2024/04/09 更新

写真a

マナカ トモヤ
間中 智哉
MANAKA Tomoya
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 講師
医学部 医学科
職名
講師
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    講師  2023年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    講師  2023年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(医学) ( 大阪市立大学 )

  • 医学博士 ( 大阪市立大学 )

  • 学士(医学) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 整形外科学

職務経歴(学外)

  • 阪堺病院   -

    2010年 - 2013年

  • 大阪府立中河内救命救急センター   -

    2005年 - 2006年

  • 独立行政法人国立病院機構 大阪医療センター   -

    2002年 - 2004年

学歴

  • 大阪市立大学   医科学研究科   整形外科学   博士課程   卒業・修了

    - 2010年

論文

  • Comparison of cost, surgical time, and clinical results between arthroscopic transosseous rotator cuff repair with lateral cortical augmentation and arthroscopic transosseous equivalent suture bridge: A propensity score-matched analysis.

    Hirakawa Y, Manaka T, Ito Y, Nakazawa K, Iio R, Kubota N, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   29 ( 2 )   529 - 536   2024年03月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

  • Impact of constrained humeral liner on impingement-free range of motion and impingement type in reverse shoulder arthroplasty using a computer simulation.

    Nakazawa K, Manaka T, Minoda Y, Hirakawa Y, Ito Y, Iio R, Nakamura H

    Journal of shoulder and elbow surgery   33 ( 1 )   181 - 191   2024年01月( ISSN:1058-2746

     詳細を見る

  • Comparison of short-term clinical outcomes and radiographic changes in Grammont reverse shoulder arthroplasty between the French and Japanese populations: A propensity score-matched analysis.

    Hirakawa Y, Manaka T, Ito Y, Nakazawa K, Iio R, Kubota N, Nakamura H, Collin P

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   29 ( 1 )   128 - 132   2024年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

  • Bone mineral density around cementless short stems after reverse shoulder arthroplasty: changes over time and its relationship to stem positioning.

    Nakazawa K, Manaka T, Hirakawa Y, Ito Y, Iio R, Oi N, Nakamura H

    JSES international   8 ( 1 )   119 - 125   2024年01月

  • 凍結肩に対する保存療法有効例と抵抗例の初期自動可動域の特徴

    黒瀬 健太, 間中 智哉, 清水 勇人

    肩関節   47 ( 2 )   395 - 398   2023年11月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    凍結肩に対して,保存療法は良好な成績と報告がある.一方で,保存療法を3-6ヵ月行っても抵抗する場合もあるが,理学療法開始前の時点で保存療法に抵抗性があるか判断基準に一定の見解は得られていない.そこで今回,凍結肩に対して,保存療法を行い改善した24例24肩(以下,改善群)と保存療法を行ったが抵抗性があった24例24肩(以下,抵抗群)を対象として,理学療法開始前の初期自動可動域について調査した.自動可動域は,屈曲・外転・水平内転・下垂位外旋・内旋を測定した.改善群と抵抗群で初期自動可動域を比較すると,改善群では,97.9±7.5,82.5±10.7,106±11.0,16±9.5,臀部であった.抵抗群では,93.8±8.2,79.0±7.8,91.0±5.2,8.1±5.6,臀部であった.水平内転,下垂位外旋は,抵抗群で有意に低下していた.凍結肩において,初期自動可動域で水平内転,下垂位外旋が重度に制限されている場合は,保存療法に抵抗する可能性が示唆された.(著者抄録)

  • Reliability and validity of a new deltoid muscle area measurement method after reverse shoulder arthroplasty.

    Nakazawa K, Manaka T, Hirakawa Y, Ito Y, Iio R, Oi N, Nakamura H

    JSES international   7 ( 6 )   2500 - 2506   2023年11月

  • Parathyroid Hormone Inhibits Fatty Infiltration and Muscle Atrophy After Rotator Cuff Tear by Browning of Fibroadipogenic Progenitors in a Rodent Model.

    Iio R, Manaka T, Takada N, Orita K, Nakazawa K, Hirakawa Y, Ito Y, Nakamura H

    The American journal of sports medicine   51 ( 12 )   3251 - 3260   2023年10月( ISSN:0363-5465

     詳細を見る

  • Assessment of Prevalence and Risk Factors for Central Sensitization Related to Shoulder Osteoarthritis and Rotator Cuff Tears Using the Central Sensitization Inventory: A Cross-Sectional Study in Shoulder Surgery Patients.

    Iio R, Manaka T, Nakazawa K, Hirakawa Y, Ito Y, Ogura A, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   12 ( 17 )   2023年08月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

  • Deep learning-based screening tool for rotator cuff tears on shoulder radiography.

    Iio R, Ueda D, Matsumoto T, Manaka T, Nakazawa K, Ito Y, Hirakawa Y, Yamamoto A, Shiba M, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   2023年05月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

  • 凍結肩に対する保存療法有効例と抵抗例の初期自動可動域の特徴

    黒瀬 健太, 間中 智哉, 清水 勇人

    肩関節   47 ( 2 )   395 - 398   2023年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    凍結肩に対して,保存療法は良好な成績と報告がある.一方で,保存療法を3-6か月行っても抵抗する場合もあるが,理学療法開始前の時点で保存療法に抵抗性があるか判断基準に一定の見解は得られていない.そこで今回,凍結肩に対して,保存療法を行い改善した24例24肩(以下,改善群)と保存療法を行ったが抵抗性があった24例24肩(以下,抵抗群)を対象として,理学療法開始前の初期自動可動域について調査した.自動可動域は,屈曲・外転・水平内転・下垂位外旋・内旋を測定した.改善群と抵抗群で初期自動可動域を比較すると,改善群では,97.9 ± 7.5,82.5 ± 10.7,106 ± 11.0,16 ± 9.5,殿部であった.抵抗群では,93.8 ± 8.2,79.0 ± 7.8,91.0 ± 5.2,8.1 ± 5.6,殿部であった.水平内転,下垂位外旋は,抵抗群で有意に低下していた.凍結肩において,初期自動可動域で水平内転,下垂位外旋が重度に制限されている場合は,保存療法に抵抗する可能性が示唆された.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.47.395

  • リバース型人工肩関節置換術術後のセメントレスショートステム周囲の骨密度の経時的変化

    中澤 克優, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 谷口 聡, 中村 博亮

    肩関節   47 ( 3 )   478 - 478   2023年( ISSN:09104461

     詳細を見る

  • リバース型人工肩関節置換術術後における新たな三角筋面積測定法の信頼性と妥当性の検討

    森 逸, 中澤 克優, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 平川 義弘, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 中村 博亮

    肩関節   47 ( 3 )   477 - 477   2023年( ISSN:09104461

     詳細を見る

  • リバース型人工肩関節置換術の異なるインプラントデザインでのimpingement-free ROMとimpingement patternの比較

    柳 笑力, 中澤 克優, 間中 智哉, 平川 義弘, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 中村 博亮

    肩関節   47 ( 3 )   480 - 480   2023年( ISSN:09104461

     詳細を見る

  • リバース型人工肩関節置換術における既往の鏡視下手術の影響 -術後2年成績比較-

    谷口 聡, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 平川 義弘, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 中村 博亮

    肩関節   47 ( 3 )   479 - 479   2023年( ISSN:09104461

     詳細を見る

  • フランス人と日本人におけるGrammont型リバース人工肩関節置換術の臨床成績及び単純X線比較

    窪田 直弥, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 平川 義弘, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 中村 博亮

    肩関節   47 ( 3 )   483 - 483   2023年( ISSN:09104461

     詳細を見る

  • Walch 分類 type B2 glenoidにおける肩甲骨関節窩の二次元及び三次元計測比較

    平川 義弘, 間中 智哉, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 伊藤 陽一, 中村 博亮

    肩関節   47 ( 3 )   463 - 463   2023年( ISSN:09104461

     詳細を見る

  • 腱断断裂に対する肩関節単純X線画像を用いたAI診断の可能性

    飯尾 亮介, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 中澤 克優, 山下 竜一, 谷口 聡, 窪田 直弥, 中村 博亮

    肩関節   47 ( 3 )   470 - 470   2023年( ISSN:09104461

     詳細を見る

  • 上肢疾患の診断と治療の進歩(新鮮外傷を除く) Ⅰ.総 論 3.侵襲的治療 2)人工関節手術 ナビゲーションシステムを用いたリバース型人工肩関節置換術の実際

    中澤 克優, 間中 智哉, 飯尾 亮介, 伊藤 陽一, 平川 義弘, 中村 博亮

    別冊整形外科   1 ( 82 )   51 - 55   2022年10月( ISSN:02871645

     詳細を見る

  • 【上肢疾患の診断と治療の進歩(新鮮外傷を除く)】総論 侵襲的治療 人工関節手術 ナビゲーションシステムを用いたリバース型人工肩関節置換術の実際

    中澤 克優, 間中 智哉, 飯尾 亮介, 伊藤 陽一, 平川 義弘, 中村 博亮

    別冊整形外科   ( 82 )   51 - 55   2022年10月( ISSN:0287-1645

     詳細を見る

    RSA施行時にナビゲーションを使用した群15例(N群)と非使用群9例(C群)とで肩甲骨コンポーネントの設置状態を比較し、ナビゲーションの有用性について検討した。術中の肩甲骨コンポーネント目標設置位置は、肩甲骨関節窩前後捻角(GV)と肩甲骨関節窩傾斜角(GI)を0°、下方への張り出し(IO)を3mmとし、目標位置と実際の設置位置とのズレを調べた。結果、GVのズレはN群が3.4±2.3°、C群が7.1±4.3°で、N群のほうが有意に小さかった。GIのズレはN群3.2±1.6°、C群9.9±6.7°で、N群が有意に小さかった。IOのズレはN群1.4±0.9mm、C群2.6±2.6mmで、有意差は認められなかった。手術時間に有意な群間差はなかった。

  • 上腕骨近位端骨折続発症に対するリバース型人工肩関節置換術の短期成績

    飯尾 亮介, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 中澤 克優, 山下 竜一, 岡田 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   46 ( 2 )   309 - 312   2022年10月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    上腕骨近位端骨折続発症に対するリバース型人工肩関節置換術(以下RSA)の短期成績について検討したので報告する.対象は上腕骨近位端骨折続発症に対して,RSAを施行し術後1年以上経過観察可能であった17肩である.評価項目は術後1年時の自動可動域(屈曲,外転,外旋,結帯動作),疼痛,日本整形外科学会肩関節疾患治療成績判定基準(以下JOAスコア)とし,既往手術・RSA術後の大結節の異常の有無と術後成績との関連についても検討した.術後屈曲,外転,JOAスコアは術前後で有意な改善を認めた.また,既往手術なし群はあり群と比較して術後外転可動域が有意に高い値であったが,大結節の異常の有無で術後臨床成績に有意差はなかった.上腕骨近位端骨折続発症に対するRSAは術後成績の改善を認めたが,手術の既往,大結節の治癒が術後成績に影響する可能性があり,初回の治療選択の見極めが重要であり,手術手技の工夫も要すると考えられた.(著者抄録)

  • リバース型人工肩関節置換術後感染に対して持続的局所抗菌薬灌流を施行した一例

    橋村 剛, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 岡田 彩夏, 松田 淑伸, 中村 博亮

    肩関節   46 ( 1 )   236 - 240   2022年08月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    リバース型人工肩関節置換術(RSA)後感染に対して持続的局所抗菌薬灌流(CLAP)を施行した1例を経験したので報告する.症例は87歳女性.6ヵ月前に右肩化膿性関節炎を発症し,鏡視下デブリドマン施行.抗菌薬治療後にRSAを施行した.術後3週で創部に感染兆候出現し,各種検査所見よりRSA術後人工関節周囲感染と診断.洗浄,デブリドマン,インプラント交換及びCLAPを施行.術後1年で感染の再燃なく経過良好である.(著者抄録)

  • 上腕骨近位端骨折続発症に対するリバース型人工肩関節置換術の短期成績

    飯尾 亮介, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 中澤 克優, 山下 竜一, 岡田 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   46 ( 2 )   309 - 312   2022年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    上腕骨近位端骨折続発症に対するリバース型人工肩関節置換術(以下RSA)の短期成績について検討したので報告する.対象は上腕骨近位端骨折続発症に対して,RSAを施行し術後1年以上経過観察可能であった17肩である.評価項目は術後1年時の自動可動域(屈曲,外転,外旋,結帯動作),疼痛,日本整形外科学会肩関節疾患治療成績判定基準(以下JOAスコア)とし,既往手術・RSA術後の大結節の異常の有無と術後成績との関連についても検討した.術後屈曲,外転,JOAスコアは術前後で有意な改善を認めた.また,既往手術なし群はあり群と比較して術後外転可動域が有意に高い値であったが,大結節の異常の有無で術後臨床成績に有意差はなかった.上腕骨近位端骨折続発症に対するRSAは術後成績の改善を認めたが,手術の既往,大結節の治癒が術後成績に影響する可能性があり,初回の治療選択の見極めが重要であり,手術手技の工夫も要すると考えられた.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.46.309

  • リバース型人工肩関節置換術後感染に対して持続的局所抗菌薬灌流を施行した一例

    橋村 剛, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 岡田 彩夏, 松田 淑伸, 中村 博亮

    肩関節   46 ( 1 )   236 - 240   2022年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    リバース型人工肩関節置換術(RSA)後感染に対して持続的局所抗菌薬灌流(CLAP)を施行した1例を経験したので報告する.症例は87歳女性.6か月前に右肩化膿性関節炎を発症し,鏡視下デブリドマン施行.抗菌薬治療後にRSAを施行した.術後3週で創部に感染兆候出現し,各種検査所見よりRSA術後人工関節周囲感染と診断.洗浄,デブリドマン,インプラント交換及びCLAPを施行.術後1年で感染の再燃なく経過良好である.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.46.236

  • リバース型人工肩関節置換術における新座標系を用いた術前3次元評価システムの精度検証

    中澤 克優, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 岡田 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   46 ( 3 )   530 - 530   2022年( ISSN:09104461

     詳細を見る

  • リバース型人工肩関節置換術におけるインプラントデザインでのImpingement-free ROMの比較検討

    山下 竜一, 中澤 克優, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 飯尾 亮介, 岡田 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   46 ( 3 )   531 - 531   2022年( ISSN:09104461

     詳細を見る

  • リバース型人工肩関節置換術において術後画像のROMシミュレーションは術後可動域と相関するのか?

    中澤 克優, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 岡田 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   46 ( 3 )   529 - 529   2022年( ISSN:09104461

     詳細を見る

  • リバース型人工肩関節置換の術後2年以上経過例における上腕骨ステム周囲の単純X線評価

    岡田 彩夏, 間中 智哉, 平川 義弘, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 松田 淑伸, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 中村 博亮

    肩関節   46 ( 3 )   527 - 527   2022年( ISSN:09104461

     詳細を見る

  • RSAにおけるラーニングカーブと臨床成績に与える影響

    平川 義弘, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 岡田 彩夏, 窪田 直弥, 中村 博亮

    肩関節   46 ( 3 )   526 - 526   2022年( ISSN:09104461

     詳細を見る

  • 新座標系を用いたリバース型人工肩関節置換術後3次元評価システムの精度検証

    間中 智哉, 中澤 克優, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 岡田 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   46 ( 3 )   523 - 523   2022年( ISSN:09104461

     詳細を見る

  • 骨孔式ARCRとスーチャーブリッジ法のコスト及び臨床成績比較

    窪田 直弥, 間中 智哉, 平川 義弘, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 岡田 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   46 ( 3 )   514 - 514   2022年( ISSN:09104461

     詳細を見る

  • 凍結肩に対する非観血関節授動術後のリハビリテーションの注意点

    黒瀬 健太, 間中 智哉, 清水 勇人

    肩関節   45 ( 2 )   382 - 386   2021年11月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    凍結肩に対して非観血的関節授動術は,良好な成績との報告があるが,術後可動域の悪化や肩痛が再発したとの報告もある.そこで今回,凍結肩と診断され非観血的関節授動術を行った24例24肩を対象とし,術後1週~術後1年の自動可動域ならびに疼痛の推移について調査した.疼痛に関しては,Visual Analogue Scale(以下,VAS)で評価した.自動可動域は,術前で屈曲・下垂位外旋・内旋がそれぞれ,100±12°,14±12°,臀部±1,術後1週で,163±11°,39±12°,L1±1,と術前よりも有意に改善していた.疼痛においても,術前で,85±18mm,術後1週で27±25mm,と有意に改善しており,早期に自動可動域改善・除痛が可能であった.しかし,疼痛は,術後1ヵ月でVAS 13±15mmとなるものの術後2ヵ月で24±25mm有意に再燃していた.術後2ヵ月時は自動可動域の改善が良好であるにも関わらず,疼痛が再燃する傾向にあるため,医師と連携し疼痛対策を講じる必要があるものと考えられた.(著者抄録)

  • Comparison of Occurrence of Bone Tunnel Laceration, Clinical Results, and Cuff Repair Integrity of Transosseous Arthroscopic Rotator Cuff Repair With and Without Lateral Cortical Augmentation.

    Hirakawa Y, Manaka T, Ito Y, Matsuda Y, Nakazawa K, Iio R, Nakamura H

    Arthroscopy, sports medicine, and rehabilitation   3 ( 4 )   e981 - e988   2021年08月

     詳細を見る

  • 凍結肩に対する非観血的関節授動術後のリハビリテーションの注意点

    黒瀬 健太, 間中 智哉, 清水 勇人

    肩関節   45 ( 2 )   382 - 386   2021年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    凍結肩に対して非観血的関節授動術は,良好な成績との報告があるが,術後可動域の悪化や肩痛が再発したとの報告もある.そこで今回,凍結肩と診断され非観血的関節授動術を行った24例24肩を対象とし,術後1週~術後1年の自動可動域ならびに疼痛の推移について調査した.疼痛に関しては,Visual Analogue Scale(以下,VAS)で評価した.自動可動域は,術前で屈曲・下垂位外旋・内旋がそれぞれ,100 ± 12° ,14 ± 12° ,殿部 ± 1,術後1週で,163 ± 11° ,39 ± 12° ,L1 ± 1,と術前よりも有意に改善していた.疼痛においても,術前で,85 ± 18mm,術後1週で27 ± 25mm,と有意に改善しており,早期に自動可動域改善・除痛が可能であった.しかし,疼痛は,術後1か月でVAS 13 ± 15mmとなるものの術後2か月で24 ± 25mm有意に再燃していた.術後2か月時は自動可動域の改善が良好であるにも関わらず,疼痛が再燃する傾向にあるため,医師と連携し疼痛対策を講じる必要があるものと考えられた.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.45.382

    CiNii Article

  • リバース型人工肩関節置換術におけるインプラント設置状態が可動域に与える影響 -3次元可動域シミュレーションを用いた検討-

    中澤 克優, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 岡田 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   45 ( 3 )   436 - 436   2021年( ISSN:09104461

  • セメントレスshort-stemを用いたリバース型人工肩関節置換術後2年のインプラント周囲の単純X線変化

    山下 竜一, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 岡田 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   45 ( 3 )   462 - 462   2021年( ISSN:09104461

  • スーチャーブリッジ法による鏡視下腱板修復術後における患者満足度に関連する因子の検討

    岡田 彩夏, 間中 智哉, 飯尾 亮介, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中澤 克優, 山下 竜一, 中村 博亮

    肩関節   45 ( 3 )   444 - 444   2021年( ISSN:09104461

  • グレノスフィアのサイズがリバース型人工肩関節置換術後可動域に与える影響 -3次元可動域シミュレーションを用いた検討-

    間中 智哉, 平川 義弘, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 松田 淑伸, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 岡田 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   45 ( 3 )   437 - 437   2021年( ISSN:09104461

  • Interposed Trans-osseous法による骨孔式ARCRの治療成績

    松田 淑伸, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 岡田 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   45 ( 3 )   448 - 448   2021年( ISSN:09104461

  • Arthro Tunneler<SUP>TM</SUP> を用いた骨孔式鏡視下腱板修復術後における患者満足度に関連する因子の検討

    飯尾 亮介, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中澤 克優, 山下 竜一, 岡田 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   45 ( 3 )   449 - 449   2021年( ISSN:09104461

  • 3D 術前シミュレーションソフトウェアを用いたリバース型人工肩関節置換術の可動域 -Medialized 型とLateralized 型の比較-

    平川 義弘, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 松田 淑伸, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 岡田 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   45 ( 3 )   435 - 435   2021年( ISSN:09104461

  • リバース型人工肩関節置換術における術後3次元評価システムの精度検証 2次元計測との比較

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 富本 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   44 ( 2 )   425 - 428   2020年11月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    リバース型人工肩関節置換術の術後CT画像を使用し,2次元(以下,2D)評価と3次元(以下,3D)評価を行い,検者間及び検者内信頼性を検証した.対象は12例.2D評価として,SYNAPSE VINCENTを用いて計測した.3D評価として,Zed Shoulderを用いた.肩甲骨関節窩傾斜角(以下,GI),肩甲骨関節窩前後捻角(以下,GV),ステム後捻角(以下,SR),上腕骨オフセット(以下,HO)を計測した.2名の整形外科医で,1ヵ月以上の間隔を空けて2回計測した.2D計測と3D計測の検者間及び検者内信頼性を級内相関係数(ICC)にて算出した.検者間信頼性において2D計測のGI,SRと3D計測のHOが低く,検者内信頼性において2D計測のGV,HOと3D計測のSR,HOが低かった.今後,3D評価のさらなる再現性と正確性の確立のため,3Dで各種パラメータを自動表示するために必要な肩甲骨及び上腕骨上の特徴的な点をとる方法を検討する必要がある.(著者抄録)

  • リバース型人工肩関節置換術後1年の臨床成績の年代別比較

    山下 竜一, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 富本 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   44 ( 2 )   409 - 412   2020年11月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    リバース型人工肩関節置換術(以下,RSA)術後1年の臨床成績及び周術期合併症発生率を年代別に比較した.対象はRSAを施行した122肩である.術前,術後1年に肩関節自動可動域,Constant score,VASを評価した.手術時年齢を80歳未満群(以下,U群)85肩,80歳以上群(以下,O群)37肩の2群に分けて比較検討した.両群ともに術前と比較して術後1年で,屈曲,外転,Constant score,VASの有意な改善がみられた.術前から術後1年での臨床成績の改善値は,屈曲,外転,下垂位外旋,Constant score,VASでは両群に有意差を認めなかったが,結帯に関してはU群が有意に低下していた.周術期合併症発生率はU群で16.5%,O群で8.1%であった.術後1年の臨床成績の改善値は,結帯を除いて両群に有意差はなく,周術期合併症発生率も両群に有意差を認めなかった.(著者抄録)

