Updated on 2024/07/12

写真a

 
MASUDA Satoshi
 
Organization
Graduate School of Literature and Human Sciences Department of Cultural Management Professor
School of Literature and Human Sciences Department of Cultural Management
Title
Professor
Affiliation
Institute of Literature and Human Sciences
Contact information
メールアドレス
Affiliation campus
Sugimoto Campus

Position

  • Graduate School of Literature and Human Sciences Department of Cultural Management 

    Professor  2022.04 - Now

  • School of Literature and Human Sciences Department of Cultural Management 

    Professor  2022.04 - Now

Degree

  • Ph.D ( Osaka University )

  • MA ( Osaka University )

Research Areas

  • Humanities & Social Sciences / Aesthetics and art studies  / Musicology and Media Studies

Research Interests

  • Copyright

  • Popular Music

  • Media Studies

Research subject summary

  • ポピュラー音楽をとりまくメディア、テクノロジー、産業、空間、思想などについて美学的・メディア論的な観点から研究を進めている。最近は音楽著作権をめぐる思想的・文化的諸問題について分析している。

Research Career

  • Sociological Aesthetics of Popular Music

    media studies, popular music, urban culture  Individual

    1995.04 

  • Cultural Studies of Music Copyright

    copyright, Cultural Studies, music  Individual

    1997.04 

Professional Memberships

  • The Japanese Association for the Study of Popular Music

      Domestic

  • The Japanese Society for Aesthetics

      Domestic

  • The Musicological Society of Japan

      Domestic

Committee Memberships (off-campus)

  • 会長   日本ポピュラー音楽学会  

    2022.12 - 2024.12 

  • 理事   日本ポピュラー音楽学会  

    2018.11 - 2020.12 

      More details

    会計担当

  • 理事・学会誌編集委員長   日本ポピュラー音楽学会  

    2016.12 - 2018.11 

  • 事務局長   日本ポピュラー音楽学会  

    2011.01 - 2014.12 

  • 全国大会実行委員長   日本ポピュラー音楽学会  

    2011.01 - 2011.12 

  • 編集委員   日本ポピュラー音楽学会  

    2009.01 - 2010.12 

  • 理事   日本ポピュラー音楽学会  

    2005.01 - 2008.12 

  • 西日本支部役員   日本音楽学会  

    2021.04 - 2025.03 

  • 学会誌編集委員長   日本ポピュラー音楽学会  

    2016.12 

  • 西日本支部役員   日本音楽学会  

    2015.04 - 2019.03 

  • 文部科学省教科用図書検定調査審議会専門委員   審議会・政策研究会等の委員会  

    2013.04 - 2014.03 

      More details

    高等学校音楽科

  • 文部科学省教科用図書検定調査審議会専門委員   審議会・政策研究会等の委員会  

    2012.04 - 2013.03 

      More details

    高等学校音楽科

  • 文部科学省教科用図書検定調査審議会専門委員   審議会・政策研究会等の委員会  

    2011.04 - 2012.03 

      More details

    高等学校音楽科

  • 西日本支部委員   日本音楽学会  

    2009.04 - 2013.03 

  • -   学会誌等の編集・審査委員会  

    2006.12 

      More details

    日本ポピュラー音楽学会学会誌編集委員長(2008年12月まで)

▼display all

Job Career (off-campus)

  • Naruto University of Education

    2000 - 2003

Education

  • Osaka University   Musicology   Doctor's Course   Graduated/Completed

    - 2000

  • Osaka University   Aesthetics     Graduated/Completed

    - 1994

Papers

  • 音楽にとってパクリとは何か?—模倣・カヴァー・オリジナル

    増田聡

    大和田俊之(編著)『ポップ・ミュージックを語る10の視点』(アルテスパブリッシング)   205 - 238   2020.02

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Part of collection (book)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 「パクリ」と剽窃の微妙な関係—音楽を中心に Invited

    増田聡

    研究報告音楽情報科学(MUS)   2016-MUS-1 ( 12 )   1 - 5   2016.02( ISSN:2188-8752

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • われわれは『存在しないもの』を聴いている――今井晋『ポピュラー音楽の存在論―《トラック》、《楽曲》、《演奏》』への応答

