2024/04/10 更新

写真a

ミヤハラ イクコ
宮原 郁子
MIYAHARA Ikuko
担当
大学院理学研究科 化学専攻 准教授
理学部 化学科
職名
准教授
所属
理学研究院

担当・職階

  • 大学院理学研究科 化学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 理学部 化学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(理学) ( - )

  • 修士(理学) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 構造生物化学  / 構造生物化学

  • ナノテク・材料 / 基礎物理化学  / 物理化学

研究歴

  • タンパク質のX線結晶構造解析

    X線構造解析、酵素  国内共同研究

    1994 - 継続中 

  • 有機および有機金属化合物の構造化学

    有機結晶、X線構造解析  国内共同研究

    1990 - 継続中 

所属学協会

  • 日本結晶学会

      国内

  • 日本蛋白質科学会

      国内

  • 日本化学会

      国内

  • 日本生化学会

      国内

  • 日本ビタミン学会

委員歴(学外)

  • 評議員   日本結晶学会  

    2021年04月 - 継続中 

  • 評議員   アジア結晶学会  

    2020年04月 - 継続中 

  • 編集委員   日本結晶学会  

    2020年04月 - 2022年03月 

  • プログラム委員   第16回アジア結晶学会  

    2019年 

  • プログラム委員   日本結晶学会2019年度年会  

    2019年 

  • 編集委員長   日本結晶学会  

    2018年04月 - 2020年03月 

  • プログラム委員   日本結晶学会2018年度年会  

    2018年 

  • 代議員   日本ビタミン学会  

    2016年04月 - 継続中 

  • 評議員   日本結晶学会  

    2014年04月 - 2020年03月 

  • 編集委員   日本結晶学会  

    2002年04月 - 2018年03月 

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 理化学研究所   客員研究員

    2023年04月 - 継続中

学歴

  • 大阪市立大学   理学研究科   化学   修士課程  

    - 1993年

  • 大阪市立大学   理学部   化学    

    - 1991年

論文

  • Racemization of the substrate and product by serine palmitoyltransferase from Sphingobacterium multivorum yields two enantiomers of the product from D-serine

    Ikushiro H.

    Journal of Biological Chemistry   300 ( 3 )   2024年03月( ISSN:00219258

     詳細を見る

  • Structural insights into the substrate recognition of serine palmitoyltransferase from Sphingobacterium multivorum

    Ikushiro H.

    Journal of Biological Chemistry   299 ( 5 )   2023年05月( ISSN:00219258

     詳細を見る

  • Crystal structure of Sphingobacterium multivorum serine palmitoyltransferase complexed with tris(hydroxymethyl)aminomethane

    Ikushiro H.

    Acta Crystallographica Section F: Structural Biology Communications   78   408 - 415   2022年11月

     詳細を見る

  • 基質が結合した酵素の立体構造から機能を考える(若手シンポジウム『ビタミン研究の進歩と展開 ―ビタミン学の未来』『酵素と必須微量元素』)

    宮原 郁子

    ビタミン   96 ( 4 )   156   2022年04月( ISSN:0006386X

     詳細を見る

  • The crystal structure of D-amino acid oxidase with a substrate analog, o-aminobenzoate

    Miyahara I.

    Journal of Biochemistry   171 ( 1 )   27 - 29   2022年01月( ISSN:0021924X

     詳細を見る

  • セリンヒドロキシメチル基転移酵素の基質アナログ複合体構造解析 査読

    湯川 直樹, 赤井 翔太, 神谷 信夫, 宮原 郁子

    公益財団法人 高輝度光科学研究センター SPring-8/SACLA利用研究成果集   9 ( 5 )   275 - 277   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    高度好熱菌由来セリンヒドロキシメチル基転移酵素の溶液に、グリシンと基質アナログである5-メチルテトラヒドロ葉酸を加えると、キノノイド中間体による吸収が見られる。我々は、キノノイド中間体構造を原子分解能で得ることを試みたが、ホモダイマーの片方の活性部位にのみ基質アナログが結合した構造しか得られなかった。また、結晶のスペクトル測定においてもキノノイド中間体の割合が少ないことが示唆された。

    DOI: 10.18957/rr.9.5.275

    CiNii Article

  • The crystal structure of homoserine dehydrogenase complexed with L-homoserine and NADPH in a closed form 査読

    Akai Shota, Ikushiro Hiroko, Sawai Taiki, Yano Takato, Kamiya Nobuo, Miyahara Ikuko

    JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   165 ( 2 )   185 - 195   2019年02月( ISSN:0021-924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvy094

    PubMed

  • L-ホモセリンおよびNADPHとclosed formで複合体形成したホモセリン・デヒドロゲナーゼの結晶構造(The crystal structure of homoserine dehydrogenase complexed with L-homoserine and NADPH in a closed form) 査読

    Akai Shota, Ikushiro Hiroko, Sawai Taiki, Yano Takato, Kamiya Nobuo, Miyahara Ikuko

    (公社)日本生化学会 The Journal of Biochemistry   165 ( 2 )   185 - 195   2019年02月( ISSN:0021-924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    L-ホモセリン(L-Hse)とNAD(P)Hからなる非リガンド性Thermus thermophilusのホモセリン・デヒドロゲナーゼ(TtHSD)、ならびにLys99AlaとLys195Alaが変異したTtHSDの結晶構造を、それぞれ1.83、2.00、1.87および1.93Åで解析した。L-HseとNADPHの結合はTtHSDの構造をopenからclosedに変化させ、Glu180を含む可動ループが近づいて両者を固定した。Lys99AlaとLys195AlaはいずれもL-Hseの水酸基と水素結合を形成した。TtHSD三重複合体は、closed型の方がopen型より良好にMichaelis複合体を模倣した。Lys99Ala TtHSDの結晶構造はLys99関連水素結合に関与する水分子を含むが、Lys195とL-Hseの位置は維持されていた。以上より、Lys99がHSDの酸-塩基触媒の残基である可能性が考えられた。

  • 人工FADを用いたD-アミノ酸酸化酵素の酵素・基質複合体の構造解析 査読

    宮原 郁子, 瀬戸山 千秋, 二科 安三

    公益財団法人 高輝度光科学研究センター SPring-8/SACLA利用研究成果集   7 ( 1 )   13 - 15   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    補酵素FADの8位のメチル基を NHCH<sub>3</sub> に置換したHM-FADをD-アミノ酸酸化酵素(DAO)に再構成させた酵素は、酸化力が低下し反応が進行しないため、DAOの基質D-アミノ酸と安定な複合体を形成することができる。そこでHM-FADを再構成したDAOと基質D-アミノ酸との複合体結晶構造を得ようと試みたが、基質が活性部位に固定された構造を得ることが出来なかった。

    DOI: 10.18957/rr.7.1.13

    CiNii Article

  • Heme-dependent Inactivation of 5-Aminolevulinate Synthase from Caulobacter crescentus 査読

    Ikushiro Hiroko, Nagami Atsushi, Takai Tomoko, Sawai Taiki, Shimeno Yuki, Hori Hiroshi, Miyahara Ikuko, Kamiya Nobuo, Yano Takato

    SCIENTIFIC REPORTS   8 ( 1 )   14228   2018年09月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-32591-z

    PubMed

  • ADP-Ribose Pyrophosphatase Reaction in Crystalline State Conducted by Consecutive Binding of Two Manganese(II) Ions as Cofactors 査読

    Furuike Yoshihiko, Akita Yuka, Miyahara Ikuko, Kamiya Nobuo

    BIOCHEMISTRY   55 ( 12 )   1801 - 1812   2016年03月( ISSN:0006-2960

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.biochem.5b00886

  • 5.アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼとマロン酸の複合体による超閉構造について(第442回研究協議会研究発表要旨,ビタミンB研究委員会) 査読

    村川 武志, 宮原 郁子, 林 秀行

    公益社団法人 日本ビタミン学会 ビタミン   90 ( 1 )   43 - 44   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.20632/vso.90.1_43

