari, Fukuda Takeshi, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    ANNALS OF ONCOLOGY   28   2017年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 当院におけるリンパ嚢胞の発生因子についての検討 査読

    笠井 真理, 和田 卓磨, 川西 勝, 田坂 玲子, 今井 健至, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   69 ( 3 )   318 - 320   2017年08月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当院で後腹膜リンパ節生検または郭清を含む婦人科悪性腫瘍手術を施行した95例(年齢中央値55歳)を対象に、リンパ嚢胞発生のリスクファクターについて検討した。その結果、リンパ嚢胞発生率は35%、症候性リンパ嚢胞の発生率は4%であった。リンパ嚢胞発生のリスクファクターとしては年齢、BMI、摘出リンパ節数、鼠径上リンパ節摘出の有無、傍大動脈リンパ節摘出の有無、リンパ節転移の有無が明らかになった。リンパ浮腫のリスク因子はリンパ嚢胞のリスク因子と重複しており、リンパ浮腫を管理すると同時にリンパ嚢胞の有無を確認し、症候性リンパ嚢胞に対しては速やかに適切に対応することで、QOLを損ねず、がん治療がスムーズに継続できると考えられた。

  • 当院におけるリンパ嚢胞の発生因子についての検討 査読

    笠井 真理, 和田 卓磨, 川西 勝, 田坂 玲子, 今井 健至, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   69 ( 3 )   318 - 320   2017年08月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当院で後腹膜リンパ節生検または郭清を含む婦人科悪性腫瘍手術を施行した95例(年齢中央値55歳)を対象に、リンパ嚢胞発生のリスクファクターについて検討した。その結果、リンパ嚢胞発生率は35%、症候性リンパ嚢胞の発生率は4%であった。リンパ嚢胞発生のリスクファクターとしては年齢、BMI、摘出リンパ節数、鼠径上リンパ節摘出の有無、傍大動脈リンパ節摘出の有無、リンパ節転移の有無が明らかになった。リンパ浮腫のリスク因子はリンパ嚢胞のリスク因子と重複しており、リンパ浮腫を管理すると同時にリンパ嚢胞の有無を確認し、症候性リンパ嚢胞に対しては速やかに適切に対応することで、QOLを損ねず、がん治療がスムーズに継続できると考えられた。

  • UCP2 expression may represent a predictive marker of neoadjuvant chemotherapy effectiveness for locally advanced uterine cervical cancer. 査読

    Imai K, Fukuda T, Wada T, Kawanishi M, Tasaka R, Yasui T, Sumi T

    Oncology letters   14 ( 1 )   951 - 957   2017年07月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2017.6212

    PubMed

  • UCP2 expression may represent a predictive marker of neoadjuvant chemotherapy effectiveness for locally advanced uterine cervical cancer 査読

    Imai Kenji, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Kawanishi Masaru, Tasaka Reiko, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    ONCOLOGY LETTERS   14 ( 1 )   951 - 957   2017年07月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/o1.2017.6212

  • A retrospective clinical analysis of 5 cases of vaginal melanoma. 査読

    Tasaka R, Fukuda T, Wada T, Kawanishi M, Imai K, Kasai M, Hashiguchi Y, Ichimura T, Yasui T, Sumi T

    Molecular and clinical oncology   6 ( 3 )   373 - 376   2017年03月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/mco.2017.1158

    PubMed

  • Serum CA19-9 as a tumor marker in patients with endometrial cancer 査読

    Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER   72   S88 - S88   2017年02月( ISSN:0959-8049

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum CA19-9 as a tumor marker in patients with endometrial cancer 査読

    Hashiguchi Y, Kasai M, Fukuda T, Ichimura T, Yasui T, Sumi T

    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER   72   S88 - S88   2017年02月( ISSN:0959-8049

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 当院におけるリンパ嚢胞の発生因子についての検討 査読

    笠井 真理, 和田 卓磨, 川西 勝, 田坂 玲子, 今井 健至, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   69 ( 3 )   318 - 320   2017年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.69.318

    CiNii Article

  • Expression of epidermal growth factor-like domain 7 may be a predictive marker of the effect of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer 査読

    Yamauchi Makoto, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Kawanishi Masaru, Imai Kenji, Tasaka Reiko, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    ONCOLOGY LETTERS   12 ( 6 )   5183 - 5189   2016年12月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2016.5318

    PubMed

  • Expression of epidermal growth factor-like domain 7 may be a predictive marker of the effect of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer.

    -

    Oncol Lett.   12 ( 6 )   5183 - 5189   2016年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The retrospective analysis of the patients with positive surgical margin who underwent the uterine cervical conization. 査読

    Fukuda T., Wada T., Kawanishi M., Tasaka R., Imai K., Kasai M., Nishimura S., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   26   359 - 359   2016年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum carcinoembryonic antigen as a tumour marker in patients with endometrial cancer.

    -

    Curr Oncol.   23 ( 5 )   e439-e442   2016年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of UCP2 predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer 査読

    Imai K., Fukuda T., Wada T., Kawanishi M., Tasaka R., Nishimura S., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   26   139 - 139   2016年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum carcinoembryonic antigen as a tumour marker in patients with endometrial cancer 査読

    Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    CURRENT ONCOLOGY   23 ( 5 )   E439 - E442   2016年10月( ISSN:1198-0052

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3747/co.23.3153

  • Expression of UCP2 predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer 査読

    K. Imai, T. Fukuda, T. Wada, M. Kawanishi, R. Tasaka, S. Nishimura, T. Yasui, T. Sumi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   26   139 - 139   2016年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The retrospective analysis of the patients with positive surgical margin who underwent the uterine cervical conization. 査読

    T. Fukuda, T. Wada, M. Kawanishi, R. Tasaka, K. Imai, M. Kasai, S. Nishimura, Y. Hashiguchi, T. Ichimura, T. Yasui, T. Sumi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   26   359 - 359   2016年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pharmacokinetic analyses of carboplatin in a patient with cancer of the fallopian tubes undergoing hemodialysis: A case report 査読

    Wada Takuma, Fukuda Takeshi, Kawanishi Masaru, Tasaka Reiko, Imai Kenji, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    BIOMEDICAL REPORTS   5 ( 2 )   199 - 202   2016年08月( ISSN:2049-9434

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/br.2016.714

    PubMed

  • Pharmacokinetic analyses of carboplatin in a patient with cancer of the fallopian tubes undergoing hemodialysis: A case report.

    -

    Biomed Rep.   5 ( 2 )   199 - 202   2016年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum Sialyl-Tn (STN) as a Tumor Marker in Patients with Endometrial Cancer 査読

    Hashiguchi Yasunori, Kasai Mari, Fukuda Takeshi, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    PATHOLOGY & ONCOLOGY RESEARCH   22 ( 3 )   501 - 504   2016年07月( ISSN:1219-4956

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12253-015-0030-9

    PubMed

  • Serum Sialyl-Tn (STN) as a Tumor Marker in Patients with Endometrial Cancer.

    -

    Pathol Oncol Res.   22 ( 3 )   501 - 504   2016年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Primary mediastinal choriocarcinoma with brain metastasis in a female patient.

    -

    Eur J Gynaecol Oncol.   37 ( 2 )   265 - 266   2016年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Krukenberg tumor in a 18-year-old-female: a rare case.

    -

    Eur J Gynaecol Oncol.   37 ( 1 )   139 - 141   2016年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Risk factors and prognosis of hepatic acute GvHD after allogeneic hematopoietic cell transplantation.

    Arai Y, Kanda J, Nakasone H, Kondo T, Uchida N, Fukuda T, Ohashi K, Kaida K, Iwato K, Eto T, Kanda Y, Nakamae H, Nagamura-Inoue T, Morishima Y, Hirokawa M, Atsuta Y, Murata M, GVHD working group of the Japan Society for Hematopoietic Cell Transplantation

    Bone marrow transplantation   51 ( 1 )   96 - 102   2016年01月( ISSN:0268-3369

     詳細を見る

  • Primary mediastinal choriocarcinoma with brain metastasis in a female patient 査読

    Kuno I., Matsumoto Y., Kasai M., Fukuda T., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   37 ( 2 )   265 - 266   2016年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Krukenberg tumor in a 18-year-old-female: a rare case 査読

    Kuno I., Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   37 ( 1 )   139 - 141   2016年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ISP-4-5 The retrospective analysis of the patients with positive surgical margin who underwent the uterine cervical conization(Group 4 Cervical Cancer 3,International Session Poster) : 査読

    Tasaka Reiko, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Kawanishi Masaru, Imai Kenji, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会 日本産科婦人科學會雜誌   68 ( 2 )   2016年( ISSN:03009165

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • ISP-16-9 The experience of the treatment of the epithelial ovarian cancer with bevacizumab(Group 16 Ovarian Cancer 5,International Session Poster) : 査読

    Wada Takuma, Fukuda Takeshi, Kawanishi Masaru, Imai Kenji, Tasaka Reiko, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会 日本産科婦人科學會雜誌   68 ( 2 )   2016年( ISSN:03009165

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • ISP-14-1 Pulmonary type of small cell carcinoma of the ovary : a case report(Group 14 Ovarian Cancer 3,International Session Poster) : 査読

    Kawanishi Masaru, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Imai Kenji, Tasaka Reiko, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会 日本産科婦人科學會雜誌   68 ( 2 )   2016年( ISSN:03009165

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • IS-MW-4-3 Expression of UCP2 predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer(Group 4 Oncology 2,International Session Mini Workshop) : 査読

    Imai Kenji, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Kawanishi Masaru, Tasaka Reiko, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会 日本産科婦人科學會雜誌   68 ( 2 )   2016年( ISSN:03009165

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Krukenberg tumor in a 18-year-old-female: a rare case 査読

    I. Kuno, Y. Hashiguchi, M. Kasai, T. Fukuda, T. Ichimura, T. Yasui, T. Sumi

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   37 ( 1 )   139 - 141   2016年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background: Krukenberg tumors mostly occur after 40 years. Metastatic ovarian tumors in young age are very rare. Case: A 18-year-old female presented with colon cancer which was accompanied by Krukenberg tumor. The present case was a very rare case of metastatic ovarian tumor in very young age. The present patient presented with abdominal pain. On examination, colon tumor was detected and bilateral ovary were almost normal with only slight swelling. During the operation for colon tumor, biopsy of bilateral ovary was performed for histopathological evaluation. Although there were no specific findings in bilateral ovary, microscopic examination revealed poorly differentiated adenocarcinoma, diffusely invading the ovarian parenchyma. Diagnosis of colon cancer was made postoperatively and ovarian Krukenberg tumor was confirmed. Conclusion: In case of suspecting colon cancer even in very young patient with normal ovary, biopsy of ovary should be considered for the diagnosis of Krukenberg tumor.

    DOI: 10.12892/ejgo2779.2016

  • Primary mediastinal choriocarcinoma with brain metastasis in a female patient 査読

    I. Kuno, Y. Matsumoto, M. Kasai, T. Fukuda, Y. Hashiguchi, T. Ichimura, T. Yasui, T. Sumi

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   37 ( 2 )   265 - 266   2016年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Nongestational choriocarcinoma is very rare and carries a poor prognosis in female patients. In this report; the authors present a case of nongestational choriocarcinoma with brain metastasis in a female. A 58-year-old female with intermittent back pain was referred to a private hospital. On examination, a mediastinal tumor and a pancreatic tumor were detected. Endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration biopsy of the tumor was performed for histological evaluation. Pathological diagnosis was difficult because only a small amount of tissue was collected. Head MRI showed multiple metastatic tumors in the brain. The patient was diagnosed with primary mediastinal choriocarcinoma with brain metastasis. She was treated with one course of an etoposide, methotrexate, dactinomycin, cyclophosphamide, and vincristine regimen, but her general condition gradually deteriorated, and she died on day 41. Nongestational choriocarcinoma is drug resistant, whereas gestational choriocarcinoma has better chemotherapeutic sensitivity.

