2024/04/11 更新

写真a

イマニシ ヤスオ
今西 康雄
IMANISHI Yasuo
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 准教授
医学部 医学科
職名
准教授
所属
医学研究院
プロフィール
1989年 香川医科大学卒業・大阪市立大学医学部附属病院研修医 1994年 大阪市立大学大学院医学研究科博士課程修了・医学博士号 1996年 Andrew Arnold, M.D.研究室・博士研究員 (ハーバード大学マサチューセッツ総合病院、コネチカット州立大学) 2000年 大阪市立大学・助手、2007年 同・講師、2017年 同・准教授 2022年 大阪公立大学・准教授(大学統合に伴い名称変更)
所属キャンパス
阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 医学博士 ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

  • ライフサイエンス / 腎臓内科学

研究キーワード

  • 慢性腎臓病における骨ミネラル代謝異常 (CKD-MBD)

  • くる病・骨軟化症

  • 骨粗鬆症

  • 骨代謝マーカー

  • 線維芽細胞増殖因子23 (FGF23)

  • メガリン

  • ビタミンD受容体

  • カルシウム感知受容体

  • 原発性副甲状腺機能亢進症

  • 2次性副甲状腺機能亢進症

研究概要

  • 骨軟化症、原発性副甲状腺機能亢進症、慢性腎臓病における骨ミネラル代謝異常(CKD-MBD)の病態解明、および新規治療法の探索

研究歴

  • 副甲状腺機能亢進症治療薬の開発

    副甲状腺機能亢進症、カルシウム感知受容体  個人研究

    2002年04月 - 継続中 

  • 副甲状腺画像診断法の開発

    個人研究

    2005年04月 - 継続中 

  • 低リン血症性骨軟化症の研究

    低リン血症性、骨軟化症、FGF-23  個人研究

    2000年01月 - 継続中 

  • 遺伝性腎疾患の研究

    遺伝、腎  個人研究

    2000年01月 - 継続中 

  • 2次性副甲状腺機能亢進症における副甲状腺腫瘍化機構

    副甲状腺、腎不全、腫瘍化機構  個人研究

    1996年07月 - 継続中 

所属学協会

  • 米国骨代謝学会

      国外

  • 米国腎臓学会

      国外

  • 日本内科学会

      国内

  • 日本内分泌学会

      国内

  • 日本糖尿病学会

      国内

  • 日本腎臓学会

      国内

  • 日本骨粗鬆症学会

      国内

  • 日本骨代謝学会

      国内

  • 日本骨形態計測学会

      国内

  • 日本透析医学会

      国内

  • 日本ビタミン学会

  • 国際骨代謝学会

▼全件表示

委員歴(学外)

  • ホームページ委員会委員   日本骨粗鬆症学会  

    2024年02月 - 継続中 

  • XLH診療ガイドライン作成委員会委員   日本内分泌学会  

    2022年06月 - 継続中 

  • 近畿ブロック・部会員(日本内分泌学会選出)   日本安全調査機構  

    2022年04月 - 継続中 

  • 理事   日本CKD-MBD学会  

    2022年04月 - 継続中 

  • 慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常(CKD-MBD)の診療ガイドライン改訂ワーキンググループ委員   日本透析医学会  

    2021年07月 - 継続中 

  • Endocrine Journal誌編集委員会委員   日本内分泌学会  

    2021年07月 - 継続中 

  • 実行委員   骨粗鬆症至適療法研究会(A-TOP研究会)  

    2021年04月 - 継続中 

  • 骨代謝マーカー検討委員会 副委員長   日本骨粗鬆症学会  

    2017年10月 - 継続中 

  • 評議員   大阪市医学会  

    2017年06月 - 継続中 

  • 評議員   日本CKD-MBD研究会  

    2017年01月 - 継続中 

  • 認定医制度委員会委員、認定医認定・更新小委員会委員長   日本骨粗鬆症学会  

    2014年02月 - 継続中 

  • 骨粗鬆症マネージャー認定試験試験問題作成委員   日本骨粗鬆症学会  

    2013年09月 - 継続中 

  • 編集委員会トピックス等担当委員   日本ビタミン学会  

    2012年06月 - 継続中 

  • 近畿支部評議員   日本内科学会  

    2011年12月 - 継続中 

  • 代議員   日本内分泌学会  

    2011年04月 - 継続中 

  • 評議員   日本骨形態計測学会  

    2009年05月 - 継続中 

  • 評議員   日本骨粗鬆症学会  

    2006年10月 - 継続中 

  • 評議員   日本骨代謝学会  

    2002年05月 - 継続中 

▼全件表示

受賞歴

  • INTERNATIONAL AWARD for publishing Excellence in CALCIFIED TISSUE INTERNATIONAL & MUSCULOSKELETAL RESEARCH

    2021年05月   国際骨粗鬆症財団  

  • 学術賞(内科系)

    2013年05月   日本骨代謝学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第11回 研究奨励賞

    2012年09月   2012年度 日本骨粗鬆症学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • ゴールドリボン賞

    2009年05月   第29回日本骨形態計測学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 平成20年度研究奨励賞

    2008年11月   日本骨粗鬆症学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 奨励賞(内科臨床系)

    2001年08月   第19回日本骨代謝学会学術集会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Travel Grant Award

    2006年03月   FRONTIERS OF SKELETAL BIOLOGY  

     詳細を見る

    受賞国:スイス連邦

  • Young Investigator Award

    1998年10月   米国骨代謝学会  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  • ICUR Travel Grant for Young Investigator Award

    2001年04月   第2回国際腎不全会議  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Travel Award

    1998年10月   第2回米国骨代謝学会・国際骨代謝学会合同学会  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  • ベストアブストラクト賞

    2016年10月   第35回腎と骨代謝研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • ベストアブストラクト賞

    2014年10月   第33回腎と骨代謝研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • ベストアブストラクト賞

    2013年10月   第32回腎と骨代謝研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Travel Awards

    2001年03月   第46回(社)日本透析医学会学術集会・総会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Travel Grant Award

    1998年05月   米国内分泌学会  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 大阪公立大学大学院   医学研究科・代謝内分泌病態内科学   准教授

    2022年04月 - 継続中

  • 大阪市立大学大学院   医学研究科・代謝内分泌病態内科学   准教授

    2017年01月 - 2022年03月

  • 大阪市立大学大学院   医学研究科・代謝内分泌病態内科学   講師

    2007年01月 - 2016年12月

  • 大阪市立大学大学院   医学研究科・代謝内分泌病態内科学   助手

    2000年01月 - 2006年12月

  • コネチカット州立大学医学部   分子医学センター   博士研究員

    1997年09月 - 1999年12月

  • ハーバード大学マサチューセッツ総合病院   腫瘍内分泌学   博士研究員

    1996年07月 - 1997年08月

▼全件表示

学歴

  • 大阪市立大学   医学研究科   医学研究科博士課程(生化学)   博士課程   卒業・修了

    1990年04月 - 1994年03月

  • 香川医科大学   医学部   医学科     卒業・修了

    1983年04月 - 1989年03月

論文

  • Differential associations of fetuin-A and calcification propensity with cardiovascular events and subsequent mortality in patients undergoing hemodialysis.

    Mori K, Shoji T, Nakatani S, Uedono H, Ochi A, Yoshida H, Imanishi Y, Morioka T, Tsujimoto Y, Kuro-O M, Emoto M

    Clinical kidney journal   17 ( 3 )   sfae042   2024年03月( ISSN:2048-8505

     詳細を見る

  • Serum Fibroblast Growth Factor 23 Levels are Associated with Vascular Smooth Muscle Dysfunction in Type 2 Diabetes(タイトル和訳中)

    Natsuki Yuka, Morioka Tomoaki, Kakutani Yoshinori, Yamazaki Yuko, Ochi Akinobu, Kurajoh Masafumi, Mori Katsuhito, Imanishi Yasuo, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki, Emoto Masanori

    Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   30 ( 12 )   1838 - 1848   2023年12月( ISSN:1340-3478

  • Association of plasma xanthine oxidoreductase activity with vascular endothelial function independent of serum uric acid level: MedCity21 health examination registry.

    Kurajoh M, Fukumoto S, Akari S, Murase T, Nakamura T, Ihara Y, Imai T, Nagata Y, Morioka T, Mori K, Imanishi Y, Watanabe T, Emoto M

    International journal of cardiology. Heart & vasculature   48   101264   2023年10月( ISSN:2352-9067

     詳細を見る

  • Serum Fibroblast Growth Factor 23 Levels are Associated with Vascular Smooth Muscle Dysfunction in Type 2 Diabetes.

    Natsuki Y, Morioka T, Kakutani Y, Yamazaki Y, Ochi A, Kurajoh M, Mori K, Imanishi Y, Shoji T, Inaba M, Emoto M

    Journal of atherosclerosis and thrombosis   2023年05月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

  • Improvement in the mobility of a patient with fibroblast growth factor 23-related hypophosphatemic osteomalacia and decompensated liver cirrhosis in response to burosumab: a case report.

    Toi N, Imanishi Y, Nagata Y, Kurajoh M, Morioka T, Shoji T, Shinto Y, Emoto M

    Endocrine journal   70 ( 4 )   419 - 426   2023年04月( ISSN:0918-8959

     詳細を見る

  • Self-Administration of Burosumab in Children and Adults with X-Linked Hypophosphataemia in Two Open-Label, Single-Arm Clinical Studies.

    Kubota T, Namba N, Tanaka H, Muroya K, Imanishi Y, Takeuchi Y, Kanematsu M, Sun W, Seino Y, Ozono K

    Advances in therapy   40 ( 4 )   1530 - 1545   2023年04月( ISSN:0741-238X

     詳細を見る

  • 線維芽細胞増殖因子23関連低リン血性骨軟化症および非代償性肝硬変患者におけるブロスマブ投与による運動能力の改善 症例報告(Improvement in the mobility of a patient with fibroblast growth factor 23-related hypophosphatemic osteomalacia and decompensated liver cirrhosis in response to burosumab: a case report)

    Toi Norikazu, Imanishi Yasuo, Nagata Yuki, Kurajoh Masafumi, Morioka Tomoaki, Shoji Tetsuo, Shinto Yoshitaka, Emoto Masanori

    Endocrine Journal   70 ( 4 )   419 - 426   2023年04月( ISSN:0918-8959

     詳細を見る

    症例は75歳女性。多発椎体骨折による背部痛および運動制限を呈していた。骨粗鬆症、変形性膝関節症、頸部脊柱管狭窄症の既往があった。FGF23関連低リン血性骨軟化症および肝硬変を併発していた。アルファカルシドールおよび経口リン酸塩による治療で血清リン酸塩濃度および背部痛のわずかな改善が認められた。しかし、股関節骨折を呈し、車椅子となっていた。股関節骨折8週間後からブロスマブを開始したところ、血清リン酸塩濃度および尿細管リン再吸収閾値が上昇した。その後、運動能力は徐々に改善し、治療16週後には杖なしで歩行可能になった。腰椎骨密度は48週後に上昇した。治療開始前に1回、治療開始後に2回、肝性脳症を発症したが、肝機能は保たれていた。

  • Serum phosphate as an independent factor associated with cholesterol metabolism in patients undergoing hemodialysis: a cross-sectional analysis of the DREAM cohort.

    Okute Y, Shoji T, Shimomura N, Tsujimoto Y, Nagata Y, Uedono H, Nakatani S, Morioka T, Mori K, Fukumoto S, Imanishi Y, Emoto M

    Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association   38 ( 4 )   1002 - 1008   2023年03月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

  • Global guidance for the recognition, diagnosis, and management of tumor-induced osteomalacia.

    Jan de Beur SM, Minisola S, Xia WB, Abrahamsen B, Body JJ, Brandi ML, Clifton-Bligh R, Collins M, Florenzano P, Houillier P, Imanishi Y, Imel EA, Khan AA, Zillikens MC, Fukumoto S

    Journal of internal medicine   293 ( 3 )   309 - 328   2023年03月( ISSN:0954-6820

     詳細を見る

  • Asia-Pacific Consensus Recommendations on X-Linked Hypophosphatemia: Diagnosis, Multidisciplinary Management, and Transition From Pediatric to Adult Care

    Munns C.F.

    JBMR Plus   2023年

     詳細を見る

  • Management of Osteoporosis in Patients with Chronic Kidney Disease, Including Those Requiring Dialysis

    Imanishi Y.

    Therapeutic Research   44 ( 11 )   825 - 853   2023年( ISSN:02898020

  • Efficacy of Burosumab in Adults with X-linked Hypophosphatemia (XLH): A Post Hoc Subgroup Analysis of a Randomized Double-Blind Placebo-Controlled Phase 3 Study.

    Brandi ML, Jan de Beur S, Briot K, Carpenter T, Cheong HI, Cohen-Solal M, Crowley RK, Eastell R, Imanishi Y, Imel EA, Ing SW, Insogna K, Ito N, Javaid K, Kamenicky P, Keen R, Kubota T, Lachmann RH, Perwad F, Pitukcheewanont P, Portale A, Ralston SH, Tanaka H, Weber TJ, Yoo HW, Sun W, Williams A, Nixon A, Takeuchi Y

    Calcified tissue international   111 ( 4 )   409 - 418   2022年10月( ISSN:0171-967X

     詳細を見る

  • Possible role of insulin resistance in activation of plasma xanthine oxidoreductase in health check-up examinees.

    Kurajoh M, Fukumoto S, Akari S, Murase T, Nakamura T, Takahashi K, Yoshida H, Nakatani S, Tsuda A, Morioka T, Mori K, Imanishi Y, Hirata K, Emoto M

    Scientific reports   12 ( 1 )   10281   2022年06月

     詳細を見る

  • III.続発性骨粗鬆症の診断と治療

    今西 康雄

    日本内科学会雑誌   111 ( 4 )   739 - 746   2022年04月( ISSN:00215384

     詳細を見る

    <p>続発性骨粗鬆症は,内分泌疾患はじめ,多くの疾患・身体的状況において発症し得る.また,ステロイド治療やホルモン療法に随伴して発生する医原性の骨粗鬆症も存在する.これらを十分に鑑別し骨粗鬆症治療につなげることが,日常臨床において期待されている.</p>

    DOI: 10.2169/naika.111.739

  • Parathyroid Hormone Regulates Circulating Levels of Sclerostin and FGF23 in a Primary Hyperparathyroidism Model.

    Nagata Y, Imanishi Y, Tateishi T, Miyaoka D, Kurajoh M, Arnold A, Emoto M

    Journal of the Endocrine Society   6 ( 4 )   bvac027   2022年04月

     詳細を見る

  • Role of adiponectin in the relationship between visceral adiposity and fibroblast growth factor 23 in non-diabetic men with normal kidney function.

    Natsuki Y, Morioka T, Fukumoto S, Kakutani Y, Yamazaki Y, Ochi A, Kurajoh M, Mori K, Shoji T, Imanishi Y, Inaba M, Emoto M

    Endocrine journal   69 ( 2 )   121 - 129   2022年02月( ISSN:0918-8959

  • Role of adiponectin in the relationship between visceral adiposity and fibroblast growth factor 23 in non-diabetic men with normal kidney function(和訳中)

    Natsuki Yuka, Morioka Tomoaki, Fukumoto Shinya, Kakutani Yoshinori, Yamazaki Yuko, Ochi Akinobu, Kurajoh Masafumi, Mori Katsuhito, Shoji Tetsuo, Imanishi Yasuo, Inaba Masaaki, Emoto Masanori

    Endocrine Journal   69 ( 2 )   121 - 129   2022年02月( ISSN:0918-8959

  • Bexarotene-induced central hypothyroidism assessed by TRH stimulation test in cutaneous T-cell lymphoma patients.

    Toi N, Kurajoh M, Miyaoka D, Nagata Y, Yamada S, Imanishi Y, Hayashi D, Tateishi C, Inaba M, Tsuruta D, Morita A, Emoto M

    Endocrine journal   69 ( 1 )   101 - 105   2022年01月( ISSN:0918-8959

  • Bexarotene-induced central hypothyroidism assessed by TRH stimulation test in cutaneous T-cell lymphoma patients(和訳中)

    Toi Norikazu, Kurajoh Masafumi, Miyaoka Daichi, Nagata Yuki, Yamada Shinsuke, Imanishi Yasuo, Hayashi Daisuke, Tateishi Chiharu, Inaba Masaaki, Tsuruta Daisuke, Morita Akimichi, Emoto Masanori

    Endocrine Journal   69 ( 1 )   101 - 105   2022年01月( ISSN:0918-8959

  • Altered immunolocalization of FGF23 in murine femora metastasized with human breast carcinoma MDA-MB-231 cells.

    Yokoyama A, Hasegawa T, Hiraga T, Yamada T, Yimin, Hongo H, Yamamoto T, Abe M, Yoshida T, Imanishi Y, Kuroshima S, Sasaki M, de Fraitas PHL, Li M, Amizuka N, Yamazaki Y

    Journal of bone and mineral metabolism   39 ( 5 )   810 - 823   2021年09月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

  • ヒト乳癌MDA-MB-231細胞が転移したマウス大腿骨におけるFGF23の免疫学的局在の変化(Altered immunolocalization of FGF23 in murine femora metastasized with human breast carcinoma MDA-MB-231 cells)

    Yokoyama Ayako, Hasegawa Tomoka, Hiraga Toru, Yamada Tamaki, Yi min, Hongo Hiromi, Yamamoto Tomomaya, Abe Miki, Yoshida Taiji, Imanishi Yasuo, Kuroshima Shinichiro, Sasaki Muneteru, Luiz de Fraitas Paulo Henrique, Li Minqi, Amizuka Norio, Yamazaki Yutaka

    Journal of Bone and Mineral Metabolism   39 ( 5 )   810 - 823   2021年09月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    ヒト乳癌由来のMDA-MB-231細胞をヌードマウスに移植した担癌モデルにおいて、転移したMDA-MB-231細胞における線維芽細胞増殖因子23(FGF23)の合成を検討した。MDA-MB-231細胞をヌードマウスの左心室から注入(骨転移マウス)、または乳腺に皮下移植(乳腺腫瘍マウス)し、4週間後に大腿骨の軟X線検査やFGF23の免疫組織化学検査を行った。MDA-MB-231細胞は、転移した大腿骨病巣では強いFGF23免疫反応性を示したが、培養MDA-MB-231細胞や乳腺に移植したMDA-MB-231細胞は弱いFGF23免疫反応性を示した。骨転移したMDA-MB-231細胞はFGF23を豊富に合成していたが、FGF23免疫反応性のMDA-MB-231腫瘍に隣接する骨細胞は、FGF23免疫反応性を示さなかった。また、骨転移マウスでは、血清FGF23濃度が有意に上昇したが、乳腺腫瘍マウスや対照マウスと比較して、血清リン濃度の有意な低下は認められなかった。さらに、骨転移マウスの大腿骨では、線維芽間質細胞において、FGFR1(=FGF23受容体)に対する免疫反応性が増加したが、対照マウスの大腿骨ではFGFR1免疫反応性は認められなかった。以上より、骨転移したMDA-MB-231細胞は、FGF23を合成し、転移した腫瘍巣のFGFR1陽性間質細胞にパラクライン様式で影響を及ぼすと考えられた。

  • Burosumab treatment in adults with X-linked hypophosphataemia: 96-week patient-reported outcomes and ambulatory function from a randomised phase 3 trial and open-label extension.

    Briot K, Portale AA, Brandi ML, Carpenter TO, Cheong HI, Cohen-Solal M, Crowley RK, Eastell R, Imanishi Y, Ing S, Insogna K, Ito N, Jan de Beur S, Javaid MK, Kamenicky P, Keen R, Kubota T, Lachmann RH, Perwad F, Pitukcheewanont P, Ralston SH, Takeuchi Y, Tanaka H, Weber TJ, Yoo HW, Nixon A, Nixon M, Sun W, Williams A, Imel EA

    RMD open   7 ( 3 )   2021年09月

     詳細を見る

  • 特集 腎疾患治療薬update (第2章)慢性腎臓病・透析合併症 CKD-MBD治療薬 カルシミメティクス エテルカルセチド

    今西 康雄

    腎と透析   91 ( 7 )   256 - 260   2021年08月( ISSN:03852156

     詳細を見る

  • 原発性副甲状腺機能亢進症患者由来の初代副甲状腺細胞による副甲状腺ホルモン分泌に対するエテルカルセチドの影響(Effect of etelcalcetide on parathyroid hormone secretion by primary hyperparathyroidism patient-derived primary parathyroid cells)

    Fujioka Aiko, Imanishi Yasuo, Kobayashi Ikue, Hirakawa Tomoe, Inoue Atsuto, Harada Kazutsune, Taguchi Mikiyasu, Sugiura Yoshihiro, Yamada Hiroyuki, Miyaoka Daichi, Hayashi Noriyuki, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    Journal of Bone and Mineral Metabolism   39 ( 3 )   396 - 403   2021年05月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    二次性副甲状腺機能亢進症の治療薬であるエテルカルセチドがヒト副甲状腺細胞の副甲状腺ホルモン(PTH)分泌に直接的な影響を与えるかどうかを検討した。原発性副甲状腺機能亢進症患者14例の副甲状腺組織から初代培養細胞を調製し、免疫組織化学手法によりカルシウム感知受容体の発現量を測定した。14例由来の初代副甲状腺細胞のうち8例由来の細胞において、細胞外Ca2+濃度がPTHレベルを低下させた。さらに、細胞外Ca2+濃度に反応した8例由来の副甲状腺細胞のうち4例由来の細胞に対して、エテルカルセチドはホルモン分泌を減少させ、その50%有効濃度は、それぞれ0.57、20.8、0.42、0.57μmol/Lであった。原発性副甲状腺機能亢進症患者由来の副甲状腺組織では、カルシウム感知受容体の発現レベルが対照群に比べて有意に低下していた。以上より、原発性副甲状腺機能亢進症患者から調製した初代副甲状腺細胞からの副甲状腺ホルモンの分泌を、エテルカルセチドが直接的に減少させることが明らかになった。

  • 原発性副甲状腺機能亢進症のマウスにおいて、エテルカルセチドは最大および最小のPTH分泌量を変化させることなくPTH-カルシウムセットポイントを低下させる(Etelcalcetide decreases the PTH-calcium setpoint without changing maximum and minimum PTH secretion in mice with primary hyperparathyroidism)

    Hayashi Noriyuki, Imanishi Yasuo, Hirakawa Tomoe, Kobayashi Ikue, Tateishi Tomomi, Miyaoka Daichi, Nagata Yuki, Mori Katsuhito, Morioka Tomoaki, Inoue Atsuto, Harada Kazutsune, Inaba Masaaki, Emoto Masanori

    Journal of Bone and Mineral Metabolism   39 ( 3 )   430 - 438   2021年05月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    エテルカルセチドのin vivoにおけるカルシウム受容体作動薬としての効力を評価するため、PTH-カルシウムsigmoidal curveに対するエテルカルセチドの効果を検討した。原発性副甲状腺機能亢進症(PC)のモデルマウスとしてPTH-サイクリンD1トランスジェニックマウスを用いた。PTH-カルシウムセットポイントとPTHの最大・最小分泌量は、「in vivo setpoint analyses」を用いて決定した。PCマウスを2群(A群、B群)に分け、A群では1回目の投与がエテルカルセチド、2回目の投与が媒体、B群では1回目の投与が媒体、2回目の投与がエテルカルセチドとなるクロスオーバー試験を行った。A群では、エテルカルセチド投与により、セットポイントは9.03±0.56mg/dLから6.80±0.28mg/dLへ有意に低下し、媒体投与により8.81±0.38mg/dLに回復した。B群では、媒体投与によってセットポイントは変化しなかったが(8.84±0.69mg/dL→8.98±0.63mg/dL)、続くエテルカルセチドの投与によって7.10±0.72mg/dLへ有意に低下した。PTHの最大・最小分泌量に有意な変化はなかった。また、副甲状腺カルシウム感受性受容体の発現量は、PCマウスと野生型マウスで有意差はなかった。以上より、エテルカルセチドにカルシウム受容体作動薬作用が示唆された。

  • Effect of etelcalcetide on parathyroid hormone secretion by primary hyperparathyroidism patient-derived primary parathyroid cells.

    Fujioka A, Imanishi Y, Kobayashi I, Hirakawa T, Inoue A, Harada K, Taguchi M, Sugiura Y, Yamada H, Miyaoka D, Hayashi N, Emoto M, Inaba M

    Journal of bone and mineral metabolism   39 ( 3 )   396 - 403   2021年05月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

  • Etelcalcetide decreases the PTH-calcium setpoint without changing maximum and minimum PTH secretion in mice with primary hyperparathyroidism.

    Hayashi N, Imanishi Y, Hirakawa T, Kobayashi I, Tateishi T, Miyaoka D, Nagata Y, Mori K, Morioka T, Inoue A, Harada K, Inaba M, Emoto M

    Journal of bone and mineral metabolism   39 ( 3 )   430 - 438   2021年05月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

  • Effects of fetuin-A-containing calciprotein particles on posttranslational modifications of fetuin-A in HepG2 cells. 査読

    Uedono H, Mori K, Ochi A, Nakatani S, Miki Y, Tsuda A, Morioka T, Nagata Y, Imanishi Y, Shoji T, Inaba M, Emoto M

    Scientific reports   11 ( 1 )   7486   2021年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-86881-0

    PubMed

  • Effects of fetuin-A-containing calciprotein particles on posttranslational modifications of fetuin-A in HepG2 cells.

    Uedono H, Mori K, Ochi A, Nakatani S, Miki Y, Tsuda A, Morioka T, Nagata Y, Imanishi Y, Shoji T, Inaba M, Emoto M

    Scientific reports   11 ( 1 )   7486   2021年04月

     詳細を見る

  • Uric acid shown to contribute to increased oxidative stress level independent of xanthine oxidoreductase activity in MedCity21 health examination registry. 査読

    Kurajoh M, Fukumoto S, Yoshida S, Akari S, Murase T, Nakamura T, Ishii H, Yoshida H, Nagata Y, Morioka T, Mori K, Imanishi Y, Hirata K, Emoto M

    Scientific reports   11 ( 1 )   7378   2021年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-86962-0

    PubMed

  • Uric acid shown to contribute to increased oxidative stress level independent of xanthine oxidoreductase activity in MedCity21 health examination registry.

    Kurajoh M, Fukumoto S, Yoshida S, Akari S, Murase T, Nakamura T, Ishii H, Yoshida H, Nagata Y, Morioka T, Mori K, Imanishi Y, Hirata K, Emoto M

    Scientific reports   11 ( 1 )   7378   2021年04月

     詳細を見る

  • Plasma xanthine oxidoreductase activity change over 12 months independently associated with change in serum uric acid level: MedCity21 health examination registry.

    Kurajoh M, Fukumoto S, Murase T, Nakamura T, Nagata Y, Nakatani S, Tsuda A, Yamada S, Morioka T, Mori K, Imanishi Y, Kawada N, Hirata K, Emoto M

    Clinical chemistry and laboratory medicine   59 ( 4 )   e137 - e140   2021年03月( ISSN:1434-6621

     詳細を見る

  • Plasma xanthine oxidoreductase activity change over 12 months independently associated with change in serum uric acid level: MedCity21 health examination registry 査読

    Kurajoh Masafumi, Fukumoto Shinya, Murase Takayo, Nakamura Takashi, Nagata Yuki, Nakatani Shinya, Tsuda Akihiro, Yamada Shinsuke, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Imanishi Yasuo, Kawada Norifumi, Hirata Kazuto, Emoto Masanori

    CLINICAL CHEMISTRY AND LABORATORY MEDICINE   59 ( 4 )   E137 - E140   2021年03月( ISSN:1434-6621

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1515/cclm-2020-0563

    PubMed

  • Interim Analysis of a Phase 2 Open-Label Trial Assessing Burosumab Efficacy and Safety in Patients With Tumor-Induced Osteomalacia 査読

    Imanishi Yasuo, Ito Nobuaki, Rhee Yumie, Takeuchi Yasuhiro, Shin Chan Soo, Takahashi Yutaka, Onuma Hiroki, Kojima Masahiro, Kanematsu Masanori, Kanda Hironori, Seino Yoshiki, Fukumoto Seiji

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   36 ( 2 )   262 - 270   2021年02月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jbmr.4184

    PubMed

  • Interim Analysis of a Phase 2 Open-Label Trial Assessing Burosumab Efficacy and Safety in Patients With Tumor-Induced Osteomalacia.

    Imanishi Y, Ito N, Rhee Y, Takeuchi Y, Shin CS, Takahashi Y, Onuma H, Kojima M, Kanematsu M, Kanda H, Seino Y, Fukumoto S

    Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research   36 ( 2 )   262 - 270   2021年02月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

  • 連載 Focus On 骨粗鬆症の治療効果モニタリング

    今西 康雄

    内科   126 ( 6 )   1153 - 1157   2020年12月( ISSN:00221961

  • Synergic interaction between ritodrine and magnesium sulfate on the occurrence of critical neonatal hyperkalemia: A Japanese nationwide retrospective cohort study

    Yada Y.

    Scientific Reports   10 ( 1 )   2020年12月

     詳細を見る

  • Effects of burosumab on osteocalcin and bone mineral density in patient with 15-year history of nonremission tumor-induced osteomalacia initially treated with conventional therapy: Case report. 査読

    Miyaoka D, Imanishi Y, Yano M, Toi N, Nagata Y, Kurajoh M, Yamada S, Morioka T, Emoto M

    Bone reports   13   100736   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bonr.2020.100736

    PubMed

  • Effects of burosumab on osteocalcin and bone mineral density in patient with 15-year history of nonremission tumor-induced osteomalacia initially treated with conventional therapy: Case report.

    Miyaoka D, Imanishi Y, Yano M, Toi N, Nagata Y, Kurajoh M, Yamada S, Morioka T, Emoto M

    Bone reports   13   100736   2020年12月( ISSN:2352-1872

     詳細を見る

  • Etelcalcetide decreases the PTH-calcium setpoint without changing maximum and minimum PTH secretion in mice with primary hyperparathyroidism 査読

    Hayashi Noriyuki, Imanishi Yasuo, Hirakawa Tomoe, Kobayashi Ikue, Tateishi Tomomi, Miyaoka Daichi, Nagata Yuki, Mori Katsuhito, Morioka Tomoaki, Inoue Atsuto, Harada Kazutsune, Inaba Masaaki, Emoto Masanori

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM   2020年11月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-020-01169-z

    PubMed

  • 増大特集 難病研究の進歩 Ⅷ.内分泌 副甲状腺機能低下症・偽性副甲状腺機能低下症

    今西 康雄

    生体の科学   71 ( 5 )   502 - 503   2020年10月( ISSN:03709531

     詳細を見る

  • Effect of etelcalcetide on parathyroid hormone secretion by primary hyperparathyroidism patient-derived primary parathyroid cells 査読

    Fujioka Aiko, Imanishi Yasuo, Kobayashi Ikue, Hirakawa Tomoe, Inoue Atsuto, Harada Kazutsune, Taguchi Mikiyasu, Sugiura Yoshihiro, Yamada Hiroyuki, Miyaoka Daichi, Hayashi Noriyuki, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM   2020年10月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-020-01158-2

    PubMed

  • Effects of denosumab as compared with parathyroidectomy regarding calcium, renal, and bone involvement in osteoporotic patients with primary hyperparathyroidism 査読

    Miyaoka Daichi, Imanishi Yasuo, Kato Eiko, Toi Norikazu, Nagata Yuki, Kurajoh Masafumi, Yamada Shinsuke, Inaba Masaaki, Emoto Masanori

    ENDOCRINE   69 ( 3 )   642 - 649   2020年09月( ISSN:1355-008X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12020-020-02401-6

    PubMed

  • Evocalcet in patients with primary hyperparathyroidism: an open-label, single-arm, multicenter, 52-week, dose-titration phase III study(和訳中) 査読

    Takeuchi Yasuhiro, Nishida Yuichi, Kondo Yuichiro, Imanishi Yasuo, Fukumoto Seiji

    (一社)日本骨代謝学会 Journal of Bone and Mineral Metabolism   38 ( 5 )   687 - 694   2020年09月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effects of denosumab as compared with parathyroidectomy regarding calcium, renal, and bone involvement in osteoporotic patients with primary hyperparathyroidism.

    Miyaoka D, Imanishi Y, Kato E, Toi N, Nagata Y, Kurajoh M, Yamada S, Inaba M, Emoto M

    Endocrine   69 ( 3 )   642 - 649   2020年09月( ISSN:1355-008X

     詳細を見る

  • 原発性副甲状腺機能亢進症患者に対するエボカルセト投与 52週間の第III相多施設共同単群非盲検用量漸増試験(Evocalcet in patients with primary hyperparathyroidism: an open-label, single-arm, multicenter, 52-week, dose-titration phase III study)

    Takeuchi Yasuhiro, Nishida Yuichi, Kondo Yuichiro, Imanishi Yasuo, Fukumoto Seiji

    Journal of Bone and Mineral Metabolism   38 ( 5 )   687 - 694   2020年09月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    日本人の難治性(13例)または術後再発(2例)の原発性副甲状腺機能亢進症患者ならびに副甲状腺癌患者(3例)における高カルシウム血症に対するエボカルセト投与の長期的有効性および安全性を検討する目的で第III相単群非盲検試験を行った。エボカルセトは2mgを1日1〜2回より投与開始し、補正血清カルシウム濃度が≦10.3mg/dLへ到達するまで用量を漸増した(最大24mg/日)。18例中14例(77.8%、95%CI 52.4〜93.6)が最大24週間の用量漸増期間中に目標値に到達、2週間に亘り目標値を維持した。95%CIの下限が基準値(11%)を超えていたことから、エボカルセトの有効性が確認された。15例が52週間の治療期間を完了した。全18例で治療下で発現した有害事象(TEAE)が認められた。このうち8例(44.4%)が試験薬に関連し、悪心が最も多く(2例)、いずれも軽度で、予期しない試験薬関連TEAEは認めなかった。

  • Evocalcet in patients with primary hyperparathyroidism: an open-label, single-arm, multicenter, 52-week, dose-titration phase III study. 査読

    Takeuchi Y, Nishida Y, Kondo Y, Imanishi Y, Fukumoto S

    Journal of bone and mineral metabolism   38 ( 5 )   687 - 694   2020年09月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-020-01097-y

    PubMed

  • 閉経後骨粗鬆症患者に対するバゼドキシフェン投与による腎機能改善およびリン排泄増加(Bazedoxifene improves renal function and increases renal phosphate excretion in patients with postmenopausal osteoporosis) 査読

    Masaki Hideki, Imanishi Yasuo, Naka Hiroshi, Nagata Yuki, Kurajoh Masafumi, Mori Katsuhito, Emoto Masanori, Miki Takami, Inaba Masaaki

    (一社)日本骨代謝学会 Journal of Bone and Mineral Metabolism   38 ( 3 )   405 - 411   2020年05月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    閉経後骨粗鬆症患者に対するバゼドキシフェン投与が腎機能とリン恒常性維持に及ぼす影響について検討した。アルファカルシドールを6ヵ月以上投与されていた閉経後骨粗鬆症患者48例(平均71.2±8.5歳)を対象に、バゼドキシフェン20mg/日を投与し、腰椎骨密度、推算糸球体濾過率(eGFRcys)、リン恒常性を測定した。その結果、腰椎骨密度はベースライン時と比較して6ヵ月後に有意に増加し、12ヵ月後まで高値を維持していた。eGFRcysは3ヵ月後に有意に上昇して12ヵ月後まで変動なく、血清リンと最大尿細管再吸収率(TmP)/GFRは漸減を認め6ヵ月後にベースライン時と比較して有意差がみられた。また、血清中wPTHは6ヵ月後に有意に増加し、血清中intact FGF23は3ヵ月後から有意に減少していた。ベースライン時と6ヵ月後において血清リンはTmP/GFRと有意に相関しており、eGFRcysの変化は1、3ヵ月後の血清リンと有意な負の相関を示していた。一方、eGFRcysの変化と骨密度、血清カルシウム値との間に関連はみられず、血清リンの変化とwPTH、intact FGF23にも相関はみられなかった。閉経後骨粗鬆症患者において、バゼドキシフェンは腎におけるリン排泄の増加を介して腎機能を改善させると考えられた。

  • 閉経後骨粗鬆症患者に対するバゼドキシフェン投与による腎機能改善およびリン排泄増加(Bazedoxifene improves renal function and increases renal phosphate excretion in patients with postmenopausal osteoporosis)

    Masaki Hideki, Imanishi Yasuo, Naka Hiroshi, Nagata Yuki, Kurajoh Masafumi, Mori Katsuhito, Emoto Masanori, Miki Takami, Inaba Masaaki

    Journal of Bone and Mineral Metabolism   38 ( 3 )   405 - 411   2020年05月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    閉経後骨粗鬆症患者に対するバゼドキシフェン投与が腎機能とリン恒常性維持に及ぼす影響について検討した。アルファカルシドールを6ヵ月以上投与されていた閉経後骨粗鬆症患者48例(平均71.2±8.5歳)を対象に、バゼドキシフェン20mg/日を投与し、腰椎骨密度、推算糸球体濾過率(eGFRcys)、リン恒常性を測定した。その結果、腰椎骨密度はベースライン時と比較して6ヵ月後に有意に増加し、12ヵ月後まで高値を維持していた。eGFRcysは3ヵ月後に有意に上昇して12ヵ月後まで変動なく、血清リンと最大尿細管再吸収率(TmP)/GFRは漸減を認め6ヵ月後にベースライン時と比較して有意差がみられた。また、血清中wPTHは6ヵ月後に有意に増加し、血清中intact FGF23は3ヵ月後から有意に減少していた。ベースライン時と6ヵ月後において血清リンはTmP/GFRと有意に相関しており、eGFRcysの変化は1、3ヵ月後の血清リンと有意な負の相関を示していた。一方、eGFRcysの変化と骨密度、血清カルシウム値との間に関連はみられず、血清リンの変化とwPTH、intact FGF23にも相関はみられなかった。閉経後骨粗鬆症患者において、バゼドキシフェンは腎におけるリン排泄の増加を介して腎機能を改善させると考えられた。

  • Bazedoxifene improves renal function and increases renal phosphate excretion in patients with postmenopausal osteoporosis. 査読

    Masaki H, Imanishi Y, Naka H, Nagata Y, Kurajoh M, Mori K, Emoto M, Miki T, Inaba M

    Journal of bone and mineral metabolism   38 ( 3 )   405 - 411   2020年05月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1007/s00774-019-01073-1

    PubMed

  • Independent association of plasma xanthine oxidoreductase activity with serum uric acid level based on stable isotope-labeled xanthine and liquid chromatography/triple quadrupole mass spectrometry: MedCity21 health examination registry. 査読

    Kurajoh M, Fukumoto S, Emoto M, Murase T, Nakamura T, Ishihara T, Go H, Yamamoto K, Nakatani S, Tsuda A, Yamada S, Morioka T, Mori K, Imanishi Y, Inaba M

    Clinical chemistry and laboratory medicine   58 ( 5 )   780 - 786   2020年04月( ISSN:1434-6621

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1515/cclm-2019-0199

    PubMed

  • Evocalcet in patients with primary hyperparathyroidism: an open-label, single-arm, multicenter, 52-week, dose-titration phase III study. 査読

    Takeuchi Y, Nishida Y, Kondo Y, Imanishi Y, Fukumoto S

    Journal of bone and mineral metabolism   2020年04月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-020-01097-y

    PubMed

  • Bazedoxifene improves renal function and increases renal phosphate excretion in patients with postmenopausal osteoporosis 査読

    Masaki Hideki, Imanishi Yasuo, Naka Hiroshi, Nagata Yuki, Kurajoh Masafumi, Mori Katsuhito, Emoto Masanori, Miki Takami, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM   2020年01月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-019-01073-1

    PubMed

  • Inverse association of plasma leptin with cortical thickness at distal radius determined with a quantitative ultrasound device in patients with type 2 diabetes mellitus(和訳中) 査読

    Kurajoh Masafumi, Inaba Masaaki, Motoyama Koka, Kuriyama Nagato, Ozaki Etsuko, Koyama Teruhide, Yamada Shinsuke, Morioka Tomoaki, Imanishi Yasuo, Emoto Masanori

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Journal of Diabetes Investigation   11 ( 1 )   174 - 183   2020年01月( ISSN:2040-1116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Inverse association of plasma leptin with cortical thickness at distal radius determined with a quantitative ultrasound device in patients with type 2 diabetes mellitus(和訳中) 査読

    Kurajoh Masafumi, Inaba Masaaki, Motoyama Koka, Kuriyama Nagato, Ozaki Etsuko, Koyama Teruhide, Yamada Shinsuke, Morioka Tomoaki, Imanishi Yasuo, Emoto Masanori

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Journal of Diabetes Investigation   11 ( 1 )   174 - 183   2020年01月( ISSN:2040-1116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2型糖尿病患者において定量的超音波装置で判定した橈骨遠位端の皮質厚と血漿レプチンの逆相関(Inverse association of plasma leptin with cortical thickness at distal radius determined with a quantitative ultrasound device in patients with type 2 diabetes mellitus)

    Kurajoh Masafumi, Inaba Masaaki, Motoyama Koka, Kuriyama Nagato, Ozaki Etsuko, Koyama Teruhide, Yamada Shinsuke, Morioka Tomoaki, Imanishi Yasuo, Emoto Masanori

    Journal of Diabetes Investigation   11 ( 1 )   174 - 183   2020年01月( ISSN:2040-1116

     詳細を見る

    2型糖尿病患者において血漿レプチンと皮質厚および海綿骨骨密度との関係性を解析した。2011年10月〜2017年2月に糖尿病性合併症の評価のために入院した2型糖尿病患者182例(男性93例、女性89例、中央値64歳)を調べた。身体測定を行い、超音波検査によって橈骨遠位端5.5%の皮質厚と海綿骨骨密度を判定した。血液検体を採取して臨床検査を実施した。その結果、BMIではなく血漿レプチンは皮質厚と逆相関し、血漿レプチンではなくBMIは海綿骨骨密度と正に関連した。多変量回帰分析では、年齢、性別、糖尿病期間、糖化ヘモグロビンA1c、アルブミン、推算糸球体濾過量、副甲状腺ホルモン、握力の補正後、血漿レプチンは皮質厚に逆相関したが、海綿骨骨密度には関連しなかった。さらにBMI、BMI+ウエスト-ヒップ比の補正後、血漿レプチンは皮質厚との有意な相関を保持した。性別×レプチン相互作用は有意ではなかった。

  • Inverse association of plasma leptin with cortical thickness at distal radius determined with a quantitative ultrasound device in patients with type 2 diabetes mellitus. 査読

    Kurajoh M, Inaba M, Motoyama K, Kuriyama N, Ozaki E, Koyama T, Yamada S, Morioka T, Imanishi Y, Emoto M

    Journal of diabetes investigation   11 ( 1 )   174 - 183   2020年01月( ISSN:2040-1116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    骨粗鬆症は、交感神経活動と密接に関連していることが知られています。 2型糖尿病患者の血漿レプチンと皮質および海綿骨成分との関係を調べた。材料と方法:現在の横断的研究には、182人の2型糖尿病患者(男性93人、女性89人)が含まれていました。皮質の厚さ(CoTh)と骨梁骨密度(BMD)は、LD-100超音波骨密度測定装置を使用して、5.5%の遠位半径で決定されました。血漿レプチンと物理的および実験室測定値が同時に決定されました。結果:血漿レプチンではなくボディマス指数(BMI)はCoThと逆相関し(rho = -0.487、P <0.001)、血漿レプチンではなくBMIは小柱BMDと正相関しました(rho = 0.369、P <0.001)。多変量回帰分析では、年齢、性別、糖尿病の期間、糖化ヘモグロビンA1c、アルブミン、推定糸球体濾過率、副甲状腺ホルモンおよび握力の調整後、血漿レプチンはCoThと逆相関しました(ベータ= -0.258、P <0.001) 、小柱BMDではありません。さらに、血漿レプチンレベルは、BMI(ベータ= -0.237、P <0.001)およびBMIに加えてウエスト/ヒップ比(ベータ= -0.243、P <0.001)をさらに調整した後、CoThとの有意な関連を保持しました。対照的に、「セックスxレプチン」相互作用は有意ではなかった(P = 0.596)。結論:血漿中のレプチン濃度は、BMIおよびBMIとウエストヒップ比に依存せず、CoThと逆相関することが示されたが、BMDではなく、肥満に起因する高レプチン血症が2型患者の皮質粗鬆症に寄与する可能性が示唆された。

    DOI: 10.1111/jdi.13071

    PubMed

  • Inverse association of plasma leptin with cortical thickness at distal radius determined with a quantitative ultrasound device in patients with type 2 diabetes mellitus(和訳中) 査読

    Kurajoh Masafumi, Inaba Masaaki, Motoyama Koka, Kuriyama Nagato, Ozaki Etsuko, Koyama Teruhide, Yamada Shinsuke, Morioka Tomoaki, Imanishi Yasuo, Emoto Masanori

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Journal of Diabetes Investigation   11 ( 1 )   174 - 183   2020年01月( ISSN:2040-1116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Panhypopituitarism induced by ipilimumab 査読

    Shiratori Miyu, Ozawa Toshiyuki, Miyaoka Daichi, Imanishi Yasuo, Tsuruta Daisuke

    DERMATOLOGICA SINICA   38 ( 1 )   63 - 64   2020年( ISSN:1027-8117

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4103/ds.ds_28_19

  • Panhypopituitarism induced by ipilimumab 査読

    Shiratori Miyu, Ozawa Toshiyuki, Miyaoka Daichi, Imanishi Yasuo, Tsuruta Daisuke

    DERMATOLOGICA SINICA   38 ( 1 )   63 - 64   2020年( ISSN:1027-8117

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4103/ds.ds_28_19

  • Insulin Resistance Associated with Plasma Xanthine Oxidoreductase Activity Independent of Visceral Adiposity and Adiponectin Level: MedCity21 Health Examination Registry 査読

    Kurajoh Masafumi, Fukumoto Shinya, Murase Takayo, Nakamura Takashi, Ishihara Takuma, Go Hirofumi, Yamamoto Kouji, Nakatani Shinya, Tsuda Akihiro, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Imanishi Yasuo, Inaba Masaaki, Emoto Masanori

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ENDOCRINOLOGY   2019   1762161   2019年12月( ISSN:1687-8337

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2019/1762161

    PubMed

  • Etelcalcetide decreases PTH-calcium set point without changing maximum and minimum PTH secretion in vivo in mice model of primary hyperparathyroidism 査読

    Imanishi Yasuo, Hayashi Noriyuki, Hirakawa Chie, Miyaoka Daichi, Emoto Masanori, Inaba Masaaki, Inoue Atsuto, Harada Kazutsune, Mori Katsuhito

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   34   217 - 217   2019年12月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Reversal of serum cystatin C-based eGER decline by decreased phosphate release from bone by denosumab in osteoporotic patients even at non-CED stage 査読

    Miyaoka Daichi, Inaba Masaaki, Imanishi Yasuo, Hayashi Noriyuki, Ohara Masaya, Nagata Yuki, Yamada Shinsuke, Mori Katsuhito, Emoto Masanori

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   34   363 - 364   2019年12月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Parathyroid Hormone augments EphrinB2 derived from OCL via increased RANKL expression in OB in Osteoclast/Osteoblast Coupling 査読

    Nagata Yuki, Imanishi Yasuo, Miyaoka Daichi, Hayashi Noriyuki, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   34   9 - 9   2019年12月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Long-term Safety and Improvement in Clinical Outcomes in the Phase 3 Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Study of Burosumab, an Anti-FGF23 Antibody, in Adults with X-Linked Hypophosphatemia (XLH) 査読

    Insogna Karl L, Portale Anthony A, Perwad Farzana, Briot Karine, Imel Erik A, Kamenicky Peter, Weber Thomas, Pitukcheewanont Pisit, Cheong Hae Il, de Beur Suzanne Jan, Imanishi Yasuo, Ito Nobuaki, Lachmann Robin, Tanaka Hiroyuki, Zhang Lin, Skrinar Alison, Rees Linda, San Martin Javier, Carpenter Thomas O

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   34   27 - 28   2019年12月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Etelcalcetide decreases PTH-calcium set point without changing maximum and minimum PTH secretion in vivo in mice model of primary hyperparathyroidism 査読

    Imanishi Yasuo, Hayashi Noriyuki, Hirakawa Chie, Miyaoka Daichi, Emoto Masanori, Inaba Masaaki, Inoue Atsuto, Harada Kazutsune, Mori Katsuhito

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   34   217 - 217   2019年12月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Reversal of serum cystatin C-based eGER decline by decreased phosphate release from bone by denosumab in osteoporotic patients even at non-CED stage 査読

    Miyaoka Daichi, Inaba Masaaki, Imanishi Yasuo, Hayashi Noriyuki, Ohara Masaya, Nagata Yuki, Yamada Shinsuke, Mori Katsuhito, Emoto Masanori

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   34   363 - 364   2019年12月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Parathyroid Hormone augments EphrinB2 derived from OCL via increased RANKL expression in OB in Osteoclast/Osteoblast Coupling 査読

    Nagata Yuki, Imanishi Yasuo, Miyaoka Daichi, Hayashi Noriyuki, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   34   9 - 9   2019年12月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Long-term Safety and Improvement in Clinical Outcomes in the Phase 3 Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Study of Burosumab, an Anti-FGF23 Antibody, in Adults with X-Linked Hypophosphatemia (XLH) 査読

    Insogna Karl L., Portale Anthony A., Perwad Farzana, Briot Karine, Imel Erik A., Kamenicky Peter, Weber Thomas, Pitukcheewanont Pisit, Cheong Hae Il, de Beur Suzanne Jan, Imanishi Yasuo, Ito Nobuaki, Lachmann Robin, Tanaka Hiroyuki, Zhang Lin, Skrinar Alison, Rees Linda, San Martin Javier, Carpenter Thomas O.

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   34   27 - 28   2019年12月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Reversal of serum cystatin C-based eGER decline by decreased phosphate release from bone by denosumab in osteoporotic patients even at non-CED stage 査読

    Miyaoka Daichi, Inaba Masaaki, Imanishi Yasuo, Hayashi Noriyuki, Ohara Masaya, Nagata Yuki, Yamada Shinsuke, Mori Katsuhito, Emoto Masanori

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   34   363 - 364   2019年12月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Parathyroid Hormone augments EphrinB2 derived from OCL via increased RANKL expression in OB in Osteoclast/Osteoblast Coupling 査読

    Nagata Yuki, Imanishi Yasuo, Miyaoka Daichi, Hayashi Noriyuki, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   34   9 - 9   2019年12月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Long-term Safety and Improvement in Clinical Outcomes in the Phase 3 Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Study of Burosumab, an Anti-FGF23 Antibody, in Adults with X-Linked Hypophosphatemia (XLH) 査読

    Insogna Karl L, Portale Anthony A, Perwad Farzana, Briot Karine, Imel Erik A, Kamenicky Peter, Weber Thomas, Pitukcheewanont Pisit, Cheong Hae Il, de Beur Suzanne Jan, Imanishi Yasuo, Ito Nobuaki, Lachmann Robin, Tanaka Hiroyuki, Zhang Lin, Skrinar Alison, Rees Linda, San Martin Javier, Carpenter Thomas O

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   34   27 - 28   2019年12月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Etelcalcetide decreases PTH-calcium set point without changing maximum and minimum PTH secretion in vivo in mice model of primary hyperparathyroidism 査読

    Imanishi Yasuo, Hayashi Noriyuki, Hirakawa Chie, Miyaoka Daichi, Emoto Masanori, Inaba Masaaki, Inoue Atsuto, Harada Kazutsune, Mori Katsuhito

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   34   217 - 217   2019年12月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effectiveness of monthly intravenous ibandronate on the low responders to oral bisphosphonate: the MOVEMENT study 査読

    Hagino Hiroshi, Sakai Akinori, Ikeda Satoshi, Imanishi Yasuo, Tsurukami Hiroshi, Nakajo Satoru, Miyakoshi Naohisa

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM   37 ( 6 )   1024 - 1025   2019年11月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    MOVEMENT試験は、経口ビスホスホネート療法にもかかわらず腰椎BMDが増加しなかった原発性骨粗鬆症の日本人患者の毎日の臨床診療において、骨塩密度(BMD)に対する毎月の静脈内イバンドロン酸塩の有効性を評価するために設計されました。この研究は、多施設、前向き、介入的研究でした(52施設、2015年8月から2018年3月)。 50歳以上の原発性骨粗鬆症患者で、経口ビスホスホネート治療に対する反応が低いと1〜3年間評価され、既存の経口ビスホスホネートを継続するか、12か月間毎月静脈内イバンドロネート(1 mg)に切り替えました。主要エンドポイントは、静脈内イバンドロネート群(IV IBN)の腰椎BMDのベースラインから12ヶ月への変化でした。合計240人と141人の患者が、それぞれIV IBNおよび経口ビスホスホネート群(OBP)に登録されました。 12か月後、IV IBNで腰椎BMDのベースラインからの平均変化率の有意な増加が観察されました(2.70%)。この変化は、6か月時点でも有意でした(1.92%)。同様に、総股関節BMDの変化は、12ヶ月で有意な増加を示しました(0.78%)。 IV IBNでは、応答者率、腰椎BMDのベースラインからの変化が0%より大きい患者の割合、腰椎BMDは6人(72.3%、141/195人の患者)と12人(78.0%、 145/186患者)ヶ月。どちらの治療グループでも新しい安全性の懸念は観察されませんでした。静脈内イバンドロン酸による治療は、既存の経口ビスホスホネートに対する反応が低かった骨粗鬆症の日本人患者において、新たな安全性の懸念なしに腰椎BMDを有意に増加させた。

    DOI: 10.1007/s00774-019-01030-y

  • Executive summary of the Japan Osteoporosis Society Guide for the Use of Bone Turnover Markers in the Diagnosis and Treatment of Osteoporosis (2018 Edition) 査読

    Nishizawa Yoshiki, Miura Masakazu, Ichimura Shoichi, Inaba Masaaki, Imanishi Yasuo, Shiraki Masataka, Takada Junichi, Chaki Osamu, Hagino Hiroshi, Fukunaga Masao, Fujiwara Saeko, Miki Takami, Yoshimura Noriko, Ohta Hiroaki

    CLINICA CHIMICA ACTA   498   101 - 107   2019年11月( ISSN:0009-8981

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    社会の高齢化に伴い、骨粗鬆症関連の骨折の数が増加しています。骨粗鬆症の予防と骨粗鬆症患者の生活の質の維持には、早期診断、効果的な治療、非常に正確な治療モニタリングが必要です。骨生検は、臨床的には骨粗鬆症の診断に不可欠な技術の1つですが、一般的な臨床診療では侵襲的で実施するのが困難です。骨密度測定は、臨床現場で利用できるもう1つの重要な技術であり、精度が高くなります。ただし、適切な治療オプションを決定したり、短期的な治療効果を評価したりするのには効果的ではありません。一方、骨代謝マーカー(BTM)は、治療の選択と短期モニタリングの両方に役立つ情報を提供するため、注目を集めています。現在、BTMは、骨代謝回転の結果を臨床的に評価するためのツールになる位置にあります。日本骨粗鬆症学会が骨粗鬆症の診断と治療における骨代謝マーカーの使用に関するガイドラインを2012年に発行して以来、新薬、製剤、および併用薬物療法が承認されました。したがって、骨粗鬆症の診断と治療における骨代謝マーカーの使用ガイド(2018年版)の2012年のガイドラインを更新しました。

    DOI: 10.1016/j.cca.2019.08.012

    PubMed

  • Effectiveness of monthly intravenous ibandronate on the low responders to oral bisphosphonate: the MOVEMENT study(和訳中) 査読

    Hagino Hiroshi, Sakai Akinori, Ikeda Satoshi, Imanishi Yasuo, Tsurukami Hiroshi, Nakajo Satoru, Miyakoshi Naohisa

    (一社)日本骨代謝学会 Journal of Bone and Mineral Metabolism   37 ( 6 )   1013 - 1023   2019年11月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effectiveness of monthly intravenous ibandronate on the low responders to oral bisphosphonate: the MOVEMENT study(和訳中) 査読

    Hagino Hiroshi, Sakai Akinori, Ikeda Satoshi, Imanishi Yasuo, Tsurukami Hiroshi, Nakajo Satoru, Miyakoshi Naohisa

    (一社)日本骨代謝学会 Journal of Bone and Mineral Metabolism   37 ( 6 )   1013 - 1023   2019年11月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effectiveness of monthly intravenous ibandronate on the low responders to oral bisphosphonate: the MOVEMENT study 査読

    Hagino Hiroshi, Sakai Akinori, Ikeda Satoshi, Imanishi Yasuo, Tsurukami Hiroshi, Nakajo Satoru, Miyakoshi Naohisa

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM   37 ( 6 )   1013 - 1023   2019年11月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-019-01005-z

  • Correction to: Effectiveness of monthly intravenous ibandronate on the low responders to oral bisphosphonate: the MOVEMENT study. 査読

    Hagino H, Sakai A, Ikeda S, Imanishi Y, Tsurukami H, Nakajo S, Miyakoshi N

    Journal of bone and mineral metabolism   37 ( 6 )   1024 - 1025   2019年11月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    MOVEMENT試験は、経口ビスホスホネート療法にもかかわらず腰椎BMDが増加しなかった原発性骨粗鬆症の日本人患者の毎日の臨床診療において、骨塩密度(BMD)に対する毎月の静脈内イバンドロン酸塩の有効性を評価するために設計されました。この研究は、多施設、前向き、介入的研究でした(52施設、2015年8月から2018年3月)。 50歳以上の原発性骨粗鬆症患者で、経口ビスホスホネート治療に対する反応が低いと1〜3年間評価され、既存の経口ビスホスホネートを継続するか、12か月間毎月静脈内イバンドロネート(1 mg)に切り替えました。主要エンドポイントは、静脈内イバンドロネート群(IV IBN)の腰椎BMDのベースラインから12ヶ月への変化でした。合計240人と141人の患者が、それぞれIV IBNおよび経口ビスホスホネート群(OBP)に登録されました。 12か月後、IV IBNで腰椎BMDのベースラインからの平均変化率の有意な増加が観察されました(2.70%)。この変化は、6か月時点でも有意でした(1.92%)。同様に、総股関節BMDの変化は、12ヶ月で有意な増加を示しました(0.78%)。 IV IBNでは、応答者率、腰椎BMDのベースラインからの変化が0%より大きい患者の割合、腰椎BMDは6人(72.3%、141/195人の患者)と12人(78.0%、 145/186患者)ヶ月。どちらの治療グループでも新しい安全性の懸念は観察されませんでした。静脈内イバンドロン酸による治療は、既存の経口ビスホスホネートに対する反応が低かった骨粗鬆症の日本人患者において、新たな安全性の懸念なしに腰椎BMDを有意に増加させた。

    DOI: 10.1007/s00774-019-01030-y

    PubMed

  • 経口ビスホスホネートに対する低反応例におけるイバンドロン酸ナトリウム水和物静注の有効性 MOVEMENT研究(Effectiveness of monthly intravenous ibandronate on the low responders to oral bisphosphonate: the MOVEMENT study)

    Hagino Hiroshi, Sakai Akinori, Ikeda Satoshi, Imanishi Yasuo, Tsurukami Hiroshi, Nakajo Satoru, Miyakoshi Naohisa

    Journal of Bone and Mineral Metabolism   37 ( 6 )   1013 - 1023   2019年11月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    骨密度に対するイバンドロン酸ナトリウム水和物静注の効果を検討する多施設共同並行群間試験(MOVEMENT)を実施した。経口ビスホスホネート製剤を服用しても骨密度の増加が得られない骨粗鬆症患者359例(男性14例、女性345例)を対象とした。対象は経口ビスホスホネート製剤を1年以上3年未満服用しても腰椎骨密度が減少している患者で、続発性骨粗鬆症患者は除外した。患者を、イバンドロン酸ナトリウム水和物(IBN)静注を月1回1mgで投与するIBN群223例(女性95.5%、平均74.8±7.6歳)と経口ビスホスホネート製剤(OBP)を継続投与するOBP群136例(女性97.1%、平均74.3±7.6歳)の2群に分類した。主要評価項目はIBN群における腰椎骨密度の変化率とした。治療12ヵ月後にIBN群で腰椎骨密度はベースラインから平均で2.70%と有意に増加した。6ヵ月後の変化率(1.92%)も有意であった。またTotal hipの骨密度も12ヵ月後に0.78%増加した。以上より、経口BP製剤に対する骨密度の低反応患者においてIBN静注は骨密度の増加に有効であることが示唆された。

  • Executive summary of the Japan Osteoporosis Society Guide for the Use of Bone Turnover Markers in the Diagnosis and Treatment of Osteoporosis (2018 Edition). 査読

    Nishizawa Y, Miura M, Ichimura S, Inaba M, Imanishi Y, Shiraki M, Takada J, Chaki O, Hagino H, Fukunaga M, Fujiwara S, Miki T, Yoshimura N, Ohta H, from the Japan Osteoporosis Society Bone Turnover Marker Investigation Committee

    Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   498   101 - 107   2019年11月( ISSN:0009-8981

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    社会の高齢化に伴い、骨粗鬆症関連の骨折の数が増加しています。骨粗鬆症の予防と骨粗鬆症患者の生活の質の維持には、早期診断、効果的な治療、非常に正確な治療モニタリングが必要です。骨生検は、臨床的には骨粗鬆症の診断に不可欠な技術の1つですが、一般的な臨床診療では侵襲的で実施するのが困難です。骨密度測定は、臨床現場で利用できるもう1つの重要な技術であり、精度が高くなります。ただし、適切な治療オプションを決定したり、短期的な治療効果を評価したりするのには効果的ではありません。一方、骨代謝マーカー(BTM)は、治療の選択と短期モニタリングの両方に役立つ情報を提供するため、注目を集めています。現在、BTMは、骨代謝回転の結果を臨床的に評価するためのツールになる位置にあります。日本骨粗鬆症学会が骨粗鬆症の診断と治療における骨代謝マーカーの使用に関するガイドラインを2012年に発行して以来、新薬、製剤、および併用薬物療法が承認されました。したがって、骨粗鬆症の診断と治療における骨代謝マーカーの使用ガイド(2018年版)の2012年のガイドラインを更新しました。

    DOI: 10.1016/j.cca.2019.08.012

    PubMed

  • Effectiveness of monthly intravenous ibandronate on the low responders to oral bisphosphonate: the MOVEMENT study. 査読

    Hagino H, Sakai A, Ikeda S, Imanishi Y, Tsurukami H, Nakajo S, Miyakoshi N

    Journal of bone and mineral metabolism   37 ( 6 )   1013 - 1023   2019年11月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-019-01005-z

    PubMed

  • Effectiveness of monthly intravenous ibandronate on the low responders to oral bisphosphonate: the MOVEMENT study(和訳中) 査読

    Hagino Hiroshi, Sakai Akinori, Ikeda Satoshi, Imanishi Yasuo, Tsurukami Hiroshi, Nakajo Satoru, Miyakoshi Naohisa

    (一社)日本骨代謝学会 Journal of Bone and Mineral Metabolism   37 ( 6 )   1013 - 1023   2019年11月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Denosumab Improves Glomerular Filtration Rate in Osteoporotic Patients With Normal Kidney Function by Lowering Serum Phosphorus. 査読

    Miyaoka D, Inaba M, Imanishi Y, Hayashi N, Ohara M, Nagata Y, Kurajoh M, Yamada S, Mori K, Emoto M

    Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research   34 ( 11 )   2028 - 2035   2019年11月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    より高い血清リン(Pi)は、慢性腎疾患(CKD)のリスクを高めます。デノスマブまたはゾレドロネートの単回投与は、血清中の骨吸収マーカーと同様に、血清Piレベルを有意に抑制したことが報告されました。また、以前の証拠は、未解明のままのメカニズムを介した骨吸収抑制療法と血管保護/腎保護効果との関連を示唆しています。この研究の目的は、骨粗鬆症患者におけるデノスマブの腎保護効果と、デノスマブによる血清Piの減少の関与を評価することです。ディップスティック試験結果に明白なタンパク尿のない骨粗鬆症患者(n = 73)は、研究期間(24か月)の間、6か月ごとにデノスマブ(60 mg)で治療されました。血清シスタチンC(eGFRcys)に基づく推定糸球体濾過率を濾過マーカーとして使用し、酒石酸塩耐性酸性ホスファターゼ-5b(TRACP-5b)を骨吸収マーカーとして使用しました。非CKD患者(n = 56)の分析では、eGFRcys <60 mL / min / 1.73 m(2)の患者は除外されました。デノスマブの単回注射は、最初の6ヶ月間、血清PiとTRACP-5bを抑制しましたが、eGFRcysの加齢に伴う低下は有意に逆転し、2.75 +/- 1.2 mL / min / 1.73 m(2)増加しました24ヶ月間記録。多変量解析により、最初のデノスマブ注射後の血清Piの減少は、同じ期間中の血清TRACP-5b抑制と正の相関があることが示されました(ベータ= 0.241、p = 0.049)。さらに、性別、年齢、BMI、降圧薬の使用を調整した後、24か月後のeGFRcys増加(ベータ= 0.321、p = 0.014)と、血清カルシウム抑制の正の関連がありますが、修正カルシウムまたはTRACP-5bの正の関連は見つかりませんでした、アルブミン、eGFRcys。同じことが非CKD患者に限定された骨粗鬆症の症例でも観察されました。結論として、デノスマブによって誘発される骨からのリン負荷の減少に起因する血清Piの減少は、eGFRcysの増加の決定要因です。骨吸収抑制療法の早期導入により、CKD以外の患者を含む骨粗鬆症の症例で糸球体濾過を維持できた。

    DOI: 10.1002/jbmr.3821

    PubMed

  • Continued Beneficial Effects of Burosumab in Adults with X-Linked Hypophosphatemia: Results from a 24-Week Treatment Continuation Period After a 24-Week Double-Blind Placebo-Controlled Period 査読

    Portale Anthony A., Carpenter Thomas O., Brandi Maria Luisa, Briot Karine, Il Cheongs Hae, Cohen-Solal Martine, Crowley Rachel, De Beur Suzanne Jan, Eastell Richard, Imanishi Yasuo, Imel Erik A., Ing Steven, Ito Nobuaki, Javaid Muhammad, Kamenicky Peter, Keen Richard, Kubota Takuo, Lachmann Robin, Perwad Farzana, Pitukcheewanont Pisit, Ralston Stuart H., Takeuchi Yasuhiro, Tanaka Hiroyuki, Weber Thomas J., Yoo Han-Wook, Zhang Lin, Theodore-Oklota Christina, Mealiffe Matt, Martin Javier San, Insogna Karl

    CALCIFIED TISSUE INTERNATIONAL   105 ( 3 )   271 - 284   2019年09月( ISSN:0171-967X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    FGF23に対する完全ヒトモノクローナル抗体であるブロスマブは、腎リン酸の消耗と実質的な累積筋骨格系疾患を特徴とするまれな遺伝性疾患であるX連鎖低リン血症(XLH)の唯一の承認された治療薬です。最初の24週間のランダム化比較試験では、XLHの成人134人が4週間ごとにブロスマブ1 mg / kg(n = 68)またはプラセボ(n = 66)を投与されました。 24週間後、すべての被験者は48週目まで非盲検のブロスマブを投与されました。この報告では、非盲検治療期間中のブロスマブの有効性と安全性について説明します。 24〜48週目から、血清ブロス濃度は、全体でブロスマブを受けた参加者の83.8%で正常のままであり、プラセボ後にブロスマブを受けた参加者の89.4%で正常化されました。 48週までに、プラセボ後のブロスマブで35.2%であったのに対し、ベースライン骨折/偽骨折の63.1%がブロスマブで完全に治癒しました。両方のグループで、ブロスマブは、患者が報告する硬さ、痛み、身体機能、および6分間の歩行距離の結果について、ベースラインから48週目までの臨床的に有意かつ持続的な改善と関連していました。有害事象の発生率は、ブロスマブとプラセボで同様でした。致命的な有害事象や治療関連の重大な有害事象はありませんでした。腎石灰化スコアは、24週目または48週目のいずれにおいてもベースラインから1グレード以上変化しませんでした。これらのデータは、XLHの参加者において、偽骨折、および主要な筋骨格障害の持続的な改善を示した。

    DOI: 10.1007/s00223-019-00568-3

    PubMed

  • Continued Beneficial Effects of Burosumab in Adults with X-Linked Hypophosphatemia: Results from a 24-Week Treatment Continuation Period After a 24-Week Double-Blind Placebo-Controlled Period. 査読

    Portale AA, Carpenter TO, Brandi ML, Briot K, Cheong HI, Cohen-Solal M, Crowley R, Jan De Beur S, Eastell R, Imanishi Y, Imel EA, Ing S, Ito N, Javaid M, Kamenicky P, Keen R, Kubota T, Lachmann R, Perwad F, Pitukcheewanont P, Ralston SH, Takeuchi Y, Tanaka H, Weber TJ, Yoo HW, Zhang L, Theodore-Oklota C, Mealiffe M, San Martin J, Insogna K

    Calcified tissue international   105 ( 3 )   271 - 284   2019年09月( ISSN:0171-967X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00223-019-00568-3

    PubMed

  • Denosumab Improves Glomerular Filtration Rate in Osteoporotic Patients With Normal Kidney Function by Lowering Serum Phosphorus 査読

    Miyaoka Daichi, Inaba Masaaki, Imanishi Yasuo, Hayashi Noriyuki, Ohara Masaya, Nagata Yuki, Kurajoh Masafumi, Yamada Shinsuke, Mori Katsuhito, Emoto Masanori

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   34 ( 11 )   2028 - 2035   2019年08月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    より高い血清リン(Pi)は、慢性腎疾患(CKD)のリスクを高めます。デノスマブまたはゾレドロネートの単回投与は、血清中の骨吸収マーカーと同様に、血清Piレベルを有意に抑制したことが報告されました。また、以前の証拠は、未解明のままのメカニズムを介した骨吸収抑制療法と血管保護/腎保護効果との関連を示唆しています。この研究の目的は、骨粗鬆症患者におけるデノスマブの腎保護効果と、デノスマブによる血清Piの減少の関与を評価することです。ディップスティック試験結果に明白なタンパク尿のない骨粗鬆症患者(n = 73)は、研究期間(24か月)の間、6か月ごとにデノスマブ(60 mg)で治療されました。血清シスタチンC(eGFRcys)に基づく推定糸球体濾過率を濾過マーカーとして使用し、酒石酸塩耐性酸性ホスファターゼ-5b(TRACP-5b)を骨吸収マーカーとして使用しました。非CKD患者(n = 56)の分析では、eGFRcys <60 mL / min / 1.73 m(2)の患者は除外されました。デノスマブの単回注射は、最初の6ヶ月間、血清PiとTRACP-5bを抑制しましたが、eGFRcysの加齢に伴う低下は有意に逆転し、2.75 +/- 1.2 mL / min / 1.73 m(2)増加しました24ヶ月間記録。多変量解析により、最初のデノスマブ注射後の血清Piの減少は、同じ期間中の血清TRACP-5b抑制と正の相関があることが示されました(ベータ= 0.241、p = 0.049)。さらに、性別、年齢、BMI、降圧薬の使用を調整した後、24か月後のeGFRcys増加(ベータ= 0.321、p = 0.014)と、血清カルシウム抑制の正の関連がありますが、修正カルシウムまたはTRACP-5bの正の関連は見つかりませんでした、アルブミン、eGFRcys。同じことが非CKD患者に限定された骨粗鬆症の症例でも観察されました。結論として、デノスマブによって誘発される骨からのリン負荷の減少に起因する血清Piの減少は、eGFRcysの増加の決定要因です。骨吸収抑制療法の早期導入により、CKD以外の患者を含む骨粗鬆症の症例で糸球体濾過を維持できた。

    DOI: 10.1002/jbmr.3821

    PubMed

  • キサンチン酸化還元酵素活性と血圧の関連

    吉田 潮, 藏城 雅文, 福本 真也, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    痛風と尿酸・核酸   43 ( 1 )   69   2019年07月

  • 血漿中キサンチン酸化還元酵素活性は血清尿酸値と独立して関連する

    藏城 雅文, 福本 真也, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 石原 拓磨, 郷 洋文, 山本 紘司, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    痛風と尿酸・核酸   43 ( 1 )   72 - 73   2019年07月

  • Thyroid blood flow in inferior thyroid artery as predictor for increase in levothyroxine dosage during pregnancy in women with Hashimoto's thyroiditis - a retrospective study 査読

    Kurajoh Masafumi, Yamasaki Akiyo, Nagasaki Toshiki, Nagata Yuki, Yamada Shinsuke, Imanishi Yasuo, Emoto Masanori, Takahashi Kanae, Yamamoto Kouji, Shintani Ayumi, Inaba Masaaki

    BMC PREGNANCY AND CHILDBIRTH   19 ( 1 )   232   2019年07月( ISSN:1471-2393

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    橋本甲状腺炎の妊婦において、下甲状腺動脈の最高収縮期速度(ITA-PSV)がレボチロキシン(LT4)投与量の増加を予測するかどうかを調べました。方法:橋本甲状腺炎の22人の女性が計画され、後に妊娠を達成したか、妊娠したと確認された女性は、この回顧的縦断的観察研究に登録された。 ITA-PSVおよび甲状腺体積は、超音波検査を使用して測定されました。遊離サイロキシン(F-T4)、遊離トリヨードサイロニン(F-T3)、および甲状腺刺激ホルモン(TSH)の血清濃度を同時に測定しました。 LT4の投与量を調整して、血清TSHを<2.5μIU/ mL(第1学期)に維持し、その後<3μIU/ mL(第2、第3学期)に維持しました。結果:18人の患者(81.8%)は妊娠中にLT4の投与量を増やす必要があり、そのうち7人(31.8%)は50マグカップ以上の増加が必要でした。多変数回帰分析により、TSH(ベータ= 0.507、p = 0.008)およびITA-PSV(ベータ=-0.362、p = 0.047)が示されたが、甲状腺量、F-T4、またはF-T3は独立してLT4の増加と関連していなかった投与量。 LT4> / = 50マグ/日の​​増加を予測するための受信者操作特性分析は、TSHを使用したITA-PSVの曲線下面積(0.905)は、それと比較して(0.743)有意に増加しなかったことを示しました(p = 0.123) TSHのみの場合、統合された差別の改善が大幅に増加しました(27.9%、p = 0.009)。結論:妊娠中の橋本甲状腺炎患者では、ITA-PSVはTSHレベルに依存しないLT4投与量の有意な予測因子でしたが、ITA-PSVとTSHの併用はTSH単独と比較して有意に改善された予測性を示しました。これらの結果は、ITA-PSVが甲状腺機能の残存を反映しており、橋本甲状腺炎の妊娠患者における甲状腺ホルモン産生の増加の必要性を評価するのに役立つことを示唆しています。

    DOI: 10.1186/s12884-019-2389-1

    PubMed

  • Thyroid blood flow in inferior thyroid artery as predictor for increase in levothyroxine dosage during pregnancy in women with Hashimoto's thyroiditis - a retrospective study. 査読

    Kurajoh M, Yamasaki A, Nagasaki T, Nagata Y, Yamada S, Imanishi Y, Emoto M, Takahashi K, Yamamoto K, Shintani A, Inaba M

    BMC pregnancy and childbirth   19 ( 1 )   232 - 232   2019年07月( ISSN:1471-2393

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12884-019-2389-1

    PubMed

  • Independent association of plasma xanthine oxidoreductase activity with serum uric acid level based on stable isotope-labeled xanthine and liquid chromatography/triple quadrupole mass spectrometry: MedCity21 health examination registry. 査読

    Kurajoh M, Fukumoto S, Emoto M, Murase T, Nakamura T, Ishihara T, Go H, Yamamoto K, Nakatani S, Tsuda A, Yamada S, Morioka T, Mori K, Imanishi Y, Inaba M

    Clinical chemistry and laboratory medicine   in press   2019年05月( ISSN:1434-6621

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    血漿キサンチン酸化還元酵素(XOR)活性の新しい高感度アッセイを開発しました。これは、元の血清尿酸レベルの影響を受けません。ただし、血漿XOR活性とそのレベルとの関連は完全には調査されていません。方法この横断的研究には、MedCity21健康診断登録に登録された191人の被験者(男性91人、女性100人)が含まれていました。血漿XOR活性は、[13C2,15N2]キサンチンおよび液体クロマトグラフィー/トリプル四重極質量分析を使用した血漿XOR活性のアッセイを使用して決定しました。尿酸とアディポネクチンの血清レベル、およびコンピューター断層撮影によって得られた内臓脂肪面積(VFA)が測定され、インスリン抵抗性は恒常性モデル評価(HOMA-IR)インデックスに基づいて決定されました。結果尿酸および血漿XOR活性の中央値は、それぞれ333μmol/ Lおよび26.1 pmol / h / mLでした。多変数線形回帰分析により、血清尿酸レベル(係数:26.503; 95%信頼区間:2.06、50.945; p = 0.035)とVFAおよびHOMA-IRに依存せず、年齢、性別との有意かつ正の関連性が示されました、飲酒習慣、収縮期血圧、推定糸球体濾過率(eGFR)、糖化ヘモグロビンA1c、トリグリセリド、およびアディポネクチンレベル。 「性別* XOR活性」の相互作用は有意ではなく(p = 0.91)、性別が血漿XOR活性と血清尿酸レベルとの関係を変更するという証拠はありません。結論血漿XOR活性は、性差、eGFR、アディポネクチンレベル、VFA、HOMA-IRなど、そのレベルに影響を与える他の既知の交絡因子とは無関係に、血清尿酸レベルと明確に関連していることがわかった。

    DOI: 10.1515/cclm-2019-0199

    PubMed

  • Inverse association of plasma leptin with cortical thickness at distal radius determined with a quantitative ultrasound device in patients with type 2 diabetes mellitus. 査読

    Kurajoh M, Inaba M, Motoyama K, Kuriyama N, Ozaki E, Koyama T, Yamada S, Morioka T, Imanishi Y, Emoto M

    Journal of diabetes investigation   in press   2019年05月( ISSN:2040-1116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    骨粗鬆症は、交感神経活動と密接に関連していることが知られています。 2型糖尿病患者の血漿レプチンと皮質および海綿骨成分との関係を調べた。材料と方法:現在の横断的研究には、182人の2型糖尿病患者(男性93人、女性89人)が含まれていました。皮質の厚さ(CoTh)と骨梁骨密度(BMD)は、LD-100超音波骨密度測定装置を使用して、5.5%の遠位半径で決定されました。血漿レプチンと物理的および実験室測定値が同時に決定されました。結果:血漿レプチンではなくボディマス指数(BMI)はCoThと逆相関し(rho = -0.487、P <0.001)、血漿レプチンではなくBMIは小柱BMDと正相関しました(rho = 0.369、P <0.001)。多変量回帰分析では、年齢、性別、糖尿病の期間、糖化ヘモグロビンA1c、アルブミン、推定糸球体濾過率、副甲状腺ホルモンおよび握力の調整後、血漿レプチンはCoThと逆相関しました(ベータ= -0.258、P <0.001) 、小柱BMDではありません。さらに、血漿レプチンレベルは、BMI(ベータ= -0.237、P <0.001)およびBMIに加えてウエスト/ヒップ比(ベータ= -0.243、P <0.001)をさらに調整した後、CoThとの有意な関連を保持しました。対照的に、「セックスxレプチン」相互作用は有意ではなかった(P = 0.596)。結論:血漿中のレプチン濃度は、BMIおよびBMIとウエストヒップ比に依存せず、CoThと逆相関することが示されたが、BMDではなく、肥満に起因する高レプチン血症が2型患者の皮質粗鬆症に寄与する可能性が示唆された。

    DOI: 10.1111/jdi.13071

    PubMed

  • Attenuated Dentin Matrix Protein 1 Enhances Fibroblast Growth Factor 23 in Calvaria in a Primary Hyperparathyroidism Model. 査読

    Nagata Y, Imanishi Y, Ohara M, Maeda-Tateishi T, Miyaoka D, Hayashi N, Kurajoh M, Emoto M, Inaba M

    Endocrinology   160 ( 5 )   1348 - 1358   2019年05月( ISSN:0013-7227

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    線維芽細胞成長因子23(FGF23)の分泌は、特に副甲状腺機能亢進症においてPTHによって促進されます。 PTHは、骨細胞によって産生される象牙質マトリックスタンパク質1(DMP1)も減衰させ、骨石灰化に寄与し、FGF23の発現を抑制します。それにもかかわらず、減弱したDMP1が副甲状腺機能亢進症のFGF23発現に影響を及ぼすかどうかは不明のままです。原発性副甲状腺機能亢進症(PHPT)のマウスモデルを使用して骨組織での発現を調べた。 PHPTマウスは、血清PTHの高レベルとともに、血清FGF23レベルを増加させました。 Fgf23の発現が増加し、Dmp1は、野生型マウスおよびPTHで処理した初代骨芽細胞と比較して、PHPTマウスの頭蓋冠で有意に減少しました。 UMR106成熟骨芽細胞では、PTHはFgf23発現を増加させ、Dmp1発現を減少させ、フォルスコリンによるプロテインキナーゼA(PKA)シグナル伝達の刺激もFgf23発現を増加させ、用量依存的にDmp1発現を減少させました。 M H89は、細胞をPTHで刺激すると、Fgf23およびDmp1発現の変化を逆転させました。 PTH処理とともにDmp1をサイレンシングすると、cAMP応答エレメント結合タンパク質の相加的リン酸化を伴うFgf23発現の相加的増加がもたらされました。これらの結果は、持続的かつ高レベルのPTHが骨芽細胞/骨細胞のPKAシグナル伝達の連続的な活性化につながり、FGF23の増加と骨のDMP1の減少をもたらすことを示しています。さらに、DMP1の抑制は、PTHに直接影響することに加えて、PHPTでのFGF23発現を増強しました。これらのメカニズムは、PHPT患者の骨組織におけるFGF23転写の増加の背後にある病原体の1つを説明している可能性がある。

    DOI: 10.1210/en.2019-00017

    PubMed

  • Attenuated Dentin Matrix Protein 1 Enhances Fibroblast Growth Factor 23 in Calvaria in a Primary Hyperparathyroidism Model 査読

    Nagata Yuki, Imanishi Yasuo, Ohara Masaya, Maeda-Tateishi Tomomi, Miyaoka Daichi, Hayashi Noriyuki, Kurajoh Masafumi, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    ENDOCRINOLOGY   160 ( 5 )   1348 - 1358   2019年05月( ISSN:0013-7227

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    線維芽細胞成長因子23(FGF23)の分泌は、特に副甲状腺機能亢進症においてPTHによって促進されます。 PTHは、骨細胞によって産生される象牙質マトリックスタンパク質1(DMP1)も減衰させ、骨石灰化に寄与し、FGF23の発現を抑制します。それにもかかわらず、減弱したDMP1が副甲状腺機能亢進症のFGF23発現に影響を及ぼすかどうかは不明のままです。原発性副甲状腺機能亢進症(PHPT)のマウスモデルを使用して骨組織での発現を調べた。 PHPTマウスは、血清PTHの高レベルとともに、血清FGF23レベルを増加させました。 Fgf23の発現が増加し、Dmp1は、野生型マウスおよびPTHで処理した初代骨芽細胞と比較して、PHPTマウスの頭蓋冠で有意に減少しました。 UMR106成熟骨芽細胞では、PTHはFgf23発現を増加させ、Dmp1発現を減少させ、フォルスコリンによるプロテインキナーゼA(PKA)シグナル伝達の刺激もFgf23発現を増加させ、用量依存的にDmp1発現を減少させました。 M H89は、細胞をPTHで刺激すると、Fgf23およびDmp1発現の変化を逆転させました。 PTH処理とともにDmp1をサイレンシングすると、cAMP応答エレメント結合タンパク質の相加的リン酸化を伴うFgf23発現の相加的増加がもたらされました。これらの結果は、持続的かつ高レベルのPTHが骨芽細胞/骨細胞のPKAシグナル伝達の連続的な活性化につながり、FGF23の増加と骨のDMP1の減少をもたらすことを示しています。さらに、DMP1の抑制は、PTHに直接影響することに加えて、PHPTでのFGF23発現を増強しました。これらのメカニズムは、PHPT患者の骨組織におけるFGF23転写の増加の背後にある病原体の1つを説明している可能性がある。

    DOI: 10.1210/en.2019-00017

  • 特集 ホルモンによる骨代謝の制御 3.カルシウム・リン代謝から見た骨代謝調節(1)副甲状腺ホルモン

    今西 康雄

    腎と骨代謝   32 ( 2 )   121 - 126   2019年04月( ISSN:09145265

     詳細を見る

  • Impact of diabetes on sarcopenia and mortality in patients undergoing hemodialysis 査読

    Mori Katsuhito, Nishide Kozo, Okuno Senji, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Tsuda Akihiro, Nakatani Shinya, Imanishi Yasuo, Ishimura Eiji, Yamakawa Tomoyuki, Shoji Shigeichi, Inaba Masaaki

    BMC NEPHROLOGY   20   2019年03月( ISSN:1471-2369

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    サルコペニアは、現代社会で深刻な障害となっています。透析と糖尿病を必要とする慢性腎臓病は、サルコペニアの発症と進行を促進する障害の一部です。したがって、血液透析(HD)を受けている患者のサルコペニアの有病率を調査し、この人口に対する真性糖尿病(DM)の影響を確認しました。方法:この研究には、ハンドグリップ強度とデュアルエネルギーX線吸収法をそれぞれ使用して筋力と質量を評価した308人の患者が含まれていました。サルコペニアは、サルコペニアに関するアジア作業部会によって確立された基準に従って定義されました。さらに、このコホートは9年間追跡されていました。結果:サルコペニアの有病率は40%(男性で37%、女性で45%)で、性差はわずかでした(p = 0.237)。 DMの罹患率は、サルコペニアのない人よりサルコペニアのある人の方が有意に高かった(41%対27%、p = 0.015)。多変量回帰分析は、DMの存在がHDを受けている患者のサルコペニアの独立した原因であることを示しました(オッズ比3.11; 95%信頼区間1.63-5.93; p <0.001)。 76 +/- 35か月のフォローアップ中に、100人の患者が死亡しました。サルコペニアの患者は、サルコペニアのない患者よりも全原因死亡率が有意に高いことを示しました(ログランク検定を使用してp <0.001)。多変量コックス比例ハザード分析により、DMの存在は全原因死亡率の増加と有意に関連していることが明らかになりました(調整ハザード比:2.39; 95%信頼区間1.51-3.81; p <0.001)。結論:HDを受けている患者のこのコホートにおけるサルコペニアの有病率は40%であると決定されました。さらに、DMの存在は、サルコペニアの独立した原因であり、この集団の全死因死亡の独立した予測因子でした。

    DOI: 10.1186/s12882-019-1271-8

  • Impact of diabetes on sarcopenia and mortality in patients undergoing hemodialysis. 査読

    Mori K, Nishide K, Okuno S, Shoji T, Emoto M, Tsuda A, Nakatani S, Imanishi Y, Ishimura E, Yamakawa T, Shoji S, Inaba M

    BMC nephrology   20 ( 1 )   105   2019年03月( ISSN:1471-2369

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    サルコペニアは、現代社会で深刻な障害となっています。透析と糖尿病を必要とする慢性腎臓病は、サルコペニアの発症と進行を促進する障害の一部です。したがって、血液透析(HD)を受けている患者のサルコペニアの有病率を調査し、この人口に対する真性糖尿病(DM)の影響を確認しました。方法:この研究には、ハンドグリップ強度とデュアルエネルギーX線吸収法をそれぞれ使用して筋力と質量を評価した308人の患者が含まれていました。サルコペニアは、サルコペニアに関するアジア作業部会によって確立された基準に従って定義されました。さらに、このコホートは9年間追跡されていました。結果:サルコペニアの有病率は40%(男性で37%、女性で45%)で、性差はわずかでした(p = 0.237)。 DMの罹患率は、サルコペニアのない人よりサルコペニアのある人の方が有意に高かった(41%対27%、p = 0.015)。多変量回帰分析は、DMの存在がHDを受けている患者のサルコペニアの独立した原因であることを示しました(オッズ比3.11; 95%信頼区間1.63-5.93; p <0.001)。 76 +/- 35か月のフォローアップ中に、100人の患者が死亡しました。サルコペニアの患者は、サルコペニアのない患者よりも全原因死亡率が有意に高いことを示しました(ログランク検定を使用してp <0.001)。多変量コックス比例ハザード分析により、DMの存在は全原因死亡率の増加と有意に関連していることが明らかになりました(調整ハザード比:2.39; 95%信頼区間1.51-3.81; p <0.001)。結論:HDを受けている患者のこのコホートにおけるサルコペニアの有病率は40%であると決定されました。さらに、DMの存在は、サルコペニアの独立した原因であり、この集団の全死因死亡の独立した予測因子でした。

    DOI: 10.1186/s12882-019-1271-8

    PubMed

  • 閉経後骨粗鬆症の日本人女性におけるシスタチンCおよびクレアチニンに基づくeGFRと骨粗鬆症性骨折との関連 骨折リスクとしてのサルコペニア(Association of cystatin C- and creatinine-based eGFR with osteoporotic fracture in Japanese postmenopausal women with osteoporosis: sarcopenia as risk for fracture)

    Kurajoh Masafumi, Inaba Masaaki, Nagata Yuki, Yamada Shinsuke, Imanishi Yasuo, Emoto Masanori

    Journal of Bone and Mineral Metabolism   37 ( 2 )   282 - 291   2019年03月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    50歳以上の閉経後骨粗鬆症患者555例を対象に、シスタチンCに基づく糸球体濾過量(eGFRcys)とクレアチニンに基づく糸球体濾過量(eGFRcr)、ならびにそれらの比と、閉経後骨粗鬆症女性における骨折発生率との関連を検討した。その結果、骨粗鬆症性骨折患者211例(平均78.0±7.2歳)は、非骨折患者344例(平均76.0±6.9歳)よりも身体活動レベルが有意に低く、eGFRcr、eGFRcys、eGFRcys/eGFRcr比も低く、eGFRcrまたはeGFRcysから判断して慢性腎疾患(CKD)ステージ3以上であった。低いeGFRcysは全体の骨粗鬆症性骨折と独立に関連し、その関連はCKD患者において維持されていた。また、eGFRcysとは独立して、高いeGFRcrはCKD患者の骨粗鬆症性骨折と関連していた。さらに、eGFRcys/eGFRcr比が低いことは、CKD患者および集団全体の骨粗鬆症性骨折と独立して関連していることも明らかになった。これらの結果より、eGFRcysの低下が閉経後女性の骨粗鬆症性骨折と関連する可能性があり、腎性骨形成異常症の関与が示唆された。また、高いeGFRcrとCKD患者の骨粗鬆症性骨折は、筋肉の量および質の低下に由来する腎障害の過小評価により説明されることが示唆された。

  • Association of cystatin C- and creatinine-based eGFR with osteoporotic fracture in Japanese postmenopausal women with osteoporosis: sarcopenia as risk for fracture. 査読

    Kurajoh M, Inaba M, Nagata Y, Yamada S, Imanishi Y, Emoto M

    Journal of bone and mineral metabolism   37 ( 2 )   282 - 291   2019年03月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    慢性腎臓病(CKD)の共存は、副甲状腺ホルモンレベルの増加だけでなく尿毒症性サルコペニアも原因で、特に閉経後の女性の骨粗鬆症による骨折のリスクと見なされています。シスタチンCベース糸球体ろ過率(eGFRcys)とクレアチニンベースGFR(eGFRcr)の関係、ならびに閉経後骨粗鬆症女性における骨粗鬆症性骨折の発生率との関係を調べた。この横断研究には、骨粗鬆症の閉経後女性555人が含まれていました。 eGFRcrとeGFRcysは同時に測定され、骨粗鬆症性骨折の発生はカルテレビューによって得られました。骨粗鬆症性骨折患者(n = 211)は、身体活動レベル、eGFRcr、eGFRcys、eGFRcys / eGFRcr比が有意に低かったが、eGFRcrまたはeGFRcys(CKDcys)によって推定されるCKDステージ3以上の割合が高かった(n = 344)。低いeGFRcrではなく、低いeGFRcysがコホート全体で骨粗鬆症性骨折と独立して関連しており、CKDcys患者ではその関連が保持されていました。非常に興味深いことに、CKDcys患者のeGFRcysとは無関係に、より高いeGFRcrが骨粗鬆症性骨折と関連していた。さらに、低いeGFRcys / eGFRcr比は、CKDcys患者とコホート全体の両方で、骨粗鬆症性骨折と独立して関連していた。 eGFRcysの減少は、閉経後の骨粗鬆症の女性の骨粗鬆症による骨折と関連している可能性があり、腎オステオパシーがその発生に関与していることを示しています。さらに、CKDcys症例における骨粗鬆症性骨折との高いではあるが低いわけではないeGFRcrの関連は、これらの患者の筋肉量と質の低下に起因するeGFRcrによる腎機能障害の過小評価によって説明されるかもしれない。

    DOI: 10.1007/s00774-018-0913-4

    PubMed

  • Significance of urinary C-megalin excretion in vitamin D metabolism in pre-dialysis CKD patients 査読

    Toi N, Inaba M, Ishimura E, Tsugawa N, Imanishi Y, Emoto M, Hirayama Y, Nakatani S, Saito A, Yamada S

    Sci Rep   9 ( 1 )   2207   2019年02月( ISSN: 2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    血清1,25(OH)(2)Dおよび24,25(OH)(2)DはCKDで減少します。近位尿細管上皮細胞のメガリンは、糸球体ろ過25(OH)D-DBP複合体を再吸収して25(OH)Dを1,25(OH)(2)Dおよび24,25(OH)(2)Dに変換します。尿中Cメガリン排泄は、メガリン媒介タンパク質代謝で過負荷になった負傷したネフロンからのエキソサイトーシスを介して増加します。この研究では、153人の透析前CKD患者のビタミンD代謝における尿中C-メガリン排泄の重要性を調査しました。尿中C-メガリンは、尿中タンパク質、ベータ(2)MGおよびアルファ(1)MGと正の関連があり、血清25(OH)D、1,25(OH)(2)Dおよび24,25( OH)(2)D。重回帰分析により、尿中C-メガリンと25(OH)Dの有意な負の関連性が示されました。血清1,25(OH)(2)Dおよび24,25(OH)(2)D、および1,25(OH)(2)D / 25(OH)Dおよび24,25(OH)( 2)D / 25(OH)D比は、eGFRと正の相関を示しました。さらに、wholePTHは1,25(OH)(2)D / 25(OH)Dおよび1,25(OH)(2)D / 24,25(OH)(2)Dと正に関連していたが、FGF23は正に関連していた24,25(OH)(2)D / 25(OH)Dに関連し、1,25(OH)(2)D / 24,25(OH)(2)Dに負に関連しています。尿中C-メガリンは、1,25(OH)(2)D / 25(OH)Dおよび1,25(OH)(2)D / 24,25(OH)(2)Dと正に関連する独立因子として出現しました。 CKD患者の血清では1,25(OH)(2)Dおよび24,25(OH)(2)Dが減少していますが、PTHとFGF23はこれらの腎臓でもビタミンD代謝を調節する効果を保持していることが示唆されています患者、25(OH)Dからの1,25(OH)(2)Dおよび24,25(OH)(2)Dの生産は、メガリンを介した25(OH)Dの再吸収の障害のために制限されている-DBP複合体または腎機能の減少によった。

    DOI: 10.1038/s41598-019-38613-8

  • Significance of urinary C-megalin excretion in vitamin D metabolism in pre-dialysis CKD patients. 査読

    Toi N, Inaba M, Ishimura E, Tsugawa N, Imanishi Y, Emoto M, Hirayama Y, Nakatani S, Saito A, Yamada S

    Scientific reports   9 ( 1 )   2207 - 2207   2019年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    血清1,25(OH)(2)Dおよび24,25(OH)(2)DはCKDで減少します。近位尿細管上皮細胞のメガリンは、糸球体ろ過25(OH)D-DBP複合体を再吸収して25(OH)Dを1,25(OH)(2)Dおよび24,25(OH)(2)Dに変換します。尿中Cメガリン排泄は、メガリン媒介タンパク質代謝で過負荷になった負傷したネフロンからのエキソサイトーシスを介して増加します。この研究では、153人の透析前CKD患者のビタミンD代謝における尿中C-メガリン排泄の重要性を調査しました。尿中C-メガリンは、尿中タンパク質、ベータ(2)MGおよびアルファ(1)MGと正の関連があり、血清25(OH)D、1,25(OH)(2)Dおよび24,25( OH)(2)D。重回帰分析により、尿中C-メガリンと25(OH)Dの有意な負の関連性が示されました。血清1,25(OH)(2)Dおよび24,25(OH)(2)D、および1,25(OH)(2)D / 25(OH)Dおよび24,25(OH)( 2)D / 25(OH)D比は、eGFRと正の相関を示しました。さらに、wholePTHは1,25(OH)(2)D / 25(OH)Dおよび1,25(OH)(2)D / 24,25(OH)(2)Dと正に関連していたが、FGF23は正に関連していた24,25(OH)(2)D / 25(OH)Dに関連し、1,25(OH)(2)D / 24,25(OH)(2)Dに負に関連しています。尿中C-メガリンは、1,25(OH)(2)D / 25(OH)Dおよび1,25(OH)(2)D / 24,25(OH)(2)Dと正に関連する独立因子として出現しました。 CKD患者の血清では1,25(OH)(2)Dおよび24,25(OH)(2)Dが減少していますが、PTHとFGF23はこれらの腎臓でもビタミンD代謝を調節する効果を保持していることが示唆されています患者、25(OH)Dからの1,25(OH)(2)Dおよび24,25(OH)(2)Dの生産は、メガリンを介した25(OH)Dの再吸収の障害のために制限されている-DBP複合体または腎機能の減少によった。

    DOI: 10.1038/s41598-019-38613-8

    PubMed

  • A novel missense mutation of the STS gene in two siblings with X-linked ichthyosis, complicated by short stature, bone density reduction, epilepsy, and cryptorchidism 査読

    Ohyama A, Nakano H, Imanishi Y, Seto T, Tsuruta D, Fukai K

    Clin Exp Dermatol   44 ( 1 )   78 - 79   2019年01月( ISSN:1365-2230

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    X連鎖魚鱗癬における新規の生殖細胞系列突然変異の同定と、これらの同胞における骨密度低下について報告した。

    DOI: 10.1111/ced.13741

  • Impaired residual renal function predicts denosumab-induced serum calcium decrement as well as increment of bone mineral density in non-severe renal insufficiency 査読

    Miyaoka D., Imanishi Y., Ohara M., Hayashi N., Nagata Y., Yamada S., Mori K., Emoto M., Inaba M.

    OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL   30 ( 1 )   241 - 249   2019年01月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    骨粗鬆症患者のデノスマブ治療は、重度の腎不全患者を除き、cCaレベルを低下させました。低いベースラインcCa、低い推定糸球体濾過率、および高い骨代謝回転により、骨ミネラル密度が増加する一方で、cCaが低下するリスクが増加しました。再吸収抑制剤による前治療は、低カルシウム血症のリスクを減らすのに有益でした。はじめに:デノスマブ誘発性低カルシウム血症は、骨粗鬆症のためにデノスマブで治療されている慢性腎臓病(CKD)ステージ4〜5Dの患者で頻繁に観察されていますが、患者の血清補正カルシウム(cCa)非重度の腎不全。この研究では、デノスマブ投与後のcCa濃度低下の危険因子を評価し、骨塩密度(BMD)の変化を予測する因子を分析しました。方法:CKDステージ4〜5Dの患者を含まない77人の骨粗鬆症患者は、6ヶ月ごとに60 mgのデノスマブで治療された。生化学的パラメーターとBMDは、最初の投与前から2回目の投与後1ヶ月まで分析されました。結果:デノスマブの初回投与後、cCaレベルは低下し、7日目に最小に達した。多重線形回帰分析により、ベースラインcCa、推定糸球体濾過率(eGFR)<60 mL / min / 1.73 m(2)、酒石酸塩-耐性酸性ホスファターゼ-5b(TRACP-5b)、および骨アルカリホスファターゼ(BAP)または再吸収抑制剤による前処理は、ベースラインから7日目(DeltacCa0-7日)までのcCaの絶対的減少に独立して関連する重要な要因でした。デノスマブの2回目の投与後のDeltacCa0-7日は、1回目の投与後よりも有意に低かった。デノスマブ治療の6か月後、LS-BMDとFN-BMDの両方がベースラインから有意に増加しました。 LS-BMDおよびFN-BMDは、それぞれベースラインTRACP-5bまたはBAPおよびeGFRと有意に相関しました。結論:低eGFRと高骨代謝回転の両方が、デノスマブ誘発cCa減少およびBMD増加の独立した危険因子でした。再吸収抑制剤による前治療は、低カルシウム血症のリスクを減らす可能性がある。

    DOI: 10.1007/s00198-018-4688-1

  • A novel missense mutation of the STS gene in two siblings with X-linked ichthyosis, complicated by short stature, bone density reduction, epilepsy, and cryptorchidism. 査読

    Ohyama A, Nakano H, Imanishi Y, Seto T, Tsuruta D, Fukai K

    Clinical and experimental dermatology   44 ( 1 )   78 - 79   2019年01月( ISSN:0307-6938

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    X連鎖魚鱗癬における新規の生殖細胞系列突然変異の同定と、これらの同胞における骨密度低下について報告した。

    DOI: 10.1111/ced.13741

    PubMed

  • Impaired residual renal function predicts denosumab-induced serum calcium decrement as well as increment of bone mineral density in non-severe renal insufficiency. 査読

    Miyaoka D, Imanishi Y, Ohara M, Hayashi N, Nagata Y, Yamada S, Mori K, Emoto M, Inaba M

    Osteoporosis international : a journal established as result of cooperation between the European Foundation for Osteoporosis and the National Osteoporosis Foundation of the USA   30 ( 1 )   241 - 249   2019年01月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    骨粗鬆症患者のデノスマブ治療は、重度の腎不全患者を除き、cCaレベルを低下させました。低いベースラインcCa、低い推定糸球体濾過率、および高い骨代謝回転により、骨ミネラル密度が増加する一方で、cCaが低下するリスクが増加しました。再吸収抑制剤による前治療は、低カルシウム血症のリスクを減らすのに有益でした。はじめに:デノスマブ誘発性低カルシウム血症は、骨粗鬆症のためにデノスマブで治療されている慢性腎臓病(CKD)ステージ4〜5Dの患者で頻繁に観察されていますが、患者の血清補正カルシウム(cCa)非重度の腎不全。この研究では、デノスマブ投与後のcCa濃度低下の危険因子を評価し、骨塩密度(BMD)の変化を予測する因子を分析しました。方法:CKDステージ4〜5Dの患者を含まない77人の骨粗鬆症患者は、6ヶ月ごとに60 mgのデノスマブで治療された。生化学的パラメーターとBMDは、最初の投与前から2回目の投与後1ヶ月まで分析されました。結果:デノスマブの初回投与後、cCaレベルは低下し、7日目に最小に達した。多重線形回帰分析により、ベースラインcCa、推定糸球体濾過率(eGFR)<60 mL / min / 1.73 m(2)、酒石酸塩-耐性酸性ホスファターゼ-5b(TRACP-5b)、および骨アルカリホスファターゼ(BAP)または再吸収抑制剤による前処理は、ベースラインから7日目(DeltacCa0-7日)までのcCaの絶対的減少に独立して関連する重要な要因でした。デノスマブの2回目の投与後のDeltacCa0-7日は、1回目の投与後よりも有意に低かった。デノスマブ治療の6か月後、LS-BMDとFN-BMDの両方がベースラインから有意に増加しました。 LS-BMDおよびFN-BMDは、それぞれベースラインTRACP-5bまたはBAPおよびeGFRと有意に相関しました。結論:低eGFRと高骨代謝回転の両方が、デノスマブ誘発cCa減少およびBMD増加の独立した危険因子でした。再吸収抑制剤による前治療は、低カルシウム血症のリスクを減らす可能性がある。

    DOI: 10.1007/s00198-018-4688-1

    PubMed

  • Insulin Resistance Associated with Plasma Xanthine Oxidoreductase Activity Independent of Visceral Adiposity and Adiponectin Level: MedCity21 Health Examination Registry. 査読

    Kurajoh M, Fukumoto S, Murase T, Nakamura T, Ishihara T, Go H, Yamamoto K, Nakatani S, Tsuda A, Morioka T, Mori K, Imanishi Y, Inaba M, Emoto M

    International journal of endocrinology   2019   1762161 - 1762161   2019年( ISSN:1687-8337

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1155/2019/1762161

    PubMed

  • Association of heterogeneity of the thyroid gland with matrix metalloproteinase-3 in rheumatoid arthritis patients with Hashimoto's thyroiditis 査読

    Nagasaki Toshiki, Nagata Yuki, Wakita Yosuke, Yamada Shinsuke, Goto Hitoshi, Imanishi Yasuo, Onoda Naoyoshi, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    MINERVA ENDOCRINOLOGICA   43 ( 4 )   398 - 405   2018年12月( ISSN:0391-1977

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    橋本甲状腺炎(HT)は、関節リウマチ(RA)の患者で非常に流行しています。目的は、関節の破壊とRA活性を予測するマーカーであるマトリックスメタロプロテイナーゼ3(MMP-3)に焦点を当て、それらの関係を決定することです。方法:53人の連続したRA患者は、HTの有無に基づいて前向きに2つのグループに分けられました。 TPO-AbまたはTg-Abを含むものと含まないもの(それぞれ34.0%と66.0%)。甲状腺の炎症と破壊の程度を推定するために、異質性指数(HI)を超音波検査で決定しました。結果:男性/女性比、TSHおよびHIは、HTを使用した場合よりも使用しなかった場合の方が有意に高かった(5/13対7/28、P = 0.047、平均+/- SE; 7.25 +/- 0.69 vs.2.52 +/- 0.30 mIU / L、P <0.001; 3.8 +/- 0.2 vs.3.2 +/- 0.2%、それぞれP = 0.042)、MMP-3に違いはありませんでした。 HTの患者では、MMP-3はFT3と負の相関があり(rho = -0.545、P = 0.048)、TPO-AbおよびHIと正の相関がありました(それぞれrho = 0.735、P = 0.02、rho = 0.769、P = 0.01)。その中で、HIはMMP-3と正に関連する重要な因子でした(r = 0.883、F = 31.91)。結論:本研究は、HTのRA患者におけるHIの有意な増加とHIとMMP-3の関連を示した。これらの発見は、甲状腺の炎症と破壊がRAの現在の活動と末端関節破壊と密接に関連している可能性があることを示唆した。

    DOI: 10.23736/S0391-1977.18.02725-6

    PubMed

  • Association of heterogeneity of the thyroid gland with matrix metalloproteinase-3 in rheumatoid arthritis patients with Hashimoto's thyroiditis. 査読

    Nagasaki T, Nagata Y, Wakita Y, Yamada S, Goto H, Imanishi Y, Onoda N, Emoto M, Inaba M

    Minerva endocrinologica   43 ( 4 )   398 - 405   2018年12月( ISSN:0391-1977

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    橋本甲状腺炎(HT)は、関節リウマチ(RA)の患者で非常に流行しています。目的は、関節の破壊とRA活性を予測するマーカーであるマトリックスメタロプロテイナーゼ3(MMP-3)に焦点を当て、それらの関係を決定することです。方法:53人の連続したRA患者は、HTの有無に基づいて前向きに2つのグループに分けられました。 TPO-AbまたはTg-Abを含むものと含まないもの(それぞれ34.0%と66.0%)。甲状腺の炎症と破壊の程度を推定するために、異質性指数(HI)を超音波検査で決定しました。結果:男性/女性比、TSHおよびHIは、HTを使用した場合よりも使用しなかった場合の方が有意に高かった(5/13対7/28、P = 0.047、平均+/- SE; 7.25 +/- 0.69 vs.2.52 +/- 0.30 mIU / L、P <0.001; 3.8 +/- 0.2 vs.3.2 +/- 0.2%、それぞれP = 0.042)、MMP-3に違いはありませんでした。 HTの患者では、MMP-3はFT3と負の相関があり(rho = -0.545、P = 0.048)、TPO-AbおよびHIと正の相関がありました(それぞれrho = 0.735、P = 0.02、rho = 0.769、P = 0.01)。その中で、HIはMMP-3と正に関連する重要な因子でした(r = 0.883、F = 31.91)。結論:本研究は、HTのRA患者におけるHIの有意な増加とHIとMMP-3の関連を示した。これらの発見は、甲状腺の炎症と破壊がRAの現在の活動と末端関節破壊と密接に関連している可能性があることを示唆した。

    DOI: 10.23736/S0391-1977.18.02725-6

    PubMed

  • A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled, Phase 3 Trial Evaluating the Efficacy of Burosumab, an Anti-FGF23 Antibody, in Adults With X-Linked Hypophosphatemia: Week 24 Primary Analysis 査読 国際共著

    Insogna Karl L., Briot Karine, Imel Erik A., Kamenicky Peter, Ruppe Mary D., Portale Anthony A., Weber Thomas, Pitukcheewanont Pisit, Cheong Hae Il, de Beur Suzanne Jan, Imanishi Yasuo, Ito Nobuaki, Lachmann Robin H., Tanaka Hiroyuki, Perwad Farzana, Zhang Lin, Chen Chao-Yin, Theodore-Oklota Christina, Mealiffe Matt, Martin Javier San, Carpenter Thomas O.

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   33 ( 8 )   1383 - 1393   2018年08月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    X連鎖低リン血症(XLH)では、PHEX遺伝子の遺伝性機能喪失変異により、線維芽細胞成長因子23(FGF23)の過剰な循環レベルが引き起こされ、生涯にわたる腎リン酸消耗と低リン血症が引き起こされます。 XLHの成人は、慢性の筋骨格痛とこわばり、低身長、下肢の変形、骨折、骨軟化症、加速性変形性関節症、歯の膿瘍、および関節症による偽骨折を呈します。完全ヒトモノクローナル抗体であるブロスマブは、FGF23に結合して阻害し、低リン血症を矯正します。このレポートは、XLHの症候性成人におけるブロスマブの二重盲検プラセボ対照第3相試験の結果をまとめたものです。低リン血症と痛みのある参加者は、ブロスマブ1 mg / kg(n = 68)またはプラセボ(n = 66)に4週間ごと(Q4W)に1:1で割り当てられ、ベースラインで同等でした。投与間隔の中間点で、ブロスマブ治療を受けた参加者の94.1%が、プラセボを受けた患者の7.6%と比較して、正常の下限を超える平均血清リン濃度を達成しました(p <0.001)。ブロスマブは、オンタリオ州西部および変形性関節症指数(WOMAC)剛性サブスケールをプラセボと比較して大幅に減少させました(最小二乗[LS]平均+/-標準誤差[SE]差、-8.1 +/- 3.24; p = 0.012)。 WOMAC身体機能サブスケール(-4.9 +/- 2.48; p = 0.048)および簡易疼痛インベントリの最悪の痛み(-0.5 +/- 0.28; p = 0.092)の減少は、Hochberg多重度調整後に統計的有意性を達成しませんでした。 24週目に、ベースラインの活動性骨折の43.1%(ブロスマブ)および7.7%(プラセボ)が完全に治癒しました。ブロスマブ群の治癒した骨折の確率は、プラセボ群のそれよりも16.8倍大きかった(p <0.001)。骨形成と吸収の生化学的マーカーは、プラセボと比較して、ブロスマブ治療でベースラインから著しく増加しました。ブロスマブの安全性プロファイルはプラセボと同様でした。治療関連の重篤な有害事象や、血清または尿のカルシウム、無傷の副甲状腺ホルモン、または腎石灰化のベースラインからの有意な変化はありませんでした。これらのデータは、ブロスマブがXLHの成人の重要な医療ニーズに対処する新規治療薬であるという結論を裏付けた。

  • A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled, Phase 3 Trial Evaluating the Efficacy of Burosumab, an Anti-FGF23 Antibody, in Adults With X-Linked Hypophosphatemia: Week 24 Primary Analysis 査読

    Insogna Karl L, Briot Karine, Imel Erik A, Kamenicky Peter, Ruppe Mary D, Portale Anthony A, Weber Thomas, Pitukcheewanont Pisit, Cheong Hae Il, de Beur Suzanne Jan, Imanishi Yasuo, Ito Nobuaki, Lachmann Robin H, Tanaka Hiroyuki, Perwad Farzana, Zhang Lin, Chen Chao-Yin, Theodore-Oklota Christina, Mealiffe Matt, Martin Javier San, Carpenter Thomas O

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   33 ( 8 )   1383 - 1393   2018年08月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    X連鎖低リン血症(XLH)では、PHEX遺伝子の遺伝性機能喪失変異により、線維芽細胞成長因子23(FGF23)の過剰な循環レベルが引き起こされ、生涯にわたる腎リン酸消耗と低リン血症が引き起こされます。 XLHの成人は、慢性の筋骨格痛とこわばり、低身長、下肢の変形、骨折、骨軟化症、加速性変形性関節症、歯の膿瘍、および関節症による偽骨折を呈します。完全ヒトモノクローナル抗体であるブロスマブは、FGF23に結合して阻害し、低リン血症を矯正します。このレポートは、XLHの症候性成人におけるブロスマブの二重盲検プラセボ対照第3相試験の結果をまとめたものです。低リン血症と痛みのある参加者は、ブロスマブ1 mg / kg(n = 68)またはプラセボ(n = 66)に4週間ごと(Q4W)に1:1で割り当てられ、ベースラインで同等でした。投与間隔の中間点で、ブロスマブ治療を受けた参加者の94.1%が、プラセボを受けた患者の7.6%と比較して、正常の下限を超える平均血清リン濃度を達成しました(p <0.001)。ブロスマブは、オンタリオ州西部および変形性関節症指数(WOMAC)剛性サブスケールをプラセボと比較して大幅に減少させました(最小二乗[LS]平均+/-標準誤差[SE]差、-8.1 +/- 3.24; p = 0.012)。 WOMAC身体機能サブスケール(-4.9 +/- 2.48; p = 0.048)および簡易疼痛インベントリの最悪の痛み(-0.5 +/- 0.28; p = 0.092)の減少は、Hochberg多重度調整後に統計的有意性を達成しませんでした。 24週目に、ベースラインの活動性骨折の43.1%(ブロスマブ)および7.7%(プラセボ)が完全に治癒しました。ブロスマブ群の治癒した骨折の確率は、プラセボ群のそれよりも16.8倍大きかった(p <0.001)。骨形成と吸収の生化学的マーカーは、プラセボと比較して、ブロスマブ治療でベースラインから著しく増加しました。ブロスマブの安全性プロファイルはプラセボと同様でした。治療関連の重篤な有害事象や、血清または尿のカルシウム、無傷の副甲状腺ホルモン、または腎石灰化のベースラインからの有意な変化はありませんでした。これらのデータは、ブロスマブがXLHの成人の重要な医療ニーズに対処する新規治療薬であるという結論を裏付けた。

  • A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled, Phase 3 Trial Evaluating the Efficacy of Burosumab, an Anti-FGF23 Antibody, in Adults With X-Linked Hypophosphatemia: Week 24 Primary Analysis 査読

    Insogna Karl L, Briot Karine, Imel Erik A, Kamenicky Peter, Ruppe Mary D, Portale Anthony A, Weber Thomas, Pitukcheewanont Pisit, Cheong Hae Il, de Beur Suzanne Jan, Imanishi Yasuo, Ito Nobuaki, Lachmann Robin H, Tanaka Hiroyuki, Perwad Farzana, Zhang Lin, Chen Chao-Yin, Theodore-Oklota Christina, Mealiffe Matt, Martin Javier San, Carpenter Thomas O

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   33 ( 8 )   1383 - 1393   2018年08月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    X連鎖低リン血症(XLH)では、PHEX遺伝子の遺伝性機能喪失変異により、線維芽細胞成長因子23(FGF23)の過剰な循環レベルが引き起こされ、生涯にわたる腎リン酸消耗と低リン血症が引き起こされます。 XLHの成人は、慢性の筋骨格痛とこわばり、低身長、下肢の変形、骨折、骨軟化症、加速性変形性関節症、歯の膿瘍、および関節症による偽骨折を呈します。完全ヒトモノクローナル抗体であるブロスマブは、FGF23に結合して阻害し、低リン血症を矯正します。このレポートは、XLHの症候性成人におけるブロスマブの二重盲検プラセボ対照第3相試験の結果をまとめたものです。低リン血症と痛みのある参加者は、ブロスマブ1 mg / kg(n = 68)またはプラセボ(n = 66)に4週間ごと(Q4W)に1:1で割り当てられ、ベースラインで同等でした。投与間隔の中間点で、ブロスマブ治療を受けた参加者の94.1%が、プラセボを受けた患者の7.6%と比較して、正常の下限を超える平均血清リン濃度を達成しました(p <0.001)。ブロスマブは、オンタリオ州西部および変形性関節症指数(WOMAC)剛性サブスケールをプラセボと比較して大幅に減少させました(最小二乗[LS]平均+/-標準誤差[SE]差、-8.1 +/- 3.24; p = 0.012)。 WOMAC身体機能サブスケール(-4.9 +/- 2.48; p = 0.048)および簡易疼痛インベントリの最悪の痛み(-0.5 +/- 0.28; p = 0.092)の減少は、Hochberg多重度調整後に統計的有意性を達成しませんでした。 24週目に、ベースラインの活動性骨折の43.1%(ブロスマブ)および7.7%(プラセボ)が完全に治癒しました。ブロスマブ群の治癒した骨折の確率は、プラセボ群のそれよりも16.8倍大きかった(p <0.001)。骨形成と吸収の生化学的マーカーは、プラセボと比較して、ブロスマブ治療でベースラインから著しく増加しました。ブロスマブの安全性プロファイルはプラセボと同様でした。治療関連の重篤な有害事象や、血清または尿のカルシウム、無傷の副甲状腺ホルモン、または腎石灰化のベースラインからの有意な変化はありませんでした。これらのデータは、ブロスマブがXLHの成人の重要な医療ニーズに対処する新規治療薬であるという結論を裏付けた。

  • A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled, Phase 3 Trial Evaluating the Efficacy of Burosumab, an Anti-FGF23 Antibody, in Adults With X-Linked Hypophosphatemia: Week 24 Primary Analysis.

    Insogna KL, Briot K, Imel EA, Kamenický P, Ruppe MD, Portale AA, Weber T, Pitukcheewanont P, Cheong HI, Jan de Beur S, Imanishi Y, Ito N, Lachmann RH, Tanaka H, Perwad F, Zhang L, Chen CY, Theodore-Oklota C, Mealiffe M, San Martin J, Carpenter TO, AXLES 1 Investigators

    Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research   33 ( 8 )   1383 - 1393   2018年08月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

  • <b>人間ドック受診者におけるキサンチン酸化還元酵素活性と</b><b>糖代謝との関連</b>

    藏城 雅文, 福本 真也, 永田 友貴, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 元山 宏華, 森岡 与明, 山田 真介, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 平田 一人, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 稲葉 雅章

    痛風と核酸代謝   42 ( 1 )   102   2018年07月( ISSN:13449796

     詳細を見る

  • Association of Decreased Handgrip Strength with Reduced Cortical Thickness in Japanese Female Patients with Type 2 Diabetes Mellitus 査読

    Nakamura Miyuki, Inaba Masaaki, Yamada Shinsuke, Ozaki Etsuko, Maruo Saori, Okuno Senji, Imanishi Yasuo, Kuriyama Nagato, Watanabe Yoshiyuki, Emoto Masanori, Motoyama Koka

    SCIENTIFIC REPORTS   8 ( 1 )   10767   2018年07月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    定量的な超音波デバイスであるLD-100により、皮質の厚さ(CoTh)を測定できます。 2型糖尿病(T2DM)の患者は、サルコペニアの高い有病率を示します。本研究の目的は、DMの骨折の主要なリスクである皮質の粗鬆症と握力(HGS)の関係を明らかにすることでした。 5.5%遠位半径でのCoThおよび骨梁骨密度(TrBMD)は、LD-100によってT2DM女性患者(n = 122)および非DM女性対照(n = 704)で評価されました。 40歳以上のT2DM患者は、非DMの患者よりも大幅に低いHGSとCoThを示したが、TrBMDは示さなかった。 HGSはT2DM患者のCoThおよびTrBMDと有意に正の相関を示しましたが、多変量解析により、T2DM患者のTrBMDではなくCoThに正に関連する独立因子としてHGSが明らかになりました。 T2DM女性患者の成分。結論として、本研究は、T2DM患者のTrBMDではなく、より薄いCoThに独立して関連する40歳以降の非DM健常対照と比較して、T2DMの女性患者でHGSの早期低下を実証し、したがって、 DMに関連する筋力の低下は、DM患者の皮質性粗鬆症発症の主な要因である可能性がある。

    DOI: 10.1038/s41598-018-29061-x

    PubMed

  • Association of Decreased Handgrip Strength with Reduced Cortical Thickness in Japanese Female Patients with Type 2 Diabetes Mellitus. 査読

    Nakamura M, Inaba M, Yamada S, Ozaki E, Maruo S, Okuno S, Imanishi Y, Kuriyama N, Watanabe Y, Emoto M, Motoyama K

    Scientific reports   8 ( 1 )   10767 - 10767   2018年07月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    定量的な超音波デバイスであるLD-100により、皮質の厚さ(CoTh)を測定できます。 2型糖尿病(T2DM)の患者は、サルコペニアの高い有病率を示します。本研究の目的は、DMの骨折の主要なリスクである皮質の粗鬆症と握力(HGS)の関係を明らかにすることでした。 5.5%遠位半径でのCoThおよび骨梁骨密度(TrBMD)は、LD-100によってT2DM女性患者(n = 122)および非DM女性対照(n = 704)で評価されました。 40歳以上のT2DM患者は、非DMの患者よりも大幅に低いHGSとCoThを示したが、TrBMDは示さなかった。 HGSはT2DM患者のCoThおよびTrBMDと有意に正の相関を示しましたが、多変量解析により、T2DM患者のTrBMDではなくCoThに正に関連する独立因子としてHGSが明らかになりました。 T2DM女性患者の成分。結論として、本研究は、T2DM患者のTrBMDではなく、より薄いCoThに独立して関連する40歳以降の非DM健常対照と比較して、T2DMの女性患者でHGSの早期低下を実証し、したがって、 DMに関連する筋力の低下は、DM患者の皮質性粗鬆症発症の主な要因である可能性がある。

    DOI: 10.1038/s41598-018-29061-x

    PubMed

  • Development of hyperkalemia following treatment with dapagliflozin (DAPA) in a patient with type 2 diabetes after bilateral adrenalectomy 査読

    Miyaoka Daichi, Tsuda Akihiro, Hayashi Noriyuki, Toi Norikazu, Yamasaki Akiyo, Nagata Yuki, Nakatani Shinya, Kurajoh Masafumi, Yamada Shinsuke, Morioka Tomoaki, Imanishi Yasuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    CEN CASE REPORTS   7 ( 1 )   29 - 33   2018年05月( ISSN:2192-4449

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    ナトリウム-グルコース共輸送体2(SGLT2)阻害剤であるダパグリフロジン(DAPA)は、血糖降下作用に加えて有益な利尿作用を有することが知られています。 SGLT2阻害剤が報告されているが、レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(RAAS)阻害剤で治療された患者の高カリウム血症の増加は、その作用機序は不明である。 DAPAの投与後に高カリウム血症を発症した潜在的なミネラルコルチコイド欠乏症の2型糖尿病(T2DM)患者の最初の症例を報告します。 79歳の女性は、クッシング病の手術不能な再発のために、制御不能なコルチゾール亢進のために両側副腎摘出術を受け、その後、彼女はグルココルチコイドによる補充療法で維持されました。彼女は71歳でT2DMであると診断され、シタグリプチンとミグリトールで治療されました。彼女は6か月で約5 kgの体重増加を示し、HbAlcレベルが12%を超えて増加したため、毎日のレジメンに5 mg /日DAPAが追加されました。 DAPA治療の開始後、彼女は53.1 ng / mL / hの血漿レニン活性の増加を伴う高カリウム血症(6.5 mEq / L)を発症しました。彼女はアルドステロン欠乏症と診断され、毎日0.1mgのフルドロコルチゾンを開始しました。その後、高カリウム血症はすぐに改善しました。この場合、DAPA治療は、ミネラルコルチコイド補充の必要性を潜在的に増加させる可能性があり、SGLT2阻害が誘発するナトリウム利尿作用には、血清カリウムレベルを正常範囲内に維持するために不可欠なRAAS軸の代償的活性化が伴うことを直接示唆しています。したがって、SGLT2とRAAS阻害薬を併用する場合、医師は患者の高カリウム血症の発生に注意する必要がある。

    DOI: 10.1007/s13730-017-0286-x

    PubMed

  • Increased Bone Mineral Density and Improved Metabolic Bone Markers in Patients with Hypophosphatemic Rickets/Osteomalacia Treated with the Calcimimetic, Cinacalcet 査読

    Hayashi N, Imanishi Y, Ohara M, Miyaoka D, Nagata Y, Emoto M, Inaba M

    J Orthop Ther   2018 ( 5 )   1   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国際誌  

    低リン血症性くる病/骨軟化症は、腎のリン酸塩の消耗と低い1,25-ジヒドロキシビタミンDレベルを特徴とするまれな疾患であり、低リン血症と異常な骨石灰化を引き起こします。患者は通常、ビタミンD受容体活性化因子(VDRA)で治療されますが、高カルシウム血症や高カルシウム尿症などの副作用のため、投与が制限されることがよくあります。この研究の目的は、低リン血症性くる病/骨軟化症の4人の成人患者の治療における2年間にわたるカルシウム擬態薬シナカルセトの有効性を評価することでした。患者はVDRA(アルファカルシドール)療法を継続し、シナカルセト投与前に高カルシウム血症または高カルシウム尿症が存在しないように用量を調整しました。これらの線量は1年目は固定されていましたが、2年目に調整することができました。初年度、シナカルセト25 mg /日は、血清副甲状腺ホルモン(PTH)およびカルシウム(Ca)レベルをそれぞれ46%および9%減少させました。血清PTHレベルの低下により、糸球体濾過率に対する尿細管の最大再吸収が112%増加しました。その結果、血清リンレベルは38%増加しました。血清Caレベルの低下により、アルファカルシドールの平均用量を2年目に2.4±1.3から3.3±1.1μg/日に増加させることができました。血清骨特異的アルカリホスファターゼレベルの低下は、骨芽細胞の成熟と骨石灰化の改善を示しました。さらに、シナカルセットの投与により、腰椎と大腿骨の骨密度がそれぞれ26%と16%増加しました。これらのデータの解釈は少数の参加者とコントロールの欠如によって制限されていますが、我々の結果は、低リン血症性くる病/骨軟化症の患者に対するこの新しい治療アプローチの可能性を示した。

    DOI: 10.29011/2575-8241. 000099

  • Increased Bone Mineral Density and Improved Metabolic Bone Markers in Patients with Hypophosphatemic Rickets/Osteomalacia Treated with the Calcimimetic, Cinacalcet 査読

    Hayashi N, Imanishi Y, Ohara M, Miyaoka D, Nagata Y, Emoto M, Inaba M

    J Orthop Ther   2018 ( 5 )   1   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    低リン血症性くる病/骨軟化症は、腎のリン酸塩の消耗と低い1,25-ジヒドロキシビタミンDレベルを特徴とするまれな疾患であり、低リン血症と異常な骨石灰化を引き起こします。患者は通常、ビタミンD受容体活性化因子(VDRA)で治療されますが、高カルシウム血症や高カルシウム尿症などの副作用のため、投与が制限されることがよくあります。この研究の目的は、低リン血症性くる病/骨軟化症の4人の成人患者の治療における2年間にわたるカルシウム擬態薬シナカルセトの有効性を評価することでした。患者はVDRA(アルファカルシドール)療法を継続し、シナカルセト投与前に高カルシウム血症または高カルシウム尿症が存在しないように用量を調整しました。これらの線量は1年目は固定されていましたが、2年目に調整することができました。初年度、シナカルセト25 mg /日は、血清副甲状腺ホルモン(PTH)およびカルシウム(Ca)レベルをそれぞれ46%および9%減少させました。血清PTHレベルの低下により、糸球体濾過率に対する尿細管の最大再吸収が112%増加しました。その結果、血清リンレベルは38%増加しました。血清Caレベルの低下により、アルファカルシドールの平均用量を2年目に2.4±1.3から3.3±1.1μg/日に増加させることができました。血清骨特異的アルカリホスファターゼレベルの低下は、骨芽細胞の成熟と骨石灰化の改善を示しました。さらに、シナカルセットの投与により、腰椎と大腿骨の骨密度がそれぞれ26%と16%増加しました。これらのデータの解釈は少数の参加者とコントロールの欠如によって制限されていますが、我々の結果は、低リン血症性くる病/骨軟化症の患者に対するこの新しい治療アプローチの可能性を示した。

    DOI: 10.29011/2575-8241.