    CiNii Article

  • Mn(II)イオンの結合によって誘起される結晶相ADPリボース加水分解酵素反応の観察 査読

    古池 美彦, 宮原 郁子, 神谷 信夫

    日本結晶学会 日本結晶学会誌   58 ( 4 )   186 - 192   2016年( ISSN:0369-4585

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>ADP-Ribose pyrophosphatase (ADPRase) reaction was observed in crystalline-state at atomic resolutions around 1 Å. ADPRase achieves the general acid-base catalysis in the presence of divalent metal cations. Crystals of ADPRase alone, ADPRase-ADPR binary (ES-state) complex were prepared, and reaction intermediates were captured by the cryo-trapping after the soaking of MnCl<sub>2</sub> into ES-state crystals. Just after two metal binding sites were successively occupied along with the soaking time, ADPR was hydrolyzed and reaction products were released, indicating the completion of the crystalline-state reaction. The key structures of ADPRase-ADPR-two Mn<sup>2+</sup> ions complex revealed the various enzymatic phenomena including electrostatic, proximity and orientation effects and preferential binding for the transition states. The details of the metal assisting mechanism and the general base catalysis have been discussed.</p>

    DOI: 10.5940/jcrsj.58.186

    CiNii Article

  • A new member of MocR/GabR-type PLP-binding regulator of d-alanyl-d-alanine ligase in Brevibacillusbrevis 査読

    Takenaka Takashi, Ito Tomokazu, Miyahara Ikuko, Hemmi Hisashi, Yoshimura Tohru

    FEBS JOURNAL   282 ( 21 )   4201 - 4217   2015年11月( ISSN:1742-464X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/febs.13415

  • Proton Transfer through Function-Unknown Glu residue Highly Conserved in ADPRase 査読

    Furuike Y., Akita Y., Tomita Y., Miyahara I., Kamiya N.

    ACTA CRYSTALLOGRAPHICA A-FOUNDATION AND ADVANCES   70   C1209 - C1209   2014年08月( ISSN:2053-2733

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 生物研究における結晶学:-生命現象の可視化への挑戦- 査読

    宮原 郁子, 五十嵐 教之, 田中 信忠, 栗栖 源嗣

    日本結晶学会 日本結晶学会誌   56 ( 4 )   223 - 223   2014年( ISSN:0369-4585

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5940/jcrsj.56.223

    CiNii Article

  • 新刊紹介 査読

    宮原 郁子

    日本結晶学会 日本結晶学会誌   56 ( 6 )   422 - 422   2014年( ISSN:0369-4585

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.5940/jcrsj.56.422

    CiNii Article

  • 高度好熱菌由来ホモセリン脱水素酵素の結晶学的研究 査読

    赤井 翔太, 生城 浩子, 澤井 大樹, 林 秀行, 神谷 信夫, 宮原 郁子

    公益社団法人 日本ビタミン学会 ビタミン   88 ( 7 )   358 - 365   2014年( ISSN:0006-386X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Homoserine dehydrogenase catalyzes the conversion of L-aspartate-4-semialdehyde to L-homoserine. Homoserine dehydrogenase is required for the biosynthesis of the three essential amino acids, i.e. lysine, methionine, and isoleucine, from aspartic acid. This enzyme attracts attention also as a promising antifungal drug target. We have determined the crystal structures of homoserine dehydrogenase from Thermus thermophilus HB8 in both substrate-free form and homoserine-binding form by X-ray diffraction. Crystallization conditions were surveyed at 293 K by using a hanging-drop vapor-diffusion method. The substrate-free form was solved to 1.4 Å resolution and the homoserine-binding form was solved to 2.0 Å resolution. The homoserine dehydrogenase was a dimer with each subunit composed of three distinct domains, nucleotide-binding, dimerization, and substrate-binding domain. In the homoserine-binding forms, the amino group of homoserine made a hydrogen bond to the side chain carboxylate of Glu180. This hydrogen bond induced the conformation change of Thr165-Pro183 loop, which made the loop close to the active site. The substrate homoserine was rigidly recognized by several amino acid residues in the enzyme active site, indicating that Lys99 or Lys195 would be an essential catalytic residue to facilitate hydride transfer.

    DOI: 10.20632/vso.88.7_358

    CiNii Article

  • Protonation states of key residues observed during in situ ADPRase reaction 査読

    Furuike Yoshihiko, Akita Yuka, Miyahara Ikuko, Kamiya Nobuo

    ACTA CRYSTALLOGRAPHICA A-FOUNDATION AND ADVANCES   67   C788 - C788   2011年( ISSN:2053-2733

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Reaction Mechanism and Molecular Basis for Selenium/Sulfur Discrimination of Selenocysteine Lyase 査読

    Omi Rie, Kurokawa Suguru, Mihara Hisaaki, Hayashi Hideyuki, Goto Masaru, Miyahara Ikuko, Kurihara Tatsuo, Hirotsu Ken, Esaki Nobuyoshi

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   285 ( 16 )   12133 - 12139   2010年04月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M109.084475

  • Structural Insights into the Enzymatic Mechanism of Serine Palmitoyltransferase from Sphingobacterium multivorum 査読

    Ikushiro Hiroko, Islam Mohammad Mainul, Okamoto Akihiro, HOSEKI Jun, MURAKAWA Takeshi, FUJII Shigeru, MIYAHARA Ikuko, HAYASHI Hideyuki

    Japanese Biochemical Society The journal of biochemistry   146 ( 4 )   549 - 562   2009年10月( ISSN:0021924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Crystal Structure of a Homolog of Mammalian Serine Racemase from Schizosaccharomyces pombe 査読

    Goto Masaru, Yamauchi Takae, Kamiya Nobuo, Miyahara Ikuko, Yoshimura Tohru, Mihara Hisaaki, Kurihara Tatsuo, Hirotsu Ken, Esaki Nobuyoshi

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   284 ( 38 )   25944 - 25952   2009年09月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M109.010470

  • X-Ray Crystallographic and Mutational Studies of Fluoroacetate Dehalogenase from Burkholderia sp Strain FA1 査読

    Jitsumori Keiji, Omi Rie, Kurihara Tatsuo, Kurata Atsushi, Mihara Hisaaki, Miyahara Ikuko, Hirotsu Ken, Esaki Nobuyoshi

    JOURNAL OF BACTERIOLOGY   191 ( 8 )   2630 - 2637   2009年04月( ISSN:0021-9193

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JB.01654-08

  • Serine Racemase with Catalytically Active Lysinoalanyl Residue 査読

    Yamauchi Takae, Goto Masaru, Wu Hui-Yuan, UO Takuma, YOSHIMURA Tohru, MIHARA Hisaaki, KURIHARA Tatsuo, MIYAHARA Ikuko, HIROTSU Ken, ESAKI Nobuyoshi

    Japanese Biochemical Society The journal of biochemistry   145 ( 4 )   421 - 424   2009年04月( ISSN:0021924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Time-programmed peptide helix inversion of a synthetic metal complex triggered by an achiral NO3- anion 査読

    Miyake Hiroyuki, Kamon Hiroshi, Miyahara Ikuko, Sugimoto Hideki, Tsukube Hiroshi

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   130 ( 3 )   792 - +   2008年01月( ISSN:0002-7863

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja0768385

  • 2.アスパラギン酸アミノ基転移酵素とグルタミン酸の反応の解析 : C4,C5基質の反応の比較(第410回研究協議会研究発表要旨,ビタミンB研究委員会) 査読

    林 秀行, 生城 浩子, 後藤 勝, 広津 建, 宮原 郁子

    公益社団法人 日本ビタミン学会 ビタミン   82 ( 1 )   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.20632/vso.82.1_60

    CiNii Article

  • Structure of membrane-bound quiohemoprotein alcohol dehydrogenase 査読

    Goto Masaru, Miyahara Ikuko, Hirotsu Ken, Kobayashi Yoshiki, Nakatsuka Tomoko, Toyama Hirohide, Adachi Osao, Matsushita Kazunobu