    DOI: 10.12892/ejgo2833.2016

  • Primary mediastinal choriocarcinoma with brain metastasis in a female patient

    I. Kuno, Y. Matsumoto, M. Kasai, T. Fukuda, Y. Hashiguchi, T. Ichimura, T. Yasui, T. Sumi

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   37 ( 2 )   265 - 266   2016年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Nongestational choriocarcinoma is very rare and carries a poor prognosis in female patients. In this report; the authors present a case of nongestational choriocarcinoma with brain metastasis in a female. A 58-year-old female with intermittent back pain was referred to a private hospital. On examination, a mediastinal tumor and a pancreatic tumor were detected. Endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration biopsy of the tumor was performed for histological evaluation. Pathological diagnosis was difficult because only a small amount of tissue was collected. Head MRI showed multiple metastatic tumors in the brain. The patient was diagnosed with primary mediastinal choriocarcinoma with brain metastasis. She was treated with one course of an etoposide, methotrexate, dactinomycin, cyclophosphamide, and vincristine regimen, but her general condition gradually deteriorated, and she died on day 41. Nongestational choriocarcinoma is drug resistant, whereas gestational choriocarcinoma has better chemotherapeutic sensitivity.

    DOI: 10.12892/ejgo2833.2016

  • Krukenberg tumor in a 18-year-old-female: a rare case

    I. Kuno, Y. Hashiguchi, M. Kasai, T. Fukuda, T. Ichimura, T. Yasui, T. Sumi

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   37 ( 1 )   139 - 141   2016年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background: Krukenberg tumors mostly occur after 40 years. Metastatic ovarian tumors in young age are very rare. Case: A 18-year-old female presented with colon cancer which was accompanied by Krukenberg tumor. The present case was a very rare case of metastatic ovarian tumor in very young age. The present patient presented with abdominal pain. On examination, colon tumor was detected and bilateral ovary were almost normal with only slight swelling. During the operation for colon tumor, biopsy of bilateral ovary was performed for histopathological evaluation. Although there were no specific findings in bilateral ovary, microscopic examination revealed poorly differentiated adenocarcinoma, diffusely invading the ovarian parenchyma. Diagnosis of colon cancer was made postoperatively and ovarian Krukenberg tumor was confirmed. Conclusion: In case of suspecting colon cancer even in very young patient with normal ovary, biopsy of ovary should be considered for the diagnosis of Krukenberg tumor.

    DOI: 10.12892/ejgo2779.2016

  • Chemotherapy-induced neutropenia and febrile neutropenia in patients with gynecologic malignancy 査読

    Hashiguchi Yasunori, Kasai Mari, Fukuda Takeshi, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    ANTI-CANCER DRUGS   26 ( 10 )   1054 - 1060   2015年11月( ISSN:0959-4973

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/CAD.0000000000000279

    PubMed

  • Chemotherapy-induced neutropenia and febrile neutropenia in patients with gynecologic malignancy.

    -

    Anticancer Drugs.   26 ( 10 )   1054 - 1060   2015年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Early operative treatment of anti-N-methyl D-aspartate (anti-NMDA) receptor encephalitis in a patient with ovarian teratoma.

    -

    Clin Exp Obstet Gynecol.   42 ( 6 )   819 - 821   2015年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CLINICAL ANALYSIS OF SIX PATIENTS WITH PRIMARY MALIGNANT MELANOMA IN VULVA AND VAGINA 査読

    Tasaka M., Fukuda T., Wada T., Kawanishi M., Imai K., Yamauchi M., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Deguchi M., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   25 ( 9 )   1676 - 1676   2015年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • SAFETY AND EFFICACY OF DOCETAXEL PLUS CISPLATIN FOR THE PATIENTS WITH ENDOMETRIAL CANCER 査読

    Fukuda T., Wada T., Kawanishi M., Imai K., Tasaka R., Yamauchi M., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Deguchi M., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   25 ( 9 )   1060 - 1060   2015年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PEGYLATED LIPOSOMAL DOXORUBICIN FOR PLATINUM-RESISTANT OR REFRACTORY MULLERIAN CARCINOMA (EPITHELIAL OVARIAN CARCINOMA, PRIMARY CARCINOMA OF FALLOPIAN TUBE AND PERITONEAL CARCINOMA) 査読

    Wada T., Fukuda T., Kawanishi M., Imai K., Tasaka R., Yamauchi M., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Deguchi M., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   25 ( 9 )   429 - 429   2015年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • EXPRESSION OF EGFL7 PREDICTS THE EFFICACY OF NEOADJUVANT CHEMOTHERAPY FOR LOCALLY ADVANCED UTERINE CERVICAL CANCER 査読

    Yamauchi M., Fukuda T., Wada T., Kawanishi M., Imai K., Tasaka R., Yasui T., Deguchi M., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   25 ( 9 )   172 - 172   2015年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CLINICAL ANALYSIS OF SIX PATIENTS WITH PRIMARY MALIGNANT MELANOMA IN VULVA AND VAGINA 査読

    M. Tasaka, T. Fukuda, T. Wada, M. Kawanishi, K. Imai, M. Yamauchi, M. Kasai, Y. Hashiguchi, T. Ichimura, T. Yasui, M. Deguchi, T. Sumi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   25 ( 9 )   1676 - 1676   2015年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • EXPRESSION OF EGFL7 PREDICTS THE EFFICACY OF NEOADJUVANT CHEMOTHERAPY FOR LOCALLY ADVANCED UTERINE CERVICAL CANCER 査読

    M. Yamauchi, T. Fukuda, T. Wada, M. Kawanishi, K. Imai, R. Tasaka, T. Yasui, M. Deguchi, T. Sumi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   25 ( 9 )   172 - 172   2015年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • SAFETY AND EFFICACY OF DOCETAXEL PLUS CISPLATIN FOR THE PATIENTS WITH ENDOMETRIAL CANCER 査読

    T. Fukuda, T. Wada, M. Kawanishi, K. Imai, R. Tasaka, M. Yamauchi, M. Kasai, Y. Hashiguchi, T. Ichimura, T. Yasui, M. Deguchi, T. Sumi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   25 ( 9 )   1060 - 1060   2015年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PEGYLATED LIPOSOMAL DOXORUBICIN FOR PLATINUM-RESISTANT OR REFRACTORY MULLERIAN CARCINOMA (EPITHELIAL OVARIAN CARCINOMA, PRIMARY CARCINOMA OF FALLOPIAN TUBE AND PERITONEAL CARCINOMA) 査読

    T. Wada, T. Fukuda, M. Kawanishi, K. Imai, R. Tasaka, M. Yamauchi, M. Kasai, Y. Hashiguchi, T. Ichimura, M. Deguchi, T. Yasui, T. Sumi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   25 ( 9 )   429 - 429   2015年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum CEA as a tumor marker in patients with endometrial cancer 査読

    Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER   51   S539 - S539   2015年09月( ISSN:0959-8049

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum CEA as a tumor marker in patients with endometrial cancer 査読

    Hashiguchi Y, Kasai M, Fukuda T, Ichimura T, Yasui T, Sumi T

    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER   51   S539 - S539   2015年09月( ISSN:0959-8049

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Complete recovery from paraneoplastic anti-NMDAR encephalitis associated with a small ovarian teratoma following a laparoscopic salpingo-oophorectomy: A case report 査読

    Imai Kenji, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Kawanishi Masaru, Yamauchi Makoto, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE   9 ( 5 )   1723 - 1726   2015年05月( ISSN:1792-0981

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/etm.2015.2344

    PubMed

  • Complete recovery from paraneoplastic anti-NMDAR encephalitis associated with a small ovarian teratoma following a laparoscopic salpingo-oophorectomy: A case report.

    -

    Exp Ther Med.   9 ( 5 )   1723 - 1726   2015年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chemotherapy-induced thrombocytopenia and clinical bleeding in patients with gynecologic malignancy.

    -

    Eur J Gynaecol Oncol.   36 ( 2 )   168 - 73   2015年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chemotherapy-induced thrombocytopenia and clinical bleeding in patients with gynecologic malignancy.

    Eur J Gynaecol Oncol.   36 ( 2 )   168 - 73   2015年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12892/cjgo2595.2015

  • Sirtuin1 expression predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer. 査読

    Teramae M, Fukuda T, Wada T, Kawanishi M, Imai K, Yamauchi M, Yasui T, Sumi T

    Molecular and clinical oncology   3 ( 1 )   73 - 78   2015年01月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/mco.2014.427

    PubMed

  • Primary peritoneal cancer: study of 14 cases and comparison with epithelial ovarian cancer.

    -

    Eur J Gynaecol Oncol.   36   49 - 53   2015年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chemotherapy-induced thrombocytopenia and clinical bleeding in patients with gynecologic malignancy 査読

    Hashiguchi Y., Fukuda T., Ichimura T., Matsumoto Y., Yasui T., Sumi T., Ishiko O.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   36 ( 2 )   168 - 173   2015年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Primary peritoneal cancer: study of 14 cases and comparison with epithelial ovarian cancer 査読

    Fukuda T., Imai K., Yamauchi M., Teramae M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   36 ( 1 )   49 - 53   2015年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Early operative treatment of anti-N-methyl D-aspartate (anti-NMDA) receptor encephalitis in a patient with ovarian teratoma 査読

    Yanai S., Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL OBSTETRICS & GYNECOLOGY   42 ( 6 )   819 - 821   2015年( ISSN:0390-6663

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chemotherapy-induced thrombocytopenia and clinical bleeding in patients with gynecologic malignancy 査読

    Y. Hashiguchi, T. Fukuda, T. Ichimura, Y. Matsumoto, T. Yasui, T. Sumi, O. Ishiko

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   36 ( 2 )   168 - 173   2015年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objectives: Chemotherapy-induced thrombocytopenia seems to be a relevant problem and the risk of clinical bleeding in patients with gynecologic malignancy is reported to be higher than other malignancy. In this study, the authors investigated chemotherapy-induced thrombocytopenia recently performed in all patients with gynecologic malignancy. Materials and Methods: Between January 2009 and December 2011, the authors examined reported chemotherapy-induced thrombocytopenia using the Common Terminology Criteria for Adverse Events (CTCAE) v.4.0. They analyzed the incidence and clinical features of chemotherapy-induced thrombocytopenia in patients with gynecologic malignancy. Results: During this period they administered over 1,614 infusions (29 regimens) to 291 patients. Chemotherapy-induced thrombocytopenia occurred in 43 (14.8%) patients over 56(3.5%) chemotherapy cycles. Bleeding occurred in 13 (4.5%) patients over 14 (0.9%) cycles. Platelet transfusions were administered for eight (2.7%) patients over eight (0.5%) cycles. Median platelet count at platelet transfusions was 17,000 /mu l Chemotherapy-induced thrombocytopenia was associated with more than five previous chemotherapy cycles, previous radiotherapy, disseminated disease, distant metastatic disease, poor performance status, and taxane-including regimens. Clinical bleeding was associated with previous radiotherapy, distant metastatic disease, poor performance status, and taxane-including regimens. Conclusions: Estimating bleeding risk factor such as previous radiotherapy, distant metastatic disease, poor performance status, and taxane-including regimens seem to be important for safe management of chemotherapy-induced thrombocytopenia.

