2024/04/30 更新

写真a

コメタニ ノリツグ
米谷 紀嗣
KOMETANI Noritsugu
担当
大学院工学研究科 物質化学生命系専攻 教授
工学部 化学バイオ工学科
職名
教授
所属
工学研究院
所属キャンパス
杉本キャンパス

担当・職階

  • 大学院工学研究科 物質化学生命系専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 工学部 化学バイオ工学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(理学) ( 京都大学 )

研究分野

  • ナノテク・材料 / 基礎物理化学  / 物理化学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 反応工学、プロセスシステム工学

  • ナノテク・材料 / 基礎物理化学  / 工業物理化学

研究キーワード

  • 高圧技術

  • 超臨界流体

研究概要

  • 亜臨界・超臨界流体の工学的利用に関する研究

研究歴

  • 高温高圧水中における光触媒反応

    光触媒、超臨界水、亜臨界水  個人研究

    2005年04月 

  • 難分解性有機汚染物質の触媒促進水熱酸化処理

    個人研究

    2013年04月 - 継続中 

  • 有機/無機複合ナノ微粒子

    ナノ微粒子、金属  個人研究

    1900年04月 

  • シアニン色素のJ凝集体に関する研究

    J凝集体、シアニン色素  機関内共同研究

    1900年04月 

  • 超臨界流体中における微粒子の合成

    超臨界流体、微粒子  機関内共同研究

    1900年04月 

所属学協会

  • 日本化学会

      国内

  • 化学工学会

  • 日本材料学会

      国内

  • 日本高圧力学会

      国内

委員歴(学外)

  • ポスター審査員   化学工学会  

    2024年03月 

  • 第63回高圧討論会 副実行委員長、兼、プログラム委員長   日本高圧力学会  

    2022年04月 - 2022年12月 

  • 近畿支部各賞推薦委員会委員   日本化学会  

    2022年04月 - 2022年07月 

  • 副編集委員長   日本高圧力学会編集委員会  

    2018年09月 - 2020年08月 

  • -   学会誌等の編集・審査委員会  

    2011年05月 

      詳細を見る

    The European Physical Journal - Applied Physics(論文査読)

  • 会誌編集委員   日本材料学会  

    2003年 - 継続中 

  • 高圧力部門委員会庶務幹事   日本材料学会  

    2001年 - 2003年 

▼全件表示

学歴

  • 京都大学   理学研究科   化学   博士課程   卒業・修了

    - 1997年

  • 京都大学   理学部   化学     卒業・修了

    - 1992年

論文

  • Enhancement of Hydrothermal Oxidation of Chlorobenzene by the Fenton-type Reaction Using Cu(II)-grafted Tungsten Trioxide Catalyst

    Yasuaki Sumiyoshi

    Chemistry Letters   42 ( 8 )   804 - 806   2013年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Photocatalytic Activity of TiO2 Nanoparticles in Hydrothermal and Supercritical Water

    K. Sugimoto, A. Fujita, Y. Yonezawa

    J. Chem. Eng. Jpn.   40 ( 6 )   463 - 467   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enhanced decomposition of toxic pollutants by underwater pulsed discharge in the presence of hydrogen peroxide and microbubbles 査読

    Matsuura Risako, Kometani Noritsugu, Horibe Hideo, Shirafuji Tatsuru

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   61 ( SA1003 )   2022年04月( ISSN:0021-4922

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.35848/1347-4065/ac2624

  • 触媒促進水熱酸化法による汚染水処理技術の開発 招待

    米谷 紀嗣

    フォトポリマー懇話会ニュースレター   90   7 - 9   2020年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 難分解性有機汚染物質を含む汚染水の触媒促進水熱酸化処理 査読

    米谷 紀嗣

    触媒   62 ( 3 )   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 難分解性有機汚染物質を含む汚染水の触媒促進水熱酸化処理 招待 査読

    米谷 紀嗣

    触媒   62 ( 3 )   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Development of Cu/Ni Binary Catalyst for Hydrothermal Oxidation of Refractory Compounds 査読

    N. Kometani, M. Narita

    Proceedings of 12th International Symposium on Supercritical Fluids   OI04   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Development of Cu/Ni Binary Catalyst for Hydrothermal Oxidation of Refractory Compounds 査読

    N. Kometani, M. Narita

    Proceedings of 12th International Symposium on Supercritical Fluids   OI04   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 第12回超臨界流体国際会議(12th International Symposium on Supercritical Fluids)参加報告 査読

    米谷 紀嗣

    日本高圧力学会 高圧力の科学と技術   28 ( 3 )   227 - 228   2018年( ISSN:0917-639X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.4131/jshpreview.28.227

    CiNii Article

  • WD-XRF Imaging With Polycapillary Optics Under Glancing Incidence Geometry

    Y. Takimoto, M. Yamanashi, S. Kato, T. Shoji, K. Tsuji

    Advances in X-ray Analysis   in press   2017年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • WD-XRF Imaging With Polycapillary Optics Under Glancing Incidence Geometry 査読

    Y. Takimoto, M. Yamanashi, S. Kato, T. Shoji, K. Tsuji

    Advances in X-ray Analysis   in press   2017年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sample Preparation for TXRF Analysis of Metal Particles in Used Machine Oils and Preliminary Research for Application of Principal Component Analysis 査読

    Tsuyoshi Matsuno, Yuri Tabuchi, Ryohei Hosomi, Takeshi Hasegawa, Kouichi Tsuji

    Advances in X-ray Analysis   in press   2017年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Photocatalytic Reduction of CO2 by Pt-Loaded TiO2 in the Mixture of Sub- and Supercritical Water and CO2 査読

    Shoutarou Hirata, Masashi Chikada

    J. Supercritical fluids   120   443 - 447   2017年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Photocatalytic Reduction of CO2 by Pt-Loaded TiO2 in the Mixture of Sub- and Supercritical Water and CO2

    Shoutarou Hirata, Masashi Chikada

    J. Supercritical fluids   120   443 - 447   2017年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sample Preparation for TXRF Analysis of Metal Particles in Used Machine Oils and Preliminary Research for Application of Principal Component Analysis

    Tsuyoshi Matsuno, Yuri Tabuchi, Ryohei Hosomi, Takeshi Hasegawa, Kouichi Tsuji

    Advances in X-ray Analysis   in press   2017年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Degradation of Hydrophilic Polymers in Aqueous Solution by Using Ozone Microbubble 査読

    Nishiyama Takashi, Matsuura Kohei, Sato Eriko, Kometani Noritsugu, Horibe Hideo

    JOURNAL OF PHOTOPOLYMER SCIENCE AND TECHNOLOGY   30 ( 3 )   285 - 289   2017年( ISSN:0914-9244

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Degradation of Hydrophilic Polymers in Aqueous Solution by Using Ozone Microbubble 査読

    Nishiyama Takashi, Matsuura Kohei, Sato Eriko, Kometani Noritsugu, Horibe Hideo

    JOURNAL OF PHOTOPOLYMER SCIENCE AND TECHNOLOGY   30 ( 3 )   285 - 289   2017年( ISSN:0914-9244

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • New developments of X-ray fluorescence imaging techniques in laboratory 査読

    Tsuji Kouichi, Matsuno Tsuyoshi, Takimoto Yuki, Yamanashi Masaki, Kometani Noritsugu, Sasaki Yuji C., Hasegawa Takeshi, Kato Shuichi, Yamada Takashi, Shoji Takashi, Kawahara Naoki

    SPECTROCHIMICA ACTA PART B-ATOMIC SPECTROSCOPY   113   43 - 53   2015年11月( ISSN:0584-8547

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.sab.2015.09.001

  • 酸化銅触媒を用いた水熱酸化法による有機塩素系汚染水の高度処理

    高見玲奈,中尾恭平

    混相流   29 ( 4 )   302 - 308   2015年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 酸化銅触媒を用いた水熱酸化法による有機塩素系汚染水の高度処理 査読

    高見玲奈,中尾恭平

    混相流   29 ( 4 )   302 - 308   2015年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • New developments of X-ray fluorescence imaging techniques in laboratory 査読

    K. Tsuji, T. Matsuno, Y. Takimotoa, M. Yamanashi, Y. Sasaki, T. Hasegawa, S. Kato, T. Yamada, T. Shoji, N. Kawahara

    Spectrochimica Acta Part B: Atomic   113   43 - 53   2015年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • New developments of X-ray fluorescence imaging techniques in laboratory

    K. Tsuji, T. Matsuno, Y. Takimotoa, M. Yamanashi, Y. Sasaki, T. Hasegawa, S. Kato, T. Yamada, T. Shoji, N. Kawahara

    Spectrochimica Acta Part B: Atomic   113   43 - 53   2015年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Preliminary experiment of X-ray diffraction imaging 査読

    Yamanashi Masaki, Kometani Noritsugu, Tsuji Kouichi

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS   355   272 - 275   2015年07月( ISSN:0168-583X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nimb.2015.02.049

  • 酸化銅触媒を用いたフェントン・水熱酸化法による汚染水高度処理技術

    -

    ケミカルエンジニアリング   60 ( 7 )   20 - 24   2015年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 酸化銅触媒を用いたフェントン・水熱酸化法による汚染水高度処理技術 査読

    米谷 紀嗣

    ケミカルエンジニアリング   60 ( 7 )   20 - 24   2015年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • In Situ Observations of Thermoreversible Gelation and Phase Separation of Agarose and Methylcellulose Solutions under High Pressure 査読

    Kometani Noritsugu, Tanabe Masahiro, Su Lei, Yang Kun, Nishinari Katsuyoshi

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B   119 ( 22 )   6878 - 6883   2015年06月( ISSN:1520-6106

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jpcb.5b03632

  • In Situ Observations of Thermoreversible Gelation and Phase Separation of Agarose and Methylcellulose Solutions under High Pressure 査読

    Masahiro Tanabe, Lei Su, Kun Yang, Katsuyoshi Nishinari

    J. Phys. Chem. B   119 ( 22 )   6878 - 6883   2015年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • In Situ Observations of Thermoreversible Gelation and Phase Separation of Agarose and Methylcellulose Solutions under High Pressure

    Masahiro Tanabe, Lei Su, Kun Yang, Katsuyoshi Nishinari

    J. Phys. Chem. B   119 ( 22 )   6878 - 6883   2015年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 共焦点型蛍光X 線分析法による置換めっきプロセスのモニタリング 査読

    北戸雄大,平野新太郎,辻 幸一

    X線分析の進歩   46   269 - 276   2015年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Preliminary experiment of X-ray diffraction imaging 査読

    Masaki Yamanashi, Kouichi Tsuji

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B   355   272 - 275   2015年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Preliminary experiment of X-ray diffraction imaging

    Masaki Yamanashi, Kouichi Tsuji

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B   355   272 - 275   2015年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 共焦点型蛍光X 線分析法による置換めっきプロセスのモニタリング

    北戸雄大,平野新太郎,辻 幸一

    X線分析の進歩   46   269 - 276   2015年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 酸化銅触媒を用いた水熱酸化法による有機塩素系汚染水の高度処理 査読

    米谷 紀嗣, 高見 玲奈, 中尾 恭平

    THE JAPANESE SOCIETY FOR MULTIPHASE FLOW 混相流   29 ( 4 )   302 - 308   2015年( ISSN:0914-2843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Catalytic hydrothermal oxidation of 4-chlorophenol (CP) has been examined using the slurry flow reactor system. The mixed suspension containing CP, hydrogen peroxide and Cu<sub>2</sub>O catalyst was reacted with pressure, temperature and flow rate controlled at 10 MPa, 100-200°C and 1.0-16.0 cm<sup>3</sup>/min, respectively. The remarkable enhancement of CP decomposition by Cu<sub>2</sub>O catalyst was observed at 133-166°C. The semi-quantitative analysis of hydroxyl radicals generated by catalytic hydrothermal oxidation using salicylic acid as a molecular probe revealed that the production of hydroxyl radical was substantially enhanced by Cu<sub>2</sub>O catalyst at the same temperature as the decomposition of CP was enhanced. It was thus indicated that hydroxyl radicals were formed by Fenton-like reaction with Cu<sup>+</sup> ions. It was also found that the degradation of CP was complete in less than 10 sec and that oxalic acid was produced as an intermediate.