    ACTA CRYSTALLOGRAPHICA A-FOUNDATION AND ADVANCES   64   C242 - C242   2008年( ISSN:2053-2733

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Structural study of putative aminotransferase from Thermus thermophilus HB8 査読

    Miyahara Ikuko, Matsumura Mitsuyoshi, Goto Masaru, Omi Rie, Hirotsu Ken, Mizuguchi Hiroyuki, Hayashi Hideyuki

    ACTA CRYSTALLOGRAPHICA A-FOUNDATION AND ADVANCES   64   C280 - C281   2008年( ISSN:2053-2733

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Reaction pathway of ADP-ribose pyrophosphatase, revealed by time-resolved X-ray crystallography 査読

    Kamiya Nobuo, Kai Kentaro, Nakagawa Noriko, Kuramitsu Seiki, Miyahara Ikuko

    ACTA CRYSTALLOGRAPHICA A-FOUNDATION AND ADVANCES   64   C271 - C272   2008年( ISSN:2053-2733

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 5.ビタミンB_6酵素の活性中心構造と機能 : フレキシブルなループによる誘導適合(B群ビタミン酵素構造機能解析の新展開,シンポジウム(平成19年度),ビタミンB研究委員会) 査読

    宮原 郁子

    公益社団法人 日本ビタミン学会 ビタミン   82 ( 3 )   215 - 216   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.20632/vso.82.3_215

    CiNii Article

  • Crystal structure of monofunctional histidinol phosphate phosphatase from Thermus thermophilus HB8 査読

    Omi Ric, Goto Masaru, Miyahara Ikuko, Manzoku Miho, Ebihara Akio, Hirotsu Ken

    BIOCHEMISTRY   46 ( 44 )   12618 - 12627   2007年11月( ISSN:0006-2960

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/bi701204r

  • Expression, purification and preliminary X-ray characterization of DL-2-haloacid dehalogenase from Methylobacterium sp CPA1 査読

    Omi Rie, Jitsumori Keiji, Yamauchi Takahiro, Ichiyama Susumu, Kurihara Tatsuo, Esaki Nobuyoshi, Kamiya Nobuo, Hirotsu Ken, Miyahara Ikuko

    ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION F-STRUCTURAL BIOLOGY COMMUNICATIONS   63   586 - 589   2007年07月( ISSN:2053-230X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1107/S1744309107027273

  • Structural Study of Selenocysteine Lyase 査読

    Omi Rie, Kurokawa Suguru, Mihara Hisaaki, Kurihara Tatsuo, Esaki Nobuyoshi, Hirotsu Ken, Miyahara Ikuko

    ACTA CRYSTALLOGRAPHICA A-FOUNDATION AND ADVANCES   63   S121 - S121   2007年( ISSN:2053-2733

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1107/S0108767307097383

  • Crystal structures of nonoxidative zinc-dependent 2,6-dihydroxybenzoate (gamma-resorcylate) decarboxylase from Rhizobium sp strain MTP-10005 査読

    Goto Masaru, Hayashi Hideyuki, Miyahara Ikuko, Hirotsu Ken, Yoshida Masahiro, Oikawa Tadao

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   281 ( 45 )   34365 - 34373   2006年11月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M607270200

  • Engineering the Substrate Specificity of Porcine Kidney D-Amino Acid Oxidase by Mutagenesis of the "Active-Site Lid" 査読

    Setoyama Chiaki, Nishina Yasuzo, Mizutani Hisashi, MIYAHARA Ikuko, HIROTSU Ken, KAMIYA Nobuo, SHIGA Kiyoshi, MIURA Retsu

    Japanese Biochemical Society The journal of biochemistry   139 ( 5 )   873 - 879   2006年05月( ISSN:0021924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Three-Dimensional Structure of Rat-Liver Acyl-CoA Oxidase in Complex with a Fatty Acid : Insights into Substrate-Recognition and Reactivity toward Molecular Oxygen 査読

    Tokuoka Keiji, Nakajima Yoshitaka, Hirotsu Ken, MIYAHARA Ikuko, NISHINA Yasuzo, SHIGA Kiyoshi, TAMAOKI Haruhiko, SETOYAMA Chiaki, TOJO Hiromasa, MIURA Retsu

    Japanese Biochemical Society The journal of biochemistry   139 ( 4 )   789 - 795   2006年04月( ISSN:0021924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Crystal Structures of Nonoxidative Zinc-dependent 2,6-duhidroxybenzoate (g -resorcylate) Decarboxylase from Rhizobium sp. Strain MTP-100005.

    M. Goto, H. Hayashi, I. Miyahara, K. Hirotsu, T. Oikawa, et al.

    J. Biol. Chem   281   34365 - 34373   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Engineering the Substrate Specificity of Porcine Kidney D-Amino Acid Oxidase by Mutagenesis of the “Active-Site Lid

    C.Setoyama, Y.Nishina, H. Mizutani, I. Miyahara, K. Hirotsu, et a.

    J. Biochem   139   8730879   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Three-dimensional Structure of Rat-liver Acyl-CoA Oxidase in Complex with a Fatty Acid: Insights into Substrate-recognition and Reactivity Toward Molecular Oxygen.

    K. Tokuoka, Y. Nakajima, K. Hirotsu, I. Miyahara, et al.

    J. Biochem   139   7890795   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ビタミンB_2およびB_6依存型酵素の立体構造と機能の精密解析 査読

    宮原 郁子

    公益社団法人 日本ビタミン学会 ビタミン   80 ( 3 )   115 - 123   2006年( ISSN:0006386X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.20632/vso.80.3_115

    CiNii Article

  • Three-Dimensional Structure of Rat-Liver Acyl-CoA Oxidase in Complex with Fatty Acid 査読

    Miyahara Ikuko, Nakajima Yoshitaka, Tokuoka Keiji, Hirotsu Ken, Nishina Yasuzo, Shiga Kiyoshi, Setoyama Chiaki, Tamaoki Haruhiko, Tojo Hiromasa, Miura Retsu

    ACTA CRYSTALLOGRAPHICA A-FOUNDATION AND ADVANCES   62   S153 - S153   2006年( ISSN:2053-2733

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1107/S0108767306096942

  • Crystal structures of Delta(1)-piperideine-2-carboxylate/Delta(1)-pyrroline-2-carboxylate reductase belonging to a new family of NAD(P)H-dependent oxidoreductases - Conformational change, substrate recognition, and stereochemistry of the reaction 査読

    Goto M, Muramatsu H, Mihara H, Kurihara T, Esaki N, Omi R, Miyahara I, Hirotsu K

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   280 ( 49 )   40875 - 40884   2005年12月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Crystal structures of Delta1-piperideine-2-carboxylate/Delta1-pyrroline-2-carboxylate reductase belonging to a new family of NAD(P)H-dependent oxidoreductases: conformational change, substrate recognition, and stereochemistry of the reaction. 査読

    Goto M, Muramatsu H, Mihara H, Kurihara T, Esaki N, Omi R, Miyahara I, Hirotsu K

    The Journal of biological chemistry   280 ( 49 )   40875 - 40884   2005年12月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M507399200

    PubMed

  • A New Family of NAD(P)H-Dependent Oxidoreductases Distinct from Conventional Rossmann-Fold Proteins 査読

    Muramatsu Hisashi, Mihara Hisaaki, Goto Masaru, MIYAHARA IKUKO, HIROTSU KEN, KURIHARA TATSUO, ESAKI NOBUYOSHI

    公益社団法人日本生物工学会 Journal of bioscience and bioengineering   99 ( 6 )   541 - 547   2005年06月( ISSN:13891723

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A new family of NAD(P)H-dependent oxidoreductases is now recognized as a protein family distinct from conventional Rossmann-fold proteins. Numerous putative proteins belonging to the family have been annotated as malate dehydrogenase (MDH) or lactate dehydrogenase (LDH) according to the previous classification as type-2 malate/L-lactate dehydrogenases. However, recent biochemical and genetic studies have revealed that the protein family consists of a wide variety of enzymes with unique catalytic activities other than MDH or LDH activity. Based on their sequence homologies and plausible functions, the family proteins can be grouped into eight clades. This classification would be useful for reliable functional annotation of the new family of NAD(P)H-dependent oxidoreductases.