  • 両側性副腎摘出術後の2型糖尿病患者におけるダパグリフロジン(DAPA)治療後の高カリウム血症の発現(Development of hyperkalemia following treatment with dapagliflozin(DAPA) in a patient with type 2 diabetes after bilateral adrenalectomy)

    Miyaoka Daichi, Tsuda Akihiro, Hayashi Noriyuki, Toi Norikazu, Yamasaki Akiyo, Nagata Yuki, Nakatani Shinya, Kurajoh Masafumi, Yamada Shinsuke, Morioka Tomoaki, Imanishi Yasuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    CEN Case Reports   7 ( 1 )   29 - 33   2018年05月

     詳細を見る

    症例は79歳女性で、70歳時に手術不能のクッシング病再発によるコントロール不良の副腎皮質機能亢進症に対して両側性副腎摘出術を行い、術後はグルココルチコイド補充療法を行っていた。71歳時に2型糖尿病と診断され、シタグリプチンとミグリトールによる治療を行った。79歳時に6ヵ月間で体重が約5kg増加し、HbA1c>12%となったため、来院した。ダパグリフロジン(DAPA)5mg/日を追加すると、高カリウム血症が出現し(6.5mEq/L)、血漿レニン活性が53.1ng/mL/時に上昇した。アルドステロン欠乏症と診断し、フルドロコルチゾン0.1mg/日を開始すると、翌日の血清カリウムは5.8mEq/Lに低下し、7日後には血清カリウム4.0mEq/L、血漿レニン活性5.8ng/mL/時となった。

  • Development of hyperkalemia following treatment with dapagliflozin (DAPA) in a patient with type 2 diabetes after bilateral adrenalectomy. 査読

    Miyaoka D, Tsuda A, Hayashi N, Toi N, Yamasaki A, Nagata Y, Nakatani S, Kurajoh M, Yamada S, Morioka T, Imanishi Y, Emoto M, Inaba M

    CEN case reports   7 ( 1 )   29 - 33   2018年05月( ISSN:2192-4449

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ナトリウム-グルコース共輸送体2(SGLT2)阻害剤であるダパグリフロジン(DAPA)は、血糖降下作用に加えて有益な利尿作用を有することが知られています。 SGLT2阻害剤が報告されているが、レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(RAAS)阻害剤で治療された患者の高カリウム血症の増加は、その作用機序は不明である。 DAPAの投与後に高カリウム血症を発症した潜在的なミネラルコルチコイド欠乏症の2型糖尿病(T2DM)患者の最初の症例を報告します。 79歳の女性は、クッシング病の手術不能な再発のために、制御不能なコルチゾール亢進のために両側副腎摘出術を受け、その後、彼女はグルココルチコイドによる補充療法で維持されました。彼女は71歳でT2DMであると診断され、シタグリプチンとミグリトールで治療されました。彼女は6か月で約5 kgの体重増加を示し、HbAlcレベルが12%を超えて増加したため、毎日のレジメンに5 mg /日DAPAが追加されました。 DAPA治療の開始後、彼女は53.1 ng / mL / hの血漿レニン活性の増加を伴う高カリウム血症(6.5 mEq / L)を発症しました。彼女はアルドステロン欠乏症と診断され、毎日0.1mgのフルドロコルチゾンを開始しました。その後、高カリウム血症はすぐに改善しました。この場合、DAPA治療は、ミネラルコルチコイド補充の必要性を潜在的に増加させる可能性があり、SGLT2阻害が誘発するナトリウム利尿作用には、血清カリウムレベルを正常範囲内に維持するために不可欠なRAAS軸の代償的活性化が伴うことを直接示唆しています。したがって、SGLT2とRAAS阻害薬を併用する場合、医師は患者の高カリウム血症の発生に注意する必要がある。

    DOI: 10.1007/s13730-017-0286-x

    PubMed

  • Increased Bone Mineral Density and Improved Metabolic Bone Markers in Patients with Hypophosphatemic Rickets/Osteomalacia Treated with the Calcimimetic, Cinacalcet 査読

    Hayashi N, Imanishi Y, Ohara M, Miyaoka D, Nagata Y, Emoto M, Inaba M

    J Orthop Ther   2018 ( 5 )   1   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    低リン血症性くる病/骨軟化症は、腎のリン酸塩の消耗と低い1,25-ジヒドロキシビタミンDレベルを特徴とするまれな疾患であり、低リン血症と異常な骨石灰化を引き起こします。患者は通常、ビタミンD受容体活性化因子(VDRA)で治療されますが、高カルシウム血症や高カルシウム尿症などの副作用のため、投与が制限されることがよくあります。この研究の目的は、低リン血症性くる病/骨軟化症の4人の成人患者の治療における2年間にわたるカルシウム擬態薬シナカルセトの有効性を評価することでした。患者はVDRA(アルファカルシドール)療法を継続し、シナカルセト投与前に高カルシウム血症または高カルシウム尿症が存在しないように用量を調整しました。これらの線量は1年目は固定されていましたが、2年目に調整することができました。初年度、シナカルセト25 mg /日は、血清副甲状腺ホルモン(PTH)およびカルシウム(Ca)レベルをそれぞれ46%および9%減少させました。血清PTHレベルの低下により、糸球体濾過率に対する尿細管の最大再吸収が112%増加しました。その結果、血清リンレベルは38%増加しました。血清Caレベルの低下により、アルファカルシドールの平均用量を2年目に2.4±1.3から3.3±1.1μg/日に増加させることができました。血清骨特異的アルカリホスファターゼレベルの低下は、骨芽細胞の成熟と骨石灰化の改善を示しました。さらに、シナカルセットの投与により、腰椎と大腿骨の骨密度がそれぞれ26%と16%増加しました。これらのデータの解釈は少数の参加者とコントロールの欠如によって制限されていますが、我々の結果は、低リン血症性くる病/骨軟化症の患者に対するこの新しい治療アプローチの可能性を示した。

    DOI: 10.29011/2575-8241.

  • Association of cystatin C- and creatinine-based eGFR with osteoporotic fracture in Japanese postmenopausal women with osteoporosis: sarcopenia as risk for fracture. 査読

    Kurajoh M, Inaba M, Nagata Y, Yamada S, Imanishi Y, Emoto M

    Journal of bone and mineral metabolism   37 ( 2 )   282 - 291   2018年02月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    慢性腎臓病(CKD)の共存は、副甲状腺ホルモンレベルの増加だけでなく尿毒症性サルコペニアも原因で、特に閉経後の女性の骨粗鬆症による骨折のリスクと見なされています。シスタチンCベース糸球体ろ過率(eGFRcys)とクレアチニンベースGFR(eGFRcr)の関係、ならびに閉経後骨粗鬆症女性における骨粗鬆症性骨折の発生率との関係を調べた。この横断研究には、骨粗鬆症の閉経後女性555人が含まれていました。 eGFRcrとeGFRcysは同時に測定され、骨粗鬆症性骨折の発生はカルテレビューによって得られました。骨粗鬆症性骨折患者(n = 211)は、身体活動レベル、eGFRcr、eGFRcys、eGFRcys / eGFRcr比が有意に低かったが、eGFRcrまたはeGFRcys(CKDcys)によって推定されるCKDステージ3以上の割合が高かった(n = 344)。低いeGFRcrではなく、低いeGFRcysがコホート全体で骨粗鬆症性骨折と独立して関連しており、CKDcys患者ではその関連が保持されていました。非常に興味深いことに、CKDcys患者のeGFRcysとは無関係に、より高いeGFRcrが骨粗鬆症性骨折と関連していた。さらに、低いeGFRcys / eGFRcr比は、CKDcys患者とコホート全体の両方で、骨粗鬆症性骨折と独立して関連していた。 eGFRcysの減少は、閉経後の骨粗鬆症の女性の骨粗鬆症による骨折と関連している可能性があり、腎オステオパシーがその発生に関与していることを示しています。さらに、CKDcys症例における骨粗鬆症性骨折との高いではあるが低いわけではないeGFRcrの関連は、これらの患者の筋肉量と質の低下に起因するeGFRcrによる腎機能障害の過小評価によって説明されるかもしれない。

    DOI: 10.1007/s00774-018-0913-4

    PubMed

  • Strict Phosphorus-Restricted Diet Causes Hypophosphatemic Osteomalacia in a Patient With Chronic Kidney Disease 査読

    Nagata Yuki, Imanishi Yasuo, Hayashi Noriyuki, Miyaoka Daichi, Ohara Masaya, Kurajoh Masafumi, Yamada Shinsuke, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF THE ENDOCRINE SOCIETY   2 ( 2 )   166 - 171   2018年02月( ISSN:2472-1972

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    慢性腎疾患(CKD)の患者は、リン排泄障害がCKDの高リン血症を誘発し、ミネラルおよび骨の障害、心血管疾患、死亡率を増加させるため、リン制限食に従う必要があります。ただし、CKD患者のリン制限食によって引き起こされる低リン酸塩性骨軟化症は報告されていません。ここでは、厳格なリン制限食からのリン欠乏が原因で低リン血症が骨軟化症を引き起こしたCKD患者を報告します。患者(CKDステージG3b;推定糸球体ろ過率、31.5 mL / min / 1.73 m(2))骨痛、筋力低下、および複数の脆弱性骨折を呈した。彼女は重度の骨粗鬆症と診断され、リセドロン酸ナトリウムと1α-ヒドロキシビタミンD3(アルファカルシドール)で治療されていました。臨床検査では、低リン血症を伴う低リン血症(1.7 mg / dL)が示されました。血清線維芽細胞成長因子23(FGF23)は3 pg / mL未満でした。放射線学的研究は複数の骨折を示し、骨組織学と腸骨稜の形態計測は、すべての類骨関連パラメーターの顕著な増加を伴う大量の類骨を示した。アルファカルシドールの連続投与にもかかわらず、低リン酸塩性骨軟化症は改善しませんでした。患者は厳密なリン制限食を維持し、臨床検査ではリン欠乏症を伴う骨軟化症が示されました。リン補給は、骨代謝マーカーの改善と並行して、彼女の症状と病理学的骨折を改善しました。さらに、腰椎の骨塩密度が増加し、石灰化していない骨組織の石灰化が示唆されました。これは、CKD患者における厳格なリン制限食とその後のリン欠乏によって誘発される低リン血症性骨軟化症のユニークなケースであると結論付けました。組織形態計測により、類骨およびリンの補充が著しく増加し、症状、骨折、骨代謝マーカーが改善されたことが明らかとなった。

    DOI: 10.1210/js.2017-00335

  • Strict Phosphorus-Restricted Diet Causes Hypophosphatemic Osteomalacia in a Patient With Chronic Kidney Disease 査読

    Nagata Yuki, Imanishi Yasuo, Hayashi Noriyuki, Miyaoka Daichi, Ohara Masaya, Kurajoh Masafumi, Yamada Shinsuke, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF THE ENDOCRINE SOCIETY   2 ( 2 )   166 - 171   2018年02月( ISSN:2472-1972

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    慢性腎疾患(CKD)の患者は、リン排泄障害がCKDの高リン血症を誘発し、ミネラルおよび骨の障害、心血管疾患、死亡率を増加させるため、リン制限食に従う必要があります。ただし、CKD患者のリン制限食によって引き起こされる低リン酸塩性骨軟化症は報告されていません。ここでは、厳格なリン制限食からのリン欠乏が原因で低リン血症が骨軟化症を引き起こしたCKD患者を報告します。患者(CKDステージG3b;推定糸球体ろ過率、31.5 mL / min / 1.73 m(2))骨痛、筋力低下、および複数の脆弱性骨折を呈した。彼女は重度の骨粗鬆症と診断され、リセドロン酸ナトリウムと1α-ヒドロキシビタミンD3(アルファカルシドール)で治療されていました。臨床検査では、低リン血症を伴う低リン血症(1.7 mg / dL)が示されました。血清線維芽細胞成長因子23(FGF23)は3 pg / mL未満でした。放射線学的研究は複数の骨折を示し、骨組織学と腸骨稜の形態計測は、すべての類骨関連パラメーターの顕著な増加を伴う大量の類骨を示した。アルファカルシドールの連続投与にもかかわらず、低リン酸塩性骨軟化症は改善しませんでした。患者は厳密なリン制限食を維持し、臨床検査ではリン欠乏症を伴う骨軟化症が示されました。リン補給は、骨代謝マーカーの改善と並行して、彼女の症状と病理学的骨折を改善しました。さらに、腰椎の骨塩密度が増加し、石灰化していない骨組織の石灰化が示唆されました。これは、CKD患者における厳格なリン制限食とその後のリン欠乏によって誘発される低リン血症性骨軟化症のユニークなケースであると結論付けました。組織形態計測により、類骨およびリンの補充が著しく増加し、症状、骨折、骨代謝マーカーが改善されたことが明らかとなった。

    DOI: 10.1210/js.2017-00335

  • Association of BAP with urinary albumin excretion in postmenopausal, but not premenopausal, non-CKD Japanese women 査読

    Ozaki Etsuko, Yamada Shinsuke, Kuriyama Nagato, Matsui Daisuke, Watanabe Isao, Koyama Teruhide, Imanishi Yasuo, Inaba Masaaki, Watanabe Yoshiyuki

    SCIENTIFIC REPORTS   8 ( 1 )   82   2018年01月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    循環におけるリン酸塩(Pi)負荷が非CKD女性の腎障害を引き起こすかどうかを調査しました。この横断研究には、1,094人の非CKD日本人女性が含まれていました。 Pi負荷のパラメーターとしての線維芽細胞成長因子(FGF)-23、骨代謝マーカーとしての骨アルカリホスファターゼ(BAP)、および腎損傷の初期マーカーとしての尿中アルブミン/クレアチニン比(UACR)を測定しました。閉経後の女性は、閉経前の女性よりも有意に高いレベルの血清Pi、FGF-23、BAP、およびUACRを示し、eGFRは有意に低かった。閉経後の女性では、重回帰分析により、血清BAPとlog UACRの相関が確認されました。閉経前の女性では、血清FGF-23はlog UACRと相関していませんでしたが、重回帰分析によりFGF-23がlog UACRと相関していることが明らかになりました。 BAPで観察された増加と、閉経後の女性のlog UACRとの密接な関係に基づいて、骨からのPiの放出は、腎および血管の損傷を誘発する可能性があるPiの全身循環にリンクしている可能性があります。したがって、血清FGF-23は閉経前の女性の腎および血管の損傷の有用なマーカーである可能性があります。しかし、FGF-23単独で、またはPi負荷の代理マーカーとして、腎臓および/または血管系の損傷を誘発するかどうかは現在不明のままである。

    DOI: 10.1038/s41598-017-18473-w

    PubMed

  • Association of BAP with urinary albumin excretion in postmenopausal, but not premenopausal, non-CKD Japanese women. 査読

    Ozaki E, Yamada S, Kuriyama N, Matsui D, Watanabe I, Koyama T, Imanishi Y, Inaba M, Watanabe Y

    Scientific reports   8 ( 1 )   82   2018年01月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-18473-w

    PubMed

  • Usefulness of the Detectability of Single Photon Emission Computed Tomography/Computed Tomography in Preoperative 99m-Technetium Sestamibi Parathyroid Scintigraphy for Hyperparathyroidism 査読

    Yoshida Atsushi, Kawabe Joji, Higashiyama Shigeaki, Kotani Kohei, Imanishi Yasuo, Onoda Naoyoshi, Shiomi Susumu

    Osaka City Medical Journal   63 ( 2 )   85 - 92   2017年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    原発性副甲状腺機能亢進症における副甲状腺腺腫の検出において、術前検査としての99m-Technetium Sestamibi Parathyroid Scintigraphyの有用性について示した。

  • Usefulness of the Detectability of Single Photon Emission Computed Tomography/Computed Tomography in Preoperative 99m-Technetium Sestamibi Parathyroid Scintigraphy for Hyperparathyroidism 査読

    Yoshida Atsushi, Kawabe Joji, Higashiyama Shigeaki, Kotani Kohei, Imanishi Yasuo, Onoda Naoyoshi, Shiomi Susumu

    Osaka City Medical Journal   63 ( 2 )   85 - 92   2017年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    原発性副甲状腺機能亢進症における副甲状腺腺腫の検出において、術前検査としての99m-Technetium Sestamibi Parathyroid Scintigraphyの有用性について示した。

  • Usefulness of the Detectability of Single Photon Emission Computed Tomography/Computed Tomography in Preoperative 99m-Technetium Sestamibi Parathyroid Scintigraphy for Hyperparathyroidism 査読

    Yoshida Atsushi, Kawabe Joji, Higashiyama Shigeaki, Kotani Kohei, Imanishi Yasuo, Onoda Naoyoshi, Shiomi Susumu

    Osaka City Medical Journal   63 ( 2 )   85 - 92   2017年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    原発性副甲状腺機能亢進症における副甲状腺腺腫の検出において、術前検査としての99m-Technetium Sestamibi Parathyroid Scintigraphyの有用性について示した。

  • 副甲状腺機能亢進症に対する術前99m-テクネチウムセスタミビ副甲状腺シンチグラフィーにおけるSPECT-CTの有用性(Usefulness of the Detectability of Single Photon Emission Computed Tomography/Computed Tomography in Preoperative 99m-Technetium Sestamibi Parathyroid Scintigraphy for Hyperparathyroidism)

    Yoshida Atsushi, Kawabe Joji, Higashiyama Shigeaki, Kotani Kohei, Imanishi Yasuo, Onoda Naoyoshi, Shiomi Susumu

    Osaka City Medical Journal   63 ( 2 )   85 - 92   2017年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    副甲状腺機能亢進症(HPT)の検出におけるTc-99m-MIBI副甲状腺シンチグラフィーにおけるSPECT/CTの有用性を超音波検査(US)と比較した。2012年6月〜2013年12月にHPTが疑われた患者108例(男性20例、女性88例、平均64歳)を後ろ向きに調査した。Tc-99m-MIBI 600MBq投与3時間後にSPECT/CTを施行し、視覚的に評価した。病理診断を基準とし、SPECT/CTとUSの感度を比較した。原発性副甲状腺機能亢進症(PHPT)は83例で、そのうち腺腫は76例(76結節)、過形成は7例(21結節)であった。続発性副甲状腺機能亢進症(SHPT)は25例、過形成のみで25例(80結節)であった。SPECT/CTの感度はPHPT、SHPT、腺腫、過形成でそれぞれ87、88、89、39%、USの感度はそれぞれ83、88、86、60%であり、過形成でのみ有意差が見られた。異所性腺腫は11例で、いずれもSPECT/CTで検出でき、そのうち10結節がSPECT/CTでのみ検出できた。

  • 特集 副甲状腺─ 病態解明と治療法の進歩 3.副甲状腺機能亢進症における副甲状腺腫瘍化機序

    今西 康雄

    腎と骨代謝   30 ( 4 )   265 - 272   2017年10月( ISSN:09145265

     詳細を見る

  • Effects of Teriparatide and Sequential Minodronate on Lumbar Spine Bone Mineral Density and Microarchitecture in Osteoporosis 査読

    Miyaoka Daichi, Imanishi Yasuo, Ohara Masaya, Hayashi Noriyuki, Nagata Yuki, Yamada Shinsuke, Mori Katsuhito, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    CALCIFIED TISSUE INTERNATIONAL   101 ( 4 )   396 - 403   2017年10月( ISSN:0171-967X

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    海綿骨スコア(TBS)は、腰椎(LS)デュアルエネルギーX線吸収法(DXA)のピクセルグレーレベルの変動から計算された、骨塩密度(BMD)に依存しない骨梁微小構造評価の新しい代理です。画像。テリパラチド(TPTD)は2年でLS-BMDおよびTBSを増加させましたが、これらのパラメーターの正確な時間経過はよく知られていませんでした。この研究の目的は、TPTD、続いてミノドロネート(MINO)で治療された骨粗鬆症患者のLS-BMDおよびTBSの変化を測定することでした。低LS-BMD(Tスコア<-2.5)および/または少なくとも1つの椎骨骨折を有する原発性骨粗鬆症患者を、TPTDで20マイクログラム/日で12-24ヶ月間皮下投与し、その後MINO(経口で50 mg / 12か月間。 LS-BMDおよびTBSは、TPTD治療の開始後0、3、6、12、および24か月、MINOの開始から12か月後に測定されました。 6か月で有意なLS-BMDの増分は12か月まで増加しましたが、3か月で有意なTBSの増分(0.035 +/- 0.011;ベースラインに対してp = 0.045)は12か月まで安定しました。 TPTD治療とそれに続く12か月のMINOは、BMDとTBSの両方を維持しました。 TBSの増加量をLS-BMDの増加量と比較すると、TPTD治療により、石灰化よりも迅速に小柱マイクロアーキテクチャが改善された。 TPTD治療に続いてのMINOは、BMDとTBSの両方を維持した。

    DOI: 10.1007/s00223-017-0295-y

    PubMed

  • Effects of Teriparatide and Sequential Minodronate on Lumbar Spine Bone Mineral Density and Microarchitecture in Osteoporosis. 査読

    Miyaoka D, Imanishi Y, Ohara M, Hayashi N, Nagata Y, Yamada S, Mori K, Emoto M, Inaba M

    Calcified tissue international   101 ( 4 )   396 - 403   2017年10月( ISSN:0171-967X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00223-017-0295-y

    PubMed

  • Associations of employment status and educational levels with mortality and hospitalization in the dialysis outcomes and practice patterns study in Japan 査読 国際共著

    Imanishi Yasuo, Fukuma Shingo, Karaboyas Angelo, Robinson Bruce M., Pisoni Ronald L., Nomura Takanobu, Akiba Takashi, Akizawa Tadao, Kurokawa Kiyoshi, Saito Akira, Fukuhara Shunichi, Inaba Masaaki

    PLOS ONE   12 ( 3 )   e0170731   2017年03月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    雇用、学歴、収入、婚status状況などの社会経済的地位(SES)要因は、一般住民の健康と幸福に影響を与え、慢性腎臓病(CKD)の有病率に関連付けられています。しかし、日本でこれまでに、SESに関してCKD患者の予後について報告した研究はありません。本研究の目的は、日本の維持血液透析(HD)患者の死亡率と入院に対する雇用と教育レベルの影響を調査することです。方法:日本における透析転帰および実践パターン研究フェーズ1〜4(1999〜2011)に登録された7974 HD患者のデータを分析しました。雇用記録、教育レベル、人口統計データ、および併存疾患は、患者記録からDOPPSへの入力時に抽出されました。フォローアップ中に死亡率と入院イベントが収集されました。試験登録時の透析が120日未満の患者は分析から除外されました。 Cox回帰は、60歳未満の患者の雇用と死亡率および入院の両方との関連をモデル化しました。教育と結果の間の関連も評価されました。患者の特徴と60歳未満の患者の雇用との関連は、ロジスティック回帰を使用して評価されました。結果:追跡期間の中央値24.9ヶ月(四分位範囲、18.4〜32.0)で、患者の10%が死亡し、患者の43%が入院しました。失業は、死亡率(ハザード比[HR] = 1.57; 95%信頼区間[CI]:1.05-2.36)および入院(HR = 1.25; 95%CI:1.08-1.44)に関連していました。大学を卒業した患者、高校(HS)教育未満の患者、および一部の大学でHSを卒業した患者は、死亡率が高くなる傾向がありました(HR = 1.41; 95%CI、1.04-1.92およびHR = 1.36; 95 %CI:それぞれ1.02-1.82)が、入院の増加のリスクはありませんでした。失業に関連する要因には、教育レベルの低さ、高齢、女性の性別、長期の失業、およびいくつかの併存疾患が含まれます。結論:雇用と教育の状態は、日本でHDを維持している患者の死亡率と反比例した。教育ではなく雇用も入院と逆に関連していた。併存疾患の調整後、臨床転帰との関連は、教育ステータスよりも雇用に関して強い傾向があった。

    DOI: 10.1371/journal.pone.0170731

    PubMed

  • The Association between Monocyte Surface CD163 and Insulin Resistance in Patients with Type 2 Diabetes 査読

    Kawarabayashi Reina, Motoyama Koka, Nakamura Miyuki, Yamazaki Yuko, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Imanishi Yasuo, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF DIABETES RESEARCH   2017   6549242   2017年( ISSN:2314-6745

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    型糖尿病患者の単球CD163とインスリン抵抗性の関連を調査します。方法:炎症性または慢性腎疾患のない2型糖尿病患者166人を募集しました。単球CD163レベルはフローサイトメトリーにより測定され、可溶性CD163(sCD163)はELISAにより測定されました。インスリン抵抗性は、恒常性モデル評価の指標(HOMA-R)によって評価されました。結果:sCD163および単球CD163の発現レベルの中央値は、それぞれ582.9(472.4-720.0)ng / mlおよび6061(4486-7876)平均蛍光強度(MFI)でした。単純回帰分析では、単球CD163はlog [HOMA-R]と逆相関し(r = -0.257、p = 0.010)、sCD163はlog [HOMA-R]と正相関しました(r = 0.198、p = 0.042) 。重回帰分析では、単球CD163は、HOMA-Rのさまざまな臨床因子を調整した後でも、ログ[HOMA-R](ベータ= -0.220、p = 0.020)の独立した要因でした(R(2)= 0.281、p = 0.001 )、sCD163はそうではありませんでした。結論:単球表面CD163発現レベルは、2型糖尿病患者のsCD163よりもインスリン抵抗性と有意に関連しており、CD163の新規な病態生理学的役割が示唆されました。

    DOI: 10.1155/2017/6549242

    PubMed

  • The Association between Monocyte Surface CD163 and Insulin Resistance in Patients with Type 2 Diabetes. 査読

    Kawarabayashi R, Motoyama K, Nakamura M, Yamazaki Y, Morioka T, Mori K, Fukumoto S, Imanishi Y, Shioi A, Shoji T, Emoto M, Inaba M

    Journal of diabetes research   2017   6549242   2017年( ISSN:2314-6745

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2017/6549242

    PubMed

  • Associations of employment status and educational levels with mortality and hospitalization in the dialysis outcomes and practice patterns study in Japan. 査読

    Imanishi Y, Fukuma S, Karaboyas A, Robinson BM, Pisoni RL, Nomura T, Akiba T, Akizawa T, Kurokawa K, Saito A, Fukuhara S, Inaba M

    PloS one   12 ( 3 )   e0170731   2017年( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0170731

    PubMed

  • 透析骨症revival-その治療の展開 テリパラチド

    今西 康雄

    臨床透析   32 ( 13 )   1634 - 1636   2016年12月( ISSN:09105808

     詳細を見る

  • Coexistence of cutaneous phosphaturic mesenchymal tumour and postoperative hypoparathyroidism.

    Iwata M, Nomura T, Endo Y, Inoue N, Fujisawa A, Tanioka M, Yasoda A, Ohara M, Imanishi Y, Matsui M, Miyachi Y, Kabashima K

    European journal of dermatology : EJD   26 ( 3 )   303 - 4   2016年06月( ISSN:1167-1122

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1684/ejd.2016.2741

    PubMed

  • Coexistence of cutaneous phosphaturic mesenchymal tumour and postoperative hypoparathyroidism.

    Iwata M, Nomura T, Endo Y, Inoue N, Fujisawa A, Tanioka M, Yasoda A, Ohara M, Imanishi Y, Matsui M, Miyachi Y

    Eur J Dermatol   26   303 - 304   2016年05月( ISSN:1952-4013

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    腫瘍性低リン血症性骨軟化症(TIO)は、線維芽細胞成長因子23(FGF23)の過剰産生の結果としてリン利尿が亢進し、低リン血症による骨石灰化障害を呈するまれな新生物である。今回、我々は左背部の皮膚腫瘍によるTIOを経験したので報告する。

    DOI: 10.1684/ejd.2016.2741

  • 特集 内科医がになう骨粗鬆症-診療と生活指導の最新情報 骨粗鬆症リエゾンサービスと骨粗鬆症学会認定医制度 一般内科医のはたす役割と骨粗鬆症学会認定医制度

    今西 康雄

    medicina   53 ( 3 )   526 - 529   2016年03月( ISSN:00257699

     詳細を見る

  • ビタミンD の副甲状腺における機能

    今西  康雄, 稲葉  雅章

    ビタミン   90 ( 9 )   435 - 437   2016年( ISSN:0006386X

  • Indoxyl sulfate suppresses hepatic fetuin-A expression via the aryl hydrocarbon receptor in HepG2 cells 査読

    Ochi Akinobu, Mori Katsuhito, Nakatani Shinya, Emoto Masanori, Morioka Tomoaki, Motoyama Koka, Fukumoto Shinya, Imanishi Yasuo, Shoji Tetsuo, Ishimura Eiji, Inaba Masaaki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   30 ( 10 )   1683 - 1692   2015年10月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    フェチュインAは、強力な石灰化抑制活性を有する肝臓由来の循環タンパク質です。尿毒症患者は、血清フェチュインAレベルの低下、血管石灰化の増加、心血管死亡率の上昇を示します。フェチュインA欠乏症のメカニズムは不明であるため、一部の尿毒症毒素が肝臓のフェチュインA産生を抑制し、血管石灰化の加速と予後不良をもたらしたと仮定しました。これらの潜在的な候補の中で、硫酸インドキシル(IS)は非常に毒性の高い特性を持っています。方法:ヒト肝癌HepG2細胞株を使用して、肝フェツインA発現に対するISの直接的な影響を調べた。結果:ISは、p-クレジル硫酸塩ではなく、フェチュインAのmRNAおよびタンパク質の発現を用量および時間依存的に抑制しました。以前に報告されたように、ISはp38 MAPKリン酸化と活性酸素種(ROS)産生を刺激しましたが、p38のノックダウンとROS生成の阻害はIS誘発フェチュインA抑制に影響しませんでした。次に、ISはアリール炭化水素受容体(AhR)の強力な内因性リガンドであるため、ISがAhRを介してフェチュインA産生を抑制するかどうかを評価しました。 AhRのノックダウンは、IS誘導のフェチュインA抑制を妨げました。ただし、マウスおよびヒト初代培養肝細胞におけるフェツイン-A発現に対するISの影響がないことに注意を払う必要があります。結論:これらの発見は、ISがAhRを活性化することにより肝臓のフェチュインA発現を抑制し、尿毒症とフェチュインA欠乏症との関係を示唆していることを示唆している。

    DOI: 10.1093/ndt/gfv250

    PubMed

  • Indoxyl sulfate suppresses hepatic fetuin-A expression via the aryl hydrocarbon receptor in HepG2 cells.

    Ochi A, Mori K, Nakatani S, Emoto M, Morioka T, Motoyama K, Fukumoto S, Imanishi Y, Shoji T, Ishimura E, Inaba M

    Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association   30 ( 10 )   1683 - 92   2015年10月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

  • Clinical efficacy of oral risedronate therapy in Japanese patients with Paget's disease of bone 査読

    Ohara Masaya, Imanishi Yasuo, Nagata Yuki, Ishii Akira, Kobayashi Ikue, Mori Katsuhito, Ito Manabu, Miki Takami, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM   33 ( 5 )   584 - 590   2015年09月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    骨パジェット病(PDB)は、過剰な骨代謝回転を伴う局所的な骨領域を特徴とする慢性疾患です。経口リセドロネート(8週間1日17.5 mg)が日本で最近承認されましたが、その有効性はよく理解されていません。臨床設定でPDB患者における経口リセドロネートの有効性を遡及的に調べた。血清アルカリホスファターゼ(ALP)レベルが正常範囲の上限を超えた11人の患者が治療されました。 ALPレベルが正常化され、治療開始後12か月間そうであった患者をレスポンダーと定義した。骨痛が再発した場合、または血清ALPレベルが最低値より少なくとも25%増加した場合は、治療を繰り返しました。 6人の患者(55%)が治療に反応しました。頭蓋骨病変のより高い有病率、治療開始時のより高い血清カルシウムレベル、およびビスホスホネートの先行治療は、治療に対する耐性の予測因子でした。いくつかの治療セッションから得られた新鮮な凍結血清サンプルは、骨特異的ALP(BAP)、I型プロコラーゲンN末端プロペプチド(PINP)、I型コラーゲンのN末端架橋テロペプチド、C- I型コラーゲンのトレミナル架橋テロペプチド(CTX)。 P1NPの有意な減少は、応答者の血清ALPレベルの減少に先行し、それに続いてBAPおよびオステオカルシン(BGP)レベルの同様の発生が続きました。 CTXレベルの一時的な低下が認められました。非応答群および反復治療群では、マーカーの有意な変化(ALPレベルを含む)は観察されませんでした。 P1NPレベルは、治療効果の評価においてALPレベルよりも有用かもしれません。反復治療群の反復治療の有効性は限られていた。

    DOI: 10.1007/s00774-014-0623-5

    PubMed

  • 日本人の骨パジェット病患者における経口リセドロン酸療法の臨床的有効性(Clinical efficacy of oral risedronate therapy in Japanese patients with Paget's disease of bone)

    Ohara Masaya, Imanishi Yasuo, Nagata Yuki, Ishii Akira, Kobayashi Ikue, Mori Katsuhito, Ito Manabu, Miki Takami, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    Journal of Bone and Mineral Metabolism   33 ( 5 )   584 - 590   2015年09月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    1994〜2011年までの期間において、血清アルカリホスファターゼ(ALP)値が正常上限値を超えた骨パジェット病(PDB)患者11例を対象として、経口リセドロン酸17.5mg/日を8週間連日投与し、その有効性を検討するため後向き研究を実施した。その際、対象患者は2群に分け、治療開始から12ヵ月以内にALP値が正常となり、そのまま持続した6例(男性4例、女性2例、平均年齢67.7±12.1歳)を有効群、骨痛の再発や血清ALP値が最低値より25%以上上昇した5例(男性2例、女性3例、平均年齢52.6±20.9歳)を無効群として、反復投与を行った。その結果、頭蓋病変の高い有病率、治療開始時の血清カルシウム高値、ビスホスホネートの先行療法が、経口リセドロン酸療法に対する耐性の予測因子であることが明らかとなった。また、骨代謝マーカーで測定した結果では、ALP値はI型プロコラーゲンN-端末プロペプチド(PINP)、骨ALP(BAP)、オステオカルシン(BGP)と有意な正の相関性が示されたが、I型コラーゲンC末端架橋テロペプチド(CTX)とは相関性がみられなかった。なお、有効群では治療開始後1ヵ月にPINP、2ヵ月後にALP、6ヵ月後にBAP、9ヵ月後にBGPが有意な減少が認められたが、無効群では骨代謝マーカーに有意な変化はみられなかった。以上の結果から、PDB患者に対する経口リセドロン酸療法の連日投与は、初回治療で有効性が示された症例には治療効果を認め、且つ、PINPが治療効果判定のマーカーとして有用であることが示されたが、初回治療が無効例の場合は効果は限定的であることが示された。

  • Clinical efficacy of oral risedronate therapy in Japanese patients with Paget's disease of bone. 査読

    Ohara M, Imanishi Y, Nagata Y, Ishii A, Kobayashi I, Mori K, Ito M, Miki T, Nishizawa Y, Inaba M

    Journal of bone and mineral metabolism   33 ( 5 )   584 - 90   2015年09月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-014-0623-5

    PubMed

  • Teriparatide Therapy Reduces Serum Phosphate and Intima-Media Thickness at the Carotid Wall Artery in Patients with Osteoporosis 査読

    Yoda Maki, Imanishi Yasuo, Nagata Yuki, Ohara Masaya, Yoda Koichiro, Yamada Shinsuke, Mori Katsuhito, Inaba Masaaki

    CALCIFIED TISSUE INTERNATIONAL   97 ( 1 )   32 - 39   2015年07月( ISSN:0171-967X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    横断的および縦断的研究では、骨粗鬆症と心血管障害(骨心血管軸として知られている)の関係が報告されていますが、アテローム性動脈硬化に対する骨粗鬆症治療の利点はほとんど不明です。テリパラチドは、尿中のリン酸塩排泄を増加させる骨形成剤です。血清リン酸塩の上昇はアテローム性動脈硬化の発症と関連しているため、本研究の目的は、腰椎骨ミネラル密度(LS-BMD)、頸動脈内膜中膜の厚さ(CA-IMT)、およびリン酸塩の関係を調べることでした毎日のテリパラチド療法に応じた代謝。低LS-BMD(Tスコア<-2.5)および/または少なくとも1つの脊椎骨折を有する骨粗鬆症患者(n = 28)を12か月間、テリパラチド(20マグ/日)で治療しました。代謝骨マーカー、LS-BMD、およびCA-IMTは、治療中に測定されました。 LS-BMDは、12か月間で0.046 +/- 0.038 g / cm(2)大幅に増加しました(P <0.001)。 CA-IMTは、ベースラインでの0.701 mm(四分位範囲:0.655-0.774 mm)から12か月で0.525 mm(0.477-0.670 mm)に減少しました(P <0.05)。ただし、CA-IMTの変更はLS-BMDの変更と有意に関連していませんでした。血清リン酸は、1か月のテリパラチド投与後に減少し、1か月での血清リン酸の変化は、12か月でのCA-IMTの変化と関連していた(ρ= 0.431、P = 0.025)。テリパラチドはLS-BMDおよびCA-IMTを改善し、骨心血管軸の存在を示唆しました。血清リン酸塩とCA-IMTの関連は、骨心血管系の改善に加えて、よく知られている血管毒素である血清リン酸塩を減らすことにより、テリパラチドがCA-IMTを部分的に減少させたことを示唆しています。

    DOI: 10.1007/s00223-015-0007-4

    PubMed

  • Teriparatide Therapy Reduces Serum Phosphate and Intima-Media Thickness at the Carotid Wall Artery in Patients with Osteoporosis. 査読

    Yoda M, Imanishi Y, Nagata Y, Ohara M, Yoda K, Yamada S, Mori K, Inaba M

    Calcified tissue international   97 ( 1 )   32 - 9   2015年07月( ISSN:0171-967X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00223-015-0007-4

    PubMed

  • Fibroblast Growth Factor-23 and Vitamin D Metabolism in Subjects with eGFR ≥60 ml/min/1.73 m2. 査読

    Nakatani S, Nakatani A, Tsugawa N, Yamada S, Mori K, Imanishi Y, Ishimura E, Okano T, Inaba M

    Nephron   130   119 - 126   2015年06月( ISSN:2235-3186

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    線維芽細胞成長因子(FGF)-23と副甲状腺ホルモン(PTH)は、両方とも強力なリン酸塩ホルモンです。それらはビタミンD代謝に反対の効果を及ぼすため、3つのビタミンD代謝産物の測定。 25-ヒドロキシビタミンD(25-OH-D)、1,25-ジヒドロキシビタミンD(1,25(OH)2D)、および24,25-ジヒドロキシビタミンD(24,25(OH)2D)は、 PTHの効果からのFGF-23の効果。この研究の目的は、FGF-23またはPTHが推定糸球体濾過(eGFR)> / = 60 ml / min / 1.73 m(2 )。方法:eGFR> / = 60 ml / min / 1.73 m(2)(n = 20)の被験者を登録し、FGF-23、無傷のPTH、およびビタミンD代謝物の血清レベルを測定しました。結果:血清FGF-23は1,25(OH)2D(r = -0.717、p = 0.0004)および1,25(OH)2D / 25-OH-D比(r = -0.518、p = 0.019)、血清無傷PTHと1,25(OH)2D / 25-OH-D比の有意な正の相関と比較(r = 0.562、p = 0.010)。重回帰分析により、血清FGF-23は、血清1,25(OH)2D(ベータ= -0.593、p = 0.018)、1,25(OH)2D / 25-OH-D比(ベータ= -0.521、p = 0.025)、および24,25(OH)2D / 1,25(OH)2D比(ベータ= 0.632、p = 0.008)、および1に関連する有意な要因としての無傷のPTH 25(OH)2D / 25-OH-D比(ベータ= 0.445、p = 0.028)。結論:この研究は、eGFR> / = 60 ml / min / 1.73 m(2)の被験者でさえ、FGF-23がビタミンD代謝の調節に重要な役割を果たす可能性があることを実証しました。 PTHの確立された役割に加えて、FGF-23とビタミンD代謝の指標との関連は、そのような患者のリン酸代謝に対するFGF-23の潜在的な役割を示唆しました。

  • Fibroblast Growth Factor-23 and Vitamin D Metabolism in Subjects with eGFR ≥60 ml/min/1.73 m2. 査読

    Nakatani S, Nakatani A, Tsugawa N, Yamada S, Mori K, Imanishi Y, Ishimura E, Okano T, Inaba M

    Nephron   130   119 - 126   2015年06月( ISSN:2235-3186

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    線維芽細胞成長因子(FGF)-23と副甲状腺ホルモン(PTH)は、両方とも強力なリン酸塩ホルモンです。それらはビタミンD代謝に反対の効果を及ぼすため、3つのビタミンD代謝産物の測定。 25-ヒドロキシビタミンD(25-OH-D)、1,25-ジヒドロキシビタミンD(1,25(OH)2D)、および24,25-ジヒドロキシビタミンD(24,25(OH)2D)は、 PTHの効果からのFGF-23の効果。この研究の目的は、FGF-23またはPTHが推定糸球体濾過(eGFR)> / = 60 ml / min / 1.73 m(2 )。方法:eGFR> / = 60 ml / min / 1.73 m(2)(n = 20)の被験者を登録し、FGF-23、無傷のPTH、およびビタミンD代謝物の血清レベルを測定しました。結果:血清FGF-23は1,25(OH)2D(r = -0.717、p = 0.0004)および1,25(OH)2D / 25-OH-D比(r = -0.518、p = 0.019)、血清無傷PTHと1,25(OH)2D / 25-OH-D比の有意な正の相関と比較(r = 0.562、p = 0.010)。重回帰分析により、血清FGF-23は、血清1,25(OH)2D(ベータ= -0.593、p = 0.018)、1,25(OH)2D / 25-OH-D比(ベータ= -0.521、p = 0.025)、および24,25(OH)2D / 1,25(OH)2D比(ベータ= 0.632、p = 0.008)、および1に関連する有意な要因としての無傷のPTH 25(OH)2D / 25-OH-D比(ベータ= 0.445、p = 0.028)。結論:この研究は、eGFR> / = 60 ml / min / 1.73 m(2)の被験者でさえ、FGF-23がビタミンD代謝の調節に重要な役割を果たす可能性があることを実証しました。 PTHの確立された役割に加えて、FGF-23とビタミンD代謝の指標との関連は、そのような患者のリン酸代謝に対するFGF-23の潜在的な役割を示唆しました。

  • Fibroblast Growth Factor-23 and Vitamin D Metabolism in Subjects with eGFR ≥60 ml/min/1.73 m2. 査読

    Nakatani S, Nakatani A, Tsugawa N, Yamada S, Mori K, Imanishi Y, Ishimura E, Okano T, Inaba M

    Nephron   130   119 - 126   2015年06月( ISSN:2235-3186

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    線維芽細胞成長因子(FGF)-23と副甲状腺ホルモン(PTH)は、両方とも強力なリン酸塩ホルモンです。それらはビタミンD代謝に反対の効果を及ぼすため、3つのビタミンD代謝産物の測定。 25-ヒドロキシビタミンD(25-OH-D)、1,25-ジヒドロキシビタミンD(1,25(OH)2D)、および24,25-ジヒドロキシビタミンD(24,25(OH)2D)は、 PTHの効果からのFGF-23の効果。この研究の目的は、FGF-23またはPTHが推定糸球体濾過(eGFR)> / = 60 ml / min / 1.73 m(2 )。方法:eGFR> / = 60 ml / min / 1.73 m(2)(n = 20)の被験者を登録し、FGF-23、無傷のPTH、およびビタミンD代謝物の血清レベルを測定しました。結果:血清FGF-23は1,25(OH)2D(r = -0.717、p = 0.0004)および1,25(OH)2D / 25-OH-D比(r = -0.518、p = 0.019)、血清無傷PTHと1,25(OH)2D / 25-OH-D比の有意な正の相関と比較(r = 0.562、p = 0.010)。重回帰分析により、血清FGF-23は、血清1,25(OH)2D(ベータ= -0.593、p = 0.018)、1,25(OH)2D / 25-OH-D比(ベータ= -0.521、p = 0.025)、および24,25(OH)2D / 1,25(OH)2D比(ベータ= 0.632、p = 0.008)、および1に関連する有意な要因としての無傷のPTH 25(OH)2D / 25-OH-D比(ベータ= 0.445、p = 0.028)。結論:この研究は、eGFR> / = 60 ml / min / 1.73 m(2)の被験者でさえ、FGF-23がビタミンD代謝の調節に重要な役割を果たす可能性があることを実証しました。 PTHの確立された役割に加えて、FGF-23とビタミンD代謝の指標との関連は、そのような患者のリン酸代謝に対するFGF-23の潜在的な役割を示唆しました。

  • Association between Poor Glycemic Control, Impaired Sleep Quality, and Increased Arterial Thickening in Type 2 Diabetic Patients 査読

    Yoda Koichiro, Inaba Masaaki, Hamamoto Kae, Yoda Maki, Tsuda Akihiro, Mori Katsuhito, Imanishi Yasuo, Emoto Masanori, Yamada Shinsuke

    PLOS ONE   10 ( 4 )   e0122521   2015年04月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    睡眠の質が悪いことは、心血管イベントの独立した予測因子です。ただし、血糖コントロールと客観的な睡眠のアーキテクチャと2型糖尿病(DM)患者の動脈硬化への影響との関連についてはほとんど知られていません。本研究では、客観的な睡眠アーキテクチャと2型糖尿病患者の血糖コントロールおよび動脈硬化の両方を検討しました。デザイン:血管検査室での横断研究。方法:被験者は、睡眠促進薬および慢性腎疾患を服用していない63人の2型DM入院患者(M / F、32/31、年齢、57.5 +/- 13.1)でした。単一チャネル脳波による客観的な睡眠アーキテクチャと頸動脈内膜中膜肥厚(CA-IMT)による動脈硬化を調べました。結果:HbA1cは、レム睡眠潜時(睡眠開始と最初のレム期間との間の間隔)(ベータ= -0.280、p = 0.033)と負の方法で有意に関連していたが、睡眠の質の他の測定値とは関連していなかった。 REM睡眠潜時は、その期間中のログデルタパワー(深い睡眠のマーカー)と正の方法で有意に関連していました(beta = 0.544、p = 0.001)。独立変数としてCA-IMT(REM睡眠潜時、年齢、DM持続時間、収縮期血圧、およびHbA1c)と単変量相関する変数を含むモデルでは、HbA1cではなくREM睡眠潜時(ベータ= -0.232、p = 0.038) CA-IMTと大きく関連しています。ログデルタパワーがREMスリープレイテンシの代わりに含まれると、ログデルタパワー(ベータ= -0.257、p = 0.023)がCA-IMTに関連する重要な要因として浮上しました。結論:2型DM患者では、動脈壁肥厚の関連マーカーであるCA-IMTの増加に関与する可能性のあるREM睡眠潜伏期の短縮に代表されるように、血糖コントロール不良は睡眠の質の低下と独立して関連していた。

    DOI: 10.1371/journal.pone.0122521

    PubMed

  • Restoration of Parathyroid Function After Change of Phosphate Binder From Calcium Carbonate to Lanthanum Carbonate in Hemodialysis Patients With Suppressed Serum Parathyroid Hormone 査読

    Inaba Masaaki, Okuno Senji, Nagayama Harumi, Yamada Shinsuke, Ishimura Eiji, Imanishi Yasuo, Shoji Shigeichi

    JOURNAL OF RENAL NUTRITION   25 ( 2 )   242 - 246   2015年03月( ISSN:1051-2276

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    リン酸の制御は、ミネラルと骨の障害(CKD-MBD)を伴う慢性腎疾患の治療において最も重要です。 CKD患者へのカルシウム含有リン酸結合剤は、カルシウム負荷を増加させることにより異所性石灰化を伴う無力な骨疾患を誘発することが知られているため、血液透析27における骨代謝回転を回復するための非カルシウムリン酸塩結合剤である炭酸ランタン(LaC)の効果を調べました副甲状腺機能が抑制されている患者(血清無傷副甲状腺ホルモン[iPTH] <== 150 pg / mL)。 LaC投与の開始時に、カルシウム含有リン酸塩結合剤炭酸カルシウム(CaC)の投与量は、血清リン酸塩に基づいて中止または削減されました。 LaC投与開始後、血清カルシウムとリン酸塩は4週間で有意に減少しましたが、PTHとiPTH全体は増加しました。全PTHおよびiPTHの増加によるリン酸ではなく血清カルシウムの減少との有意かつ正の相関は、LaCによるカルシウム負荷の減少による血清カルシウムの減少が副甲状腺機能を増加させる可能性があることを示唆しました。血清酒石酸耐性酸性ホスファターゼ5bなどの血清骨吸収マーカー、およびI型コラーゲンのNテロペプチドは、LaC投与後4週間までに大幅に増加し、その後、血清骨アルカリホスファターゼ、無傷のプロコラーゲンを含む血清骨形成マーカーが増加しましたN-プロペプチド、およびオステオカルシン。したがって、LaCはカルシウム負荷を減少させることにより、副甲状腺機能と骨代謝回転のCaC誘導抑制を減衰させることが示唆されました。結論として、CaCを部分的または全体的にLaCで置換すると、血清iPTH <== 150 pg / mLの血液透析患者の副甲状腺機能とその結果生じる骨代謝回転が増加する可能性があります。

    DOI: 10.1053/j.jrn.2014.10.013

    PubMed

  • Increased undercarboxylated osteocalcin/intact osteocalcin ratio in patients undergoing hemodialysis

    Nagata Y, Inaba M, Imanishi Y, Okazaki H, Yamada S, Mori K, Shoji S, Koyama H, Okuno S

    Osteoporos Int   26 ( 3 )   1053 - 61   2015年03月( ISSN:14332965

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    血清低カルボキシル化オステオカルシン(ucOC)/無傷オステオカルシン(iOC)比は、血液透析を受けている患者、特に骨代謝回転状態が高い患者で1.0を超えて増加しました。その結果、血清ucOC / iOC比は、血液透析患者のビタミンK欠乏を示す骨代謝マーカーとしての重要性を失う可能性があります。はじめに:血清無傷オステオカルシン(iOC)、低カルボキシル化OC(ucOC)、およびucOC / iOC比は、尿毒症血清に蓄積されているにもかかわらず、透析前の慢性腎臓病(CKD)および血液透析(HD)患者において臨床的に重要な指標と考えられています。方法:血清iOCおよびucOCは、89人の透析前CKDおよび189 HD患者において、血清無傷副甲状腺ホルモン(iPTH)、骨アルカリホスファターゼ(BAP)、および酒石酸耐性酸性ホスファターゼ(TRACP)-5bとともに測定されました。結果:血清iOCとucOCは、透析前のCKD患者の推定糸球体濾過率と有意な負の相関を示したが、血清ucOC / iOC比は相関しなかった。血清ucOCは透析前のCKD患者よりもHD患者で有意に大きかったが、血清iOCは有意に差がなかったため、189人のHD患者のうち135人(71.4%)で血清ucOC / iOC比が1.0を超えた。高い血清ucOC / iOC比(> 1.0)のHD患者は、低いucOC / iOC比(< / = 1.0)。ベースラインのiPTHとP1NPは、透析期間の2日間のucOC / iOC比の変化と相関していました。多変量解析により、HD患者のログ[ucOC / iOC]は、ログ[iPTH]、ログ[BAP]、またはログ[TRACP-5b]と有意に関連していることが示されました。結論:透析前のCKD患者と比較して、HD患者の71.4%で血清ucOC / iOC比が1.0を超えて観察され、優先的に骨代謝回転状態が高かった。これらのデータは、血清ucOC / iOC比がHD患者のビタミンK欠乏を示す骨代謝マーカーとしての重要性を失う可能性があることを示唆しました。

  • Increased undercarboxylated osteocalcin/intact osteocalcin ratio in patients undergoing hemodialysis 査読

    Nagata Y, Inaba M, Imanishi Y, Okazaki H, Yamada S, Mori K, Shoji S, Koyama H, Okuno S

    Osteoporos Int   26 ( 3 )   1053 - 61   2015年03月( ISSN:1433-2965

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    血清低カルボキシル化オステオカルシン(ucOC)/無傷オステオカルシン(iOC)比は、血液透析を受けている患者、特に骨代謝回転状態が高い患者で1.0を超えて増加しました。その結果、血清ucOC / iOC比は、血液透析患者のビタミンK欠乏を示す骨代謝マーカーとしての重要性を失う可能性があります。はじめに:血清無傷オステオカルシン(iOC)、低カルボキシル化OC(ucOC)、およびucOC / iOC比は、尿毒症血清に蓄積されているにもかかわらず、透析前の慢性腎臓病(CKD)および血液透析(HD)患者において臨床的に重要な指標と考えられています。方法:血清iOCおよびucOCは、89人の透析前CKDおよび189 HD患者において、血清無傷副甲状腺ホルモン(iPTH)、骨アルカリホスファターゼ(BAP)、および酒石酸耐性酸性ホスファターゼ(TRACP)-5bとともに測定されました。結果:血清iOCとucOCは、透析前のCKD患者の推定糸球体濾過率と有意な負の相関を示したが、血清ucOC / iOC比は相関しなかった。血清ucOCは透析前のCKD患者よりもHD患者で有意に大きかったが、血清iOCは有意に差がなかったため、189人のHD患者のうち135人(71.4%)で血清ucOC / iOC比が1.0を超えた。高い血清ucOC / iOC比(> 1.0)のHD患者は、低いucOC / iOC比(< / = 1.0)。ベースラインのiPTHとP1NPは、透析期間の2日間のucOC / iOC比の変化と相関していました。多変量解析により、HD患者のログ[ucOC / iOC]は、ログ[iPTH]、ログ[BAP]、またはログ[TRACP-5b]と有意に関連していることが示されました。結論:透析前のCKD患者と比較して、HD患者の71.4%で血清ucOC / iOC比が1.0を超えて観察され、優先的に骨代謝回転状態が高かった。これらのデータは、血清ucOC / iOC比がHD患者のビタミンK欠乏を示す骨代謝マーカーとしての重要性を失う可能性があることを示唆しました。

  • Increased undercarboxylated osteocalcin/intact osteocalcin ratio in patients undergoing hemodialysis

    Nagata Y, Inaba M, Imanishi Y, Okazaki H, Yamada S, Mori K, Shoji S, Koyama H, Okuno S

    Osteoporos Int   26 ( 3 )   1053 - 61   2015年03月( ISSN:1433-2965

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    血清低カルボキシル化オステオカルシン(ucOC)/無傷オステオカルシン(iOC)比は、血液透析を受けている患者、特に骨代謝回転状態が高い患者で1.0を超えて増加しました。その結果、血清ucOC / iOC比は、血液透析患者のビタミンK欠乏を示す骨代謝マーカーとしての重要性を失う可能性があります。はじめに:血清無傷オステオカルシン(iOC)、低カルボキシル化OC(ucOC)、およびucOC / iOC比は、尿毒症血清に蓄積されているにもかかわらず、透析前の慢性腎臓病(CKD)および血液透析(HD)患者において臨床的に重要な指標と考えられています。方法:血清iOCおよびucOCは、89人の透析前CKDおよび189 HD患者において、血清無傷副甲状腺ホルモン(iPTH)、骨アルカリホスファターゼ(BAP)、および酒石酸耐性酸性ホスファターゼ(TRACP)-5bとともに測定されました。結果:血清iOCとucOCは、透析前のCKD患者の推定糸球体濾過率と有意な負の相関を示したが、血清ucOC / iOC比は相関しなかった。血清ucOCは透析前のCKD患者よりもHD患者で有意に大きかったが、血清iOCは有意に差がなかったため、189人のHD患者のうち135人(71.4%)で血清ucOC / iOC比が1.0を超えた。高い血清ucOC / iOC比(> 1.0)のHD患者は、低いucOC / iOC比(< / = 1.0)。ベースラインのiPTHとP1NPは、透析期間の2日間のucOC / iOC比の変化と相関していました。多変量解析により、HD患者のログ[ucOC / iOC]は、ログ[iPTH]、ログ[BAP]、またはログ[TRACP-5b]と有意に関連していることが示されました。結論:透析前のCKD患者と比較して、HD患者の71.4%で血清ucOC / iOC比が1.0を超えて観察され、優先的に骨代謝回転状態が高かった。これらのデータは、血清ucOC / iOC比がHD患者のビタミンK欠乏を示す骨代謝マーカーとしての重要性を失う可能性があることを示唆しました。

  • Restoration of parathyroid function after change of phosphate binder from calcium carbonate to lanthanum carbonate in hemodialysis patients with suppressed serum parathyroid hormone. 査読

    Inaba M, Okuno S, Nagayama H, Yamada S, Ishimura E, Imanishi Y, Shoji S

    Journal of renal nutrition : the official journal of the Council on Renal Nutrition of the National Kidney Foundation   25 ( 2 )   242 - 6   2015年03月( ISSN:1051-2276

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.jrn.2014.10.013

    PubMed

  • Increased undercarboxylated osteocalcin/intact osteocalcin ratio in patients undergoing hemodialysis.

    Nagata Y, Inaba M, Imanishi Y, Okazaki H, Yamada S, Mori K, Shoji S, Koyama H, Okuno S

    Osteoporosis international : a journal established as result of cooperation between the European Foundation for Osteoporosis and the National Osteoporosis Foundation of the USA   26 ( 3 )   1053 - 61   2015年03月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

  • 慢性腎臓病と老化-Phosphate connection 骨代謝制御におけるPTHとFGF23の役割

    今西 康雄

    腎と骨代謝   28 ( 1 )   41 - 47   2015年01月( ISSN:09145265

     詳細を見る

  • Decreased cortical thickness, as estimated by a newly developed ultrasound device, as a risk for vertebral fracture in type 2 diabetes mellitus patients with eGFR of less than 60 mL/min/1.73 m2 査読

    Mishima T, Motoyama K, Imanishi Y, Hamamoto K, Nagata Y, Yamada S, Kuriyama N, Watanabe Y, Emoto M, Inaba M

    Osteoporos Int   26 ( 1 )   229 - 36   2015年01月( ISSN:1433-2965

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    皮質の多孔性は、DM患者の骨折の重要なリスクとしてますます認識されています。本研究は、新しく開発された定量的超音波骨密度測定法を使用して評価された皮質の厚さの減少が、ステージ3以上の慢性腎疾患を有する2型糖尿病患者の椎骨骨折の重大な危険因子であることを示したが、そうでない患者ではそうではなかった。はじめに:皮質の空隙率は、2型糖尿病(T2DM)患者および血清副甲状腺ホルモン(PTH)が増加し始めるステージ3慢性腎疾患(CKD)患者の骨折の重要な危険因子としてますます認識されています。本研究の目的は、CKDの共存がT2DM患者の椎骨骨折(VF)の発生における皮質厚の減少(CoTh)の関係に影響するかどうかを明らかにすることでした。方法:この横断的研究では、骨梁骨密度(TrBMD)、骨梁の弾性係数(EMTb)、およびCoThが173人のT2DM患者の新しい定量的超音波骨密度測定で推定されました。 VFはレントゲン写真で確認されました。結果:39人の患者(22.5%)がVFを有していた。推定糸球体濾過率(eGFR)<60 mL / min / 1.73 m(2)(低eGFR)の患者は、eGFR> / = 60 mL / min / 1.73 m(2)の患者よりも著しく高いVF率(32.4%)を示した)(高いeGFR、16.2%)。血清PTHは、高eGFRよりも低eGFRで有意に高かった。 eGFRが高い患者では、EMTbはVF(+)よりもVF(-)よりも有意に低かった。 eGFRが低い人では、TrBMD、EMTb、およびCoThは、VF(-)よりもVF(+)で有意に低かった。多変量ロジスティック回帰分析では、EMFbは、eGFRが低いT2DMでCoThのみでVFを有する患者とは対照的に、eGFRが高いT2DM患者でVFと独立して有意に関連していた。結論:この研究は、eGFRが低く、血清PTHレベルが上昇しているT2DM患者のVFと独立して関連する因子としてCoThを示した。

  • Decreased cortical thickness, as estimated by a newly developed ultrasound device, as a risk for vertebral fracture in type 2 diabetes mellitus patients with eGFR of less than 60 mL/min/1.73 m2 査読

    Mishima T, Motoyama K, Imanishi Y, Hamamoto K, Nagata Y, Yamada S, Kuriyama N, Watanabe Y, Emoto M, Inaba M

    Osteoporos Int   26 ( 1 )   229 - 36   2015年01月( ISSN:1433-2965

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    皮質の多孔性は、DM患者の骨折の重要なリスクとしてますます認識されています。本研究は、新しく開発された定量的超音波骨密度測定法を使用して評価された皮質の厚さの減少が、ステージ3以上の慢性腎疾患を有する2型糖尿病患者の椎骨骨折の重大な危険因子であることを示したが、そうでない患者ではそうではなかった。はじめに:皮質の空隙率は、2型糖尿病(T2DM)患者および血清副甲状腺ホルモン(PTH)が増加し始めるステージ3慢性腎疾患(CKD)患者の骨折の重要な危険因子としてますます認識されています。本研究の目的は、CKDの共存がT2DM患者の椎骨骨折(VF)の発生における皮質厚の減少(CoTh)の関係に影響するかどうかを明らかにすることでした。方法:この横断的研究では、骨梁骨密度(TrBMD)、骨梁の弾性係数(EMTb)、およびCoThが173人のT2DM患者の新しい定量的超音波骨密度測定で推定されました。 VFはレントゲン写真で確認されました。結果:39人の患者(22.5%)がVFを有していた。推定糸球体濾過率(eGFR)<60 mL / min / 1.73 m(2)(低eGFR)の患者は、eGFR> / = 60 mL / min / 1.73 m(2)の患者よりも著しく高いVF率(32.4%)を示した)(高いeGFR、16.2%)。血清PTHは、高eGFRよりも低eGFRで有意に高かった。 eGFRが高い患者では、EMTbはVF(+)よりもVF(-)よりも有意に低かった。 eGFRが低い人では、TrBMD、EMTb、およびCoThは、VF(-)よりもVF(+)で有意に低かった。多変量ロジスティック回帰分析では、EMFbは、eGFRが低いT2DMでCoThのみでVFを有する患者とは対照的に、eGFRが高いT2DM患者でVFと独立して有意に関連していた。結論:この研究は、eGFRが低く、血清PTHレベルが上昇しているT2DM患者のVFと独立して関連する因子としてCoThを示した。

  • Decreased cortical thickness, as estimated by a newly developed ultrasound device, as a risk for vertebral fracture in type 2 diabetes mellitus patients with eGFR of less than 60 mL/min/1.73 m2 査読

    Mishima T, Motoyama K, Imanishi Y, Hamamoto K, Nagata Y, Yamada S, Kuriyama N, Watanabe Y, Emoto M, Inaba M

    Osteoporos Int   26 ( 1 )   229 - 36   2015年01月( ISSN:1433-2965

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    皮質の多孔性は、DM患者の骨折の重要なリスクとしてますます認識されています。本研究は、新しく開発された定量的超音波骨密度測定法を使用して評価された皮質の厚さの減少が、ステージ3以上の慢性腎疾患を有する2型糖尿病患者の椎骨骨折の重大な危険因子であることを示したが、そうでない患者ではそうではなかった。はじめに:皮質の空隙率は、2型糖尿病(T2DM)患者および血清副甲状腺ホルモン(PTH)が増加し始めるステージ3慢性腎疾患(CKD)患者の骨折の重要な危険因子としてますます認識されています。本研究の目的は、CKDの共存がT2DM患者の椎骨骨折(VF)の発生における皮質厚の減少(CoTh)の関係に影響するかどうかを明らかにすることでした。方法:この横断的研究では、骨梁骨密度(TrBMD)、骨梁の弾性係数(EMTb)、およびCoThが173人のT2DM患者の新しい定量的超音波骨密度測定で推定されました。 VFはレントゲン写真で確認されました。結果:39人の患者(22.5%)がVFを有していた。推定糸球体濾過率(eGFR)<60 mL / min / 1.73 m(2)(低eGFR)の患者は、eGFR> / = 60 mL / min / 1.73 m(2)の患者よりも著しく高いVF率(32.4%)を示した)(高いeGFR、16.2%)。血清PTHは、高eGFRよりも低eGFRで有意に高かった。 eGFRが高い患者では、EMTbはVF(+)よりもVF(-)よりも有意に低かった。 eGFRが低い人では、TrBMD、EMTb、およびCoThは、VF(-)よりもVF(+)で有意に低かった。多変量ロジスティック回帰分析では、EMFbは、eGFRが低いT2DMでCoThのみでVFを有する患者とは対照的に、eGFRが高いT2DM患者でVFと独立して有意に関連していた。結論:この研究は、eGFRが低く、血清PTHレベルが上昇しているT2DM患者のVFと独立して関連する因子としてCoThを示した。

  • Decreased cortical thickness, as estimated by a newly developed ultrasound device, as a risk for vertebral fracture in type 2 diabetes mellitus patients with eGFR of less than 60 mL/min/1.73 m2.