  • リバース型人工肩関節置換術における術前3次元評価システムの再現性評価

    中澤 克優, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 富本 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   44 ( 1 )   196 - 200   2020年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    リバース型人工肩関節置換術の術前CT画像を使用し,2次元(以下,2D)評価と3次元(以下,3D)評価を行い,検者間及び検者内信頼性を検証した.対象は12例.3D評価として,術前に1mmスライスで撮像したCTのaxial像のDICOMデータをLEXI社Zed Shoulderに読み込み関節窩傾斜角(以下,GI),関節窩前後捻角(以下,GV),上腕骨後捻角(以下HR),関節窩最大高(以下,GH),関節窩最大幅(以下,GW)を計測した.一方,2D評価として単純CTを用い計測した.2名の整形外科医で,1ヵ月以上の間隔にて2回計測した.2D計測と3D計測の検者間及び検者内信頼性を級内相関係数(ICC)にて算出した.検者間信頼性において2D計測のGI,GVと3D計測のGI,GV,HRが低く,検者内信頼性において2D計測のGI,GVと3D計測のGIが低かった.今後,3D評価のさらなる再現性と正確性の確立のため,参照点デジタイズの方法の改良および座標系の再構築を行う必要性がある.(著者抄録)

  • 人工肩関節全置換術後の反復性肩関節後方脱臼に対してリバース型人工肩関節置換術を施行した一例

    富本 彩夏, 間中 智哉, 中澤 克優, 伊藤 陽一, 中村 博亮

    肩関節   44 ( 1 )   213 - 217   2020年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    人工肩関節全置換術(以下,TSA)術後の反復性肩関節後方脱臼に対して,リバース型人工肩関節置換術(以下,RSA)を施行した1例を経験したので報告する.症例は86歳女性で,肩関節単純X線でTSA後の上腕骨頭の上方化,CTでグレノイドコンポーネントの後捻と上腕骨頭の後方亜脱臼を認めた.ステムとグレノイドコンポーネントを抜去し,Norris法による腸骨移植を併用し,RSAを施行した.術後1年で再脱臼を認めることなく経過良好である.(著者抄録)

  • 陳旧性肩関節前方脱臼に対するリバース型人工肩関節置換術の短期臨床成績

    松田 淑伸, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 中村 博亮

    肩関節   44 ( 1 )   21 - 24   2020年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    陳旧性肩関節前方脱臼に対して様々な治療法が報告されている.本研究の目的は陳旧性肩関節前方脱臼に対するリバース型人工肩関節置換術(以下RSA)の短期臨床成績を評価することである.対照は10例10肩,女性9肩,男性1肩で,手術時平均年齢は78.4歳であった.臨床成績は術前,術後1年時に評価し,肩関節自動可動域(屈曲,外転,下垂位外旋,内旋),日本整形外科学会肩関節疾患治療成績判定基準(以下JOAスコア),Constantスコアを測定した.肩関節自動可動域は屈曲が術前平均46.5度から術後1年で平均104度に,外転が術前平均46.5度から術後1年で平均92度に,下垂位外旋が術前平均-6.5度から術後1年で平均11.5度に,結帯スコアは術前平均1.6点が術後1年で平均4点に,JOAスコアは術前平均32.6点が術後1年で平均67.4点に,Constantスコアは術前平均23.3点が術後1年で平均50.3点に有意に改善みられた(全てp<0.05).陳旧性肩関節前方脱臼に対するRSAの術後1年での臨床成績は良好であった.(著者抄録)

  • 鏡視下手術の進歩--小関節から脊椎まで Ⅱ.肩関節 L字型骨孔作製デバイスを用いた骨孔式鏡視下腱板修復術の実際

    平川 義弘, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 松田 淑伸, 中村 博亮

    別冊整形外科   1 ( 77 )   51 - 56   2020年04月( ISSN:02871645

     詳細を見る

  • 陳旧性肩関節後方脱臼骨折に対してリバース型人工肩関節置換術を施行した1例

    増田 翔, 間中 智哉, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 中村 博亮

    骨折   42 ( 2 )   389 - 392   2020年03月( ISSN:0287-2285

     詳細を見る

    【緒言】陳旧性肩関節後方脱臼骨折に対して、リバース型人工肩関節置換術(以下、RSA)を施行した1例を経験したので報告する。【症例】73歳、女性。8ヵ月前に右肩を強打し、単純X線にて上腕骨大結節骨折を指摘され、保存的加療を行っていた。疼痛が持続するためにCTを撮影し、右肩関節後方脱臼骨折を認めたために前医紹介となり、観血的骨接合術を施行した。しかし、術後再脱臼を認めたために当科紹介となった。身体所見では右肩関節の著明な可動域制限、画像検査では上腕骨頭の後方脱臼、大結節の後内側転位、腱板の脂肪変性を認めた。本症例に対して、GPSナビゲーションを用いてRSAを施行した。【考察】本症例では脱臼期間が8ヵ月であること、腱板の脂肪変性を認めたこと、転位した大結節が修復困難であったことから、腱板機能不全例に対しても挙上動作の回復が可能となるRSAを選択し良好な成績を得た。(著者抄録)

  • 従来法とナビゲーション使用例におけるリバース型人工肩関節置換術後の肩甲骨コンポーネント設置状態の比較

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 富本 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   44 ( 3 )   510 - 510   2020年( ISSN:09104461

  • 人工肩関節全置換術後の反復性肩関節後方脱臼に対してリバース型人工肩関節置換術を施行した一例

    富本 彩夏, 間中 智哉, 中澤 克優, 伊藤 陽一, 中村 博亮

    肩関節   44 ( 1 )   213 - 217   2020年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    人工肩関節全置換術(以下,TSA)術後の反復性肩関節後方脱臼に対して,リバース型人工肩関節置換術(以下,RSA)を施行した1例を経験したので報告する.症例は86歳女性で,肩関節単純X線でTSA後の上腕骨頭の上方化,CTでグレノイドコンポーネントの後捻と上腕骨頭の後方亜脱臼を認めた.ステムとグレノイドコンポーネントを抜去し,Norris法による腸骨移植を併用し, RSAを施行した.術後1年で再脱臼を認めることなく経過良好である.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.44.213

    CiNii Article

  • リバース型人工肩関節置換術後1年の臨床成績の年代別比較

    山下 竜一, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 富本 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   44 ( 2 )   409 - 412   2020年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    リバース型人工肩関節置換術(以下,RSA)術後1年の臨床成績及び周術期合併症発生率を年代別に比較した.対象はRSAを施行した122肩である.術前,術後1年に肩関節自動可動域,Constant score,VASを評価した.手術時年齢を80歳未満群(以下,U群)85肩,80歳以上群(以下,O群)37肩の2群に分けて比較検討した.両群ともに術前と比較して術後1年で,屈曲,外転,Constant score,VASの有意な改善がみられた.術前から術後1年での臨床成績の改善値は,屈曲,外転,下垂位外旋,Constant score,VASでは両群に有意差を認めなかったが,結帯に関してはU群が有意に低下していた.周術期合併症発生率はU群で16.5%,O群で8.1%であった.術後1年の臨床成績の改善値は,結帯を除いて両群に有意差はなく,周術期合併症発生率も両群に有意差を認めなかった.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.44.409

    CiNii Article

  • リバース型人工肩関節置換術の術中術後合併症 -256例の経験-

    伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 富本 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   44 ( 3 )   508 - 508   2020年( ISSN:09104461

  • リバース型人工肩関節置換術のインプラント設置位置は術後筋力に影響するか?

    中澤 克優, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 富本 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   44 ( 3 )   512 - 512   2020年( ISSN:09104461

  • リバース型人工肩関節置換術における術後3次元評価システムの精度検証 -2次元計測との比較-

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 富本 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   44 ( 2 )   425 - 428   2020年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    リバース型人工肩関節置換術の術後CT画像を使用し,2次元(以下,2D)評価と3次元(以下,3D)評価を行い,検者間及び検者内信頼性を検証した.対象は12例.2D評価として,SYNAPSE VINCENT<SUP>®</SUP>を用いて計測した.3D評価として,Zed Shoulder<SUP>®</SUP>を用いた.肩甲骨関節窩傾斜角(以下,GI),肩甲骨関節窩前後捻角(以下,GV),ステム後捻角(以下,SR),上腕骨オフセット(以下,HO)を計測した.2名の整形外科医で,1か月以上の間隔を空けて2回計測した.2D計測と3D計測の検者間及び検者内信頼性を級内相関係数(ICC)にて算出した.検者間信頼性において2D計測のGI,SRと3D計測のHOが低く,検者内信頼性において2D計測のGV,HOと3D計測のSR,HOが低かった.今後,3D評価のさらなる再現性と正確性の確立のため,3Dで各種パラメータを自動表示するために必要な肩甲骨及び上腕骨上の特徴的な点をとる方法を検討する必要がある.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.44.425

    CiNii Article

  • リバース型人工肩関節置換術における術前3次元評価システムの再現性評価

    中澤 克優, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 富本 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   44 ( 1 )   196 - 200   2020年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    リバース型人工肩関節置換術の術前CT画像を使用し,2次元(以下,2D)評価と3次元(以下,3D)評価を行い,検者間及び検者内信頼性を検証した.対象は12例.3D評価として,術前に1mmスライスで撮像したCTのaxial像のDICOMデータをLEXI社Zed Shoulder<SUP>®</SUP>に読み込み関節窩傾斜角(以下,GI),関節窩前後捻角(以下,GV),上腕骨後捻角(以下HR),関節窩最大高(以下,GH),関節窩最大幅(以下,GW)を計測した.一方,2D評価として単純CTを用い計測した.2名の整形外科医で,1か月以上の間隔にて2回計測した.2D計測と3D計測の検者間及び検者内信頼性を級内相関係数(ICC)にて算出した.検者間信頼性において2D計測のGI,GVと3D計測のGI,GV,HRが低く,検者内信頼性において2D計測のGI,GVと3D計測のGIが低かった.今後,3D評価のさらなる再現性と正確性の確立のため,参照点デジタイズの方法の改良および座標系の再構築を行う必要性がある.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.44.196

    CiNii Article

  • リバース型人工肩関節置換術における患者満足度に関連する因子の検討

    飯尾 亮介, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中澤 克優, 山下 竜一, 中村 博亮

    肩関節   44 ( 3 )   509 - 509   2020年( ISSN:09104461

  • リバース型人工肩関節全置換術の臨床成績 -利き手側の影響-

    中澤 克優, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 富本 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   44 ( 3 )   511 - 511   2020年( ISSN:09104461

  • 正常肩甲帯動態の加齢性変化

    市川 耕一, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 松田 淑伸, 平川 義弘, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 富本 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   44 ( 3 )   493 - 493   2020年( ISSN:09104461

  • 陳旧性肩関節前方脱臼に対するリバース型人工肩関節置換術の短期臨床成績

    松田 淑伸, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 中村 博亮

    肩関節   44 ( 1 )   21 - 24   2020年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    陳旧性肩関節前方脱臼に対して様々な治療法が報告されている.本研究の目的は陳旧性肩関節前方脱臼に対するリバース型人工肩関節置換術(以下RSA)の短期臨床成績を評価することである.対照は10例10肩,女性9肩,男性1肩で,手術時平均年齢は78.4才であった.臨床成績は術前,術後1年時に評価し,肩関節自動可動域(屈曲,外転,下垂位外旋,内旋),日本整形外科学会肩関節疾患治療成績判定基準(以下JOAスコア),Constantスコアを測定した.肩関節自動可動域は屈曲が術前平均46.5度から術後1年で平均104度に,外転が術前平均46.5度から術後1年で平均92度に,下垂位外旋が術前平均-6.5度から術後1年で平均11.5度に,結帯スコアは術前平均1.6点が術後1年で平均4点に,JOAスコアは術前平均32.6点が術後1年で平均67.4点に,Constantスコアは術前平均23.3点が術後1年で平均50.3点に有意に改善みられた(全てp < 0.05).陳旧性肩関節前方脱臼に対するRSAの術後1年での臨床成績は良好であった.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.44.21

    CiNii Article

  • リバース型人工肩関節置換術におけるMPR解析を用いたベースプレート及びスクリュー設置状態の検討

    飯尾 亮介, 平川 義弘, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中澤 克優, 山下 竜一, 中村 博亮

    肩関節   43 ( 2 )   630 - 633   2019年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    本研究の目的はリバース型人工肩関節置換術(Reverse shoulder arthroplasty:以下RSA)術後CTをMulti-planer reconstruction解析(以下MPR解析)することにより理想的なスクリュー長を検討することである.対象はRSAを施行し術後CTでMPR解析が可能であった19例19肩で,使用機種は全例Aequalis Ascend Flex(Wright Medical Inc,Memphis,USA)であった.術後CTを用いてベースプレートの設置位置とセンターペグ及びスクリュー挿入方向に存在する骨長をMPR解析する事により評価した.ベースプレートのセンターペグ方向への骨長はベースプレートから体側の骨皮質まで平均26.3mmであり,ベースプレート固定に用いた上方スクリュー方向,前方スクリュー方向,下方スクリュー方向,後方スクリュー方向への平均骨長はベースプレートから骨皮質までそれぞれ16.7mm,17.3mm,25.5mm,17.6mmであった.ベースプレート周囲には肩甲上神経が走行しており,骨長を大きく上回るスクリューは神経損傷を生じる可能性があり,最適なスクリュー長を決定する必要がある.(著者抄録)

  • 腱板大断裂・広範囲断裂に対するスーチャーブリッジ法と骨孔法の比較(第2報)

    松田 淑伸, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 中村 博亮

    肩関節   43 ( 2 )   570 - 572   2019年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    腱板大断裂・広範囲断裂に対する鏡視下腱板修復術においてsuture bridge法(以下SB法)と骨孔法(以下TO法)を比較検討した.対象は42例42肩,SB法は20肩,TO法は22肩であった.手術時間,術中使用したインプラント費用,術後1年時の臨床成績及び菅谷分類を用いた腱板修復状態を2群間で比較検討した.手術時間はSB法と比較してTO法で有意に短時間であった.インプラント費用はSB法と比較してTO法で有意に低額であった.術前と比較して術後1年時の臨床成績は両群ともに有意に改善みられたが,2群間で有意差は認めなかった.腱板再断裂率はSB法では36.8%,TO法では18.2%であったが,2群間で有意差は認めなかった.腱板大断裂・広範囲断裂に対するSB法とTO法の臨床成績,腱板修復状態は同等であったが,手術時間はTO法で有意に短時間であり,術中使用したインプラント費用はTO法で有意に低額であった.(著者抄録)

  • 高度関節窩骨欠損症例に対するリバース型人工肩関節置換術の治療成績

    中澤 克優, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 中村 博亮

    肩関節   43 ( 2 )   634 - 637   2019年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    【目的】本研究の目的は,高度関節窩骨欠損症例に対するリバース型人工肩関節置換術(以下RSA)の対処法及び治療成績を検討することである.【対象と方法】対象は5肩で,平均関節窩骨欠損割合は関節面最大横径レベルで67%であった.高度関節窩骨欠損症例に対するRSAの対処法及び臨床成績を検討した.【結果】4肩において上腕骨頭を用いて移植骨を作成し,新鮮化した関節窩縁に圧着させ仮固定した後にベースプレートを設置した.1肩では,Norris法による腸骨移植を用いてベースプレートを設置した.1肩において,glenoid componentの上方傾斜を認めたが,glenoid componentのゆるみは認めず,自動可動域とJOAスコアは改善した.【考察・結論】高度関節窩骨欠損症例に対するRSAでは,骨欠損の形状に合わせた骨移植を併用しベースプレートを設置することが重要である.また,肩甲骨形態を正確に把握することが難しいため手術手技を工夫する必要がある.(著者抄録)

  • Intraoperative bone tunnel laceration affects integrity of arthroscopic transosseous rotator cuff repair with a tunneling device

    Hirakawa Y.

    Current Orthopaedic Practice   30 ( 4 )   336 - 342   2019年07月( ISSN:19407041

     詳細を見る

  • リバース型人工肩関節置換術後1年経過例における上腕骨ステム周囲の単純X線評価

    平川 義弘, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 中村 博亮

    肩関節   43 ( 4 )   942 - 942   2019年( ISSN:09104461

  • リバース型人工肩関節置換術におけるインプラント接触圧の術中測定

    伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 飯尾 亮介, 中沢 克優, 山下 竜一, 中村 博亮

    肩関節   43 ( 4 )   940 - 940   2019年( ISSN:09104461

  • リバース型人工肩関節置換術におけるインプラント接触圧と術後早期可動域との関連性

    伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 飯尾 亮介, 中沢 克優, 山下 竜一, 中村 博亮

    肩関節   43 ( 4 )   939 - 939   2019年( ISSN:09104461

  • リバース型人工肩関節置換術におけるMPR解析を用いたベースプレート及びスクリュー設置状態の検討

    飯尾 亮介, 平川 義弘, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中澤 克優, 山下 竜一, 中村 博亮

    肩関節   43 ( 2 )   630 - 633   2019年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    本研究の目的はリバース型人工肩関節置換術(Reverse shoulder arthroplasty:以下RSA)術後CTをMulti-planer reconstruction解析(以下MPR解析)することにより理想的なスクリュー長を検討することである.対象はRSAを施行し術後CTでMPR解析が可能であった19例19肩で,使用機種は全例Aequalis Ascend Flex<SUP>TM</SUP>(Wright Medical Inc, Memphis, USA)であった.術後CTを用いてベースプレートの設置位置とセンターペグ及びスクリュー挿入方向に存在する骨長をMPR解析する事により評価した.ベースプレートのセンターペグ方向への骨長はベースプレートから体側の骨皮質まで平均26.3mmであり,ベースプレート固定に用いた上方スクリュー方向,前方スクリュー方向,下方スクリュー方向,後方スクリュー方向への平均骨長はベースプレートから骨皮質までそれぞれ16.7mm,17.3mm,25.5mm,17.6mmであった.ベースプレート周囲には肩甲上神経が走行しており,骨長を大きく上回るスクリューは神経損傷を生じる可能性があり,最適なスクリュー長を決定する必要がある.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.43.630

    CiNii Article

  • ピッグテール形状カテーテルを用いた持続斜角筋間ブロックにおけるカテーテル留置位置の比較検討

    清水 勇人, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 飯尾 亮介, 中澤 克優, 山下 竜一, 中村 博亮

    肩関節   43 ( 4 )   944 - 944   2019年( ISSN:09104461

  • 肩関節鏡視下手術後の疼痛管理における新型カテーテルを用いた持続斜角筋間ブロックの有用性 -既存カテーテルとの比較検討-

    清水 勇人, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 飯尾 亮介, 中沢 克優, 山下 竜一, 中村 博亮

    肩関節   43 ( 4 )   945 - 945   2019年( ISSN:09104461

  • 高度関節窩骨欠損症例に対するリバース型人工肩関節置換術の治療成績

    中澤 克優, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 中村 博亮

    肩関節   43 ( 2 )   634 - 637   2019年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    <b>【目的】</b> 本研究の目的は,高度関節窩骨欠損症例に対するリバース型人工肩関節置換術(以下RSA)の対処法及び治療成績を検討することである.<BR><b>【対象と方法】</b> 対象は5肩で,平均関節窩骨欠損割合は関節面最大横径レベルで67%であった.高度関節窩骨欠損症例に対するRSAの対処法及び臨床成績を検討した.<BR><b>【結果】</b> 4肩において上腕骨頭を用いて移植骨を作成し,新鮮化した関節窩縁に圧着させ仮固定した後にベースプレートを設置した.1肩では,Norris法による腸骨移植を用いてベースプレートを設置した.1肩において,glenoid componentの上方傾斜を認めたが,glenoid componentのゆるみは認めず,自動可動域とJOAスコアは改善した.<BR><b>【考察・結論】</b> 高度関節窩骨欠損症例に対するRSAでは,骨欠損の形状に合わせた骨移植を併用しベースプレートを設置することが重要である.また,肩甲骨形態を正確に把握することが難しいため手術手技を工夫する必要がある.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.43.634

    CiNii Article

  • 腱板大断裂 ・ 広範囲断裂に対するスーチャーブリッジ法と骨孔法の比較

    松田 淑伸, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 中村 博亮

    肩関節   43 ( 2 )   570 - 572   2019年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    腱板大断裂・広範囲断裂に対する鏡視下腱板修復術においてsuture bridge法(以下SB法)と骨孔法(以下TO法)を比較検討した.対象は42例42肩,SB法は20肩,TO法は22肩であった.手術時間,術中使用したインプラント費用,術後1年時の臨床成績及び菅谷分類を用いた腱板修復状態を2群間で比較検討した.手術時間はSB法と比較してTO法で有意に短時間であった.インプラント費用はSB法と比較してTO法で有意に低額であった.術前と比較して術後1年時の臨床成績は両群ともに有意に改善みられたが,2群間で有意差は認めなかった.腱板再断裂率はSB法では36.8%,TO法では18.2%であったが,2群間で有意差は認めなかった.腱板大断裂・広範囲断裂に対するSB法とTO法の臨床成績,腱板修復状態は同等であったが,手術時間はTO法で有意に短時間であり,術中使用したインプラント費用はTO法で有意に低額であった.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.43.570

    CiNii Article

  • 連載 専門医試験をめざす症例問題トレーニング 肩甲骨・肩・肘関節疾患

    間中 智哉

    整形外科   69 ( 13 )   1358 - 1363   2018年12月( ISSN:00305901

  • 【整形外科領域における医療技術のいま】トモシンセシスを用いたリバース型人工肩関節置換術の骨欠損の検出における有用性の検討

    平川 義弘, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 箕田 行秀, 市川 耕一, 中村 博亮

    映像情報Medical   50 ( 10 )   8 - 11   2018年09月( ISSN:1346-1354

     詳細を見る

    豚の肩甲骨を用いたリバース型人工肩関節置換術(RSA)のベースプレート周囲骨欠損の検出感度と特異度を単純X線像、CT、トモシンセシスで比較検討した。豚肩甲骨4体を使用してRSAを施行した。コントロールモデル、前方骨欠損モデル、後方骨欠損モデル、下方骨欠損モデルを作製し、全モデルに対して単純X線、CT、トモシンセシスにより画像撮像を行った。単純X線による判定では下方骨欠損モデルは感度、特異度ともに100%であったが、前方骨欠損、後方骨欠損の骨欠損検出感度は25%、9%と低い値であった。CTによる評価では骨欠損検出感度はコントロールで58%、前方骨欠損で25%、後方骨欠損で33%、下方骨欠損で50%とスクリューとベースプレートの金属のアーチファクトにより骨欠損の検出は低い値となった。一方、トモシンセシスでは、前方、後方の骨欠損ともに骨欠損部の輪郭を明瞭に確認することができ、前方骨欠損、後方骨欠損ともに骨欠損検出感度は83%と高い値になっていた。

  • リバース型人工肩関節置換術後の臨床成績評価 患者立脚型評価と医師主導型評価の違いから

    平田 義弘, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   42 ( 2 )   559 - 562   2018年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    目的はリバース型人工肩関節置換術(以下、RSA)の術前術後経過をShoulder 36(以下、Sh36)とJOA scoreを用いて評価し、その関連性を検討することである。対象はRSAを施行した33例34肩(男9例、女24例)である。手術時平均年齢は77歳(70歳~90歳)であった。術前、術後6ヵ月、術後12ヵ月にSh36及びJOA scoreを評価した。各スコアの経時的な改善を評価し、各時期のJOA scoreとSh36ドメインの一致する各項目の相関関係を統計学的に評価した。JOA score、Sh36の全項目は術前から術後6ヵ月、1年で有意に改善した。JOA scoreの各項目とSh36の各ドメインの相関関係は評価時期により異なることが示唆された。(著者抄録)

  • リバース型人工肩関節置換術における各機種間の側方及び下方オフセットの比較検討

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   42 ( 2 )   563 - 566   2018年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    様々な特徴のあるリバース型人工肩関節置換術(以下、RSA)が導入されており、インプラントデザインは機種ごとに異なるため、術後獲得されるオフセットも様々である。本研究の目的は、5機種のRSAの側方オフセット及び下方オフセットを比較検討することである。対象は45肩。使用機種はAequalis reverse(以下、AR)、SMR reverse(以下、SMR)、DELTA XTEND(以下、DX)、Aequalis Ascend Flex(以下、AAF)、Comprehensive reverse(以下、CR)であった。術後肩関節正面のX線を用いて側方と下方のオフセットを計測した。平均側方オフセットはAAF、CRがそれぞれAR、SMR、DXと有意差を認めた。平均下方オフセットは各機種間に有意差を認めなかった。AAFとCRで側方オフセットが有意に大きく、三角筋のモメントアームや関節への圧迫力の増大が期待された。(著者抄録)

  • トモシンセシスを用いたリバース型人工肩関節置換術後のスカプラノッチの検出

    平川 義弘, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 箕田 行秀, 市川 耕一, 中村 博亮

    MEDICAL NOW   ( 84 )   44 - 47   2018年08月( ISSN:0916-8745

     詳細を見る

    豚肩甲骨4体を用いてリバース型人工肩関節置換術を施行した。コントロールモデル、前方骨欠損モデル、後方骨欠損モデル、下方骨欠損モデルを作製し、単純X線、CTおよびトモシンセシスにて画像撮影を行った。整形外科医12名の画像判定による評価を検査、各モデルの骨欠損の有無を疾患の有無と見立て、検出感度と特異度を算出した。その結果、単純X線による判定では下方骨欠損モデルは感度、特異度ともに100%であったが、前方骨欠損および後方骨欠損モデルの骨欠損検出感度は25%、9%と低く、下方骨欠損しか判定できなかった。CTによる判定では骨欠損検出感度はコントロールモデル58%、前方骨欠損モデル25%、後方骨欠損モデル33%、下方骨欠損モデル50%で、スクリューとプレートの金属のアーチファクトにより骨欠損の検出は低い値となった。トモシンセシスでは前方骨欠損、後方骨欠損モデルともに骨欠損部の輪郭を明瞭に確認でき、骨欠損検出感度は83%と高い値となった。

  • The accelerated effect of recombinant human bone morphogenetic protein 2 delivered by β-tricalcium phosphate on tendon-to-bone repair process in rabbit models.