    CiNii Article

  • Binding of C5-dicarboxylic substrate to aspartate aminotransferase: Implications for the conformational change at the transaldimination step 査読

    Islam MM, Goto M, Miyahara I, Ikushiro I, Hirotsu K, Hayashi H

    BIOCHEMISTRY   44 ( 23 )   8218 - 8229   2005年06月( ISSN:0006-2960

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/bi050071g

  • ビタミンB_2およびB_6依存性酵素の立体構造と機能の精密解析 査読

    宮原 郁子

    ビタミン =VITAMINS   79 ( 4 )   2005年04月( ISSN:0006386X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Structural determinants for branched-chain aminotransferase isozyme specific inhibition by the anticonvulsant drug gabapentin.

    Goto M., Miyahara I., Hirotsu K., Conway M., Yennawar, et al.

    J. Biol. Chem.   280 ( 44 )   37246 - 37256   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dual substrate recognition of aminotransferases 査読

    Hirotsu K, Goto M, Okamoto A, Miyahara I

    CHEMICAL RECORD   5 ( 3 )   160 - 172   2005年( ISSN:1527-8999

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/tcr.20042

  • Structural Basis for the Induced Fit, Substrate Recognition, and Mechanism of Threonine Synthase 査読

    Omi Rie, Goto Masaru, Miyahara Ikuko, Hirotsu Ken

    ACTA CRYSTALLOGRAPHICA A-FOUNDATION AND ADVANCES   61   C199 - C200   2005年( ISSN:2053-2733

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dual Substrate Recognition of Acetylornithine Aminotransferase 査読

    Miyahara Ikuko, Matsumura Mitsuyoshi, Goto Masaru, Omi Rie, Hirotsu Ken, Mizuguchi Hiroyuki, Hayashi Hideyuki, Kagamiyama Hiroyuki

    ACTA CRYSTALLOGRAPHICA A-FOUNDATION AND ADVANCES   61   C198 - C198   2005年( ISSN:2053-2733

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Crystal Structures of Serine Racemase from S. pombe 査読

    Goto Masaru, Omi Rie, Miyahara Ikuko, Hirotsu Ken

    ACTA CRYSTALLOGRAPHICA A-FOUNDATION AND ADVANCES   61   C199 - C199   2005年( ISSN:2053-2733

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ビタミンB_2およびB_6依存性酵素の立体構造と機能の精密解析(奨励賞)(受賞講演)(第57回大会研究発表要旨) 査読

    宮原 郁子

    公益社団法人 日本ビタミン学会 ビタミン   79 ( 4 )   2005年( ISSN:0006-386X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.20632/vso.79.4_219

    CiNii Article

  • Expression, purification and preliminary X-ray characterization of N-acetyl-γ-glutamil-phosphate reductase from Thermus thermophilus HB8

    M. Goto, Y. Agari, R. Omi, I. Miyahara, K. Hirotsu

    Acta CrystD   59   356 - 358   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Structure of Imidazole Glycerol Phosphate Synthase from Thermus thermophilus HB8: Open-Closed Conformational Change and Ammonia Tunneling

    R. Omi, H. Mizuguchi, M. Goto, I. Miyahara, H. Hayashi, H. Kagamiyama, K. Hirotsu

    J. Biochem   132 ( 5 )   759 - 765   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Three-dimensional Structure of the Flavoenzyme Acyl-CoA Oxidase-II from Rat Liver, the Peroxisomal Counterpart of Mitochondrial Acyl-CoA Dehydrogenase

    Y. Nakajima, I. Miyahara, K. Hirotsu, Y. Nishina, K. Shiga, C. Setoyama, H. Tamaoki, and R. Miura

    J. Biochem   131   367 - 374   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Structure of Esherichia coli Histidinol-Phosphate Aminotransferase and Its Complexes with Hitidinol-Phosphate and N-(5'-Phosphopyridoxyl)-L-Glutamate: Double Substrate Recognition of the Enzyme

    K. Haruyama, T. Nakai, I. Miyahara, K. Hirotsu, H. Mizuguchi et al.

    Biochemistry   40 ( 15 )   4633 - 4644   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Three-Dimensional Structure of 4-Amino-4-deoxychorismate Lyase from Escherichia coli.

    Tadashi Nakai, Hisashi Mizutani, Ikuko Miyahara, Ken Hirotsu, Sou Takeda et al.

    J. Biochemistry   ( 128 )   29 - 38   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Stereochemistry of the Transamination Reaction Catalyzed by Aminodeoxychorismate Lyase from Escherichia coli: Close Relationship between Fold Type and Stereochemistry

    K. H. Jhee, T. Yoshimura, E.W. Miles, S. Takeda, I. Miyahara, K. Hirotsu et al.

    J. Biochemistry   ( 128 )   679 - 686   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Khayanolides, rearranged phragmalin limonoid antifeedants from Kyhaya senegalensis

    Samir A.M. Abdegaleil, Hiroaki Okamura, Tetsuo Iwagata, Atsuko Sato, Ikuko Miyahara et al.

    Tetrahedron   ( 57 )   119 - 126   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Annew host 2,3,6,7,10,11-hexahydroxy triphenylene which forms chiral inclusion lattice: X-ray structural study of chiral crystalline lattice.

    Fumio Toda, Koichi Tanaka, Takeshi Matsumoto, Tadashi Nakai, Ikuko Miyahara et al.

    J. Phys. Org. Chem.   ( 13 )   39 - 45   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Three-Dimensional Structure of the Purple Intermediate of Porcine Kidney D-Amino Acid Oxidase. Optimization of the Oxidative Half-Reaction through Alignment of the Product with Reduced Flavin.

    H. Mizutani, I. Miyahara, K. Hirotsu, Y. Nishina, K. Shiga et al.

    J. Biochemistry   ( 128 )   73 - 81   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enantioselective Single-Crystal-to-Single-Crystal Photodimerization of Coumarin and Thiocoumarin in Inclusion Complexes with Chiral Host Compounds

    K.Tanaka, F. Toda, E. Mochizuki, N. Yasui, Y. Kai et al.

    Angew. Chem. Int. Ed   38 ( 23 )   3523 - 3525   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The reaction scheme for D-amino acid oxidase: Substrate/product alignment for optimization of reductive and oxidative half-reactions

    R. Miura, C.Setoyama, Y. Nishina, K. Shiga, H. Mizutani et al.

    Agency for Scientific Publ., Berlin, Flavins and Flavoproteins 1999   543 - 550   1999年

  • Extermely Long C-C Bond in(-)-trans-1,2-Di-tert-butyl-1,2-diphenyl-and 1,1-Di-tert-butyl-2,2-diphenyl-3,8-dichlorocyclobuta[6] naphthalenes

    F.Toda, K. Tanaka, M. Watanabe, K. Tamura, I. Miyahara, et al.

    J. Org. Chem.   ( 64 )   3102 - 3105   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Single crystal to single crystal enantioselective [2+2] photodimerization of cyclohex-2-enone as an inclusion complex with (-)-1,4-bis[3-(o-chlorophenyl)-3- hydroxy-3-phenylprop-1-ynyl]benzene

    Koichi Tanaka, Hisashi Mizutani, Ikuko Miyahara, Ken Hirotsu and Fumio Toda

    Cryst.Eng.Comm.   3   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Role of the hydrogen-bonding network associated with isoalloxazine in the catalysis of D-amino acid oxidase.