    増田 聡

    ポピュラー音楽研究   Vol.17   31 - 48   2014

  • われわれは「存在しないもの」を聴いている : 今井晋「ポピュラー音楽の存在論 : 《トラック》、《楽曲》、《演奏》」への応答 Reviewed

    増田 聡

    日本ポピュラー音楽学会 ポピュラー音楽研究 = Popular music studies   17   31 - 47   2013( ISSN:1343-9251

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

    CiNii Article

  • パクリ : ポピュラー音楽の場合

    増田 聡

    ポピュラーカルチャー研究   Vol.4No.1   22 - 32   2011

  • 水に歴史はない

    増田 聡

    ユリイカ(青土社)   42巻10号   162 - 166   2010

  • 音楽のモジュール化と著作権法による抑制 (特集 コンテンツの未来--競争力,制度,文化) -- (制度/文化) Reviewed

    増田 聡

    国際大学グローバルコミュニケーションセンター 智場   ( 112 )   58 - 63   2008.12( ISSN:18805485

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

    CiNii Article

  • 「作曲の時代」と初音ミク

    増田 聡

    InterCommunication 64   80 - 83   2008

  • データベース、パクリ、初音ミク

    増田 聡

    思想地図 Vol.1   151 - 176   2008

  • ダブ/ミックス/ブレイクビーツ--1970年代の録音テクノロジーの布置 Reviewed

    増田 聡

    京都服飾文化研究財団 ドレスタディ   48   17 - 22   2005( ISSN:02880644

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

    CiNii Article

  • Rethinking "Pakuri" (Plagiarism): an Attempt towards Aesthetical Analysis.

    229 - 252   2005( ISBN:4276230012

     More details

    Kind of work:Single Work  

  • Rethinking "Pakuri" (Plagiarism): an Attempt towards Aesthetical Analysis.

    229 - 252   2005

▼display all

Books and Other Publications

▼display all

MISC

▼display all

Presentations

  • 90年代以降:オルタナティヴロックとダンス音楽の拡大、ネットの影響 Invited Domestic conference

    増田 聡

    NHK文化センター大阪教室  2024.03  NHK文化センター大阪教室

     More details

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:NHK文化センター大阪教室  

  • 80年代:デジタル化とMTV、ヒップホップ Invited Domestic conference

    増田 聡

    NHK文化センター大阪教室  2024.02  NHK文化センター大阪教室

     More details

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:NHK文化センター大阪教室  

  • 70年代の黒人音楽:ファンク、ディスコからヒップホップへ Invited Domestic conference

    増田 聡

    NHK文化センター大阪教室  2024.01  NHK文化センター大阪教室

     More details

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:NHK文化センター大阪教室  

  • クロス=ジェンダード・パフォーマンス再考——中河論文以降の日本語ポピュラー音楽の諸事例を通じて Domestic conference

    増田 聡

    日本ポピュラー音楽学会第35回全国大会  2023.12  日本ポピュラー音楽学会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:四国学院大学  