    DOI: 10.12892/cjgo2595.2015

  • Early operative treatment of anti-N-methyl D-aspartate (anti-NMDA) receptor encephalitis in a patient with ovarian teratoma 査読

    S. Yanai, Y. Hashiguchi, M. Kasai, T. Fukuda, T. Ichimura, T. Yasui, T. Sumi

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL OBSTETRICS & GYNECOLOGY   42 ( 6 )   819 - 821   2015年( ISSN:0390-6663

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background: Anti-N-methyl D-aspartate (anti-NMDA) receptor encephalitis is often accompanied by ovarian teratoma. Early tumor resection is reported to be effective as a treatment. Case: A 21-year-old woman presented with anti-NMDA receptor encephalitis which was accompanied by ovarian teratoma. The present case was a very rare case of an early stage of anti-NMDA receptor encephalitis receiving operative treatment before confirming the presence of anti-NMDA receptor antibody. The diagnosis was established postoperatively by identifying anti-NMDA receptor antibody. Conclusion: In case of suspecting anti-NMDA receptor encephalitis in a patient with ovarian teratoma, early operative treatment should be considered even before confirming the presence of anti-NMDA receptor antibody.

    DOI: 10.12891/ceog1999.2015

  • Primary peritoneal cancer: study of 14 cases and comparison with epithelial ovarian cancer 査読

    T. Fukuda, K. Imai, M. Yamauchi, M. Teramae, Y. Hashiguchi, T. Ichimura, T. Yasui, T. Sumi

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   36 ( 1 )   49 - 53   2015年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Purpose of investigation: Primary peritoneal carcinoma (PPC) is histologically similar to ovarian serous carcinoma, but its biochemical features remain obscure. The authors investigated and compared clinical findings, treatments, and outcomes of patients with PPS and those with epithelial ovarian cancer (EOC) patients. Materials and Methods: The authors retrospectively reviewed data from 14 patients with PPC and 219 patients with EOC treated at the present hospital from January 2005 to December 2012, including demographic data, pathologic findings, treatments, and outcomes. Results: Patients with PPC were significantly older (62.6 +/- 8.4 years) than those with EOC (56.3 +/- 11.3 years) (p = 0.045). There was no significant difference in serum CA-125 levels. The five-year survival rates did not differ significantly between patients with PPC (61.1%) and those with EOC (60.3%; p = 0.78); nor between patients with PPC and those with Stage III serous EOC (43.8%; p = 0.40). Conclusions: Treatment strategies for EOC applied to PPC apparently led to similar survival patterns among the two patient groups. Cytoreductive surgery combined with pre/postoperative platinum-containing chemotherapy may be effective for PPC patients.

    DOI: 10.12892/ejgo2573.2015

  • Primary peritoneal cancer: study of 14 cases and comparison with epithelial ovarian cancer

    T. Fukuda, K. Imai, M. Yamauchi, M. Teramae, Y. Hashiguchi, T. Ichimura, T. Yasui, T. Sumi

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   36 ( 1 )   49 - 53   2015年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Purpose of investigation: Primary peritoneal carcinoma (PPC) is histologically similar to ovarian serous carcinoma, but its biochemical features remain obscure. The authors investigated and compared clinical findings, treatments, and outcomes of patients with PPS and those with epithelial ovarian cancer (EOC) patients. Materials and Methods: The authors retrospectively reviewed data from 14 patients with PPC and 219 patients with EOC treated at the present hospital from January 2005 to December 2012, including demographic data, pathologic findings, treatments, and outcomes. Results: Patients with PPC were significantly older (62.6 +/- 8.4 years) than those with EOC (56.3 +/- 11.3 years) (p = 0.045). There was no significant difference in serum CA-125 levels. The five-year survival rates did not differ significantly between patients with PPC (61.1%) and those with EOC (60.3%; p = 0.78); nor between patients with PPC and those with Stage III serous EOC (43.8%; p = 0.40). Conclusions: Treatment strategies for EOC applied to PPC apparently led to similar survival patterns among the two patient groups. Cytoreductive surgery combined with pre/postoperative platinum-containing chemotherapy may be effective for PPC patients.

    DOI: 10.12892/ejgo2573.2015

  • Early operative treatment of anti-N-methyl D-aspartate (anti-NMDA) receptor encephalitis in a patient with ovarian teratoma

    S. Yanai, Y. Hashiguchi, M. Kasai, T. Fukuda, T. Ichimura, T. Yasui, T. Sumi

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL OBSTETRICS & GYNECOLOGY   42 ( 6 )   819 - 821   2015年( ISSN:0390-6663

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background: Anti-N-methyl D-aspartate (anti-NMDA) receptor encephalitis is often accompanied by ovarian teratoma. Early tumor resection is reported to be effective as a treatment. Case: A 21-year-old woman presented with anti-NMDA receptor encephalitis which was accompanied by ovarian teratoma. The present case was a very rare case of an early stage of anti-NMDA receptor encephalitis receiving operative treatment before confirming the presence of anti-NMDA receptor antibody. The diagnosis was established postoperatively by identifying anti-NMDA receptor antibody. Conclusion: In case of suspecting anti-NMDA receptor encephalitis in a patient with ovarian teratoma, early operative treatment should be considered even before confirming the presence of anti-NMDA receptor antibody.

    DOI: 10.12891/ceog1999.2015

  • Minimal deviation mucinous adenocarcinoma of the uterine cervix that proved difficult to differentiate from endometrial cancer: A case report 査読

    Nishii Yuko, Fukuda Takeshi, Imai Kenji, Yamauchi Makoto, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    ONCOLOGY LETTERS   8 ( 6 )   2481 - 2484   2014年12月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2014.2532

    PubMed

  • Minimal deviation mucinous adenocarcinoma of the uterine cervix that proved difficult to differentiated from endometrial cancer: A case report

    -

    ONCOLOGY LETTERS   8 ( 6 )   2481 - 2484   2014年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CLINICAL ANALYSIS OF RECURRENT UTERINE CERVICAL CANCER AFTER SURGERY 査読

    Wada T., Fukuda T., Kawanishi M., Imai K., Yamauchi M., Hashiguchi Y., Kasai M., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   24 ( 9 )   644 - 645   2014年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • SAFETY AND EFFICACY OF DOCETAXEL PLUS CARBOPLATIN IN MENOPAUSAL PATIENTS WITH MULLERIAN CARCINOMA. 査読

    Imai K., Fukuda T., Kawanishi M., Wada T., Yamauchi M., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   24 ( 9 )   164 - 164   2014年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • EXPRESSION OF SIRTUIN 1 PREDICTS THE EFFICACY OF NEOADJUVANT CHEMOTHERAPY FOR LOCALLY ADVANCED UTERINE CERVICAL CANCER 査読

    Yamauchi M., Fukuda T., Wada T., Kawanishi M., Imai K., Teramae M., Tasaka R., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   24 ( 9 )   545 - 545   2014年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CLINICAL ANALYSIS OF STAGE I TO II ADENOSQUAMOU CARCINOMA OF UTERINE CERVIX 査読

    Kawanishi M., Fukuda T., Wada T., Imai K., Yamauchi M., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   24 ( 9 )   648 - 648   2014年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CLINICAL ANALYSIS OF STAGE I TO II ADENOSQUAMOU CARCINOMA OF UTERINE CERVIX 査読

    M. Kawanishi, T. Fukuda, T. Wada, K. Imai, M. Yamauchi, M. Kasai, Y. Hashiguchi, T. Ichimura, T. Yasui, T. Sumi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   24 ( 9 )   648 - 648   2014年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CLINICAL ANALYSIS OF RECURRENT UTERINE CERVICAL CANCER AFTER SURGERY 査読

    T. Wada, T. Fukuda, M. Kawanishi, K. Imai, M. Yamauchi, Y. Hashiguchi, M. Kasai, T. Ichimura, T. Yasui, T. Sumi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   24 ( 9 )   644 - 645   2014年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • EXPRESSION OF SIRTUIN 1 PREDICTS THE EFFICACY OF NEOADJUVANT CHEMOTHERAPY FOR LOCALLY ADVANCED UTERINE CERVICAL CANCER 査読

    M. Yamauchi, T. Fukuda, T. Wada, M. Kawanishi, K. Imai, M. Teramae, R. Tasaka, M. Kasai, Y. Hashiguchi, T. Ichimura, T. Yasui, T. Sumi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   24 ( 9 )   545 - 545   2014年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • SAFETY AND EFFICACY OF DOCETAXEL PLUS CARBOPLATIN IN MENOPAUSAL PATIENTS WITH MULLERIAN CARCINOMA. 査読

    K. Imai, T. Fukuda, M. Kawanishi, T. Wada, M. Yamauchi, M. Kasai, Y. Hashiguchi, T. Ichimura, T. Yasui, T. Sumi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   24 ( 9 )   164 - 164   2014年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 今月の臨床 診療ガイドライン婦人科外来編2014─改訂と追加のポイントを読み解く 女性医学 2.女性性機能障害の管理は?

    福田 武史, 森村 美奈, 角 俊幸

    臨床婦人科産科   68 ( 10 )   982 - 985   2014年10月( ISSN:03869865

     詳細を見る

  • CHEMOTHERAPY-INDUCED NEUTROPENIA IN PATIENTS WITH GYNECOLOGIC MALIGNANCY 査読

    Hashiguchi Yasunori, Fukuda Takeshi, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    ANNALS OF ONCOLOGY   25   2014年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/annonc/mdu435.94

  • Comparison of outcomes between squamous cell carcinoma and adenocarcinoma in patients with surgically treated stage I-II cervical cancer. 査読

    Yamauchi M, Fukuda T, Wada T, Kawanishi M, Imai K, Hashiguchi Y, Ichimura T, Yasui T, Sumi T

    Molecular and clinical oncology   2 ( 4 )   518 - 524   2014年07月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/mco.2014.295

    PubMed

  • Comparison of outcomes between squamous cell carcinoma and adenocarcinoma in patients with surgically treated stage I-II cervical cancer

    -

    Molecular and Clinical Oncology   3 ( 1 )   73 - 78   2014年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Comparison of outcomes between squamous cell carcinoma and adenocarcinoma in patients with surgically treated stage I-II cervical cancer

    Molecular and Clinical Oncology   3 ( 1 )   73 - 78   2014年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腹式単純子宮全摘術が排尿に与える影響に関する検討 査読

    山内 真, 福田 武史, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康, 石河 修

    日本女性骨盤底医学会 日本女性骨盤底医学会誌   10 ( 1 )   61 - 64   2013年12月( ISSN:2187-5669

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腹式単純子宮全摘出術後に頻尿や尿意切迫感を訴える患者が存在し活過動膀胱(OAB)と診断されることがある。そこで、腹式単純子宮全摘出術が排尿に与える影響を調査し、術後にOABが出現する頻度を検討する。2011年1月から2012年1月までに当施設で腹式単純子宮全摘術を施行した46例を対象とし、術前、術後3日目、術後7日目にそれぞれ1日の尿量、尿回数、飲水量、尿失禁の回数、尿失禁量を測定し、またOAB症状質問票(OABSS)を用いてOABの有無を診断した。術前、術後3日目、術後7日目のそれぞれの平均一日尿量は1538ml、1280ml、1537ml、平均尿回数は8.4回、7.7回、8.5回、平均飲水量は1338ml、1122ml、1261mlと術後3日目で有意に低値となった。術前、術後3日目、術後7日目のそれぞれのOABSS合計点数の平均は1.5、1.8、1.6で有意差を認めなかったが、41例中2例(4.9%)で術後にOABと診断された。頻度は低いが腹式単純子宮全摘術の合併症としてOABの存在を認識する必要があることが示唆された。(著者抄録)

  • 腹式単純子宮全摘術が排尿に与える影響に関する検討

    -

    日本女性骨盤底医学会誌   10 ( 1 )   61 - 64   2013年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腹式単純子宮全摘術が排尿に与える影響に関する検討 査読

    福田 武史

    日本女性骨盤底医学会誌   10 ( 1 )   61 - 64   2013年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 腹式単純子宮全摘術が排尿に与える影響に関する検討 査読