    R. Miura, Y. Nishina, K. Shiga, H. Mizutani, I. Miyahara et al.

    Agency for Scientific Publ., Berlin, Flavins and Flavoproteins 1999   95 - 98   1999年

▼全件表示

書籍等出版物

  • タンパク質工学 = Protein Engineering

    老川 典夫, 大島 敏久, 保川 清, 三原 久明, 宮原 郁子( 担当: 単著)

    講談社  2018年  ( ISBN:9784061538993

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • Dual substrate recognition of aminotransferases

    K.Hirotsu, M. Goto, A. Okamoto and I.Miyahara( 担当: 共著 ,  範囲: 5巻 3号)

    Chem. Rec  2005年 

     詳細を見る

    担当ページ:3  

  • Crystal Structure of Glutamine:Phenylpyrvate Aminotransferase from Thermus thermophilus HB8: INDUCED FIT AND SUBSTRATE RECOGNITION

    M. Goto, R. Omi, I. Miyahara, A. Hosono, H. MIzuguchi et.al( 担当: 共著 ,  範囲: 279巻 16号)

    J. Biol. Chem.  2004年 

     詳細を見る

    担当ページ:16  

  • Expression, purification and preliminary X-ray characterization of histidinol phosphate phosphatase

    Omi R., Goto M., Nakagawa N., Miyahara I., Hirotsu K.( 担当: 共著 ,  範囲: D60巻 3号)

    Acta Crystallographica  2004年 

     詳細を見る

    担当ページ:3  

  • Silicon-Carbon Unsaturated Compounds. 69. Reactions of silenes produced thermally from pivaloyl- and admantoyltris(trimethylsilyl)silane with silyl-substituted butadienes and enynes.

    A. Naka, I. Miyahara, K. Hirotsu, Y. Shiota, K. Yoshizawa et.al( 担当: 共著 ,  範囲: 23巻)

    Organometallics  2004年 

  • Stereochemistry of disilanylene-containing cyclic compounds. Synthesis and reactions of cis- and trans-3,4-benzo-1,2-di(tert-butyl)-1,2-dimethyl-1,2- disilacyclobut-3-ene.

    , A. Naka, J. Ikadai, J. Sakata, I. Miyahara, K. Hirotsu et.al( 担当: 共著 ,  範囲: 23巻)

    Organometalics  2004年 

  • Crystal Structures of CTP synthetase reveal ATP, UTP, and glutamine binding sites

    M. Goto, R. Omi, N. Nakagawa, I. Miyahara, K. Hirotsu( 担当: 共著 ,  範囲: 12巻 8号)

    Structure  2004年 

     詳細を見る

    担当ページ:8  

  • Expression, purification and preliminary X-ray characterization of CTP synthetase from Thermus thermophilus HB8

    M. Goto, R. Omi, J. Hoseki, N. Nakagawa, I. Miyahara, et al.( 担当: 共著 ,  範囲: D59巻)

    Acta Cryst  2003年 

  • Characterization of histidinol phosphate aminotransferase from Escherichia coli.

    H. Mizuguchi, H. Hayashi, I. Miyahara, K. Hirotsu, H. Kagamiyama,( 担当: 共著 ,  範囲: 1647巻 1-2号)

    Biochem. Biophys. Acta,  2003年 

     詳細を見る

    担当ページ:1-2  

  • Structures of Argininosuccinate Synthetase in Enzyme-ATP-Substrates and Enzyme-AMP-Product Forms: Stereochemistry of the Catalytic Reaction.

    M. Goto, R. Omi, I. Miyahara, M. Sugahara, K. Hirotsu( 担当: 共著 ,  範囲: 278巻 25号)

    J. Biol. Chem  2003年 

     詳細を見る

    担当ページ:25  

  • Crystal Structures of Threonine Synthase from Thermus thermophilus HB8: Conformational change, substrate recognition, and mechanism

    R. omi, M. Goto, I. Miyahara, H. Mizuguchi, H. Hayashi et.al( 担当: 共著 ,  範囲: 278巻 46号)

    J. Biol. Chem  2003年 

     詳細を見る

    担当ページ:46  

  • Glutamine:phenylpyruvate Aminotransferase from an Extremely Thermophilic Bacterium Thermus thermophilus HB8

    A. Hosono, H. Mizuguchi, H. Hayashi, M. Goto, I. Miyahara, et. al( 担当: 共著 ,  範囲: 134巻 5号)

    J. Biochem  2003年 

     詳細を見る

    担当ページ:5  

  • Structure of Transition State Analog of Medium-Chain Acyl-CoA Dehydrogenase. Crystallographic and Molucular Orbital Studies on the Charge-Transfer Complex of Medium Acyl-CoA Dehydrogenase with 3-Thiaoctanoyl-CoA

    A. Satoh, Y. Nakajima, I. Miyahara, K. Hirotsu, T. Tanaka et.al( 担当: 共著 ,  範囲: 134巻 25号)

    J. Biochem  2003年 

     詳細を見る

    担当ページ:25  

  • Strain and catalysis in aspartate amionotransferase

    H. Hayashi, H. Mizuguchi, I. Miyahara, M.M. Islam, H. Ikushiro et. al.( 担当: 共著 ,  範囲: 1647巻 102号)

    Biochem. Biophys. Acta,  2003年 

     詳細を見る

    担当ページ:102  

  • Conformational change in aspartate aminotransferase on substrate binding induces strain in the catalytic group and enhances catalysis

    H. Hayashi, H. Mizuguchi, I. Miyahara, Y. Nakajima, K. Hirotsu, et.al.( 担当: 共著 ,  範囲: 278巻 11号)

    J. Biol. Chem  2003年 

     詳細を見る

    担当ページ:11  

  • Crystal structures of branched-chain amino acid aminotransferase complexed with glutamate and glutarate: true reaction intermediate and double substrate recognition of the enzyme.

    M. Goto, I. Miyahara, H. Hayashi, H. Kagamiyama, K. Hirotsu( 担当: 共著 ,  範囲: 41巻 13号)

    Biochemistry  2003年 

     詳細を見る

    担当ページ:13  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • Caulobacter crescentus由来5-アミノレブリン酸合成酵素において観察されたヘム依存性不活化現象 査読

    生城 浩子, 長見 篤, 高井 智子, 澤井 大樹, 主馬野 祐希, 堀 洋, 宮原 郁子, 神谷 信夫, 矢野 貴人

    (公社)日本ビタミン学会 ビタミン   93 ( 12 )   542 - 544   2019年12月( ISSN:0006-386X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Structure of Thermus thermophilus HB8 Aspartate Aminotrans-ferase and Its Complex with Maleate

    -

    Biochemistry   38 ( 8 )   2413 - 2424   1999年

  • Superoxide Dismutase Mimetic Comples of Mn(Ⅱ)/N, N-Bis(2-Prytidylmethyl)-(S)-Histidine

    -

    Chem, Lett.   295   1999年

  • The Birch Reduction of Heterocyclic Compounds (]G0004[)[1], Birch Reduction of 3-Acylfurans. Competition between Ring Reduction, Carbonyl Reduction, and Dimer Formation

    -

    J. Heterocyclic Chem.   ( 35 )   1285   1998年

  • Potential Host Compounds : 1, 1"-Bis(diaryl hydroxymethyl)ferrocenes(共著)

    -

    #HJ. Chem. Soc. Perkin. Trans. 2.(/)-┫DB   85 - 88   1997年

  • Structural and Mechanistic Studies on D-Amino Acid Oxidase・Substrate Complex : Implications of the Crystal Structure of Enzyme・Substrate Analog Complex. (共著)

    -

    #HJ. Biochem.(/)-┫DB   122   825 - 833   1997年

  • Photoreactivities of Two Kinds of Biomolecular Crystals Formed from Acidine and Pherothiazine(共著)

    -

    #HJ. Chem. Soc. , Perkin Trans. 2(/)-┫DB   2033 - 2038   1997年

  • Stoichiometrically Sensitized Decarboxylation Occurring in the Two Component Molecular Crystals of Aza Aromatic Compounds and Aralkyl Carboxylic Acids(共著)

    -

    #HJ. Am. Chem. Soc.(/)┫DB   119   10317 - 10324   1997年

  • Use of 1H-15N Heteronuclear Multiple-Quantum Coherence NMR Spectroscopy To Study the Active Site of Aspartate Aminotransferase(共著)