    DOI: 10.3811/jjmf.29.302

    CiNii Article

  • High Pressure Study of Rotational Dynamics of Perylene and Sodium 8-methoxypyrene-1,3,6-trisulfonate in Imidazolium-Based Ionic Liquids 査読

    Kometani Noritsugu, Tai Atsuko

    JOURNAL OF SOLUTION CHEMISTRY   43 ( 9-10 )   1529 - 1538   2014年10月( ISSN:0095-9782

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10953-014-0166-3

  • クロロフェノールの水熱酸化分解に及ぼす酸化銅の触媒作用

    -

    材料   63 ( 9 )   674 - 678   2014年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • クロロフェノールの水熱酸化分解に及ぼす酸化銅の触媒作用 査読

    米谷 紀嗣

    材料   63 ( 9 )   674 - 678   2014年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • High Pressure Study of Rotational Dynamics of Perylene and Sodium 8-Methoxypyrene-1,3,6-Sulfonate in Imidazolium-based Ionic Liquids

    Atsuko Tai

    Journal of Solution Chemistry   43   1529 - 1538   2014年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • High Pressure Study of Rotational Dynamics of Perylene and Sodium 8-Methoxypyrene-1,3,6-Sulfonate in Imidazolium-based Ionic Liquids 査読

    Atsuko Tai

    Journal of Solution Chemistry   43   1529 - 1538   2014年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • In situ observation of heat- and pressure-induced gelation of methylcellulose by fluorescence measurement 査読

    Su L., Wang Z., Yang K., Minamikawa Y., Kometani N., Nishinari K.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF BIOLOGICAL MACROMOLECULES   64   409 - 414   2014年03月( ISSN:0141-8130

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijbiomac.2013.12.021

  • In situ observation of heat-and pressure-induced gelation of methylcellulose by fluorescence measurement 査読

    L. Su Z. Wang K. Yang Y. Minamikawa, K. Nishinari

    International Journal of Biological Macromolecules   64   409 - 414   2014年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • In situ observation of heat-and pressure-induced gelation of methylcellulose by fluorescence measurement

    L. Su Z. Wang K. Yang Y. Minamikawa, K. Nishinari

    International Journal of Biological Macromolecules   64   409 - 414   2014年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • クロロフェノールの水熱酸化分解に及ぼす酸化銅の触媒作用 査読

    米谷 紀嗣, 中尾 恭平, 本田 弘樹

    The Society of Materials Science, Japan 材料   63 ( 9 )   674 - 678   2014年( ISSN:0514-5163

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    It has been revealed that hydrothermal oxidation of persistent organochlorine substances is dramatically facilitated with the aid of Cu-based catalysts such as Cu-supported WO<sub>3</sub>, because the Fenton-type reaction catalyzed by Cu ions undergoes substantial acceleration under subcritical conditions of water at around 200~300℃, leading to the increased formation of hydroxyl radicals which possess a strong oxidative power. In this study, the catalytic hydrothermal oxidation of 4-chlorophenol with CuO or Cu<sub>2</sub>O has been examined using the slurry flow and catalyst packed-bed reactor systems. It is found that Cu<sub>2</sub>O has a remarkable catalytic activity for the hydrothermal oxidation of 4-chlorophenol compared with those of CuO and Cu-supported TiO<sub>2</sub>. The conversion of 4-chlorophenol reached nearly 100% at reaction temperatures around 130℃ when Cu<sub>2</sub>O was used as catalyst, indicating that it is possible to substantially reduce the reaction condition required for the complete decomposition of persistent organochlorine substances by the hydrothermal oxidation. The continuous treatment of 4-chlorophenol has been also conducted using the packed-bed reactor system with Cu<sub>2</sub>O. The results demonstrated that 4-chlorophenol could be degraded for up to 22 hours without significant loss of the catalytic activity.

    DOI: 10.2472/jsms.63.674

    CiNii Article

  • 高圧力下におけるイオン液体の溶媒和特性と二分子蛍光消光反応に関する分光学的研究

    南川善則

    高圧力の科学と技術   23 ( 4 )   332 - 338   2013年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 高圧力下におけるイオン液体の溶媒和特性と二分子蛍光消光反応に関する分光学的研究 査読

    南川善則

    高圧力の科学と技術   23 ( 4 )   332 - 338   2013年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Catalytic Hydrothermal Oxidation of p-Chlorophenol with Cu or Fe-Grafted TiO2. Enhanced Decomposition by Fenton-Type Reaction 査読

    Ai SHIMOKAWA, Hiroki HONDA,Kyohei NAKAO

    Journal of Chemical Engineering of Japan   46 ( 12 )   821 - 826   2013年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Catalytic Hydrothermal Oxidation of p-Chlorophenol with Cu or Fe-Grafted TiO2. Enhanced Decomposition by Fenton-Type Reaction

    Ai SHIMOKAWA, Hiroki HONDA,Kyohei NAKAO

    Journal of Chemical Engineering of Japan   46 ( 12 )   821 - 826   2013年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enhancement of Hydrothermal Oxidation of Chlorobenzene by the Fenton-type Reaction Using Cu(II)-grafted Tungsten Trioxide Catalyst 査読

    Kometani Noritsugu, Sumiyoshi Yasuaki

    The Chemical Society of Japan CHEMISTRY LETTERS   42 ( 8 )   804 - 806   2013年08月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The catalytic and photocatalytic hydrothermal oxidation of chlorobenzene has been examined at reaction temperatures ranging from 25 to 400 °C and at a fixed pressure of 30 MPa, using Cu(II)-grafted tungsten trioxide (Cu/WO<sub>3</sub>) as the catalyst and hydrogen peroxide as the oxidizing reagent. The decomposition efficiency of chlorobenzene is dramatically promoted with the aid of Cu/WO<sub>3</sub>, and approximately 100% decomposition efficiency has been achieved in the dark at a reaction temperature of 200 °C. It is proposed that the formation of hydroxyl radicals from hydrogen peroxide via the Fenton-type reaction catalyzed by Cu ions is subjected to substantial acceleration under subcritical conditions of water at around 200–300 °C, resulting in enhancement of the decomposition efficiency. Irradiation of catalysts with near-UV–visible light also facilitates the decomposition of chlorobenzene because of the photocatalytic action.

    DOI: 10.1246/cl.130313

    CiNii Article

  • Enhancement of Hydrothermal Oxidation of Chlorobenzene by the Fenton-type Reaction Using Cu(II)-grafted Tungsten Trioxide Catalyst 査読

    Yasuaki Sumiyoshi

    Chemistry Letters   42 ( 8 )   804 - 806   2013年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Catalytic Hydrothermal Oxidation of p-Chlorophenol with Cu or Fe-Grafted TiO2. Enhanced Decomposition by Fenton-Type Reaction 査読

    Shimokawa Ai, Honda Hiroki, Nakao Kyohei, Kometani Noritsugu

    The Society of Chemical Engineers, Japan JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN   46 ( 12 )   821 - 826   2013年( ISSN:0021-9592

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Catalytic hydrothermal oxidation of <i>p</i>-chlorophenol has been examined using two types of reactor systems, i.e., a flow-type reactor system in which the catalyst powder was suspended in the reaction mixtures and a fixed-bed reactor system in which the sintered catalyst was packed in the reactor. Cu- or Fe-grafted TiO<sub>2</sub> was employed as a catalyst and hydrogen peroxide was used as an oxidizing reagent. The decomposition efficiency of <i>p</i>-chlorophenol treated by the flow-type reactor system is considerably enhanced with the help of Cu-grafted TiO<sub>2</sub> at reaction temperatures around 200°C; whereas, little effect is observed at any temperature for Fe-grafted TiO<sub>2</sub>. It is suggested that the Fenton-type reaction catalyzed by Cu ions contained in the Cu-grafted TiO<sub>2</sub> and/or dissolved out in the solution undergoes substantial acceleration at high temperatures, leading to the increased generation of OH· radicals that can effectively oxidize <i>p</i>-chlorophenol. On the other hand, it appears that the Fe-ion-catalyzed Fenton reaction is suppressed in the hydrothermal environment. The prolonged treatment of <i>p</i>-chlorophenol using the fixed-bed reactor system, that is more suitable for practical use than the flow-type one, has also been performed with Cu-grafted TiO<sub>2</sub> catalyst at a reaction temperature of 200°C. The result demonstrates that it is possible to treat <i>p</i>-chlorophenol continuously for up to 36 h without significant loss of the catalytic activity.

    DOI: 10.1252/jcej.13we093

    CiNii Article

  • 高圧力下におけるイオン液体の溶媒和特性と二分子蛍光消光反応に関する分光学的研究 査読

    米谷 紀嗣, 南川 善則

    The Japan Society of High Pressure Science and Technology 高圧力の科学と技術   23 ( 4 )   332 - 338   2013年( ISSN:0917-639X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The solvation properties of some room-temperature ionic liquids (RTILs) and the solvent effect on bimolecular fluorescence quenching reaction have been examined at high pressures ranging from 0.1 to 300 MPa. It is found that Kamlet-Taft parameters (π<sup>*</sup>, β) are sensitive to the type of anions, but not so dependent on the type of imidazolium cations consisting of RTILs. The pressure dependence of microviscosity is found to obey the empirical power-law equation. It is revealed that the rate constant for bimolecular fluorescence quenching reaction is significantly higher than theoretical rate constant of diffusion estimated from microviscosity, suggesting the occurrence of microscopic free space within RTILs which may facilitate the solute diffusion.<br>

    DOI: 10.4131/jshpreview.23.332

    CiNii Article

  • 金属ナノ粒子の水熱合成

    -

    JASCO Report   11   11 - 16   2012年08月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • 金属ナノ粒子の水熱合成 査読

    米谷 紀嗣

    JASCO Report   11   11 - 16   2012年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • ITOナノ粒子のソルボサーマル合成と透明導電膜への応用 査読

    米谷 紀嗣, 藤井 雅也

    The Japan Society of High Pressure Science and Technology 高圧力の科学と技術 = The Review of high pressure science and technology   22 ( 2 )   129 - 134   2012年05月( ISSN:0917639X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      Indium tin oxide (ITO) nanoparticles have been synthesized from the mixed ethylene glycol solution of indium (III) chloride, tin (II) chloride and sodium hydroxide by the solvothermal process with the addition of oleylamine or oleic acid as a protective reagent. The x-ray diffraction patterns of particles synthesized at 250°C show that the ITO begins to be produced after the reaction duration of 6 h when oleylamine is added to the reaction solution, indicating a promoting effect on the ITO formation, whereas only indium oxyhydroxide is formed when oleic acid is used. The transmission electron microscopic observation has revealed that ITO nanoparticles obtained by the addition of oleylamine are monodisperse and their size increases from 4-5 nm to 50-60 nm with elongating reaction duration from 6 to 96 h. ITO thin films are prepared by the multiple deposition of a collodion membrane incorporating synthesized ITO nanoparticles on the glass substrate followed by sintering at 400-500°C. They exhibit a good transparency in the visible region and a specific resistivity as low as 1.0 Ω·cm.<br>