    Mishima T, Motoyama K, Imanishi Y, Hamamoto K, Nagata Y, Yamada S, Kuriyama N, Watanabe Y, Emoto M, Inaba M

    Osteoporosis international : a journal established as result of cooperation between the European Foundation for Osteoporosis and the National Osteoporosis Foundation of the USA   26 ( 1 )   229 - 36   2015年01月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

  • Fibroblast Growth Factor-23 and Vitamin D Metabolism in Subjects with eGFR ≥60 ml/min/1.73 m².

    Nakatani S, Nakatani A, Tsugawa N, Yamada S, Mori K, Imanishi Y, Ishimura E, Okano T, Inaba M

    Nephron   130 ( 2 )   119 - 26   2015年( ISSN:1660-8151

     詳細を見る

  • Association between poor glycemic control, impaired sleep quality, and increased arterial thickening in type 2 diabetic patients. 査読

    Yoda K, Inaba M, Hamamoto K, Yoda M, Tsuda A, Mori K, Imanishi Y, Emoto M, Yamada S

    PloS one   10 ( 4 )   e0122521   2015年( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0122521

    PubMed

  • Hypophosphatemic osteomalacia and bone sclerosis caused by a novel homozygous mutation of the FAM20C gene in an elderly man with a mild variant of Raine syndrome 査読

    Takeyari Shinji, Yamamoto Takehisa, Kinoshita Yuka, Fukumoto Seiji, Glorieux Francis H., Michigami Toshimi, Hasegawa Kosei, Kitaoka Taichi, Kubota Takuo, Imanishi Yasuo, Shimotsuji Tsunesuke, Ozono Keiichi

    BONE   67   56 - 62   2014年10月( ISSN:8756-3282

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    低リン血症と血清線維芽細胞成長因子23(FGF23)レベルの増加はFAM20C遺伝子の複合ヘテロ接合変異を持つ若い兄弟で報告されています。ただし、これらのケースではくる病は観察されませんでした。低リン血症性骨軟化症を伴うレーヌ症候群の成人症例を報告し、長骨の骨膜骨形成の増加と大腿骨頸部の骨ミネラル密度の増加に関連するホモ接合性FAM20C変異(R408W)を伴う。ケース:患者、61歳の男性は、いとこといとこの結婚から生まれました。小学校の年齢で、低身長で重度の歯の脱灰が報告されました。低リン血症は27歳で不注意に認められ、その時点で活性型ビタミンD代謝物(アルファカルシドール)とリン酸塩の摂取を開始しました。彼はまた、後縦靭帯の骨化を示した。 41歳で行われた骨生検で、骨細胞を取り巻く重度の骨軟化症を発見しました。これは、X連鎖低リン血症性くる病の患者で報告されたものと比較して、骨細胞性低ミネラル化病変の高度な形態であると思われました。 61歳の検査データは、血清無傷FGF23レベルの著しい増加を明らかにし、これは低リン血症の原因である可能性が高く、1,25(OH)2Dのレベルが減少した。私たちは最近、この患者でR408Wであるホモ接合FAM20C変異を特定しました。 HEK293細胞で発現すると、R408W変異タンパク質はキナーゼ活性と分泌障害を示しました。考察:私たちの調査結果は、特定のホモ接合FAM20C変異がFGF23関連の低リン血症性骨軟化症を引き起こし、骨におけるFAM20Cの複数の役割を示していることを示唆した。

    DOI: 10.1016/j.bone.2014.06.026

    PubMed

  • Hypophosphatemic osteomalacia and bone sclerosis caused by a novel homozygous mutation of the FAM20C gene in an elderly man with a mild variant of Raine syndrome. 査読

    Takeyari S, Yamamoto T, Kinoshita Y, Fukumoto S, Glorieux FH, Michigami T, Hasegawa K, Kitaoka T, Kubota T, Imanishi Y, Shimotsuji T, Ozono K

    Bone   67   56 - 62   2014年10月( ISSN:8756-3282

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.bone.2014.06.026

    PubMed

  • 日本人閉経女性における肥満と骨質に関する検討

    尾崎 悦子, 栗山 長門, 松井 大輔, 渡邉 功, 稲葉 雅章, 今西 康雄, 水野 成人, 宮谷 史太郎, 山本 俊郎, 金村 成智, 堀井 基行, 渡邊 能行

    Osteoporosis Japan   22 ( 3 )   465 - 468   2014年07月( ISSN:0919-6307

     詳細を見る

    日本人閉経女性903名(平均年齢60.5±5.8歳)を対象に、肥満度と骨質の関連性について検討を行った。身長、体重、腹囲の計測、橈骨遠位部の超音波骨密度計による(透過波減衰、皮質骨厚、海綿骨骨密度、海綿骨弾性定数、座屈比、断面係数)測定、生活習慣、推定栄養素摂取量の算出を行い、BMI値を基にやせ群(18.5kg/m2未満)、標準群(18.5kg/m2以上25kg/m2未満)、肥満群(25kg/m2)に分類した。その結果、肥満群は他の群と比べて透過波減衰、海綿骨骨密度、座屈比が有意に高く、皮質骨厚、断面係数は有意に低く、肥満は骨質を劣化し骨全体の強度を低下させることを示した。やせ群は海綿骨弾性定数が他の群より有意に低く、骨粗鬆症の危険性が高いことが判明した。また、肥満群は標準群と比べて脂肪摂取量が有意に多く、ビタミンB1やカルシウムの摂取量が他の群より少なかった。以上より、肥満、やせは骨質に悪い影響を与え、骨脆弱性に関与すると推察した。

  • Strategy of operative treatment of hyperparathyroidism using US scan and (99m)Tc-MIBI SPECT/CT 査読

    Noda S, Onoda N, Kashiwagi S, Kawajiri H, Takashima T, Ishikawa T, Yoshida A, Higashiyama S, Kawabe J, Imanishi Y, et al

    Endocr J   61 ( 3 )   225 - 30   2014年03月( ISSN:1348-4540

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    適切な手術戦略を確立する目的で、テクネチウムセスタミビ((99m)Tc-MIBI)SPECT / CTの原発性副甲状腺機能亢進症(pHPT)を伴う症例の平面シンチグラフィおよび超音波(US)と比較するためのSPECT / CTの有効性を評価しました術前画像検査によると。手術を受けた75人の連続したpHPT患者の後ろ向きレビューを実施した。術前画像診断法および手術所見の結果を分析した。 7つの症例で複数の過形成腺が認められ、3つの症例では原因となる腺は見つかりませんでした。 4例は術前イメージングのためにUSスキャンのみを受けた。残りの61症例は単一腺腫であることが判明し、局在イメージングの評価に含まれていました。 USスキャン、(99m)Tc-MIBI平面スキャン、および(99m)Tc-MIBI SPECT / CTは、77.0%(47/61)、75.4%(46/61)、88.5%(46/52)で正確なローカリゼーションを示しましたそれぞれ評価可能なケース。米国および(99m)Tc-MIBI平面スキャンでは、42例(68.9%)で一貫した結果が示され、これらの例では90.5%(38/42)で正確な局在化が示されました。米国および(99m)Tc-MIBI SPECT / CTの両方が一貫していた場合、37の病変すべてが正しく示されていました。ローカリゼーションの実証に影響を与える臨床病理学的特徴は示唆されておらず、Tc-MIBI SPECT / CTが異所性腺で100%の感度を示した(99m)のみでした。米国と(99m)Tc-MIBI SPECT / CTの組み合わせは、単一腺腫の正確な局在を示すことにより、pHPTの場合の低侵襲手術の計画に確実に貢献する。

  • Association between glycemic control and morning blood pressure surge with vascular endothelial dysfunction in type 2 diabetic patients 査読

    Yoda K, Inaba M, Hamamoto K, Yoda M, Tsuda A, Mori K, Yamada S, Emoto M, Koyama H, Imanishi Y

    Diabetes Care   37 ( 3 )   644 - 50   2014年03月( ISSN:1935-5548

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    朝の血圧急上昇(MBPS)は、心血管イベントの独立した予測因子です。ただし、血糖コントロールとMBPSの間の関連付け、および2型糖尿病(T2DM)患者の血管損傷への影響についてはほとんど知られていません。現在の研究では、血糖コントロールとMBPSの関連、およびT2DM患者の血管機能障害の発症におけるMBPSの関与を調べました。研究デザインと方法:T2DM患者(男性患者25人/女性患者25人;平均年齢60.1 +/- 13.2歳; n = 50)のMBPSを24時間歩行血圧モニタリングを使用して調べ、上腕動脈による血管機能を評価しましたフロー媒介拡張(FMD)およびニトログリセリン媒介拡張(NMD)。結果:HbA1c(rho = 0.373、P = 0.009)およびトリグリセリド(TG)(rho = 0.375、P = 0.009)レベルは、MBPSと有意かつ正の相関がありました。独立変数としての年齢および24時間収縮期血圧(SBP)に加えてTGおよびHbA1cレベルを含む重回帰分析では、HbA1c(ベータ= 0.328、P = 0.016)およびTG(ベータ= 0.358、P = 0.014)でしたMBPSと積極的に関連しています。非インスリン使用者では、恒常性モデル評価比(HOMA-R)がTGの代わりに含まれていた場合、HOMA-Rが重要な要因として浮上しました。 MBPS(rho = -0.289、P = 0.043)およびHbA1c(rho = -0.301、P = 0.035)はFMDと有意に負の相関を示しましたが、24時間SBPはFMD(rho = -0.359、P = 0.012)と相関し、 NMD(ロー= -0.478、P = 0.004)。年齢、性別、24時間SBP、MBPS、LDLコレステロール、HbA1cなどの重回帰分析では、MBPS(ベータ= -0.284、P = 0.044)だけがFMDと有意に関連していましたが、NMDとは関連していませんでした。結論:現在の研究では、血糖コントロールとインスリン抵抗性の低下は、内皮機能障害と有意に関連している可能性のあるT2DM患者のMBPSの発生と独立して関連していることが示されました。

  • Association between glycemic control and morning blood pressure surge with vascular endothelial dysfunction in type 2 diabetic patients 査読

    Yoda K, Inaba M, Hamamoto K, Yoda M, Tsuda A, Mori K, Yamada S, Emoto M, Koyama H, Imanishi Y

    Diabetes Care   37 ( 3 )   644 - 50   2014年03月( ISSN:1935-5548

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    朝の血圧急上昇(MBPS)は、心血管イベントの独立した予測因子です。ただし、血糖コントロールとMBPSの間の関連付け、および2型糖尿病(T2DM)患者の血管損傷への影響についてはほとんど知られていません。現在の研究では、血糖コントロールとMBPSの関連、およびT2DM患者の血管機能障害の発症におけるMBPSの関与を調べました。研究デザインと方法:T2DM患者(男性患者25人/女性患者25人;平均年齢60.1 +/- 13.2歳; n = 50)のMBPSを24時間歩行血圧モニタリングを使用して調べ、上腕動脈による血管機能を評価しましたフロー媒介拡張(FMD)およびニトログリセリン媒介拡張(NMD)。結果:HbA1c(rho = 0.373、P = 0.009)およびトリグリセリド(TG)(rho = 0.375、P = 0.009)レベルは、MBPSと有意かつ正の相関がありました。独立変数としての年齢および24時間収縮期血圧(SBP)に加えてTGおよびHbA1cレベルを含む重回帰分析では、HbA1c(ベータ= 0.328、P = 0.016)およびTG(ベータ= 0.358、P = 0.014)でしたMBPSと積極的に関連しています。非インスリン使用者では、恒常性モデル評価比(HOMA-R)がTGの代わりに含まれていた場合、HOMA-Rが重要な要因として浮上しました。 MBPS(rho = -0.289、P = 0.043)およびHbA1c(rho = -0.301、P = 0.035)はFMDと有意に負の相関を示しましたが、24時間SBPはFMD(rho = -0.359、P = 0.012)と相関し、 NMD(ロー= -0.478、P = 0.004)。年齢、性別、24時間SBP、MBPS、LDLコレステロール、HbA1cなどの重回帰分析では、MBPS(ベータ= -0.284、P = 0.044)だけがFMDと有意に関連していましたが、NMDとは関連していませんでした。結論:現在の研究では、血糖コントロールとインスリン抵抗性の低下は、内皮機能障害と有意に関連している可能性のあるT2DM患者のMBPSの発生と独立して関連していることが示されました。

  • Strategy of operative treatment of hyperparathyroidism using US scan and (99m)Tc-MIBI SPECT/CT 査読

    Noda S, Onoda N, Kashiwagi S, Kawajiri H, Takashima T, Ishikawa T, Yoshida A, Higashiyama S, Kawabe J, Imanishi Y

    Endocr J   61 ( 3 )   225 - 30   2014年03月( ISSN:1348-4540

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    適切な手術戦略を確立する目的で、テクネチウムセスタミビ((99m)Tc-MIBI)SPECT / CTの原発性副甲状腺機能亢進症(pHPT)を伴う症例の平面シンチグラフィおよび超音波(US)と比較するためのSPECT / CTの有効性を評価しました術前画像検査によると。手術を受けた75人の連続したpHPT患者の後ろ向きレビューを実施した。術前画像診断法および手術所見の結果を分析した。 7つの症例で複数の過形成腺が認められ、3つの症例では原因となる腺は見つかりませんでした。 4例は術前イメージングのためにUSスキャンのみを受けた。残りの61症例は単一腺腫であることが判明し、局在イメージングの評価に含まれていました。 USスキャン、(99m)Tc-MIBI平面スキャン、および(99m)Tc-MIBI SPECT / CTは、77.0%(47/61)、75.4%(46/61)、88.5%(46/52)で正確なローカリゼーションを示しましたそれぞれ評価可能なケース。米国および(99m)Tc-MIBI平面スキャンでは、42例(68.9%)で一貫した結果が示され、これらの例では90.5%(38/42)で正確な局在化が示されました。米国および(99m)Tc-MIBI SPECT / CTの両方が一貫していた場合、37の病変すべてが正しく示されていました。ローカリゼーションの実証に影響を与える臨床病理学的特徴は示唆されておらず、Tc-MIBI SPECT / CTが異所性腺で100%の感度を示した(99m)のみでした。米国と(99m)Tc-MIBI SPECT / CTの組み合わせは、単一腺腫の正確な局在を示すことにより、pHPTの場合の低侵襲手術の計画に確実に貢献する。

  • USスキャンおよび99mTc-MIBI SPECT/CTを用いた副甲状腺機能亢進症の手術戦略(Strategy of operative treatment of hyperparathyroidism using US scan and 99mTc-MIBI SPELT/CT)

    Noda Satoru, Onoda Naoyoshi, Kashiwagi Shinichiro, Kawajiri Hidemi, Takashima Tsutomu, Ishikawa Tetsuro, Yoshida Atsushi, Higashiyama Shigeaki, Kawabe Joji, Imanishi Yasuo, Tahara Hideki, Inaba Masaaki, Osawa Masahiko, Hirakawa Kosei

    Endocrine Journal   61 ( 3 )   225 - 230   2014年03月( ISSN:0918-8959

     詳細を見る

    術前画像所見から適切な手術戦略を立てるため、原発性副甲状腺機能亢進症(pHPT)の病変箇所の確定におけるテクネチウムセスタミビ(99mTc-MIBI)SPECT/CTの有効性を99mTc-MIBIプラナースキャンおよび超音波(US)スキャンの有効性と比較した。副甲状腺摘出術で単一の腺腫が認められたpHPT患者61名(平均63.5±12.5歳、男性9名、女性52名)を対象に、術前画像検査の結果について有効性を評価した。USスキャン(n=61)により56例、プラナースキャン(n=61)により52例、SPECT/CT(n=52)により46例に病変が検出された。病変の正確な位置が確定された割合は、USスキャン、プラナースキャン、SPECT/CTの単一モダリティーでそれぞれ77.0%、75.4%、88.5%であり、USスキャンとプラナースキャンの組み合わせ(n=42)およびUSスキャンとSPECT/CTの組み合わせ(n=37)でそれぞれ90.5%および100%であった。以上の結果から、USスキャンと99mTc-MIBI SPECT/CTによる画像診断の結果の一致により術前に高い信頼性で病変位置が確定できることが示唆された。

  • Association between glycemic control and morning blood pressure surge with vascular endothelial dysfunction in type 2 diabetic patients 査読

    Yoda K, Inaba M, Hamamoto K, Yoda M, Tsuda A, Mori K, Yamada S, Emoto M, Koyama H, Imanishi Y

    Diabetes Care   37 ( 3 )   644 - 50   2014年03月( ISSN:1935-5548

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    朝の血圧急上昇(MBPS)は、心血管イベントの独立した予測因子です。ただし、血糖コントロールとMBPSの間の関連付け、および2型糖尿病(T2DM)患者の血管損傷への影響についてはほとんど知られていません。現在の研究では、血糖コントロールとMBPSの関連、およびT2DM患者の血管機能障害の発症におけるMBPSの関与を調べました。研究デザインと方法:T2DM患者(男性患者25人/女性患者25人;平均年齢60.1 +/- 13.2歳; n = 50)のMBPSを24時間歩行血圧モニタリングを使用して調べ、上腕動脈による血管機能を評価しましたフロー媒介拡張(FMD)およびニトログリセリン媒介拡張(NMD)。結果:HbA1c(rho = 0.373、P = 0.009)およびトリグリセリド(TG)(rho = 0.375、P = 0.009)レベルは、MBPSと有意かつ正の相関がありました。独立変数としての年齢および24時間収縮期血圧(SBP)に加えてTGおよびHbA1cレベルを含む重回帰分析では、HbA1c(ベータ= 0.328、P = 0.016)およびTG(ベータ= 0.358、P = 0.014)でしたMBPSと積極的に関連しています。非インスリン使用者では、恒常性モデル評価比(HOMA-R)がTGの代わりに含まれていた場合、HOMA-Rが重要な要因として浮上しました。 MBPS(rho = -0.289、P = 0.043)およびHbA1c(rho = -0.301、P = 0.035)はFMDと有意に負の相関を示しましたが、24時間SBPはFMD(rho = -0.359、P = 0.012)と相関し、 NMD(ロー= -0.478、P = 0.004)。年齢、性別、24時間SBP、MBPS、LDLコレステロール、HbA1cなどの重回帰分析では、MBPS(ベータ= -0.284、P = 0.044)だけがFMDと有意に関連していましたが、NMDとは関連していませんでした。結論:現在の研究では、血糖コントロールとインスリン抵抗性の低下は、内皮機能障害と有意に関連している可能性のあるT2DM患者のMBPSの発生と独立して関連していることが示されました。

  • Strategy of operative treatment of hyperparathyroidism using US scan and (99m)Tc-MIBI SPECT/CT 査読

    Noda S, Onoda N, Kashiwagi S, Kawajiri H, Takashima T, Ishikawa T, Yoshida A, Higashiyama S, Kawabe J, Imanishi Y

    Endocr J   61 ( 3 )   225 - 30   2014年03月( ISSN:1348-4540

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    適切な手術戦略を確立する目的で、テクネチウムセスタミビ((99m)Tc-MIBI)SPECT / CTの原発性副甲状腺機能亢進症(pHPT)を伴う症例の平面シンチグラフィおよび超音波(US)と比較するためのSPECT / CTの有効性を評価しました術前画像検査によると。手術を受けた75人の連続したpHPT患者の後ろ向きレビューを実施した。術前画像診断法および手術所見の結果を分析した。 7つの症例で複数の過形成腺が認められ、3つの症例では原因となる腺は見つかりませんでした。 4例は術前イメージングのためにUSスキャンのみを受けた。残りの61症例は単一腺腫であることが判明し、局在イメージングの評価に含まれていました。 USスキャン、(99m)Tc-MIBI平面スキャン、および(99m)Tc-MIBI SPECT / CTは、77.0%(47/61)、75.4%(46/61)、88.5%(46/52)で正確なローカリゼーションを示しましたそれぞれ評価可能なケース。米国および(99m)Tc-MIBI平面スキャンでは、42例(68.9%)で一貫した結果が示され、これらの例では90.5%(38/42)で正確な局在化が示されました。米国および(99m)Tc-MIBI SPECT / CTの両方が一貫していた場合、37の病変すべてが正しく示されていました。ローカリゼーションの実証に影響を与える臨床病理学的特徴は示唆されておらず、Tc-MIBI SPECT / CTが異所性腺で100%の感度を示した(99m)のみでした。米国と(99m)Tc-MIBI SPECT / CTの組み合わせは、単一腺腫の正確な局在を示すことにより、pHPTの場合の低侵襲手術の計画に確実に貢献する。

  • Direct Inhibitory Effects of Pioglitazone on Hepatic Fetuin-A Expression 査読

    Ochi Akinobu, Mori Katsuhito, Emoto Masanori, Nakatani Shinya, Morioka Tomoaki, Motoyama Koka, Fukumoto Shinya, Imanishi Yasuo, Koyama Hidenori, Ishimura Eiji, Inaba Masaaki

    PLOS ONE   9 ( 2 )   e88704   2014年02月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    肝臓で合成される循環糖タンパク質であるフェツイン-Aは、インスリン抵抗性と2型糖尿病に関与しています。ただし、フェチュインA合成の規制はあいまいなままです。以前、ピオグリタゾン治療により、2型糖尿病患者の血清フェチュインAレベルが有意に低下したことが報告されました。ピオグリタゾンが肝性フェチュイン-A合成を阻害するかどうかを明らかにするために、in vitroおよびin vivoの両方でフェチュイン-A発現に対するピオグリタゾンの効果を調べた。ピオグリタゾン治療は、Fao肝癌細胞におけるフェチュインAのmRNAおよびタンパク質発現を抑制しました。興味深いことに、メトホルミンではなくロシグリタゾンもフェチュインAの発現を阻害しました。さらに、ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体(PPAR)ガンマの阻害剤であるGW 9662は、ピオグリタゾンによるフェチュインAの抑制を逆転させ、チアゾリジンジオン誘導体がフェチュインA抑制に関して、おそらくPPAR最後に、8週間マウスにピオグリタゾンを経口投与すると、肝臓のフェチュインA mRNAが抑制されました。これらの発見は、ピオグリタゾンが肝臓のフェチュインA発現に対する直接的な阻害効果によりインスリン抵抗性を部分的に改善する可能性があることを示唆した。

    DOI: 10.1371/journal.pone.0088704

    PubMed

  • Direct inhibitory effects of pioglitazone on hepatic fetuin-A expression. 査読

    Ochi A, Mori K, Emoto M, Nakatani S, Morioka T, Motoyama K, Fukumoto S, Imanishi Y, Koyama H, Ishimura E, Inaba M

    PloS one   9 ( 2 )   e88704   2014年( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0088704

    PubMed

  • Strategy of operative treatment of hyperparathyroidism using US scan and (99m)Tc-MIBI SPECT/CT.

    Noda S, Onoda N, Kashiwagi S, Kawajiri H, Takashima T, Ishikawa T, Yoshida A, Higashiyama S, Kawabe J, Imanishi Y, Tahara H, Inaba M, Osawa M, Hirakawa K

    Endocrine journal   61 ( 3 )   225 - 30   2014年( ISSN:0918-8959

  • Strategy of operative treatment of hyperparathyroidism using US scan and (99m)Tc-MIBI SPECT/CT 査読

    今西 康雄

    Endocr J   61   225 - 230   2014年

  • Increased active PTH(1-84) fraction as a predictor of poor mortality in male hemodialysis patients 査読

    Inaba M, Okuno S, Imanishi Y, Ishimura E, Yamakawa T, Shoji S

    Osteoporos Int   24 ( 11 )   2863 - 70   2013年11月( ISSN:1433-2965

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    血清副甲状腺ホルモン[PTH(1-84)] /無傷のPTH [PTH(1-84)+ PTH(7-84)]比は、副甲状腺機能および骨代謝状態の血清PTHレベルよりも優れたマーカーを提供することを以前に報告しました。 。本研究では、PTH(1-84)/無傷のPTH比が高いが、血清PTH(1-84)および無傷のPTHではなく、男性血液透析患者177人の全死因死亡率が高いことが予測された。はじめに:PTH(1-84)/無傷のPTH比が副甲状腺機能とその結果生じる骨代謝回転状態に臨床的に関連するマーカーを提供することを報告しました。私たちの研究の目的は、男性の血液透析患者におけるPTH(1-84)/無傷のPTH比と全死因死亡率(ACM)の関係を調査することでした。方法:この研究は70か月間実施されました。 177人の男性血液透析患者の血清PTHを、PTH(1-84)特異的ホールPTHアッセイおよびPTH(7-84)を含むN短縮PTHと交差反応するインタクトPTHアッセイで測定しました。結果:患者(n = 177)は、PTH(1-84)/無傷のPTH比(カットオフ値、0.484)、無傷のPTH(143.8 pg / mL)、およびPTH( 1-84)(64.1 pg / mL)。 Kaplan-Meier分析では、無傷のPTHの高群と低群のわずかな差とは対照的に、全PTH /インタクトPTH比の高群は低群よりも有意に高いACMを有していました(ログランク検定でP = 0.020)およびPTH(1-84)。多変量Cox回帰ハザード分析は、より高い対数[PTH(1-84)/インタクトPTH比]を識別しましたが、完全なPTHまたは対数PTH(1-84)を有意な独立予測因子として識別しません[ハザード比14.428(95%CI 2.486-83.728) )]年齢、血液透析期間、糖尿病の有無、BMI、log C反応性タンパク質、血清アルブミン、カルシウム、リン酸塩などのさまざまな要因を調整した後のACM。関連付けは、ビタミンD投与なし(n = 95)のlog [PTH(1-84)/ intact PTH ratio]とACMの間に存在しました。結論:副甲状腺機能に関連するマーカーを提供するより高いPTH(1-84)/無傷のPTH比は、男性の血液透析患者におけるACMの重要な予測因子である可能性がある。

  • Increased active PTH(1-84) fraction as a predictor of poor mortality in male hemodialysis patients 査読

    Inaba M, Okuno S, Imanishi Y, Ishimura E, Yamakawa T, Shoji S

    Osteoporos Int   24 ( 11 )   2863 - 70   2013年11月( ISSN:1433-2965

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    血清副甲状腺ホルモン[PTH(1-84)] /無傷のPTH [PTH(1-84)+ PTH(7-84)]比は、副甲状腺機能および骨代謝状態の血清PTHレベルよりも優れたマーカーを提供することを以前に報告しました。 。本研究では、PTH(1-84)/無傷のPTH比が高いが、血清PTH(1-84)および無傷のPTHではなく、男性血液透析患者177人の全死因死亡率が高いことが予測された。はじめに:PTH(1-84)/無傷のPTH比が副甲状腺機能とその結果生じる骨代謝回転状態に臨床的に関連するマーカーを提供することを報告しました。私たちの研究の目的は、男性の血液透析患者におけるPTH(1-84)/無傷のPTH比と全死因死亡率(ACM)の関係を調査することでした。方法:この研究は70か月間実施されました。 177人の男性血液透析患者の血清PTHを、PTH(1-84)特異的ホールPTHアッセイおよびPTH(7-84)を含むN短縮PTHと交差反応するインタクトPTHアッセイで測定しました。結果:患者(n = 177)は、PTH(1-84)/無傷のPTH比(カットオフ値、0.484)、無傷のPTH(143.8 pg / mL)、およびPTH( 1-84)(64.1 pg / mL)。 Kaplan-Meier分析では、無傷のPTHの高群と低群のわずかな差とは対照的に、全PTH /インタクトPTH比の高群は低群よりも有意に高いACMを有していました(ログランク検定でP = 0.020)およびPTH(1-84)。多変量Cox回帰ハザード分析は、より高い対数[PTH(1-84)/インタクトPTH比]を識別しましたが、完全なPTHまたは対数PTH(1-84)を有意な独立予測因子として識別しません[ハザード比14.428(95%CI 2.486-83.728) )]年齢、血液透析期間、糖尿病の有無、BMI、log C反応性タンパク質、血清アルブミン、カルシウム、リン酸塩などのさまざまな要因を調整した後のACM。関連付けは、ビタミンD投与なし(n = 95)のlog [PTH(1-84)/ intact PTH ratio]とACMの間に存在しました。結論:副甲状腺機能に関連するマーカーを提供するより高いPTH(1-84)/無傷のPTH比は、男性の血液透析患者におけるACMの重要な予測因子である可能性がある。

  • Increased active PTH(1-84) fraction as a predictor of poor mortality in male hemodialysis patients 査読

    Inaba M, Okuno S, Imanishi Y, Ishimura E, Yamakawa T, Shoji S

    Osteoporos Int   24 ( 11 )   2863 - 70   2013年11月( ISSN:1433-2965

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    血清副甲状腺ホルモン[PTH(1-84)] /無傷のPTH [PTH(1-84)+ PTH(7-84)]比は、副甲状腺機能および骨代謝状態の血清PTHレベルよりも優れたマーカーを提供することを以前に報告しました。 。本研究では、PTH(1-84)/無傷のPTH比が高いが、血清PTH(1-84)および無傷のPTHではなく、男性血液透析患者177人の全死因死亡率が高いことが予測された。はじめに:PTH(1-84)/無傷のPTH比が副甲状腺機能とその結果生じる骨代謝回転状態に臨床的に関連するマーカーを提供することを報告しました。私たちの研究の目的は、男性の血液透析患者におけるPTH(1-84)/無傷のPTH比と全死因死亡率(ACM)の関係を調査することでした。方法:この研究は70か月間実施されました。 177人の男性血液透析患者の血清PTHを、PTH(1-84)特異的ホールPTHアッセイおよびPTH(7-84)を含むN短縮PTHと交差反応するインタクトPTHアッセイで測定しました。結果:患者(n = 177)は、PTH(1-84)/無傷のPTH比(カットオフ値、0.484)、無傷のPTH(143.8 pg / mL)、およびPTH( 1-84)(64.1 pg / mL)。 Kaplan-Meier分析では、無傷のPTHの高群と低群のわずかな差とは対照的に、全PTH /インタクトPTH比の高群は低群よりも有意に高いACMを有していました(ログランク検定でP = 0.020)およびPTH(1-84)。多変量Cox回帰ハザード分析は、より高い対数[PTH(1-84)/インタクトPTH比]を識別しましたが、完全なPTHまたは対数PTH(1-84)を有意な独立予測因子として識別しません[ハザード比14.428(95%CI 2.486-83.728) )]年齢、血液透析期間、糖尿病の有無、BMI、log C反応性タンパク質、血清アルブミン、カルシウム、リン酸塩などのさまざまな要因を調整した後のACM。関連付けは、ビタミンD投与なし(n = 95)のlog [PTH(1-84)/ intact PTH ratio]とACMの間に存在しました。結論:副甲状腺機能に関連するマーカーを提供するより高いPTH(1-84)/無傷のPTH比は、男性の血液透析患者におけるACMの重要な予測因子である可能性がある。

  • Increased active PTH(1-84) fraction as a predictor of poor mortality in male hemodialysis patients.

    Inaba M, Okuno S, Imanishi Y, Ishimura E, Yamakawa T, Shoji S

    Osteoporosis international : a journal established as result of cooperation between the European Foundation for Osteoporosis and the National Osteoporosis Foundation of the USA   24 ( 11 )   2863 - 70   2013年11月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

  • 副甲状腺疾患とその病態 原発性副甲状腺機能亢進症の病態生理

    今西 康雄, 稲葉 雅章

    腎と骨代謝   26 ( 4 )   263 - 271   2013年10月( ISSN:09145265

     詳細を見る

  • Allelic imbalance in sporadic parathyroid carcinoma and evidence for its de novo origins 査読 国際共著

    Costa-Guda J, Imanishi Y, Palanisamy N, Kawamata N, Phillip Koeffler H, Chaganti RS, Arnold A

    Endocrine   44 ( 2 )   489 - 495   2013年10月( ISSN:1559-0100

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    副甲状腺がんは、原発性副甲状腺機能亢進症のまれで臨床的に侵攻性の原因であり、これらの悪性腫瘍が一般に既存の良性腺腫から発生するか、新たに発生するかは不明です。さらに、パラフィブロミンをコードするCDC73(HRPT2)腫瘍抑制遺伝子の不活性化が主要な寄与因子である一方で、副甲状腺発癌に不可欠な他の遺伝子は不明のままです。このような癌遺伝子または腫瘍抑制遺伝子を潜在的に宿すゲノム領域を特定し、悪性副甲状腺腫瘍と良性副甲状腺腫瘍の起源および分子関係についての洞察を得ようとしました。 Affymetrix 50K SNPマッピングアレイを使用したゲノム全体のコピー数とヘテロ接合性喪失の分析、および/または16人の原発性副甲状腺癌、局所再発または遠隔転移、および10人からの正常対照との比較ゲノムハイブリダイゼーションを行いました。対立遺伝子喪失の再発領域が染色体1p、3、および13qで観察され、重要な副甲状腺腫瘍抑制遺伝子がこれらの染色体位置にあることを示唆しています。染色体1qおよび16で再発対立遺伝子の増加が見られ、これらの染色体に副甲状腺がん遺伝子が存在することが示唆されました。重要なことに、良性副甲状腺腺腫の最も一般的な変化である11qの喪失は、悪性副甲状腺組織の再発性の変化としては発見されませんでした。高度に多型のマイクロサテライトマーカーを使用した分子アレロタイピングにより、腺腫と比較して癌腫では11q損失の有病率が著しく、有意に低いことがさらに確認されました。我々の観察は、既存の典型的な良性腺腫から進化するのではなく、散発性副甲状腺がんが通常新たに発生するという概念に対する分子的サポートを提供します。さらに、これらの結果は、これらの染色体位置にある候補遺伝子のどれが副甲状腺癌の分子病因に重要な貢献をするかを最終的に決定するための将来の調査の方向付けに役立つ。

  • Allelic imbalance in sporadic parathyroid carcinoma and evidence for its de novo origins 査読

    Jessica Costa-Guda, Yasuo Imanishi, Nallasivam Palanisamy, Norihiko Kawamata, H. Phillip Koeffler, R. S.K. Chaganti, Andrew Arnold

    Endocrine   44 ( 2 )   489 - 495   2013年10月( ISSN:1355-008X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Parathyroid cancer is a rare, clinically aggressive cause of primary hyperparathyroidism, and whether these malignancies generally evolve from pre-existing benign adenomas or arise de novo is unclear. Furthermore, while inactivation of the CDC73 (HRPT2) tumor suppressor gene, encoding parafibromin, is a major contributor, other genes essential to parathyroid carcinogenesis remain unknown. We sought to identify genomic regions potentially harboring such oncogenes or tumor suppressor genes, and to gain insight into the origins and molecular relationship of malignant versus benign parathyroid tumors. We performed genome-wide copy-number and loss of heterozygosity analysis using Affymetrix 50K SNP mapping arrays and/or comparative genomic hybridization on 16 primary parathyroid carcinomas, local recurrences or distant metastases, and matched normal controls, from 10 individuals. Recurrent regions of allelic loss were observed on chromosomes 1p, 3, and 13q suggesting that key parathyroid tumor suppressor genes are located in these chromosomal locations. Recurrent allelic gains were seen on chromosomes 1q and 16, suggesting the presence of parathyroid oncogenes on these chromosomes. Importantly, the most common alteration in benign parathyroid adenomas, loss of 11q, was not found as a recurrent change in the malignant parathyroid tissues. Molecular allelotyping using highly polymorphic microsatellite markers provided further confirmation that the prevalence of 11q loss is markedly and significantly lower in carcinomas as compared with adenomas. Our observations provide molecular support for the concept that sporadic parathyroid cancer usually arises de novo, rather than evolving from a pre-existing typical benign adenoma. Furthermore, these results help direct future investigation to ultimately determine which of the candidate genes in these chromosomal locations make significant contributions to the molecular pathogenesis of parathyroid cancer. © 2013 Springer Science+Business Media New York.

    DOI: 10.1007/s12020-013-9903-4

    PubMed

  • 原発性副甲状腺機能亢進症におけるメガリン発現の意義

    今西 康雄, 山形 雅代, 稲葉 雅章

    Osteoporosis Japan   21 ( 4 )   719 - 722   2013年10月( ISSN:0919-6307

     詳細を見る

    原発性副甲状腺機能亢進症(PHPT)患者の副甲状腺腺腫を採取し、その初代培養液中にメガリンのリガンドであるHis-PAPを添加してその細胞内局在について検討し、His-PAPが25水酸化ビタミンD添加により生じる副甲状腺ホルモン分泌抑制を解除できるか検討した。期待される成果として、メガリンのPHPTにおける病理学的役割を明らかにできると考えられた。

  • Allelic imbalance in sporadic parathyroid carcinoma and evidence for its de novo origins 査読

    Jessica Costa-Guda, Yasuo Imanishi, Nallasivam Palanisamy, Norihiko Kawamata, H. Phillip Koeffler, R. S.K. Chaganti, Andrew Arnold

    Endocrine   44 ( 2 )   489 - 495   2013年10月( ISSN:1355-008X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Parathyroid cancer is a rare, clinically aggressive cause of primary hyperparathyroidism, and whether these malignancies generally evolve from pre-existing benign adenomas or arise de novo is unclear. Furthermore, while inactivation of the CDC73 (HRPT2) tumor suppressor gene, encoding parafibromin, is a major contributor, other genes essential to parathyroid carcinogenesis remain unknown. We sought to identify genomic regions potentially harboring such oncogenes or tumor suppressor genes, and to gain insight into the origins and molecular relationship of malignant versus benign parathyroid tumors. We performed genome-wide copy-number and loss of heterozygosity analysis using Affymetrix 50K SNP mapping arrays and/or comparative genomic hybridization on 16 primary parathyroid carcinomas, local recurrences or distant metastases, and matched normal controls, from 10 individuals. Recurrent regions of allelic loss were observed on chromosomes 1p, 3, and 13q suggesting that key parathyroid tumor suppressor genes are located in these chromosomal locations. Recurrent allelic gains were seen on chromosomes 1q and 16, suggesting the presence of parathyroid oncogenes on these chromosomes. Importantly, the most common alteration in benign parathyroid adenomas, loss of 11q, was not found as a recurrent change in the malignant parathyroid tissues. Molecular allelotyping using highly polymorphic microsatellite markers provided further confirmation that the prevalence of 11q loss is markedly and significantly lower in carcinomas as compared with adenomas. Our observations provide molecular support for the concept that sporadic parathyroid cancer usually arises de novo, rather than evolving from a pre-existing typical benign adenoma. Furthermore, these results help direct future investigation to ultimately determine which of the candidate genes in these chromosomal locations make significant contributions to the molecular pathogenesis of parathyroid cancer. © 2013 Springer Science+Business Media New York.

    DOI: 10.1007/s12020-013-9903-4

    PubMed

  • 活性型ビタミンD投与中の骨粗鬆症患者に対するバゼドキシフェン併用効果について

    正木 秀樹, 中 弘志, 齊藤 真一, 永田 友貴, 今西 康雄, 揖場 和子, 稲葉 雅章, 三木 隆己

    Osteoporosis Japan   21 ( 3 )   601 - 603   2013年07月( ISSN:0919-6307

     詳細を見る

    原発性骨粗鬆症と診断され、活性型ビタミンD投与中にもかかわらず効果不十分と判断された女性患者21名(平均年齢73.5歳)を対象に、選択的エストロゲン受容体作動薬であるバゼドキシフェンの併用による骨代謝に与える影響について検討した。その結果、1)骨吸収マーカーであるTRACP-5bの変化率はベースラインと比較して1ヵ月で-12.8%、3ヵ月で-24.3%と、1ヵ月後に比べ有意な抑制を認められた。また、同時に尿中NTX/Crの平均変化率もベースラインと比較して1ヵ月で-12.3%、3ヵ月で-24.3%と1ヵ月より有意な抑制がみられた。2)最小有効変化からみたバゼドキシフェンの治療効果判定はTRACPでは治療開始1ヵ月後時点で52.6%の症例に、3ヵ月後時点で68.4%の症例に最小有効量を超える変動が認められたが、尿中NTZ/Crでは1ヵ月時点で16.7%に、3ヵ月時点で33.3%の症例に最小有効量の変動が認められた。3)LDL-コレステロールではベースラインから比較して1ヵ月時点で-6.2%、3ヵ月時点で-7.4%の低下が認められた。以上、これらのことからもバゼドキシフェンの治療効果判定マーカーとしてTRACP-5bは有用である可能性が示唆された。

  • Thyroid heterogeneity, as indicated by the CV of ultrasonographic intensities, correlates with anti-thyroid peroxidase antibodies in euthyroid Hashimoto's thyroiditis. 査読

    Wakita Y, Nagasaki T, Nagata Y, Imanishi Y, Yamada S, Yoda K, Emoto M, Ishimura E, Inaba M

    Thyroid research   6 ( 1 )   5   2013年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    甲状腺機能正常の橋本甲状腺炎(HT)の炎症と破壊を反映して、甲状腺の不均一な外観を前向きに評価するために、不均一性指数(HI)[超音波検査(米国)の分散係数(CV) )強​​度]、抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO-Ab)に焦点を当てており、疾患活動性だけでなく、HTの甲状腺破壊も表します。方法:甲状腺機能亢進症HT [60.5 +/- 2.7歳(平均+/- SE)]および30人の年齢が一致した正常なコントロールを持つ44人の連続した患者を研究しました。 HIは、右総頸動脈の深さでの水平線に沿った甲状腺のローブあたり4ポイントの米国強度のCV(SD /平均)として計算されました。評価には、遊離サイロキシン(FT4)、遊離トリヨードサイロニン(FT3)、甲状腺刺激ホルモン(TSH)、抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO-Ab)、抗サイログロブリン抗体(Tg-Ab)、サイログロブリンおよび甲状腺量の血清レベルが含まれます。結果:2つのグループ間でTSH、FT4およびFT3、サイログロブリン、甲状腺の体積に差は認められませんでしたが、HIは有意差の傾向を示しました(HT患者で3.59 +/- 0.20%vs通常の3.23 +/- 0.19%グループ、p = 0.089)。 HT患者では、HIとTPO-Abの有意かつ正の相関がありましたが(r = 0.396、p = 0.034)、そのような相関は正常な対照では見られませんでした。両方のグループで、HIとTg-Ab、FT3、FT4、またはTSHとの有意な相関はありませんでした。結論:これは、甲状腺の正常な甲状腺と異質性が識別可能になる前の、甲状腺の正常なHT患者におけるTPO-Abと甲状腺の異質性の密接な関係の最初の報告です。さらに、この段階では、甲状腺組織の不均一性により、HTのその後の甲状腺破壊がすでに予測されている可能性がある。

    DOI: 10.1186/1756-6614-6-5

    PubMed

  • Thyroid heterogeneity, as indicated by the CV of ultrasonographic intensities, correlates with anti-thyroid peroxidase antibodies in euthyroid Hashimoto's thyroiditis. 査読

    Wakita Y, Nagasaki T, Nagata Y, Imanishi Y, Yamada S, Yoda K, Emoto M, Ishimura E, Inaba M

    Thyroid research   6 ( 1 )   5   2013年03月( ISSN:1756-6614

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1756-6614-6-5

    PubMed

  • Tumor necrosis factor-related apoptosis-inducing ligand as an independent predictor of mortality in hemodialysis patents 査読

    Mori K, Okuno S, Shoji T, Emoto M, Kakutani Y, Yamakawa K, Imanishi Y, Ishimura E, Yamakawa T, Shoji S, Inaba M

    Cytokine   61 ( 3 )   912 - 6   2013年03月( ISSN:1096-0023

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド(TRAIL)は、もともと形質転換細胞のアポトーシスの誘導因子として単離されました。腫瘍サーベイランスに加えて、最近の発見は、TRAILとその受容体システムが感染と心血管疾患(CVD)に対して保護的な役割を果たすことを示唆しています。血液透析を受けている患者の死亡率は高く、独自の危険因子プロファイルがあります。これらの患者の主な死因は感染とCVDであることを考慮すると、TRAILはこの集団の死亡率を予測するための魅力的な候補です。したがって、TRAILが血液透析患者の死亡率を予測するかどうかを調査しました。方法:この研究は、149人の男性血液透析患者を対象にした45か月の回顧的観察コホート設計でした。被験者は、ELISAで測定されたベースラインTRAILレベルに従って、2つのグループに分けられました(低または高TRAILグループ)。主な結果は全死因死亡でした。結果:フォローアップ期間中に、33人の患者が死亡しました。主にCVD(n = 11)または感染(n = 9)が原因です。粗生存率分析は、低いTRAILレベルが全原因(p = 0.011)および感染性死亡率(p = 0.048)の強力な予測因子であることを示しました。さまざまな交絡因子の調整後、TRAILの予測力は維持されました。結論:血清TRAILレベルは、血液透析患者の予後を予測するための新しいバイオマーカーである可能性がある。

  • Tumor necrosis factor-related apoptosis-inducing ligand as an independent predictor of mortality in hemodialysis patents 査読

    Mori K, Okuno S, Shoji T, Emoto M, Kakutani Y, Yamakawa K, Imanishi Y, Ishimura E, Yamakawa T, Shoji S, Inaba M

    Cytokine   61 ( 3 )   912 - 6   2013年03月( ISSN:1096-0023

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド(TRAIL)は、もともと形質転換細胞のアポトーシスの誘導因子として単離されました。腫瘍サーベイランスに加えて、最近の発見は、TRAILとその受容体システムが感染と心血管疾患(CVD)に対して保護的な役割を果たすことを示唆しています。血液透析を受けている患者の死亡率は高く、独自の危険因子プロファイルがあります。これらの患者の主な死因は感染とCVDであることを考慮すると、TRAILはこの集団の死亡率を予測するための魅力的な候補です。したがって、TRAILが血液透析患者の死亡率を予測するかどうかを調査しました。方法:この研究は、149人の男性血液透析患者を対象にした45か月の回顧的観察コホート設計でした。被験者は、ELISAで測定されたベースラインTRAILレベルに従って、2つのグループに分けられました(低または高TRAILグループ)。主な結果は全死因死亡でした。結果:フォローアップ期間中に、33人の患者が死亡しました。主にCVD(n = 11)または感染(n = 9)が原因です。粗生存率分析は、低いTRAILレベルが全原因(p = 0.011)および感染性死亡率(p = 0.048)の強力な予測因子であることを示しました。さまざまな交絡因子の調整後、TRAILの予測力は維持されました。結論:血清TRAILレベルは、血液透析患者の予後を予測するための新しいバイオマーカーである可能性がある。

  • Tumor necrosis factor-related apoptosis-inducing ligand as an independent predictor of mortality in hemodialysis patents 査読

    Mori K, Okuno S, Shoji T, Emoto M, Kakutani Y, Yamakawa K, Imanishi Y, Ishimura E, Yamakawa T, Shoji S, Inaba M

    Cytokine   61 ( 3 )   912 - 6   2013年03月( ISSN:1096-0023

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド(TRAIL)は、もともと形質転換細胞のアポトーシスの誘導因子として単離されました。腫瘍サーベイランスに加えて、最近の発見は、TRAILとその受容体システムが感染と心血管疾患(CVD)に対して保護的な役割を果たすことを示唆しています。血液透析を受けている患者の死亡率は高く、独自の危険因子プロファイルがあります。これらの患者の主な死因は感染とCVDであることを考慮すると、TRAILはこの集団の死亡率を予測するための魅力的な候補です。したがって、TRAILが血液透析患者の死亡率を予測するかどうかを調査しました。方法:この研究は、149人の男性血液透析患者を対象にした45か月の回顧的観察コホート設計でした。被験者は、ELISAで測定されたベースラインTRAILレベルに従って、2つのグループに分けられました(低または高TRAILグループ)。主な結果は全死因死亡でした。結果:フォローアップ期間中に、33人の患者が死亡しました。主にCVD(n = 11)または感染(n = 9)が原因です。粗生存率分析は、低いTRAILレベルが全原因(p = 0.011)および感染性死亡率(p = 0.048)の強力な予測因子であることを示しました。さまざまな交絡因子の調整後、TRAILの予測力は維持されました。結論:血清TRAILレベルは、血液透析患者の予後を予測するための新しいバイオマーカーである可能性がある。

  • Tumor necrosis factor-related apoptosis-inducing ligand as an independent predictor of mortality in hemodialysis patents.

    Mori K, Okuno S, Shoji T, Emoto M, Kakutani Y, Yamakawa K, Imanishi Y, Ishimura E, Yamakawa T, Shoji S, Inaba M

    Cytokine   61 ( 3 )   912 - 6   2013年03月( ISSN:1043-4666

     詳細を見る

  • Undercarboxylated osteocalcin does not correlate with insulin resistance as assessed by euglycemic hyperinsulinemic clamp technique in patients with type 2 diabetes mellitus 査読

    Mori Katsuhito, Emoto Masanori, Motoyama Koka, Lee Eiko, Yamada Shinsuke, Morioka Tomoaki, Imanishi Yasuo, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki

    DIABETOLOGY & METABOLIC SYNDROME   4 ( 1 )   53   2012年12月( ISSN:1758-5996

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    背景:最近のin vitroおよびin vivoの研究は、インスリン分泌およびインスリン感受性におけるオステオカルシン(OC)、特に低カルボキシル化型(ucOC)の重要な役割を示唆しています。 この研究の目的は、2型糖尿病のヒトにおける血清ucOCレベルとインスリン抵抗性の関連を調査することでした。 所見:2型糖尿病患者129人の血清ucOCレベルを測定した。 インスリン抵抗性は、正常血糖高インスリンクランプ法を使用して評価されました。 使用されたインスリン抵抗性指標は、全身グルコース処理速度であるM値と、定常状態の血漿インスリンレベルに対して調整されたM値であるM / I値でした。 ucOCレベルは、M値(rho = -0.013、p = 0.886)またはM / I値(rho = 0.001、p = 0.995)と相関していませんでした。 結論:2型糖尿病患者では、ucOCレベルとインスリン抵抗性の間に関連性は認められない。

    DOI: 10.1186/1758-5996-4-53

    PubMed

  • Undercarboxylated osteocalcin does not correlate with insulin resistance as assessed by euglycemic hyperinsulinemic clamp technique in patients with type 2 diabetes mellitus. 査読

    Mori K, Emoto M, Motoyama K, Lee E, Yamada S, Morioka T, Imanishi Y, Shoji T, Inaba M

    Diabetology & metabolic syndrome   4 ( 1 )   53   2012年12月( ISSN:1758-5996

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1758-5996-4-53

    PubMed

  • Impaired Response of FGF-23 to Oral Phosphate in Patients with Type 2 Diabetes: A Possible Mechanism of Atherosclerosis 査読

    Yoda K, Imanishi Y, Yoda M, Mishima T, Ichii M, Yamada S, Mori K, Emoto M, Inaba M

    J Clin Endocrinol Metab   97 ( 11 )   E2036 - E2043   2012年11月( ISSN:1945-7197

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    背景:骨芽細胞/骨芽細胞から分泌される線維芽細胞成長因子(FGF)-23は、リン酸(Pi)を介したPTH分泌の刺激、およびその結果として血清Piの調節に主要な役割を果たします。骨細胞/骨芽細胞の機能障害は、2型糖尿病(DM)の患者に発生します。目的:私たちの目的は、経口Pi刺激後の血清FGF-23およびPTHの増加が2型DMで損なわれているかどうかを調べることでした。設計と方法:対象は、慢性腎疾患のステージ3〜5のないDM患者10人と非DM患者10人でした。血清FGF-23、無傷のPTH(iPTH)、およびPiは、1日あたり2.0 gの経口Pi投与後に連続的に測定されました。結果:非DM患者では、Pi投与により2時間でFGF-23が有意に増加し、4時間でiPTHが増加しました。これらの増加は、DM患者で減衰しました。 2日間のPi刺激後、血清FGF-23およびiPTHは非DM患者では上昇したままであったが、DMでは上昇しなかった。すべての被験者において、血清FGF-23(0-2 h)およびiPTH(0-4 h)の初期変化は正の相関(r = 0.528)であり、血清Piのその後の変化(2-4 h)と有意な負の相関を示しました(それぞれr = -0.457およびr = -0.673)。血清Pi(2-4 h)はDM患者で有意に増加し、血清FGF-23およびiPTHに変化がないことと一致しますが、血清DMは非DM患者では有意に変化しませんでした。結論:これらの結果は、Pi刺激に反応した血清FGF-23およびPTHの増加が2型DMで損なわれ、その後血清Piが有意に増加することを示しています。これは、2型DMの進行性アテローム性動脈硬化症の根底にあるメカニズムである可能性がある。

  • Impaired Response of FGF-23 to Oral Phosphate in Patients with Type 2 Diabetes: A Possible Mechanism of Atherosclerosis 査読

    Yoda K, Imanishi Y, Yoda M, Mishima T, Ichii M, Yamada S, Mori K, Emoto M, Inaba M

    J Clin Endocrinol Metab   97 ( 11 )   E2036 - E2043   2012年11月( ISSN:1945-7197

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    背景:骨芽細胞/骨芽細胞から分泌される線維芽細胞成長因子(FGF)-23は、リン酸(Pi)を介したPTH分泌の刺激、およびその結果として血清Piの調節に主要な役割を果たします。骨細胞/骨芽細胞の機能障害は、2型糖尿病(DM)の患者に発生します。目的:私たちの目的は、経口Pi刺激後の血清FGF-23およびPTHの増加が2型DMで損なわれているかどうかを調べることでした。設計と方法:対象は、慢性腎疾患のステージ3〜5のないDM患者10人と非DM患者10人でした。血清FGF-23、無傷のPTH(iPTH)、およびPiは、1日あたり2.0 gの経口Pi投与後に連続的に測定されました。結果:非DM患者では、Pi投与により2時間でFGF-23が有意に増加し、4時間でiPTHが増加しました。これらの増加は、DM患者で減衰しました。 2日間のPi刺激後、血清FGF-23およびiPTHは非DM患者では上昇したままであったが、DMでは上昇しなかった。すべての被験者において、血清FGF-23(0-2 h)およびiPTH(0-4 h)の初期変化は正の相関(r = 0.528)であり、血清Piのその後の変化(2-4 h)と有意な負の相関を示しました(それぞれr = -0.457およびr = -0.673)。血清Pi(2-4 h)はDM患者で有意に増加し、血清FGF-23およびiPTHに変化がないことと一致しますが、血清DMは非DM患者では有意に変化しませんでした。結論:これらの結果は、Pi刺激に反応した血清FGF-23およびPTHの増加が2型DMで損なわれ、その後血清Piが有意に増加することを示しています。これは、2型DMの進行性アテローム性動脈硬化症の根底にあるメカニズムである可能性がある。

  • Impaired Response of FGF-23 to Oral Phosphate in Patients with Type 2 Diabetes: A Possible Mechanism of Atherosclerosis 査読

    Yoda K, Imanishi Y, Yoda M, Mishima T, Ichii M, Yamada S, Mori K, Emoto M, Inaba M

    J Clin Endocrinol Metab   97 ( 11 )   E2036 - E2043   2012年11月( ISSN:1945-7197

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    背景:骨芽細胞/骨芽細胞から分泌される線維芽細胞成長因子(FGF)-23は、リン酸(Pi)を介したPTH分泌の刺激、およびその結果として血清Piの調節に主要な役割を果たします。骨細胞/骨芽細胞の機能障害は、2型糖尿病(DM)の患者に発生します。目的:私たちの目的は、経口Pi刺激後の血清FGF-23およびPTHの増加が2型DMで損なわれているかどうかを調べることでした。設計と方法:対象は、慢性腎疾患のステージ3〜5のないDM患者10人と非DM患者10人でした。血清FGF-23、無傷のPTH(iPTH)、およびPiは、1日あたり2.0 gの経口Pi投与後に連続的に測定されました。結果:非DM患者では、Pi投与により2時間でFGF-23が有意に増加し、4時間でiPTHが増加しました。これらの増加は、DM患者で減衰しました。 2日間のPi刺激後、血清FGF-23およびiPTHは非DM患者では上昇したままであったが、DMでは上昇しなかった。すべての被験者において、血清FGF-23(0-2 h)およびiPTH(0-4 h)の初期変化は正の相関(r = 0.528)であり、血清Piのその後の変化(2-4 h)と有意な負の相関を示しました(それぞれr = -0.457およびr = -0.673)。血清Pi(2-4 h)はDM患者で有意に増加し、血清FGF-23およびiPTHに変化がないことと一致しますが、血清DMは非DM患者では有意に変化しませんでした。結論:これらの結果は、Pi刺激に反応した血清FGF-23およびPTHの増加が2型DMで損なわれ、その後血清Piが有意に増加することを示しています。これは、2型DMの進行性アテローム性動脈硬化症の根底にあるメカニズムである可能性がある。

  • Impaired response of FGF-23 to oral phosphate in patients with type 2 diabetes: a possible mechanism of atherosclerosis.

    Yoda K, Imanishi Y, Yoda M, Mishima T, Ichii M, Yamada S, Mori K, Emoto M, Inaba M

    The Journal of clinical endocrinology and metabolism   97 ( 11 )   E2036 - 43   2012年11月( ISSN:0021-972X

     詳細を見る

  • Impact of atherosclerosis on the relationship of glycemic control and mortality in diabetic patients on hemodialysis 査読

    Inaba M, Maekawa K, Okuno S, Imanishi Y, Hayashino Y, Emoto M, Shoji T, Ishimura E, Yamakawa T, Nishizawa Y

    Clin Nephrol   78 ( 4 )   273 - 80   2012年10月( ISSN:0301-0430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    糖尿病(DM)の血液透析患者の血糖コントロールで改善された生存率に対する既存の心血管疾患(CVD)の影響を調査しました。グリコアルブミン(GA)を血糖マーカーとして使用しました。方法:178 DM血液透析患者の観察コホートで単一施設の4年間の追跡調査を実施し、GA(n = 70)およびなし(n = 108)の患者の全死因死亡率との関係を分析しましたCVD。被験者は、研究開始時のGA値に基づいて3つのカテゴリーに分けられました。結果:ベースライン特性は、患者の2つのグループ間で差はありませんでした。 4年間のフォローアップ中に、108人中24人(23.3%)のCVD(-)患者と30人中70人(42.8%)のCVD(+)患者が死亡しました。死亡率はCVD(+)グループで有意に高かった。 GA、logCRP、年齢、性別、血液透析期間、アルブミン、ヘモグロビン、BMI、SBP、DBP、喫煙習慣、SUNなどの独立変数としての多変量Cox分析は、logCRPと年齢に加えて、GAが死亡率と独立して関連していることを示しましたすべての患者。 Kaplan-Meier分析は、低いGAレベルがCVD(-)グループの死亡率低下の重要な予測因子であることを示しましたが、CVD(+)グループではそうではありませんでした。多変数調整されたCox比例ハザードモデルは、同じモデルのCVD(+)グループ(p = 0.842)とは対照的に、CVD(-)グループのすべての死亡リスクとGAの間の有意な関連を示しました(p = 0.004)。結論:これらの結果は、DM血液透析患者の生存率の改善された血糖コントロールの有益な効果を示しており、CVDの存在により弱められる可能性がある。

  • Impact of atherosclerosis on the relationship of glycemic control and mortality in diabetic patients on hemodialysis 査読

    Inaba M, Maekawa K, Okuno S, Imanishi Y, Hayashino Y, Emoto M, Shoji T, Ishimura E, Yamakawa T, Nishizawa Y

    Clin Nephrol   78 ( 4 )   273 - 80   2012年10月( ISSN:0301-0430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    糖尿病(DM)の血液透析患者の血糖コントロールで改善された生存率に対する既存の心血管疾患(CVD)の影響を調査しました。グリコアルブミン(GA)を血糖マーカーとして使用しました。方法:178 DM血液透析患者の観察コホートで単一施設の4年間の追跡調査を実施し、GA(n = 70)およびなし(n = 108)の患者の全死因死亡率との関係を分析しましたCVD。被験者は、研究開始時のGA値に基づいて3つのカテゴリーに分けられました。結果:ベースライン特性は、患者の2つのグループ間で差はありませんでした。 4年間のフォローアップ中に、108人中24人(23.3%)のCVD(-)患者と30人中70人(42.8%)のCVD(+)患者が死亡しました。死亡率はCVD(+)グループで有意に高かった。 GA、logCRP、年齢、性別、血液透析期間、アルブミン、ヘモグロビン、BMI、SBP、DBP、喫煙習慣、SUNなどの独立変数としての多変量Cox分析は、logCRPと年齢に加えて、GAが死亡率と独立して関連していることを示しましたすべての患者。 Kaplan-Meier分析は、低いGAレベルがCVD(-)グループの死亡率低下の重要な予測因子であることを示しましたが、CVD(+)グループではそうではありませんでした。多変数調整されたCox比例ハザードモデルは、同じモデルのCVD(+)グループ(p = 0.842)とは対照的に、CVD(-)グループのすべての死亡リスクとGAの間の有意な関連を示しました(p = 0.004)。結論:これらの結果は、DM血液透析患者の生存率の改善された血糖コントロールの有益な効果を示しており、CVDの存在により弱められる可能性がある。

  • Impact of atherosclerosis on the relationship of glycemic control and mortality in diabetic patients on hemodialysis 査読

    Inaba M, Maekawa K, Okuno S, Imanishi Y, Hayashino Y, Emoto M, Shoji T, Ishimura E, Yamakawa T, Nishizawa Y

    Clin Nephrol   78 ( 4 )   273 - 80   2012年10月( ISSN:0301-0430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    糖尿病(DM)の血液透析患者の血糖コントロールで改善された生存率に対する既存の心血管疾患(CVD)の影響を調査しました。グリコアルブミン(GA)を血糖マーカーとして使用しました。方法:178 DM血液透析患者の観察コホートで単一施設の4年間の追跡調査を実施し、GA(n = 70)およびなし(n = 108)の患者の全死因死亡率との関係を分析しましたCVD。被験者は、研究開始時のGA値に基づいて3つのカテゴリーに分けられました。結果:ベースライン特性は、患者の2つのグループ間で差はありませんでした。 4年間のフォローアップ中に、108人中24人(23.3%)のCVD(-)患者と30人中70人(42.8%)のCVD(+)患者が死亡しました。死亡率はCVD(+)グループで有意に高かった。 GA、logCRP、年齢、性別、血液透析期間、アルブミン、ヘモグロビン、BMI、SBP、DBP、喫煙習慣、SUNなどの独立変数としての多変量Cox分析は、logCRPと年齢に加えて、GAが死亡率と独立して関連していることを示しましたすべての患者。 Kaplan-Meier分析は、低いGAレベルがCVD(-)グループの死亡率低下の重要な予測因子であることを示しましたが、CVD(+)グループではそうではありませんでした。多変数調整されたCox比例ハザードモデルは、同じモデルのCVD(+)グループ(p = 0.842)とは対照的に、CVD(-)グループのすべての死亡リスクとGAの間の有意な関連を示しました(p = 0.004)。結論:これらの結果は、DM血液透析患者の生存率の改善された血糖コントロールの有益な効果を示しており、CVDの存在により弱められる可能性がある。

  • Impact of atherosclerosis on the relationship of glycemic control and mortality in diabetic patients on hemodialysis.