    Hirakawa Y, Manaka T, Orita K, Ito Y, Ichikawa K, Nakamura H

    Journal of shoulder and elbow surgery   27 ( 5 )   894 - 902   2018年05月( ISSN:1058-2746

     詳細を見る

  • リバース型人工肩関節置換術後の臨床成績評価<BR>-患者立脚型評価と医師主導型評価の違いから-

    平川 義弘, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   42 ( 2 )   559 - 562   2018年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    目的はリバース型人工肩関節置換術(以下,RSA)の術前術後経過をShoulder36(以下,Sh36)とJOA scoreを用いて評価し,その関連性を検討する事である.対象はRSAを施行した33例34肩(男9例,女24例)である.手術時平均年齢は77歳(70歳~90歳)であった.術前,術後6カ月,術後12カ月にSh36及びJOA scoreを評価した.各スコアの経時的な改善を評価し,各時期のJOA scoreとSh36ドメインの一致する各項目の相関関係を統計学的に評価した.JOA score,Sh36の全項目は術前から術後6カ月,1年で有意に改善した.JOA scoreの各項目とSh36の各ドメインの相関関係は評価時期により異なる事が示唆された.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.42.559

    CiNii Article

  • リバース型人工肩関節置換術における各機種間の側方及び<BR>下方オフセットの比較検討

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   42 ( 2 )   563 - 566   2018年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    様々な特徴のあるリバース型人工肩関節置換術(以下,RSA)が導入されており,インプラントデザインは機種ごとに異なるため,術後獲得されるオフセットも様々である.本研究の目的は,5機種のRSAの側方オフセット及び下方オフセットを比較検討する事である.対象は45肩.使用機種はAequalis reverse(以下,AR),SMR reverse(以下,SMR),DELTA XTEND(以下,DX),Aequalis Ascend Flex(以下,AAF),Comprehensive reverse(以下,CR)であった.術後肩関節正面のX線を用いて側方と下方のオフセットを計測した.平均側方オフセットはAAF,CRがそれぞれAR,SMR,DXと有意差を認めた.平均下方オフセットは各機種間に有意差を認めなかった.AAFとCRで側方オフセットが有意に大きく,三角筋のモメントアームや関節への圧迫力の増大が期待された.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.42.563

    CiNii Article

  • Inappropriate implantable cardioverter defibrillator shocks-incidence, effect, and implications for driver licensing.

    Watanabe E, Okajima K, Shimane A, Ozawa T, Manaka T, Morishima I, Asai T, Takagi M, Honda T, Kasai A, Fujii E, Yamashiro K, Kohno R, Abe H, Noda T, Kurita T, Watanabe S, Ohmori H, Nitta T, Aizawa Y, Kiyono K, Okumura K

    Journal of interventional cardiac electrophysiology : an international journal of arrhythmias and pacing   49 ( 3 )   271 - 280   2017年09月( ISSN:1383-875X

     詳細を見る

  • 変形性肩鎖関節症に対する鏡視下鎖骨遠位端切除術の術後5年での臨床成績と画像評価

    松田 淑伸, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   41 ( 2 )   545 - 548   2017年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    変形性肩鎖関節症に対する鏡視下鎖骨遠位端切除術の術後5年での臨床成績と画像評価を行った.対象は有痛性変形性肩鎖関節症に対して鏡視下鎖骨遠位端切除術を施行した31例34肩,女性18例,男性13例,平均年齢は62歳であった.臨床成績は,肩関節の自動屈曲・外転可動域,肩鎖関節部の圧痛,肩関節水平内転ストレスでの肩鎖関節痛の誘発の4つの項目を,術前,術後1年,術後5年時に評価した.画像評価は単純X線の肩正面像で術後早期と5年時に肩峰と鎖骨遠位断端の距離を計測し,その変化値も評価した.自動屈曲・外転可動域は術前から術後5年にかけて有意に改善した.術後5年では肩鎖関節部の圧痛は軽度残存7肩20.6%に,水平内転ストレスでの肩鎖関節痛の誘発は残存1肩2.9%に改善した.鎖骨の切除量は平均13.6mmで,術直後から術後5年にかけて切除部間隙は17肩56.7%で狭小化し,11肩36.7%で開大,2肩6.7%で変化なしであった.異所性骨化のような陰影を2肩6.7%に認めた.(著者抄録)

  • リバース型人工肩関節置換術術後の経時的動態解析

    平川 義弘, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 池淵 充彦, 中島 重義, 市川 耕一, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   41 ( 2 )   581 - 585   2017年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    肩関節運動は,肩甲胸郭リズムと肩甲上腕リズムの密接な関連性により構成されており,両リズムに肩甲骨運動は重要な役割を担っている.正常肩における肩甲骨の動態解析に関する報告は散見されるが,リバース型人工肩関節置換術(以下,RSA)術後の肩甲骨の動態解析に関する情報は渉猟し得ない.今回我々は,THAナビゲーションに用いられている2D-3Dマッチング法を応用し新たに開発された肩関節動態解析ソフト(以下,GANESHA)を利用して,経時的なRSA術後の動態解析を行ったので報告する.対象は当科においてRSAを施行し,術後12ヵ月以上の経過観察が可能であった5例5肩(女性2例,男性3例)手術時平均年齢75.2歳(70~79歳)であった.術後3ヵ月,術後6ヵ月,術後12ヵ月に肩甲骨面上で,自動挙上0°,30°,60°,90°にて透視下にX線撮影を行った.術前のCT画像より得られた肩甲骨の三次元画像を利用しGANESHAを利用してセミオートマティックに肩甲骨の上方回旋角,外旋角,後方傾斜角の変化量の測定を行った.術後3ヵ月時,術後6ヵ月時,術後12ヵ月の自動挙上30°,60°,90°における肩甲骨3次元動態解析において,上方回旋角,外旋角,後方傾斜角に有意な差はみられなかった.RSA術後の経時的な肩関節挙上運動時の肩甲骨の動態解析により,術後肩甲骨の位置は術後3ヵ月以降に有意な変化はみられないと考えられた.(著者抄録)

  • 鏡視下腱板修復術におけるスーチャーブリッジ法と骨孔法の治療成績比較

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   41 ( 2 )   528 - 531   2017年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    鏡視下腱板修復術においてスーチャーブリッジ(SB)法と骨孔(TO)法を比較検討した.対象は,37例.手術は同一術者が行い,SB法は16例でTO法は21例であった.手術時間,インプラント費用,術中合併症,術後12ヵ月の臨床成績及び腱板修復状態を両縫合法間で比較検討した.手術時間は,TO法ではSB法と比較して有意に短かった.インプラント費用は,TO法はSB法と比較して有意に低かった.術中合併症は,SB法3例でTO法1例であった.術前と比較して術後12ヵ月では,両縫合法で平均自動屈曲及び外転可動域とJOA scoreは有意に改善していたが,両縫合法間の臨床成績に有意な差は認めなかった.また,腱板修復状態も両縫合法間に有意な差は認めなかった.腱板断裂に対するSB法とTO法の治療成績及び腱板修復状態は同等であったが,手術時間はTO法の方が短く,インプラント費用もTO法の方が低かった.(著者抄録)

  • 陳旧性上腕骨大結節骨折に対する鏡視下骨接合術の有用性

    濱 峻平, 平川 義弘, 間中 智哉, 市川 耕一, 松田 淑伸, 清水 勇人, 伊藤 陽一, 中村 博亮

    肩関節   41 ( 2 )   464 - 467   2017年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    本研究の目的は陳旧性上腕骨大結節骨折に対して,鏡視下骨接合術(Arthroscopic reduction and internal fixation,以下ARIF)を施行した症例の術後1年以上経過した治療成績を検討することである.対象は陳旧性上腕骨大結節骨折に対してARIFを施行した8例8肩(男4例,女4例)で,平均年齢は62.1歳(50歳-72歳),術後平均観察期間は4.8年(1年-10年)であった.手術は大結節骨片を骨欠損部に適合するように形態をトリミングした後,整復操作し,5例はdouble row法,3例は骨孔法で行った.術前および最終診察時の肩関節自動可動域,日本整形外科学会肩関節治療成績判定基準(JOAスコア)について調査した.全例術後1年で骨癒合し,可動域・JOAスコアも有意に改善を認め,陳旧性上腕骨大結節骨折に対するARIFは低侵襲で有効な術式であった.(著者抄録)

  • Favard分類E3タイプの腱板断裂性関節症に対してリバース型人工肩関節置換術を施行した1例

    八木 寛久, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 中村 博亮

    肩関節   40 ( 3 )   1067 - 1070   2017年03月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    症例は79歳男性で、当院初診の約1ヵ月前頃から右肩痛および右肩の腫脹が増悪したため前医を受診し、右肩関節穿刺を受け、約250mlの血腫を認めた。右肩痛および腫脹が改善せず、挙上困難も認めるため精査加療目的に当院紹介受診となった。腱板断裂性関節症および前胸部軟部腫瘍と診断し、上腕骨頭からの骨移植を併用したbony increased offset-reverse shoulder arthroplastyおよび広背筋移行術による外旋筋力の再建を行い、前胸部の腫瘤性病変に対しては腫瘍摘出術を施行した。30度の外転装具固定を行ったが、術後1週での単純X線とCTで前方脱臼を認めた。静脈麻酔下での非観血的整復術では整復困難であったため、全身麻酔下に観血的脱臼整復術とインプラントの再置換術を施行した。術後6ヵ月の肩関節自動可動域は、屈曲120度、外転70度、下垂位外旋20度、内旋臀部レベルに改善し、JOA scoreは79点であった。

  • 広範囲腱板断裂に対するInterposed Trans-Osseous法による鏡視下腱板修復術の有用性

    伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   40 ( 3 )   951 - 954   2017年03月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    広範囲腱板断裂に対しInterposed Trans-Osseousによる鏡視下腱板修復術を行った33例(ITO群)の治療成績について、従来法で鏡視下腱板修復術を行った28例(従来群)と比較検討した。その結果、手術時の骨孔亀裂割合は従来群の46%に対し、ITO群では9%と有意な減少を認めた。腱板再断裂率は、従来群で35.7%、ITO群で21.2%と、ITO群で減少傾向にあった。JOAスコアは両群ともに術後有意な改善を認め、両群間で有意差はみられなかった。以上より、広範囲腱板断裂に対するITO法は、概ね良好な臨床成績が得られる有効な治療法であると判断できた。

  • 巨大関節窩骨欠損を伴うCTAに対して上腕骨骨移植とRSAを施行した一例

    村上 将一, 平川 義弘, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 中村 博亮

    肩関節   40 ( 3 )   1074 - 1077   2017年03月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    症例は82歳女性で、数年前より右肩痛が増強し、近医にて右肩関節穿刺およびステロイド注射等の保存療法を受けていたが症状改善しなかった。右肩関節前後像では上腕骨頭は脱臼しており、CTでは肩甲骨関節窩前方成分の骨欠損を認めた。3D-CTでは関節窩の前後径に対して約52%の骨欠損を認めた。反復性肩関節脱臼に伴う著明な肩甲骨関節窩の骨欠損に対して、上腕骨頭からの骨移植を併用したリバース型人工肩関節置換術を施行した。術後療法は、4週間は外転位装具で固定を行い、理学療法は術翌日から術後4週まで他動可動域訓練のみ、術後4~8週は介助下自動可動域訓練、術後8週以降は自動可動域訓練を行った。術後1年で自動可動域は屈曲140度、外転120度、下垂位外旋0度、内旋L5、JOAスコアは73.5点に改善した。

  • リバース型人工肩関節置換術におけるCT画像評価の有用性 肩甲骨関節窩形態及びグレノイドコンポーネント設置位置を中心に

    澤田 雄大, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   40 ( 3 )   1055 - 1058   2017年03月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    CTを用いて術前の肩甲骨関節窩形態やリバース型人工肩関節置換術(RSA)後のグレノイドコンポーネント(GC)の設置位置を評価した。腱板断裂性関節症に対してRSAを施行した14肩14症例(女性8例、男性6例、平均79歳)を対象とした。評価項目は、肩甲骨関節窩およびGCの傾斜角、肩甲骨関節窩およびGCの前後捻角、GCの下方への張り出しとした。検討の結果、術前の肩甲骨関節窩傾斜角は5.7±8.5度、術後のGCの傾斜角は-6.9±8.1度であった。術前の肩甲骨関節窩の前後捻角は-1.2±8.5度、術後のGCの前後捻角は-2.1±9.2度、術後のGCの下方への張り出しは4.3±2.4mmであった。CTにて、術前の肩甲骨関節窩形態や術後のGCの設置評価が可能であった。

  • リバース型人工肩関節全置換術における、初回手術例と鏡視下手術術後再手術例間の短期臨床成績比較

    伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   40 ( 3 )   1043 - 1046   2017年03月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    偽性麻痺を伴う広範囲鍵板断裂症例43例44肩に対するリバース型人工肩関節全置換術(RSA)初回手術例と鏡視下手術失敗後のRSA再手術例の短期臨床成績を比較検討した。25肩(男性9例、女性16例、平均76.3±6.4歳)は初回手術時にPrimary RSAを施行し、19肩(男性5例、女性14例、平均77.7±6.2歳)は偽性麻痺が持続し再手術としてSecondary RSAを施行した。検討の結果、屈曲および外転に関して、術後3、6ヵ月では術前比較で有意な改善を認め、明らかな群間差はなかった。術後6ヵ月での下垂位の外旋筋力、術前および術後6ヵ月での45度外転時の外旋筋力は、再手術群の方が初回手術群より有意に低値であった。JOA scoreは術後経時的に有意な改善を認めたが、両群間に有意差を認めなかった。偽性麻痺を伴う広範囲腱板断裂症例に対するRSAにおいて、初回手術例でも再手術例でも、自動屈曲および外転可動域は良好な改善が期待できると考えられた。

  • 肩峰下滑液包内ガングリオン嚢胞に鏡視下手術を施行した1例

    山田 祐太郎, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 中村 博亮

    肩関節   40 ( 3 )   1071 - 1073   2017年03月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    症例は82歳女性で、当院受診の約1年前から右肩前面の腫瘤形成および動作時の疼痛を認めていた。近医にて穿刺吸引等の保存的加療を行うも再発を繰り返すために、当院紹介受診となった。画像所見から、右肩肩峰下滑液包内に発生した嚢胞(ガングリオン疑い)と診断し、疼痛を伴うため手術加療を行う方針とした。関節鏡視では肩甲上腕関節の軟骨菲薄化および骨棘形成を認め、関節症性変化をきたしていた。肩峰下滑液包鏡視では厚い被膜と黄色で粘稠性の液体を含むガングリオン嚢胞を認めた。肩鋒骨棘に対しては肩峰下除圧術を施行し、ガングリオン嚢胞を可及的に切除した。腫瘤は触知しなくなり同部位の疼痛は術後早期に消失した。術後1年の右肩関節自動可動域は、屈曲145度、外転140度、外旋40度、内旋L1と改善は乏しいものの疼痛の軽減が得られ、JOAスコアは78点まで改善した。

  • リバース型人工肩関節全置換術における結髪動作と肩関節機能について

    湯川 晃矢, 村西 壽祥, 中野 禎, 桑野 正樹, 小藤 定, 小倉 亜弥子, 三上 正和, 市川 耕一, 間中 智哉, 伊藤 陽一

    理学療法学Supplement   2016 ( 0 )   0059   2017年

     詳細を見る

    <p>【はじめに】</p><p></p><p>リバース型人工肩関節全置換術(以下,RSA)は,主に広範囲腱板断裂の修復不能例や修復術後の再断裂例に対する外科的治療法として,2014年から本邦にも導入された。RSAは肩甲上腕関節の凹凸形状により三角筋の張力とモーメントアームが増加することで,腱板機能が消失しても三角筋機能により上肢の挙上運動が可能となる。しかし,外旋機能が低下することも報告されており,結髪動作など外旋運動が必要とされる日常生活動作に影響することが考えられる。本研究の目的は,RSA術後における結髪動作について調査し,結髪動作に必要な肩関節機能を検討することである。</p><p></p><p>【方法】</p><p></p><p>対象はRSAを施行された18例18肩(男性8例,女性10例:平均年齢75.1±5.7歳)で,基礎疾患は広範囲腱板断裂であった。評価時期はRSA術後1年とし,結髪動作の評価指標は「手を頭の後ろにし,肘を前後に動かす」ことが良好な群(以下;G群)と不良な群(以下;P群)に分類した。肩関節機能の評価項目は自動可動域(屈曲・外転・下垂位外旋・外転90°位外旋),他動可動域(屈曲・外転・下垂位外旋・外転90°位外旋),肩関節筋力(屈曲・外転・下垂位外旋・外転90°位外旋)とした。両群における各評価値の比較はマン・ホイットニーのU検定を用いた。なお,有意水準は5%未満とした。</p><p></p><p>【結果】</p><p></p><p>G群は10名(男性5名,女性5名),P群は8名(男3名,女性5名)で両群の年齢・身長・体重に有意な差はなかった。肩関節機能は,自動可動域において屈曲がG群121.5±14.8°・P群86.4±25.6°,外転がG群119.0±21.4°・P群76.4±24.1°,下垂位外旋がG群26.0±10.1°・P群10.0±6.5°,外転90°位外旋がG群28.5±20.3°・P群5.5±11.1°とG群の方が有意に高かった(p<0.05)。他動可動域および筋力値に有意な差はなかった。</p><p></p><p>【考察】</p><p></p><p>結髪動作獲得について,中村らは腱板断裂や拘縮肩の症例において屈曲129.1°・外転111.2°・下垂位外旋20.0°・外転90°位外旋51.0°の自動可動域が必要と報告している。本研究においてもG群で同程度の自動可動域が示されたが,外転90°位外旋に関してはRSA症例が低値であり,肩甲胸郭関節などの代償機能によって補っている可能性が考えられる。また,両群に他動可動域および筋力値に差がみられなかったことから,自動可動域の制限要因について更なる検討が必要と考える。</p><p></p><p>【結論】</p><p></p><p>結髪動作が良好な群と不良な群の肩関節機能について比較を行った。RSA術後症例においては,屈曲・外転・外旋の自動可動域が結髪動作獲得に必要であることが示唆された。特に,外転90°位外旋の自動可動域では肩甲胸郭関節などの代償機能が考えられ,自動可動域の制限要因を含め,今後更なる検討が必要と考える。</p>

    DOI: 10.14900/cjpt.2016.0059

    CiNii Article

  • 変形性肩鎖関節症に対する鏡視下鎖骨遠位端切除術の<BR>術後5年での臨床成績と画像評価

    松田 淑伸, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   41 ( 2 )   545 - 548   2017年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    変形性肩鎖関節症に対する鏡視下鎖骨遠位端切除術の術後5年での臨床成績と画像評価を行った.対象は有痛性変形性肩鎖関節症に対して鏡視下鎖骨遠位端切除術を施行した31例34肩,女性18例,男性13例,平均年齢は62歳であった.臨床成績は,肩関節の自動屈曲・外転可動域,肩鎖関節部の圧痛,肩関節水平内転ストレスでの肩鎖関節痛の誘発の4つの項目を,術前,術後1年,術後5年時に評価した.画像評価は単純X線の肩正面像で術後早期と5年時に肩峰と鎖骨遠位断端の距離を計測し,その変化値も評価した.自動屈曲・外転可動域は術前から術後5年にかけて有意に改善した.術後5年では肩鎖関節部の圧痛は軽度残存7肩20.6%に,水平内転ストレスでの肩鎖関節痛の誘発は残存1肩2.9%に改善した.鎖骨の切除量は平均13.6mmで,術直後から術後5年にかけて切除部間隙は17肩56.7%で狭小化し,11肩36.7%で開大,2肩6.7%で変化なしであった.異所性骨化のような陰影を2肩6.7%に認めた.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.41.545