    DOI: 10.4131/jshpreview.22.129

    CiNii Article

  • 特集にあたって 査読

    米谷 紀嗣

    高圧力の科学と技術 = The Review of high pressure science and technology   22 ( 2 )   2012年05月( ISSN:0917639X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • ITOナノ粒子のソルボサーマル合成と透明導電膜への応用

    藤井雅也

    高圧力の科学と技術   22 ( 2 )   129 - 134   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ITOナノ粒子のソルボサーマル合成と透明導電膜への応用 査読

    藤井雅也

    高圧力の科学と技術   22 ( 2 )   129 - 134   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 302 水熱酸化法をベースにフェントン型促進酸化触媒を用いた難分解性有機化合物の処理(各種極限環境下での新物質の創製と物性評価,極限環境フォーラム) 査読

    米谷 紀嗣

    日本材料学会 学術講演会講演論文集   61   59 - 60   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 特集にあたって 査読

    松本 雅光, 米谷 紀嗣

    高圧力の科学と技術 = The Review of high pressure science and technology   21 ( 1 )   2011年02月( ISSN:0917639X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Effect of the Interaction between Molecular Exciton and Localized Surface Plasmon on the Spectroscopic Properties of Silver Nanoparticles Coated with Cyanine Dye J-Aggregates 査読

    Yoshida Akihito, Kometani Noritsugu

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C   114 ( 7 )   2867 - 2872   2010年02月( ISSN:1932-7447

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jp9081454

  • 402 高圧下におけるイオン液体の溶媒和特性と蛍光消光反応(極限環境下における溶液科学の展望,極限環境フォーラム) 査読

    米谷 紀嗣

    日本材料学会 学術講演会講演論文集   59   107 - 108   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Degradation of Chlorobenzene by the Hybrid Process of Supercritical Water Oxidation and TiO2 Photocatalysis 査読

    Shimokawa Ai, Kometani Noritsugu, Yonezawa Yoshiro

    SEPARATION SCIENCE AND TECHNOLOGY   45 ( 11 )   1538 - 1545   2010年( ISSN:0149-6395

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/01496395.2010.487458

  • Synthesis and Spectroscopic Studies of Composite Gold Nanorods with a Double-Shell Structure Composed of Spacer and Cyanine Dye J-Aggregate Layers 査読

    Yoshida Akihito, Uchida Naoko, Kometani Noritsugu

    LANGMUIR   25 ( 19 )   11802 - 11807   2009年10月( ISSN:0743-7463

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/la901431r

  • Tuning of the Spectroscopic Properties of Composite Nanoparticles by the Insertion of a Spacer Layer: Effect of Exciton-Plasmon Coupling 査読

    Yoshida Akihito, Yonezawa Yoshiro, Kometani Noritsugu

    LANGMUIR   25 ( 12 )   6683 - 6689   2009年06月( ISSN:0743-7463

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/la900169e

  • 水熱法による金属ナノ粒子合成法の開発 査読

    米谷 紀嗣, 寺西 健, 米澤 義朗

    The Society of Materials Science, Japan 材料   58 ( 6 )   481 - 485   2009年( ISSN:0514-5163

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Two different types of the high-temperature high-pressure reactor systems with one-line or two-line flow paths have been developed to examine the hydrothermal syntheses of metal nanoparticles. For the two-line reactor system, two kinds of reaction solutions could be quickly mixed at the Y-shaped junction inside the reactor under high-temperature high-pressure conditions. The aqueous solutions containing 1.5mM silver nitrate, 30 wt% polyvinylpyrrolidone and three different kinds of reducing agents (trisodium citrate, ethanol or acetone) were reacted at <I>T</I> = 200-350°C and <I>P</I> = 40MPa by the one-line reactor system. The finest silver nanoparticles with average diameter of about 15nm were obtained when trisodium citrate was used as the reducing agent. The bimetallic nanoparticles composed of silver and platinum have been synthesized with the one-line reactor system by using the mixed solution of silver nitrate and dihydrogen hexachloroplatinate (IV) as the starting material. The optical absorption spectra of the obtained bimetallic nanoparticles in the aqueous solutions indicated the spontaneous formation of the platinum-core silver-shell structure. It was demonstrated that smaller Ag nanoparticles with narrower size distribution could be synthesized when the two-line reactor system was used instead of the one-line reactor system under nearly identical experimental conditions.

    DOI: 10.2472/jsms.58.481

    CiNii Article

  • Absorption properties of the composite silver/dye nanoparticles in colloidal solutions 査読

    Lebedev V. S., Vitukhnovsky A. G., Yoshida A., Kometani N., Yonezawa Y.

    COLLOIDS AND SURFACES A-PHYSICOCHEMICAL AND ENGINEERING ASPECTS   326 ( 3 )   204 - 209   2008年09月( ISSN:0927-7757

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.colsurfa.2008.06.027

  • The formation of photolytic silver clusters in water/supercritical CO2 microemulsions 査読

    Kometani Noritsugu, Kaneko Masaki, Morita Takanori, Yonezawa Yoshiro

    COLLOIDS AND SURFACES A-PHYSICOCHEMICAL AND ENGINEERING ASPECTS   321 ( 1-3 )   301 - 307   2008年05月( ISSN:0927-7757

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.colsurfa.2008.02.005

  • Synthesis of N-doped titanium oxide by hydrothermal treatment 査読

    Kometani Noritsugu, Fujita Akiyo, Yonezawa Yoshiro

    JOURNAL OF MATERIALS SCIENCE   43 ( 7 )   2492 - 2498   2008年04月( ISSN:0022-2461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10853-007-2103-y

  • Preparation of colloidal silver nanoparticles using benzoin as a photoinitiator 査読

    Kometani Noritsugu, Kohara Yoshizumi, Yonezawa Yoshiro

    COLLOIDS AND SURFACES A-PHYSICOCHEMICAL AND ENGINEERING ASPECTS   313   43 - 46   2008年02月( ISSN:0927-7757

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.colsurfa.2007.04.070

  • Silver : dye composite nanoparticles as a building unit of molecular architecture 査読

    Yoshida Akihito, Kometani Noritsugu, Yonezawa Yoshiro

    COLLOIDS AND SURFACES A-PHYSICOCHEMICAL AND ENGINEERING ASPECTS   313   581 - 584   2008年02月( ISSN:0927-7757

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.colsurfa.2007.04.165

  • 102 金属ナノ粒子の水熱合成 : 複合粒子への応用(環境極限フォーラム) 査読

    米谷 紀嗣, 寺西 健, 築谷 寛之, 米澤 義朗

    日本材料学会 学術講演会講演論文集   57   3 - 4   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Photocatalytic degradation of chlorobenzene by TiO(2) in high-temperature and High-PressureWater 査読

    Kometani N., Inata S., Shimokawa A., Yonezawa Y.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PHOTOENERGY   2008年( ISSN:1110-662X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2008/512170

  • Photocatalytic activity of TiO2 nanoparticles in hydrothermal and supercritical water 査読

    Kometani Noritsugu, Sugimoto Kazumi, Fujita Akiyo, Yonezawa Yoshiro

    JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN   40 ( 6 )   463 - 467   2007年06月( ISSN:0021-9592

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Photocatalytic activity of TiO2 nanoparticles in hydrothermal and supercritical water 査読

    Kometani Noritsugu, Sugimoto Kazumi, Fujita Akiyo, Yonezawa Yoshiro

    JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN   40 ( 6 )   463 - 467   2007年06月( ISSN:0021-9592

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Photocatalytic Activity of TiO2 Nanoparticles in Hydrothermal and Supercritical Water 査読

    Kometani Noritsugu, Sugimoto Kazumi, Fujita Akiyo, Yonezawa Yoshiro

    The Society of Chemical Engineers, Japan JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN   40 ( 6 )   463 - 467   2007年( ISSN:0021-9592

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The photocatalytic reduction of Ag<SUP>+</SUP> ions by TiO<SUB>2</SUB> nanoparticles was examined in water under high-temperature high-pressure conditions of <I>T</I> = 25–400°C and <I>P</I> = 30 MPa. The analysis of the reaction by uv-vis absorption spectroscopy, the atomic absorption spectrometry, and TEM observations revealed that the efficient photocatalytic activity compared with that at room temperature remained even under hydrothermal and supercritical conditions. These results could open the way to new applications of TiO<SUB>2</SUB> under extreme environments which have never been explored before.

    DOI: 10.1252/jcej.40.463

    CiNii Article

  • Photocatalytic Activity of TiO2 Nanoparticles in Hydrothermal and Supercritical Water 査読

    K. Sugimoto, A. Fujita, Y. Yonezawa

    J. Chem. Eng. Jpn.   40 ( 6 )   463 - 467   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Spectroscopic properties of merocyanine mixed J-aggregate in wide temperature range 査読

    Yamaguchi Atsushi, Yoshida Akihito, Kometani Noritsugu, Yonezawa Yoshiro

    COLLOIDS AND SURFACES A-PHYSICOCHEMICAL AND ENGINEERING ASPECTS   284   217 - 222   2006年08月( ISSN:0927-7757

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.colsurfa.2005.11.043

  • Spectroscopic properties of persistence-type dye aggregate in wide temperature range 査読

    Yonezawa Yoshiro, Yamaguchi Atsushi, Kometani Noritsugu

    COLLOIDS AND SURFACES A-PHYSICOCHEMICAL AND ENGINEERING ASPECTS   284   223 - 228   2006年08月( ISSN:0927-7757

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.colsurfa.2006.01.004

  • Spectroscopic properties of the mixed J-aggregate of unsymmetric merocyanine dyes in wide temperature range 査読

    Yamaguchi Atsushi, Kometani Noritsugu, Yonezawa Yoshiro

    THIN SOLID FILMS   513 ( 1-2 )   125 - 135   2006年08月( ISSN:0040-6090

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tsf.2006.01.059

  • 極短パルスレーザー分光法による超臨界流体中のダイナミクス 査読

    米谷 紀嗣, 星原 悠司, Maroncelli Mark

    The Japan Society of High Pressure Science and Technology 高圧力の科学と技術 = The Review of high pressure science and technology   16 ( 2 )   113 - 119   2006年05月( ISSN:0917639X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Solvation dynamics and rotational relaxation in supercritical fluids have been examined using the techniques of the subpicosecond laser spectroscopy. The fluorescence up-conversion technique has been employed to detect the fluorescence anisotropy decay of coumarin 153 in supercritical CO<sub>2</sub> (310 K) and CHF<sub>3</sub> (302, 310 K) over a wide density range. The rotational correlation times in supercritical CHF<sub>3</sub> exhibit the remarkable increase at 0.6-0.7 times <i>ρ</i><sub>c</sub>, which implies that the local solvent density augmentation slows down the rotational dynamics in supercritical fluids. This conclusion is supported by computer simulations based on a 2-site model of fluoroform. The solvation dynamics of the probe 4-dimethylamino-4'-cyanostilbene have been measured in supercritical CHF<sub>3</sub> at 310 K using the optical Kerr-gated emission technique, which appears to have captured most (∼90%) of the dynamics occurring over the accessible density range between 1.4-2.0<i>ρ</i><sub>c</sub>. The measured spectral response exhibits a bimodal decay with ∼0.6 ps and ∼9 ps components and only a modest density dependence.