  • パンクロック:ロックの産業化への反動 Invited Domestic conference

    増田 聡

    NHK文化センター大阪教室  2023.12  NHK文化センター大阪教室

     More details

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:NHK文化センター大阪教室  

  • 70年代ロック産業の拡大と多様化:AOR、グラムロック、プログレ Invited Domestic conference

    増田 聡

    NHK文化センター大阪教室  2023.11  NHK文化センター大阪教室

     More details

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:NHK文化センター大阪教室  

  • 60年代カウンターカルチャーとロック文化 Invited Domestic conference

    増田 聡

    NHK文化センター大阪教室  2023.09  NHK文化センター大阪教室

     More details

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:NHK文化センター大阪教室  

  • イギリス60年代のブルース流行とロックの発展 Invited Domestic conference

    増田 聡

    NHK文化センター大阪教室  2023.08  NHK文化センター大阪教室

     More details

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:NHK文化センター大阪教室  

  • 60年代ソウルとアメリカ黒人社会 Invited Domestic conference

    増田 聡

    NHK文化センター大阪教室  2023.07  NHK文化センター大阪教室

     More details

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:NHK文化センター大阪教室  

  • フォークソング運動とビートルズの席巻 Invited Domestic conference

    NHK文化センター大阪教室  2023.06  NHK文化センター大阪教室

     More details

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:NHK文化センター大阪教室  

  • ロックンロールの生成 Invited Domestic conference

    増田 聡

    NHK文化センター大阪教室  2023.05  NHK文化センター大阪教室

     More details

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:NHK文化センター大阪教室  

  • 戦後ブルースとその影響 Invited

    増田聡

    NHK文化センター大阪教室  2023.03  NHK文化センター

     More details

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:NHK文化センター大阪教室  

  • 戦前ブルースの社会的背景 Invited

    増田聡

    NHK文化センター大阪教室  2023.02  NHK文化センター

     More details

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:NHK文化センター大阪教室  

  • 戦後ジャズの発展と「芸術」化 Invited

    増田聡

    NHK文化センター大阪教室  2023.01  NHK文化センター

     More details

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:NHK文化センター大阪教室  

  • 戦前ジャズの形成と展開 Invited

    増田聡

    NHK文化センター大阪教室  2022.12  NHK文化センター

     More details

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:NHK文化センター大阪教室  

  • ポピュラー音楽とは何か:社会背景と初期音楽産業の形成 Invited

    増田聡

    NHK文化センター大阪教室  2022.11  NHK文化センター

     More details

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:NHK文化センター大阪教室  

  • 日本のポピュラー音楽とナショナリズム Invited

    増田聡

    近畿化学協会第44期研修塾8月本講座  2022.08  近畿科学協会

     More details

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:オンライン  

▼display all

Grant-in-Aid for Scientific Research

  • 現代日本ポピュラー音楽のナショナリズム動向―「愛国ソング」の調査と分析

    Grant-in-Aid for Scientific Research(C)  2022

  • 都市空間と大衆音楽文化の相互作用に関する聴覚文化研究—大阪を中心に

    Grant-in-Aid for Young Scientists(B)  2010.04

  • Auditory Cultural Studies: a reconception of musical aesthetics for ownership, space, and media.

    Grant-in-Aid for Young Scientists(B)  2007.04

Outline of education staff

  • 全学共通教育、学部専門教育を通じ、日本や世界のポピュラー音楽を中心にした音楽文化について、学術的な観点からアプローチする際の方法論や理論を中心に教育を行っている。大学院では、ポピュラー文化研究の視点と方法を指導している。

Charge of on-campus class subject

  • 文化理論演習

    2024   Weekly class   Undergraduate

  • ポピュラー文化論

    2024   Weekly class   Undergraduate

  • 文化構想学概論A

    2024   Weekly class   Undergraduate

  • 表現文化学研究指導1

    2024   Intensive lecture   Graduate school

  • 表現文化学総合研究演習1

    2024   Weekly class   Graduate school

  • ポピュラー文化論研究演習

    2024   Weekly class   Graduate school

  • 表現文化学特殊研究A(表現文化学研究動向)

    2024   Weekly class   Graduate school

  • 音楽の諸相

    2024   Weekly class   Graduate school

  • 表現文化学論文指導

    2024   Intensive lecture   Graduate school

  • アジア都市文化学論文指導

    2024   Intensive lecture   Graduate school

  • 卒業論文演習Ⅰ

    2024   Intensive lecture   Undergraduate

  • 修士論文

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 表現文化学研究指導1

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 表現文化学総合研究演習1

    2023   Weekly class   Graduate school

  • ポピュラー文化論研究

    2023   Weekly class   Graduate school

  • ポピュラー文化論

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 文化構想学概論A

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 音楽の諸相

    2023   Weekly class   Graduate school

  • 表現文化学論文指導

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • アジア都市文化学論文指導

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • アジア都市文化学論文指導

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 文化理論演習

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 卒業論文演習Ⅰ

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 卒業論文

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 表現文化学研究指導2

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 表現文化学総合研究演習2

    2023   Weekly class   Graduate school

  • ポピュラー文化論研究演習

    2023   Weekly class   Graduate school

  • 文化構想学研究A(表現文化)

    2023   Weekly class   Graduate school

  • ポピュラー文化論演習

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 文化理論

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 文化構想学概論B

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 博士論文

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 博士論文

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 表現文化学特殊研究c(ポピュラー文化)