    CiNii Article

  • リバース型人工肩関節置換術術後の経時的動態解析

    平川 義弘, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 池淵 充彦, 中島 重義, 市川 耕一, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   41 ( 2 )   581 - 585   2017年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    肩関節運動は,肩甲胸郭リズムと肩甲上腕リズムの密接な関連性により構成されており,両リズムに肩甲骨運動は重要な役割を担っている.正常肩における肩甲骨の動態解析に関する報告は散見されるが,リバース型人工肩関節置換術(以下,RSA)術後の肩甲骨の動態解析に関する情報は渉猟し得ない.今回我々は,THAナビゲーションに用いられている2D-3Dマッチング法を応用し新たに開発された肩関節動態解析ソフト(以下,GANESHA)を利用して,経時的なRSA術後の動態解析を行ったので報告する.対象は当科においてRSAを施行し,術後12カ月以上の経過観察が可能であった5例5肩(女性2例,男性3例)手術時平均年齢75.2歳(70~79歳)であった.術後3カ月,術後6カ月,術後12カ月に肩甲骨面上で,自動挙上0°,30°,60°,90°にて透視下にX線撮影を行った.術前のCT画像より得られた肩甲骨の三次元画像を利用しGANESHAを利用してセミオートマティックに肩甲骨の上方回旋角,外旋角,後方傾斜角の変化量の測定を行った.術後3カ月時,術後6カ月時,術後12カ月の自動挙上30°,60°,90°における肩甲骨3次元動態解析において,上方回旋角,外旋角,後方傾斜角に有意な差はみられなかった.RSA術後の経時的な肩関節挙上運動時の肩甲骨の動態解析により,術後肩甲骨の位置は術後3カ月以降に有意な変化はみられないと考えられた.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.41.581

    CiNii Article

  • 鏡視下腱板修復術におけるスーチャーブリッジ法と骨孔法の治療成績比較

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   41 ( 2 )   528 - 531   2017年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    鏡視下腱板修復術においてスーチャーブリッジ(SB)法と骨孔(TO)法を比較検討した.対象は,37例.手術は同一術者が行い,SB法は16例でTO法は21例であった.手術時間,インプラント費用,術中合併症,術後12カ月の臨床成績及び腱板修復状態を両縫合法間で比較検討した.手術時間は,TO法ではSB法と比較して有意に短かった.インプラント費用は,TO法はSB法と比較して有意に低かった.術中合併症は,SB法3例でTO法1例であった.術前と比較して術後12カ月では,両縫合法で平均自動屈曲及び外転可動域とJOA scoreは有意に改善していたが,両縫合法間の臨床成績に有意な差は認めなかった.また,腱板修復状態も両縫合法間に有意な差は認めなかった.腱板断裂に対するSB法とTO法の治療成績及び腱板修復状態は同等であったが,手術時間はTO法の方が短く,インプラント費用もTO法の方が低かった.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.41.528

    CiNii Article

  • 陳旧性上腕骨大結節骨折に対する鏡視下骨接合術の有用性

    濵 峻平, 平川 義弘, 間中 智哉, 市川 耕一, 松田 淑伸, 清水 勇人, 伊藤 陽一, 中村 博亮

    肩関節   41 ( 2 )   464 - 467   2017年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    本研究の目的は陳旧性上腕骨大結節骨折に対して,鏡視下骨接合術(Arthroscopic reduction and internal fixation, 以下ARIF)を施行した症例の術後1年以上経過した治療成績を検討することである.対象は陳旧性上腕骨大結節骨折に対してARIFを施行した8例8肩(男4例,女4例)で,平均年齢は62.1歳(50歳-72歳),術後平均観察期間は4.8年(1年-10年)であった.手術は大結節骨片を骨欠損部に適合するように形態をトリミングした後,整復操作し,5例はdouble row法,3例は骨孔法で行った.術前および最終診察時の肩関節自動可動域,日本整形外科学会肩関節治療成績判定基準(JOAスコア)について調査した.全例術後1年で骨癒合し,可動域・JOAスコアも有意に改善を認め,陳旧性上腕骨大結節骨折に対するARIFは低侵襲で有効な術式であった.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.41.464

    CiNii Article

  • Arthro Tunnelerを用いた鏡視下腱板修復術術後1年の臨床成績

    平川 義弘, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   40 ( 2 )   735 - 737   2016年10月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    Arthro Tunnelerを用いた骨孔式鏡視下腱板修復術(ARCR)を行い、術後1年経過した52例52肩を対象に、JOAスコア、自動可動域、術後MRI所見(菅谷分類)を検討した。手術時年齢は平均66.8歳で、腱板断裂の形状とサイズは部分断裂3肩(関節面断裂1肩、滑液包面断裂2肩)、全層断裂49肩(Cofield分類で小断裂4肩、中断裂7肩、大断裂19肩、広範囲断裂19肩)であった。その結果、自動屈曲可動域、自動外転可動域およびJOAスコアは術後に有意に改善した。術後1年のMRIで全症例の16.3%に再断裂を認め、広範囲断裂を除すると再断裂率は6.7%であった。以上、Arthro Tunnelerを用いた骨孔式ARCRの術後1年の臨床成績は概ね良好であると考えられた。

  • 我々が経験したリバース型人工肩関節置換術の術中・術後合併症

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   40 ( 2 )   701 - 704   2016年10月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    リバース型人工肩関節置換術を施行した73例77肩を対象に、術中・術後合併症を検討した。検討項目は合併症率、再手術率、合併症の有無と患者背景因子、合併症が生じた状況、合併症の対処法とした。手術時年齢は平均76歳で、術後経過観察は平均9ヵ月であった。その結果、合併症の発生率は77肩中16例で20.8%であった。1肩においては術中・術後合併症が生じたため、術中合併症8肩、術後合併症9肩であった。再手術率は77肩中4肩で5.2%であった。術中合併症の内訳は、肩甲骨関節窩骨折2肩、上腕骨骨幹部骨折1肩、上腕骨近位部骨折4肩、ベースプレートの固定性不良1肩であった。術後合併症の内訳は、上腕骨骨折2肩、肩峰骨折2肩、脱臼2肩、術後神経麻痺2肩、術後動脈性出血1肩であった。なお、合併症の有無で、年齢、性別、診断、既往手術に有意な差は認めなかった。

  • 人工肩関節置換術及び人工骨頭置換術術後10年以上の長期臨床成績

    市川 耕一, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   40 ( 2 )   688 - 693   2016年10月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    人工肩関節置換術4例5肩(A群)と人工骨頭置換術5例5肩(B群)について、術後10年以上の長期臨床成績を検討した。術後経過観察は平均11.2年であった。検討項目として自動可動域(屈曲、外転)、JOA score、単純X線所見を、術前、術後1・3・6ヵ月、術後1・5・10年に調査した。その結果、2群とも術後に自動可動域とJOA scoreは改善したが、A群ではいずれも術後3年以降に徐々に低下を認め、JOA scoreの項目別では術後5年以降に可動域と機能に低下傾向を認めた。除痛については、2群とも継続的効果が得られていた。X線評価では、2群とも上腕骨側インプラントのlooseningは認めなかったが、A群の40%(2例)に術後10年で肩甲骨側インプラントのlooseningを認めた。B群では術後10年で重度のcentral migrationは生じなかった。以上、人工肩関節置換術、人工骨頭置換術の術式選択に際しては、長期的な経過を考慮した選択が重要であると考えられた。

  • 本邦におけるリバース型人工肩関節全置換術の上腕骨コンポーネントと上腕骨サイズの不適合性

    南 義人, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 間中 智哉, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   40 ( 2 )   694 - 696   2016年10月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    Tornier社のリバース型人工肩関節全置換術(RSA)を施行した42例43肩を対象に、術前CT画像で上腕骨解剖頸の内外側径と前後径を測定し、身長との相関を検討した。手術時年齢は平均76.3歳であった。その結果、内外側径は平均41.6mm、前後径は平均38.8mmで、いずれも女性に比べ男性で有意に大きかった。また、身長と内外側径、前後径の間には相関を認めた。近似直線において上腕骨頭径36mmに対応するのは、身長が140.87cmであった。以上、身長が140cm以下の症例では上腕骨解剖頸が36mm以下となることがあり、Tornier社のRSA上腕骨コンポーネントと適合しない可能性が示された。また、上腕骨頭径と身長に相関を認めたことから、低身長ではインプラントを安全に設置するために、より慎重な術前計画が必要であると考えられた。

  • 骨孔式ARCR施行時lateral protect implantによる骨孔亀裂の改善

    松田 淑伸, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 平川 義弘, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   40 ( 2 )   731 - 734   2016年10月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    腱板全層性断裂に対し、Arthro Tunnelerを用いた骨孔式鏡視下腱板修復術(ARCR)時に大結節外側の骨孔にlateral protect implantを留置した174例179肩を対象に、術中の関節鏡所見より大結節外側の骨孔亀裂を調査した。手術時年齢は平均67.6歳であった。腱板断裂サイズ(Cofield分類)は、中断裂54肩、大断裂51肩、広範囲断裂74肩であった。なお、lateral protect implantを併用せずにArthro Tunnelerを用いた骨孔式ARCRを施行した、腱板全層性断裂を有する76例77肩を対照群とし比較した。その結果、骨孔亀裂が生じたのは179肩中4肩(2.2%)で、全例が女性(平均年齢79.3歳)、広範囲腱板断裂であった。骨孔亀裂の発生率をlateral protect implantの有無で対照群と比較したところ、発生率は対照群で有意に高かった。なお、腱板断裂サイズ別で骨孔亀裂の発生率に有意差はなかった。

  • Arthroscopic treatment of an osteoid osteoma at the base of the coracoid process: A case report.

    Ueyama H, Ito Y, Manaka T, Matsumoto I, Ichikawa K, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   21 ( 2 )   245 - 9   2016年03月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

  • 烏口突起の基部に生じた類骨骨腫の関節鏡治療 1症例の報告(Arthroscopic treatment of an osteoid osteoma at the base of the coracoid process: A case report)

    Ueyama Hideki, Ito Yoichi, Manaka Tomoya, Matsumoto Isshin, Ichikawa Koichi, Nakamura Hiroaki

    Journal of Orthopaedic Science   21 ( 2 )   245 - 249   2016年03月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    症例は16歳男子で、外傷エピソードは無かったが、左肩の重度の夜間痛、運動時および安静時の軽度疼痛、および運動制限を訴えて受診した。左肩の烏口突起と腱板疎部に重度圧痛、および屈曲と外転の能動的関節可動域の160°の制限が認められた。疼痛はNon-Steroidal Anti-Inflammatory Drugにより初期には軽度改善したが、夜間痛はその後増悪した。MRIのT1およびT2強調画像において烏口突起基部に円形腫瘍、脂肪抑制T2強調画像において烏口突起内の顕著な骨髄浮腫および肩関節と烏口突起下の滑液貯留を認めた。9ヵ月後のMRI検査からも、腫瘍が確認された。肩関節鏡手術により腫瘍を完全に切除した。組織病理検査から類骨骨腫と診断された。術後数日以内に肩の夜間痛は大きく軽減し、運動時および安静時の疼痛も消失した。術後3ヵ月目に、能動的関節可動域の改善が認められ、腫瘍および肩関節内の滑液の消失がMRI検査から確認された。1年後の検査で腫瘍の再発は確認されなかった。

  • 広範囲腱板断裂に対するInterposed Trans-Osseous法による<BR>鏡視下腱板修復術の有用性

    伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   40 ( 3 )   951 - 954   2016年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    広範囲腱板断裂例におけるARCR後の術後成績は必ずしも優れていない.我々は近年開発されたArthro Tunneler<SUP>TM</SUP>を用いた骨孔式ARCRを,広範囲腱板断裂例に対して施行してきた.しかし同術式時に,大結節外側の骨孔亀裂による皮質骨損傷とL字型骨孔の変形による海綿骨損傷の問題を経験した.これらの解決目的に,外側骨孔にlateral protect implantが介在するInterposed Trans-Osseous法(ITO法)を考案し,その有用性を検討した.対象は従来法28肩(従来群)とITO法33肩(ITO群).手術時の骨孔亀裂割合は従来群の46%に対し,ITO群では9%と有意に減少した.腱板再断裂率は,従来群で35.7%,ITO群で21.2%であり,減少傾向を認めた.JOAスコアは両群ともに術後有意な改善を認めた.広範囲腱板断裂例に対するITO法は,有効な治療法であると判断できた.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.40.951

    CiNii Article

  • 巨大関節窩骨欠損を伴うCTAに対して上腕骨骨移植と<BR>RSAを施行した一例

    村上 将一, 平川 義弘, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 中村 博亮

    肩関節   40 ( 3 )   1074 - 1077   2016年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    <B>はじめに</B>:肩甲骨関節窩の大きな骨欠損は,リバース型人工肩関節全置換術(以下RSA)時のベースプレート固定が困難になる.今回我々は,反復性肩関節脱臼に伴う関節窩巨大骨欠損を合併した腱板断裂性関節症(CTA)に対して,上腕骨頭からの骨移植を併用してRSAを施行し,良好な短期成績が得られた1例を経験したので報告する.<BR><B>症例</B>:症例は82歳女性.明らかな誘引なく,右肩痛及び右肩関節水腫を認めた.近医受診し,右肩関節穿刺とステロイド注射等の保存的加療をするも症状改善せず,精査加療目的に当院を紹介受診した.初診時,右肩関節に著明な腫張と圧痛を認め,自動可動域は屈曲60度,外転60度,外旋:30度,内旋:殿部と著明な可動域制限と偽性麻痺を認めた.単純X線では,右肩関節は前方脱臼しており,他動的に屈曲すると容易に脱臼整復される反復性肩関節脱臼の状態であった.整復後の単純X線では,Hamada 分類4A,Favard分類E4のCTAを認め,CTでは,関節窩前方1/3に及ぶ巨大骨欠損を認めた.MRIでは広範囲腱板断裂と腱板筋委縮及び関節水腫を認めた.以上のことより反復性肩関節脱臼症状を呈する関節窩の巨大骨欠損を合併したCTAと診断し,症状発現後4ヶ月時に,上腕骨頭からの骨移植を併用してRSAを施行した.術中,関節窩前方の巨大骨欠損に対して,骨頭を4分割して移植骨を作成し,新鮮化した関節窩縁に圧着させ3.5mmCCSスクリュー2本で固定した.ベースプレートの後方2/3は残存関節窩に固定可能で,前方1/3は移植骨自体に固定可能であった.術後4週間30度外転位固定を行い,術後6ヶ月で,屈曲:160度,外転:120度,外旋:20度,内旋:L5に改善し,JOAスコアは術前30.5点から73.5点に改善した.また術後6ヶ月のCTで,移植骨の骨癒合が完了し,インプラントの設置位置も良好であった.<BR><B>結論</B>:関節窩の巨大骨欠損を合併したCTAに対して,上腕骨頭4分割の骨移植を併用したRSAは有効な治療法と判断できた.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.40.1074

    CiNii Article

  • 人工肩関節置換術及び人工骨頭置換術術後10年以上の長期臨床成績

    市川 耕一, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   40 ( 2 )   688 - 693   2016年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    人工肩関節置換術(TSA),人工骨頭置換術(HHR)の術後10年以上の長期成績を検討したので報告する.対象はTSA,HHRを施行した9例10肩,観察期間は平均11.2年である.自動可動域,JOA score,単純X線を経時的に評価した.自動屈曲はTSA(術前:82°,10年:108°),HHR(術前:68°,10年:142°)であり,外転はTSA(術前:66°,10年:84°),HHR(術前:41°,10年:130°)であった.JOA scoreはTSA(術前:42.8,10年:75.6),HHR(術前:38.0,10年:88.0)であった.TSAでは機能,可動域項目で5年以降に低下した.X線評価では肩甲骨インプラント周囲の透亮像を全例に認め,2例にlooseningを認めた.TSA,HHRの長期成績において除痛は継続的な効果が期待できるが,TSAでは機能,可動域は5年以降に低下した.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.40.688

    CiNii Article

  • リバース型人工肩関節置換術におけるCT画像評価の有用性<BR>-肩甲骨関節窩形態及びグレノイドコンポーネント設置位置を中心に-

    澤田 雄大, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   40 ( 3 )   1055 - 1058   2016年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    リバース型人工肩関節置換術(以下RSA)において,術前の肩甲骨関節窩形態や術後のグレノイドコンポーネントの設置位置を正確に把握することは重要である.今回,RSAの術前・術後にCT評価を行い,肩甲骨関節窩形態やグレノイドコンポーネントの設置位置を評価したので報告する.対象は,14肩14症例.術前の肩甲骨関節窩傾斜角は5.7±8.5°で,術後のグレノイドコンポーネントの傾斜角は,-6.9±8.1°であった.術前の肩甲骨関節窩の前後捻角は,-1.2±8.5°で,術後のグレノイドコンポーネントの前後捻角は -2.1±9.2°であった.術後のグレノイドコンポーネントの下方への張り出しは,4.3±2.4mmであった.CTにて術前の肩甲骨関節窩形態や術後のグレノイドコンポーネントの設置評価が可能であった.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.40.1055

    CiNii Article

  • リバース型人工肩関節全置換術後の自動挙上可動域と肩関節外転筋力との関連性について

    村西 壽祥, 中野 禎, 桑野 正樹, 新枦 剛也, 高木 美紀, 鳥越 智士, 福田 佳生, 小藤 定, 小倉 亜矢子, 間中 智哉, 伊藤 陽一

    理学療法学Supplement   2015 ( 0 )   0020   2016年

     詳細を見る

    【はじめに,目的】リバース型人工肩関節全置換術(Reverse shoulder arthroplasty:以下,RSA)が本邦で施行されて1年以上が経過するが,現時点では術後症例数も少ないため,RSAの良好な術後機能を獲得するための理学療法を継続的に検討していくことが重要である。本研究の目的は,RSAにおける自動挙上可動域と異なる肢位での肩関節外転筋力との関係を調査し,RSAにおける筋力評価および筋力増強運動について検討することである。【方法】対象はRSAを施行した22例22関節(男性8例,女性14例)で,平均年齢77.5±5.6歳であった。なお,全例とも広範囲腱板断裂であり,修復不能または腱板断裂性関節症のためRSAが施行された。測定項目は肩関節の自動可動域(屈曲・外転),他動可動域(屈曲・外転),坐位での外転筋力(下垂位・90°位)とし,測定時期は術前および術後6ヶ月とした。自動可動域は坐位にて,他動可動域は背臥位でゴニオメータを用いて計測した。外転筋力の測定は,ハンドヘルドダイナモメータを上腕長の近位から80%の位置に当て,最大等尺性運動を行ったうち,安定した3回の平均値を体重で除した体重比筋力値を求めた。統計学的分析は,各測定項目における術前と術後6ヶ月の比較について対応のあるt検定を用い,自動可動域と各肢位での外転筋力値との関係についてピアソンの積率相関係数を算出した。【結果】術前の各測定項目において,自動可動域は屈曲52.7±29.8°,外転53.4±27.1°,他動可動域は屈曲137.4±25.0°,外転127.6±33.1°,外転筋力は下垂位0.08±0.08Nm/kg,90°位は測定困難であった。術後6ヶ月において,自動可動域は屈曲111.6±17.9°,外転101.1±20.3°,他動可動域は屈曲130.5±19.3°,外転131.4±21.5°,外転筋力は下垂位0.19±0.08Nm/kg,90°位0.06±0.06Nm/kgと他動可動域以外の各測定項目は術前より有意に改善した(p<0.05)。自動可動域と各外転筋力値との相関係数において,自動屈曲と90°位外転筋力は0.51,自動外転と90°位外転筋力は0.64と相関関係が認められたが,自動屈曲および外転と下垂位筋力との間に有意な相関関係は認められなかった。【結論】RSAは上腕骨頭と肩甲骨関節窩の凹凸面が逆転する構造となり,肩甲上腕関節の回転中心が内下方に移動することで,三角筋の張力とモーメントアームが増大して上肢の挙上運動が可能となる。本研究において,自動可動域と外転筋力は90°位で相関関係が認められ,RSAの自動可動域を獲得するためには,下垂位よりも上肢挙上位で筋力が発揮されることが重要であると考えられた。このことから,RSAの機能評価や筋力増強運動においては,上肢90°挙上位で実施することの必要性が示唆された。

    DOI: 10.14900/cjpt.2015.0020

    CiNii Article

  • リバース型人工肩関節全置換術における,初回手術例と<BR>鏡視下手術術後再手術例間の短期臨床成績比較

    伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   40 ( 3 )   1043 - 1046   2016年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    偽性麻痺を伴う広範囲腱板断裂症例に対する最終治療法として,リバース型人工肩関節全置換術(以下,RSA)が導入され,その有効性が期待されている.しかし,従来から行われてきた鏡視下腱板縫合術(以下ARCR)とRSAの術式選択は容易ではない.ARCRが不成功の場合でも,RSA再手術により十分な治療効果が得られるかを判断するために,RSA初回手術例:Primary RSA(P群)と鏡視下手術不成功後のRSA再手術例:Secondary RSA(S群)において,短期臨床成績を比較検討した.対象は43例44肩,P群25肩,S群19肩.評価は,患者背景,自動可動域,筋力,臨床成績を中心に,術前,術後3カ月及び6カ月に施行し,統計学的に検討した.患者背景に有意差を認めず,自動屈曲及び自動外転可動域は両群間に有意差を認めなかったが,自動外旋可動域及び外旋筋力は,S群において有意に低い値を示した.臨床成績は概ね良好な経過を示した.RSA初回手術例でも再手術例でも,自動屈曲及び外転可動域は良好な改善が期待できるが,外旋可動域及び外旋筋力の回復は再手術例において不良であった.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.40.1043