    DOI: 10.4131/jshpreview.16.113

    CiNii Article

  • Polar solvation and solvation dynamics in supercritical CHF3: Results from experiment and simulation 査読

    Kometani N, Arzhantsev S, Maroncelli M

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A   110 ( 10 )   3405 - 3413   2006年03月( ISSN:1089-5639

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jp0564694

  • 極短パルスレーザー分光を用いた高圧流体の研究(<特集>極限環境) 査読

    米谷 紀嗣, 原 公彦

    社団法人日本材料学会 材料   55 ( 3 )   248 - 253   2006年03月( ISSN:05145163

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2472/jsms.55.248

    CiNii Article

  • 極短パルスレーザー分光法による超臨界流体中のダイナミクス 査読

    Y. Hoshihara,M. Maroncelli

    高圧力の科学と技術   16 ( 2 )   113 - 119   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Spectroscopic properties of the mixed J-aggregate of unsymmetric merocyanine dyes in wide temperature range 査読

    A. Yamaguchi, Y. Yonezawa

    Thin Solid Films   513   125 - 135   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Spectroscopic properties of persistence-type dye aggregate in wide temperature range 査読

    Y. Yonezawa, A. Yamaguchi

    Colloids Surf. A   284 ( 285/ )   223 - 228   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Spectroscopic properties of merocyanine mixed J-aggregate in wide temperature range 査読

    米谷 紀嗣

    Collods Surf. A   284 ( 285/ )   217 - 222   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Polar Solvation and Solvation Dynamics in Supercritical CHF3: Results from Experiment and Simulation 査読

    S. Arzhantzev, M. Maroncelli

    J. Phys. Chem. A   110 ( 10 )   3405 - 3413   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 707 高温高圧水中における酸化チタンの光触媒活性と反応(極限環境フォーラム,一般セッション) 査読

    米谷 紀嗣

    日本材料学会 学術講演会講演論文集   55   183 - 184   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Spectroscopic properties of persistence-type dye aggregate in wide temperature range

    Y. Yonezawa, A. Yamaguchi

    Colloids Surf. A   284 ( 285/ )   223 - 228   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 極短パルスレーザー分光法による超臨界流体中のダイナミクス

    Y. Hoshihara,M. Maroncelli

    高圧力の科学と技術   16 ( 2 )   113 - 119   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Spectroscopic properties of merocyanine mixed J-aggregate in wide temperature range

    -

    Collods Surf. A   284 ( 285/ )   217 - 222   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Spectroscopic properties of the mixed J-aggregate of unsymmetric merocyanine dyes in wide temperature range

    A. Yamaguchi, Y. Yonezawa

    Thin Solid Films   513   125 - 135   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Polar Solvation and Solvation Dynamics in Supercritical CHF3: Results from Experiment and Simulation

    S. Arzhantzev, M. Maroncelli

    J. Phys. Chem. A   110 ( 10 )   3405 - 3413   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Photoreduction of silver ions in a colloidal titanium dioxide suspension 査読

    Yonezawa Y, Kometani N, Sakaue T, Yano A

    JOURNAL OF PHOTOCHEMISTRY AND PHOTOBIOLOGY A-CHEMISTRY   171 ( 1 )   1 - 8   2005年04月( ISSN:1010-6030

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jphotochem.2004.08.020

  • Exciton delocalization of the J-aggregate of oxacyanine dye and thiacyanine dye in LB films 査読

    Yonezawa Y, Yamaguchi A, Kometani N

    PHYSICA STATUS SOLIDI B-BASIC SOLID STATE PHYSICS   242 ( 4 )   803 - 806   2005年03月( ISSN:0370-1972

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/pssb.200460002

  • Spectroscopic properties of merocyanine J-aggregate in LB films 査読

    Yamaguchi A, Kometani N, Yonezawa Y

    PHYSICA STATUS SOLIDI B-BASIC SOLID STATE PHYSICS   242 ( 4 )   810 - 814   2005年03月( ISSN:0370-1972

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/pssb.200460004

  • Luminescence properties of the mixed J-aggregate of oxacyanine dye and thiacyanine dye. Formation of a persistence-type aggregate 査読

    Yamaguchi A, Kometani N, Yonezawa Y

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B   109 ( 4 )   1408 - 1414   2005年02月( ISSN:1520-6106

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jp0405557

  • Spectroscopic properties of merocyanine J-aggregate in LB films 査読

    A. Yamaguchi, Y. Yonezawa

    phys. stat. sol. (b)   242 ( 4 )   810–814   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Photoreduction of silver ions in a colloidal titanium dioxide suspension 査読

    Y. Yonezawa, T. Sakaue, A. Yano

    J. Photochem. Photobiol. A Chem.   171 ( 1 )   1 - 8   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Luminescence Properties of the Mixed J-Aggregate of Oxacyanine Dye and Thiacyanine Dye - Formation of Persistence-type Aggregate – 査読

    A. Yamaguchi, Y. Yonezawa

    J. Phys. Chem. B   109 ( 4 )   1409 - 1414   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Exciton delocalization of the J-aggregate of oxacyanine dye and thiacyanine dye in LB films 査読

    Y. Yonezawa, A. Yamaguchi

    phys. stat. sol. (b)   242 ( 4 )   803 - 806   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • LB膜中におけるメロシアニン色素凝集体の低温分光特性 査読

    米澤 義朗, 山口 敦, 吉田 晃人, 米谷 紀嗣

    THE SOCIETY OF PHOTOGRAPHY AND IMAGING OF JAPAN 日本写真学会誌   68 ( 2 )   31 - 32   2005年( ISSN:0369-5662

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Langmuir-Blodgett (LB) films incorporating two kinds of unsymmetrical merocyanine dyes (MC (X)/MC (Y) X, Y=O, S, Se) have been fabricated by using octadecane (OD) and arachidic methyl ester (AME) as the matrix molecules; MC (X);MC (Y): 0D;AME = (1-<I>x</I>);<I>x</I>: 1: 1. Absorption spectra of the MC (X) assembies and the mixed assemblies (MC (X)/MC (Y)) have been measured in wide temperature range <I>T</I>=6.0-293 K. The relationship between the absorption coefficient of the low-energy tail of the aggregate band and incident photon energy has been analyzed in the framework of the Urbach-Martienssen (UM) rule. It has been found that the steepness parameter a versus <I>T</I> plot for each x is useful for the classification of the types of the mixed aggregate.

    DOI: 10.11454/photogrst1964.68.Suppliment2_31

    CiNii Article

  • Exciton delocalization of the J-aggregate of oxacyanine dye and thiacyanine dye in LB films

    Y. Yonezawa, A. Yamaguchi

    phys. stat. sol. (b)   242 ( 4 )   803 - 806   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Luminescence Properties of the Mixed J-Aggregate of Oxacyanine Dye and Thiacyanine Dye - Formation of Persistence-type Aggregate &#8211;

    A. Yamaguchi, Y. Yonezawa

    J. Phys. Chem. B   109 ( 4 )   1409 - 1414   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Photoreduction of silver ions in a colloidal titanium dioxide suspension

    Y. Yonezawa, T. Sakaue, A. Yano

    J. Photochem. Photobiol. A Chem.   171 ( 1 )   1 - 8   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Spectroscopic properties of merocyanine J-aggregate in LB films

    A. Yamaguchi, Y. Yonezawa

    phys. stat. sol. (b)   242 ( 4 )   810&#8211;814   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Rotational Dynamics of Coumarin 153 in Supercritical Fluoroform

    Y. Hoshihara, Y. Yonezawa, O. Kajimoto, K. Hara, N. Ito

    J. Phys. Chem. A   108   9479 - 9483   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • UV Spectral Shift of Benzene in Sub- and Supercritical Water

    K. Takemiya, Y. Yonezawa, F. Amita, O. Kajimoto

    UV Spectral Shift of Benzene in Sub- and Supercritical Water   394 ( 42738 )   85 - 89   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CO2 reforming of CH4 over Ceria-supported Metal Catalysts

    K. Asami, X. Li, K. Fujimoto, Y. Koyama, A. Sakurama, et al.

    Catalysis Today   84 ( 42737 )   27 - 23   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Formation of Metal Particles and Thin Films by Photolysis of Metal Salts of Polysaccharide Derivatives

    Y. Yonezawa, M. Seki, T. Sakagami, H. Tanaka, S. Koyanagi

    Trans. Materials Res. Soc. Jpn   27   197 - 200   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Solvation Structure about 4-Dimethylamino(benzonitrile) in the Mixture of Supercritical CO2 and Methanol

    J. Okamoto, K. Asami, Y. Yonezawa

    J. Phys.: Condens. Matter   14   11437 - 11441   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Laser Flash Photolysis Study of the Photochemical Formation of Colloidal Ag Nanoparticles in the Presence of Benzophenone

    H. Doi, K. Asami, Y. Yonezawa

    Phys. Chem. Chem. Phys.   4   5142 - 5147   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Solvation Dynamics in a Microemulsion in Near-Critical Propane

    K. Bhattacharyya, K. Hara, Y. Uozu, O. Kajimoto

    Chem. Phys. Lett.   361 ( 42737 )   136 - 142   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ab Initio Calculation of the Torsional Potential in 2-Alkenylanthracene in the Ground and Excited States

    K. Sakata, K. Hara

    Chem. Phys. Lett.   344 ( 42737 )   185 - 192   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Preparation and Spectroscopic Properties of the J-aggregate of Anionic Cyanine Dyes in LB Films

    Y. Yonezawa, K. Asami, H. Nada, H. Kagotani, T. Uehigashi

    J. Soc. Photogr. Sci. Tech. Jpn. (Nippon Shashin Gakkaishi)   64 ( 4 )   234 - 241   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Absorption Spectra Simulation of Persistence-Type Cyanine Dye Aggregates in LB Films

    A. G. Vitukhnovsky, A. N. Lobanov, A. V. Pimenov, Y. Yonezawa

    Int. J. Mod. Phys. B   15   4017 - 4020   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Excitation Energy Transfer Between J-aggregates in Layer-by-Layer Alternate Assemblies

    Hiroyoshi Nakajima, Kenji Asami, Yoshiro Yonezawa

    J. Photochem. Photobiol. A: Chem.   143 ( 42769 )   161 - 167   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Absorption Spectra Simulation of Amalgamation-Type Cyanine Dye Aggregates in LB Films

    A. G. VITUKHNOVSKY, A. N. LOBANOV, A. PIMENOV, Y. YONEZAWA, N. KOMETANI, K. ASAMI, and J. YANO

    J. Lumin.   87   260 - 262   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • An Application of the Water/Supercritical CO2 Microemulsion to a Novel "Microreactor"

    -

    Chem. Lett.   2000 ( 6 )   682 - 683   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Preparation and Optical Absorption Spectra of Dye-Coated Au, Ag and Au/Ag Colloidal Nanoparticles in Aqueous Solutions and in Alternate Assemblies

    M. Tsubonishi, T. Fujita, K. Asami, Y. Yonezawa

    Langmuir   17 ( 3 )   578 - 580   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Luminescence Properties of the Mixed J-Aggregate of Two Kinds of Cyanine Dyes in Layer-by-Layer Alternate Assemblies

    N. Kometani, H. Nakajima, K. Asami, Y. Yonezawa, O. Kajimoto

    J. Phys. Chem. B   104 ( 41 )   9630 - 9637   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Luminescence Properties of the J-Aggregate of Cyanine Dyes in Multilayer Assemblies

    N. KOMETANI, H. NAKAJIMA, K. ASAMI, Y. YONEZAWA, I. G. SCHEBLYKIN, and A. G. VITUKHNOVSKY

    J. Lumin.   87   770 - 772   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Excited-state dynamics of the mixed J-Aggregate of two kinds of cyanine dyes in layer-by-layer alternate assemblies