    山内 真, 福田 武史, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康, 石河 修

    日本女性骨盤底医学会 日本女性骨盤底医学会誌   10 ( 1 )   61 - 64   2013年12月( ISSN:2187-5669

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腹式単純子宮全摘出術後に頻尿や尿意切迫感を訴える患者が存在し活過動膀胱(OAB)と診断されることがある。そこで、腹式単純子宮全摘出術が排尿に与える影響を調査し、術後にOABが出現する頻度を検討する。2011年1月から2012年1月までに当施設で腹式単純子宮全摘術を施行した46例を対象とし、術前、術後3日目、術後7日目にそれぞれ1日の尿量、尿回数、飲水量、尿失禁の回数、尿失禁量を測定し、またOAB症状質問票(OABSS)を用いてOABの有無を診断した。術前、術後3日目、術後7日目のそれぞれの平均一日尿量は1538ml、1280ml、1537ml、平均尿回数は8.4回、7.7回、8.5回、平均飲水量は1338ml、1122ml、1261mlと術後3日目で有意に低値となった。術前、術後3日目、術後7日目のそれぞれのOABSS合計点数の平均は1.5、1.8、1.6で有意差を認めなかったが、41例中2例(4.9%)で術後にOABと診断された。頻度は低いが腹式単純子宮全摘術の合併症としてOABの存在を認識する必要があることが示唆された。(著者抄録)

  • 腹式単純子宮全摘術が排尿に与える影響に関する検討 査読

    山内 真, 福田 武史, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康, 石河 修

    日本女性骨盤底医学会 日本女性骨盤底医学会誌   10 ( 1 )   61 - 64   2013年12月( ISSN:2187-5669

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腹式単純子宮全摘出術後に頻尿や尿意切迫感を訴える患者が存在し活過動膀胱(OAB)と診断されることがある。そこで、腹式単純子宮全摘出術が排尿に与える影響を調査し、術後にOABが出現する頻度を検討する。2011年1月から2012年1月までに当施設で腹式単純子宮全摘術を施行した46例を対象とし、術前、術後3日目、術後7日目にそれぞれ1日の尿量、尿回数、飲水量、尿失禁の回数、尿失禁量を測定し、またOAB症状質問票(OABSS)を用いてOABの有無を診断した。術前、術後3日目、術後7日目のそれぞれの平均一日尿量は1538ml、1280ml、1537ml、平均尿回数は8.4回、7.7回、8.5回、平均飲水量は1338ml、1122ml、1261mlと術後3日目で有意に低値となった。術前、術後3日目、術後7日目のそれぞれのOABSS合計点数の平均は1.5、1.8、1.6で有意差を認めなかったが、41例中2例(4.9%)で術後にOABと診断された。頻度は低いが腹式単純子宮全摘術の合併症としてOABの存在を認識する必要があることが示唆された。(著者抄録)

  • PLATELET TRANSFUSION DURING CHEMOTHERAPY-INDUCED THROMBOCYTOPENIA IN PATIENTS WITH GYNECOLOGIC MALIGNANCY 査読

    Hashiguchi Y., Fukuda T., Yoshida H., Ichimura T., Matsumoto Y., Yasui T., Sumi T., Ishiko O.

    ANNALS OF ONCOLOGY   24   2013年11月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/annonc/mdt460.91

  • 術中腹水細胞診陽性率に関する検討 査読

    大上 健太, 市村 友季, 角 俊幸, 妹尾 紗織, 長嶋 愛子, 栗原 康, 松田 真希子, 福田 武史, 吉田 裕之, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 尾崎 宏治, 安井 智代, 石河 修

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   65 ( 4 )   428 - 430   2013年11月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当科で手術を行った卵巣上皮悪性腫瘍119例を対象に、組織型別の術中腹水細胞診陽性率および予後について検討した。その結果、全進行期における細胞診陽性率は、漿液性腺癌で66.7%、明細胞腺癌で57.6%と高く、類内膜腺癌では29.0%と漿液性腺癌および明細胞腺癌と比べ、有意に低い結果となった。I・II期とIII・IV期に分けて検討した場合、類内膜腺癌では進行例でも陽性率43.8%と低く、漿液性腺癌および明細胞腺癌の陽性率と有意差を認めた。粘液性腺癌では陽性率と進行期との間に強い正の相関関係が示された。細胞診陽性率と予後との検討では、明細胞腺癌において陽性例は有意に予後不良であることが確認された。

  • 術中腹水細胞診陽性率に関する検討 査読

    大上 健太, 市村 友季, 角 俊幸, 妹尾 紗織, 長嶋 愛子, 栗原 康, 松田 真希子, 福田 武史, 吉田 裕之, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 尾崎 宏治, 安井 智代, 石河 修

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   65 ( 4 )   428 - 430   2013年11月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当科で手術を行った卵巣上皮悪性腫瘍119例を対象に、組織型別の術中腹水細胞診陽性率および予後について検討した。その結果、全進行期における細胞診陽性率は、漿液性腺癌で66.7%、明細胞腺癌で57.6%と高く、類内膜腺癌では29.0%と漿液性腺癌および明細胞腺癌と比べ、有意に低い結果となった。I・II期とIII・IV期に分けて検討した場合、類内膜腺癌では進行例でも陽性率43.8%と低く、漿液性腺癌および明細胞腺癌の陽性率と有意差を認めた。粘液性腺癌では陽性率と進行期との間に強い正の相関関係が示された。細胞診陽性率と予後との検討では、明細胞腺癌において陽性例は有意に予後不良であることが確認された。

  • Chemotherapy-induced neutropenia and febrile neutropenia during chemotherapy for gynaecologic malignancy 査読

    Hashiguchi Y., Fukuda T., Ichimura T., Matsumoto Y., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER   49   S277 - S277   2013年09月( ISSN:0959-8049

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chemotherapy-induced neutropenia and febrile neutropenia during chemotherapy for gynaecologic malignancy 査読

    Hashiguchi Y, Fukuda T, Ichimura T, Matsumoto Y, Yasui T, Sumi T

    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER   49   S277 - S277   2013年09月( ISSN:0959-8049

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Association of copper transporter expression with platinum resistance in epithelial ovarian cancer.

    -

    Anticancer Res.   33 ( 4 )   1409 - 1414   2013年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 育児ストレスによる情緒不安定な症例に対する四逆散エキスの有用性の検討 査読

    中井 恭子, 蔭山 充, 森下 真成, 志馬 千佳, 福田 武史, 浮田 勝男, 平井 光三, 今中 基晴, 古山 将康, 石河 修

    産婦人科漢方研究会 産婦人科漢方研究のあゆみ   ( 30 )   98 - 102   2013年04月( ISSN:0913-865X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    育児ストレスを背景とした情緒不安定な女性10症例(年齢27〜43歳、平均年齢36.3歳)に対して第一選択薬として四逆散エキスを用い、その有用性について検討した。漢方医学的所見では対象は四逆散の使用目標である腹力中等度を全例が満たしていた。その他、手掌発汗を60%、胸脇苦満を50%、心下痞硬を40%、腹直筋緊張を50%で認められた。1)四逆散エキス製剤7.5g/日の2週間投与による主訴の効果判定では著効2例、有効4例、やや有効3例、無効1例、悪化0例であり、やや有効以上が90%であった。2)残尿管や便秘、腹部膨満感や軟便などの便通異常のある8例中5例が改善傾向が認められたほか、肩こりと不眠が各7例中6例で軽減されていた。3)有害事象は1例で服用後、脱力感を感じたが、数時間で消失した。

  • 希発月経と多嚢胞性卵巣が防風通聖散と当帰芍薬散にて改善を認めた1例 査読

    森下 真成, 中井 恭子, 南野 英隆, 蔭山 充, 志馬 千佳, 福田 武史, 古山 将康, 石河 修

    産婦人科漢方研究会 産婦人科漢方研究のあゆみ   ( 30 )   76 - 78   2013年04月( ISSN:0913-865X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    28歳女性(看護師)。月経は初潮時(11歳)より28歳まで2〜3ヵ月に1回であったが、無月経が3ヵ月以上持続したため前医を受診、基礎体温(BBT)は一相性、月経3日目で経腟超音波所見では両側卵巣は直径約3cm大で多嚢胞性卵巣(PCO)であった。テルグリド(1mg/日)の処方により6ヵ月後、プロラクチンは56.4ng/mlから10.4ng/mlに低下したが無月経は持続、当帰芍薬散を併用したが月経異常とPCOは改善せず来院となった。初診時、主な訴えは足のむくみ、冷え、便秘、肥満、不眠であり、当帰芍薬散(7.5g/日)+加工附子末(1.5g/日)+防風通聖散(1.7g/日)+サフラン(0.3g/日)を処方、その後、肥満改善のため防風通聖散を1.7gから3.3g/日に増量し、無理のないダイエットと軽い運動を指導した。その結果、6ヵ月後体重は10kg減となり月経が再開、初診から1年後体重は17kg減となり月経周期はほぼ30日に1回と定期的になり、経腟超音波上のPCOは消失してBBTは二相性になった。目下、初診より7年経過で体重コントロールとほぼ30日に1回の規則的な月経が維持されている。以上、本症例の臨床経過からも治療が困難とされる多嚢胞性症候群に対し、抗肥満作用のある防風通聖散は有用と考えられた。

  • Association of copper transporter expression with platinum resistance in epithelial ovarian cancer. 査読

    Yoshida H, Teramae M, Yamauchi M, Fukuda T, Yasui T, Sumi T, Honda K, Ishiko O

    Anticancer research   33 ( 4 )   1409 - 14   2013年04月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Association of Copper Transporter Expression with Platinum Resistance in Epithelial Ovarian Cancer 査読

    Yoshida Hiroyuki, Teramae Masatomo, Yamauchi Makoto, Fukuda Takeshi, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki, Honda Ken-Ichi, Ishiko Osamu

    ANTICANCER RESEARCH   33 ( 4 )   1409 - 1414   2013年04月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 希発月経と多嚢胞性卵巣が防風通聖散と当帰芍薬散にて改善を認めた1例 査読

    森下 真成, 中井 恭子, 南野 英隆, 蔭山 充, 志馬 千佳, 福田 武史, 古山 将康, 石河 修

    産婦人科漢方研究会 産婦人科漢方研究のあゆみ   ( 30 )   76 - 78   2013年04月( ISSN:0913-865X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    28歳女性(看護師)。月経は初潮時(11歳)より28歳まで2〜3ヵ月に1回であったが、無月経が3ヵ月以上持続したため前医を受診、基礎体温(BBT)は一相性、月経3日目で経腟超音波所見では両側卵巣は直径約3cm大で多嚢胞性卵巣(PCO)であった。テルグリド(1mg/日)の処方により6ヵ月後、プロラクチンは56.4ng/mlから10.4ng/mlに低下したが無月経は持続、当帰芍薬散を併用したが月経異常とPCOは改善せず来院となった。初診時、主な訴えは足のむくみ、冷え、便秘、肥満、不眠であり、当帰芍薬散(7.5g/日)+加工附子末(1.5g/日)+防風通聖散(1.7g/日)+サフラン(0.3g/日)を処方、その後、肥満改善のため防風通聖散を1.7gから3.3g/日に増量し、無理のないダイエットと軽い運動を指導した。その結果、6ヵ月後体重は10kg減となり月経が再開、初診から1年後体重は17kg減となり月経周期はほぼ30日に1回と定期的になり、経腟超音波上のPCOは消失してBBTは二相性になった。目下、初診より7年経過で体重コントロールとほぼ30日に1回の規則的な月経が維持されている。以上、本症例の臨床経過からも治療が困難とされる多嚢胞性症候群に対し、抗肥満作用のある防風通聖散は有用と考えられた。