    CiNii Article

  • リバース型人工肩関節における肩関節周囲筋の筋電図的検討

    中野 禎, 村西 壽祥, 新枦 剛也, 中土 保, 間中 智哉, 伊藤 陽一

    理学療法学Supplement   2015 ( 0 )   0021   2016年

     詳細を見る

    【はじめに,目的】リバース型人工肩関節(RSA)が本邦に導入されてから1年余りが経過する。しかし,症例数が少ないこともあり,術後の理学療法は海外文献を参考に行うしかなく,効果的かつ具体的な介入方法を模索しているのが現状と思われる。そこで本研究の目的はRSA術後患者の肩関節周囲筋の筋活動を調査し,術後リハビリテーションに関する知見を得ることとした。【方法】RSA術後3ケ月以上経過した6名(男性5名,女性1名),平均年齢73.5歳,RSA術側の自動屈曲角度は平均123.3±20.7°,外転角度は114.2±18.3°であり,比較的術後自動可動域良好な患者を対象とした。方法は,坐位にて術側上肢を挙上させ,5秒間保持した状態での肩関節周囲筋の筋活動を表面筋電図にて測定した。運動方向は屈曲,肩甲骨面挙上および外転の3方向での測定とした。それぞれの運動方向において運動課題は4課題とし,課題1は肩関節を45°挙上位での保持,課題2は90°挙上位での保持,課題1と2の前腕末梢に1kgの重錘負荷をしたものをそれぞれ課題3,課題4とした。被検筋は僧帽筋上部線維,三角筋前・中・後部線維,小円筋,上腕二頭筋,大胸筋,前鋸筋の8筋とし,それぞれの運動課題から得られた5秒間の筋活動のうち前後2秒間を除外した1秒間の各筋の筋活動の筋電図積分値(iEMG)を算出し,課題1における各筋活動のiEMGを基準値として課題2,3および4でのiEMG相対値を求め,運動方向ごとに筋活動の比較を行った。統計学的分析には一元配置分散分析およびTukey法による多重比較検定を用い,有意水準は5%未満とした。【結果】それぞれ課題1に対し,課題2では屈曲および肩甲骨面挙上において三角筋中部線維,前鋸筋の筋活動が有意に増加したが(p<0.05)外転ではすべての筋において有意差を認めなかった。課題3では3方向ともすべての筋において有意差を認めなかった。課題4では屈曲において僧帽筋上部線維,三角筋中・後部線維および前鋸筋,肩甲骨面挙上では僧帽筋上部線維,三角筋前・中・後部線維および前鋸筋,外転では僧帽筋上部線維,三角筋前・中部線維および前鋸筋の筋活動が有意に増加した(p<0.05)。【結論】本研究よりRSAにおいて,三角筋中部線維が重要な役割を果たすものと考えられた。また角度増加および負荷を課した場合,肩甲骨面を境に前方となる屈曲では後部線維が,後方となる外転では前部線維が有意な増加を認めたことからRSAでは消失した腱板機能を三角筋が補う役割を担っており,前部線維および後部線維はそれぞれ運動方向に対して拮抗して活動することにより関節安定化を図っているものと考えられた。また前鋸筋も肩甲骨上方回旋位保持に重要な役割を担っており,RSAにおいてこれらの筋の特徴的な筋活動が良好な可動域を得るための条件となる可能性を示し,理学療法を実施するにあたり一つの指標となり得ると考えられた。

    DOI: 10.14900/cjpt.2015.0021

    CiNii Article

  • Favard分類E3タイプの腱板断裂性関節症に対して<BR>リバース型人工肩関節置換術を施行した1例

    八木 寛久, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 中村 博亮

    肩関節   40 ( 3 )   1067 - 1070   2016年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    79歳男性,Favard分類E3タイプの腱板断裂性関節症に対して非対称性の骨移植を併用したリバース型人工肩関節置換術を行った1例を報告する.術後1週で前方脱臼を認め,観血的脱臼整復術と再置換術を施行した.再置換後は安定化が得られ,術後短期だが経過良好である.Favard分類E3タイプでは,肩甲骨コンポーネントの上方傾斜設置を予防するために過剰なリーミングとなりやすく,lateral offsetが減少し術後脱臼のリスクになるため注意を要する.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.40.1067

    CiNii Article

  • Arthro Tunneler <SUP>TM</SUP> を用いた鏡視下腱板修復術術後1年の臨床成績

    平川 義弘, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   40 ( 2 )   735 - 737   2016年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    本研究の目的はArthro Tunneler <SUP>TM</SUP> を用いたARCRの術後1年経過例の臨床成績を報告することである.対象は52例52肩(男性33例,女性19例).手術時平均年齢は66.8歳(36歳-83歳).腱板断裂の形状とサイズ別に,関節面側部分断裂1肩,滑液包側部分断裂2肩,全層断裂の内,小断裂4肩,中断裂7肩,大断裂19肩,広範囲断裂19肩であった.術後,大断裂以上で6週及び8週の外転位固定を行った.JOA score,自動屈曲及び自動外転可動域を評価した.平均JOA scoreは術前63.9点が術後1年で88.9点に有意に改善した.屈曲可動域は術前126度が術後6ヵ月で145度,術後1年で158度に,外転可動域は,術前114度が術後6ヵ月で143度,術後1年で158度に有意に改善した.Arthro Tunneler TMを用いたARCRの術後1年の臨床成績はおおむね良好であった.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.40.735

    CiNii Article

  • 我々が経験したリバース型人工肩関節置換術の術中・術後合併症

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   40 ( 2 )   701 - 704   2016年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    リバース型人工肩関節置換術(以下RSA)の術中・術後合併症を検討したので報告する.対象は,73症例77肩.合併症率,再手術率,合併症の有無と患者背景因子,発生原因及び対処法を検討した.合併症の発生率は77例中16例(20.8%)で再手術例は4例(5.2%)であった.術中合併症は合計8例で,関節窩骨折を2例,上腕骨骨幹部骨折を1例,上腕骨近位部骨折を4例に認めた.術後合併症は合計9例で,上腕骨骨折を2例,肩峰骨折を2例,脱臼を2例,ベースプレートの固定性不良を1例,術後神経麻痺を2例,術後血腫を1例に認めた.年齢,性別,診断,既往手術と合併症の有無の間に有意な差は認めなかった.RSAの合併症の発生率は20.8%で再手術率は5.2%あった.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.40.701

    CiNii Article

  • 骨孔式ARCR施行時lateral protect implantによる骨孔亀裂の改善

    松田 淑伸, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 平川 義弘, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   40 ( 2 )   731 - 734   2016年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    鏡視下に骨孔を作成して大結節の腱板footprint部に直接縫合糸を通して腱板修復を行う,骨孔式鏡視下腱板修復術(以下,骨孔式ARCR)では,大結節外側の骨孔亀裂をしばしば合併する.今回,外側骨孔にlateral protect implantを留置することで骨孔亀裂の発生が防止可能であるかを検討した.対象は骨孔式ARCRを施行した174例179肩(男性96名,女性78名),手術時平均年齢は67.6歳.腱板断裂サイズは小断裂0肩,中断裂54肩,大断裂51肩,広範囲断裂74肩であった.術中の関節鏡所見より確認した骨孔亀裂は,179肩中4肩(2.2%)であった.4例は全例女性の広範囲腱板断裂例で,平均年齢は79.3歳であった.骨孔式ARCR時にlateral protect implantを用いることで,大結節外側の骨孔亀裂の発生率は有意に減少し,その有用性が確認できた.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.40.731

    CiNii Article

  • 肩峰下滑液包内ガングリオン嚢胞に鏡視下手術を施行した1例

    山田 祐太郎, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 中村 博亮

    肩関節   40 ( 3 )   1071 - 1073   2016年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    肩峰下滑液包内に発生したガングリオン嚢胞に対して鏡視下手術を施行した1例を報告する.症例は82歳女性,MRI T2強調像で肩峰下滑液包前方に高信号で内部均一で多房性の嚢胞性病変を認めた.穿刺にて黄色で粘稠性の液体を採取したため,肩峰下滑液包内ガングリオン嚢胞と診断し,鏡視下デブリードマンを施行した.右肩前面の腫脹は消失し,術後再発を認めていない.本疾患に対し本術式は有効な低侵襲手術法である.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.40.1071

    CiNii Article

  • 本邦におけるリバース型人工肩関節全置換術の上腕骨コンポーネントと<BR>上腕骨サイズの不適合性

    南 義人, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 間中 智哉, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    肩関節   40 ( 2 )   694 - 696   2016年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    2014年よりリバース型人工肩関節全置換術(以下RSA)が導入されたが,インプラントの設計は欧米人を対象とされており,体格の異なる日本人ではサイズに不一致が生じ得る.Tornier社のメタフィシスコンポーネントは36mm径であり,自験例においても上腕骨コンポーネント挿入時に上腕骨近位部に亀裂骨折を生じた経験がある.そこで本研究の目的はRSA症例の上腕骨サイズと体格を検討することである.対象はTornier社のRSAを施行した42例43肩であり,手術時年齢は平均76.3歳(53歳-89歳)である.術前CT画像より上腕骨頭解剖頚の内外側径と前後径を測定し,身長との相関を検討した.平均内外側径は41.6mm,平均前後径は38.8mmであり,両径ともに男性のほうが女性より有意に大きかった.また身長と内外側径,前後径はそれぞれ相関を認めた.近似直線より求められる解剖頚での径が36mm以下となる身長は約140cmであった.本研究より身長140cm以下の症例では解剖頚での径が36mm以下になる可能性があることが示唆された.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.40.694

    CiNii Article

  • ArthroTunnelerを用いた鏡視下腱板修復術における骨孔亀裂の検討

    松田 淑伸, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 平川 義弘, 清水 勇人, 松本 一伸, 中村 博亮

    肩関節   39 ( 3 )   749 - 752   2015年11月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    ArthroTunnelerを用いた鏡視下骨孔法は、上腕骨大結節の腱板付着部とその外側の2ヶ所に骨孔を作成して開通させ、その中に縫合糸を通すことで、アンカーを用いずに腱板を面で圧着縫合することが可能であるが、縫合糸の結紮時に大結節外側の骨孔が縫合糸でカットアウトしてしまう骨孔亀裂現象をしばしば経験する。今回、骨孔亀裂の発生頻度と要因について検討するため、当院と関連病院で2012年5月~2013年4月にArthroTunnelerを用いた76例77肩(男性45例、女性31例)を対象とし、術中の鏡視で骨孔亀裂を認めた症例の割合を調べるとともに、「年齢」「性別」「断裂サイズ」との関連性について解析した。結果、術中の鏡視で骨孔亀裂を認めたのは35肩(45%)であった。年齢が64歳以下の群と65歳以上群で骨孔亀裂の発生率を比較すると、それぞれ21%、59%で、65歳以上群が有意に高かった。「性別」「断裂サイズ」と骨孔亀裂との間に有意な関連は認められなかった。

  • 広範囲腱板断裂修復術術後のprotective rehabilitationの可能性

    平川 義弘, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 清水 勇人, 松本 一伸, 中村 博亮, 松田 淑伸, 村西 壽祥, 中野 禎

    肩関節   39 ( 3 )   810 - 813   2015年11月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    広範囲断裂修復術後の可動域訓練や筋力訓練に制限を加えることで修復部を保護するprotective rehabilitation(以下PR)が、その後の腱板修復状態や可動域にどのような影響を及ぼすか検討した。方法は、鏡視下腱板修復術を施行した43例を対象とし、術後6週間の他動運動禁止および術後12週間の装具固定とする群(PR群14例)と、術後2週間の他動運動禁止および術後8週間の装具固定とする群(対照群29例)に振り分け、術後6ヵ月時の腱板修復状態(菅谷分類)と、術後6ヵ月・12ヵ月時の可動域を群間比較した。結果、腱板修復状態は、再断裂例の割合が対照群の34%に対してPR群は21%と低かった。関節可動域は両群とも術前に比べて有意に改善しており、明らかな群間差は認めなかった。

  • 三角筋内のデスモイド切除後に肩関節外転位拘縮を生じた一症例

    清水 勇人, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 平川 義弘, 中村 博亮, 松田 淑伸

    肩関節   39 ( 3 )   856 - 859   2015年11月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    38歳女。当科受診の4年前、右三角筋内デスモイドに対して腫瘍広範切除術を受けた。術後3ヵ月頃から三角筋部の疼痛があり、徐々に肩関節外転位拘縮も出現し、改善しないため当科に紹介された。MRI検査で腫瘍の再発所見は認められず、肩峰下滑液包に滑液貯留を認めた。また、関節造影で関節内容量の低下を認め、関節内キシロカインブロックテストで除痛効果を認めたことから、外転位拘縮の原因は肩関節内と肩峰下滑液包内にあると判断し、鏡視下関節授動術を行ったが、拘縮の改善は不十分であった。術後1年時のMRIで三角筋内にデスモイドの再発と瘢痕索状物を認めたため、デスモイド再切除術と瘢痕索状物除去術を施行し、外転位拘縮は改善した。

  • Arthro-tunnelerを用いた鏡視下腱板修復術後のMRI評価

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 清水 勇人, 松本 一伸, 中村 博亮, 松田 淑伸

    肩関節   39 ( 2 )   506 - 509   2015年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    Arthro-tunnelerによる鏡視下腱板修復術を行った76例76肩(男性42例、女性34例:手術時平均年齢67.1歳)を対象に、術後の腱板修復状態と骨孔形態についてMRIで評価を行った。経過観察期間は1年以上(平均23.6ヵ月)であった。腱板断裂サイズは小断裂7肩、中断裂13例、大断裂27肩、広範囲断裂29肩で、腱板修復状態は菅谷分類type I:8肩、type II:27肩、type III:28肩、type IV:4肩、type V:9肩であった。再断裂率は全体で17.1%、広範囲断裂症例のみでは再断裂率31%で、棘上筋または棘下筋は脂肪変性が高度な(Goutallier分類Grade 3以上)症例で有意に再断裂が多かった。骨孔形態はL字型23%、カーブ型41%、直線型36%であった。

  • 拘縮肩に対する鏡視下関節授動術術後可動域改善の経時的評価

    平川 義弘, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 清水 勇人, 松本 一伸, 中村 博亮, 松田 淑伸, 村西 壽祥, 中野 禎

    肩関節   39 ( 2 )   547 - 549   2015年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    特発性拘縮肩に対して鏡視下関節授動術を行い、術後24週以上経過観察し得た39例を対象として術後可動域を経時的に検討した。その結果、屈曲角度は術前平均105°から術後24週で平均141°へ、外転角度は各々91°から平均130°へ、いずれも有意に改善した。術後24週の屈曲角度を基準とし、術後各時点での屈曲、外転、1st外旋角度との相関を検討したところ、術後4週および6週時点の外転、1st外旋で有意な相関を認め、特に術後4週時点の1st外旋と最も強い相関を認めた。

  • Arthro-tunneler™ を用いた鏡視下腱板修復術後のMRI評価

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 清水 勇人, 松本 一伸, 中村 博亮, 松田 淑伸

    肩関節   39 ( 2 )   506 - 509   2015年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    Arthro-tunneler™ を用いた鏡視下腱板修復術後の腱板修復状態と骨孔形態をMRIにて評価した.対象は,76例76肩で,腱板断裂サイズは,小断裂7肩,中断裂13肩,大断裂27肩,広範囲断裂29肩であった.腱板修復状態を菅谷分類に従って評価し,骨孔形態をL字型,カーブ型,直線型に分類した.腱板修復状態は,typeI 8肩,typeII 27肩,typeIII 28肩,typeIV 4肩,typeV 9肩であり,再断裂率は17.1%であった.広範囲断裂症例に限定した再断裂率は31%で,棘上筋あるいは棘下筋がGoutallier分類Grade3以上の脂肪変性が高度な症例では有意に再断裂が多かった.また,骨孔形態は,L字型23%,カーブ型41%,直線型36%であった.Arthro-tunneler™ を用いたARCR後の腱板修復状態は概ね良好で,骨孔形態はL字型が少なく,カーブ型と直線型が多かった.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.39.506

    CiNii Article

  • 広範囲腱板断裂修復術術後のprotective rehabilitationの可能性

    平川 義弘, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 清水 勇人, 松本 一伸, 中村 博亮, 松田 淑伸, 村西 壽祥, 中野 禎

    肩関節   39 ( 3 )   810 - 813   2015年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    本研究の目的は,広範囲腱板断裂修復術後に可動域や筋力訓練に制限を加えて修復部を保護するprotective rehabilitationが腱板修復状態および術後可動域等に関して及ぼす影響について検討することである.対象は鏡視下腱板修復術を施行した43例であった.術後2週間の他動運動の禁止と術後8週間の装具固定を行ったL8群(29症例)と術後6週間の他動運動の禁止と術後12週間の装具固定を行ったL12群(14症例)の二群に分類した.腱板修復状態はSugayaらの分類に従って評価検討しtype4,5を再断裂とするとL8群において再断裂率は34%(9肩/29肩)であり,L12群において再断裂率は21.0%(3肩/14肩)であった.術前,術後で両群ともに可動域は有意に改善した.広範囲腱板断裂修復術後におけるprotective rehabilitationは腱板修復状態を改善する傾向を認めた.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.39.810

    CiNii Article

  • 三角筋内のデスモイド切除後に肩関節外転位拘縮を生じた一症例

    清水 勇人, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 平川 義弘, 中村 博亮, 松田 淑伸

    肩関節   39 ( 3 )   856 - 859   2015年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    三角筋内デスモイド切除後に肩関節外転位拘縮を生じた症例を経験した.デスモイド切除術施行後に肩関節外転位拘縮を認めたため,鏡視下関節授動術の追加手術を行ったが,外転位拘縮の改善は不十分であった.追加手術後経過観察中のMRIにてデスモイドの再発と瘢痕索状物を認めたため,再切除術及び瘢痕索状物切離除去術を施行し,外転位拘縮の改善を認めた.デスモイドは局所再発率が高いため,今後も注意深い経過観察を要する.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.39.856

    CiNii Article

  • ArthroTunneler <SUP>TM</SUP> を用いた鏡視下腱板修復術における骨孔亀裂の検討

    松田 淑伸, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 平川 義弘, 清水 勇人, 松本 一伸, 中村 博亮

    肩関節   39 ( 3 )   749 - 752   2015年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    ArthroTunneler <SUP>TM</SUP> は鏡視下腱板修復術に用いられるデバイスで,上腕骨大結節に骨孔を作製しアンカー用いずに腱板縫合が可能であるが,縫合時に大結節外側の骨孔が糸でカットアウトしてしまう症例をしばしば経験することから,その骨孔亀裂に関しての検討を行った.対象は2012年5月から2013年4月までの間に当院及び関連病院にて同術式を施行した76例77肩で,女性31名,男性45名,平均年齢は67.2才(36-83才),腱板断裂サイズは小断裂5肩,中断裂14肩,大断裂26肩,広範囲断裂32肩であった.術中の関節鏡所見にて大結節外側に作成した骨孔に亀裂が生じた割合,骨孔亀裂と性別,年齢,腱板断裂サイズとの関連性を調査した.骨孔亀裂は35肩(45.5%)に生じた.65才以上の高齢者では有意に高頻度に骨孔亀裂を認めた.一方,骨孔亀裂と性別や腱板断裂サイズとの間には統計学的関連はみられなかった.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.39.749

    CiNii Article

  • 拘縮肩に対する鏡視下関節授動術術後可動域改善の経時的評価

    平川 義弘, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 清水 勇人, 松本 一伸, 中村 博亮, 松田 淑伸, 村西 壽祥, 中野 禎

    肩関節   39 ( 2 )   547 - 549   2015年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    特発性拘縮肩は保存的治療で自然治癒することが多い疾患であるが,保存的治療でも症状が残存する場合には,手術的治療を考慮すべきである.本研究の目的は,特発性拘縮肩に対する鏡視下関節授動術後経時的な可動域改善の推移を検討することで,術後良好な可動域を得るための指標を決定することである.対象は当院及び関連病院にて,拘縮肩に対し鏡視下関節授動術を施行し術後24週以上の経過観察が可能であった39例であった.術前平均屈曲105度,平均外転91度が術後24週で平均屈曲141度,平均外転130度に改善しており,良好な術後成績であった.術後24週の屈曲角度を基準とし,術後各時点での屈曲,外転,1<SUP>st</SUP>外旋角度との相関を検討した結果,術後4週時点の1<SUP>st</SUP>外旋と最も強い相関を認めた.良好な肩関節可動域の獲得には,術後4週時点の1<SUP>st</SUP>外旋可動域の獲得が重要な指標になると考えられた.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.39.547

    CiNii Article

  • JuggerKnotソフトアンカー使用視鏡下バンカート修復術の短期成績

    市川 耕一, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 松本 一伸, 松田 淑伸, 平川 義弘, 中村 博亮

    肩関節   38 ( 3 )   802 - 805   2014年11月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    反復性肩関節前方脱臼に対し、JuggerKnotソフトアンカーを用いて鏡視下バンカート修復術を施行し、術後6ヵ月以上の経過観察が可能であった25例25肩を対象に、短期成績について検討した。手術時年齢は平均28.4歳で、経過観察期間は平均15.1ヵ月であった。術中の使用アンカー数は平均5.9個であった。臨床成績を術後再(亜)脱臼率、最終調査時のRoweスコア、外肩関節外転90度での外旋可動域の患健側比で検討した。その結果、術後に亜脱臼を1例(4%)に認め、再亜脱臼は認めなかった。最終調査時の平均Roweスコアはstabilityが49.2点、motionが19.8点、functionが28.8点、合計97.8点であった。外旋可動域の患健側比は平均92.5%であった。JuggerKnotソフトアンカーを用いた鏡視下バンカート修復術の短期成績は概ね良好であり、有効な低侵襲手術法であると考えられた。

  • 患者立脚式肩関節評価法Shoulder36と客観的実測値との相関

    平川 義弘, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 松本 一伸, 市川 耕一, 松田 淑伸, 中村 博亮

    肩関節   38 ( 3 )   766 - 770   2014年11月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    肩腱板断裂、肩峰下インピンジメント症候群または拘縮肩に対し、肩関節鏡視下手術を行った117例117肩(平均年齢63.2歳)を対象に、ハンドヘルドダイナモメーターを用いて肩関節の外旋・外転筋力を測定した。またVASを用いて疼痛を評価し、日本整形外科学会が制定する関節可動域測定法に準じてゴニオメーターで自動屈曲と自動外転を測定した。これら客観的実測値と患者立脚式肩関節評価法Shoulder36 V1.3(Sh36)で得られた術前の筋力、疼痛、可動域の値との関連を疾患別に検討した。その結果、肩腱板断裂と肩峰下インピンジメント症候群に対するSh36による術前機能評価では、筋力、疼痛、可動域の客観的実測値との間に有意な相関を認めた。一方、拘縮肩に対するSh36による術前機能評価では、可動域のみ客観的実測値との間に有意な相関を認めた。肩関節疾患によっては、Sh36の評価値と客観的実測値が一致しない可能性が考えられた。

  • 手術治療を要した両側変形性肩鎖関節症の臨床的特徴

    松田 淑伸, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 松本 一伸, 平川 義弘, 中村 博亮

    肩関節   38 ( 3 )   1000 - 1003   2014年11月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    手術治療を要した両側変形性肩鎖関節症の臨床的特徴について検討した。両側鏡視下鎖骨遠位端切除術を施行した両側変形性肩鎖関節症17例34肩(男性13名、女性4名、30~70歳)を対象とした。片側変形性肩鎖関節症の102例(男性65名、女性37名、32~80歳)を対照とした。両側群では60歳以上の割合が71%と多い傾向にあったが、片側群との間で有意差は認めなかった。合併症では、腱板全層性断裂、関節面側腱板部分断裂、滑液包側腱板部分断裂、肩関節拘縮肩、上腕二頭筋長頭腱断裂、肩甲下筋腱断裂、変形性肩関節症、打撲などの外傷は、両群間で有意差は認めなかった。画像スコアリングでは、両側群は平均5.1点、片側群は平均3.8点で、両側群は片側群と比較して画像上の重症度は有意に高値であった。