    N. Kometani, H. Nakajima, K. Asami, Y. Yonezawa, O. Kajimoto

    Chem. Phys. Lett.   294 ( 6 )   619   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • High Pressure Studies on Excited Intramolecular Charge-Transfer Reactions and Solvation Dynamics

    K. Hara, N. Kometani

    Rev. High Pressure Sci.   7   1219 - 1221   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pressure Tuning of Solvent Relaxation Time for the Excited Intramolecular Charge-Transfer Kinetics in 4-(N, N-Dimethylamino)triphenylphosphine in Alcohol

    N. Kometani, O. Kajimoto, K. Hara

    J. Phys. Chem. A   101 ( 27 )   4916   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • High-Pressure Studies on the Excited-State Intramolecular Charge Transfer of 4-(N, N-Dimethylamino)triphenylphosphine in Alcohols

    Kimihiko HARA, Noritsugu KOMETANI, Okitsugu KAJIMOTO

    J. Phys. Chem.   100 ( 5 )   1488   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Picosecord Kinetics of the Excited State of 4-(N, N-Dimethyl-amino)triphenylphosphine at High Pressures

    K. Hara, N. Kometani, O. Kajimoto

    Chem. Phys. Lett.   225   381   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 高圧力の科学・技術事典 査読

    米谷紀嗣、他( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2022年11月  ( ISBN:978-4-254-10297-0

     詳細を見る

    総ページ数:443   担当ページ:328-331   著書種別:学術書  

  • 金属ナノ粒子の合成/構造制御とペースト化および最新応用展開

    米谷 紀嗣、米澤 徹、他( 担当: 共著)

    R&D支援センター  2020年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:354   担当ページ:57-69  

  • ベーシック物理化学

    原 公彦, 米谷 紀嗣, 藤村 陽( 担当: 単著)

    化学同人  2008年  ( ISBN:9784759811506

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • ベーシック物理化学

    原 公彦, 米谷 紀嗣, 藤村 陽( 担当: 単著)

    化学同人  2008年  ( ISBN:9784759811506

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

MISC(その他記事)

  • 金属ナノ粒子の水熱合成

    -

    Jasco report 超臨界最新技術特集   11   11 - 16   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 金属ナノ粒子の水熱合成 査読

    米谷 紀嗣

    Jasco report 超臨界最新技術特集   11   11 - 16   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 高温高圧水中の酸化チタンの光触媒活性 ―室温に匹敵する作用発揮―

    Y. Yonezawa

    セラミックス   42 ( 9 )   684 - 685   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 高温高圧水中の酸化チタンの光触媒活性 ―室温に匹敵する作用発揮― 査読

    Y. Yonezawa

    セラミックス   42 ( 9 )   684 - 685   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 極短パルスレーザー分光を用いた高圧流体の研究

    K. Hara

    材料   55 ( 3 )   248 - 253   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 極短パルスレーザー分光を用いた高圧流体の研究 査読

    K. Hara

    材料   55 ( 3 )   248 - 253   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 極短パルスレーザー分光法による超臨界流体中のダイナミクス 査読

    米谷紀嗣, 星原悠司, MARONCELLI Mark

    高圧力の科学と技術   16 ( 2 )   113 - 119   2006年( ISSN:1348-1940|0917-639X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.4131/jshpreview.16.113

    J-GLOBAL

  • 極短パルスレーザー分光を用いた高圧流体の研究 査読

    米谷紀嗣, 原公彦

    材料   55 ( 3 )   248 - 253   2006年( ISSN:1880-7488|0514-5163

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.2472/jsms.55.248

    J-GLOBAL

  • 超臨界二酸化炭素/メタノール混合流体中における4-ジメチルアミノベンゾニトリル(DMABN)の溶媒和構造

    米澤義朗

    Jasco Report超臨界最新技術特集   5   20 - 23   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • Photochemical Formation of Metal Nanoparticles

    Y. Yonezawa

    Research Advances in Photochemistry and Photobiology, Global Research Network   1   105 - 128   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルジョンを反応場とした貴金属微粒子の合成

    米澤義朗

    Jasco Report 超臨界最新技術特集第4号   45 - 52   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • ゾル・ゲル法によるチタニア担持遷移金属触媒の合成と水熱酸化法への応用 国内会議

    畑下 拓未、米谷 紀嗣

    化学工学会第89年会  2024年03月  化学工学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪府堺市  

  • 再沈法を応用したペリレンナノ結晶の粒子径制御 国内会議

    山領 天太、米谷 紀嗣

    化学工学会第89年会  2024年03月  化学工学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪府堺市  

  • 銅ニッケル複合酸化物ナノ粒子の超臨界水熱合成 国内会議

    佐藤 伊吹、米谷 紀嗣

    第64回高圧討論会  2023年11月  日本高圧力学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉県柏市  

  • 蛍光色素を利用したタンパク質圧力変性の分析 国内会議

    岡崎 佑亮、米谷 紀嗣

    第64回高圧討論会  2023年11月  日本高圧力学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉県柏市  

  • 1,4-ジオキサンの水熱酸化分解における酸素の影響 国内会議

    佐原 弘樹、米谷 紀嗣

    第64回高圧討論会  2023年11月  日本高圧力学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉県柏市  

  • Cu触媒を用いた有機汚染物質の水熱酸化分解に関する反応機構解明と速度論解析 国内会議

    石橋 柚佳、米谷 紀嗣

    第13回CSJ化学フェスタ2022  2023年10月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都江戸川区  

  • SYPRO Orangeの蛍光を利用したタンパク質圧力変性の分析 国内会議

    岡崎 佑亮、米谷 紀嗣

    日本化学会第103春季年会  2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉県野田市  

  • 有機汚染物質の触媒促進水熱酸化分解に関する速度論的解析 国内会議

    石橋 柚佳、米谷 紀嗣

    日本化学会第103春季年会  2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉県野田市  

  • ダイヤモンドアンビルセルを用いた高圧力下での増粘多糖類のゲル化メカニズムのその場観察 国内会議

    飯塚 修平、米谷 紀嗣

    第63回高圧討論会  2022年12月  日本高圧力学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪府茨木市  

  • 難分解性有機物質の水熱酸化分解に用いるCu-Ni二元系触媒の開発 国内会議

    小林 有輝、米谷 紀嗣

    第63回高圧討論会  2022年12月  日本高圧力学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪府茨木市  

  • Cu-Ni, Cu-Mo, Cu-Rh/Al2O3触媒を使用した触媒促進水熱酸化法による1,4-ジオキサンの高効率分解 国内会議

    古賀 陸朗、米谷 紀嗣

    第12回CSJ化学フェスタ2022  2022年10月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都江戸川区  

  • Cu-Ni、Cu-Mo、Cu-Rh触媒を用いた1,4-ジオキサンの水熱酸化分解に対する温度・圧力の影響 国内会議

    古賀 陸朗、米谷 紀嗣

    日本化学会第102春季年会  2022年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  • Cu/Ni二元系触媒を用いた有機汚染物質の水熱酸化分解処理のフィージビリティスタディ 国内会議

    石橋 柚佳、米谷 紀嗣

    日本化学会第102春季年会  2022年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  • ジェランガムのゾル・ゲル相転移における温度・圧力効果 国内会議

    飯塚 修平, 米谷 紀嗣

    第11回CSJ化学フェスタ  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Cu-Ni二元触媒を用いた3,4-ジクロロフェノールの水熱酸化分解における担体の影響 国内会議

    小林 有輝, 米谷 紀嗣

    第11回CSJ化学フェスタ  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 3,4-ジクロロフェノールの水熱酸化分解に対する 4d 遷移金属の触媒作用 国内会議

    古賀 陸朗, 米谷 紀嗣

    第11回CSJ化学フェスタ   2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ガス膨張液体中における電荷移動錯体の形成と温度・圧力効果 国内会議

    林 優真、米谷 紀嗣

    日本化学会 第101春季年会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Enhanced decomposition of toxic pollutants by underwater pulsed discharge in the presence of hydrogen peroxide or microbubbles 国内会議

    R. Matsuura, N. Kometani, H. Horibe, T. Shirafuji

    ISPlasma2021/IC-PLANTS2021  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • セルロースの光触媒ガス化および水熱ガス化 国内会議

    米谷紀嗣

    第83 回オープン・ラボラトリー  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 4-クロロフェノールの水熱酸化分解における共存物質の影響 国内会議

    秋庭 大器、米谷 紀嗣

    化学工学会第51回秋季大会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水中パルス放電によるヒドロキシラジカルの生成と 有害汚染物質の分解 国内会議

    松浦 理紗子、米谷 紀嗣

    化学工学会第51回秋季大会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • フェノールの水熱酸化分解における鉄系材料の触媒効果 国内会議

    川上 貴史、米谷 紀嗣

    化学工学会第51回秋季大会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 粘性蛍光プローブを用いた高分子水溶液のゾル-ゲル相転移の研究 国内会議

    大上 尚紀、米谷 紀嗣

    化学工学会第51回秋季大会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 実用化に向けた難分解性有機物質の水熱酸化処理技術の開発 国内会議

    鳥井晃平,米谷紀嗣

    第60回高圧討論会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 水熱酸化とオゾン酸化を併用した難分解性有機物質の分解処理 国内会議

    山中優和,米谷紀嗣

    第60回高圧討論会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 蛍光色素を用いたジェランガムのゾル・ゲル相転移の研究 国内会議

    三浦遼,米谷紀嗣

    第9回CSJ化学フェスタ  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 金属担持酸化チタンを用いたセルロースの光触媒ガス化 国内会議

    米谷紀嗣,青木優武

    化学工学会第84年会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 金属担持酸化チタンを用いたセルロースの光触媒ガス化 国内会議

    米谷紀嗣,青木優武

    化学工学会第84年会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • メチルセルロース及びヒドロキシプロピルメチルセルロース水溶液でのゾル-ゲル相転移における圧力・濃度効果 国内会議

    上田真久,米谷紀嗣

    第59回高圧討論会  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • メチルセルロース及びヒドロキシプロピルメチルセルロース水溶液でのゾル-ゲル相転移における圧力・濃度効果 国内会議

    上田真久,米谷紀嗣

    第59回高圧討論会  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • フェントン水熱酸化法による難分解性有機物質の分解処理のベンチスケール試験 国内会議

    鳥井晃平,米谷紀嗣

    第59回高圧討論会  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • フェントン水熱酸化法による難分解性有機物質の分解処理のベンチスケール試験 国内会議

    鳥井晃平,米谷紀嗣

    第59回高圧討論会  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 金属担持二酸化チタンによるセルロースを犠牲剤に用いた光触媒水素発生 国内会議

    青木優武,米谷紀嗣

    第8回CSJ化学フェスタ  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 金属担持二酸化チタンによるセルロースを犠牲剤に用いた光触媒水素発生 国内会議

    青木優武,米谷紀嗣

    第8回CSJ化学フェスタ  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • オゾンを酸化剤とする汚染水の水熱酸化処理 国内会議

    山中優和,小林健吾,米谷紀嗣

    第8回CSJ化学フェスタ  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • オゾンを酸化剤とする汚染水の水熱酸化処理 国内会議

    山中優和,小林健吾,米谷紀嗣

    第8回CSJ化学フェスタ  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Development of Cu/Ni Binary Catalyst for Hydrothermal Oxidation of Refractory Compounds 国際会議

    N. Kometani, M. Narita

    12th International Symposium on Supercritical Fluids  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Development of Cu/Ni Binary Catalyst for Hydrothermal Oxidation of Refractory Compounds 国内会議

    N. Kometani, M. Narita

    12th International Symposium on Supercritical Fluids  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • セルロースを犠牲剤とする白金担持二酸化チタンによる光触媒水素発生 国内会議