    Inaba M, Maekawa K, Okuno S, Imanishi Y, Hayashino Y, Emoto M, Shoji T, Ishimura E, Yamakawa T, Nishizawa Y

    Clinical nephrology   78 ( 4 )   273 - 80   2012年10月( ISSN:0301-0430

     詳細を見る

  • Poor muscle quality as a predictor of high mortality independent of diabetes in hemodialysis patients 査読

    Yoda M, Inaba M, Okuno S, Yoda K, Yamada S, Imanishi Y, Mori K, Shoji T, Ishimura E, Yamakawa T, Shoji S

    Biomed Pharmacother   66 ( 4 )   266 - 70   2012年06月( ISSN:1950-6007

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    筋肉の質の低さは、一般的な人口、特に高齢者の死亡率に臨床的に関連する尺度を提供します。非糖尿病(DM)血液透析患者の筋肉の質が非DMの血液透析患者より劣っていることを示す以前の報告により、DM有病率とは無関係に、血液透析患者の2つのパラメーター間の関連性を調べるよう促されました。方法:この研究は1997年から2005年に行われました。握力(HGS)と腕の除脂肪量(ALM)を測定するために、それぞれ、握力と二重エネルギーX線吸収法(DXA)を使用し、 HGSとALMの比率。結果:77か月の平均追跡期間中に、272人の患者のうち90人が死亡しました。患者は、筋肉の質の値に基づいて、より高いグループとより低いグループに分けられました。カプラン・マイヤー分析では、高いグループは低いグループより低い死亡率を明らかにしました。 Cox回帰ハザード分析により、年齢、性別、DMの有病率を調整した後、血液透析患者(HR; 0.889、95%CI 0.814-0.971; P <0.05)の生存率を高める重要な独立予測因子として、より高い筋肉質が特定されました。 DMの有病率は筋肉の質の低下の主な要因であるため、被験者を非DM患者に制限した後に別の分析を実施しました。結果はまた、筋肉の質が、血液透析患者の死亡率を予測するために、DMの存在とは無関係の適切な尺度を提供することを示した(HR; 0.849、95%CI 0.759-0.950; P <0.05)。結論:この研究は、DMの存在、年齢、血清アルブミンとは無関係に、筋肉の質が血液透析患者の生存の良いマーカーを提供することを示唆した。

  • Poor muscle quality as a predictor of high mortality independent of diabetes in hemodialysis patients 査読

    Yoda M, Inaba M, Okuno S, Yoda K, Yamada S, Imanishi Y, Mori K, Shoji T, Ishimura E, Yamakawa T, Shoji S

    Biomed Pharmacother   66 ( 4 )   266 - 70   2012年06月( ISSN:1950-6007

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    筋肉の質の低さは、一般的な人口、特に高齢者の死亡率に臨床的に関連する尺度を提供します。非糖尿病(DM)血液透析患者の筋肉の質が非DMの血液透析患者より劣っていることを示す以前の報告により、DM有病率とは無関係に、血液透析患者の2つのパラメーター間の関連性を調べるよう促されました。方法:この研究は1997年から2005年に行われました。握力(HGS)と腕の除脂肪量(ALM)を測定するために、それぞれ、握力と二重エネルギーX線吸収法(DXA)を使用し、 HGSとALMの比率。結果:77か月の平均追跡期間中に、272人の患者のうち90人が死亡しました。患者は、筋肉の質の値に基づいて、より高いグループとより低いグループに分けられました。カプラン・マイヤー分析では、高いグループは低いグループより低い死亡率を明らかにしました。 Cox回帰ハザード分析により、年齢、性別、DMの有病率を調整した後、血液透析患者(HR; 0.889、95%CI 0.814-0.971; P <0.05)の生存率を高める重要な独立予測因子として、より高い筋肉質が特定されました。 DMの有病率は筋肉の質の低下の主な要因であるため、被験者を非DM患者に制限した後に別の分析を実施しました。結果はまた、筋肉の質が、血液透析患者の死亡率を予測するために、DMの存在とは無関係の適切な尺度を提供することを示した(HR; 0.849、95%CI 0.759-0.950; P <0.05)。結論:この研究は、DMの存在、年齢、血清アルブミンとは無関係に、筋肉の質が血液透析患者の生存の良いマーカーを提供することを示唆した。

  • Poor muscle quality as a predictor of high mortality independent of diabetes in hemodialysis patients 査読

    Yoda M, Inaba M, Okuno S, Yoda K, Yamada S, Imanishi Y, Mori K, Shoji T, Ishimura E, Yamakawa T, Shoji S

    Biomed Pharmacother   66 ( 4 )   266 - 70   2012年06月( ISSN:1950-6007

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    筋肉の質の低さは、一般的な人口、特に高齢者の死亡率に臨床的に関連する尺度を提供します。非糖尿病(DM)血液透析患者の筋肉の質が非DMの血液透析患者より劣っていることを示す以前の報告により、DM有病率とは無関係に、血液透析患者の2つのパラメーター間の関連性を調べるよう促されました。方法:この研究は1997年から2005年に行われました。握力(HGS)と腕の除脂肪量(ALM)を測定するために、それぞれ、握力と二重エネルギーX線吸収法(DXA)を使用し、 HGSとALMの比率。結果:77か月の平均追跡期間中に、272人の患者のうち90人が死亡しました。患者は、筋肉の質の値に基づいて、より高いグループとより低いグループに分けられました。カプラン・マイヤー分析では、高いグループは低いグループより低い死亡率を明らかにしました。 Cox回帰ハザード分析により、年齢、性別、DMの有病率を調整した後、血液透析患者(HR; 0.889、95%CI 0.814-0.971; P <0.05)の生存率を高める重要な独立予測因子として、より高い筋肉質が特定されました。 DMの有病率は筋肉の質の低下の主な要因であるため、被験者を非DM患者に制限した後に別の分析を実施しました。結果はまた、筋肉の質が、血液透析患者の死亡率を予測するために、DMの存在とは無関係の適切な尺度を提供することを示した(HR; 0.849、95%CI 0.759-0.950; P <0.05)。結論:この研究は、DMの存在、年齢、血清アルブミンとは無関係に、筋肉の質が血液透析患者の生存の良いマーカーを提供することを示唆した。

  • Poor muscle quality as a predictor of high mortality independent of diabetes in hemodialysis patients.

    Yoda M, Inaba M, Okuno S, Yoda K, Yamada S, Imanishi Y, Mori K, Shoji T, Ishimura E, Yamakawa T, Shoji S

    Biomedicine & pharmacotherapy = Biomedecine & pharmacotherapie   66 ( 4 )   266 - 70   2012年06月( ISSN:0753-3322

  • Higher serum bone alkaline phosphatase as a predictor of mortality in male hemodialysis patients 査読

    Kobayashi Ikue, Shidara Kaori, Okuno Senji, Yamada Shinsuke, Imanishi Yasuo, Mori Katsuhito, Ishimura Eiji, Shoji Shigeichi, Yamakawa Tomoyuki, Inaba Masaaki

    LIFE SCIENCES   90 ( 5-6 )   212 - 218   2012年01月( ISSN:0024-3205

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    血清アルカリフォスファターゼ値が高いと、骨代謝回転が高いため、慢性腎疾患および肝機能障害のない血液透析患者の死亡率が低くなると予測されます。私たちの研究の目的は、男性の血液透析患者の全死因死亡率(ACM)の予測における血清骨アルカリホスファターゼ(BAP)の重要性を他の骨マーカーの重要性と比較することでした。主な方法:研究は5年間行われました。血清BAP、無傷のオステオカルシン(iOC)、ss-CrossLaps(CTX)、および無傷の副甲状腺ホルモン(iPTH)が、X線撮影による骨折のない196人の男性血液透析患者で測定されました。 5人の連続した日中の日々の変動と日内変動は、13人の健康な男性で決定されました。主な所見:患者は、骨マーカーの血清レベルに基づいて、より高いグループとより低いグループに分けられました(平均+/- SD:iPTH 218.6 +/- 214.5 pg / ml、BAP 23.6 +/- 12.2 U / L、iOC 42.8 +/- 45.2 ng / ml、CTX 1.71 +/- 1.23 nmol / L BCE)。 Kaplan-Meier分析では、他のマーカーの死亡率は高群と低群で差がなかったのに対し、高BAP群は低BAP群よりも有意に高いACMを示しました(P = 0.013)。 Cox回帰ハザード分析は、既存の心血管疾患、DMの存在を含むさまざまな要因の調整後、ACMの有意な独立予測因子としてより高いlog BAP [ハザード比(HR)8.32(95%CI:1.18-58.98)]を特定しました。 CTX [HR0.64(95%CI:0.16-2.47)]、iOC [HR0.97(95%CI:0.36-2.64)]、iPTHなどの他のマーカーとは対照的に、死亡率と血清BAP単独との有意な関連HR0.84(95%CI:0.44-1.60)]、これは、他のマーカーと比較して、日内変動がより狭く、血清BAPの日内変動がないことによる可能性があります。意義:高い血清BAPは、男性の血液透析患者のACMの予測因子である可能性がある。

    DOI: 10.1016/j.lfs.2011.11.006

    PubMed

  • Matrix extracellular phosphoglycoprotein is expressed in causative tumors of oncogenic osteomalacia 査読

    IMANISHI Yasuo, HASHIMOTO Jun, ANDO Wataru, KOBAYASHI Keisuke, UEDA Takafumi, NAGATA Yuki, MIYAUCHI Akimitsu, KOYANO Hajime M., KAJI Hiroshi, SAITO Takatoshi, OBA Koichi, KOMATSU Yasato, MORIOKA Tomoaki, MORI Katsuhito, MIKI Takami, INABA Masaaki

    Journal of bone and mineral metabolism   30 ( 1 )   93 - 99   2012年01月( ISSN:09148779

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    腫瘍性骨軟化症(OOM)、または腫瘍誘発性骨軟化症は、腎のリン酸消耗と骨軟化症を特徴とするまれな疾患です。原因となる腫瘍からの線維芽細胞成長因子23(FGF-23)の分泌により発生します。マトリックス細胞外リン糖タンパク質(MEPE)は、主に象牙芽細胞、骨芽細胞、および骨細胞で発現しています。一部のOOM腫瘍でMEPE mRNAの存在が報告されていますが、OOM腫瘍でのMEPE発現の有病率についてはほとんど知られていません。この研究では、OOM腫瘍におけるMEPEおよびFGF-23の発現を転写および翻訳レベルで調査しました。 11の原因となるOOM腫瘍を、定量的リアルタイム逆転写ポリメラーゼ連鎖反応およびMEPEおよびFGF-23発現の免疫組織化学により分析しました。 OOMの場合に一般的な病理診断である血管周囲細胞腫および巨細胞腫瘍は、非骨軟化症患者から得られ、対照として分析された。 OOM腫瘍におけるFGF23およびMEPEの遺伝子発現レベルは、非OOM腫瘍よりもそれぞれ10(4)-および10(5)-倍高かった。免疫組織化学染色により、FGF-23タンパク質はすべてのOOM腫瘍で発現し、MEPEは11のOOM腫瘍のうち10で発現したことが明らかになりました。したがって、MEPE発現はFGF-23と同様にOOM腫瘍で一般的でした。これらの結果は、FGF-23の低リン酸塩効果に加えて、MEPEまたはMEPE由来の酸性アスパラギン酸リッチMEPE関連モチーフペプチドがOOM患者の骨石灰化の減少に寄与する可能性があることを示した。

    CiNii Article

  • Higher serum bone alkaline phosphatase as a predictor of mortality in male hemodialysis patients. 査読

    Kobayashi I, Shidara K, Okuno S, Yamada S, Imanishi Y, Mori K, Ishimura E, Shoji S, Yamakawa T, Inaba M

    Life sciences   90 ( 5-6 )   212 - 8   2012年01月( ISSN:0024-3205

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2011.11.006

    PubMed

  • Matrix extracellular phosphoglycoprotein is expressed in causative tumors of oncogenic osteomalacia

    IMANISHI Yasuo, HASHIMOTO Jun, ANDO Wataru, KOBAYASHI Keisuke, UEDA Takafumi, NAGATA Yuki, MIYAUCHI Akimitsu, KOYANO Hajime M., KAJI Hiroshi, SAITO Takatoshi, OBA Koichi, KOMATSU Yasato, MORIOKA Tomoaki, MORI Katsuhito, MIKI Takami, INABA Masaaki

    30 ( 1 )   93 - 99   2012年01月( ISSN:09148779

     詳細を見る

  • Matrix extracellular phosphoglycoprotein is expressed in causative tumors of oncogenic osteomalacia 査読

    Yasuo Imanishi, Jun Hashimoto, Wataru Ando, Keisuke Kobayashi, Takafumi Ueda, Yuki Nagata, Akimitsu Miyauchi, Hajime M. Koyano, Hiroshi Kaji, Takatoshi Saito, Koichi Oba, Yasato Komatsu, Tomoaki Morioka, Katsuhito Mori, Takami Miki, Masaaki Inaba

    Journal of Bone and Mineral Metabolism   30 ( 1 )   93 - 99   2012年01月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Oncogenic osteomalacia (OOM), or tumor-induced osteomalacia, is a rare disease characterized by renal phosphate wasting and osteomalacia. It arises due to the secretion of fibroblast growth factor 23 (FGF-23) from causative tumors. Matrix extracellular phosphoglycoprotein (MEPE) is predominantly expressed in odontoblasts, osteoblasts, and osteocytes. Although the presence of MEPE mRNA has been reported in some OOM tumors, little is known about the prevalence of MEPE expression in OOM tumors. In this study, the expression of MEPE and FGF-23 in OOM tumors was investigated at the transcriptional and translational levels. Eleven causative OOM tumors were analyzed by quantitative real-time reverse transcription-polymerase chain reaction and immunohistochemistry for MEPE and FGF-23 expression. Hemangiopericytomas and giant cell tumors, pathological diagnoses that are common in cases of OOM, were obtained from non-osteomalacic patients and analyzed as controls. The gene expression level of FGF23 and MEPE in OOM tumors was 10 4- and 10 5-times higher, respectively, than in non-OOM tumors. Immunohistochemical staining revealed that FGF-23 protein was expressed in allOOM tumors, and MEPE was expressed in 10 out of 11 OOM tumors. Thus, MEPE expression was common in OOM tumors, similar to FGF-23. These results indicate that, in addition to the hypophosphatemic effects of FGF-23, MEPE or the MEPE-derived acidic serine aspartate-rich MEPE-associated motif peptide may contribute to decreased bone mineralization in OOM patients. © The Japanese Society for Bone and Mineral Research and Springer 2011.

    DOI: 10.1007/s00774-011-0290-8

    PubMed

  • マトリックス細胞外phosphoglycoproteinは腫瘍原性骨軟化症の原因腫瘍に発現する(Matrix extracellular phosphoglycoproteie is expressed in causative tumors of oncogenic osteomalacia)

    Imanishi Yasuo, Hashimoto Jun, Ando Wataru, Kobayashi Keisuke, Ueda Takafumi, Nagata Yuki, Miyauchi Akimitsu, Koyano Hajime M., Kaji Hiroshi, Saito Takatoshi, Oba Koichi, Komatsu Yasato, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Miki Takami, Inaba Masaaki

    Journal of Bone and Mineral Metabolism   30 ( 1 )   93 - 99   2012年01月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    腫瘍原性骨軟化症(OOM)腫瘍における、マトリックス細胞外phosphoglycoprotein(MEPE)とFGF23の発現を転写および翻訳レベルで検討した。OOM腫瘍患者11名において、定量的リアルタイムRT-PCR法と免疫染色法によりMEPEとFGF23の発現を分析した。OOM腫瘍におけるFGF23とMEPE遺伝子の発現は、非OOM腫瘍よりも10^4〜10^5高かった。免疫組織化学では、FGF23は全員、MEPEは11名中10名で観察された。OOM腫瘍においてはFGF23と同様に、MEPE発現が認められた。FGF23の低リン酸血症作用に加えて、MEPE或いはMEPE関連モチーフペプチドがOOM患者の骨石灰化抑制に関係していると考えられた。

  • Matrix extracellular phosphoglycoprotein is expressed in causative tumors of oncogenic osteomalacia. 査読

    Imanishi Y, Hashimoto J, Ando W, Kobayashi K, Ueda T, Nagata Y, Miyauchi A, Koyano HM, Kaji H, Saito T, Oba K, Komatsu Y, Morioka T, Mori K, Miki T, Inaba M

    Journal of bone and mineral metabolism   30 ( 1 )   93 - 9   2012年01月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-011-0290-8

    PubMed

  • Parathyroid diseases and animal models. 査読

    Imanishi Y, Nagata Y, Inaba M

    Frontiers in endocrinology   3   78   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    血清カルシウムとリン酸塩は、3つのホルモンによって厳密に規制されています。ビタミンD(1,25-ジヒドロキシビタミンD)、線維芽細胞成長因子(FGF)-23、副甲状腺ホルモン(PTH)の活性型です。 PTHは血清カルシウムの急速な増加を刺激するように作用し、カルシウムの恒常性に重要な役割を果たします。 PTHの主要な標的器官は腎臓と骨です。ホルモンの過剰分泌は、腸のカルシウム吸収の増加、腎のカルシウムクリアランスの減少、および原発性副甲状腺機能亢進症の骨からのカルシウムの動員によって引き起こされる高カルシウム血症をもたらします。慢性腎臓病では、尿毒症の二次性副甲状腺機能亢進症が初期段階で観察され、これは最終的に維持血液透析中にPTHの自律分泌に発展します。カルシウム感知受容体、ビタミンD受容体、FGF受容体(FGFR)などの副甲状腺細胞の受容体-クロトー複合体は、PTH分泌の調節に重要な役割を果たします。副甲状腺疾患では、サイクリンD1、RET、MEN1、HRPT2、CDKN1Bなどの遺伝子が同定されています。これらの受容体と関連遺伝子を用いて遺伝子操作された動物は、副甲状腺疾患の病態生理学に関する貴重な情報を提供してくれました。これらの動物モデルの適用は、新しい治療法の開発にとって重要である。

    DOI: 10.3389/fendo.2012.00078

    PubMed

  • Parathyroid diseases and animal models. 査読

    Imanishi Y, Nagata Y, Inaba M

    Frontiers in endocrinology   3   78   2012年( ISSN:1664-2392

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fendo.2012.00078

    PubMed

  • Evaluation of bone markers in hypophosphatemic rickets/osteomalacia 査読

    Nagata Y, Imanishi Y, Ishii A, Kurajoh M, Motoyama K, Morioka T, Naka H, Mori K, Miki T, Emoto M, Inaba M

    Endocrine   40 ( 2 )   315 - 7   2011年11月( ISSN:1559-0100

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    I型プロコラーゲン(PINP)のN末端プロペプチドは、新しく形成されたI型コラーゲンのマーカーです。ただし、低リン血症性くる病/骨軟化症におけるその役割はまだ確立されていません。代謝性骨マーカーは、発癌性骨軟化症(OOM)およびX連鎖低リン血症性くる病(XLH)を有する患者、および健常対照者で検査されました。 OOMおよびXLH患者は、血清線維芽細胞成長因子23(FGF-23)のレベルの上昇に続発する低リン血症を示すことが判明しました。 OOM患者は、XLH患者と健常対照者と比較して、1,25-ジヒドロキシビタミンD(1,25D)のレベルが低下しましたが、XLH患者のこれらのレベルの低下は、活性ビタミンD補給に続発しています。 XLH患者とは対照的に、OOM患者は血清PINPの有意な増加を示しました。これは骨マトリックス形成の促進を示唆しています。骨アルカリホスファターゼ(BAP)およびBAP / PINP比もOOMで増加したが、XLH患者では増加しなかったため、OOMでの骨石灰化の障害の存在が示唆されました。活性型ビタミンDと無機リン酸塩(IP)の長期補給は、XLH患者の骨石灰化の欠陥を軽減し、PINP、BAP、およびBAP / PINP比の正常化をもたらした可能性があります。現在の結果は、BAPと同様に、PINPは低リン血症性くる病/骨軟化症の評価において適切な代謝性骨マーカーであることを示唆する。

  • Evaluation of bone markers in hypophosphatemic rickets/osteomalacia 査読

    Nagata Y, Imanishi Y, Ishii A, Kurajoh M, Motoyama K, Morioka T, Naka H, Mori K, Miki T, Emoto M, Inaba M

    Endocrine   40 ( 2 )   315 - 7   2011年11月( ISSN:1559-0100

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    I型プロコラーゲン(PINP)のN末端プロペプチドは、新しく形成されたI型コラーゲンのマーカーです。ただし、低リン血症性くる病/骨軟化症におけるその役割はまだ確立されていません。代謝性骨マーカーは、発癌性骨軟化症(OOM)およびX連鎖低リン血症性くる病(XLH)を有する患者、および健常対照者で検査されました。 OOMおよびXLH患者は、血清線維芽細胞成長因子23(FGF-23)のレベルの上昇に続発する低リン血症を示すことが判明しました。 OOM患者は、XLH患者と健常対照者と比較して、1,25-ジヒドロキシビタミンD(1,25D)のレベルが低下しましたが、XLH患者のこれらのレベルの低下は、活性ビタミンD補給に続発しています。 XLH患者とは対照的に、OOM患者は血清PINPの有意な増加を示しました。これは骨マトリックス形成の促進を示唆しています。骨アルカリホスファターゼ(BAP)およびBAP / PINP比もOOMで増加したが、XLH患者では増加しなかったため、OOMでの骨石灰化の障害の存在が示唆されました。活性型ビタミンDと無機リン酸塩(IP)の長期補給は、XLH患者の骨石灰化の欠陥を軽減し、PINP、BAP、およびBAP / PINP比の正常化をもたらした可能性があります。現在の結果は、BAPと同様に、PINPは低リン血症性くる病/骨軟化症の評価において適切な代謝性骨マーカーであることを示唆する。

  • Evaluation of bone markers in hypophosphatemic rickets/osteomalacia 査読

    Nagata Y, Imanishi Y, Ishii A, Kurajoh M, Motoyama K, Morioka T, Naka H, Mori K, Miki T, Emoto M, Inaba M

    Endocrine   40 ( 2 )   315 - 7   2011年11月( ISSN:1559-0100

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    I型プロコラーゲン(PINP)のN末端プロペプチドは、新しく形成されたI型コラーゲンのマーカーです。ただし、低リン血症性くる病/骨軟化症におけるその役割はまだ確立されていません。代謝性骨マーカーは、発癌性骨軟化症(OOM)およびX連鎖低リン血症性くる病(XLH)を有する患者、および健常対照者で検査されました。 OOMおよびXLH患者は、血清線維芽細胞成長因子23(FGF-23)のレベルの上昇に続発する低リン血症を示すことが判明しました。 OOM患者は、XLH患者と健常対照者と比較して、1,25-ジヒドロキシビタミンD(1,25D)のレベルが低下しましたが、XLH患者のこれらのレベルの低下は、活性ビタミンD補給に続発しています。 XLH患者とは対照的に、OOM患者は血清PINPの有意な増加を示しました。これは骨マトリックス形成の促進を示唆しています。骨アルカリホスファターゼ(BAP)およびBAP / PINP比もOOMで増加したが、XLH患者では増加しなかったため、OOMでの骨石灰化の障害の存在が示唆されました。活性型ビタミンDと無機リン酸塩(IP)の長期補給は、XLH患者の骨石灰化の欠陥を軽減し、PINP、BAP、およびBAP / PINP比の正常化をもたらした可能性があります。現在の結果は、BAPと同様に、PINPは低リン血症性くる病/骨軟化症の評価において適切な代謝性骨マーカーであることを示唆する。

  • Cinacalcet HCl Suppresses Cyclin D1 Oncogene-Derived Parathyroid Cell Proliferation in a Murine Model for Primary Hyperparathyroidism. 査読 国際共著

    Imanishi Y, Kawata T, Kenko T, Wada M, Nagano N, Miki T, Arnold A, Inaba M

    Calcif Tissue Int   89 ( 1 )   29 - 35   2011年07月( ISSN:1432-0827

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    シナカルセト塩酸塩(シナカルセト)は、カルシウム擬態化合物であり、原発性副甲状腺機能亢進症(PHPT)と二次性副甲状腺機能亢進症(SHPT)の両方で副甲状腺からの副甲状腺(PTH)ホルモンの分泌を抑制します。私たちは以前、サイクリンD1癌遺伝子の副甲状腺を標的とした過剰発現が慢性生化学的副甲状腺機能亢進症と副甲状腺細胞過形成を引き起こした、PHPTモデルマウスにおけるin vivoでのPTH分泌に対するシナカルセトの抑制効果を報告しました。シナカルセトは5/6腎摘出尿毒症ラットのSHPTで副甲状腺細胞の増殖を抑制したが、PHPTに対するその効果はまだ決定されていない。この研究では、副甲状腺細胞の増殖に対するシナカルセトの効果をPHPTマウスで分析しました。シナカルセト(1 mg / g)をげっ歯類の食餌に混ぜ、80週齢のPHPTマウスに10日間経口投与しました。 5-Bromo-2'-deoxyuridine(BrdU、6 mg /日)を浸透ポンプで5日間注入してから死亡させ、その後、副甲状腺細胞増殖を推定するために抗BrdU抗体を使用して甲状腺副甲状腺複合体を免疫染色しました。未処理のPHPTマウスと比較して、シナカルセトは血清カルシウムとPTHの両方を有意に抑制しました。副甲状腺の総細胞数に対するBrdU陽性細胞の割合は、野生型マウス(0.7 +/- 0.1%)と比較して未処理のPHPTマウス(9.5 +/- 3.1%)でかなり増加し、シナカルセトによって有意に抑制されました(1.2 +/- 0.2%)。シナカルセトは、PHPTマウスの副甲状腺細胞のアポトーシスに影響しませんでした。これらのデータは、シナカルセトがin vivoでのPHPTの血清PTHレベルと副甲状腺細胞増殖の両方を抑制したことを示唆する。

  • Comparisons of Serum Sclerostin Levels among Patients with Postmenopausal Osteoporosis, Primary Hyperparathyroidism and Osteomalacia 査読

    Kaji H., Imanishi Y., Sugimoto T., Seino S.

    EXPERIMENTAL AND CLINICAL ENDOCRINOLOGY & DIABETES   119 ( 7 )   440 - 444   2011年07月( ISSN:0947-7349

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Wntベータカテニンシグナル伝達は骨形成に重要です。スクレロスチンは主にこのシグナルを抑制することにより骨形成を抑制し、いくつかの研究はスクレロスチン発現の抑制が副甲状腺ホルモン(PTH)の骨同化作用に寄与することを示唆しています。したがって、閉経後骨粗鬆症の18人の患者、原発性副甲状腺機能亢進症(pHPT)の9人の閉経後女性、および骨軟化症の7人の患者で、酵素結合免疫溶媒アッセイを使用して血清スクレロスチンレベルを調べました。スクレロスチンの血清レベルは、閉経後骨粗鬆症の患者と比較して、pHPTのグループで有意に低かった。さらに、血清スクレロスチン濃度は、閉経後骨粗鬆症の患者と比較して、腫瘍誘発性骨軟化症のグループでは有意に低かったが、腫瘍のない骨軟化症のグループでは低かった。 pHPTの患者では、血清スクレロスチンレベルは血清カルシウムおよびPTHレベルと有意かつ負の相関がありました。閉経後骨粗鬆症の患者では、スクレロスチンレベルの血清レベルは、血清カルシウムおよびクレアチニンレベルと有意かつ正の相関がありました。結論として、閉経後骨粗鬆症の患者と比較して、閉経後の女性のpHPTにおける内因性PTHの上昇により、おそらく血清スクレロスチンのレベルが低下することを示した。

    DOI: 10.1055/s-0031-1275661

  • Cinacalcet HCl Suppresses Cyclin D1 Oncogene-Derived Parathyroid Cell Proliferation in a Murine Model for Primary Hyperparathyroidism. 査読

    Imanishi Y, Kawata T, Kenko T, Wada M, Nagano N, Miki T, Arnold A, Inaba M

    Calcif Tissue Int   89 ( 1 )   29 - 35   2011年07月( ISSN:1432-0827

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    シナカルセト塩酸塩(シナカルセト)は、カルシウム擬態化合物であり、原発性副甲状腺機能亢進症(PHPT)と二次性副甲状腺機能亢進症(SHPT)の両方で副甲状腺からの副甲状腺(PTH)ホルモンの分泌を抑制します。私たちは以前、サイクリンD1癌遺伝子の副甲状腺を標的とした過剰発現が慢性生化学的副甲状腺機能亢進症と副甲状腺細胞過形成を引き起こした、PHPTモデルマウスにおけるin vivoでのPTH分泌に対するシナカルセトの抑制効果を報告しました。シナカルセトは5/6腎摘出尿毒症ラットのSHPTで副甲状腺細胞の増殖を抑制したが、PHPTに対するその効果はまだ決定されていない。この研究では、副甲状腺細胞の増殖に対するシナカルセトの効果をPHPTマウスで分析しました。シナカルセト(1 mg / g)をげっ歯類の食餌に混ぜ、80週齢のPHPTマウスに10日間経口投与しました。 5-Bromo-2'-deoxyuridine(BrdU、6 mg /日)を浸透ポンプで5日間注入してから死亡させ、その後、副甲状腺細胞増殖を推定するために抗BrdU抗体を使用して甲状腺副甲状腺複合体を免疫染色しました。未処理のPHPTマウスと比較して、シナカルセトは血清カルシウムとPTHの両方を有意に抑制しました。副甲状腺の総細胞数に対するBrdU陽性細胞の割合は、野生型マウス(0.7 +/- 0.1%)と比較して未処理のPHPTマウス(9.5 +/- 3.1%)でかなり増加し、シナカルセトによって有意に抑制されました(1.2 +/- 0.2%)。シナカルセトは、PHPTマウスの副甲状腺細胞のアポトーシスに影響しませんでした。これらのデータは、シナカルセトがin vivoでのPHPTの血清PTHレベルと副甲状腺細胞増殖の両方を抑制したことを示唆する。

  • Cinacalcet HCl Suppresses Cyclin D1 Oncogene-Derived Parathyroid Cell Proliferation in a Murine Model for Primary Hyperparathyroidism. 査読

    Imanishi Y, Kawata T, Kenko T, Wada M, Nagano N, Miki T, Arnold A, Inaba M

    Calcif Tissue Int   89 ( 1 )   29 - 35   2011年07月( ISSN:1432-0827

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    シナカルセト塩酸塩(シナカルセト)は、カルシウム擬態化合物であり、原発性副甲状腺機能亢進症(PHPT)と二次性副甲状腺機能亢進症(SHPT)の両方で副甲状腺からの副甲状腺(PTH)ホルモンの分泌を抑制します。私たちは以前、サイクリンD1癌遺伝子の副甲状腺を標的とした過剰発現が慢性生化学的副甲状腺機能亢進症と副甲状腺細胞過形成を引き起こした、PHPTモデルマウスにおけるin vivoでのPTH分泌に対するシナカルセトの抑制効果を報告しました。シナカルセトは5/6腎摘出尿毒症ラットのSHPTで副甲状腺細胞の増殖を抑制したが、PHPTに対するその効果はまだ決定されていない。この研究では、副甲状腺細胞の増殖に対するシナカルセトの効果をPHPTマウスで分析しました。シナカルセト(1 mg / g)をげっ歯類の食餌に混ぜ、80週齢のPHPTマウスに10日間経口投与しました。 5-Bromo-2'-deoxyuridine(BrdU、6 mg /日)を浸透ポンプで5日間注入してから死亡させ、その後、副甲状腺細胞増殖を推定するために抗BrdU抗体を使用して甲状腺副甲状腺複合体を免疫染色しました。未処理のPHPTマウスと比較して、シナカルセトは血清カルシウムとPTHの両方を有意に抑制しました。副甲状腺の総細胞数に対するBrdU陽性細胞の割合は、野生型マウス(0.7 +/- 0.1%)と比較して未処理のPHPTマウス(9.5 +/- 3.1%)でかなり増加し、シナカルセトによって有意に抑制されました(1.2 +/- 0.2%)。シナカルセトは、PHPTマウスの副甲状腺細胞のアポトーシスに影響しませんでした。これらのデータは、シナカルセトがin vivoでのPHPTの血清PTHレベルと副甲状腺細胞増殖の両方を抑制したことを示唆する。

  • Cinacalcet HCl suppresses Cyclin D1 oncogene-derived parathyroid cell proliferation in a murine model for primary hyperparathyroidism.

    Imanishi Y, Kawata T, Kenko T, Wada M, Nagano N, Miki T, Arnold A, Inaba M

    Calcified tissue international   89 ( 1 )   29 - 35   2011年07月( ISSN:0171-967X

     詳細を見る

  • Clinical utility of heart-carotid pulse wave velocity in healthy Japanese subjects 査読

    Nagasaki T, Yamada S, Wakita Y, Imanishi Y, Nagata Y, Okamoto K, Yoda K, Emoto M, Ishimura E, Inaba M

    Biomedicine & Aging Pathology   1 ( 2 )   107 - 111   2011年06月( ISSN:22105220

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    動脈脈は速度は、日本人健常人において、動脈硬化の指標として有用である。

  • Clinical utility of heart-carotid pulse wave velocity in healthy Japanese subjects 査読

    Nagasaki T, Yamada S, Wakita Y, Imanishi Y, Nagata Y, Okamoto K, Yoda K, Emoto M, Ishimura E, Inaba M

    Biomedicine & Aging Pathology   1 ( 2 )   107 - 111   2011年06月( ISSN:2210-5220

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    動脈脈は速度は、日本人健常人において、動脈硬化の指標として有用である。

  • Clinical utility of heart-carotid pulse wave velocity in healthy Japanese subjects 査読

    Nagasaki T, Yamada S, Wakita Y, Imanishi Y, Nagata Y, Okamoto K, Yoda K, Emoto M, Ishimura E, Inaba M

    Biomedicine & Aging Pathology   1 ( 2 )   107 - 111   2011年06月( ISSN:2210-5220

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    動脈脈は速度は、日本人健常人において、動脈硬化の指標として有用である。

  • Reduction of whole PTH/intact PTH ratio as a predictor of bone metabolism in cinacalcet treatment of hemodialysis patients with secondary hyperparathyroidism 査読

    Kurajoh M, Inaba M, Okuno S, Nagayama H, Yamada S, Imanishi Y, Ishimura E, Shoji S, Yamakawa T, Nishizawa Y

    Osteoporos Int   22 ( 3 )   923 - 30   2011年03月( ISSN:1433-2965

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    二次性副甲状腺機能亢進症(SHPT)の血液透析(HD)患者のシナカルセト治療では、無傷の副甲状腺ホルモン(I-PTH)、全PTH(W-PTH)、および骨マーカーだけでなく、W-PTH / I-PTH比も活性PTH(1-84)分子の割合が減少しました。 W-PTH / I-PTH比の変化は、骨マーカーの変化と有意に相関し、予測しました。はじめに:シナカルセトは、PTH(1-84)のN切断フラグメントへの分解を促進することにより、PTHの分泌を部分的に抑制します。この研究の目的は、HD患者におけるシナカルセトの効果を予測するために、N短縮PTH / PTH(1-84)比の重要性を調査することです。方法:血清パラメータは、SHPTのHD患者39人を対象に12週間のシナカルセト経口投与25日間で毎日測定されました。結果:シナカルセト投与中、血清Ca、Pi、W-PTH、I-PTH、およびW-PTH / I-PTH比はすべて、時間依存的に大幅に減少しました。血清酒石酸耐性酸性ホスファターゼ(TRAP)5bは、I型コラーゲンの血清N-テロペプチドよりもこれらの変化をより正確に反映していました。 1週間で、I-PTHとW-PTHの変化は、Caではなく血清Piの変化と有意に相関しました。血清Pi(Caを除く)および血清W-PTHの変化も、4および12週の両方で血清TRAP5bの変化と有意に相関しましたが、血清I-PTHの変化は12週間のみで血清TRAP5bの変化と有意に相関しました。血清W-PTH / I-PTH比の変化は、4週間および12週間の両方で血清TRAP5bの変化と有意に相関し、4週間での血清W-PTH / I-PTH比の変化は、 12週目に血清TRAP5b。 4週間後にW-PTH / I-PTH比が低下したHD患者では、12週間にわたってTRAP5bの有意な低下が見られました。結論:W-PTHおよびW-PTH / I-PTH比により、PTH分解の増強におけるシナカルセトの効力の推定が可能になり、シナカルセトによる骨吸収を反映するための信頼性の高いマーカーがI-PTHより劣ることはない。

  • Reduction of whole PTH/intact PTH ratio as a predictor of bone metabolism in cinacalcet treatment of hemodialysis patients with secondary hyperparathyroidism 査読

    Kurajoh M, Inaba M, Okuno S, Nagayama H, Yamada S, Imanishi Y, Ishimura E, Shoji S, Yamakawa T, Nishizawa Y

    Osteoporos Int   22 ( 3 )   923 - 30   2011年03月( ISSN:1433-2965

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    二次性副甲状腺機能亢進症(SHPT)の血液透析(HD)患者のシナカルセト治療では、無傷の副甲状腺ホルモン(I-PTH)、全PTH(W-PTH)、および骨マーカーだけでなく、W-PTH / I-PTH比も活性PTH(1-84)分子の割合が減少しました。 W-PTH / I-PTH比の変化は、骨マーカーの変化と有意に相関し、予測しました。はじめに:シナカルセトは、PTH(1-84)のN切断フラグメントへの分解を促進することにより、PTHの分泌を部分的に抑制します。この研究の目的は、HD患者におけるシナカルセトの効果を予測するために、N短縮PTH / PTH(1-84)比の重要性を調査することです。方法:血清パラメータは、SHPTのHD患者39人を対象に12週間のシナカルセト経口投与25日間で毎日測定されました。結果:シナカルセト投与中、血清Ca、Pi、W-PTH、I-PTH、およびW-PTH / I-PTH比はすべて、時間依存的に大幅に減少しました。血清酒石酸耐性酸性ホスファターゼ(TRAP)5bは、I型コラーゲンの血清N-テロペプチドよりもこれらの変化をより正確に反映していました。 1週間で、I-PTHとW-PTHの変化は、Caではなく血清Piの変化と有意に相関しました。血清Pi(Caを除く)および血清W-PTHの変化も、4および12週の両方で血清TRAP5bの変化と有意に相関しましたが、血清I-PTHの変化は12週間のみで血清TRAP5bの変化と有意に相関しました。血清W-PTH / I-PTH比の変化は、4週間および12週間の両方で血清TRAP5bの変化と有意に相関し、4週間での血清W-PTH / I-PTH比の変化は、 12週目に血清TRAP5b。 4週間後にW-PTH / I-PTH比が低下したHD患者では、12週間にわたってTRAP5bの有意な低下が見られました。結論:W-PTHおよびW-PTH / I-PTH比により、PTH分解の増強におけるシナカルセトの効力の推定が可能になり、シナカルセトによる骨吸収を反映するための信頼性の高いマーカーがI-PTHより劣ることはない。

  • Reduction of whole PTH/intact PTH ratio as a predictor of bone metabolism in cinacalcet treatment of hemodialysis patients with secondary hyperparathyroidism 査読

    Kurajoh M, Inaba M, Okuno S, Nagayama H, Yamada S, Imanishi Y, Ishimura E, Shoji S, Yamakawa T, Nishizawa Y

    Osteoporos Int   22 ( 3 )   923 - 30   2011年03月( ISSN:1433-2965

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    二次性副甲状腺機能亢進症(SHPT)の血液透析(HD)患者のシナカルセト治療では、無傷の副甲状腺ホルモン(I-PTH)、全PTH(W-PTH)、および骨マーカーだけでなく、W-PTH / I-PTH比も活性PTH(1-84)分子の割合が減少しました。 W-PTH / I-PTH比の変化は、骨マーカーの変化と有意に相関し、予測しました。はじめに:シナカルセトは、PTH(1-84)のN切断フラグメントへの分解を促進することにより、PTHの分泌を部分的に抑制します。この研究の目的は、HD患者におけるシナカルセトの効果を予測するために、N短縮PTH / PTH(1-84)比の重要性を調査することです。方法:血清パラメータは、SHPTのHD患者39人を対象に12週間のシナカルセト経口投与25日間で毎日測定されました。結果:シナカルセト投与中、血清Ca、Pi、W-PTH、I-PTH、およびW-PTH / I-PTH比はすべて、時間依存的に大幅に減少しました。血清酒石酸耐性酸性ホスファターゼ(TRAP)5bは、I型コラーゲンの血清N-テロペプチドよりもこれらの変化をより正確に反映していました。 1週間で、I-PTHとW-PTHの変化は、Caではなく血清Piの変化と有意に相関しました。血清Pi(Caを除く)および血清W-PTHの変化も、4および12週の両方で血清TRAP5bの変化と有意に相関しましたが、血清I-PTHの変化は12週間のみで血清TRAP5bの変化と有意に相関しました。血清W-PTH / I-PTH比の変化は、4週間および12週間の両方で血清TRAP5bの変化と有意に相関し、4週間での血清W-PTH / I-PTH比の変化は、 12週目に血清TRAP5b。 4週間後にW-PTH / I-PTH比が低下したHD患者では、12週間にわたってTRAP5bの有意な低下が見られました。結論:W-PTHおよびW-PTH / I-PTH比により、PTH分解の増強におけるシナカルセトの効力の推定が可能になり、シナカルセトによる骨吸収を反映するための信頼性の高いマーカーがI-PTHより劣ることはない。

  • Reduction of whole PTH/intact PTH ratio as a predictor of bone metabolism in cinacalcet treatment of hemodialysis patients with secondary hyperparathyroidism.

    Kurajoh M, Inaba M, Okuno S, Nagayama H, Yamada S, Imanishi Y, Ishimura E, Shoji S, Yamakawa T, Nishizawa Y

    Osteoporosis international : a journal established as result of cooperation between the European Foundation for Osteoporosis and the National Osteoporosis Foundation of the USA   22 ( 3 )   923 - 30   2011年03月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

  • Cinacalcet HCl suppresses cyclin D1 oncogene-derived parathyroid cell proliferation in a murine model for primary hyperparathyroidism 査読

    今西 康雄

    Calcif Tissue Int   (In press)   2011年

  • Reduction of whole PTH/intact PTH ratio as a predictor of bone metabolism in cinacalcet treatment of hemodialysis patients with secondary hyperparathyroidism 査読

    今西 康雄

    Osteoporos Int 22   923 - 930   2011年

  • Comparisons of serum sclerostin levels among patients with postmenopausal osteoporosis, primary hyperparathyroidism and osteomalacia 査読

    H. Kaji, Y. Imanishi, T. Sugimoto, S. Seino

    Experimental and Clinical Endocrinology and Diabetes   119 ( 7 )   440 - 444   2011年( ISSN:0947-7349

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Wnt - catenin signaling is important for bone formation. Sclerostin inhibits bone formation mainly by suppressing this signal, and several studies suggest that the suppression of sclerostin expression contributes to the bone anabolic action of parathyroid hormone (PTH). We therefore examined serum sclerostin levels using enzyme-linked immunosolvent assay in 18 patients with postmenopausal osteoporosis, 9 postmenopausal women with primary hyperparathyroidism (pHPT) and 7 patients with osteomalacia. Serum levels of sclerostin were significantly lower in the group with pHPT, compared with those with postmenopausal osteoporosis. Moreover, serum sclerostin levels were significantly lower in the group with tumor-induced osteomalacia, but not in the group with osteomalacia without tumor, compared with those with postmenopausal osteoporosis. In patients with pHPT, serum sclerostin levels were significantly and negatively correlated to serum calcium and PTH levels. In patients with postmenopausal osteoporosis, serum levels of sclerostin levels were significantly and positively related to serum calcium and creatinine levels. In conclusion, we showed that serum sclerostin levels are decreased presumably through endogenous PTH elevation in postmenopausal women with pHPT, compared with the patients with postmenopausal osteoporosis. © J. A. Barth Verlag in Georg Thieme Verlag KG Stuttgart · New York.

    DOI: 10.1055/s-0031-1275661

    PubMed

  • Beneficial effect of risedronate on arterial thickening and stiffening with a reciprocal relationship to its effect on bone mass in female osteoporosis patients: A longitudinal study 査読

    Okamoto Keiji, Inaba Masaaki, Furumitsu Yutaka, Ban Akihiko, Mori Naoto, Yukioka Kazuhiko, Imanishi Yasuo, Nishizawa Yoshiki

    LIFE SCIENCES   87 ( 23-26 )   686 - 691   2010年12月( ISSN:0024-3205

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    閉経後の女性の骨粗鬆症患者の動脈の肥厚と硬化に対するリセドロネートの効果を調べるために縦断的研究が行われました。主な方法:リセドロネート(2.5mg /日)で治療された患者(n = 33)およびリセドロネートを投与されなかった患者(n = 30、対照群)を1年間にわたってモニターした。骨代謝マーカー、大腿骨頸部の骨密度(BMD)(FN)、上腕足首脈波速度(baPWV)、および頸動脈における内膜中膜の厚さ(CA-IMT)を測定しました。主な所見:ベースラインでは、リセドロネートで治療された患者とコントロールの間で、血圧、血清脂質プロファイル、FN BMD、baPWV、およびCA-IMTに有意差はありませんでした。 FN BMDのベースラインレベルは、CA-IMTおよびbaPWVのレベルと有意に負の相関がありました。試験中、FN BMDはリセドロネート群で有意に増加しました(p = 0.0097)が、対照群では有意に減少しました(p = 0.0013)。 BaPWVとCA-IMTは、リセドロネート群では有意な変化はありませんでしたが、対照群では両方とも有意に増加しました。研究期間中のFN BMDの変化率は、すべての被験者(リセドロネート治療)でbaPWV(r = -0.294、p = 0.0262)およびCA-IMT(r = -0.305、p = 0.0234)と有意な負の相関を示しました患者とコントロール)。重要性:BMDの増加に加えて、リセドロネートは閉経後の骨粗鬆症患者の動脈の肥厚および硬化の進行を1年以上にわたって有意に抑制しました。これらの変化は、間接的にリセドロネートが骨に及ぼす影響による可能性がある。

    DOI: 10.1016/j.lfs.2010.10.006

    PubMed

  • Beneficial effect of risedronate on arterial thickening and stiffening with a reciprocal relationship to its effect on bone mass in female osteoporosis patients: a longitudinal study. 査読

    Okamoto K, Inaba M, Furumitsu Y, Ban A, Mori N, Yukioka K, Imanishi Y, Nishizawa Y

    Life sciences   87 ( 23-26 )   686 - 91   2010年12月( ISSN:0024-3205

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2010.10.006

    PubMed

  • Poor muscle quality rather than reduced lean body mass is responsible for the lower serum creatinine level in hemodialysis patients with diabetes mellitus 査読

    Inaba M, Kurajoh M, Okuno S, Imanishi Y, Yamada S, Mori K, Ishimura E, Yamakawa T, Nishizawa Y

    Clin Nephrol   74 ( 4 )   266 - 72   2010年10月( ISSN:0301-0430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    血清クレアチニンレベルは、糖尿病(DM)の栄養状態のよい血液透析患者の方が、非DM患者よりも、これらの患者に無尿があるにもかかわらず、有意に低くなっています。この発見に関連する要因は決定されていません。患者と方法:DM患者の筋肉の質が悪いかどうかを判断するために、102 DMおよび208非DM血液透析患者の横断研究において、血清クレアチニンと握力(HGS)および除脂肪体重指数(LMI)との関連を評価しました血清クレアチニンのレベル低下を説明できます。すべてのDM患者は栄養状態が良かった。グリップダイナモメトリーとデュアルエネルギーX線吸収法(DXA)を使用して、それぞれHGSとLMIを測定しました。結果:DM患者は非DM患者と比較して血清クレアチニン値とHGSが有意に低かったが、全身LMIと上肢のLMIは2つの患者グループ間で差がなかった。 DM患者は、血清クレアチニン/全身LMI、血清クレアチニン/腕LMI、HGS /全身LMI、およびHGS /腕LMI比が有意に低かった。血清クレアチニンレベルは、両グループの患者でHGSおよび全身および上肢LMIと有意に相関していました。ただし、血清クレアチニンとHGSを使用したLMIの回帰分析では、非DM患者と比較してDM患者の傾斜が大幅に浅くなっています。結論:これは、DM血液透析患者では、血清クレアチニン値によく反映されている、筋肉量の単位あたりに生成される筋力が著しく低下していることを示唆しています。したがって、我々の結果は、非DM血液透析患者と比較してDM血液透析患者の血清クレアチニンレベルが有意に低いことは、筋肉量の減少または栄養失調ではなく、筋肉の質の低下によって説明できることを示した。

  • Poor muscle quality rather than reduced lean body mass is responsible for the lower serum creatinine level in hemodialysis patients with diabetes mellitus 査読

    Inaba M, Kurajoh M, Okuno S, Imanishi Y, Yamada S, Mori K, Ishimura E, Yamakawa T, Nishizawa Y

    Clin Nephrol   74 ( 4 )   266 - 72   2010年10月( ISSN:0301-0430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    血清クレアチニンレベルは、糖尿病(DM)の栄養状態のよい血液透析患者の方が、非DM患者よりも、これらの患者に無尿があるにもかかわらず、有意に低くなっています。この発見に関連する要因は決定されていません。患者と方法:DM患者の筋肉の質が悪いかどうかを判断するために、102 DMおよび208非DM血液透析患者の横断研究において、血清クレアチニンと握力(HGS)および除脂肪体重指数(LMI)との関連を評価しました血清クレアチニンのレベル低下を説明できます。すべてのDM患者は栄養状態が良かった。グリップダイナモメトリーとデュアルエネルギーX線吸収法(DXA)を使用して、それぞれHGSとLMIを測定しました。結果:DM患者は非DM患者と比較して血清クレアチニン値とHGSが有意に低かったが、全身LMIと上肢のLMIは2つの患者グループ間で差がなかった。 DM患者は、血清クレアチニン/全身LMI、血清クレアチニン/腕LMI、HGS /全身LMI、およびHGS /腕LMI比が有意に低かった。血清クレアチニンレベルは、両グループの患者でHGSおよび全身および上肢LMIと有意に相関していました。ただし、血清クレアチニンとHGSを使用したLMIの回帰分析では、非DM患者と比較してDM患者の傾斜が大幅に浅くなっています。結論:これは、DM血液透析患者では、血清クレアチニン値によく反映されている、筋肉量の単位あたりに生成される筋力が著しく低下していることを示唆しています。したがって、我々の結果は、非DM血液透析患者と比較してDM血液透析患者の血清クレアチニンレベルが有意に低いことは、筋肉量の減少または栄養失調ではなく、筋肉の質の低下によって説明できることを示した。

  • Poor muscle quality rather than reduced lean body mass is responsible for the lower serum creatinine level in hemodialysis patients with diabetes mellitus 査読

    Inaba M, Kurajoh M, Okuno S, Imanishi Y, Yamada S, Mori K, Ishimura E, Yamakawa T, Nishizawa Y

    Clin Nephrol   74 ( 4 )   266 - 72   2010年10月( ISSN:0301-0430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    血清クレアチニンレベルは、糖尿病(DM)の栄養状態のよい血液透析患者の方が、非DM患者よりも、これらの患者に無尿があるにもかかわらず、有意に低くなっています。この発見に関連する要因は決定されていません。患者と方法:DM患者の筋肉の質が悪いかどうかを判断するために、102 DMおよび208非DM血液透析患者の横断研究において、血清クレアチニンと握力(HGS)および除脂肪体重指数(LMI)との関連を評価しました血清クレアチニンのレベル低下を説明できます。すべてのDM患者は栄養状態が良かった。グリップダイナモメトリーとデュアルエネルギーX線吸収法(DXA)を使用して、それぞれHGSとLMIを測定しました。結果:DM患者は非DM患者と比較して血清クレアチニン値とHGSが有意に低かったが、全身LMIと上肢のLMIは2つの患者グループ間で差がなかった。 DM患者は、血清クレアチニン/全身LMI、血清クレアチニン/腕LMI、HGS /全身LMI、およびHGS /腕LMI比が有意に低かった。血清クレアチニンレベルは、両グループの患者でHGSおよび全身および上肢LMIと有意に相関していました。ただし、血清クレアチニンとHGSを使用したLMIの回帰分析では、非DM患者と比較してDM患者の傾斜が大幅に浅くなっています。結論:これは、DM血液透析患者では、血清クレアチニン値によく反映されている、筋肉量の単位あたりに生成される筋力が著しく低下していることを示唆しています。したがって、我々の結果は、非DM血液透析患者と比較してDM血液透析患者の血清クレアチニンレベルが有意に低いことは、筋肉量の減少または栄養失調ではなく、筋肉の質の低下によって説明できることを示した。

  • Poor muscle quality rather than reduced lean body mass is responsible for the lower serum creatinine level in hemodialysis patients with diabetes mellitus.

    Inaba M, Kurajoh M, Okuno S, Imanishi Y, Yamada S, Mori K, Ishimura E, Yamakawa T, Nishizawa Y

    Clinical nephrology   74 ( 4 )   266 - 72   2010年10月( ISSN:0301-0430

     詳細を見る

  • Effects of raloxifene treatment on the structural geometry of the proximal femur in Japanese women with osteoporosis 査読

    TAKADA Junichi, MIKI Takami, IMANISHI Yasuo, NAKATSUKA Kiyoshi, WADA Hiroshi, NAKA Hiroshi, YOSHIZAKI Takashi, IBA Kousuke, BECK Thomas J., YAMASHITA Toshihiko

    Journal of bone and mineral metabolism   28 ( 5 )   561 - 567   2010年09月( ISSN:09148779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    本研究の目的は、股関節構造解析により日本人の骨粗鬆症患者の近位大腿骨形状に対するラロキシフェンによる2年治療の効果を明らかにすることでした。骨粗鬆症の地域在住の閉経後女性198人が登録されました。構造変数は、面積骨密度(BMD)、断面積(CSA)、断面係数(曲げ力に対する抵抗の指標)、および座屈比(皮質不安定性の指標)でした。狭い首のBMD、CSA、および断面係数は、2年でそれぞれ1.27、2.67、および3.90%増加しました。転子でのBMD、CSA、および断面係数は、研究終了時にそれぞれ2.55、4.49、および6.60%増加しました。転子の座屈率は1年で2.36%減少しましたが、2年での差は有意ではなくなりました。シャフトのパラメーターは、狭い首と転子間と質的に類似していました。断面係数の変化率は、3つの地域すべてで2年でBMDの変化よりも有意に高かった。断面係数の変化率は、BMDとCSAの変化率と強く相関しており、すべての領域での座屈率の変化率と負の相関があります。結論として、ラロキシフェン療法を受けている日本人の骨粗鬆症の女性は、大腿骨近位部のBMDと形状の両方が大幅に改善された。

    CiNii Article

  • Effects of raloxifene treatment on the structural geometry of the proximal femur in Japanese women with osteoporosis

    TAKADA Junichi, MIKI Takami, IMANISHI Yasuo, NAKATSUKA Kiyoshi, WADA Hiroshi, NAKA Hiroshi, YOSHIZAKI Takashi, IBA Kousuke, BECK Thomas J., YAMASHITA Toshihiko

    J Bone Miner Metab   28 ( 5 )   561 - 567   2010年09月( ISSN:09148779

     詳細を見る

  • Effects of raloxifene treatment on the structural geometry of the proximal femur in Japanese women with osteoporosis 査読

    Junichi Takada, Takami Miki, Yasuo Imanishi, Kiyoshi Nakatsuka, Hiroshi Wada, Hiroshi Naka, Takashi Yoshizaki, Kousuke Iba, Thomas J. Beck, Toshihiko Yamashita

    SPRINGER TOKYO JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM   28 ( 5 )   561 - 567   2010年09月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The purpose of this study was to clarify the effects of 2-year treatment with raloxifene on the proximal femoral geometry among Japanese patients with osteoporosis by hip structure analysis. One hundred ninety-eight community-dwelling postmenopausal women with osteoporosis were enrolled. The structural variables were areal bone mineral density (BMD), cross-sectional area (CSA), section modulus (index of resistance to bending forces), and buckling ratio (index of cortical instability). BMD, CSA, and section modulus at the narrow neck significantly increased by 1.27, 2.67, and 3.90% at 2 years, respectively. BMD, CSA, and section modulus at the intertrochanter significantly increased by 2.55, 4.49, and 6.60% at study termination, respectively. The buckling ratio at the intertrochanter decreased by 2.36% at 1 year, but differences at 2 years became non-significant. Parameters at the shaft were qualitatively similar to those of the narrow neck and intertrochanter. The percent change of the section modulus was significantly higher than that of BMD at 2 years in all three regions. The percent changes of the section modulus is strongly correlated with the percent changes of BMD and CSA, and negative correlated with the percent changes of buckling ratio in all regions. In conclusion, Japanese osteoporotic women on raloxifene therapy have significant improvements of both BMD and geometry in the proximal femur.

    DOI: 10.1007/s00774-010-0164-5

  • 骨粗鬆症の日本人女性における近位大腿骨構造ジオメトリーに及ぼすラロキシフェン治療の影響(Effects of raloxifene treatment on the structural geometry of the proximal femur in Japanese women with osteoporosis)

    Takada Junichi, Miki Takami, Imanishi Yasuo, Nakatsuka Kiyoshi, Wada Hiroshi, Naka Hiroshi, Yoshizaki Takashi, Iba Kousuke, Beck Thomas J., Yamashita Toshihiko

    Journal of Bone and Mineral Metabolism   28 ( 5 )   561 - 567   2010年09月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    骨粗鬆症の閉経後日本人女性198名をラロキシフェンで治療し、面骨密度(BMD)、断面積(CSA)、曲げ力に対する抵抗指数である断面係数および皮質骨不安定性の指標である座屈比を測定した。その結果、大腿骨頸部におけるBMD、CSAおよび断面係数が2年後に1.27%、2.67%および3.90%増加した。転子間におけるBMD、CSAおよび断面係数は試験終了時に2.55%、4.49%および6.60%増加した。転子間における座屈比は1年後2.36%減少したが、2年後では有意差はなくなった。骨幹部における指標は頸部および転子間の指標と質的にほぼ似通っていた。2年後における断面係数の変化率は3部位ともBMDの変化率に比べて有意に大きかった。断面係数の変化率はBMDおよびCSAと強い相関があり、座屈比変化率と負の相関を示した。ラロキシフェン治療は骨粗鬆症の日本人女性において近位大腿骨のBMDおよびジオメトリーを有意に改善する。

  • Effects of raloxifene treatment on the structural geometry of the proximal femur in Japanese women with osteoporosis 査読

    Junichi Takada, Takami Miki, Yasuo Imanishi, Kiyoshi Nakatsuka, Hiroshi Wada, Hiroshi Naka, Takashi Yoshizaki, Kousuke Iba, Thomas J. Beck, Toshihiko Yamashita

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM   28 ( 5 )   561 - 567   2010年09月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The purpose of this study was to clarify the effects of 2-year treatment with raloxifene on the proximal femoral geometry among Japanese patients with osteoporosis by hip structure analysis. One hundred ninety-eight community-dwelling postmenopausal women with osteoporosis were enrolled. The structural variables were areal bone mineral density (BMD), cross-sectional area (CSA), section modulus (index of resistance to bending forces), and buckling ratio (index of cortical instability). BMD, CSA, and section modulus at the narrow neck significantly increased by 1.27, 2.67, and 3.90% at 2 years, respectively. BMD, CSA, and section modulus at the intertrochanter significantly increased by 2.55, 4.49, and 6.60% at study termination, respectively. The buckling ratio at the intertrochanter decreased by 2.36% at 1 year, but differences at 2 years became non-significant. Parameters at the shaft were qualitatively similar to those of the narrow neck and intertrochanter. The percent change of the section modulus was significantly higher than that of BMD at 2 years in all three regions. The percent changes of the section modulus is strongly correlated with the percent changes of BMD and CSA, and negative correlated with the percent changes of buckling ratio in all regions. In conclusion, Japanese osteoporotic women on raloxifene therapy have significant improvements of both BMD and geometry in the proximal femur.