  • JuggerKnotソフトアンカーによる鏡視下腱板修復術後のMRI評価

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 松本 一伸, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 中村 博亮

    肩関節   38 ( 2 )   528 - 531   2014年10月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    JuggerKnotソフトアンカーのみを用いて鏡視下腱板修復術を行い術後6ヵ月以上観察しえた31例を対象とし、腱板断裂の形状とサイズ別に、滑液包側腱板部分断裂群(20例)と、全層性断裂の小断裂群(6例)および中断裂群(5例)に分け、術中に使用したアンカーの個数を群ごとに調査するとともに、術後6ヵ月時のMRIによる腱板修復状態を菅谷分類に従って評価した。結果、アンカーの個数は滑液包側腱板部分断裂群が平均3.2個、小断裂群も3.2個、中断裂群が4.8個であり、中断裂群は他の2群に比べて有意に多かった。術後の腱板修復状態は、Type Iが11例(35%)、IIが18例(58%)、IIIが2例(6%)であり、IVとVはなかった。代表例として、滑液包側腱板部分断裂で腱板修復状態がType IIの1例を提示した。

  • 烏口突起基部に発生した類骨骨腫を鏡視下切除した一例

    木下 拓也, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 平川 義弘, 中村 博亮, 松本 一伸

    肩関節   38 ( 2 )   730 - 733   2014年10月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    症例は16歳男性で、左肩の疼痛が夜間に増強し、近医にて診断が付かずステロイド系消炎鎮痛剤(NSAIDs)を内服していたが、夜間痛の増強で紹介受診した。触診で烏口突起と腱板疎部に圧痛を認め、X線で烏口突起基部に骨透亮性変化と周囲骨の硬化を認めた。MRIで烏口突起基部に11×11×11mmの腫瘤を認め、関節内に液の貯留と肩関節周囲筋組織に浮腫性変化を認めた。腫瘤はT1 low、T2ややhigh、造影で造影効果を認めた。夜間痛の持続でNSAIDs内服でも症状が遷延し、9ヵ月後の2回目MRIで腫瘍の増大を認め、肩関節鏡視下手術を行った。腱板疎部に炎症性滑膜の増生を認めてデブリードマンを行い、腱板疎部の開放と中関節上腕靱帯を関節窩縁で切離し、烏口突起基部を展開して腫瘍切除と烏口突起接触部の骨掻爬を行った。病理組織所見で多数の骨芽細胞の増殖、線維性骨の増生を認めて類骨骨腫と診断した。夜間痛は劇的に改善し、術後3ヵ月で関節可動域は正常まで改善した。

  • 肩鎖関節近傍発生のガングリオンを鏡視下に切除した3例

    平川 義弘, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 松本 一伸, 市川 耕一, 松田 淑伸, 中村 博亮

    肩関節   38 ( 2 )   726 - 729   2014年10月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    症例1は73歳男性で、左肩鎖関節直上に腫瘤形成を認め、近医の穿刺吸引で改善せず紹介受診した。X線・MRIで肩甲上腕関節の関節症性変化、肩峰の臼蓋化と骨棘形成、肩鎖関節の関節症性変化、肩鎖関節上に腫瘤像と広範囲腱板断裂を認め、鏡視下に腫瘤切除術、肩鎖遠位端切除術を行った。腫瘤はガングリオンであった。症例2は61歳女性で、右肩広範囲腱板断裂に鏡視下修復術を行い、術後半年で右肩関節上に腫瘤が出現し、内容物穿刺でゼリー状の粘液を採取し、ガングリオンの診断でガングリオン切除術、肩鎖遠位端切除術を行った。症例3は91歳女性で、両肩の広範囲腱板断裂で保存加療中であった。左肩の疼痛と左肩鎖関節から鎖骨上に腫瘤が出現し、内容物穿刺でゼリー状の粘液を採取し、ガングリオンの診断で数回の内容物吸引を行ったが改善せず、鏡視下にガングリオン切除術、肩鎖関節遠位端切除術を行った。3例とも術後にガングリオンの再発は認めていない。

  • 習慣性肩関節後方脱臼に対する関節鏡視下手術の術後臨床成績

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 松本 一伸, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 中村 博亮

    肩関節   38 ( 2 )   464 - 467   2014年10月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    保存的療法が無効の習慣性肩関節後方不安定症に対し鏡視下関節包縫縮術を行った23例24肩について、術中所見(後方関節唇損傷の有無)と臨床成績(JSSスコア・主観的不安定性・客観的不安定性)を中心に報告した。術中所見で後方関節唇損傷を認めたのは3肩(13%)であった。JSSスコアは術前平均59.8点が術後6ヵ月で86.9点、術後12ヵ月で93.7点に改善した。主観的不安定性と客観的不安定性は術前に全例で認め、術後6ヵ月時には主観的不安定性は1例も認めず、客観的不安定性は4肩(17%)に認め、術後12ヵ月時にはこの4肩中3肩で主観的不安定性の出現を認めた。

  • 多数の米粒体と腱板断裂を伴った関節リウマチ性肩峰下滑液包炎に対して関節鏡視下手術を施行した1例

    新熊 孝文, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 中村 博亮

    JOSKAS   39 ( 3 )   658 - 662   2014年06月( ISSN:1884-8842

     詳細を見る

    【目的】肩峰下滑液包(以下,SAB)内に米粒体を伴い,腱板断裂を認めた関節リウマチ(以下,RA)の症例に対して関節鏡視下手術を施行した1例を経験したので報告する.【症例】68歳,男性.約2年前より左肩関節痛が出現し,当科受診.同時期にRAと診断され,DMARDsの内服加療が開始された.薬物治療とリハビリにより一時疼痛の軽減を認めたが,疼痛が再燃し関節鏡視下手術を施行した.理学的所見は,肩峰下に圧痛があり,自動関節可動域は屈曲130°,外転130°,外旋40°,内旋第1腰椎であった.MRI T2強調画像でSAB内の滑液貯留,その内部に多数の蜂巣状低信号域を認めた.同時に棘上筋腱の断裂も認めた.【結果】RAによる肩峰下滑液包炎および腱板断裂と診断し,関節鏡視下肩峰下除圧術,スーチャーブリッジ法による関節鏡視下腱板修復術および関節鏡視下デブリドマンを施行し,米粒体を摘出した.病理学的所見は,米粒体はフィブリンよりなる均質な構造体であり,RAに伴う変化と考えられた.【考察】RAでの米粒体の発生頻度は,関節内に比べて滑液包内では稀である.しかし肩関節においては,SAB内での発生が多く,MRI T2強調画像でSAB内の滑液貯留,その内部に多数の蜂巣状低信号域が特徴的である.治療法としては,直視下での滑液包切除および米粒体摘出が有用という報告があるが,本症例では関節鏡視下手術が有用であった.【結論】今後も慎重な経過観察が必要であるが,関節リウマチ性肩峰下滑液包炎に対する関節鏡視下手術は有用であった.(著者抄録)

  • Modulus stemを用いた人工骨頭置換術後1年以上の治療成績とX線学的検討

    新熊 孝文, 間中 智哉, 中村 卓, 大木 毅

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   57 ( 3 )   663 - 664   2014年05月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    Modulus stemを用いた人工骨頭置換術について検討した。大腿骨頸部骨折の診断で手術を行い、1年以上経過観察可能であった130例を対象とした。術中大転子骨折を3例、術後感染を1例、術後脱臼を1例認めた。受傷前に自立歩行可能であった98例中78例で退院時自立歩行可能で、自立歩行再獲得率は79.5%であった。Cortical index 45%未満で、Stove pipe typeの症例で最も術後のsubsidenceが多く、平均1.04mmであった。全症例のsubsidenceは平均0.80mmであった。2mm以上のsubsidenceをきたした4例は、術後3ヵ月以内にsubsidenceを認めた。Stress shieldingは94例認めた。

  • JuggerKnot <SUP>TM</SUP> ソフトアンカーによる鏡視下腱板修復術後のMRI評価

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 松本 一伸, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 中村 博亮

    肩関節   38 ( 2 )   528 - 531   2014年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    JuggerKnot <SUP>TM</SUP> ソフトアンカーのみを用いた鏡視下腱板修復術後の腱板修復状態をMRIにて評価した.対象は,31例31肩(男性17例,女性14例)である.腱板断裂の形状とサイズ別に,滑液包側腱板部分断裂群(BPRCT群):20肩,小断裂群(S群):6肩,中断裂群(M群):5肩であった.術中に使用したアンカーの個数を各群で検討した.また,術後6ヶ月にて全例MRI撮影し,菅谷らの分類に従って評価した.術中に使用したアンカーの個数は,BPRCT群で平均3.2個,S群で平均3.2個,M群で平均4.8個であった.M群では,BPRCT群とS群に比べて有意に使用アンカー個数は多かった.術後MRI評価にてtype I:11肩,type II:18肩,type III:2肩,type IV:0肩,type V:0肩であった.滑液包側腱板部分断裂,小断裂及び中断裂に対してJuggerKnot <SUP>TM</SUP> ソフトアンカーのみを用いた鏡視下腱板修復術術後の腱板修復状態は良好であった.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.38.528

    CiNii Article

  • 患者立脚式肩関節評価法Shoulder36と客観的実測値との相関

    平川 義弘, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 松本 一伸, 市川 耕一, 松田 淑伸, 中村 博亮

    肩関節   38 ( 3 )   766 - 770   2014年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    肩関節疾患において,患者立脚式肩関節評価法Shoulder36 V1.3(以下,Sh36)の評価値と客観的実測値の関連性を検討することで,Sh36の評価意義を検討した.対象は肩関節鏡視下手術を施行した117名117肩であった.肩関節の外旋筋力,外転筋力,疼痛評価,自動屈曲,自動外転の客観的実測値とSh36による評価値との関連性を統計学的に検証した.腱板断裂および肩峰下インピンジメント症候群に対するSh36による術前機能評価は,客観的実測値との間に有意な相関を認めた.しかし,拘縮肩に対するSh36による術前機能評価では,筋力,疼痛で有意な相関を認めなかった.拘縮肩では可動域制限により,筋力評価が困難であり,痛みを起こさないよう代償している可能性が考えられた.肩関節疾患によっては,Sh36の評価値と客観的実測値が一致しない可能性があることが示された.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.38.766

    CiNii Article

  • Modulus stemを用いた人工骨頭置換術後1年以上の治療成績とX線学的検討

    新熊 孝文, 間中 智哉, 中村 卓, 大木 毅

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   57 ( 3 )   663 - 664   2014年( ISSN:00089443

  • JuggerKnot™ ソフトアンカー使用鏡視下バンカート修復術の短期成績

    市川 耕一, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 松本 一伸, 松田 淑伸, 平川 義弘, 中村 博亮

    肩関節   38 ( 3 )   802 - 805   2014年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    反復性肩関節前方脱臼に対する鏡視下バンカート修復術は有用な低侵襲手術である.本研究の目的は全て縫合糸素材からなる小径のJuggerKnot™ ソフトアンカーを用いた本術式の短期成績を評価検討することである.25例25肩を対象とし,術後再脱臼率,Roweスコア,外旋可動域の患健側比,使用アンカー数を評価した.全症例中,再脱臼を1例(4%)に認めたが,再亜脱臼は認めなかった.平均Roweスコアはstability49.2点,motion19.8点,function28.8点,合計97.8点で良好であった.外旋可動域は患健側比平均92.5%,平均使用アンカー数は5.9個であった.JuggerKnot™ ソフトアンカーを用いた本術式は,従来よりも多数のアンカーを使用することで力学的ストレスの分散化が可能で,良好な短期成績が期待できる低侵襲手術方法であると判断できた.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.38.802

    CiNii Article

  • 烏口突起基部に発生した類骨骨腫を鏡視下切除した一例

    木下 拓也, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 平川 義弘, 中村 博亮, 松本 一伸

    肩関節   38 ( 2 )   730 - 733   2014年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    烏口突起基部に発生した類骨骨腫を,鏡視下切除した一例を経験した.症例は16歳男性.約1 年前より明らかな誘因なく左肩の夜間痛を認めていた.MRI画像にて烏口突起基部に接して,直径11mm大の球形腫瘍を認めた.保存的治療に抵抗性があり,診断および治療目的に肩関節鏡視下手術を施行し,後方鏡視下に前方ポータルより腫瘍を切除した.術後,夜間痛は劇的に改善し,本術式は有効な低侵襲手術方法であると判断できた.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.38.730

    CiNii Article

  • 肩鎖関節近傍発生のガングリオンを鏡視下に切除した3例

    平川 義弘, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 松本 一伸, 市川 耕一, 松田 淑伸, 中村 博亮

    肩関節   38 ( 2 )   726 - 729   2014年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    肩鎖関節より発生したと思われるガングリオン3例に対し,関節鏡視下ガングリオン切除術及び鎖骨遠位端切除術を施行した.全例,修復困難な広範囲腱板断裂を認めた.広範囲腱板断裂により関節内および肩峰下滑液包内から産生された滑液が,肩鎖関節よりチェックバルブを介して漏出してガングリオンを形成したと判断できた.術後早期より症状の消失を認め,ガングリオンの再発を認めなかった.肩鎖関節近傍に発生した本症例群の場合,本術式が有効な低侵襲手術方法であると考えられた.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.38.726

    CiNii Article

  • 習慣性肩関節後方脱臼に対する関節鏡視下手術の術後臨床成績

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 松本 一伸, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 中村 博亮

    肩関節   38 ( 2 )   464 - 467   2014年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    習慣性肩関節後方脱臼は位置性肩関節後方脱臼とも言われ,肩関節90°挙上時に,後方へ(亜)脱臼し,水平外転位により自己整復されて挙上可能になるのが特徴的である.今回我々は本疾患に対する鏡視下後方関節包縫縮術の術後臨床成績を評価した.対象は23例24肩(男18肩,女6肩)である.臨床成績は,自覚症状,posterior jerk testを中心とした理学所見及びJSS shoulder instability score(以下JSS score)による評価を術後6ヶ月及び12ヶ月に施行し,術前と比較した.自覚症状は,術後6ヶ月で全例消失した.しかし術後12ヶ月で,理学所見上の不安定性の再発を4/24肩(17%)に認め,その内3肩では,自覚症状の再発も認めた.JSS scoreは術前平均59.8点から,術後6ヶ月で86.9点,術後12ヶ月で93.7点に有意に改善した(P<0.02).本術式の術後12ヶ月の臨床成績は概ね良好であり,有用な低侵襲手術方法であるが,再発例に対する検討が必要である.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.38.464

    CiNii Article

  • JuggerKnotソフトアンカーを用いた鏡視下腱板修復術の短期臨床成績

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 松本 一伸, 市川 耕一, 平川 義弘, 中村 博亮

    肩関節   37 ( 3 )   1113 - 1116   2013年10月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    JuggerKnotソフトアンカーを用いて鏡視下腱板縫合術(ARCR)を施行した28肩(手術時平均年齢60.5歳、平均経過観察期間8.8ヵ月)の臨床成績を検討した。腱板断裂の形状とサイズは滑液包側腱板部分断裂6肩、全層性断裂は小断裂4肩、中断裂10肩、大断裂・広範囲断裂8肩であり、滑液包側腱板部分断裂と小断裂はJuggerKnotソフトアンカー単独で、中断裂以上ではrotator cuffアンカーと併用した。術中アンカー使用時の問題と腱板修復状態、使用アンカーの種類と個数、ならびに自動屈曲可動域と自動外転可動域、日本整形外科学会肩関節疾患治療成績判定基準の経時的変化を評価した結果、全例、術中の腱板修復状態と短期臨床成績は良好で、アンカーの脱転は中断裂の1肩のみであったことから、JuggerKnotソフトアンカーを用いたARCRは有用と判断できた。

  • 患者立脚肩関節評価法Shoulder36の評価意義の検討

    平川 義弘, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 松本 一伸, 間中 智哉, 中村 博亮

    肩関節   37 ( 3 )   941 - 944   2013年10月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    患者立脚肩関節評価法Shoulder36(Sh36)と日本整形外科学会肩関節疾患治療成績判定基準(JOAスコア)の相関性を中心に、Sh36の評価意義について検討した。肩関節鏡視下手術を施行した40例を対象とした。Sh36とJOAスコアの合計点の間に有意な強い相関を認めた。項目別の比較では、疼痛、ADL、筋力に比較的高い相関係数を認め、可動域のみ低かった。疼痛とADLは疾患により相関係数が有意に異なったが、その他の項目では疾患別に相関係数に有意差を認めなかった。合計点では拘縮肩、腱板断裂、インピンジメント症候群の順に相関が強く、疼痛、ADLでは、腱板断裂、拘縮肩、インピンジメント症候群の順に相関が強かった。筋力、可動域は相関係数のばらつきが大きかった。合計点を含めて全項目で女性の相関係数が男性よりも高値を示し、特に、疼痛、ADL、筋力の各項目は、女性の相関係数が有意に高値を示した。

  • 上腕二頭筋長頭腱完全断裂肩の臨床的特徴

    市川 耕一, 伊藤 陽一, 平川 義弘, 松本 一伸, 間中 智哉, 中村 博亮

    肩関節   37 ( 3 )   1157 - 1161   2013年10月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    肩峰下インピンジメント症候群もしくは腱板断裂の診断で関節鏡視下肩峰下除圧術(ASD)単独およびASDと関節鏡視下腱板修復術を行った症例のうち、上腕二頭筋長頭腱(LHB)完全断裂が確認された116肩を対象として、LHB完全断裂と肩峰下インピンジメント症候群および腱板断裂との関連性に後ろ向きに調査した。内訳は肩峰下インピンジメント症候群単独20例、腱板断裂96例であり、特に腱板断裂サイズ、断裂腱板の種類及び棘上筋腱断裂の局在に注目して検討した結果、LHB完全断裂の発生頻度は腱板断裂例に有意に多く、肩峰下インピンジメント症候群では男性が有意に多かった。また、腱板断裂例では腱板断裂サイズの増大に伴ってLHB完全断裂例が増加しており、その断裂部位は棘上筋腱および肩峰下筋腱を含む腱板前方成分での断裂が多く、特に棘上筋腱断裂は大結節付着部の前方部と中央部に有意に多い結果であった。

  • Paraglenoid ganglion cystに対する鏡視下減圧術術後のリハビリテーション期間の検討

    平川 義弘, 伊藤 陽一, 松本 一伸, 間中 智哉, 市川 耕一, 中村 博亮

    肩関節   37 ( 3 )   1185 - 1188   2013年10月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    対象は10例10肩(男6例、女4例、平均年齢42歳)。術後2日目から棘上筋(SSP)と棘下筋(ISP)の筋力トレーニングおよび肩甲上神経に対する低周波刺激、自動および介助下自動可動域訓練を中心とするリハビリテーションを週3回施行し、術後3ヵ月および6ヵ月の屈曲・外転可動域の変化、SSPとISPに対する徒手筋力テストで判定した。術前・術後3ヵ月・術後6ヵ月の自動屈曲可動域は、151°、172°、178°、自動外転可動域は144°、170°、177°であった。徒手筋力テストにて術前SSPは3.8、ISPは4.4がいずれも術後3ヵ月および6ヵ月で5レベルまで改善した。全例肩関節後面の圧痛は術後早期に消失し、術後6ヵ月以降のMRIにてganglion cystは消失し再発例は認めなかった。Paraglenoid ganglion cystに対する鏡視下ガングリオン減圧術に対するリハビリテーションは、術後3ヵ月間で有意な改善が期待できると考えられた。

  • 肩峰下インピンジメント症候群に対する鏡視下肩峰下除圧術と鏡視下関節包切開術の併用術式の短期成績

    松田 淑伸, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 松本 一伸, 間中 智哉, 平川 義弘, 中村 博亮

    肩関節   37 ( 3 )   1203 - 1207   2013年10月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    肩峰下インピンジメント症候群のみのI群(男17例、女8例、平均年齢50.4歳)には鏡視下肩峰下除圧術(ASD)のみを、肩関節拘縮合併肩峰下インピンジメント症候群のII群(男17例、女8例、平均年齢50.9歳)にはASDと鏡視下関節包切開術併用術式を施行し、併用術式の意義を検討した。Hawkinsのインピンジメント徴候は、I群では全例術後3ヵ月に消失したのに対し、II群では術後3ヵ月で5例に残存し、術後6ヵ月では全例で消失した。自動屈曲可動域と自動外転可動域は両群ともに経時的に改善を認めたが、II群はI群より高い改善率を認めた。日本整形外科学科肩関節疾患治療成績判定基準は、I群は術前77.0点、術後3ヵ月93.1点、術後6ヵ月96.5点であったのに対しII群はそれぞれ59.0点、80.6点、88.0点であった。肩峰下インピンジメント症候群に肩関節拘縮を合併した症例に対してASDと鏡視下関節包切開術の併用術式は臨床成績の改善が期待できると考えられた。

  • 化膿性肩関節炎に対する関節鏡視下手術の治療経験

    松本 一伸, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 平川 義弘, 中村 博亮

    肩関節   37 ( 2 )   829 - 832   2013年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    2006年8月~2011年3月に鏡視下手術を行った化膿性肩関節炎12例について報告した。基礎疾患は7例(58%)に認め、内訳は糖尿病2例、肝機能障害2例、透析1例、糖尿病+透析1例、SLE 1例であった。手術方法は鏡視下に肩関節と肩峰下滑液包を観察し、炎症性滑膜を切除するとともに、感染性組織と判断できる軟部および骨軟骨組織を可及的に切除した。術後は肩関節内と肩峰下滑液包内にドレーンを各々2本ずつ(流入1本、流出1本)留置し、持続洗浄を適宜行った。治療成績(感染消退の有無)は、消退せず敗血症で死亡したものが2例(17%)あり、この2例は基礎疾患としてそれぞれ肝硬変とSLEを有していた。他の10例は感染が消退し、消退までに要した術後期間は6日~12週(平均25.6日)で、1ヵ月以内が7例、1ヵ月以上2ヵ月未満が1例、2ヵ月以上3ヵ月未満が1例、3ヵ月以上が1例であった。死亡した2例を除く10例の最終的な肩関節可動域は、120°以上の挙上可能が6例、不可能が4例で、この4例はいずれも広範囲腱板断裂を伴っていた。代表例として、良好な術後経過が得られた1例を提示した。