  • 育児ストレスによる情緒不安定な症例に対する四逆散エキスの有用性の検討 査読

    中井 恭子, 蔭山 充, 森下 真成, 志馬 千佳, 福田 武史, 浮田 勝男, 平井 光三, 今中 基晴, 古山 将康, 石河 修

    産婦人科漢方研究会 産婦人科漢方研究のあゆみ   ( 30 )   98 - 102   2013年04月( ISSN:0913-865X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    育児ストレスを背景とした情緒不安定な女性10症例(年齢27〜43歳、平均年齢36.3歳)に対して第一選択薬として四逆散エキスを用い、その有用性について検討した。漢方医学的所見では対象は四逆散の使用目標である腹力中等度を全例が満たしていた。その他、手掌発汗を60%、胸脇苦満を50%、心下痞硬を40%、腹直筋緊張を50%で認められた。1)四逆散エキス製剤7.5g/日の2週間投与による主訴の効果判定では著効2例、有効4例、やや有効3例、無効1例、悪化0例であり、やや有効以上が90%であった。2)残尿管や便秘、腹部膨満感や軟便などの便通異常のある8例中5例が改善傾向が認められたほか、肩こりと不眠が各7例中6例で軽減されていた。3)有害事象は1例で服用後、脱力感を感じたが、数時間で消失した。

  • Pegylated liposomal doxorubicin for platinum-resistant or refractory Mullerian carcinoma (epithelial ovarian carcinoma, primary carcinoma of Fallopian tube and peritoneal carcinoma): A single-institutional experience 査読

    Fukuda Takeshi, Sumi Toshiyuki, Teramae Masatomo, Nakano Yusuke, Morishita Masanari, Terada Hiroyuki, Yoshida Hiroyuki, Matsumoto Yoshinari, Yasui Tomoyo, Ishiko Osamu

    ONCOLOGY LETTERS   5 ( 1 )   35 - 38   2013年01月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2012.971

    PubMed

  • 術中腹水細胞診陽性率に関する検討 査読

    大上 健太, 市村 友季, 角 俊幸, 妹尾 紗織, 長嶋 愛子, 栗原 康, 松田 真希子, 福田 武史, 吉田 裕之, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 尾崎 宏治, 安井 智代, 石河 修

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   65 ( 4 )   428 - 430   2013年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.65.428

    CiNii Article

  • Outcomes of traditional prolapse surgery for pelvic organ prolapse repair at a single center 査読

    Fukuda Takeshi, Sumi Toshiyuki, Yasui Tomoyo, Koyama Masayasu, Ishiko Osamu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGY & OBSTETRICS   119 ( 3 )   277 - 280   2012年12月( ISSN:0020-7292

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijgo.2012.06.021

    PubMed

  • Outcomes of traditional prolapse surgery for pelvic organ prolapse repair at a single center.

    -

    Int J Gynaecol Obstet.   119 ( 3 )   277 - 280   2012年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 育児ストレスに対する四逆散の有用性の検討 査読

    森下 真成, 中井 恭子, 首藤 達哉, 福田 武史, 古山 将康, 蔭山 充, 石河 修

    日本東洋心身医学研究会 日本東洋心身医学研究   27 ( 1-2 )   29 - 33   2012年12月( ISSN:1340-3117

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    育児ストレスを背景とした女性の情緒不安定(焦燥・抑うつ・不安)を主訴とする20〜40歳代の女性患者8例に対して第一選択薬として四逆散を2週間投与、内服前後の情緒不安定の程度を比較した。数値的評価スケール(NRS)を用いて、初診時の症状程度を10とした時の内服後の主訴の程度を著効:NRS 0〜3/10、有効:NRS 4〜6/10、やや有効:NRS 7〜9/10、無効:NRS 10/10、増悪:NRS 11以上/10に分類した。その結果、四逆散内服後の主訴の程度は著効:4例、やや有効:3例、無効:1例で、増悪例はなく、8例中7例(87.5%)で自覚症状の改善が認められた。

  • 育児ストレスに対する四逆散の有用性の検討 査読

    森下 真成, 中井 恭子, 首藤 達哉, 福田 武史, 古山 将康, 蔭山 充, 石河 修

    日本東洋心身医学研究会 日本東洋心身医学研究   27 ( 1-2 )   29 - 33   2012年12月( ISSN:1340-3117

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    育児ストレスを背景とした女性の情緒不安定(焦燥・抑うつ・不安)を主訴とする20〜40歳代の女性患者8例に対して第一選択薬として四逆散を2週間投与、内服前後の情緒不安定の程度を比較した。数値的評価スケール(NRS)を用いて、初診時の症状程度を10とした時の内服後の主訴の程度を著効:NRS 0〜3/10、有効:NRS 4〜6/10、やや有効:NRS 7〜9/10、無効:NRS 10/10、増悪:NRS 11以上/10に分類した。その結果、四逆散内服後の主訴の程度は著効:4例、やや有効:3例、無効:1例で、増悪例はなく、8例中7例(87.5%)で自覚症状の改善が認められた。

  • Expression of the mitotic-arrest deficiency 2 is associated with chemotherapy resistance in ovarian serous adenocarcinoma 査読

    Nakano Yusuke, Sumi Toshiyuki, Teramae Masatomo, Morishita Masanari, Fukuda Takeshi, Terada Hiroyuki, Yoshida Hiroyuki, Matsumoto Yoshinari, Yasui Tomoyo, Ishiko Osamu

    ONCOLOGY REPORTS   28 ( 4 )   1200 - 1204   2012年10月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2012.1907

    PubMed

  • LATE RECURRENCE OF MALIGNANT MELANOMA MIMICKING PRIMARY PERITONEAL CANCER 査読

    Hashiguchi Y., Kitamura M., Fukuda T., Yoshida H., Ichimura T., Matsumoto Y., Yasui T., Sumi T., Ishiko O.

    ANNALS OF ONCOLOGY   23   153 - 153   2012年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • LATE RECURRENCE OF MALIGNANT MELANOMA MIMICKING PRIMARY PERITONEAL CANCER 査読

    Y. Hashiguchi, M. Kitamura, T. Fukuda, H. Yoshida, T. Ichimura, Y. Matsumoto, T. Yasui, T. Sumi, O. Ishiko

    ANNALS OF ONCOLOGY   23   153 - 153   2012年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 子宮頸癌の診断で治療を行った子宮体部腺扁平上皮癌の1例 査読

    井上 裕, 市村 友季, 長嶋 愛子, 和田 夏子, 森下 真成, 笠井 真理, 福田 武史, 吉田 裕之, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 安井 智代, 角 俊幸, 石河 修

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   64 ( 3 )   349 - 351   2012年09月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    子宮頸部と体部に腫瘍が存在し、原発部位が頸部か体部かの判断が困難な場合、腫瘍が扁平上皮癌であれば頸癌、腺癌なら体癌と診断することが多い。今回著者等は、頸部と体部に腫瘍を認め、頸部腫瘍生検の結果が扁平上皮癌であったため頸癌の診断で手術を行ったところ、摘出標本検査の結果は体部腺扁平上皮癌であった症例を経験した。本例からの教訓として、頸部生検の結果が扁平上皮癌であっても、体部の生検を行う必要があったと考えられた。

  • 子宮頸癌の診断で治療を行った子宮体部腺扁平上皮癌の1例 査読

    井上 裕, 市村 友季, 長嶋 愛子, 和田 夏子, 森下 真成, 笠井 真理, 福田 武史, 吉田 裕之, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 安井 智代, 角 俊幸, 石河 修

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   64 ( 3 )   349 - 351   2012年09月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    子宮頸部と体部に腫瘍が存在し、原発部位が頸部か体部かの判断が困難な場合、腫瘍が扁平上皮癌であれば頸癌、腺癌なら体癌と診断することが多い。今回著者等は、頸部と体部に腫瘍を認め、頸部腫瘍生検の結果が扁平上皮癌であったため頸癌の診断で手術を行ったところ、摘出標本検査の結果は体部腺扁平上皮癌であった症例を経験した。本例からの教訓として、頸部生検の結果が扁平上皮癌であっても、体部の生検を行う必要があったと考えられた。

  • Chemotherapy-related hypersensitivity reaction in Japanese patients with gynecologic malignancy.

    -

    Eur J Gynaecol Oncol.   33 ( 3 )   252 - 254   2012年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 女性の不定愁訴に対する"四逆散"の有効性の検討 査読

    中井 恭子, 首藤 達哉, 蔭山 充, 森下 真成, 福田 武史, 浮田 勝男, 今中 基晴, 石河 修

    産婦人科漢方研究会 産婦人科漢方研究のあゆみ   ( 29 )   97 - 102   2012年04月( ISSN:0913-865X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2010年6月〜2011年7月の間に月経前症候群(PMS)や更年期障害を疑われ来院となり、ストレスを背景とした不定愁訴を有する女性20例(年齢23〜60歳、平均42.4±9.6歳)を対象に、四逆散エキス顆粒の有用性について検討した。その結果、1)主訴の内訳は疲労・倦怠感が4例、情緒不安定が4例、焦燥感が3例、不安感が2例ほか、肩こり・頭痛・めまい・無気力・緊張感・口が苦い・難聴が各1例であった。2)CMI(コーネルメディカルインデックス)ではIが1例、IIが3例、IIIが7例、IVが3例で、未検査は6例であった。3)四逆散エキス顆粒(7.5g/日)の2週間の投与により著効は7例、有効は9例、やや有効は1例、無効は3例で、増悪例はなかった。一方、有害事象は20例中3例で認められたが減量や中止により軽快する軽度のものであった。4)不定愁訴を有する女性患者20例に対して四逆散は80%の有効性を示し、特に胸脇苦満と手掌発汗を認める症例では有効性が高かった。

  • 女性の不定愁訴に対する"四逆散"の有効性の検討 査読

    中井 恭子, 首藤 達哉, 蔭山 充, 森下 真成, 福田 武史, 浮田 勝男, 今中 基晴, 石河 修

    産婦人科漢方研究会 産婦人科漢方研究のあゆみ   ( 29 )   97 - 102   2012年04月( ISSN:0913-865X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2010年6月〜2011年7月の間に月経前症候群(PMS)や更年期障害を疑われ来院となり、ストレスを背景とした不定愁訴を有する女性20例(年齢23〜60歳、平均42.4±9.6歳)を対象に、四逆散エキス顆粒の有用性について検討した。その結果、1)主訴の内訳は疲労・倦怠感が4例、情緒不安定が4例、焦燥感が3例、不安感が2例ほか、肩こり・頭痛・めまい・無気力・緊張感・口が苦い・難聴が各1例であった。2)CMI(コーネルメディカルインデックス)ではIが1例、IIが3例、IIIが7例、IVが3例で、未検査は6例であった。3)四逆散エキス顆粒(7.5g/日)の2週間の投与により著効は7例、有効は9例、やや有効は1例、無効は3例で、増悪例はなかった。一方、有害事象は20例中3例で認められたが減量や中止により軽快する軽度のものであった。4)不定愁訴を有する女性患者20例に対して四逆散は80%の有効性を示し、特に胸脇苦満と手掌発汗を認める症例では有効性が高かった。

  • Mitotic arrest deficiency 2 induces carcinogenesis in mucinous ovarian tumors 査読

    Nakano Yusuke, Sumi Toshiyuki, Morishita Masanari, Fukuda Takeshi, Nobeyama Hiroyuki, Yoshida Hiroyuki, Matsumoto Yoshinari, Yasui Tomoyo, Ishiko Osamu

    ONCOLOGY LETTERS   3 ( 2 )   281 - 286   2012年02月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2011.483

    PubMed

  • Expression of mitotic-arrest deficiency 2 predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer 査読

    Morishita Masanari, Sumi Toshiyuki, Nakano Yusuke, Teramae Masatomo, Fukuda Takeshi, Nobeyama Hiroyuki, Yoshida Hiroyuki, Matsumoto Yoshinari, Yasui Tomoyo, Ishiko Osamu

    EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE   3 ( 2 )   341 - 346   2012年02月( ISSN:1792-0981

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/etm.2011.407

    PubMed

  • 抗癌剤耐性 卵巣癌におけるtight junction構成蛋白質とcisplatin感受性に関する検討 査読

    吉田 裕之, 角 俊幸, 寺前 雅大, 森下 真成, 中野 雄介, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 石河 修