    2023   Weekly class   Graduate school

  • 表現文化学論文指導

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • アジア都市文化学論文指導

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 卒業論文演習Ⅱ

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 音楽の諸相

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 表現文化学総合研究演習1

    2022   Weekly class   Graduate school

  • ポピュラー文化論研究

    2022   Weekly class   Graduate school

  • 表現文化学総合研究演習2

    2022   Weekly class   Graduate school

  • ポピュラー文化論研究演習

    2022   Weekly class   Graduate school

  • 文化構想学研究A(表現文化)

    2022   Weekly class   Graduate school

  • 文化構想学概論A

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 文化理論演習

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • ポピュラー文化論

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 表現文化学研究指導Ⅰ

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 表現文化学論文指導

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • アジア都市文化学論文指導

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 卒業論文演習Ⅰ

    2022   Intensive lecture   Undergraduate

  • 文化構想学概論B

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 卒業論文(表現文化)

    2022   Intensive lecture   Undergraduate

  • 卒業論文演習(表現文化)

    2022   Intensive lecture   Undergraduate

  • ポピュラー文化論演習

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 表現文化論特殊演習I

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • アジア都市文化学論文指導

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • アジア都市文化学論文指導(長期履修生)

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 表現文化学論文指導

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 表現文化学特殊研究c(ポピュラー文化)

    2022   Weekly class   Graduate school

  • 博士論文(アジア都市文化学)

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 博士論文(表文)

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 修士論文(表文)

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 表現文化学研究指導

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 情報と社会/杉本[全]S

    2022   Weekly class   Graduate school

  • 表現文化特論I

    2013   Weekly class   Undergraduate

  • 都市フィールドワーク専門演習

    2013   Weekly class   Undergraduate

  • 日本事情IIA

    2013   Weekly class   Undergraduate

  • 音楽の諸相

    2013   Weekly class   Undergraduate

  • 都市文化学研究演習

    2013   Weekly class  

  • 都市文化学研究

    2013   Weekly class  

▼display all

Charge of off-campus class subject

  • 音楽学特講II

    2020.04
    -
    2022.09
    Institution:Doshisha University

     More details

    Level:Postgraduate 

  • ポピュラー音楽論

    2019.09
    -
    2024.03
    Institution:Osaka College of Music

     More details

    Level:Undergraduate (specialized) 

  • 音楽著作権

    2016.09
    -
    2023.09
    Institution:Osaka College of Music

     More details

    Level:Undergraduate (specialized) 

Faculty development activities

  • FD研修会講師  2023

     More details

    文学研究科のFD委員会主催によるFD研修会の講師を務めた(2024年2月実施)

  • 大阪公立大学文学研究科大学院研究フォーラム2022・大学院博士前期課程修了者座談会  2022

     More details

    大学院博士前期課程修了者座談会の企画および司会をおこなった。大学キャリア支援室のコメントも加え、前期課程修了者のキャリアプランを再考する機会を提供した。文学研究科FD委員会の特別企画として実施した。

Number of papers published by graduate students

  • 2023

    Number of undergraduate student / college student presentations:Number of graduate students presentations:1

  • 2022

    Number of undergraduate student / college student presentations:Number of graduate students presentations:1

Number of instructed thesis, researches

  • 2023

    Number of instructed the graduation thesis:Number of graduation thesis reviews:7

    [Number of instructed the Master's Program] (previous term):[Number of instructed the Master's Program] (letter term):1

    [Number of master's thesis reviews] (chief):[Number of master's thesis reviews] (vice-chief):0

    [Number of doctoral thesis reviews] (chief):[Number of doctoral thesis reviews] (vice-chief):0

  • 2022

    Number of instructed the graduation thesis:Number of graduation thesis reviews:8

    [Number of instructed the Master's Program] (previous term):[Number of instructed the Master's Program] (letter term):0

    [Number of master's thesis reviews] (chief):[Number of master's thesis reviews] (vice-chief):2

    [Number of doctoral thesis reviews] (chief):[Number of doctoral thesis reviews] (vice-chief):1

Original item・Special report (Education Activity)