  • 患者立脚肩関節評価法 Shoulder36 の評価意義の検討

    平川 義弘, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 松本 一伸, 間中 智哉, 中村 博亮

    肩関節   37 ( 3 )   941 - 944   2013年( ISSN:09104461

  • 化膿性肩関節炎に対する関節鏡視下手術の治療経験

    松本 一伸, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 平川 義弘, 中村 博亮

    肩関節   37 ( 2 )   829 - 832   2013年( ISSN:09104461

  • 上腕二頭筋長頭筋腱欠損が広範囲腱板断裂例の肩関節機能低下および回復に及ぼす影響

    市川 耕一, 伊藤 陽一, 松本 一伸, 間中 智哉, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   36 ( 3 )   999 - 1002   2012年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    広範囲腱板断裂の診断で、鏡視下腱板修復術(ARCR)を施行した122例中、術後6ヵ月以上の経過観察が可能であった85肩(男性46肩、女性39肩、41~83歳、平均67.5歳)を対象に、広範囲腱板断裂例における上腕二頭筋長頭筋腱(LHB)損傷の程度が肩関節機能低下に及ぼす影響およびARCR後の術後回復に及ぼす影響について検討した。LHBの損傷程度を手術時LHBが完全に断裂していたLHB完全断裂群(LHB-群)26肩とLHB非断裂群(LHB+群)59肩に分類した。術前肩機能において平均自動屈曲可動域(LHB-群101.3°、LHB+群98.9°)、自動外転可動域(LHB-群86.7°、LHB+群86.1°)、JOAスコア(LHB-群50.7、LHB+群50.6)で両群に有意差を認めなかった。術中に評価した腱板断裂の縦径および横径は、縦径(LHB-群52.2mm、LHB+群50.2mm)、横径(LHB-群50.0mm、LHB+群43.8mm)で両群に有意差を認めなかった。術後の自動屈曲可動域はLHB-群LHB113.0°、LHB+群134.2°、自動外転可動域はLHB-群97.8°、LHB+群122.2°、JOAスコアはLHB-群69.5、LHB+群76.2で、LHB+群はLHB-群に比べ有意に良好な術後成績が認められた。よりよい術後機能回復を求めるに当たりLHBの連続性が確認できる期間に手術することが望ましいと思われた。

  • 肩鎖関節変形性関節症に対する鏡視下鎖骨遠位端切除術の中期臨床成績

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 松本 一伸, 市川 耕一, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   36 ( 3 )   1011 - 1014   2012年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    2001年4月~2010年6月に関節鏡視下手術を行った1730例中、有痛性肩鎖関節変形性関節症に対し、鏡視下鎖骨遠位端切除術を行った症例は102肩であった。その中で術後1年以上、10年未満の経過観察が可能であった91例101肩(男性58例、女性33例、30~80歳、平均59.1歳)を対象に、中期臨床成績と、関節鏡を用いた肩鎖関節以外の病変の状態を評価した。肩鎖関節以外の病変は肩峰下インピンジメントを全例に認め、SLAP病変38肩(38%)、腱板断裂52肩(51%)、上腕二頭筋長頭腱断裂17肩(17%)、関節拘縮30肩(29%)であった。術式は鏡視下肩峰除圧術(ASD)+鏡視下鎖骨遠位端切除術49肩、ASD+鏡視下腱板修復術(ARCR)+鏡視下鎖骨遠位端切除術22肩、鏡視下関節包切離術+ASD+鏡視下鎖骨遠位端切除術24肩、鏡視下関節包切離術+ASD+ARCR+鏡視下鎖骨遠位端切除術6肩であった。術後3ヵ月時、肩鎖関節部の圧痛は90肩(89%)で完全消失し、11肩(11%)で軽度残存した。最終経過観察時には軽度残存11肩中4肩(36%)で圧痛の完全消失を認め、肩鎖関節部の圧痛は94肩(93%)で完全消失し、7肩(7%)で軽度残存した。経過観察中の肩鎖関節部の再発は認めなかった。水平内転ストレステストでの疼痛誘発は、術後3ヵ月および最終観察時共に101肩全例で消失した。術式の経過観察中、全例で患者の満足度は高く、術後3ヵ月時に得られる改善が中期的にも継続した。

  • 腱板断裂が肩関節拘縮に及ぼす影響 断裂形態別比較

    松本 一伸, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   36 ( 3 )   933 - 936   2012年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    肩関節鏡視下手術時に腱板断裂の有無および断裂形態が十分に評価可能であった症例中、腱内水平断裂症例、脱臼歴のある症例および40歳未満の症例を除いた903例(男性506例、女性397例、40~86歳、平均63歳)を対象に、関節面側部分断裂(A群)237例、滑液包側部分断裂(B群)141例、全層性断裂(C群)525例に分け、腱板断裂形態と肩関節拘縮の関連性を解明し、各断裂形態が肩関節拘縮に及ぼす影響について検討した。903例中、拘縮が認められたのは127例(14.7%)であった。拘縮症例の占める割合はA群拘縮あり70例、拘縮なし167例で29.5%、B群拘縮あり24例、拘縮なし117例で17%、C群拘縮あり33例、拘縮なし492例で6.3%であった。部分断裂群と全層断裂群の比較ではA群、B群を合わせた部分断裂群378例中94例、24.9%に拘縮を認め、C群の全層断裂群の6.3%より高頻度に拘縮の合併が認められた。部分断裂群の中ではA群においてB群より高頻度に拘縮の合併が認められた。A群においては外傷と拘縮の関連性が示唆された。腱板断裂形態と肩関節拘縮の関連性において、腱板部分断裂との相関を認め、特に関節面側腱板部分断裂との相関を強く認められた。

  • 広範囲腱板断裂に対する鏡視下手術治療成績 術式別比較を中心に

    伊藤 陽一, 間中 智哉, 松本 一伸, 市川 耕一, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   36 ( 2 )   653 - 656   2012年08月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    断裂縦径50mmを超える広範囲腱板断裂に対して鏡視下手術を行い、術後6ヵ月以上経過観察し得た120肩について、術式別の治療効果を評価し、的確な鏡視下手術の術式選択と手術適応を検討した。術式はdouble row法で完全修復し得た27肩、single row法で完全修復し得た42肩、完全修復不能で腱板部分修復に留まった23肩、デブリードマンを単独施行した4肩、鏡視下肩峰下除圧術(ASD)を行った19肩であり、術前と術後約6ヵ月の日本整形外科学会肩関節治療成績判定基準、自動屈曲・外転可動域を評価した。その結果、手術治療効果は腱板完全修復術群で有意に高く、部分修復、ASDおよびデブリードマンは有意に劣っていた。部分修復で成績不良にとどまった広範囲腱板断裂症例に対しては、腱板の代用機能も期待する何らかのパッチを用いた補強や上方関節包再建等も検討すべきと考えられた。

  • 上腕二頭筋長頭筋腱欠損が広範囲腱板断裂例の肩関節機能低下および回復に及ぼす影響

    市川 耕一, 伊藤 陽一, 松本 一伸, 間中 智哉, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   36 ( 3 )   999 - 1002   2012年( ISSN:09104461

  • 広範囲腱板断裂に対する鏡視下手術治療成績<BR>-術式別比較を中心に-

    伊藤 陽一, 間中 智哉, 松本 一伸, 市川 耕一, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   36 ( 2 )   653 - 656   2012年( ISSN:09104461

  • 肩鎖関節変形性関節症に対する鏡視下鎖骨遠位端切除術の中期臨床成績

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 松本 一伸, 市川 耕一, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   36 ( 3 )   1011 - 1014   2012年( ISSN:09104461

  • 腱板断裂が肩関節拘縮に及ぼす影響<BR>-断裂形態別比較-

    松本 一伸, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 市川 耕一, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   36 ( 3 )   933 - 936   2012年( ISSN:09104461

  • Local delivery of siRNA using a biodegradable polymer application to enhance BMP-induced bone formation.

    Manaka T, Suzuki A, Takayama K, Imai Y, Nakamura H, Takaoka K

    Biomaterials   32 ( 36 )   9642 - 8   2011年12月( ISSN:0142-9612

  • 50歳以上の中高年における鏡視下バンカート修復術 術後1年以上経過例の臨床的特徴と臨床成績

    松本 一伸, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 大戎 直人, 真本 建司, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   35 ( 3 )   759 - 763   2011年11月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    反復性肩関節脱臼に対して鏡視下バンカート修復術を受けた中高年患者で、術後1~5年経過している23例の臨床像と治療成績について検討した。臨床像の調査項目は「30歳未満での脱臼歴の有無」「バンカート病変の形態」「腱板断裂合併の有無と断裂サイズ」「併施した手術の種類」とし、治療成績の評価項目は「Roweスコア」「肩関節外転90°での外旋可動域」とした。検討の結果、30歳未満での脱臼歴を有していたのは5例(22%)であった。バンカート病変の形態は、「明らかな関節包断裂を伴わない通常のバンカート損傷」が21例(91%)、「通常のバンカート損傷を伴わない関節包断裂」が2例(9%)であった。腱板断裂を合併していたのは13例(57%)で、断裂サイズは大断裂・広範囲断裂が9例(69%)、中断裂が4例(31%)であった。併施手術は、腱板断裂合併のあった全例に行われており、手術の内訳は、鏡視下肩峰下除圧術と鏡視下腱板縫合術が7例(54%)に併施されていた。他の6例(46%)は広範囲断裂で腱板の一次修復が困難なケースであり、鏡視下肩峰下除圧術のみ併施されていた。治療成績はRoweスコアが術前平均15.7点から術後1年時83.7点に改善し、術後の外旋可動域は健側比平均88.9%であった。

  • 透析肩に対する鏡視下手術の治療成績

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 松本 一伸, 大戎 直人, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   35 ( 3 )   923 - 926   2011年11月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    透析肩と診断され鏡視下手術を施行した8例11肩(男性7例、女性1例、手術時平均年齢60.3歳)を対象に治療成績と有用性について検討した。平均経過観察期間29.8ヵ月の結果、透析期間20年以上の症例が11肩中8肩(72.2%)と多くみられた。手術成績としてはJOAスコア合計得点平均が術前53.6点から術後3ヵ月時点で79.5点、更に術後6ヵ月時点で86.0点と有意な改善が得られていた。項目別では疼痛の改善が著しく術前5.5点から術後3ヵ月時点で21.9点、6ヵ月時点で25.0点と有意な改善がみられた。だが、1肩において疼痛の再発を認め、再手術が行われた。以上より、透析肩に対するデブリドマンを中心とした関節鏡視下手術成績は概ね良好であり、特に疼痛の改善が顕著であることが示唆された。

  • Mini-open法による腱板修復術術後10年以上の長期臨床成績

    真本 建司, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 松本 一伸, 大戎 直人, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   35 ( 2 )   443 - 447   2011年08月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    全層性腱板断裂に対してMini-open法による腱板縫合術を施行し、術後10年以上経過観察可能であった29例30肩(男性18例、女性11例)を対象としてその臨床成績を検討した。平均経過観察期間は11年で、JOAスコアに従った臨床成績評価では、術前57.1点に比べて術後1年で93.9点と有意に改善し、それ以降は有意差はなく良好な結果を維持した。平均自動屈曲可動域も術前の126度に比べて術後6ヵ月で168度と有意に改善し、それ以降は有意差はなく、術後10年目も良好な結果を維持していた。平均自動外転可動域に関しても術前104度から術後6ヵ月で165度と有意に改善し、その後は有意差はなく、術後10年目も良好であった。追加手術はMedium sizeの腱板断裂例2肩に要し、いずれも術後10年および11年目に腱板再断裂を認め鏡視下腱板再縫合術を施行した。以上のことから、Mini-open法は比較的簡便に腱板修復が可能な低侵襲手術であると判断された。

  • 拘縮肩における肩峰下滑液包内病変の影響 肩峰下滑液包造影での局麻剤効果の検討

    伊藤 陽一, 松本 一伸, 間中 智哉, 真本 建司, 大戎 直人, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   35 ( 2 )   563 - 566   2011年08月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    関節鏡視下関節包切開術を行ったFrozen phaseの拘縮肩群38例38肩(男性17例、女性7例、平均58.0歳)と、肩峰下滑液包(SAB)内病変が主病変の肩峰下インピンジメントを認める非拘縮肩群95例95肩(男性57例、女性38例、平均55.3歳)における運動時痛や可動域制限についてSAB造影検査で評価比較した。局所麻酔による運動時除痛効果は、拘縮肩群平均59.9%、非拘縮肩群平均79.5%と有意差を認め、自動可動域改善角度は屈曲がそれぞれ17.6度、18.8度、外転が28.5度、26.0度といずれも有意差はなかったが、他動可動域改善角度は屈曲が14.5度、7.4度、外転が22.1度、6.1度といずれも有意差を認めた。拘縮肩のSAB内病変は、約60%の運動時疼痛誘発と約15度の他動屈曲可動域制限、約22度の他動外転可動域制限に影響を及ぼすと考えられた。

  • 鏡視下鎖骨遠位端切除術を併用した鏡視下腱板縫合術の有用性

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 松本 一伸, 大戎 直人, 真本 建司, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   35 ( 2 )   587 - 591   2011年08月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    鏡視下鎖骨遠位端切除術と鏡視下腱板縫合術(ARCR)の併用術を行った肩鎖関節変形性関節症合併全層性腱板断裂24例25肩(男性17例、女性7例、平均61.2歳)をI群とし、ARCRのみを行った腱板断裂単独の24例25肩(男性17例、女性7例、平均62.6歳)をII群として比較した。両群の全例に肩峰下インピンジメントを認め、鏡視下肩峰下除圧術を行った。I群の骨切除量は平均10.3mmで、術後肩鎖関節部の圧痛は23肩(92%)で完全消失したが、2肩で軽度残存を認めた。また、水平内転ストレステストによる疼痛誘発は全例で消失した。JOA scoreはI群では術前平均55.6点→術後3ヵ月79.2点、術後6ヵ月86.6点に、II群では術前平均55.9点→術後3ヵ月79.3点、術後6ヵ月87.1点に両群とも有意に改善し、改善割合は両群間で有意差はなかった。術後合併症は6ヵ月以上持続する術後拘縮をI群で2例に、II群で1例に認めたが、他の大きな合併症は認めなかった。

  • Functional recovery period after arthroscopic rotator cuff repair: is it predictable before surgery?

    Manaka T, Ito Y, Matsumoto I, Takaoka K, Nakamura H

    Clinical orthopaedics and related research   469 ( 6 )   1660 - 6   2011年06月( ISSN:0009-921X

     詳細を見る

  • 50歳以上の中高年における鏡視下バンカート修復術<BR>-術後1年以上経過例の臨床的特徴と臨床成績-

    松本 一伸, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 大戎 直人, 真本 建司, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   35 ( 3 )   759 - 763   2011年( ISSN:09104461

  • 拘縮肩における肩峰下滑液包内病変の影響<BR>-肩峰下滑液包造影での局麻剤効果の検討-

    伊藤 陽一, 松本 一伸, 間中 智哉, 真本 建司, 大戎 直人, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   35 ( 2 )   563 - 566   2011年( ISSN:09104461

  • Mini‐open法による腱板修復術術後10年以上の長期臨床成績

    真本 建司, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 松本 一伸, 大戎 直人, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   35 ( 2 )   443 - 447   2011年( ISSN:09104461

  • 鏡視下鎖骨遠位端切除術を併用した鏡視下腱板縫合術の有用性

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 松本 一伸, 大戎 直人, 真本 建司, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   35 ( 2 )   587 - 591   2011年( ISSN:09104461

  • 透析肩に対する鏡視下手術の治療成績

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 松本 一伸, 大戎 直人, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   35 ( 3 )   923 - 926   2011年( ISSN:09104461

  • 肩関節・肩甲帯部疾患 病態・診断・治療の現状 診断 各種疾患の現在の画像診断法 肩鎖関節変形性関節症における画像スコアリングの意義

    伊藤 陽一, 間中 智哉, 松本 一伸, 月山 国明, 中村 博亮

    別冊整形外科   1 ( 58 )   41 - 45   2010年10月( ISSN:02871645

     詳細を見る

  • Epinephrine accelerates osteoblastic differentiation by enhancing bone morphogenetic protein signaling through a cAMP/protein kinase A signaling pathway.

    Uemura T, Ohta Y, Nakao Y, Manaka T, Nakamura H, Takaoka K

    Bone   47 ( 4 )   756 - 65   2010年10月

     詳細を見る

  • 【肩関節・肩甲帯部疾患 病態・診断・治療の現状】診断 各種疾患の現在の画像診断法 肩鎖関節変形性関節症における画像スコアリングの意義

    伊藤 陽一, 間中 智哉, 松本 一伸, 月山 国明, 中村 博亮

    別冊整形外科   ( 58 )   41 - 45   2010年10月( ISSN:0287-1645

     詳細を見る

    肩鎖関節変形性関節症に特徴的な画像所見6項目を独自に設定し、各項目についてスコアリングすることを試みた。6項目の内訳は、単純X線像における[関節裂隙の狭小化][骨棘形成][骨硬化]およびMRI T2強調像における[関節液貯留][鎖骨骨髄浮腫][肩峰骨髄浮腫]である。スコアリング方法は、各所見を認めた場合を1点、認めない場合を0点とし、症例ごとに6点満点で評価するようにした。本症患者38例40肩についてスコアリングを行った結果、平均点は3.8点であった。3点以下の症例を"軽度変化例"、4点以上を"重度変化例"とすると、軽度変化例は15肩(37.5%)、重度変化例は25肩(62.5%)であった。各所見が重症度変化に及ぼしている影響について検討するため、軽度変化群と重度変化群とで各所見の該当状況を比較解析した結果、重症度変化に有意な影響を及ぼしていた所見は[関節裂隙狭小化][関節液貯留][鎖骨骨髄浮腫][肩峰骨髄浮腫]であった。

  • 肩関節多方向性不安定症に対する関節鏡視下関節包縫縮術の短期臨床成績

    松本 一伸, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 大戎 直人, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   34 ( 3 )   713 - 716   2010年08月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    鏡視下関節包縫縮術後6ヵ月以上経過観察しえた肩関節多方向性不安定症16例17肩の治療成績を報告した。男性15例、女性1例、年齢は15~47歳、術後観察期間は6~60ヵ月であった。JSSスコア(日本肩関節学会shoulder instability score)は術前平均53.4点が術後6ヵ月時91.7点に改善した。理学的不安定性は全例で消失し、自覚的不安定性については残存していたものが7肩(41%)あった。代表例1例を提示した。

  • 変形性肩鎖関節症における画像評価

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 松本 一伸, 大戎 直人, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   34 ( 2 )   503 - 506   2010年06月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    関節鏡視下鎖骨遠位端切除術を行った変形性肩鎖関節症40肩を対象に、術前に単純X線とMRIを用いて画像的特徴の分類および肩鎖関節の画像スコアリングを行い、これらに基づいて重度変化に影響を及ぼす因子を同定し、その有用性について検討した。1)単純X線では関節裂隙の狭小化は27肩(67.5%)、骨棘形成は28肩(70%)、骨硬化は21肩(52.5%)で認められた。また、MRIでは関節液貯留が33肩(82.5%)、鎖骨骨髄浮腫と肩峰骨髄浮腫がともに22肩(55%)で認められた。2つの画像所見を合わせると、MRIでの関節液貯留、単純X線での骨棘形成および関節裂隙狭小化の順に高頻度であった。2)画像スコアリングの平均点数は3.8点であったことから、3点以下を軽度変化例、4点以上を重度変化例としたところ、重度変化例は25肩(62.5%)であり、軽度変化例の15肩(37.5%)を大きく上回った。3)軽度変化例と重度変化例に分類し、評価項目が重度変化に及ぼす影響を調べたところ、単純X線での関節裂隙の狭小化およびMRIでの関節液貯留、鎖骨骨髄浮腫、肩峰骨髄浮腫の4項目が、高度な画像上の関節変形に関連する評価項目であることが確認された。

  • 肩峰下滑液包造影の臨床的意義

    松本 一伸, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 大戎 直人, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   34 ( 2 )   333 - 337   2010年06月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    肩峰下滑液包(SAB)造影に関する先行研究で三笠は、「SABは3つの部位(subacromial portion(SA)、subcoracoid portion(SC)、subdeltoid portion(SD))から成り、SAに注入された造影剤は、注入時あるいは注入後他動運動に伴いSCやSDに流出する」と報告しているが、病態との関連性については十分に検討されていない。そこで今回、肩関節疾患133例を対象に、SAB造影所見と病態との関連性について調べ、SAB造影による病態把握が可能であるか検討した。その結果、造影剤の各portion(SA・SC・SD)への広がり評価を基盤とした分類を行うことにより、ある程度の病態把握が可能であると考えられた。

  • 変形性肩鎖関節症における画像評価

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 松本 一伸, 大戎 直人, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   34 ( 2 )   503 - 506   2010年( ISSN:09104461

  • 肩峰下滑液包造影の臨床的意義

    松本 一伸, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 大戎 直人, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   34 ( 2 )   333 - 337   2010年( ISSN:09104461

  • 肩関節多方向性不安定症に対する関節鏡視下関節包縫縮術の短期臨床成績

    松本 一伸, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 大戎 直人, 中村 信之, 中村 博亮

    肩関節   34 ( 3 )   713 - 716   2010年( ISSN:09104461

  • RNA interference for noggin enhances the biological activity of bone morphogenetic proteins in vivo and in vitro

    TAKAYAMA Kazushi, SUZUKI Akinobu, MANAKA Tomoya, TAGUCHI Susumu, HASHIMOTO Yusuke, IMAI Yuuki, WAKITANI Shigeyuki, TAKAOKA Kunio

    27 ( 4 )   402 - 411   2009年07月( ISSN:09148779

     詳細を見る

  • Osteoinductive capacity and heat stability of recombinant human bone morphogenetic protein-2 produced by Escherichia coli and dimerized by biochemical processing

    YANO Koichi, HOSHINO Masatoshi, OHTA Yoichi, MANAKA Tomoya, NAKA Yoshifumi, IMAI Yuuki, SEBALD Walter, TAKAOKA Kunio

    J Bone Miner Metab   27 ( 3 )   355 - 363   2009年05月( ISSN:09148779

     詳細を見る

  • Parathyroid hormone enhances bone morphogenetic protein activity by increasing intracellular 3', 5'-cyclic adenosine monophosphate accumulation in osteoblastic MC3T3-E1 cells.

    Nakao Y, Koike T, Ohta Y, Manaka T, Imai Y, Takaoka K

    Bone   44 ( 5 )   872 - 7   2009年05月

     詳細を見る

  • Bristow 変法施行後の中期臨床成績 -ABER 3D-CT の診断的意義-

    松本 一伸, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 仲 哲史, 坂口 公一, 月山 国明, 中尾 佳裕, 中村 信之, 鞆 浩康, 高岡 邦夫

    肩関節   33 ( 3 )   655 - 658   2009年( ISSN:09104461

  • 広範囲腱板断裂に対する鏡視下腱板縫合術の良き適応とは?