    (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌   30 ( 1 )   35 - 39   2012年01月( ISSN:1347-8559

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Claudin-4は細胞間接着装置であるtight junctionの主要な構成分子であり、卵巣癌の発癌・進展に重要な役割を担っていると報告されているが、抗癌剤耐性機序への関与については不明である。そこで今回claudin-4と卵巣癌のcisplatin耐性との関連について検討した。卵巣癌細胞株のclaudin-4発現をsiRNAにて抑制し、cisplatinへの感受性変化を検討した。さらにclaudin-4発現とcisplatinの細胞内蓄積量の相関についても検討した。またinformed consentを得た卵巣癌症例の手術切除標本を用いて、claudin-4発現とプラチナ製剤を中心とした化学療法の効果および患者予後との関連を免疫組織学的に検討した。Claudin-4発現抑制により、卵巣癌細胞株のcisplatin感受性が増大し、またcisplatinの細胞内蓄積量の増加がみられた。一方、卵巣癌臨床検体におけるclaudin-4発現を化学療法奏効例と無効例において比較したところ、無効例で有意にその発現が増大していた。またclaudin-4発現陽性症例は陰性症例と比較して有意に予後不良であった。以上よりclaudin-4は卵巣癌のcisplatin耐性機序に関与しており、また予後因子となる可能性が示唆された。(著者抄録)

  • 抗癌剤耐性 卵巣癌におけるtight junction構成蛋白質とcisplatin感受性に関する検討 査読

    吉田 裕之, 角 俊幸, 寺前 雅大, 森下 真成, 中野 雄介, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 石河 修

    (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌   30 ( 1 )   35 - 39   2012年01月( ISSN:1347-8559

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Claudin-4は細胞間接着装置であるtight junctionの主要な構成分子であり、卵巣癌の発癌・進展に重要な役割を担っていると報告されているが、抗癌剤耐性機序への関与については不明である。そこで今回claudin-4と卵巣癌のcisplatin耐性との関連について検討した。卵巣癌細胞株のclaudin-4発現をsiRNAにて抑制し、cisplatinへの感受性変化を検討した。さらにclaudin-4発現とcisplatinの細胞内蓄積量の相関についても検討した。またinformed consentを得た卵巣癌症例の手術切除標本を用いて、claudin-4発現とプラチナ製剤を中心とした化学療法の効果および患者予後との関連を免疫組織学的に検討した。Claudin-4発現抑制により、卵巣癌細胞株のcisplatin感受性が増大し、またcisplatinの細胞内蓄積量の増加がみられた。一方、卵巣癌臨床検体におけるclaudin-4発現を化学療法奏効例と無効例において比較したところ、無効例で有意にその発現が増大していた。またclaudin-4発現陽性症例は陰性症例と比較して有意に予後不良であった。以上よりclaudin-4は卵巣癌のcisplatin耐性機序に関与しており、また予後因子となる可能性が示唆された。(著者抄録)

  • 子宮頸癌の診断で治療を行った子宮体部腺扁平上皮癌の1例 査読

    井上 裕, 市村 友季, 長嶋 愛子, 和田 夏子, 森下 真成, 笠井 真理, 福田 武史, 吉田 裕之, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 安井 智代, 角 俊幸, 石河 修

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   64 ( 3 )   349 - 351   2012年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.64.349

    CiNii Article

  • Mitotic arrest deficiency 2 induces carcinogenesis in mucinous ovarian tumors

    -

    ONCOLOGY LETTERS   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of mitotic-arrest deficiency 2 predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer

    -

    EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE   3   341 - 3346   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chemotherapy-related hypersensitivity reaction in Japanese patients with gynecologic malignancy 査読

    Kitada K., Hashiguchi Y., Fukuda T., Yoshida H., Ichimura T., Matsumoto Y., Yasui T., Sumi T., Ishiko O.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   33 ( 3 )   252 - 254   2012年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chemotherapy-related hypersensitivity reaction in Japanese patients with gynecologic malignancy

    K. Kitada, Y. Hashiguchi, T. Fukuda, H. Yoshida, T. Ichimura, Y. Matsumoto, T. Yasui, T. Sumi, O. Ishiko

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   33 ( 3 )   252 - 254   2012年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Purpose of investigation: Chemotherapy-related hypersensitivity reaction seems to be problematic in the safe management of chemotherapy. In this study we investigated chemotherapy-related hypersensitivity reaction in patients with gynecologic malignancy. Methods: Between January 2009 and December 2010, we examined hypersensitivity reaction (&gt;= grade2) using the Common Terminology Criteria for Adverse Events (CTCAE) v.4.0. We analyzed the incidence, clinical features, management, and outcome. Results: We administered over 1,057 infusions (24 regimens) to 205 patients. We found a total of four hypersensitivity reactions (a grade 2) cases (carboplatin: 2; nedaplatin: 1; docetaxel: 1). Signs and symptoms were varied. In two cases, the same regimen was rechallenged by using anti-allergic drugs. The docetaxel case was successful. The carboplatin case was not successful. Conclusion: Chemotherapy-related hypersensitivity reaction (&gt;= grade2) does not occur frequently. In the case of platinum, especially, carboplatin, re-administering after hypersensitivity reaction should be done carefully though platinum is a key drug in patients with gynecologic malignancies.

  • Chemotherapy-related hypersensitivity reaction in Japanese patients with gynecologic malignancy 査読

    K. Kitada, Y. Hashiguchi, T. Fukuda, H. Yoshida, T. Ichimura, Y. Matsumoto, T. Yasui, T. Sumi, O. Ishiko

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   33 ( 3 )   252 - 254   2012年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Purpose of investigation: Chemotherapy-related hypersensitivity reaction seems to be problematic in the safe management of chemotherapy. In this study we investigated chemotherapy-related hypersensitivity reaction in patients with gynecologic malignancy. Methods: Between January 2009 and December 2010, we examined hypersensitivity reaction (&gt;= grade2) using the Common Terminology Criteria for Adverse Events (CTCAE) v.4.0. We analyzed the incidence, clinical features, management, and outcome. Results: We administered over 1,057 infusions (24 regimens) to 205 patients. We found a total of four hypersensitivity reactions (a grade 2) cases (carboplatin: 2; nedaplatin: 1; docetaxel: 1). Signs and symptoms were varied. In two cases, the same regimen was rechallenged by using anti-allergic drugs. The docetaxel case was successful. The carboplatin case was not successful. Conclusion: Chemotherapy-related hypersensitivity reaction (&gt;= grade2) does not occur frequently. In the case of platinum, especially, carboplatin, re-administering after hypersensitivity reaction should be done carefully though platinum is a key drug in patients with gynecologic malignancies.

  • 働く女性の不定愁訴に対する四逆散の有効性と、指標目標についての検討

    中井 恭子, 首藤 達哉, 蔭山 充, 森下 真成, 福田 武史, 石河 修, 中西 美保, 志馬 千佳, 有光 潤介, 西田 愼二

    日本東洋心身医学研究   26 ( 1-2 )   25 - 29   2011年12月( ISSN:1340-3117

  • 働く女性の不定愁訴に対する四逆散の有効性と、指標目標についての検討

    中井 恭子, 首藤 達哉, 蔭山 充, 森下 真成, 福田 武史, 石河 修, 中西 美保, 志馬 千佳, 有光 潤介, 西田 愼二

    日本東洋心身医学研究   26 ( 1-2 )   25 - 29   2011年12月( ISSN:1340-3117

  • Extragastrointestinal stromal tumor originating from the vulva

    -

    ONCOLOGY LETTERS   3   797 - 799   2011年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 便秘と下腹部痛を目標に処方した“桃核承気湯”が劇的に有効であった10例

    -

    産婦人科 漢方研究のあゆみ   ( 28 )   84 - 88   2011年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 当科における進行子宮頸癌に対する主治療前化学療法 査読

    森下 真成, 角 俊幸, 中野 雄介, 笠井 真理, 梶谷 耕二, 福田 武史, 橋口 裕紀, 尾崎 宏治, 吉田 裕之, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 本田 謙一, 石河 修

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   63 ( 3 )   359 - 361   2011年08月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    70歳未満の子宮頸癌III期に対し、主治療前化学療法(NAC)を施行した72例(平均50.5歳:N群)と、同時化学放射線治療を主体とした39例(平均56.1歳:R群)の治療成績を比較した。年齢には両群間で有意差を認めたが、進行期、組織型に有意差はなく、全生存率にも有意差は認めなかった。次に、N群をNACにより腫瘍が縮小し手術施行・術後放射線治療を追加した46例(平均49.3歳:NAC+OP+R群)と、NAC後も手術施行できず放射線治療のみ行った26例(平均52.7歳:NAC+R群)に分け、R群と比較した。年齢には3群間で有意差を認めたが、進行期、組織型に有意差はなく、全生存率はNAC+OP+R群がNAC+R群に比較して有意に良好であった。進行子宮頸癌に対するNACは、手術を施行できれば予後改善につながる可能性があることが示唆された。

  • 便秘と下腹部痛を目標に処方した“桃核承気湯”が劇的に有効であった10例

    産婦人科 漢方研究のあゆみ   ( 28 )   84 - 88   2011年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 当科における進行子宮頸癌に対する主治療前化学療法 査読

    森下 真成, 角 俊幸, 中野 雄介, 笠井 真理, 梶谷 耕二, 福田 武史, 橋口 裕紀, 尾崎 宏治, 吉田 裕之, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 本田 謙一, 石河 修

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   63 ( 3 )   359 - 361   2011年08月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    70歳未満の子宮頸癌III期に対し、主治療前化学療法(NAC)を施行した72例(平均50.5歳:N群)と、同時化学放射線治療を主体とした39例(平均56.1歳:R群)の治療成績を比較した。年齢には両群間で有意差を認めたが、進行期、組織型に有意差はなく、全生存率にも有意差は認めなかった。次に、N群をNACにより腫瘍が縮小し手術施行・術後放射線治療を追加した46例(平均49.3歳:NAC+OP+R群)と、NAC後も手術施行できず放射線治療のみ行った26例(平均52.7歳:NAC+R群)に分け、R群と比較した。年齢には3群間で有意差を認めたが、進行期、組織型に有意差はなく、全生存率はNAC+OP+R群がNAC+R群に比較して有意に良好であった。進行子宮頸癌に対するNACは、手術を施行できれば予後改善につながる可能性があることが示唆された。

  • 進行子宮頸癌でのMAD2の発現と治療効果予測

    森下 真成, 角 俊幸, 寺前 雅大, 中野 雄介, 笠井 真理, 福田 武史, 吉田 裕之, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 石河 修

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   29 ( 3 )   575 - 575   2011年06月( ISSN:1347-8559

  • 抗癌剤耐性 卵巣癌におけるtight junction構成蛋白質とcisplatin感受性に関する検討

    吉田 裕之, 角 俊幸, 森下 真成, 中野 雄介, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 本田 謙一, 石河 修

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   29 ( 3 )   497 - 497   2011年06月( ISSN:1347-8559

  • 当院における子宮体癌特殊組織型の臨床的検討

    中野 雄介, 角 俊幸, 寺前 雅大, 森下 真成, 笠井 真理, 福田 武史, 吉田 裕之, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 石河 修

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   29 ( 3 )   517 - 517   2011年06月( ISSN:1347-8559

  • 当科における再発卵巣癌に対するリポソーマルドキソルビシンの有用性

    福田 武史, 角 俊幸, 寺前 雅大, 森下 真成, 中野 雄介, 笠井 真理, 吉田 裕之, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 石河 修

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   29 ( 3 )   549 - 549   2011年06月( ISSN:1347-8559

  • 子宮頸癌Ia期における妊孕能温存手術に関する検討

    寺前 雅大, 角 俊幸, 中野 雄介, 森下 真成, 笠井 真理, 福田 武史, 吉田 裕之, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 石河 修

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   29 ( 3 )   514 - 514   2011年06月( ISSN:1347-8559

  • 針生検が診断に有用であった3例

    笠井 真理, 市村 友季, 森下 真成, 中野 雄介, 福田 武史, 吉田 裕之, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 角 俊幸, 安井 智代, 本田 謙一, 石河 修

    産婦人科の進歩   63 ( 2 )   242 - 242   2011年05月( ISSN:0370-8446

  • 当科における子宮体癌特殊組織型の臨床的検討

    寺前 雅大, 吉田 裕之, 中野 雄介, 森下 真成, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 角 俊幸, 本田 謙一, 石河 修

    産婦人科の進歩   63 ( 2 )   252 - 252   2011年05月( ISSN:0370-8446

  • 今月の臨床 婦人科内分泌療法─病態の理解と正しい診断に基づく対処・治療のポイント 更年期・老年期 11.排尿障害

    角 俊幸, 福田 武史, 石河 修

    臨床婦人科産科   65 ( 4 )   578 - 583   2011年04月( ISSN:03869865

     詳細を見る

  • An upstream estrogen response element linked to exogenous p53 tumor suppressor gene expression differentiates effects of the codon 72 polymorphism.