    青木優武,米谷紀嗣

    化学工学会第83年会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • PEG修飾緑色蛍光タンパク質の回転緩和による多糖類のゾル・ゲル相転移の研究 国内会議

    三浦遼,山崎真代,米谷紀嗣

    日本化学会第98春季年会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • PEG修飾緑色蛍光タンパク質の回転緩和による多糖類のゾル・ゲル相転移の研究 国内会議

    三浦遼,山崎真代,米谷紀嗣

    日本化学会第98春季年会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • セルロースを犠牲剤とする白金担持二酸化チタンによる光触媒水素発生 国内会議

    青木優武,米谷紀嗣

    化学工学会第83年会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 超臨界水中における芳香族塩素化合物の吸収スペクトルのその場測定 国内会議

    平田章太郎,山本佳奈,米谷紀嗣

    第58回高圧討論会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 高圧下におけるメチルセルロース及びヒドロキシプロピルメチルセル ロースのゾルーゲル相転移 国内会議

    上田真久,田辺誠浩,米谷紀嗣

    第58回高圧討論会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 超臨界水中における芳香族塩素化合物の吸収スペクトルのその場測定 国内会議

    平田章太郎,山本佳奈,米谷紀嗣

    第58回高圧討論会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高圧下におけるメチルセルロース及びヒドロキシプロピルメチルセル ロースのゾルーゲル相転移 国内会議

    上田真久,田辺誠浩,米谷紀嗣

    第58回高圧討論会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 難分解性有機汚染物質の水熱酸化を促進するCu-Ni触媒の開発 国内会議

    成田 正彰,米谷 紀嗣

    化学工学会第49回秋季大会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水熱酸化法とオゾン処理法の複合プロセスによる汚染水処理技術の開発 国内会議

    小林健吾,米谷紀嗣

    化学工学会第49回秋季大会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水熱酸化法とオゾン処理法の複合プロセスによる汚染水処理技術の開発 国内会議

    小林健吾,米谷紀嗣

    化学工学会第49回秋季大会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 難分解性有機汚染物質の水熱酸化を促進するCu-Ni触媒の開発 国内会議

    成田 正彰,米谷 紀嗣

    化学工学会第49回秋季大会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水熱酸化法とオゾン分解法の複合プロセスによる高度汚染水処理 国内会議

    米谷 紀嗣

    日本化学会第97春季年会  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水熱酸化法とオゾン分解法の複合プロセスによる高度汚染水処理 国内会議

    -

    日本化学会第97春季年会  2017年03月 

  • 緑色蛍光タンパク質の回転緩和を用いたカラギーナンのゾル-ゲル転移の研究 国内会議

    米谷 紀嗣

    第6回CSJ化学フェスタ2016  2016年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 緑色蛍光タンパク質の回転緩和を用いたカラギーナンのゾル-ゲル転移の研究 国内会議

    -

    第6回CSJ化学フェスタ2016  2016年11月 

  • 有機汚染物質の水熱酸化処理に用いられる Cu-Ni 二元系触媒の開発 国内会議

    -

    第57回高圧討論会  2016年10月 

  • 高温高圧水中での紫外可視光照射による CO2 光触媒還元 国内会議

    米谷 紀嗣

    第57回高圧討論会  2016年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水熱酸化法とオゾン酸化法のハイブリッド化による難分解性有機物の高度処理 国内会議

    米谷 紀嗣

    第57回高圧討論会  2016年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 有機汚染物質の水熱酸化処理に用いられる Cu-Ni 二元系触媒の開発 国内会議

    米谷 紀嗣

    第57回高圧討論会  2016年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高温高圧水中での紫外可視光照射による CO2 光触媒還元 国内会議

    -

    第57回高圧討論会  2016年10月 

  • 水熱酸化法とオゾン酸化法のハイブリッド化による難分解性有機物の高度処理 国内会議

    -

    第57回高圧討論会  2016年10月 

  • キャビテーションをベースとした複合プロセスによる難分解性有機物分解処理 国内会議

    -

    化学工学会 第48回秋季大会  2016年09月 

  • 超臨界水・二酸化炭素混合流体中での二酸化炭素光触媒還元 国内会議

    米谷 紀嗣

    光化学討論会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • キャビテーションをベースとした複合プロセスによる難分解性有機物分解処理 国内会議

    米谷 紀嗣

    化学工学会 第48回秋季大会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 超臨界水・二酸化炭素混合流体中での二酸化炭素光触媒還元 国内会議

    -

    光化学討論会  2016年09月 

  • 高温高圧下での水を還元剤とする白金担持酸化チタン によるCO2光触媒還元 国内会議

    米谷 紀嗣

    化学工学会第81年会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 緑色蛍光タンパク質の回転緩和によるカラギーナンのゾル-ゲル転移の研究 国内会議

    米谷 紀嗣

    日本化学会第96春季年会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • キャビテーションをベースとした複合プロセスによる 3,4-ジクロロフェノール分解処理 国内会議

    米谷 紀嗣

    日本化学会第96春季年会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高温高圧下での水を還元剤とする白金担持酸化チタン によるCO2光触媒還元 国内会議

    -

    化学工学会第81年会  2016年03月 

  • キャビテーションをベースとした複合プロセスによる 3,4-ジクロロフェノール分解処理 国内会議

    -

    日本化学会第96春季年会  2016年03月 

  • 緑色蛍光タンパク質の回転緩和によるカラギーナンのゾル-ゲル転移の研究 国内会議

    -

    日本化学会第96春季年会  2016年03月 

  • 亜臨界水中のフェントン型反応による有機塩素化合物の酸化分解の反応機構 国際会議

    -

    AIChE 2015年会  2015年11月 

  • 亜臨界水中のフェントン型反応による有機塩素化合物の酸化分解の反応機構 国内会議

    米谷 紀嗣

    AIChE 2015年会  2015年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 亜臨界・超臨界水とCO2混合流体中における白金担持酸化チタンによるCO2光触媒還元 国内会議

    米谷 紀嗣

    超臨界流体国際会議  2015年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 亜臨界・超臨界水とCO2混合流体中における白金担持酸化チタンによるCO2光触媒還元 国際会議

    -

    超臨界流体国際会議  2015年10月 

  • 難分解性有機塩素化合物の水熱酸化反応を促進するフェントン型触媒の開発 国内会議

    米谷 紀嗣

    日本化学会 第95春季年会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 超臨界水/CO2混合流体中でのCO2光触媒還元 国内会議

    米谷 紀嗣

    化学工学会 第80年会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • フェントン法と水熱酸化法の複合プロセスによる難分解性有機汚染水の高度処理 国内会議

    米谷 紀嗣

    日本化学会 第95春季年会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • カラギーナンヒドロゲル中での緑色蛍光タンパク質の回転緩和 国内会議

    米谷 紀嗣

    日本化学会 第95春季年会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 超臨界水/CO2混合流体中でのCO2光触媒還元 国内会議

    -

    化学工学会 第80年会  2015年03月 

  • カラギーナンヒドロゲル中での緑色蛍光タンパク質の回転緩和 国内会議

    -

    日本化学会 第95春季年会  2015年03月 

  • フェントン法と水熱酸化法の複合プロセスによる難分解性有機汚染水の高度処理 国内会議

    -

    日本化学会 第95春季年会  2015年03月 

  • 難分解性有機塩素化合物の水熱酸化反応を促進するフェントン型触媒の開発 国内会議

    -

    日本化学会 第95春季年会  2015年03月 

  • 高圧力下における多糖類水溶液のゾル―ゲル相転移 国内会議

    -

    高圧討論会  2014年11月 

  • 高圧力下における多糖類水溶液のゾル―ゲル相転移 国内会議

    米谷 紀嗣

    高圧討論会  2014年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 亜臨界水中のフェントン型反応による有機塩素化合物の酸化分解における反応機構解析 国内会議

    米谷 紀嗣

    高圧討論会  2014年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • フェントン-水熱酸化ハイブリッド法による汚染水処理法の開発 国内会議

    米谷 紀嗣

    高圧討論会  2014年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • イオン液体中の分子回転ダイナミクスに対する圧力効果 国内会議

    米谷 紀嗣

    高圧討論会  2014年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高温高圧水中における二酸化炭素の光触媒還元反応 国内会議

    米谷 紀嗣

    高圧討論会  2014年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • イオン液体中の分子回転ダイナミクスに対する圧力効果 国内会議

    -

    高圧討論会  2014年11月 

  • フェントン-水熱酸化ハイブリッド法による汚染水処理法の開発 国内会議

    -

    高圧討論会  2014年11月 

  • 亜臨界水中のフェントン型反応による有機塩素化合物の酸化分解における反応機構解析 国内会議

    -

    高圧討論会  2014年11月 

  • 高温高圧水中における二酸化炭素の光触媒還元反応 国内会議

    -

    高圧討論会  2014年11月 

  • 亜臨界水中のフェントン型反応による有機塩素化合物の酸化分解 国内会議

    -

    化学工学会 第46回秋季大会  2014年09月 

  • 亜臨界水中のフェントン型反応による有機塩素化合物の酸化分解 国内会議

    米谷 紀嗣

    化学工学会 第46回秋季大会  2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高温高圧水中でのCO2光触媒還元 国内会議

    米谷 紀嗣

    日本化学会春季年会(名古屋大学)  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高圧力下におけるメチルセルロース溶液のゾル-ゲル相転移 国内会議

    米谷 紀嗣

    日本化学会春季年会(名古屋大学)  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 酸化銅触媒による水熱酸化の促進と反応機構の解明 国内会議

    米谷 紀嗣

    化学工学会年会(岐阜大学)  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 酸化銅触媒による水熱酸化の促進と反応機構の解明 国内会議

    -

    化学工学会年会(岐阜大学)  2014年03月 

  • 高圧力下におけるメチルセルロース溶液のゾル-ゲル相転移 国内会議

    -

    日本化学会春季年会(名古屋大学)  2014年03月 

  • 高温高圧水中でのCO2光触媒還元 国内会議

    -

    日本化学会春季年会(名古屋大学)  2014年03月 

  • 多糖類水溶液のゾル-ゲル相転移における圧力効果 国内会議

    -

    高圧討論会(新潟)  2013年10月 

  • 銅触媒を用いたp-クロロフェノールの水熱酸化分解 国内会議

    米谷 紀嗣

    高圧討論会(新潟)  2013年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 酸化銅(Ⅰ)の触媒作用によるクロロフェノールの水熱酸化分解の向上 国内会議

    米谷 紀嗣

    高圧討論会(新潟)  2013年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多糖類水溶液のゾル-ゲル相転移における圧力効果 国内会議

    米谷 紀嗣

    高圧討論会(新潟)  2013年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 酸化銅(Ⅰ)の触媒作用によるクロロフェノールの水熱酸化分解の向上 国内会議

    -

    高圧討論会(新潟)  2013年10月 

  • 銅触媒を用いたp-クロロフェノールの水熱酸化分解 国内会議

    -

    高圧討論会(新潟)  2013年10月 

  • クロロフェノールの水熱酸化分解のフェントン型反応による促進 国内会議

    米谷 紀嗣

    化学工学会第45回秋季大会(岡山大学)  2013年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • クロロフェノールの水熱酸化分解のフェントン型反応による促進 国内会議

    -

    化学工学会第45回秋季大会(岡山大学)  2013年09月 

  • 高圧力下における室温イオン液体の分子回転緩和 国際会議

    -

    溶液化学国際会議(京都)  2013年07月 

  • 高圧力下における室温イオン液体の分子回転緩和 国内会議

    米谷 紀嗣

    溶液化学国際会議(京都)  2013年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 銅担持酸化チタンを触媒に用いたクロロフェノールの水熱酸化分解 国内会議