    DOI: 10.1007/s00774-010-0164-5

  • 偽性副甲状腺機能低下症Ib型患者に対する活性型ビタミンD3アナログの投与は1-84および切断副甲状腺ホルモンの血清中濃度を低下させる(The administration of an active vitamin D3 analogue reduced the serum concentrations of 1-84 and truncated parathyroid hormone in pseudohypoparathyroidism type Ib patients)

    Ishii Akira, Imanishi Yasuo, Kurajoh Masafumi, Nagata Yuki, Kobayashi Keisuke, Miki Takami, Inaba Masaaki, Nishizawa Yoshiki

    Endocrine Journal   57 ( 7 )   609 - 614   2010年07月( ISSN:0918-8959

     詳細を見る

    活性型ビタミンD3による副甲状腺ホルモン(PTH)切断の促進について検討した。偽性副甲状腺機能低下症Ib型(PHP Ib)の患者に、ビタミンD3アナログであるアルファカルシドールを投与した。市販の2部位total PTH(T-PTH)アッセイにより、(1-84)PTH分子および(7-84)PTHなどのPTHのアミノ末端(N-terminal)切断断片を測定することができた。完全長(1-84)PTHに特異的なwhole PTH(W-PTH)アッセイの開発により、N-terminal切断PTHと完全長(1-84)PTHの区別が可能となっていた。W-PTH/T-PTH比を算出し、PTH N-terminal切断の指標として用いた。非投与PHP Ib患者では、血清中W-PTHおよびT-PTH濃度は、ともに上昇していた。アルファカルシドール投与により、W-PTHおよびT-PTHの濃度は低下したが、W-PTH/T-PTH比は変化しなかった。血清中カルシウム濃度は、W-PTHおよびT-PTH双方の濃度と有意な負の相関を示したが、W-PTH/T-PTH比との相関は見られなかった。したがって、活性型ビタミンD3アナログの投与により、完全長PTHおよび切断PTHの分泌は抑制されたものの、PTH N-terminal切断の割合に大きな作用は見られなかった。PHP Ib患者において、活性型ビタミンD3によりPTH N-terminal切断に対するカルシウム上昇の作用が減弱するものと考えられた。

  • The levels of somatostatin receptors in causative tumors of oncogenic osteomalacia are insufficient for their agonist to normalize serum phosphate levels. 査読

    Ishii A, Imanishi Y, Kobayashi K, Hashimoto J, Ueda T, Miyauchi A, Koyano HM, Kaji H, Saito T, Oba K, Komatsu Y, et al

    Calcif Tissue Int   86 ( 6 )   455 - 462   2010年06月( ISSN:1432-0827

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    腫瘍性骨軟化症(OOM)は、腎のリン酸消耗と骨軟化症を特徴とするまれな疾患であり、原因腫瘍からの線維芽細胞成長因子23(FGF-23)の分泌によって引き起こされます。ソマトスタチン受容体(SSTR)に結合するオクトレオチドによるシンチグラフィーは、OOM患者の原因となる腫瘍の位置を特定するのに便利な方法です。しかし、酢酸オクトレオチドの治療効果についてはまだ議論の余地があります。 2人のOOM患者に酢酸オクトレオチドを筋肉内投与した。オクトレオチド投与研究に参加した患者から切除された2人を含む10人の原因となるOOM腫瘍を、定量的リアルタイムRT-PCRおよび免疫組織化学によりSSTRをコードする遺伝子の発現について調べた。オクトレオチド療法は、1人の患者のFGF-23レベルの一時的な低下にもかかわらず、どちらの場合でも低リン血症を改善しませんでした。 SSTR1、SSTR3、およびSSTR5の平均発現レベルは、OOMおよび非OOM腫瘍で類似していた。 SSTR2の発現は、OOM腫瘍では非OOM腫瘍よりも有意に高かった。免疫組織化学検査により、OOMおよび非OOM腫瘍の両方にSSTR2A、SSTR2B、およびSSTR5が存在することが明らかになりました。 OOM腫瘍におけるSSTR遺伝子の発現は、オクトレオチドシンチグラフィを使用したポジティブイメージングに貢献します。ただし、オクトレオチド療法が低リン血症を改善するには、SSTRのレベルが不十分であると思われます。 OOM腫瘍からのFGF-23分泌が酢酸オクトレオチドによって抑制されるメカニズムを解明するには、さらなる研究が必要である。

  • The levels of somatostatin receptors in causative tumors of oncogenic osteomalacia are insufficient for their agonist to normalize serum phosphate levels. 査読

    Ishii A, Imanishi Y, Kobayashi K, Hashimoto J, Ueda T, Miyauchi A, Koyano HM, Kaji H, Saito T, Oba K, Komatsu Y

    Calcif Tissue Int   86 ( 6 )   455 - 462   2010年06月( ISSN:1432-0827

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腫瘍性骨軟化症(OOM)は、腎のリン酸消耗と骨軟化症を特徴とするまれな疾患であり、原因腫瘍からの線維芽細胞成長因子23(FGF-23)の分泌によって引き起こされます。ソマトスタチン受容体(SSTR)に結合するオクトレオチドによるシンチグラフィーは、OOM患者の原因となる腫瘍の位置を特定するのに便利な方法です。しかし、酢酸オクトレオチドの治療効果についてはまだ議論の余地があります。 2人のOOM患者に酢酸オクトレオチドを筋肉内投与した。オクトレオチド投与研究に参加した患者から切除された2人を含む10人の原因となるOOM腫瘍を、定量的リアルタイムRT-PCRおよび免疫組織化学によりSSTRをコードする遺伝子の発現について調べた。オクトレオチド療法は、1人の患者のFGF-23レベルの一時的な低下にもかかわらず、どちらの場合でも低リン血症を改善しませんでした。 SSTR1、SSTR3、およびSSTR5の平均発現レベルは、OOMおよび非OOM腫瘍で類似していた。 SSTR2の発現は、OOM腫瘍では非OOM腫瘍よりも有意に高かった。免疫組織化学検査により、OOMおよび非OOM腫瘍の両方にSSTR2A、SSTR2B、およびSSTR5が存在することが明らかになりました。 OOM腫瘍におけるSSTR遺伝子の発現は、オクトレオチドシンチグラフィを使用したポジティブイメージングに貢献します。ただし、オクトレオチド療法が低リン血症を改善するには、SSTRのレベルが不十分であると思われます。 OOM腫瘍からのFGF-23分泌が酢酸オクトレオチドによって抑制されるメカニズムを解明するには、さらなる研究が必要である。

  • The levels of somatostatin receptors in causative tumors of oncogenic osteomalacia are insufficient for their agonist to normalize serum phosphate levels. 査読

    Ishii A, Imanishi Y, Kobayashi K, Hashimoto J, Ueda T, Miyauchi A, Koyano HM, Kaji H, Saito T, Oba K, Komatsu Y

    Calcif Tissue Int   86 ( 6 )   455 - 462   2010年06月( ISSN:1432-0827

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腫瘍性骨軟化症(OOM)は、腎のリン酸消耗と骨軟化症を特徴とするまれな疾患であり、原因腫瘍からの線維芽細胞成長因子23(FGF-23)の分泌によって引き起こされます。ソマトスタチン受容体(SSTR)に結合するオクトレオチドによるシンチグラフィーは、OOM患者の原因となる腫瘍の位置を特定するのに便利な方法です。しかし、酢酸オクトレオチドの治療効果についてはまだ議論の余地があります。 2人のOOM患者に酢酸オクトレオチドを筋肉内投与した。オクトレオチド投与研究に参加した患者から切除された2人を含む10人の原因となるOOM腫瘍を、定量的リアルタイムRT-PCRおよび免疫組織化学によりSSTRをコードする遺伝子の発現について調べた。オクトレオチド療法は、1人の患者のFGF-23レベルの一時的な低下にもかかわらず、どちらの場合でも低リン血症を改善しませんでした。 SSTR1、SSTR3、およびSSTR5の平均発現レベルは、OOMおよび非OOM腫瘍で類似していた。 SSTR2の発現は、OOM腫瘍では非OOM腫瘍よりも有意に高かった。免疫組織化学検査により、OOMおよび非OOM腫瘍の両方にSSTR2A、SSTR2B、およびSSTR5が存在することが明らかになりました。 OOM腫瘍におけるSSTR遺伝子の発現は、オクトレオチドシンチグラフィを使用したポジティブイメージングに貢献します。ただし、オクトレオチド療法が低リン血症を改善するには、SSTRのレベルが不十分であると思われます。 OOM腫瘍からのFGF-23分泌が酢酸オクトレオチドによって抑制されるメカニズムを解明するには、さらなる研究が必要である。

  • The levels of somatostatin receptors in causative tumors of oncogenic osteomalacia are insufficient for their agonist to normalize serum phosphate levels.

    Ishii A, Imanishi Y, Kobayashi K, Hashimoto J, Ueda T, Miyauchi A, Koyano HM, Kaji H, Saito T, Oba K, Komatsu Y, Kurajoh M, Nagata Y, Goto H, Wakasa K, Sugimoto T, Miki T, Inaba M, Nishizawa Y

    Calcified tissue international   86 ( 6 )   455 - 62   2010年06月( ISSN:0171-967X

     詳細を見る

  • The administration of an active vitamin D(3) analogue reduced the serum concentrations of 1-84 and truncated parathyroid hormone in pseudohypoparathyroidism type Ib patients 査読

    Ishii A, Imanishi Y, Kurajoh M, Nagata Y, Kobayashi K, Miki T, Inaba M, Nishizawa Y

    Endocr J   57 ( 7 )   609 - 14   2010年05月( ISSN:1348-4540

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    血清カルシウムは、副甲状腺からのPTHアミノ末端(N末端)切断および全長(1-84)PTHの分泌の主要な調節因子の1つです。ただし、PTHの切り捨てに対する活性ビタミンD(3)の影響については議論の余地があります。アクティブビタミンD(3)PTHの切り捨てを加速するかどうかを判断するには、ビタミンD(3)アナログアルファカルシドールは偽性副甲状腺機能亢進症タイプIb(PHP Ib)患者に投与されました。 (1-84)PTH分子と(7-84)PTHなどのN末端切断断片の両方は、市販の2部位トータルPTH(T-PTH)アッセイで測定できます。全長(1-84)PTHに特化したPTH(W-PTH)アッセイ全体の開発により、N末端切断PTHと全長(1-84)PTHを区別することができました。 W-PTH / T-PTH比を計算し、PTH N末端切断の指標として使用しました。血清W-PTHおよびT-PTHレベルの両方は、未治療のPHP Ib患者で上昇しました。アルファカルシドールの投与により、W-PTHとT-PTHの両方のレベルが低下しました。ただし、W-PTH / T-PTH比は安定していました。血清カルシウムレベルは、W-PTHおよびT-PTHレベルの両方と有意かつ負の相関がありましたが、W-PTH / T-PTH比とは相関していませんでした。したがって、アクティブビタミンD(3)アナログの投与は、PTHの完全長および切断の両方の分泌を減少させたとしても、PTH N末端切断の速度に大きな影響を与えるようには見えませんでした。おそらく、アクティブビタミンD(3)は、PHP Ib患者のPTH N末端切断に対するカルシウムの上昇の影響を減衰させる。

  • The administration of an active vitamin D(3) analogue reduced the serum concentrations of 1-84 and truncated parathyroid hormone in pseudohypoparathyroidism type Ib patients 査読

    Ishii A, Imanishi Y, Kurajoh M, Nagata Y, Kobayashi K, Miki T, Inaba M, Nishizawa Y

    Endocr J   57 ( 7 )   609 - 14   2010年05月( ISSN:1348-4540

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    血清カルシウムは、副甲状腺からのPTHアミノ末端(N末端)切断および全長(1-84)PTHの分泌の主要な調節因子の1つです。ただし、PTHの切り捨てに対する活性ビタミンD(3)の影響については議論の余地があります。アクティブビタミンD(3)PTHの切り捨てを加速するかどうかを判断するには、ビタミンD(3)アナログアルファカルシドールは偽性副甲状腺機能亢進症タイプIb(PHP Ib)患者に投与されました。 (1-84)PTH分子と(7-84)PTHなどのN末端切断断片の両方は、市販の2部位トータルPTH(T-PTH)アッセイで測定できます。全長(1-84)PTHに特化したPTH(W-PTH)アッセイ全体の開発により、N末端切断PTHと全長(1-84)PTHを区別することができました。 W-PTH / T-PTH比を計算し、PTH N末端切断の指標として使用しました。血清W-PTHおよびT-PTHレベルの両方は、未治療のPHP Ib患者で上昇しました。アルファカルシドールの投与により、W-PTHとT-PTHの両方のレベルが低下しました。ただし、W-PTH / T-PTH比は安定していました。血清カルシウムレベルは、W-PTHおよびT-PTHレベルの両方と有意かつ負の相関がありましたが、W-PTH / T-PTH比とは相関していませんでした。したがって、アクティブビタミンD(3)アナログの投与は、PTHの完全長および切断の両方の分泌を減少させたとしても、PTH N末端切断の速度に大きな影響を与えるようには見えませんでした。おそらく、アクティブビタミンD(3)は、PHP Ib患者のPTH N末端切断に対するカルシウムの上昇の影響を減衰させる。

  • The administration of an active vitamin D(3) analogue reduced the serum concentrations of 1-84 and truncated parathyroid hormone in pseudohypoparathyroidism type Ib patients 査読

    Ishii A, Imanishi Y, Kurajoh M, Nagata Y, Kobayashi K, Miki T, Inaba M, Nishizawa Y

    Endocr J   57 ( 7 )   609 - 14   2010年05月( ISSN:1348-4540

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    血清カルシウムは、副甲状腺からのPTHアミノ末端(N末端)切断および全長(1-84)PTHの分泌の主要な調節因子の1つです。ただし、PTHの切り捨てに対する活性ビタミンD(3)の影響については議論の余地があります。アクティブビタミンD(3)PTHの切り捨てを加速するかどうかを判断するには、ビタミンD(3)アナログアルファカルシドールは偽性副甲状腺機能亢進症タイプIb(PHP Ib)患者に投与されました。 (1-84)PTH分子と(7-84)PTHなどのN末端切断断片の両方は、市販の2部位トータルPTH(T-PTH)アッセイで測定できます。全長(1-84)PTHに特化したPTH(W-PTH)アッセイ全体の開発により、N末端切断PTHと全長(1-84)PTHを区別することができました。 W-PTH / T-PTH比を計算し、PTH N末端切断の指標として使用しました。血清W-PTHおよびT-PTHレベルの両方は、未治療のPHP Ib患者で上昇しました。アルファカルシドールの投与により、W-PTHとT-PTHの両方のレベルが低下しました。ただし、W-PTH / T-PTH比は安定していました。血清カルシウムレベルは、W-PTHおよびT-PTHレベルの両方と有意かつ負の相関がありましたが、W-PTH / T-PTH比とは相関していませんでした。したがって、アクティブビタミンD(3)アナログの投与は、PTHの完全長および切断の両方の分泌を減少させたとしても、PTH N末端切断の速度に大きな影響を与えるようには見えませんでした。おそらく、アクティブビタミンD(3)は、PHP Ib患者のPTH N末端切断に対するカルシウムの上昇の影響を減衰させる。

  • Association of glycated albumin, but not glycated hemoglobin, with calcaneus quantitative ultrasound in male hemodialysis patients with type 2 diabetes mellitus 査読

    Yamada S, Inaba M, Okada S, Imanishi Y, Mori K, Emoto M, Ishimura E, Nishizawa Y

    Metabolism   59 ( 3 )   390 - 4   2010年03月( ISSN:1532-8600

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    持続的な高グルコースは、2型糖尿病(T2DM)患者の骨代謝を損ないます。この研究では、血糖コントロールと骨代謝の関係を、T2DMの男性血液透析(HD)患者で調べました。月経と月経周期、肥満、および骨代謝に対する糖尿誘発性高カルシウム尿症の影響を回避するために、T2DMの男性無尿非肥満HD患者(n = 42)が登録されました。 HDセッション後に超音波を使用してusing骨剛性指数(SI)を決定しました。カジュアルな血漿グルコース(PG)、糖化ヘモグロビン(HbA(1c))、および糖化アルブミン(GA)は、HDセッションの前に測定されました。単純な回帰分析では、ログPG(r = -0.333、P <.05)およびログGA(r = -0.350、P <.05)、ログHbA(1c)(r = -0.134、P = .3985ではありません) )、骨SIとの有意な負の相関を示した。 log BMI、log cCa x Pi product、log PGを含む重回帰分析では、log cCa x Pi productに加えて、log PGはcalc骨SIと有意に負の関係にありました。ログPGがログGAまたはログHbA(1c)で置き換えられた場合、ログHbA(1c)ではなくログGAが関連する重要な要因として現れました。 HbA(1c)が関連付けに失敗した理由に関するメカニズムは、エリスロポエチン注射による誤った減少によって説明できます。本研究は、T2DMのHD患者における血糖コントロールの適切な指標としてGAの概念を支持しました。さらに、血糖コントロール不良は、T2DM HD患者の骨SIを減少させる重要な要因である可能性が示唆される。

  • Association of glycated albumin, but not glycated hemoglobin, with calcaneus quantitative ultrasound in male hemodialysis patients with type 2 diabetes mellitus 査読

    Yamada S, Inaba M, Okada S, Imanishi Y, Mori K, Emoto M, Ishimura E, Nishizawa Y

    Metabolism   59 ( 3 )   390 - 4   2010年03月( ISSN:1532-8600

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    持続的な高グルコースは、2型糖尿病(T2DM)患者の骨代謝を損ないます。この研究では、血糖コントロールと骨代謝の関係を、T2DMの男性血液透析(HD)患者で調べました。月経と月経周期、肥満、および骨代謝に対する糖尿誘発性高カルシウム尿症の影響を回避するために、T2DMの男性無尿非肥満HD患者(n = 42)が登録されました。 HDセッション後に超音波を使用してusing骨剛性指数(SI)を決定しました。カジュアルな血漿グルコース(PG)、糖化ヘモグロビン(HbA(1c))、および糖化アルブミン(GA)は、HDセッションの前に測定されました。単純な回帰分析では、ログPG(r = -0.333、P <.05)およびログGA(r = -0.350、P <.05)、ログHbA(1c)(r = -0.134、P = .3985ではありません) )、骨SIとの有意な負の相関を示した。 log BMI、log cCa x Pi product、log PGを含む重回帰分析では、log cCa x Pi productに加えて、log PGはcalc骨SIと有意に負の関係にありました。ログPGがログGAまたはログHbA(1c)で置き換えられた場合、ログHbA(1c)ではなくログGAが関連する重要な要因として現れました。 HbA(1c)が関連付けに失敗した理由に関するメカニズムは、エリスロポエチン注射による誤った減少によって説明できます。本研究は、T2DMのHD患者における血糖コントロールの適切な指標としてGAの概念を支持しました。さらに、血糖コントロール不良は、T2DM HD患者の骨SIを減少させる重要な要因である可能性が示唆される。

  • Association of glycated albumin, but not glycated hemoglobin, with calcaneus quantitative ultrasound in male hemodialysis patients with type 2 diabetes mellitus 査読

    Yamada S, Inaba M, Okada S, Imanishi Y, Mori K, Emoto M, Ishimura E, Nishizawa Y

    Metabolism   59 ( 3 )   390 - 4   2010年03月( ISSN:1532-8600

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    持続的な高グルコースは、2型糖尿病(T2DM)患者の骨代謝を損ないます。この研究では、血糖コントロールと骨代謝の関係を、T2DMの男性血液透析(HD)患者で調べました。月経と月経周期、肥満、および骨代謝に対する糖尿誘発性高カルシウム尿症の影響を回避するために、T2DMの男性無尿非肥満HD患者(n = 42)が登録されました。 HDセッション後に超音波を使用してusing骨剛性指数(SI)を決定しました。カジュアルな血漿グルコース(PG)、糖化ヘモグロビン(HbA(1c))、および糖化アルブミン(GA)は、HDセッションの前に測定されました。単純な回帰分析では、ログPG(r = -0.333、P <.05)およびログGA(r = -0.350、P <.05)、ログHbA(1c)(r = -0.134、P = .3985ではありません) )、骨SIとの有意な負の相関を示した。 log BMI、log cCa x Pi product、log PGを含む重回帰分析では、log cCa x Pi productに加えて、log PGはcalc骨SIと有意に負の関係にありました。ログPGがログGAまたはログHbA(1c)で置き換えられた場合、ログHbA(1c)ではなくログGAが関連する重要な要因として現れました。 HbA(1c)が関連付けに失敗した理由に関するメカニズムは、エリスロポエチン注射による誤った減少によって説明できます。本研究は、T2DMのHD患者における血糖コントロールの適切な指標としてGAの概念を支持しました。さらに、血糖コントロール不良は、T2DM HD患者の骨SIを減少させる重要な要因である可能性が示唆される。

  • Association of glycated albumin, but not glycated hemoglobin, with calcaneus quantitative ultrasound in male hemodialysis patients with type 2 diabetes mellitus.

    Yamada S, Inaba M, Okada S, Imanishi Y, Mori K, Emoto M, Ishimura E, Nishizawa Y

    Metabolism: clinical and experimental   59 ( 3 )   390 - 4   2010年03月( ISSN:0026-0495

  • Add-on combination therapy with adefovir dipivoxil induces renal impairment in patients with lamivudine-refractory hepatitis B virus.

    Tamori A, Enomoto M, Kobayashi S, Iwai S, Morikawa H, Sakaguchi H, Habu D, Shiomi S, Imanishi Y, Kawada N

    Journal of viral hepatitis   17 ( 2 )   123 - 9   2010年02月( ISSN:1352-0504

  • Add-on combination therapy with adefovir dipivoxil induces renal impairment in patients with lamivudine-refractory hepatitis B virus 査読

    Tamori A, Enomoto M, Kobayashi S, Iwai S, Morikawa H, Sakaguchi H, Habu D, Shiomi S, Imanishi Y, Kawada N

    J Viral Hepat   17 ( 2 )   123 - 9   2010年02月( ISSN:1365-2893

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    ラミブジン(LAM)抵抗性B型肝炎ウイルス(HBV)に感染した患者には、アデフォビルジピボキシル(ADV)とLAMの併用療法が推奨されます。しかし、腎機能および血清リンレベルに対するこのような治療の効果は完全には評価されていません。 ADVとLAMの併用療法は、肝硬変の17人を含むLAM難治性HBVに感染した37人の患者に行われました。血清HBV DNAレベルは、12か月で37人の患者23人(62%)、24か月で32人の患者25人(78%)、19人の患者16人(84%)で2.6 log(10)コピー/ mL未満に減少しました36ヶ月。 1人の肝硬変患者を除いて、併用療法中のすべての患者で血清アラニンアミノトランスフェラーゼレベルは50 IU / L未満でした。併用療法中、血清クレアチニン値は37例中14例(38%)増加し、血清リン酸塩値は37例中6例(16%)で2.5 mg / mL未満に減少しました。 36ヶ月以上の併用療法を受けた患者は、血清クレアチニン値の上昇の有意な発生率がありました。ファンコニ症候群は、ADVがLAMに追加された後、肝硬変の57歳の女性で発生しました。 ADVとLAMの併用療法は、LAM難治性HBV患者の生化学的寛解を維持できます。ただし、ADVの投与間隔は、長期治療を受けている患者の腎機能と血清リン酸塩レベルに応じて調整する必要がある。

  • Add-on combination therapy with adefovir dipivoxil induces renal impairment in patients with lamivudine-refractory hepatitis B virus 査読

    Tamori A, Enomoto M, Kobayashi S, Iwai S, Morikawa H, Sakaguchi H, Habu D, Shiomi S, Imanishi Y, Kawada N

    J Viral Hepat   17 ( 2 )   123 - 9   2010年02月( ISSN:1365-2893

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ラミブジン(LAM)抵抗性B型肝炎ウイルス(HBV)に感染した患者には、アデフォビルジピボキシル(ADV)とLAMの併用療法が推奨されます。しかし、腎機能および血清リンレベルに対するこのような治療の効果は完全には評価されていません。 ADVとLAMの併用療法は、肝硬変の17人を含むLAM難治性HBVに感染した37人の患者に行われました。血清HBV DNAレベルは、12か月で37人の患者23人(62%)、24か月で32人の患者25人(78%)、19人の患者16人(84%)で2.6 log(10)コピー/ mL未満に減少しました36ヶ月。 1人の肝硬変患者を除いて、併用療法中のすべての患者で血清アラニンアミノトランスフェラーゼレベルは50 IU / L未満でした。併用療法中、血清クレアチニン値は37例中14例(38%)増加し、血清リン酸塩値は37例中6例(16%)で2.5 mg / mL未満に減少しました。 36ヶ月以上の併用療法を受けた患者は、血清クレアチニン値の上昇の有意な発生率がありました。ファンコニ症候群は、ADVがLAMに追加された後、肝硬変の57歳の女性で発生しました。 ADVとLAMの併用療法は、LAM難治性HBV患者の生化学的寛解を維持できます。ただし、ADVの投与間隔は、長期治療を受けている患者の腎機能と血清リン酸塩レベルに応じて調整する必要がある。

  • Add-on combination therapy with adefovir dipivoxil induces renal impairment in patients with lamivudine-refractory hepatitis B virus 査読

    Tamori A, Enomoto M, Kobayashi S, Iwai S, Morikawa H, Sakaguchi H, Habu D, Shiomi S, Imanishi Y, Kawada N

    J Viral Hepat   17 ( 2 )   123 - 9   2010年02月( ISSN:1365-2893

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ラミブジン(LAM)抵抗性B型肝炎ウイルス(HBV)に感染した患者には、アデフォビルジピボキシル(ADV)とLAMの併用療法が推奨されます。しかし、腎機能および血清リンレベルに対するこのような治療の効果は完全には評価されていません。 ADVとLAMの併用療法は、肝硬変の17人を含むLAM難治性HBVに感染した37人の患者に行われました。血清HBV DNAレベルは、12か月で37人の患者23人(62%)、24か月で32人の患者25人(78%)、19人の患者16人(84%)で2.6 log(10)コピー/ mL未満に減少しました36ヶ月。 1人の肝硬変患者を除いて、併用療法中のすべての患者で血清アラニンアミノトランスフェラーゼレベルは50 IU / L未満でした。併用療法中、血清クレアチニン値は37例中14例(38%)増加し、血清リン酸塩値は37例中6例(16%)で2.5 mg / mL未満に減少しました。 36ヶ月以上の併用療法を受けた患者は、血清クレアチニン値の上昇の有意な発生率がありました。ファンコニ症候群は、ADVがLAMに追加された後、肝硬変の57歳の女性で発生しました。 ADVとLAMの併用療法は、LAM難治性HBV患者の生化学的寛解を維持できます。ただし、ADVの投与間隔は、長期治療を受けている患者の腎機能と血清リン酸塩レベルに応じて調整する必要がある。

  • Association of glycated albumin, but not glycated hemoglobin, with calcaneus quantitative ultrasound in male hemodialysis patients with type 2 diabetes mellitus 査読

    今西 康雄

    Metabolism 59   390 - 394   2010年

  • The administration of an active vitamin D(3) analogue reduced the serum concentrations of 1-84 and truncated parathyroid hormone in pseudohypoparathyroidism type Ib patients.

    Ishii A, Imanishi Y, Kurajoh M, Nagata Y, Kobayashi K, Miki T, Inaba M, Nishizawa Y

    Endocrine journal   57 ( 7 )   609 - 14   2010年( ISSN:0918-8959

  • The administration of an active vitamin D(3) analogue reduced the serum concentrations of 1-84 and truncated parathyroid hormone in pseudohypoparathyroidism type Ib patients. 査読

    今西 康雄

    Endocr J   57   609 - 614   2010年

  • Effects of raloxifene treatment on the structural geometry of the proximal femur in Japanese women with osteoporosis 査読

    今西 康雄

    J Bone Miner Metab 28   561 - 567   2010年

  • Beneficial effect of risedronate on arterial thickening and stiffening with a reciprocal relationship to its effect on bone mass in female osteoporosis patients : a longitudinal study. 査読

    今西 康雄

    Life Sci   87   686 - 691   2010年

  • Cinacalcet in Hyperfunctioning Parathyroid Diseases 査読

    Imanishi Yasuo, Inaba Masaaki, Kawata Takehisa, Nishizawa Yoshiki

    THERAPEUTIC APHERESIS AND DIALYSIS   13   S7 - S11   2009年10月( ISSN:1744-9979

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    副甲状腺細胞表面のカルシウム感知受容体(CaR)は、細胞外液中のイオン化カルシウム濃度を感知し、毎分副甲状腺ホルモン(PTH)分泌を調節する。 CaRの合成アロステリックモジュレーターが開発されており、ポジティブモジュレーター(calcimimetics)の1つとしてシナカルセトがある。 シナカルセトは、細胞外カルシウムによって活性化されるCaRの感度を高め、PTH放出を抑制します。 シナカルセトは、血液透析中の尿毒症患者における二次性副甲状腺機能亢進症(SHPT)の効果的な治療法です。 このレビューでは、シナカルセトを使用した基本的な実験に基づいて、シナカルセトの副甲状腺機能亢進に対する有益な効果を仮定します。

    DOI: 10.1111/j.1744-9987.2009.00768.x

    PubMed

  • Cinacalcet in hyperfunctioning parathyroid diseases. 査読

    Imanishi Y, Inaba M, Kawata T, Nishizawa Y

    Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy   13 Suppl 1   S7 - S11   2009年10月( ISSN:1744-9979

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1744-9987.2009.00768.x

    PubMed

  • Osteosarcoma in a pregnant patient with McCune-Albright syndrome 査読

    Kanazawa Ippei, Yamauchi Mika, Yano Shozo, Imanishi Yasuo, Kitazawa Riko, Nariai Yoshiki, Araki Asuka, Kobayashi Keisuke, Inaba Masaaki, Maruyama Riruke, Yamaguchi Toru, Sugimoto Toshitsugu

    BONE   45 ( 3 )   603 - 608   2009年09月( ISSN:8756-3282

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    線維性異形成の悪性転換は非常にまれであり、妊娠中に放射線治療を受けていないMcCune-Albright症候群の患者ではこれまで報告されていません。 ここでは、骨肉腫を伴うMcCune-Albright症候群と末端肥大症の38歳の妊婦を報告します。 患者は妊娠6週目で、私たちの病院を訪れました。 彼女は、複数の線維性異形成、皮膚色素沈着、および先端巨大症を患っていました。 妊娠中の著しく高い骨代謝回転率は、通常の分娩後に減少する傾向がありました。 下顎の線維性形成異常は妊娠37週目に急速に増加し、腫瘍は分娩後に外科的に切除されました。 切除された腫瘍の病理学的検査により、軟骨芽細胞および骨芽細胞組織を含む骨肉腫と混合した線維性異形成が明らかになりました。 最初に、妊娠中に急速に進行したマッキューン-オルブライト症候群の患者の骨肉腫の症例を報告しました。

    DOI: 10.1016/j.bone.2009.05.018

    PubMed

  • Osteosarcoma in a pregnant patient with McCune-Albright syndrome 査読

    Ippei Kanazawa, Mika Yamauchi, Shozo Yano, Yasuo Imanishi, Riko Kitazawa, Yoshiki Nariai, Asuka Araki, Keisuke Kobayashi, Masaaki Inaba, Riruke Maruyama, Toru Yamaguchi, Toshitsugu Sugimoto

    BONE   45 ( 3 )   603 - 608   2009年09月( ISSN:8756-3282

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Malignant transformation of fibrous dysplasia is very rare and has not been previously described in patients with McCune-Albright syndrome in the absence of radiation treatment during gestation. Here, we report a 38-year-old pregnant woman with McCune-Albright syndrome and acromegaly accompanied by osteosarcoma. The patient was in the 6th week of pregnancy, when she visited our hospital. She had Multiple fibrous dysplasia, skin pigmentation, and acromegaly. The markedly high bone turnover rate during pregnancy tended to decrease after a normal delivery. Fibrous dysplasia of the lower jaw rapidly increased in the 37th week of pregnancy, and the tumor was surgically resected after delivery. Pathological examination of the resected tumor revealed fibrous dysplasia admixed with osteosarcoma containing chondroblastic and osteoblastic tissue. We firstly reported a case of osteosarcoma in a patient with McCune-Albright syndrome, which rapidly progressed during pregnancy. (C) 2009 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.bone.2009.05.018

  • Animal models of hyperfunctioning parathyroid diseases for drug development 査読

    Imanishi Yasuo, Inaba Masaaki, Kawata Takehisa, Nishizawa Yoshiki

    EXPERT OPINION ON DRUG DISCOVERY   4 ( 7 )   727 - 740   2009年07月( ISSN:1746-0441

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    ミネラルと骨代謝の障害は、慢性腎疾患(CKD)患者の高い死亡率の危険因子として関与しています。高リン血症、ビタミンD代謝障害、尿毒症の二次性副甲状腺機能亢進症(SHPT)は、死亡率を改善するためのこれらの患者の治療標的です。 CKDの動物モデルは不可欠であり、5/6腎摘出術によって産生される尿毒症ラットは、新しい治療薬の開発に最も有用な動物モデルの1つです。寿命が短いなどの尿毒症ラットには限界があり、維持血液透析を受けているCKD患者とは異なる二次性副甲状腺機能亢進症の重症度が低いため、新しいモデル動物の開発が期待されています。目的:このレビューでは、機能亢進性副甲状腺疾患の分子病因と、新しい治療薬の開発の側面における副甲状腺機能亢進症を示す動物モデルの応用について説明します。結論:副甲状腺を標的としたサイクリンD1癌遺伝子の過剰発現を伴うPTH-サイクリンD1トランスジェニックマウスは、異常な副甲状腺細胞増殖を発症しただけでなく、特に骨に特徴的な異常を伴う生化学的副甲状腺機能亢進症を発症しました。マウスは年齢に依存した生化学的副甲状腺機能亢進症の発症を示し、薬物の正確な検査を可能にします。さらに、マウスは副甲状腺細胞過形成を発症し、その後モノクローナル抵抗性の拡大が起こり、これは難治性のSHPT患者で観察される。

    DOI: 10.1517/17460440903022743

    PubMed

  • Severe arterial hypertension: a possible complication of McCune-Albright syndrome 査読

    Ohata Yasuhisa, Yamamoto Takehisa, Mori Ikuko, Kikuchi Toru, Michigami Toshimi, Imanishi Yasuo, Satomura Kenichi, Ida Shinobu, Ozono Keiichi

    EUROPEAN JOURNAL OF PEDIATRICS   168 ( 7 )   871 - 876   2009年07月( ISSN:0340-6199

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    McCune-Albright症候群は、カフェオレスポット、多発性内分泌機能亢進、および多骨性線維性異形成を特徴とします。 Gsalphaタンパク質の体細胞点突然変異は、McCune-Albright症候群のGsalpha関連ホルモン活性の増加につながります。環状アデノシン3 '、5'-一リン酸はドーパミンベータヒドロキシラーゼ遺伝子を刺激するため、Gsalphaタンパク質の活性化変異はドーパミンを介したノルエピネフリンの過剰生産を引き起こす可能性があります。重度の動脈性高血圧を合併したマッキューン・オルブライト症候群の9歳の少女について報告する。ノルエピネフリンの尿中排泄量は、同年齢の対照群よりも5〜10倍高かった。メタヨードベンジルグアニジンシンチグラフィおよびポジトロン放出断層撮影/コンピュータ断層撮影(PET / CT)では、ホットスポットは認められませんでした。これらの発見は、重度の高血圧が交感神経節のGsalphaタンパク質の活性化変異によるものであることを示唆しています。報告されているGNAS1遺伝子多型と高血圧との関連により、患者は高血圧におけるGsalphaタンパク質の役割についてさらなる証拠を提供した。

    DOI: 10.1007/s00431-008-0848-1

    PubMed

  • Animal models of hyperfunctioning parathyroid diseases for drug development 査読

    Yasuo Imanishi, Masaaki Inaba, Takehisa Kawata, Yoshiki Nishizawa

    EXPERT OPINION ON DRUG DISCOVERY   4 ( 7 )   727 - 740   2009年07月( ISSN:1746-0441

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background: Disorders of mineral and bone metabolism have been implicated as a risk factor in the high mortality in patients with chronic kidney disease (CKD). Hyperphosphatemia, disorders of vitamin D metabolism and secondary hyperparathyroidism of uremia (SHPT) are therapeutic targets in these patients to improve the mortality. Animal models for CKD are indispensable and uremic rats produced by 5/6-nephrectomies are one of the most useful animal models for the development of new therapeutic agents. As there are limitations of uremic rats such as short lifespan and less severity of secondary hyperparathyroidism distinct from CKD patients on maintenance hemodialysis, the development of new model animals is expected. Objective: This review discusses the molecular pathogenesis of hyperfunctioning parathyroid diseases and the applications of animal models exhibiting hyperparathyroidisms in the aspect of the development of new therapeutics. Conclusion: PTH-cyclin D1 transgenic mice, with parathyroid-targeted overexpression of cyclin D1 oncogene, not only developed abnormal parathyroid cell proliferation but, notably, also developed biochemical hyperparathyroidism with characteristic abnormalities in bone. The mice exhibit age-dependent development of biochemical hyperparathyroidism, which enables testing of the drug precisely. in addition, the mice develop parathyroid cell hyperplasia, followed by monoclonal expansion, which is observed in refractory SHPT patients.

    DOI: 10.1517/17460440903022743

  • Severe arterial hypertension: a possible complication of McCune-Albright syndrome 査読

    Yasuhisa Ohata, Takehisa Yamamoto, Ikuko Mori, Toru Kikuchi, Toshimi Michigami, Yasuo Imanishi, Kenichi Satomura, Shinobu Ida, Keiichi Ozono

    EUROPEAN JOURNAL OF PEDIATRICS   168 ( 7 )   871 - 876   2009年07月( ISSN:0340-6199

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    McCune-Albright syndrome is characterized by caf,-au-lait spot, multiple endocrine hyperfunction, and polyostotic fibrous dysplasia. A somatic point mutation of Gs alpha protein leads to an increase in the Gs alpha-associated hormone activity in McCune-Albright syndrome. Because cyclic adenosine 3&apos;,5&apos;-monophosphate stimulates the dopamine beta hydroxylase gene, an activating mutation of the Gs alpha protein may cause the hyperproduction of norepinephrine via dopamine. We report on a 9-year-old girl with McCune-Albright syndrome complicated by severe arterial hypertension. The urinary excretion of norepinephrine was 5- to 10-fold higher than in age-matched controls. Meta-iodobenzylguanidine scintigraphy and positron emission tomography/computed tomography (PET/CT) revealed no hot spots. These findings suggest that severe hypertension might be due to an activating mutation of Gs alpha protein in sympathetic ganglia. Because of the reported association of GNAS1 gene polymorphism with hypertension, our patient provides further evidence for a role of Gs alpha protein in hypertension.

    DOI: 10.1007/s00431-008-0848-1

  • Animal models of hyperfunctioning parathyroid diseases for drug development.

    Imanishi Y, Inaba M, Kawata T, Nishizawa Y

    Expert opinion on drug discovery   4 ( 7 )   727 - 40   2009年07月( ISSN:1746-0441

     詳細を見る

  • Severe hypophosphatemic osteomalacia with Fanconi syndrome, renal tubular acidosis, vitamin D deficiency and primary biliary cirrhosis. 査読

    Bando H, Hashimoto N, Hirota Y, Sakaguchi K, Hisa I, Inoue Y, Imanishi Y, Seino S, Kaji H

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   48 ( 5 )   353 - 8   2009年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    49歳の女性が、背中の痛みのために当院に入院し、顕著な胸部および四肢の奇形があり、3年間ベッドレストに至りました。 彼女は、彼女の症状、X線および骨シンチグラム、高血清アルカリホスファターゼレベル、ならびにリン再吸収の阻害を伴うリンおよび1,25ジヒドロキシビタミンD(3)の両方の低血清レベルに基づいて低リン血症性骨軟化症と診断された。 この場合、腎尿細管性アシドーシス、ビタミンD欠乏症、原発性胆汁性肝硬変を伴うファンコニ症候群は、骨軟化症の病因に関連していました。 この患者の骨軟化症の重症度の加速には、いくつかの原因疾患が付随的に関与している可能性があった。

    PubMed

  • Severe hypophosphatemic osteomalacia with Fanconi syndrome, renal tubular acidosis, vitamin D deficiency and primary biliary cirrhosis. 査読

    Bando H, Hashimoto N, Hirota Y, Sakaguchi K, Hisa I, Inoue Y, Imanishi Y, Seino S, Kaji H

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   48 ( 5 )   353 - 8   2009年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    49歳の女性が、背中の痛みのために当院に入院し、顕著な胸部および四肢の奇形があり、3年間ベッドレストに至りました。 彼女は、彼女の症状、X線および骨シンチグラム、高血清アルカリホスファターゼレベル、ならびにリン再吸収の阻害を伴うリンおよび1,25ジヒドロキシビタミンD(3)の両方の低血清レベルに基づいて低リン血症性骨軟化症と診断された。 この場合、腎尿細管性アシドーシス、ビタミンD欠乏症、原発性胆汁性肝硬変を伴うファンコニ症候群は、骨軟化症の病因に関連していました。 この患者の骨軟化症の重症度の加速には、いくつかの原因疾患が付随的に関与している可能性があった。

  • 糖尿病性腎症の経過中にLiddle症候群に類似した病態を呈した1症例

    今西 康雄, 絵本 正憲, 石村 栄治, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    糖尿病   52 ( 10 )   849 - 853   2009年( ISSN:0021437X

     詳細を見る

    症例は51歳,男性.糖尿病性腎症で通院中であったが,高血圧の指摘なく,また血清カリウム値(K)も4 mEq/<i>l</i>台で安定していた.下肢筋力低下を自覚し,血清K値2.2 mEq/<i>l</i>, クレアチンキナーゼ(CK)上昇により,低カリウム血症による横紋筋融解症と診断された.この時初めて高血圧と下腿浮腫を指摘された.利尿薬,漢方薬,下剤の内服,および下痢,嘔吐の既往はない.カルシウム拮抗薬,経口カリウム製剤投与下で血圧158/90 mmHg, クレアチニン(Cre) 2.47 mg/d<i>l</i>, Na 144 mEq/<i>l</i>, K 3.1 mEq/<i>l</i>, Cl 109 mEq/<i>l</i>. 低レニン血症(0.18 ng/m<i>l</i>/hr), 低アルドステロン血症(1.4 ng/d<i>l</i>)を認めたが,動脈血液ガスにおいてpH, HCO<sub>3</sub><sup>-</sup>, アニオンギャップ(AG)ともに正常であった.血中コルチゾールは正常で,画像上副腎腫瘍,過形成を認めなかった.スピロノラクトン投与では血清K値の上昇を認めず,トリアムテレン投与で血清K値上昇(4.0 mEq/<i>l</i>)と血圧の低下を認めたことより,Liddle症候群に類似の機序で,低カリウム血症と高血圧症が生じたものと考えられた.通常,Liddle症候群は遺伝性疾患であり,若年で発症することが知られている.本症例ではLiddle症候群の家族歴はなく,糖尿病性腎症第4期の経過中に特異な尿細管障害を来したことにより,Liddle症候群に類似の病態を呈したことが想定され,貴重な症例と考えられた.

    DOI: 10.11213/tonyobyo.52.849

    CiNii Article

  • Animal models of hyperfunctioning parathyroid diseases for drug development 査読

    今西 康雄

    Expert Opinion On Drug Discovery (in press)   2009年

  • Severe hypophosphatemic osteomalacia with Fanconi syndrome, renal tubular acidosis, vitamin D deficiency and primary biliary cirrhosis. 査読

    Bando H, Hashimoto N, Hirota Y, Sakaguchi K, Hisa I, Inoue Y, Imanishi Y, Seino S, Kaji H

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   48 ( 5 )   353 - 8   2009年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    49歳の女性が、背中の痛みのために当院に入院し、顕著な胸部および四肢の奇形があり、3年間ベッドレストに至りました。 彼女は、彼女の症状、X線および骨シンチグラム、高血清アルカリホスファターゼレベル、ならびにリン再吸収の阻害を伴うリンおよび1,25ジヒドロキシビタミンD(3)の両方の低血清レベルに基づいて低リン血症性骨軟化症と診断された。 この場合、腎尿細管性アシドーシス、ビタミンD欠乏症、原発性胆汁性肝硬変を伴うファンコニ症候群は、骨軟化症の病因に関連していました。 この患者の骨軟化症の重症度の加速には、いくつかの原因疾患が付随的に関与している可能性があった。

  • Severe Hypophosphatemic Osteomalacia with Fanconi Syndrome, Renal Tubular Acidosis, Vitamin D Deficiency and Primary Biliary Cirrhosis

    Bando Hironori, Hashimoto Naoko, Hirota Yushi, Sakaguchi Kazuhiko, Hisa Itoko, Inoue Yoshifumi, Imanishi Yasuo, Seino Susumu, Kaji Hiroshi

    Internal Medicine   48 ( 5 )   353 - 358   2009年( ISSN:09182918

     詳細を見る

    A 49-year-old woman was admitted to our hospital for back pain with marked thoracic and extremity deformities leading to bed-rest for three years. She was diagnosed with hypophosphatemic osteomalacia based on her symptoms, X-ray and bone scintigram, high serum alkaline phosphatase level, and low serum levels of both phosphorus and 1,25 dihydroxyvitamin D<sub>3</sub> with inhibition of phosphorus reabsorption. Fanconi syndrome with renal tubular acidosis, vitamin D deficiency and primary biliary cirrhosis were related to the pathogenesis of osteomalacia in this case. Several causal diseases may be concomitantly responsible for acceleration of the severity of osteomalacia in this patient.<br>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.48.1644

    CiNii Article

  • Severe hypophosphatemic osteomalacia with fanconi syndrome, renal tubular acidosis, vitamin D deficiency and primary biliary cirrhosis 査読

    今西 康雄

    Intern Med 48   353 - 358   2009年

  • Severe arterial hypertension : a possible complication of McCune-Albright syndrome 査読

    今西 康雄

    Eur J Pediatr 168   871 - 876   2009年

  • Osteosarcoma in a pregnant patient with McCune-Albright syndrome 査読

    今西 康雄

    Bone 45   603 - 608   2009年

  • Cinacalcet in hyperfunctioning parathyroid diseases 査読

    今西 康雄

    Ther Apher Dial 13   2009年

  • Cinacalcet in hyperfunctioning parathyroid diseases 査読

    今西 康雄

    Ther Apher Dial 13 Suppl 1   2009年

  • Clinical and Biochemical Response of TNFRSF11A-Mediated Early-Onset Familial Paget Disease to Bisphosphonate Therapy 査読 国際共著

    Riches Philip L., Imanishi Yasuo, Nakatsuka Kiyoshi, Ralston Stuart H.

    CALCIFIED TISSUE INTERNATIONAL   83 ( 4 )   272 - 275   2008年10月( ISSN:0171-967X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    早期発症型家族性骨パジェット病(EoPDB)は、RANKをコードするTNFRSF11Aのシグナルペプチドに影響を及ぼす27 bpの挿入変異によって引き起こされるまれな状態です。 EoPDBは、TNFRSF11Aの同様の突然変異によって引き起こされる家族性の膨張性骨溶解と膨張性骨格過リン酸化の両方に表現型の重複を示しています。 EoPDBは骨代謝回転の上昇を特徴としますが、再吸収療法に対するこの状態の反応に関する情報は公開されていません。ここでは、EoPDBの3人の患者におけるビスホスホネート療法に対する臨床的および生化学的反応について説明します。すべての場合において、高用量の第一世代ビスホスホネートエチドロネートによる治療は、骨代謝回転の生化学的マーカーを減少させましたが、反応は不完全で短命でした。対照的に、アミノビスホスホネートでの治療は、骨代謝回転の生化学的マーカーのより大きな抑制をもたらし、応答の持続時間を延長した。臨床的観点からは、結果はそれほど印象的ではなく、骨変形、難聴、および歯の喪失に関して再吸収治療からの明確な利点はありませんでしたが、骨痛は1人の患者で改善しました。静脈内アミノビスホスホネート療法は、骨代謝回転の長期抑制を提供するためのEoPDBの治療の好ましいモードであると結論付けています。しかし、骨疾患の自然史に対する治療の長期的な臨床効果は不確かなままであり、これにはさらなる研究が必要である。

    DOI: 10.1007/s00223-008-9177-7

    PubMed

  • Clinical and Biochemical Response of TNFRSF11A-Mediated Early-Onset Familial Paget Disease to Bisphosphonate Therapy 査読

    Philip L. Riches, Yasuo Imanishi, Kiyoshi Nakatsuka, Stuart H. Ralston

    CALCIFIED TISSUE INTERNATIONAL   83 ( 4 )   272 - 275   2008年10月( ISSN:0171-967X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Early-onset familial Paget disease of bone (EoPDB) is a rare condition caused by a 27-bp insertion mutation affecting the signal peptide of TNFRSF11A, which encodes RANK. EoPDB shows phenotypic overlap to both familial expansile osteolysis and expansile skeletal hyperphosphatasia, which are caused by similar mutations in TNFRSF11A. Although EoPDB is characterized by elevated bone turnover, there is no published information on the response of this condition to antiresorptive therapy. Here, we describe the clinical and biochemical response to bisphosphonate therapy in three patients with EoPDB. In all cases, treatment with the first-generation bisphosphonate etidronate at high doses reduced biochemical markers of bone turnover but the response was incomplete and short-lived. In contrast, treatment with aminobisphosphonates resulted in greater suppression of biochemical markers of bone turnover with an extended duration of response. From a clinical perspective, the results were less impressive and there was no clear benefit from antiresorptive treatment in terms of bone deformity, deafness, and tooth loss, although bone pain improved in one patient. We conclude that intravenous aminobisphosphonate therapy may be the preferred mode of treatment for EoPDB to provide long-term suppression of bone turnover. The long-term clinical effects of treatment on the natural history of the bone disease remain uncertain however, and this will require further study.

    DOI: 10.1007/s00223-008-9177-7

  • Utility of serum tartrate-resistant acid phosphatase (TRACP5b) as a bone resorption marker in patients with chronic kidney disease: independence from renal dysfunction 査読

    Yamada Shinsuke, Inaba Masaaki, Kurajoh Masafumi, Shidara Kaori, Imanishi Yasuo, Ishimura Eiji, Nishizawa Yoshiki

    CLINICAL ENDOCRINOLOGY   69 ( 2 )   189 - 196   2008年08月( ISSN:0300-0664

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2265.2008.03187.x

    PubMed

  • Utility of serum tartrate-resistant acid phosphatase (TRACP5b) as a bone resorption marker in patients with chronic kidney disease: independence from renal dysfunction. 査読

    Yamada S, Inaba M, Kurajoh M, Shidara K, Imanishi Y, Ishimura E, Nishizawa Y

    Clinical endocrinology   69 ( 2 )   189 - 96   2008年08月( ISSN:0300-0664

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2265.2008.03187.x

    PubMed

  • 整形外科における最近の進歩と展望 代謝性骨疾患

    高岡 邦夫, 今井 祐記, 今西 康雄, 小池 達也

    整形外科   59 ( 7 )   725 - 732   2008年07月( ISSN:00305901

  • Association of increased active PTH(1-84) fraction with decreased GFR and serum Ca in predialysis CRF patients: modulation by serum 25-OH-D 査読

    Kurajoh M., Inaba M., Yamada S., Imanishi Y., Tsuchida T., Ishimura E., Nishizawa Y.

    OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL   19 ( 5 )   709 - 716   2008年05月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    血清カルシウムおよび糸球体濾過率が低下すると、透析前尿毒症患者、特にビタミンD不足の患者の血清では、PTH免疫反応性の活性PTH(1-84)分子の割合が増加しました。はじめに:PTH(1-84)分数は、慢性腎不全(CRF)の透析前患者で変更されました。方法:薬物療法前の透析前CRF患者の血清PTHを、PTH(1-84)特異的ホールPTHアッセイおよびNトランケートPTHと交差反応するインタクトPTHアッセイで測定しました。結果:CRF患者では、糸球体濾過率(GFR)は、血清Caおよび1,25-ジヒドロキシビタミンD(1,25(OH)(2)D)と正の相関があり、逆に血清Pi、log無傷PTH、およびlog PTH全体。年齢、性別、肥満度指数、GFR、Ca、Pi、および独立変数としての1,25(OH)(2)Dを含む重回帰分析では、血清CaおよびGFRは、血清ログ全体のPTHおよび無傷のPTHと有意に関連していました。血清CaおよびGFRの減少とともに増加した血清対数全体のPTH /インタクトPTH比は、20 ng / ml未満の血清25-ヒドロキシビタミンDレベルを有する患者では負の相関を保持しましたが、20 ng / mlを超える患者ではそうではありませんでした。この比率は、血清の酒石酸ログ耐性酸ホスファターゼ-5b、I型コラーゲンの対数架橋Nテロペプチド、および対数骨アルカリホスファターゼとも正の相関がありました。結論:血清Caの抑制によりGFRが低下したため、透析前CRF患者、特にビタミンD不足の患者では、活性PTH分子の割合が増加した。

    DOI: 10.1007/s00198-007-0554-2

  • Association of increased active PTH(1-84) fraction with decreased GFR and serum Ca in predialysis CRF patients: modulation by serum 25-OH-D. 査読

    Kurajoh M, Inaba M, Yamada S, Imanishi Y, Tsuchida T, Ishimura E, Nishizawa Y

    Osteoporosis international : a journal established as result of cooperation between the European Foundation for Osteoporosis and the National Osteoporosis Foundation of the USA   19 ( 5 )   709 - 16   2008年05月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00198-007-0554-2

    PubMed

  • Serum levels of TRAP5b, a new bone resorption marker unaffected by renal dysfunction, as a useful marker of cortical bone loss in hemodialysis patients 査読

    Shidara Kaori, Inaba Masaaki, Okuno Senji, Yamada Shinsuke, Kumeda Yasuro, Imanishi Yasuo, Yamakawa Tomoyuki, Ishimura Eiji, Nishizawa Yoshiki

    CALCIFIED TISSUE INTERNATIONAL   82 ( 4 )   278 - 287   2008年04月( ISSN:0171-967X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    酒石酸耐性酸性ホスファターゼ(TRAP)5bは、腎機能障害の影響を受けない骨吸収の新しいマーカーです。 TRAP5bの重要性は、血液透析(HD)患者で評価されました。 TRAP5bおよびI型コラーゲンの架橋N-テロペプチド(NTX)の血清濃度を骨吸収マーカーとして決定し、骨アルカリホスファターゼ(BAP)および無傷のオステオカルシン(OC)の濃度を58 HD患者の骨形成マーカーとして測定しました。骨密度(BMD)は、デュアルエネルギーX線吸収法により、半径の遠位3分の1で2回測定され、測定の間隔は2年でした。血清TRAP5bは、BAP、無傷のOC、無傷の副甲状腺ホルモン(PTH)、特に血清NTXと有意に相関しました。 TRAP5b、NTX、BAP、および無傷のOCはすべて、2回目の測定時にBMDと有意に相関しました。また、TRAP5b、NTX、および無傷のOCは、BAPおよび無傷のPTHではなく、2年間のBMDの年間変化と有意に相関しました。骨マーカーのうち、血清TRAP5bおよび無傷のOCの最高の三分位の患者は、皮質骨損失の最速率を示しました。急速な骨損失の検出の感度と特異性は、血清TRAP5bでそれぞれ57.9%と76.9%でした。無傷のOCと同様に、血清TRAP5bの測定は、HD無傷のOCが尿毒症血清に蓄積するが、HD患者の骨代謝状態の推定のための臨床的に関連するアッセイであり得る。

    DOI: 10.1007/s00223-008-9127-4

    PubMed

  • Serum levels of TRAP5b, a new bone resorption marker unaffected by renal dysfunction, as a useful marker of cortical bone loss in hemodialysis patients. 査読

    Shidara K, Inaba M, Okuno S, Yamada S, Kumeda Y, Imanishi Y, Yamakawa T, Ishimura E, Nishizawa Y

    Calcified tissue international   82 ( 4 )   278 - 87   2008年04月( ISSN:0171-967X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00223-008-9127-4

    PubMed

  • Clinical and Biochemical Response of TNFRSF11A-Mediated Early-Onset Familial Paget Disease to Bisphosphonate Therapy 査読

    今西 康雄

    Calcif Tissue Int 83   272 - 275   2008年

  • [Biochemical markers of bone turnover: Serum P1NP].

    Imanishi Y, Nishizawa Y

    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   65 Suppl 9   231 - 5   2007年11月( ISSN:0047-1852

     詳細を見る

  • Parathyroid hormone regulates fibroblast growth factor-23 in a mouse model of primary hyperparathyroidism 査読 国際共著

    Kawata Takehisa, Imanishi Yasuo, Kobayashi Keisuke, Miki Takami, Arnold Andrew, Inaba Masaaki, Nishizawa Yoshiki

    JOURNAL OF THE AMERICAN SOCIETY OF NEPHROLOGY   18 ( 10 )   2683 - 2688   2007年10月( ISSN:1046-6673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    低リン血症性骨軟化症における線維芽細胞成長因子23(FGF-23)の重要性は確立されていますが、尿中リン酸排泄も刺激する副甲状腺ホルモン(PTH)がFGF-23の循環レベルをどのように調節するかについては議論があります。血清FGF-23濃度は、野生型マウスよりも原発性副甲状腺機能亢進症のモデルであるPTH-サイクリンD1トランスジェニックマウスの方が高いことがわかりました。血清FGF-23濃度は、血清PTHおよびカルシウムと有意かつ直接的に相関し、90〜118週齢のマウスのリン酸塩レベルと逆相関しました(すべてP <0.005)。定量的リアルタイム逆転写酵素PCRは、特に頭蓋冠の骨におけるfgf23の豊富な発現を明らかにしました。頭蓋冠のfgf23発現は、野生型マウスと比較してトランスジェニックマウスで有意に高く、血清FGF-23レベルとよく相関していました。 fgf23の発現とオステオカルシンおよびALPの発現との間には直接的な相関関係があり、骨芽細胞の活性化がFGF-23の調節に重要であることを示唆しています。副甲状腺切除後のトランスジェニックマウスでは、血清FGF-23レベルが低下しました。結論として、PTHは、おそらく骨の骨芽細胞の活性化を介して、原発性副甲状腺機能亢進症の血清FGF-23レベルの調節に主要な役割を果たす。

    DOI: 10.1681/ASN.2006070783

    PubMed

  • Regulatory mechanisms of circulating fibroblast growth factor 23 in parathyroid diseases 査読

    Imanishi Yasuo, Kobayashi Keisuke, Kawata Takehisa, Inaba Masaaki, Nishizawa Yoshiki

    THERAPEUTIC APHERESIS AND DIALYSIS   11   S32 - S37   2007年10月( ISSN:1744-9979

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    線維芽細胞成長因子-23(FGF-23)は、リン酸およびビタミンDの恒常性を調節する循環因子です。リン酸の摂取と1,25-ジヒドロキシビタミンD(3)(1,25(OH)(2)D(3))の投与は、循環FGF-23レベルを増加させ、FGF-23の上昇は、高リン血症による高リン血症とビタミンDの毒性を防ぎます循環1,25(OH)(2)Dレベルの抑制。リン酸塩とビタミンDの恒常性を維持するためのフィードバックループを含みます。別のリン酸塩飽和因子である副甲状腺ホルモン(PTH)の過剰分泌は、原発性副甲状腺機能亢進症の血清カルシウム値を上昇させます。 PTHはまた、循環中のFGF-23レベルを上昇させ、協同してリン尿症を増強し、低リン血症をもたらします。慢性腎疾患(CKD)で腎機能が低下すると、循環FGF-23レベルが上昇し、維持血液透析を受けているCKD患者の血清リン酸塩、カルシウム、およびPTHと有意かつ正の相関を示します。レベル。 FGF-23調節機構における血清カルシウムの役割を示唆して、循環FGF-23とカルシウムレベルの密接な関連は、原発性副甲状腺機能亢進症患者と維持血液透析患者のCKD患者の両方で観察されました。 FGF-23は、尿中のリン酸排泄を促進し、ビタミンDの活性化を抑制することにより、血清カルシウムxリン酸生成物を抑制することを介して、異所性石灰化などの組織損傷を防ぐ生理学的役割を果たす。

    DOI: 10.1111/j.1744-9987.2007.00519.x

    PubMed

  • Parathyroid hormone regulates fibroblast growth factor-23 in a mouse model of primary hyperparathyroidism. 査読

    Kawata T, Imanishi Y, Kobayashi K, Miki T, Arnold A, Inaba M, Nishizawa Y

    Journal of the American Society of Nephrology : JASN   18 ( 10 )   2683 - 8   2007年10月( ISSN:1046-6673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1681/ASN.2006070783

    PubMed

  • Regulatory mechanisms of circulating fibroblast growth factor 23 in parathyroid diseases. 査読

    Imanishi Y, Kobayashi K, Kawata T, Inaba M, Nishizawa Y

    Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy   11 Suppl 1   S32 - 7   2007年10月( ISSN:1744-9979

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1744-9987.2007.00519.x

    PubMed

  • A case of phosphaturic mesenchymal tumour (mixed connective tissue variant) that developed in the subcutaneous tissue of a patient with oncogenic osteomalacia and produced fibroblast growth factor 23 査読

    Oka M., Kamo T., Sasaki E., Kaji H., Nishizawa H., Imanishi Y., Nishigori C.