  • 2022

      More details

    Original item:優秀卒論・優秀修論

    Special report:主指導学生の卒論がコース優秀卒論に選出
    主指導院生の修論がコース優秀修論に選出

Social Activities

  • ワールド・ブラスバンドと日本のブラスバンド ―Osaka Shion Wind Orchestraの文化史的意義について―

    Role(s): Lecturer

    大阪公立大学  大阪公立大学開学記念事業 大阪公立大学×Osaka Shion Wind Orchestra 春の音楽祭  2023.04

     More details

    SDGs:

    Type:Lecture

Media Coverage

  • 大学の授業中、学生が鍋を食べる...驚きの光景にSNS賛否両論 許可した教授が明かす「自由」めぐる深い理由 Internet

    J-Castニュース  2024.01

      More details

    SDGs:

  • バラエティー化し迷走、NHK紅白は続くのか 識者が予想する未来図 Internet

    朝日新聞デジタル  2023.12

      More details

    SDGs:

  • 紅白とジャニーズ、終わった蜜月 44年ぶり出場ゼロ NHK幹部、視聴率への影響を不安視 Newspaper, magazine

    朝日新聞  朝刊文化芸能面  2023.12

      More details

    SDGs:

  • "In Rare Move, Japanese Pop Star Comes Out Publicly as Gay" Newspaper, magazine

    The NewYork Times  2023.07

      More details

    SDGs:

  • くらしの数字考:郷愁を誘う「5音」 米津玄師さんらの曲にヨナ抜き音階 Newspaper, magazine

    日本経済新聞  朝刊  2023.07

      More details

    SDGs:

  • ジェフ・ベックのような「ギターヒーロー」はもう現れない? ギターソロがスキップ再生されがちな時代に Newspaper, magazine

    東京新聞  東京新聞朝刊  2023.01

      More details

    SDGs:

  • 大阪音大、教室確保へ資料館縮小検討 貴重楽器のエレジー 新設専攻人気も、単科経営厳しく Newspaper, magazine

    毎日新聞  毎日新聞(大阪版夕刊)  2022.07

      More details

    SDGs:

▼display all

Visiting Lectures ⇒ Link to the list of Visiting Lectures

  • 大学での学びに関する講義(応相談)

    Category:Literature (literature, philosophy, history, art, human behavior, language, culture, society / gender)

     More details

    SDGs:

    Audience:High school students, Guardians

    大阪公立大学での一回生向け講義を多数担当している経験を踏まえ、高校生・大学受験生向けに「大学とは何のためにある場所なのか」「大学を選ぶ際に考えるべきことは何か」「大学での学び方は高校までとどのように異なるか」などをわかりやすく講義する。高大連携の一環としての位置付けも可能

  • ポピュラー音楽に関する講義全般(応相談)

    Category:Literature (literature, philosophy, history, art, human behavior, language, culture, society / gender)

     More details

    SDGs:

    Audience:High school students, College students, Graduate students, Teachers, Guardians, Researchers, General, Scientific organization, Company, Civic organization, Governmental agency, Media

    ・ポピュラー音楽史(20世紀英米中心)
    ・音楽とメディア
    ・盗作とパクリ、音楽著作権
    ・日本のポピュラー音楽とナショナリズム
    など

Academic Activities

  • 修士論文発表会ゲストコメンテーター

    Role(s): Review, evaluation

    東京芸術大学国際芸術創造研究科  2024.02

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  • 論文査読(国立音楽大学研究紀要)

    Role(s): Peer review

    国立音楽大学  2023

     More details

    Type:Peer review 

  • 日本音楽学会編『音楽史事典』企画編集

    Role(s): Supervision (editorial)

    日本音楽学会  2022 - Now

  • 論文査読(日本ポピュラー音楽学会)

    Role(s): Peer review

    日本ポピュラー音楽学会  2022

     More details

    Type:Peer review 

  • 論文査読(国際高麗学会日本支部)

    Role(s): Peer review

    国際高麗学会日本支部  2022

     More details

    Type:Peer review 

  • 論文査読(美学会)

    Role(s): Peer review

    美学会  2022

     More details

    Type:Peer review 

▼display all

Other

  • Job Career

    2018.04 - Now

  • Job Career

    2008

      More details

    Osaka City University

  • Job Career

    2006

      More details

    Osaka City University