    米谷 紀嗣

    化学工学会年会(大阪大学)  2013年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 酸化銅(Ⅰ)および酸化銅(Ⅱ)を触媒とするクロロフェノールの水熱酸化分解 国内会議

    米谷 紀嗣

    化学工学会年会(大阪大学)  2013年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 超臨界エタノールを用いた銅・銀合金ナノ粒子のソルボサーマル法による合成 国内会議

    米谷 紀嗣

    化学工学会年会(大阪大学)  2013年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 亜臨界水処理による劣化食用油の再生 国内会議

    米谷 紀嗣

    化学工学会年会(大阪大学)  2013年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • クロロフェノールの水熱酸化分解における銅担持酸化チタンの触媒作用 国内会議

    米谷 紀嗣

    日本化学会春季年会(立命館大学)  2013年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • クロロフェノールの水熱酸化分解における酸化銅(Ⅰ)および酸化銅(Ⅱ)の触媒作用 国内会議

    米谷 紀嗣

    日本化学会春季年会(立命館大学)  2013年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アガロース水溶液でのゾル-ゲル相転移における圧力効果 国内会議

    米谷 紀嗣

    日本化学会春季年会(立命館大学)  2013年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 亜臨界水処理による劣化食用油の再生 国内会議

    -

    化学工学会年会(大阪大学)  2013年03月 

  • 銅担持酸化チタンを触媒に用いたクロロフェノールの水熱酸化分解 国内会議

    -

    化学工学会年会(大阪大学)  2013年03月 

  • 超臨界エタノールを用いた銅・銀合金ナノ粒子のソルボサーマル法による合成 国内会議

    -

    化学工学会年会(大阪大学)  2013年03月 

  • 酸化銅(Ⅰ)および酸化銅(Ⅱ)を触媒とするクロロフェノールの水熱酸化分解 国内会議

    -

    化学工学会年会(大阪大学)  2013年03月 

  • アガロース水溶液でのゾル-ゲル相転移における圧力効果 国内会議

    -

    日本化学会春季年会(立命館大学)  2013年03月 

  • クロロフェノールの水熱酸化分解における銅担持酸化チタンの触媒作用 国内会議

    -

    日本化学会春季年会(立命館大学)  2013年03月 

  • クロロフェノールの水熱酸化分解における酸化銅(Ⅰ)および酸化銅(Ⅱ)の触媒作用 国内会議

    -

    日本化学会春季年会(立命館大学)  2013年03月 

  • セルロースの水熱ガス化におけるルテニウム担持酸化チタンの触媒効果 国内会議

    -

    高圧討論会(大阪大学)  2012年11月 

  • 高温高圧水中での銅担持酸化チタンによるクロロフェノールの高度分解処理 国内会議

    米谷 紀嗣

    高圧討論会(大阪大学)  2012年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高圧下におけるイオン液体中の分子回転緩和(2) 国内会議

    米谷 紀嗣

    高圧討論会(大阪大学)  2012年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • セルロースの水熱ガス化におけるルテニウム担持酸化チタンの触媒効果 国内会議

    米谷 紀嗣

    高圧討論会(大阪大学)  2012年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • シアニン色素J凝集体のコヒーレント長の圧力依存性 国内会議

    米谷 紀嗣

    高圧討論会(大阪大学)  2012年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • クロロフェノールの水熱酸化分解における銅担持酸化チタンの触媒作用の解明 国内会議

    米谷 紀嗣

    高圧討論会(大阪大学)  2012年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • エタノール溶媒を用いた銅・銀合金ナノ粒子のソルボサーマル合成 国内会議

    米谷 紀嗣

    高圧討論会(大阪大学)  2012年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • シアニン色素J凝集体のコヒーレント長の圧力依存性 国内会議

    -

    高圧討論会(大阪大学)  2012年11月 

  • 高圧下におけるイオン液体中の分子回転緩和(2) 国内会議

    -

    高圧討論会(大阪大学)  2012年11月 

  • クロロフェノールの水熱酸化分解における銅担持酸化チタンの触媒作用の解明 国内会議

    -

    高圧討論会(大阪大学)  2012年11月 

  • エタノール溶媒を用いた銅・銀合金ナノ粒子のソルボサーマル合成 国内会議

    -

    高圧討論会(大阪大学)  2012年11月 

  • 高温高圧水中での銅担持酸化チタンによるクロロフェノールの高度分解処理 国内会議

    -

    高圧討論会(大阪大学)  2012年11月 

  • 水熱酸化法をベースにフェントン型促進酸化触媒を用いた難分解性有機化合物の処理 国内会議

    米谷 紀嗣

    日本材料学会(岡山大学)  2012年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水熱酸化法をベースにフェントン型促進酸化触媒を用いた難分解性有機化合物の処理 国内会議

    -

    日本材料学会(岡山大学)  2012年05月 

  • 高圧力下でのイオン液体の分光学的研究 国内会議

    米谷 紀嗣

    鄭州軽工大学特別講演会(鄭州軽工大学)  2012年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 金属ドープ酸化チタン触媒を用いた水熱酸化法によるクロロフェノール類の分解処理 国内会議

    米谷 紀嗣

    日本化学会春季年会(慶応大学)  2012年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 亜臨界、超臨界水中における光触媒反応 国内会議

    米谷 紀嗣

    上海大学特別講演会(上海大学)  2012年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ストーバー法を用いたダンベル型金ナノ粒子の効率的作製と有機色素との複合化 国内会議

    米谷 紀嗣

    日本化学会春季年会(慶応大学)  2012年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • シアニン色素J凝集体の吸収・発光特性の高圧下における変化 国内会議

    米谷 紀嗣

    日本化学会春季年会(慶応大学)  2012年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 金属ドープ酸化チタン触媒を用いた水熱酸化法によるクロロフェノール類の分解処理 国内会議

    -

    日本化学会春季年会(慶応大学)  2012年03月 

  • ストーバー法を用いたダンベル型金ナノ粒子の効率的作製と有機色素との複合化 国内会議

    -

    日本化学会春季年会(慶応大学)  2012年03月 

  • シアニン色素J凝集体の吸収・発光特性の高圧下における変化 国内会議

    -

    日本化学会春季年会(慶応大学)  2012年03月 

  • 亜臨界、超臨界水中における光触媒反応 国際会議

    -

    上海大学特別講演会(上海大学)  2012年03月 

  • 高圧力下でのイオン液体の分光学的研究 国際会議

    -

    鄭州軽工大学特別講演会(鄭州軽工大学)  2012年03月 

  • 水熱法による AZOナノ粒子の合成 国内会議

    -

    高圧力討論会(沖縄キリスト教学院)  2011年11月 

  • 高圧下におけるイオン液体中の分子回転緩和 国内会議

    米谷 紀嗣

    高圧力討論会(沖縄キリスト教学院)  2011年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水熱法による AZOナノ粒子の合成 国内会議

    米谷 紀嗣

    高圧力討論会(沖縄キリスト教学院)  2011年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • グルコースの水熱ガス化におけるルテニウム担持酸化チタンの触媒効果 国内会議

    米谷 紀嗣

    高圧力討論会(沖縄キリスト教学院)  2011年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • グルコースの水熱ガス化におけるルテニウム担持酸化チタンの触媒効果 国内会議

    -

    高圧力討論会(沖縄キリスト教学院)  2011年11月 

  • 高圧下におけるイオン液体中の分子回転緩和 国内会議

    -

    高圧力討論会(沖縄キリスト教学院)  2011年11月 

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 超臨界流体中の化学反応

    随時

     詳細を見る

    交流の種別:技術相談  

    活用分野・応用方法等:従来の有害な有機溶媒に代わる、クリーンな溶媒として超臨界二酸化炭素、超臨界水が注目されている。これらの特性を生かした、新しい利用法の確立を目指している。

    従来の研究との優位性、特徴:有害な溶媒の使用の低減

    超臨界流体を利用した光化学反応に重点をおいて研究を行っている。 超臨界流体中の分子のスペクトルを「その場観察」で測定することにより、 溶媒が化学反応に与える影響を調べることができる。

科研費

  • 触媒促進湿式空気酸化に用いる新規二元系触媒の開発と学理の追求

    2023年

  • 触媒促進水熱酸化による難分解性汚染物質処理技術の高度化と学理の追求

    基盤研究(C)  2022年

  • 触媒促進水熱酸化による難分解性汚染物質処理技術の高度化と学理の追求

    基盤研究(C)  2020年04月

  • 水熱酸化法をベースとする複合プロセスによる有機ハロゲン汚染水の高度処理技術の開発

    基盤研究(C)  2015年04月

  • 水熱酸化法とフェントン型促進酸化による有機塩素化合物分解の反応機構の解明と応用

    基盤研究(C)  2012年04月

  • 酸化チタン光触媒作用と超臨界水処理の複合化によるバイオマスのガス化技術の開発

    基盤研究(C)  2008年04月

▼全件表示

受託研究

  • 難分解性有機物を含有する汚染水の高度処理技術の開発

    科学技術振興機構  2017年10月

  • 自動活性炭再生技術とフェントン水熱酸化処理法を複合化した省エネルギー先進排水・排ガス処理技術の開発に関する調査

    2017年01月

  • フェントン・水熱酸化法による難分解性有機ハロゲン化合物の高度処理 技術の開発

    2016年06月

  • 新規フェントン触媒と水熱酸化法による有機ハロゲン化合物の高度処理

    2013年08月

  • 水熱酸化法をベースに独自のフェントン型促進酸化触媒を用いた有機ハロゲン化合物の高度処理法の開発

    2011年12月

奨励寄附金・助成金

  • 高濃度有害物質廃液を含む産業用排水・汚染水の省エネ型高度処理技術の開発

    国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)  2020年12月

その他補助金等

  • 難分解性有機物を含有する汚染水の高度処理技術の開発

    平成31年度大阪市イノベーション創出支援補助金  2019年08月

  • 難分解性有機物を含む排水の革新的無害化処理技術開発

    未設定  2016年04月

研究員受入実績

  • 2023年度  研究員数:1名

担当教育概要

  • 物理化学1 物理化学序論 演習物理化学 応用物理化学 応用化学実験 レーザー化学特論

担当授業科目

  • 化学バイオ工学演習

    2023年度   週間授業   大学

  • 物理化学1B

    2023年度   週間授業   大学

  • 物質化学生命系特別演習

    2023年度   集中講義   大学院

  • 物質化学生命系特別研究第1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 物質化学生命系特別演習第1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 前期特別研究

    2023年度   集中講義   大学院

  • 特別演習

    2023年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究

    2023年度   集中講義   大学院

  • ゼミナール

    2023年度   集中講義   大学院

  • 卒業研究Ⅰ

    2023年度   集中講義   大学

  • 物理化学序論

    2023年度   集中講義   大学

  • 化学バイオ工学特論Ⅰ

    2023年度   集中講義   大学

  • 化学バイオ工学概論

    2023年度   集中講義   大学

  • 応用物理化学

    2023年度   週間授業   大学

  • 物理化学序論

    2023年度   週間授業   大学

  • 物質化学生命系特別研究

    2023年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究

    2023年度   集中講義   大学院

  • ゼミナール

    2023年度   集中講義   大学院

  • 卒業研究Ⅱ

    2023年度   集中講義   大学

  • 化学バイオ工学特論Ⅱ

    2023年度   集中講義   大学

  • 応用化学実験Ⅱ

    2023年度   週間授業   大学

  • レーザー化学・分離工学特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 物質化学生命系特別研究第2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 物質化学生命系特別演習第2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 物理化学序論