    -

    #HBiochemistry(/)-┫DB   36 ( 3 )   615 - 625   1997年

  • Structural and Mechanistic Studies on D-Amino Acid Oxidase・Substrate Complex ; Implications of the Crystal Structure of Enzyme・Substrate Analog Complex

    -

    J. Biochem.   ( 122 )   825 - 833   1997年

  • Room Temperature Stable Triplet Carbene as Model for Organic High-Spin Units with Robust π-Spin Polarization ; ESR Study and X-Ray Analysis

    -

    Mol. Cryst. Liq. Cryst.   ( 301 )   185 - 191   1997年

  • Formation Racemic Compound Crystals by Mixing of Two Enantiomeric Crystals in the Solid State Liquid Transport of Molecules from Crystal to Crystal(共著)

    -

    #HJ. Chem. Soc. , Perkin. Trans, 2(/)┫DB   1877 - 1885   1997年

  • Design of New Host Compounds, 1, 3-Diphenyl-Cyclohexane-1, 3-Dial, 1, 4-, 1, 3-and 1, 2-Bis(hydroxydiphenylmethyl)cyclohexanes, and 1, 2-Bis(hydroxydiphenylmethyl)cyclopropane. (共著)

    -

    #HSupramolecular Chem.(/)-┫DB   ( 8 )   113 - 124   1997年

  • Enantioselective Inclusion Complexation by the Chiral Host and Photocyclization Reaction. (共著)

    -

    #HMol. Cryst. Liq. Cryst.(/)-┫DB   ( 278 )   247 - 252   1996年

  • Three Dimensional Structure of Porcine Kidney D-Amino Acid Oxidase at 3.0 (]E87F8[) Resolution(共著)

    -

    #HJ. Biochem.(/)-┫DB   ( 120 )   14 - 17   1996年

  • Crystallization of Expressed Porcine Kidney D-Amino Acid Oxidase and Preliminary X-Ray Crystallographic Characterization(共著)

    -

    #HJ. Biochem.(/)-┫DB   ( 199 )   1114 - 1117   1996年

  • Two-Molecule Crystals Between Nitroanilines and Nitrophenols(共著)

    -

    #HMol. Cryst. Liq. Cryst.(/)-┫DB   ( 279 )   265 - 274   1996年

  • Solid-state photoaddition reaction in polycrystalline mixtures of NH heteroaromatic compounds and #Htrans-stilbene(/)-┫DB

    -

    #HJ. Photochem. Photobiol.(/)-┫DB   85   225 - 229   1995年

  • X-Ray Crystallographic Study of Pyridoxamine 5"-phosphate-type Aspartate Aminotransferases from #HEscherichia coli(/)-┫DB in Three Forms

    -

    #HJ. Biochem.(/)-┫DB   116   1001 - 1012   1994年

  • NMR Studies of 1H Resonances in the 10-18-ppm Range for Aspartate Aminotransferase from #HEscherichia coli(/)-┫DB

    -

    #HJ. Biol. Chem.(/)-┫DB   269 ( 45 )   28027 - 28033   1994年

  • Reaction of Dichlorocarbene with 1-(2,4,6-Tri-t-butylphenyl)-1-phosphaallenes

    -

    #HHeteroatom Chemistry(/)-┫DB   5 ( 3 )   195 - 200   1994年

  • Role of Methanol in Chiral Combination of Host and Guest Molecules in the Inclusion Crystal

    -

    #HJ. Chem. Soc. , Chem. Commun.(/)-┫DB   1795 - 1796   1994年

  • Role of an Active Site Residue Analyzed by Combination of Mutagenesis and Coenzyme Analog

    -

    #HJ. Mol. Biol.(/)-┫DB   234   1218 - 1229   1993年

  • X-ray Analysis of a Captodative Diphosphene 1-(N-Mesityl-9-fluorenylamino)-2-]2,4,6-tris(trifluoromethyl)phenyl[ diphosphene

    -

    #HBull. Chem. Soc. Jpn.(/)-┫DB   66   3831 - 3833   1993年

  • Structure Study of Host-Guest Molecular Association in Solution and in the Solid State

    -

    #HJ. Chem. Soc. , Chem. Commun.(/)-┫DB   1413 - 1415   1993年

  • X-ray analysis of 1-phospha-1,2,3-butatriene as a ligand of carbonyltungusten complex

    -

    #HJ. Organomet. Chem.(/)-┫DB   461   81 - 84   1993年

  • Binuclear Silver(I) Complex with Double Armed Diaza-Crown Ether Containing Short Metal-Metal Separation

    -

    #HChem. Lett.(/)-┫DB   699 - 703   1992年

  • X-ray structure analyses of diphosphinidene cyclobutene and its chelate type tetracarbonylmolybdenum (0) complex

    -

    #HJ. Organomet. Chem.(/)-┫DB   431   C35-C41   1992年

  • The First X-ray Analysis of a Phospha]3[radialene

    -

    #HPolyhedron(/)-┫DB   11   385 - 387   1992年

  • Cheletropic Reactions of Tricyclo]5.3.1.04,9[ undeca-2, 5-diene with Dichlorophosphines. Synthesis of Novel Phosphapolycycles

    -

    #HChem. Lett.(/)-┫DB   1677 - 1678   1991年

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 5-アミノレブリン酸合成酵素の基質認識機構 国内会議

    門乢良樹、松永向日葵,松永慶,生城浩子,矢野貴人,神谷信夫,宮原郁子

    令和5年(2023年)度日本結晶学会年会  2023年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 細菌由来セリンパルミトイル転移酵素の非生産基質複合体の結晶構造に基づく触媒発現機構についての考察

    生城 浩子, 村上 大毅, クーラス・サジール , 本田 拓巳, 村井 勇太, 門出 健次, 宮原 郁子, 神谷 信夫, 矢野 貴人

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2023年10月  (公社)日本生化学会

  • エンド-β-N-アセチルグルコサミニダーゼHSの立体構造とその機能発現

    倉内 郁哉, 大倉 和貴, 森 真司, 米澤 健人, 清水 伸隆, 田中 里佳, 細川 千絵, 宮原 郁子, 伊藤 和央

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2023年10月  (公社)日本生化学会

  • エンド-β-N-アセチルグルコサミニダーゼHSの構造と機能発現 国内会議

    倉内郁哉、大倉和貴、清水伸隆、米澤健人、田中里佳、細川千絵、宮原郁子、伊藤和央

    第23回関西グライコサイエンスフォーラム  2023年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • エンド-β-N-アセチルグルコサミニダーゼHSにおけるドメインIVの機能 国内会議

    倉内郁哉、大倉和貴、田中里佳、細川千絵、伊藤和央、宮原郁子

    2022年量子ビームサイエンスフェスタ  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • エンド-β-N-アセチルグルコサミニダーゼHSにおけるドメインIVの役割 国内会議

    倉内郁哉、大倉和貴、米澤健人、清水伸隆、田中里佳、細川千絵、宮原郁子、伊藤和央

    令和4年(2022年)度日本結晶学会年会  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • エンド-β-N-アセチルグルコサミニダーゼHSの立体構造とそのドメイン 国内会議

    倉内郁哉、大倉和貴、米澤健人、清水伸隆、田中里佳、細川千絵、宮原郁子、伊藤和央

    第95回日本生化学会大会  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 細菌由来セリンパルミトイル転移酵素における基質認識機構に関する構造学的考察 国内会議

    生城浩子 ,村上大毅 ,高橋亜弥 ,堅山あすか、澤井大樹、後藤春菜、サジールクーラス、本田拓巳、村井勇太、門出健次、宮原郁子、神谷信夫、矢野貴人

    第95回日本生化学会大会  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • エンド-β-N-アセチルグルコサミニダーゼHSの基質認識機構 国内会議

    倉内郁哉、大倉和貴、田中里佳、清水伸隆、米澤健人、細川千絵、伊藤和央、宮原郁子

    2023年蛋白質科学会年会  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 基質が結合した酸素の立体構造から機能を考える 国内会議