    -

    Asian Pac J Cancer Prev.   12 ( 4 )   865 - 868   2011年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 月経前の『情緒不安定』な症状に"甘麦大棗湯"が劇的に有効であったPMS 14例の検討(続編) 査読

    中井 恭子, 森下 真成, 蔭山 充, 福田 武史, 浮田 勝男, 中西 美保, 志馬 千佳, 高畠 桂子, 平井 光三, 今中 基晴, 西田 愼二, 石河 修

    産婦人科漢方研究会 産婦人科漢方研究のあゆみ   ( 28 )   69 - 75   2011年03月( ISSN:0913-865X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    月経前の情緒不安定な症状に対し甘麦大棗湯が有効であった14例について検討した。年齢は20〜40歳代で、いずれも月経前症候群(PMS)に典型的な症状を有していた。甘麦大棗湯の処方目標である「欠伸」は、11例で月経前に訴えが多かった。漢方医学的所見では、全例に舌診で水滞・お血が疑われ、腹力はいずれも中等度、臍上の動悸は11例、腹直筋緊張は6例、胃部振水音は12例、胸脇苦満は9例、右下腹部圧痛は4例、左下腹部圧痛は7例で認めた。甘麦大棗湯の内服により、月経開始前の焦燥感・不安感・易怒・流涙・自己嫌悪・情緒不安定などの症状は軽減され、不眠・過食に効果を示した症例もあった。

  • 便秘と下腹部痛を目標に処方した"桃核承気湯"が劇的に有効であった10例

    福田 武史, 中井 恭子, 蔭山 充, 森下 真成, 西本 幸代, 浮田 勝男, 今中 基晴, 石河 修

    産婦人科漢方研究のあゆみ   ( 28 )   84 - 88   2011年03月( ISSN:0913-865X

     詳細を見る

    左下腹部圧痛と便秘の他、諸症状を有する30〜50歳代の女性に対し桃核承気湯を処方し、有効であった10例について検討した。主訴は便秘3例、全身倦怠感3例、月経困難症1例、月経前症候群1例、めまい1例、頭痛1例で、合併する愁訴は情緒不安定、動悸、耳鳴り、肩こり、不眠などであった。漢方所見では、左下腹部圧痛、水滞、お血の所見を全例で認めた。1/3〜1日量の服用で、全例で便通状態の改善を認め、更にそれに伴いおよび不定愁訴も全て改善した。

  • Transjugular intrahepatic portosystemic shunt versus paracentesis plus albumin in patients with refractory ascites who have good hepatic and renal function: a prospective randomized trial.

    Narahara Y, Kanazawa H, Fukuda T, Matsushita Y, Harimoto H, Kidokoro H, Katakura T, Atsukawa M, Taki Y, Kimura Y, Nakatsuka K, Sakamoto C

    Journal of gastroenterology   46 ( 1 )   78 - 85   2011年01月( ISSN:0944-1174

     詳細を見る

  • 当科における進行子宮頸癌に対する主治療前化学療法 査読

    森下 真成, 角 俊幸, 中野 雄介, 笠井 真理, 梶谷 耕二, 福田 武史, 橋口 裕紀, 尾崎 宏治, 吉田 裕之, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 本田 謙一, 石河 修

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   63 ( 3 )   359 - 361   2011年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.63.359

    CiNii Article

  • Extragastrointestinal stromal tumor originating from the vulva 査読

    Fukuda Takeshi, Sumi Toshiyuki, Nakano Yusuke, Morishita Masanari, Nobeyama Hiroyuki, Yoshida Hiroyuki, Matsumoto Yoshinari, Yasui Tomoyo, Honda Ken-Ichi, Ishiko Osamu

    ONCOLOGY LETTERS   2 ( 5 )   797 - 799   2011年( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2011.343

    PubMed

  • 不定愁訴に対する漢方的治療法

    福田 武史

    産婦人科の進歩   63 ( 1 )   73 - 73   2011年( ISSN:03708446

     詳細を見る

  • 当科における進行子宮頸癌に対する主治療前化学療法

    森下 真成, 角 俊幸, 中野 雄介, 笠井 真理, 梶谷 耕二, 福田 武史, 橋口 裕紀, 尾崎 宏治, 吉田 裕之, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 本田 謙一, 石河 修

    産婦人科の進歩   62 ( 4 )   450 - 450   2010年11月( ISSN:0370-8446

  • 成熟嚢胞性奇形腫と腫瘍マーカーについての検討

    松本 佳也, 月岡 美穂, 森下 真成, 中野 雄介, 梶谷 耕二, 笠井 真理, 吉田 裕之, 福田 武史, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸, 本田 謙一, 石河 修

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   28 ( 3 )   324 - 324   2010年06月( ISSN:1347-8559

  • 当科における子宮頸癌治療の現状

    森下 真成, 角 俊幸, 中野 雄介, 福田 武史, 吉田 裕之, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 本田 謙一, 石河 修

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   28 ( 3 )   325 - 325   2010年06月( ISSN:1347-8559

  • 卵巣粘液性腺癌の予後因子についての検討

    中野 雄介, 角 俊幸, 森下 真成, 福田 武史, 吉田 裕之, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 本田 謙一, 石河 修

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   28 ( 3 )   302 - 302   2010年06月( ISSN:1347-8559

  • 今月の臨床 性器脱診療の最前線 性器脱と排尿障害

    角 俊幸, 福田 武史, 石河 修

    臨床婦人科産科   63 ( 5 )   680 - 683   2009年05月( ISSN:03869865

     詳細を見る

  • 子宮筋腫に対する経腟超音波ガイド下経頸管的マイクロ波筋腫焼灼術 査読

    金岡 靖, 吉田 愛, 福田 武史, 梶谷 耕二, 石河 修

    日本産科婦人科學會雜誌   61 ( 5 )   2009年05月( ISSN:03009165

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Transcervical microwave myolysis for uterine myomas assisted by transvaginal ultrasonic guidance 査読

    KANAOKA Yasushi, YOSHIDA Chika, FUKUDA Takeshi, KAJITANI Koji, ISHIKO Osamu

    The journal of obstetrics and gynaecology research   35 ( 1 )   145 - 151   2009年02月( ISSN:13418076

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Transcervical microwave myolysis for uterine myomas assisted by transvaginal ultrasonic guidance 査読

    Kanaoka Yasushi, Yoshida Chika, Fukuda Takeshi, Kajitani Koji, Ishiko Osamu

    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH   35 ( 1 )   145 - 151   2009年02月( ISSN:1341-8076

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1447-0756.2008.00872.x

    PubMed

  • Multiple organ failure of tumor-bearing rabbits in cancer cachexia is caused by apoptosis of normal organ cells 査読

    Fukuda Takeshi, Sumi Toshiyuki, Nobeyama Hiroyuki, Yoshida Hiroyuki, Matsumoto Yoshinari, Yasui Tomoyo, Honda Ken-Ichi, Ishiko Osamu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY   34 ( 1 )   61 - 67   2009年01月( ISSN:1019-6439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo_00000129

  • Multiple organ failure of tumor-bearing rabbits in cancer cachexia is caused by apoptosis of normal organ cells. 査読

    Fukuda T, Sumi T, Nobeyama H, Yoshida H, Matsumoto Y, Yasui T, Honda K, Ishiko O

    International journal of oncology   34 ( 1 )   61 - 7   2009年01月( ISSN:1019-6439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Multiple organ failure of tumor-bearing rabbits in cancer cachexia is caused by apoptosis of normal organ cells 査読

    福田武史, 角 俊幸, 延山裕之, 吉田裕之, 松本佳也, 安井智代, 本田謙一, 石河 修

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY   ( 34 )   61 - 67   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Transcervical microwave myolysis for uterine myomas assisted by transvaginal ultrasonic guidance.

    Kanaoka Y, Yoshida C, Fukuda T, Kajitani K, Ishiko O

    The journal og obstetrics and gynaecology reserch   35 ( 1 )   145 - 151   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 当科における外来化学療法の現状と問題点 査読

    松本 佳也, 吉田 愛, 福田 武史, 梶谷 耕二, 田村 実穂, 吉田 裕之, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸, 本田 謙一, 金岡 靖, 石河 修

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   60 ( 2 )   123 - 125   2008年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.60.123

    CiNii Article

  • 当科における若年子宮頸癌の現況 査読

    福田 武史, 角 俊幸, 則行 麻衣子, 梶谷 耕二, 吉田 愛, 延山 裕之, 吉田 裕之, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 本田 謙一, 金岡 靖, 石河 修

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   59 ( 2 )   124 - 126   2007年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.59.124

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 当科における若年子宮頸癌の現況

    福田武史,角俊幸,則行麻衣子,梶谷耕二,吉田愛,延山裕之,吉田裕之,市村友季,松本佳也,安井智代,本田謙一,金岡靖,石河修

    産婦人科の進歩   59 ( 2 )   124 - 126   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 浸潤子宮頸癌に対する化学療法併用放射線治療の有効性と有害事象に関する検討

    福田武史,角俊幸,月岡美穂,則行麻衣子,三杉卓也,三杉史子,市村友季,松本佳也,安井智代,平井光三,本田謙一,金岡靖,石河修

    産婦人科の進歩   58 ( 1 )   45 - 47   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 浸潤子宮頸癌に対する化学療法併用放射線治療の有効性と有害事象に関する検討 査読

    福田 武史, 角 俊幸, 月岡 美穂, 則行 麻衣子, 三すぎ 卓也, 三すぎ 史子, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 平井 光三, 本田 謙一, 金岡 靖, 石河 修

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   58 ( 1 )   45 - 47   2006年( ISSN:03708446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.58.45

    CiNii Article

  • 悪性胚細胞腫瘍に対するBEP療法とBAP療法の臨床的比較 査読

    角 俊幸, 加藤 万紀子, 福田 武史, 北岡 美穂, 則行 麻衣子, 三〓 史子, 松本 佳也, 安井 智代, 本田 謙一, 石河 修

    日本婦人科腫瘍学会雑誌 = The journal of the Japan Society of Gynecologic Oncology   23 ( 1 )   13 - 18   2005年01月( ISSN:13478559

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 血栓症をきたした卵巣明細胞腺癌に関する臨床的検討

    北岡 美穂, 松本 佳也, 田原 三枝, 張 良実, 加藤 万紀子, 福田 武史, 則行 麻衣子, 三すぎ 卓也, 三すぎ 史子, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸, 平井 光三, 本田 謙一, 金岡 靖, 石河 修

    産婦人科の進歩   57 ( 2 )   164 - 167   2005年( ISSN:03708446

▼全件表示

書籍等出版物

  • G.腫瘍と類腫瘍 ⑤緩和ケア

    福田武史、角 俊幸( 担当: 共著)