    2021年度     大学

  • 物理化学1

    2021年度     大学

  • 前期特別演習

    2021年度     大学院

  • 特別演習

    2021年度     大学院

  • レーザー化学・分離工学特論

    2021年度     大学院

  • 応用物理化学

    2021年度     大学

  • 応用化学実験2

    2021年度     大学

  • 化学バイオ工学概論

    2021年度     大学

  • 後期特別演習

    2021年度     大学院

  • ゼミナール

    2021年度     大学院

  • 特別演習

    2020年度     大学院

  • レーザー化学・分離工学特論

    2020年度     大学院

  • 物理化学序論

    2020年度     大学

  • 応用物理化学

    2020年度     大学

  • 物理化学1

    2020年度     大学

  • 応用化学実験2

    2020年度     大学

  • 化学バイオ工学概論

    2020年度     大学

  • 後期特別演習

    2020年度     大学院

  • ゼミナール

    2020年度     大学院

  • 前期特別演習

    2020年度     大学院

  • 化学バイオ工学概論

    2019年度     大学

  • 後期特別演習

    2019年度     大学院

  • ゼミナール

    2019年度     大学院

  • 前期特別演習

    2019年度     大学院

  • 特別演習

    2019年度     大学院

  • レーザー化学・分離工学特論

    2019年度     大学院

  • 物理化学序論

    2019年度     大学

  • 応用物理化学

    2019年度     大学

  • 物理化学1

    2019年度     大学

  • 応用化学実験2

    2019年度     大学

  • 後期特別演習

    2018年度     大学院

  • ゼミナール

    2018年度     大学院

  • 前期特別演習

    2018年度     大学院

  • 特別演習

    2018年度     大学院

  • レーザー化学・分離工学特論

    2018年度     大学院

  • 物理化学序論

    2018年度     大学

  • 応用物理化学

    2018年度     大学

  • 物理化学1

    2018年度     大学

  • 応用化学実験2

    2018年度     大学

  • 化学バイオ工学概論

    2018年度     大学

  • 応用化学実験2

    2017年度     大学

  • 物理化学1

    2017年度     大学

  • 応用物理化学

    2017年度     大学

  • 物理化学序論

    2017年度     大学

  • レーザー化学特論

    2017年度     大学院

  • 特別演習

    2017年度     大学院

  • 前期特別演習

    2017年度     大学院

  • ゼミナール

    2017年度     大学院

  • 後期特別演習

    2017年度     大学院

  • 化学バイオ工学概論

    2017年度     大学

  • 後期特別演習

    2016年度    

  • ゼミナール

    2016年度    

  • 前期特別演習

    2016年度    

  • 特別演習

    2016年度    

  • レーザー化学特論

    2016年度    

  • 物理化学序論

    2016年度     大学

  • 応用物理化学

    2016年度     大学

  • 物理化学1

    2016年度     大学

  • 応用化学実験2

    2016年度     大学

  • 化学バイオ工学概論

    2016年度     大学

  • 後期特別演習

    2015年度    

  • ゼミナール

    2015年度    

  • 前期特別演習

    2015年度    

  • 特別演習

    2015年度    

  • レーザー化学特論

    2015年度    

  • 物理化学序論

    2015年度     大学

  • 応用物理化学

    2015年度     大学

  • 物理化学1

    2015年度     大学

  • 応用化学実験2

    2015年度     大学

  • 化学バイオ工学概論

    2015年度     大学

  • 後期特別演習

    2014年度    

  • ゼミナール

    2014年度    

  • 前期特別演習

    2014年度    

  • 特別演習

    2014年度    

  • レーザー化学特論

    2014年度    

  • 物理化学序論

    2014年度     大学

  • 応用物理化学

    2014年度     大学

  • 物理化学1

    2014年度     大学

  • 応用化学実験2

    2014年度     大学

  • 後期特別演習

    2013年度    

  • ゼミナール

    2013年度    

  • 前期特別演習

    2013年度    

  • 特別演習

    2013年度    

  • レーザー化学特論

    2013年度    

  • 物理化学序論

    2013年度     大学

  • 応用物理化学

    2013年度     大学

  • 物理化学1

    2013年度     大学

  • 応用化学実験2

    2013年度     大学

  • 技術と環境

    2012年度     大学

  • 物理化学1

    2012年度     大学

  • 物理化学序論

    2012年度     大学

  • 応用化学実験2

    2012年度     大学

  • レーザー化学特論

    2012年度    

  • 特別演習

    2012年度    

  • 前期特別演習

    2012年度    

  • ゼミナール

    2012年度    

  • 後期特別演習

    2012年度    

  • 応用物理化学

    2012年度     大学

  • レーザー化学特論

    2011年度    

  • 応用化学実験2

    2011年度     大学

  • 物理化学1

    2011年度     大学

  • 物理化学序論

    2011年度     大学

  • 特別演習

    2011年度    

  • 前期特別演習

    2011年度    

  • ゼミナール

    2011年度    

  • 後期特別演習

    2011年度    

  • 応用物理化学

    2011年度     大学

  • 演習物理化学

    2007年度     大学

▼全件表示

FD活動

  • FD活動への貢献  2023年度

     詳細を見る

    工学部FD集会および全学FD集会に参加

  • FD活動への貢献  2022年度

     詳細を見る

    FD集会に参加

  • FD活動への貢献  2021年度

     詳細を見る

    FD集会に参加

  • FD活動への貢献  2020年度

     詳細を見る

    FD集会に参加
    学科・専攻FD集会の世話人を担当

  • FD活動への貢献  2019年度

     詳細を見る

    FD集会に参加
    学科FD集会の世話人を担当

  • FD活動への貢献  2018年度

     詳細を見る

    FD集会に参加

  • FD活動への貢献  2017年度

     詳細を見る

    FD集会に参加

  • FD活動への貢献  2012年度

     詳細を見る

    工学部FD集会に参加

▼全件表示

所属院生等の論文発表集計

  • 2023年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:0件

  • 2022年度

    学部・学域生発表数:1件  所属大学院生発表数:5件

論文・研究指導集計

  • 2023年度

    卒業論文指導数:3名  卒業論文審査数:5件

    博士前期課程学生指導数:2名  博士後期課程学生指導数:0名

    修士論文審査数(主査):2件  修士論文審査数(副査):10件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

  • 2022年度

    卒業論文指導数:3名  卒業論文審査数:3件

    博士前期課程学生指導数:3名  博士後期課程学生指導数:0名

    修士論文審査数(主査):3件  修士論文審査数(副査):7件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

  • 2012年度

    卒業論文指導数:4名  卒業論文審査数:7件

    博士前期課程学生指導数:5名  博士後期課程学生指導数:1名

    修士論文審査数(主査):3件  修士論文審査数(副査):3件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:前期・後期に各1回の面談を実施

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:前期・後期に各1回の面談を実施

  • 2019年度

      詳細を見る

    独自項目:2017年度入学生の学年相談委員を担当
    前期・後期に各1回の面談を実施

  • 2018年度

      詳細を見る

    独自項目:2017年度入学生の学年相談委員を担当
    前期・後期に各1回の面談を実施

  • 2017年度

      詳細を見る

    独自項目:2017年度入学生の学年相談委員を担当
    新入生オリエンテーションを開催
    新入生合宿を開催

社会貢献活動

  • NPO法人テクノメイトコープ技術研修会

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学梅田サテライト  2020年01月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • 触媒促進水熱酸化法による 難分解性汚染水の処理

    役割:講師

    グランフロント大阪 コンベンションセンター  イノベーションストリームKANSAI TechMeeting  グランフロント大阪 北館B2F コンベンションセンター  2019年12月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, メディア

    種別:講演会

    参加者数:300(人)

  • NPO法人テクノメイトコープ技術研修会

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学梅田サテライト  2019年10月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • NPO法人テクノメイトコープ技術研修会

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学梅田サテライト  2019年09月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • NPO法人テクノメイトコープ技術研修会

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学梅田サテライト  2019年08月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • フェントン・水熱酸化法による汚染水処理技術の開発

    役割:講師

    クリエイション・コア東大阪 南館3階 クリエイターズプラザ  MOBIO「大学・高専合同研究シーズ発表会」  大阪市立大学文化交流センター  2019年07月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業

    種別:講演会

    参加者数:100(人)

  • NPO法人テクノメイトコープ技術研修会

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学梅田サテライト  2019年05月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • NPO法人テクノメイトコープ技術研修会

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学梅田サテライト  2019年04月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • NPO法人テクノメイトコープ技術研修会

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学梅田サテライト  2019年03月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • 超臨界流体の最新動向

    役割:講師

    大阪市立大学文化交流センター  専門家講座  大阪市立大学文化交流センター  2019年02月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    参加者数:45(人)

  • NPO法人テクノメイトコープ技術研修会

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学梅田サテライト  2019年02月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • NPO法人テクノメイトコープ技術研修会

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学梅田サテライト  2019年01月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • 触媒促進水熱酸化法による高度汚染水処理技術の開発

    役割:講師

    ニューテクフェア2018  大阪産業創造館  2018年12月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:講演会

  • NPO法人テクノメイトコープ技術研修会

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学梅田サテライト  2018年11月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • NPO法人テクノメイトコープ技術研修会

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学梅田サテライト  2018年10月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • NPO法人テクノメイトコープ技術研修会

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学梅田サテライト  2018年09月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • NPO法人テクノメイトコープ技術研修会

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学梅田サテライト  2018年08月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • NPO法人テクノメイトコープ技術研修会

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学梅田サテライト  2018年06月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • NPO法人テクノメイトコープ技術研修会

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学梅田サテライト  2018年05月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • NPO法人テクノメイトコープ技術研修会

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学梅田サテライト  2018年04月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • NPO法人テクノメイトコープ技術研修会

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学梅田サテライト  2018年02月

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • NPO法人テクノメイトコープ技術研修会

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学梅田サテライト  2018年01月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

  • NPO法人テクノメイトコープ技術研修会

    役割:運営参加・支援

    2017年12月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • NPO法人テクノメイトコープ技術研修会

    役割:運営参加・支援

    2017年11月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

  • NPO法人テクノメイトコープ技術研修会

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学梅田サテライト  2017年10月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • NPO法人テクノメイトコープ技術研修会

    役割:運営参加・支援

    2017年09月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

  • NPO法人テクノメイトコープ技術研修会

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学梅田サテライト  2017年07月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • エネルギー有効利用の基盤技術~蓄電池技術の最新動向

    役割:企画, 運営参加・支援

    化学工学会  大阪科学技術センター  2017年06月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

    参加者数:60(人)

  • 一般向け教育活動

    2011年04月 - 2012年03月

     詳細を見る

    府大・市大ニューテクフェア(12月)にて研究紹介

▼全件表示

学術貢献活動

  • 論文査読

    役割:査読

    2022年04月 - 2023年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

外国人受入実績

  • 2023年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

  • 2022年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

国際交流活動

  • 上海大学のQian Guangren教授とCai Chuanbing教授を研究室に招き、ディスカッションを行った

    活動区分 :研究

    活動国 :China   2019年05月

  • Ling教授を研究に招き、ディスカッションを行った

    活動区分 :研究

    活動国 :Singapore   2018年03月

  • 鄭州軽工大学のLei教授、Chen教授らを招き、講演会を開催した。

    活動区分 :研究

    2013年03月

役職

  • 部局内役職

    大学院工学研究科 

    副専攻長  2022年04月 - 継続中

  • 部局内役職

    工学部 化学バイオ工学科 

    学科長  2022年04月 - 2024年03月

その他

  • 職務経歴

    1997年

      詳細を見る

    大阪市立大学 助手