    BRITISH JOURNAL OF DERMATOLOGY   157 ( 1 )   198 - 200   2007年07月( ISSN:0007-0963

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    皮膚疾患領域における腫瘍性骨軟化症(TIO)の症例報告である。

    DOI: 10.1111/j.1365-2133.2007.07940.x

  • A case of phosphaturic mesenchymal tumour (mixed connective tissue variant) that developed in the subcutaneous tissue of a patient with oncogenic osteomalacia and produced fibroblast growth factor 23 査読

    M. Oka, T. Kamo, E. Sasaki, H. Kaji, H. Nishizawa, Y. Imanishi, C. Nishigori

    BRITISH JOURNAL OF DERMATOLOGY   157 ( 1 )   198 - 200   2007年07月( ISSN:0007-0963

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    皮膚疾患領域における腫瘍性骨軟化症(TIO)の症例報告である。

    DOI: 10.1111/j.1365-2133.2007.07940.x

  • 血漿FGF-23濃度は骨塩量を反映しない

    今西 康雄, 河面 健, 斉藤 真一, 正木 秀樹, 中 弘志, 嶋田 裕之, 石村 栄治, 稲葉 雅章, 三木 隆己, 西沢 良記

    日本骨形態計測学会雑誌 = Journal of Japanese Society of Bone Morphometry   17 ( 1 )   S100   2007年06月( ISSN:09174648

     詳細を見る

  • Presence of abdominal aortic calcification is significantly associated with all-cause and cardiovascular mortality in maintenance hemodialysis 査読

    Okuno Senji, Ishimura Eiji, Kitatani Kayoko, Fujino Yoko, Kohno Kaori, Maeno Yoshifumi, Maekawa Kiyoshi, Yamakawa Tomoyuki, Imanishi Yasuo, Inaba Masaaki, Nishizawa Yoshiki

    AMERICAN JOURNAL OF KIDNEY DISEASES   49 ( 3 )   417 - 425   2007年03月( ISSN:0272-6386

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    腹部大動脈石灰化(AAC)は一般集団の心血管死亡率の予測因子として報告されていますが、血管石灰化と心血管疾患が非常に流行している血液透析患者にも当てはまるかどうかは不明です。研究デザイン:コホート研究。設定と参加者:単一のセンターで維持血液透析療法を受けている515人の患者。予測因子:AACは、ベースラインでの腹部の単純なレントゲン写真で評価されました。結果と測定:全死因および心血管死。結果:平均年齢は60 +/- 12(SD)歳でした。 AACは291人の患者(56.5%)に存在しました。 51 +/- 17か月の平均追跡期間中に、103の全死因があり、そのうち41は心血管疾患によるものでした。 AACの有無にかかわらず、それぞれ27.8%と9.8%が死亡しました(それぞれ心血管疾患の11.6%と3.1%)。カプラン・マイヤー分析により、全原因死亡率は、AACのある患者とそうでない患者とで有意に大きいことが示されました(P <0.0001、ログランク検定)同様に、心血管死亡率は前者の方が後者のグループよりも有意に大きかった(P = 0.0001、ログランク検定)。多変量コックス比例ハザード分析により、AACの存在は全死因死亡率の増加(ハザード比2.07; 95%信頼区間1.21から3.56; P <0.01)および心血管死亡率の増加(ハザード比2.39; 95 %信頼区間、1.01〜5.66; P <0.05)年齢、血液透析期間、糖尿病の有無、血清アルブミンレベル、C反応性タンパク質レベルの調整後。制限:AACの非定量的評価、および薬物療法に関する情報の欠如および心血管疾患の病歴。結論:AACの存在は、血液透析患者の全死因と心血管死亡の両方に有意に関連しており、予後の指標として腹部の単純X線写真でAACの存在に注意を払う必要がある。

    DOI: 10.1053/j.ajkd.2006.12.017

    PubMed

  • Glycated albumin is a better glycemic indicator than glycated hemoglobin values in hemodialysis patients with diabetes: Effect of anemia and erythropoietin injection 査読

    Inaba Masaaki, Okuno Senji, Kumeda Yasuro, Yamada Shinsuke, Imanishi Yasuo, Tabata Tsutomu, Okamura Mikio, Okada Shigeki, Yamakawa Tomoyuki, Ishimura Eiji, Nishizawa Yoshiki

    JOURNAL OF THE AMERICAN SOCIETY OF NEPHROLOGY   18 ( 3 )   896 - 903   2007年03月( ISSN:1046-6673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    血漿グルコース(PG)および糖化ヘモグロビン(HbA(1c))と比較した糖化アルブミン(GA)の重要性は、糖尿病の血液透析(HD)患者の血糖コントロール状態の指標として評価されました。 PG、GA、およびHbA(1c)の平均レベルは、糖尿病のHD患者(n = 538)で、それぞれ164.5 +/- 55.7 mg / dl、22.5 +/- 7.5%、および5.85 +/- 1.26%でした。糖尿病のないHD患者と比較して、それぞれ51.5、31.6、17.7%増加しました(n = 828)。 HbA(1c)レベルは、腎機能障害のない糖尿病患者(n = 365)の3つのパラメーターの関係と比較して、これらの患者のPGおよびGAの同時値よりも有意に低かった。 HbA(1c)とPGまたはGAの間の線。糖尿病のHD患者ではGAと血清アルブミン(r = -0.131、P = 0.002)の間に有意な負の相関が見つかりましたが、HbA(1c)はヘモグロビン(r = 0.090、P = 0.036)および毎週の投与量と正および負の相関を示しましたそれぞれエリスロポエチン注射の(r = -0.159、P <0.001)。 PGとGAは、糖尿病のHD患者とエリスロポエチン注射の有無にかかわらずHD患者間で有意差はなかったが、HbA(1c)レベルはエリスロポエチンのない患者で有意に高かった。 HbA(1c)レベルによる血糖コントロールの任意の四分位数への分類により、糖尿病のHD患者のかなり高い割合で、GAによって評価されたものよりも血糖コントロールが向上しました。重回帰分析により、PGに加えてエリスロポエチンの週用量が、糖尿病のHD患者のHbA(1c)に関連する独立因子として出現することが示されましたが、アルブミンではなくPGがGAに関連する独立因子でした。要約すると、GAは糖尿病のHD患者の血糖コントロールを推定するための有意に優れた尺度を提供し、これらの患者のHbA(1c)による血糖コントロールの評価は、割合の増加の結果として過小評価につながる可能性があることが示唆される。

    DOI: 10.1681/ASN.2006070772

    PubMed

  • Glycated albumin is a better glycemic indicator than glycated hemoglobin values in hemodialysis patients with diabetes: effect of anemia and erythropoietin injection. 査読

    Inaba M, Okuno S, Kumeda Y, Yamada S, Imanishi Y, Tabata T, Okamura M, Okada S, Yamakawa T, Ishimura E, Nishizawa Y, Osaka CKD Expert Research Group

    Journal of the American Society of Nephrology : JASN   18 ( 3 )   896 - 903   2007年03月( ISSN:1046-6673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1681/ASN.2006070772

    PubMed

  • Presence of abdominal aortic calcification is significantly associated with all-cause and cardiovascular mortality in maintenance hemodialysis 査読

    Senji Okuno, Eiji Ishimura, Kayoko Kitatani, Yoko Fujino, Kaori Kohno, Yoshifumi Maeno, Kiyoshi Maekawa, Tomoyuki Yamakawa, Yasuo Imanishi, Masaaki Inaba, Yoshiki Nishizawa

    AMERICAN JOURNAL OF KIDNEY DISEASES   49 ( 3 )   417 - 425   2007年03月( ISSN:0272-6386

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background: Although abdominal aortic calcification (AAC) is reported as a predictor for cardiovascular mortality in the general population, it is unknown whether this is also true in hemodialysis patients in whom vascular calcification and cardiovascular diseases are highly prevalent.
    Study Design: Cohort study.
    Settings & Participants: 515 patients on maintenance hemodialysis therapy at a single center.
    Predictor: AAC evaluated in a plain roentgenograph of the lateral abdomen at baseline.
    Outcomes & Measurements: All-cause and cardiovascular death.
    Results: Mean age was 60 +/- 12 (SD) years. AAC was present in 291 patients (56.5%). During a mean follow-up period of 51 +/- 17 months, there were 103 all-cause deaths, of which 41 were from cardiovascular diseases. Of patients with and without AAC, 27.8% and 9.8% died, respectively (11.6% and 3.1% of cardiovascular diseases, respectively). Kaplan-Meier analysis showed that all-cause mortality was significantly greater inpatients with AAC compared to those without (P &lt; 0.0001, log-rank test). Similarly, cardiovascular mortality was significantly greater in the former than in the latter group (P = 0.0001, log-rank test). Multivariate Cox proportional hazards analysis found that the presence of AAC was significantly associated with increased all-cause mortality (hazard ratio, 2.07; 95% confidence interval, 1.21 to 3.56; P &lt; 0.01) and increased cardiovascular mortality (hazard ratio, 2.39; 95% confidence interval, 1.01 to 5.66; P &lt; 0.05) after adjustment for age, hemodialysis duration, presence of diabetes, serum albumin level, and C-reactive protein level.
    Limitations: Nonquantitative assessment of AAC and the lack of information for medication and history of cardiovascular diseases.
    Conclusion: The presence of AAC is significantly associated with both all-cause and cardiovascular mortality in hemodialysis patients, suggesting that careful attention should be given to the presence of AAC in a simple radiograph of the lateral abdomen as a prognostic indicator.

    DOI: 10.1053/j.ajkd.2006.12.017

  • Independent association of increased trunk fat with increased arterial stiffening in postmenopausal patients with rheumatoid arthritis 査読

    Inaba Masaaki, Tanaka Kazumasa, Goto Hitoshi, Sakai Shinrei, Yamada Shinsuke, Naka Hiroshi, Imanishi Yasuo, Nishizawa Yoshiki

    JOURNAL OF RHEUMATOLOGY   34 ( 2 )   290 - 295   2007年02月( ISSN:0315-162X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    腹部大動脈石灰化(AAC)は一般集団の心血管死亡率の予測因子として報告されていますが、血管石灰化と心血管疾患が非常に流行している血液透析患者にも当てはまるかどうかは不明です。研究デザイン:コホート研究。設定と参加者:単一のセンターで維持血液透析療法を受けている515人の患者。予測因子:AACは、ベースラインでの腹部の単純なレントゲン写真で評価されました。結果と測定:全死因および心血管死。結果:平均年齢は60 +/- 12(SD)歳でした。 AACは291人の患者(56.5%)に存在しました。 51 +/- 17か月の平均追跡期間中に、103の全死因があり、そのうち41は心血管疾患によるものでした。 AACの有無にかかわらず、それぞれ27.8%と9.8%が死亡しました(それぞれ心血管疾患の11.6%と3.1%)。カプラン・マイヤー分析により、全原因死亡率は、AACのある患者とそうでない患者とで有意に大きいことが示されました(P <0.0001、ログランク検定)同様に、心血管死亡率は前者の方が後者のグループよりも有意に大きかった(P = 0.0001、ログランク検定)。多変量コックス比例ハザード分析により、AACの存在は全死因死亡率の増加(ハザード比2.07; 95%信頼区間1.21から3.56; P <0.01)および心血管死亡率の増加(ハザード比2.39; 95 %信頼区間、1.01〜5.66; P <0.05)年齢、血液透析期間、糖尿病の有無、血清アルブミンレベル、C反応性タンパク質レベルの調整後。制限:AACの非定量的評価、および薬物療法に関する情報の欠如および心血管疾患の病歴。結論:AACの存在は、血液透析患者の全死因と心血管死亡の両方に有意に関連しており、予後の指標として腹部の単純X線写真でAACの存在に注意を払う必要がある。

  • Independent association of increased trunk fat with increased arterial stiffening in postmenopausal patients with rheumatoid arthritis 査読

    Masaaki Inaba, Kazumasa Tanaka, Hitoshi Goto, Shinrei Sakai, Shinsuke Yamada, Hiroshi Naka, Yasuo Imanishi, Yoshiki Nishizawa

    JOURNAL OF RHEUMATOLOGY   34 ( 2 )   290 - 295   2007年02月( ISSN:0315-162X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objective. We recently reported increased arterial thickening and stiffening in patients with rheumatoid arthritis (RA) to which inflammation and increased bone resorption contributed. The current study examined the possible involvement of trunk fat in increased arterial stiffening in postmenopausal patients with RA.
    Methods. RA patients (n = 30) and healthy controls (n = 30), all postmenopausal women, were examined for body adiposity and brachial-ankle pulse wave velocity (baPWV) by dual-energy x-ray absorptiometry and waveform analyzer, respectively. Subjects having other diseases and predisposed to atherosclerosis were excluded. Trunk: peripheral fat ratio was calculated as the fat mass of the trunk divided by the sum of the fat mass of arms and legs. Bone mineral density (BMD) at ultradistal radius was measured by peripheral quantitative computed tomography. Inflammation markers and bone resorption markers were also measured.
    Results. Age, body mass index, and systolic blood pressure (BP) of RA patients were 60.8 +/- 9.8 years, 22.5 +/- 3.3, and 129.6 +/- 20.8 mm Hg, respectively, which did not differ from data from healthy controls. Duration of RA was 10.4 years with mean daily dose of prednisolone 3.02 +/- 3.85 mg. RA patients exhibited a significantly greater trunk:peripheral fat ratio (1.041 +/- 0.253 vs 0.839 +/- 0.223; p &lt; 0.001) and baPWV value (1544.7 +/- 304.9 vs 1373.8 +/- 256.1; p &lt; 0.005) than healthy controls. In RA patients, age (r = 0.588, p &lt; 0.001), systolic BP (r = 0.553, p &lt; 0.005), trabecular BMD at ultradistal radius (r = -0.346, p = 0.061), and trunk: peripheral fat ratio (r = 0.366, p = 0.046) were correlated with baPWV. Trunk: peripheral fat ratio did not differ significantly between RA patients with and those without prednisolone treatment. In multiple regression analysis that included age, systolic BP, and trunk: peripheral fat ratio as independent variables, the trunk: peripheral fat ratio emerged as an independent factor significantly associated with baPWV in RA patients. When trabecular BMD at ultradistal radius was inserted in place of trunk: peripheral fat ratio, it emerged as a factor that was significantly associated with baPWV.
    Conclusion. We showed that increased trunk fat was significantly and independently associated with increased arterial stiffening in postmenopausal patients with RA.

  • Influence of nutritional status on serum large N-truncated PTH, but not PTH(1-84) in hemodialysis patients. 査読

    Shidara K, Inaba M, Okuno S, Imanishi Y, Yamakawa T, Ishimura E, Kumeda Y, Nishizawa Y

    Biomedicine & pharmacotherapy = Biomedecine & pharmacotherapie   61 ( 2-3 )   142 - 7   2007年02月( ISSN:0753-3322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.biopha.2006.08.008

    PubMed

  • Independent association of increased trunk fat with increased arterial stiffening in postmenopausal patients with rheumatoid arthritis.

    Inaba M, Tanaka K, Goto H, Sakai S, Yamada S, Naka H, Imanishi Y, Nishizawa Y

    The Journal of rheumatology   34 ( 2 )   290 - 5   2007年02月( ISSN:0315-162X

     詳細を見る

  • Annual change in bone mineral density in predialysis patients with chronic renal failure: significance of a decrease in serum 1,25-dihydroxy-vitamin D 査読

    Obatake Naoko, Ishimura Eiji, Tsuchida Takao, Hirowatari Kaname, Naka Hiroshi, Imanishi Yasuo, Miki Takami, Inaba Masaaki, Nishizawa Yoshiki

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM   25 ( 1 )   74 - 79   2007年01月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    骨疾患は、慢性腎不全(CRF)の透析前段階で発生します。この研究の目的は、腎機能の低下が透析前CRF患者の年間骨密度(BMD)の変化にどのように影響するかを調べ、BMDに影響を与える要因を調べることでした。 53人の透析前CRF患者(年齢、61.3 +/- 10.8歳;血清クレアチニン2.7 +/- 1.2 mg / dl)のdistal骨遠位端のBMDは、1年間隔で2回、末梢定量CT(pQCT)によって測定されました。 radius骨の総BMDは1年間で大幅に減少し(P <0.001)、小柱と皮質の両方のBMDが大幅に減少しました。推定クレアチニンクリアランス(r = 0.375、P <0.01)およびベースライン血清1,25(OH)(2)D(r = 0.434、P <0.005)でBMD変化と有意な正の相関が見つかり、BMDがaクレアチニンクリアランスと血清1,25(OH)(2)Dのより大きな減少を伴うより大きな範囲。検査されたいくつかの骨代謝マーカーのうち、ベースラインの血清オステオカルシンは、年間BMD変化と有意に正の相関がありました(r = -0.276、P <0.05)。重回帰分析により、ベースライン血清1,25(OH)(2)D(ベータ= 0.434)が総骨梁および骨梁BMDの有意な予測因子であることが示されました(R(2)= 0.188、P <0.01;およびR(2) = 0.207、P <0.01)、他の交絡因子とは無関係。これらの結果は、腎機能が透析前CRF患者で悪化するにつれてBMDが減少し、オステオカルシンがBMDの減少に関連する臨床的に有用なマーカーであることを示しています。血清1,25(OH)(2)Dレベルは、radius骨のBMDに影響を与える主な要因であり、ビタミンDの活性型の補給が透析前CRF患者にとって重要であることを示唆する。

    DOI: 10.1007/s00774-006-0730-z

    PubMed

  • McCune-Albright syndrome with acromegaly and fibrous dysplasia associated with the GNAS gene mutation identified by sensitive PNA-clamping method. 査読

    Imanaka M, Iida K, Nishizawa H, Fukuoka H, Takeno R, Takahashi K, Kaji H, Takahashi Y, Okimura Y, Kaji H, Imanishi Y, Chihara K

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   46 ( 18 )   1577 - 83   2007年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    症例は16歳の少女で、先端巨大症および線維性異形成に関連するMcCune-Albright症候群を呈した。 脳MRIは下垂体腫瘍を示した。 X線フィルムは骨の変形を示し、99TmO4骨シンチグラフィーは、影響を受けた骨の放射能の取り込みの増加を明らかにしました。 血清FGF23レベルは増加しましたが、血清カルシウム、リン酸塩、および活性ビタミンDレベルはすべて正常範囲内でした。 GNAS遺伝子変異は、従来のPCRベースの直接配列分析により、コドン201と227のどちらでも検出されませんでした。 遺伝子変異検出の感度を高めるために、ペプチド核酸(PNA)クランプを使用して選択的PCRを実行し、R201C GNAS変異を特定した。

    PubMed

  • Influence of nutritional status on serum large N-truncated PTH, but not PTH(1-84) in hemodialysis patients 査読

    Shidara Kaori, Inaba Masaaki, Okuno Senji, Imanishi Yasuo, Yamakawa Tomoyuki, Ishimura Eiji, Kumeda Yasuro, Nishizawa Yoshiki

    BIOMEDICINE & PHARMACOTHERAPY   61 ( 2-3 )   142 - 147   2007年( ISSN:0753-3322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    副甲状腺ホルモン(PTH)の血清レベルは、第2世代の無傷のPTH(I-PTH)で測定され、血液透析(HD)患者の栄養状態に関連することが知られています。 PTH(7-84)およびより大きなN短縮PTHまたはPTH(1-84)がHD患者の栄養状態に影響されるかどうかを調査しました。方法:170人の男性HD患者のBio-intact PTH(Bio-PTH)またはI-PT​​Hアッセイにより、血清PTHが測定されました。トランク領域の除脂肪体重は、デュアルX線吸収法により栄養マーカーとして測定されました。結果:I-PTHアッセイはPTH(1-84)と同程度のPTH(7-84)と交差反応したため、血清PTH(7-84)レベルは、血清I-PTHとBio-PTHの差から理論的に得られました。 84)、ただし、PTH(7-84)よりも大きいN短縮PTHフラグメントは、わずかではあるが、理論的な血清PTH(7-84)レベルに影響を与える可能性があります。血清PTH(1-84)は、PTH(1-84)との排他的な反応のため、血清Bio-PTH値から直接取得されました。血清PTH(7-84)は、体重、アルブミン、タンパク質異化率(PCR)、TACBUN、BUN、リン酸塩、体幹の除脂肪体重などの栄養マーカーと有意に相関しましたが、PTH(1-84)はリン酸。重回帰分析により、体幹部のPCR、体重、除脂肪体重は、PTH(7-84)とは独立して関連する重要な要因であるが、PTH(1-84)とは関連しないことが明らかになった。結論:結果は、PTH(1-84)ではなく、PTH(7-84)およびより大きなN短縮PTHフラグメントの血清レベルがHD患者の栄養状態の影響を受ける可能性があることを示唆した。

    DOI: 10.1016/j.biopha.2006.08.008

    PubMed

  • McCune-Albright syndrome with acromegaly and fibrous dysplasia associated with the GNAS gene mutation identified by sensitive PNA-clamping method. 査読

    Imanaka M, Iida K, Nishizawa H, Fukuoka H, Takeno R, Takahashi K, Kaji H, Takahashi Y, Okimura Y, Kaji H, Imanishi Y, Chihara K

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   46 ( 18 )   1577 - 83   2007年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は16歳の少女で、先端巨大症および線維性異形成に関連するMcCune-Albright症候群を呈した。 脳MRIは下垂体腫瘍を示した。 X線フィルムは骨の変形を示し、99TmO4骨シンチグラフィーは、影響を受けた骨の放射能の取り込みの増加を明らかにしました。 血清FGF23レベルは増加しましたが、血清カルシウム、リン酸塩、および活性ビタミンDレベルはすべて正常範囲内でした。 GNAS遺伝子変異は、従来のPCRベースの直接配列分析により、コドン201と227のどちらでも検出されませんでした。 遺伝子変異検出の感度を高めるために、ペプチド核酸(PNA)クランプを使用して選択的PCRを実行し、R201C GNAS変異を特定した。

  • 副甲状腺機能の適切な評価と管理のための手段,その限界

    稲葉 雅章, 石村 栄治, 今西 康雄

    日本透析医学会雑誌   40 ( 1 )   45 - 46   2007年( ISSN:13403451

     詳細を見る

  • Annual change in bone mineral density in predialysis patients with chronic renal failure: significance of a decrease in serum 1,25-dihydroxy-vitamin D. 査読

    Obatake N, Ishimura E, Tsuchida T, Hirowatari K, Naka H, Imanishi Y, Miki T, Inaba M, Nishizawa Y

    Journal of bone and mineral metabolism   25 ( 1 )   74 - 9   2007年( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-006-0730-z

    PubMed

  • McCune-Albright syndrome with acromegaly and fibrous dysplasia associated with the GNAS gene mutation identified by sensitive PNA-clamping method. 査読

    Imanaka M, Iida K, Nishizawa H, Fukuoka H, Takeno R, Takahashi K, Kaji H, Takahashi Y, Okimura Y, Kaji H, Imanishi Y, Chihara K

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   46 ( 18 )   1577 - 83   2007年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は16歳の少女で、先端巨大症および線維性異形成に関連するMcCune-Albright症候群を呈した。 脳MRIは下垂体腫瘍を示した。 X線フィルムは骨の変形を示し、99TmO4骨シンチグラフィーは、影響を受けた骨の放射能の取り込みの増加を明らかにしました。 血清FGF23レベルは増加しましたが、血清カルシウム、リン酸塩、および活性ビタミンDレベルはすべて正常範囲内でした。 GNAS遺伝子変異は、従来のPCRベースの直接配列分析により、コドン201と227のどちらでも検出されませんでした。 遺伝子変異検出の感度を高めるために、ペプチド核酸(PNA)クランプを使用して選択的PCRを実行し、R201C GNAS変異を特定した。

  • McCune-Albright Syndrome with Acromegaly and Fibrous Dysplasia Associated with the GNAS Gene Mutation Identified by Sensitive PNA-clamping Method

    Imanaka Mari, Iida Keiji, Nishizawa Hitoshi, Fukuoka Hidenori, Takeno Ryoko, Takahashi Kentaro, Kaji Hiroshi, Takahashi Yutaka, Okimura Yasuhiko, Kaji Hidesuke, Imanishi Yasuo, Chihara Kazuo

    Internal Medicine   46 ( 18 )   1577 - 1583   2007年( ISSN:09182918

     詳細を見る

    A 16-year-old girl presented with McCune-Albright syndrome associated with acromegaly and fibrous dysplasia. Brain MRI demonstrated a pituitary tumor. X-ray films showed bone deformities, and <sup>99</sup>TmO<sub>4</sub> bone scintigraphy revealed increased uptake of radioactivity in the affected bones. Although the serum FGF23 level was increased, the serum calcium, phosphate, and active vitamin D levels were all within normal limits. <i>GNAS</i> gene mutation was detected at neither codon 201 nor 227 by conventional PCR-based direct sequencing analysis. We performed a selective PCR with peptide nucleic acid (PNA) clamping to increase the sensitivity for gene mutation detection and identified the R201C <i>GNAS</i> mutation.<br>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.46.0048

    CiNii Article

  • MR measurement of visceral fat: assessment of metabolic syndrome.

    Tanaka S, Yoshiyama M, Imanishi Y, Nakahira K, Hanaki T, Naito Y, Imai M, Tanaka M

    Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine   5 ( 4 )   207 - 10   2006年12月( ISSN:1347-3182

     詳細を見る

  • Role of fibroblast growth factor-23 in peripheral vascular calcification in non-diabetic and diabetic hemodialysis patients 査読

    Inaba M., Okuno S., Imanishi Y., Yamada S., Shioi A., Yamakawa T., Ishimura E., Nishizawa Y.

    OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL   17 ( 10 )   1506 - 1513   2006年10月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    線維芽細胞増殖因子(FGF)23は、リン酸(Pi)代謝を調節する最近同定された循環因子です。 Piコントロールの混乱は血管石灰化の重要な危険因子であるため、糖尿病(DM)の有無にかかわらず血液透析患者の大動脈および末梢動脈の血管石灰化の発生における血漿FGF-23の重要性を調査しました。方法:DM(n = 32)とDMなし(n = 56)の男性血液透析患者を調べた。透析セッションの開始前に血漿サンプルを採取し、FGF-23レベルを酵素結合免疫吸着検定法で測定しました。大動脈と手の動脈のレントゲン検査が行われ、目に見える血管石灰化が、患者の特性を知らされていない1人の検査官によって評価されました。結果:非DM血液透析患者56人で、5人の患者(8.9%)の手の動脈と23人の患者(41.1%)の大動脈で血管石灰化が見つかりました。これらのレベルは、32人のDM患者よりも有意に低く(p <0.05)、そのうち19人(59.4%)と21人(65.6%)がそれぞれ手動脈と大動脈の血管石灰化を認めた。非DM患者とDM患者で別々に実行された重回帰分析により、血漿FGF-23レベル、CaxPi積、および体重は、手動脈の石灰化と有意に関連する独立した要因であり、拡張期血圧は非大動脈石灰化と関連していることが示されました-DM患者。 DM患者では、血漿FGF-23レベルと血液透析期間は、手動脈石灰化に関連する独立した要因として現れ、拡張期血圧は大動脈石灰化に関連していました。 CaxPi製品で調整した場合、血漿FGF-23レベルと手動脈石灰化との独立した関連性は、非DM患者とDM患者の両方で維持されました。結論:私たちの調査結果は、血漿FGF-23レベルは、CaxPiに調整した場合でも、男性の非DM血液透析患者とDM血液透析患者の両方で、大動脈ではなく、手の動脈の末梢血管石灰化と負の関連がある独立した因子であることを示しています製品。この研究は、血漿FGF-23レベルが、Pi代謝に対する調節効果とは無関係に、男性血液透析患者のメンケベルクの内側石灰化の信頼できるマーカーを提供する可能性がある。

    DOI: 10.1007/s00198-006-0154-6

  • Role of fibroblast growth factor-23 in peripheral vascular calcification in non-diabetic and diabetic hemodialysis patients. 査読

    Inaba M, Okuno S, Imanishi Y, Yamada S, Shioi A, Yamakawa T, Ishimura E, Nishizawa Y

    Osteoporosis international : a journal established as result of cooperation between the European Foundation for Osteoporosis and the National Osteoporosis Foundation of the USA   17 ( 10 )   1506 - 13   2006年10月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00198-006-0154-6

    PubMed

  • Associations between physical activity, peripheral atherosclerosis and bone status in healthy Japanese women 査読

    Yamada Shinsuke, Inaba Masaaki, Goto Hitoshi, Nagata-Sakurai Mayumi, Kumeda Yasuro, Imanishi Yasuo, Emoto Masanori, Ishimura Eiji, Nishizawa Yoshiki

    ATHEROSCLEROSIS   188 ( 1 )   196 - 202   2006年09月( ISSN:0021-9150

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    この横断的研究の目的は、健康な日本人女性の身体活動と骨の状態が動脈の肥厚と硬化に影響するかどうかを調査することでした。健康な女性(n = 149;平均年齢、54歳)は、大阪市立大学病院の地元の健康診断プログラムに参加した人たちから採用されました。身体活動は、SF-36の身体機能スコア、および腰椎および骨の骨ソノインデックス(OSI)における骨密度(BMD)による骨状態によって評価されました。総頸動脈(CA)および大腿動脈(FA)の内膜中膜厚(IMT)、および心頸動脈(hc)および心大腿(hf)のピーク波速度(PWV)による動脈壁硬化)中央セグメントとして、および周辺セグメントとしてそれぞれ上腕骨(hb)および大腿骨足首(fa)に。スピアマンランク相関により、腰椎BMDはCA IMT(ρ= -0.225、p <0.05)およびFA IMT(ρ= -0.215、p <0.05)、および骨OSIとFA IMT(ρ= -0.330、 p <0.0001)がCA IMTを除く(rho = -0051、p = 0.5335)。腰椎BMDと骨OSIの両方は、すべてのセグメントでPWVと負の相関がありました(すべてp <0.05)。身体機能スコアは弱く相関したが、IMTではなくすべてのPWVセグメント(すべてのp <0.05)で負の方法で有意に相関した。重回帰分析により、骨OSI(ベータ= -0.240、p = 0.0039)とFA IMTの有意な関連が明らかになったが、腰椎BMD(nor = -0.067、p = 0.4541)と腰椎BMDも骨OSIも関連していなかったCA IMT。さらに、身体機能スコアはhbおよびfa PWVとは独立して関連していたが、hcとhf PWVとは関連していなかったため、下肢を含む末梢セグメントとの優先的な関連が示唆されました。腰椎BMDも骨OSIもPWVのどのセグメントとも関連していませんでした。結論として、healthy骨OSIは大腿動脈の動脈壁肥厚と優先的に関連している可能性があり、身体活動は下肢を含む末梢セグメントの動脈壁硬化と関連しているが、健康な日本人女性の中心セグメントではない可能性が示唆された。

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2005.10.036

    PubMed

  • Associations between physical activity, peripheral atherosclerosis and bone status in healthy Japanese women. 査読

    Yamada S, Inaba M, Goto H, Nagata-Sakurai M, Kumeda Y, Imanishi Y, Emoto M, Ishimura E, Nishizawa Y

    Atherosclerosis   188 ( 1 )   196 - 202   2006年09月( ISSN:0021-9150

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2005.10.036

    PubMed

  • X連鎖低リン血症性くる病(XLH)患者における骨密度についての検討

    河面 健, 今西 康雄, 古林 啓介, 中 弘志, 後藤 仁志, 石村 栄治, 三木 隆己, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    日本骨形態計測学会雑誌 = Journal of Japanese Society of Bone Morphometry   16 ( 2 )   S98   2006年07月( ISSN:09174648

     詳細を見る

  • Direct in vitro evidence of the suppressive effect of cinacalcet HCl on parathyroid hormone secretion in human parathyroid cells with pathologically reduced calcium-sensing receptor levels 査読

    Kawata Takehisa, Imanishi Yasuo, Kobayashi Keisuke, Onoda Naoyoshi, Okuno Senji, Takemoto Yoshiaki, Komo Takeshi, Tahara Hideki, Wada Michihito, Nagano Nobuo, Ishimura Eiji, Miki Takami, Ishikawa Tetsuro, Inaba Masaaki, Nishizawa Yoshiki

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM   24 ( 4 )   300 - 306   2006年07月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    原発性副甲状腺機能亢進症(PHPT)および二次性副腎機能亢進症(SHPT)に対する、カルシウム感知受容体(CaR)のアロステリックモジュレーターであるシナカルセトHCl(シナカルセト)の効果を調べる臨床研究が行われています。しかし、ヒト副甲状腺細胞に関するin vitro研究はこれまで報告されていません。この研究では、シナカルセトのPTH分泌に対する抑制効果を、患者から得た初代培養副甲状腺細胞で分析しました。この調査には、治療的副甲状腺切除術を受けた3人のPHPTと3人のSHPT患者が関与しました。特に、すべてのSHPT患者は、静脈内ビタミンDアナログ療法に耐性がありました。除去された副甲状腺腫瘍は、免疫組織化学および副甲状腺細胞の初代培養に使用されました。免疫組織化学分析により、すべての副甲状腺腫瘍におけるCaRおよびビタミンD受容体(VDR)の発現の減少が明らかになりました。 PHPTおよびSHPT患者の培養副甲状腺細胞からのPTH分泌は、細胞外Ca2 +およびシナカルセトによって用量依存的に抑制されました。シナカルセト(1000 nmol / l)によるPHPTおよびSHPTのPTH分泌の抑制率は、それぞれ61%+/- 21%および61%+/- 19%でした。シナカルセトは、標的タンパク質であるCaRのレベルが低下しているにもかかわらず、in vitroでの初代培養ヒト副甲状腺細胞におけるPTH分泌の抑制に有意な効力を示します。このin vitro分析からのデータは、PHPTおよびSHPT療法におけるシナカルセトの臨床応用をサポートするものである。

    DOI: 10.1007/s00774-006-0687-y

    PubMed

  • [Primary hyperparathyroidism].

    Imanishi Y

    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   Suppl 2   5 - 9   2006年06月( ISSN:0047-1852

     詳細を見る

  • [Secondary hyperparathyroidism].

    Imanishi Y, Inaba M

    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   Suppl 2   31 - 6   2006年06月( ISSN:0047-1852

     詳細を見る

  • Expression of FGF23 is correlated with serum phosphate level in isolated fibrous dysplasia 査読

    Kobayashi K, Imanishi Y, Koshiyama H, Miyauchi A, Wakasa K, Kawata T, Goto H, Ohashi H, Koyano HM, Mochizuki R, Miki T, Inaba M, Nishizawa Y

    LIFE SCIENCES   78 ( 20 )   2295 - 2301   2006年04月( ISSN:0024-3205

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    線維性形成異常(FD)患者は、腎リン酸塩の消耗に起因する低リン血症性くる病/骨軟化症を併発することがあります。 McCune-Albright症候群(MAS)患者のFD組織が線維芽細胞増殖因子-23(FGF-23)を発現したことが最近報告されました。低リン血症性くる病。血清リン酸塩レベルがFD組織のFGF23発現に影響されるかどうかは議論の余地があるため、MAS症候群のない孤立したFD患者を、FGF23発現、FGF-23およびリン酸塩の循環レベルの関係について調べ、MAS関連内分泌異常の影響を否定した血清リン酸塩。 18個のパラフィン包埋FD組織と2個の凍結組織が研究のために得られました。 18の分離されたFD組織のうち16がGNAS遺伝子の分析に成功し、MASで観察された活性化変異を示しました。 GNAS突然変異を示した16のFD組織のうち8つは、FGF-23の陽性染色を明らかにしました。これらの証拠は、GNASの接合後活性化変異が、変異した骨形成細胞系統のモザイク分布によるFD組織形成に必要であることを示していますが、FGF23発現を上昇させて重度の腎リン酸消耗を伴う全身性骨軟化症を引き起こすには不十分です。リアルタイムPCRで測定された低リン酸血症性骨軟化症の分離FD組織におけるFGF23の発現レベルは、OOM腫瘍のレベルに近い量でした。織骨の骨芽細胞/骨細胞は、免疫組織化学によりFD組織でFGF-23を循環させる主な供給源でした。 FGF-23染色の強度と血清無機リン酸塩レベルとの負の相関は、局所FD組織でのFGF23の発現が、孤立したFD患者の血清リン酸塩レベルの顕著な決定因子である可能性を示しました。これらのデータは、孤立したFD患者の血清無機リン酸レベルの調節機構に関する新しい洞察を提供し、FD組織に由来するFGF-23が孤立したFD患者だけでなくMAS症候群の患者でも低リン血症を引き起こす可能性があるという概念を拡張した。

    DOI: 10.1016/j.lfs.2005.09.052

    PubMed

  • Expression of FGF23 is correlated with serum phosphate level in isolated fibrous dysplasia. 査読

    Kobayashi K, Imanishi Y, Koshiyama H, Miyauchi A, Wakasa K, Kawata T, Goto H, Ohashi H, Koyano HM, Mochizuki R, Miki T, Inaba M, Nishizawa Y

    Life sciences   78 ( 20 )   2295 - 301   2006年04月( ISSN:0024-3205

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2005.09.052

    PubMed

  • Positive correlation of serum bio-intact PTH(1-84) but not intact PTH with parathyroid gland size in hemodialysis patients 査読

    Inaba M, Okuno S, Chou H, Imanishi Y, Ueda M, Yamakawa T, Ishimura E, Nishizawa Y

    BIOMEDICINE & PHARMACOTHERAPY   60 ( 2 )   62 - 65   2006年02月( ISSN:0753-3322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    全長型のPTH(1-84)分子を測定する、新しく開発されたバイオインタクト副甲状腺ホルモン(Bio-PTH)アッセイの有用性を評価するため、第2世代の無傷のPTHと比較して、Bio-PTHアッセイによって決定された血清PTHレベル(I-PTH)アッセイは、副甲状腺サイズとの相関について調べられました。血清PTHは、骨形成マーカーである骨アルカリホスファターゼ、無傷のオステオカルシン、I型コラーゲンのN末端プロペプチド、および骨吸収マーカーであるデオキシピリジノリン、ピリジノリン、ベータcrossLapsとともに、46人の男性HD患者で測定されました。副甲状腺の最大直径は、副甲状腺サイズとして超音波検査で決定されました。血清CaとPiは、副甲状腺のサイズと有意に相関し、副甲状腺のサイズを定義する方法を合理化しました。血清Bio-PTHは、副甲状腺のサイズと正の方法で有意に相関しました(R = 0.308、P = 0.0474)が、血清I-PTHは相関しませんでした。さらに、副甲状腺サイズは、骨形成マーカーまたは骨吸収マーカーのいずれとも有意な相関を示さなかった。 HD患者の骨マーカーと副甲状腺の大きさの間に相関関係がないことは、PTHに対する骨の不応性の発生によって説明されるかもしれません。結論として、血清Bio-PTHアッセイは、主に副甲状腺のサイズとの排他的な相関関係により、HD患者の副甲状腺機能を推定するI-PTHアッセイよりも優れたアッセイを提供できる。

    DOI: 10.1016/j.biopha.2005.11.001

    PubMed

  • Positive correlation of serum bio-intact PTH(1-84) but not intact PTH with parathyroid gland size in hemodialysis patients. 査読

    Inaba M, Okuno S, Chou H, Imanishi Y, Ueda M, Yamakawa T, Ishimura E, Nishizawa Y

    Biomedicine & pharmacotherapy = Biomedecine & pharmacotherapie   60 ( 2 )   62 - 5   2006年02月( ISSN:0753-3322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.biopha.2005.11.001

    PubMed

  • Regulation of plasma fibroblast growth factor 23 by calcium in primary hyperparathyroidism 査読

    Kobayashi K, Imanishi Y, Miyauchi A, Onoda N, Kawata T, Tahara H, Goto H, Miki T, Ishimura E, Sugimoto T, Ishikawa T, Inaba M, Nishizawa Y

    EUROPEAN JOURNAL OF ENDOCRINOLOGY   154 ( 1 )   93 - 99   2006年01月( ISSN:0804-4643

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    線維芽細胞成長因子(FGF)-23の重要性はリン酸塩消耗性疾患で確立されているが、その循環レベルを調節するメカニズムについてはほとんど知られていない。 FGF-23代謝における副甲状腺ホルモン(PTH)とカルシウムの役割を調べるために、原発性副甲状腺機能亢進症(PHPT)患者の血漿FGF-23レベルを調べました。患者と方法:PHPTと52のコントロールを持つ50人の患者がこの研究で採用されました。血漿は、ビタミンDを投与せずに術後の最初の朝に副甲状腺切除術(PTX)を受けた18人のPHPT患者から得られました。時間経過のサンプルは、ビタミンDアナログまたはカルシウム投与なしの18人のPTX患者のうち5人からも得られました。切除された副甲状腺上のFgf23の発現は、逆転写(RT)-PCRおよび免疫組織化学によって分析されました。結果:FGF-23は、コントロールと比較してPHPT患者で有意に上昇しました。 FGF-23レベルは、血清補正カルシウムおよび無傷のPTHレベルと正に相関し、クレアチニンクリアランスと無機リン酸塩とは負の相関があり、クレアチニンクリアランスと補正カルシウムは独立して関連因子でした。 18人のPTX患者において、術後のFGF-23レベルは術前のレベルと比較して有意に減少しました。修正カルシウムレベルはPTXの1時間後に有意に低下し、これに続いて経時的研究で血漿FGF-23レベルが低下しました。さらに、18人のPTX患者の術後FGF-23レベルは、修正カルシウムと有意に相関し、FGF-23の主要な調節因子の1つとしての血清カルシウムの役割と一致していました。副甲状腺にFgf23の発現がないことは、副甲状腺が循環FGF-23の主要な供給源ではないことを示していました。結論:血清カルシウムはPHPTの循環FGF-23レベルを調節する可能性がある。

    DOI: 10.1530/eje.1.02053

    PubMed

  • Regulation of plasma fibroblast growth factor 23 by calcium in primary hyperparathyroidism. 査読

    Kobayashi K, Imanishi Y, Miyauchi A, Onoda N, Kawata T, Tahara H, Goto H, Miki T, Ishimura E, Sugimoto T, Ishikawa T, Inaba M, Nishizawa Y

    European journal of endocrinology   154 ( 1 )   93 - 9   2006年01月( ISSN:0804-4643

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1530/eje.1.02053

    PubMed

  • Serum levels of 1-84 and 7-84 parathyroid hormone in predialysis patients with chronic renal failure measured by the intact and bio-PTH assay 査読

    Tsuchida T, Ishimura E, Hirowatari K, Matsumoto N, Imanishi Y, Jono S, Miki T, Inaba M, Nishizawa Y

    NEPHRON CLINICAL PRACTICE   102 ( 3-4 )   C108 - C114   2006年( ISSN:1660-2110

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    インタクト副甲状腺ホルモン(PTH)アッセイは、PTH(1-84)とPTH(1-84)の生物学的作用の拮抗薬であると報告されているPTH(7-84)のような断片の両方を検出します。 2つのアッセイのうち、インタクトまたはバイオPTHアッセイのどちらが臨床的に有用であるかは議論の余地があり、後者はPTH(1-84)のみを検出します。 PTH(7-84)様フラグメントの血清レベルに臨床的意義があるかどうかも不明です。方法:慢性腎不全(CRF;血清クレアチニン3.53 +/- 1.93; 62人の男性と42人の女性; 61.0 +/- 11.5歳)の透析前患者104人の血清PTH濃度は、無傷およびバイオPTHアッセイの両方を使用して測定されました。また、PTH(7-84)様フラグメントの濃度は、無傷のPTHからbio-PTHを差し引くことで計算されました。 3つの骨形成と3つの骨吸収マーカーを同時に測定しました。結果:2つのアッセイを使用して測定されたPTH値は強く正の相関があり(r = 0.959、p <0.0001)、3つの骨形成および3つの骨吸収マーカーと同程度に有意に正の相関がありました。 PTH(7-84)-likeフラグメントは、インタクトPTHとバイオPTHの両方と有意に正の相関があり(インタクトPTHのr = 0.855、p <0.0001;バイオPTHのr = 0.672、p <0.0001) 6つの骨代謝マーカーのそれぞれと有意に正の相関がありました。 bio-PTH / PTH(7-84)-like fragment ratioと骨代謝マーカーを含む臨床パラメーターとの間に有意な関係はありません。結論:2つのアッセイ間の強い関係、および各PTHアッセイと6つの骨代謝マーカーのそれぞれとの類似性の程度から、バイオPTHアッセイとインタクトPTHアッセイは透析前CRFで同様の臨床的意義があると考えられます患者。 PTH(7-84)様断片の血清レベルは、血清PTH(1-84)が増加するにつれて増加するようです。バイオPTH / PTH(7-84)のようなフラグメントの比率によって評価される場合でも、血清PTH(7-84)のようなフラグメントは骨代謝にほとんど特定の臨床効果がないことを示唆する。

    DOI: 10.1159/000089668

    PubMed

  • Serum levels of 1-84 and 7-84 parathyroid hormone in predialysis patients with chronic renal failure measured by the intact and bio-PTH assay. 査読

    Tsuchida T, Ishimura E, Hirowatari K, Matsumoto N, Imanishi Y, Jono S, Miki T, Inaba M, Nishizawa Y

    Nephron. Clinical practice   102 ( 3-4 )   c108 - 14   2006年( ISSN:1660-2110

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000089668

    PubMed

  • Direct in vitro evidence of the suppressive effect of cinacalcet HCl on parathyroid hormone secretion in human parathyroid cells with pathologically reduced calcium-sensing receptor levels. 査読

    Kawata T, Imanishi Y, Kobayashi K, Onoda N, Okuno S, Takemoto Y, Komo T, Tahara H, Wada M, Nagano N, Ishimura E, Miki T, Ishikawa T, Inaba M, Nishizawa Y

    Journal of bone and mineral metabolism   24 ( 4 )   300 - 6   2006年( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-006-0687-y

    PubMed

  • Direct in vitro evidence of the suppresive effect of cinacalcet HCl on parathyroid hormone secretion in human parathyroid cells with pathologically reduced calcium-sensing receptor levels.

    今西 康雄

    J Bone Miner Metab 24   300 - 6   2006年

  • Cimetidine-induced tubulointerstitial nephritis with both MPO-ANCA and PR3-ANCA 査読

    UEDA Hideki, ISHIMURA Eiji, YUNOKI Takayuki, TSUCHIDA Takao, MATSUMOTO Naoki, JONO Syuichi, IMANISHI Yasuo, INABA Masaaki, NISHIZAWA Yoshiki

    Clinical and experimental nephrology   9 ( 4 )   332 - 334   2005年12月( ISSN:13421751

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    ミエロペルオキシダーゼ(MPO)-抗好中球抗体(ANCA)およびプロテイナーゼ-3(PR3)-ANCAを伴う尿細管間質性腎炎(TIN)の75歳の男性について説明します。彼はシメチジン(胃癌の胃切除術後に処方)を服用した後、かゆみを伴うわずかな発熱と発疹を起こし、近くの病院に入院しました。そこで、彼はタンパク尿、2.9 mg / dlの血清クレアチニン(sCr)、および1.73 m2当たり44 ml / minのクレアチニンクリアランス(Ccr)を示しました。彼のMPO-ANCA力価は267 EU、PR3-ANCA力価は112 EUでした。両側腎臓の異常な濃度は、ガリウムシンチグラフィーにより発見されました。これらの理由で、彼は私たちの病院に移されました。入院後に経皮的腎生検を実施した。重度の尿細管萎縮、軽度の間質性線維症、および間質の重度の単核細胞浸潤が認められた。薬物誘発性腎障害が疑われ、シメチジン投与は中止されました。リンパ球刺激試験(DLST)が実施されました。シメチジン力価は2,537 cpmで陽性でした。シメチジンの中止後、PR3-ANCA力価は徐々に低下し、次にMPO-ANCA力価も低下しました。 sCrレベルは1.2 mg / dlに減少しました。要約すると、本明細書では、MPO-ANCAとPR3-ANCAの両方に関連するシメチジン誘発TINの最初の症例を報告する。

    CiNii Article

  • Cimetidine-induced tubulointerstitial nephritis with both MPO-ANCA and PR3-ANCA

    UEDA Hideki, ISHIMURA Eiji, YUNOKI Takayuki, TSUCHIDA Takao, MATSUMOTO Naoki, JONO Syuichi, IMANISHI Yasuo, INABA Masaaki, NISHIZAWA Yoshiki

    Clin Exp Nephrol.   9 ( 4 )   332 - 334   2005年12月( ISSN:13421751

     詳細を見る

  • Cimetidine-induced tubulointerstitial nephritis with both MPO-ANCA and PR3-ANCA 査読

    Hideki Ueda, Eiji Ishimura, Takayuki Yunoki, Takao Tsuchida, Naoki Matsumoto, Syuichi Jono, Yasuo Imanishi, Masaaki Inaba, Yoshiki Nishizawa

    Clinical and Experimental Nephrology   9 ( 4 )   332 - 334   2005年12月( ISSN:1342-1751

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We describe a 75-year-old man with tubulointerstitial nephritis (TIN) with myeloperoxidase (MPO)-antineutrophil antibody (ANCA) and proteinase-3 (PR3)-ANCA. He had a slight fever and eruption with itching after taking cimetidine (prescribed after gastrectomy for gastric cancer) and he was admitted to a nearby hospital. There, he showed proteinuria, serum creatinine (sCr) of 2.9mg/dl, and creatinine clearance (Ccr) of 44ml/min per 1.73m2. His MPO-ANCA titer was 267EU, and PR3-ANCA titer was 112EU. Abnormal concentrations in bilateral kidneys were found by gallium scintigraphy. For these reasons, he was transferred to our hospital. Percutaneous renal biopsy was performed after admission. Severe tubular atrophy, mild interstitial fibrosis, and severe mononuclear cell infiltration of the interstitium were noted. Drug-induced renal impairment was suspected, and cimetidine administration was withdrawn. Lymphocyte stimulation tests (DLSTs) were performed. The cimetidine titer was positive, at 2,537cpm. After the withdrawal of cimetidine, the PR3-ANCA titer was reduced gradually, and, next, the MPO-ANCA titer was also reduced. The sCr level was reduced to 1.2mg/dl. In summary, we report herein the first case of cimetidine-induced TIN associated with both MPO-ANCA and PR3-ANCA. © Japanese Society of Nephrology 2005.

    DOI: 10.1007/s10157-005-0382-7

    PubMed

  • Cimetidine-induced tubulointerstitial nephritis with both MPO-ANCA and PR3-ANCA. 査読

    Ueda H, Ishimura E, Yunoki T, Tsuchida T, Matsumoto N, Jono S, Imanishi Y, Inaba M, Nishizawa Y

    Clinical and experimental nephrology   9 ( 4 )   332 - 334   2005年12月( ISSN:1342-1751

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-005-0382-7

    PubMed

  • Direct in vitro evidence of extracellular Ca(2+)-induced amino-terminal truncation of human parathyroid hormone (1-84) by human parathyroid cells 査読

    Kawata T, Imanishi Y, Kobayashi K, Onoda N, Takemoto Y, Tahara H, Okuno S, Ishimura E, Miki T, Ishikawa T, Inaba M, Nishizawa Y

    JOURNAL OF CLINICAL ENDOCRINOLOGY & METABOLISM   90 ( 10 )   5774 - 5778   2005年10月( ISSN:0021-972X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    血清カルシウム(Ca2 +)濃度は、(1-84)hPTHから分解されたヒトPTH(hPTH)のアミノ末端(N末端)切断型の生成を調節しますが、副甲状腺自体が原因であるかどうかはまだ報告されていませんこのプロセスのため。目的:私たちの目的は、in vitroで副甲状腺細胞のPTH代謝におけるN末端切断の部位とその役割を決定することでした。方法:細胞外Ca2 +濃度の影響を、初代培養副甲状腺細胞のN末端切断で調べました。副甲状腺は、治療的副甲状腺切除を受けた原発性および尿毒症関連の二次性副甲状腺機能亢進症の患者から得られた。結果:N末端が切断されたフラグメントは、市販のインタクトPTH(I-PTH)アッセイで検出できましたが、(1-84)hPTHのみを検出したバイオインタクトPTH(Bio-PTH)アッセイでは検出できませんでした。 HPLCにより、I-PTHにより検出可能なN末端切断断片の生成が細胞外Ca2 +濃度とともに増加することが明らかになりました。細胞外Ca 2+濃度の増加によるPTH分泌の抑制は、副甲状腺腺腫および尿毒症関連二次性副甲状腺機能亢進症から調製した培養副甲状腺細胞の両方について、I-PTHアッセイよりもBio-PTHアッセイでより明白でした。 Bio-PTH / I-PTH比は、(1-84)hPTHと(1-84)hPTHおよびN末端が切断されたフラグメントの合計に対する比であり、細胞外Ca2 +の増加に応じて減少しました。結論:これらの知見は、N末端の切断が細胞外Ca2 +濃度によって調節され、副甲状腺細胞における(1-84)hPTHの生成を抑制する働きがあることを示唆する。

    DOI: 10.1210/jc.2005-0243

    PubMed

  • Relationship between parathyroid calcium-sensing receptor expression and potency of the calcimimetic, cinacalcet, in suppressing parathyroid hormone secretion in an in vivo murine model of primary hyperparathyroidism 査読

    Kawata T, Imanishi Y, Kobayashi K, Kenko T, Wada M, Ishimura E, Miki T, Nagano N, Inaba M, Arnold A, Nishizawa Y

    EUROPEAN JOURNAL OF ENDOCRINOLOGY   153 ( 4 )   587 - 594   2005年10月( ISSN:0804-4643

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    カルシウム感知受容体(CaR)のアロステリックモジュレーターであるシナカルセト塩酸塩は、副甲状腺ホルモン(PTH)分泌の抑制効果により、透析中の慢性腎疾患患者の二次性副甲状腺機能亢進症の治療に最近承認されました。原発性および続発性副甲状腺機能亢進症の患者におけるシナカルセットの効果が報告されているが、副甲状腺に対するカルシウム模倣薬の効果とCaR発現の重要な関係には、より良い理解が必要です。高カルシウム血症がすでにかなりのCaR活性を刺激している可能性がある原発性副甲状腺機能亢進症のPTH分泌に対する抑制効果を調べるために、低発作性の原発性副甲状腺機能亢進症のモデルであるPTH-サイクリンD1トランスジェニックマウス(PC2マウス)に対するシナカルセトHClの効果を調べました副甲状腺上のCaRの発現。シナカルセト塩酸塩の30 mg / kg体重(BW)の単回投与は、慢性生化学的副甲状腺機能亢進症の65から85週齢のPC2マウスで投与後2時間で血清カルシウム(Ca)レベルを有意に抑制しました。血清PTHの減少率は、副甲状腺のCaR低発現と有意に相関していた。進行した副甲状腺機能亢進症を有する高齢のPC2マウス(93〜99週齢)では、血清CaおよびPTHレベルはシナカルセットHCl 30 mg / kgでは抑制されませんでした。ただし、血清CaおよびPTHレベルは100 mg / kgのシナカルセトHClによって大幅に抑制され、この化合物のより高い用量が重度の副甲状腺機能亢進症を克服できることが示唆されました。結論として、シナカルセト塩酸塩は、副甲状腺での高カルシウム血症およびCaRの低発現による推定内因性CaR活性化にもかかわらず、原発性副甲状腺機能亢進症のマウスモデルで効力を示した。

    DOI: 10.1530/eje.1.02007

    PubMed

  • Direct in vitro evidence of extracellular Ca2+-induced amino-terminal truncation of human parathyroid hormone (1-84) by human parathyroid cells. 査読

    Kawata T, Imanishi Y, Kobayashi K, Onoda N, Takemoto Y, Tahara H, Okuno S, Ishimura E, Miki T, Ishikawa T, Inaba M, Nishizawa Y

    The Journal of clinical endocrinology and metabolism   90 ( 10 )   5774 - 8   2005年10月( ISSN:0021-972X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/jc.2005-0243

    PubMed

  • Relationship between parathyroid calcium-sensing receptor expression and potency of the calcimimetic, cinacalcet, in suppressing parathyroid hormone secretion in an in vivo murine model of primary hyperparathyroidism. 査読

    Kawata T, Imanishi Y, Kobayashi K, Kenko T, Wada M, Ishimura E, Miki T, Nagano N, Inaba M, Arnold A, Nishizawa Y

    European journal of endocrinology   153 ( 4 )   587 - 94   2005年10月( ISSN:0804-4643

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1530/eje.1.02007

    PubMed

  • Significance of Bio-intact PTH(1-84) assay in hemodialysis patients 査読

    Inaba M, Okuno S, Imanishi Y, Ueda M, Yamakawa T, Ishimura E, Nishizawa Y

    OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL   16 ( 5 )   517 - 525   2005年05月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    本研究の目的は、全長型PTH(1-84)分子のみを測定する新たに開発されたバイオインタクト副甲状腺ホルモン(Bio-PTH)アッセイが、血液透析(HD)における副甲状腺機能を推定するためのより良いアッセイを提供するかどうかを調べることでした)患者、およびBio-PTHアッセイおよび第2世代のインタクトPTH(I-PTH)アッセイによって測定された血清PTHレベルに関連する要因を評価します。この研究では、PTHの活性画分の指標であるBio-PTH / I-PTH比が、単純なPTH結果からは得られない情報を提供できるかどうかも調べました。 PTHの血清レベルは、骨形成マーカーの骨アルカリホスファターゼ(BAP)、無傷のオステオカルシン(iOC)、Nミッドフラグメントオステオカルシン(N-Mid OC)、およびI型のN末端プロペプチドとともに、177人の男性HD患者で測定されましたコラーゲン(PINP)、および骨吸収マーカーデオキシピリジノリン(DPD)、ピリジノリン(PYD)、およびベータCrossLaps(ベータCTx)。骨密度(BMD)は、デュアルエネルギーX線吸収法により、3分の1の遠位半径で2回決定されました。血清Bio-PTHは、正常なコントロールと比較してHD患者で有意に上昇しました。 Serum Bio-PTHおよびI-PTHは、血清骨形成マーカー(BAP、iOC、N-Mid OC、PINP)および吸収マーカー(DPD、PYD、β-CTx)と負の方法で有意に相関しました遠位半径の3分の1でBMDと年次変化があります。 Bio-PTHの相関度は、I-PTHの相関度と有意な差はありませんでした。 Bio-PTH / I-PTH比は、おそらく前者でのN短縮PTHフラグメントの蓄積が原因で、HD患者では正常な個人よりも有意に低かった。 Bio-PTH / I-PTH比は、血清カルシウム(Ca)(r = -0.251、P <0.001)および栄養マーカー血清尿素窒素、タンパク質異化率、血清クレアチニンと負の相関で有意に相関しました。さらに重回帰分析により、Bio-PTHではなく血清I-PTHがこれらの栄養マーカーのそれぞれに有意に関連しており、Bio-PTH / I-PTH比が血清Caに負に関連していることが明らかになりました。また、Bio-PTHではなくI-PTHが栄養状態の影響を受けることもわかりました。 HD患者の副甲状腺機能の評価において、血清Bio-PTHアッセイはI-PT​​Hアッセイと同等の価値があり、Bio-PTH / I-PTH比の形での併用は、有用と考えられる。

    DOI: 10.1007/s00198-004-1715-1

    PubMed

  • The role of fibroblast growth factor 23 for hypophosphatemia and abnormal regulation of vitamin D metabolism in patients with McCune-Albright syndrome 査読

    Yamamoto T, Imanishi Y, Kinoshita E, Nakagomi Y, Shimizu N, Miyauchi A, Satomura K, Koshiyama H, Inaba M, Nishizawa Y, Juppner H, Ozono K

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM   23 ( 3 )   231 - 237   2005年05月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    McCune-Albright症候群(MAS)は、低リン血症と、低リン血症の存在下で異常に低いレベルの1,25(OH)(2)Dによって複雑になることがあります。最近、線維芽細胞成長因子23(FGF-23)が異常なビタミンD代謝のリン酸塩および原因因子として報告されました。この異常なリン酸塩とビタミンDの代謝は、発癌性およびX連鎖低リン血症に見られることがよく知られています。さらに、発癌性およびX連鎖低リン血症患者の循環血漿FGF-23レベルの増加を報告しました。 FGF-23がMASの病因に関与している可能性があるかどうかを判断するために、6人のMAS患者の血漿FGF-23レベルを測定しました。低リン血症のコントロールとして、高カルシウム尿症(HHRH)を伴う遺伝性低リン血症性くる病の2人の患者の血漿FGF-23レベルも調査しました。また、血漿FGF-23レベルと3人のMAS患者の短期パミドロネート療法後の血清リン酸塩および1,25(OH)(2)Dレベルとの相関を調査しました。血漿FGF-23レベルは、正常対照と比較してMAS患者で有意に増加しましたが、HHRH患者では増加しませんでした。 MAS患者の血清リン酸塩レベルは、正常な対照で観察されたレベルよりも有意に低かった。血漿FGF-23レベルは、血清リン酸塩濃度と有意な負の相関を示しました。 3人のMAS患者で、パミドロネート療法は血漿FGF-23レベルを低下させ、血清1,25(OH)(2)D濃度と有意な負の相関を示しました。これらのデータは、FGF-23がMASの低リン血症と異常なビタミンD代謝の原因となる可能性があることを示唆した。

    DOI: 10.1007/s00774-004-0589-9

    PubMed

  • Significance of Bio-intact PTH(1-84) assay in hemodialysis patients. 査読

    Inaba M, Okuno S, Imanishi Y, Ueda M, Yamakawa T, Ishimura E, Nishizawa Y

    Osteoporosis international : a journal established as result of cooperation between the European Foundation for Osteoporosis and the National Osteoporosis Foundation of the USA   16 ( 5 )   517 - 25   2005年05月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00198-004-1715-1

    PubMed

  • The role of fibroblast growth factor 23 for hypophosphatemia and abnormal regulation of vitamin D metabolism in patients with McCune-Albright syndrome 査読

    Takehisa Yamamoto, Yasuo Imanishi, Eiichi Kinoshita, Yoshiko Nakagomi, Nobuhiko Shimizu, Akimitsu Miyauchi, Kenichi Satomura, Hiroyuki Koshiyama, Masaaki Inaba, Yoshiki Nishizawa, Harald Jüppner, Keiichi Ozono

    Journal of Bone and Mineral Metabolism   23 ( 3 )   231 - 237   2005年05月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    McCune-Albright syndrome (MAS) is sometimes complicated by hypophosphatemia and abnormally low levels of 1,25(OH)2D in the presence of hypophosphatemia. Recently, fibroblast growth factor 23 (FGF-23) was reported as a phosphaturic and a causal factor of abnormal vitamin D metabolism. This abnormal phosphate and vitamin D metabolism is well known to be found in oncogenic and X-linked hypophosphatemia. We furthermore reported increased circulating plasma FGF-23 levels in patients with oncogenic and X-linked hypophosphatemia. To determine whether FGF-23 may be involved in the pathogenesis of MAS, we measured plasma FGF-23 levels in six MAS patients. As a control for hypophosphatemia, we also investigated the plasma FGF-23 levels in two patients with hereditary hypophosphatemic rickets with hypercalciuria (HHRH). We also investigated the correlation of plasma FGF-23 levels with serum phosphate and 1,25(OH)2D levels after short-term pamidronate therapy in three MAS patients. Plasma FGF-23 levels were significantly increased in patients with MAS compared to normal controls, whereas they were not increased in HHRH patients. Serum phosphate levels of the MAS patients were significantly lower than those observed in normal controls. Plasma FGF-23 levels showed significant negative correlation with serum phosphate concentrations. In three MAS patients, pamidronate therapy decreased plasma FGF-23 levels, which showed significant negative correlation with serum 1,25(OH)2D concentrations. These data suggested that FGF-23 is a possible causal factor for hypophosphatemia and abnormal vitamin D metabolism in MAS. © Springer-Verlag Tokyo 2005.

    DOI: 10.1007/s00774-004-0589-9

    PubMed

  • Hypercalcemia in a Patient with Primary Hyperparathyroidism and Acromegaly : Distinct Roles of Growth Hormone and Parathyroid Hormone in the Development of Hypercalcemia 査読

    Ueda Misako, Inaba Masaaki, Tahara Hideki, IMANISHI Yasuo, GOTO Hitoshi, NISHIZAWA Yoshiki

    Internal medicine   44 ( 4 )   307 - 310   2005年04月( ISSN:09182918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    先端巨大症に関連した原発性副甲状腺機能亢進症の症例を報告する。 下垂体腺腫の切除後、血清副甲状腺ホルモン(PTH)レベルは増加したが、血清1a、25-ジヒドロキシビタミンD [1、25(OH)2D]のレベルは減少したが、正常上限を超えたままであった。 副甲状腺腺腫の切除後、血清PTH、1、25(OH)2D、カルシウム(Ca)、およびリン酸塩はすべて正常化されました。 成長ホルモン(GH)のレベルの正常化後の血清PTHレベルの増加にもかかわらず、血清1、25(OH)2Dレベルが減少したため、GHは血清1、25(OH)2Dの上昇に寄与した可能性があります。 したがって、本症例で血清1、25(OH)2Dの上昇が起こるメカニズムには、PTHを介した経路とは異なる血清GHの増加が関与している可能性が示唆された。

    DOI: 10.2169/internalmedicine.44.307

    CiNii Article

  • Hypercalcemia in a patient with primary hyperparathyroidism and acromegaly: distinct roles of growth hormone and parathyroid hormone in the development of hypercalcemia.