    宮原郁子

    日本ビタミン学会第74回大会  2022年06月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • エンド-β-N-アセチルグルコサミニダーゼHSの立体構造と機能 国内会議

    倉内郁哉、大倉和貴、米澤健人、清水伸隆、田中里佳、伊藤和央、細川千絵、宮原郁子

    2022年蛋白質科学会年会  2022年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • エンド-β-N-アセチルグルコサミニダーゼHSの機能とドメイン構造 国内会議

    倉内郁哉、大倉和貴、森 真司、米澤健人、清水伸隆、田中里佳、細川千絵、宮原郁子、伊藤和央

    第22回関西グライコサイエンスフォーラム  2022年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • エンド-b-N-アセチルグルコサミニダーゼ HSの X線結晶構造解析 国内会議

    倉内郁哉、大倉和貴、田中里佳、細川千絵、伊藤和央、宮原郁子

    2021年度量子ビームサイエンスフェスタ  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Prevotella melaninogenicaの産生するエンド-β-N-アセチルグルコサミニダーゼPMの立体構造 国内会議

    大倉和貴、森 真司、米澤健人、清水伸隆、神谷信夫、宮原郁子、伊藤和央

    日本農芸化学会2022年大会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Endo-β-N-acetylglucosaminidase HSのX線結晶構造解析 国内会議

    倉内郁哉、大倉和貴、田中里佳、細川千絵、 伊藤和央、宮原郁子

    令和3年(2021年度)日本結晶学会年会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Prevotella melaninogenicaの産生する宿主糖タンパク質糖鎖遊離酵素の立体構造 国内会議

    大倉和貴、森 真司、米澤健人、清水伸隆、神谷信夫、宮原郁子、伊藤和央

    第93回生化学会大会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • セリンパルミトイル転移酵素におけるアミノ酸基質の許容性 国内会議

    村上大毅 ,生城浩子 ,高橋亜弥 ,矢野貴人 ,神谷信夫,宮原郁子

    ビタミン学会第73回大会  2021年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Prevotella melaninogenica の産生する 宿主糖タンパク質糖鎖遊離酵素の立体構造 国内会議

    大倉和貴、森 真司、米澤健人、清水伸隆、神谷信夫、宮原郁子、伊藤和央

    第21回関西グライコサイエンスフォーラム  2021年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Endo-β-N -acetylglucosaminidase PMαの構造と機能 国内会議

    大倉和貴,森真司 ,伊藤和央 ,米澤健人 ,清水伸隆 ,神谷信夫 ,宮原郁子

    2020年度量子ビームサイエンスフェスタ  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Endo-β-N-acetylglucosaminidase PMαの立体構造解析 国内会議

    大倉和貴 他

    結晶学会70周年記念大会  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Prevotella melaninogenicaの産生する宿主糖タンパク質糖鎖遊離酵素の高発現系の構築と立体構造の解析 国内会議

    大倉 和貴, 森 真司, 神谷 信夫, 宮原 郁子, 伊藤 和央

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2020年09月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • セリンパルミトイル転移酵素の基質特異性 国内会議

    村上大毅,生城浩子,高橋亜弥,矢野貴人,神谷信夫,宮原郁子

    日本ビタミン学会第72回大会  2020年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 5-アミノレブリン酸合成酵素の基質フリー型の構造解析 国内会議

    松永 慶, 生城 浩子, 矢野 貴人, 神谷 信夫, 宮原 郁子

    ビタミン  2020年04月  (公社)日本ビタミン学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Prevotella melaninogenicaの産生する宿主糖タンパク質糖鎖遊離酵素の性質 国内会議

    森 真司, 大倉 和貴, 宮原 郁子, 伊藤 和央

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2019年09月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Caulobacter crescentus由来5-アミノレブリン酸合成酵素におけるヘム依存性不活化現象 国内会議

    生城 浩子, 長見 篤, 高井 智子, 澤井 大樹, 主馬野 祐希, 堀 洋, 宮原 郁子, 神谷 信夫, 矢野 貴人

    ビタミン  2019年04月  (公社)日本ビタミン学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 細菌由来セリンパルミトイル転移酵素における基質認識機構の解明 国内会議

    高橋亜弥,生城浩子,後藤春菜,伊藤恵実,生城真一,平林義雄,矢野貴人,神谷信夫,宮原郁子

    第41回日本分子生物学会年会  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 5-アミノレブリン酸合成酵素の基質 酵素三元複合体および生成物 酵素複合体の立体構造解析 国内会議

    主馬野 祐希, 生城 浩子, 矢野 貴人, 神谷 信夫, 宮原 郁子

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2018年09月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 細菌由来セリンパルミトイル転移酵素における基質アナログ複合体の結晶構造解析 国内会議

    高橋 亜弥, 生城 浩子, 後藤 春菜, 伊藤 恵実, 生城 真一, 平林 義雄, 矢野 貴人, 神谷 信夫, 宮原 郁子

    ビタミン  2018年04月  (公社)日本ビタミン学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 反応中間体構造から予測されるセリンヒドロキシメチル基転移酵素の触媒反応機構 国内会議

    赤井 翔太, 生城 浩子, 矢野 貴人, 神谷 信夫, 宮原 郁子

    ビタミン  2018年04月  (公社)日本ビタミン学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アミノレブリン酸合成酵素の二元・三元複合体構造に基づく反応制御メカニズム解明 国内会議

    主馬野 祐希, 生城 浩子, 矢野 貴人, 神谷 信夫, 宮原 郁子

    ビタミン  2018年04月  (公社)日本ビタミン学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 細菌由来セリンパルミトイル基転移酵素における基質アナログ複合体の結晶構造解析 国内会議

    高橋 亜弥, 生城 浩子, 後藤 春菜, 伊藤 恵実, 生城 真一, 平林 義雄, 矢野 貴人, 神谷 信夫, 宮原 郁子

    生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  生命科学系学会合同年次大会運営事務局

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アシルCoA脱水素酵素における補酵素フラビン-基質アナログ間の相互作用 国内会議

    玉置 春彦, 佐藤 恭介, 宮原 郁子

    生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  生命科学系学会合同年次大会運営事務局

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 基質複合体の構造解析によるアミノレブリン酸合成酵素の機能解明 国内会議

    主馬野祐希,生城浩子,矢野貴人,神谷信夫,宮原郁子

    結晶学会年会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • セリンヒドロキシメチル基転移酵素の反応中間体構造から推定される触媒反応機構 国内会議

    赤井翔太,生城浩子,矢野貴人,神谷信夫,宮原郁子

    結晶学会年会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Caulobacter crescentus由来5-アミノレブリン酸合成酵素の生化学的性状解析 国内会議

    生城 浩子, 主馬野 祐希, 宮原 郁子, 神谷 信夫, 矢野 貴人

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2016年09月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 長鎖アシルCoA脱水素酵素における補酵素フラビンと基質アナログの相互作用 国内会議

    玉置 春彦, 佐藤 恭介, 田中 丈幸, 宮原 郁子

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2016年09月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ホモセリン脱水素酵素・アスパラギン酸-4-セミアルデヒド複合体構造から推定される酵素反応機構 国内会議

    水田 啓文, 生城 浩子, 赤井 翔太, 臼杵 克之助, 矢野 貴人, 神谷 信夫, 宮原 郁子

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2016年09月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • グリシン複合体の結晶構造が明らかにしたアミノレブリン酸合成酵素における中間体形成の制御 国内会議

    主馬野 祐希, 生城 浩子, 矢野 貴人, 神谷 信夫, 宮原 郁子

    ビタミン  2016年04月  (公社)日本ビタミン学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼとマロン酸の複合体による超閉構造について 国内会議

    村川 武志, 宮原 郁子, 林 秀行

    ビタミン  2016年01月  (公社)日本ビタミン学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アスパラギン酸セミアルデヒド結合型ホモセリン脱水素酵素のX線結晶構造解析 国内会議