    南江堂・産婦人科疾患最新の治療 2019-2021  2019年05月 

     詳細を見る

    担当ページ:268-270  

  • G.腫瘍と類腫瘍 ⑤緩和ケア

    福田武史, 角 俊幸( 担当: 単著)

    南江堂・産婦人科疾患最新の治療 2019-2021  2019年05月 

     詳細を見る

    担当ページ:268-270   著書種別:学術書  

  • 妊娠後骨粗鬆症

    福田武史、角 俊幸( 担当: 共著)

    医薬ジャーナル社・骨粗鬆症 骨脆弱性から転倒骨折防止の治療目標へ Total Careの重要性  2018年10月 

     詳細を見る

    担当ページ:87-88  

  • 妊娠後骨粗鬆症

    福田武史, 角 俊幸( 担当: 単著)

    医薬ジャーナル社・骨粗鬆症 骨脆弱性から転倒骨折防止の治療目標へ Total Careの重要性  2018年10月 

     詳細を見る

    担当ページ:87-88   著書種別:学術書  

  • 外陰および腟の感染症 ②バルトリン腺炎

    福田武史、角俊幸( 担当: 共著)

    金原出版株式会社・産婦人科感染症マニュアル  2018年02月 

  • 外陰および腟の感染症 ②バルトリン腺炎

    福田武史, 角俊幸( 担当: 単著)

    金原出版株式会社・産婦人科感染症マニュアル  2018年02月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 外陰および腟の感染症 ②バルトリン腺炎

    福田武史, 角俊幸( 担当: 共著)

    金原出版株式会社・産婦人科感染症マニュアル  2018年02月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 頻尿・尿失禁に悩む中高年女性のミカタ

    福田武史、角 俊幸、古山将康( 担当: 共著)

    メジカルビュー社・産婦人科へつなぐ日常診療での女性のミカタ  2016年08月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 頻尿・尿失禁に悩む中高年女性のミカタ

    福田武史, 角 俊幸, 古山将康( 担当: 単著)

    メジカルビュー社・産婦人科へつなぐ日常診療での女性のミカタ  2016年08月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 頻尿・尿失禁に悩む中高年女性のミカタ

    福田武史, 角 俊幸, 古山将康( 担当: 共著)

    メジカルビュー社・産婦人科へつなぐ日常診療での女性のミカタ  2016年08月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 頻尿・尿失禁に悩む中高年女性のミカタ

    ( 担当: 共著)

    メジカルビュー社・産婦人科へつなぐ日常診療での女性のミカタ  2016年08月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • Sirtuin1 expression predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer

    ( 担当: 共著 ,  範囲: 3巻 1号)

    Mol Clin Oncol  2015年01月 

     詳細を見る

    担当ページ:1  

  • 女性医学 女性性機能障害の管理は?

    福田武史、森村美奈、角俊幸( 担当: 共著)

    医学書院・診療ガイドライン婦人科外来編2014 改訂と追加のポイントを読み解く  2014年10月 

  • 女性医学 女性性機能障害の管理は?

    福田武史, 森村美奈, 角俊幸( 担当: 単著)

    医学書院・診療ガイドライン婦人科外来編2014 改訂と追加のポイントを読み解く  2014年10月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 【診療ガイドライン婦人科外来編2014 改訂と追加のポイントを読み解く】 女性医学 女性性機能障害の管理は?

    福田武史, 森村美奈, 角俊幸( 担当: 共著)

    医学書院  2014年10月 

  • 骨盤臓器脱(子宮全摘後の膣断端脱を含む)に対する治療法の選択

    福田武史、角 俊幸、石河 修( 担当: 共著 ,  範囲: 8巻)

    メジカルビュー社・OGS NOW 骨盤臓器脱(子宮全摘後の膣断端脱を含む)に対する治療法の選択  2011年11月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 骨盤臓器脱(子宮全摘後の膣断端脱を含む)に対する治療法の選択

    福田武史, 角 俊幸, 石河 修( 担当: 単著 ,  範囲: 8巻)

    メジカルビュー社・OGS NOW 骨盤臓器脱(子宮全摘後の膣断端脱を含む)に対する治療法の選択  2011年11月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 骨盤臓器脱(子宮全摘後の膣断端脱を含む)に対する治療法の選択

    福田武史, 角 俊幸, 石河 修( 担当: 共著 ,  範囲: 8巻)

    メジカルビュー社・OGS NOW 骨盤臓器脱(子宮全摘後の膣断端脱を含む)に対する治療法の選択  2011年11月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 骨盤臓器脱(子宮全摘後の膣断端脱を含む)に対する治療法の選択

    福田武史, 角 俊幸, 石河 修( 担当: 共著 ,  範囲: 8巻)

    メジカルビュー社 OGS NOW  2011年11月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 【Rare tumorの最新知識】卵巣腫瘍 小細胞癌

    福田 武史, 角 俊幸

    産婦人科の実際   70 ( 8 )   827 - 833   2021年08月( ISSN:0558-4728

     詳細を見る

    <文献概要>卵巣小細胞癌は高カルシウム血症型小細胞癌と肺型小細胞癌に分類され,それぞれ発生の異なるまったく別の腫瘍と考えられている。高カルシウム血症型小細胞癌に関してはSMARCA4遺伝子の変異が同定され分子生物学的特性の解明の糸口となっているが,いずれも非常に稀な腫瘍であるため,まだまだ不明な点が多い腫瘍である。治療法としては手術に引き続き様々な化学療法が行われるが症例数が少ないために臨床試験を行うことは困難であり,シスプラチンやエトポシドを用いた化学療法が行われ有効なこともあるが,まだ有効性の高い治療法は確立されていない。

  • 【Rare tumorの最新知識】卵巣腫瘍 小細胞癌

    福田 武史, 角 俊幸

    産婦人科の実際   70 ( 8 )   827 - 833   2021年08月( ISSN:0558-4728

     詳細を見る

    <文献概要>卵巣小細胞癌は高カルシウム血症型小細胞癌と肺型小細胞癌に分類され,それぞれ発生の異なるまったく別の腫瘍と考えられている。高カルシウム血症型小細胞癌に関してはSMARCA4遺伝子の変異が同定され分子生物学的特性の解明の糸口となっているが,いずれも非常に稀な腫瘍であるため,まだまだ不明な点が多い腫瘍である。治療法としては手術に引き続き様々な化学療法が行われるが症例数が少ないために臨床試験を行うことは困難であり,シスプラチンやエトポシドを用いた化学療法が行われ有効なこともあるが,まだ有効性の高い治療法は確立されていない。

  • 卵巣癌に対するPARP阻害薬 査読

    福田 武史

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   72 ( 1 )   50 - 52   2020年02月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 卵巣癌に対するPARP阻害薬 査読

    福田 武史

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   72 ( 1 )   50 - 52   2020年02月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 手術総論(解剖)、周術期管理

    福田 武史, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   37 ( 2 )   84 - 92   2019年04月( ISSN:1347-8559

  • 手術総論(解剖)、周術期管理 査読

    福田 武史, 角 俊幸

    (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌   37 ( 2 )   84 - 92   2019年04月( ISSN:1347-8559

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)について 査読

    福田 武史

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   70 ( 3 )   331 - 332   2018年08月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)について 査読

    福田 武史

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   70 ( 3 )   331 - 332   2018年08月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【診療ガイドライン婦人科外来編2014 改訂と追加のポイントを読み解く】 女性医学 女性性機能障害の管理は?

    -

    医学書院・臨床婦人科産科    68 ( 10 )   982 - 985   2014年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【診療ガイドライン婦人科外来編2014 改訂と追加のポイントを読み解く】女性医学 女性性機能障害の管理は?

    福田 武史, 森村 美奈, 角 俊幸

    臨床婦人科産科   68 ( 10 )   982 - 985   2014年10月( ISSN:0386-9865

     詳細を見る

    女性性機能障害の管理にあたり,まず性歴,既往歴,内服薬,手術歴,社会的背景などを含む問診により性機能障害の分類をする.性交疼痛障害に対しては,腟の潤い不足が原因の際は潤滑ゼリーの使用,エストロゲン欠乏が原因の際はエストロゲン投与を考慮する.性交疼痛障害以外の性機能障害の治療には専門的な知識,および十分な経験が必要である場合が多く,管理が困難と判断された際には,専門医受診を勧める.(著者抄録)

  • 【産婦人科オフィス診療指針-保険診療上の留意点を含めて】女性医学分野 尿失禁

    角 俊幸, 福田 武史, 石河 修

    産科と婦人科   79 ( Suppl. )   308 - 314   2012年04月( ISSN:0386-9792

  • 【産婦人科オフィス診療指針-保険診療上の留意点を含めて】女性医学分野 尿失禁 査読

    角 俊幸, 福田 武史, 石河 修

    (株)診断と治療社 産科と婦人科   79 ( Suppl. )   308 - 314   2012年04月( ISSN:0386-9792

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 骨盤臓器脱(子宮全摘後の膣断端脱を含む)に対する治療法の選択

    -

    株式会社メジカルビュー社・OGS NOW 8. 1版   2011年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 骨盤臓器脱(子宮全摘後の膣断端脱を含む)に対する治療法の選択 査読

    福田 武史

    株式会社メジカルビュー社・OGS NOW 8. 1版   2011年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 骨盤臓器脱(子宮全摘後の膣断端脱を含む)に対する治療法の選択 査読

    福田 武史

    株式会社メジカルビュー社・OGS NOW 8. 1版   2011年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 【日常診療でよくみる症状・病態-診断の指針・治療の指針-】女性生殖器の異常 帯下の異常

    角 俊幸, 福田 武史, 石河 修

    綜合臨床   60 ( 増刊 )   1133 - 1135   2011年05月( ISSN:0371-1900

  • 【日常診療でよくみる症状・病態-診断の指針・治療の指針-】女性生殖器の異常 帯下の異常 査読

    角 俊幸, 福田 武史, 石河 修

    (株)永井書店 綜合臨床   60 ( 増刊 )   1133 - 1135   2011年05月( ISSN:0371-1900

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【婦人科内分泌療法 病態の理解と正しい診断に基づく対処・治療のポイント】更年期・老年期 排尿障害

    角 俊幸, 福田 武史, 石河 修

    臨床婦人科産科   65 ( 4 )   578 - 583   2011年04月( ISSN:0386-9865

  • 【婦人科内分泌療法 病態の理解と正しい診断に基づく対処・治療のポイント】更年期・老年期 排尿障害 査読

    角 俊幸, 福田 武史, 石河 修

    (株)医学書院 臨床婦人科産科   65 ( 4 )   578 - 583   2011年04月( ISSN:0386-9865

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 不定愁訴に対する漢方的治療法

    -

    産婦人科の進歩   1 ( 63 )   73   2011年02月

     詳細を見る

  • 不定愁訴に対する漢方的治療法

    福田 武史

    産婦人科の進歩   63 ( 1 )   73 - 73   2011年02月( ISSN:0370-8446

  • 不定愁訴に対する漢方的治療法

    産婦人科の進歩   1 ( 63 )   73   2011年02月

  • 性器脱と排尿障害 (今月の臨床 性器脱診療の最前線)

    角 俊幸, 福田 武史, 石河 修

    臨床婦人科産科   63 ( 5 )   680 - 683   2009年05月( ISSN:0386-9865

     詳細を見る

  • Urogynecology (特集 Office Gynecologyの将来) -- (Office Gynecologyへの提唱)

    角 俊幸, 福田 武史, 石河 修

    産科と婦人科   75 ( 7 )   869 - 876   2008年07月( ISSN:0386-9792

  • 性器がんの化学療法とQOLの向上 (特集 婦人科手術とQOL)

    角 俊幸, 福田 武史, 石河 修

    産婦人科治療   94 ( 3 )   317 - 320   2007年03月( ISSN:0558-471X

▼全件表示

講演・口頭発表等