    Ueda M, Inaba M, Tahara H, Imanishi Y, Goto H, Nishizawa Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   44 ( 4 )   307 - 10   2005年04月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.44.307

    PubMed

    CiNii Article

  • Effect and safety of intermittent weekly administration of human parathyroid hormone 1-34 in patients with primary osteoporosis evaluated by histomorphometry and microstructural analysis of iliac trabecular bone before and after 1 year of treatment 査読

    Miki T, Nakatsuka K, Naka H, Masaki H, Imanishi Y, Ito M, Inaba M, Morii H, Nishizawa Y

    J Bone Miner Metab   22 ( 6 )   569 - 576   2004年10月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    ヒト副甲状腺ホルモンの1-34 N末端ペプチド(hPTH 1-34)の断続的皮下投与の有効性と安全性を評価するために、100ユニットのhPTH 1-34を10人の患者に1週間に1回皮下注射した以前に行われた腸骨稜生検の結果によると骨の質的異常のない原発性骨粗鬆症(男性1人と女性9人)を伴い、1年の投与終了後に2回目の生検が行われた。研究への参加について患者の書面による同意が得られた。以前の臨床研究によると、12、24、および48週間のhPTH投与後、平均腰椎骨密度(LBMD)は明らかに1.8%、3.4%、4.6%増加しました。二重テトラサイクリン標識後の組織形態計測分析は、試験薬とは関係のない有害事象または継続の拒否により脱落した患者を除外した後、6人の患者(男性1人と女性5人)で完了しました。薄い硬組織切片の検査により、骨軟化症、織骨、線維性骨炎などの骨組織または骨髄腔の定性的な異常は示されず、hPTH 1-34に応答したLBMDの変化に対する定性的に異常な組織要素の寄与は除外されました管理。 2回目の生検での組織形態計測により、投与前の生検で得られた値と比較して、骨量の増加傾向、類骨表面の有意な増加傾向、および骨形成の他のパラメーターの増加傾向が明らかになりました。マイクロフォーカスコンピューター断層撮影(CT)によって得られた2次元微細構造のインデックスとノードストラット分析の結果は、小柱連続性の改善を示した。 3次元再構成画像が分析された5人の患者では、骨量と骨梁の厚さが大幅に増加し、骨梁パターン因子(連続性に関連するパラメーター)が大幅に減少し、3次元の改善が示唆されました小柱微細構造。 48週間のhPTH(1-34)の断続的な週1回の皮下注射は、原発性骨粗鬆症で異常な骨要素の出現を引き起こすことなく、小柱骨量を増加させ、微細構造を改善しました。

    DOI: 10.1007/s00774-004-0525-z

  • Significance of Bio-intact PTH(1-84) (Bio-PTH) Assay 招待

    Inaba M, Okuno S, Imanishi Y, Ueda M, Ishimura E, Nishizawa Y

    12th International Congress of Endocrinology   1159 - 1162   2004年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Bio-intact PTH(1-84) (Bio-PTH) Assayの重要性について概説した。

  • FGF-23 in patients with end-stage renal disease on hemodialysis.

    Imanishi Y, Inaba M, Nakatsuka K, Nagasue K, Okuno S, Yoshihara A, Miura M, Miyauchi A, Kobayashi K, Miki T, Shoji T, Ishimura E, Nishizawa Y

    Kidney Int   65 ( 5 )   1943 - 6   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    維芽細胞成長因子(FGF)-23は、腎リン酸消耗障害を引き起こす最近特定された循環因子です。 FGF-23分泌の調節のメカニズムは知られていないが、血漿FGF-23レベルは、その低リン酸血症効果のために、血清リン酸レベルにより調節または影響を受ける可能性がある。方法:血液透析維持中の末期腎疾患(ESRD)患者の高リン血症において、血漿FGF-23レベルが上昇する可能性があるという仮説を検証しました。維持血液透析を受けている男性尿毒症患者158人の血漿FGF-23レベルを測定しました。透析セッションを開始する前に血漿サンプルを採取して、酵素結合免疫吸着アッセイ(ELISA)によりFGF-23レベルを決定しました。結果:血漿FGF-23レベルは、単純な回帰分析で、無機リン酸塩、無傷の副甲状腺ホルモン(PTH)、補正カルシウム、および血液透析期間と有意かつ正の相関を示しました。これらの関連はすべて、重回帰分析で重要なままでした。結論:血清透析中の尿毒症患者の血清リン酸塩、カルシウム、および無傷のPTHはFGF-23レベルのレギュレーターである可能性があります。我々の結果は、リン酸カルシウムの恒常性に対するFGF-23の病態生理学的効果に関する新たな洞察を提供する。

  • Technical and clinical characterization of the Bio-PTH (1-84) immunochemiluminometric assay and comparison with a second-generation assay for parathyroid hormone 査読

    Inaba M, Nakatsuka K, Imanishi Y, Watanabe M, Mamiya Y, Ishimura E, Nishizawa Y

    Clin Chem   50 ( 2 )   385 - 390   2003年12月( ISSN:0009-9147

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Bio-Intact副甲状腺ホルモン(1-84)アッセイ(Bio-PTH)は、新しく開発された2部位免疫化学発光アッセイで、第2世代の「インタクトPTH」(I-PTH)とは対照的にPTH(1-84)のみを測定しますアッセイ。この新しいアッセイの技術的性能と臨床的意義を調査しました。方法:PTHは、日本人のカルシウム障害患者の血清中のBio-PTHアッセイとAllegro無傷PTH IRMAによって同時に測定されました。結果:血清中のBio-PTHの測定値は、6回の凍結融解サイクルの影響を受けず、4℃で7日間、-20℃または-80℃で28日間の保管中に安定でした。検量線は1800 ng / Lまで直線でした。検出限界は3.9 ng / Lでした。検量線の範囲にわたる分析物濃度のアッセイ内およびアッセイ間の不正確さは、それぞれ<2.8%および3.5%でした。 I-PTHはPTH(7-84)およびPTH(1-84)と等しく反応しましたが、Bio-PTHは1000倍のPTH(7-84)の影響を受けませんでした。 Bio-PTHは、健康な個人(r = 0.953; P <0.0001; n = 26)および腎機能障害のない全人口(r = 0.994; P <0.0001; n = 62)でI-PTHと相関しました。 72人のボランティアで、平均(SD)Bio-PTHは22.2(7.1)ng / L、または平均I-PTHの62%[36.1(22.3)ng / L]でした。この比率は、血液透析患者で51%でした(n = 177)。平均バイオPTHは、原発性副甲状腺機能亢進症の患者で高かった[121(85)ng / L; n = 18]および血液透析患者[102(104)ng / L; n = 177]、特発性副甲状腺機能低下症の低い[5.5(2.8)ng / L; n = 4]、および骨のパジェット病の健常対照の平均の2 SD以内[34(15)ng / L; n = 9]および骨転移[24(12)ng / L; n = 8]。結論:Bio-PTHアッセイは高感度で正確であり、研究対象のカルシウム代謝障害の患者に期待される結果をもたらします。

    DOI: 10.1373/clinchem.2003.026831

  • Successful treatment of multicentric reticulohistiocytosis with alendronate: evidence for a direct effect of bisphosphonate on histiocytes 査読

    Goto H, Inaba M, Kobayashi K, Imanishi Y, Kumeda Y, Inui K, Okada F, Nishizawa Y

    Arthritis Rheum   48 ( 12 )   3538 - 3541   2003年12月( ISSN:0004-3591

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    多中心性網状組織球症のさらなる治療のために入院した重度の結節性紅斑性皮膚病変および関節炎を伴う44歳の日本人女性の症例を説明する。皮膚および滑膜の生検では、酒石酸耐性酸性ホスファターゼ陽性組織球および多核巨細胞による激しい浸潤が示された。免疫組織化学分析により、皮膚の単核細胞の一部がRANKL陽性であることが示されました。アミノビスホスホネートであるアレンドロネートの1か月後、最初の6週間は週に1回10 mgの用量で投与され、その後は月に1回、関節炎と皮膚結節が改善し、寛解は2年以上続きました。この患者の発見は、破骨細胞のような多核巨細胞がRANKL陽性間質細胞の助けを借りて浸潤組織球から皮膚で局所的に分化し、アレンドロネートがヒトの単球/マクロファージ系統の細胞に直接作用することを示唆しています。したがって、アレンドロネートは、多中心性網状組織球症の治療薬のリストに追加する必要がある。

    DOI: 10.1002/art.11362

  • Relationship between parathyroid gland size and responsiveness to maxacalcitol therapy in patients with secondary hyperparathyroidism 査読

    Okuno S, Ishimura E, Kitatani K, Chou H, Nagasue K, Maekawa K, Izumotani T, Yamakawa T, Imanishi Y, Shoji T, Inaba M, Nishizawa Y

    Nephrol Dial Transplant   18 ( 12 )   2613 - 2621   2003年11月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    ビタミンDは二次性副甲状腺機能亢進症の患者の治療に有用であると報告されていますが、一部の患者では効果がありません。この研究の目標は、マキサカルシトールの反応性と副甲状腺の大きさの間に関係があるかどうかを確認することでした。方法:副甲状腺のサイズは、二次性副甲状腺機能亢進症[血清無傷副甲状腺ホルモン(PTH)> 300 pg / ml、58.1 +/- 2.8歳、15人の男性と10人の女性]の25人の患者で超音波検査によって測定されました。患者は、腺の最大直径の平均値に従って、2つのグループに分けられました。直径が11.0 mm未満のグループSと、直径が11.0 mm以上のグループLです。 2つのグループ間で、血清の無傷のPTH、カルシウムまたはリン酸塩のレベル、または血液透析の期間に有意な差はありませんでした。結果:検出可能な副甲状腺の平均(+/- SE)最大直径は、治療前11.0 +/- 0.7 mmでした。マキサカルシトールの投与後4-24週間で、無傷のPTH濃度はグループSで有意に減少しました(24週間で546 +/- 39から266 +/- 34 pg / ml; P <0.01)が、グループでは有意な変化はありませんでしたL(24週で481 +/- 39から403 +/- 49 pg / ml)。マキサカルシトール投与後24週間で、検出可能な副甲状腺の数はグループSで有意に減少し(2.2 +/- 0.3から1.8 +/- 0.4; P <0.05)、グループLではそうではありませんでした。血清カルシウムはグループで有意に増加しましたL(9.6 +/- 0.2から10.2 +/- 0.3 mg / dl; P <0.05)、ただしグループSではそうではありません。PTHの減少と副甲状腺サイズの間に有意な相関がありました(r = -0.42、P < 0.05)。結論:これらの結果は、二次性副甲状腺機能亢進症のマキサカルシトール療法に対する反応性は副甲状腺のサイズに依存し、超音波検査による副甲状腺最大径の単純な測定がマキサカルシトール治療への反応性を予測するのに役立つことを示す。

  • Mutational analyses of RB and BRCA2 as candidate tumour suppressor genes in parathyroid carcinoma 査読 国際共著

    Shattuck TM, Kim TS, Costa J, Yandell DW, Imanishi Y, Palanisamy N, Gaz RD, Shoback D, Clark OH, Monchik JM, Wierman ME, Hollenberg A, Tojo K, Chaganti RS, Arnold A

    Clin Endocrinol (Oxf)   59 ( 2 )   180 - 189   2003年07月( ISSN:0300-0664

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    強力な証拠は、悪性副甲状腺腫瘍の発生に重要な少なくとも1つの重要な腫瘍抑制遺伝子が13番染色体上にあることを示していますが、重要な標的遺伝子は不明のままです。重要なことに、後天性DNA損失の領域には、2つの確立された腫瘍抑制遺伝子、網膜芽腫遺伝子、RB(RB1)およびBRCA2が含まれます。副甲状腺癌においてRBまたはBRCA2が重要な13q腫瘍抑制遺伝子であるかどうかの解決には、遺伝子内の不活性化変異のこれらの遺伝子の配列の分析が必要です。したがって、RBとBRCA2は、これらの遺伝子の変異が最も容易に検出できるはずの副甲状腺癌のグループで分析されました。患者と設計:RB遺伝子座でヘテロ接合性の喪失(LOH)および/または比較ゲノムハイブリッド形成(CGH)による13q喪失を示した4人の患者からの6つの副甲状腺癌は、10患者。これらの腫瘍は、完全な27エクソンコード領域、イントロン-エクソン境界およびRBのプロモーターの直接配列決定により、突然変異について検査されました。 BRCA2の26のコーディングエクソンとイントロンとエクソンの境界も、BRCA2領域が失われた7つの副甲状腺癌で直接配列決定されました。結果:RBまたはBRCA2のいずれの癌でも、微小欠失、挿入、または点突然変異は検出されませんでした。結論:RBおよびBRCA2に腫瘍特異的体細胞変異がないことは、副甲状腺癌の病因において古典的な腫瘍抑制遺伝子として作用する可能性が低いことを示唆しています。これらの遺伝子の発現の減少は副甲状腺ガンに二次的に寄与し、13q損失は副甲状腺ガンの診断マーカーとしてさらなる研究を必要とするが、推定13q腫瘍抑制因子は同定を待つ。

  • Serum N-terminal midfragment vs. intact osteocalcin immunoradiometric assay as markers for bone turnover and bone loss in hemodialysis patients 査読

    Nagasue K, Inaba M, Okuno S, Kitatani K, Imanishi Y, Ishimura E, Miki T, Kim M, Nishizawa Y

    Biomed Pharmacother   57 ( 2 )   98 - 104   2003年07月( ISSN:0753-3322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    不安定ではありますが、無傷のオステオカルシン(iOC)のアッセイは、骨芽細胞機能を評価するための標準的なアッセイとして確立されています。本研究では、血液透析(HD)患者における、OCの安定したN末端ミッドフラグメント(N-MID OCアッセイ)を特定する、オステオカルシン(OC)向けに新しく開発された免疫放射分析の臨床的有用性を検証します。 N-MID OCアッセイの性能は、137人の男性HD患者から得られた血清におけるiOCアッセイの性能と比較されました。これらのアッセイを他の骨代謝マーカーおよび血清マーカーの測定前の1年間の骨損失と比較することにより。血清iOCは室温で24時間のインキュベーション中に有意に減少しませんでしたが、血清iOCは1時間のインキュベーション後に有意に減少しました。 137人の男性HD患者の血清N-MIDおよびiOCは、それぞれ197.3 +/- 57.8および34.6 +/- 30.0 ng / ml、またはそれぞれの報告された正常上限を上回る3.9 +/- 3.1および2.8 +/- 2.4倍でした。血清N-MID OCは、血清iOCと正の方法で有意に相関しました(r = 0.934、P <0.0001)。血清N-MID OCは、血清iOCと比較して、骨アルカリホスファターゼ、デオキシピリジノリン、および無傷の副甲状腺ホルモンの血清レベルと正の方法でそれほど有意に相関していませんでした。興味深いのは、iOCではなく血清N-MID OCが、遠位半径1/3での骨損失の量と速度の両方と有意に相関するという事実でした。要約すると、調査結果は、N-MID OC免疫反応性がiOC免疫反応性よりもはるかに安定しており、N-MID OCアッセイが尿毒症血清に蓄積すると報告されているOCフラグメントの影響を受けにくいことを示唆しています。したがって、HD患者の骨代謝回転を評価するために、したがって骨量減少を反映するために、iOCアッセイよりも信頼性が高いことがわかります。

  • Blocking of alpha 5 integrin stimulates production of TGF-beta and PAI-1 by human mesangial cells 査読

    Matsumoto N, Ishimura E, Koyama H, Tanaka S, Imanishi Y, Shioi A, Inaba M, Nishizawa Y

    Biochem Biophys Res Commun   305 ( 4 )   815 - 819   2003年05月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    細胞とマトリックスの相互作用を媒介するインテグリンの発現は、いくつかのサイトカイン、特にトランスフォーミング成長因子ベータ(TGF-ベータ)の影響を受けます。ただし、反対の方法で、特定のインテグリンがサイトカイン合成に関与しているかどうかは不明です。この仮説をテストしました。機能遮断抗アルファ5インテグリン(フィブロネクチン受容体)抗体は、コントロールIgGまたは抗アルファvベータ3インテグリン(いくつかのマトリックスタンパク質の受容体)抗体と比較して、成長停止したヒトメサンギウム細胞のTGF-ベータ分泌を増加させました(2.3倍) 。また、マトリックス増加に関連するタンパク質であるプラスミノーゲン活性化因子阻害剤-1(PAI-1)の分泌を3.2倍増加させました。抗アルファ5インテグリン抗体によって誘導されるPAI-1分泌の増加は、抗TGF-β中和抗体によって排除されませんでした。これらの結果は、抗アルファ5インテグリンの機能遮断がTGF-ベータおよびPAI-1産生を刺激することを示しており、アルファ5インテグリンが線維化プロセスに関与していることを示唆しています。したがって、特定のインテグリンの機能調節は、糸球体リモデリングに役割を果たす。

  • Primary hyperparathyroidism with multiple osteosclerotic lesions of the calvarium 査読

    Fujino Y, Inaba M, Nakatsuka K, Kumeda Y, Imanishi Y, Tahara H, Goto T, Inoue Y, Nakatani T, Ishikawa T, Ishimura E, Nishizawa Y

    J Bone Miner Res   18 ( 3 )   410 - 412   2003年03月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    頭蓋骨に多発性効果病変を認めた原発性副甲状腺機能亢進症の症例。

    DOI: 10.1359/jbmr.2003.18.3.410

  • Fibroblast growth factor 23 in oncogenic osteomalacia and X-linked hypophosphatemia. 査読 国際共著

    Jonsson KB, Zahradnik R, Larsson T, White KE, Sugimoto T, Imanishi Y, Yamamoto T, Hampson G, Koshiyama H, Ljunggren O, Oba K, Yang IM, Miyauchi A, Econs MJ, Lavigne J, Jüppner H

    N Engl J Med   348 ( 17 )   1656 - 63   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    線維芽細胞成長因子23(FGF-23)の突然変異は、常染色体優性低リン血症性くる病を引き起こします。この障害の臨床および検査所見は、腫瘍が豊富にFGF-23メッセンジャーRNAを発現する腫瘍性骨軟化症の所見と、PHEXと呼ばれるリン酸調節エンドペプチダーゼの不活性化変異によって引き起こされるX連鎖低リン血症の所見と類似しています。組換えFGF-23はin vivoでリン酸塩尿症と低リン血症を誘発し、リン酸塩調節に役割を果たしていることを示唆しています。 FGF-23が健康な人で循環するかどうか、および腫瘍性骨軟化症またはX連鎖低リン血症の人で上昇するかどうかを判断するために、それを測定する免疫測定アッセイが開発されました。方法:[Tyr223] FGF-23(206-222)アミドおよび[Tyr224] FGF-23(225-244)アミドに対するアフィニティ精製されたポリクローナル抗体を使用して、同等に検出する2部位酵素結合免疫吸着アッセイを開発しました組換えヒトFGF-23、位置179でアルギニンの代わりにグルタミンが置換された変異型(R179Q)、および合成ヒトFGF-23(207-244)アミド。 147人の健康な成人(平均[+/- SD]年齢、48.4 +/- 19.6歳)および26人の健康な子供(平均年齢、10.9 +/- 5.5歳)および腫瘍性骨軟化症患者17人(平均年齢)の血漿または血清サンプル、43.0 +/- 13.3歳)およびX連鎖低リン血症の21人の患者(平均年齢、34.9 +/- 17.2歳)が調査されました。結果:健康な成人および子供の平均FGF-23濃度は、それぞれ55ミリリットルあたり55 +/- 50および69 +/- 36基準単位(RU)でした。腫瘍性骨軟化症の4人の患者の濃度は426から7970 RU / mlであり、腫瘍切除後に正常化した。 FGF-23濃度は、腫瘍性骨軟化症が疑われる患者ではミリリットルあたり481 +/- 528 RU、X連鎖低リン血症の患者ではミリリットルあたり353 +/- 510 RU(範囲、31〜2335)でした。結論:FGF-23は健常者の血漿または血清で容易に検出可能であり、腫瘍性骨軟化症またはX連鎖低リン血症の患者で著しく上昇する可能性があり、この成長因子がリン酸恒常性に役割を果たすことを示唆しています。 FGF-23の測定により、低リン血症の管理が改善される可能性があります。

  • False-positive magnetic resonance imaging skeletal survey in a patient with sporadic hypophosphatemic osteomalacia 査読

    Imanishi Y, Nakatsuka K, Nakayama T, Okamura T, Kobayashi K, Nakayama K, Ishimura E, Inaba M, Nishizawa Y

    J Bone Miner Metab   21 ( 1 )   57 - 59   2002年12月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    腫瘍性骨軟化症を疑い、全身MRI検査により大腿骨頸部に腫瘍を発見した。しかし、切除しても低リン血症性骨軟化症の改善を認めず、部位診断におけるMRIの限界を示した。

    DOI: 10.1007/s007740300009

  • A case of SIADH induced by mizoribin administration 査読

    Fujino Y, Inaba M, Imanishi Y, Nagata M, Goto H, Kumeda Y, Nakatani T, Ishimura E, Nishizawa Y

    Nephron   92 ( 4 )   938 - 940   2002年10月( ISSN:0028-2766

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    症例は、関節リウマチ(RA)の74歳の男性。彼は、関節炎が改善されたときにミゾリビンの処方を開始してから1.5か月後に抗利尿ホルモン(SIADH)の不適切な分泌症候群を発症しました。彼は吐き気と頭痛に気づき、血清Naは118mEq / lまで低下した。低血圧や血中濃度のない正常な尿中Na排泄は、尿中Na喪失に起因する脱水の可能性を否定しました。血清浸透圧が254 mosm / kgに有意に低下したにもかかわらず、血清抗利尿ホルモン(ADH)は0.59 pg / mlで上昇したままでした。彼にはSIADHを引き起こす可能性のある器質的疾患はありませんでした。高張食塩水の注入にもかかわらず、彼の血清Naは正常に回復しませんでした。ミゾリビンの離脱直後、彼の血清Naは128から139 mEq / lに、血漿浸透圧は265から287 mosm / kgに有意に増加しました。血漿浸透圧に関連したADH過分泌は、ミゾリビン離脱により逆転し、ブレジニンがSIADHを有害に誘導する可能性があることを示唆しています。追加の素因は、患者の年齢と良性前立腺肥大による排尿困難でした。要約すると、ミゾリビンの有害作用であると考えられるSIADHの最初の症例をここで報告します。したがって、SIADHを誘発できる薬剤のリストに追加する必要である。

    DOI: 65450

  • Molecular pathogenesis of tumorigenesis in sporadic parathyroid adenomas 招待 査読

    Imanishi Y

    J Bone Miner Metab   20 ( 4 )   190 - 195   2002年07月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国際誌  

    副甲状腺分子腫瘍化機構について概説した。

    DOI: 10.1007/s007740200027

  • Impaired secretion of parathyroid hormone, but not refractoriness of osteoblast, is a major mechanism of low bone turnover in hemodialyzed patients with diabetes mellitus 査読

    Inaba M, Nagasue K, Okuno S, Ueda M, Kumeda Y, Imanishi Y, Shoji T, Ishimura E, Ohta T, Nakatani T, Kim M, Nishizawa Y

    Am J Kidney Dis   39 ( 6 )   1261 - 1269   2002年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    糖尿病性骨疾患は、副甲状腺ホルモン(PTH)の分泌障害または骨芽細胞のPTHに対する不応性に起因する低い骨代謝回転を特徴としています。本研究は、糖尿病の血液透析患者64人と糖尿病のない血液透析患者106人を比較することにより、どの因子が骨代謝回転の減少に寄与するかを明らかにするために実施されました。骨代謝に対する月経周期の影響を避けるために、男性のみが登録されました。血清無傷のPTH(iPTH)レベルは、糖尿病のある血液透析患者の方が糖尿病のない患者よりも有意に低かったが、年齢、血液透析療法の期間、または血清カルシウムまたはリン酸塩のレベルに有意差はなかった。測定された生化学マーカーのうち、血清無傷オステオカルシン(iOC)およびデオキシピリジノリンレベルは糖尿病患者で有意に低かったが、血清骨特異的アルカリホスファターゼ(BAP)およびピリジノリンレベルは患者の2つのグループ間で有意差はなかった。患者が180 pg / mLを超える血清iPTHレベルの患者に制限された場合、このパラメーターは、血清iOCおよびBAPレベルの両方と正の方法で有意に相関し、遠位半径1/3の骨ミネラル密度と負の相関がありました。 iPTHレベルとこれらのパラメーター間の回帰勾配は、患者の2つのグループ間で有意な差はなく、糖尿病患者のPTHへの骨の不応性の欠如を示しています。結論として、我々の調査結果は、PTH分泌の障害は、PTHに対する骨芽細胞の不応性ではなく、糖尿病の血液透析患者の低骨代謝回転の原因である可能性を示唆しています。

  • Mutational analyses of connexin 26 , connexin 30 and connexin 46 as candidate tumor suppressor genes in parathyroid carcinoma. 査読 国際共著

    Costa J, Shattuck TM, Imanishi Y, Palanisamy N, Gaz RD, Shoback D, Clark OH, Monchik JM, Wierman ME, Hollenberg A, Tojo K, Chaganti RSK, Arnold A

    J Endocr Genet   3   57 - 62   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    副甲状腺癌におけるconnexin 26 , connexin 30 and connexin 46の体細胞突然変異について検索した。

  • Clonal chromosomal defects in the molecular pathogenesis of refractory hyperparathyroidism of uremia. 査読 国際共著

    Imanishi Y, Tahara H, Palanisamy N, Spitalny S, Salusky IB, Goodman W, Brandi ML, Drüeke TB, Sarfati E, Ureña P, Chaganti RS, Arnold A

    J Am Soc Nephrol   13 ( 6 )   1490 - 8   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    X染色体不活性化分析により、尿毒症抵抗性の二次/三次性副甲状腺機能亢進症患者の副甲状腺のほとんどがモノクローナル新生物であることが実証されています。しかし、原発性副甲状腺腺腫と比較して、このようなクローン拡大またはこの疾患の分子病原性の特徴の根底にある特定の後天性遺伝的異常に関してはほとんど知られていない。独自の強力な方法でこれらの問題に対処するために、比較ゲノムハイブリダイゼーション(CGH)とゲノムワイドな分子アレロタイピングの両方が、尿毒症関連副甲状腺腫瘍の大きなグループで行われました。 CGHによって示されるように、1つ以上の染色体変化が腫瘍の24%に存在し、これは一般的な散発性腺腫の値(72%)とは著しく異なります。散発性副甲状腺腺腫について以前に記載されていなかった2つの再発性の異常、すなわち、染色体7(9%)および12(11%)の増加がCGHで認められました。 11番染色体の損失は、46の尿毒症関連腫瘍の1つ(2%)でのみ発生しました。腫瘍には、残りのMEN1対立遺伝子の体細胞変異も含まれていた(221del18)。合計13%の腫瘍が18qで再発性の対立遺伝子消失を示し、18q21.1-q21.2が推定腫瘍抑制因子含有領域として定義されています。結論として、ゲノムワイドな分子アレロタイピングとCGHの強力な組み合わせにより、尿毒症性副甲状腺機能亢進症に重要な遺伝子の存在と位置を示唆する再発性クローンDNA異常が特定されました。さらに、MEN1遺伝子不活性化の異なる役割を含む体細胞DNA変化のゲノム全体のパターンは、重度の尿毒症性副甲状腺機能亢進症と一般的な副甲状腺腺腫のクローン増殖に著しく異なる分子病原性プロセスが存在する。

  • A new method for in vivo analysis of parathyroid hormone-calcium set point in mice. 国際共著

    Imanishi Y, Hall C, Sablosky M, Brown EM, Arnold A

    J Bone Miner Res   17 ( 9 )   1656 - 61   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    副甲状腺ホルモン(PTH)を測定するための方法-人間と大型動物の生体内でカルシウムセットポイントが存在しますが、そのような方法をますます重要なマウスモデルに変換することはかなりの挑戦をもたらします。また、食事中のカルシウムを操作しても、設定値の推定に必要な最小および最大のPTHレベルを達成するのに十分な高または低血清カルシウムレベルが得られないことがわかりました。したがって、マウスの相対設定値の生体内評価のための新しい方法を開発しました。グルコン酸カルシウムの腹腔内注射は、血清PTHレベルの対応する減少とともに、120分間にわたって血清カルシウムの漸進的な増加を引き起こしました。 Na2-EGTAの腹腔内注射は、30分で血清カルシウムの最下点と、対応する血清PTHのピーク値を引き起こしました。達成された最低および最高血清カルシウム濃度は、それぞれ6.7 mg / dlおよび10.0 mg / dlでした。線形回帰分析は、高い相関係数を示しました(血清カルシウム対血清PTH; r = 0.969)。設定値の推定に必要な追加のデータポイントを取得するために、3匹のマウスから連続1日1回、8日間連続でグルコン酸カルシウムまたはNa2-EGTAを複数回投与し、尾にニックを入れて腹腔内注射の30分後に血液を採取しました。達成された最低および最高の血清カルシウム濃度は、5.0 mg / dlおよび11.4 mg / dlでした。最大および最小のPTHレベルが実際に観察され、7.8 mg / dlの設定点を持つS字曲線が、非線形混合効果の統計的アプローチを使用して適合した4パラメーターモデルによって容易に生成されました。生体内の設定値分析のためのこのプロトコルは、複数の遺伝子工学的および薬理学的に処理されたマウスモデルの将来の研究に適用できる。

  • Putative parathyroid tumor suppressor on 1p: independent molecular mechanisms of tumorigenesis from 11q allelic loss 査読

    Imanishi Y, Tahara H

    Am J Kidney Dis   38 ( 4 Suppl 1 )   S165 - S167   2001年09月( ISSN:1523-6838

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    多発性内分泌腫瘍1型(MEN1)遺伝子はメニンをコードする腫瘍抑制因子であることが確認され、MEN1関連腫瘍の発生に重要な役割を果たしています。散発性の非MEN1内分泌腫瘍でも体細胞MEN1遺伝子変異が検出された。副甲状腺腺腫では染色体腕1pの頻繁な喪失が報告されており、1p上の推定腫瘍抑制遺伝子の存在が示唆されています。この研究では、60個の散発性副甲状腺腺腫に対して染色体1pおよび11qのアレロタイピングを実施しました。 48個中13個(27%)の情報腫瘍は1pで対立遺伝子の喪失があり、50個中18個(36%)は11qで対立遺伝子の喪失があった。 11q対立遺伝子の喪失を伴う18個の腫瘍のうち10個がMEN1遺伝子コード領域とスプライスジャンクションの配列を正常に完了し、10個中3個(30%)の腫瘍に体細胞変異がなかったため、11qの他の推定腫瘍抑制遺伝子が腫瘍形成。 1pの対立遺伝子消失の頻度は、カイ2乗検定による11q対立遺伝子消失のない腫瘍(11の7の情報腫瘍[64%])が11q対立遺伝子消失のある腫瘍(17の3情報腫瘍の[18%])よりも有意に高かった( P = 0.0131;カイ2乗= 6.152)。これらの観察は、推定腫瘍抑制遺伝子が1pに位置し、それらの腫瘍形成の経路が11q上の腫瘍抑制遺伝子の不活性化から独立していることを示唆した。

  • Modulation by cAMP of 1alpha,25-dihydroxyvitamin D3 sensitivity of murine erythroleukemia cells 査読

    Waki M, Inaba M, Hiura Y, Nagasaki T, Imanishi Y, Ishimura E, Otani S, Nishizawa Y

    Arch Biochem Biophys   391 ( 2 )   265 - 270   2001年07月( ISSN:0003-9861

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    以前に報告したように、1alpha、25-dihydroxyvitamin D3(1,25(OH)2D3)は用量依存的に未分化マウス赤白血病(MEL)細胞の増殖だけでなく、MEL細胞のアクチビンA誘発赤血球分化も抑制しました。ただし、MEL細胞の増殖に対する1,25(OH)2D3の効果は、分化に対する効果よりも1桁大きかった(IC(50):それぞれ9.2対0.8 nM)。 1,25(OH)2D3-24-ヒドロキシラーゼ(24-OHase)活性の誘導における1,25(OH)2D3に対するアクチビンA処理成熟MEL細胞の応答、1,25(OH)の急速な効果2D3は、未処理の未熟細胞と同程度に強化され、細胞の1,25(OH)2D3を不活性化する能力の違いは、アクチビンA処理成熟における1,25(OH)2D3効果の増大に寄与しなかったことを示唆しましたセル。さらに、ビタミンD受容体(VDR)の数も親和性も、アクチビンA処理細胞と未処理未熟細胞の間で有意な差はありませんでした。 1,25(OH)2D3を介した24-OHase活性の誘導に影響する細胞内cAMPレベルは、未熟MEL細胞よりもアクチビンA処理成熟細胞で有意に低かった。ジブチリルcAMP(dbc AMP)のアクチビンA処理MEL細胞への添加は、最終的に未処理細胞のレベルに匹敵するレベルまで、24-OHase活性の1,25(OH)2D3を介した誘導を用量依存的に減衰させました。 100 nM dbcAMPの濃度、100 nMによるdbcAMP自体は24時間までにMEL細胞分化に影響しなかった。要約すると、1,25(OH)2D3が生理学的濃度で白血病細胞にその効果を発揮し、この効果の大きさは分化の段階を経た細胞内cAMPレベルの変化に依存することを初めて示しました。 cAMPプロテインキナーゼAシステムは、1,25(OH)2D3に対する白血病細胞の感度を改善することにより、ビタミンDアナログの臨床応用のターゲットとして有用である。

    DOI: 10.1006/abbi.2001.2423

  • Impaired secretion of parathyroid hormone is coherent to diabetic hemodialyzed patients 査読

    Inaba M, Okuno S, Nagasue K, Otoshi T, Kurioka Y, Maekawa K, Kumeda Y, Imanishi Y, Ishimura E, Ohta T, Morii H, Kim M, Nishizawa Y

    Am J Kidney Dis   38 ( 4 Suppl 1 )   S139 - S142   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    糖尿病性骨疾患は、副甲状腺ホルモン(PTH)の分泌障害に起因する骨代謝回転の低下が特徴です。しかし、血液透析(HD)療法の期間と糖尿病(DM)の有無によるHD患者間の患者の年齢の違いが、HD患者の血清無傷PTH(iPTH)レベルの有意な低下の原因である可能性が示唆されましたDM。本研究では、年齢、性別、HD期間、血清カルシウム、リン酸塩、マグネシウムなどのPTH分泌に影響を与える主な要因は、DMの有無にかかわらずHD患者間で有意差はなかったが、血清iPTHレベルはHD DMなしの患者。骨代謝の生化学的マーカーの中で、無傷のオステオカルシン(iOC)およびデオキシピリジノリン(DPD)の血清レベルは、DMの有無よりHD患者で有意に低かったのに対し、血清骨特異的アルカリホスファターゼ、ピリジノリン、およびベータクロスラップは、患者の2つのグループ。要約すると、我々の発見は、DMのないHD患者と比較してDMのHD患者ではPTH分泌が著しく損なわれる可能性があり、血清iOCとDPDはDMのHD患者の骨代謝回転を検出するのに十分な感度の高い骨マーカーであることを示しています。

  • Primary hyperparathyroidism caused by parathyroid-targeted overexpression of cyclin D1 in transgenic mice. 査読 国際共著

    Imanishi Y, Hosokawa Y, Yoshimoto K, Schipani E, Mallya S, Papanikolaou A, Kifor O, Tokura T, Sablosky M, Ledgard F, Gronowicz G, Wang TC, Schmidt EV, Hall C, Brown EM, Bronson R, Arnold A

    J Clin Invest   107 ( 9 )   1093 - 102   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    異常な細胞増殖とホルモン分泌の異常な制御との関係は、内分泌細胞新生物における根本的でよく理解されていない問題です。ヒトの腫瘍に見られる遺伝子再構成をモデル化した、サイクリンD1癌遺伝子の副甲状腺を標的とした過剰発現を伴うトランスジェニックマウスは、この細胞周期調節因子の主要な欠陥が血清カルシウムと副甲状腺ホルモン応答の間の異常な関係を引き起こすことができるかどうかを決定するために作成されました人間の原発性副甲状腺機能亢進症の典型です。また、副甲状腺機能亢進症の動物モデルを開発し、副甲状腺腫瘍形成におけるサイクリンD1の役割を直接調べようとしました。副甲状腺ホルモン遺伝子調節領域-サイクリンD1(PTH-サイクリンD1)マウスは、異常な副甲状腺細胞増殖を発症しただけでなく、骨の特徴的な異常、特に血清カルシウムとPTHの関係の変化を伴う慢性生化学的副甲状腺機能亢進症も発症しました。したがって、ヒト原発性副甲状腺機能亢進症のこの動物モデルは、サイクリンD1癌遺伝子の過剰発現が過剰な副甲状腺細胞の増殖を促進し、この増殖異常が血清カルシウムによる副甲状腺ホルモン分泌制御の異常の下流結果としてのみ発生する必要がないという直接的な実験的証拠を提供します、仮定されていたように。代わりに、細胞増殖経路の一次調節解除は、この一般的な障害でほぼ必然的にリンクされているホルモン分泌の高細胞性と異常な制御の両方を引き起こす可能性があります。

  • Rare somatic inactivation of the multiple endocrine neoplasia type 1 gene in secondary hyperparathyroidism of uremia 査読

    Tahara H, Imanishi Y, Yamada T, Tsujimoto Y, Tabata T, Inoue T, Inaba M, Morii H, Nishizawa Y

    J Clin Endocrinol Metab   85 ( 11 )   4113 - 4117   2000年11月( ISSN: 0021-972X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    尿毒症患者の副甲状腺の自律成長の分子経路はよくわかっていません。最近同定された染色体11q13の多発性内分泌腫瘍1型(MEN1)遺伝子座のヘテロ接合性の喪失は、難治性副甲状腺機能亢進症の患者の副甲状腺のサブセットで発見されています。副甲状腺腫瘍形成におけるMEN1遺伝子の役割を明らかにするために、3人のフランキングマーカー(PYGM、D11S4946、およびD11S449)を使用して染色体アーム11q13 DNAの対立遺伝子の損失およびMEN1コーディングの突然変異について、日本人尿毒症患者22人の81副甲状腺を分析しましたPCRベースの一本鎖コンフォメーション多型分析および配列決定によるエクソン。 11q13の対立遺伝子の損失は6つの腺(7%)で観察され、6つのうち1つはMEN1遺伝子の以前に認識されていない体細胞フレームシフト欠失(331delG)を示した。この突然変異はおそらく、腫瘍抑制機構と一致して、機能しないメニンタンパク質をもたらすでしょう。副甲状腺機能亢進症の臨床的および病理学的特性は、11q13およびMEN1遺伝子変異のヘテロ接合性の消失の有無とは無関係でした。これらの観察結果は、MEN1遺伝子の体細胞不活性化が尿毒症関連副甲状腺腫瘍の病因に寄与することを示していますが、この疾患におけるその役割は非常に限られている。

    DOI: 10.1210/jcem.85.11.6950

  • Increased biological potency of hexafluorinated analogs of 1,25-dihydroxyvitamin D3 on bovine parathyroid cells 査読

    Imanishi Y, Inaba M, Seki H, Koyama H, Nishizawa Y, Morii H, Otani S

    J Steroid Biochem Mol Biol   70 ( 4-6 )   243 - 248   2000年01月( ISSN:0960-0760

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    1,25-ジヒドロキシビタミンD3(1,25-(OH)2D3)は、その核受容体が関与する反応を介して副甲状腺細胞の増殖とPTH合成の調節に関与することが知られています。 1,25-(OH)2D3とそのヘキサフッ素化アナログである26,26,26,27,27,27-ヘキサフルオロ-1,25-ジヒドロキシビタミンD3(26,27-F6-1,25-( OH)2D3)、副甲状腺細胞。 1,25-(OH)2D3および26,27-F6-1,25-(OH)2D3はそれぞれ、初代培養ウシの[3H]チミジン取り込みおよび細胞増殖に重要なオルニチンデカルボキシラーゼ(ODC)活性を阻害しました。副甲状腺細胞。副甲状腺細胞からのPTH分泌に対する26,27-F6-1,25-(OH)2D3の抑制効果は、10(-11)Mと10(- 8)M.副甲状腺細胞のin vitroでの26,27-F6-1,25-(OH)2D3代謝の研究により、1,25-(OH)2D3の分解よりも遅い分解が解明されました。 [1beta-3H] 26,27-F6-1,25-(OH)2D3との48時間のインキュベーション後、2つのHPLCピーク、[1beta-3H] 26,27-F6-1,25-(OH)に1つ2D3、および[1beta-3H] 26,27-F6-1,23(S)、25-(OH)3D3の2番目に大きなピークが検出されました。 1,25-(OH)2 [26,27-3H] D3と同じ期間インキュベーションした後、代謝物は検出されませんでした。 26,27-F6-1,23(S)、25-(OH)3D3は、副甲状腺細胞の増殖を阻害するのに1,25-(OH)2D3と同じくらい強力であることが観察されました。データは、26,27-F6-1,25-(OH)2D3のより大きな生物学的活性は、より遅い代謝と26,27-F6-1,25-(OH)の生物学的効力の保持によって説明されることを示唆する。

  • Pathophysiology and diagnosis of primary hyperparathyroidism--strategy for asymptomatic primary hyperparathyroidism 査読

    Inaba M, Ishikawa T, Imanishi Y, Ishimura E, Nakatsuka K, Morii H, Nishizawa Y

    Biomed Pharmacother   54 ( Suppl 1 )   7s - 11s   2000年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    PTHの過剰分泌による高カルシウム血症の最も一般的な原因である原発性副甲状腺機能亢進症(PHPT)は、通常、低リン血症と血清塩化物の上昇に関連しています。 PHPTは、過去に腎結石疾患や線維性骨炎によってしばしば複雑になりましたが、血清カルシウム(Ca)の定期的なスクリーニングと副甲状腺ホルモンの洗練されたアッセイの開発は、無症候性PHPT(APHPT)の早期発見に貢献しました。通常の上限を超える1.0 mg / dL以内の血清Caレベルの軽度の上昇を有するAPHPT患者の割合は、当クリニックで1990-1995年にすべてのPHPT患者の10-20%から約45%に増加しました。 。 PHPTの有病率はアメリカの人口の約0.1%であることが報告されていますが、PHPTの有病率は日本の人口でははるかに少ないようです。 APHPT患者数の増加に対する戦略の決定は差し迫った必要性ですが、まだ達成されていません。骨吸収抑制薬による治療はある程度の成功を収めていますが、この治療の長期的な効果は明ら​​かではありません。 Ca感知受容体アゴニストの治療効果は有望である。

  • RAD51 as a candidate parathyroid tumour suppressor gene on chromosome 15q: absence of somatic mutations 査読 国際共著

    Carling T, Imanishi Y, Gaz RD, Arnold A

    Clin Endocrinol (Oxf)   51 ( 4 )   403 - 407   1999年12月( ISSN:0300-0664

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    染色体15qでのヘテロ接合性(LOH)の喪失は副甲状腺腺腫で頻繁に見られますが、副甲状腺腫瘍の発生にとって重要な腫瘍抑制遺伝子はこの領域から分離されていません。 RAD51遺伝子は染色体15qにローカライズされており、DNA安定性と細胞増殖を含む調節機能を有しており、腫瘍形成におけるその役割の可能性を示唆しています。さらに、RAD51遺伝子の変異により、電離放射線に対する耐性が低下します。これは、原発性副甲状腺機能亢進症の主要な危険因子です。したがって、RAD51は、15q腫瘍抑制因子の変異が最も容易に検出できるはずの副甲状腺腺腫のグループにおける腫瘍抑制因子候補遺伝子として分析されました。患者と設計:合計55個の副甲状腺腺腫から、RAD51遺伝子付近の染色体15qでのDNA損失を示すLOHパターンに基づいて9個が選択されました。 RAD51 mRNA発現は逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)によって調査され、RAD51 cDNAの全コーディング領域の配列分析は9つの腺腫すべてで行われました。結果:RAD51 mRNA発現は、すべての副甲状腺腺腫で実証されました。通常のRAD51 cDNA配列と比較して、副甲状腺腫瘍cDNAには点突然変異や微小欠失は見られませんでした。結論:これらの観察結果は、RAD51遺伝子の体細胞不活性化変異が副甲状腺腫瘍発生に関連していることは、あるとしてもまれであることを示唆する。

  • Analysis of the RAD54 gene on chromosome 1p as a potential tumor-suppressor gene in parathyroid adenomas 査読 国際共著

    Carling T, Imanishi Y, Gaz RD, Arnold A

    Int J Cancer   83 ( 1 )   80 - 82   1999年08月( ISSN:0020-7136

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    原発性副甲状腺機能亢進症(pHPT)を引き起こす副甲状腺腺腫は、染色体1の短腕にDNAマーカーの対立遺伝子の喪失を頻繁に示し、1pに1つ以上の腫瘍抑制遺伝子が存在することを示します。首への電離放射線にさらされた個人ではpHPTの発生が促進されるため、DNA修復および組換えに関与する遺伝子は、放射線に関連するかどうかにかかわらず、副甲状腺腫瘍形成の突然変異の特別な標的であると予想されます。 RAD54はそのような機能に関与する遺伝子ファミリーのメンバーであり、RAD54ノックアウトマウスは電離放射線に対する感受性の増加を示します。したがって、RAD54遺伝子の1p32への局在化により、最も説得力のある副甲状腺腫瘍抑制遺伝子候補にまで上昇しました。染色体1pの対立遺伝子の喪失を示す12の副甲状腺腺腫は、多型マイクロサテライトマーカーを使用してヘテロ接合性の喪失について以前に分析された55の副甲状腺腺腫から選択されました。 RAD54遺伝子の18個のエクソンはすべて、各副甲状腺腺腫の点突然変異または微小欠失の検出のための自動シーケンスによって完全に分析されました。 RAD54遺伝子に変異異常は検出されず、RAD54の完全な体細胞不活性化は副甲状腺腺腫の発生に関連していることは、あるとしてもまれであることを強く示唆しています。 DNAの修復と組換えを制御する遺伝子が副甲状腺新生物に関与しているかどうかは未定です。

  • Novel chromosomal abnormalities identified by comparative genomic hybridization in parathyroid adenomas. 査読 国際共著

    Palanisamy N, Imanishi Y, Rao PH, Tahara H, Chaganti RS, Arnold A

    J Clin Endocrinol Metab   83   1766 - 70   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    副甲状腺腺腫の分子腫瘍化機構には、サイクリンD1 / PRAD1およびMEN1遺伝子の欠陥が含まれますが、大部分は不明です。副甲状腺がん遺伝子または腫瘍抑制遺伝子の新しい場所を特定し、分子アレロタイピングによって記述されるDNA損失の重要性をさらに確立するために、53の典型的な散発性(非家族性)副甲状腺腺腫のパネルで比較ゲノムハイブリダイゼーション(CGH)を実行しました。 CGHは新しい分子細胞遺伝学的手法であり、腫瘍ゲノム全体の染色体の獲得および/または喪失をスクリーニングします。以前に記載されていない2つの異常が再発しました:染色体16pのゲイン(53腫瘍の6、または11%)と染色体19pのゲイン(53の5、または9%)。損失は​​11p(53の14、または26%)、および11q(53の18、または34%)で頻繁に見つかりました。再発損失は、染色体1p、1q、6q、9p、9q、13q、および15qでも見られ、頻度は8〜19%でした。 53個の腺腫の24個も、この研究(11症例)または以前(13症例)のいずれかで、対立遺伝子の喪失について多型マイクロサテライトマーカーで広範に分析されました。分子アレロタイピングの結果は、これらの腫瘍におけるCGHの結果と非常に一致していました(調査したすべての有益なマーカー/染色体アームの一致レベル97.5%)。結論として、CGHは、副甲状腺腺腫の最初の2つの既知の染色体ゲイン欠陥を特定し、染色体16および19に直接作用する副甲状腺がん遺伝子の存在を示唆しました。CGHは、分子アレロタイピングによっても定義される推定副甲状腺腫瘍抑制遺伝子の位置を確認しました。染色体1p、6q、9p、11q、13q、および15q。最後に、CGHは、1pと1qに異なる副甲状腺腫瘍抑制因子が存在する可能性を支持する新しい証拠を提供し、11qのMEN1遺伝子とは異なる11pの副甲状腺腫瘍抑制遺伝子の可能性を高めました。 CGHは、副甲状腺機能亢進症の再発性の遺伝的異常、特に染色体ゲインを特定できますが、これは他の方法では検出できません。

  • Phosphorus intake regulates intestinal function and polyamine metabolism in uremia.

    Imanishi Y, Koyama H, Inaba M, Okuno S, Nishizawa Y, Morii H, Otani S

    Kidney Int   49   499 - 505   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    この研究により、5/6腎摘出尿毒症ラットは、血清1,25-ジヒドロキシビタミンD [1,25-(OH)2Dの減少に伴う血清副甲状腺ホルモン(PTH)レベルの増加に反映されるように、二次性副甲状腺機能亢進症を示した。 ]。これらの変化は、リンの制限により部分的に回復しました。カルシウム吸収とカルビンジン-D9kの遺伝子発現は尿毒症で減少し、リン制限により改善されました。尿毒症では、腸のスペルミジン/スペルミンN1-アセチルトランスフェラーゼ活性が低下し、オルニチン脱炭酸酵素(ODC)活性とその遺伝子発現が増強されました。 c-fosおよびc-jun遺伝子発現の増強も尿毒症で観察されました。これらの現象は、腸絨毛が尿毒症で増殖する可能性があることを示唆しています。リン制限は尿毒症で観察されるODC、c-fosおよびc-junの発現の増加を妨げました。リンの制限が血清1,25-(OH)2Dレベルの上昇を引き起こしたので、尿毒症誘発性腸機能障害における1,25-(OH)2Dの役割を調べました。尿毒症ラットへの1,25-(OH)2D3の単回注射は、定常状態のカルビンジン-D9k mRNAレベルの増加を引き起こし、定常状態のc-fosおよびODC mRNAレベルの減少を引き起こし、1,25の欠損が示唆されました-(OH)2D3は、尿毒症の腸の機能不全の原因です。結論として、1,25-(OH)2D欠乏によって引き起こされるポリアミン代謝の変化は、腸機能障害と尿毒症における腸絨毛の増殖状態の発達に密接に関係しています。

  • Involvement of polyamines in the proliferation of bovine parathyroid cells 査読

    Imanishi Y, Inaba M, Nishizawa Y, Morii H, Otani S

    Miner Electrolyte Metab   21 ( 1-3 )   197 - 200   1995年01月( ISSN:0378-0392

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    ビタミンDの活性型である1,25-ジヒドロキシビタミンD3 [1,25-(OH)2D3]は、副甲状腺細胞の増殖と副甲状腺ホルモンの合成の調節に関与しています。副甲状腺細胞の増殖に対する1,25-(OH)2D3の効果を、オルニチン脱炭酸酵素(ODC)活性への影響に関連して調べました。ウシ副甲状腺細胞の血清への曝露は、[3H]チミジン取り込みの上昇を引き起こし、ODC活性の上昇が先行しました。生分解酵素、スペルミジン/スペルミンN1-アセチルトランスフェラーゼ(SAT)活性は、血清暴露後12時間までに変化しませんでした。細胞を10(-8)M 1,25-(OH)2D3と48時間プレインキュベートすると、血清によって誘発されるODC活性の上昇が12時間減衰しました。 ODCの特異的阻害剤であるα-ジフルオロメチルオルニチン(DFMO)は、血清刺激[3H]チミジン取り込みを阻害しました。 25 microMプトレシンを同時に添加すると、DFMOの抑制効果が逆転しました。要約すると、ポリアミンが副甲状腺細胞の増殖に密接に関与していること、および1,25-(OH)2D3がODC活性の抑制を通じて副甲状腺細胞の増殖を阻害したことが強く示唆された。

  • Potentiated 1,25(OH)2D3-induced 24-hydroxylase gene expression in uremic rat intestine 査読

    Koyama H, Inaba M, Nishizawa Y, Ishimura E, Imanishi Y, Hini M, Furuyama T, Takagi H, Morii H

    Am J Physiol   267 ( 6 Pt 2 )   F926 - F930   1994年12月( ISSN:0002-9513

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    24-ヒドロキシラーゼは、循環する1アルファ、25-ジヒドロキシビタミンD3 [1,25(OH)2D3]の代謝を調節する主要な酵素と考えられています。慢性腎不全における1,25(OH)2D3の代謝を理解するために、尿毒症ラットの腸における1,25(OH)2D3誘発25-ヒドロキシビタミンD3-24-ヒドロキシラーゼ(24-ヒドロキシラーゼ)遺伝子発現を調べました。ノーザンブロットおよびドットブロット分析により、尿毒症ラットの十二指腸24-ヒドロキシラーゼ遺伝子発現の誘導は、1時間後6時間で、偽手術ラットよりも2.0倍から3.8倍大きかった(P <0.05、スチューデントt検定) 25(OH)2D3投与。 1,25(OH)2D3によるカルビンジンD9kの遺伝子誘導は、尿毒症グループでは増加しませんでした。 In situハイブリダイゼーション分析により、1,25(OH)2D3による24-ヒドロキシラーゼmRNAの誘導は、腺窩の円柱上皮と絨毛の下部でのみ観察され、上皮細胞分化の段階が主要であることを示唆していることが明らかになりました1,25(OH)2D3誘導24ヒドロキシラーゼ遺伝子発現の決定因子。尿毒症では、1,25(OH)2D3によって誘導される24ヒドロキシラーゼ遺伝子の発現は、おそらく上皮細胞の低分化のために選択的に加速された。

  • Effect of substituting fluorine for hydrogen at C-26 and C-27 on the side chain of 1,25-dihydroxyvitamin D3 査読

    Inaba M, Okuno S, Nishizawa Y, Imanishi Y, Katsumata T, Sugata I, Morii H

    Biochem Pharmacol   45 ( 11 )   2331 - 2336   1993年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    以前の報告では、1,25-ジヒドロキシビタミンD3(1,25-(OH)2D3)のC-26およびC-27にフッ素原子を導入すると、いくつかの生物活性のさまざまな側面が増強されることが実証されています。 26,26,26,27,27,27-ヘキサフルオロ-1,25-ジヒドロキシビタミンD3(26,27-F6-1,25-(OH)2D3)のより高い生物活性は、一部の減少によって説明されました26-および27-ヒドロキシル化経路を介した代謝不活性化。 26,27-F6-1,25-(OH)2D3は26および27の位置でヒドロキシル化されていないことに加えて、26,27-F6-1,25-( OH)HL-60細胞系における24-ヒドロキシラーゼ活性の2D3。別のフッ素化ビタミンD3類似体、26、26、26、27、27、27-ヘキサフルオロ-1α-ヒドロキシビタミンD3(26,27-F6-1α-OH-D3)は、1αほど効率的に25-ヒドロキシル化を受けない場合があります-26,27-F6-1α-OH-D3の注射後の血清26,27-F6-1,25-(OH)2D3レベルの上昇は、はるかに小さい振幅で有意に遅延したため、-OH-D3さらに、26、26、26、27、27、27-ヘキサフルオロ-1,23(S)、25-トリヒドロキシビタミンD3は、対照的に23(S)-ヒドロキシル化の後でもHL-60細胞分化の誘導において完全な活性を保持した。 1,23(S)、25-(OH)3D3まで。これらのデータは、C-26およびC-27位置での水素のフッ素置換により、1,25-(のC-23、C-24およびC-25位置の化学反応性および/または立体構造の変化をもたらす可能性があることを示唆した。

  • Biological potency of a fluorinated vitamin D analogue in hypoparathyroidism 査読

    Nakatsuka K, Imanishi Y, Morishima Y, Sekiya K, Sasao K, Miki T, Nishizawa Y, Katsumata T, Nagata A, Murakawa S

    Bone Miner   16 ( 1 )   73 - 81   1992年01月( ISSN:0169-6009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Magnesium deficiency enhances secretion of parathyroid hormone in normal and 5/6-nephrectomized uremic rats 査読

    Inaba M, Okuno S, Imanishi Y, Nishizawa Y, Morii H

    J Endocrinol Invest   15 ( 9 Suppl 6 )   135 - 142   1992年01月( ISSN:0391-4097

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    さまざまな動物モデルでのMg欠乏症の低カルシウム血症の発症とは対照的に、ラットでは低カルシウム血症ではなく高カルシウム血症が重度のマグネシウム(Mg)欠乏と関連して観察されています。本研究では、ラットの高カルシウム血症の発症における副甲状腺ホルモン(PTH)の関与の可能性を、ラットPTHの測定に新しく開発された高感度かつ特異的な放射免疫測定システムを使用して研究しました。正常なラットモデルでは、Mg欠乏症の血清リン酸塩レベルの減少に関連して高カルシウム血症が発生しました。しかし、高カルシウム血症の発生にもかかわらず、血清PTHレベルは抑制されず、PTHが高カルシウム血症の発症の重要な要因であることを示唆しています。興味深いことに、5/6腎摘出尿毒症モデルでは、Mg欠乏ラットで高カルシウム血症ではなく低カルシウム血症が観察されました。血清PTHレベルは高いように見えたが、おそらくラットの数が少ないために統計的に有意ではなかった。しかし、輸液研究により、Mg欠乏尿毒症ラットでは、Mgが豊富な対応体と比較して、PTH分泌が有意に増加することが明らかに示されました。血清PTH応答の増加の理由は、血清Caレベルの低下に加えて、Mg欠乏自体によって説明されるかもしれません。これは、注入研究により、PTH分泌の刺激の大きさが同様の程度の変化にもかかわらずMg欠乏で増加したことが明らかになったためです血清中のCaレベル、およびCaによるPTH分泌の抑制の設定値はMg欠乏で変化する可能性がある。これらのデータを総合すると、Mgの減少がラットのPTH分泌を促進する可能性が強く示唆された。

▼全件表示

書籍等出版物

  • 31章 その他の内分泌疾患 2節 神経内分泌腫瘍

    今西康雄( 担当: 単著)

    メディカ出版・ナーシング・グラフィカ「疾患と看護シリーズ」 ⑧腎/泌尿器/内分泌・代謝疾患と看護  2019年 

  • 31章 その他の内分泌疾患 2節 神経内分泌腫瘍

    今西康雄( 担当: 単著)

    メディカ出版・ナーシング・グラフィカ「疾患と看護シリーズ」 ⑧腎/泌尿器/内分泌・代謝疾患と看護  2019年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 31章 その他の内分泌疾患 1節 性腺疾患

    今西康雄( 担当: 単著)

    メディカ出版・ナーシング・グラフィカ「疾患と看護シリーズ」 ⑧腎/泌尿器/内分泌・代謝疾患と看護  2019年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 29章 副甲状腺疾患

    今西康雄( 担当: 単著)

    メディカ出版・ナーシング・グラフィカ「疾患と看護シリーズ」 ⑧腎/泌尿器/内分泌・代謝疾患と看護  2019年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • CKD患者における骨吸収抑制薬

    今西康雄( 担当: 分担執筆)

    東京医学社・読めば自ずと見えてくる 透析患者の管理  2019年 

  • D. 続発性副甲状腺機能亢進症 1 病態と診断

    今西康雄( 担当: 分担執筆)

    診断と治療社・副甲状腺・骨代謝疾患診療マニュアル 改訂第2版  2019年 

  • 29章 副甲状腺疾患

    今西康雄( 担当: 単著)

    メディカ出版・ナーシング・グラフィカ「疾患と看護シリーズ」 ⑧腎/泌尿器/内分泌・代謝疾患と看護  2019年 

  • 31章 その他の内分泌疾患 1節 性腺疾患

    今西康雄( 担当: 分担執筆)

    メディカ出版・ナーシング・グラフィカ「疾患と看護シリーズ」 ⑧腎/泌尿器/内分泌・代謝疾患と看護  2019年 

  • CKD患者における骨吸収抑制薬

    今西康雄( 担当: 単著)

    東京医学社・読めば自ずと見えてくる 透析患者の管理  2019年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • D. 続発性副甲状腺機能亢進症 1 病態と診断

    今西康雄( 担当: 単著)

    診断と治療社・副甲状腺・骨代謝疾患診療マニュアル 改訂第2版  2019年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • CKD患者における骨吸収抑制薬

    今西康雄( 担当: 分担執筆)

    東京医学社・読めば自ずと見えてくる 透析患者の管理  2019年 

  • 31章 その他の内分泌疾患 2節 神経内分泌腫瘍

    今西康雄( 担当: 単著)

    メディカ出版・ナーシング・グラフィカ「疾患と看護シリーズ」 ⑧腎/泌尿器/内分泌・代謝疾患と看護  2019年 

  • 31章 その他の内分泌疾患 1節 性腺疾患

    今西康雄( 担当: 分担執筆)

    メディカ出版・ナーシング・グラフィカ「疾患と看護シリーズ」 ⑧腎/泌尿器/内分泌・代謝疾患と看護  2019年 

  • 29章 副甲状腺疾患

    今西康雄( 担当: 単著)

    メディカ出版・ナーシング・グラフィカ「疾患と看護シリーズ」 ⑧腎/泌尿器/内分泌・代謝疾患と看護  2019年 

  • D. 続発性副甲状腺機能亢進症 1 病態と診断

    今西康雄( 担当: 分担執筆)

    診断と治療社・副甲状腺・骨代謝疾患診療マニュアル 改訂第2版  2019年 

  • 8章 骨粗鬆症診療についての論 ③骨粗鬆症診療の治療ターゲット 骨以外のtotal careを重視した考え方

    今西康雄( 担当: 単著)

    医薬ジャーナル社・単行本 骨粗鬆症診療  2018年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 7章 骨粗鬆症検診から診療への取り組み 各論 骨粗鬆症認定医制度の活用

    今西康雄( 担当: 単著)

    医薬ジャーナル社・単行本 骨粗鬆症診療  2018年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 3章 診断 ③骨代謝マーカー その他 FGF-23

    今西康雄( 担当: 単著)

    医薬ジャーナル社・単行本 骨粗鬆症診療  2018年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 2) 骨粗鬆症の診断

    今西康雄( 担当: 単著)

    医薬ジャーナル社・単行本 CKD-MBDと運動器疾患の病態・診断・治療 ~内科と整形外科の立場から~  2018年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 8章 骨粗鬆症診療についての論 ③骨粗鬆症診療の治療ターゲット 骨以外のtotal careを重視した考え方

    今西康雄( 担当: 分担執筆)

    医薬ジャーナル社・単行本 骨粗鬆症診療  2018年 

  • 2) 骨粗鬆症の診断

    今西康雄( 担当: 分担執筆)

    医薬ジャーナル社・単行本 CKD-MBDと運動器疾患の病態・診断・治療 ~内科と整形外科の立場から~  2018年 

  • 3章 診断 ③骨代謝マーカー その他 FGF-23

    今西康雄( 担当: 分担執筆)

    医薬ジャーナル社・単行本 骨粗鬆症診療  2018年 

  • 7章 骨粗鬆症検診から診療への取り組み 各論 骨粗鬆症認定医制度の活用

    今西康雄( 担当: 分担執筆)

    医薬ジャーナル社・単行本 骨粗鬆症診療  2018年 

  • 原発性副甲状腺機能亢進症

    今西康雄( 担当: 分担執筆)

    日本臨床社・日本臨床2018年11月別冊 内分泌症候群第3版II  2018年 

  • 2次性副甲状腺機能亢進症

    今西康雄( 担当: 分担執筆)

    日本臨床社・日本臨床2018年11月別冊 内分泌症候群第3版II  2018年 

  • 原発性副甲状腺機能亢進症

    今西康雄( 担当: 単著)

    日本臨床社・日本臨床2018年11月別冊 内分泌症候群第3版II  2018年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 2次性副甲状腺機能亢進症

    今西康雄( 担当: 単著)

    日本臨床社・日本臨床2018年11月別冊 内分泌症候群第3版II  2018年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 2次性副甲状腺機能亢進症

    今西康雄( 担当: 分担執筆)

    日本臨床社・日本臨床2018年11月別冊 内分泌症候群第3版II  2018年 

  • 2) 骨粗鬆症の診断

    今西康雄( 担当: 分担執筆)

    医薬ジャーナル社・単行本 CKD-MBDと運動器疾患の病態・診断・治療 ~内科と整形外科の立場から~  2018年 

  • 8章 骨粗鬆症診療についての論 ③骨粗鬆症診療の治療ターゲット 骨以外のtotal careを重視した考え方

    今西康雄( 担当: 分担執筆)

    医薬ジャーナル社・単行本 骨粗鬆症診療  2018年 

  • 7章 骨粗鬆症検診から診療への取り組み 各論 骨粗鬆症認定医制度の活用

    今西康雄( 担当: 分担執筆)

    医薬ジャーナル社・単行本 骨粗鬆症診療  2018年 

  • 3章 診断 ③骨代謝マーカー その他 FGF-23

    今西康雄( 担当: 分担執筆)

    医薬ジャーナル社・単行本 骨粗