    坂口 公一, 伊藤 陽一, 中尾 佳裕, 間中 智哉, 仲 哲史, 月山 国明, 松本 一伸, 中村 信之, 鞆 浩康, 高岡 邦夫

    肩関節   33 ( 3 )   713 - 716   2009年( ISSN:09104461

  • 上腕二頭筋長頭腱完全断裂肩の臨床的特徴

    市川 耕一, 伊藤 陽一, 平川 義弘, 松本 一伸, 間中 智哉, 中村 博亮

    肩関節   37 ( 3 )   1157 - 1161   2009年( ISSN:09104461

  • RNA interference for noggin enhances the biological activity of bone morphogenetic proteins in vivo and in vitro.

    Takayama K, Suzuki A, Manaka T, Taguchi S, Hashimoto Y, Imai Y, Wakitani S, Takaoka K

    Journal of bone and mineral metabolism   27 ( 4 )   402 - 11   2009年( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

  • Paraglenoid ganglion cyst に対する鏡視下減圧術術後のリハビリテーション期間の検討

    平川 義弘, 伊藤 陽一, 松本 一伸, 間中 智哉, 市川 耕一, 中村 博亮

    肩関節   37 ( 3 )   1185 - 1188   2009年( ISSN:09104461

  • Osteoinductive capacity and heat stability of recombinant human bone morphogenetic protein-2 produced by Escherichia coli and dimerized by biochemical processing.

    Yano K, Hoshino M, Ohta Y, Manaka T, Naka Y, Imai Y, Sebald W, Takaoka K

    Journal of bone and mineral metabolism   27 ( 3 )   355 - 63   2009年( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

  • JuggerKnot <SUP>TM</SUP> ソフトアンカーを用いた鏡視下腱板修復術の短期臨床成績

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 松本 一伸, 市川 耕一, 平川 義弘, 中村 博亮

    肩関節   37 ( 3 )   1113 - 1116   2009年( ISSN:09104461

  • Delamination 腱板断裂における関節面側再断裂と断裂サイズの関連

    仲 哲史, 伊藤 陽一, 中尾 佳裕, 間中 智哉, 坂口 公一, 松本 一伸, 中村 信之, 鞆 浩康, 高岡 邦夫

    肩関節   33 ( 2 )   467 - 469   2009年( ISSN:09104461

  • 肩峰下インピンジメント症候群に対する鏡視下肩峰下除圧術と<BR>鏡視下関節包切開術の併用術式の短期成績

    松田 淑伸, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 松本 一伸, 間中 智哉, 平川 義弘, 中村 博亮

    肩関節   37 ( 3 )   1203 - 1207   2009年( ISSN:09104461

  • 鏡視下腱板縫合術々後の肩関節機能回復期間は予測できるか?

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 中尾 佳裕, 仲 哲史, 月山 国明, 坂口 公一, 松本 一伸, 中村 信之, 鞆 浩康, 高岡 邦夫

    肩関節   33 ( 2 )   373 - 376   2009年( ISSN:09104461

  • 肩鎖関節部のガングリオンに対して鏡視下切除術を施行した 1 例

    月山 国明, 伊藤 陽一, 中尾 佳裕, 間中 智哉, 仲 哲史, 坂口 公一, 松本 一伸, 中村 信之, 鞆 浩康, 高岡 邦夫

    肩関節   33 ( 3 )   855 - 857   2009年( ISSN:09104461

  • Delamination 腱板断裂の術前断裂サイズと鏡視下 double row 腱板修復後の関節面側再断裂の関連性

    仲 哲史, 伊藤 陽一, 中尾 佳裕, 間中 智哉, 坂口 公一, 中村 信之, 鞆 浩康, 松本 一伸, 高岡 邦夫

    関節鏡   33 ( 3 )   107   2008年10月( ISSN:0910223X

     詳細を見る

  • 広範囲腱板断裂に対する鏡視下腱板縫合術の適応検討 : 術後成績に影響する術前要因は何か?

    坂口 公一, 伊藤 陽一, 中尾 佳裕, 間中 智哉, 仲 哲史, 月山 国明, 松本 一伸, 中村 信之, 鞆 浩康, 高岡 邦夫

    関節鏡   33 ( 3 )   76   2008年10月( ISSN:0910223X

     詳細を見る

  • 肩鎖関節部に発生したガングリオンに対して鏡視下切除術を施行した一例

    月山 国明, 伊藤 陽一, 中尾 佳裕, 間中 智哉, 仲 哲史, 松本 一伸, 坂口 公一, 中村 信之, 鞆 浩康, 高岡 邦夫

    関節鏡   33 ( 3 )   119   2008年10月( ISSN:0910223X

     詳細を見る

  • 関節鏡視下腱板縫合術々後における機能回復期間の検討

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 中尾 佳裕, 仲 哲史, 月山 国明, 坂口 公一, 松本 一伸, 中村 信之, 鞆 浩康, 高岡 邦夫

    関節鏡   33 ( 3 )   70   2008年10月( ISSN:0910223X

     詳細を見る

  • 腱板水平断裂に対する鏡視下腱板層間縫合術の術後成績

    中尾 佳裕, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 仲 哲史, 坂口 公一, 月山 国明, 松本 一伸, 中村 信之, 鞆 浩康, 高岡 邦夫

    関節鏡   33 ( 3 )   65   2008年10月( ISSN:0910223X

     詳細を見る

  • Expression profiles of phosphodiesterase 4D splicing variants in osteoblastic cells

    NOMURA FURUWATARI Chizumi, WAKITANI Shigeyuki, HASHIMOTO Yusuke, IMAI Yuuki, OHTA Yoichi, NAKAGAWA Keisuke, NAKAO Yoshihiro, TAKAYAMA Kazushi, MANAKA Tomoya, TAKAOKA Kunio

    26 ( 2 )   152 - 158   2008年03月( ISSN:09148779

     詳細を見る

  • Delamination 腱板断裂における鏡視下 double row 腱板修復後の MRI 評価

    坂口 公一, 伊藤 陽一, 仲 哲史, 中尾 佳裕, 間中 智哉, 中村 信之, 鞆 浩康, 松本 一伸, 高岡 邦夫

    肩関節   32 ( 3 )   627 - 630   2008年( ISSN:09104461

  • 五十肩における鏡視所見の定量化評価

    瀧上 順誠, 伊藤 陽一, 間中 智哉

    中部日本整形外科災害外科学会学術集会 抄録集   109 ( 0 )   360 - 360   2008年

  • Expression profiles of phosphodiesterase 4D splicing variants in osteoblastic cells.

    Nomura-Furuwatari C, Wakitani S, Hashimoto Y, Imai Y, Ohta Y, Nakagawa K, Nakao Y, Takayama K, Manaka T, Takaoka K

    Journal of bone and mineral metabolism   26 ( 2 )   152 - 8   2008年( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

  • 肩鎖関節変形性関節症における鏡視下鎖骨遠位端切除術の有用性

    鞆 浩康, 伊藤 陽一, 中尾 佳裕, 間中 智哉, 仲 哲史, 中村 信之, 松本 一伸, 坂口 公一, 高岡 邦夫

    肩関節   32 ( 3 )   699 - 702   2008年( ISSN:09104461

  • 骨シンチグラフィーによる拘縮肩の骨代謝定量化評価

    仲 哲史, 伊藤 陽一, 中尾 佳裕, 間中 智哉, 中村 信之, 鞆 浩康, 松本 一伸, 坂口 公一, 高岡 邦夫

    肩関節   32 ( 2 )   253 - 255   2008年( ISSN:09104461

  • 骨シンチグラフィーによる五十肩の骨代謝定量化評価

    月山 国明, 伊藤 陽一, 間中 智哉

    中部日本整形外科災害外科学会学術集会 抄録集   109 ( 0 )   361 - 361   2008年

  • 鏡視下腱板縫合術々後の再鏡視評価 -成績良好群における術式評価-

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 中尾 佳裕, 仲 哲史, 中村 信之, 鞆 浩康, 松本 一伸, 坂口 公一, 高岡 邦夫

    肩関節   32 ( 3 )   623 - 626   2008年( ISSN:09104461

  • 鏡視下腱板縫合術々後における腱骨連結部の組織学的評価

    中尾 佳裕, 伊藤 陽一, 間中 智哉, 仲 哲史, 鞆 浩康, 中村 信之, 松本 一伸, 坂口 公一, 高岡 邦夫

    肩関節   32 ( 3 )   653 - 656   2008年( ISSN:09104461

  • 鏡視下バンカート修復術術後の MRI 評価

    中村 信之, 伊藤 陽一, 中尾 佳裕, 間中 智哉, 仲 哲史, 鞆 浩康, 松本 一伸, 坂口 公一, 高岡 邦夫

    肩関節   32 ( 3 )   545 - 547   2008年( ISSN:09104461

  • 上腕骨大結節裂離骨折に対してスーチャーアンカーを用いて鏡視下整復固定術を施行した1例

    安田 宏之, 伊藤 陽一, 仲 哲史, 間中 智哉, 中尾 佳裕, 高岡 邦夫

    整形外科   58 ( 12 )   1585 - 1588   2007年11月( ISSN:00305901

  • MRAによる腱板delaminationの引き込み距離評価

    仲 哲史, 伊藤 陽一, 中尾 佳裕, 間中 智哉, 中村 信之, 中野 元博, 鞆 浩康, 松本 一伸, 高岡 邦夫

    肩関節   31 ( 2 )   249 - 251   2007年( ISSN:09104461

  • 大腿筋膜移植による腱板再建後に再鏡視評価をした一例

    松本 一伸, 伊藤 陽一, 中尾 佳裕, 間中 智哉, 仲 哲史, 中村 信之, 中野 元博, 鞆 浩康, 高岡 邦夫

    肩関節   31 ( 3 )   649 - 651   2007年( ISSN:09104461

  • 全層性腱板断裂例におけるdelaminationの関節鏡評価

    中野 元博, 伊藤 陽一, 鞆 浩康, 中尾 佳裕, 中村 信之, 間中 智哉, 仲 哲史, 松本 一伸, 高岡 邦夫

    肩関節   31 ( 3 )   575 - 577   2007年( ISSN:09104461

  • ノットレスアンカーを用いた鏡視下バンカート修復術の臨床評価

    中村 信之, 伊藤 陽一, 鞆 浩康, 中尾 佳裕, 中野 元博, 間中 智哉, 仲 哲史, 松本 一伸, 高岡 邦夫

    肩関節   31 ( 3 )   493 - 496   2007年( ISSN:09104461

  • 石灰沈着性腱板炎に対する鏡視下石灰沈着除去術の有用性

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 中尾 佳裕, 仲 哲史, 中村 信之, 中野 元博, 鞆 浩康, 松本 一伸, 高岡 邦夫

    肩関節   31 ( 3 )   641 - 644   2007年( ISSN:09104461

  • 難治性拘縮肩での鏡視下Rotator Interval releaseの疼痛緩和効果

    中尾 佳裕, 伊藤 陽一, 鞆 浩康, 中野 元博, 中村 信之, 間中 智哉, 仲 哲史, 松本 一伸, 高岡 邦夫

    肩関節   31 ( 2 )   441 - 443   2007年( ISSN:09104461

  • 肩関節疾患におけるウイングビューを用いた肩甲骨位置解析

    鞆 浩康, 伊藤 陽一, 中尾 佳裕, 間中 智哉, 仲 哲史, 中村 信之, 中野 元博, 松本 一伸, 高岡 邦夫

    肩関節   31 ( 2 )   241 - 243   2007年( ISSN:09104461

  • 人工関節の術前計画における3Dテンプレーティングシステム Hip-op の有用性に関する検討

    間中 智哉, 岩城 啓好, 小林 章郎, 高岡 邦夫

    Hip joint   32   456 - 459   2006年10月( ISSN:03893634

     詳細を見る

  • Glenoid fracture に対して鏡視下整復固定術を行った二例

    仲 哲史, 伊藤 陽一, 鞆 浩康, 中尾 佳裕, 中野 元博, 中村 信之, 間中 智哉, 松本 一伸, 高岡 邦夫

    関節鏡 = ARTHROSCOPY Society magazine guidance & Contribution rules   31 ( 1 )   115   2006年06月( ISSN:0910223X

     詳細を見る

  • 大腿筋膜移植による腱板再建後に再鏡視評価をした一例

    松本 一伸, 伊藤 陽一, 鞆 浩康, 中尾 佳裕, 中野 元博, 中村 信之, 間中 智哉, 仲 哲史, 高岡 邦夫

    関節鏡 = ARTHROSCOPY Society magazine guidance & Contribution rules   31 ( 1 )   187   2006年06月( ISSN:0910223X

     詳細を見る

  • 全層性腱板断裂症例における delamination の鏡視評価

    中野 元博, 伊藤 陽一, 鞆 浩康, 中尾 佳裕, 中村 信之, 間中 智哉, 仲 哲史, 松本 一伸, 高岡 邦夫

    関節鏡 = ARTHROSCOPY Society magazine guidance & Contribution rules   31 ( 1 )   55   2006年06月( ISSN:0910223X

     詳細を見る

  • ノットレスアンカーを用いた鏡視下バンカート修復術 : 術後1年以上経過例の臨床成績

    中村 信之, 伊藤 陽一, 鞆 浩康, 中尾 佳裕, 中野 元博, 間中 智哉, 仲 哲史, 松本 一伸, 高岡 邦夫

    関節鏡 = ARTHROSCOPY Society magazine guidance & Contribution rules   31 ( 1 )   157   2006年06月( ISSN:0910223X

     詳細を見る

  • 拘縮肩症例における鏡視所見の定量化評価 : 責任病巣は肩甲上腕関節か肩峰下滑液包か?

    中尾 佳裕, 伊藤 陽一, 鞆 浩康, 中野 元博, 中村 信之, 間中 智哉, 仲 哲史, 松本 一伸, 高岡 邦夫

    関節鏡 = ARTHROSCOPY Society magazine guidance & Contribution rules   31 ( 1 )   152   2006年06月( ISSN:0910223X

     詳細を見る

  • 石灰沈着性腱板炎に対する鏡視下石灰沈着除去術の治療成績

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 鞆 浩康, 中尾 佳裕, 中野 元博, 中村 信之, 仲 哲史, 松本 一伸, 高岡 邦夫

    関節鏡 = ARTHROSCOPY Society magazine guidance & Contribution rules   31 ( 1 )   54   2006年06月( ISSN:0910223X

     詳細を見る

  • ウイングビューによる肩甲骨位置解析

    鞆 浩康, 伊藤 陽一, 中尾 佳裕, 中野 元博, 中村 信之, 間中 智哉, 仲 哲史, 松本 一伸, 高岡 邦夫

    肩関節   30 ( 2 )   203 - 205   2006年( ISSN:09104461

  • ミニオープン法による腱板縫合術々後の再鏡視評価―腱板修復状態評価と臨床評価との関連―

    中村 信之, 伊藤 陽一, 鞆 浩康, 中尾 佳裕, 中野 元博, 間中 智哉, 仲 哲史, 松本 一伸, 高岡 邦夫

    肩関節   30 ( 2 )   289 - 292   2006年( ISSN:09104461

  • 肩峰下除圧術を併用した肩関節鏡視下手術後におけるインピンジメント再発の原因究明

    伊藤 陽一, 鞆 浩康, 中尾 佳裕, 中野 元博, 中村 信之, 間中 智哉, 仲 哲史, 松本 一伸, 高岡 邦夫

    肩関節   30 ( 3 )   495 - 498   2006年( ISSN:09104461

  • 腱板断裂患者における上腕骨近位部骨密度評価

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 鞆 浩康, 中尾 佳裕, 中野 元博, 中村 信之, 仲 哲史, 松本 一伸, 高岡 邦夫, 折戸 芳紀

    肩関節   30 ( 3 )   457 - 460   2006年( ISSN:09104461

  • 腱板断裂に合併するBiceps Labrum Complexの損傷

    中野 元博, 伊藤 陽一, 鞆 浩康, 中尾 佳裕, 中村 信之, 間中 智哉, 仲 哲史, 松本 一伸, 高岡 邦夫

    肩関節   30 ( 3 )   465 - 468   2006年( ISSN:09104461

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 【肩周辺骨折の治療】上腕骨近位端骨折に対するリバース型人工肩関節置換術

    間中 智哉, 平川 義弘

    Orthopaedics   33 ( 12 )   69 - 75   2020年11月( ISSN:0914-8124

     詳細を見る

    上腕骨近位端骨折の治療に対して、リバース型人工肩関節置換術(以下、RSA)は有効な選択肢となりつつある。これまで一般的な手術法であった骨接合術や人工骨頭置換術はその治療成績は安定しているとは言い難く、高齢者においては腱板、大小結節の状態に術後成績は大きく影響されるとされている。一方、RSAは腱板や大小結節の影響が少なく、三角筋が機能していれば安定した成績が得られると報告されている。しかし、変性疾患に対するRSAと異なり急性期骨折に対するRSAには気をつけるべきいくつかのポイントが存在する。本稿では若干の臨床成績を踏まえてピットフォールを説明する。(著者抄録)

  • 【鏡視下手術の進歩-小関節から脊椎まで】L字型骨孔作製デバイスを用いた骨孔式鏡視下腱板修復術の実際

    平川 義弘, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 松田 淑伸, 中村 博亮

    別冊整形外科   ( 77 )   51 - 56   2020年04月( ISSN:0287-1645

     詳細を見る

    <文献概要>はじめに 鏡視下腱板修復術(arthroscopic rotator cuff repair:ARCR)は,現在,縫合糸アンカーを用いたsingle-row法やdual-row法,suture bridge法が主流であるが,縫合糸アンカー特有の合併症である縫合糸アンカーの脱転や縫合部への応力集中,医療コストなどの問題点がある.一方,縫合糸アンカーを使用しない腱板修復法として骨孔式腱板修復法がある.骨孔式ARCRは手技が煩雑とされているが,上記の縫合糸アンカー特有の問題点を回避でき,臨床成績,コスト,手術時間など総合的に判断し,現時点では,われわれはArthro-Tunneler(Wright Medical社,Memphis)を用いた骨孔式ARCRを採用している.Arthro-Tunnelerは骨孔式ARCRを簡便に行うことができるデバイスであり,一般的な前外側ポータルから簡便に骨孔をL字状で作製できる(図1).直線状の骨孔式ARCRの際にみられた外側よりさらに遠位に追加ポータルを作製する必要がないため,追加した遠位ポータルでの腋窩神経損傷のリスクがなく,通常の縫合糸アンカーを用いたARCRと同じポータルでの手術が可能である.われわれはこれらの理由で2012年5月から,Arthro-Tunnelerを用いた骨孔式ARCRを採用しており,これまでに少しずつ手術手技を改良してきた.本稿では,Arthro-Tunnelerを用いた骨孔式ARCRの手術手技の実際,臨床成績,合併症とその対策および文献的な考察を述べる.

  • 【人工肩関節置換術update】人工肩関節三次元術前計画の現状

    間中 智哉

    Orthopaedics   32 ( 3 )   13 - 22   2019年03月( ISSN:0914-8124

     詳細を見る

    人工肩関節置換術においてインプラント設置位置は術後成績に影響を与える重要な要素のひとつである。しかしながら、術中は肩甲骨関節窩しかみえておらず、解剖学的な参照点が少ないために正確なインプラント設置は難しい。そこで、術中の限られた情報を補うためには、十分な術前計画により得られた情報を活用する必要がある。CTによる三次元的な画像情報を活用すると、術前肩甲骨形態を正確に把握できる。また、三次元テンプレーティングを行うことにより、最適なインプラントサイズやインプラント形状の選択が術前に可能である。さらに、肩甲骨関節窩のreaming量や骨棘切除量を術前に決定することも可能である。その結果、正確なインプラント設置が可能となる。(著者抄録)

  • 【運動器の診療革命 超音波ガイド下インターベンション】持続末梢神経ブロック(斜角筋間、大腿神経)に対する新型カテーテルの発案

    清水 勇人, 間中 智哉

    関節外科   38 ( 1 )   76 - 83   2019年01月( ISSN:0286-5394

     詳細を見る

    整形外科領域の手術における疼痛管理法として、持続末梢神経ブロックがある。持続末梢神経ブロックのメリットは、術中・術直後のみならず周術期の疼痛管理ができることであるが、カテーテルの位置異常が生じることで鎮痛効果を図れないことも多い。そこで筆者らは、カテーテルの位置異常が生じない持続末梢神経ブロック用カテーテル[ペインクリニックセットHSタイプ(八光社)]を開発した。本稿ではその特徴、および留置手技を中心に解説する。(著者抄録)

  • 【整形外科をめぐる問題】肩関節鏡視下手術の最近の進歩

    伊藤 陽一, 間中 智哉

    Medical Photonics   ( 21 )   30 - 35   2016年01月

  • 【肩関節拘縮の診療】手術療法 鏡視下関節授動術(術後リハビリテーションを含めて)

    伊藤 陽一, 間中 智哉, 村西 壽祥, 中野 禎

    Orthopaedics   27 ( 6 )   45 - 53   2014年05月( ISSN:0914-8124

     詳細を見る

    拘縮肩は、理学療法や薬物療法などの保存的治療で、基本的には自然治癒することが多い疾患である。しかし、治癒するまでに要する期間が数ヵ月から数年に及ぶ場合もあり、最終的に可動域制限が残存する場合もある。3~6ヵ月の保存的治療でも症状が残存する場合には、手術的治療を考慮すべきであり、鏡視下関節授動術が有効である。同術式では、腱板疎部リリース、関節包リリース、肩峰下滑液包内リリースを併用し、主として肩甲上腕関節の可動性の改善が得られる。しかし肩関節の可動性に重要な役割を担っている肩甲骨運動には、肩甲胸郭関節や体幹の可動性獲得が必要であり、術後リハビリテーションが必須である。我々の39例の臨床経験では、術前平均屈曲105°、外転91°の拘縮肩症例において、術後4ヵ月で、平均屈曲141°、外転130°まで改善が得られ、良好な術後成績であった。ただし、術後6ヵ月時に屈曲145°以下の成績不良例では、術後2ヵ月までの外旋可動域の改善不良が認められ、術後早期の指標になると考えられた。(著者抄録)

  • 【術後疼痛管理の最前線】肩関節(鏡視下)手術後鎮痛 整形外科からの視点

    伊藤 陽一, 市川 耕一, 間中 智哉, 松本 一伸, 松田 淑伸, 中村 博亮

    整形・災害外科   56 ( 13 )   1555 - 1559   2013年12月( ISSN:0387-4095

▼全件表示

講演・口頭発表等

▼全件表示

役職

  • 全学管理職

    臨床医科学専攻

    病院講師  2016年04月 - 継続中

その他

  • 職務経歴

    2004年 - 2005年

      詳細を見る

    大阪市立大学医学部付属病院 -

  • 職務経歴

    1900年04月

      詳細を見る

    大阪市立大学 病院講師