    赤井 翔太, 水田 啓文, 生城 浩子, 澤井 大樹, 林 秀行, 矢野 貴人, 神谷 信夫, 宮原 郁子

    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集  2015年12月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アシルCoA脱水素酵素における補酵素フラビンと基質アナログ間の相互作用解析 国内会議

    玉置 春彦, 佐藤 恭介, 田中 丈幸, 宮原 郁子

    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集  2015年12月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Caulobacter crescentus由来アミノレブリン酸合成酵素の結晶構造解析 国内会議

    主馬野 祐希, 生城 浩子, 矢野 貴人, 神谷 信夫, 宮原 郁子

    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集  2015年12月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • セリンヒドロキシメチル基転移酵素のキノノイド中間体の構造 国内会議

    主馬野 祐希, 湯川 直樹, 生城 浩子, 林 秀行, 矢野 貴人, 神谷 信夫, 宮原 郁子

    ビタミン  2015年04月  (公社)日本ビタミン学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高度好熱菌由来ホモセリン脱水素酵素の三元複合体結晶構造解析 国内会議

    赤井 翔太, 生城 浩子, 澤井 大樹, 林 秀行, 矢野 貴人, 神谷 信夫, 宮原 郁子

    ビタミン  2014年04月  (公社)日本ビタミン学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 耐熱性スフィンゴシン1-リン酸リアーゼの生化学的解析 国内会議

    生城 浩子, 青木 雅彦, 東城 博雅, 湯川 直樹, 宮原 郁子, 神谷 信夫, 林 秀行

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2012年12月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • セリンヒドロキシメチル基転移酵素の基質認識 国内会議

    湯川 直樹, 生城 浩子, 後藤 勝, 林 秀行, 神谷 信夫, 宮原 郁子

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2011年09月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

科研費

  • 病原性真菌におけるスフィンゴ脂質様マイコトキシン産生機構の解明

    基盤研究(C)  2013年04月

  • 糖タンパク質糖鎖の酵素的導入による生体認識配糖体創製のための基盤構築

    基盤研究(C)  2009年

  • 膜結合型キノプロテイン脱水素酵素の構造と機能

    基盤研究(C)  2007年

  • フェムト秒パルスの自己収束効果が誘起する蛋白質の結晶核の生成

    萌芽研究  2006年

  • 新規なpH温度ジャンプトリガーを利用したNdxファミリー酵素の4次元構造解析

    基盤研究(B)  2006年

  • 脳の高次機能にかかわるPLP酵素およびそのホモログの構造と機能解析

    基盤研究(B)  2004年

  • X線結晶構造解析法による光合成系II膜蛋白質複合体の機能制御機構の研究

    特定領域研究  2004年

  • アルギニン合成系タンパク質のX線構造解析

    若手研究(B)  2002年

  • ヒスチジン合成系タンパク質のX線結晶解析

    特定領域研究  2001年

  • 補酵素結合型タンパク質の精密X線解析と生体触媒設計

    特定領域研究  2001年

  • ピリドキサール蛋白質の精密立体構造と基質の二重認識

    基盤研究(B)  2001年

  • アミノ基転移酵素における基質認識機構の多様性と類似性

    奨励研究(A)  2000年

  • フラビン酵素の高次構造と電子移動反応

    特定領域研究(A)  2000年

  • フラビン酵素の高次構造と電子移動反応

    特定領域研究(A)  1999年

  • フラビン酵素の高次構造と電子移動反応

    特定領域研究(A)  1998年

  • 高品質結晶によるアミノ基転移酵素の反応中間体の高分解能構造解析

    特定領域研究  1996年

▼全件表示

担当教育概要

  • 大学1年次理系学生のための化学実験の基礎的な指導、および理学部化学科3年次のための固体化学の講義および物理化学実験においてX線回折法をもちいた構造解析の実習教育。

担当授業科目

  • 研究企画ゼミナール

    2022年度   集中講義   大学院

  • 理科基礎セミナー

    2022年度   集中講義   大学

  • 生化学1

    2022年度   週間授業   大学

  • 基礎化学実験

    2022年度   週間授業   大学

  • 初年次ゼミナール

    2022年度   週間授業   大学

  • 物理化学特論B

    2022年度   週間授業   大学院

  • 化学前期特別研究(M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学演習(M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 固体化学

    2022年度   週間授業   大学

  • 特別研究(化学)

    2022年度   集中講義   大学

  • 化学概論

    2022年度   週間授業   大学

  • 化学実験II

    2021年度     大学

  • 基礎物理化学A

    2021年度     大学

  • 基礎化学実験1

    2021年度     大学

  • 後期特別研究

    2021年度     大学院

  • 前期特別研究

    2021年度     大学院

  • 固体化学

    2021年度     大学

  • 化学概論

    2021年度     大学

  • 生化学1

    2021年度     大学

  • 機能分子科学演習

    2021年度     大学院

  • 理科基礎セミナー

    2021年度     大学

  • 機能先端分子科学特論

    2021年度     大学院

  • 基礎物理化学A

    2020年度     大学

  • 基礎化学実験1

    2020年度     大学

  • 後期特別研究

    2020年度     大学院

  • 前期特別研究

    2020年度     大学院

  • 化学概論

    2020年度     大学

  • 固体化学

    2020年度     大学

  • 生化学1

    2020年度     大学

  • 機能分子科学演習

    2020年度     大学院

  • 理科基礎セミナー

    2020年度     大学

  • 化学実験II

    2020年度     大学

  • 基礎物理化学A

    2019年度     大学

  • 機能先端分子科学特論

    2019年度     大学院

  • 理科基礎セミナー

    2019年度     大学

  • 機能分子科学演習

    2019年度     大学院

  • 生化学1

    2019年度     大学

  • 固体化学

    2019年度     大学

  • 化学概論

    2019年度     大学

  • 前期特別研究

    2019年度     大学院

  • 後期特別研究

    2019年度     大学院

  • 基礎化学実験1

    2019年度     大学

  • 化学実験II

    2019年度     大学

  • 理科基礎セミナー

    2018年度     大学

  • 後期特別研究

    2018年度     大学院

  • 前期特別研究

    2018年度     大学院

  • 機能分子科学演習

    2018年度     大学院

  • 化学概論

    2018年度     大学

  • 固体化学

    2018年度     大学

  • 化学実験II

    2018年度     大学

  • 生化学1

    2018年度     大学

  • 基礎化学実験1

    2018年度     大学

  • 後期特別研究

    2017年度     大学院

  • 前期特別研究

    2017年度     大学院

  • 機能分子科学演習

    2017年度     大学院

  • 機能分子物理化学特論I

    2017年度     大学院

  • 化学概論

    2017年度     大学

  • 化学実験II

    2017年度     大学

  • 生化学1

    2017年度     大学

  • 基礎化学実験1

    2017年度     大学

  • 基礎物理化学A

    2017年度     大学

  • 分子相関化学演習

    1900年度    

  • 基礎化学実験1

    1900年度     大学

  • 基礎物理化学A

    1900年度     大学

  • 後期特別研究

    1900年度    

  • 分子相関ゼミナール

    1900年度    

  • 前期特別研究

    1900年度    

▼全件表示

社会貢献活動

  • 結晶への探検

    役割:運営参加・支援

    2019年11月

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生, 高校生, 保護者, 社会人・一般

    種別:行政・教育機関等との連携事業

  • 結晶への探検

    役割:司会, 運営参加・支援

    2018年11月

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生, 高校生, 保護者, 社会人・一般

    種別:行政・教育機関等との連携事業

外国人受入実績

  • 2019年度

    研究者受入数 :0名

  • 2018年度

    研究者受入数 :0名

  • 2017年度

    研究者受入数 :0名

その他

  • 職務経歴

    2006年

      詳細を見る

    大阪市立大学 助教授

  • 職務経歴

    1998年

      詳細を見る

    大阪市立大学 講師

  • 職務経歴

    1994年

      詳細を見る

    大阪市立大学 助手